EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

北海道財務局長

【提出日】

2021年6月30日

【事業年度】

第67期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

SDエンターテイメント株式会社

【英訳名】

SD ENTERTAINMENT,Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  長谷川 亨

【本店の所在の場所】

札幌市白石区南郷通1丁目北8番1号

【電話番号】

011-860-2525

【事務連絡者氏名】

副社長執行役員 佐藤 美幸

【最寄りの連絡場所】

札幌市白石区南郷通1丁目北8番1号

【電話番号】

011-860-2525

【事務連絡者氏名】

副社長執行役員 佐藤 美幸

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E04704 46500 SDエンターテイメント株式会社 SD ENTERTAINMENT,Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04704-000:CreationBusinessMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04704-000:RealEstateLeasingBusinessMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E04704-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E04704-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E04704-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:KojimaShigeruMember E04704-000 2021-06-30 E04704-000 2021-03-31 E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 E04704-000 2020-03-31 E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 E04704-000 2019-03-31 E04704-000 2018-04-01 2019-03-31 E04704-000 2018-03-31 E04704-000 2017-04-01 2018-03-31 E04704-000 2017-03-31 E04704-000 2016-04-01 2017-03-31 E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:OotsukaKazuakiMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:ArinobuMasahiroMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:ShiotaTetsuMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:KamayaTakayukiMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:WellNessBusinessReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:WellNessBusinessReportableSegmentsMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:WellNessBusinessReportableSegmentsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:DirectorsExcludingDirectorsWhoAreAuditAndSupervisoryCommitteeMembersMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:HasegawaTooruMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:WellNessBusinessReportableSegmentsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:WellNessBusinessReportableSegmentsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04704-000:ManagementDepartmentOtherMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:ManagementDepartmentOtherMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:RealEstateLeasingBusinessMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:CreationBusinessMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:RealEstateLeasingBusinessMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:CreationBusinessMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:RealEstateLeasingBusinessMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:RealEstateLeasingBusinessMember E04704-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:CreationBusinessMember E04704-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04704-000:CreationBusinessMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04704-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04704-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04704-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04704-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:AraiTakaoMember E04704-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E04704-000:FujiwaraTaisukeMember xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第63期

第64期

第65期

第66期

第67期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

7,731,784

7,940,628

7,038,263

4,602,982

3,662,367

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

52,378

73,836

313,932

114,196

335,136

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

20,307

20,771

183,132

81,488

590,507

包括利益

(千円)

26,514

25,990

189,589

86,987

585,937

純資産額

(千円)

2,313,551

2,330,588

2,009,256

2,096,243

1,510,305

総資産額

(千円)

10,448,781

10,529,929

8,042,747

6,968,155

6,976,339

1株当たり純資産額

(円)

258.38

260.28

224.40

234.11

168.67

1株当たり当期純利益金額又は

1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

2.31

2.32

20.45

9.10

65.95

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

22.1

22.1

25.0

30.1

21.6

自己資本利益率

(%)

0.9

0.9

8.7

4.0

32.7

株価収益率

(倍)

290.18

379.35

43.07

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

596,599

576,805

516,377

6,420

34,793

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

330,771

650,439

2,462,608

286,718

349,679

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

335,796

322,172

2,692,689

160,873

386,512

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,449,544

1,053,738

1,340,034

898,863

900,903

従業員数

(人)

252

277

248

277

289

(外、平均臨時雇用者数)

(472)

(452)

(218)

(226)

(189)

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第63期、第64期及び第66期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第65期及び第67期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第65期及び第67期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。

5.第65期及び第67期の親会社株主に帰属する当期純損失は、固定資産の減損に係る会計基準適用に伴う減損損失の計上等によるものであります。

6.第64期より売上高の会計処理について会計方針の変更を行っており、第63期については会計方針の変更を反映した遡及適用後の数値を記載しております。

7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第65期の期首から適用しており、第64期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

8.前連結会計年度(第66期)より、固定資産の圧縮記帳の会計処理について会計方針の変更を行っており、第65期については当該会計方針の変更を反映した遡及適用後の数値を記載しております。

なお、第64期以前に係る累積的影響額については、第65期の期首の純資産額に反映させております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第63期

第64期

第65期

第66期

第67期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

7,022,081

7,032,030

5,744,386

2,987,639

2,019,329

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

56,160

115,471

327,968

89,105

483,286

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

18,322

137,672

209,282

57,273

691,435

資本金

(千円)

227,101

227,101

227,101

227,101

227,101

発行済株式総数

(株)

8,997,000

8,997,000

8,997,000

8,997,000

8,997,000

純資産額

(千円)

2,350,936

2,209,530

1,862,047

1,810,273

1,123,408

総資産額

(千円)

9,950,522

9,851,270

7,325,854

6,119,289

5,679,816

1株当たり純資産額

(円)

262.56

246.76

207.96

202.17

125.46

1株当たり配当額

(円)

1.00

1.00

(内1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額又は

1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

2.09

15.38

23.37

6.40

77.22

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

23.6

22.3

25.4

29.6

19.8

自己資本利益率

(%)

0.8

6.0

10.6

3.1

47.1

株価収益率

(倍)

321.62

配当性向

(%)

47.93

従業員数

(人)

205

215

123

130

116

(外、平均臨時雇用者数)

(392)

(387)

(164)

(152)

(109)

株主総利回り

(%)

106.5

139.8

76.4

62.4

71.8

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

703

2,027

910

540

518

最低株価

(円)

565

645

306

270

302

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第63期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第64期、第65期、第66期及び第67期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第64期、第65期、第66期及び第67期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。

5.第65期及び第67期の当期純損失は、固定資産の減損に係る会計基準適用に伴う減損損失の計上等によるものであります。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第65期の期首から適用しており、第64期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

7.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

8.前事業年度(第66期)より、固定資産の圧縮記帳の会計処理について会計方針の変更を行っており、第65期については当該会計方針の変更を反映した遡及適用後の数値を記載しております。

なお、第64期以前に係る累積的影響額については、第65期の期首の純資産に反映させております。

 

2【沿革】

年月

事項

1954年5月

札幌市に映画興行を主たる事業目的とする須貝興行㈱(資本金100万円)を設立。

1955年7月

室蘭市に洋画上映館室蘭映劇を開館。近代的な洋画上映館の道内展開を着手。

1964年2月

旭川市に旭川ボーリングセンター㈱を設立し、10月に「旭川須貝ボーリングセンター」をオープン。ボウリング場経営に着手。

1966年12月

室蘭映劇を解体し、映画・ボウリング・ビリヤード・サウナの複合レジャービル、室蘭須貝アミューズ会館を開館。

1967年7月

山形県米沢市に、ボウリングセンター開設し、東北地方に進出(1974年1月撤退)。

8月

旭川ボーリングセンター㈱を吸収合併。

1968年10月

札幌劇場を解体し、映画・ボウリング・ビリヤード・卓球・サウナ・ゴーゴー・飲食店等の大型複合レジャービル札幌須貝ビルを開設。

6月

旭川市に大型複合レジャービル旭川須貝ビルを開設。

1973年9月

石油ショックによる景気後退、急激なボウリング人気衰退のため、開業間もない須貝ボウルアポロンを皮切りに、ボウリング場の閉鎖を開始。

1974年5月

札幌須貝ビル内ボウリング場を映画館に転換。以後ボウリング場の映画館転換を展開。

1978年12月

札幌須貝ビル内テナントをゲームセンターに転換。ゲーム場経営に着手。

1986年11月

札幌須貝ビル内にビリヤード場を、ポケットビリヤードを増設してリニューアルオープン。以後ビリヤード場を各地に展開。

1989年6月

札幌須貝・旭川須貝ビル内にビリヤード場を縮小してカラオケスタジオを開設。以後カラオケスタジオを各地に展開。

12月

札幌須貝ビルのゲーム場・ボウリング場フロアを拡大して、リニューアルオープン。以降各地でゲーム場フロアの増設を展開。

1993年7月

札幌市白石区に延床面積約4,000坪の大型複合アミューズメントビル、ディノス白石をオープン。

1995年8月

札幌須貝ビル内の映画館8スクリーンを解体又は改装し、道内初の本格的シネマコンプレックス(複合映画館)7スクリーンとゲーム場をオープン。

1996年4月

CIを導入し、商号を須貝興行㈱から㈱スガイ・エンタテインメントに変更。

4月

当社初のショッピングセンターとの大型複合アミューズメント施設スガイテイネを札幌市手稲区にオープン。

9月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

1998年4月

帯広市に大型複合アミューズメントビル、スガイディノス帯広をオープン。

1999年11月

室蘭グランドに隣接してシネマコンプレックス室蘭劇場(4スクリーン)をオープン。

2000年5月

レンタル・リサイクル事業に進出するべく、㈱ゲオと資本・業務提携(FC契約)を締結。

2003年5月

旭川市にシネマコンプレックス・ボウリング場・ゲーム場を中心とする大型複合アミューズメント施設スガイディノス旭川をオープン。

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。

2005年4月

苫小牧市イオン苫小牧ショッピングセンター内にシネマコンプレックス・ボウリング場・ゲーム場を中心とする大型複合アミューズメント施設スガイディノス苫小牧をオープン。

2005年9月

2000年の㈱ゲオとの資本・業務提携を、さらに推し進め、連結子会社に。

2006年5月

札幌市内に大型複合アミューズメント施設ディノスノルベサをオープン。

2009年7月

商号を㈱スガイ・エンタテインメントから㈱ゲオディノスに変更。

2009年10月

㈱ゲオの連結子会社よりアミューズメント事業、カフェ事業及びフィットネス事業を譲受ける。

2012年4月

千葉県旭市のビッグバンスポーツクラブサンモール旭店を3月に閉店。隣接地にゲオフィットネス旭店を新築移転オープン。

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。

2014年1月

親会社(支配株主)が㈱ゲオホールディングスから札証アンビシャス市場の健康コーポレーション㈱(現 RIZAPグループ㈱)(証券コード2928)に。

2014年7月

商号を㈱ゲオディノスからSDエンターテイメント㈱に変更。

2015年5月

エムシーツー株式会社の株式を取得し、同社及びその子会社を連結子会社化。

2015年7月

株式会社フォーユーの株式を取得し、同社を連結子会社化。

2017年1月

 

2017年10月

 

2018年12月

 

2018年12月

三重県津市のSDフィットネス津店を2016年10月に閉店。隣接地にSDフィットネス津藤方店を新築移転オープン。

大型複合アミューズメント施設ディノス札幌白石の大型ゲーム場を業態転換のため2017年5月閉店。道内初出店となるフィットネス、ネットカフェを併設(2017年8月)してオープン。

GAME、ボウリング、シネマのエンターテイメント関連事業を、スガイディノスホールディングス株式会社へ事業譲渡。

本店所在地である大型複合アミューズメント施設ディノス札幌中央ビルを売却。

2019年4月

札幌市内4ヶ所に企業主導型保育園を開園

 

3【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社4社により構成されており、ウェルネス事業、クリエーション事業、不動産賃貸事業、その他の事業を展開しております。

当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

また、当連結会計年度より組織変更に伴い報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。

 

(1) ウェルネス事業

フィットネスクラブ等の運営、インターネットカフェ施設の運営、企業主導型保育の運営及び介護施設等の運営をしております。

(2) クリエーション事業

オンラインクレーンゲームの運営をしております。

(3) 不動産賃貸事業

当社所有の建物ならびに土地の賃貸をしております。

(4) その他事業

その他の事業として、通信テレマーケティング事業、事務用品・ソフトウェア販売等を運営しております。

 

[事業系統図]

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業内容

議決権の所有割合又は被所有割合(%)

関係内容

(親会社)

RIZAPグループ株式会社(注)1

東京都新宿区

19,200,445

グループ会社の経営管理

被所有

59.64

役員の受入等

(連結子会社)

エムシーツー株式会社

東京都新宿区

10,000

通信テレマーケティング事業、カウネット代理店事業等

所有

100.00

役員の兼務3名

ITグループ株式会社

東京都新宿区

1,000

保育事業、通信テレマーケティング事業等

所有

100.00

(100.00)

役員の兼務3名

ITネクスト株式会社

東京都新宿区

8,000

保育事業、通信テレマーケティング事業等

所有

100.00

(100.00)

株式会社フォーユー

東京都江東区

3,000

保育事業、介護事業、通信テレマーケティング事業等

所有

100.00

役員の兼務3名

(注)1.有価証券報告書提出会社であります。

2.「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

ウェルネス事業

237

(164)

クリエーション事業

()

不動産賃貸事業

1

(4)

管理部門・その他

51

(21)

合計

289

(189)

(注)従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む)であり、嘱託及び臨時従業員数は、年間平均人員を( )外数で記載しております。

 

(2)提出会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

ウェルネス事業

82

(102)

クリエーション事業

()

不動産賃貸事業

1

(4)

管理部門・その他

33

(3)

合計

116

(109)

(注)従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、嘱託及び臨時従業員数は、年間平均人員を( )外数で記載しております。

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

116

(109)

35.8

4.0

3,330,792

(注)平均年間給与(税込)は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)会社の経営の基本方針

当社グループは、フィットネス・保育・介護からなるウェルネス事業をコア事業としつつ、不動産賃貸事業、オンラインクレーンゲーム事業、コールセンター等通信テレマーケティング事業等、多角的な事業展開を行っております。

『ココロとカラダのサポートを通じて皆さま方に寄り添い、「ベストなソリューション」をお届けします。』を目指すべき姿として、保育事業を通じて社会的問題である待機児童問題の解消や女性活躍推進等に貢献し、フィットネス事業では、ジュニア層からシニア層に至るまでの幅広い年齢層の会員の皆さまの健康づくりのお手伝いをし、介護事業では、利用者の皆さまのシニアライフを支え、また、オンラインクレーンゲームやインターネットカフェを通じて、ご利用者の皆さまの充実した余暇の実現により、人生100年時代に幅広い世代へ、ココロとカラダの健康を支える「差別化された高品質なソリューション、継続的なサポート」をお届けして行きたいと考えています。

 

(2)目標とする経営指標

当社グループは、収益力を示す指標として売上高営業利益率、経営の安全性を示す指標として自己資本比率、また、経営の効率化を示す指標として自己資本当期純利益率を重視しております。

 

(3)中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により当連結会計年度においては、売上高が著しく減少し、営業損失及び経常損失ならびに当期純損失を計上する結果となりました。

今後は、フィットネス事業では、24時間営業型ジム、365日営業型ジムへの業態転換などウィズコロナに対応したサービスの充実を図り、安心・安全な環境づくりに取り組んでまいります。

保育事業では、引き続き待機児童問題の解消や女性活躍推進に向け、提携企業先の拡充など、子育て世代の就労をサポートし、安心してご利用いただけるよう取り組んでまいります。

また、非対面サービスでは、オンラインクレーンゲーム事業と共に、ECサイト販売事業を本格化し、PB商品の開発や、北海道企業ならではの商品提供など、ウィズコロナに対応したサービスの充実を推進してまいります。

 

これらを実現するため、「事業収益力の回復・強化」、「新サービスの構築」、「優秀な人材の確保と育成」、「新型コロナウイルス感染症への対応」を早急に対処すべき課題として、収益基盤の強化を推進いたします。

 

① 事業収益力の回復・強化

新型コロナウイルス感染症の影響により社会環境が不安定・不透明な状況となっておりますが、その状況下においても着実に事業を継続するため、安定的な財務基盤の回復は当社の喫緊の課題と認識しております。2021年3月期において悪化した自己資本の早期回復に向けて、収益力のある事業をより強化するとともに、収益力の低下している事業においては業態転換等によるコスト構造の見直しを進めるとともに、ウィズコロナにおける「安心・安全」でお客様の多様なニーズを捉えた価値あるサービスの開発と、機動的で魅力ある販促企画、キャンペーンを通して事業収益力を高めてまいります。

② 新サービスの構築

新型コロナウイルス感染症拡大により非対面サービスへのニーズが高まっており、当社においてもEC事業(Webサイトでの販売事業等)を本格化し、PB(プライベートブランド)商品の開発や、事業基盤でもある『北海道産』商品の提供など、ニーズの変化に対応した商品やサービスの充実を図ってまいります。

また、フィットネス事業においては、「非対面・非接触・三密回避の強化(顔認証システムや混雑状況確認システムの導入、レッスン予約のオンライン化など)」や「販売チャネルのデジタル化(EC販売・オンライン入会手続の導入)」など、より安心してご利用いただける環境とサービスを構築してまいります。

③ 優秀な人材の確保と育成

今後の事業拡大のためには、優秀な人材の確保及び育成が必要不可欠であると認識しております。

社内コミュニケーションの活性化や教育体制・評価制度の整備によって人材の定着を促し、社員ひとりひとりが起業家精神を持って、新規事業へのチャレンジを行うことで個々の能力底上げを推進するとともに、積極的な採用活動を通じて、当社グループの企業理念・風土に合致した優秀な人材の確保を進めてまいります。

 

④ 新型コロナウイルス感染症への対応

当社グループは、お客様、取引先、従業員の安全を最優先と考え、各店舗における『施設内安心宣言』により安心してご利用いただける環境づくりと、従業員の体調管理の徹底、出張の制限や勤務形態の見直し、Web会議の導入など、感染予防・感染拡大の防止に努めております。

今後におきましても、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う事業活動への影響を注視するとともに、想定外のリスクや不測の事態を想定し、経営環境の変化に臨機応変に対応できる体制の構築を図ってまいります。

 

 

2【事業等のリスク】

当社グループの事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、リスクとなる可能性のある事項を以下に記載しております。当社グループは、これらのリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の迅速な対応に努める方針でありますが、予想を超える事態が発生した場合は、経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼすこともあります。なお、本項の記載内容は当社株式の投資に関する全てのリスクを網羅しているものではありません。本文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

①経済状態について

当社グループの提供するサービスにおきましては、人々の健康意識の高まりにより、中長期的には市場の拡大が予想されます。しかしながら、主として個人消費者を対象顧客としているため、個人消費が低迷するような経済局面においては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

②人材の確保

当社グループの提供するサービスにおきましては、専門的な知識および資格を有する人材が不可欠であります。人材派遣会社との業務提携による紹介等により人材の確保を強化しておりますが、施設数の増加に専門的な知識および資格を有する人材の確保が追いつかない場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

③コンプライアンスについて

当社グループの提供するサービスにおきましては、「児童福祉法」「介護保険法」等事業の根幹をなす法令の遵守、いわゆるコンプライアンス体制の構築が求められております。当社グループにおいては、事業所運営における法令遵守の徹底のため、業務管理体制及び内部牽制機能の強化を日頃のチェックに積極的に取り組んでおりますが今後において業務管理上の問題が生じた場合、当社グループの事業運営に影響を及ぼす可能性があります。

④出店形態について

当社グループの現在の営業施設は、出店時に土地・建物等所有者に対して敷金・保証金として、資金の差入れを行っているものがあり、そのうち保証金は一定の据え置き期間の後、概ね毎月均等償還にて、回収しております。

当社グループは、出店の際には、対象物件の権利関係等の確認を行っておりますが、土地・建物所有者である法人、個人が破綻等の状態に陥り、土地・建物等の継続的使用等が困難となった場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループが締結している土地・建物等に係る長期賃貸借契約のうち、当社グループの事情により中途解約する場合、当社グループが代替借主を紹介することを敷金・保証金等の返還条件としているものがあります。そのため、当社グループの事情により中途解約する場合には、新たな代替借主を紹介できないことにより、敷金・保証金を放棄せざるを得ず、損失が発生する可能性があります。

⑤減損会計導入の影響について

当社グループは、今後の地価の動向及び対象となる固定資産の収益状況によりましては、新たに減損損失計上の要件に該当する物件が発生する可能性があり、あるいは売却することとなった場合にはその価格により固定資産売却損が生じる可能性があり、いずれも当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

⑥建物の毀損、焼失、劣化等の影響について

当社グループが運営する事業施設が火災、地震等により毀損、焼失あるいは劣化することにより、運営に支障をきたす可能性があります。当社は、現在運営する全施設を対象とする火災保険等に加入しておりますが、地震保険については、経済合理的な事由により加入していません。したがって、地震により施設に対して毀損、焼失、劣化等が発生した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

⑦長期借入金等の財務制限条項について

当社は、長期借入金537,432千円(1年内返済予定の長期借入金111,204千円を含む)について、財務制限条項が付されております。財務制限条項の内容は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結貸借対照表関係)」に記載のとおりです。今後の当社グループの業績動向により利率の上昇又は、請求により期限の利益を喪失する等、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

なお、「⑩継続企業の前提に関する重要事象等について」に記載のとおり、当連結会計年度末日において財務制限条項の一部に抵触しております。

⑧個人情報の管理について

当社グループは、お客様に関する情報(個人情報)を数多く保有・管理しております。個人情報を適正に保護すべく、社内規程や取扱いに関する基準(マニュアル等)の整備、情報システムのセキュリティ強化、従業員教育の実施等、現時点で考えうる対策を講じております。しかしながら、これらの対策にもかかわらず、個人情報が漏洩した場合は、損害賠償の発生や社会的信用の失墜による売上減少により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

⑨新型コロナウイルス感染症拡大について

当社グループでは、新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、行政指針に従った感染防止策を徹底しているほか、お客様と従業員の安全を最優先に感染防止策に取組んでいます。今後も緊急事態宣言や各都道府県からの休業要請等が発出された場合、店舗休業や営業時間の短縮に起因した来店客数の減少が継続することが考えられ当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

⑩継続企業の前提に関する重要事象等について

当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大による臨時休業や時短営業により、売上高が著しく減少し、2021年3月期において営業損失及び経常損失ならびに当期純損失を計上しており、また、当連結会計年度末の純資産の合計額が前連結会計年度末の純資産の合計額の75%を下回ることとなりました。これにより、金融機関との間で締結した金銭消費貸借契約における財務制限条項に抵触しており、当該財務制限条項が適用された場合、資金繰りに与える影響が生じており、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。

このような状況の解消を図るべく、当社グループは事業における収益力の改善として非対面事業による新たな収益源の創出に向けECサイトと通販による取り組みを始めております。また、フィットネス店舗の24時間化や365日化などの業態転換を実施し効率的な人員配置による生産性の向上、不採算店舗の統廃合、在庫の適正化や設備投資の抑制等に取り組み、固定費につきましても、人件費や予算管理の厳格化によるコスト削減を推進してまいります。

加えて、当社グループ各社の資金の活用等により事業活動に必要な資金を確保するための施策を講じており、当面の資金状況は安定的に推移する見通しです。財務制限条項への抵触に関しましては、取引金融機関より、当社の事業計画を遂行していく限り、期限の利益喪失請求権の権利行使は行わないことについて承諾を得ております。以上により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象等を解消できるものと考えており、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しています。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。

①経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国の経済は、2020年4月の緊急事態宣言発令をはじめとして新型コロナウイルス感染症の拡大により大幅に悪化した後、宣言解除の6月以降、緩やかながら回復局面に転じたものの、2021年1月に再び緊急事態宣言が発令されるなど、先行き不透明な状況が続いております。

このような状況の下、当社グループは主力であるウェルネス事業に注力し収益性の改善に取り組んでまいりました。保育では、待機児童・女性活躍推進等の社会課題の解決に取り組くむべく、首都圏を中心に新たに企業主導型保育園を7園開園いたしました。フィットネスでは、コロナ禍で利用低下した店舗の「24時間型」「365日型」への業態転換をはじめ、withコロナ時代に対応した無人受付システムや空き状況確認ができるコンテンツの導入など店舗の安全性・利便性向上の取り組みにより、徐々に利用者が回復傾向となりましたが、当連結会計年度は新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受ける結果となりました。

以上の結果、当連結会計年度の売上高は36億62百万円(前連結会計年度比20.4%減)、売上総利益は33億12百万円(前連結会計年度比20.4%減)、営業損失は2億70百万円(前連結会計年度は営業利益1億75百万円)、経常損失は3億35百万円(前連結会計年度は経常利益1億14百万円)、親会社株主に帰属する当期純損失は5億90百万円(前連結会計年度は当期純利益81百万円)となりました。

 

②セグメント別の概況

セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

なお、当連結会計年度より「クリエーション事業」に含めていたインターネットカフェ部門をフィットネスとの相乗効果によるコンバージョンを推進するため「ウェルネス事業」のフィットネス部門に統合しており、以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。

 

(ウェルネス事業)

フィットネスは、業界全体が新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受けており、会員の休会・退会が続く厳しい状況が続いておりますが、当社では感染リスク回避意識から生じた休会・退会による会費収入の減少を補う取り組みとして、ソフト面においては新規入会者・初心者の方がより安心して入会できるよう、会費等の利用料金の見直しや入会時のビギナーズサポート等のサービスの充実を実施し、ハード面では一部店舗を「総合型ジム」から「24時間型ジム・365日型ジム」への業態転換を行い、密を回避した利用を可能にすることで、徐々に利用者数は回復傾向にありましたが、度重なる時短営業要請等の影響が大きく、売上高は前連結会計年度比57.2%となりました。

保育・介護等は、通所介護施設においては新型コロナウイルス感染症拡大による利用自粛があったものの、保育施設は高い定員充足率で推移したこと、また首都圏を中心に新たに7園開園したことにより、売上高は前連結会計年度比108.3%となりました。

以上の結果、ウェルネス事業の売上高は27億45百万円(前連結会計年度比80.2%)となりました。

 

クリエーション事業

オンラインクレーンゲーム市場は、競合ブランドが増加しており、ユーザーの獲得競争が続いている中、オペレーションの変更、定期的なキャンペーンにより登録会員数の増加に注力し新規登録者数は増加しましたが、コロナ禍の先行き不安からの消費意欲低迷の影響を受ける結果となりました。

以上の結果、売上高は3億5百万円(前連結会計年度比71.3%)となりました。

 

不動産賃貸事業

賃貸オフィスビルでのテナント誘致に注力し、新たに賃貸先の獲得がありましたが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う入居テナントからの受託管理業務の廃止等がありました。

以上の結果、売上高は3億27百万円(前連結会計年度比98.4%)となりました。

 

(その他)

当社子会社が運営するコールセンター等の通信テレマーケティングにおいては、首都圏での新型コロナ感染症拡大により受託サービス業務の減少や商材不足等の影響を受ける結果となりました。

以上の結果、売上高は2億84百万円(前連結会計年度比68.1%)となりました。

 

③キャッシュ・フローの状況

(当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況)

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ2百万円増加し、9億円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果使用した資金は、前連結会計年度末に比べ41百万円増加し、34百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純損失が4億98百万円となりましたが、減価償却費が2億47百万円及び、法人税等の還付額が1億78百万円あったことなどによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は、前連結会計年度末に比べ62百万円増加し、3億49百万円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出が3億10百万円、無形固定資産の取得による支出が19百万円、資産除去債務の履行による支出が26百万円あったことなどによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果得られた資金は、前連結会計年度末に比べ5億47百万円増加し、3億86百万円となりました。これは主に、長期借入れによる収入が11億57百万円、長期借入金の返済による支出が3億50百万円及び、社債の償還による支出が3億54百万円あったことなどによるものであります。

 

 

④営業実績

当連結会計年度における営業実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。

なお、当連結会計年度より「クリエーション事業」に含めていたインターネットカフェ部門をフィットネスとの相乗効果によるコンバージョンを推進するため「ウェルネス事業」のフィットネス部門に統合しております。

以下、前連結会計年度比較については、前連結会計年度の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

前連結会計年度比(%)

ウェルネス事業(千円)

2,745,033

80.2

(フィットネス)

1,077,416

57.2

(保育・介護等)

1,667,617

108.3

クリエーション事業(千円)

305,197

71.3

不動産賃貸事業(千円)

327,342

98.4

その他(千円)

284,794

68.1

合計(千円)

3,662,367

79.6

(注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.ウェルネス事業は、フィットネス部門、保育部門、介護部門等の売上高であります。

3.クリエーション事業は、オンラインクレーンゲーム部門の売上高であります。

4.不動産賃貸事業は、不動産賃貸部門の売上高であります。

5.その他は、通信テレマーケティング部門、カウネット代理店部門等の売上高であります。

6.最近2連結会計年度の主な営業能力は次のとおりであります。

 

セグメント

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

収容能力

収容能力

ウェルネス事業

(フィットネス)

(保育・介護等)

 

フィットネス

保育・介護等

 

16店

27店

 

フィットネス

保育・介護等

 

15店

35店

クリエーション事業

オンラインクレーンゲーム

2店

オンラインクレーンゲーム

2店

不動産賃貸事業

 

賃貸物件

 

 

7ヶ所

 

 

賃貸物件

 

 

6ヶ所

 

 

 

 

 

(2)経営者の視点による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。

当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度末における資産、負債の報告金額及び収益、費用の報告金額に影響を与える見積り、判断及び仮定を使用することが必要となります。当社グループの経営陣は連結財務諸表作成の基礎となる見積り、判断及び仮定を過去の経験や状況に応じ合理的と判断される入手可能な情報により継続的に検証し、意思決定を行っております。しかしながら、これらの見積り、判断及び仮定は不確実性を伴うため実際の結果と異なる場合があります。

なお、連結財務諸表作成のための重要な会計方針及び見積りに関しましては「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)、(重要な会計上の見積り)」に記載されているとおりであります。

 

②財政状態の分析

(資産)

当連結会計年度末における流動資産は、14億59百万円となり前連結会計年度末に比べ1億14百万円減少しました。これは主に、未収還付法人税等が1億61百万円減少したことによるものであります。固定資産は、54億95百万円となり前連結会計年度末に比べ1億31百万円増加しました。これは主に、建物及び構築物が1億34百万円増加したことによるものであります。

この結果、総資産は、69億76百万円となり前連結会計年度末に比べ8百万円増加しました。

(負債)

当連結会計年度末における流動負債は、29億90百万円となり前連結会計年度末に比べ1億1百万円増加しました。これは主に、未払金が1億37百万円増加したことによるものであります。固定負債は、24億75百万円となり前連結会計年度末に比べ4億92百万円増加しました。これは主に、長期借入金が7億14百万円増加し、社債が2億87百万円減少したことによるものであります。

この結果、負債合計は、54億66百万円となり前連結会計年度末に比べ5億94百万円増加しました。

(純資産)

当連結会計年度末における純資産合計は、15億10百万円となり前連結会計年度末に比べ5億85百万円減少しました。これは主に、当期純損失5億90百万円の計上により利益剰余金が減少したことによるものであります。

この結果、自己資本比率は21.6%(前連結会計年度末は30.1%)となりました。

 

③経営成績の分析

当連結会計年度は、新型コロナウイルス感染症拡大により緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に基づく休業要請や時間短縮営業要請など年間を通じて制限を受ける中での営業活動となりました。このような状況の下、当社グループは主力であるウェルネス事業に注力し、収益性の改善に取り組んでまいりました。

フィットネスでは、24時間ジムの新規出店や新型コロナウイルス感染症拡大の影響により利用が低下した店舗の業態転換を実施し改善が見られました。保育では、首都圏を中心に新規保育園の開園を行い収益を伸ばしました。しかしながら、休業や時間短縮営業による売上高の減少を補うことができず、前連結会計年度に比べ20.4%の減少となりました。

営業利益・経常利益につきましては、フィットネス店舗を中心に人員配置の適正化や固定費の見直し、不採算店舗の閉店などコスト構造の見直しを図りましたが、売上の減少を補うことができず営業損失・経常損失となりました。

 

④キャッシュ・フローの分析

当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要③キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

⑤経営成績に重要な影響を与える要因

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

⑥資本の財源及び資金の流動性

当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、次のとおりであります。

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資目的とした資金需要は、設備投資等によるものであります。短期運転資金は自己資金及び短期借入金を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、金融機関からの長期借入金及び銀行保証付社債を基本としております。

なお、財務活動の結果得られた資金は、3億86百万円となりました。これは主に短期借入れによる収入が3億57百万円、長期借入れによる収入が11億57百万円、短期借入金の返済による支出が3億67百万円、長期借入金の返済による支出が3億50百万円、社債の償還による支出が3億54百万円あったことなどによるものであります。

 

今後の見通し

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、緊急事態宣言の発出に伴う臨時休業や時短営業など、当社グループの事業は大きな影響を受けております。現時点において、新型コロナウイルス感染症の収束時期を予測することは困難な状況ですが、主力であるフィットネスの休会または退会された会員数が元に戻るには相当の期間を要するものと考えており、ワクチン接種の進展等により徐々に回復していくという想定に基づいて、次期の業績見通しを算定しております。

売上高は、上記想定に基づく回復に加え、企業主導型保育園の新規開園やフィットネス施設の業態転換等に伴う増収により45億30百万円を見込んでおります。利益面では、増収に伴う投資費用が増加するものの、固定費用の見直しを中心にコスト削減策を織り込んだ結果、営業利益2億10百万円、経常利益1億20百万円、親会社株主に帰属する当期純利益30百万円を見込んでおります。

なお、業績予想につきましては、現在において入手可能な情報に基づいて作成したものであり実際の業績等は、今後の様々な要因により大きく異なる可能性があります。

 

 

4【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

 

5【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当期中において実施した設備投資の総額は458百万円(有形リース資産63百万円含み、のれんを除く)であり、このうち主なものは、新規施設(保育事業)、並びに既存施設における修繕等となります。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

当社は、フィットネス事業、介護・保育事業、その他の事業を、全国に26ヶ所の事業所で運営しております。

以上のうち、重要な設備は以下のとおりであります。

2021年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置及び運搬具

(千円)

アミューズメント機器

(千円)

工具、器具及び備品

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

リース資産

(千円)

合計

(千円)

ディノス札幌白石

(札幌市白石区)

ウェルネス事業

不動産賃貸事業

その他

会社統括業務

フィットネスクラブ

企業主導型保育園

賃貸物件

556,070

82

-

7,328

576,498

(5,253)

17,084

1,157,064

55

(13)

SDフィットネス365ドリームタウン青森浜田

(青森県青森市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

-

-

-

1,764

-

2,248

4,012

2

(5)

SDフィットネス365秋田広面

(秋田県秋田市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

78,181

-

-

1,691

-

11,152

91,025

5

(5)

SDフィットネスフォルテ大河原

(宮城県柴田郡)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

-

-

-

362

-

15,586

15,948

2

(4)

SDフィットネス郡山

(福島県郡山市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

2,015

-

-

493

-

8,564

11,073

3

(7)

SDフィットネス銚子

(千葉県銚子市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

24,838

-

-

4,121

-

785

29,745

4

(6)

SDフィットネス旭

(千葉県旭市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

268,836

-

-

4,169

-

-

273,005

7

(13)

SDフィットネス24富士伝法

(静岡県富士市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

955

-

-

3,221

-

2,121

6,298

2

(3)

SDフィットネス365桑名星川

(三重県桑名市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

77,690

-

-

2,666

-

2,706

83,064

3

(5)

SDフィットネス365津藤方

(三重県桑名市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

171,066

-

-

1,461

-

3,508

176,036

3

(6)

SDF24阪急伊丹駅前

(兵庫県伊丹市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

26,026

-

-

1,845

-

14,071

41,943

-

(3)

 

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置及び運搬具

(千円)

アミューズメント機器

(千円)

工具、器具及び備品

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

リース資産

(千円)

合計

(千円)

SDフィットネス福知山

(京都府福知山市)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

21,757

-

-

1,436

-

-

23,194

2

(4)

SDフィットネス365小倉駅前

(北九州市小倉北区)

ウェルネス事業

フィットネスクラブ

45,117

-

-

1,678

-

11,410

58,207

4

(4)

ディノスキッズ

麻生園

(札幌市北区)

ウェルネス事業

企業主導型保育園

11,753

-

-

100

-

-

11,854

7

(3)

 

ディノスキッズ

東区役所前園

(札幌市東区)

ウェルネス事業

企業主導型保育園

9,164

-

-

279

-

-

9,443

7

(5)

 

ディノスキッズ

月寒中央園

(札幌市豊平区)

ウェルネス事業

企業主導型保育園

8,414

-

-

244

-

-

8,658

6

(3)

ディノスカフェ

大曽根駅前

(名古屋市北区)

ウェルネス事業

インターネットカフェ

23,810

-

-

1,213

-

109

25,132

1

(7)

ディノスカフェ

天六

(大阪市北区)

ウェルネス事業

インターネットカフェ

27,739

-

-

1,062

-

8,814

37,616

1

(8)

ディノス帯広

(北海道帯広市)

不動産賃貸事業

賃貸物件

232,125

-

-

1,410

676,533

(10,807)

-

910,069

-

(1)

ディノス室蘭

(北海道室蘭市)

不動産賃貸事業

賃貸物件

108,882

-

-

331

248,536

(3,515)

-

357,750

-

(-)

その他

ウェルネス事業

クリエーション事業

不動産賃貸事業

その他

ネット事業

介護設備、賃貸物件

84,804

-

3,589

14,822

555,156

(6,420)

-

658,373

2

(4)

合計

 

 

1,779,253

82

3,589

51,707

2,056,724

(25,995)

98,163

3,989,520

116

(109)

(注)1.金額は、帳簿価額であり、建設仮勘定は含んでおりません。なお、金額には消費税等を含めておりません。

2.上記の従業員数中( )内は嘱託及び臨時従業員数の年間平均人員を外数で記載しております。

 

 

(2)国内子会社

2021年3月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置及び運搬具

(千円)

工具、器具及び備品

(千円)

リース資産

(千円)

合計

(千円)

エムシーツー

株式会社

事務所等

(東京都新宿区等)

ウェルネス事業

その他

事務所設備等

-

-

22

-

22

-

(2)

ITグループ株式会社

保育19ヶ所等

(東京都新宿区等)

ウェルネス事業

その他

保育・事務所設備等

301,288

-

6,820

-

308,109

144

(49)

ITネクスト株式会社

事務所等

(東京都新宿区等)

ウェルネス事業

その他

事務所設備等

-

-

140

-

140

-

(2)

株式会社フォーユー

保育・通所介護10ヶ所等

(東京都江東区等)

ウェルネス事業

その他

保育・介護設備等

112,235

178

3,891

3,093

119,398

29

(27)

(注)1.金額は、帳簿価額であり、建設仮勘定は含んでおりません。なお、金額には消費税等を含めておりません。

2.上記の従業員数中( )内は嘱託及び臨時従業員数の年間平均人員を外数で記載しております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案し、設備の内容毎に区分して策定しております。

なお、当連結会計年度末現在における設備投資計画及び除却等の計画は次のとおりであります。

(1)重要な設備の新設等

設備の内容

セグメントの名称

投資予定金額

資金調達方法

着手及び完了予定年月

総額

(千円)

既支払額

(千円)

着手

完了

既存施設の改装及び設備の更新

ウェルネス事業

(フィットネス事業)

60,453

自己資金及び借入金

2021年4月

2022年3月

新規施設の設備の増設、既存施設の改装及び設備の更新

ウェルネス事業

(保育・介護事業)

65,236

自己資金及び借入金

2021年4月

2022年3月

既存施設の改装及び設備の更新

不動産賃貸事業、その他

36,146

自己資金及び借入金

2021年4月

2022年3月

 

(2)重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

28,000,000

28,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月30日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

8,997,000

8,997,000

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数

100株

8,997,000

8,997,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2016年4月1日~2017年3月31日

(注)

220,000

8,997,000

71,698

227,101

71,698

1,256,096

(注)新株予約権の行使による増加であります。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

6

15

62

5

11

11,486

11,585

所有株式数(単元)

4,817

318

55,560

180

21

29,059

89,955

1,500

所有株式数の割合(%)

5.36

0.35

61.76

0.20

0.02

32.31

100.00

(注)自己株式42,988株は、「個人その他」に429単元及び「単元未満株式の状況」に88株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

RIZAPグループ株式会社

東京都新宿区北新宿2丁目21番1号

5,340

59.63

株式会社北洋銀行

札幌市中央区大通西3丁目7

424

4.73

中道リース株式会社

札幌市中央区北一条東3丁目3番地

74

0.82

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内1丁目6番6号

24

0.26

三和サ-ビス株式会社

札幌市西区発寒十二条12丁目1番5号

22

0.25

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

20

0.22

株式会社サンリッチインターナショナル

神戸市須磨区弥栄台1丁目10-3

20

0.22

北海道コカ・コーラボトリング株式会社

札幌市清田区清田一条1丁目2-1

20

0.22

株式会社バンダイナムコホールディングス

東京都港区芝5丁目37番8号

16

0.17

JPモルガン証券株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目7番3号

15

0.17

5,976

66.74

(注)1.上記のほか、自己株式が42,988株あります。

2.発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点第3位以下を切り捨てております。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

-

-

-

議決権制限株式(自己株式等)

 

-

-

-

議決権制限株式(その他)

 

-

-

-

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

42,900

-

-

完全議決権株式(その他)

普通株式

8,952,600

89,526

-

単元未満株式

普通株式

1,500

-

-

発行済株式総数

 

8,997,000

-

-

総株主の議決権

 

-

89,526

-

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

SDエンターテイメント株式会社

札幌市白石区南郷通1丁目北8番1号

42,900

42,900

0.47

42,900

42,900

0.47

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

42,988

42,988

(注)当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

3【配当政策】

当社グループは、株主への利益還元を重要な経営課題の一つと位置付けており、適切な利益還元と経営財務の安定性確保の観点から、当期純利益の水準に応じた業績連動型配当の実施を基本方針とし、配当性向10%~50%を目処とすることを基本方針にしております。

配当性向は10%以上の配当実施を原則とし、持続的な成長のための適正な内部留保の水準、当面の業績見通しや有利子負債の水準、利益剰余金の水準などを総合的に勘案して、さらなる利益還元が可能と判断した場合には、50%を上限として配当性向を都度引き上げることを目指すことにしております。

当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。ただし、原則として記念配当などを除き、中間配当は行わず、期末配当に一本化することとしており、決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当期の期末配当金につきましては、新型コロナウイルス感染拡大の影響による様々な要因により、親会社株主に帰属する当期純損失を計上することとなりましたことから、当社が今なすべきことは内部留保の充実を図り企業体力の増強を図ることであると経営判断し、誠に遺憾ながら無配とさせていただきます。

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営理念を実現し、株主重視の立場を基本として各ステークホルダーと良好な関係を築き、社会的責任を果たすべく透明性・健全性の高い効率的な経営活動を目指しております。そのためには、中長期的に企業価値の向上に努めるとともに、各ステークホルダーから信頼される企業となるため、コーポレート・ガバナンスの充実が経営上の重要課題であると考えており、企業倫理に則した公正な事業活動を推進するためにコンプライアンス重視の経営体制を進めるとともに、内部統制システムを整備し、経営の透明性・健全性の向上に努めております。

②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

ⅰ)企業統治の体制の概要

当社は、監査等委員会制度を採用しているため、コーポレート・ガバナンス体制の主たる機関として取締役会、監査等委員会及び会計監査人を設置しつつ、その補完機関として内部統制委員会や経営会議などを設置しております。

また、経営の意思決定及び監督機能と業務執行機能を分離することにより、業務執行の責任と権限を明確にして経営の機動性を高めるとともに、ガバナンス体制の強化及び経営の多様性の推進を図ることを目的として執行役員制度を導入しております。

取締役会は、監査等委員3名を含めた8名の取締役(うち3名は社外取締役)で構成され、原則として毎月1回定例の取締役会を開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催します。取締役会は、月次の営業報告に加え、法令、定款及び取締役会規程等に定められた事項について審議・決定並びに経営判断を行うとともに、独立性を保持した社外取締役出席のもと、経営の妥当性、効率性及び公正性等について適宜検討し、業務執行状況の監督を行っております。

なお、当社は、定款において、取締役全員の同意により書面決議により決議できること、また重要な業務執行の意思決定の全部又は一部を取締役に委任することができる旨を定めております。

監査等委員会は、監査等委員である社外取締役2名と常勤監査等委員である取締役1名で構成されており、内部監査部門等と連携し、取締役会の意思決定過程及び取締役の業務執行状況について監査します。

当社は会計監査人として瑞輝監査法人と監査契約を結んでおり、会計監査を委託しております。

会計監査人は、監査項目、監査体制、監査スケジュールを内容とする監査計画を立案し、第1四半期から第3四半期の四半期ごとに、四半期レビュー報告会を、また期末には期末決算に関する会計監査報告会を開催し、常勤監査等委員に対して報告しています。

内部統制委員会は、会社法や金融商品取引法に基づく内部統制システムを構築し、運営する機関であり、代表取締役社長を委員長としてグループ全体のコンプライアンスやリスク管理、情報管理や業務の効率性を統括しております。当社は、内部統制委員会の統制活動を支えるために、社内規程を整備するとともに、取締役や使用人への教育を実施しております。

経営会議は、原則として毎月1回以上開催し、取締役(必要に応じて監査等委員である取締役を含む)及び執行役員並びに関係者が出席し、取締役会から委託された事項(会社法の定める取締役会専決事項を除く)の意思決定のほか、業務執行についての方針及び計画の審議、決定、管理を行っております。

機関ごとの構成員は次のとおりであります。(◎は議長、委員長を表す)

役職名

氏名

取締役会

監査等委員会

内部統制委員会

経営会議

代表取締役社長

長谷川 亨

 

取締役

塩田 徹

 

取締役

鎌谷 賢之

 

取締役

有信 勝宏

 

社外取締役

藤原 泰輔

 

 

 

常勤監査等委員

荒井 隆夫

社外監査等委員

大塚 一暁

 

 

社外監査等委員

小島 茂

 

 

執行役員

5名

 

 

内部監査担当者

1名

 

 

 

営業系管理系

担当者

5名

 

 

なお、当社のコーポレート・ガバナンスの体制は次のように図示されます。

 

0104010_001.png

ⅱ)当該体制を採用する理由

株主をはじめ、顧客、取引先、従業員、地域社会など会社を取り巻くステークホルダー全体の利益に充分に目を配り、バランスの取れた的確で迅速な意思決定と業務執行を行い、企業価値を不断に向上させる企業経営を行うためのコーポレート・ガバナンスを目指して、現状の体制を採用しております。

 

③企業統治に関するその他の事項

ⅰ)内部統制システムの整備の状況

当社は、取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任及び企業倫理を果たすために、コンプライアンス担当取締役が全役職員に法令遵守の方針を周知徹底させるものとしております。また、内部統制推進に関わる課題、対応策を協議、承認する組織として、代表取締役社長の下に内部統制委員会を設置しており、重要な経営事項については、取締役会もしくは経営会議で審議しなければならないものとしております。

1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任及び企業倫理を果たすためにコンプライアンス担当取締役が全役職員に法令遵守の方針を周知徹底させるものとしております。また、重要な経営事項については、取締役会もしくは経営会議で審議しております。

b.従業員の業務運営の状況、並びに法令遵守の状況を把握し、その改善を図るために、内部監査室が内部監査規程に基づき内部監査を実施し、その結果を取締役及び監査等委員会に対し報告するものとしております。

2.取締役の職務の執行にかかる情報の保存及び管理に関する体制

取締役は、以下の文書(電磁的記録含む。以下同じ。)については、これを少なくとも10年間保管するとともに、必要に応じて閲覧可能な状態を維持するものとしております。

a.株主総会議事録

b.取締役会議事録

c.監査等委員会議事録

d.稟議書並びに設備申請書

e.契約書

f.会計帳簿並びに決算に関する計算書類

g.税務署その他行政機関、証券取引所に提出した写し

h.その他取締役会の職務の執行にかかる重要書類

3.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

迅速で効率的な企業経営を実現するために執行役員制度を導入し、意思決定、監督機能を担う取締役と業務執行機能を担う執行役員の役割を分離しております。取締役は独立した立場から当社の重要な経営方針・戦略の策定及び決定、業務執行の監督を行い、執行役員は取締役会より委譲された権限に基づき、当社の担当領域の業務遂行体制を構築・実行しております。

ⅱ)当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

親会社とは適正な連携体制を維持することを基本方針としております。

当社は、親会社である「RIZAPグループ株式会社」グループに属しております。当社には、経営に対する牽制の強化及びグループ間の経営情報の共有があり、個別の業務執行については自主独立の精神をもって事業に取り組んでおります。当社では、独自の営業展開を行っており、独自の発想に基づいて、他社・他店との差別化を図っております。

a.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の会社への報告に関する事項

子会社は、職務権限、業務分掌及び意思決定のルールを明確にするものとしております。

b.子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社は、適正なグループ運営を推進する為の基本事項を定めた社則を制定し、その遵守を子会社が誓約することにより、子会社の経営上の重要事項の報告を受けるものとしております

c.子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

子会社は、その業態やリスクの特性に応じた適切なリスクマネジメントを行い、当社は、子会社のリスクマネジメント全般を掌握し、助言、指導等の必要な対応を行うものとしております

d.子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

・子会社は、適切なコンプライアンス推進体制を整備するものとしております

・当社は、子会社が参加するコンプライアンスに関する委員会等を定期的に開催し、子会社のコンプライアンスの強化を図るものとしております

・当社の内部監査を担当する部門は、子会社のコンプライアンスの状況の監査を行い、当社の社長及びコンプライアンス担当取締役に適切に報告するものとしております

e.その他当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

・親会社であるRIZAPグループ株式会社のグループ運営の方針を尊重しつつ、当社の独自性を確保し、自律的な内部統制システムを整備するものとしております

・当社と親会社並びに子会社との取引については、取引の公正性及び合理性を確保し、適切に行うものとしております

ⅲ)監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

a.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の取締役(監査等委員を除く)からの独立性に関する事項、及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

・監査等委員会が補助使用人を置くことを求めた場合には、内部監査室の使用人を監査等委員会の職務を補助する使用人としております

・補助使用人の選任、人事異動、人事考課、給与改定、懲戒等については、あらかじめ監査等委員会の事前の同意を要するものとしております

・補助使用人は、その補助業務に関しては監査等委員会の指揮命令下で遂行することとし、取締役(監査等委員を除く)からの指揮命令は受けないものとしております

b.取締役(監査等委員を除く)及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制

・監査等委員は、取締役会ほか重要な会議に出席することができるものとしております。

・取締役(監査等委員を除く)及び使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生し、又は発生する恐れがあるとき、役職員による違法又は不正な行為を発見したとき、その他監査等委員会が報告すべきものと定めた事項が生じたときは、監査等委員会に報告するものとしております。

・取締役(監査等委員を除く)及び使用人は、監査等委員会から要求があった場合には、監査等委員会に出席して、必要な書類を添えて説明又は意見陳述をするものとしております。

・内部監査室担当は、内部監査の結果を遅滞なく監査等委員会に報告するものとしております。

 

c.監査等委員会に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

監査等委員会に報告をした者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を取締役(監査等委員を除く)及び使用人等に周知徹底しております。なお、内部通報制度における通報者については、解雇その他いかなる不利益な取扱いも行ってはならないことや、通報者等に対して不利益な取扱いや嫌がらせ等を行った者がいた場合には、就業規則に従って処分を課すことができる旨等を内部通報制度運用規程において定め、その保護を図るものとしております。

d.その他の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

・代表取締役は、定期的に監査等委員と意見交換する場を設け、監査等委員会監査の環境を整備するよう努めるものとしております。

・監査等委員会は、内部監査室並びに会計監査人と適切な連携を図り、効果的な監査業務の遂行を図るものとしております。

・監査等委員がその職務の執行について生ずる費用の前払い等を請求した場合は、当該監査等委員の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用の前払い等の処理をするものとしております。

ⅳ)リスク管理体制の整備の状況

当社は、リスク管理体制に関する専門の部門はありませんが、経営管理部にて業務に関わるリスクについて適切に管理する体制の整備に取り組んでいます。

a.損失の危険に関する規程及びその他の体制

組織横断リスク状況の管理・予防並びに全社的対応は経営管理部が行い、各部門の所管業務に付随するリスク管理は当該部門が行うものとすることを原則としております。経営管理部がリーガルリスク・情報リスク・ブランドリスク・災害リスク等に関する規程を整備し、運用を図るものとしております。

b.反社会的勢力排除に向けた体制

反社会的勢力排除に向けた体制を構築し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切関わりを持たず、また不当な要求に対しては、断固としてこれを拒否するものとしております。

 

④取締役の定数及び任期

当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の定数は10名以内、任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで、監査等委員である取締役の定数は4名以内、任期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする旨を定款に定めております。

 

⑤取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、選任決議については、累積投票によらない旨を定款に定めております。

 

⑥自己株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己株式の取得をできる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己株式の取得をすることを目的とするものであります。

 

⑦株主総会の特別決議

当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって決議を行う旨を定款で定めております。

 

⑧中間配当の決定機関

当社は、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)について株主総会の決議によらず取締役会の決議により定められる旨、定款に定めております。これは、中間配当の決定機関を取締役会とすることにより、当社を取り巻く事業環境や業績に応じて、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

(2)【役員の状況】

①役員一覧

男性 8名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役社長

長谷川 亨

1958年11月1日

 

1981年4月

日産自動車株式会社 入社

2001年4月

インドネシア日産自動車会社 社長

2006年1月

中東日産自動車会社 社長(在ドバイ中東地区統括会社)

2009年2月

タイ日産自動車会社 社長(在バンコク)

2010年4月

アジアパシフィック日産自動車会社 社長

2012年4月

日産自動車株式会社 アフリカ・中東・インド地域統括 執行役員

2014年4月

同社 アジア・オセアニア地域統括 常務執行役員

2016年1月

横浜マリノス株式会社 代表取締役社長

2018年5月

RIZAPグループ株式会社 入社 新領域事業カンパニー カンパニー長

2018年11月

株式会社湘南ベルマーレ 取締役(現任)

2019年4月

同社 執行役員

2019年4月

RIZAPトレーディング株式会社 代表取締役社長

2019年5月

タツミマネージメント株式会社 代表取締役社長(現任)

2020年4月

RIZAPインベストメント株式会社 代表取締役社長(現任)

2020年4月

株式会社五輪パッキング 取締役(現任)

2020年5月

株式会社サンケイリビング新聞社 取締役会長(現任)

2020年6月

RIZAPグループ株式会社 上級執行役員 インベストメント事業統括(現任)

2020年6月

夢展望株式会社 取締役

2020年7月

当社 最高顧問

2020年9月

ナラカミーチェジャパン株式会社 取締役(現任)

2020年11月

夢展望株式会社 取締役会長(現任)

2020年12月

当社 取締役

2020年12月

MRKホールディングス株式会社 取締役

2021年1月

一新時計株式会社 代取締役社長(現任)

2021年3月

当社 取締役会長

2021年6月

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

鎌谷 賢之

1974年7月16日

 

1997年4月

三洋電機株式会社 入社

2007年4月

同社 経営戦略部担当部長(全社戦略担当)

2009年4月

ソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)入社

2009年7月

同社 社長室シニアマネージャー(経営戦略担当)

2014年4月

株式会社ナガセ 常務執行役員

2017年1月

RIZAPグループ株式会社 入社 グループ戦略統括室長

2018年5月

同社 グループ管理本部長

2019年4月

同社 執行役員 経営企画本部長

2019年6月

株式会社ジーンズメイト 取締役

2019年6月

株式会社湘南ベルマーレ 取締役(現任)

2019年11月

RIZAPグループ株式会社 執行役員 経営企画本部長兼財務経理本部長

2020年4月

同社 執行役員グループ経営企画・財務経理統括

2020年6月

同社 取締役執行役員グループ経営企画・財務経理統括

2020年7月

同社 取締役執行役員グループ経営企画・財務経理・グループ情報システム統括兼経営企画本部長

2020年9月

株式会社イデアインターナショナル 取締役(現任)

2020年11月

RIZAPグループ株式会社 取締役執行役員 グループ経営企画・財務経理・グループ情報システム・法務・リスクマネジメント統括兼経営企画本部長

2020年12月

当社 取締役(現任)

2020年12月

MRKホールディングス株式会社 取締役(現任)

2021年3月

RIZAPグループ株式会社 取締役経営企画・購買物流統括(現任)

 

(注)4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

塩田 徹

1973年8月21日

 

1997年4月

株式会社大林組 入社

2000年3月

アイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス株式会社(現日本アイ・ビー・エム株式会社)入社

2009年1月

株式会社ワールド 入社

2015年4月

パナソニックヘルスケアホールディングス株式会社(現PHCホールディングス株式会社)入社 人事部長・総務部長・CEOオフィス部長

2019年6月

RIZAPグループ株式会社 入社

2019年8月

同社 人事本部長

2019年11月

同社 法務・リスクマネジメント本部長

2019年12月

同社 執行役員 人事本部長兼法務・リスクマネジメント本部長

2020年4月

同社 執行役員 グループ人事・総務・法務・リスクマネジメント統括

2020年4月

RIZAPインベストメント株式会社 取締役

2020年5月

RIZAPグループ株式会社 執行役員社長室長兼グループ人事・総務・法務・リスクマネジメント統括

2020年5月

株式会社サンケイリビング新聞社 取締役副会長

2020年6月

RIZAPグループ株式会社 取締役執行役員社長室兼グループ人事・総務・法務・リスクマネジメント統括兼コーポレート統括本部長

2020年6月

株式会社ワンダーコーポレーション 取締役

2020年6月

MRKホールディングス株式会社 取締役(現任)

2020年6月

堀田丸正株式会社 取締役(現任)

2020年7月

RIZAPビジネスイノベーション株式会社 代表取締役

2020年7月

RIZAPトレーディング株式会社 代表取締役(現任)

2020年8月

RIZAP株式会社 取締役(現任)

2020年8月

RIZAPグループ株式会社 マーケティング本部長

2020年9月

株式会社イデアインターナショナル 取締役(現任)

2020年11月

RIZAPグループ株式会社 取締役執行役員 RIZAP事業・グループ人事・総務統括兼社長室長兼マーケティング本部長兼人事本部長

2020年12月

当社 取締役(現任)

2021年3月

RIZAPグループ株式会社 取締役国内事業・人事・マーケティング・営業・DX統括兼社長室長(現任)

2021年4月

REXT株式会社 取締役会長(現任)

 

(注)4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

有信 勝宏

1985年1月9日

 

2007年4月

株式会社三井住友銀行 入社

2007年4月

同行 伊丹法人営業部

2009年4月

同行 深江橋法人営業部

2012年4月

同行 御堂筋法人営業部

2016年10月

同行 東京中央法人営業第三部

2018年9月

RIZAPグループ株式会社 入社 管理本部、グループ経営戦略、関連事業統括、財務担当

2019年12月

株式会社ディーエム 取締役

2019年12月

一新時計株式会社 取締役(現任)

2019年12月

株式会社アンティローザ 取締役(現任)

2020年4月

RIZAPグループ株式会社 財務部長

2020年4月

RIZAPインベストメント株式会社 監査役(現任)

2020年9月

株式会社イデアインターナショナル 取締役(現任)

2020年12月

当社 取締役(現任)

2021年6月

RIZAPグループ株式会社 財務戦略部長(現任)

 

(注)4

取締役

藤原 泰輔

1968年9月11日

 

1998年4月

株式会社テスコン 入社

1998年7月

株式会社イニシア・コンサルティング 入社

2002年6月

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ 入社

2002年9月

同社 取締役

2020年4月

高松大学経営学部教授(現任)

2021年6月

当社取締役(現任)

 

(注)4

取締役

(常勤監査等委員)

荒井 隆夫

1961年11月4日

 

1984年4月

当社入社

2007年6月

当社取締役財務経理部長

2009年3月

当社財務経理部長

2014年3月

当社管理本部長

2019年4月

当社社長室長

2019年5月

エムシーツー株式会社監査役(現任)

2019年5月

ITグループ株式会社監査役(現任)

2019年5月

株式会社フォーユー監査役(現任)

2019年6月

当社取締役監査等委員(現任)

 

(注)3

3,600

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

(監査等委員)

大塚 一暁

1981年8月14日

 

2006年9月

弁護士登録

2006年9月

アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所

2012年9月

大塚・川崎法律事務所代表(現任)

2017年6月

堀田丸正株式会社 社外取締役(現任)

2018年5月

株式会社ワンダーコーポレーション 社外取締役監査等委員

2020年6月

株式会社ジーンズメイト 社外取締役監査等委員

2021年4月

REXT株式会社 社外取締役監査等委員(現任)

2021年6月

当社取締役監査等委員(現任)

 

(注)3

取締役

(監査等委員)

小島 茂

1968年1月9日

 

1991年4月

学校法人高宮学園代々木ゼミナール 入社

2002年4月

小島社会保険労務士事務所 開業

2002年9月

有限会社プラン・ドゥ・シー 代表取締役(現任)

2005年1月

株式会社エスネットワークス 入社

2007年1月

ヒューマンテラス株式会社 取締役

2009年4月

株式会社イーエスペイロール 代表取締役

2010年5月

株式会社ウィル 取締役(現任)

2015年4月

株式会社エスネットワークス 監査役

2016年8月

株式会社パスポート(現 株式会社HAPiNS) 監査役

2017年6月

株式会社パスポート(現 株式会社HAPiNS) 社外取締役監査等委員

2017年6月

堀田丸正株式会社 社外取締役(現任)

2018年5月

株式会社ワンダーコーポレーション 社外取締役監査等委員

2021年4月

REXT株式会社 社外取締役監査等委員(現任)

2021年6月

当社取締役監査等委員(現任)

 

(注)3

3,600

(注)1.藤原 泰輔、大塚 一暁及び小島 茂は、社外取締役であります。

2.監査等委員会の体制は次のとおりであります。

委員長 荒井 隆夫、委員 大塚 一暁、委員 小島 茂

3.2021年6月23日開催の定時株主総会終結の時から2年間であります。

4.2021年6月23日開催の定時株主総会終結の時から1年間であります。

②社外役員の状況

当社の社外取締役は3名であります。

社外取締役藤原泰輔氏は、当社株式を保有しておりません。また、同氏と当社の間で、人的関係、資本的関係及び特別の利害関係はありません。

社外取締役大塚一暁氏は、当社株式を保有しておりません。また、同氏と当社の間で、人的関係、資本的関係及び特別の利害関係はありません。同氏は大塚・川崎法律事務所を開設しておりますが、当社と同事務所との間に特別な利害関係はありません。

社外取締役小島茂氏は、当社株式を保有しておりません。また、同氏と当社の間で、人的関係、資本的関係及び特別の利害関係はありません。同氏は小島社会保険労務士事務所を開設しておりますが、当社と同事務所との間に特別な利害関係はありません。

当社は、経営の意思決定機能と業務執行を管理監督する機能を持つ取締役会に対し、経営学を専門とする大学教授である社外取締役1名、弁護士資格を持つ監査等委員である社外取締役1名及び社会保険労務士資格を持つ監査等委員である社外取締役1名を選任し、取締役会において社外取締役から専門的かつ客観的見地に立った質問及び意見をいただいており、社外取締役及び監査等委員会による経営の監視機能が有効に働いております。

当社は社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたものはありませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外取締役としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。

 

③社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は、取締役等を通じ、内部監査及び会計監査状況を把握し、必要に応じて意見交換を行うなどして相互連携を図っております。

監査等委員会と内部監査部門は、相互の連携を図るために、定期的な情報交換の場を設置し、監査等委員会の監査方針及び計画並びに内部監査部門の監査方針、計画、実施した監査結果に関する確認及び調整を行っております。

また、内部監査、監査等委員会監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制担当者の関係につきましては、会計監査担当者と内部統制担当者が連携して、子会社を含む内部統制監査を行い、その監査結果を監査等委員会に対して四半期に一度、報告を行っております。内部監査部門は、会計に関しては子会社を含む内部統制システムのなかでモニタリングを行い、会計以外の事項に関しては、会社法の求める内部統制システムのなかで独自に監査を行い、その監査結果を定期的に監査等委員会に報告しております。

 

 

(3)【監査の状況】

①監査等委員会監査の状況

監査等委員会は、常勤監査等委員1名及び監査等委員である社外取締役2名で構成しております。

当事業年度は監査等委員会を12回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次のとおりです。

役職

氏名

開催回数

出席回数

常勤監査等委員

荒井 隆夫

12回

12回

監査等委員(社外)

菅井 朗  (注)2

2回

1回

監査等委員(社外)

開本 英幸

12回

12回

監査等委員(社外)

藤川 芳己 (注)1

10回

10回

(注)1.藤川芳己氏は2020年6月24日開催の第66回定時株主総会において選任され、就任いたしましたので、2020年6月24日以降に開催された監査等委員会への出席状況を記載しております。

2.菅井朗氏は2020年6月24日開催の第66回定時株主総会終結の時をもって退任しており、退任までに開催された監査等委員会への出席状況を記載しております。

 

監査等委員会においては、監査の方針・計画及び監査の方法や監査職務の分担等に関する事項の決定、取締役会や重要な会議等での決議・決定事項等の妥当性、効率性などを幅広く検証しております。また、会計監査人の再任の適否に関する事項や、会計監査人の報酬等に対する同意等、監査等委員会の決議による事項について検討を行っております。

監査等委員は、毎月1回開催される定時取締役会に原則毎回出席し、取締役会の意思決定の妥当性及び適正性を確保するための発言を行うとともに、重要な会議に適宜参加し、意見交換や現状把握を行っております。

また、監査等委員は代表取締役社長や内部監査部門、会計監査人とも、定期的に会合を持ち質疑応答などを実施しております。

 

②内部監査の状況

当社における内部監査は、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置(人員1名)しており、監査等委員会とも連携を図りながら、子会社を含めた各営業施設の内部監査を、業務上の過誤による不測の事態の発生の防止と業務活動の正常な運営と経営効率の向上を目的として、実施しております。

内部監査室は当事業年度内に各営業施設の内部監査を実施し、その監査結果、並びに改善・指導の進捗状態等を代表取締役社長に報告しております。

なお、内部監査、監査等委員会監査及び会計監査の相互連携並びに内部統制部門との関係につきましては、「(2)役員の状況 ③社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係」に記載のとおりであります。

 

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

瑞輝監査法人

 

b.継続監査期間

2010年以降

 

c.業務を執行した公認会計士

公認会計士 大浦 崇志

公認会計士 岡田 友香

 

d.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士 3名

 

e.監査法人の選定方針と選定理由

当社は、会計監査人の選定及び理由につきまして、当社の広範な事業内容に対して効率的な監査業務を実施することができる一定の規範と、審査体制が整備されていること、監査日数、監査期間及び具体的な監査実施要領並びに監査費用が合理的かつ妥当であること、さらに監査実績などにより総合的に判断しております。

 

(会計監査人の解任又は不再任の決定の方針)

監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。

 

f.監査等委員会による監査法人の評価

当社の監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っており、同法人による会計監査は、従前から適正に行われていることを確認しております。また、監査等委員会は会計監査人の再任に関する確認決議をしており、その際には日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき、総合的に評価しております。

 

④監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基

づく報酬(千円)

非監査業務に基

づく報酬(千円)

監査証明業務に基

づく報酬(千円)

非監査業務に基

づく報酬(千円)

提出会社

15,000

11,000

連結子会社

15,000

11,000

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

監査報酬は、監査方法及び監査内容、監査日程等を勘案した上で、当社と監査法人で協議の上、監査等委員会の同意を得て決定しております。

 

e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査等委員会は、監査方法及び監査内容、監査日程等を確認し、検討した結果、会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

 

(4)【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の取締役(監査等委員を除く)の報酬等については、株主総会で承認された取締役(監査等委員を除く)報酬限度額の範囲内で算定しており、取締役会において協議、決定しております。取締役(監査等委員を除く)の個人別の報酬等の内容については、長期的・持続的な企業業績および企業価値の向上を実現させるため職責に相応しい有能な取締役の確保・定着を考慮した報酬水準および報酬体系とすることを基本方針として、職責に応じた基本報酬(固定報酬)のみとしています。当事業年度の個人別の報酬についても、当該方針と整合していることを確認しており、当該方針に沿うものであると判断しております。

また、監査等委員である取締役の報酬等については、株主総会で承認された監査等委員である取締役報酬限度額の範囲内で算定しており、常勤監査等委員と非常勤監査等委員の業務の分担等を勘案し、監査等委員会において協議、決定しております。

2017年6月28日開催の第63回定時株主総会において、取締役(監査等委員を除く)の報酬限度額は年額1億円以内(但し、使用人分は含まない)、監査等委員である取締役の報酬限度額は年額15百万円以内と決議しております。

取締役会は、各取締役の基本報酬の額の決定につき、当時の代表取締役平川真淳に対し委任しております。委任した理由は、当社全体の業績等を勘案しつつ各取締役の担当部門について評価を行うには代表取締役が適していると判断したためであります。

 

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる役員の員数(人)

基本報酬

業績連動報酬等

非金銭報酬等

取締役(監査等委員である取締役を除く)

14,510

14,510

3

取締役(監査等委員)

(社外取締役を除く)

5,400

5,400

1

社外役員

2,400

2,400

3

(注)1.当連結会計年度末の取締役(監査等委員を除く)は9名、監査等委員は3名(うち社外取締役2名)、合計12名であります。

2.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

 

③役員ごとの連結報酬等の総額等

役員ごとの連結報酬等の総額等につきましては、1億円以上を支給している役員はありません。

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、投資株式について、株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に区分しております。

 

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、持続的な成長と社会価値、経済価値を高めるため、業務提携等の経営戦略の一環として、また、取引先及び地域社会との良好な関係を構築し、事業の円滑な推進を図るため必要と判断する企業の株式を保有しております。

当社は、保有意義が薄れたと考えられる政策保有株式については、できる限り速やかに処分・縮減していく方針であります。政策保有の意義を検証しなければならない株式については、取締役会において審議し当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると認められない株式については、株主として相手先企業との必要十分な対話を行います。それでも、改善が認められない株式については、適時・適切に売却します。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

4

26,676

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

65

取引先持ち株会を通じた株式の取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

58

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

中道リース㈱

27,000

27,000

(保有目的)企業間取引の強化

(定量的な保有効果)(注)

11,718

12,096

㈱北洋銀行

31,000

31,000

(保有目的)円滑な金融取引の維持

(定量的な保有効果)(注)

9,920

6,324

セガサミーホールディングス㈱

420

416

(保有目的)営業上の仕入取引を行う上での関係の維持

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)取引先持ち株会を通じた株式の取得

725

547

㈱エコミック

7,200

3,600

(保有目的)事業上の取引関係の維持

(定量的な保有効果)(注)

(株式数が増加した理由)株式分割

4,312

2,757

(注)当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難なため、保有の合理性を検証した方法について記載致します。当社は、2021年3月31日を基準として、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証した結果、現状保有する政策保有株式は保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

 

③保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について瑞輝監査法人による監査を受けております。

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準等に関する情報を入手しております。

また、公益財団法人財務会計基準機構等の研修に参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

※1 898,863

※1 900,903

売掛金

211,094

219,849

商品

25,284

16,255

貯蔵品

25,321

12,584

未収還付法人税等

178,162

17,062

その他

236,434

293,782

貸倒引当金

1,188

1,304

流動資産合計

1,573,973

1,459,134

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

※1,※2 6,306,612

※1,※2 6,580,021

減価償却累計額

4,247,835

4,387,244

建物及び構築物(純額)

2,058,777

2,192,777

機械装置及び運搬具

6,738

5,961

減価償却累計額

6,656

5,700

機械装置及び運搬具(純額)

82

260

アミューズメント機器

41,843

41,843

減価償却累計額

32,447

38,253

アミューズメント機器(純額)

9,395

3,589

工具、器具及び備品

※2 261,696

※2 255,078

減価償却累計額

189,228

192,497

工具、器具及び備品(純額)

72,468

62,581

土地

※1 2,056,724

※1 2,056,724

リース資産

114,172

140,906

減価償却累計額

54,619

39,648

リース資産(純額)

59,553

101,257

建設仮勘定

20,440

29,866

有形固定資産合計

4,277,442

4,447,056

無形固定資産

 

 

のれん

75,107

52,773

その他

※2 60,076

※2 56,522

無形固定資産合計

135,183

109,296

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

21,724

26,676

長期貸付金

91,799

59,647

差入保証金

788,254

796,587

繰延税金資産

12,439

14,240

その他

37,484

41,842

投資その他の資産合計

951,703

938,993

固定資産合計

5,364,329

5,495,345

繰延資産

 

 

社債発行費

29,852

21,858

繰延資産合計

29,852

21,858

資産合計

6,968,155

6,976,339

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

108,016

107,994

短期借入金

1,360,000

1,350,000

1年内償還予定の社債

※1 354,000

※1 287,200

1年内返済予定の長期借入金

※1,※3 298,582

※1,※3 390,734

1年内返済予定の長期未払金

26,009

2,346

リース債務

22,991

24,487

未払金

362,587

499,697

未払法人税等

77,805

74,936

賞与引当金

40,199

32,414

株主優待引当金

23,000

20,900

その他

216,235

200,072

流動負債合計

2,889,426

2,990,784

固定負債

 

 

社債

※1 911,300

※1 624,100

長期借入金

※1,※3 779,175

※1,※3 1,493,624

長期未払金

2,346

-

リース債務

47,589

85,360

繰延税金負債

15,544

16,693

資産除去債務

147,686

173,699

その他

78,842

81,771

固定負債合計

1,982,485

2,475,249

負債合計

4,871,911

5,466,033

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

227,101

227,101

資本剰余金

1,926,351

1,581,362

利益剰余金

59,018

304,537

自己株式

9,684

9,684

株主資本合計

2,084,749

1,494,241

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

11,494

16,064

その他の包括利益累計額合計

11,494

16,064

純資産合計

2,096,243

1,510,305

負債純資産合計

6,968,155

6,976,339

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

 当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

売上高

4,602,982

3,662,367

売上原価

440,352

349,550

売上総利益

4,162,630

3,312,817

販売費及び一般管理費

 

 

給料

1,447,441

1,343,638

賞与引当金繰入額

40,199

32,414

退職給付費用

14,524

13,040

株主優待引当金繰入額

1,943

15,332

水道光熱費

274,072

200,514

地代家賃

491,833

448,762

減価償却費

244,390

211,175

その他

1,472,287

1,318,616

販売費及び一般管理費合計

3,986,693

3,583,495

営業利益又は営業損失(△)

175,937

270,678

営業外収益

 

 

受取利息