EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年7月6日

【事業年度】

第47期(自 2020年4月21日 至 2021年4月20日)

【会社名】

株式会社ダイサン

【英訳名】

DAISAN CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  藤田 武敏

【本店の所在の場所】

大阪市中央区南本町二丁目6番12号

【電話番号】

06(6243)6341

【事務連絡者氏名】

戦略企画本部 本部長  多留 健二

【最寄りの連絡場所】

大阪市中央区南本町二丁目6番12号

【電話番号】

06(6243)6341

【事務連絡者氏名】

戦略企画本部 本部長  多留 健二

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05070 47500 株式会社ダイサン DAISAN CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-21 2021-04-20 FY 2021-04-20 2019-04-21 2020-04-20 2020-04-20 1 false false false E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05070-000 2017-04-21 2018-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2017-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2016-04-21 2017-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:FujitaTaketoshiMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:OkamitsuMasanoriMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:SekiKojinMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:ToyodaKojiMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05070-000 2020-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:OverseasBusinessReportableSegmentsMember E05070-000 2020-04-20 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2021-07-06 E05070-000 2021-04-20 E05070-000 2020-04-20 E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 E05070-000 2019-04-20 E05070-000 2018-04-21 2019-04-20 E05070-000 2017-04-21 2018-04-20 E05070-000 2017-04-20 E05070-000 2016-04-21 2017-04-20 E05070-000 2018-04-20 E05070-000 2021-07-06 jpcrp_cor:Row1Member E05070-000 2021-07-06 jpcrp_cor:Row2Member E05070-000 2021-07-06 jpcrp_cor:Row3Member E05070-000 2021-07-06 jpcrp_cor:Row4Member E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:MiuraMotokazuMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2018-04-21 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp_cor:Row5Member E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:MerchandiseAndFinishedGoodsReportableSegmentsMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:ConstructionSalesReportableSegmentsMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:OverseasBusinessReportableSegmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:OverseasBusinessReportableSegmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:ConstructionSalesReportableSegmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:MerchandiseAndFinishedGoodsReportableSegmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:OverseasBusinessReportableSegmentsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:MerchandiseAndFinishedGoodsReportableSegmentsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:ConstructionSalesReportableSegmentsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E05070-000 2020-04-21 2021-04-20 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:Row1Member E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:Row2Member E05070-000 2020-04-20 jpcrp_cor:Row1Member E05070-000 2020-04-20 jpcrp_cor:Row2Member E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No12MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:MerchandiseAndFinishedGoodsReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp030000-asr_E05070-000:ConstructionSalesReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No11MajorShareholdersMember E05070-000 2018-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05070-000 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05070-000 2019-04-20 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05070-000 2019-04-21 2020-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05070-000 2021-04-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05070-000 2021-04-20 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:NarusueNahoMember E05070-000 2021-07-06 jpcrp030000-asr_E05070-000:SagaraMasahiroMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第43期

第44期

第45期

第46期

第47期

決算年月

2017年4月

2018年4月

2019年4月

2020年4月

2021年4月

売上高

(千円)

9,499,043

8,653,603

経常利益

(千円)

257,300

177,150

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

121,804

34,759

包括利益

(千円)

88,737

2,150

純資産額

(千円)

7,012,112

6,713,724

総資産額

(千円)

10,397,514

10,000,860

1株当たり純資産額

(円)

1,070.83

1,036.22

1株当たり当期純利益

(円)

18.99

5.42

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

66.0

66.4

自己資本利益率

(%)

1.8

0.5

株価収益率

(倍)

33.27

121.76

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

319,591

14,449

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,165,176

114,890

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

584,508

468,418

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,089,867

1,488,763

従業員数

(人)

516

608

[外、臨時雇用者数]

[]

[]

[]

[497]

[448]

(注)1.第46期連結会計年度より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

4.第46期の自己資本利益率は連結初年度のため、期末自己資本に基づいて計算しております。

5.契約社員・常用パート等の人数については、臨時雇用者の意味合いを有する表現であるため、その人数を

[ ]外数で記載しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第43期

第44期

第45期

第46期

第47期

決算年月

2017年4月

2018年4月

2019年4月

2020年4月

2021年4月

売上高

(千円)

8,259,746

8,301,465

8,506,314

8,570,158

7,766,498

経常利益

(千円)

736,922

663,268

616,809

442,665

244,854

当期純利益

(千円)

480,770

395,350

396,076

298,553

100,008

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

566,760

566,760

566,760

566,760

566,760

発行済株式総数

(株)

7,618,000

7,618,000

7,618,000

7,618,000

7,618,000

純資産額

(千円)

6,457,127

6,705,656

6,932,160

7,055,234

6,999,851

総資産額

(千円)

7,939,609

8,272,197

9,247,216

9,795,105

9,510,606

1株当たり純資産額

(円)

1,006.90

1,045.65

1,080.97

1,100.16

1,091.53

1株当たり配当額

(円)

26

26

26

26

21

(内1株当たり中間配当額)

(13)

(13)

(13)

(13)

(10)

1株当たり当期純利益

(円)

74.97

61.65

61.76

46.56

15.59

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

81.3

81.1

75.0

72.0

73.6

自己資本利益率

(%)

7.6

6.0

5.8

4.3

1.4

株価収益率

(倍)

10.58

13.07

10.93

13.58

42.32

配当性向

(%)

34.7

42.2

42.1

55.8

134.7

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

251,285

1,069,739

605,650

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

222,820

265,170

551,550

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

260,234

199,406

49,692

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,644,003

2,249,166

2,352,958

従業員数

(人)

370

400

377

418

504

[外、臨時雇用者数]

[129]

[138]

[133]

[154]

[177]

株主総利回り

(%)

108.2

113.3

99.5

97.2

103.7

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(110.2)

(133.7)

(126.5)

(115.0)

(157.8)

最高株価

(円)

948

898

828

713

730

最低株価

(円)

599

744

524

557

573

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

3.第46期より連結財務諸表を作成しているため、持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。また、第45期までは関連会社がありませんので、持分法を適用した場合の投資利益は記載しておりません。

4.契約社員・常用パート等の人数については、臨時雇用者の意味合いを有する表現であるため、その人数を[ ]外数で記載しております。

5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。

6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第45期の期首から適用しており、第44期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

2【沿革】

年月

事項

1975年4月

建築金物、仮設機材の製造販売及びプレス加工を目的として大阪府堺市神南辺町(現堺市堺区)に株式会社大三機工商会を設立

1975年11月

社団法人仮設工業会に入会

1975年11月

「DSブラケット」の製造販売を開始

1978年7月

「DSカプラー」の製造販売を開始

1980年6月

クサビ式の低層用仮設足場「ビケ足場」を開発し製造販売を開始

1982年3月

ビケ足場の普及を目指し、大阪府堺市平井(現堺市中区)にビケ足場事業部を設置

1982年8月

本社及び工場を移転(現堺市中区)

1983年4月

福岡市東区にビケ足場事業部福岡営業所を設置(現福岡サービスセンター)

1984年2月

ビケ足場事業部を「ビケ足場」の西日本地区における販売及びレンタルの会社として、資本金20,000千円で株式会社ビケとして分離
ビケ足場の設計・施工付レンタルサービスである「ビケレンタルシステム」を構築し、事業部単位での組織運営を開始

1984年8月

「ビケ足場」が社団法人仮設工業会の認定品となる

1989年2月

商号を株式会社ダイサンに変更

1989年2月

本社を移転(大阪市中央区)

1991年10月

東京支店を設置(現東京都中央区)

1992年3月

九州支店を設置(現福岡県古賀市)

1995年12月

「DSハンガーステージ」の製造販売を開始

1997年4月

経営体質の強化及び製造・開発から販売・施工にいたる総合仮設企業となるために株式会社ビケと合併し、サービスセンター15カ所、整備工場4カ所などを承継

2000年3月

大阪証券取引所市場第二部に株式を上場

2000年7月

品質保証の国際規格ISO9001を認証取得

2002年7月

ISO9001(2000年版)品質マネジメントシステムに移行

2002年11月

東日本地区へのビケ部材の直接販売開始

2006年2月

首都圏進出第一号として、神奈川サービスセンターを設置 (神奈川県相模原市)

2008年3月

「ビケレンタルシステム」から「ビケシステムサービス」へ転換

2008年10月

社内検定「ビケ足場施工」を開始

2009年7月

社内検定「ビケ足場診断」を開始

2010年1月

「ビケ足場BX工法®」を標準化

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場

2015年7月

監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行

2017年4月

有限会社山陽セイフティーサービスの足場施工サービス事業を譲り受ける

2018年11月

DRC株式会社の株式取得(子会社化)

2019年5月

Mirador グループの取得(子会社化)

・Mirador Building Contractor Pte. Ltd.

・Golden Light House Engineering Pte. Ltd.

・PM & I Pte. Ltd.

子会社 DAISAN INTERNATIONAL VIETNAM CO.,LTD. 設立

2019年7月

東京支店を移転(東京都港区)

 

3【事業の内容】

 当社グループは、連結財務諸表提出会社及び子会社5社(連結子会社1社、非連結子会社4社)により構成されており、建設向け仮設足場の企画・開発・生産・販売のほか、足場の組立て・解体・貸出しを行う施工サービスを主たる業務としております。

 なお、その主な事業内容は次の通りであり、セグメントの区分と同一となります。

施工サービス事業…当社は、主に自社生産した足場部材「ビケ足場」、「レボルト®」を顧客に対して足場施工付きのレンタルにより提供しております。施工現場は戸建てや集合住宅、マンションなどの住宅が最も多く、公共施設や物流倉庫、宿泊施設など、大型の建築物向けにも対応しております。

 

製商品販売事業 …当社は、建築金物・仮設機材の製品企画・設計・製造・販売を行っております。主力製品は、住宅などの低層建築工事向けに需要が高い「ビケ足場」と、中高層建築工事向けに安全性を高めた「レボルト®」のほか、土木工事や他社仮設材と共に使用される一般仮設材になります。

 

海外事業    …シンガポールの子会社Mirador Building Contractor Pte. Ltd.は、主に石油化学プラント向けに労働者の派遣や足場工事を中心とした熱絶縁工事、電気工事などの付帯工事のほか、オフィス向けの清掃事業を行っております。

 

その他事業   …当社は、ビケ足場仮設事業協同組合の業務受託および保険代理店業務を行っております。

 なお、事業の系統図は次のとおりになります。

0101010_001.jpg

0101010_002.jpg

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業

の内容

議決権の所有割合又は被所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

Mirador Building Contractor Pte. Ltd.

123 Tyrwhitt Road Singapore 207549

4,000千

シンガポールドル

海外事業

90

・役員の兼任

・債務保証をしております。

(注)1.「主要な事業の内容」欄にはセグメントの名称を記載しております。

2.特定子会社に該当しております。

3.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等   (1)売上高       887百万円

           (2)経常損失(△)   △24百万円

           (3)当期純損失(△)  △24百万円

           (4)純資産額      685百万円

           (5)総資産額     1,462百万円

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年4月20日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

施工サービス事業

399

(167)

製商品販売事業

40

(5)

海外事業

104

(271)

報告セグメント計

543

(443)

その他

4

()

全社(共通)

61

(5)

合計

608

(448)

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.従業員数が前連結会計年度末に比べて92人増加しましたのは、主として施工サービス事業における当社の請負契約の施工スタッフの社員化推進等によるものです。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2021年4月20日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

504

(177)

35.1

8.5

4,745,768

 

セグメントの名称

従業員数(人)

施工サービス事業

399

(167)

製商品販売事業

40

(5)

その他

4

()

全社(共通)

61

(5)

504

(177)

 (注)1.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。

    2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

    3.平均年齢、平均勤続年数、平均年間給与には臨時雇用者を含んでおりません。

 

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。

(1)会社の経営の基本方針

 当社は、創業以来「新しい足場文化と安全文化の創造」を理念に掲げ、単に「安全・安心」だけでなく「感動」も提供できるサービス会社として社会に貢献することを経営の基本方針としておりましたが、2021年4月21日付で新たに企業理念と経営の基本方針を設定いたしました。

 企業理念「私たちは志を高く持ち常に未来を創造します」「私たちは社会の持続と発展に貢献します」について、当社のコア事業である建築向け足場の生産・販売と足場の施工サービスは、ともに“仮設資材”の提供であり、使用される現場において常設されることはありません。しかしながら、建物を作る上では欠かせない資材であり、建物自体の品質や働く方の安全・安心を大きく左右する存在でもあります。そのため、当社で働くすべてのスタッフが、現場の安全を守る強い志を立て、お客様への対応や技術の向上に努めることで、快適で持続可能な社会の実現に貢献できることを理念としております。

 基本方針「ファーストなサービスを心から」については、前事業年度より当社グループ全体で掲げている方針であり、グループに所属するすべてのスタッフが、“心から”お客様に向き合い、最大限の技術と品質を提供することを表しており、行動の結果としてお客様からいただける“ありがとう”が、さらなる企業価値を創造し、業界の地位向上にもつながっていくと考えております。これからも常にお客様ファーストで物事を考え、感謝いただけるサービスを提供してまいります。

 

(2)目標とする経営指標

 当社グループは、事業を継続的に発展させていくためには、売上高を増加させ、適正な利益確保を図っていくことが必要であると考えております。また、成長のための財政基盤を強化する観点から営業外の活動も重視し、「売上高経常利益率」を重要な経営指標として捉え、その向上を図る経営に努めてまいります。

 

(3)経営環境

 当社グループを取り巻く経営環境について、日本国内では今後さらに若年層の減少と高齢化が進み、単独世帯が増加していくものと想定されます。そのため、当社に関連の深い住宅業界については、新築の戸建てに対する建設需要は減衰するものの、リフォームに対する需要は堅調に推移するものと考えられます。また、建設業全体において、従事する労働者は減少を続けており、全産業と比べても高齢化が進行しておりますが、足場施工の業界においても、人手不足と高齢化が重要な課題になっております。

 このような中、政府としては、建設分野の全てのプロセスにおいて、ICT等の新たな技術を活用し、建設現場の生産性向上を目指す「i-Construction」が推進されています。

 在外子会社のあるシンガポールについては、日本と同様に高齢化が続くことで、労働者不足と賃金上昇が進むものと想定されます。子会社に関連する石油化学産業は、定期的にプラントのメンテナンス工事は実施されるものの、中期的には原油の需給動向に左右され、プラント新設などの大型プロジェクトは先延ばしになるものと考えております。政府としては、国家の課題を解決すべく2014年より「スマートネーション構想」として、全産業にIOT、ICT技術の導入が進められております。

 

(4)会社の対処すべき課題と中期経営計画

①会社の対処すべき課題

 当社グループでは、これからの経営環境を踏まえ、以下の課題を掲げております。

 

<戸建向け足場施工から戸建て以外用途へのシフト>

 当社の開発したビケ足場は、住宅向け足場のトップブランドとして市場に定着したことから、低層向けの足場として使用されることが多いですが、長期的には戸建住宅の建設需要が減少していくものと予測されるため、戸建て以外の建物へのシフトが求められています。

 

<労働集約型ビジネスモデルからの脱却>

売上高の大半を占める施工サービス事業では、顧客から足場施工の依頼は多いものの、雇用環境が好調であることから、全ての依頼に対応できる程度には施工スタッフ数の確保ができず、収益向上に対するボトルネックとなっており、労働集約型ビジネスモデルからの脱却が求められています。

 

<足場の施工効率向上と施工スタッフの高齢化への対応>

 足場施工に関する一連の作業は、ほとんどが手作業で、作業効率の向上に限界があり、また、体への負担が大きく、高齢での作業従事が困難であることから、作業者の負担を軽減し、より効率的に働くことが求められています。

 

<多様な人財の獲得と働き方改革>

 建設業全体での就業者数は減少を続けており、特に建設技能者の採用状況は厳しさを増していることから、様々な雇用形態、魅力的な労働環境等を整備し、多くの人財を確保すると共に、安心して一生涯働ける会社になることが求められています。

 

<足場施工技術の向上による安全な社会への貢献>

 社会の安全と高品質なインフラのために足場の果たす役割は大きいものと考えております。グループ内においては、国内外で対象とする施工現場が異なりますが、さらに安全な社会の実現に貢献するため、足場の施工技術向上が求められています。

 

<デジタルトランスフォーメーション(DX)推進による効率化>

 グループ内では会社規模や所在する国が異なることから、組織内での統制の強度、地理的な遠隔性や文化、言語、法律など、様々な違いがあり、ヒトやモノの活発な交流や活用に課題があります。今後、IoTやAI、高速通信を活用したDX推進により、グループ内における活発な交流と業務効率化の実現が求められています。

 

<グローバル人財の育成>

 今後、グループとしてアジア圏内でのビジネスを展開してまいりますが、そのためには語学力、コミュニケーション能力の基礎的なスキルの習得だけでなく、様々な環境へ対応できるチャレンジ精神旺盛な人財の育成がグループ内で求められています。

 

②中期経営計画とその進捗

 当社グループでは、対処すべき課題を前提に、2019年4月期から2021年4月期までの3連結会計年度を期間とする中期経営計画を『第2次中期経営計画』として策定し取り組んでまいりました。

 

<中期経営計画の基本方針>

「建設現場にファースト(最上級)なサービス(FS品質)を心から」

 創業以来「新しい足場文化と安全文化の創造」を理念に掲げ、社会の課題に対応した取り組みを行ってまいりました。単に「安全・安心」だけでなく「感動」も提供できるサービス会社として成長してまいりましたが、中期経営計画では、足場施工を事業の中心としながらも事業領域を“建設現場”全体に拡げ、“ビケ足場=高品質の足場”という評価にまで高めた“最上級のサービスを提供する”(FS品質)精神を当社だけでなくダイサンに関わる企業の皆様を通じて、社会的問題の解決に取り組む想いを方針といたしました。

 

<目標数値>

 当社グループでは、以下の通り、各連結会計年度の売上高、営業利益、営業利益率の目標を設定し進めました。なお、目標値については、新型コロナウイルス感染症拡大による業績への影響を鑑み、2020年3月3日と2020年6月5日および2020年10月12日に修正しております。

0102010_001.jpg

 

<5つの重点戦略と進捗>

a.中層大型建築物向け足場施工と製商品の販売拡大

 当社グループでは、将来的に新築の戸建て工事は減少していくものと予想しておりますが、“マンションリフォーム”“都市部での宿泊施設”“高齢者向け施設”“物流センター”などの中層大型建築物に対する需要は引き続き堅調に推移するものと考えております。具体的な取り組みは、『施工技術の向上』『外部工事業者との連携』『足場以外のサービス提供』『中層大型建築物向け製商品の提供』などになります。

 当連結会計年度においては、引き続き中層大型建築物向けの営業活動に注力したものの、コロナ禍の影響により、大規模修繕工事や新設プロジェクトの延期が増え、施工サービス事業の中層大型建築物向け足場施工に対する売上高は、前年同期比で79.4%となりました。

 

b.新たな市場への挑戦

 これまで当社事業は国内のみで展開しておりました。足場部材の調達・生産・販売、足場の施工工事、工事現場に関する各種サービスなど、国内市場だけにとらわれず、海外に向けた事業展開を進めてまいりました。また、今後はインフラメンテナンス市場の規模が拡大していくものと想定されており、当社としては、土木工事向けのサービスや製商品の販売を行う上で、重要なマーケットと位置づけております。土木向け仮設材の企画開発生産を行い、需要が見込めるインフラメンテナンス市場を開拓してまいりました。

 当連結会計年度においては、シンガポールの足場工事、熱絶縁工事、人材派遣等の事業を展開する「Mirador Building Contractor Pte. Ltd.」(連結子会社)において、今後、収益が見込めるプラント向けの塗装工事、機械設置工事の人材と機材を拡充し、資材置場の拡張計画を進めました。また、建設現場での安定した需要が見込まれる工事用メッシュシートを海外調達に切り替えて、仕入れ価格を低減するとともに、新たな収益源として販売促進に取り組みました。

 

c.施工サービス事業の資源を利用した事業領域の拡大

 “FS品質”のもと顧客満足を最大限に高めるため、社内保有の資源を活用し、社外向けにサービスとして提供することで、収益向上に資する新たなセグメントを検討してまいりました。また、既存事業以外についても、「建設現場に関わるサービス」をキーワードにM&Aの利用も進めてまいりました。具体的な取り組みは、『(足場部材のみの)リース・レンタル事業』『機材整備事業』『カメラ事業』『キャドシステム事業』『教育事業』の展開などになります。

 当連結会計年度においては、九州地区にて開始した足場部材の施工無し『リース・レンタル事業』について、首都圏での展開に向けた資材ヤードの確保やレンタル用での新型足場「レボルト®」の量産、『カメラ事業』については、クラウド型現場管理カメラ「魚眼くん」のラインナップとして筐体を小型化した「魚眼くんプチ」のリリース、『キャドシステム事業』については、ベトナム子会社での足場計画図のさらなる増産に取り組みました。

 

d.足場施工サービスの施工効率向上

 当社では、“施工スタッフの増員”や“施工スタッフの高齢化への対応”を重要な経営課題に掲げております。ただし、昨今は、雇用情勢が好調であることからも、大幅に増員ができる環境ではありません。そのため、在籍する施工スタッフの施工スピードを向上させることと作業負担の軽減を図ることを共に両立させることが、将来を見据えた重要なテーマになっています。足場施工の効率化を進めるためにも、施工作業の動作研究を行い、新たな技術の導入に努めてまいります。具体的な取り組みは、『足場部材の軽量化』『作業の機械化』『施工管理システムの刷新及び事務処理の自動化』などになります。

 当連結会計年度においては、前連結会計年度に中層大型建築物向けに足場部材の荷揚機を開発し、施工サービス部門で試行を行っていた新商材「マイティーBOX180」について、販売を開始いたしました。シンガポールの子会社では、プラント向け工事のレンタル足場について、国内と同様のシステム足場を一部利用することで、施工効率を高める取り組みを始めました。

 

e.多様な人財の獲得と働きやすい職場環境の構築

 当社では、将来にわたって持続的に成長していくために、働く社員が様々な個性を活かし、いきいきと働けることが重要と考えています。いろいろな価値観・背景を持つ社員が、毎日充実して過ごせる環境と風土づくりを進めてまいります。具体的な取り組みは、『外国籍社員の積極採用』『女性の活躍推進』『高齢者の積極採用』『多様な勤務体系の構築』『ロボティクス・プロセス・オートメーション(以下、RPA)等の新技術導入による業務効率化』などになります。

 当連結会計年度においては、本社スタッフとしてインドネシアより2名の新卒者を採用し、同国より1年間の長期インターン生2名も採用いたしました。勤務体系として、コロナ禍前より体制整備していたテレワーク勤務を本社・東京支店で推進し、緊急事態宣言下では、ほぼ6割以上の在宅勤務率になりました。そのほか、本社内にてRPAを活用した各種業務の自動化を推進いたしました。

 この度、2022年4月期から2024年4月期までの3連結会計年度を期間とする新たな中期経営計画を『第3次中期経営計画』として作成いたしましたが、その内容は、以下の通りになります。

<中期経営計画の基本方針>

「ヒト創りとデジタル技術の共進」

 当社グループでは、会社を支え発展させる源は人財であると考えておりますが、今後、国内における労働人口は減少し、高齢化も進むと想定されることから、各種の規制緩和が進まない限り、将来、事業活動で必要となる人材を十分確保していくことは難しくなると考えております。そのため、現場の足場施工も含め、さまざまな業務にデジタル技術を採用し、作業の効率化や自動化を進めると共に、お客様を含む社会からの期待に素早く応えられるよう、従来の考え方にとらわれない多様性を重視した組織を創り、自ら考え、判断し、行動できるヒトを育て、ひとりひとりが事業の成長と社会の発展に貢献する組織を目指してまいります。

 

<目標数値>

 当社グループでは、中期経営計画の最終年度である2024年4月期の連結売上高、連結営業利益の目標を以下の通り設定いたしました。

 

0102010_002.jpg

<5つの重点戦略>

a.既存事業の再構築と事業間連携の強化

 これまでの事業運営では、部門の取引先や取り扱う商材、ノウハウを部門間で共有する機会が少なかったため、各部独自の取引先を増やすことができ、また、技術を高めることができた一方、営業活動や生産・施工活動が非効率となっておりました。そのため、今後は収益性を高めるためにも、情報や人財の共有、デジタル技術の導入、部門統合、新規事業立上げのほか、子会社を含めたグループ内での資源共有により、組織全体での営業体制を整え、事業間連携によるシナジーを発揮し、資源の効率化を図り、お客様から、より選ばれる組織となることで、今まで以上に社会のニーズに応えてまいります。

 

b.新市場の創造と東南アジアでのビジネス基盤確立

 当社に関連の深い戸建てを中心とする住宅市場や国内での人材が確保しにくくなる労働集約型のビジネスは、今後、縮小を続けるものと考えております。そのため、新たな収益源を確保するためにも、これまで蓄積してきた足場の技術や取引先のネットワーク、業務効率化の仕組みを活用し、新たなマーケットに参入するほか、足場事業以外の市場を創造してまいります。また、事業活動の地域については、東南アジアを中心とした国外に拡げることで、新たなビジネスの機会を創出してまいります。

 

c.未来社会に貢献するヒト創りと商品サービスの開発

 当社グループが関わる社会課題として、建設技能者の不足と高齢化、建設現場における墜転落事故の防止、災害発生後の早期インフラの復旧などがあります。これまで社内で蓄積してきた教育プログラムや企業文化をさらに発展、浸透させることで、高い技術と安全への強い使命感を持つスタッフを増やしていくと共に、より安全な仮設資材や工事用の装備品、システムの開発に注力することで、事故のない社会の実現に貢献してまいります。また、足場施工サービスを通じて得られた人財やノウハウを活かし、人手不足にある業界にアプローチすることで、社会全体の課題にも取り組んでまいります。

 

d.ヒトとデジタル技術をつないだビジネス革新

 足場施工スタッフの大幅な増員は、今後も見込み難いと考えております。そのため、一人当たりの生産性を向上し、収益性を高めることが求められていますが、これまで取り組んできた施工管理システムを進化させるほか、IOT機器と連携したアプリケーションの開発、さまざまなデータの見える化など、デジタル技術の積極的な採用を進めることで、生産性を上げるだけでなく、スタッフの負担削減にも取り組んでまいります。また、社内で採用するデジタル技術を社外にも提供することで、社会全体での生産性向上に貢献してまいります。

 

e.ES(従業員満足)ファーストのガバナンス体制構築

 当社グループでは、会社が永続するために最も大事にすべきはスタッフである従業員と考えております。スタッフの働く環境や待遇の向上は、お客様に対する対応品質の向上に繋がり、お客様の満足度が向上すれば収益が向上し、結果として企業価値が高まると捉えております。そのため、従業員が最大限に満足して働くことができるよう、統治体制の見直しを進め、多様な働き方の実現、充実した福利厚生制度のほか、全てのスタッフが成長を実感できる教育体系の構築を目指して取り組んでまいります。

 

(5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当社グループとして、優先的に対処すべき事業上の課題は、新型コロナウイルス感染症拡大による景気悪化が業績へ与える影響と捉えております。提出日時点において想定されるセグメント別の影響と今後の取り組みは以下の通りですが、新型コロナウイルス感染症に対する政府・自治体の規制や経済の動向、感染拡大の状況によっては大きく変わる可能性があります。

 

①施工サービス事業

 施工サービス事業においては、顧客であるハウスメーカーやゼネコンにて、前期同様に感染が拡大した場合、営業活動の自粛、施工現場の工事中断が行われ、足場施工の受注量が低調に推移するものと考えられます。このような状況を想定し、引き続き新規顧客の獲得に向けた営業、現場の遠隔監視用カメラ「魚眼くん」の販促、足場計画図の作図請負の提案を進めるほか、中層大型建築物向けの受注を拡大し、プラント向けの足場施工にも取り組み、売上に繋がる行動に努めてまいります。

 また、事業活動においては、引き続き新型コロナウイルス感染症による感染予防のため、営業担当はマスク着用と営業車への除菌水常備を徹底し、施工現場においては、作業時以外はマスク着用を徹底、施工中に関しては顧客による取り決めに従い対応してまいります。

 

②製商品販売事業

 製商品販売事業については、コロナ禍により、これまで延期されてきた新設着工をともなうプロジェクトや修繕工事などが徐々に再開し、主要顧客においては、前期の買い控えの反動から、一定程度の受注が見込めると判断しているものの、感染拡大の状況により、建設工事に対する需要は不透明さが続くと想定されます。このような状況においても、コロナ禍後を見据え、継続して取引先の開拓を行い、中層大型建築物向けの工事で需要が見込まれる新製品「レボルト®」と前期に受注好調であった工事用メッシュシートについては、引き続き在庫の確保に努めてまいります。

 新型コロナウイルス感染症による感染予防について、施工サービス事業同様、営業担当はマスク着用と営業車への除菌水常備を徹底すると共に、引き続き時差出勤やテレワーク、モバイルワークも実施してまいります。

 

③海外事業

 海外事業においては、在外子会社の決算期が2022年1月期となることから、日本国内よりも事業活動に対するコロナ禍の影響は強く受けるものと想定しております。収益の源泉となる外国籍の労働者増員については入国規制が続き、これまでのように国外からの労働力確保は期待できないと考えているため、前期より国内での確保に切り替え、採用活動に努めております。また、現地で営む事業内容が、人材派遣や足場工事のほか、熱絶縁工事、電気工事、機械設置工事、塗装工事など複数種類ある強みを活かし、受注案件に付随する他の種類の工事や人材派遣を組み合わせて提案し、案件ごとの受注単価を増やすとともに、現場あたりの生産性を高めることで、収益向上に取り組んでまいります。営業活動においても、引き続き石化プラント向け工事のほかに、製薬工場、半導体・電子部品工場、データセンター向けの案件獲得を進めてまいります。

 新型コロナウイルス感染症による感染予防については、政府によって一律に対策が義務付けられておりますので、各種ルールの順守を徹底してまいります。

 

 また、当社グループとして、優先的に対処すべき財務上の課題は、事業上の課題同様、新型コロナウイルス感染症による景気悪化が長期化した場合に備えた財務基盤の強化と捉えております。現在の方針として、まずは当社グループの全スタッフの雇用維持と安全衛生確保を掲げております。現時点でも内部資金と借入枠に一定程度の余裕はありますが、今後も不透明な情勢は続くものと想定し、引き続き在外子会社と共に主要取引行との連携を強化し、予算統制を厳格に行ってまいります。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している重要なリスクは、以下のとおりであります。なお、当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対応に努める所存であります。

 本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 住宅着工戸数の動向について

 当社グループは、住宅関連産業を通して事業展開を行っておりますので、例えば建築基準法の改正、消費税率引き上げ、住宅ローン減税等の優遇策、住宅ローン金利の今後の動向により、大幅に新設住宅着工戸数が減少した場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 当該リスクへの対応として、住宅用途以外の建築物に対する足場施工サービスの展開によりリスクを分散することと、現在のセグメント以外の事業育成によりリスク回避することを進めております。

 

② 施工力の変動

 当社グループは、ビケ足場施工サービスを事業の柱としておりますが、施工スタッフの数、すなわち施工力が事業運営に大きな影響を及ぼします。その結果、施工力が計画的に確保できない場合には、業績に影響を与える可能性があります。

 当該リスクへの対応として、まずは施工スタッフの定着のため、請負から社員への転換を進めるなど、働く環境の改善を進めるほか、施工スタッフの増員については、外国人技能実習生の採用を増やすことに取り組んでおります。また、自社資源だけでなく、当社グループの安全・品質方針に理解がある足場施工会社への外注も進めております。

 

③ 原材料価格の変動

 当社グループは、ビケ足場および一般仮設機材の製造を行っており、原材料価格の著しい変動が、製品原価の高騰を招いた場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 当該リスクへの対応として、毎期、原材料の受入予定価格を設定しており、できる限り安い価格の際に発注するよう努めております。

 

④ 為替の変動

 当社グループには、シンガポールの連結子会社があるため、為替が著しく変動した場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 当該リスクへの対応として、予算編成の際に想定する為替レートを設定し、その範囲で対応できるよう、機会に応じて為替予約やデリバティブ取引などを利用し、できるだけ為替変動による業績への影響を回避するよう努めております。

 

⑤ 新型コロナウイルス感染症等

 当社グループは、中期経営計画に基づき海外市場への展開を進めております。新型コロナウイルスを始めたとした感染症が長期化する場合やその他想定外の大規模災害等が発生する場合、業績に大きな影響を与える可能性があります。

 

⑥ その他

 当社グループは、事業展開上、様々なリスクがあることを認識し、それらを出来る限り事前に防止、分散あるいは回避するように努めております。しかしながら、当社グループが事業を遂行するにあたり、経済情勢、金融・株式市場、法的規制や災害およびその他の様々な影響が発生した場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

a.経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により急速に悪化し、その後は経済活動の回復が続いていたものの、再び都市部を中心とした緊急事態宣言が発出される事態となり、先行き不透明な状況となりました。

 当社に関連の深い住宅業界について、新設住宅着工戸数は利用関係別で持家、貸家、分譲ともに前年を下回る状況が続き、年度末にかけて持ち直しの動きは見られたものの、全体では前年同期と比べマイナスとなりました。

 こうした状況において、当社グループでは当連結会計年度を最終年度とする中期経営計画を立ち上げ、既存事業の効率化と資源の有効活用および国内における労働集約型ビジネスモデルの脱却を目指し、新たな市場開拓や新規事業の展開を進めました。

 また、新型コロナウイルス感染症に対する全社的な対応として、マスク着用、手指のアルコール消毒、検温、本社・支店スタッフのテレワーク勤務、時差出勤などの感染防止策を継続して行い、受注量の減少による事業活動の縮小に対しては、全スタッフを対象にした一部の稼働日の休業を実施し、休業手当を100%支給するとともに、雇用調整助成金の助成を受けました。

 なお、2020年8月3日に公表いたしました「公正取引委員会による勧告について」のとおり、公正取引委員会より請負契約の施工スタッフに対する消費税の転嫁不足に対する勧告を受け、2014年4月以降の支払い対価の不足額49百万円を特別損失として計上しております。また、当社の非連結子会社であるDRC株式会社について、IOT機器の開発に社内資源を集中させたことから、収益が大きく減少し、株式投資に対する将来の回収可能性に不確実性が生じたことから、関係会社株式評価損53百万円を特別損失として計上しております。

 以上の結果、当連結会計年度における売上高は8,653百万円(前年同期比8.9%減)、営業損失131百万円(前年同期は営業利益265百万円)、経常利益177百万円(前年同期比31.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益34百万円(前年同期比71.5%減)となりました。

 

 セグメントの経営成績は、次のとおりであります。

 

(施工サービス事業)

 施工サービス事業につきましては、期首に政府が発出した緊急事態宣言を受け、多くの顧客が営業活動の自粛、建設現場の工事停止を決定したため、当社の受注活動も停滞するなど、厳しい状況が続きました。宣言解除後は、感染対策を徹底した上で積極的に営業を行い、徐々に受注が戻り始めたものの、再度、緊急事態宣言が発出されたことから、営業活動の制約や工事延期が業績に影響を与えることになりました。

 そのような状況において、前事業年度より促進している請負契約の施工スタッフの社員化に取り組むとともに、営業担当者の業務効率化を図るため、現場調査のIT化やWEB会議システム活用を進め、現場管理用カメラ「魚眼くん」の拡販、CADを利用した足場計画図の提供など、将来を見据えた新しいビジネスモデルの構築に取り組みました。

 以上の結果、売上高は6,690百万円(前年同期比6.3%減)、売上総利益は1,979百万円(同16.2%減)となりました。

 

(製商品販売事業)

 製商品販売事業につきましては、景気悪化への懸念が高まり、主要顧客を中心に足場部材の買い控えが続いておりましたが、新販路への営業に注力したことで、新たに購入いただく機会が緩やかに増えました。しかし、下半期には緊急事態宣言が再発出されたため、感染リスクを考慮し、対面での営業活動を制約したこともあり、計画していた受注量の確保には至りませんでした。

 このような中、中層大型建築物向けに安全性を高めた新製品「レボルト®」に対する今後の需要拡大と施工サービス事業への社内投入を目論み、生産工程の稼働率を最大限まで高め、専用の商品センターを開設するなど、在庫の確保に努めました。そのほか、建設現場で安定した需要が見込まれる工事用メッシュシートを海外調達に切り替えて、仕入れ価格を低減するとともに、「レボルト®」と同様、新たな収益源として、販売促進に取り組みました。

 以上の結果、売上高は1,006百万円(前年同期比25.5%減)、売上総利益は269百万円(同19.9%減)となりました。

(海外事業)

 海外事業につきまして、在外子会社のあるシンガポールでは、新型コロナウイルス感染症に関する政府の拡大防止策が徹底されたため、国内経済の停滞が続き、事業活動にも大きな影響を与えました。年度末に向けて段階的に規制が緩和され、現場への労働者派遣や各種工事の受注量は前期の水準に戻りつつありましたが、国外からの労働者入国に厳しい規制がなされ、労働力の確保が進みませんでした。

 このような状況において、コロナ禍後を見込み、新たな取引先と受注を増やすため、前事業年度と同様に業界経験の豊富なマネージャーを採用し、今後、さらに成長が見込まれる製薬工場やデータセンター向けの仕事を積極的に受注し、大手の日系企業に対する働きかけを強めて関係強化を図ることで、先々の受注基盤の拡大に取り組みました。

 以上の結果、売上高は887百万円(前年同期比4.5%減)、売上総利益は150百万円(同24.4%減)となりました。

 なお、前連結累計期間は、子会社化の時期の関係上、連結対象となる月数は9ヵ月間となります。

 

(その他)

 その他につきましては、業務受託料および保険代理店収入等で構成されており、売上高は69百万円(前年同期比8.4%減)、売上総利益は51百万円(同2.2%減)となりました。

 

b.資産、負債及び純資産の状況

(資産)

 当連結会計年度末における流動資産は5,154百万円となり、前連結会計年度末に比べ227百万円減少いたしました。これは主に現金及び預金が601百万円減少、賃貸用仮設材が383百万円増加したことによるものであります。

 固定資産は4,846百万円となり、前連結会計年度末に比べ168百万円減少いたしました。これは主に建物及び構築物が313百万円増加、のれんが62百万円減少、関係会社株式が53百万円減少、投資その他の資産のその他に含まれる投資不動産が188百万円減少、長期預金が100百万円減少したことによるものであります。

 この結果、総資産は10,000百万円となり、前連結会計年度末に比べ396百万円減少いたしました。

 

(負債)

 当連結会計年度末における流動負債は2,131百万円となり、前連結会計年度末に比べ67百万円増加いたしました。これは主に短期借入金が155百万円増加、1年内返済予定の長期借入金が77百万円減少したことによるものであります。

 固定負債は1,155百万円となり、前連結会計年度末に比べ165百万円減少いたしました。これは主に長期借入金が163百万円減少したことによるものであります。

 この結果、負債合計は、3,287百万円となり、前連結会計年度末に比べ98百万円減少いたしました。

 

(純資産)

 当連結会計年度末における純資産合計は6,713百万円となり、前連結会計年度末に比べ298百万円減少いたしました。これは主に資本剰余金が79百万円減少、利益剰余金が112百万円減少、非支配株主持分が76百万円減少したことによるものであります。

 この結果、自己資本比率は66.4%(前連結会計年度末は66.0%)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、1,488百万円と期首より601百万円減少となりました。

 各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果減少した資金は14百万円(前年同期は319百万円の収入)となりました。その主な要因は、税金等調整前当期純利益が146百万円、減価償却費213百万円、仕入債務の増加104百万円に対し、たな卸資産の増加額84百万円、賃貸用仮設材の増加額382百万円、法人税等の支払額93百万円等があったことを反映したものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果減少した資金は114百万円(前年同期は1,165百万円の支出)となりました。その主な要因は、定期預金の払戻による収入100百万円に対し、有形固定資産の取得による支出224百万円等があったことを反映したものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果減少した資金は468百万円(前年同期は584百万円の収入)となりました。その要因は、長期借入金の返済による支出234百万円、配当金の支払額147百万円、連結の範囲を変更を伴わない子会社の取得による支出156百万円等があったことを反映したものであります。

③生産、受注及び販売の実績

a.施工能力

 施工用資産であるビケ部材の当社の保有高は次のとおりであります。

セグメントの名称

品目別

当連結会計年度

(自 2020年4月21日

至 2021年4月20日)

前年同期比(%)

施工サービス事業

施工能力㎡数(千平方メートル)

1,283

97.3

(注)当社の施工用資産は極めて多種多様にわたり、かつ同種の品目であっても仕様、構造、形式は一様ではありません。このため、保有する主要部材で施工可能な広さを建物の架㎡数で表示しております。
ここに、主要部材とは、支柱・踏板・布材・ブラケット・ジャッキベースのことであります。

b.生産実績

 当連結会計年度の生産実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

品目別

当連結会計年度

(自 2020年4月21日

   至 2021年4月20日)

前年同期比(%)

製商品販売事業

ビケ部材等(千円)

1,053,924

76.4

一般仮設(千円)

266,205

119.6

 合計(千円)

1,320,130

82.4

(注)1.金額は販売価格によります。

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

c.外注の実績

 当社は、製商品販売事業における製品の製造及び部品加工の大部分を外注に依存しております。その依存度は、外注費が総製造費用に対し当連結会計年度で41.5%を占めております。

 なお、主な外注先は、株式会社山本興業、株式会社シズカ、株式会社興和工業所等であります。

d.商品仕入実績

 当連結会計年度の商品仕入実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

品目別

当連結会計年度

(自 2020年4月21日

   至 2021年4月20日)

前年同期比(%)

製商品販売事業

ビケ部材等(千円)

233,556

118.0

一般仮設(千円)

64,714

70.3

 合計(千円)

298,270

102.9

 (注)1.金額は仕入価格によります。

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

e.受注実績

 当連結会計年度の受注実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

セグメント

の名称

品目別

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

製商品

販売事業

製品

ビケ部材等

588,653

61.6

25,824

70.1

一般仮設

286,557

137.3

14,552

192.6

商品

ビケ部材等

68,687

84.5

2,573

122.6

一般仮設

52,715

77.0

1,783

22.4

 合計

996,614

75.9

44,733

82.2

 (注)1.数量については、種類が多岐にわたり表示が困難であるため記載を省略しております。

2.受注高は出荷額をベースに記載しております。

3.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

f.販売実績

 当連結会計年度の販売実績を品目別に示すと、次のとおりであります。

セグメント

の名称

品目別

当連結会計年度

(自 2020年4月21日

    至 2021年4月20日)

前年同期比(%)

施工サービス事業(千円)

6,690,312

93.7

製商品

販売事業

製品

ビケ部材等(千円)

599,678

59.8

一般仮設(千円)

279,562

134.8

計(千円)

879,240

72.7

商品

ビケ部材等(千円)

68,213

85.0

一般仮設(千円)

58,879

95.4

計(千円)

127,092

89.5

合計(千円)

1,006,333

74.5

海外事業(千円)

887,104

95.6

報告セグメント計(千円)

8,583,750

91.1

その他(千円)

69,852

91.6

合計(千円)

8,653,603

91.1

 (注)上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。

 この連結財務諸表を作成するにあたり、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

 当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定については、「第5経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)及び(重要な会計上の見積り)」に記載しておりますが、特に以下の連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

(のれんの減損処理)

 のれんについては、投資効果が及ぶ期間にわたり、均等償却しております。のれんの対象事業の収益性が低下し、減損の必要性を認識した場合には、のれんの減損処理を行う必要があります。

 

(固定資産の減損処理)

 固定資産については、資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合、回収可能価額までの下落額を減損損失として計上しております。事業計画や市場環境の変化により、見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

(関係会社株式の評価)

 関係会社株式については、純資産価額にもとづく実質価額が著しく下落している場合、回復可能性が十分な証拠によって裏付けられる場合を除き、評価損を計上することにしております。業績悪化により純資産価額が減少し、事業計画に基づく回復可能性が認められないとされる場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

 なお、新型コロナウイルス感染症の拡大による事業への影響については、「第5経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表注記事項(追加情報)」に記載しております。

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する分析

 当社グループは、「第2 事業の状況 1経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)目標とする経営指標」に記載の通り、「売上高経常利益率」を重要な経営指標として捉えています。

 当連結会計年度においては、0.6%を目標として事業を進めましたが、結果として2.0%となりました。

 

③ 財政状態の分析

「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況 b.資産、負債及び純資産の状況」をご参照ください。

 

 

資本の財源及び資金の流動性

a.キャッシュ・フローの分析

 キャッシュ・フローの分析につきましては、「(1) 経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりでありますが、指標のトレンドを示しますと下記のとおりであります。

 

2020年4月期

2021年4月期

自己資本比率(%)

66.0

66.4

時価ベースの自己資本比率(%)

39.0

42.3

債務償還年数(年)

4.7

インタレスト・カバレッジ・レシオ

26.2

自己資本比率:自己資本/総資産

時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

債務償還年数:有利子負債/営業キャッシュ・フロー

インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い

1.株式時価総額は、期末株価終値×自己株式控除後の期末発行済株式数により算出しております。

2.営業キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用しております。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象としております。また、利払いについては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。

3.債務償還年数(年)は、2021年4月期については、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスのため記載しておりません。

4.インタレスト・カバレッジ・レシオは、2021年4月期については、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスのため記載しておりません。

 

b.契約債務

2021年4月20日現在の契約債務の概要は以下のとおりであります。

区分

当期首残高

(千円)

当期末残高

(千円)

平均利率

(%)

返済期限

短期借入金

102,954

258,022

2.2

1年以内に返済予定の長期借入金

235,815

158,416

0.5

1年以内に返済予定のリース債務

45,092

45,107

2.0

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

1,100,165

936,518

0.7

2022~2035年

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

18,088

21,597

2.0

2022年

その他有利子負債

 1年以内に返済予定の割賦未払金

 割賦未払金(1年以内に返済予定のものを除く。)

 

18,352

25,226

 

15,311

9,515

 

2.0

2.0

 

2022~2035

合計

1,545,695

1,444,488

 (注)1.「平均利率」については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。

2.長期借入金、リース債務及び割賦未払金の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。

 

 

1年以内

(千円)

1年超2年以内

(千円)

2年超3年以内

(千円)

3年超4年以内

(千円)

4年超5年以内

(千円)

長期借入金

158,416

134,249

123,089

109,841

110,505

リース債務

45,107

21,597

割賦未払金

15,311

7,366

2,148

 

c.財務政策

当社は、運転資金及び設備投資資金については、内部資金を充てるほか、銀行等の金融機関からの借入金や社債発行により資金調達することとしております。

 2021年4月20日現在の契約債務の状況は「b.契約債務」に記載のとおりであります。

⑤ 経営成績の分析

 当連結会計年度における業績について、国内外とも期首よりコロナ禍による営業活動の自粛や建設現場の工事中断が当社の受注活動にも影響し、年度半ばには前年同期の水準にまで戻りつつあったものの、再度感染者が増え、緊急事態宣言が発出される事態となり、年度末までに前年の水準に戻ることはありませんでした。なお、営業損失に対し経常利益が生じておりますが、その要因として、コロナ禍による受注減少に対し、全従業員を対象にした休業取得を行い、100%の休業手当を支給いたしましたが、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例として、雇用調整助成金の支給を受けたことによるものです。これは、在外子会社のあるシンガポールにおいても同様で、外国籍の労働者に課せられる外国人税が還付、免除されるなど、コロナ禍に対する政府の助成を受けています。また、2020年8月3日には公正取引委員会による請負契約の施工スタッフに対する消費税の転嫁不足の勧告を受け、支払い対価の不足額を特別損失として計上しました。また、当社の非連結子会社であるDRC株式会社については、関係会社株式評価損を特別損失として計上しました。そのほか、長年保有していた政策保有株式を売却し、売却益を特別利益に計上しました。以上の結果、売上高、各段階利益とも前連結会計年度より減少いたしました。

 セグメント別の状況について、足場の施工サービス事業では、戸建て分譲向けの受注が好調ではあったものの、大手ハウスメーカーによる各種活動の自粛が影響し、想定していたほどに受注が伸ばせず、前期まで好調であったマンションの修繕工事や工場、店舗等の中層大型建築物向けの足場施工についても、延期や中止の影響により大きく減少しました。特に利益面に関しては、前期から請負契約の施工スタッフ社員化を促進しているため、スタッフの定着率は大きく改善しましたが、施工作業費の固定化が受注の減少局面にあって、マイナスに作用しました。ただし、このようなコロナ禍後を見据えた方針として、新たなソフトウエアの開発やWEB会議システムの活用など、デジタル技術を利用した作業の効率化を目指し、生産性を向上させる取り組みを進めました。以上の結果、売上高、売上総利益とも前連結会計年度に比べ減少いたしました。

 足場部材を販売する製商品販売事業では、主要顧客による足場部材の買い控えが続き、購入機会が最も多くなる3月末までの期間においても景気の先行きに対する不透明感から、予定していた受注量の確保には至りませんでした。このような中でも、新製品である「レボルト®」は、コロナ禍後に中層大型建物向けの工事需要が高まると考え、専用の商品センターを開設するなど、在庫の確保に努めました。そのほか、建設現場で安定した需要が見込まれる工事用メッシュシートを海外調達に切り替え、仕入れ価格を低減し、新たな収益源として積極的に営業を行いました。以上の結果、売上高、売上総利益とも前連結会計年度に比べ減少いたしました。

 海外事業について、在外子会社のあるシンガポールでは、日本の国内以上に新型コロナウイルス感染症に対する政府の規制が厳しかったことから、国内全体で経済の停滞が続き、事業活動に大きな影響を与えたものの、政府による助成が想定以上の期間で行われたことから、利益面への影響は当初の予想より緩和されました。このような状況下にあっても、営業活動は強化し、今後成長が見込まれる製薬工場やデータセンター向けの仕事を積極的に受注し、大手日系企業に対する働きかけを強めて関係強化を図ることで、受注基盤の拡大を進めました。以上の結果、売上高、売上総利益とも前連結会計年度に比べ減少いたしました。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

  研究開発は、当社営業本部製品開発部製品開発課が主管となって行っております。

  この研究の推進にあたっては、製品開発課を中心に製商品販売事業部門、及び施工サービス事業部門が協同し、顧客と一体となったマーケティングを実施して設計開発業務を推進しております。

  当連結会計年度における研究開発費の総額は44百万円となっており、全社共通の費用として管理しております。

 また、製品開発については年々需要が増えてきているリフォーム工事も視野に入れ、現場の安全・作業性向上・現場環境のイメージアップ等につながる独自のオリジナル製品の開発および既存部材の改良に取り組んでおります。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度に実施いたしました設備投資の総額(有形、無形固定資産(のれんを除く))は、346百万円であります。その主なものは、当社の三重サービスセンターおよび三重整備工場の開設費用185百万円であります。

 また、上記の他、施工サービス事業において、賃貸用仮設材503百万円を投入しております。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

 2021年4月20日現在における各事業所の設備、投下資本並びに従業員の配置状況は、次のとおりであります。

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置

及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

堺工場

(堺市中区)

全社(共通)

仮設機材の製造施設

13,863

22,646

416,044

(5,026.58)

867

453,420

16

(4)

商品センター

(堺市中区)

全社(共通)

配送及び保管施設

319

0

95,920

(7,148.00)

0

96,239

4

(1)

本社

(大阪市中央区)

施工サービス事業

製商品販売事業

全社(共通)

その他

統括業務施設

45,731

124

(672.23)

18,987

64,843

88

(5)

大阪整備工場

(堺市中区)

施工サービス事業

仮設機材の整備施設

282

337

()

0

620

5

(3)

福岡東整備工場

(福岡県京都郡みやこ町)

施工サービス事業

仮設機材の整備施設

884

494

()

2

1,381

1

(4)

神戸北整備工場

(神戸市北区)

施工サービス事業

仮設機材の整備施設

28

1,410

(1,097.64)

0

1,438

2

(4)

福岡南整備工場

(福岡県久留米市)

施工サービス事業

仮設機材の整備施設

1,666

35

(6,758.13)

144

1,846

3

(5)

埼玉整備工場

(埼玉県狭山市)

施工サービス事業

仮設機材の整備施設

17,063

503

136,224

()

0

153,791

4

(3)

三重整備工場

(三重県亀山市)

施工サービス事業

仮設機材の整備施設

68,117

26,885

()

95,003

1

東京支店

(東京都港区)

施工サービス事業

製商品販売事業

販売業務施設

13,430

(231.73)

1,585

15,016

14

滋賀サービスセンター

(滋賀県草津市)

施工サービス事業

施工サービス施設

41,756

(5,046.00)

420

42,177

17

(13)

京都サービスセンター

(京都府亀岡市)

施工サービス事業

施工サービス施設

14,914

(3,060.93)

6

14,920

10

(5)

本部教育研修所

(堺市中区)

全社(共通)

研修施設

0

()

0

大阪サービスセンター

(堺市中区)

施工サービス事業

施工サービス施設

1,080

(5,177.86)

186

1,266

22

(5)

大阪北サービスセンター

(大阪府枚方市)

施工サービス事業

施工サービス施設

25

(1,700.80)

0

25

15

(6)

神戸北サービスセンター

(神戸市北区)

施工サービス事業

施工サービス施設

128

(2,717.00)

479

608

15

(7)

 

 

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置

及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

兵庫サービスセンター

(兵庫県加古川市)

施工サービス事業

施工サービス施設

30,229

(5,950.50)

823

31,052

14

(9)

広島サービスセンター

(広島市安佐南区)

施工サービス事業

施工サービス施設

833

(6,610.00)

0

833

8

(2)

広島東サービスセンター

(広島県東広島市)

施工サービス事業

施工サービス施設

98

(3,158.00)

0

98

5

(4)

岡山サービスセンター

(岡山県倉敷市)

施工サービス事業

施工サービス施設

14,013

(2,631.04)

138

14,151

12

(2)

山口東サービスセンター

(山口県岩国市)

施工サービス事業

施工サービス施設

459

(2,274.00)

961

1,420

7

(6)

山口サービスセンター

(山口県下関市)

施工サービス事業

施工サービス施設

374

(3,944.97)

350

724

14

(6)

北九州サービスセンター

(北九州市八幡西区)

施工サービス事業

施工サービス施設

2,129

(2,076.21)

35

2,165

8

(2)

福岡東サービスセンター

(福岡県京都郡みやこ町)

施工サービス事業

施工サービス施設

5,124

67,003

(6,507.00)

72,127

13

(6)

福岡サービスセンター

(福岡県古賀市)

施工サービス事業

施工サービス施設

9,550

246,000

(5,936.15)

420

255,970

15

(2)

九州支店

(福岡県古賀市)

施工サービス事業

製商品販売事業

販売業務施設

8,154

70,605

(737.97)

78,760

8

(2)

福岡西サービスセンター

(福岡県糸島郡二丈町)

施工サービス事業

施工サービス施設

5,867

49,500

(5,207.0)

94

55,461

2

福岡南サービスセンター

(福岡県久留米市)

施工サービス事業

施工サービス施設

25,509

(3,305.91)

377

25,887

16

(1)

大分サービスセンター

(大分県大分市)

施工サービス事業

施工サービス施設

557

105,912

(4,718.00)

661

107,131

10

(1)

熊本北サービスセンター

(熊本県玉名郡南関町)

施工サービス事業

施工サービス施設

1,289

(5,401.00)

88

1,378

8

(2)

熊本サービスセンター

(熊本市東区)

施工サービス事業

施工サービス施設

3,131

(5,258.00)

248

3,379

25

(5)

名古屋サービスセンター

(名古屋市南区)

施工サービス事業

施工サービス施設

46,401

(6,620.76)

50

46,451

16

(7)

 

 

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置

及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

神奈川サービスセンター

(相模原市南区)

施工サービス事業

施工サービス施設

1,124

(2,105.40)

36

1,161

12

(11)

埼玉サービスセンター

(埼玉県狭山市)

施工サービス事業

施工サービス施設

32,175

232,383

(8,809.39)

88

264,647

19

(7)

横浜サービスセンター

(横浜市金沢区)

施工サービス事業

施工サービス施設

6,751

(2,297.33)

461

7,212

11

(6)

埼玉東サービスセンター

(埼玉県草加市)

施工サービス事業

施工サービス施設

23,042

(2,712.00)

73

23,116

17

(7)

埼玉教育研修所

(埼玉県狭山市)

全社(共通)

研修施設

66

()

0

67

千葉サービスセンター

(千葉県印西市)

施工サービス事業

施工サービス施設

2,094

(3,190.30)

151

2,246

7

(7)

埼玉北サービスセンター

(埼玉県久喜市)

施工サービス事業

施工サービス施設

15,401

(3,384.90)

261

15,663

13

(5)

福山サービスセンター

(広島県福山市)

施工サービス事業

施工サービス施設

60,379

(4,221.00)

480

60,859

12

(2)

川崎サービスセンター

(神奈川県川崎市)

施工サービス事業

施工サービス施設

86,228

237,163

(2,964.98)

42

323,434

11

(10)

三重サービスセンター

(三重県亀山市)

施工サービス事業

施工サービス施設

93,008

(6,691.16)

227

93,236

4

福岡リースヤード

(福岡県古賀市)

施工サービス事業

施工サービス施設

31,454

(5,481.00)

367

31,821

 (注)1.金額は帳簿価額であります。

2.土地の面積には賃借中のものも含まれております。

3.本部教育研修所の土地は、大阪サービスセンターと同敷地内であり、同サービスセンターで表示しております。

福岡東整備工場の土地は、福岡東サービスセンターと同敷地内であり、同サービスセンターで表示しております。

大阪整備工場の土地は、堺工場と同敷地内であり、同工場で表示しております。

埼玉整備工場及び埼玉教育研修所の土地は、埼玉サービスセンターと同敷地内であり、同サービスセンターで表示しております。

三重整備工場の土地は、三重サービスセンターと同敷地内であり、同サービスセンターで表示しております。

4.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品29,123千円であります。

5.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数を( )外数で記載しております。

 

(2)国内子会社

 該当事項はありません。

 

 

(3)在外子会社

2021年1月31日現在

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び構築物

(千円)

機械装置及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

Mirador Building Contractor Pte. Ltd.

本社

(シンガポール)

海外事業

事務所

172,336

(275)

864

173,200

9

(-)

Mirador Building Contractor Pte. Ltd.

事務所

(シンガポール)

海外事業

事務所

126,843

219

(577)

717

127,780

88

(-)

Mirador Building Contractor Pte. Ltd.

事務所

(シンガポール)

海外事業

事務所

395

(518.83)

7,696

8,092

7

(-)

(注)1.上記金額には消費税等を含めておりません。

2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、無形固定資産(リース資産を除く)および使用権資産であります。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

26,000,000

26,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年4月20日)

提出日現在発行数(株)

(2021年7月6日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

7,618,000

7,618,000

(株)東京証券取引所

(市場第二部)

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。

7,618,000

7,618,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2005年4月21日~

2005年10月20日

(注)

94,000

7,618,000

20,210

566,760

20,210

649,860

 (注)旧商法第280条ノ19第1項の規定に基づくストックオプション(新株引受権方式)の権利行使による増加であります。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月20日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

7

8

41

12

4

2,324

2,396

所有株式数(単元)

3,200

95

20,692

258

15

51,871

76,131

4,900

所有株式数の割合(%)

4.20

0.12

27.18

0.34

0.02

68.13

100

(注)1.自己株式1,205,112株は、「個人その他」に12,051単元及び「単元未満株式の状況」に12株を含めて記載しております。

   2.「その他の法人」欄には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年4月20日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

有限会社和顔

大阪府大阪狭山市大野台6丁目6-12

1,399

21.83

ダイサン取引先持株会

大阪市中央区南本町2丁目6-12

505

7.88

ダイサン従業員持株会

大阪市中央区南本町2丁目6-12

281

4.39

大原 春子

(注)2

273

4.27

金沢 昭枝

(注)2

228

3.56

三浦 民子

(注)2

228

3.56

三浦 基和

(注)2

228

3.56

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島3丁目3-23

200

3.12

三浦 宣子

(注)2

128

2.00

角谷 清美

(注)2

96

1.50

三浦 星美

(注)2

96

1.50

三浦 摩美

(注)2

96

1.50

3,760

58.64

 

(注)1.自己株式が1,205千株あります。

   2.当該株主は、個人株主のため、住所の記載を控えております。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年4月20日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

1,205,100

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式

6,408,000

64,080

同上

単元未満株式

普通株式

4,900

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

7,618,000

総株主の議決権

 

64,080

(注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式100株が含まれております。「議決権の数(個)」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年4月20日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(株)ダイサン

大阪市中央区南本町2丁目6番12号

1,205,100

1,205,100

15.82

1,205,100

1,205,100

15.82

 

(8)役員・従業員株式所有制度の内容

①役員・従業員株式所有制度の概要

 当社は、役員及び従業員が自社株式を定期的に取得・保有し、財産形成の一助とすることを目的として、役員持株会及び従業員持株会制度を導入しております。当該制度では、会員となった役員及び従業員から拠出金及び拠出金に対する一定の奨励金を原資とし、定期的に株式の買付けを行っております。

 

②役員・従業員持株会に取得させる予定の株式の総数

 特段の定めは設けておりません。

 

③当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

 当社の役員及び従業員に限定しております。

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

  該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価格の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

1

612

当期間における取得自己株式

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(-)

保有自己株式数

1,205,112

1,205,112

 

3【配当政策】

 当社は、業績が景気変動の影響を大きく受ける中で、株主の皆様への利益還元と業績を拡大していくための内部留保とのバランスを考慮し、適切な配当を行う事を基本方針としております。

 なお、内部留保金につきましては、業界環境の厳しい中、継続的な業績の伸張を図るため、事業拡大と経営基盤の強化に重点的な投資をしてまいります。

 当事業年度(2021年4月期)におきましては、企業価値の向上と株主の皆様への還元の結びつきをより明確にできるよう、配当性向30%、もしくは株主資本配当率(DOE)2.0%のうち、いずれか高い方を下限として利益配分させていただくことを基本方針といたしました。

 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

 これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当、中間配当ともに取締役会であり、「取締役会の決議により、法令が定めるところにより、剰余金の配当等を行うことができる。」旨を定款に定めております。

 当事業年度の配当につきましては、当期業績を踏まえ、年間配当21円(中間配当10円)とさせていただきます。

 

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2020年10月30日

64,128

10

取締役会決議

2021年6月2日

70,541

11

取締役会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① 企業統治の体制

 提出日現在における当社の企業統治の体制は、以下のとおりです。

イ. 企業統治の体制の概要

 当社は、企業統治に関する基本的な考え方として、経営環境の変化に、迅速かつ適正な意思決定を行うことが、全てのステークホルダーの信頼を高めていくという観点から、効率性と透明性の高い経営体制の確立を目指しております。

 当社は監査等委員会設置会社であり、監査等委員を除く取締役4名(代表取締役会長 三浦基和、代表取締役社長 藤田武敏、常務取締役 岡光正範、取締役 相良正弘)、社外取締役3名を含む監査等委員である取締役3名(石光仁、豊田孝二、成末奈穗)が選任され、執行役員10名(浅香雅次、多留健二、角谷岳志、村木裕彰、向井俊吾、林岳士、木下祥一、大桐敏孝、石川勝久、中内秀文)を選任しております。「取締役会」による経営の意思決定と監督、執行役員による業務の執行、および「監査等委員会」による経営品質の監視を行うことで、コーポレート・ガバナンスの充実に努めております。

 当社の取締役会は、監査等委員を除く取締役4名(代表取締役会長 三浦基和、代表取締役社長 藤田武敏、常務取締役 岡光正範、取締役 相良正弘)、社外取締役である監査等委員3名(石光仁、豊田孝二、成末奈穗)で構成しております。毎月1回の定例取締役会に加え、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項や経営に関する重要な意思決定を行うとともに、業務執行の監視を行っております。また、取締役会において決定された業務執行に関する事項については、原則、毎週1回開催する経営会議や4つの専門委員会(中央安全衛生、監理、人事、内部統制)での合議により、具体的な執行内容の決定と進捗管理が行われ、組織的な取組みの徹底を図っております。

 監査等委員会は、社外取締役である監査等委員3名(石光仁、豊田孝二、成末奈穗)で構成しております。毎月1回の定例の監査等委員会に加え、必要に応じて臨時の監査等委員会を開催し、法令、定款および監査等委員会規程等に従い、監査等委員会の開催と、取締役会等の重要な会議への出席、事業所・子会社への往査、重要書類の閲覧、業務、財産状況の調査等を通じて、取締役会および業務執行取締役の業務執行の妥当性、適法性の監査・監督を行っております。

 

ロ. 企業統治の体制を採用する理由

 議決権のある監査等委員である取締役を置くことにより、取締役会による意思決定および業務執行取締役の業務執行状況等について、より一層の監査・監督機能の強化を図り、コーポレート・ガバナンスのさらなる充実に繋げることを目的に、監査等委員会を設置したガバナンス体制を選択しております。0104010_001.jpg

 

② 内部統制システムの整備の状況

 当社は、「社是」「企業理念」「基本方針」「営業方針」「品質方針」「安全衛生管理方針」を事業運営の方針とし、代表取締役がその精神を役職者はじめ全使用人に継続的に伝達することにより、法令遵守と社会倫理の遵守が企業活動の原点であることを周知徹底させ、会社法等で定められた体制の構築、維持・整備を行っております。

 この方針をもとに、財務報告の信頼性の確保、事業活動に関わる法令等の遵守といった内部統制システムの目的を達成するため、適切な組織を形成し、指揮命令の系統を確保し、会社規程に基づき、業務分掌および職務権限等を明確にし、内部統制の整備を行っております。

 

③ リスク管理体制の整備の状況

 当社では、全社的なリスクを統括的に管理する部門を経営企画室とし、各部門においては、関連規程に基づきマニュアルやガイドラインを制定し、部門毎のリスク管理体制を整備しております。カテゴリー毎のリスクを体系的に管理するため、既存の「経理規程」「与信債権管理規程」「安全衛生管理規程」「固定資産管理規程」「事業所管理規程」「非常災害対策規程」等を制定しております。監査等委員会および内部監査室は各部門のリスク管理状況を監査し、その結果を、監理委員会を通じ、内容に応じ、取締役会もしくは経営会議に報告しております。報告を受けた合議体においては、適宜リスク管理体制を見直し、問題点の把握と改善に努めております。

 また、リスクの重要性に応じ、顧問弁護士をはじめ弁理士、公認会計士、税理士、社会保険労務士など各業務分野に関わる職業的専門家から適時アドバイスを受ける体制を構築しており、経営に必要な有効情報を確保し、リスク回避に努めております。

 

④ 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社は、「関係会社管理規程」を制定し、関係会社の範囲や業務統括部署、関係会社に対する議決権の行使や内部監査の実施等、子会社の業務の適正を確保するための体制を定めております。

なお、子会社の評価に関わらず、業績を含めた財務状況と経営課題の報告、取組みの進捗については、毎月1回の定例会議にて情報共有を行うようにしております。

 

⑤ 取締役会にて決議できる株主総会決議事項

 当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定めることができる旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、資本政策及び配当政策を機動的に遂行することを目的とするものであります。

 

⑥ 取締役会の定数

 当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の定数を5名以内、監査等委員である取締役の定数を5名以内とする旨を定款に定めております。

 

⑦ 取締役選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議は、監査等委員である取締役と、それ以外の取締役とを区別して、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票によらない旨も定款に定めております。

 

⑧ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を目的とするものであります。

 

⑨ 自己株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的な遂行を可能とすることを目的とするものであります。

 

⑩ 取締役の責任免除

 当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、期待される役割を十分に発揮できるようにするためであります。

 

⑪ 責任限定契約の内容の概要

 当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 6名 女性 1名 (役員のうち女性の比率 14.3%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

代表取締役会長

三浦 基和

1949年10月5日

 

1974年4月

当社入社

1975年12月

当社専務取締役

1982年7月

当社代表取締役社長

2015年4月

当社代表取締役会長(現任)

 

(注)

228

代表取締役社長

藤田 武敏

1968年11月20日

 

1993年10月

当社入社

2000年6月

当社大阪サービスセンター係長

2001年4月

当社第一営業企画部課長

2002年4月

当社営業企画部部長

2003年2月

当社住環境事業部部長

2003年7月

当社執行役員住環境事業部部長

2005年10月

当社執行役員住環境事業部リーダー

2007年7月

当社取締役

2008年3月

当社営業本部長

2011年11月

当社施工営業本部長兼近畿・京滋東海エリア統括部長

2013年10月

当社専務取締役

2014年2月

当社施工営業本部長

2015年4月

当社代表取締役社長(現任)

2016年6月

当社営業本部長

 

(注)

13

常務取締役

岡光 正範

1949年11月26日

 

1972年4月

ナショナル住宅建材株式会社

(現パナソニックホームズ株式会社)入社

1989年8月

東京ナショナル都市住宅株式会社  代表取締役専務

1998年4月

神奈川東パナホーム株式会社    代表取締役専務

2001年4月

株式会社ナテックス代表取締役専務

2003年5月

同社代表取締役社長

2010年1月

当社入社

2011年4月

当社首都圏ブロック統括部長

2011年7月

当社取締役

2011年9月

当社首都圏エリア統括部長

2014年6月

当社常務取締役(現任)

2016年2月

当社施工営業本部長

2016年6月

当社施工サービス本部長

 

(注)

5

取締役

施工サービス事業部長兼

首都圏地域統括部長

相良 正弘

1972年3月14日

 

1992年9月

当社入社

1996年10月

当社当社熊本サービスセンター

サービス課主任

2001年6月

当社熊本サービスセンター

サービス課係長

2002年3月

当社熊本サービスセンター副所長

2005年10月

当社レンタル事業本部付

2006年2月

当社神奈川サービスセンター

リーダー

2007年1月

当社関東エリア統括部長

2008年3月

当社首都圏ブロック長

2011年9月

当社首都圏エリア長

2015年7月

当社執行役員 首都圏エリア長

2016年11月

当社執行役員

施工サービス本部 副本部長

2017年2月

当社執行役員 施工サービス本部長

2020年6月

当社執行役員 施工サービス本部

本部長兼 首都圏東・西エリア 統括

2021年4月

当社執行役員

施工サービス事業部長兼

首都圏地域統括部長

2021年7月

当社取締役 施工サービス事業部長兼

首都圏地域統括部長(現任)

 

(注)

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

(監査等委員)

石 光仁

1957年9月14日

 

1985年8月

日本公認会計士協会

 

公認会計士登録

1989年7月

石光仁公認会計士事務所 開設

2000年7月

当社監査役

2015年7月

当社取締役(監査等委員会)(現任)

 

(注)

2

取締役

(監査等委員)

豊田 孝二

1968年2月3日

 

1991年4月

明治生命保険相互会社

 

(現 明治安田生命保険相互会社)

入社

1996年10月

朝日監査法人

(現 有限責任あずさ監査法人)入所

2004年10月

弁護士登録

弁護士法人三宅法律事務所 入所

2004年11月

2012年4月

2017年7月

公認会計士登録

アクシア法律会計事務所 開設

当社取締役(監査等委員会)(現任)

 

(注)

取締役

(監査等委員)

成末 奈穗

1974年10月28日

 

2001年10月

弁護士登録(大阪弁護士会)

2003年2月

オルビス法律事務所に移籍

2007年3月

弁護士法人化に伴い、

弁護士法人オルビスに移籍(現任)

2008年10月

大阪地方裁判所

民事調停官(非常勤裁判官)

2021年7月

当社取締役(監査等委員会)(現任)

 

(注)

248

 

 (注)1.監査等委員石 光仁、豊田 孝二及び成末 奈穗は、社外取締役であります。

2.2021年7月6日開催の定時株主総会終結の時から1年間

3.2021年7月6日開催の定時株主総会終結の時から2年間

4.当社では、執行役員制度を導入しております。執行役員は、次のとおりであります。

会社における地位

氏  名

執行役員 近畿東海地域 統括部長

村木 裕彰

執行役員 中国地域 統括部長

林 岳士

執行役員 九州地域 統括部長

木下 祥一

執行役員 施工サービス事業部 副事業部長

兼 事業推進部 部長

兼 足場資材管理部 部長

向井 俊吾

執行役員 販売事業部 事業部長

石川 勝久

執行役員 グローバル事業部 事業部長

兼 グローバルビジネス部 部長

大桐 敏孝

執行役員 グローバル事業部 グローバルビジネス部 部長

角谷 岳志

執行役員 戦略企画本部 本部長

多留 健二

執行役員 HR本部 本部長

浅香 雅次

執行役員 HR本部 副本部長

中内 秀文

 

5.当社は法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠の取締役1名を選任しております。

  補欠取締役(監査等委員である取締役)の略歴は次のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株数

(千株)

 矢野 智之

1968年2月13日生

 2006年2月 当社入社

 2007年2月 当社ビケ事業推進室推進課

 2013年12月 当社経営企画室経営企画課

 2015年6月 当社経営企画室経営企画課チーフ

 2019年5月 当社経営企画室経営企画課チーフ兼

       海外事業本部チーフ

 2020年12月 当社経営企画室経営企画課チーフ

 2021年4月 当社戦略企画本部経営企画室

       経営企画課チーフ(現任)

 

② 社外役員の状況

ⅰ) 社外取締役と提出会社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係

 社外取締役は3名であり、取締役会および監査等委員会等に出席し、経営品質の監視および内部統制システムの状況の監視・検証に努めております。

 当社の社外取締役の石光仁氏は、公認会計士の資格を有しており、2000年7月より、当社の監査役および監査等委員である取締役として、監査業務に従事いただいていることから、社外の立場でありながらも、当社の事業・財務・組織等に関する十分な知識を有されており、また、長年、公認会計士の立場で、会計・財務に関する専門家として、社外における経営指導を多数実施していることからも、当社の企業統治体制のさらなる強化に貢献いただけるものと考え、監査等委員である取締役として適任であると判断し、選任しております。同氏との間には、特別の利害関係はありません。また、同氏は、当事業年度末時点で、当社の株式を2,000株保有しております。

 社外取締役である豊田孝二氏は、弁護士および公認会計士の資格を有しており、2017年3月より、監査等委員である取締役の職務を一時行う者および監査等委員である取締役として、当社の監査業務に従事いただいておりますが、弁護士および公認会計士としての実務を通じて培われた専門知識とご経験、並びに社外の立場より、新たな観点で当社の企業統治体制を監視、監査いただけるものと考え、監査等委員である取締役として適任であると判断し、選任しております。同氏との間には、特別の利害関係はありません。

 社外取締役である成末奈穗氏は、弁護士の資格を有しており、2021年7月より、新たに当社の監査等委員である取締役として、当社の監査業務に従事いただいております。弁護士として多数の会社の企業法務の経験、大阪地方裁判所の建設関係紛争の集中部における非常勤裁判官の経験もあり、当該知見を活かし、特に建設関連については専門的な観点から取締役の職務執行に対する監督、助言いただけるものと考え、また、ダイバーシティ等幅広い視点に基づき、指摘・助言等をいただけることを期待していることから、監査等委員である取締役として適任であると判断し、選任しております。同氏との間には、特別の利害関係はありません。

 

ⅱ) 社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針の内容

 当社は、社外取締役に関する独立性の判断については、会社法に定める社外取締役の要件、東京証券取引所が定める独立性基準に基づいて行っております。

 また、社外取締役候補者の選任にあたっては、候補者の社会的地位、経歴を考慮した上で、当社の経営から独立した視点をもって職務の遂行ができる人材を選任しております。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役の3名は、監査等委員である取締役であり、内部監査および会計監査との連携は、主に監査等委員会を通じて行っております。また、社外取締役は、弁護士、公認会計士の有資格者であることから、職業的専門家としての見識より、内部監査および会計監査の経過と結果において、企業統制上の不備に繋がり得る事象についての監査等を行い、問題があれば是正するよう、取締役会もしくは監査等委員会を通じ、内部統制部門の監視を行っております。

 

(3)【監査の状況】

イ. 監査等委員会監査の状況

 当事業年度における監査等委員会は、社外取締役である監査等委員3名(裵薫、石光仁、豊田孝二)で、内2名は公認会計士、1名は会計士補の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有している者で構成しております。

 毎月1回の定例の監査等委員会に加え、必要に応じて臨時の監査等委員会を開催し、法令、定款および監査等委員会規程等に従い、監査等委員会の開催と、取締役会等の重要な会議への出席、重要書類の閲覧、業務、財産状況の調査等を通じて、取締役会および業務執行取締役の業務執行の妥当性、適法性の監査・監督を行っております。すべての委員が社外取締役であることから、遠隔での監査が実施しやすいように、グループウェアのIDを割当て、常に社内資料の確認ができるなどの環境整備を行っています。

 当事業年度における監査等委員会の主な活動状況として、委員会を月1回開催し、コーポレートガバナンス・コードへの対応中心に協議を行い、経営に関わる各種の提言を行いました。具体的な内容としては、取締役会と各種合議体の関連と役割に関する提言、中期経営計画の進捗確認と新たな計画に関しての協議、職位別マネジメントが適正に発揮できる環境かどうかの調査、コロナ禍における働き方改革への取り組み提言のほか、公正取引委員会による勧告後の取り組み確認、労務管理における適法性の確認などが挙げられます。そのほか、会計監査人に対し、監査計画に則って適切に監査時間が確保できているかを四半期毎に計画との差異を報告させるなど、連携強化に取り組みました。また、コロナ禍のために、リモート中心で行った内部監査の結果を確認し、追加事項を指示するなどのサポートを行い、現場における課題抽出に努めました。

 

 

活動状況

取締役(監査等委員)

裵 薫

 当事業年度に開催された取締役会12回の全てに出席し、また、監査等委員会13回の全てに出席いたしました。

 取締役会については、単に業務執行役員の業務執行に対する適法性・妥当性の確認を行い、議決権行使をするだけでなく、経営課題やリスク管理体制についての整備および運用状況の確認など、職業的専門家の見地を超え、社外の立場から提言をしております。

 また、監査等委員会においては、筆頭独立社外取締役として、方針や計画への取り組みと進捗状況を経営陣に厳しく追及するほか、社内の統治体制や監査結果についての意見交換など、法曹としての見地から適宜、発言を行い、内部監査室と連携の上で、必要があれば各部署の責任者を委員会へ招致し、調査、報告の指示を行いました。

取締役(監査等委員)

石 光仁

 当事業年度に開催された取締役会12回の全てに出席し、また、監査等委員会13回の全てに出席いたしました。

 取締役会については、財務・会計の専門家として、業務執行に対する適法性・妥当性の確認を行い、議決権行使をするだけでなく、社外での経営に関するアドバイザーとしての知見をもとに、経営課題等、広い範囲で意見や提言をしております。

 また、監査等委員会において、会計監査人の業務内容や、財務報告に係る内部統制の体制、内部監査における会計上のモニタリング実施状況等について適宜、必要な発言を行い、必要があれば内部監査室と連携の上、調査、報告の指示を行っております。そのほか、経営幹部や幹部候補の社員に対し、財務に関わるマネジメントの指導を行うなど、人財の育成にも取り組みました。

取締役(監査等委員)

豊田 孝二

 当事業年度に開催された取締役会12回の全てに出席し、また、監査等委員会13回の全てに出席いたしました。

 取締役会については、弁護士および公認会計士として、過去の計算書類等の閲覧、他の取締役や内部監査員への質問、データ分析の手続きを中心に行い、職業的専門家としての見地より企業統治の状況確認を行い、社外の立場から必要な提言をしております。

 また、監査等委員会においては、必要に応じて業務補助者に調査を命じ、社内のリスク評価に努めております。そのほか、会計方針の変更について、会計監査人と論点の洗い出しから適用まで、その妥当性の確認を積極的に行い、労務管理に関する適法性の確認については、社外の立場で事業所の担当者にアンケートを行い、業務改善のための提言に繋げました。

 

ロ. 内部監査の状況

 内部監査については、監査等委員会の直属の組織として内部監査室を設置し、室員は3名で構成しております。内部監査手続は内部監査規程および年度計画に基づき、経営的見地から実施しております。監査結果は取締役が参加する監理委員会にて結果報告され、課題があれば必要に応じて経営会議に改善指示等を上程しております。なお、当事業年度においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、WEB会議システムや撮影された動画データ等を利用したリモートでの監査を実施しております。

 

ハ. 内部監査、監査等委員会監査および会計監査の相互連携について

 監査等委員会は、会計監査人から監査計画、監査報告を受領するとともに、意見交換をし、双方が事業リスクを含む企業環境の把握に努めるよう、連携を深めております。また、内部監査室と監査等委員会は、常に相互連携を行い、監査対象についてのリスクを適時に把握するため、日常的なモニタリング結果をはじめ、定期的な往査による監査結果の情報共有、共同での監査を実施するなど、効率面に留意しながらも効果的な監査となるよう連携を深めております。内部監査室と会計監査人との連携については、内部監査室の監査結果について、財務報告に係る内部統制の評価に関わる内容を中心に情報共有を図り、健全な統制環境が維持できるよう連携を深めております。

 

ニ. 会計監査の状況

a.監査法人の名称

 太陽有限責任監査法人

 

b.継続監査期間

 17年

 

c.業務を執行した公認会計士

 森内茂之氏 (継続監査期間2年)

 有久衛氏 (継続監査期間1年)

 

d.監査業務に係る補助者の構成

 当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他12名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由及び監査等委員による監査法人の評価

 監査等委員会が会計監査人を選定するための方針としては、取締役、情報取扱責任者、経理財務課責任者および職務を補助すべき使用人として指名した内部監査室員および内部統制委員会委員より提供された情報と、会計監査人より提供された過年度の監査結果の内容、監査手続等の職務遂行状況の報告、並びに会計監査人が所属する組織の状況と品質管理システムの整備・運用状況の概要報告を踏まえ事業年度毎に会計監査人の評価を行った上で検討することとしております。

 当事業年度においては、コロナ禍の影響により、会計監査人自体が遠隔での手続きを中心に実施していたため、監査の品質を落とすことなく効率的に実施できているかを定期的な報告に加え、計画と実績の差異についても評価いたしましたが、特段指摘する事項が無かったため、前事業年度と同じ監査法人を選定しております。

 

① 監査公認会計士等に対する報酬の内容

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

17,630

-

19,404

-

連結子会社

-

-

-

-

17,630

-

19,404

-

(注)当社の海外子会社Mirador Building Contractor Pte. Ltd.については、当社の会計監査人以外の監査法人(外国におけるこの資格に相当する資格を有する者を含む)の監査を受けております。

 

② 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬

 該当事項はありません。

 

③ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

④ 監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

  該当事項はありません。

⑤ 監査報酬の決定方針と同意の理由

 監査等委員会は、会計監査人の報酬の額を決定するにあたり、取締役、情報取扱責任者、経理財務課責任者および職務を補助すべき使用人として指名した内部監査室員および内部統制委員会委員より提供された情報と、会計監査人より提供された過年度の監査結果の監査工数、監査手続等の職務遂行状況の報告、並びに品質管理システムの整備・運用状況の概要報告を考慮し検討することとしております。

 以上を踏まえ、当事業年度の監査計画および報酬額の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等の額は適正であると判断し、同意をいたしました。

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 当社は、2021年2月2日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議しております。

 

 取締役(監査等委員である取締役を除く)の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の内容は次のとおりです。

a.固定報酬(基本報酬・役職報酬)に関する方針

 固定報酬については、等級と役職により、その支給額を定めており、等級については定時株主総会後の取締役会の決議により洗い替えることとしております。なお、報酬の支給方法は、役員報酬規程に定め支給しております。

b.業績連動報酬等に関する方針

 業績連動報酬については、決算調整前の営業損益によって決定される従業員賞与の支給月数を指標とし、毎年5月度に開催される取締役会で協議の上、その支給額を決議し、7月に支給することとしております。また、取締役会での協議においては、支給時期の経営環境、財政状態を考慮し、一律に支給するものとせず、減額もしくは支給しないことを検討することにしております。

 なお、役員報酬規程に定める通り、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、取締役会が個人別の報酬を決定するものとしております。

 

 監査等委員である取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の内容は次のとおりです。

 監査等委員である取締役の報酬については、監査等委員を除く取締役と執行役員に対する有効な監査・監督機能の発揮を期待される立場から、固定報酬のみとしております。各監査等委員である取締役に対する支給金額は、定時株主総会後に開催される監査等委員会の協議により決定するものとしております。報酬の支給方法は、役員報酬規程に定め支給しております。

 なお、役員報酬規程に定める通り、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、監査等委員会が個人別の報酬を決定するものとしております。

 

 当社は業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬の支給割合の決定に関する方針は定めておりません。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

対象となる役員の員数

(人)

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

固定報酬

業績連動報酬

取締役(監査等委員及び社外取

締役を除く)

3

73,140

73,140

監査等委員(社外取締

役を除く)

-

-

-

社外役員

3

10,800

10,800

(注)1.役員退職慰労金については、2015年7月9日開催の第41期定時株主総会にて廃止することを決議されております。

2.2015年7月9日開催の定時株主総会の決議による役員報酬限度額は、取締役(監査等委員である取締役を除く)分が年額120,000千円以内(使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)、監査等委員である取締役分が年額15,000千円以内であります。当該株主総会終結時点の取締役(監査等委員である取締役を除く)の員数は3名、監査等委員である取締役の員数は3名であります。

 

③ 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

 該当事項はありません。

④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

 該当事項はありません。

⑤ 報酬額の決定過程における取締役会の活動

 取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬の決定過程においては、取締役会は、株主総会で決議された範囲内で、業績等を総合的に勘案して取締役の報酬総額を審議・決定しております。

 監査等委員である取締役の報酬の決定過程においては、監査等委員会は、株主総会で決議された範囲内で、監査等委員会の協議により決定しております。

 なお、当事業年度における取締役の固定報酬の個人配分は、代表取締役会長に一任しておりました。また、業績連動報酬については、支払われておりません。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、投資株式について、保有目的が専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資株式(純投資目的)と、純投資目的以外の目的で保有する投資株式に区分しております。

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

   ⅰ) 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社は、上場会社株式を政策的に保有する際は、その金額に関わらず、全て取締役会の審議により決定するものとしております。政策保有株式の保有の適否について、事業運営上の有益性を検討した上で、株式としての収益性を検証するものとしております。検証時期としては、原則、期末時に実施するものとしております。

 

   ⅱ) 銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

158

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

4

事業運営上の友好的な関係を維持するため持株会に加入しており、株式数の増加理由は、取引先持株会を通じた株式の取得となります。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

9,722

 

ⅲ) 特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

 特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

大東建託㈱

13

12

 当社は、施工サービス事業において、大東建託グループとの取引量が多いだけでなく、先方スタッフへの定期的な足場教育や協力会を通じての安全衛生・施工品質向上のための活動など、当社の経営品質を高めるために必要な情報を継続的に提供してもらえる存在と考え、事業運営上の友好的な関係を維持するために保有しております。

 なお、定量的な保有効果については、取引先持株会を通じての購入であり、保有株式数も多くはありません。

 株式が増加した理由は、取引先持株会を通じた株式の取得であります。

158

132

伊藤忠商事㈱

31,000

 当社は長年、伊藤忠商事㈱の子会社である伊藤忠建機㈱と取引をしており、当社得意先の要望に応じたファイナンスを実施してもらえることからも、当社のサービス向上に欠かせない存在と考え、事業運営上の友好的な関係を維持するために保有しております。なお、定量的な保有効果としても、株価・配当とも継続的に業績へ貢献しております。

 また、議決権行使に関して、毎期定時株主総会へ出席し、行使するようにしております。

65,952

(注)1.大東建託㈱株式は、大東建託取引先持株会の会員として保有しております。

2.「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。

 

ⅳ) 保有目的が純投資目的の投資株式

該当事項はありません。

 

ⅴ) 保有目的を変更した投資株式

該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月21日から2021年4月20日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月21日から2021年4月20日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、会計基準等の内容及び変更等について当社への影響を適切に把握するために、専門的情報を有する団体等が主催する研修・セミナーに積極的に参加し、連結財務諸表等の適正性確保に取り組んでおります。

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年4月20日)

当連結会計年度

(2021年4月20日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,089,867

1,488,763

受取手形及び売掛金

1,798,086

1,733,651

電子記録債権

99,351

73,922

商品及び製品

543,155

635,797

仕掛品

134,755

166,803

原材料及び貯蔵品

190,233

149,624

賃貸用仮設材

473,981

857,853

その他

76,722

62,129

貸倒引当金

24,256

14,326

流動資産合計

5,381,897

5,154,218

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物(純額)

※3 710,123

※3 1,023,923

機械装置及び運搬具(純額)

129,784

123,226

土地

※3 1,656,757

※3 1,656,757

その他(純額)

142,824

100,001

有形固定資産合計

※2 2,639,489

※2 2,903,909

無形固定資産

 

 

のれん

667,079

604,556

その他

129,963

119,957

無形固定資産合計

797,042

724,513

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

594,051

574,847

関係会社株式

※1 53,751

※1 646

関係会社出資金

※1 14,812

※1 14,812

繰延税金資産

64,207

50,747

その他

※2,※3 855,729

※2,※3 584,110

貸倒引当金

3,467

6,944

投資その他の資産合計

1,579,084

1,218,219

固定資産合計

5,015,617

4,846,641

資産合計

10,397,514

10,000,860

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年4月20日)

当連結会計年度

(2021年4月20日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

401,203

478,575

電子記録債務

233,108

259,914

短期借入金

102,954

258,022

1年内返済予定の長期借入金

※3 235,815

※3 158,416

リース債務

45,092

45,107

未払法人税等

44,910

51,570

賞与引当金

168,015

135,322

その他

833,216

744,658

流動負債合計

2,064,318

2,131,586

固定負債

 

 

長期借入金

※3 1,100,165

※3 936,518

リース債務

18,088

21,597

繰延税金負債

8,415

7,627