EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年9月13日

【四半期会計期間】

第28期第2四半期(自 2021年5月1日 至 2021年7月31日)

【会社名】

株式会社ジャストプランニング

【英訳名】

JUST PLANNING INC.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 酒井 敬

【本店の所在の場所】

東京都大田区西蒲田七丁目35番1号 宝栄ビル

【電話番号】

03(3730)1041

【事務連絡者氏名】

取締役 佐久間 宏

【最寄りの連絡場所】

東京都大田区西蒲田七丁目35番1号 宝栄ビル

【電話番号】

03(3730)1041

【事務連絡者氏名】

取締役 佐久間 宏

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05204 42870 株式会社ジャストプランニング JUSTPLANNIG INC. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2021-02-01 2021-07-31 Q2 2022-01-31 2020-02-01 2020-07-31 2021-01-31 1 false false false E05204-000 2021-09-13 E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 E05204-000 2020-02-01 2021-01-31 E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 E05204-000 2020-07-31 E05204-000 2021-01-31 E05204-000 2021-07-31 E05204-000 2020-05-01 2020-07-31 E05204-000 2021-05-01 2021-07-31 E05204-000 2021-09-13 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05204-000 2021-07-31 jpcrp_cor:Row1Member E05204-000 2020-01-31 E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:ApplicationServiceProviderBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:ApplicationServiceProviderBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:SystemSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:SystemSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:LogisticsSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:LogisticsSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:SolarPowerBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp040300-q2r_E05204-000:SolarPowerBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05204-000 2021-02-01 2021-07-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05204-000 2020-02-01 2020-07-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

連結経営指標等

回次

第27期

第2四半期
連結累計期間

第28期

第2四半期
連結累計期間

第27期

会計期間

自 2020年2月1日
至 2020年7月31日

自 2021年2月1日
至 2021年7月31日

自 2020年2月1日
至 2021年1月31日

売上高

(千円)

1,037,980

1,070,887

2,103,153

経常利益

(千円)

97,028

178,144

198,587

親会社株主に帰属する
四半期(当期)純利益

(千円)

5,080

126,381

76,191

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

7,781

127,547

78,892

純資産額

(千円)

3,066,479

3,170,891

3,137,590

総資産額

(千円)

3,320,688

3,468,346

3,377,613

1株当たり四半期(当期)
純利益金額

(円)

0.40

9.92

5.98

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益金額

(円)

0.40

9.88

5.95

自己資本比率

(%)

92.2

91.3

92.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

107,019

229,928

185,793

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

3,634

394,167

40,915

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

94,069

93,631

94,069

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(千円)

1,589,281

1,372,905

1,630,775

 

 

回次

第27期

第2四半期
連結会計期間

第28期

第2四半期
連結会計期間

会計期間

自 2020年5月1日
至 2020年7月31日

自 2021年5月1日
至 2021年7月31日

1株当たり四半期純利益金額

(円)

1.63

4.87

 

(注) 1  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2  売上高には、消費税等は含まれておりません。

 

2 【事業の内容】

当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。

また、主要な関係会社についても異動はありません。 

第2 【事業の状況】

1 【事業等のリスク】

当第2四半期連結累計期間における、新型コロナウイルス感染症の再拡大は、今後さらに感染拡大の状況が継続した場合には、経済活動の停滞、当社グル-プの対面する外食産業のシステム投資計画の延期、事業の縮小等により、当社グループの事業活動に影響を及ぼす可能性があり、今後の推移状況を注視してまいります。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 経営成績等の状況の概要

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛による消費減退や経済活動の停滞等により、企業収益に著しい影響を与えました。同感染症による緊急事態宣言は、1回目が2020年4月7日~5月25日、2回目が2021年1月8日~3月21日、3回目が2021年4月25日~6月20日、更に4回目の緊急事態宣言が7月12日~提出日現在までにおいて発令されており、国内の感染拡大への懸念が強まり先行きは依然として不透明な状況が続いております。

当社グループが主に関連する外食産業におきましては、緊急事態宣言解除期間中は同感染症の拡大防止を目的とする休業要請や営業時間短縮、酒類提供禁止措置等が一時的に緩和されるものの、同感染症の再拡大に伴う度重なる緊急事態宣言の発令により未だ予断を許さない厳しい状況が続いております。

このような状況の下、当社グループでは、ASPによるアウトソーシング事業とインターネットを活用したシステムソリューション事業に取り組み、外食産業のみならず、新業態への売上管理・勤怠管理・発注管理等のASPシステムの展開をしております。昨今のインターネット環境におきましては、タブレット端末やスマートフォン等のデバイスの進化や急速な普及により、外食産業においても様々なビジネスシーンで活用されるケースが認められております。このような背景を踏まえ、ASP事業「まかせてネット」をシリーズ化し、「まかせてネット」の進化版「まかせてネットEX」および、クラウド型POSオーダリングサービス「まかせてタッチ」の拡販・運営をいたしております。

また、テイクアウト活用など新しい生活様式に向けた生活スタイルの変化への対応に伴い、IoTを活用したスマートフォンによるオンライン決済アプリ「Putmenu」や、2020年8月より譲り受けた事業、テイクアウト業態向けスマートフォンアプリ「iToGo」を切り口に、外食産業のみならず市場変化に柔軟に対応した新規需要の獲得に向け推進してまいりました。

 

①財政状態及び経営成績の状況

(資産の部)

当第2四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末と比べて90,733千円増加し、3,468,346千円となりました。主な増減は、現金及び預金の増加142,129千円、売掛金の増加11,419千円などによるものです。

(負債の部)

負債は、前連結会計年度末に比べて57,433千円増加し、297,455千円となりました。主な増減は、買掛金の増加13,041千円、未払法人税等の増加34,691千円、その他流動負債の増加9,616千円などによるものです。

(純資産の部)

純資産は、前連結会計年度末に比べて33,300千円増加し、3,170,891千円となりました。主な増減は、利益剰余金の増加32,134千円などによるものです。

 

当第2四半期連結累計期間は、売上高1,070,887千円(前年同四半期比3.2%増)、営業利益143,587千円(同53.3%増)、経常利益178,144千円(同83.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益126,381千円(前年同四半期は同親会社株主に帰属する四半期純利益5,080千円)となりました。

 

セグメントの業績は次のとおりであります。

 

 

(ASP事業)

当社グループにおけるASP事業は1999年8月より外食業界向けに「まかせてネット」というサービス名で、サービスを展開しております。外食店舗におけるPOSシステム、勤怠管理システム、発注システム等の情報を、当社ASPセンターで受信し、各企業データシステムへと展開して、売上管理・勤怠管理・発注管理等の本部システムを稼動させ、外食本部からは、インターネット経由で当社ASPセンターにアクセスすることにより本部システムを利用することができるようになっております。

当第2四半期連結累計期間においては、ASP事業「まかせてネット」の進化版「まかせてネットEX」及び、クラウド型POSオーダリングサービス「まかせてタッチ」の拡販・運営を行っております。また、2018年2月に新規事業「Putmenu」を展開するため、プットメニュー株式会社を当社連結子会社として設立いたしました。「Putmenu」はIoTを活用したサービスで、スマートフォンアプリ「Putmenu」を使うことで商品の注文と決済をオンラインで実現し業務を効率化するサービスとなっております。

また、飲食事業のテイクアウト業態向けのスマートフォンアプリケ-ション「iToGo」事業を2020年8月1日に譲受、事業展開を開始しました。飲食事業のテイクアウト業態向けの「iToGo」は、スマートフォンアプリケ-ションを活用して、並ばず・待たずに受け取れる事前予約する機能や、アプリ独自の割引クーポンを利用できる配信機能、お得な情報を受け取れるプッシュ通知機能を搭載してお客様のテイクアウト事業をシステム支援しております。テイクアウト業態が拡大する中で、当社グル-プでは、お客様の多様なニ-ズに合わせて、スマートフォンアプリケ-ションの機能を拡大し、店舗管理システム「まかせてネット」との連携を強化しております。

当第2四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルスの感染拡大防止による3回目および4回目の緊急事態宣言により、当社グル-プの取引先である飲食店舗が営業時間短縮の措置を求められる中、当社グル-プはテイクアウト業態のためのシステム化提案等柔軟な対応を推進してまいりました。このような結果、ASP売上高は、前年比で5月は17.1%増、6月は5.2%減、7月は4.1%減となっております。

その結果、当第2四半期連結累計期間のASP事業の売上は441,701千円(前年同四半期比11.6%増)、セグメント利益は305,193千円(同14.7%増)となりました。

 

(システムソリューション事業)

当社グループでは、1994年3月の設立以来、外食業界向けの店舗システム及び本部システム(POSシステム、出退勤システム、食材発注システム)等の業務システム構築全般にソフトウェアの企画・開発・販売を行ってまいりました。システムソリューション事業の業務内容は、外食業界の業務システムにおけるソフトウェア受託開発、POSシステム導入におけるシステム設定作業やシステム運用・業務コンサルティングやそれに伴うハードウェア導入、当社POSシステムユーザーに対する消耗品販売等を行っているPOSシステムソリューションから構成されております。

当第2四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、受注済案件等のシステム導入計画に対する延期が発生し、大きな影響を受けました。

その結果、当第2四半期連結累計期間のシステムソリューション事業の売上は44,036千円(同1.5%増)、セグメント利益は11,242千円(同58.6%増)となりました。

 

(物流ソリューション事業)

当社グループでは、外食チェーン企業等に対する物流ソリューション(3PL:サードパーティロジスティクス=企業の流通機能全般を一括して請け負う)やマーチャンダイズソリューション(コンサルティング、コーディネイト)、本部業務代行(伝票処理、受発注代行、商品管理)等のソリューションサービス事業を展開しております。

その結果、当第2四半期連結累計期間の物流ソリューション事業の売上は500,772千円(同2.2%減)、セグメント利益は48,518千円(同1.5%減)となりました。

 

(太陽光発電事業)

当社グループでは、2015年2月より栃木県那須塩原市、栃木県那須町にて2拠点、2016年2月より宮城県仙台市にて1拠点において、太陽光発電設備による電力会社への売電事業を行っております。

その結果、当第2四半期連結累計期間の太陽光発電事業の売上は63,157千円(同7.8%増)、セグメント利益は35,975千円(同26.2%増)となりました。

 

(その他事業)

当社グループでは、2009年8月より、直営の外食店舗を社員により行っております。社員による運営により、店舗運営ノウハウの社員研修、情報システム開発、新システムのテストマーケティング等に活用しております。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大への懸念が高まりはじめた前第1四半期連結累計期間である2020年4月7日の1回目緊急事態宣言が発令されて以降、継続して時短営業ならびにテイクアウト販売にて事業活動の推進に努めてまいりました。このような状況の下、店舗売上は、1回目緊急事態宣言の影響を受けた昨年5月に対して、3回目緊急事態宣言が発令された今年の5月は、昨年に比べ居酒屋業態2店舗のテイクアウト需要とお弁当業態1店舗増が貢献し、45.7%増、1回目緊急事態宣言解除明けの昨年6、7月と比較して、立て続け3回目、4回目の緊急事態宣言および酒類提供禁止措置等の煽りを受けた結果、6月の前年比は50.0%減、7月の前年比は11.1%減となりました。

その結果、当第2四半期連結累計期間のその他事業の売上は21,220千円(同25.1%減)、セグメント利益は15,407千円(同29.7%減)となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

現金及び現金同等物(以下「資金」という)の当第2四半期連結会計期間末残高は1,372,905千円(前年同四半期比13.6%減)となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期連結累計期間において営業活動の結果得られた資金は229,928千円(前年同四半期比114.8%増)となりました。これは、主として、税金等調整前四半期純利益179,871千円、減価償却費57,640千円を計上したこと等によるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期連結累計期間において投資活動の結果使用した資金は394,167千円(前年同四半期は3,634千円の支出)となりました。これは、主として、定期預金の純増による支出400,000千円、無形固定資産の取得による支出24,976千円、保険積立金の解約による収入28,507千円等によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期連結累計期間において財務活動の結果使用した資金は93,631千円(前年同四半期比0.5%減)となりました。これは、配当金の支払額93,631千円によるものです。

 

(3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う休業要請を受けて、当社グル-プの取引先である飲食業の休業店舗に対して、事業継続支援を行っております。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外食産業におけるシステム投資計画が延期される傾向にあり、当社グル-プの事業展開に影響を与えています。なお、当社グル-プでは、手元現預金残高2,372,905千円を確保しており、当社グル-プの事業運営にあたり、財務上のリスクはないと判断しています。

 

(4) 研究開発活動

当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は17,514千円であります。

なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。

 

3 【経営上の重要な契約等】

当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等は行われていません。

第3 【提出会社の状況】

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

72,000,000

72,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第2四半期会計期間末
現在発行数(株)
(2021年7月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年9月13日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

12,736,338

12,736,338

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

12,736,338

12,736,338

 

(注)  「提出日現在発行数」欄には、2021年9月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ 
 り発行された株式数は含まれておりません。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2021年5月1日~

2021年7月31日

12,736,338

410,515

268,248

 

 

 

(5) 【大株主の状況】

 

 

2021年7月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に
対する所有株式数の割合(%)

株式会社MYホールディングス

東京都大田区羽田1丁目13-1

4,361,800

34.25

株式会社オージス総研

大阪府大阪市西区千代崎3丁目南2-37

1,273,700

10.00

鈴木 崇宏

東京都港区

368,400

2.89

株式会社オービック

東京都中央区京橋2丁目4-15

331,200

2.60

株式会社SBI証券

東京都港区六本木1丁目6-1

320,874

2.52

岡本 茂

埼玉県さいたま市大宮区

221,400

1.74

佐久間 宏

東京都武蔵野市

180,000

1.41

楽天証券株式会社

東京都港区南青山2丁目6-21

171,500

1.35

吉田 雅年

東京都大田区

162,000

1.27

柳津 博之

東京都大田区

144,600

1.14

7,535,474

59.16

 

 

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

2021年7月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

200

 

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式

12,733,500

 

127,335

同上

単元未満株式

普通株式

2,638

 

同上

発行済株式総数

12,736,338

総株主の議決権

127,335

 

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式のうち46株は自己株式であります。

 

② 【自己株式等】

 

 

 

 

2021年7月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数の

割合(%)

株式会社ジャストプランニング

東京都大田区西蒲田7-35-1

200

200

0.0

200

200

0.0

 

 

2 【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。

 

 

第4 【経理の状況】

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年5月1日から2021年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年2月1日から2021年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2021年1月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年7月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

2,230,775

2,372,905

 

 

売掛金

295,103

306,523

 

 

商品

92

195

 

 

原材料

995

1,029

 

 

その他

25,883

12,400

 

 

貸倒引当金

3,865

3,360

 

 

流動資産合計

2,548,985

2,689,693

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

20,817

18,917

 

 

 

機械及び装置(純額)

393,605

370,382

 

 

 

その他(純額)

9,649

7,397

 

 

 

有形固定資産合計

424,072

396,697

 

 

無形固定資産

169,323

164,034

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

7,452

9,132

 

 

 

長期貸付金

297,863

297,803

 

 

 

その他

171,190

151,101

 

 

 

貸倒引当金

241,274

240,115

 

 

 

投資その他の資産合計

235,231

217,921

 

 

固定資産合計

828,627

778,653

 

資産合計

3,377,613

3,468,346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2021年1月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年7月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

135,580

148,621

 

 

未払法人税等

25,696

60,388

 

 

賞与引当金

2,400

2,400

 

 

その他

69,153

78,769

 

 

流動負債合計

232,830

290,179

 

固定負債

 

 

 

 

資産除去債務

7,192

7,276

 

 

固定負債合計

7,192

7,276

 

負債合計

240,022

297,455

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

410,515

410,515

 

 

資本剰余金

221,274

221,274

 

 

利益剰余金

2,501,637

2,533,771

 

 

自己株式

264

264

 

 

株主資本合計

3,133,163

3,165,298

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

1,165

 

 

その他の包括利益累計額合計

1,165

 

新株予約権

4,427

4,427

 

純資産合計

3,137,590

3,170,891

負債純資産合計

3,377,613

3,468,346

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】

【第2四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年2月1日

 至 2020年7月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年2月1日

 至 2021年7月31日)

売上高

1,037,980

1,070,887

売上原価

665,088

654,550

売上総利益

372,892

416,337

販売費及び一般管理費

 279,207

 272,750

営業利益

93,684

143,587

営業外収益

 

 

 

受取家賃

272

312

 

受取利息

31

12

 

保険解約返戻金

554

11,044

 

為替差益

-

107

 

受取給付金

1,800

25,866

 

雑収入

719

200

 

営業外収益合計

3,378

37,543

営業外費用

 

 

 

支払利息

34

39

 

保険解約損

-

2,947

 

雑損失

-

0

 

営業外費用合計

34

2,987

経常利益

97,028

178,144

特別利益

 

 

 

固定資産売却益

-

1,727

 

特別利益合計

-

1,727

特別損失

 

 

 

減損損失

10,298

-

 

投資有価証券評価損

9,427

-

 

貸倒引当金繰入額

47,892

-

 

特別損失合計

67,618

-

税金等調整前四半期純利益

29,410

179,871

法人税、住民税及び事業税

31,041

55,617

法人税等調整額

6,711

2,128

法人税等合計

24,330

53,489

四半期純利益

5,080

126,381

親会社株主に帰属する四半期純利益

5,080

126,381

 

【四半期連結包括利益計算書】

【第2四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年2月1日

 至 2020年7月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年2月1日

 至 2021年7月31日)

四半期純利益

5,080

126,381

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

2,701

1,165

 

その他の包括利益合計

2,701

1,165

四半期包括利益

7,781

127,547

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

7,781

127,547

 

(3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年2月1日

 至 2020年7月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年2月1日

 至 2021年7月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税金等調整前四半期純利益

29,410

179,871

 

減価償却費

60,093

57,640

 

貸倒引当金の増減額(△は減少)

48,326

1,663

 

受取利息及び受取配当金

31

12

 

支払利息

34

39

 

減損損失

10,298

 

投資有価証券評価損益(△は益)

9,427

 

売上債権の増減額(△は増加)

11,933

11,419

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

317

136

 

仕入債務の増減額(△は減少)

17,672

13,041

 

その他

12,259

7,105

 

小計

139,877

244,466

 

利息及び配当金の受取額

31

12

 

利息の支払額

34

39

 

法人税等の支払額

32,855

16,841

 

法人税等の還付額

2,331

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

107,019

229,928

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

定期預金の預入による支出

600,000

1,000,000

 

定期預金の払戻による収入

600,000

600,000

 

有形固定資産の取得による支出

3,376

 

有形固定資産の売却による収入

1,900

 

無形固定資産の取得による支出

258

24,976

 

保険積立金の解約による収入

28,507

 

その他

401

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

3,634

394,167

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

配当金の支払額

94,069

93,631

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

94,069

93,631

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

9,315

257,870

現金及び現金同等物の期首残高

1,579,965

1,630,775

現金及び現金同等物の四半期末残高

 1,589,281

 1,372,905

 

【注記事項】
(四半期連結損益計算書関係)

※  販売費及び一般管理費の主なもの

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2020年2月1日

至  2020年7月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2021年2月1日

至  2021年7月31日)

給与手当

84,825

千円

91,626

千円

役員報酬

42,642

 

34,267

 

法定福利費

18,786

 

18,707

 

旅費交通費

8,640

 

8,322

 

通信費

5,617

 

4,098

 

広告宣伝費

2,641

 

4,722

 

地代家賃

23,288

 

23,524

 

貸倒引当金繰入額

1,011

 

1,208

 

賞与引当金繰入額

1,025

 

1,104

 

減価償却費

5,955

 

4,818

 

 

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2020年2月1日

至  2020年7月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2021年2月1日

至  2021年7月31日)

現金及び預金

2,189,281

千円

2,372,905

千円

預入期間が3か月超の定期預金

△600,000

千円

△1,000,000

千円

現金及び現金同等物

1,589,281

千円

1,372,905

千円

 

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年2月1日 至 2020年7月31日

1 配当に関する事項

(1) 配当金支払額

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年4月28日
定時株主総会

普通株式

94,247

7.4

2020年1月31日

2020年4月30日

利益剰余金

 

 

(2) 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

2  株主資本の著しい変動に関する事項

株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。

 

Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年2月1日 至 2021年7月31日

1 配当に関する事項

(1) 配当金支払額

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2021年4月28日
定時株主総会

普通株式

94,247

7.4

2021年1月31日

2021年4月30日

利益剰余金

 

 

(2) 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

2  株主資本の著しい変動に関する事項

株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自 2020年2月1日 至 2020年7月31日

1 報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

合計

調整額

(注)2

四半期
連結損益
計算書
計上額

(注)3

ASP事業

システム
ソリューション
事業

物流
ソリューション
事業

太陽光
発電事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

395,785

43,399

511,891

58,564

1,009,641

28,339

1,037,980

1,037,980

  セグメント間の内部
  売上高又は振替高

7,440

10,690

18,130

18,130

18,130

403,225

43,399

522,582

58,564

1,027,771

28,339

1,056,111

18,130

1,037,980

セグメント利益

266,103

7,089

49,276

28,515

350,985

21,907

372,892

279,207

93,684

 

(注) 1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に外食店舗事業の運営を行っております。

2 セグメント利益の調整額△279,207千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用が含まれております。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

 (固定資産に係る重要な減損損失)

「その他」において、連結子会社である株式会社JPパワーで展開する直営の外食店舗の内1店舗について休業の状況にあり、今後の事業見通しを踏まえて検討した結果、当該店舗の内部造作、店舗設備等の固定資産に対して前第2四半期連結累計期間に減損損失10,298千円を特別損失に計上しております。

 

Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自 2021年2月1日 至 2021年7月31日

1 報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他
(注)1

合計

調整額

(注)2

四半期
連結損益
計算書
計上額

(注)3

ASP事業

システム
ソリューション
事業

物流
ソリューション
事業

太陽光
発電事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

441,701

44,036

500,772

63,157

1,049,667

21,220

1,070,887

1,070,887

  セグメント間の内部
  売上高又は振替高

8,008

10,212

18,221

18,221

18,221

449,709

44,036

510,984

63,157

1,067,888

21,220

1,089,109

18,221

1,070,887

セグメント利益

305,193

11,242

48,518

35,975

400,930

15,407

416,337

272,750

143,587

 

(注) 1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に外食店舗事業の運営を行っております。

2 セグメント利益の調整額△272,750千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用が含まれております。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年2月1日

至 2020年7月31日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年2月1日

至 2021年7月31日)

(1) 1株当たり四半期純利益金額

40銭

9円92銭

  (算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

5,080

126,381

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る
親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

5,080

126,381

普通株式の期中平均株式数(株)

12,736,092

12,736,092

(2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

40銭

9円88銭

  (算定上の基礎)

 

 

普通株式増加数(株)

58,555

59,503

潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定に用いられた普通株式増加数の主要な内訳

新株予約権(株)

58,555

59,503

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

2 【その他】

該当事項はありません。

 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

2021年9月13日

株式会社ジャストプランニング

取締役会  御中

 

有限責任 あずさ監査法人

 

東京事務所

 

 

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

金  子     靖

 

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

池  田  幸  恵

 

 

 

監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジャストプランニングの2021年2月1日から2022年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年5月1日から2021年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年2月1日から2021年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジャストプランニング及び連結子会社の2021年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。

監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

 

・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。

 

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以  上

 

 

(注) 1  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E05204-000 2021-09-13