EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年10月2日

【四半期会計期間】

第46期第2四半期(自  2020年5月21日  至  2020年8月20日)

【会社名】

株式会社あさひ

【英訳名】

ASAHI CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 下 田 佳 史

【本店の所在の場所】

大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

【電話番号】

06(6923)2611(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経理部長 古 賀 俊 勝

【最寄りの連絡場所】

大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

【電話番号】

06(6923)7900

【事務連絡者氏名】

取締役経理部長 古 賀 俊 勝

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E03439 33330 株式会社あさひ ASAHI CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP false cte 2020-02-21 2020-08-20 Q2 2021-02-20 2019-02-21 2019-08-20 2020-02-20 1 false false false E03439-000 2020-10-02 E03439-000 2019-02-21 2019-08-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2020-08-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-08-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-08-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-05-21 2019-08-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-05-21 2020-08-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-10-02 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E03439-000 2020-08-20 E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E03439-000 2020-08-20 jpcrp_cor:Row1Member E03439-000 2020-02-21 2020-08-20 E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第45期

第2四半期累計期間

第46期

第2四半期累計期間

第45期

会計期間

自  2019年2月21日
至  2019年8月20日

自  2020年2月21日
至  2020年8月20日

自  2019年2月21日
至  2020年2月20日

売上高

(千円)

34,047,705

39,143,931

59,852,686

経常利益

(千円)

3,910,608

6,223,319

4,248,388

四半期(当期)純利益

(千円)

2,618,703

4,211,511

2,559,081

持分法を適用した場合の
投資利益

(千円)

資本金

(千円)

2,061,356

2,061,356

2,061,356

発行済株式総数

(株)

26,240,800

26,240,800

26,240,800

純資産額

(千円)

28,005,454

31,865,599

28,220,222

総資産額

(千円)

37,868,748

43,949,619

37,949,925

1株当たり四半期
(当期)純利益

(円)

100.34

161.49

98.09

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益

(円)

1株当たり配当額

(円)

18.00

自己資本比率

(%)

74.0

72.5

74.4

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

5,165,518

8,641,965

3,953,591

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

554,933

500,352

1,574,261

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,206,946

597,360

2,332,337

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(千円)

5,290,047

10,477,653

2,933,400

 

 

回次

第45期

第2四半期会計期間

第46期

第2四半期会計期間

会計期間

自  2019年5月21日
至  2019年8月20日

自  2020年5月21日
至  2020年8月20日

1株当たり四半期純利益

(円)

12.42

79.91

 

(注) 1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

   2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

   3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。

     4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在していないため、記載しておりません。

     5.当社は、第40期第2四半期会計期間より「役員報酬BIP信託」を導入しており、当該信託が所有する当社株式を自己株式として処理しております。これに伴い、1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、当該自己株式の期中平均株式数(第45期第2四半期累計期間 142,666株、第46期第2四半期累計期間 161,590株、第45期 152,206株)を控除しております。

 

2 【事業の内容】

 当第2四半期累計期間において、当社及び当社の関係会社において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

  当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
  また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについては重要な変更はありません。

    なお、新型コロナウイルス感染症による事業への影響については、引き続き今後の状況を注視してまいります。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。

(1) 財政状態及び経営成績の状況

当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により企業活動が大きく制限されるとともに、雇用環境の悪化やインバウンド需要の急速な縮小などに伴い、景気の見通しは依然として不透明な状態で推移しました。

このような状況のもと、自転車は社会的に「密」を避けて行動できる移動手段として改めて注目され、通勤・通学のみならず、人々の日常生活での活用機会が増え、需要が大幅に伸びました。

当社におきましては、例年来客数が最多となる4月度において、政府による緊急事態宣言が発出され、自主休業または営業時間を短縮したことなどにより、第1四半期の売上高は前年を下回ることとなりましたが、緊急事態宣言が解除された6月度から全店通常営業に切り替えたことや特別定額給付金の支給などにより、スポーツサイクルや電動アシスト自転車などといった健康志向や快適性を追求した商品を中心に販売が伸び、当第2四半期におきましては第1四半期での未達額以上の増収を確保いたしました。

出店につきましては、関東地域に3店舗、近畿地域に1店舗を出店した結果、当第2四半期会計期間末の店舗数は、直営店462店舗、FC店19店舗のあわせて481店舗となりました。

これらの結果、当第2四半期における売上高は39,143,931千円(前年同四半期比15.0%増)となりました。また、営業利益は6,084,275千円(前年同四半期比60.3%増)、経常利益は6,223,319千円(前年同四半期比59.1%増)、四半期純利益は4,211,511千円(前年同四半期比60.8%増)となりました。

なお、当社の事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。

 

当第2四半期会計期間末の総資産の残高は、前事業年度末と比較して5,999,694千円増加し、43,949,619千円となりました。

流動資産は、前事業年度末と比較して6,178,047千円増加し、23,960,082千円となりました。これは主に、現金及び預金の増加7,545,533千円、売掛金の増加970,546千円、商品の減少2,058,791千円等によるものであります。

固定資産は、前事業年度末と比較して178,353千円減少し、19,989,537千円となりました。これは主に、建設仮勘定の増加66,542千円、建物の減少303,989千円等によるものであります。

当第2四半期会計期間末の負債の残高は、前事業年度末と比較して2,354,317千円増加し、12,084,020千円となりました。

流動負債は、前事業年度末と比較して2,335,352千円増加し、11,011,046千円となりました。これは主に、未払法人税等の増加1,393,906千円、未払消費税等の増加860,877千円等によるものであります。

固定負債は、前事業年度末と比較して18,965千円増加し、1,072,973千円となりました。これは主に、株式報酬引当金の増加12,000千円、資産除去債務の増加5,319千円等によるものであります。

当第2四半期会計期間末の純資産の残高は、前事業年度末と比較して3,645,376千円増加し、31,865,599千円となりました。これは主に、当第2四半期純利益による増加4,211,511千円、剰余金の配当による減少472,328千円等によるものであります。

 

 

(2) キャッシュ・フローの状況

  当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前事業年度末と比較して7,544,253千円増加し、10,477,653千円(前年同四半期比98.1%増)となりました。各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は8,641,965千円(前年同四半期比67.3%増)となりました。主な増加要因は、税引前四半期純利益6,194,612千円、減価償却費605,208千円、未払消費税等の増加額860,877千円、たな卸資産の減少額2,142,570千円等によるものであります。また、主な減少要因は、売上債権の増加額970,546千円、法人税等の支払額770,978千円等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は500,352千円(前年同四半期比9.8%減)となりました。これは主に、新規出店に係る有形固定資産の取得による支出369,151千円、無形固定資産の取得による支出75,368千円等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は597,360千円(前年同四半期比72.9%減)となりました。これは、長期借入金の返済による支出125,000千円、配当金の支払額472,360千円によるものであります。

 

(3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

当第2四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はありません。

 

(4) 研究開発活動

特に記載すべき事項はありません。

 

(5) 従業員数

当第2四半期累計期間において、当社の従業員数は64名増加し、1,595名となりました。これは主に業容拡大に伴う採用によるものであります。

 

3 【経営上の重要な契約等】

 当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等は行われておりません。 

 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

96,243,200

96,243,200

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第2四半期会計期間
末現在発行数(株)
2020年8月20日

提出日現在
発行数(株)
(2020年10月2日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

26,240,800

26,240,800

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数
100株

26,240,800

26,240,800

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2020年5月21日~
2020年8月20日

26,240,800

2,061,356

2,165,171

 

 

 

 

(5) 【大株主の状況】

2020年8月20日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

下田 佳史

大阪府吹田市

3,613,641

13.77

下田 英樹

大阪市都島区

2,042,216

7.78

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

2,033,200

7.75

下田 美智子

大阪府吹田市

1,892,198

7.21

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

1,368,900

5.22

株式会社シー・ビー・エイ

大阪府吹田市青山台三丁目19番8号

972,100

3.70

株式会社日本カストディ銀行(信託B口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

771,600

2.94

下田 忍

大阪市都島区

766,960

2.92

下田 富昭

大阪市東淀川区

759,592

2.89

あさひ従業員持株会

大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

701,900

2.67

14,922,307

56.87

 

(注)1.上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

2,029,800株

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

1,366,700株

株式会社日本カストディ銀行(信託B口)

771,600株

 

 

    2.2020年6月3日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、東京海上アセットマ
  ネジメント株式会社が2020年5月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、2020年
   8月20日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

   なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(株)

株券等保有割合(%)

東京海上アセットマネジメント
株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

1,789,400

6.82

1,789,400

6.82

 

 

    3.2020年7月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友DSアセッ
  トマネジメント株式会社が2020年7月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
   2020年8月20日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
   せん。なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(株)

株券等保有割合(%)

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー26階

1,131,600

4.31

1,131,600

4.31

 

 

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年8月20日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

300

 

完全議決権株式(その他)

 普通株式

262,358

株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式

26,235,800

単元未満株式

普通株式

4,700

 

同上

発行済株式総数

 普通株式

26,240,800

総株主の議決権

262,358

 

(注) 1.完全議決権株式(その他)における普通株式には、証券保管振替機構名義の失念株式1,400株

     (議決権個数14個)が含まれております。

2.完全議決権株式(その他)における普通株式には、役員報酬BIP信託が所有する当社株式161,500株

    (議決権個数1,615個)が含まれております。

3.単元未満株式における普通株式には、当社所有の自己株式50株及び役員報酬BIP信託が所有する当社株式
90株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2020年8月20日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社あさひ

大阪市都島区
高倉町三丁目11番4号

300

300

0.00

300

300

0.00

 

(注)上記のほか、役員報酬BIP信託が所有する当社株式161,590株を四半期貸借対照表上、自己株式として

      処理しております。

 

2 【役員の状況】

該当事項はありません。

 

第4 【経理の状況】

 

1.四半期財務諸表の作成方法について

当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2020年5月21日から2020年8月20日まで)及び第2四半期累計期間(2020年2月21日から2020年8月20日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

 

3.四半期連結財務諸表について

「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとして、四半期連結財務諸表は作成しておりません。  
 なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。  
資産基準               0.2%  
売上高基準              0.2%  
利益基準               0.6%  
利益剰余金基準           △0.4%  

 

 

 

 

1 【四半期財務諸表】

(1) 【四半期貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2020年2月20日)

当第2四半期会計期間

(2020年8月20日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

2,946,764

10,492,297

 

 

売掛金

2,482,371

3,452,917

 

 

商品

10,905,782

8,846,991

 

 

未着商品

480,311

411,266

 

 

貯蔵品

91,022

76,286

 

 

その他

876,743

681,283

 

 

貸倒引当金

960

960

 

 

流動資産合計

17,782,034

23,960,082

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物(純額)

8,227,665

7,923,676

 

 

 

土地

3,089,742

3,089,742

 

 

 

その他(純額)

804,380

847,584

 

 

 

有形固定資産合計

12,121,788

11,861,002

 

 

無形固定資産

412,999

419,970

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

差入保証金

4,918,357

4,916,274

 

 

 

建設協力金

1,204,698

1,141,011

 

 

 

その他

1,516,732

1,657,481

 

 

 

貸倒引当金

6,685

6,205

 

 

 

投資その他の資産合計

7,633,102

7,708,563

 

 

固定資産合計

20,167,890

19,989,537

 

資産合計

37,949,925

43,949,619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2020年2月20日)

当第2四半期会計期間

(2020年8月20日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

3,632,348

3,565,590

 

 

1年内返済予定の長期借入金

187,500

62,500

 

 

未払法人税等

914,626

2,308,532

 

 

賞与引当金

810,455

899,256

 

 

株主優待引当金

117,452

64,372

 

 

商品保証引当金

73,166

84,589

 

 

資産除去債務

2,184

 

 

その他

2,940,147

4,024,021

 

 

流動負債合計

8,675,694

11,011,046

 

固定負債

 

 

 

 

株式報酬引当金

124,000

136,000

 

 

商品保証引当金

23,437

25,411

 

 

資産除去債務

576,166

581,486

 

 

その他

330,404

330,076

 

 

固定負債合計

1,054,008

1,072,973

 

負債合計

9,729,703

12,084,020

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

2,061,356

2,061,356

 

 

資本剰余金

2,165,171

2,165,171

 

 

利益剰余金

24,121,502

27,860,685

 

 

自己株式

230,703

230,703

 

 

株主資本合計

28,117,326

31,856,509

 

評価・換算差額等

 

 

 

 

繰延ヘッジ損益

102,895

9,089

 

 

評価・換算差額等合計

102,895

9,089

 

純資産合計

28,220,222

31,865,599

負債純資産合計

37,949,925

43,949,619

 

(2) 【四半期損益計算書】

【第2四半期累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月21日

 至 2019年8月20日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月21日

 至 2020年8月20日)

売上高

※1 34,047,705

※1 39,143,931

売上原価

16,877,041

19,232,319

売上総利益

17,170,664

19,911,611

販売費及び一般管理費

※2 13,375,085

※2 13,827,335

営業利益

3,795,578

6,084,275

営業外収益

 

 

 

受取利息

25,745

24,598

 

受取家賃

49,131

54,018

 

受取補償金

16,989

74,057

 

その他

74,560

37,299

 

営業外収益合計

166,426

189,973

営業外費用

 

 

 

支払利息

467

210

 

不動産賃貸原価

40,400

44,618

 

その他

10,529

6,100

 

営業外費用合計

51,397

50,929

経常利益

3,910,608

6,223,319

特別損失

 

 

 

固定資産除売却損

2,920

2,044

 

減損損失

4,248

26,663

 

特別損失合計

7,169

28,707

税引前四半期純利益

3,903,439

6,194,612

法人税、住民税及び事業税

1,366,901

2,114,000

法人税等調整額

82,165

130,899

法人税等合計

1,284,735

1,983,100

四半期純利益

2,618,703

4,211,511

 

(3) 【四半期キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月21日

 至 2019年8月20日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月21日

 至 2020年8月20日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税引前四半期純利益

3,903,439

6,194,612

 

減価償却費

621,634

605,208

 

減損損失

4,248

26,663

 

長期前払費用償却額

8,738

8,226

 

建設協力金の家賃相殺額

157,860

163,424

 

貸倒引当金の増減額(△は減少)

480

480

 

賞与引当金の増減額(△は減少)

57,853

88,800

 

株主優待引当金の増減額(△は減少)

49,498

53,080

 

商品保証引当金の増減額(△は減少)

78

13,397

 

株式報酬引当金の増減額(△は減少)

12,000

12,000

 

受取利息及び受取配当金

25,745

24,598

 

支払利息

467

210

 

受取補償金

16,989

74,057

 

固定資産除売却損益(△は益)

2,920

2,044

 

売上債権の増減額(△は増加)

346,215

970,546

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

1,468,291

2,142,570

 

未収入金の増減額(△は増加)

62,074

15,717

 

仕入債務の増減額(△は減少)

34,332

66,757

 

未払消費税等の増減額(△は減少)

15,696

860,877

 

未払金の増減額(△は減少)

33,769

40,296

 

未払費用の増減額(△は減少)

232,695

297,093

 

その他

30,035

190,321

 

小計

6,071,005

9,359,919

 

利息及び配当金の受取額

41

50

 

利息の支払額

411

219

 

補償金の受取額

13,748

53,194

 

法人税等の支払額

918,864

770,978

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

5,165,518

8,641,965

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月21日

 至 2019年8月20日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月21日

 至 2020年8月20日)

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

有形固定資産の取得による支出

388,923

369,151

 

無形固定資産の取得による支出

49,103

75,368

 

貸付けによる支出

3,146

1,070

 

貸付金の回収による収入

997

1,316

 

長期前払費用の取得による支出

2,413

4,062

 

差入保証金の差入による支出

157,936

59,070

 

差入保証金の回収による収入

45,592

7,053

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

554,933

500,352

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

短期借入金の純増減額(△は減少)

1,500,000

 

長期借入金の返済による支出

125,000

125,000

 

自己株式の取得による支出

110,316

 

配当金の支払額

471,630

472,360

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

2,206,946

597,360

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

2,403,639

7,544,253

現金及び現金同等物の期首残高

2,886,408

2,933,400

現金及び現金同等物の四半期末残高

 5,290,047

 10,477,653

 

【注記事項】

(追加情報)

 2020年4月7日に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が政府から発出され、4月16日には緊急事態宣言が全国に拡大されたことに伴い、対象地域の店舗で週末に自主休業するとともに、インショップやテナントの一部で一定期間休業対応いたしました。
  その後、5月14日から順次発表された緊急事態宣言の解除を受けて、5月30日より全店舗開業しております。
  なお、今後、新型コロナウイルス感染が再拡大する可能性はありますが、長期間に亘る店舗休業が発生しないとの仮定の下で、固定資産の減損等の会計上の見積りを行なっております。

 

(四半期損益計算書関係)

※1 当社の売上高は、入学・入社シーズンが重なる春が最需要期となるため、第1四半期会計期間の売上高が他の四半期会計期間に比べて多くなり、業績の季節的変動があります。

 

※2 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月21日

至 2019年8月20日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月21日

至 2020年8月20日)

運送保管料

789,922

千円

926,102

千円

広告宣伝費

397,037

千円

256,107

千円

給料手当

4,640,231

千円

4,848,370

千円

賞与引当金繰入額

845,396

千円

899,256

千円

退職給付費用

40,755

千円

42,190

千円

株式報酬引当金繰入額

12,000

千円

12,000

千円

減価償却費

619,051

千円

601,636

千円

地代家賃

2,540,827

千円

2,613,248

千円

株主優待引当金繰入額

4,542

千円

5,337

千円

 

 

(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月21日

至 2019年8月20日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月21日

至 2020年8月20日)

現金及び預金

5,305,848千円

10,492,297千円

その他(預け金)

306千円

1,612千円

株式報酬信託別段預金

△16,107千円

△16,256千円

現金及び現金同等物

5,290,047千円

10,477,653千円

 

 

 

(株主資本等関係)

前第2四半期累計期間(自 2019年2月21日 至 2019年8月20日

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年5月18日
定時株主総会

普通株式

472,328

18

2019年2月20日

2019年5月20日

利益剰余金

 

 (注) 1.「配当金の総額」には、この配当金の基準日である2019年2月20日現在で役員報酬BIP信託が所有する当社
       株式82,400株に対する配当金1,483千円が含まれております。

        2.1株当たり配当額には、創業70周年記念配当2円が含まれております。

 

2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

当第2四半期累計期間(自 2020年2月21日 至 2020年8月20日

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年5月16日
定時株主総会

普通株式

472,328

18

2020年2月20日

2020年5月18日

利益剰余金

 

 (注)「配当金の総額」には、この配当金の基準日である2020年2月20日現在で役員報酬BIP信託が所有する当社
 株式161,590株に対する配当金2,908千円が含まれております。

 

2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

前第2四半期累計期間(自 2019年2月21日 至 2019年8月20日

当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

当第2四半期累計期間(自 2020年2月21日 至 2020年8月20日

当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月21日

至 2019年8月20日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月21日

至 2020年8月20日)

1株当たり四半期純利益

100円34銭

161円49銭

(算定上の基礎)

 

 

四半期純利益(千円)

2,618,703

4,211,511

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る四半期純利益(千円)

2,618,703

4,211,511

普通株式の期中平均株式数(株)

26,097,784

26,078,860

 

(注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2.1株当たり四半期純利益の算定において、役員報酬BIP信託が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期中平均株式数から当該株式数を控除しております。

なお、信託が所有する期中平均株式数は、前第2四半期累計期間142,666株、当第2四半期累計期間161,590株であります。

 

2 【その他】

該当事項はありません。

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

2020年10月2日

株式会社あさひ

取締役会  御中

有限責任 あずさ監査法人

 

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

近  藤    康    仁

 

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

花  谷    徳  雄

 

 

 

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社あさひの2020年2月21日から2021年2月20日までの第46期事業年度の第2四半期会計期間(2020年5月21日から2020年8月20日まで)及び第2四半期累計期間(2020年2月21日から2020年8月20日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社あさひの2020年8月20日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以  上

 

 

(注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

 

E03439-000 2020-10-02