EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年10月15日

【四半期会計期間】

第15期第2四半期(自 2021年6月1日 至 2021年8月31日)

【会社名】

株式会社ドトール・日レスホールディングス

【英訳名】

DOUTOR・NICHIRES Holdings Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  星野 正則

【本店の所在の場所】

東京都渋谷区猿楽町10番11号

【電話番号】

03-5459-9178(代表)

【事務連絡者氏名】

常務取締役  竹林 基哉

【最寄りの連絡場所】

東京都渋谷区猿楽町10番11号

【電話番号】

03-5459-9178(代表)

【事務連絡者氏名】

常務取締役  竹林 基哉

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E03518 30870 株式会社ドトール・日レスホールディングス DOUTORNICHIRES Holdings Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true CTE 2021-03-01 2021-08-31 Q2 2022-02-28 2020-03-01 2020-08-31 2021-02-28 1 false false false E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row1Member E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E03518-000 2021-10-15 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 jpcrp040300-q2r_E03518-000:NICHIRESGROUPReportableSegmentsMember E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 jpcrp040300-q2r_E03518-000:NICHIRESGROUPReportableSegmentsMember E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 jpcrp040300-q2r_E03518-000:DOUTORGROUPReportableSegmentsMember E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 jpcrp040300-q2r_E03518-000:DOUTORGROUPReportableSegmentsMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E03518-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E03518-000 2021-10-15 E03518-000 2021-08-31 E03518-000 2021-06-01 2021-08-31 E03518-000 2021-03-01 2021-08-31 E03518-000 2020-08-31 E03518-000 2020-06-01 2020-08-31 E03518-000 2020-03-01 2020-08-31 E03518-000 2021-02-28 E03518-000 2020-03-01 2021-02-28 E03518-000 2020-02-29 iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第14期

第2四半期連結

累計期間

第15期

第2四半期連結

累計期間

第14期

会計期間

自2020年

3月1日

至2020年

8月31日

自2021年

3月1日

至2021年

8月31日

自2020年

3月1日

至2021年

2月28日

売上高

(百万円)

44,278

53,739

96,141

経常損失(△)

(百万円)

3,204

668

4,177

親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期(当期)純損失(△)

(百万円)

5,839

2,049

10,979

四半期包括利益又は包括利益

(百万円)

5,783

2,049

10,908

純資産額

(百万円)

99,655

95,517

94,000

総資産額

(百万円)

121,323

118,353

115,246

1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期(当期)純損失(△)

(円)

132.14

46.34

248.38

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

自己資本比率

(%)

82.0

80.5

81.4

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

5,270

6,772

2,883

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

3,907

2,582

5,949

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

1,153

899

2,146

現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高

(百万円)

26,889

29,617

26,309

 

 

回次

第14期

第2四半期連結

会計期間

第15期

第2四半期連結

会計期間

会計期間

自2020年

6月1日

至2020年

8月31日

自2021年

6月1日

至2021年

8月31日

1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失(△)

(円)

30.18

16.39

 (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

       3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

 

2【事業の内容】

  当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について重要な変更はありません。

 

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

 当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。

 

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績の状況

 当第2四半期連結累計期間(2021年3月1日~同年8月31日)におけるわが国経済は、昨年来続く新型コロナウイルスの感染拡大により、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言が断続的に継続するなど、依然として先行き不透明感が増しております。また、西日本を中心とした長雨や無観客での東京オリンピックの開催など、外出の自粛が常態化したこともあり、消費の低迷は長引く可能性が高くなっております。

 外食業界におきましても、新型コロナウイルス感染拡大は過去と比較できないほど大きな影響を受けております。店舗においては、政府の緊急事態宣言に伴い、一部店舗の営業自粛継続や営業時間の短縮により通常の営業活動を控えるなど、厳しい経営環境は継続しており、予断を許さない状況となっております。

 更に、在宅勤務の増加や消費者の不要不急の外出自粛は常態化し、外食から内食への急激なシフトも見受けられる中、一時的な回復の兆しも萎みつつある状況となっております。

 このような状況のもとで、当社グループは、「外食産業におけるエクセレント・リーディングカンパニー」の地位確立を目指し、立地を厳選してグループ全体で50店舗(直営店34店舗、加盟店13店舗、海外3店舗)を新規出店しました。

 既存事業においては、店舗における新商品の導入をはじめ、テイクアウトメニューや売店商品の拡充、卸売事業の拡大など、コロナ禍の営業活動に対応した取組みを優先実施しました。また、新規出店においては、郊外店や金融機関との連携など新たな立地に対する取組みを強化したほか、物流や購買の見直しを図り、業務の効率化を推進するとともに、徹底した管理コストの削減など、事業基盤の強化に努めました。

 しかしながら、昨年は多くの店舗を臨時休業した期間でもあり売上高は昨年比で大きく改善、また政府・自治体からの助成金などもあり、親会社株主に帰属する四半期純利益は大きく改善したものの、コロナ禍において根本的な改善には至っていない状況となっております。

 

 以上の結果、当第2四半期連結累計期間における経営成績は、売上高537億39百万円(前年同期比21.4%増)、営業損失7億74百万円(前年同期営業損失32億27百万円)、経常損失6億68百万円(前年同期経常損失32億4百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益20億49百万円(前年同期親会社株主に帰属する四半期純損失58億39百万円)となりました。

 

 各セグメントの概況は次のとおりであります。

(日本レストランシステムグループ)

 日本レストランシステムグループでは、前期に引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、ショッピングセンター等の休館、営業時間の短縮などにより、営業活動を控えた状況でありました。

 新規出店につきましては、「星乃珈琲店」や「サロン卵と私」、健康志向の高まりや巣ごもり需要などのニーズを捉えた「自然食品 F&F」、また地方圏のロードサイドへの出店など8ブランド合計28店舗を積極的に出店し、店舗網の拡大に努めました。その結果、「星乃珈琲店」の店舗数は、2021年8月末時点で国内においては275店舗となり、うち加盟店は36店舗となりました。

 商品戦略につきましては、引き続き、季節に合わせたメニューの導入を始めとしたマーケティング力の強化に努め、既存ブランド、新規ブランドともに商品力を高めることでお客様にご満足頂ける商品を提供すると同時に、多ブランド展開における効率化を考慮した商品開発を実施し、原価管理を徹底しております。

 しかしながら、昨年は多くの店舗を臨時休業した期間でもあり売上高は昨年比で大きく改善し、また政府・自治体からの助成金などもあったものの、コロナ禍において根本的な改善には至っていない状況となっております。

 以上の結果、日本レストランシステムグループにおける売上高は179億8百万円(前年同期比20.5%増)、セグメント損失は7億98百万円(前年同期セグメント損失14億41百万円)となりました。

 

(ドトールコーヒーグループ)

 ドトールコーヒーグループの小売事業及びフランチャイズ事業は、一部店舗が休業、多くの店舗で営業時間の短縮となり、通常の営業活動は控える結果となりました。当第2四半期においては、感染防止策を講じつつ、新商品の投入をはじめ、テイクアウトメニューの拡充や売店商品の拡大策などに取組みました。

 ドトールコーヒーショップでは、新規顧客の獲得やランチ需要の対応を図るためにビジネス立地や商業施設などへプレートメニューをテスト導入しました。また、エクセルシオール カフェでも、全店でライスメニューを導入しお客様からの大変ご好評を頂いたことから、ドトールコーヒーショップでは導入店舗も拡大し、新たな人気メニューのひとつとして継続して販売を行ってまいります。また、各種キャッシュレスでのキャンペーンを継続して実施することで、お客様へのお得感や利便性を高めるとともに、お近くに店舗のないお客様にも、ドトールの美味しいコーヒーをいつでもどこでもお楽しみ頂けるように「ドトール オンラインショップ」を開設し、大きな反響を頂きました

 卸売事業においては、ドリップコーヒーやインスタントコーヒーなど、通販や量販店での販売を拡大、巣ごもり消費に合わせた新商品の投入に注力し、新たな商品の開発・販売を展開したほか、新たなチャネルとして、自動販売機における缶コーヒーの販売を開始するなど、引き続き業容拡大に努めました。

 しかしながら、昨年は多くの店舗を臨時休業した期間もあり売上高は昨年比で大きく改善し、また政府・自治体からの助成金などもあったものの、コロナ禍において根本的な改善には至っていない状況となっております。

 以上の結果、ドトールコーヒーグループにおける売上高は329億94百万円(前年同期比21.5%増)、セグメント損失は2億35百万円(前年同期セグメント損失17億53百万円)となりました。

 

(その他)

 報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食事業に係る小売及び卸売に関する事業となります。売上高は28億36百万円(前年同期比25.3%増)、セグメント利益は2億24百万円(前年同期セグメント損失88百万)となりました。

 

(2)財政状態の分析

 当第2四半期連結会計期間末における総資産は、現金及び預金の増加等により1,183億53百万円と前連結会計年度末と比べ31億7百万円の増加となりました。負債は、未払法人税等の増加等により228億36百万円と前連結会計年度末と比べ15億90百万円の増加となりました。純資産は、利益剰余金の増加等により955億17百万円となり前連結会計年度末と比べ15億16百万円の増加となりました。

 

(3)キャッシュ・フローの状況

 当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比べ33億8百万円増加し、296億17百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)
 営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前四半期純利益が28億45百万円となったことや法人税の支払等により67億72百万円の収入(前年同期は52億70百万円の支出)となりました。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)
 投資活動によるキャッシュ・フローは、新規出店や店舗改装等の有形固定資産の取得による支出21億18百万円や敷金及び保証金の差入による支出4億10百万円等により、25億82百万円の支出(前年同期は39億7百万円の支出)となりました。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)
 財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額5億27百万円等により8億99百万円の支出(前年同期は11億53百万円の支出)となりました。

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事実上及び財務上の課題について重要な変更はありません。

 

(5)研究開発活動

 特記事項はありません。

3【経営上の重要な契約等】

 当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。

 

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

200,000,000

200,000,000

 

②【発行済株式】

種類

第2四半期会計期間末現在発行数(株)

(2021年8月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年10月15日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

45,609,761

45,609,761

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数100株

45,609,761

45,609,761

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

     該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

     該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(百万円)

資本金残高(百万円)

資本準備金増減額

(百万円)

資本準備金残高(百万円)

2021年6月1日~

2021年8月31日

45,609,761

1,000

1,000

 

 

(5)【大株主の状況】

 

 

2021年8月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

大林 豁史

東京都世田谷区

6,775

15.32

株式会社マダム・ヒロ

東京都世田谷区奥沢6-9-20

3,732

8.44

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

3,204

7.25

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1-8-12

2,116

4.79

鳥羽 博道

東京都大田区

1,360

3.08

日本たばこ産業株式会社

東京都港区虎ノ門4-1-1

1,320

2.99

株式会社日本カストディ銀行(信託口9)

東京都中央区晴海1-8-12

863

1.95

鳥羽 豊

東京都港区

833

1.88

パーシングディヴィジョンオブドナルドソンラフキンアンドジェンレットエスイーシーコーポレイション

(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

 

ONE PERSHING PLAZA JERSEY CITY NEW JERSEY U.S.A

(常任代理人 東京都新宿区新宿6-27-30)

700

1.58

ビーエヌワイエムエスエーエヌブイ ノン トリーテイー アカウント

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

VERTIGO BUILDING - POLAR IS 2-4 RUE EUGENE RUPPERT L-2453 LUXEMBOURG GRAND DUCHY OF LUXEMBOURG

(常任代理人 東京都千代田区丸の内2-7-1)

606

1.37

21,511

48.65

(注)1.上記信託銀行の所有株式数は、信託業務に係るものであります。
   2.発行済株式(自己株式を除く。)総数に対する所有株式数の割合は小数点以下第3位を四捨五入しておりま

     す。

      3.当社は1,392千株(発行済株式(自己株式を除く。)総数に対する所有株式数の割合3.05%)を保有しており

     ますが、当該自己株式には議決権がないため、上記の大株主から除いております。

 

(6)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

(2021年8月31日現在)

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

1,392,900

完全議決権株式(その他)

普通株式

44,164,800

441,648

単元未満株式

普通株式

52,061

発行済株式総数

 

45,609,761

総株主の議決権

 

441,648

 (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式  50株含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

(2021年8月31日現在)

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有

株式数(株)

他人名義所有

株式数(株)

所有株式数の

合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

㈱ドトール・日レスホールディングス

東京都渋谷区猿楽町10番11号

1,392,900

-

1,392,900

3.05

-

1,392,900

-

1,392,900

3.05

 

 

2【役員の状況】

  該当事項はありません。

 

 

第4【経理の状況】

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年6月1日から2021年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1【四半期連結財務諸表】

(1)【四半期連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2021年2月28日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年8月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

26,309

29,617

受取手形及び売掛金

6,454

6,044

商品及び製品

2,281

2,545

仕掛品

101

112

原材料及び貯蔵品

1,572

1,724

その他

7,119

6,096

貸倒引当金

19

14

流動資産合計

43,818

46,127

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物(純額)

22,194

23,173

機械装置及び運搬具(純額)

964

891

土地

19,253

19,253

リース資産(純額)

3,132

3,060

その他(純額)

1,474

1,453

有形固定資産合計

47,019

47,831

無形固定資産

624

651

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

569

609

繰延税金資産

1,039

1,057

敷金及び保証金

20,289

20,435

退職給付に係る資産

39

39

その他

1,845

1,600

投資その他の資産合計

23,783

23,743

固定資産合計

71,427

72,226

資産合計

115,246

118,353

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2021年2月28日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年8月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

5,027

5,574

短期借入金

470

470

未払法人税等

762

1,158

賞与引当金

918

1,049

役員賞与引当金

23

39

株主優待引当金

125

-

その他

6,587

7,109

流動負債合計

13,913

15,401

固定負債

 

 

リース債務

841

813

退職給付に係る負債

2,109

2,168

資産除去債務

2,088

2,152

その他

2,294

2,301

固定負債合計

7,333

7,435

負債合計

21,246

22,836

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,000

1,000

資本剰余金

16,638

16,638

利益剰余金

78,632

80,150

自己株式

2,578

2,574

株主資本合計

93,692

95,214

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

53

58

為替換算調整勘定

69

35

退職給付に係る調整累計額

34

23

その他の包括利益累計額合計

88

70

非支配株主持分

219

231

純資産合計

94,000

95,517

負債純資産合計

115,246

118,353

 

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

(単位:百万円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年8月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年8月31日)

売上高

44,278

53,739

売上原価

19,546

22,127

売上総利益

24,732

31,612

販売費及び一般管理費

※1 27,959

※1 32,387

営業損失(△)

3,227

774

営業外収益

 

 

受取利息

10

9

受取配当金

6

7

不動産賃貸料

33

34

為替差益

-

57

その他

50

50

営業外収益合計

101

159

営業外費用

 

 

支払利息

7

8

不動産賃貸費用

22

23

為替差損

23

-

持分法による投資損失

22

17

その他

1

4

営業外費用合計

78

53

経常損失(△)

3,204

668

特別利益

 

 

固定資産売却益

2

0

退店補償金収入

0

-

助成金収入

※2 138

※2 3,602

特別利益合計

140

3,602

特別損失

 

 

固定資産除却損

51

11

減損損失

242

77

店舗臨時休業による損失

※3 1,988

-

その他

4

-

特別損失合計

2,287

88

税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期純損失(△)

5,350

2,845

法人税等

476

778

四半期純利益又は四半期純損失(△)

5,827

2,067

非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主に帰属する四半期純損失(△)

12

18

親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)

5,839

2,049

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

(単位:百万円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年8月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年8月31日)

四半期純利益又は四半期純損失(△)

5,827

2,067

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

14

5

為替換算調整勘定

17

33

退職給付に係る調整額

40

10

その他の包括利益合計

44

17

四半期包括利益

5,783

2,049

(内訳)

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

5,795

2,031

非支配株主に係る四半期包括利益

12

18

 

(3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年8月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年8月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期純損失(△)

5,350

2,845

減価償却費

2,208

2,060

のれん償却額

4

-

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

91

70

貸倒引当金の増減額(△は減少)

1

4

賞与引当金の増減額(△は減少)

237

129

役員賞与引当金の増減額(△は減少)

47

16

固定資産除却損

51

11

固定資産売却損益(△は益)

2

0

減損損失

242

77

持分法による投資損益(△は益)

22

17

受取利息及び受取配当金

17

16

支払利息

7

8

為替差損益(△は益)

78

3

売上債権の増減額(△は増加)

402

411

たな卸資産の増減額(△は増加)

170

426

仕入債務の増減額(△は減少)

232

545

その他

889

1,404

小計

3,374

7,146

利息及び配当金の受取額

9

10

利息の支払額

7

8

法人税等の支払額

1,897

376

営業活動によるキャッシュ・フロー

5,270

6,772

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

関係会社株式の取得による支出

-

46

有形固定資産の取得による支出

3,205

2,118

有形固定資産の売却による収入

2

0

無形固定資産の取得による支出

56

174

敷金及び保証金の差入による支出

364

410

敷金及び保証金の回収による収入

262

232

貸付けによる支出

248

22

その他

296

43

投資活動によるキャッシュ・フロー

3,907

2,582

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

リース債務の返済による支出

396

366

配当金の支払額

750

527

その他

6

6

財務活動によるキャッシュ・フロー

1,153

899

現金及び現金同等物に係る換算差額

97

18

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

10,428

3,308

現金及び現金同等物の期首残高

37,317

26,309

現金及び現金同等物の四半期末残高

26,889

29,617

 

【注記事項】

(追加情報)

 前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載しました新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する仮定について重要な変更はありません。

 

 

(四半期連結貸借対照表関係)

※ 直接控除している貸倒引当金

 

前連結会計年度

(2021年2月28日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年8月31日)

敷金及び保証金

27百万円

27百万円

投資その他の資産「その他」

22

22

 

(四半期連結損益計算書関係)

※1. 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

 前第2四半期連結累計期間

(自  2020年3月1日

  至  2020年8月31日)

 当第2四半期連結累計期間

(自  2021年3月1日

  至  2021年8月31日)

給与手当

9,286百万円

10,942百万円

賞与引当金繰入額

853

912

退職給付費用

223

199

賃借料

6,065

7,822

減価償却費

1,974

1,885

水道光熱費

1,215

1,334

支払手数料

1,460

1,665

配送費

2,125

2,347

 

※2. 助成金収入

 前第2四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年8月31日)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、政府や各自治体から支給された給付金等を助成金収入として特別利益に計上しております。なお、主な内訳は、雇用調整助成金であります。

 

 当第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、政府や各自治体から支給された給付金等を助成金収入として特別利益に計上しております。なお、主な内訳は、営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金であります。

 

 

※3. 店舗臨時休業による損失

 新型コロナウイルス感染症に対する政府、自治体からの各種要請等を踏まえ、店舗の臨時休業を行っております。店舗の臨時休業期間中に発生した固定費(人件費・地代家賃・減価償却費等)を店舗臨時休業による損失として、特別損失に計上しております。

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2020年3月1日

至  2020年8月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2021年3月1日

至  2021年8月31日)

現金及び預金勘定

26,889百万円

29,617百万円

現金及び現金同等物

26,889

29,617

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年8月31日)

配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(百万円)

1株当たり
配当額

(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年5月26日

定時株主総会

普通株式

751

17.00

2020年2月29日

2020年5月27日

利益剰余金

(2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末

 後となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額

(百万円)

1株当たり
配当額

(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年10月15日

取締役会

普通株式

530

12.00

2020年8月31日

2020年11月18日

利益剰余金

 

(3)株主資本の金額の著しい変動

自己株式の消却

 当社は、2020年4月14日開催の取締役会決議に基づき、2020年4月30日付で、自己株式5,000,000株の消却を実施しております。この結果、当第2四半期連結累計期間において資本剰余金及び自己株式が92億20百万円それぞれ減少しております。

 

Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)

配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(百万円)

1株当たり
配当額

(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2021年5月25日

定時株主総会

普通株式

530

12.00

2021年2月28日

2021年5月26日

利益剰余金

(2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末

 後となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額

(百万円)

1株当たり
配当額

(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2021年10月15日

取締役会

普通株式

530

12.00

2021年8月31日

2021年11月18日

利益剰余金

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 報告セグメントの概要

 当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社を持株会社とする当社グループは、2つの中核事業会社を基礎としたセグメントから構成されており、「日本レストランシステムグループ」、「ドトールコーヒーグループ」を主な事業セグメントとしております。

 「日本レストランシステムグループ」は、主に直営店におけるレストランチェーンを経営しており、食材の仕入、製造及び販売までを事業活動としております。

 「ドトールコーヒーグループ」は、主に直営店及びフランチャイズシステムによるコーヒーチェーンの経営をしており、コーヒー豆の仕入、焙煎加工、直営店舗における販売、フランチャイズ店舗への卸売りやロイヤリティ等の収入、また、コンビニエンスストア等へのコーヒー製品の販売を事業活動として展開しております。

 

Ⅱ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年8月31日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

調整額

(注)2

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)3

 

日本レストラン

システムグループ

ドトールコーヒーグループ

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

14,858

27,156

42,014

2,263

44,278

-

44,278

セグメント間の内部

売上高又は振替高

593

227

820

1,445

2,266

2,266

-

15,452

27,383

42,835

3,709

46,545

2,266

44,278

セグメント利益又は損失(△)

1,441

1,753

3,194

88

3,283

55

3,227

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食に

          係る小売及び卸売りに関する事業となります。

      2.セグメント利益又は損失の調整額55百万円には、主として親会社の管理部門に係わる費用等である配賦

          不能営業費用332百万円及びセグメント間取引消去393百万円が含まれております。

      3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

    (固定資産に係る重要な減損損失)

  「日本レストランシステムグループ」及び「ドトールコーヒーグループ」セグメントにおいて、処分を予定している事業資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、当該減損損失計上額は「日本レストランシステムグループ」で28百万円、「ドトールコーヒーグループ」で213百万円、「その他」で0百万円であります。

Ⅲ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

調整額

(注)2

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)3

 

日本レストラン

システムグループ

ドトールコーヒーグループ

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

17,908

32,994

50,903

2,836

53,739

-

53,739

セグメント間の内部

売上高又は振替高

652

250

902

1,725

2,627

2,627

-

18,561

33,244

51,805

4,561

56,367

2,627

53,739

セグメント利益又は損失(△)

798

235

1,033

224

808

33

774

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食に

          係る小売及び卸売りに関する事業となります。

      2.セグメント利益又は損失の調整額33百万円には、主として親会社の管理部門に係わる費用等である配賦

          不能営業費用354百万円及びセグメント間取引消去388百万円が含まれております。

      3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

    (固定資産に係る重要な減損損失)

  「日本レストランシステムグループ」及び「ドトールコーヒーグループ」セグメントにおいて、処分を予定している事業資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、当該減損損失計上額は「日本レストランシステムグループ」で8百万円、「ドトールコーヒーグループ」で66百万円、「その他」で2百万円であります。

 

 

(1株当たり情報)

  1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

至 2020年8月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

至 2021年8月31日)

 1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失(△)

△132円14銭

46円34銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)

△5,839

2,049

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)

(百万円)

△5,839

2,049

普通株式の期中平均株式数(千株)

44,194

44,215

 (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 

 

 

 

2【その他】

 2021年10月15日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。

(イ)配当金の総額…………………………………………530百万円

(ロ)1株当たりの金額……………………………………12円00銭

(ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日……………2021年11月18日

(注)2021年8月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

 該当事項はありません。

 

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

2021年10月15日

株式会社ドトール・日レスホールディングス

取締役会 御中

 

有限責任 あずさ監査法人

東京事務所

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

上野 直樹  印

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

木村 純一  印

監査人の結論

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ドトール・日レスホールディングスの2021年3月1日から2022年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年6月1日から2021年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ドトール・日レスホールディングス及び連結子会社の2021年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

 監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

 監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。

 監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

 

 

 

・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

 会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以  上

 

 (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

     2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E03518-000 2021-10-15