EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年6月29日

【事業年度】

第53期(自  2020年4月1日  至  2021年3月31日)

【会社名】

株式会社さくらケーシーエス

【英訳名】

SAKURA KCS Corporation

【代表者の役職氏名】

取締役社長  神 原 忠 明

【本店の所在の場所】

神戸市中央区播磨町21番1

【電話番号】

078(391)6571(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 経営企画部長  高 岸 浩 司

【最寄りの連絡場所】

神戸市中央区播磨町21番1

【電話番号】

078(391)6571(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 経営企画部長  高 岸 浩 司

【縦覧に供する場所】

株式会社さくらケーシーエス東京本社

 

(東京都中央区日本橋室町四丁目5番1号)

 

株式会社さくらケーシーエス大阪オフィス

 

(大阪市中央区南久宝寺町三丁目6番6号)

 

株式会社東京証券取引所

 

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

 

E05090 47610 株式会社さくらケーシーエス SAKURA KCS Corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E05090-000 2021-06-29 E05090-000 2016-04-01 2017-03-31 E05090-000 2017-04-01 2018-03-31 E05090-000 2018-04-01 2019-03-31 E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 E05090-000 2017-03-31 E05090-000 2018-03-31 E05090-000 2019-03-31 E05090-000 2020-03-31 E05090-000 2021-03-31 E05090-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:FinanceRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:PublicRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:IndustryRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05090-000:FinanceRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05090-000:PublicRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05090-000:IndustryRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:FinanceRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:IndustryRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:PublicRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No11MajorShareholdersMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:KambaraTadaakiMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:TomoishiToshiyaMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:YokozakiFumioMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:TakikawaHiroshiMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:NorikuraYoshihikoMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:OkadaYoshioMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:IdeJunichiMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:MiyanoToshiakiMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp030000-asr_E05090-000:HaradaKenjiMember E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row5Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row6Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row7Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row8Member E05090-000 2021-06-29 jpcrp_cor:Row9Member E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:FinanceRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:PublicRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:IndustryRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05090-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:FinanceRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:PublicRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05090-000:IndustryRelatedReportableSegmentsMember E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05090-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05090-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05090-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第49期

第50期

第51期

第52期

第53期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

23,066

21,517

21,945

23,833

24,658

経常利益

(百万円)

489

311

596

845

887

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

317

209

384

473

736

包括利益

(百万円)

558

229

318

312

1,262

純資産額

(百万円)

15,273

15,369

15,552

15,686

16,814

総資産額

(百万円)

21,007

19,794

20,651

21,546

22,824

1株当たり純資産額

(円)

1,363.81

1,372.32

1,388.73

1,400.64

1,501.39

1株当たり当期純利益

(円)

28.33

18.72

34.28

42.30

65.73

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

72.7

77.6

75.3

72.8

73.7

自己資本利益率

(%)

2.1

1.4

2.5

3.0

4.5

株価収益率

(倍)

22.5

37.2

23.5

17.9

13.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,068

1,913

672

1,673

725

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,290

420

376

111

245

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

538

507

491

576

563

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

6,538

7,523

7,328

8,314

8,722

従業員数

 

1,127

1,128

1,105

1,109

1,104

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

[610]

[583]

[526]

[491]

[479]

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第51期の期首から適用しており、第50期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第49期

第50期

第51期

第52期

第53期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

21,552

20,049

20,740

22,865

23,677

経常利益

(百万円)

477

314

571

793

870

当期純利益

(百万円)

325

228

375

425

732

資本金

(百万円)

2,054

2,054

2,054

2,054

2,054

発行済株式総数

(株)

11,200,000

11,200,000

11,200,000

11,200,000

11,200,000

純資産額

(百万円)

14,179

14,226

14,408

14,630

15,532

総資産額

(百万円)

19,591

18,372

19,296

20,250

21,295

1株当たり純資産額

(円)

1,266.06

1,270.30

1,286.52

1,306.34

1,386.89

1株当たり配当額

 

12.00

12.00

16.00

12.00

12.00

(内1株当たり中間配当額)

(円)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

(6.00)

1株当たり当期純利益

(円)

29.07

20.35

33.57

38.02

65.40

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

72.4

77.4

74.7

72.2

72.9

自己資本利益率

(%)

2.3

1.6

2.6

2.9

4.9

株価収益率

(倍)

21.9

34.2

24.0

19.9

13.2

配当性向

(%)

41.3

58.9

47.7

31.6

18.3

従業員数

(人)

997

993

973

979

984

株主総利回り

(%)

100.0

110.9

130.2

124.3

142.8

(比較情報:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

700

749

1,068

1,083

999

最低株価

(円)

590

619

697

655

757

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

4 第51期の1株当たり配当額16円には、創立50周年記念配当4円を含んでおります。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第51期の期首から適用しており、第50期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

 

2 【沿革】

 

1969年3月

神戸市葺合区(現 中央区)に株式会社神戸コンピューターサービスを設立

1969年5月

データ入力サービス(パンチ業務)及び計算受託サービスを開始

1971年9月

 

株式会社神戸銀行(注)と富士通株式会社の資本・経営参加

本社を神戸市生田区(現 中央区)に移転

1973年7月

 

株式会社姫路電子計算センターと合併

姫路市に姫路センター(現 姫路オフィス)を開設

1974年8月

大阪市北区に大阪事務所(現 大阪オフィス)を開設

1978年9月

株式会社ユニオンコンピュータービューローと合併

1979年3月

 

東京都中央区にケーシーエスソフト株式会社(100%子会社)を設立し、西野通信工業株式会社のソフトウェア部門を営業譲受

1980年9月

 

データ事業部を分離し、神戸市生田区(現 中央区)にケーシーエスデータ株式会社(100%子会社・現 株式会社KCSソリューションズ)を設立

1983年10月

本社を神戸市中央区の「株式会社太陽神戸銀行(注)神戸元町研修会館ビル」に移転

1984年3月

リース事業部を分離し、神戸市中央区に子会社ケーシーエスリース株式会社を設立

1985年5月

東京都港区にソフト開発部東京分室を開設

1988年7月

商号を株式会社ケーシーエスに変更

1988年12月

ケーシーエスリース株式会社の株式を一部売却し、非子会社化

1991年10月

子会社ケーシーエスソフト株式会社と合併

1992年4月

商号を株式会社さくらケーシーエスに変更

1995年1月

 

神戸市中央区の「さくら銀行(注)関西事務センター(神戸)ビル」の一部を取得、同所に本社を移転

1998年10月

プライバシーマーク認定を取得

1999年7月

品質マネジメントシステム規格「ISO 9001、ISO 9002」(*1)の認証を取得(*2)

1999年10月

神戸市中央区にアウトソーシングセンターを開設

2000年6月

大阪証券取引所市場第二部に上場

2002年9月

情報セキュリティマネジメントシステム「ISMS」(*3)の認証を取得(*4)

2012年8月

ITサービスマネジメントシステム規格「ISO/IEC 20000」(*5)の認証を取得(*4)

2013年4月

株式取得により、株式会社シィ・エイ・ティを100%子会社化

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合により東京証券取引所市場第二部へ上場

2014年3月

 

子会社であるケーシーエスデータ株式会社と株式会社シィ・エイ・ティを統合し、新会社の商号を株式会社KCSソリューションズに変更

2014年10月

事業継続マネジメントシステム規格「ISO 22301」(*6)の認証を取得(*4)

2021年4月

名古屋市中区に名古屋オフィスを開設

 

 

(注)  株式会社神戸銀行、株式会社太陽神戸銀行及び株式会社さくら銀行は、現在の株式会社三井住友銀行であります。

 

*1 「ISO 9001、ISO 9002」とは、製品やサービスを提供する企業が、一定の品質を保証する社内体制を整備しているかどうかを認定する国際品質保証規格のことであります。なお、ISO 9002は、現在、ISO 9001に統合されております。

*2 本有価証券報告書現在において、システム事業部のほか1部門が取得しております。

*3 「ISMS」とは、情報セキュリティ管理に関する国際基準に基づく情報セキュリティマネジメントシステム適合性評価制度の略称であります。なお、ISMS認証基準は、現在、情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格ISO/IEC 27001へ移行されております。

*4 本有価証券報告書現在において、アウトソーシングセンターの一部が取得しております。

*5 「ISO/IEC 20000」とは、ITサービスを提供している組織が、サービスの内容やリスクを明確化することで、ITサービスの継続的な管理、高い効率性、継続的改善を実現するための国際規格のことであります。

*6 「ISO 22301」とは、事業継続を困難にする地震や火災、ITシステム障害や金融危機、取引先の倒産などの災害・事故・事件などに対して、事業継続能力を効果的かつ効率的に維持・改善するための国際規格のことであります。

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、その他の関係会社2社、連結子会社1社で構成されております。

当社及び連結子会社(以下、「当企業集団」という。)は、組織上の事業部門「金融関連部門」、「公共関連部門」及び「産業関連部門」の3つを報告セグメントとしております。「金融関連部門」は金融機関向け、「公共関連部門」は地方公共団体向け、「産業関連部門」は一般事業法人向けのお客さまを対象としており、お客さまのさまざまな情報化ニーズに対して、その企画段階からシステム構築、システム機器販売、システム運用管理まで、総合的な情報サービスを提供しております。

なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。

また、当企業集団は、その他の関係会社である株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び同社のグループ会社(以下、「SMBCグループ」という。)において、総合情報サービス会社と位置付けられ、SMBCグループとは、営業取引以外にも資金取引などがあり、緊密な関係にあります。

 

当企業集団は、次の品目に関係する事業を行っております。

 

(注) 当企業集団は、情報サービスの総合的な提供を事業内容としており、各セグメントとも同一の事業内容でありますので、事業の内容として品目別に区分して開示しております。

 

(1) 情報サービス
① システム構築

当企業集団の主力品目であり、さまざまな業種(金融、公共、製造・流通・サービスなど)のお客さまに対し、アプリケーション・ソフトウェアの受託開発、パッケージソフトの開発・販売などを行っております。

なお、主要取引先は、SMBCグループ、富士通グループ、金融機関、地方公共団体及び一般事業法人であります。

 

② システム運用管理

当社のコンピューターシステムによる受託計算処理・ASP(*1)サービス・管理運営受託(コンピューターセンターの管理運営業務など)・事務支援業務(金融機関向け事務集中業務など)・データ入力業務に加え、ハウジングサービス(*2)やホスティングサービス(*3)を含めたアウトソーシング事業も行っております。

なお、主要取引先は、SMBCグループ、金融機関、地方公共団体及び一般事業法人であります。

 

③ その他の情報サービス

上記①、②及び下記(2)の取引先などに対し、コンピューター保守業務、サプライ用品販売などを行っております。

 

(2) システム機器販売

各種コンピューター、周辺機器等の販売等を行っております。

主要仕入先は、富士通株式会社であり、主要販売先は、SMBCグループ、金融機関、地方公共団体及び一般事業法人であります。

 

 

 

 

 

 

 

*1 「ASP」とは、Application Service Provider の略で、事業者がネットワーク経由でアプリケーション・ソフトウェアを提供し、ユーザーがこれを利用するサービスのことであります。

*2 「ハウジングサービス」とは、ユーザーの通信機器や情報発信用のコンピューター(サーバー)を、回線設備の整った事業者の施設に設置するサービスのことであります。

*3 「ホスティングサービス」とは、事業者が所有する情報発信用のコンピューター(サーバー)の容量の一部を、ユーザーに貸し出すサービスのことであります。

 

 

事業の系統図は次のとおりであります。


 

(注) 1 ㈱三井住友フィナンシャルグループ及び㈱三井住友銀行は、当社のその他の関係会社であります。

2 ㈱三井住友銀行及び㈱日本総合研究所は、㈱三井住友フィナンシャルグループの連結子会社であります。

3 三井住友ファイナンス&リース㈱及び富士通㈱は、当社の法人主要株主であります。

4 ㈱KCSソリューションズは、当社の連結子会社であります。

5 SMBCグループの各社とは、主に金融関連部門が取引を行っております。

6 三井住友ファイナンス&リース㈱とのリース取引については、金融関連部門、公共関連部門、産業関連部門が取引を行っております。

7 富士通㈱とは、金融関連部門、公共関連部門、産業関連部門が取引を行っております。

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
又は出資金

(百万円)

主要な事業

の内容

議決権の所有
又は被所有割合

(%)

関係内容

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

  ㈱三井住友フィナンシャルグループ
(注)1

東京都

千代田区

2,341,274

銀行持株会社

被所有 29.77  

    (29.77)

当社のその他の関係会社である㈱三井住友銀行の完全親会社であります。

  ㈱三井住友銀行
(注)1
 

東京都

千代田区

1,770,996

銀行業

被所有 29.77

    (1.25)

    [17.68]

システム構築の受託、システム運用管理の受託

自社ビルの賃貸、資金の預入

(連結子会社)

 

 

 

 

 

  ㈱KCSソリューションズ
(注)2

神戸市

中央区

10

労働者派遣

データ処理

所有  100.0

データ処理を委託

役員の兼任等7名

 

(注) 1 有価証券報告書の提出会社であります。

議決権の所有又は被所有割合の欄の( )内は、間接被所有割合で内数、[ ]内は緊密な者又は同意している者の所有割合で外数であります。

2 特定子会社に該当しません。

有価証券届出書及び有価証券報告書を提出しておりません。

売上高(連結会社相互間の内部売上を除く)の連結売上高に占める割合が100分の10以下であるため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

金融関連部門

 

231

 

[343]

公共関連部門

 

272

 

[96]

産業関連部門

 

448

 

[32]

全社共通

 

153

 

[8]

合計

 

1,104

 

[479]

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は最近1年間の平均就労人数を、[  ]内に外数で記載しております。

2 全社共通として記載しております従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

984

44.1

20.3

6,101

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

金融関連部門

182

 

公共関連部門

238

 

産業関連部門

435

 

全社共通

129

 

合計

984

 

 

(注) 1 従業員数は就業人員であります。なお、取締役を兼務しない執行役員16人は従業員数に含めておりません。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含めております。

3 全社共通として記載しております従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は、全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会に属し、組合員は752名でユニオンショップ制となっております。

なお、労使間の問題もなく、労働協約の定めるところに従い、健全な労使関係を保っております。

連結子会社である株式会社KCSソリューションズは、労働組合が組織されておりません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

本項の記載内容のうち、将来に関する事項を記載している場合には、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針

当社は、不断に変化する事業環境に的確に対応し、ステークホルダーの視点から当社としての企業経営のあり方を明確にするため、次の「経営理念」を掲げております。

・ IT価値を提供することにより、社会・お客さまの発展に貢献する。  (社会・お客さまの信用)

・ 変化に対応できる強靭な企業体質を構築し、企業価値の向上を図る。  (会社の繁栄)

・ 個人価値を自ら向上させ、組織貢献できる社員に活躍の場を提供する。(社員の成長)

 

(2) 経営環境

今後のわが国経済の見通しにつきましては、国内外における新型コロナウイルス感染症のワクチン接種進展による経済活動の正常化に向けた動きにより、回復に転じることが期待される一方で、変異株の拡散による事態の長期化が懸念されるなど、依然として先行き不透明な状況が続くものと思われます。

情報サービス産業におきましても、DX(デジタルトランスフォーメーション)(*1) の伸展に加え、コロナ禍を契機とする働き方改革や教育改革に伴う情報化ニーズの高まりが継続するなど、企業等の情報化投資は総じて回復することが見込まれておりますが、コロナ禍収束が見通せない中にあって先行きが不透明な状況であります。

 

(3) 中長期的な会社の経営戦略

当企業集団は、2020年4月より中期経営計画(2020年4月~2023年3月)に取り組んでおります。

 

本中期経営計画(以下、「本計画」という。)は、「安定成長の実現」を目指した前中期経営計画における取り組みをさらに進化させ、当社が情報サービスの提供を通じて「社会、お客さま、社員及びその家族、株主の皆さまから必要とされる会社」であり続け、次の節目である「100年企業」として存続していくために必要となる安定的な礎を一層強化する「改革の期間」と位置付けております。

 

本計画では、次の5項目に重点的に取り組むこととしております。

 

① 新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症の終息までには長期間を要することが見込まれる中、その対応につきまして、まずは、お客さま、お取引先さま、従業員及びその家族等の安全確保・感染予防と感染拡大防止を最優先とし、在宅勤務の推進やサテライトオフィスの整備などの対策を講じつつ、お客さまに対する商品・サービスの提供を継続しております。

また、今後、業績に対する影響を適宜見極め、要員再配置等の対策を臨機応変に実施することにより、業績影響を最小限とするよう努めてまいります。

 

② 情報セキュリティ体制の再構築

当社は、これまでも情報セキュリティに関する体制強化に取り組んでまいりましたが、2020年3月期に、BPOビジネスにおいて個人情報記載文書の不適切な取扱事案を発生させました。本事案に対する再発防止策は、社外の専門家を起用して既に着手・実施しており、今後は対象を全社に拡大してハード・ソフト両面での対策や組織体制の整備等も進めることにより、情報セキュリティレベルをさらに強化いたします。

 

③ 新人事制度の定着化

2020年3月末まで進めておりました、会社全体の活性化を目的とした人事制度改革について、2020年4月に大部分の施策を実施に移したことから、今後はその定着化に向けた取り組みを推進いたします。また、ワーク・ライフ・バランス及びテレワーク(*2)の推進並びに執務環境の改善等にも引き続き取り組み、社員満足度の向上による活性化を図ってまいります。

 

 

 

*1 「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは、企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争優位性を確立することであり、単純なIT化やAI(人工知能)などのデジタル技術を活用することのみならず、デジタル技術を使い全く新しい便利なビジネス形態を実現することを指すものであります。

*2 「テレワーク」とは、ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方のことで、自宅を就業場所とする「在宅勤務」や所属するオフィス以外の場所を就業場所とする「サテライトオフィス勤務」、施設に依存せずお客さま先や移動中に実施する「モバイルワーク」などの形態があります。

 

 

④ 事業ポートフォリオの再構築

2020年3月期において、各事業の採算性・成長性の再評価を実施するとともに、一部の不採算・低採算を余儀なくされている業務について縮小・撤退計画を策定しており、これらの計画を着実に推進いたします。また、新しい事業領域への参入や高採算業務の強化にも並行して取り組み、まずは首都圏におけるITインフラサービスビジネス拡大に注力するとともに、情報セキュリティに関するサービスの立ち上げも検討してまいります。

 

⑤ システム構築力(ものづくり力)と技術力の追求

2019年4月に社長直轄部門とした技術統括部が核となり、AI(人工知能)やRPA(*3)等の新しい技術を活用したビジネスやサービス・商品の企画からマーケティング、プロモーション、セールス、制作までに対応することにより、現場力の向上や新ビジネスの創出につながるシステム構築力(ものづくり力)と技術力を追求いたします。

 

(4) 目標とする経営指標及び経営目標

当企業集団では、経営指標及び経営目標を設定することにより、本計画の到達点を明確にしております。

経営指標としては、株主価値及び資本効率重視の観点から「ROE(自己資本利益率)」及び安定配当を基本方針としつつ株主還元方針の目安となる連結ベースの「配当性向」を重視いたします。

経営目標としては、ダイバーシティや働き方改革によるワーク・ライフ・バランスの推進に関する項目の改善や新人事制度の定着による社員満足度の向上を掲げております。

これらの経営指標及び経営目標の進捗管理を通じて、本計画の達成を目指してまいります。

 

 

項 目

計画終了時点の

目標

備 考

経営指標

①ROE(自己資本利益率)

3.3%

70%以上の自己資本比率を堅持することにより健全な財務体質を維持しつつ、資本効率の安定的な改善を目指します。

②配当性向(連結)

30~40%を

目安とした安定配当

安定配当方針を堅持しつつ、市場平均水準を意識してまいります。

経営目標

①管理職候補者となる階層に占める女性の割合

15%以上

「女性活躍推進法」における行動計画目標として掲げている項目及び目標値であります。

②有給休暇の取得率

75%(15日以上)

③適時適切で効率的なテレワークの浸透

④社員向け職場アンケートにおける社員満足度向上

社員満足度の向上により社内活性化を図ってまいります。

 

 

(5) 会社の対処すべき課題

「(2) 経営環境」に記載しております事業環境下、当企業集団が対処すべき当面の課題は、「100年企業」として存続していくために必要となる安定的な礎を一層強化することを目的として策定した3ヵ年の中期経営計画(2020年4月~2023年3月)の着実な遂行であります。

本計画で重点的に取り組む項目の詳細については、「(3) 中長期的な会社の経営戦略」及び「(4) 目標とする経営指標及び経営目標」をご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

*3 「RPA」とは、Robotic Process Automation の略で、これまで人間が手作業で行っていた仕事を、ルールエンジンやAI、機械学習等の認知技術を取り入れたロボットに代行してもらうことにより、業務の自動化や効率化を図る取り組みのことであります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、次のとおりであります。

なお、本項の記載内容のうち将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当企業集団が判断したものであります。また、終息が見通せない新型コロナウイルス感染症につきましては、個別に記載した事項に限らず、経営全般に多大な影響を与えるリスクであると認識しております。

 

(1) 環境変化に伴うお客さまの情報化投資動向に関するリスク

当企業集団は、金融機関及び地方公共団体、一般事業法人など、幅広い分野・業種のお客さまに対して、情報サービスの総合的な提供を行っております。お客さまにおける情報化投資動向は、社会情勢や景気変動、法令・規制・制度変更など環境変化に左右されるため、これらによって、当企業集団の経営成績等に一定の影響を及ぼす可能性があります。特に、新型コロナウイルス禍に伴う影響については、慎重に見極める必要があります。

こうしたリスクへの対応策として、新規顧客開拓や既存顧客深耕による顧客基盤の拡大及び事業ポートフォリオの再構築に取り組んでいるほか、データセンターサービスやBPOサービスといったストックビジネスを強化することにより、経営成績等の安定化に取り組んでおります。また、経営成績等の急激な変動に備えるため、内部留保の充実及び十分な現預金残高の確保により、健全な財務体質の維持に努めております。

なお、当企業集団の事業につきましては、システムの納入が第2四半期(7~9月)及び第4四半期(1~3月)に集中する傾向があり、売上高が第1四半期(4~6月)及び第3四半期(10~12月)において減少し、第2四半期(7~9月)及び第4四半期(1~3月)に増加するパターンとなり、四半期毎・半期毎の経営成績が変動いたします。

 

(2) 特定の取引先の動向に関するリスク

その他の関係会社である株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び株式会社三井住友銀行の両社を含むSMBCグループ並びに法人主要株主である富士通株式会社を含む富士通グループは、当企業集団の大口かつ安定した取引先であり、両グループの業績及び情報化投資が当企業集団の経営成績等に一定の影響を及ぼす可能性があります。

こうしたリスクへの対応策として、両グループとの取引深耕と両グループ以外のビジネス拡大につながる新しい技術への取り組みや新しい事業領域への参入を進めるとともに、両グループの動向に左右されない一般民需分野向け直販ビジネスを強化することにより、影響の軽減を図ってまいります。

 

(3) システム構築業務に関するリスク

当企業集団の主力品目であるシステム構築については、お客さまからの要求が複雑化・大型化・短納期化する傾向にあり、お客さまと合意した品質・納期の未達成やコストの増加などにより不採算化することで、当企業集団の経営成績等に一定の影響を及ぼす可能性があります。

こうしたリスクへの対応策として、大規模システム構築案件のリスク管理強化の観点から、関連部門による「見積検討会」において受託是非の検討を行うとともに、経営会議メンバーによる「システム案件協議会」において案件毎の進捗状況確認や対応指示などを行う体制をとっております。さらに、「本部の所管部門による第三者検証」「不採算案件の予兆段階での早期発見」「予兆を発見した案件の個別管理及び全社的対応による早期収束」など、社内管理体制をとっております。また、こうした体制強化などの組織対応に加え、「プロジェクト管理ツール」によるモニタリングなどシステム面でも対応を強化しており、全社を挙げて不採算案件の発生抑制及び品質の向上に努めております。

 

 

(4) システム運用管理業務に関するリスク

当企業集団のシステム運用管理業務については、自社で保有するアウトソーシングセンターを中核としたデータセンターサービスやBPOサービスの提供を行っており、大規模な自然災害や設備の不具合、感染症のパンデミック、運用上のミス等によりサービスの提供に重大な支障が生じた場合には、お客さまなどからの損害賠償請求や信用失墜などにより、当企業集団の経営成績等に一定の影響を及ぼすことが考えられます。

こうしたリスクへの対応策として、各種設備の維持・強化や他のデータセンター保有事業者との相互協力・バックアップ体制の構築、運用要員の育成、執務環境の整備、一部の運用業務のリモート化など、運営体制の強化に取り組んでおります。また、第三者機関からITサービスマネジメントシステムに関する国際規格「ISO/IEC 20000」及び事業継続マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 22301」の認証を受けております。

 

(5) 情報セキュリティに関するリスク

当企業集団は、お客さまへの情報サービスの提供にあたり、個人情報や機密情報を含むさまざまな情報資産をお預かりしております。不正アクセスやサイバー攻撃、コンピューターウイルスといった情報セキュリティ上の問題及びシステムの障害、人的ミス等によりこれらの情報資産を流出させた場合には、お客さまなどからの損害賠償請求や信用失墜などにより、当企業集団の経営成績等に一定の影響を及ぼすことが考えられます。

こうしたリスクへの対応策として、「情報セキュリティ委員会」において管理体制を含めた情報セキュリティに関する事項全般及び個別の情報セキュリティ対策について協議を実施しているほか、個人情報保護対策としてプライバシーマークを取得しております。また、必要に応じて外部専門家の助言を取り入れるなど、情報セキュリティ管理の高度化を図っております。その他、大量の情報を取り扱うデータセンターサービスやBPOサービスの運営部署においては、第三者機関から情報セキュリティに関する国際規格「ISO/IEC 27001」の認証を受けております。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(経営成績等の状況の概要)

当連結会計年度における当企業集団の経営成績等の状況の概要は次のとおりであります。

 

(1) 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度の業績につきましては、産業関連部門及び公共関連部門において前期の反動減やコロナ禍の影響による減収が一部にみられたものの、金融関連部門におけるSMBCグループ向けのシステム構築や公共関連部門におけるシステム機器販売が増加したことを主因として、売上高は、前年同期比825百万円(3.5%)増24,658百万円と、3期連続の増収となりました。

 

損益面につきましては、増収効果があったものの、前期の高採算案件の反動減やコロナ禍における感染防止対策に伴う要員稼働率低下等の影響により利益率が悪化したことから、売上総利益が減益となりました。一方で、コロナ禍に対応した費用支出の見直しにより販売費及び一般管理費を抑制したことから、営業利益は802百万円と前年同期比23百万円(3.0%)の増益、経常利益も887百万円と前年同期比41百万円(4.9%)の増益、親会社株主に帰属する当期純利益も736百万円と前年同期比262百万円(55.4%)の増益と、いずれも3期連続の増益となりました。なお、投資有価証券売却益120百万円及び固定資産売却益42百万円を特別利益に計上しております。

 

連結のセグメント別売上高は、次のとおりです。

なお、2020年4月1日付の組織変更に伴い、当連結会計年度より産業関連部門の一部を公共関連部門として集計するよう変更しており、対前年同期の増減及び増減率については、前期の数値を変更後の区分方法に組み替えた数値に基づき作成しております。

 

①  金融関連部門

SMBCグループ向けのシステム構築案件が増加したことから、売上高は、7,383百万円と前年同期比787百万円(11.9%)の増収となりました。

 

②  公共関連部門

特別定額給付金対応など一時的な需要増があったものの、前期にあった消費税率引き上げや改元対応案件等の反動減により自治体向けシステム運用管理が減収となりました。一方で、教育関連における情報化投資の需要増やヘルスケアビジネスにおける大口案件獲得等によりシステム機器販売が増収となったことに加え、大手ベンダー経由のシステム構築案件も増加したことから、売上高は、6,447百万円と前年同期比107百万円(1.7%)の増収となりました。

 

③  産業関連部門

大手ベンダー経由の案件やERPソリューション案件の増加によりシステム構築が増収となりました。一方で、前期にあったWindows10対応の反動減によりシステム機器販売が減収となったことに加え、コロナ禍の出勤抑制に伴うプリンター関連用品の需要減などによりその他の情報サービスも大幅な減収となったことから、売上高は、10,827百万円と前年同期比69百万円(0.6%)の減収となりました。

 

当連結会計年度末における財政状態は、期末日時点における現金及び預金の増加や売上高増加に伴う売掛金の増加等を主因として、総資産が前期比1,278百万円増加し、22,824百万円となりました。また、純資産につきましても、利益剰余金の増加等を主因として、前期比1,128百万円増加し、16,814百万円となりました。

この結果、自己資本比率は前連結会計年度末比0.9%上昇し、73.7%となっております。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末比408百万円増加し、8,722百万円となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、前年同期比948百万円減少し、725百万円のプラスとなりました。前年同期比で資金が減少した主な要因は、期末に集中した売上に伴う売上債権額の増加により一時的な支払いが先行したことに加え、前期の課税所得増加影響により法人税等の支出額等が増加したことによるものであります

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、前年同期比356百万円増加し、245百万円のプラスとなりました。資金増加の主な要因は、固定資産及び投資有価証券の売却によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同期比13百万円増加し、563百万円のマイナスとなりました。資金減少の要因は、リース債務の返済及び配当金の支払いによるものであります。

 

(3) 生産、受注及び販売の実績

2020年4月1日付の組織変更に伴い、当連結会計年度より産業関連部門の一部を公共関連部門として集計するよう変更しており、以下の前年同期比については、前連結会計年度の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。

a.生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

区分

生産高(百万円)

前年同期比(%)

金融関連部門

 

 

  システム構築

5,759

118.0

  システム運用管理

1,391

95.3

  その他の情報サービス

157

115.8

  小計

7,307

112.8

公共関連部門

 

 

  システム構築

2,918

96.7

  システム運用管理

1,586

94.0

  その他の情報サービス

761

91.4

  小計

5,265

95.1

産業関連部門

 

 

  システム構築

5,434

102.3

  システム運用管理

1,893

105.0

  その他の情報サービス

1,218

89.5

  小計

8,546

100.8

合計

21,120

103.0

 

(注) 1 システム構築の生産高については、当連結会計年度の販売実績高に仕掛増減額の販売高相当額を加味し、算出しております。なお、それ以外につきましては、販売高を記載しております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b.受注実績

当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

区分

受注高(百万円)

前年同期比(%)

受注残高(百万円)

前年同期比(%)

金融関連部門

 

 

 

 

  システム構築

5,442

107.9

2,156

88.3

  小計

5,442

107.9

2,156

88.3

公共関連部門

 

 

 

 

  システム構築

2,955

98.7

924

96.8

  小計

2,955

98.7

924

96.8

産業関連部門

 

 

 

 

  システム構築

5,533

104.0

1,877

115.7

  小計

5,533

104.0

1,877

115.7

合計

13,930

104.3

4,957

98.8

 

(注) 1 システム構築以外の業務については、継続業務が大半であり、業務も多岐にわたり把握することが困難なため、システム構築についてのみ記載しております。

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

c.販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

区分

販売高(百万円)

前年同期比(%)

金融関連部門

 

 

  システム構築

5,727

120.4

  システム運用管理

1,391

95.3

  その他の情報サービス

157

115.8

  商品売上高

108

44.3

  小計

7,383

111.9

公共関連部門

 

 

  システム構築

2,986

101.2

  システム運用管理

1,586

94.0

  その他の情報サービス

761

91.4

  商品売上高

1,113

128.3

  小計

6,447

101.7

産業関連部門

 

 

  システム構築

5,279

101.2

  システム運用管理

1,893

105.0

  その他の情報サービス

1,218

89.5

  商品売上高

2,435

97.0

  小計

10,827

99.4

合計

24,658

103.5

 

(注) 1 主な相手先別の販売実績及びそれぞれの総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。

 

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

販売高

(百万円)

割合

(%)

販売高

(百万円)

割合

(%)

富士通㈱

4,083

17.1

4,302

17.4

㈱三井住友銀行

2,071

8.7

2,531

10.3

 

なお、上記の販売実績以外に、㈱三井住友銀行の情報システム部門で行っているシステム関連機能については、㈱日本総合研究所を通じて取引しており、同社、同社子会社の㈱日本総研情報サービスへの販売実績は、次のとおりであります。

㈱日本総合研究所

1,215

5.1

1,538

6.2

㈱日本総研情報サービス

145

0.6

145

0.6

 

2 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

経営者の視点による当企業集団の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

当企業集団の当連結会計年度の経営成績等につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりであります。当社の経営課題は収益力の向上と考えており、外部環境の変化に影響を受けない収益体質への転換を図っております。具体的には、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (3) 中長期的な会社の経営戦略」に記載のとおり、安定的な礎を一層強化することを目的として重点的に取り組む5項目を確実に進めてまいります。

当企業集団の経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

当企業集団の当連結会計年度のキャッシュ・フローの概況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (2) キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

翌連結会計年度のキャッシュ・フローの見通しにつきましては、当期課税所得増加に伴う法人税等の支出増加や翌期の減収計画等の資金減少要因を見込む一方、親会社株主に帰属する当期純利益の計上や期末の売上債権回収による資金増加を主因とし、営業活動による資金は増加する見込みであります。他方、アウトソーシングセンター設備の更改等による支出を主因とする投資活動による資金減少や、リース債務の返済を主因とする財務活動による資金減少を見込む結果、翌連結会計年度末の資金は当連結会計年度末に比べて減少する見込みであります。

なお、設備投資の所要資金については、主に自己資金を充当し、必要に応じてリースを利用する予定であります。

 

セグメントごとの当連結会計年度の経営成績等につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりであり、セグメントごとの課題・対策については、次のとおりであります。

 

①  金融関連部門

SMBCの情報化投資が引き続き拡大傾向にあります。このため、主要顧客であるSMBCグループ取引に最注力し、既存案件に対する取り組み方法の見直しを進め、品質と生産性の向上を両立させて利益率の向上を図るとともに、新たな業務領域への取り組みも強化してまいります。また、引き続き自社ソリューションの競争力強化とともに、RPAやクラウド系のシステム開発等の新しいIT技術を活用する分野への対応力強化を進めてまいります。

 

②  公共関連部門

自治体との直接取引は、既存顧客における基幹システムの更改案件が一巡していることに加え、大きな制度改正等も予定されていないため、兵庫県下の自治体に対する取引深耕と自治体周辺業務や文教向け自社ソリューションの競争力強化を図るとともに、大手ベンダー経由案件の確実な受注等に注力いたします。

 

③  産業関連部門

一般民需分野における情報化投資は、感染症対策の一環として導入が進むテレワークを含め、働き方改革等を目的とした情報化投資ニーズが引き続き堅調に推移することが見込まれることから、関西圏の地元企業のニーズに確実に対応するほか、首都圏ならびに新規オフィスを開設する中京圏においても対応力の強化を図ってまいります。また、自社ソリューションの一層の拡充を進めるとともに、大手ベンダー経由案件の確実な受注等に注力いたします。

 

 

(2) 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当企業集団の連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

 

受注損失引当金

当企業集団は、ソフトウェアの請負契約に基づく開発案件のうち、当連結会計年度末時点で将来の損失が見込まれ、かつ、当該損失額を合理的に見積もることが可能なものについては、翌連結会計年度以降に発生が見込まれる損失額に対して、受注損失引当金を計上しております。

開発案件の総原価の見積りに当たっては、お客さまからの要求事項をもとに、見積範囲、システム規模、リスク等を踏まえ、システム開発原価基準に基づき工数、原価を算出し、見積原価額を決定しておりますが、仕様の変更や作業内容に想定外の不具合が生じた等の事象が発生した場合に、総原価の金額に影響を与える可能性があります。

このため、一定規模以上の開発案件については、事業部に加え、社内において品質・生産性の全般を管理している品質管理部による「見積検討会」を開催し、見積審査を行うとともに、経営会議メンバーによる「システム案件協議会」において案件毎の進捗状況の確認を行う体制としております。加えて受注損失引当金を計上する案件については決算期毎に品質管理部にて引当金額の妥当性を検証しております。

なお、新型コロナウイルス感染症につきましては、今後2022年3月期の一定期間にわたり当該影響が継続すると仮定しておりますが、個々の開発作業の見積原価に与える影響は、開発原価の大部分を人件費が占めており変動要素が少ないことから、現状軽微であると判断しております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社は、お客さまの経営課題解決に活用できるITソリューションを提供し続けるため、研究開発活動を行っております。

研究開発活動は、市場ニーズの変化や新技術への対応等、当社競争力の向上に資するものであることを基本方針として、金融・公共・産業関連の幅広い分野で培ったノウハウを活用し、より付加価値の高いサービス及び商品を提供するために実施しております。

当社では、研究開発を専門とする部署は設置しておりませんが、技術統括部を所管部とし、各事業部門において研究開発課題を選定し、実施する体制をとっております。

なお、子会社の株式会社KCSソリューションズは、研究開発活動を行っておりません。

 

当連結会計年度の研究開発費の計上額は10百万円であります。

 

セグメント別の研究開発活動は、次のとおりであります。

 

(1) 公共関連部門

公共関連部門における当連結会計年度の研究開発費の計上額は2百万円であり、主な活動内容は次のとおりであります。

① 全社DevOps運用環境を用いたSossianのCIプロセス実践

当社ではソフトウェア開発の効率化と品質生産性向上を目指して2020年度よりDevOps環境の適用を開始しています。DevOpsとは「開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)がお互いに協調し合うことで、開発・運用するソフトウェアのビジネス価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーに届け続ける」という概念です。当社が提供する自治体向け事務支援業務パッケージシリーズ「Sossian」の開発に、このDevOps環境を試行適用することで、効果を最大化するための手法について技術研究を実施しました。

本研究開発の成果は、今後の商品開発を含む当社のソフトウェア開発に活かしていきます。

 

(2) 産業関連部門

産業関連部門における当連結会計年度の研究開発費の計上額は7百万円であり、主な活動内容は次のとおりであります。

① Amazon Web Service(以下、AWS)保守自動化検証

1つのパッケージを多数の顧客に提供する場合、当該パッケージをバージョンアップした際には、すべての顧客に適用する必要が生じます。従来、個別にバージョンアップ対応が必要であった、この作業を効率化するための技術研究を実施しました。AWSを活用し、AWSの機能を有効活用することで、一斉適用を実現する手法について技術調査を行いました。

なお、この研究開発は、2021年5月までの実施を予定しております。

 

② 「さくらUTOPIAゲートウェイ 債権管理(以下、債権管理GW)」を利用するクライアント接続環境の検証

当社が提供するBPOサービスの1つである債権管理GWでは、クライアントから接続する際に安全な仮想専用線を活用してきました。非常時の代替接続手段の確保を目的としてクラウド型接続サービスを適用するための技術検証を実施しました。

本研究開発の成果は、債権管理GWの接続方式として活用していきます。

 

(3) 全社共通

全社共通における当連結会計年度の研究開発費の計上額は0百万円であり、主な活動内容は次のとおりであります。

① 大丸神戸店との共同実証実験「リアル店舗データのデジタル化」

当社は、株式会社大丸松坂屋百貨店 大丸神戸店ならびに神戸商工会議所とともに、リアル店舗でのDX推進に向けた取組としてAI(人工知能)による画像解析技術を活用した来店顧客の属性や行動データの収集・分析を目的とした実証実験を行いました。

なお、この研究開発は、2021年度上期までの実施を予定しております。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度に実施いたしました設備投資の総額は818百万円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりであります。なお、設備投資額には無形固定資産への投資が含まれております。

 

(1) 金融関連部門

当連結会計年度の主な設備投資は、ソフトウェアの取得を中心とする総額1百万円の投資を実施しました。

なお、重要な設備の除却又は売却はありません。

 

(2) 公共関連部門

当連結会計年度の主な設備投資は、自治体向けシステム機器の取得を中心とする総額354百万円の投資を実施しました。

 

(3) 産業関連部門

当連結会計年度の主な設備投資は、アウトソーシングセンター設備増強を中心とする総額249百万円の投資を実施しました。

 

(4) 全社共通

当連結会計年度の主な設備投資は、オフィス環境設備の増強、社内利用機器及びソフトウェアの取得を中心とする総額212百万円の投資を実施しました。

 

なお、公共関連部門、産業関連部門及び全社共通において、次の主要な設備を売却しております。その内容は以下のとおりであります。

会社名

事業所

(所在地)

設備の内容

売却時期

前期末帳簿価額

(百万円)

株式会社さくらケーシーエス

明石ビル

(兵庫県明石市)

生産事務所

2021年2月

470

 

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所

(所在地)

セグメントの

名称

設備の

内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(人)

土地

(面積㎡)

建物

及び

構築物

工具、

器具及び

備品

リース

資産

(有形)

ソフト

ウェア

リース

資産

(無形)

合計

本社

(神戸市中央区)

金融関連部門

公共関連部門

産業関連部門

全社共通

生産

事務所

927

(904.64)

338

38

678

152

43

2,180

562

アウトソーシング

センター

(神戸市中央区)

公共関連部門

産業関連部門

生産

事務所

215

67

512

466

1

1,262

71

東京本社

(東京都中央区)

金融関連部門

公共関連部門

産業関連部門

全社共通

生産

事務所

12

3

2

18

314

姫路オフィス

(兵庫県姫路市)

産業関連部門

全社共通

生産

事務所

18

 3

22

6

大阪オフィス

(大阪市中央区)

産業関連部門

生産

事務所

8

0

8

  31

 

(注) 1 土地及び建物の一部を賃借しており、賃借料は351百万円であります。

2 「工具、器具及び備品」及び「リース資産(有形)」の帳簿価額には建設仮勘定が含まれております。

3 現在休止中の主要な設備はありません。

4 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所

(所在地)

セグメントの

名称

設備の

内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(人)

土地

(面積㎡)

建物

及び

構築物

工具、

器具及び

備品

リース

資産

(有形)

ソフト

ウェア

リース

資産

(無形)

合計

株式会社KCSソリューションズ

本社

(神戸市

中央区)

金融関連部門

公共関連部門

産業関連部門

全社共通

生産

事務所

55

15

4

75

47

 

(注) 1 建物の一部を賃借しており、賃借料は65百万円であります。

2 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

(3) 在外子会社

該当する子会社はありません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

当企業集団の設備投資においては、将来の事業展開を予測した生産計画に必要な合理化設備等、投資効率を総合的に勘案して計画しております。

当連結会計年度末における重要な設備の新設等に係る投資予定額は、全社共通における社内事務機器の更改や公共関連部門、産業関連部門におけるアウトソーシングセンター設備の更改を含む総額589百万円であります。

所要資金については、自己資金を充当する予定でありますが、社内利用機器はリース利用を予定しております。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

40,000,000

40,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)

(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)

(2021年6月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

11,200,000

11,200,000

東京証券取引所
市場第二部

単元株式数は100株であります。

11,200,000

11,200,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

 

(百万円)

資本金残高

 

(百万円)

資本準備金

増減額

(百万円)

資本準備金

残高

(百万円)

2000年6月9日

1,200,000

11,200,000

434

2,054

693

2,228

 

(注)  発行済株式総数、資本金及び資本準備金の増減は次によるものであります。

2000年6月9日

  有償一般募集(ブックビルディング方式)

  1株当たりの発行価格は1,000円、引受価格は940円、発行価額は723円、資本組入額は362円であります。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数  100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

7

11

25

8

762

813

所有株式数

(単元)

37,319

282

41,971

294

32,126

111,992

800

所有株式数の割合(%)

33.32

0.25

37.48

0.26

28.69

100.00

 

(注)  自己株式735株は、「個人その他」に7単元、「単元未満株式の状況」に35株含まれております。

なお、期末日現在の実質的な所有株式数も、735株であります。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社三井住友銀行

東京都千代田区丸の内1丁目1番2号

3,193

28.51

三井住友ファイナンス&リース株式会社

東京都千代田区丸の内1丁目3番2号

1,980

17.67

富士通株式会社

川崎市中原区上小田中4丁目1番1号

1,550

13.84

さくらケーシーエス従業員持株会

神戸市中央区播磨町21-1

942

8.41

水元 公仁

東京都新宿区

278

2.48

株式会社みなと銀行

神戸市中央区三宮町2丁目1-1

233

2.08

SMBCコンサルティング株式会社

東京都中央区八重洲1丁目3-4

140

1.25

グローリー株式会社

兵庫県姫路市下手野1丁目3-1

100

0.89

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

94

0.84

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内1丁目6番6号

80

0.71

兵庫トヨタ自動車株式会社

神戸市中央区磯辺通4丁目2番12号

80

0.71

8,671

77.43

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

700

完全議決権株式(その他)

普通株式

11,198,500

111,985

単元未満株式

普通株式

800

発行済株式総数

 

11,200,000

総株主の議決権

 

111,985

 

(注)  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式35株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式

数の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社さくらケーシーエス

神戸市中央区播磨町21番1

700

700

0.00

700

700

0.00

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(百万円)

株式数(株)

処分価額の総額

(百万円)

引き受ける者の募集を行った

取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、

会社分割に係る移転を行った

取得自己株式

その他

保有自己株式数

735

735

 

(注)  当期間における保有自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

配当については、中間配当及び期末配当の年2回を基本としており、期末配当は株主総会の決議事項、中間配当は取締役会の決議事項としております。なお、中間配当につきましては、取締役会の決議により毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨、定款に定めております。

また、当社が属する情報サービス産業は技術革新や市場環境の変化が激しいことから、当社が長期的に競争力を確保し、持続的な成長を維持していくためには、経営環境の変化や中長期的な事業展開に備えた内部留保の充実が必須であると考えております。

従いまして、配当金額の決定にあたっては、内部留保の充実と安定的な配当の維持を基本方針としつつ、株主還元方針の目安となる「配当性向」も重視しております。

2020年4月1日からスタートした中期経営計画では、連結ベースの「配当性向」を経営指標に掲げており、「30~40%を目安とした安定配当」を計画終了時点の目標としております。

この基本方針を踏まえ、当事業年度の期末配当金につきましては、1株当たり6円といたしました。この結果、1株当たり年間配当金は、既に実施済の中間配当金6円を合わせて12円となり、配当性向は18.3%となりました。

 

(注)  基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2020年11月4日

67

6.00

取締役会決議

2021年6月29日

67

6.00

定時株主総会決議

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

当社は、「お客さま」「株主・市場」「社会・環境」「従業員」などのステークホルダーに対して、より高い価値を持つ商品・サービスを提供することを通じて、すべてのステークホルダーから信頼・評価していただける企業活動を実践することにより、社会全体の持続的な発展への貢献と企業価値の向上に努めております。

 

そのため、将来にわたって普遍的な経営の方針として次のとおり「経営理念」を定め、企業活動を行う上での拠りどころと位置付けております。

 

<経営理念>

・IT価値を提供することにより