EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月17日

【事業年度】

第60期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

株式会社 JALUX

【英訳名】

JALUX Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 社長執行役員  篠原 昌司

【本店の所在の場所】

東京都港区港南一丁目2番70号

【電話番号】

03(6367)8800

【事務連絡者氏名】

財務部長 羽吹 直彦

【最寄りの連絡場所】

東京都港区港南一丁目2番70号

【電話番号】

03(6367)8830

【事務連絡者氏名】

財務部長 羽吹 直彦

【縦覧に供する場所】

株式会社 東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E04761 27290 株式会社JALUX JALUX Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E04761-000 2021-06-17 E04761-000 2016-04-01 2017-03-31 E04761-000 2017-04-01 2018-03-31 E04761-000 2018-04-01 2019-03-31 E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 E04761-000 2017-03-31 E04761-000 2018-03-31 E04761-000 2019-03-31 E04761-000 2020-03-31 E04761-000 2021-03-31 E04761-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:AviationReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:MediaLifeServiceReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:RetailReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:FoodsReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04761-000:AviationReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04761-000:MediaLifeServiceReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04761-000:RetailReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E04761-000:FoodsReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesReciprocalHoldingSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:ShinoharaMasashiMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:MarukawaKiyoshiMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:TateishiOsamuMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:OtaShigeruMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:SaitoYujiMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:MuraiHirotoMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:TaguchiShigeyukiMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:YomoYukariMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:KadonoDaisukeMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:SuzukiSeiichiMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp030000-asr_E04761-000:MatsudaSeitaMember E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row1Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row2Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row3Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row4Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row5Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row6Member E04761-000 2021-06-17 jpcrp_cor:Row7Member E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:DirectorsIncludingOutsideDirectorsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:CorporateAuditorsIncludingOutsideCorporateAuditorsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideCorporateAuditorsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E04761-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:AviationReportableSegmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:AviationReportableSegmentMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:MediaLifeServiceReportableSegmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:MediaLifeServiceReportableSegmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:RetailReportableSegmentMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:RetailReportableSegmentMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:FoodsReportableSegmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:FoodsReportableSegmentMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:AviationReportableSegmentMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:MediaLifeServiceReportableSegmentMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:RetailReportableSegmentMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E04761-000:FoodsReportableSegmentMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E04761-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04761-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E04761-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第56期

第57期

第58期

第59期

第60期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

143,217,913

153,404,093

185,726,096

144,688,049

80,346,673

経常利益又は

経常損失(△)

(千円)

4,222,663

5,166,322

5,094,829

4,738,009

2,426,833

親会社株主に帰属する
当期純利益又は

親会社株主に帰属する

当期純損失(△)

(千円)

2,572,550

2,693,349

2,962,900

3,081,085

2,366,350

包括利益

(千円)

2,830,521

2,952,042

3,348,516

3,372,526

2,608,533

純資産額

(千円)

21,445,194

23,634,536

26,051,302

28,046,611

24,685,509

総資産額

(千円)

43,934,917

49,013,432

56,887,000

60,844,741

52,276,023

1株当たり純資産額

(円)

1,583.80

1,737.48

1,908.38

2,083.12

1,855.93

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

203.48

213.02

234.34

243.69

187.16

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

203.46

自己資本比率

(%)

45.6

44.8

42.4

43.3

44.9

自己資本利益率

(%)

13.6

12.8

12.9

12.2

9.5

株価収益率

(倍)

13.2

14.6

10.8

6.2

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,906,279

2,442,608

4,463,404

1,488,476

3,825,667

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,936,049

1,708,905

706,170

2,744,356

592,282

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

948,279

936,873

5,211,207

1,418,538

917,039

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

6,213,875

6,021,572

6,043,301

6,171,679

8,462,892

従業員数

(人)

1,147

1,199

1,289

1,178

1,247

[外、平均臨時雇用者数]

1,290

1,186

1,136

1,105

492

 

(注) 1.売上高には消費税等は含まれていません。

2.第57期、第58期及び第59期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。第60期においては、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載していません。

3.第60期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載していません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第56期

第57期

第58期

第59期

第60期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

123,280,811

130,967,937

160,744,947

121,821,492

71,272,914

経常利益

(千円)

2,898,019

3,048,351

2,812,058

3,775,484

668,951

当期純利益

(千円)

2,021,443

1,428,955

1,898,170

3,024,932

381,999

資本金

(千円)

2,558,550

2,558,550

2,558,550

2,558,550

2,558,550

(発行済株式総数)

(株)

(12,775,000)

(12,775,000)

(12,775,000)

(12,775,000)

(12,775,000)

純資産額

(千円)

14,557,840

15,281,226

16,532,011

18,728,070

18,597,834

総資産額

(千円)

34,080,372

37,366,448

45,039,283

49,482,358

42,011,401

1株当たり純資産額

(円)

1,150.68

1,207.86

1,306.74

1,480.33

1,470.03

1株当たり配当額

(円)

50

55

65

50

(うち1株当たり
中間配当額)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

159.79

112.95

150.04

239.10

30.19

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

159.78

自己資本比率

(%)

42.7

40.9

36.7

37.8

44.3

自己資本利益率

(%)

14.7

9.6

11.9

17.2

2.0

株価収益率

(倍)

16.8

27.5

16.8

6.3

54.1

配当性向

(%)

31.3

48.7

43.3

20.9

従業員数

(人)

319

337

353

361

376

[外、平均臨時雇用者数]

63

65

46

48

36

株主総利回り

(%)

126.0

148.2

124.1

79.7

85.5

(比較指標:配当込み
TOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

2,860

3,365

3,245

2,936

1,950

最低株価

(円)

1,576

2,302

2,359

1,249

1,300

 

(注) 1.売上高には消費税等は含まれていません。

2.第57期、第58期、第59期及び第60期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。

3.第60期の1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載していません。

4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものです。

 

 

2 【沿革】

提出会社は1962年3月28日、日本航空㈱の子会社として、航空運送に付帯する事業を総合的に開発する事を目的として設立されました。

提出会社はこれらの事業によって実力を養成し、航空関連の商社、調達機能を軸とし、一般市場にも対象を広げ、事業の多角化・国際化を積極的に推進しています。

 

1962年3月

資本金200万円をもって東京都中央区銀座に航空商事㈱として設立、損害保険代理店業、不動産業、物品売買業を開始

1962年10月

喫茶店業を開始

1963年4月

印刷事業を開始

1963年10月

社名を日航商事㈱に変更

1963年10月

清掃事業を開始

1964年4月

クリーニング事業を開始

1964年4月

大阪営業所開設土産物売店を開設

1964年5月

建築事業を開始

1965年6月

福岡営業所開設

1966年12月

札幌営業所開設

1971年8月

成田駐在員事務所開設

1972年4月

1948年12月30日設立の日航商事㈱(別法人)に吸収合併、株式額面を500円から50円に変更

1972年4月

ロンドンに新会社NIKKO-HILLIER INTERNATIONAL TRADING
CO., LTD.を設立

1972年4月

鹿児島営業所開設

1975年4月

航空機材関連事業を開始

1975年4月

沖縄支店開設

1982年4月

ロスアンゼルスに新会社JAL ENTERPRISES INC.(現・JALUX
AMERICAS, Inc.[現・連結子会社])を設立

1984年4月

酒類販売業免許を取得、輸入ワイン販売事業を開始

1984年12月

宝飾事業を開始

1987年12月

スポーツ事業を開始

1988年7月

ハワイに新会社JAL TRADING HAWAII,INC.を設立

1990年3月

50円額面株式2株を50円額面株式1株に併合

1991年6月

㈱日航商事ショップサービス北海道(現・㈱JALUXエアポート[現・連結子会社])を設立

1992年7月

ジャル・ディー・エフ・エス・デューティーフリーショッパーズ㈱(現・㈱JAL-DFS[現・連結子会社])へ資本参加

1993年9月

羽田空港支店開設

1994年9月

関西空港支店開設

1996年7月

本社所在地を東京都品川区東品川2丁目(JALビル内)に移転

1996年11月

上海に上海駐在員事務所を設立

1997年11月

日本航空厚生施設センター設立

1999年2月

バンコクに新会社JAL TRADING ASIA CO., LTD.(現・JALUX ASIA Ltd.[現・連結子会社])を設立

1999年6月

50円額面株式2株を50円額面1株に併合

2001年3月

社名を㈱ジャルックスに変更

2001年6月

定款上の商号を ㈱JALUXに変更

2002年2月

㈱東京証券取引所市場第二部上場

2002年4月

国内営業支店の廃止(事業本部内に統合)

2003年9月

ウィーンにJALUX EUROPE Ltd., Vienna Branch(PLAZA
Wien JALUX)を開設

2004年1月

㈱ジェイエイエストレーディングと合併

2004年3月

㈱東京証券取引所市場第一部銘柄指定

2004年4月

㈱創生事業団と合弁で㈱JALUXライフデザインを設立

2005年2月

名古屋空港支店を移転し、名称を中部空港支店に変更

2005年12月

上海に新会社JALUX SHANGHAI Co., Ltd.(現・連結子会社)を設立

 

 

2006年2月

新北九州空港開設に伴い、福岡空港支店北九州空港店を移転

バンコクに新会社JALUX ASIA SERVICE Ltd.(現・連結子会社)を設立

2006年2月

大阪空港支店神戸空港店を開設

2006年7月

香港に新会社JALUX HONG KONG Co., Ltd. を設立

2007年3月

株式譲渡により筆頭株主が異動(双日㈱30%、㈱日本航空21%)

2007年11月

㈱アップフロントグループと合弁で㈱UJプランニングを設立

2008年10月

㈱JALUX保険サービス(現・連結子会社)を設立

2008年11月

バンコクに新会社JALUX ASIA RECRUITMENT Ltd.(現・連結子会社)を設立

2009年2月

㈱主婦の友ダイレクトの株式を取得

2009年10月

バンコクに新会社SIAM JALUX Ltd.を設立

2010年8月

本社所在地を東京都品川区東品川3丁目(I・Sビル内)に移転

2011年3月

㈱JALUXトラスト(現・連結子会社)を設立

2011年4月

ロンドンに欧州事務所を開設

2011年9月

日本空港ビルデング㈱と合弁で日本エアポートデリカ㈱(現・連結子会社)を設立

2012年7月

大阪市浪速区に西日本支社を開設

2013年2月

ミャンマーにヤンゴン駐在員事務所を開設

2013年6月

㈱JALUXフレッシュフーズ(現・連結子会社)を設立

2013年7月

Taniyama Siam Co., Ltd.、Advance Agriculture

Co., Ltd.の株式を取得

2014年5月

ロスアンゼルスにAqua Patch Road Materials, L.L.C.を設立

2014年6月

ベトナムにハノイ駐在員事務所を開設

2015年4月

バンコクにJRE DEVELOPMENT Co., Ltd.(現・連結子会社)を設立

2015年7月

グレンフィールド㈱(現・㈱JALUX STYLE[現・連結子会社])、グレンチェック㈱の株式を取得

シンガポールにJALUX SINGAPORE PTE. LTD.(現・連結子会社)を設立

2015年9月

ハノイにJALUX TASECO DUTY FREE Co., LTD.を設立

2016年4月

㈱ティエリー・マルクス・ジャパンを設立

2016年5月

米国コネチカット州ハートフォードにJALUX AMERICAS, Inc.Hartford Branchを開設

2016年6月

本社所在地を現在の東京都港区港南1丁目(品川シーズンテラス)に移転

2017年5月

ダナンにJALUX TASECO DUTY FREE Co.,Ltd.の免税店舗を開設

2018年3月

バンコクにJ VALUE CO.,LTD.(現・連結子会社)を設立

2019年1月

バンクーバーにJALUX CANADA,INC.(現・連結子会社)を設立

2019年6月

ラオスにJALUX AMZ DUTY FREE CO.,LTD(現・連結子会社)を設立

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社65社(うち連結子会社20社)、関連会社7社(うち持分法適用関連会社6社)で構成され、国内及び海外における各種の商品売買をはじめとする多角的な事業を展開しています。

当社グループ各事業の主な商品及び販売形態等は次のとおりです。

セグメント名

主な取扱商品及びサービスの内容

主要な関係会社名

航空・空港事業

航空機、航空機部品、特殊車両、航空客室用品

JALUX AMERICAS, Inc.

JALUX SINGAPORE PTE. LTD.

ライフサービス事業

保険、不動産、施設管理、介護サービス、機械・資材、

環境関連設備資材、生活資材、印刷・用紙資材

㈱JALUX保険サービス

㈱JALUXトラスト

JALUX SHANGHAI Co., Ltd.

JRE DEVELOPMENT Co., Ltd.

リテール事業

航空機内販売品、雑貨、贈答用食品、通信販売、

空港店舗・免税店舗の運営

㈱JALUXエアポート

㈱JAL-DFS

㈱JALUX STYLE

JALUX AMZ DUTY FREE CO.,LTD.

フーズ・
ビバレッジ事業

農水産物、畜産物、加工食品、ワイン、食料品製造

日本エアポートデリカ㈱

JALUX ASIA Ltd.

㈱JALUXフレッシュフーズ

J VALUE CO.,LTD.

 

 

(1) 航空・空港事業

航空関連企業を中心とする一般企業を主な対象として、航空機、航空機部品(エンジン部品等含む)、特殊車両、整備用機材、空港用地上機材、航空客室用品の販売及び業務受託を行っています。

 

(2) ライフサービス事業

一般消費者や一般企業を主な対象として、損害・生命保険代理店・保険代理店BPO事業*、ファイナンシャルプランニング、不動産の販売・分譲・仲介・賃貸・施設管理、介護サービス、機械・資材、環境関連設備資材、生活資材、印刷・用紙資材の販売を行っています。

* 保険代理店BPO(Business Process Outsourcing)事業:個人向け保険業務の一環である顧客サービス業務(契約手続きやコールセンター業務など)の一部を受託する事業

 

(3) リテール事業

航空旅客を対象とした機内販売、航空旅客及び一般消費者を対象とした通信販売、服飾・雑貨、贈答用食品等の企画・販売を行っています。

また、国内主要空港において㈱JALUXエアポートによる「BLUE SKY(売店・レストラン)」、㈱JAL-DFSによる「JAL DUTYFREE(免税店)」などの店舗運営を行っています。

 

(4) フーズ・ビバレッジ事業

一般消費者や一般企業を主な対象として、農水産物(農畜産物、水産物)、加工食品、機内食関連、ワイン等の酒類の企画・販売、ならびに弁当・惣菜類等の食料品製造を行っています。

 

事業の系統図は次のとおりです。

 


 

連結子会社

JALUX AMERICAS, Inc.

貿易業

JALUX ASIA Ltd.

貿易業

㈱JAL-DFS

免税販売店業

㈱JALUXエアポート

物品及び飲食品販売業

JALUX SHANGHAI Co., Ltd.

貿易業

JALUX ASIA SERVICE Ltd.

乗員輸送業及び店舗運営の受託

JALUX ASIA RECRUITMENT Ltd.

人材紹介業

㈱JALUX保険サービス

保険代理店業、ファイナンシャル・コンサルティング業

㈱JALUXトラスト

不動産業、賃貸管理業、介護サービス業

日本エアポートデリカ㈱

食料品製造業

㈱JALUXフレッシュフーズ

農産物輸入販売業

JRE DEVELOPMENT Co., Ltd.

不動産業

AERO ASSET Co., Ltd.

不動産業

B SKY Co., Ltd.

不動産業

EEZ CONTINENTAL Co., Ltd.

不動産業

㈱JALUX STYLE

雑貨類企画開発及び輸入販売業、通信販売業

JALUX SINGAPORE PTE. LTD.

航空機関連アセットマネジメント業

J VALUE CO., LTD.

食品販売業

JALUX AMZ DUTY FREE CO., LTD.

免税販売店業

JALUX CANADA, INC.

菓子販売店業

 

 

 

非連結子会社

JALUX V LOTUS Co., Ltd.

物品販売業

㈱SKYLUX73NJ

航空機関連業

他43社

 

 

 

関連会社

※東京航空クリーニング㈱

クリーニング、リネンサプライ業

※三栄メンテナンス㈱

ビル清掃業、施設管理業、警備業

㈱オーエフシー

 

旅客運賃、貨物料金及び発着時刻に関するコンサルタント業務

※LAO JAPAN AIRPORT TERMINAL SERVICES Co., Ltd.

ワッタイ国際空港内ターミナルビルの運営・管理

※MC-Jalux Airport Services Co., Ltd.

マンダレー国際空港の運営

※JALUX TASECO DUTY FREE Co., LTD.

免税販売店業

※J.SWEETS STORE PARTNERSHIP

菓子販売店業

  ※は持分法適用会社

 

 

 

その他の関係会社

双日㈱

総合商社

日本航空㈱

航空運送業

 

 

 

4 【関係会社の状況】

会社名

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

(注)1

議決権の所有
割合(%)

関係内容

その他の関係会社

 

 

 

 

 

双日㈱

(注)2,3

東京都千代田区

160,339,621

総合商社

22.2

販売商品の購入

役員の兼任

日本航空㈱

(注)2,3

東京都品川区

273,200,000

航空運送業

21.5

航空関連用品の販売及び調達業務受託

役員の兼任

連結子会社

 

 

 

 

 

JALUX AMERICAS, Inc.

(注)4

米国

ロスアンゼルス

USD

5,000,000

航空・空港事業

フーズ・ビバレッジ事業

100.0

航空機部品及び航空客室用品の購入

JALUX ASIA Ltd.

タイ国

バンコク

THB

24,000,000

リテール事業

フーズ・ビバレッジ事業

85.0

販売商品の購入

資金の援助

㈱JAL-DFS

(注)4

千葉県成田市

300,000

リテール事業

60.0

免税品の販売

役員の兼任

㈱JALUXエアポート

東京都港区

15,000

リテール事業

100.0

フランチャイズ契約による店舗運営委託及び物品及び飲食品販売

役員の兼任

JALUX SHANGHAI Co., Ltd.

中国

上海

CNY

8,060,800

ライフサービス事業

フーズ・ビバレッジ事業

100.0

販売商品の購入

JALUX ASIA SERVICE Ltd.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

2,000,000

航空・空港事業

100.0

[100.0]

店舗運営の委託

JALUX ASIA RECRUITMENT Ltd.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

2,000,000

航空・空港事業

100.0

[100.0]

なし

㈱JALUX保険サービス

東京都品川区

80,000

ライフサービス事業

100.0

保険代理店業の協業

㈱JALUXトラスト

東京都大田区

139,000

ライフサービス事業

100.0

施設管理委託及び介護施設の賃貸

日本エアポートデリカ㈱

東京都大田区

100,000

フーズ・ビバレッジ事業

51.0

弁当・惣菜類等の購入

原料販売

㈱JALUXフレッシュフーズ

東京都品川区

50,000

フーズ・ビバレッジ事業

100.0

農産物の販売

JRE DEVELOPMENT Co., Ltd.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

27,780,000

ライフサービス事業

100.0

[100.0]

資金の援助

債務保証

AERO ASSET Co., Ltd.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

830,000

ライフサービス事業

100.0

[100.0]

なし

B SKY Co., Ltd.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

830,000

ライフサービス事業

100.0

[100.0]

なし

EEZ CONTINENTAL Co., Ltd.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

830,000

ライフサービス事業

100.0

[100.0]

なし

㈱JALUX STYLE

東京都大田区

20,000

リテール事業

100.0

雑貨類の購入

資金の援助

JALUX SINGAPORE PTE. LTD.

(注)4

シンガポール国

シンガポール

USD

5,054,590

航空・空港事業

100.0

航空機売却の協業

債務保証

J VALUE CO., LTD.

(注)5

タイ国

バンコク

THB

44,440,000

フーズ・ビバレッジ事業

62.5

[51.0]

販売商品の販売

債務保証

JALUX AMZ DUTY FREE CO., LTD.

(注)5

ラオス国

ビエンチャン

KIP

13,097,010,000

リテール事業

66.0

[15.0]

免税品の販売

JALUX CANADA, INC.

(注)5

カナダ国

バンクーバー

USD

330,000

リテール事業

100.0

[100.0]

なし

 

 

会社名

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

(注)1

議決権の所有
割合(%)

関係内容

持分法適用関連会社

 

 

 

 

 

東京航空クリーニング㈱

東京都大田区

40,000

航空・空港事業

30.0

サービスの委託

三栄メンテナンス㈱

千葉県山武郡

45,000

ライフサービス事業

28.6

施設の保守管理、清掃等の業務委託

LAO JAPAN AIRPORT TERMINAL SERVICES Co., Ltd.

ラオス国

ビエンチャン

KIP

8,424,255,000

航空・空港事業

20.8

空港ターミナルビルの運営、空港車両等の販売

MC-Jalux Airport Services

Co., Ltd.

ミャンマー国

マンダレー

USD

4,000,000

航空・空港事業

45.5

マンダレー国際空港の運営、空港車両等の販売

JALUX TASECO DUTY FREE Co., LTD.

ベトナム国

ハノイ

VND

36,550,000,000

リテール事業

49.0

免税品の販売

J.SWEETS STORE PARTNERSHIP

(注)5

カナダ国

バンクーバー

USD

600,000

リテール事業

50.0

[50.0]

なし

 

(注) 1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。(その他の関係会社を除く)

2.有価証券報告書を提出しています。

3.議決権の所有割合は、被所有割合を示しています。

4.特定子会社に該当します。

5.議決権の所有割合の[   ]内は間接所有割合で内数です。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

航空・空港事業

81

[  8

ライフサービス事業

231

78

リテール事業

646

287

フーズ・ビバレッジ事業

152

118

全社(共通)

137

[  1

合計

1,247

492

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当社グループから外部への出向者は除き、外部からの出向者を含む)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員)は、[ ]内に当連結会計年度の平均人員(年間総労働時間÷1日の所定労働時間により人員数を算出)を外数で記載しています。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものです。

3.フーズ・ビバレッジ事業において、臨時雇用者数が前連結会計年度に比べ319人減少しておりますが、主な理由は、前連結会計年度にTaniyama Siam Co., Ltd.の全株式を売却したことによるものです。

4.リテール事業において、臨時雇用者数が前連結会計年度に比べ275人減少しておりますが、主な理由は、空港店舗の休業により営業時間を短縮し、年間総労働時間が減少したことによるものです。

 

(2)提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

376

36

42.1

14.7

7,013,394

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

航空・空港事業

56

8

ライフサービス事業

65

3

リテール事業

83

20

フーズ・ビバレッジ事業

63

4

全社(共通)

109

1

合計

376

36

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員)は、[ ]内に当事業年度の平均人員(年間総労働時間÷1日の所定労働時間により人員数を算出)を外数で記載しています。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものです。

3.平均年間給与(税込)は、基準外給与及び賞与を含んでいます。

 

(3) 労働組合の状況

提出会社には、JALUX UNIONがあります。

① 組合員数(2021年3月31日現在)

235名

② 上部団体への加入状況

航空連合

③ 労使間の状況

労使間は極めて安定しています。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針

Ⅰ.企業理念

「幸せづくりのパートナー ~人に社会に環境に、もっと豊かな輝きを~」

 

Ⅱ.企業文化

「“Challenge & Change”
  環境の変化をいち早く捉え、新たな領域を切り拓いて、自ら進化させていく。」

 

Ⅲ.事業コンセプト

「航空分野で培われた『安心』『安全』を礎として、高品質で独自性のある事業・商品・サービスを創造する。」

 

Ⅳ.経営姿勢

お客様に常に良質な商品・サービスを提供していくことにより会社を発展させ、その発展に伴い育成された長期安定的な成長力により企業基盤を強化し、お客様・株主・社員・社会への利益還元を図ります。

1.お客様中心:

お客様の満足の為に努力し、信頼される「幸せづくりのパートナー」を目指します。

2.株主重視:

株主の皆様との長期的な関係を構築し、安定的な利益還元を図ります。

3.社員の幸せを大切に:

社員と家族の幸せを大切にし、働きがいと誇りの持てる環境をつくります。

4.企業の社会的責任:

コンプライアンス順守を基本に環境保護、社会貢献へ積極的に取り組み、CSRを重視した事業活動に努めます。

 

(2) 目標とする経営指標

いわゆる「コロナ危機」の長期化により、持続的成長を実現する蓋然性の高い成長戦略を策定するため、中期経営計画のスタートを1年ずらし、2022年度を初年度とすることとしました。そのため、翌連結会計年度につきましては従来経営指標として掲げていた「ROE」「ROA」の目標は設定せず、経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益のみとしております。

なお、次の中期経営計画においては資本コスト経営を目指して改めて経営指標の設定を検討してまいりますが、すでに管理会計制度においてはWACCをベースとした社内金利制度や個別投資案件ごとのハードルレートの設定などを行っております。

* 2021年度の目標値(連結経常利益2億円、親会社株主に帰属する当期純利益1億円)

 

(3) 中長期的な会社の経営戦略

当社グループは、当連結会計年度が前中期経営計画の最終年度であったため、本来であれば翌連結会計年度を初年度とする新たな中期経営計画を策定し開示すべきと認識しております。しかしながら、いわゆる「コロナ危機」の長期化により、持続的成長を実現する蓋然性の高い成長戦略を策定するため、中期経営計画のスタートを1年ずらし、2022年度を初年度とすることとしました。よって、翌連結会計年度につきましては単年度の計画のみを公表し、まずは事業継続性の確保に努めるとともに、次の中期経営計画策定に向け収益構造改革に注力致します。

なお、次期中期経営計画においては、「(5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題」においても記載しているイノベーション推進とサステナビリティ推進を成長ドライブの両輪と位置付けて、当社グループの更なる成長に向けて取り組んでまいります。

 

(4) 経営環境

当連結会計年度におきましては、世界中で拡大した新型コロナウイルス感染症が経済や人々の日常生活に甚大な影響を及ぼしました。そして現在も新たに新型コロナウイルス変異株の脅威が生じるなど、未だ事態の終息が見通せない状況が続いています。日本国内においても、3度の緊急事態宣言発出などにより、人々の移動や接触は著しく制限されました。このような環境は、航空・空港ビジネス領域を中心に事業を展開する当社グループにとって大変厳しいものと認識しており、引き続きこうした厳しい環境が続くものと考えております。

一方で、リモートワークの普及が加速し、日常生活においても人々の外出が控えられたことから、消費者の在宅での購買意欲の高まりが見られました。当社グループにとっても関連する事業においては追い風となる環境と認識しております。

このような環境認識の下、当社グループとしてポストコロナの更なる成長に向けた施策を実施してまいります。施策の詳細につきましては、「(5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題」をご参照下さい。

 

(5) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

当社グループは「幸せづくりのパートナー」という企業理念の下、航空・空港ビジネス領域を中心に事業を展開しておりますが、いわゆる「コロナ危機」の長期化により、2020年度決算は多大な損失を計上することになりました。2021年度においても、その動向は未だ予断を許さず、経営計画に大きな負のインパクトとなり得る脅威と捉えております。そのため、以下の課題に取り組んでまいります。

 

① 収益構造改革の加速
 当社グループの航空・空港ビジネス領域は人の移動や接触を大きく制限する新型コロナウイルス感染症拡大が長期化する中、多大な影響を受けておりますが、コロナワクチンの量的確保と接種のスピードアップが進み、徐々にではありますがコロナ前の日常が戻ってくるものと認識しております。当社グループは、ポストコロナに向け、イノベーション推進によるさまざまな変革に取り組むと同時に、「コロナ危機」リスクに対する耐性の高い事業領域である“非航空・空港ビジネス”の更なる推進・強化に取り組むことにより、航空・空港ビジネス領域への集中リスクを低減させる事業ポートフォリオを構築することで、当社の収益構造改革を加速させます。具体的な取り組みは、以下のとおりです。

 

・リテール事業におけるデジタルテクノロジーの導入(航空・空港ビジネス領域)

 当社グループが大きな強みを持つ航空・空港ビジネス領域においては、インバウンドの急激な増大、そして、航空機・空港需要の拡大というトレンドを大いに享受して、国内空港物販店、国内・海外免税店、航空機部品、エンジンリース、海外空港運営事業などのビジネスを展開してまいりました。これらの領域は「コロナ危機」の影響を大きく受けておりますが、ポストコロナを視野に入れ、既存の優良ビジネスの復活・再生を行うと同時に、技術イノベーションの積極的な導入とビジネスモデル変革によって、収益性向上と市場シェア拡大の両方を目指します。具体的には、当社グループで展開している空港物販店、国内・海外免税店等のリアル店舗と通販事業「JALショッピング」などのECサイトにおいて、積極的にデジタルテクノロジーを導入し、航空旅客を中心とした当社顧客へ提供する付加価値の最大化を図ります。

 

・非航空・空港ビジネス領域の更なる推進・強化-地方創生プロジェクト

 「コロナ危機」においても、水産物、農産物、ワインなどの輸入販売、輸出販売、国内販売や大手百貨店との良好な関係を基盤とするビジネスなど多岐に亘る食品事業は、不動産投資事業や保険サービス事業と共に比較的堅調に推移しました。当社グループは将来のウイルス感染パンデミックリスクに対する抵抗力を高めるために、当社グループが長年に渡り築き上げてきた経営資源が豊富に存在する食品事業に注力する方針を決定しました。特に、地方創生プロジェクトとして、「食」を通じた持続的な地域経済の発展とサステナビリティに直結するビジネスを地方自治体や有力小売事業者とのパートナーシップ戦略により多角的に取り組んでおります。昨年11月にはふるさと納税サービス(JALふるさと納税)も開始いたしました。引き続き、当社が信頼関係を築いてきた日本全国の「生産者の顔が見える」食材を大都市圏に供給するとともに、これらの食材を活用した当社独自の食品開発を進めてまいります。

 

② イノベーション推進
 当社グループのビジネスを取り巻く環境変化のスピードがますます加速する中、その変化にタイムリーに対応することでスピード感を持って進化していくという強い意志の下、経営の意思を反映させるステアリングコミッティとしてイノベーション推進委員会を設置いたしました。また、従来の縦割り組織に捉われない全社横断的なイノベーション推進チームも組成し、さまざまなアイデアを駆使して、オペレーション上の工夫といった身近なものから、既存ビジネスの派生・融合領域への展開に向けた新たなバリューチェーン構築や事業投資、フードテックやヘルスケアといったビジネス領域での事業開発やベンチャー投資等へ引き続き挑戦してまいります。(当連結会計年度はフード関連のベンチャー投資ファンドに出資)

 

③ サステナビリティ推進

 当社グループは、地球規模の気候変動問題への取組など持続可能な社会の実現が、企業活動の大前提であることを認識し、サステナビリティ推進を経営戦略や事業戦略に組み込むよう取り組んでまいります。当連結会計年度は役社員、社外専門家などを中心にアンケート、ディスカッションを行い、5つのマテリアリティを特定しました(詳細は後述ご参照)。翌連結会計年度は特定した5つのマテリアリティ達成に向けた具体的な活動計画を策定するとともに、長期的な目線でサステナビリティの考え方が企業文化レベルにおいても深く浸透されて行くよう取り組んでまいります。

 

④ 事業継続性の確保
 当社グループは、不透明な事業環境が続く中、健全な財務体制を維持すべく、金融機関からの借入やコマーシャル・ペーパーの発行など、複数の資金調達手段を確保しております。また、大規模な自然災害や事故災害をはじめとする事業活動に多大な影響を及ぼす懸念のある事象に対応するため、既存体制のシステム整備を継続し、定期的にその有効性を評価することで、事業継続性をより確実なものとする仕組みを引き続き強化してまいります。また、当社が事業継続する上で最も重要な人的リソースの確保に向けて、持続的成長に資する人材育成を行っていくとともに、より社員が働きやすい環境を作るために、テレワーク、フリーアドレス、時短勤務などの働き方改革を継続して推進してまいります。

 

ご参考

 

JALUXグループのマテリアリティ(サステナビリティ重要課題)

 

 当社グループがサステナビリティ経営を推進するにあたり、多岐にわたる社会課題の中から当社グループとして優先的に取り組むべきテーマ「マテリアリティ」を、2021年3月31日開催の取締役会にて以下のとおり特定しました。今後、それぞれの課題において具体的な活動やKPI(Key Performance Indicator)を定め、PDCAサイクルを実行しながら取組みを進めてまいります。

マテリアリティ

 

気候変動への対応と

循環型社会の実現

 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

地球規模の共通課題に対応し、航空・空港をはじめJALUXグループが携わるすべての事業領域において、ステークホルダーと協力しながらサプライチェーン全体を通じた2050年カーボンニュートラル・脱炭素社会と循環型社会の実現を目指していきます。

 

地域社会に貢献し、

豊かな未来を実現

 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 

 

JALUXグループが長年培ってきた全国ネットワークを活かし、各地の産品をより多くの消費者に届けることや、国内のさまざまな地域において持続可能な生産体制づくりの支援などを行うことで、地域社会と共に成長していきます。

 

「食」を通じた

社会課題の解決

 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

原料調達から製造・流通・販売というサプライチェーン全体で事業を展開するJALUXグループの強みを活かし、各工程において、食の安全、フードロス、エシカル消費、持続可能な食料供給など、食に関わる社会課題の解決に取り組んでいきます。

 

人権の尊重、人材育成とダイバーシティ&インクルージョンの推進

 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 


 


 

 

 

 

すべての企業活動において人権を尊重します。また、多様な人材が個々の能力を最大限に発揮して新たな価値を生み出せるように、人材の育成に取り組んでいきます。

 

すべてのステークホルダーの信頼に応える基盤の構築

 

 

 


 


 

 

 

 

経営の透明性を追求し、コンプライアンスの徹底に基づく誠実な姿勢で、安全かつ高品質な商品・サービスの提供に最善を尽くしていきます。

 

 

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの事業その他に関するリスクとして投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる事項には以下のようなものがあります。

なお、文中における将来に関する情報は、別段の記載がない限り、当連結会計年度末日(2021年3月31日)現在における当社グループの判断、目標、一定の前提または仮定に基づく予測等であり、多くの要因によって実現しない可能性があります。

 

① 航空旅客数の影響について

当社グループは、航空・空港周辺事業で培った専門性やノウハウ、事業品質等を通じて航空関連事業を基軸とした事業領域で多彩なビジネスを展開しているため、航空旅客数に大幅な変動が生じた場合には、当社グループの主に以下の事業の業績に影響を及ぼす可能性があります。

機内販売事業、空港店舗事業、空港免税店舗事業、航空機エンジン部品販売事業、航空機エンジンリース事業、

海外空港運営事業、食料品製造業

 

② 日本航空(JAL)グループとの関係について

当社は、日本航空㈱の関連会社であり、JALグループ企業に対して、物品の販売及び業務受託を行っています。また、日本航空の「JAL」ブランドを事業上有効に活用するとともに、商品・サービス等の品質に基づく顧客との信頼関係を基盤に事業展開を行っています。今後JALグループとの取引関係に大きな変化が生じた場合に、また、これらの信用力やブランド認知に変化が生じた場合は、当社グループの主に以下の事業の業績に影響を及ぼす可能性があります。

機内販売事業、空港店舗事業、空港免税店舗事業、通信販売事業、ワイン事業

 

③ 新規事業展開及び事業投資について

当社では、基幹事業育成のため、新会社の設立や既存会社への出資等の事業投資を実施しています。かかる投資決定に際しては、社内主要メンバーによる専門的見地からのリスク分析と収益性を検討する「投融資審査会」等を通じ、定性・定量の両面から評価を実施し、当該投資の可否を決定する牽制機能を設けています。

投資の実行については、案件の規模や重要性に応じて、投融資審査会、経営戦略会議、取締役会により意思決定しており、戦略上の位置付けや案件選定の背景など諸条件について深く議論しています。また、事業撤退基準を定め、投資実行後も定期的にその事業性と投資価値の評価・見直しを行うことで、損失の極小化に努めています。

しかしながら、事業環境及び経済環境の変化等により、これらの事業投資が計画どおりに進捗せずに、所期の目的を達成できない場合があります。また、当該案件からの撤退等に伴って損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

④ 食品の安全性、及び食品等販売に伴うリスク

当社グループでは、弁当・惣菜等の製造、生鮮・加工を含む食料品や機内食の販売、また空港店舗等にて飲食店の運営、介護サービス業における飲食サービスの提供等を行っています。食品の安全性については、専門組織により食品の品質管理基準を策定し、食品事故発生の未然防止に努めるとともに、不測の事態に備え「食品事故防止対応マニュアル」を作成し、周知するなどの組織的取り組みにより食品の品質管理体制の強化に努めています。しかし、万が一、食品の安全・安心に関しこれらの取り組みの範囲を超える事象が生じた場合には、社会的信用と企業イメージの失墜、個人への賠償、行政処分等により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

また、当社グループにおいては法令等の遵守を行動指針として定めておりますが、2020年6月1日の改正食品衛生法施行に伴う「HACCPに沿った衛生管理の制度化」、また、以降の法令等の改廃、政策決定等により、取り組みの範囲を超える事象が生じた場合には、当社グループの業績や、企業ブランド価値に影響を及ぼす可能性があります。

ASEANを中心とした世界各国への食品の輸出については、後述のカントリーリスクの顕在化により、当社グループの業績及び企業ブランド価値に影響を及ぼす可能性があります。

上記の影響を受ける事業は主に以下のとおりです。

食料品製造業、食品販売業、貿易業(食品)、空港店舗事業、贈答用食品事業、通信販売事業(食品)、

介護サービス業

 

 

⑤ 市況変動に関するリスク

当社グループは、航空・空港、ライフサービス、リテール、フーズ・ビバレッジの4つの領域にて、事業を展開しておりますが、国内及び世界における経済情勢の変化、顧客の需要変化、気候変動等により、事業コストが増大する、或いは当社グループが提供する商品、サービスの価格に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループが購入する商品、資材等の一部には、需要予測を見越して、先行して在庫を保有する場合があります。

また、水産物をはじめ一部市況商品については、社内組織単位及び商品ごとにポジション枠を設け、併せて、ロスカットポイントを用いることで損失限度管理を行っていますが、これらの対応を行っても価格変動リスクを完全に回避できるものではなく、予期せぬ市況変動により滞留在庫やたな卸資産評価損が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑥ 個人情報の管理について

当社グループでは、営業活動に伴って顧客から入手した個人情報を保有・管理しておりますが、国際標準規格ISO27001に準拠した「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」を構築し、第三者の審査機関による審査を毎年受けることで、情報セキュリティが適切に行われていることを確認するなど、法令の遵守とかかる情報の外部漏洩について組織的な取り組みにより細心の注意を払っています。しかし、万が一、当社グループが扱う個人情報が漏洩した場合には、社会的信用と企業イメージの失墜、個人への賠償、行政処分等により当社グループの主に以下の事業の業績に影響を及ぼす可能性があります。

通信販売事業、保険代理店BPO事業

 

⑦ 資金調達について

当社は、外部格付機関から格付を取得していますが、当社グループの債券格付けが引き下げられた場合、また、世界的な経済状況の変化により、資金調達が計画どおりに実施できない、もしくは資金調達コストが上昇する場合は、当社グループの業績及び財政状態に重要な影響を及ぼす可能性があります。 また、事業資金の効率的かつ安定的な調達を図るため、翌年度資金計画に基づき適切な金額を設定し取引金融機関数行との間で複数のコミットメントライン契約を締結しています。当該契約には一定の財務制限条項が付されており、当該条項に抵触した場合には、期限の利益を喪失し、当社の資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。

 

⑧ 為替変動リスク

当社グループの連結決算には、海外の連結子会社・持分法適用関連会社の損益も組み込まれています。当該企業から当社への財務諸表等の各報告通貨を日本円に換算する時点の為替変動により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また当社グループは取引から発生する為替リスクを最小限に抑えるため、原則取引と紐づけて為替予約を締結し、為替リスクをヘッジしていますが、予測を超えた為替変動が当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑨ カントリーリスク

当社グループでは、諸外国からの商品の輸入や米国・英国・中国・タイ・シンガポールなどの当社グループ進出国での商品販売やサービスの提供、ベトナム・ラオス・ミャンマーの国際空港における免税店運営や空港施設運営など、海外で取引を行っており、各国政府による税制改正や法令改正、規制強化、政治的、経済的な不安定さなどの要素により、これらの事業に影響を与える可能性があります。これらのリスクに対しては、当社グループ各社での情報収集や外部コンサルタントや専門家を起用し、また、カントリーリスクが大きい国との取り組みでは、貿易保険などを活用するなどカントリーリスクのヘッジ策を講じることで、案件ごとのリスク管理に努めていますが、これらを完全に回避できるものではなく、リスクが顕在化した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑩ 災害等のリスク

地震、台風等の自然災害や火災等の事故災害が発生し、当社設備や従業員が被害を受けた場合には、当社グループの事業活動に影響を与える可能性があります。

当社グループでは、自然災害や事故災害に備え、点検・訓練の実施、事業継続計画(BCP)の整備に努めていますが、被害の完全な回避は困難であり、万が一、被害が発生した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑪ コンプライアンスリスク

当社グループは、国内外において多岐にわたる事業を行っており、日本における会社法、税法、独占禁止法、金融商品取引法等の各種法令、また、事業活動を行う各国・地域の法令、規制といった様々な分野における広範な制約を受けています。これらの国内外の法令・規制を遵守するため、当社グループでは社長直轄のコンプライアンス委員会や内部通報制度を設け早期発見・対応を目指し、グループ全体のコンプライアンス体制を強化しています。また、グループ全役職員にコンプライアンスマインドを浸透・定着させるため、コンプライアンス強化月間の制定、社内セミナーやアンケート等の実施により、社員一人ひとりのコンプライアンス意識の向上を図るなど、全社をあげて対応しております。

しかしながら、このような取り組みによっても事業活動におけるコンプライアンスリスクを完全に排除することはできるものではなく、関係する法令や規制の大幅な変更、予期しない解釈の適用などが当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑫ 集中リスク

当社グループの航空・空港事業及びリテール事業の各セグメントにおいて、特定の業界、取引先との売買取引が集中するリスクがあります。集中リスクを防ぐため、既存事業における利益構造の改善やコスト削減に取組むとともに、非航空・空港ビジネス領域での収益力強化へ取組むことによって、特定の業界や取引先に依存しない事業ポートフォリオの最適化を図っています。なお、施策の詳細につきましては、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題」をご参照下さい。

また、当社グループとして成約残及び債権残が高額になる取引先については定期的に定性及び定量情報を収集し、経営状況や格付け状況をモニターしています。併せて、与信ポートフォリオ図の作成・分析を定期的に行う等、当社グループに与える影響を勘案した大口与信先リスク管理も実施しています。

しかしながら、これら業界、取引先の事業環境が悪化することで、当初見込んだ収益が得られず、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑬ 信用リスク

当社グループでは、国内外の多数の取引先に対し、信用を供与し取引を行っています。信用リスクに対処するため、客観的な情報や手法に基づき付与した14段階の信用格付けをもとに取引先毎に取引限度額を設定しており、低格付の取引先に対しては、取引条件の見直し、債権保全、規模縮小、撤退等の取引方針を定め、個別に重点管理を行い、損失発生の防止や抑制に努めています。これらにより、個別与信管理を行い、信用リスクの低減に努める等、与信管理及び債権管理体制の充実を図っています。

また、前述の個別与信管理に加え、ポートフォリオ全体のリスク量把握のため、信用格付けに基づいた信用リスクの計量化やポートフォリオ分析を行い、与信管理に活用しています。

しかしながら、事業環境が大幅に変化した場合、取引先の信用状態が悪化し、当社グループに対する債務の履行に問題が生じ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑭ その他のリスク

新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済の激変、生活様式・消費者嗜好の変化、市場の縮小等による外部環境の変化に対応して、グループの経営戦略や事業ポートフォリオ戦略を適切に見直すことができない場合、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。特に当社グループにおける航空・空港事業セグメントやリテール事業セグメントへの影響は、航空会社の減便、世界的な国外への渡航禁止、国内の移動自粛に伴う空港利用者の減少等に伴い、大きなものとなっています。今後につきましても、世界的な景気の悪化に伴う個人消費の低迷や、国内外の感染状況悪化に伴う空港店舗事業・空港運営事業における施設運営の自粛等により、大きな影響を受ける可能性があります。

また、当社グループでは、役職員の感染リスク、クラスター発生のリスクを低減するため、社内執務エリアにおける各種感染防止対応策を実施し、感染症の拡大状況に応じて役職員に対して在宅勤務を推奨する等の取組を行っていますが、役職員の新型コロナウイルス感染によって事業運営に支障が生じるリスクがあります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 業績等の概要

当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症拡大により、2020年4月に全国を対象に緊急事態宣言が発出され、経済活動や国民生活に甚大な影響が及びました。5月に宣言が解除された以降は、緩やかに景気持ち直しの動きが見られましたが、11月以降、感染再拡大が深刻化し、2021年1月に11都道府県を対象とした2度目の緊急事態宣言が発出され、内需の回復ペースは鈍化しました。また現在、新たに新型コロナウイルス変異株の脅威が生じ、事態の終息が見えない先行き不透明な状況が続いています。

 

当社グループを取り巻く環境は次のとおりです。航空市場では、国内線は1度目の緊急事態宣言解除後、航空旅客需要に回復基調が見られましたが、感染再拡大に伴い回復は鈍化しました。国際線は依然厳格な出入国制限が続き、インバウンド需要は消失したままとなりました。また、外食業への営業制限や人々の外出自粛などにより外食需要は低迷した状態が続きました。一方で、消費者の在宅での購買意欲の高まりを背景に、各種小売店や通信販売を通じた購買活動は比較的旺盛な傾向となりました。

 

このような事業環境の中、当社グループでは、空港店舗事業、免税店舗事業、免税店舗向け卸販売のほか、空港をはじめとする交通系リテール向け土産菓子や弁当類の卸販売、ホテル・レストラン・飲食店向けの水産物・農産物・ワインの卸販売、航空機エンジン部品販売、海外空港運営事業など、多岐にわたる事業に影響が及びました。

 

その結果、当社グループにおける当連結会計年度の経営成績は以下のとおりとなりました。

 

売上高は、空港店舗・免税店舗の販売及び免税店舗向け卸販売の減少、土産菓子や弁当類の卸販売の減少、水産物・農産物・ワインの卸販売の減少、航空機エンジン部品販売の減少などにより、前期に比べ64,341百万円減80,346百万円(前年同期比55.5%)となりました。

 

売上総利益は、売上高が減少した結果、前期に比べ13,322百万円減12,518百万円(同48.4%)となりました。

 

営業利益(△は損失)は、売上総利益が減少した一方、歩合家賃や人件費など販売費及び一般管理費も減少した結果、前期に比べ6,885百万円減△2,915百万円(前期は営業利益3,969百万円)となりました。

 

経常利益(△は損失)は、営業外収益として投資有価証券の受取配当金が増加したほか、連結子会社における助成金収入を計上、一方で、営業外費用として持分法による投資損失を計上した結果、前期に比べ7,164百万円減△2,426百万円(前期は経常利益4,738百万円)となりました。

 

なお、各空港店舗の臨時休業期間中に発生した固定費(人件費・賃借料・減価償却費)726百万円を店舗臨時休業による損失として特別損失に計上しました。

 

以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益(△は損失)は、前期に比べ5,447百万円減△2,366百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純利益3,081百万円)となりました。

 

連結業績

(金額単位:百万円)

前期

(2020年3月期)

当期

(2021年3月期)

前年同期比(%)

前年同期差

売上高

144,688

80,346

55.5

△64,341

売上総利益

25,840

12,518

48.4

△13,322

営業利益又は損失(△)

3,969

△2,915

△6,885

経常利益又は損失(△)

4,738

△2,426

△7,164

親会社株主に帰属する

当期純利益又は損失(△)

3,081

△2,366

△5,447

 

 

経営指標

(単位:%)

前期

(2020年3月期)

当期

(2021年3月期)

ROE

(自己資本当期純利益率)

12.2

△9.5

ROA

(総資産経常利益率)

8.0

△4.3

 

 

[セグメントの概況]

セグメント別の概況につきましては以下のとおりです。
 なお、当社グループ企業の決算期について、国内連結子会社は3月期、海外連結子会社は12月期です。

 

① 航空・空港事業

主な事業

航空機・航空機部品販売、空港用特殊車両・整備機材販売、航空機エンジンリース事業、海外空港運営事業など

当期の概況

世界の航空市場について、各国の国内線は緊急事態宣言やロックダウンなどの解除後、緩やかながら回復傾向となりましたが、再び感染が拡大しはじめたことに加え、新たに新型コロナウイルス変異株の脅威が拡がり、回復は鈍化傾向となりました。また、各国の国際線は依然として回復に向けた動きが見えず、極めて厳しい状況で推移しました。

こうした中、主力事業である重工業メーカー向けの航空機エンジン部品販売では、整備分野は一部で需要の落ち込みが下げ止まり徐々に回復の兆しが見られましたが、製造分野は減産計画により大幅に販売が減少しました。また、通期にわたる航空機胴体部品の需要低迷に加え、回復の見通しも不透明であることから、JALUX AMERICAS, Inc.にて保有する部品の評価減などを行いました。

海外空港運営事業では、ラオスのビエンチャン・ワッタイ国際空港とミャンマーのマンダレー国際空港ともに、期初から続く運航便数の減少が影響し、これらの持分法による投資損失を計上しました。 

 

以上の結果、当セグメントの売上高は28,640百万円(前年同期比58.7%)、営業利益は205百万円(同14.2%)、経常利益(△は損失)は△618百万円(前期は経常利益1,437百万円)となりました。

 

 

航空・空港事業

(金額単位:百万円)

前期

(2020年3月期)

当期

(2021年3月期)

前年同期比(%)

前年同期差

売上高

48,819

28,640

58.7

△20,179

営業利益

1,449

205

14.2

△1,244

経常利益又は損失(△)

1,437

△618

△2,055

 

 

 

 

② ライフサービス事業

主な事業

不動産事業(開発、販売、仲介、賃貸、施設管理、工事、高齢者向け住宅・介護施設運営事業)、保険事業(損害・生命保険代理店業)、機械・資材事業(印刷・用紙・包材販売、特殊車両販売、道路関連資機材販売)など

当期の概況

不動産事業では、航空旅客需要の減退に伴い、空港周辺での施設管理受託業務の縮小や企業寮のサブリース解約が続きましたが、第4四半期での開発コンサルタントや賃貸仲介案件により、通期としては概ね堅調に推移しました。

保険事業では、海外旅行保険の販売が減少した一方、団体保険とBPO*が増加し、通期としては概ね堅調に推移しました。

機械・資材事業では、国内の感染症対策品の需要拡大に応じてマスクや手袋などの衛生用品の輸入調達を行うなど、顧客需要にあわせた商材提供により、通期において好調に推移しました。

なお、第1四半期に投資有価証券の受取配当金を計上しています。

 

*BPO=Business Process Outsourcing:個人向け保険業務の一環である顧客サービス業務

(契約手続きやコールセンター業務など)の一部を受託する事業

 

以上の結果、当セグメントの売上高は13,979百万円(前年同期比106.8%)、営業利益は1,307百万円(同101.9%)、経常利益は902百万円(同118.9%)となりました。

 

 

ライフサービス事業

(金額単位:百万円)

前期

(2020年3月期)

当期

(2021年3月期)

前年同期比(%)

前年同期差

売上高

13,095

13,979

106.8

884

営業利益

1,283

1,307

101.9

24

経常利益

759

902

118.9

143

 

 

 

③ リテール事業

主な事業

空港店舗事業、免税店舗事業、免税店舗向け卸販売、通信販売事業、贈答用食品販売など

当期の概況

空港店舗事業「BLUE SKY」では、国内の1度目の緊急事態宣言解除後、国内線の緩やかな回復基調に加え、政府主導の経済政策により、回復の兆しが見られましたが、感染再拡大の深刻化及び2021年1月からの2度目の緊急事態宣言により回復は限定的なものに留まりました。なお、成田空港の全10店舗は、国際線の大幅な減便に伴い、臨時休業を継続しました。

免税店舗事業「JAL DUTYFREE」では、成田・羽田空港における国際線の大幅な減便に伴い、上期は概ね全店休業となり、下期も成田空港の一部店舗で営業時間を短縮した限定的な営業に留まりました。

免税店舗向け卸販売では、全国各地の空港における国際線の大幅な減便に伴い、取引先である免税店舗の大多数は臨時休業が続きました。

通信販売事業では、消費者の在宅での購買意欲の高まりを受け、ECサイト「JALショッピング」を中心にグルメ商材や美容・健康関連商品などが伸張したほか、革小物などの雑貨類を取扱う㈱JALUX STYLEにて通販向け卸販売が好調に推移しました。

贈答用食品販売では、お中元やお歳暮などのギフト需要に加え、消費者の在宅での購買意欲の高まりによるインターネット注文の増加により、百貨店向け卸販売が好調に推移しました。

また、「JALふるさと納税」を立ち上げ、持続的な地域経済の発展に直結するビジネスとして、2020年11月よりサービスを開始しました。

なお、各空港店舗の臨時休業期間に対する助成金を受給しました。また、同期間中に発生した固定費(人件費・賃借料・減価償却費)を店舗臨時休業による損失として特別損失に計上しています。

 

以上の結果、当セグメントの売上高は20,296百万円(前年同期比35.2%)、営業利益(△は損失)は△2,554百万円(前期は営業利益2,308百万円)、経常利益(△は損失)は△2,289百万円(前期は経常利益1,900百万円)となりました。

 

 

リテール事業

(金額単位:百万円)

前期

(2020年3月期)

当期

(2021年3月期)

前年同期比(%)

前年同期差

売上高

57,625

20,296

35.2

△37,328

営業利益又は損失(△)

2,308

△2,554

△4,862

経常利益又は損失(△)

1,900

△2,289

△4,190

 

 

 

 

④ フーズ・ビバレッジ事業

主な事業

水産物・農産物・ワイン・加工食品の卸販売、食料品製造など

当期の概況

水産物の卸販売では、期初より外食需要の減退が続いたことから、飲食店向けの生食用加工品など水産加工品の卸販売が減少しました。また、タイのバンコク「トンロー日本市場」は、同国における非常事態宣言継続などの影響により、鮮魚の輸入・販売が減少しました。

農産物の卸販売では、主力のパプリカは各種小売店向けの卸販売が順調に推移しました。また、オクラやトマトは航空輸送費高騰の影響により輸入が減少しました。

ワインの卸販売では、期初より続く外食需要の減退により、ホテル・レストラン・飲食店向け国内卸販売が低調に推移しました。一方、各種小売店向け卸販売やインターネット販売など新たな顧客創出による売上増加がありました。

加工食品の卸販売及び食品製造事業では、人々の移動が制限されたことから、空港店舗をはじめ駅構内店舗や高速道路サービスエリアなどの交通系リテール向け土産菓子や弁当類の卸販売が減少しました。一方、各種小売店向け卸販売など新たな顧客創出による売上増加がありました。

 

以上の結果、当セグメントの売上高は17,857百万円(前年同期比67.2%)、営業利益(△は損失)は△125百万円(前期は営業利益846百万円)、経常利益(△は損失)は△533百万円(前期は経常利益347百万円)となりました。

 

 

フーズ・ビバレッジ事業

(金額単位:百万円)

前期

(2020年3月期)

当期

(2021年3月期)

前年同期比(%)

前年同期差

売上高

26,574

17,857

67.2

△8,716

営業利益又は損失(△)

846

△125

△971

経常利益又は損失(△)

347

△533

△881

 

 

 

[経営者の視点による当連結会計年度の経営成績の認識及び分析]

当連結会計年度におきましては、世界中で拡大した新型コロナウイルス感染症が経済や人々の日常生活に甚大な影響を及ぼしました。そして現在も新たに新型コロナウイルス変異株の脅威が生じるなど、未だ事態の終息が見通せない状況が続いています。日本国内においても、2度の緊急事態宣言発出などにより、人々の移動や接触は著しく制限されました。一方でこのような状況から、リモートワークの普及が加速し、日常生活においても人々の外出が控えられたことから、消費者の在宅での購買意欲の高まりが見られました。

 

世界の航空市場について、国際航空運送協会(IATA)は2021年2月に「2020年の航空需要は前年比65.9%減となり、航空史上、最も急激な減少」と発表しました。また、このうち国際線の需要は同75.6%減、国内線の需要は同48.8%減となり、国境を越えた人々の移動が著しく制限されたことを示す結果となりました。

 

このような状況の下、当社グループでは期初に、2021年3月期の対策方針として、

・「守り重視」の経営に軸足を置き、健全な財務体質を維持する

・ 収益構造をバランス化し、当社グループならではの事業ポートフォリオの最適化を図る

・ 企業ガバナンスをさらに強化し、持続的成長を実現する蓋然性の高い成長戦略を打ち出す

の3つを掲げ、販売経費の見直しや人件費削減など様々なコスト削減に取組むと同時に、非航空・空港ビジネス領域での収益力強化への取組みを加速させてきましたが、当連結会計年度における経営成績は、売上高が80,346百万円と前期に比べ45.5%減少したことから、営業損失は2,915百万円、経常損失は2,426百万円、親会社株主に帰属する当期純損失は2,366百万円となりました。

 

非航空・空港ビジネス領域の収益力強化に向け、空港以外の消費市場である各種小売店、コンビニエンスストアや当社ECサイト「JALショッピング」を通じ、消費者の在宅での購買意欲の高まりに応じた食品事業に注力しています。また、地方経済の持続的な成長に資するべく「地方創生・第6次産業プロジェクト」を始動し、地方の良質な産品にスポットを当て、新たなバリューチェーンの構築に尽力しています。これまで当社グループがアプローチできていない潜在顧客層をターゲットに新たな顧客づくりに注力しています。

 

なお、当社グループは2020年4月以降の手元現預金を通常時より増加させ、当期末時点において連結現預金残高84億円を有しています。また、2020年4月にはコマーシャル・ペーパー発行限度額を増枠するとともに、複数行とのコミットメントライン契約も増枠し(2021年6月17日時点、全額未使用)、十分な流動性を確保しています。さらに、2020年6月には複数行から長期借入金合計40億円を調達しており、長期的な安定資金を確保しています。

 

当社グループは、イノベーション推進による既存事業の収益力強化と新たな事業創造による収益力向上、並びにサステナビリティ推進による持続可能な社会の実現に資する事業活動に取組むことを、当社グループの成長ドライブの両輪とし、短期的な業績回復と中長期的な持続的成長に向けて最大限努めてまいります。

 

 

 

[生産、受注及び販売の実績]

① 仕入実績

当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

航空・空港事業(千円)

28,104,026

59.7

ライフサービス事業(千円)

10,821,257

113.7

リテール事業(千円)

13,385,147

32.7

フーズ・ビバレッジ事業(千円)

14,072,554

68.1

合計(千円)

66,382,985

56.2

 

(注) 1.セグメント分類については(セグメント情報等)に記載しています。

2.当連結会計年度において、リテール事業、航空・空港事業、フーズ・ビバレッジ事業に著しい変動がありました。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるものですが、その内容については「(1)業績等の概要」に記載しています。

3.上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

② 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

フーズ・ビバレッジ事業(千円)

877,472

46.5

合計(千円)

877,472

46.5

 

(注) 1.セグメント分類については(セグメント情報等)に記載しています。

2.当連結会計年度において、フーズ・ビバレッジ事業に著しい変動がありました。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるものですが、その内容については「(1)業績等の概要」に記載しています。

3.上記の金額には、消費税等は含まれていません。

 

 

③ 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

前年同期比(%)

航空・空港事業(千円)

28,638,728

58.7

ライフサービス事業(千円)

13,908,406

107.2

リテール事業(千円)

20,292,483

35.2

フーズ・ビバレッジ事業(千円)

17,507,055

69.3

合計(千円)

80,346,673

55.5

 

(注) 1.セグメント分類については(セグメント情報等)に記載しています。

2.当連結会計年度において、リテール事業、航空・空港事業、フーズ・ビバレッジ事業に著しい変動がありました。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるものですが、その内容については「(1)業績等の概要」に記載しています。

3.最近2連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりです。

相手先

前連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

三菱重工航空エンジン㈱

19,429,560

13.4

12,886,544

16.0

川崎重工業㈱

16,508,279

11.4

 

4.上記の金額には、消費税等は含まれていません。

5.当連結会計年度の川崎重工業㈱に対する販売実績は、当該販売実績の総販売実績に対する割合が10%未満であるため記載を省略しています。

 

(2) 財政状態

(流動資産)

手元流動性の確保を図るため手元現預金残高を増加させた結果、現金及び預金が増加しました。また、航空事業や不動産事業での仕入のための前渡金が増加しました。一方で、一部重工業向け航空機エンジン部品の売掛金の回収が進んだ結果、売上債権が減少しました。

 その結果、流動資産は前連結会計年度末と比較して7,977百万円減少し、40,788百万円になりました。

 

(固定資産)

主にリテール事業の子会社において繰延税金資産が増加しました。一方で、空港店舗の出店及び各種システム投資を行ったものの、空港店舗及びリース用資産の減損損失を計上し、有形及び無形固定資産が減少しました。また、持分法による投資損失を計上し、投資有価証券が減少しました。

 その結果、固定資産は前連結会計年度末と比較して591百万円減少し、11,487百万円になりました。

 

(流動負債)

一部重工業向け航空機エンジン部品の仕入債務及び航空機エンジン部品の輸入に係る未払費用の支払いが進み、また、売掛金の回収により獲得した資金とコマーシャル・ペーパーの発行及び、長期借入金の調達により、短期借入金の返済を行いました。

 その結果、流動負債は前連結会計年度末と比較して8,544百万円減少し、23,159百万円になりました。

 

(固定負債)

長期的な安定資金を確保するため、長期借入金の調達を実行しました。

 その結果、固定負債は前連結会計年度末と比較して3,337百万円増加し、4,431百万円になりました。

 

(株主資本)

配当金の支払いを行ったとともに、親会社株主に帰属する当期純損失を計上したことにより、利益剰余金が減少しました。

その結果、株主資本は前連結会計年度末と比較して2,998百万円減少し、23,830百万円になりました。また、自己資本比率は1.6ポイント増加し44.9%になりました。

 

(3) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、資金という)は、前連結会計年度末と比較して2,291百万円増加し、8,462百万円となりました。

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの内容は以下のとおりです。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

税金等調整前当期純損失の計上や一部重工業向け航空機エンジン部品の仕入債務及び、輸入に係る未払費用の支払いを行った一方、一部重工業向け航空機エンジン部品の売掛金の回収が進みました。

その結果、営業活動により獲得した資金は3,825百万円(前連結会計年度より2,337百万円収入増)になりました。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

空港店舗の出店やシステム投資等に伴う固定資産の取得による支出を行いました。

その結果、投資活動により支出した資金は592百万円(前連結会計年度より2,152百万円支出減)になりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

長期借入金の調達や、コマーシャル・ペーパーの発行を行いました。一方で、配当金の支払い、短期借入金の返済を行いました。

その結果、財務活動により支出した資金は917百万円(前連結会計年度より2,335百万円支出増)になりました。

 

(4) 資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社グループの主要な資金支出は、販売商品の購入や販売費及び一般管理費等の営業費用並びに空港店舗に関する設備投資等です。

(主な資金調達方法と流動性)

当社グループは自己資金、コマーシャル・ペーパー及び金融機関からの借入金による調達にて対応しています。自己資金については、当社及び一部国内連結子会社においてCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)を導入することにより、各社における余剰資金を貸借することで、資金効率の向上を図っております。

コマーシャル・ペーパーについては、当社は翌年度資金計画に基づき、適切な発行上限額を定め、コマーシャル・ペーパー償還のバックアップとして、取引金融機関2行との間でコミットメントライン契約を締結しております。

借入金については、当社グループは翌年度の資金計画に基づいた、必要十分なアンコミットメント枠を取引各行と設定しております。

手元流動性については、手元現預金を通常時より増加させ、2021年3月期末決算において、連結現預金残高84億円を有しています。また、コマーシャル・ペーパー発行枠を80億円、複数行とのコミットメントライン契約も80億円(2021年6月17日現在、全額未使用)に増枠し、十分な流動性を確保しています。さらに、2020年6月には複数行から長期借入金合計40億円を調達しており、長期的な安定資金を確保しています。

 

(5) 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。

連結財務諸表の作成にあたっては会計上の見積りを行う必要があり、期末日現在の資産・負債の金額、偶発的な資産・負債の開示及び報告対象期間の収益・費用の金額に影響を与える様々な見積りや仮定を用いており、実際の結果は、これらの見積りと異なる場合があります。

連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しています。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度に実施した設備投資の総額は、645百万円(無形固定資産を含む)です。
  主なものとして、リテール事業において空港店舗出店等に213百万円の設備投資を実施しました。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループは、多種多様な事業を国内外で行っており、主たる設備の状況を事業の種類別セグメント毎の数値とともに開示する方法によっています。

当連結会計年度末における状況は次のとおりです。

 

(1) セグメント内訳

 

 

 

 

(2021年3月31日現在)

セグメントの名称

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

外[臨時従業員]

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

航空・空港

4,720

912,692

1,649

919,062

81

[  8]

ライフサービス

661,816

198,568

845,745

(18,168.12)

40,683

1,746,812

231

[ 78]

リテール

941,401

2,411

377,034

1,320,846

646

[287]

フーズ・ビバレッジ

267,001

47,243

29,964

344,209

152

[118]

小計

1,874,939

1,160,915

845,745

(18,168.12)

449,331

4,330,931

1,110

[491]

全社

111,100

707

30,102

141,910

137

[  1]

合計

1,986,040

1,161,622

845,745

(18,168.12)

479,433

4,472,842

1,247

[492]

 

(注) 1.帳簿価額には、消費税等を含めていません。

2.上表には、当社グループが保有する建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地等の賃貸用の資産2,632,277千円が含まれています。

 

(2) 提出会社の状況

 

 

 

 

 

 

(2021年3月31日現在)

事業所名

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数(人)

外[臨時従業員]

建物及び
構築物

工具、器具及び備品

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社

航空・空港、ライフサービス、リテール、フーズ・ビバレッジ、全社

統括業務施設及び事業用固定資産

136,003

49,315

2,142

187,461

376

[36]

千葉県成田市

ライフサービス

賃貸用資産

76,563

(7,330.00)

76,563

[-]

東京都大田区

ライフサービス

賃貸用資産

83,816

472,489
 (868.92)

556,305

[-]

東日本エリア

リテール

業務施設

593,362

252,185

845,548

[-]

合計

813,182

301,501

549,052

(8,198.92)

2,142

1,665,878

376

[36]

 

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 新設

  当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改装計画は次のとおりです。

 

所在地

事業の種類別
セグメントの名称

設備の内容

投資予定額

資金調達方法

着手及び完了予定日

着手

完了

大田区南蒲田1丁目

ライフサービス

賃貸用不動産

478,000
(千円)

自己資金及び借入金

2021年
9月

2022年
1月

 

 

(2) 除却等

当連結会計年度末現在において重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】