EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年5月17日

【事業年度】

第46期(自 2020年2月21日 至 2021年2月20日)

【会社名】

株式会社あさひ

【英訳名】

ASAHI CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  下 田 佳 史

【本店の所在の場所】

大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

【電話番号】

06(6923)2611(代表)

【事務連絡者氏名】

経理部長  古 賀 俊 勝

【最寄りの連絡場所】

大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

【電話番号】

06(6923)7900

【事務連絡者氏名】

経理部長  古 賀 俊 勝

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E03439 33330 株式会社あさひ ASAHI CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2020-02-21 2021-02-20 FY 2021-02-20 2019-02-21 2020-02-20 2020-02-20 1 false false false E03439-000 2021-05-17 E03439-000 2016-02-21 2017-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2017-02-21 2018-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2018-02-21 2019-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2017-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2018-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 E03439-000 2021-05-17 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E03439-000 2021-02-20 E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E03439-000 2021-02-20 jpcrp_cor:Row1Member E03439-000 2021-05-17 jpcrp_cor:Row1Member E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:YoshifumiShimodaMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:MotoiMochidukiMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:ShirouNishiokaMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:ShigeruMoriMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:KouichiNishimuraMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:TakashiKandaMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp030000-asr_E03439-000:AtsukoSuzukiMember E03439-000 2021-05-17 jpcrp_cor:Row2Member E03439-000 2021-05-17 jpcrp_cor:Row3Member E03439-000 2021-05-17 jpcrp_cor:Row4Member E03439-000 2021-05-17 jpcrp_cor:Row5Member E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2020-02-21 2021-02-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2019-02-21 2020-02-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:ReserveForSpecialDepreciationMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E03439-000 2021-02-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

回次

第42期

第43期

第44期

第45期

第46期

決算年月

2017年2月

2018年2月

2019年2月

2020年2月

2021年2月

売上高

(千円)

51,088,896

53,620,515

57,460,540

59,852,686

69,456,001

経常利益

(千円)

3,517,817

3,507,275

4,027,135

4,248,388

7,326,626

当期純利益

(千円)

2,165,136

2,051,268

2,360,571

2,559,081

4,717,827

持分法を適用した場合
の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

2,061,356

2,061,356

2,061,356

2,061,356

2,061,356

発行済株式総数

(株)

26,240,800

26,240,800

26,240,800

26,240,800

26,240,800

純資産額

(千円)

22,586,309

24,111,331

26,134,713

28,220,222

32,496,726

総資産額

(千円)

34,029,562

36,274,135

36,781,171

37,949,925

45,287,289

1株当たり純資産額

(円)

863.46

921.76

999.11

1,082.11

1,246.10

1株当たり配当額
(うち、1株当たり
中間配当額)

(円)

14.00

14.00

18.00

18.00

28.00

(―)

(―)

(―)

(―)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

82.77

78.42

90.24

98.09

180.91

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

66.4

66.5

71.1

74.4

71.8

自己資本利益率

(%)

10.1

8.8

9.4

9.4

15.5

株価収益率

(倍)

15.8

16.8

16.7

12.9

8.4

配当性向

(%)

16.9

17.9

19.9

18.3

15.5

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

4,297,060

1,226,506

4,789,168

3,953,591

7,295,268

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,281,066

1,519,948

1,751,846

1,574,261

1,870,621

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,496,397

882,850

2,617,770

2,332,337

660,196

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,877,448

2,466,856

2,886,408

2,933,400

7,697,850

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

1,351

1,427

1,491

1,531

1,600

(1,426)

(1,528)

(1,727)

(1,890)

(1,788)

株主総利回り

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)
(%)

102.2

104.0

119.9

102.5

124.5

(122.4)

(142.4)

(133.3)

(141.8)

(167.3)

最高株価

(円)

1,806

1,500

1,680

1,559

1,989

最低株価

(円)

1,192

1,223

1,198

1,175

934

 

 

 

(注) 1.当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、「連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移」については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。

4.第44期の1株当たり配当額には、創業70周年記念配当2円が含まれております。

5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在していないため、記載しておりません。

6.従業員数は、就業人員数を表示しております。なお、(  )内は、外書きで臨時雇用者の年間の平均人員を記載しており、1人当たり1日8時間換算にて算出したものであります。

7.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

8.当社は、2014年6月19日より「役員報酬BIP信託」を導入しており、当該信託が所有する当社株式を自己株式として処理しております。これに伴い、1株当たり当期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は第42期は82,400株、第43期は82,400株、第44期は82,400株、第45期は152,206株、第46期は161,590株であり、1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式数は第42期は82,400株、第43期は82,400株、第44期は82,400株、第45期は161,590株、第46期は161,590株であります。

 

 

2 【沿革】

当社の前身は、代表取締役社長下田佳史の祖父である下田順次が1949年4月旧本社所在地において、子供用玩具(すべり台、歩行器等)の製造・卸・小売を目的として旭玩具製作所を創業したことに始まります。その後、子供用自転車の卸売業や玩具小売業などを経て、1975年4月大阪府門真市に、一般ユーザーを対象とした自転車専門店をオープンし、同年5月株式会社として設立いたしました。

 

年月

沿革

1975年5月

大阪府大阪市都島区大東町において株式会社旭玩具を設立。

1982年10月

大阪府吹田市に「サイクルベースあさひ千里店」オープン。

1989年11月

大阪府寝屋川市に当社初の大型自転車専門店「サイクルベースあさひ寝屋川店」オープン。

1992年5月

株式会社あさひに商号変更。

1994年10月

当社初のフランチャイズ店 大阪府貝塚市に「サイクルベースあさひ貝塚店」オープン。

1995年3月

兵庫県に初出店 加古川市に「サイクルベースあさひ加古川店」オープン。

1997年1月

京都府に初出店 八幡市に「サイクルベースあさひ八幡店」オープン。

1997年10月

インターネット通販を開始。WEB上に「サイクルベースあさひネットワーキング店」オープン。

1997年11月

愛知県に初出店 豊橋市に「サイクルベースあさひ豊橋店」オープン。

1998年11月

奈良県に初出店 香芝市に「サイクルベースあさひ香芝店」オープン。

1999年4月

三重県に初出店 名張市に「サイクルベースあさひ名張夏見店」オープン。

1999年7月

POSシステムを全店舗に導入。

1999年7月

和歌山県に初出店 和歌山市に「サイクルベースあさひ和歌山店」オープン。

2000年8月

東京都に初出店 足立区に「サイクルベースあさひ扇店」オープン。

2001年2月

岡山県に初出店 倉敷市に「サイクルベースあさひ倉敷笹沖店」オープン。

2001年3月

広島県に初出店 福山市に「サイクルベースあさひ福山店」オープン。

2001年9月

関東圏への出店に伴い、東京都八王子市に関東オフィスを設置。

2002年5月

千葉県に初出店 習志野市に「サイクルベースあさひ東習志野店」オープン。

2002年9月

神奈川県に初出店 横浜市都筑区に「サイクルベースあさひ港北富士見が丘店」オープン。

2003年3月

静岡県に初出店 浜松市東区に「サイクルベースあさひ浜松店」オープン。

2003年3月

埼玉県に初出店 さいたま市緑区に「サイクルベースあさひ浦和東店」オープン。

2003年5月

滋賀県に初出店 栗東市に「サイクルベースあさひ栗東草津店」オープン。

2004年8月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。

2005年4月

岐阜県に初出店 岐阜市に「サイクルベースあさひ岐阜市橋店」オープン。

2005年6月

茨城県に初出店 つくば市に「サイクルベースあさひつくば店」オープン。

2005年10月

商品供給事業を開始。

2005年10月

三重県伊賀市に物流施設を取得「サイクルベースあさひ西日本物流センター」運営開始。

2005年12月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場。

2006年1月

ジャスダック証券取引所の上場を廃止。

 

 

年月

沿革

2006年4月

栃木県に初出店 宇都宮市に「サイクルベースあさひ宇都宮インターパーク店」オープン。

2007年3月

福岡県に初出店 春日市に「サイクルベースあさひ福岡春日店」オープン。

2007年9月

ヤフーショッピングに出店 WEB上に「サイクルモール・ヤフー店」オープン。

2007年10月

東京証券取引所市場第一部に指定。

2008年10月

佐賀県に初出店 佐賀市に「サイクルベースあさひ佐賀店」オープン。

2008年10月

群馬県に初出店 高崎市に「サイクルベースあさひ高崎東店」オープン。

2009年3月

楽天市場に出店 WEB上に「サイクルモール・楽天市場店」オープン。

2010年2月

熊本県に初出店 菊池郡菊陽町に「サイクルベースあさひ光の森店」オープン。

2010年3月

中華人民共和国現地法人「愛三希(北京)自転車商貿有限公司」設立。

2010年5月

大阪府大阪市都島区高倉町に本社を移転。

2010年5月

中華人民共和国北京市に初出店「自転車基地愛三希三元西橋本店」オープン。

2010年7月

山梨県に初出店 甲府市に「サイクルベースあさひ甲府昭和店」オープン。

2010年9月

香川県に初出店 高松市に「サイクルベースあさひ高松中央通店」オープン。

2010年12月

大分県に初出店 大分市に「サイクルベースあさひ下郡店」オープン。

2011年1月

愛媛県に初出店 松山市に「サイクルベースあさひ松山天山店」オープン。

2011年3月

宮城県に初出店 名取市に「サイクルベースあさひ名取店」オープン。

2011年4月

山口県に初出店 宇部市に「サイクルベースあさひ宇部店」オープン。

2011年5月

石川県に初出店 野々市市に「サイクルベースあさひアクロスプラザ野々市店」オープン。

2011年10月

高知県に初出店 高知市に「サイクルベースあさひ南御座店」オープン。

2011年11月

埼玉県久喜市に物流施設を新設「サイクルベースあさひ東日本物流センター」運営開始。

2011年12月

宮崎県に初出店 都城市に「サイクルベースあさひ都城店」オープン。

2012年3月

富山県に初出店 富山市に「サイクルベースあさひ富山婦中店」オープン。

2012年4月

北海道に初出店 札幌市東区に「サイクルベースあさひ新道東店」オープン。

2012年8月

徳島県に初出店 徳島市に「サイクルベースあさひ徳島店」オープン。

2012年9月

長野県に初出店 松本市に「サイクルベースあさひ松本店」オープン。

2012年10月

新潟県に初出店 長岡市に「サイクルベースあさひ長岡店」オープン。

2013年5月

山形県に初出店 山形市に「サイクルベースあさひ山形北店」オープン。

2014年1月

岩手県に初出店 盛岡市に「サイクルベースあさひ盛岡南店」オープン。

2014年3月

福井県に初出店 福井市に「サイクルベースあさひ福井北店」オープン。

2015年1月

秋田県に初出店 秋田市に「サイクルベースあさひ秋田旭南店」オープン。

2015年4月

鳥取県に初出店 米子市に「サイクルベースあさひ米子店」オープン。

2016年9月

福島県に初出店 郡山市に「サイクルベースあさひ郡山富田店」オープン。

2017年1月
 

アウトレット&リユース専門ショップ「LOHAS Cycle asahi」(ロハスサイクルアサヒ)高石店(大阪府)にて買取サービスを開始。

2017年3月

島根県に初出店 松江市に「サイクルベースあさひ松江学園通り店」オープン。

2017年7月

「ルイガノ」「ガノー」の日本総販売代理権を取得。

2017年10月

海外スポーツサイクルパーツブランド8社の日本総販売代理権を取得。

2018年1月

鹿児島県に初出店 鹿児島市に「サイクルベースあさひ鹿児島宇宿店」オープン。

2018年2月

長崎県に初出店 大村市に「サイクルベースあさひ大村店」オープン。

2018年8月

大阪府大阪市都島区大東町の旧本社ビルに「大東町オフィス」を設置しホールセール事業部を

移転。

2021年5月

監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社及び当社の関係会社は、当社及び非連結子会社(愛三希(北京)自転車商貿有限公司)の計2社で構成されており、店舗において自転車及びパーツ・アクセサリー等の関連商品の販売、各種整備及び修理等の付帯サービスの提供を行なっております。

当社は、当事業年度末現在、北海道・東北・関東・甲信越・中部・近畿・中国・四国・九州に472店舗の直営店を運営している他、当社直営店ノウハウをもとに中部、近畿、中国及び九州に19店舗のフランチャイズ(FC)店を展開しております。子会社は、中国北京市を拠点に、インターネット通信販売事業及び販売店への商品供給事業を運営しております。

インターネット通信販売では、「オンラインショップ」に加え、「PayPayモール店」と「楽天市場店」を展開しております。また、リユース店では、リユース・アウトレット自転車の販売・買取も行なっております。

商品については、国内外自転車メーカー等のブランド品に加え、メーカーとの共同開発による当社オリジナル品、そして、当社が企画開発した商品を中国や台湾の海外メーカーにて生産したプライベートブランド(PB)商品を取り扱っております。

また、海外の自転車及びパーツブランドの日本総販売代理権を所有し、国内販売店への商品卸事業を行なっております。加えて、当社オリジナル品、PB商品を中心としたホームセンター(HC)等の自転車売場への商品供給事業も行なっております。

なお、当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

具体的な取扱品目は、以下のとおりであります。

品目別

主な内容

自転車

一般用自転車、スポーツサイクル、子供用自転車
電動アシスト自転車、折りたたみ自転車

パーツ・アクセサリー

自転車関連部品、用品

ロイヤリティ

FC契約締結先からのロイヤリティ収入

その他

自転車の整備、修理等のサービス収入、FC店舗向けPB商品売上、サイクルメイト加入料等

 

 

事業の系統図を示すと以下のとおりであります。                 (2021年2月20日現在)


 

4 【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

2021年2月20日現在

従業員数(名)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(千円)

1,600

(1,788)

330ケ月

77ケ月

4,801

 

(注) 1.従業員数は就業人員数であります。

2.(  )内は、外書きで臨時雇用者の年間の平均人員を記載しており、1人当たり1日8時間換算にて算出したものであります。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

      4.当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。

 

 (2) 労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1) 会社の基本経営方針及び経営戦略

当社は『私たちは、自転車を通じて世界の人々に貢献できる企業を目指します。その企業目的に賛同し、参画するすべての人々が、豊かな人生を送れることを目指します。』という経営理念及び「あさひVISION2025」の実現を目指した行動計画に基づき、以下の方針を掲げております。

①全国各地への出店を進めるとともに、地域特性を活かした品揃えや、自転車をご利用されるシーンに合わせたライフスタイル提案型の展示を行なうなど、お客様のニーズに合わせた店舗展開をしてまいります。

②インターネット通信販売では、「ネットで注文・お店で受取り」サービスを展開し、地域密着型である店舗とサービスを融合させ、より身近に、より便利に自転車を提供できることを目指し、オムニチャネルの実現に取り組んでいます。また、愛好家やスポーツユーザー向け商品を扱う「オンラインショップ」、一般ユーザー向けにプライベートブランド(PB)商品を中心とした商品を提供する「サイクルモール」の両面展開により、未出店地域のお客様への対応力も一層高めてまいります。

③PB商品や当社が日本総販売代理権を有する海外スポーツサイクルブランドなどを中心に国内販売店に対して商品供給事業を行なってまいります。

④海外戦略事業では、経営理念に掲げております「世界の人々に貢献できる企業」を目指し、中国をはじめアジア圏における各国への商品供給など、海外事業の積極的な展開を進めてまいります。

⑤商品戦略では、お客様のニーズをつねに汲み取り「確かな品質で値ごろ感のあるPB商品」を目指し、企画・開発に取り組んでおります。また、品質管理については、工場、物流倉庫、店頭の三段階での品質検査を行なうなど、商品のさらなる安全性の強化・向上を実現してまいります。

これらに基づき、今後も自転車専門販売店チェーンとして、世界の人々の自転車ライフの向上に努めてまいります。

 

(2) 目標とする経営指標

    ①年間出店数

マーケティング機能の充実を図りながら、毎期15から20店舗を目処とした新規出店のペースを維持し、お客様のさらなる利便性の向上に努めてまいります。

   ②自社開発商品構成比率

当社自社開発による「確かな品質で値ごろ感のあるPB商品」の提供とともに、お客様最適の品揃えをコンセプトに、直営店におきましてはプライベートブランド(PB)商品とナショナルブランド(NB)商品の品揃え構成比率を各50%前後に保ってまいります。

 ③対売上高経常利益率

 当社は自転車及び自転車関連商品販売が事業の大半を占めるため、本業の収益性が明確に表れる対売上高経常利益率を重視しており、8%を目標に一層の効率的な運営による経常利益率の向上に努めてまいります。

 

 

(3) 経営環境及び優先的に対処すべき課題

新型コロナウイルス感染症の収束時期が現状見通せない状況のため、先行きは不透明な状況で推移すると思われます。

自転車業界においては、日常生活における人との接触、いわゆる「密」を避けるための移動手段として、自転車の活用機会が増えたことや、運動不足の解消を目的とした健康志向の高まりから利用が増加するなど、自転車の社会的価値の向上とともに需要が増加し、今後も一定程度継続するものと見込まれます。

このような経営環境を踏まえ、当社では、単に商品を販売するだけでなく購入時の楽しさや自転車に乗る楽しさを総合的に提供することで、お客様お一人おひとりのより充実した自転車ライフをサポートし、誰もが安心・安全に自転車を楽しめる環境を創り上げてまいりたいと考えております。その基本方針を基に、中期経営計画「あさひVISION2025」を策定しました。

当面の対処すべき課題として、中期経営計画「あさひVISION2025」における4つの重点戦略「お客様との関係性強化(CRM強化)」「既存店の活性化」「新しい店舗スタイルの開発」「事業領域の拡大」を着実に推進するため、その前提となる「デジタル・IT」「物流」「ブランディング」の3つの成長基盤の強化を推進してまいります。

・「デジタル・IT基盤の強化」

経営の土台であり成長の核となるデジタル・IT基盤の強化を図ることで、SCM(サプライチェーンマネジメント)、オムニチャネル等の最適化を進め、さらなるお客様の利便性向上を目指してまいります。

・「物流機能の強化と最適化」

事業の領域拡大やオムニチャネルを推進していくため、現状の物流拠点の規模及び仕組みの見直し、配送システムの再構築等を図ることで、物流の効率化と納期短縮を目指してまいります。

・「ブランディング強化」

ブランド再活性化をテーマに掲げ、「商品」「店舗」「広告」などの目に見える部分だけでなく、意識や行動といった目に見えない部分においても企業理念や経営ビジョンを反映した統一感(ブランドアイデンティティ)を演出することでブランド価値を高め、さらなる認知度の向上を図ってまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1) 出店政策について

①直営店による店舗展開について

直営店による店舗展開は、以下のようなメリットがあります。

  ・会社の経営方針、施策等を迅速かつ適切に実施できます。

  ・店舗管理が容易かつ機動的に実施できます。

  ・出退店、移転等が臨機応変に実施できます。

  このようなメリットがある反面、以下のようなリスクがあります。

    ・出店費用、人件費等のコスト負担が大きくなるリスクがあります。

  ・予定通りの出店ができないことにより財政状態及び経営成績に影響を与えるリスクがあります。

・直営店においては、賃借による出店を基本としており、店舗用物件の契約時に賃貸人に対し保証金及び建設協力金を差入れています。差入保証金の残高は、当事業年度末現在5,105,842千円(総資産に対する割合11.3%)、建設協力金の残高は、当事業年度末現在1,078,175千円(同2.4%)です。当該保証金は、期間満了等による賃貸借契約解約時に契約に従い返還されます。

これらの保証金及び建設協力金は、貸主側の経済的破綻等不測事態の発生により、その一部又は全額が回収できなくなるリスクがあります。

・賃借物件で契約に定められた期間満了前に中途解約した場合は、契約内容に従って違約金の支払いが必要となるリスクがあります。

当社では、新規出店後の中途解約等リスクを極力抑えるために、物件毎に商圏、競合状況、投資効果等を総合的に勘案し、厳選した物件での出店を心掛けています。そのために、店舗開発専任人材の確保及び育成に注力するとともに、物件紹介業者や他テナントとの関係を強化し、より多くの情報を把握したり、既存店データを活用し、高精度の売上予測判定システムの構築に取り組んでいます。出店スケジュールは無理のない日程を設定し、出店の遅れ等のリスク回避に努めています。

また、差入保証金等の預託金回収については、既存店賃貸管理の効率化を推進し、定期的に敷金額の見直しを行ない、店舗貸主にご協力いただき敷金の一部回収等に取り組んでいます。

 

②フランチャイズ(FC)展開について

当社では、“サイクルベースあさひ”ブランドの拡大と効率化を目的として、一部FCによる店舗展開を行なっています。FCによる店舗展開は、直営店による出店と比較し、低コストによる店舗展開が可能で、ブランドの浸透と当社商品の市場占有率の向上に貢献します。また当社はFC加盟店に対してFC契約に基づき、店舗運営に係る指導を実施しています。

一方で、FC加盟店は独立した経営主体であるため、下記のような潜在的なリスクも抱えています。

・統一的な店舗運営ノウハウ及び当社の経営方針、施策等を浸透させることが困難な場合があります。

・当社の出店政策に基づく出退店、移転等が臨機応変に実施できない場合があります。

・FC加盟店の経営状態等により店舗運営に支障が生じる場合があります。

・FC加盟店において重大なクレーム等が発生した場合、当社のブランド全体に対する信用失墜につながるおそれがあります。

・当社若しくは、FC加盟店オーナーの要因により、FC加盟店との間にトラブル等が発生した場合、FC契約の解消、訴訟の発生等、当社の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

このため、当社の経営方針を十分にご理解、賛同いただいたうえで、財務基盤を有するFC加盟店を選定しています。

 

 

(2) 業績の季節変動について

当社の主要販売商品である自転車及び自転車関連商品は、春の入学・入社シーズンが最需要期となるため、上半期の売上高は下半期に比べ多くなる傾向があります。一方で、固定費部分の上半期・下半期の割合はほぼ一定のため、営業利益の割合は上半期に偏る傾向があります。

なお、当社の最近2事業年度における上半期・下半期別の業績及び通期に対する比率は以下のとおりです。

科目

前事業年度(2020年2月期)

当事業年度(2021年2月期)

上半期

下半期

通期

上半期

下半期

通期

金額
(千円)
(%)

金額
(千円)
(%)

金額
(千円)
(%)

金額
(千円)
(%)

金額
(千円)
(%)

金額
(千円)
(%)

売上高

34,047,705

56.9

25,804,980

43.1

59,852,686

100.0

39,143,931

56.4

30,312,070

43.6

69,456,001

100.0

売上総利益

17,170,664

56.7

13,121,070

43.3

30,291,734

100.0

19,911,611

56.9

15,110,095

43.1

35,021,706

100.0

営業利益

3,795,578

94.7

210,563

5.3

4,006,142

100.0

6,084,275

88.6

779,608

11.4

6,863,883

100.0

経常利益

3,910,608

92.0

337,780

8.0

4,248,388

100.0

6,223,319

84.9

1,103,307

15.1

7,326,626

100.0

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれていません。

2.比率は、通期に対する割合です。

 

(3) プライベートブランド(PB)商品について

当社では、顧客への「多彩な商品ラインナップ」、「確かな品質で値ごろ感のある商品」の提供を目的に、PB商品の企画・開発に注力しています。

PB商品は、当社にて企画・開発を行ない、主に海外の自転車メーカーに生産を委託しています。当期における当該生産委託品の仕入高は14,568,696千円(総仕入高に占める割合41.0%)で、その大半は中国において生産を行なっています。このため、現地における今後の政治・社会情勢、経済的環境によっては、生産に支障が生じたり、生産コストが上昇したりすること等により、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

また、当社では、当社の努力だけでは吸収しきれないような仕入価格の変動に対しては販売価格を柔軟に変更するように努めています。しかし、仕入と販売の時期の差によって十分な調整ができない期間が生じる場合や仕入価格が予想を上回って変動した場合には、当社の売上総利益率が影響を受ける可能性があります。

このため、当社では、パーツの性能、機能等と価格とのバランスを考慮しながら、適時にモデルチェンジを行ない、適正な価格を維持しています。

なお、PB商品の企画・開発に当たっては、他社メーカーの特許権、商標権、意匠権等の侵害について細心の注意を払っていますが、これら権利を侵害したとして裁判等の紛争に至った場合においては、その処理に多額の費用を要し、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(4) 為替リスクについて

当社は、中国を中心とした海外メーカーから商品を輸入しており、当事業年度の当社の輸入仕入高比率は40.3%です。

 輸入に関しましては、海外仕入先との仕入価格改定の交渉とともに国内販売先との販売価格改定の交渉等を併せて行なっていますが、為替の変動幅が予想以上に大きくなる、又は為替予約のタイミングが不適切であることなどにより、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

当社では、為替変動リスクを軽減するため、適切なタイミングで為替予約取引を行なっています。

 

(5) 売掛金の回収について

当社は、商品供給をはじめとする、法人向け等の掛売取引を行なっています。予期せぬ得意先の経営破綻が発生した場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

当社では、得意先に対する売掛金等の与信管理については、定期的に情報収集を行ない、また信販会社を利用するなど十分に留意しています。

 

 

(6) 固定資産の減損会計について

当社は、店舗等に係る有形固定資産及び無形固定資産などを保有しています。店舗等の収益性の低下により各店舗等の簿価が回収できない場合、当該資産の帳簿価額にその価値の下落を反映させる手続きとして、減損処理を行なう必要があります。この結果、当該店舗等について減損損失が計上され、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

  このため、当社は、店舗形態に応じた出店基準を定め、投資回収を検討したうえで出店を行なっています。

 なお、店舗等に係る固定資産の帳簿価額は、当事業年度末現在で8,472,196千円です。

 

(7) 人材の確保、育成について

当社は直営店方式による自転車及び関連商品の小売業を事業の柱にしており、積極的な新規出店を行なっています。また、自転車は「乗り物」であり、何よりも安全性が重視されるため、店舗において組立・整備・修理等を適切かつ確実に行なう必要があります。

従って、店舗数の拡大ペースに対応した人材の確保・育成に支障をきたすといった場合には、出店ペースの減速、顧客に対するサービスの低下等により、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

このため、当社においては、年1回の新規卒業者だけではなく、年間を通じて補充・出店のための要員を機動的に採用しています。また、安全性を確保する技術的資格として、入社後2年以上経過の社員に対し、自転車技士、自転車安全整備士など公的資格の取得を支援しています。また、「マイスター制度」という社内資格を導入し、整備、接客、ガイド(お客様参加型イベントの引率)の3分野において、一定基準を満たし、かつ社内試験に合格すると「マイスター」の資格を得ることができ、社員の自発的なレベルアップを支援しています。

また、技能経験を考慮し十分な資質があると判断したアルバイトの社員登用を行なうなど、即戦力となる人材確保に関して成果を挙げてきています。このように技術的、能力的に高い専門性を持つ社員を配置し、専門店チェーンとしての独自性と有用性を向上させるとともに人材の確保・育成に対応しています。

その他、社内技術講習会、展示会及びメーカー技術講習会等、さまざまな機会を積極的にとらえ、技術・商品知識の修得をはじめとする人材の育成にも継続的に取り組んでいます。

 

(8) 品質管理について

  店舗においては、顧客より注文のあった自転車を組立・整備のうえ、引渡しを行ないます。当該組立・整備上の瑕疵が原因で、販売した自転車による事故、負傷等が発生した場合、その損害の賠償、又は補償を求められる可能性があります。

 また、プライベートブランド(PB)及び国内販売権利取得ブランド(ルイガノ) 商品においては、当社仕様による商品をメーカーに製造委託し、PB及びルイガノブランドとして販売しているため、製造物責任法(PL法)の適用を受けます。それらの企画発注に関しては、国内・海外のいずれにおいても日本工業規格(JIS規格)適合を最低条件とし、当社独自の品質基準を設定して、部品調達、メーカーの選定を行なっています。

製造物責任賠償につながるような製品の欠陥は、損害賠償額以外に、製品の回収、交換・補修、設計変更等のコスト発生や、当社の社会的評価の低下につながる恐れがあります。この結果、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

製造物責任賠償については生産物賠償責任保険(PL保険)に加入しています。 

また、サンプル商品の仕様詳細のチェックをはじめ、完成品出荷時には仕様の最終点検及び全般にわたる品質機能検査を義務付け、必要に応じて自ら立会検査を行なうことによって品質管理を行なっています。

 

 

(9) 顧客情報の管理について

当社は、自転車を販売した顧客に対し、「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律(昭和55年11月25日法律第87号)」に基づく自転車防犯登録の勧奨や、サイクルメイト(任意で入会できる当社会員サービス制度)への入会による盗難補償、無料点検、各種割引等のサービスを提供しています。また、インターネットによる通信販売も行なっています。

顧客情報の管理には万全を期していますが、不正アクセス等により顧客情報が外部に流出した場合には、当社における直接的損害や当社に対する信用の低下等により、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

そのため、顧客情報を内規である「個人情報保護管理規程」に基づき厳重に管理し、インターネットによる通信販売においても、外部から不正アクセスができないようにファイアウォール等のセキュリティ手段を講じています。また、社内研修による人材の育成も行なっています。

 

(10) 海外戦略について

 当社は『私たちは、自転車を通じて世界の人々に貢献できる企業を目指します。その企業目的に賛同し、参画するすべての人々が、豊かな人生を送れることを目指します。』という経営理念の実現のため、海外事業を展開しています。2010年3月中国北京市に現地法人「愛三希(北京)自転車商貿有限公司」を設立し、2021年2月20日現在、卸供給、オンラインショップを中心に販売活動を行なっています。

なお、海外事業戦略には、現地において、政治、経済、社会の変化等の予期しない事象により、事業の継続が困難になる可能性があり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

このため、当社では現地の政治情勢・経済情勢等を適時調査するとともに、許容されるリスク内の投資を行なっています。

 

(11) 新型コロナウイルス感染拡大の影響について

2019年末に中国で初めて確認され、現在も各国に拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、当社は、お客様、取引先及び社員の安全第一を考え、また、さらなる感染拡大を防ぐために、WHO並びに各国保健行政の指針に従った感染防止策の徹底をはじめとして、感染リスクが高い国や地域への渡航・出張の原則禁止、多くのお客様にお集まりいただくイベントの休止や制限、間接部門を中心としたテレワーク(在宅勤務)対応などを実施してきました。

なお、2021年4月末現在、自転車の主要生産国である中国の委託生産工場は通常通りに稼動しているものの、日本国内における感染拡大が長期化し、パンデミックにあたる状況が進行すれば、国内全体の景気悪化及び経済活動の低迷が、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

このため、当社は、ウィズコロナを前提とした、店頭での感染予防策や、テレワークなどのさまざまな業務環境改善の取り組みを進めています。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 ①業績

当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動が大幅に抑制され企業収益が減少するなど景気は急速に悪化し、先行きは依然として不透明な状況で推移しました。

このような状況のもと、自転車は日常生活における人との接触、いわゆる「密」を避けるための移動手段として、通勤・通学を中心に活用機会が増えたことや、運動不足の解消を目的とした健康志向の高まりから利用が増加するなど、改めてその必要性が広く認識されるところとなりました。

当社におきましては、政府による第1回目の緊急事態宣言が発出された第1四半期こそ、自主休業や営業時間を短縮したことで売上高は前年を下回りましたが、緊急事態宣言が解除された6月度から全店通常営業に切り替えたところ、来客数の増加に伴い自転車の販売が好調に推移しました。特に需要の多かった電動アシスト自転車やスポーツサイクル、子供用自転車の在庫をいち早く確保したり、インターネットでの購入機会が増加する傾向に素早く対応した結果、第2四半期以降、業績は好調に推移し、通期において増収増益を確保することができました。

また、当事業年度が最終年度となる中期経営計画「あさひVISION2020」では、「SHIFT TO SPORTY」をメインテーマに掲げスポーツサイクルの普及を推し進めるとともに、組織基盤である「人間力」「商品力」「店舗力」の3分野からなるカルチャーモデルの強化に取り組みました。

まず、「人間力」では、社内資格である「マイスター制度」の推進を図り、「接客」「技術」「ガイドツアー」において、スタッフの専門性を高め、より高品質なサービスを提供できるようなプロフェッショナル人材の育成に注力しました。また「ガイドツアー」においては、各地のスポーツスペシャリティストアを中心に経験豊富なスタッフが帯同するガイド付きサイクリングツアーやライドイベントを開催するなど、自転車の魅力の発信や楽しみ方の提供を行なってまいりました。

「商品力」では、当社独自のアシスト機能を採用した電動アシスト自転車「ENERSYS」シリーズの充実を図ったほか、通勤での使用を想定した新モデル「オフィスプレスe」を10月下旬に発売し、通勤需要の新しいニーズを発掘しました。なお、商品展開では、新しいジャンルとして注目を集める電動アシストスポーツサイクル(E-BIKE)やシニア向け商材の一つとして車いすなどの品揃えも強化してまいりました。

「店舗力」では、旧型の店舗を建て替えて、売り場面積の拡張や最新の売り場形態への移行により、お客様がさらに選びやすくお買い物を楽しんで頂けるような店舗づくりに取り組みました。また、スポーツサイクルに重点を置いた「スポーツスペシャリティストア」の展開拡大や、従来の郊外型店舗に加え、都心部への出店にも取り組みました。

出退店については、関東地域に12店舗、近畿地域に3店舗を出店し、九州地域の1店舗を退店しました。この結果、当期末における店舗数は、直営店472店舗、FC店19店舗のあわせて491店舗となりました。なお、店舗数にはリニューアルに伴う一時閉店中の店舗が含まれております。

 

(46期業績概況)
 このような活動の結果、当事業年度におきましては、以下のとおり増収増益となりました。
   売上高       69,456,001千円     (前期比  16.0%増)
   経常利益       7,326,626千円     (前期比 72.5%増)
   当期純利益      4,717,827千円     (前期比 84.4%増)

なお、当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

 ②キャッシュ・フローの状況

当事業年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前事業年度末と比較して4,764,449千円増加し、7,697,850千円となりました。各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

 (営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は7,295,268千円となりました。主な増加要因は、税引前当期純利益7,056,486千円、減価償却費1,260,487千円、仕入債務の増加額719,370千円等によるものであります。また、主な減少要因は、売上債権の増加額687,930千円、たな卸資産の増加額1,239,384千円、法人税等の支払額1,510,778千円等によるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は1,870,621千円となりました。これは主に、新規出店に係る有形固定資産の取得による支出1,348,513千円、差入保証金の差入による支出346,419千円等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は660,196千円となりました。これは主に、長期借入金の返済による支出187,500千円、配当金の支払額472,636千円等によるものであります。

 

  ③仕入及び販売の状況

 当社は、単一セグメントであるため、仕入及び販売の実績は品目別により記載しております。

(a) 仕入実績

当事業年度の仕入実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目別

金額(千円)

前期比(%)

自転車

29,852,509

117.1

パーツ・アクセサリー

5,002,409

117.0

その他

701,403

112.4

合計

35,556,322

117.0

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(b) 販売実績

当事業年度の販売実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

品目別

金額(千円)

前期比(%)

自転車

49,858,027

117.0

パーツ・アクセサリー

11,792,227

108.5

ロイヤリティ

157,496

99.7

その他

7,648,250

122.9

合計

69,456,001

116.0

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.総販売実績に対する販売割合で10%以上の相手先はありません。

 

(c) 地域別販売実績

当事業年度の地域別販売実績は、次のとおりであります。

地域別

売上高(千円)

構成比(%)

前期比(%)

店舗数(店)

北海道・東北・
関東・甲信越

32,296,428

46.5

119.2

218

中部

7,592,882

10.9

113.7

62

近畿

16,032,536

23.1

111.3

108

中国・四国・九州

11,181,553

16.1

115.1

84

ロイヤリティ・
その他

2,352,600

3.4

120.1

合計

69,456,001

100.0

116.0

472

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.上記店舗数は、当事業年度末現在の直営店舗を記載しております。

3.ロイヤリティ・その他には、フランチャイズ契約締結先からのロイヤリティ収入、FC(フランチャイズ店)並びにGMS(ゼネラルマーチャンダイズストア)・HC(ホームセンター)等への商品売上、及び本社部門における外商売上を記載しております。

 

  (2)経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

     経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
    なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

    ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成に当たって、資産及び負債または損益の状況に影響を与える会計上の見積りは、過去の実績等の財務諸表作成時に入手可能な情報に基づき、合理的に判断して行っておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 注記事項(重要な会計方針)」に記載のとおりですが、特に以下の事項に関する会計上の見積りが当社の財務諸表の作成に大きな影響を及ぼすと考えております。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に係る会計上の見積りの仮定については、「第5 経理の状況  1 財務諸表等 (1) 財務諸表 注記事項(追加情報)(新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

当社は、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。割引前将来キャッシュ・フローは事業計画を基礎とし、将来の不確実性を考慮して見積っておりますが、将来の不確実な経済条件の変動等により見積りの見直しが必要となった場合、減損損失が発生する可能性があります。

なお、当事業年度においては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1) 財務諸表 注記事項 (損益計算書関係) ※4 減損損失」に記載のとおり、減損損失(255,794千円)を計上しております。

 

    ② 経営成績の分析

   (a) 売上高の状況

売上高は69,456,001千円(前期比16.0%増)となりました。売上高の内訳の詳細については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要 ①業績」と「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要 ③仕入及び販売の状況 (b)販売実績」をご参照ください。売上高が増加した主な要因は、新型コロナウイルス感染症の影響による生活様式の変化に伴い、自転車の需要が増加したためであります。

 

  (b) 売上総利益の状況

売上総利益は35,021,706千円(前期比15.6%増)となりました。自転車需要の増加や店舗数の増加による全社的なスケールメリットの拡大等により売上高が増加したことによるものであります。

 

  (c) 営業利益の状況

販売費及び一般管理費は28,157,822千円(前期比7.1%増)となりました。主に当期の15店舗の新規出店に伴う出店費用及び地代家賃、人件費等の増加によるものであります。その結果、販売費及び一般管理費が増加したものの、営業利益は6,863,883千円(前期比71.3%増)となりました。

 

  (d) 経常利益の状況

営業外収益は受取補償金等の増加により579,995千円(前期比70.8%増)となりました。また、営業外費用は不動産賃貸原価等の増加により117,253千円(前期比20.5%増)となり、営業外費用が増加したものの、経常利益は7,326,626千円(前期比72.5%増)となりました。

 

  (e) 当期純利益の状況

特別損益については、特別損失が270,139千円発生しておりますが、内容は減損損失255,794千円等であります。法人税等(法人税、住民税及び事業税並びに法人税等調整額)が前期より951,177千円増加し、当期純利益は4,717,827千円(前期比84.4%増)となりました。

 

 

    ③ 財政状態の分析

   (a) 流動資産

 当事業年度末における流動資産の残高は、前事業年度末と比較して6,883,790千円増加し、24,665,824千円となりました。これは主に、現金及び預金の増加4,642,545千円、商品の増加1,004,535千円等によるものであります。

 

   (b) 固定資産

当事業年度末における固定資産の残高は、前事業年度末と比較して453,573千円増加し、20,621,464千円となりました。これは主に、繰延税金資産の増加224,707千円、差入保証金の増加187,485千円等によるものであります。

 

 (c) 流動負債

 当事業年度末における流動負債の残高は、前事業年度末と比較して3,007,694千円増加し、11,683,388千円となりました。これは主に、未払法人税等の増加1,109,058千円、買掛金の増加719,370千円、未払消費税等の増加627,077千円等によるものであります。

 

 (d) 固定負債

当事業年度末における固定負債の残高は、前事業年度末と比較し53,164千円増加し、1,107,173千円となりました。これは主に、資産除去債務の増加32,046千円等によるものであります。

 

 (e) 純資産

 当事業年度末の純資産の残高は、前事業年度末と比較して4,276,504千円増加し、32,496,726千円となりました。これは主に、当期純利益による増加4,717,827千円等によるものであります。

 

  ④ 資本の財源及び資金の流動性について 

 当社の運転資金需要のうち主なものは、商品の仕入、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資等によるものであります。

   当社は、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としています。

 短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達については、金融機関からの長期借入を基本としています。

なお、当事業年度の財政状態及びキャッシュ・フローの分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載したとおりであります。

 

  ⑤ 2021年2月期の計画達成状況

売上高については、新型コロナウイルス感染症の影響により、日常生活における人との接触、いわゆる「密」を避けるための移動手段として、通勤・通学を中心に自転車の活用機会が増えたことや、運動不足の解消を目的とした健康志向の高まりから自転車の需要が増加したことや、新規出店、高付加価値商品の販売増加に伴う客単価上昇などに伴い、計画比3,456,001千円増(5.2%増)となりました。

営業利益については、好調な売上高に牽引され、売上総利益額が増加したことや、上半期、新型コロナウイルス感染症の見通しが不透明であったことから店舗の営業自粛や企業活動を抑制したことにより販売費及び一般管理費が抑えられることとなりました。その結果、営業利益は計画比863,883千円増(14.4%増)となりました。また、当期純利益は計画比1,044,827千円増(28.4%増)となりました。

なお、ROEは当期純利益の計画達成により、計画比3.0ポイント増の15.5%となりました。

 

2021年2月期(計画)

2021年2月期(実績)

計画比(%)

売上高

66,000,000千円

69,456,001千円

3,456,001千円増(5.2%増)

営業利益

6,000,000千円

6,863,883千円

863,883千円増(14.4%増)

当期純利益

3,673,000千円

4,717,827千円

1,044,827千円増(28.4%増)

ROE(自己資本利益率)

12.5%

15.5%

3.0ポイント増

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

当社は、店舗運営希望者に対して「サイクルベースあさひフランチャイズチェーン契約」を締結することでフランチャイズ権の付与を行なっております。なお、契約の要旨は次のとおりであります。

契約内容

加盟店に対し、当社の所有する商標、サービスマーク及び経営ノウハウを用いて、全加盟店が同一と見られるイメージのもとに自転車及びその関連商品の販売と修理の営業を行なう権利を付与するとともに、店舗運営に関する指導及び経営指導の一環として加盟店の経営分析を行ない必要に応じて助言指導を行なっております。

契約期間

契約締結の日から満5年間であり、契約期間満了6ケ月前までに書面による異議の申し出がないときは、同一条件の下に自動的に3年間延長されるものとし、以後の更新も同様であります。

加盟金

加盟金は、当該契約時に一定額を受領することとなっております。

ロイヤリ
ティ

ロイヤリティは、総売上高に対する一定率を毎月受領することとなっております。

契約先

大阪市都島区の株式会社ダイツー等6社で、FC店舗は19店舗であります(当事業年度末現在)。

 

 

5 【研究開発活動】

特に記載すべき事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度の設備投資については、販売網の拡充を図るため、新たに15店舗を出店するとともに3店舗を建替えました。その結果、設備投資総額は、有形・無形固定資産1,708,488千円、賃貸借契約に係る差入保証金346,419千円の総額2,054,907千円となりました。

なお、当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

2 【主要な設備の状況】

当社における主要な設備は、次のとおりであります。

事業所別設備の状況                                2021年2月20日現在

事業所

所在地

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

建物及び
構築物

機械装置及び車両運搬具

土地

その他

合計

面積(㎡)

金額

 

北海道
新道東店
ほか7店舗

札幌市東区ほか

販売設備

95,223

4,607

99,830

16

 

(7,941)

(29)

 

岩手県
盛岡南店

岩手県盛岡市

販売設備

9,425

219

9,644

 

(3,086)

(3)

 

宮城県
名取店
ほか5店舗

宮城県名取市ほか

販売設備

15,068

1,076

16,144

17

 

(6,527)

(19)

 

秋田県
秋田旭南店

秋田県秋田市

販売設備

10,861

619

11,480

 

(1,007)

(3)

 

山形県
山形北店

山形県山形市

販売設備

7,123

1,000

8,123

 

(1,339)

(3)

 

福島県
郡山富田店

福島県郡山市

販売設備

95,995

1,692

97,688

 

(1,268)

(4)

 

北海道・東北地域計 18店舗

233,697

9,214

242,912

42

 

(21,168)

(61)

 

茨城県
つくば店
ほか10店舗

茨城県つくば市ほか

販売設備

21,735

2,484

24,219

28

 

(15,573)

(32)

 

栃木県
宇都宮インターパーク店
ほか5店舗

栃木県宇都宮市ほか

販売設備

3,324

737

4,061

15

 

(8,134)

(19)

 

群馬県
高崎東店
ほか4店舗

群馬県高崎市ほか

販売設備

32,858

2,501

35,360

13

 

(6,065)

(19)

 

埼玉県
浦和東店
ほか33店舗

さいたま市緑区ほか

販売設備

629,447

2,425

556,314

26,240

1,212,002

92

 

(35,670)

(117)

 

千葉県
東習志野店
ほか29店舗

千葉県習志野市ほか

販売設備

592,626

23,417

616,044

84

 

(30,059)

(93)

 

東京都
扇店
ほか63店舗

東京都足立区ほか

販売設備

779,225

47,963

827,189

221

 

(50,341)

(278)

 

神奈川県
港北富士見が丘店
ほか36店舗

横浜市都筑区ほか

販売設備

478,608

32,377

510,986

124

 

(32,189)

(156)

 

新潟県
長岡店
ほか5店舗

新潟県長岡市ほか

販売設備

27,331

1,490

28,822

13

 

(9,366)

(18)

 

山梨県
甲府昭和店
ほか2店舗

山梨県甲府市ほか

販売設備

31,757

2,500

34,258

 

(2,617)

(10)

 

長野県
松本店
ほか3店舗

長野県松本市ほか

販売設備

48,791

1,394

50,185

 

(3,975)

(13)

 

関東・甲信越地域計 200店舗

2,645,707

2,425

556,314

141,108

3,343,130

608

 

(193,989)

(755)

 

 

事業所

所在地

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

建物及び
構築物

機械装置及び車両運搬具

土地

その他

合計

面積(㎡)

金額

 

富山県
富山婦中店
ほか3店舗

富山県富山市ほか

販売設備

18,002

1,135

19,138

 

(8,432)

(13)

 

石川県
アクロスプラザ野々市店
ほか3店舗

石川県野々市市ほか

販売設備

54,970

760

55,731

 

(4,416)

(12)

 

福井県
福井北店
ほか1店舗

福井県福井市ほか

販売設備

16,095

305

16,400

 

(2,687)

(6)

 

岐阜県
岐阜市橋店
ほか2店舗

岐阜県岐阜市ほか

販売設備

58,662

4,298

62,961

 

(4,401)

(8)

 

静岡県
浜松店
ほか13店舗

浜松市東区ほか

販売設備

199,090

12,231

211,321

43

 

(17,409)

(49)

 

愛知県
豊橋店
ほか31店舗

愛知県豊橋市ほか

販売設備

606,754

18,874

625,629

88

 

(30,074)

(105)

 

三重県
三重川越店
ほか2店舗

三重県三重郡川越町

ほか

販売設備

64,371

3,088

67,460

 

(2,883)

(9)

 

中部地域計 62店舗

1,017,948

40,693

1,058,641

167

 

(70,301)

(202)

 

滋賀県
栗東草津店
ほか4店舗

滋賀県栗東市ほか

販売設備

88,946

3,419

92,365

12

 

(4,957)

(17)

 

京都府
桂店
ほか8店舗

京都市西京区ほか

販売設備

42,523

2,249

44,773

28

 

(7,340)

(31)

 

大阪府
都島本店
ほか55店舗

大阪市都島区ほか

販売設備

932,085

0

2,399

535,464

42,923

1,510,473

171

 

(40,766)

(200)

 

兵庫県
加古川店
ほか29店舗

兵庫県加古川市ほか

販売設備

398,609

716

130,412

20,703

549,725

100

 

(24,280)

(113)

 

奈良県
香芝店
ほか3店舗

奈良県香芝市ほか

販売設備

112,512

3,871

116,383

 

(4,102)

(14)

 

和歌山県
和歌山店
ほか3店舗

和歌山県和歌山市

ほか

販売設備

93,488

1,693

95,182

11

 

(5,804)

(13)

 

近畿地域計 108店舗

1,668,166

0

3,115

665,877

74,860

2,408,903

331

 

(87,249)

(388)

 

鳥取県
米子店
ほか1店舗

鳥取県米子市ほか

販売設備

56,194

2,500

58,695

 

(1,848)

(5)

 

島根県
松江学園通り店

島根県松江市

販売設備

3,641

88

3,730

 

(815)

(2)

 

岡山県
倉敷笹沖店
ほか4店舗

岡山県倉敷市ほか

販売設備

143,507

1,068

68,988

5,652

218,148

19

 

(5,393)

(17)

 

広島県
福山店
ほか8店舗

広島県福山市ほか

販売設備

159,513

7,222

166,735

28

 

(6,731)

(26)

 

山口県
宇部店
ほか5店舗

山口県宇部市ほか

販売設備

128,015

4,602

132,617

17

 

(5,333)

(16)

 

中国地域計 23店舗

490,782

1,068

68,988

20,066

579,927

72

 

(20,120)

(66)

 

徳島県
徳島店
ほか3店舗

徳島県徳島市ほか

販売設備

162,984

4,481

167,465

12

 

(4,251)

(9)

 

香川県
高松中央通店
ほか3店舗

香川県高松市ほか

販売設備

16,650

1,263

17,914

11

 

(3,775)

(11)

 

愛媛県
松山天山店
ほか4店舗

愛媛県松山市ほか

販売設備

61,599

1,101

62,701

15

 

(4,217)

(15)

 

高知県
南御座店
ほか2店舗

高知県高知市ほか

販売設備

59,090

1,412

60,503

12

 

(2,453)

(10)

 

四国地域計 16店舗

300,326

― 

8,258

308,584

50

 

(14,696)

(45)

 

 

事業所

所在地

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

建物及び
構築物

機械装置及び車両運搬具

土地

その他

合計

面積(㎡)

金額

 

福岡県
福岡春日店
ほか23店舗

福岡県春日市ほか

販売設備

142,036

15,537

157,574

68

 

(26,825)

(73)

 

佐賀県
佐賀店
ほか1店舗

佐賀県佐賀市ほか

販売設備

2,425

126

2,551

 

(3,143)

(5)

 

長崎県
大村店

長崎県大村市

販売設備

22,809

371

23,180

 

(849)

(3)

 

熊本県
光の森店
ほか6店舗

熊本県菊池郡菊陽町
ほか

販売設備

83,111

1,566

84,678

24

 

(7,119)

(26)

 

大分県
下郡店
ほか5店舗

大分県大分市ほか

販売設備

72,849

4,468

77,317

13

 

(6,561)

(13)

 

宮崎県
都城店
ほか4店舗

宮崎県都城市ほか

販売設備

35,679

2,861

38,540

10

 

(5,634)

(13)

 

九州地域計 45店舗

358,912

24,931

383,844

121

 

(50,132)

(133)

 

大阪府
本社

大阪市都島区

統括業務
施設

266,811

1,603

642,864

396,188

1,305,864

128

 

(―)

(93)

 

三重県
西日本物流センター

三重県伊賀市

物流業務
施設

282,286

18,520

25,467

218,511

4,059

523,377

 

(―)

(5)

 

埼玉県
東日本物流センター

埼玉県久喜市

物流業務
施設

1,243,870

8,307

33,489

859,846

919

2,112,944

 

(―)

(37)

 

大阪府
西日本研修センター

大阪市都島区

研修施設

27,994

1,795

29,789

 

(―)

(―)

 

埼玉県
東日本研修センター

さいたま市緑区

統括業務

施設兼

研修施設

1,897

1,897

 

(―)

(―)

 

東京都
店舗開発部八王子オフィス

東京都八王子市

統括業務
施設

279

0

279

 

(―)

(―)

 

大阪府
大東町オフィス

大阪市都島区

統括業務
施設

23,756

1,443

453

77,341

2,643

105,184

56

 

(―)

(3)

 

全社共通

1,846,896

28,272

61,012

1,798,562

405,605

4,079,337

209

 

(―)

(138)

 

合計

8,562,527

28,272

67,619

3,089,742

724,738

12,405,280

1,600

 

(457,655)

(1,788)

 

 

 

(注) 1.投下資本の金額は、帳簿価額によるものであり、建設仮勘定は含んでおりません。なお、上記の金額には、消費税等は含んでおりません。

2.その他の金額の内訳は、工具、器具及び備品367,688千円(一括償却資産除く)、ソフトウエア357,050千円であります。

3.面積のうち(  )内の数値は、賃借面積を外書きで表示しております。

4.都島本店は、本社と同一の土地にあるため、大阪府の土地の面積には、含んでおりません。

5.店舗及び寮の年間賃借料(地代家賃)は5,269,222千円であります。

6.従業員数は、就業人員数であります。

7.従業員数欄の人数のうち(  )内は、外書きで臨時雇用者の年間の平均人員を記載しており、1人当たり1日8時間換算にて算出したものであります。

8.当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

9.上記の他、賃貸用不動産(岐阜県各務原市他)として投資不動産(建物他84,567千円)があります。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社の設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案し実施しております。

 

(1) 重要な設備の新設

事業所名
(所在地)

設備の
内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手及び完了予定年月

床面積(㎡)

総額
(千円)

既支払額
(千円)

着手

完了

足利店
(栃木県足利市)

販売設備

74,150

37,300

自己資金
及び借入金

2020年1月

2021年3月

562.4

 熊谷店
 (埼玉県熊谷市)

販売設備

91,000

34,000

自己資金
及び借入金

2020年5月

2021年4月

661.2

 茨木大池店
 (大阪府茨木市)

販売設備

72,450

18,000

自己資金
及び借入金

2020年8月

2021年4月

500.2

西宮丸橋店
 (兵庫県西宮市)

販売設備

57,000

10,400

自己資金
及び借入金

2020年12月

2021年5月

657.2

広島あけぼの通り店
 (広島市東区)

販売設備

70,800

8,000

自己資金
及び借入金

2021年2月

2021年6月

564.0

東川口店
 (埼玉県川口市)

販売設備

54,500

8,750

自己資金
及び借入金

2021年2月

2021年8月

799.8

ソフトウェア等(本社)

情報設備

387,220

98,355

自己資金
及び借入金

2019年11月

未定

上記以外の新規店舗

販売設備

93,948

2,408

自己資金
及び借入金

2021年1月

未定

合計

901,068

217,214

3,744.8

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.上記の金額には、有形固定資産のほか差入保証金、仲介手数料等を含んで記載しております。

3.当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

(2) 重要な改修

事業所名
(所在地)

設備の
内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手及び完了予定年月

床面積(㎡)

総額
(千円)

既支払額
(千円)

着手

完了

池田店
 (大阪府池田市)

販売設備

220,438

192,401

自己資金
及び借入金

2020年11月

2021年3月

925.7

 青梅店
 (東京都青梅市)

販売設備

119,680

1,000

自己資金
及び借入金

2020年8月

2021年9月

661.2

宇治槙島店
(京都府宇治市) 

販売設備

108,240

0

自己資金
及び借入金

未定

2021年11月

661.2

合計

388,558

193,401

2,248.1

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.上記の金額には、有形固定資産のほか差入保証金、仲介手数料等を含んで記載しております。

3.当社の事業は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

(3) 重要な設備の除却等

重要な設備の除却等の計画はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

96,243,200

96,243,200

 

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年2月20日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年5月17日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

26,240,800

26,240,800

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数
100株

26,240,800

26,240,800

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2009年10月1日
(注) 

13,120,400

26,240,800

2,061,356

2,165,171

 

(注) 2009年8月17日開催の取締役会決議により、2009年10月1日付をもって1株を2株に分割しております。

 

(5) 【所有者別状況】

2021年2月20日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

21

37

136

140

22

18,916

19,272

所有株式数
(単元)

46,873

5,599

14,426

25,395

73

169,965

262,331

7,700

所有株式数
の割合(%)

17.87

2.13

5.50

9.68

0.03

64.79

100.00

 

(注) 1.自己株式386株は、「個人その他」に3単元、「単元未満株式の状況」に86株含まれており、「金融機関」 には、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(役員報酬BIP信託)が所有する当社株式1,615単元が含まれております。

     2.上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の失念株式14単元が含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年2月20日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

下 田 佳 史

大阪府吹田市

3,550,341

13.53

下 田 英 樹

大阪市都島区

2,042,216

7.78

下 田 美智子

大阪府吹田市

1,892,198

7.21

日本マスタートラスト信託
銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

1,552,100

5.91

株式会社シー・ビー・エイ

大阪府吹田市青山台三丁目19番8号

972,100

3.70

株式会社日本カストディ銀行
(信託B口) 

東京都中央区晴海一丁目8番12号

906,600

3.45

下 田  忍

大阪市都島区

766,960

2.92

下 田 富 昭

大阪市東淀川区

759,592

2.89

株式会社日本カストディ銀行
(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

689,200

2.63

あさひ従業員持株会

大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

599,400

2.28

13,730,707

52.33

 

(注) 1.上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。

 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

1,552,100株

 株式会社日本カストディ銀行(信託B口)

906,600株

 株式会社日本カストディ銀行(信託口)

687,800株

 

 

    2.2020年6月3日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、東京海上アセットマ
  ネジメント株式会社が2020年5月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、2021年
   2月20日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

   なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(株)

株券等保有割合(%)

東京海上アセットマネジメント
株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

1,789,400

6.82

1,789,400

6.82

 

 

    3.2020年7月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友DSアセッ
  トマネジメント株式会社が2020年7月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
   2021年2月20日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
   せん。なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(株)

株券等保有割合(%)

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー26階

1,131,600

4.31

1,131,600

4.31

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年2月20日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

300

 

完全議決権株式(その他)

 普通株式

262,328

株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式

26,232,800

単元未満株式

普通株式

7,700

 

同上

発行済株式総数

 普通株式

26,240,800

総株主の議決権

262,328

 

(注) 1.完全議決権株式(その他)における普通株式には、証券保管振替機構名義の失念株式1,400株(議

         決権個数14個)が含まれております。

   2.完全議決権株式(その他)における普通株式には、役員報酬BIP信託が所有する当社株式161,500株

       (議決権個数1,615個)が含まれております。

   3.単元未満株式における普通株式には、当社所有の自己株式86株及び役員報酬BIP信託が所有する当社

       株式90株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年2月20日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社あさひ

 大阪市都島区高倉町三丁目11番4号

300

300

0.00

300

300

0.00

 

(注) 上記のほか、「役員報酬BIP信託」導入に伴い設定された役員報酬BIP信託が所有する当社株式161,590株を

     貸借対照表上、自己株式として処理しております。

 

 

(8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

1. 業績連動型株式報酬制度の概要

当社は、2014年6月19日より「役員報酬BIP信託」を導入しております。役員報酬BIP信託とは、米国のパフォーマンス・シェア(Performance Share)制度及び譲渡制限付株式報酬(Restricted Stock)制度を参考にした役員インセンティブ・プランであり、各事業年度の業績指標及び役位に応じて取締役に当社株式が交付される株式報酬型の役員報酬です。

当社は、取締役のうち一定の要件を充足する者を受益者として、当社株式の取得資金を拠出することにより信託を設定します。当該信託は予め定める株式交付規程に基づき取締役に交付すると見込まれる数の当社株式を、株式市場から取得します。

その後、当社は株式交付規程に従い、取締役に対し各事業年度の業績指標及び役位に応じてポイントを付与し、原則として、取締役退任時に累積ポイントに相当する当社株式を当該信託を通じて無償で交付します。

 

信託契約の内容

①信託の種類

特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)

②信託の目的

受益者要件を充足する当社の取締役に対するインセンティブの付与

③委託者

当社

④受託者

三菱UFJ信託銀行株式会社
(共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

⑤受益者

取締役のうち受益者要件を充足する者

⑥信託管理人

当社と利害関係のない第三者(公認会計士)

⑦信託契約日

2014年6月19日

(2019年4月2日付で信託期間の延長契約を締結)

⑧延長後の信託の期間

2019年7月1日~2024年6月末日

⑨制度開始日

2014年6月19日、翌年2月20日からポイント付与を開始

⑩議決権行使

行使しないものとします。