EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

東北財務局長

【提出日】

2020年12月25日

【事業年度】

第44期(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

【会社名】

株式会社トスネット

【英訳名】

TOSNET CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 氏家 仁

【本店の所在の場所】

宮城県仙台市宮城野区宮城野一丁目10番1号

【電話番号】

(022)299-5761(代表)

【事務連絡者氏名】

管理統轄本部取締役統轄本部長 朽木 雄二

【最寄りの連絡場所】

宮城県仙台市宮城野区宮城野一丁目10番1号

【電話番号】

(022)299-5761(代表)

【事務連絡者氏名】

管理統轄本部取締役統轄本部長 朽木 雄二

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05073 47540 株式会社トスネット TOSNET CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2019-10-01 2020-09-30 FY 2020-09-30 2018-10-01 2019-09-30 2019-09-30 1 false false false E05073-000 2020-12-25 E05073-000 2015-10-01 2016-09-30 E05073-000 2016-10-01 2017-09-30 E05073-000 2017-10-01 2018-09-30 E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 E05073-000 2016-09-30 E05073-000 2017-09-30 E05073-000 2018-09-30 E05073-000 2019-09-30 E05073-000 2020-09-30 E05073-000 2015-10-01 2016-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2016-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:GuardReportableSegmentsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:BuildingMaintenanceReportableSegmentsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:MailingServiceReportableSegmentsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:PowerSupplyReportableSegmentsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:Row1Member E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:SATOYASUHIROMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:UJIIEHITOSHIMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:SATOMASAHIKOMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:KUCHIKIYUJIMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:KANNHIDEOMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:HAKOISHIYOSHITAKAMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:IGARASHIHARUKIMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:URAIYOSHIMITSUMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:KAMATAKITAKASHIMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:INOMATAKOICHIMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:SAKAGUCHIMINORUMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:TSURUOKAMICHIOMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp030000-asr_E05073-000:ODANAKATERUOMember E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:Row2Member E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:Row3Member E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:Row4Member E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:Row5Member E05073-000 2020-12-25 jpcrp_cor:Row6Member E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:GuardReportableSegmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:GuardReportableSegmentsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:BuildingMaintenanceReportableSegmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:BuildingMaintenanceReportableSegmentsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:MailingServiceReportableSegmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:MailingServiceReportableSegmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:PowerSupplyReportableSegmentsMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:PowerSupplyReportableSegmentsMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:GuardReportableSegmentsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:BuildingMaintenanceReportableSegmentsMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:MailingServiceReportableSegmentsMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp030000-asr_E05073-000:PowerSupplyReportableSegmentsMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05073-000 2019-09-30 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05073-000 2020-09-30 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05073-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

2016年9月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

売上高

(千円)

9,574,474

9,971,815

10,370,096

10,761,220

9,948,456

経常利益

(千円)

964,997

881,900

904,818

1,023,172

596,799

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

627,478

558,089

518,775

636,407

321,527

包括利益

(千円)

560,485

570,360

517,461

587,326

325,260

純資産額

(千円)

4,309,002

4,761,077

5,160,254

5,629,328

5,836,336

総資産額

(千円)

6,797,013

7,630,856

7,990,839

8,464,004

8,666,457

1株当たり純資産額

(円)

910.96

1,006.54

1,090.94

1,190.10

1,233.87

1株当たり当期純利益

(円)

132.65

117.98

109.67

134.54

67.97

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

63.39

62.39

64.57

66.50

67.34

自己資本利益率

(%)

15.34

12.30

10.45

11.79

5.60

株価収益率

(倍)

6.51

9.22

10.19

8.62

13.96

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

554,994

815,945

726,370

638,656

677,358

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

15,201

362,441

134,253

248,563

172,061

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

240,420

34,878

326,616

119,646

210,350

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,863,407

3,282,033

3,547,533

3,817,979

4,112,926

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(名)

842

894

905

932

933

2,211)

2,285)

2,320)

2,351)

2,246)

 

(注) 1.売上高には、消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数は就業人員であり、臨時従業員であります契約社員、嘱託社員、登録社員は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

2016年9月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

売上高

(千円)

1,329,110

1,245,413

1,202,244

1,289,090

1,276,444

経常利益

(千円)

308,913

251,537

282,947

354,293

383,733

当期純利益

(千円)

288,013

229,979

236,200

350,802

332,822

資本金

(千円)

782,930

782,930

782,930

782,930

782,930

発行済株式総数

(株)

4,732,600

4,732,600

4,732,600

4,732,600

4,732,600

純資産額

(千円)

2,899,238

3,033,103

3,144,013

3,322,933

3,555,109

総資産額

(千円)

3,994,897

4,326,529

4,369,978

4,537,342

4,719,400

1株当たり純資産額

(円)

612.92

641.23

664.68

702.50

751.59

1株当たり配当額

(内1株当たり

中間配当額)

(円)
(円)

25.00

25.00

25.00

25.00

15.00

―)

―)

―)

―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

60.88

48.62

49.93

74.16

70.36

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

72.57

70.10

71.94

73.23

75.32

自己資本利益率

(%)

10.12

7.75

7.64

10.84

9.67

株価収益率

(倍)

14.18

22.37

22.38

15.64

13.48

配当性向

(%)

41.05

51.41

50.06

33.70

21.31

従業員数
(外、平均臨時
雇用者数)

(名)

120

147

147

148

156

312)

264)

274)

294)

291)

株主総利回り

(%)

96.5

123.5

129.5

136.8

115.5

(比較指標:

配当込みTOPIX)

(%)

(95.8)

(123.9)

(137.3)

123.0)

(129.0)

最高株価

(円)

1,295

1,150

1,499

1,219

1,952

最低株価

(円)

750

781

990

977

680

 

(注) 1.売上高には、消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数は就業人員であり、臨時従業員であります契約社員、嘱託社員、登録社員は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQにおけるものであります。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第43期の期首から適用しており、第42期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

2 【沿革】

1977年3月

東北タイショウ警備保障株式会社(現株式会社トスネット、資本金500万円)を宮城県に設立する

1977年5月

宮城県公安委員会に「警備業開始届出書」を提出する

1983年7月

警備業法の改正に伴い、宮城県公安委員会より「認定証」(番号第5号)を取得する

1992年2月

CI導入により社名を株式会社トスネットに変更する

1993年12月

宮城県刈田郡蔵王町に、研修所及び福利厚生施設として「元気荘」を建設する

1996年3月

貨物自動車運送事業法に基づく一般貨物自動車運送事業の許可(番号東北自貨第184号)を受ける

1996年8月

旅館業法に基づく旅館営業の許可を得、「元気荘」による営業を開始する

1998年2月

長野オリンピック冬季競技大会警備担当(フリースタイルスキー会場、ボブスレー・リュージュ会場、バイアスロン会場)する

1999年3月

宮城県刈田郡蔵王町に、研修のより一層の充実を図るために、研修センター「青春の館」を建設する

2000年4月

日本証券業協会に株式を店頭登録する

2001年10月

セコム株式会社と資本提携し、業務協力を開始する

2002年6月

2002FIFAワールドカップサッカー警備担当(宮城スタジアム及び新潟スタジアム)する

2004年1月

第20回アテネオリンピックアジア地区予選FIBAアジア女子バスケットボ-ル仙台大会警備担当する

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場する

2005年4月

フルキャストスタジアム宮城(現楽天生命パーク宮城)外周警備担当する

2005年5月

店内保安業務を主とする株式会社日本保安(千葉県千葉市)を設立する

2005年6月

ビルメンテナンス業務を主とする株式会社ビルキャスト(宮城県仙台市)を設立する

2005年12月

株式会社大盛警備保障(岩手県盛岡市)を100%子会社とする

2006年1月

株式会社三洋警備保障(東京都世田谷区)を100%子会社とする

2010年3月

株式会社仙台メール(宮城県仙台市)を100%子会社とする(2013年2月株式会社メーリングジャパンに社名変更)

2010年6月

1単元の株式数を1,000株から100株に変更する

2010年10月

受注管理業務を適用業務として、ISO9001:2008品質マネジメントシステムの認証を取得する

2011年5月

株式会社トスネット釜石(岩手県釜石市)、株式会社トスネット陸前高田(岩手県陸前高田市)、株式会社トスネット相馬(福島県相馬市)をそれぞれ100%出資により設立する

2011年6月

株式会社トスネット茨城(茨城県水戸市)を100%出資により設立する

2011年7月

I・C・Cインターナショナル株式会社(北海道札幌市)を100%子会社とする

2011年11月

ジオ・サーチ株式会社と業務提携を締結する

2012年8月

株式会社トスネット北陸(石川県金沢市)を100%出資により設立する

2013年8月

株式会社トスネット北東北(岩手県盛岡市)、株式会社トスネット南東北(福島県郡山市)、株式会社トスネット上信越(新潟県新潟市)、株式会社トスネット首都圏(東京都江東区)をそれぞれ100%出資により設立する

2013年11月

アサヒガード株式会社(福島県郡山市)を100%子会社とする

2014年1月

株式会社トスネットを分割会社とし、株式会社トスネット北東北(岩手県盛岡市)、株式会社トスネット南東北(福島県郡山市)、株式会社トスネット上信越(新潟県新潟市)、株式会社トスネット首都圏(東京都江東区)を承継会社とする吸収分割をする

2015年6月

公募及び第三者割当による新株式50万株を発行する

2017年1月

株式会社エイコー(神奈川県横須賀市)を100%子会社とする

2017年10月

株式会社アーバン警備保障(北海道札幌市)を100%子会社とする

2017年12月

株式会社トスネット琉球(沖縄県那覇市)を100%出資により設立する

2019年6月

2019年6月

株式会社トスネット相馬(福島県相馬市)を吸収合併する

株式会社トスネット北東北が株式会社トスネット釜石(岩手県釜石市)、株式会社トスネット陸前高田(岩手県陸前高田市)を吸収合併する

2019年7月

北日本警備株式会社(北海道札幌市)を100%子会社とする

 

 

3 【事業の内容】

当社グル-プは、当社及び連結子会社17社で構成され、宮城県公安委員会より認定を受けて(番号:第5号)交通誘導警備を主力とした警備業を主な事業としております。

当社及び連結子会社の当該事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。

(1) 警備事業

① 交通誘導警備

建築現場、工事現場等における工事車両、一般車両及び歩行者の安全な誘導と出入りの管理、各種ショッピングセンター等での駐車場の出入口、歩行者の安全確保等の交通誘導を行うもので、交通事故の発生を防止いたします。当社グル-プの主力業務であり、交通警備の主なものには交通誘導警備、公営競技場警備、催事警備があります。特に大規模な催事警備は、当社グル-プの特徴を活かせる分野と位置付けております。

また、連結子会社の株式会社三洋警備保障、株式会社トスネット北陸、株式会社トスネット茨城、株式会社トスネット北東北、株式会社トスネット南東北、株式会社トスネット上信越、アサヒガード株式会社、株式会社エイコー、株式会社アーバン警備保障、株式会社トスネット琉球及び北日本警備株式会社は交通誘導警備を主たる事業としております。

② 施設警備

ホテル、オフィスビル、工場等の建物内への人の出入管理、防犯防災管理、駐車場の管理を行います。施設警備の主なものには常駐警備、巡回警備、巡回留守番警備、保安警備があり、施設警備については、積極的に増大を図るべき分野と位置付けております。

 また、連結子会社の株式会社日本保安は、店内保安、万引き防止業務を行っており、株式会社トスネット首都圏は施設警備を主たる事業としております。

③ 列車見張り警備

JRや私鉄の営業路線において、作業現場に接近する列車の進行、通過を監視して作業員の安全を確保いたします。当社グル-プが注力している分野であります。

また、連結子会社の株式会社大盛警備保障は列車見張り警備に特化しております。

(2) ビルメンテナンス事業

ビルメンテナンス事業は、連結子会社の株式会社ビルキャストによるビルメンテナンス、清掃業務及び労働者派遣業務を行っております。

(3) メーリングサービス事業

メーリングサービス事業は、連結子会社の株式会社メーリングジャパンによるメール便発送取次業務、販促品・サンプル等の封入・梱包及び発送取次業務等を行っております。

(4) 電源供給事業

電源供給事業は、連結子会社のI・C・Cインターナショナル株式会社による各種イベント、コンサートの仮設電源の提供、テレビ局関係の中継のバックアップ等各種電源需要への電源供給業務を行っております。

 

 

当社グル-プの事業系統図は次のとおりであります。


 

4 【関係会社の状況】

名 称

住 所

資本金
(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有(被所有)割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社日本保安

千葉県千葉市
中央区

40,000

警備事業

100.00

役員の兼任 2名

株式会社ビルキャスト

宮城県仙台市
宮城野区

10,000

ビルメンテ
ナンス事業

100.00

役員の兼任 2名

株式会社大盛警備保障

岩手県盛岡市

60,000

警備事業

100.00

役員の兼任 なし

株式会社三洋警備保障

東京都世田谷区

20,000

警備事業

100.00

役員の兼任 3名

株式会社メーリングジャパン

宮城県仙台市
若林区

10,000

メーリング
サービス事業

100.00

役員の兼任 1名

 

I・C・Cインターナショナル株式会社

北海道札幌市

東区

142,000

電源供給事業

100.00

役員の兼任 2名

株式会社トスネット北陸

石川県金沢市

40,000

警備事業

100.00

役員の兼任 3名

株式会社トスネット茨城

茨城県水戸市

60,000

警備事業

100.00

役員の兼任 2名

株式会社トスネット北東北

岩手県盛岡市

10,000

警備事業

100.00

役員の兼任 1名

株式会社トスネット南東北

福島県郡山市

10,000

警備事業

100.00

役員の兼任 1名

株式会社トスネット上信越

新潟県新潟市
中央区

10,000

警備事業

100.00

役員の兼任 2名

株式会社トスネット首都圏

東京都江東区

10,000

警備事業

100.00

役員の兼任 2名

アサヒガード株式会社

福島県郡山市

20,000

警備事業

100.00

役員の兼任 1名

株式会社エイコー

神奈川県横須賀市

60,000

警備事業

100.00

役員の兼任 3名

株式会社アーバン警備保障

北海道札幌市  中央区

90,000

警備事業

100.00

役員の兼任 2名

株式会社トスネット琉球

沖縄県那覇市

60,000

警備事業

100.00

役員の兼任 3名

北日本警備株式会社

北海道札幌市

白石区

16,000

警備事業

100.00

役員の兼任 2名

 

(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3.I・C・Cインターナショナル株式会社及び株式会社アーバン警備保障は特定子会社に該当いたします。

4.株式会社トスネット北東北、株式会社トスネット上信越及び株式会社トスネット首都圏については、売上(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

株式会社トスネット北東北       株式会社トスネット上信越       株式会社トスネット首都圏

 ①売上高     1,563,314千円      ①売上高     1,005,627千円     ①売上高     1,554,134千円

 ②経常利益     229,115千円     ②経常利益     76,747千円     ②経常利益     13,104千円

 ③当期純利益   146,689千円     ③当期純利益    50,182千円     ③当期純利益    11,877千円 

 ④純資産額   1,002,283千円     ④純資産額    303,941千円     ④純資産額    172,502千円

 ⑤総資産額    1,300,210千円     ⑤総資産額    487,390千円     ⑤総資産額    385,168千円

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

 2020年9月30日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

警備事業

838

(  2,105

ビルメンテナンス事業

2

(  103

メーリングサービス事業

6

(  26

電源供給事業

53

(  ―)

全社(共通)

34

(  12

合計

933

(  2,246

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員であります契約社員、嘱託社員、登録社員は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.全社(共通)の34名は、親会社本社管理部門の合計人数を記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

 2020年9月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

156

291

43.3

9.7

2,260,836

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員であります契約社員、嘱託社員、登録社員は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.提出会社の従業員は、全て警備事業セグメントに所属しております。

 

(3) 労働組合の状況

該当事項はありません。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

  文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1)経営方針

当社グループは、「トータルセキュリティネットワークの構築」を基本方針として、コア事業である警備事業を通じて社会に「安心・安全」の提案型の警備を提供していく中で、売上総利益率を重要な経営指標として位置付け、高付加価値営業により高い収益性の受注に努めるとともに、コスト管理の徹底を図ってまいります。

また、当社グループは、最も重要な基盤が人材であるものと強く認識し、継続して社員の指導教育に取り組んでまいります。

今後とも事業の更なる発展と経営の安定を実現し、企業価値の創造と拡大に努め、株主の皆様、取引先の皆様、当社社員との持続的な信頼関係を築いてまいります。

 

(2)経営環境

当社グル-プを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症により世界的な経済活動の停滞や企業収益、雇用環境の悪化など、先行き不透明な状況が続くものと想定されます。新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの接種が始まった国も出始めましたが国内では抜本的な解決策は出ておらず、また、社会的距離の確保、移動制限などによる社会構造、産業構造の変化により当社グループを取り巻く外部環境は大きく変化しており、先行きも不透明な状況であることから、厳しい経営環境が続くものと予想されます。

今後も新型コロナウイルス感染症の影響を回避すべく対策を実施し、取引先や当社グループ社員の安全を最優先に事業活動を行っていきます。

次に、警備員不足と人材確保が大きな課題となっております。その対策として、ハローワーク、学校訪問、各種求人媒体の活用により募集活動を積極的に行います。また、経験不足の警備員に対し技術と経験を伝承していくことが当社グループの発展と位置付けております。一方で、体制整備や警備品質向上のための投資等、コスト面での上昇も顕著になってまいりました。従って、警備業者間の過当競争等により受注単価が一段と低下した場合は、売上高及び利益を圧迫する要因となる可能性があります。

また、2007年4月より、国道、県道及び指定する主要道路の工事にかかる警備を受注する場合には、「検定合格者の配置基準」の義務化が実施されております。さらに、2009年6月より、雑踏警備業務における配置基準が施行されております。従って、検定合格者を抱えていない警備会社は、受注機会を逸する可能性があります。

 

(3)経営戦略

経営戦略としましては、2021年9月期をスタートとして2023年9月期を終期とする新たな中期経営計画を策定いたしました。この計画は、当社が創業50周年を迎える2027年9月までの6年間を、その後の持続的成長を確実にするための極めて重要な期間と捉え、コア事業のさらなるパワーアップと、それを支える強固な事業基盤を構築するために最初の3年間の経営計画として策定したものです。

計画の骨子(重要戦略)は以下のとおり、そしてキーワードを「革新(イノベーション)」と定めてグループ全社を挙げてこれに取り組んでまいります。

 

計画の骨子(重要戦略)

1.システム革新「DX(デジタル・トランスフォーメーション)への取り組み」

社内及びグループ内のあらゆる領域のデジタル化を推進することで、業務効率の向上による生産性の向上を実現してまいります。

2.営業手法の革新

マンパワーによる警備事業をコアとした「ソリューション型営業」を実践することで、「新たな事業機会の創造」と「新たな事業領域の開拓」に取り組んでまいります。

3.規模の拡大を追求

①M&A

M&Aの機会を機敏に捕えて、コア事業の成長に資する案件については積極的に対応してまいります。

②エリア戦略

コア事業において、当社グループ空白地域へ積極的に拠点を拡大してまいります。

③ロードスタッフ業務の販売体制拡大

当社オリジナル商品であるロードスタッフ業務について、販売体制を拡大するとともにさらなるスキルアップにより対他社優位性を拡大してまいります。

 

また、当社グループは、環境の変化に柔軟に適応していくため、各グループ会社の特長を活かし、グループのシナジーの創出を図ってまいります。今後も主力の交通誘導警備の積極的な営業展開、積極的な採用活動、警備業務全般及び情報収集等に万全を期してまいります。

(株)トスネット北東北、(株)トスネット南東北、(株)トスネット上信越、(株)トスネット首都圏、(株)トスネット茨城、(株)トスネット北陸、アサヒガード(株)、(株)エイコー、(株)アーバン警備保障、(株)トスネット琉球及び北日本警備(株)につきましては、交通誘導警備及び施設警備へ注力してまいります。

(株)大盛警備保障につきましては、さらに列車見張り警備に特化し、当社グループとのシナジー効果を発揮してまいります。(株)三洋警備保障につきましては、(株)トスネット首都圏との連携を強化し、交通誘導警備及び施設警備へ注力してまいります。(株)メーリングジャパンにつきましては、トスネットグループのネットワークからの情報を活用し、業績の更なる向上を図ってまいります。I・C・Cインターナショナル(株)につきましては、トスネットグループの展開するイベント警備との相乗効果を図ってまいります。

(株)日本保安は、店内保安警備の専門性を高めるとともに、営業所展開を視野に進めてまいります。(株)ビルキャストにつきましては、清掃業務、ビルメンテナンス及び労働者派遣業務の拡大に向け当社の施設警備部門との連携を強化してまいります。

 

(4)対処すべき課題

現時点における課題としましては、経営環境の厳しい状況の中で、市場シェアの拡大による売上高の向上、それに伴う売上総利益率の確保、各種検定取得者の確保及び法令遵守の強化であると認識しております。

当社グル-プの経営陣は、警備業の原点は「教育にあり」を再認識し、「警備員の知識及び能力の向上」及び「警備職の資格取得の推進」を実現するために当社グル-プ一丸となって社員の資質向上のための教育・研修を積極的に実施してまいります。
 また、警備業法の遵守は当然のこと、役職員のコンプライアンスへの認識を徹底させ、全社をあげて高品質の警備業務の提供と高収益体質企業への転換に向けて努力してまいります。

当社グループにおいては、上記の経営戦略を推進し、持続的な成長の遂行にあたり、以下の課題に取り組んでまいります。

1.遵法風土の醸成

警備事業者にとって、事業継続の大前提は警備業法の遵守であります。社員教育を強化して法令遵守を徹底してまいります。

2.警備品質の向上

競合他社との差別化、競争力向上を実現するため、警備品質の向上を日々高めてまいります。また、交通誘導警備、施設警備、雑踏警備、列車見張り警備、各業務ごとの資格保持者をさらに増やしてまいります。

具体的には、全警備職の8割が資格保持者という体制を目指します。

3.財務基盤の更なる強化

今後とも、トータルセキュリティネットワークの構築と更なる進化を図り、本業の収益力を高めることで財務基盤を強化してまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

(1) お客様情報の管理について

当社グループでは、情報の管理の重要性を認識しており、内部監査や組織的にも情報管理の強化に努めております。得意先と警備請負契約書等を締結する場合、得意先名、住所、電話番号及び警備対象物件等、大量の得意先情報を取得いたします。「情報セキュリティ方針」に基づいた「個人情報保護規程」、「情報セキュリティ管理規程」及び「情報システム管理規程」等を制定し、情報流出の防止に努めております。しかし、今後不可抗力の事故等を含め、得意先情報の管理上重大な問題が発生した場合、当社グループの損害賠償請求や信用の低下につながり、その動向によっては業績及び事業展開に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 法的規制等について

当社グループは警備事業を営むに当たって、警備業法並びに警備業法施行規則の規制を受けております。この法律は警備業について必要な規制を定め、警備業務の適正な実施を図ることを目的としており、警備業を営むためには本社所在地を管轄都道府県公安委員会から認定を得る必要があります。当社は宮城県公安委員会より同法に基づく認可を受け、5年ごとに更新手続を行なっております。

同法及び関係法令に定められた事項に違反した場合、処罰の対象となり、認定取消等の行政処分を受けることがあります。当社は管理体制及び指導教育責任者を専任する等の社員教育を徹底し、コンプライアンス体制の充実に努めております。

 

(3) 警備員の採用・退職について

当社グループでは、2020年9月期における警備員は2,639名が在籍しており、2019年9月期と比較して134名減少いたしました。

当社グループでは警備員の採用計画を立てて、求人媒体の活用や学校訪問、社員による紹介制度等を活用して積極的に取組んでおりますが、採用が計画通り進まず、警備現場に警備員を配置できない場合は、受注機会を失う可能性があります。

 

(4)新型コロナウイルス感染症に関するリスクについて

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、イベント、コンサート等が軒並み延期、中止となり、先行きも不透明な状況であります。

当社グループでは、感染リスクに備え、従業員の検温や健康状態の確認、手洗い、消毒の徹底、事務所内の換気などの取り組みを実施するとともに、政府及び自治体からの各種助成金等の活用等により、企業の体制強化に努めております。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①財政状態、経営成績の状況

当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ202百万円増加し、8,666百万円となりました。

当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ4百万円減少し、2,830百万円となりました。

当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ207百万円増加し、5,836百万円となりました。

当連結会計年度における当社グループは主力の交通誘導警備、雑踏警備、施設警備及び列車見張り警備の受注拡大、商材等の販売の強化により、当社グループの中核となる事業の展開を図り、業容の拡大と収益力の強化に取組んでまいりましたが、4月の緊急事態宣言以降、各種イベント、コンサート等が軒並み延期、中止となり、売上、利益に大きな影響を及ぼした結果、当連結会計年度における当社グループの売上高は9,948百万円(前連結会計年度比7.5%減)、営業利益は431百万円(前連結会計年度比54.9%減)、経常利益は596百万円(前連結会計年度比41.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は321百万円(前連結会計年度比49.4%減)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末と比較して294百万円増加し、4,112百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は677百万円(前連結会計年度は638百万円の収入)となりました。この主な要因は、法人税等の支払額334百万円があったものの、税金等調整前当期純利益596百万円、売上債権の減少額275百万円があったこと等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果支出した資金は172百万円(前連結会計年度は248百万円の支出)となりました。この主な要因は、有形固定資産の取得135百万円等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果支出した資金は210百万円(前連結会計年度は119百万円の支出)となりました。この主な要因は、配当金118百万円の支出があったこと等によるものであります。

 

  ③生産、受注及び販売の実績

イ. 販売実績

当連結会計年度におけるセグメントごとの販売実績は、次のとおりであります。

セグメントの名称

金額(千円)

前連結会計年度比(%)

警備事業

 

 

 交通誘導警備

5,724,726

99.0

 施設警備

2,411,105

89.7

 列車見張り警備

520,967

106.4

 その他

222,251

90.4

警備事業計

8,879,052

96.5

ビルメンテナンス事業

157,349

97.9

メーリングサービス事業

541,491

79.4

電源供給事業

370,563

51.4

合計

9,948,456

92.4

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.主要顧客別販売実績に対する販売割合が10%以上の相手先はありません。

3.千円未満は切り捨てて表示しております。

 

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

① 重要な会計方針及び見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グル-プの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表の作成にあたっては、連結会計年度末における資産、負債の残高及び当該期間における収益・費用の数値に影響を与える見積りをしており、当該見積りにつきましては、過去の実績や状況に応じ合理的だと考えられる様々な要因に基づき行っております。また、実際の結果は、見積りの不確実性により異なる場合があります。この見積りと判断が当社グループの連結財務諸表の作成において大きな影響を及ぼすと考えられるのは、下記の重要な会計方針であります。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積りについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(追加情報)」に記載のとおりであります。

(繰延税金資産)

当社グル-プは繰延税金資産の回収可能性を評価するに際して、将来の課税所得を合理的に見積もった上で評価しております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存しますので、その見積り額が減少した場合は、繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。

(減損会計)

当社グル-プは、減損会計の対象となります土地及び建物並びにリース資産等を有しております。当該資産のうち減損の兆候があるものは、将来キャッシュ・フローで賄うことができる計画であります。しかしながら、将来キャッシュ・フローの計画に著しく実績が伴わない場合は、減損損失を計上することになります。

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

  当連結会計年度の財政状態の分析

当連結会計年度末における流動資産は、5,597百万円となり、前連結会計年度末と比較して146百万円増加いたしました。この主な要因は、受取手形及び売掛金が179百万円減少したものの、現金及び預金が294百万円増加したこと等によるものです。

固定資産は、3,068百万円となり、前連結会計年度末と比較して55百万円増加いたしました。この主な要因は、有形固定資産のリース資産が72百万円増加したこと等によるものです。

負債は2,830百万円となり、前連結会計年度末と比較して4百万円減少いたしました。この主な要因は、未払消費税等が86百万円増加したものの、未払法人税等が99百万円減少したこと等によるものです。

純資産は、5,836百万円となり、前連結会計年度末と比較して207百万円増加いたしました。この主な要因は、利益剰余金が203百万円増加したこと等によるものです。

 

当連結会計年度の経営成績の分析

当連結会計年度の売上高は、9,948百万円(前連結会計年度比7.5%減)となりました。

警備事業は、交通誘導警備、施設警備、列車見張り警備等を行っております。警備事業の売上高は8,879百万円(前連結会計年度比3.4%減)、セグメント利益は177百万円(前連結会計年度比58.5%減)となりました。警備事業の業務別売上高の状況は以下のとおりです。

当社グル-プの主力事業であります交通誘導警備は、警備業者間の価格競争は依然として厳しい状況にありますが、専門分野のロードスタッフ及びイベント警備等へ積極的に取組みましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当部門の売上高は5,724百万円(前連結会計年度比0.9%減)となりました。

当社グループの重要部門と位置付けている施設警備は、首都圏を中心に積極的に営業展開をしてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当部門の売上高は2,411百万円(前連結会計年度比10.2%減)となりました。

列車見張り警備は、専門性を追求し他社との差別化を図ることにより、当部門の売上高は520百万円(前連結会計年度比6.4%増)となりました。

ビルメンテナンス事業は、ビルメンテナンス、清掃業務及び労働者派遣業務等を行っておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、ビルメンテナンス事業の売上高は157百万円(前連結会計年度比2.0%減)セグメント利益5百万円(前連結会計年度は0百万円の利益)となりました。

メーリングサービス事業は、メール便発送取次業務、販促品・サンプル等の封入・梱包及び発送取次業務等を行っております。メーリングサービス事業の売上高は541百万円(前連結会計年度比20.5%減)、セグメント損失は6百万円(前連結会計年度は1百万円の損失)となりました。

電源供給事業は、各種イベント及びコンサート関連の仮設電源の提供・テレビ局関係の中継のバックアップ等各種電源需要への電源提供業務を行っております。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、4月以降に予定されていたコンサート等が軒並み中止となり、大きな影響を受けております。電源供給事業の売上高は370百万円(前連結会計年度比48.5%減)、セグメント損失は196百万円(前連結会計年度は86百万円の利益)となりました。

 

営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益

営業利益は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、431百万円(前連結会計年度比54.9%減)、経常利益は596百万円(前連結会計年度比41.6%減)となりました。税金等調整前当期純利益は596百万円(前連結会計年度比41.6%減)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は321百万円(前連結会計年度比49.4%減)となりました。

 

当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析

当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、法人税等の支払額が334百万円となりましたが、税金等調整前当期純利益が596百万円、売上債権の減少額が275百万円となったこと等により、677百万円の資金の増加となりました。

投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出が135百万円あったこと等により、全体では172百万円の資金の減少となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額が118百万円があったこと等により、全体では210百万円の資金の減少となりました。

これらの結果、現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末と比較して294百万円増加の4,112百万円となりました。

 

③ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

資本の財源及び資金の流動性についての分析につきましては、前記「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」を参照ください。

 

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の主な設備投資は、株式会社トスネットが業務拡大を図るため、発電機機能を備えた特殊車両

2台を取得いたしました。

リース資産取得価額50,076千円

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。

(1) 提出会社

 2020年9月30日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

工具,器具
及び備品

土地
(面積㎡)

リース
資産

合計

本社
(仙台市宮城野区)

他11営業所

全社(共通)

管理部門

61,438

534

31,367

218,811

(1,664.91)

59,608

371,761

156

元気荘
(宮城県刈田郡
蔵王町)

警備事業

旅館及び
厚生施設

69,487

2,389

441

120,858

(12,767.11)

193,176

本社第二ビル
(仙台市宮城野区)

警備事業

管理部門

6,998

84,830

(775.54)

91,829

中野倉庫
(仙台市宮城野区)

警備事業

営業設備

4,666

27,450

(   344.36)

32,116

研修センター
(宮城県刈田郡
蔵王町)

警備事業

研修施設

14,044

0

58,715

(11,030.77)

72,759

卸町事務所及び倉庫

(仙台市若林区)

警備事業

営業設備

27,483

259,038

(2,647.10)

286,522

貸事務所及び駐車場

(青森県青森市)

警備事業

営業設備

8,549

69,891

(   464.81)

78,441

貸事務所

(岩手県盛岡市)

警備事業

営業設備

1,691

36,770

(   373.06)

38,461

貸事務所及び駐車場

(新潟市中央区)

警備事業

営業設備

18,568

129,444

(   557.88)

148,012

合計

 

 

212,929

2,923

31,809

1,005,810

(30,625.54)

59,608

1,313,081

156

 

 

(2) 国内子会社

 2020年9月30日現在

会社名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

工具,器具
及び備品

土地
(面積㎡)

リース
資産

合計

㈱日本保安

(千葉市中央区)

警備事業

営業設備

819

166

985

82

㈱ビルキャスト

(仙台市宮城野区)

ビルメンテナンス事業

営業設備

495

305

2,164

2,966

2

㈱大盛警備保障
(岩手県盛岡市)

警備事業

営業設備

921

235

800

72,000

(1,031.98)

73,957

1

㈱三洋警備保障
(東京都世田谷区)

警備事業

営業設備

47,205

430

149,327

(634.99)

196,962

55

㈱メーリングジャパン

(仙台市若林区)

メーリングサービス事業

営業設備

36,332

22,339

3,300

2,710

64,683

6

I・C・Cインターナショナル㈱

(札幌市東区)

電源供給事業

営業設備

64,603

100,716

5,734

95,051

(1,482.11)

78,349

344,454

53

㈱トスネット北陸

(石川県金沢市)

警備事業

営業設備

504

726

1,231

44

㈱トスネット茨城

(茨城県水戸市)

警備事業

営業設備

313

298

611

16

アサヒガード㈱

(福島県郡山市)

警備事業

営業設備

444

533

978

59

㈱トスネット北東北

(岩手県盛岡市)

警備事業

営業設備

0

0

6,010

6,010

133

㈱トスネット南東北

(福島県郡山市)

警備事業

営業設備

0

8,211

8,211

65

㈱トスネット上信越

(新潟市中央区)

警備事業

営業設備

106

600

707

112

㈱トスネット首都圏

(東京都江東区)

警備事業

営業設備

6,130

3,094

9,225

114

㈱エイコー

(神奈川県横須賀市)

警備事業

営業設備

0

0

275

275

4

㈱アーバン警備保障

(札幌市中央区)

警備事業

営業設備

1,832

1,832

3

㈱トスネット琉球

(沖縄県那覇市)

警備事業

営業設備

720

958

346

2,025

8

北日本警備㈱

(札幌市白石区)

警備事業

営業設備

152

760

913

20

 

(注) 1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2.提出会社の本社の土地には仙台市宮城野区中野神妻の土地129,024千円(1,450.40㎡)、東京都中央区の土地持分1,133千円(0.90㎡)を含み、建物には東京都中央区の建物持分1,057千円(4.02㎡)を含んでおります。

 

3.上記のほかに賃借契約及びリース契約があり次のとおりであります。

① 提出会社の事務所賃借契約の総面積は1,124.74㎡であります。

② 提出会社のリース契約による支払いはありません。

③ 国内子会社

(A) ㈱日本保安

(a) 事務所賃借契約の面積は144.9であります。

(B) ㈱ビルキャスト

(a) 事務所賃借契約の面積は106.54であります。

(C) ㈱大盛警備保障

(a) 事務所賃借契約の面積は67.77であります。

(D) ㈱三洋警備保障

(a) 事務所賃借契約の面積は102.91㎡であります。

(E) ㈱メーリングジャパン

(a) 事務所賃借契約の面積は370.87であります。

(F) I・C・Cインターナショナル㈱

(a) 事務所賃借契約はありません。

(G) ㈱トスネット北陸

(a) 事務所賃借契約の面積は773.19㎡であります。

(H) ㈱トスネット茨城

(a) 事務所賃借契約の面積は139.28㎡であります。

(I) アサヒガード㈱

(a) 事務所賃借契約の面積は230.21㎡であります。

(J) ㈱トスネット北東北

(a) 事務所賃借契約の面積は2,216.55㎡であります。

(K) ㈱トスネット南東北

(a) 事務所賃借契約の面積は756.23㎡であります。

(L) ㈱トスネット上信越

(a) 事務所賃借契約の面積は1,168.33㎡であります。

(M)㈱トスネット首都圏

(a) 事務所賃借契約の面積は926.92㎡であります。

(N) ㈱エイコー

(a) 事務所賃借契約の面積は115.71㎡であります。

(O) ㈱アーバン警備保障

(a) 事務所賃借契約の面積は102.24㎡であります。

(P) ㈱トスネット琉球

(a) 事務所賃借契約の面積は123.45㎡であります。

(Q) 北日本警備㈱

(a) 事務所賃借契約の面積は428.36㎡であります。

4.従業員数は正社員を記載しており、臨時従業員であります契約社員435名、嘱託社員1,105名及び登録社員706名を除外しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

7,000,000

7,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年12月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

4,732,600

4,732,600

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数100株

4,732,600

4,732,600

 

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
(百万円)

資本金残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2015年6月9日  (注)1

440

4,672

227

751

227

735

2015年6月17日  (注)2

60

4,732

30

782

30

766

 

 (注)1.公募による新株式発行(一般募集) 

発行価格   1,090円

発行価額   1,033円

資本組入額  516.50円

 

   2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)

発行価格   1,033円

資本組入額  516.50円

割当先    いちよし証券株式会社

 

(5)【所有者別状況】

2020年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

7

11

26

16

5

1,109

1,174

所有株式数
(単元)

1,255

127

26,782

353

5

18,796

47,318

800

所有株式数
の割合(%)

2.65

0.26

56.60

0.74

0.01

39.72

100.00

 

(注)1.自己株式 2,503株は、「個人その他」に25単元、「単元未満株式の状況」に 3株含まれております。

  2.所有株式数の割合は、表示単位未満の端数を切り捨てて表示しております。 

 

(6)【大株主の状況】

2020年9月30日現在

氏名又は名称

住 所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

有限会社元気

宮城県仙台市宮城野区高砂一丁目17番地の11

1,215

25.68

セコム株式会社

東京都渋谷区神宮前一丁目5番1号

720

15.22

佐藤 雅彦

宮城県仙台市宮城野区

548

11.60

光通信株式会社

東京都豊島区西池袋1丁目4番10号

468

9.89

株式会社UHPartners2

東京都豊島区南池袋二丁目9番9号

175

3.70

佐藤 康廣

宮城県仙台市宮城野区

136

2.89

トスネット社員持株会

宮城県仙台市宮城野区宮城野一丁目10番1号

112

2.37

宮本  泰

東京都世田谷区

53

1.12

株式会社北日本銀行

岩手県盛岡市中央通一丁目6番7号

50

1.05

山形共立株式会社

山形県山形市七日町2丁目6番3号

50

1.05

3,529

74.62

 

(注)1.所有株式数及び発行済株式総数に対する所有株式数の割合は、表示単位未満の端数を切り捨てて表示しております。

2.前事業年度末において主要株主であった株式会社光通信は、当事業年度末現在では主要株主ではなくなりました。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

2020年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

2,500

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

4,729,300

 

47,293

単元未満株式

普通株式

800

 

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

4,732,600

総株主の議決権

47,293

 

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式3株が含まれております。

 

 

②【自己株式等】

2020年9月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社トスネット

宮城県仙台市宮城野区
宮城野一丁目10番1号

2,500

2,500

0.05

2,500

2,500

0.05

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)


処分価額の総額
(円)

株式数(株)


処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

2,503

2,503

 

(注) 有価証券報告書提出日現在の保有株式には、2020年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への利益還元を安定的かつ継続的に実施することを経営の重要政策の一つと位置付けております。そのために、長期的な視点に立って事業の拡大、収益の向上、財務基盤の強化とともに株主資本の充実に努めてまいります。株主配当につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保資金を確保しつつ、業績及び配当性向を総合的に勘案して実施していくことを基本方針としております。

当社は、中間配当及び期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。配当の決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。当事業年度の配当につきましては、上記の基本方針に基づき1株当たり15円の配当を実施することを決定いたしました。この結果、当事業年度の配当性向は21.3%となりました。内部留保資金は、人材の育成強化及び営業所展開に活用し、今後一層の事業拡大に努めていく所存であります。

当社は、「毎年3月末日を基準として、取締役会の決議によって、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2020年12月18日

定時株主総会決議

70,951

15

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、企業の競争力を強化するために経営判断の迅速化を図ること、経営の透明性を高めるために経営チェック機能の充実を重要課題としております。このような観点から、コンプライアンスの徹底を基礎に、社内の各部署が効率的な業務活動を推進できるよう、管理体制及び監査体制を整え、迅速な意思決定ができる組織を整備することがコーポレート・ガバナンスの基本であると考えております。

② 企業統治の体制

 イ.企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は、企業価値の向上を図り、株主価値の増大を図ることを経営上の重要政策と位置付け、また企業の競争力を強化するために経営判断の迅速化を図ること及び経営の透明性を確保していくことが重要課題であるとの認識のもと、株主を含めた全てのステークホルダーの利益に適う経営を実現するコーポレート・ガバナンスの構築に努めてまいります。
 当社の経営体制は提出日現在、取締役7名、社外取締役3名、監査役3名及び執行役員2名で構成されております。監査役会は社外監査役3名で構成しており、独立した視点から経営の監査を行っております。監査役は取締役会への出席に加え、適宜重要な会議に出席し、重要な情報を入手するとともに適宜発言を行っております。また、会社法及び金融商品取引法に定められた会計監査人及び監査役による会計監査に加え、監査役会が会計監査人と相互に情報交換を行い、監査計画に基づき会社の業務執行を監査する等、取締役の職務の執行を十分に監視できる体制となっております。
 取締役会は取締役7名、社外取締役3名で構成されており、原則毎月1回開催され、経営方針や法令で定められた事項の他、経営に関する重要事項について討議、決議を行っております。あわせて各取締役による代表取締役の職務執行の監督を含む、相互牽制機能を有しております。また、情報の共有化や活発な意見交換の場として、各子会社の社長等が出席する「社長会」を適宜開催し、業務執行における成果と課題、事業戦略等について審議、報告を行い、年度計画の進捗状況及び業務運営が機能していることを確認しております。

 


 

 ロ.内部統制システムの整備状況

○取締役及び使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

当社は、コンプライアンスマニュアルをはじめとするコンプライアンス体制に係る各種規程を役職員が法令、定款及び社会規範を遵守した行動をとるための行動規範として位置付けております。

また、その徹底を図るため、コンプライアンス委員会を設置し、代表取締役社長を総括責任者として、コンプライアンス体制に係る取組みについて全社横断的に総括し、役職員に対し教育、指導を行います。

なお、代表取締役直轄の内部監査部門である監査室は、当社におけるコンプライアンスの取組み状況について監査を行います。この監査結果は、定期的に経営会議に報告されるものとし、重大な違反行為については、取締役会及び監査役会に報告いたします。

○取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役は、その職務の執行に係る以下の文書(電磁的記録を含む。以下同じ)その他重要な書類を、法令及び社内規程に基づき、それぞれの担当職務に従い適切に保存し、且つ管理します。

・株主総会議事録とその関連資料

・取締役会議事録とその関連資料

・取締役を決定者とする稟議書等決定書類及び付属書類

・その他取締役の職務の執行に関する重要な文書

○取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

取締役会は、全社的な経営目標を定め、業務執行を担う取締役はその目標達成のために、各部門の具体的目標及び会社の意思決定ルールに基づく効率的な達成のための方法を定めます。

取締役会は、各業務執行を担う取締役または部門長に定期的に各部門の目標に対する進捗状況の報告を求め、改善を促すこととし、全社的な業務の効率化を実現するシステムを構築します。

業務運営については、将来の事業環境を踏まえ、中期経営計画及び各年度の経営基本方針、施策、予算を策定し、全社的な目標を設定します。各部門においては、その目標達成に向け具体策を立案し実行します。

○当社企業グループにおける業務の適正を確保するための体制

当社グループは、管理統轄部長が関係会社の法令遵守体制、リスク管理体制を総括します。

また、関係会社については監査室による業務監査を実施するとともに、関係会社の所管業務の運営体制については、関係会社管理部が各社の自主性を尊重しながら、経営計画に基づいた施策や効率的な業務運営体制についてサポートを行います。

関係会社の業務執行等の状況については、管理統轄部長と所管部署である関係会社管理部との間で毎月定期的に会議を開催し、関係会社の問題点等の把握と改善に努め、必要に応じて取締役会、監査役会に報告を行います。

○監査役の職務を補助すべき使用人

監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、取締役会は監査役と協議のうえ、監査室所属の職員に対し監査役を補助すべき使用人として指名することができます。

この場合、監査役が指定する補助すべき期間中は、指名された使用人への指揮権は監査役に委譲されたものといたします。なお、当該期間中、指名された使用人は取締役の指揮命令は受けないものとします。

○監査役会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役の過半数は独立社外監査役とし、対外透明性を確保します。

監査役会と代表取締役との間の定期的な意見交換の場を設け、監査役会の監査が実効的に行われる体制を整備します。

また、「監査役会規程」及び「監査役監査基準」に基づく独立性と権限により、監査の実効性を確保するとともに、監査役は監査室及び会計監査人と緊密な連携を保ちながら自らの監査成果の達成を図るものとします。

○反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

反社会的勢力排除に向けた考え方

当社グループは、暴力団等反社会的勢力団体に対しては、毅然とした態度で臨むこととしており、不当要求等は一切受け付けず、警察当局や顧問弁護士等と連携を図りながら、事案に応じて関係部門と協議のうえ対応してまいります。

 

反社会的勢力排除に向けた整備状況

当社グループは、反社会的勢力への対応部署を設置し、責任者を選任しております。事案発生時には、関係機関、顧問弁護士等と緊密に連携して、速やかに対処できる体制を構築しております。

今後も会社の業務の適法性、効率性、信頼性の確保並びにリスク管理に努めるとともに、社会情勢その他経営環境の変化に柔軟に対応できるよう不断の見直しを行い、改善、充実を図ってまいります。

 

 ハ.リスク管理体制の整備の状況

当社のリスク管理体制は、経営上のリスク管理に関する体制を整備するためのマニュアルを制定し、基本方針、管理責任を明確にし、リスク管理体制を強化しております。
 法令遵守(コンプライアンス)に関しましては、コンプライアンスマニュアルを制定し、役員、社員に周知を図り、コンプライアンス意識の向上に努めております。また、会計監査人、顧問弁護士等の外部機関より適宜指導を受けております。
 また、重要な会社情報の適時開示、決算説明会及びホームページの充実等のIR活動を行い、経営の透明性向上及び公正な情報開示に努めております。

 

 ニ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

当社グループにおける業務の適正を確保するために、関係会社管理規程を整備・運用しております。当社子会社の業務執行については、社長会において子会社の業務計画、進捗状況等について定期的な報告を受けるとともに助言等を行っております。なお、当社各取締役はいずれかの子会社の代表取締役、取締役及び監査役として経営に参画しており、当社取締役会においてその職務の執行に関して必要に応じて報告する体制をとっております。また、内部監査室は定期的に子会社の監査を実施し、内部統制の改善のための指導・助言を行っております。

 

③ 取締役の定数

当社の取締役は15名以内とする旨を定款で定めております。

 

④ 取締役の選任の決議要件

当社は取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定めております。また、解任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

⑤ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
イ.中間配当の決定機関

当社は、剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としているため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年3月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

ロ.自己株式の取得

当社は、自己の株式の取得について、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

⑥ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

男性13名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役
会長

佐 藤 康 廣

昭和20年4月3日

昭和48年8月

タイショウ警備保障㈱入社

昭和52年3月

東北タイショウ警備保障㈱設立
(現㈱トスネット)代表取締役

昭和62年12月

㈱ティ・ケイ・ケイ設立代表取締役

昭和63年11月

ピース警備㈱設立代表取締役

平成3年7月

㈱ファイブスター設立代表取締役

平成5年1月

ワールド警備保障㈱代表取締役

平成11年11月

㈱イー・エス・テクノ代表取締役

平成12年10月

㈱アイシーシー・トスネット代表取締役会長

平成14年11月

代表取締役東北事業部担当

平成15年11月

代表取締役

平成18年10月

㈱三洋警備保障代表取締役

平成23年7月

I・C・Cインターナショナル㈱取締役

平成23年12月

代表取締役会長(現任)

平成26年12月

㈱トスネット北陸取締役(現任)

平成27年11月

I・C・Cインターナショナル㈱取締役(現任)

平成29年10月

㈱アーバン警備保障取締役(現任)

平成29年12月

令和1年7

㈱トスネット琉球取締役(現任)

北日本警備㈱取締役(現任)

(注)3

136

代表取締役
社長

氏 家   仁

昭和35年8月10日

平成3年2月

大和物流㈱入社

平成3年8月

当社入社 第三事業部第一ブロック長兼仙台営業所所長

平成6年10月

業務部長兼宮城支社長

平成6年11月

取締役業務部長兼宮城支社長

平成7年7月

取締役東北地区統轄部長

平成8年11月

取締役第一統括部長

平成11年12月

取締役統括部担当兼第一統轄部長

平成12年10月

取締役東北事業部長

平成14年4月

取締役東北事業部担当

平成14年11月

取締役首都圏事業部担当

平成15年11月

常務取締役首都圏事業部担当

平成16年10月

常務取締役首都圏事業部・北関東事業部担当

平成17年5月

㈱日本保安代表取締役

平成17年9月

㈱大盛警備保障取締役

平成17年10月

常務取締役統括事業部担当兼部長

平成18年1月

㈱三洋警備保障取締役

平成18年10月

常務取締役事業部統轄本部本部長

平成19年12月

常務取締役事業部統轄担当

平成20年10月

常務取締役営業本部長

平成21年11月

専務取締役営業本部長

平成23年11月

専務取締役営業本部長兼震災対策本部長

平成23年12月

平成25年8月

平成27年11月

平成29年11月

代表取締役社長(現任)

㈱トスネット南東北代表取締役

㈱トスネット北東北取締役(現任)

㈱トスネット南東北取締役

(注)3

28

営業統轄本部
常務取締役
 統轄本部長

佐 藤 雅 彦

昭和54年6月18日

平成22年3月

当社入社

平成24年10月

当社執行役員企画開発部部長

平成25年8月

㈱トスネット南東北取締役

平成25年8月

㈱トスネット首都圏取締役

平成25年11月

㈱トスネット北陸取締役(現任)

平成25年12月

取締役企画開発部長

平成26年11月

取締役営業統轄部長

平成27年11月

取締役

平成27年11月

㈱トスネット首都圏代表取締役(現任)

平成29年3月

㈱三洋警備保障代表取締役(現任)

平成30年12月

令和1年11月

令和1年11月

常務取締役

㈱エイコー代表取締役(現任)

㈱日本保安取締役(現任)

令和2年11月

I・C・Cインターナショナル㈱取締役(現任)

令和2年12月

営業統轄本部常務取締役統轄本部長(現任)

(注)3

548

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

管理統轄本部
取締役
 統轄本部長

朽 木 雄 二

昭和36年3月23日

平成8年4月

㈱胆沢通信入社

平成8年12月

当社入社

平成14年7月

税理士登録(東北税理士会所属)

平成14年10月

経理部長

平成15年11月

執行役員経理部長

平成17年5月

㈱日本保安取締役

平成17年6月

㈱ビルキャスト取締役

平成17年10月

㈱大盛警備保障取締役

平成18年10月

㈱大盛警備保障監査役

平成18年10月

執行役員経理部長兼関係会社管理部長

平成18年12月

取締役経理部長兼関係会社管理部長

平成20年4月

㈱三洋警備保障取締役(現任)

平成22年3月

㈱メーリングジャパン監査役(現任)

平成22年10月

取締役経理部長兼関係会社担当

平成23年5月

㈱トスネット釜石監査役

平成23年5月

㈱トスネット陸前高田監査役

平成23年5月

㈱トスネット相馬監査役

平成23年6月

㈱トスネット茨城監査役(現任)

平成23年7月

I・C・Cインターナショナル㈱監査役(現任)

平成23年11月

取締役経理部長兼関係会社管理室長

平成24年10月

取締役経理部長兼関係会社統轄担当

平成25年5月

取締役経理部長

平成25年8月

㈱トスネット北東北監査役

平成25年8月

㈱トスネット南東北監査役

平成25年8月

㈱トスネット上信越取締役(現任)

平成25年11月

アサヒガード㈱監査役

平成27年11月

取締役経理財務統轄部長

平成29年1月

㈱エイコー監査役(現任)

平成29年10月

㈱アーバン警備保障監査役(現任)

平成29年12月

令和1年7月

令和1年11月

令和1年11月

㈱トスネット琉球監査役(現任)

北日本警備㈱監査役(現任)

㈱トスネット首都圏監査役(現任)

㈱日本保安監査役(現任)

令和2年12月

管理統轄本部取締役統轄本部長兼経理財務部取締役統轄部長(現任)

(注)3

23

関係会社管理部
取締役部長