EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和4年1月17日

【事業年度】

第49期(自 令和2年10月21日 至 令和3年10月20日)

【会社名】

株式会社キタック

【英訳名】

KITAC CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  中 山 正 子

【本店の所在の場所】

新潟市中央区新光町10番地2

【電話番号】

025(281)1111

【事務連絡者氏名】

経理部長  米 山 正 明

【最寄りの連絡場所】

新潟市中央区新光町10番地2

【電話番号】

025(281)1111

【事務連絡者氏名】

経理部長  米 山 正 明

【縦覧に供する場所】

株式会社キタック 東京支店

(東京都台東区柳橋2丁目14番4号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05015 47070 株式会社キタック KITAC CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-10-21 2021-10-20 FY 2021-10-20 2019-10-21 2020-10-20 2020-10-20 1 false false false E05015-000 2022-01-17 E05015-000 2016-10-21 2017-10-20 E05015-000 2017-10-21 2018-10-20 E05015-000 2018-10-21 2019-10-20 E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 E05015-000 2017-10-20 E05015-000 2018-10-20 E05015-000 2019-10-20 E05015-000 2020-10-20 E05015-000 2021-10-20 E05015-000 2016-10-21 2017-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2017-10-21 2018-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2018-10-21 2019-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2017-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2018-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp030000-asr_E05015-000:ConstructionConsultantReportableSegmentsMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05015-000:ConstructionConsultantReportableSegmentsMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05015-000:RealEstateRentAndOtherReportableSegmentsMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:Row1Member E05015-000 2022-01-17 jpcrp_cor:Row1Member E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:NakayamaTeruyaMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:NakayamaMasakoMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:HiranoYoshihikoMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:SaikiMasaruMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:KanekoToshiyaMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:UeharaShinjiMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:NakayamaOsamuMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:HayashiTakehisaMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:SatoYutakaMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:OtsukaHideyukiMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:NishikataTsuneoMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:KubotaMasaoMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp030000-asr_E05015-000:WatanabeFumioMember E05015-000 2022-01-17 jpcrp_cor:Row2Member E05015-000 2022-01-17 jpcrp_cor:Row3Member E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05015-000 2020-10-20 jpcrp_cor:Row1Member E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:Row2Member E05015-000 2020-10-20 jpcrp_cor:Row2Member E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:Row3Member E05015-000 2020-10-20 jpcrp_cor:Row3Member E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:Row4Member E05015-000 2020-10-20 jpcrp_cor:Row4Member E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp030000-asr_E05015-000:ConstructionConsultantReportableSegmentsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp030000-asr_E05015-000:RealEstateRentAndOtherReportableSegmentsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp030000-asr_E05015-000:RealEstateRentAndOtherReportableSegmentsMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05015-000 2021-10-20 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2019-10-21 2020-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2020-10-21 2021-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfReplacedPropertyMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05015-000 2021-10-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第45期

第46期

第47期

第48期

第49期

決算年月

平成29年10月

平成30年10月

令和元年10月

令和2年10月

令和3年10月

売上高

(千円)

2,545,269

経常利益

(千円)

36,689

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

31,128

包括利益

(千円)

40,994

純資産額

(千円)

2,655,840

総資産額

(千円)

5,452,888

1株当たり純資産額

(円)

474.22

1株当たり当期純利益

(円)

5.56

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

48.7

自己資本利益率

(%)

1.2

株価収益率

(倍)

63.15

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

311,409

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

154,303

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

43,396

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

277,102

従業員数

(人)

188

 

(注) 1 第49期より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第45期

第46期

第47期

第48期

第49期

決算年月

平成29年10月

平成30年10月

令和元年10月

令和2年10月

令和3年10月

売上高

(千円)

2,472,027

2,473,427

2,725,786

2,838,291

2,516,486

経常利益

(千円)

213,080

252,391

268,515

265,994

42,098

当期純利益

(千円)

146,114

168,357

191,611

179,324

22,553

持分法を適用した場合の
投資利益

(千円)

資本金

(千円)

479,885

479,885

479,885

479,885

479,885

発行済株式総数

(株)

5,969,024

5,969,024

5,969,024

5,969,024

5,969,024

純資産額

(千円)

2,251,557

2,377,276

2,502,820

2,642,848

2,647,286

総資産額

(千円)

5,374,952

5,262,964

5,457,406

5,399,797

5,437,452

1株当たり純資産額

(円)

402.03

424.48

446.90

471.90

472.69

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

(円)

5.00

7.00

5.00

5.00

5.00

( ―)

( ―)

( ―)

( ―)

( ―)

1株当たり当期純利益

(円)

26.09

30.06

34.21

32.02

4.03

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

41.9

45.2

45.9

48.9

48.7

自己資本利益率

(%)

6.7

7.3

7.9

7.0

0.9

株価収益率

(倍)

12.57

12.84

10.26

10.12

87.16

配当性向

(%)

19.2

23.3

14.6

15.6

124.2

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

138,521

343,056

474,411

45,790

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

10,739

12,818

26,243

43,474

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

30,889

470,409

88,181

288,418

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

229,681

89,509

449,495

163,393

従業員数

(人)

147

154

164

170

181

株主総利回り
(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)
(%)

130.6

156.1

144.3

135.7

148.2

(128.9)

(128.8)

(126.6)

(130.0)

(165.5)

最高株価

(円)

377

410

413

424

515

最低株価

(円)

233

301

217

213

304

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3  最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

4 第49期より連結財務諸表を作成しているため、持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。

 

2 【沿革】

 

年月

沿革

昭和48年2月

地質調査及び土木設計を主業務として北日本技術コンサルタント株式会社を資本金400万円をもって新潟市関屋田町2丁目286番地に設立。

    2月

建設コンサルタント新規登録(土質及び基礎部門)。

    2月

測量業者新規登録。

    6月

建設コンサルタント追加登録(地質部門)。

昭和49年1月

東京分室設置(昭和54年7月東京事務所、昭和57年3月東京支店に名称変更)。

    4月

建設コンサルタント追加登録(鋼構造及びコンクリート部門)。

昭和50年2月

建設業新規登録(土木工事、とび土工)。

    8月

建設業追加登録(さく井)。

昭和51年2月

建設コンサルタント追加登録(道路部門)。

昭和52年11月

地質調査業者新規登録。

昭和53年3月

新潟市平島1丁目13番6へ本社移転。

昭和56年2月

福島事務所設置。

    6月

建設コンサルタント追加登録(河川、砂防及び海岸部門)。

    12月

上越事務所設置(昭和61年8月北信越事業所に名称変更)。

昭和59年12月

建設コンサルタント追加登録(電力土木部門)。

平成元年12月

株式会社キタックに社名(商号)変更。

平成2年1月

建設コンサルタント追加登録(都市計画及び地方計画部門)。

    4月

東北営業所設置(平成7年3月仙台支店に名称変更)。

平成4年9月

地すべり自動観測システム開発(技審証第0402号 砂防技術・技術審査証明事業実施機関(建設大臣認定)財団法人 砂防・地すべり技術センター)。

    12月

合弁会社哈爾濱新龍工程技術開発有限公司(子会社)設立。

平成5年5月

新栄開発有限会社<平成5年6月に新栄エンジニア株式会社に組織及び商号変更>の株式取得。

平成7年9月

独資会社哈爾濱北友土木工程開発有限公司(子会社)設立。

    10月

新潟市新光町10番地2へ本社移転(技術士センタービルⅠ竣工)。

    10月

山形事務所設置。

平成8年2月

定款の目的追加:喫茶店の経営・不動産の賃貸及び売買・科学技術、博物及び美術に関する美術館の経営。

    2月

新潟市新光町10番地2に美術館(資料館)開設。

    3月

株式会社クリエイティブ蒼風(子会社)の株式取得。

    7月

建設コンサルタント追加登録(トンネル部門)。

平成10年9月

全社でISO9001認証取得。

    10月

株式を社団法人日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録。

平成11年2月

建設コンサルタント追加登録(下水道部門)。

平成13年1月

一級建築士事務所登録(新潟県知事)。

平成13年4月

佐渡事業所設置。

平成14年10月

建設コンサルタント追加登録(建設環境部門)。

 

 

 

 

年月

沿革

平成16年12月

株式をジャスダック証券取引所に上場。

平成18年5月

当社子会社である新栄エンジニア㈱、㈱クリエイティブ蒼風、哈爾濱新龍工程技術開発有限公司
3社の営業全部を譲受け。

平成18年8月

当社子会社である新栄エンジニア㈱、㈱クリエイティブ蒼風、哈爾濱新龍工程技術開発有限公司3社の清算を結了。

平成19年10月

新潟市新光町10番地3に技術士センタービルⅡを竣工。

平成20年9月

当社子会社である哈爾濱北友土木工程開発有限公司の清算を結了。

平成22年4月
 

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場。

平成22年10月

 

平成25年7月

 

令和3年1月

大阪証券取引所JASDAQ市場、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。

東京証券取引所と大阪証券取引所の証券市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。

㈱広川測量社を株式取得により子会社化(現・連結子会社)

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、㈱キタック(当社)、㈱広川測量社(連結子会社)により構成されており、主に建設コンサルタント事業を営んでおります。当社グループの事業内容と当該事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。なお、以下に示す区分はセグメントと同一の区分であります。
 当社の事業内容は以下のとおりであります。
 

(建設コンサルタント事業)
 当社は、新潟県内を中心に地質調査・土木設計等の業務を営んでおります。連結子会社の㈱広川測量社は、新潟県内を中心に測量業務を営んでおります。 

(不動産賃貸等事業)
 当社は、主に新潟県内において不動産賃貸業等を営んでおります。

 

事業の系統図は、次のとおりであります。


 

4 【関係会社の状況】

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社広川測量社

新潟県長岡市

5,000

建設コンサルタント事業

(測量業)

100.0

測量業務の委託

 

(注) 1.特定子会社に該当する会社はありません。

2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

令和3年10月20日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

建設コンサルタント事業

158

不動産賃貸等事業

全社(共通)

30

合計

188

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であります。

2 全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

(2) 提出会社の状況

令和3年10月20日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

建設コンサルタント事業

151

不動産賃貸等事業

全社(共通)

30

合計

181

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であります。

2 全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

令和3年10月20日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

181

42.82

11.82

4,986,315

 

(注) 1 従業員数は就業人員数であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1) 会社の経営の基本方針

創業以来、国や地方公共団体の行う社会資本整備の計画・調査や設計業務の実施にあたって培われた豊富な技術、ノウハウ、関連地域情報を駆使することによって、事業を拡大してまいりました。

また、「優れた技術を社会に提供し、社会の発展に寄与することを使命とする」を基本理念に掲げ、誠実な業務執行を信条として、顧客の信頼に応えてまいりました。今後とも、社会資本整備に対する多様なニーズに対応したコスト競争力と高品質を目指すとともに、高度・先端技術の活用により、他社との差別化を図ることとしています。そのため、「稼ぐ力」「働く環境の改善」「人材の活用」の3本を経営方針に据えながら、技術力の一層の向上と企業価値の増大に全社をあげて努めてまいります。

(2) 目標とする経営指標

目標とする経営指標としましては、安定した経営を維持していくため、株主資本比率、売上高経常利益率、1株当たり当期純利益などの指標の向上を目指しております

(3) 中長期的な会社の経営戦略

当社グループが目指す方向は、どのような環境変化に対しても的確に対応できる経営基盤の確立であります。そのためには、営業、技術、品質、財務などあらゆる面において、常に高い水準を目指していくことであります

(4) 会社の対処すべき課題

基本理念に掲げた「優れた技術を社会に提供し、社会の発展に寄与する」ため、主力とする地質・地盤調査、土木設計において培った技術力に加え、高度・先端技術の導入により社会の信頼と要請に応えていくことと考えております。
 そのため「稼ぐ力の強化」「働く環境の改善」「多様な人材の活用」の3本を経営目標の柱に据え、全社で社会的信頼の確保と企業価値の増大に努めてまいります。
 国の国土強靭化施策をはじめ、公共インフラの維持・補修業務など、当業界に関わる業務需要は引き続き見込めるものの、一層の受注競争の激化とともに、新たに持続可能な開発目標(SDGs)の設定や達成への努力が求められ、企業経営に対するニーズも多様化しています。
 今後とも業務上のリスクに対応した高度技術・先端技術の活用による他社との差別化、そして、コスト競争力と高品質をかかげ、さらなる業績向上を目指すとともに、引き続き、人材育成と技術者教育の強化、そして、時代のニーズに対応した就業環境の整備を行い、さらに健全な経営を目指してまいります。

 

2 【事業等のリスク】

 

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況などに関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項は以下のようなものがあります。当社グループは、これらのリスクの可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1) 国及び地方自治体への高い受注依存

当社グループは、国及び地方自治体、特に新潟県を主要顧客としており、これらの官公庁に対する受注依存度は80%以上と高い比率となっております。このため、当社グループの受注環境は、政府の構造改革の影響を強く受け、今後大幅な公共事業の縮減が実施される場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(2) 価格競争について

公共事業費の抑制傾向が継続し今まで以上に価格競争が厳しくなった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(3) 季節変動について

当社グループの主要事業である建設コンサルタント事業は、主要顧客が国及び地方自治体であるため、受注契約の工期が事業年度末の3月に集中する傾向にあります。この影響で、当社グループの売上高も連結会計年度の上半期に多く計上されるため、投資者の判断に影響を及ぼす可能性があります。

(4) 有利子負債について

当社グループは、その他事業として不動産賃貸業を営んでおりますが、不動産を取得する為の資金調達により、一時的に有利子負債が増加し、流動比率が低下することがあります。現時点においては、当社グループの経営を圧迫するには至っておりませんが、今後の金利水準及び営業キャッシュ・フローの推移により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(5) 固定資産の評価について

当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」を適用しております。当該会計基準では、グルーピングされた固定資産について回収可能額を測定し、その結果、回収可能額が帳簿価額を下回る場合はその差額を減損損失として認識することとされており、今後も事業環境の変化などにより資産価値が低下した場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(6) 受注業務の損失発生について

受注業務の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注業務のうち、将来の損失の発生が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積もることができる未成業務について、業務ごとの業務収益総額及び業務原価総額を基にその損失見込額を業務損失引当金として計上することにより、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当社グループは、当連結会計年度より連結財務諸表を作成しているため、前連結会計年度との比較・分析の記載はしておりません。

 

 (1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度における我が国経済は、昨年からの新型コロナウイルス感染拡大の繰り返し、度重なる緊急事態宣言もあり、弱含みに推移しました。

期末近くになり、ワクチン接種率が上がるとともに国内の消費意欲は徐々に回復し、先行きに明るさも見え始めましたが、一方で原油価格の高騰や世界的な半導体不足などが重なり、経済回復には不透明感が残っております。

 こうしたなか、近年、頻発化し激甚化する自然災害に対処するため、国におきましては、これまでの3か年緊急対策に引き続き、令和3年度から「防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策」を実施しており、今後も、この分野におけるある程度の需要増加があるものと期待しております。

 当社グループといたしましても長年培った技術力を生かして、防災・減災対策、急務となっている公共インフラの老朽化対策などの業務に注力し、環境分野も含む豊富な業務経験をもって、受注の確保に努めてまいりました。

 当連結会計年度の受注高は、新型コロナウイルス感染症の影響が加わり、外注費等の増大、さらに顧客からの発注遅れにより、期初から発注の減少傾向が続き、従来顧客以外へも受注量の確保に努めましたが、23億9千3百万円にとどまりました

 このため売上高が減少し、25億4千5百万円となりました。また、これにより7百万円の営業損失が出ることとなり、営業外損益を加えた経常利益は3千6百万円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は3千1百万円となりました。

 

セグメント別の業績は以下のとおりであります。

(建設コンサルタント事業)

完成業務収入23億7千万円、売上総利益6億6千7百万円となりました。

(不動産賃貸等事業)

不動産賃貸等収入1億7千4百万円、売上総利益5千7百万円となりました。

 

当連結会計年度末の財政状態は以下のとおりであります。

(資産)

資産合計は、54億5千2百万円となりました。

主な内訳は、現金及び預金2億7千7百万円、未成業務支出金6億1千6百万円、土地23億9千3百万円であります。

(負債)

負債合計は、27億9千7百万円となりました。

主な内訳は、短期借入金3億円、社債7億5千万円、長期借入金5億1千万円であります。

(純資産)

純資産合計は、26億5千5百万円となりました。

主な内訳は、資本金4億7千9百万円、資本剰余金3億6百万円、利益剰余金19億7千2百万円であります。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、2億7千7百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果流入した資金は、3億1千1百万円となりました。これは、主に売上債権の増減額2億6千2百万円、減価償却費1億2千5百万円等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果流出した資金は、1億5千4百万円となりました。これは、主に有形固定資産の取得による支出9千2百万円等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果流出した資金は、4千3百万円となりました。これは、主に長期借入金の返済による支出1億7千1百万円等によるものであります。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

a. 生産実績

セグメントの名称

連結会計年度

(自 令和2年10月21日

至 令和3年10月20日)

金額(千円)

前年同期比(%)

建設コンサルタント事業

2,370,579

不動産賃貸等事業

合計

2,370,579

 

(注) 1 生産実績の金額は、販売価格で表示しております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b. 受注状況

セグメントの名称

連結会計年度

(自 令和2年10月21日

至 令和3年10月20日)

受注高

受注残高

金額(千円)

前年同期比
(%)

金額(千円)

前年同期比
(%)

建設コンサルタント事業

2,393,653

1,798,223

不動産賃貸等事業

合計

2,393,653

1,798,223

 

(注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

c. 販売実績

セグメントの名称

連結会計年度

(自 令和2年10月21日

至 令和3年10月20日)

金額(千円)

前年同期比(%)

建設コンサルタント事業

2,370,579

不動産賃貸等事業

174,690

合計

2,545,269

 

(注) 1 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2 主要相手先別の販売実績は、次のとおりであります。

 

相手先

連結会計年度

(自 令和2年10月21日

至 令和3年10月20日)

金額(千円)

割合(%)

新潟県

1,141,907

44.86

国土交通省

511,591

20.10

 

(注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

 (2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

① 重要な会計方針及び見積り

  連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については、『「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」』に記載しているとおりです。

  連結財務諸表の作成において、損益または資産の状況に影響を与える見積りの判断は、過去の実績やその時点での入手可能な情報に基づいた合理的と考えられるさまざまな要因を考慮した上で行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

  特に次の重要な会計方針が連結財務諸表における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えております。

 a.繰延税金資産の回収可能性

  繰延税金資産の計上にあたっては、将来の課税所得見込み及びタックスプランニングに基づき、繰延税金資産の回収可能性を検討しており、将来減算一時差異等のうち、将来の税金負担額を軽減する効果を有していると判断した部分についてのみ、繰延税金資産を計上しております。今後、課税所得が見込み通り発生しない場合には、繰延税金資産の回収可能性について再度検討する必要があり、その結果、繰延税金資産の取崩が必要となる場合があります。

 b.投資有価証券の評価

  その他有価証券で時価のあるものについては、期末日の時価が取得価額に比べて著しく下落したものを減損の対象としております。将来、株式市況や投資先の業績が悪化した場合には、追加的な減損処理が必要となる可能性があります。

 c.業務損失引当金

  期末日現在における未成業務の損失発生見込額について、合理的に見積り、引当計上しております。

 d.固定資産の減損損失

  固定資産の減損の兆候を判定するにあたっては、グルーピングされた資産について、主要な物件については社外の不動産鑑定士による不動産調査価額により、その他の物件については固定資産税評価額等に基づく正味売却価額により算定した回収可能価額及び会計基準に基づくその他判定基準により実施しております。減損の兆候が発生した場合には、将来キャッシュ・フロー等を見積り、回収見込額を測定して減損損失を計上する可能性があります。

 

② 当連結会計年度の財政状態についての分析

  「(1) 経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」を参照願います。

 

 ③ 当連結会計年度の経営成績についての分析

  「(1) 経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」を参照願います。

 

 ④ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

  「(1) 経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」を参照願います。

 

 ⑤ 経営者の問題認識と今後の方針について

創業以来、一貫して、国や地方自治体などの行う社会資本整備の計画・調査や設計業務を行い、これまでに培われてきた豊富な技術、ノウハウ、関連地域情報を駆使して業務を拡大してまいりました。その結果、地域の業界におけるリーディングカンパニーとしての地位を確立してきましたが、さらに飛躍を目指すこととしております。

「優れた技術を社会に提供し、社会の発展に寄与することを使命とする」を基本理念に、誠実な業務執行を信条として、顧客、株主、従業員、関連業者、地域社会等に信頼され、敬愛される会社になることを理想としています。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

「優れた技術を社会に提供し、社会の発展に寄与することを使命とする」という基本理念のもと、建設コンサルタントとして持続的な成長のためには、より収益性の高いソリューションの開発・提供が不可欠だと考え、「数値解析技術の活用による防災用シミュレーションシステム」の独自開発に注力しています。また、大学等との連携による共同研究開発も積極的に進めております。当連結会計年度の研究開発費の執行状況は16,588千円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

特記すべき事項はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

令和3年10月20日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物

工具、器具及び備品

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社
(新潟市中央区)

建設コンサルタント事業

統括
業務施設

93,706

7,700

262,500

(1,079)

102,048

445,985

127

本社
(新潟市中央区)

不動産賃貸等事業

賃貸施設

702,834

1,622,300

(13,218)

10,000

2,335,135

0

本社
(新潟市中央区)

全社共通

統括
業務施設

201,883

475,819

390,208

(1,670)

5,850

1,093,730

30

仙台事務所
(仙台市青葉区)

不動産賃貸等事業

賃貸施設

8,960

40,460

(150)

49,420

0

北信越事業所
(新潟県上越市)
ほか6事業所

建設コンサルタント事業

営業設備等

5,066

987

39,232

(1,076)

9,510

54,795

24

 

(注) 1 「建物」の欄は賃貸資産も含まれております。

2 「その他」の欄は構築物、機械及び装置、車両運搬具、リース資産及び建設仮勘定の合計であります。

 

(2) 国内子会社

令和3年10月20日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物

工具、器具及び備品

土地
(面積㎡)

その他

合計

㈱広川測量社
(新潟県長岡市)

建設コンサルタント事業

統括
業務施設

1,143

1,385

38,968

(1,133)

4,683

46,180

7

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

   特記すべき事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

   特記すべき事項はありません。

 

(3) 重要な設備の売却等

      特記すべき事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

16,000,000

16,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(令和3年10月20日)

提出日現在
発行数(株)
(令和4年1月17日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

5,969,024

5,969,024

東京証券取引所
JASDAQ(スタンダード)

(注)

5,969,024

5,969,024

 

(注)株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

平成10年10月2日

500,000

5,969,024

64,000

479,885

91,900

306,201

 

 

 

(5) 【所有者別状況】

    令和3年10月20日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

6

16

41

15

1

1,098

1,177

所有株式数
(単元)

5,194

1,067

11,645

708

7

41,045

59,666

2,424

所有株式数
の割合(%)

8.71

1.79

19.52

1.19

0.01

68.79

100.00

 

(注) 自己株式368,575株は、「個人その他」に3,685単元、「単元未満株式の状況」に75株を含めて記載しております。

 

(6) 【大株主の状況】

    令和3年10月20日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

中山 輝也

新潟市西区

820

14.64

中山 正子

新潟市中央区

451

8.05

株式会社第四北越銀行

新潟市中央区東掘前通七番町1071-1

278

4.96

東京中小企業投資育成株式会社

東京都渋谷区渋谷3-29-22

233

4.17

キタック社員持株会

新潟市中央区新光町10-2

220

3.93

公益財団法人知足美術館

新潟市中央区新光町10-2

203

3.63

中山 道子

新潟市西区

197

3.52

五十嵐 英輝

新潟市中央区

190

3.41

パシフィックコンサルタンツ
株式会社

東京都千代田区神田錦町3-22

181

3.23

株式会社ナカノアイシステム

新潟市中央区鳥屋野432

181

3.23

2,956

52.78

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

    令和3年10月20日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

368,500

 

権利内容に何ら制限のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式

55,981

同上

5,598,100

単元未満株式

普通株式

2,424

 

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

5,969,024

総株主の議決権

55,981

 

(注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式75株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

令和3年10月20日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社キタック

新潟市中央区新光町10番地2

368,500

368,500

6.17

368,500

368,500

6.17

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

 

 

 

  該当事項はありません。

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他

保有自己株式数

368,575

368,575

 

(注)当期間における保有自己株式数には、令和3年12月21日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡による株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題の一つとして位置付けており、配当原資確保のための収益力を強化し、継続的かつ安定的な配当を行なうことを基本方針としております。

当社は定款において中間配当を行うことができる旨を定めておりますが、1事業年度の配当回数につきましては、期末配当の年1回を基本方針としており、実施にあたっては収益状況などを勘案して、その都度決定する方針であります。

これらの剰余金の配当については、会社法第459条第1項の規定に基づき、剰余金の配当等を取締役会決議により行うことができる旨を定款に定めております。

当期の剰余金の配当につきましては、将来の事業展開と経営体質強化に必要な内部留保を考慮しつつ、上記方針に沿って1株当たり5円の普通配当を決定いたしました。

なお、内部留保金の使途につきましては、社会変革に対応する新分野に関する投資に充当し、当社の特異性と競争力をさらに強化する方針であります。 

 

(注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

令和3年12月2日

取締役会

28,002

5.00

 

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

①  企業統治の体制

a.企業統治に対する基本的な考え方

当社は、従来から株主重視の基本方針に基づき、コーポレート・ガバナンスの充実を念頭においた経営の透明性や公正性、健全性を確保することが重要な経営課題と位置づけております。 
 経営環境の変化に的確に対応し、健全な成長及び発展を図るためには、業務執行の管理・監督機能の強化が重要であると認識しており、必要な体制・仕組みの整備に向けて取り組んでおります。  

当社は、平成30年1月18日開催の当社第45回定時株主総会の決議に基づき、監査等委員会設置会社に移行いたしました。これにより、取締役会の監査・監督機能をより一層強化するとともに、業務執行を行う取締役への権限委譲により迅速な意思決定を行い、経営の効率性を高め、適時・適切なガバナンス体制の構築・運用に努めております。

b.企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由

当社における企業統治の体制は、取締役会・監査等委員会・社内監査部で実施しており、当社の規模及び組織体制からみて、企業統治は充分に機能しているものと判断しております。

なお、当社の各機関の基本説明は以下のとおりであります。

(取締役会)

取締役会は、代表取締役社長 中山正子を議長とし、中山輝也、平野吉彦、齊木勝、金子敏哉、上原信司、中山修、林剛久、佐藤豊、大塚秀行、西潟常夫、久保田正男(社外取締役)、渡部文雄(社外取締役)の13名で構成されており、原則として3ヶ月に1回及び必要に応じて随時開催しており、法令で定められた事項及び経営に関する重要事項について報告・討議・決議を行っております。

(監査等委員会)

監査等委員会は、西潟常夫、久保田正男(社外取締役)、渡部文雄(社外取締役)の3名で構成されており、原則として毎月1回及び必要に応じて随時開催しており、独立した立場から取締役の職務執行の監査・監督を行っております。

(その他)

業務執行については、取締役会のほかに「経営企画会議」を設置して代表取締役社長 中山正子を議長とし、平野吉彦、齊木勝、金子敏哉、上原信司、中山修、林剛久、佐藤豊、大塚秀行、その他議長の指名する者で構成されております。毎月1回開催しており、機動的な経営対応を図っておりますと同時に、情報伝達及び共有化と、危機管理の徹底に努めております。

c.内部統制システムの整備の状況

当社は、取締役の職務執行その他会社の業務の適正を確保するため、取締役会において内部統制システム構築の基本方針を決議いたしました。この基本方針に基づき、内部統制の整備・向上に努めております。

(内部統制システム構築の基本方針)

当社は、会社法及び会社法施行規則並びに金融商品取引法に基づき、以下のとおり当社の業務の適正を確保するための体制(内部統制)に係るシステムの構築についての基本方針を次のとおりに定めております。

1)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制  

・当社の経営理念に則り制定された「企業行動基準」に関する具体的手引書として「コンプライアンス・ガイドライン」を策定し、取締役及び使用人がコンプライアンスの徹底を図る。

2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

・取締役の職務の執行に関する情報は、文書及び記録の管理に関する規程に則り、保存及び管理を適正に実施するとともに、取締役からの閲覧請求には速やかに対応する。

3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制 

・代表取締役社長の下にリスク管理体制を構築し、リスク管理の推進を図るとともに、社内監査部は独立した立場から監査を実施し、その結果については、代表取締役及び監査等委員会に報告する。

4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

・取締役会は、経営目標を定め、業務担当取締役はその目標達成のための具体的施策及び職務分掌に基づいた効率的な達成の方法を策定し、業務を執行する。

 

5)当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

・グループ各社と緊密な連携を図り、企業集団としての経営の健全性及び効率性の向上に資することを目的として「関係会社管理規程」を制定し、規程に基づいてグループ会社を管理する部門(以下、管理部門という)を設置する。

・管理部門は、「関係会社管理規程」に基づいて、グループ会社の業務運営、財務状況等について報告を受け、必要に応じて改善等を指導する。

・管理部門は、グループ各社の経営に重大な影響を及ぼす可能性のある事象が発生したとき、あるいは発生する可能性が生じたときは、「関係会社管理規程」に従い、これに対応する。

・グループ各社は、業務分掌及び決裁権限に関する規程等に基づいて、効率的な職務の執行が行われる体制を整備する。

・グループ各社は、企業としての社会的責任とコンプライアンスの重要性を認識し、グループ各社の役職員が法令、定款、社内規程等を遵守して職務を執行することで、業務が適正に行われる体制を確保する。

・社内監査部は、グループ全体の内部統制の有効性を確保するため、必要に応じてグループ会社の監査を実施する。

6)監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人と他の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項

・社内監査部に所属する使用人が監査等委員会の職務補助を行う。

・監査等委員会の職務を補助する使用人の人事異動、人事評価等に関する事項については、常勤監査等委員の同意を得る。

7)取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告するための体制

・取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人は、当社に著しい損害を及ぼすおそれのある場合、直ちに、監査等委員会に対してその旨を報告する。

・また、常勤監査等委員は、社内の重要な会議に出席し取締役それぞれの職務執行に関する報告を受けるとともに、社内監査部から内部監査の実施状況及びコンプライアンスの状況について、適時報告を受ける。

 

当社の企業統治の体制を図示すると次のとおりであります。

 


 

②  取締役の定数

 当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は14名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定めております。

 

③  取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行なう旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらない旨も定款に定めております。

 

④ 株主総会決議事項を取締役会で決議できる事項

当社は、株主への機動的な資本政策及び配当政策を遂行するため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に掲げる事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定めることができる旨定款に定めております。

 

⑤ 株主総会の特別決議要件

会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行なう旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行なうことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性12名 女性1名 (役員のうち女性の比率7.7%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役
会長

中 山 輝 也

昭和12年6月9日

昭和48年4月

代表取締役社長就任

平成23年12月

一般財団法人知足美術館理事長就任

平成27年4月
 

平成29年1月

公益財団法人知足美術館代表理事就任(現)

代表取締役会長就任(現)

(注)2

820

代表取締役
社長 

中 山 正 子

昭和44年11月27日

平成5年12月

株式会社クリエイティブ蒼風入社

平成18年5月

当社入社CGSセンター長

平成21年1月

取締役・総務担当兼CGSセンター長就任

平成24年1月

取締役・総務部長就任

平成25年1月

常務取締役(経営管理部門統括)就任

平成27年1月

専務取締役(経営管理部門統括)就任

平成29年1月

代表取締役社長就任(現)

(注)2

451

取締役
副社長
技術管理
部門統括

平 野 吉 彦

昭和32年1月20日

昭和54年3月

当社入社

平成12年4月

技術第三部長

平成18年1月

取締役技術副本部長・技術第一部長就任

平成21年12月

常務取締役(技術管理部門副統括)技術第一部長就任

平成24年4月

常務取締役(技術管理部門統括)技術第一部長就任

平成25年1月

専務取締役(技術管理部門統括)技術第一部長就任

平成25年4月

専務取締役(技術管理部門統括)就任

平成30年1月

取締役副社長(技術管理部門統括)就任(現)

(注)2

68

専務取締役
販促管理
部門統括

齊 木 勝

昭和28年9月22日

昭和47年4月

新潟県採用

平成24年4月

新潟県土木部技監

平成25年4月

公益財団法人新潟県下水道公社 理事長

平成26年4月

当社入社上席技術顧問

平成27年1月

専務取締役(販促管理部門統括)就任(現)

(注)2

14

常務取締役
販促管理部門
副統括

金 子 敏 哉

昭和31年5月11日

昭和55年3月

当社入社

平成19年4月

技術第一部・部長

平成25年4月

理事(地盤災害担当)

平成27年1月

取締役(販促及び技術管理部門副統括)就任

平成29年1月

取締役(販促管理部門副統括)就任

平成30年1月

常務取締役(販促管理部門副統括)就任(現)

(注)2

21

常務取締役
販促管理部門
副統括

上 原 信 司

昭和31年10月23日

昭和50年4月

建設省土木研究所採用

平成23年4月

国土交通省北陸地方整備局飯豊山系砂防事務所長

平成27年4月

国土交通省北陸地方整備局企画部環境調整官

平成28年7月

当社入社 理事・技師長

平成29年1月

取締役(販促管理部門副統括)就任

平成30年1月

常務取締役(販促管理部門副統括)就任(現)

(注)2

4

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

取締役
関東事業部長
東京支店長

中 山  修

昭和30年12月5日

昭和53年4月

財団法人国土技術研究センター採用

平成21年6月

財団法人国土技術研究センター河川政策グループ副統括

平成26年4月

当社入社 理事・技師長兼東京支店長

平成29年1月

取締役(関東事業部長・東京支店長)就任(現)

(注)2

14

取締役
技術管理部門副統括

林  剛 久

昭和30年2月2日

昭和52年4月

長岡市採用

昭和53年4月

新潟市採用

平成23年4月

新潟市下水道部長

平成28年4月

当社入社 理事・技師長

平成29年1月

当社取締役(技術管理部門副統括)就任(現)

(注)2

4

取締役

佐 藤  豊

昭和39年7月20日

昭和63年4月

当社入社

平成25年4月

技術第一部長

平成29年1月

取締役(現)

(注)2

10

取締役
水工・砂防部長

大 塚 秀 行

昭和39年3月17日

昭和62年4月

当社入社

平成25年4月

技術第二部・部長

平成29年1月

取締役(水工砂防部部長)(現)

(注)2

5

取締役
(監査等委員)

西 潟 常 夫

昭和28年9月10日

昭和52年2月

当社入社

平成18年4月

営業部長

平成23年1月

取締役(販促管理部門副統括)就任

平成29年1月

販促管理部門技術顧問

平成30年1月

取締役(監査等委員)(現)

(注)3

42

社外取締役
(監査等委員)

久 保 田  正 男

昭和26年3月21日

昭和44年8月

新潟県採用

平成16年1月

塩沢町助役

平成21年4月

新潟県病院局次長

平成23年4月

公益財団法人新潟県健康づくり財団常務理事(現)

平成24年1月

当社監査役就任

平成30年1月

社外取締役(監査等委員)(現)

(注)3

社外取締役
(監査等委員)

渡 部 文 雄

昭和25年9月20日

昭和44年4月

新潟県採用

平成21年4月

土木部副部長(監理課長)

平成23年4月

新潟県商工会連合会専務理事

平成29年4月

新潟県商工会連合会特別参与

平成30年1月

当社社外取締役(監査等委員)(現)

(注)3

1,454

 

 

 

(注)1 久保田正男及び渡部文雄は、社外取締役であります。

2 取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、令和3年10月期に係る定時株主総会終結の時から令和4年10月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

3  監査等委員である取締役の任期は、令和3年10月期に係る定時株主総会終結の時から令和5年10月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は2名であります。

社外取締役久保田正男氏につきましては、当社との人的関係・資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。また、社外取締役渡部文雄氏につきましても、当社との人的関係・資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。

久保田正男氏及び渡部文雄氏は、新潟県職員や団体役員として培った豊富な経験、幅広い見識を考慮し、経営の客観性・中立性を重視する視点で経営全般について監督できるものと考えております。

当社においては、社外取締役を選任するための独立性に関する基準を定めており、この基準に基づくほか、これまでの実績、人格・識見を考慮の上、選任を行っております。

 

③ 社外取締役による監督と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査並びに内部統制部門との相互連携

社外取締役2名は、取締役会以外にも社内の重要な会議に出席するとともに、監査等委員会、社内監査部と会計監査人、内部統制部門と相互に連携して効率的な監査を実施するよう努めており、客観的な立場による監視機能強化の役割を担っております。

 

(3) 【監査の状況】

① 監査等委員会監査の状況

当社の監査等委員は、監査等委員会において定めた監査方針・監査計画に基づき、社内各部門の業務執行状況について定期的に業務監査を行っており、取締役会以外にも、定例的に開催される各種重要な会議にも出席し、経営監視の機能を果たしております。また、定期的に社内監査部及び会計監査人との意見交換や、代表取締役との意見交換を行っております。

当事業年度において、当社は監査等委員会を12回開催しており、個々の監査等委員の出席状況は次のとおりです。

区分

氏名

監査等委員会出席状況

  常勤監査等委員

  西潟 常夫

  全12回中12回

  監査等委員

  久保田 正男

  全12回中12回

  監査等委員

  渡部 文雄

  全12回中12回

 

 

監査等委員会における主な検討事項は、監査方針・監査計画、内部統制システムの運用状況、事業計画の進捗状況、会計監査人の評価及び監査報酬に対する同意等です。

常勤監査等委員の主な活動は、取締役会等の会議への出席、社員等への適宜ヒアリングを行うことにより継続的に監査を実施することです。

 

② 内部監査の状況

内部監査につきましては、独立した内部監査部門として社長直轄の社内監査部を設置し、年間計画に基づく内部監査を実施しております。これにより、内部牽制の実効性を補完し、職務権限規程に基づく社内各部門の適正な業務活動が効率的・合理的に遂行されていることの運営確認と問題点の改善指摘を実施しております。また、内部監査の実施状況を代表取締役並びに監査等委員会に対して報告し、重要な事項については協議の場を設けるなどして相互連携を図っております。

 

 

③  会計監査の状況

a.監査法人の名称

有限責任監査法人トーマツ

 

b.継続監査期間

17年間

(注)上記記載の期間は、調査が著しく困難であったため、当社が株式上場した以後の期間について調査した結果について記載したものであり、継続監査期間はこの期間を超える可能性があります。

 

c.業務を執行した公認会計士

石尾 雅樹

齋藤 康宏

 

d.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士4名、会計士試験合格者等2名、その他3名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

会計監査人が独立性及び必要な専門性を有すること、当社の業務内容に対応して効率的な監査業務を実施できること、監査体制が整備されていることを踏まえたうえで、適任であると判断しております。

 

f.監査等委員会による監査法人の評価

監査等委員会は、監査法人の品質管理体制、監査の実施体制、監査報酬の水準、監査等委員会や社内監査部とのコミュニケーションの状況等について、総合的に評価しております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前事業年度

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

提出会社

19,000

5,400

 

 

区分

当連結会計年度

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

提出会社

21,000

1,700

連結子会社

21,000

1,700

 

 

(監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容)

前事業年度

当社における非監査業務の内容は、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」への対応に関する助言・指導等であります。

当連結会計年度

当社における非監査業務の内容は、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」への対応に関する助言・指導等であります。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬

該当事項はありません。

 

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、当社の規模、業務の特性及び監査日数などを勘案し、稟議に基づいて決定しております。

 

e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査等委員会は、会計監査人の品質管理体制、監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であるかどうかについて必要な検証を行い、相当であると判断したため、会計監査人の報酬等の額について同意しております。

 

(4) 【役員の報酬等】

① 取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針

当社は、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を定めており、その概要は以下のとおりです。

 

イ.基本方針

監査等委員である取締役及び社外取締役を除く取締役の報酬等については、基本報酬及び退職慰労金と業績に応じて支給される業績連動報酬としての賞与で構成されており、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして機能するとともに、取締役個々の職責等を踏まえた適正な水準となることを基本方針とする。社外取締役及び監査等委員である取締役については、独立性を鑑み、原則として基本報酬(月額報酬)のみとする。

 

ロ.基本報酬の個人別の報酬等の額の決定に関する方針

監査等委員である取締役及び社外取締役を除く取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、職位、職責、業績貢献度、そして在任年数等に基づき、当社の業績及び従業員の給与水準をも考慮しながら決定する。

 

ハ.業績連動報酬の内容及び額又は数の算定方針の決定に関する方針(報酬等を与える時期又は条件の決定に関する方針を含む)

当社の監査等委員である取締役及び社外取締役を除く取締役の賞与は金銭報酬とし、会社の業績及び従業員への支給水準等を勘案し決定する。

 

ニ.金銭報酬の額、業績連動報酬等の額または非金銭報酬等の額の監査等委員及び社外取締役を除く取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針

監査等委員である取締役及び社外取締役を除く取締役の種類別の報酬割合については、基本報酬100に対して賞与20、退職慰労金15を目安とする。

 

ホ.監査等委員である取締役を除く取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

監査等委員である取締役を除く取締役の個人別の報酬等の額については、取締役会決議にもとづき代表取締役社長がその具体的内容について委任をうけるものとし、その権限の内容は、基本報酬、賞与の額及びそれぞれの支給時期とする。

 

ヘ.監査等委員である取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

監査等委員である取締役の報酬等は、常勤、非常勤の別、業務分担の状況等を考慮し、監査等委員である取締役の協議により決定する。

 

ト.取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針

代表取締役社長が監査等委員である取締役の助言を受けたうえで、方針案を策定し、令和3年2月25日開催の取締役会において決定方針を決議した。

 

 

② 取締役及び監査等委員である取締役の報酬額についての株主総会決議に関する事項

当社の役員報酬については、平成30年1月18日開催の第45回定時株主総会において、監査等委員である取締役を除く取締役については年額6億円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与を含まない。)、監査等委員である取締役については年額1億円以内と決議されております。当該定時株主総会終結時点の取締役(監査等委員である取締役を除く)は12名、監査等委員である取締役は3名(うち、社外取締役は2名)であります。

 

③ 当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の内容が決定方針に沿うものであると判断した理由

当事業年度の取締役の個人別の報酬等の額は、上記①の決定方針を定める前に決定しております。その際の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は代表取締役社長でありました。各取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬は、取締役会から委任を受けた代表取締役社長中山正子が職務や貢献度に応じて決定しております。委任している理由は、当社全体の業績を俯瞰しつつ各取締役の担当業務の評価を行うには代表取締役が最も適しているからです。また、監査等委員である取締役の報酬は業務の状況等を考慮し、監査等委員である取締役の協議により決定しております。決定については上記方針に照らしても問題はないと判断しております。

 

④ 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

 

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

基本報酬

賞与

退職慰労

引当金繰入

取締役

(監査等委員及び社外取締役を除く。)

96,923

86,400

10,523

11

監査等委員
(社外取締役を除く。)

5,850

5,400

450

1

社外役員

1,300

1,200

100

2

 

 

⑤ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

⑥ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

 

総額(千円)

使用人兼務役員(名)

内容

39,885

5

使用人としての給与であります。

 

 

 

(5) 【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、株式の価値の変動を考慮し売買することで得られる利益や配当の受領を目的として保有する株式を純投資目的である投資株式とし、取引関係の維持・発展・業務連携等を通じた持続的な成長を目的として保有する株式を、純投資目的以外の目的である投資株式として保有しております。
 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社の事業戦略上の重要性並びに取引先との事業上の関係性も総合的に勘案し、その保有意義を個別に判断しております。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の
合計額(千円)

非上場株式

7

66,077

非上場株式以外の株式

4

88,890

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

1

300

長期的・安定的な取引関係の維持のため

非上場株式以外の株式

 

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

該当事項はありません。

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

(特定投資株式)

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果
及び株式数が増加した理由

当社の株
式の保有
の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額
(千円)

貸借対照表計上額
(千円)

㈱第四北越フィナンシャルグループ

17,700

17,700

長期的・安定的な取引関係の維持のため
(注)1


 (注)2

45,772

36,816

㈱大光銀行

10,000

10,000

長期的・安定的な取引関係の維持のため
(注)1

13,410

13,150

㈱新潟放送

16,000

16,000

長期的・安定的な取引関係の維持のため
(注)1

20,960

20,640

㈱植木組

6,000

3,000

長期的・安定的な取引関係の維持のため
(注)1

8,748

7,989

 

(注)1 定量的な保有効果については、記載が困難であります。保有の合理性は、円滑な取引関係維持による長期的な企業価値の向上に資するかどうかを検討しております。

   2 保有先企業は当社の株式を保有しておりませんが、同社グループ企業が当社の株式を保有しております。

 

(みなし保有株式)

 該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 該当事項はありません。

第5 【経理の状況】

 

1  連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。
 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

(3) 当連結会計年度(令和2年10月21日から令和3年10月20日まで)は、連結財務諸表の作成初年度であるため、比較情報を記載しておりません。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(令和2年10月21日から令和3年10月20日まで)の連結財務諸表及び事業年度(令和2年10月21日から令和3年10月20日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、最新の会計基準及び今後改定の予定されている諸案件について遺漏なく把握できるように努めております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

① 【連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当連結会計年度

(令和3年10月20日)

資産の部