EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年12月22日

【事業年度】

第37期(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

【会社名】

株式会社CSSホールディングス

【英訳名】

CSS Holdings,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 水野 克裕

【本店の所在の場所】

東京都中央区日本橋小伝馬町10番1号

【電話番号】

03(6661)7840(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 岩﨑 善彦

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区日本橋小伝馬町10番1号

【電話番号】

03(6661)7840(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 岩﨑 善彦

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05288 23040 株式会社CSSホールディングス CSS Holdings,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-10-01 2021-09-30 FY 2021-09-30 2019-10-01 2020-09-30 2020-09-30 1 false false false E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:HayashidaKiichirouMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:InabaShujiMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:SanukiKojiMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:FukudaMineoMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:OchiAtsuoMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row8Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row9Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row10Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row11Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row12Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row13Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row14Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row15Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row5Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row6Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row7Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row8Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row9Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row10Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row11Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row12Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row13Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row14Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row15Member E05288-000 2021-12-22 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E05288-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row1Member E05288-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row2Member E05288-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row3Member E05288-000 2021-12-22 jpcrp_cor:Row4Member E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:NoguchiMidoriMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:NagatsujiKoMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:SpaceProduceReportableSegmentsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:SpaceProduceReportableSegmentsMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:SpaceProduceReportableSegmentsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:SpaceProduceReportableSegmentsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:FoodServiceReportableSegmentsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:FoodServiceReportableSegmentsMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:FoodServiceReportableSegmentsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:FoodServiceReportableSegmentsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:StewardReportableSegmentsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:StewardReportableSegmentsMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:StewardReportableSegmentsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp030000-asr_E05288-000:StewardReportableSegmentsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:Row4Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row2Member E05288-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row3Member E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05288-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2021-12-22 E05288-000 2021-09-30 E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 E05288-000 2020-09-30 E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 E05288-000 2019-09-30 E05288-000 2018-10-01 2019-09-30 E05288-000 2018-09-30 E05288-000 2017-10-01 2018-09-30 E05288-000 2017-09-30 E05288-000 2016-10-01 2017-09-30 E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05288-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2021-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05288-000 2021-09-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05288-000 2020-10-01 2021-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:MizunoKatsuhiroMember E05288-000 2021-12-22 jpcrp030000-asr_E05288-000:MatsushimaToruMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第33期

第34期

第35期

第36期

第37期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

16,895,600

17,326,144

18,445,751

11,962,668

9,412,227

経常利益

(千円)

291,883

270,350

445,213

258,929

34,534

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

152,432

158,405

110,022

23,489

420,335

包括利益

(千円)

210,831

165,553

137,820

17,343

405,891

純資産額

(千円)

2,715,192

2,829,036

2,639,212

2,573,252

2,124,638

総資産額

(千円)

6,675,107

7,026,276

5,855,030

5,604,984

4,701,495

1株当たり純資産額

(円)

538.22

560.71

523.09

509.20

426.06

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

30.22

31.40

21.81

4.65

83.36

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

29.94

31.11

4.61

自己資本比率

(%)

40.7

40.3

45.1

45.9

45.2

自己資本利益率

(%)

5.8

5.7

4.0

0.9

17.9

株価収益率

(倍)

13.4

12.7

61.1

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

210,872

345,662

427,609

345,879

360,022

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

126,621

200,056

74,400

71,488

8,988

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

294,461

162,876

616,465

67,303

166,242

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,088,039

1,070,768

807,512

1,149,207

631,930

従業員数

(人)

564

583

521

529

490

(外、平均臨時雇用者数)

(4,957)

(5,147)

(5,217)

(5,083)

(3,897)

 (注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 純資産額に、役員向け株式給付信託が保有する当社株式を自己株式として計上しております。また、同期間の1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算定しております。

3 第35期及び第37期連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

4 第35期及び第37期連結会計年度の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失(△)であるため記載しておりません。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第35期の期首から適用しており、第34期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第33期

第34期

第35期

第36期

第37期

決算年月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

2021年9月

売上高

(千円)

731,302

529,819

581,468

697,085

496,553

経常利益

(千円)

298,091

64,855

52,561

264,445

100,900

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

301,852

70,020

410,921

260,980

104,949

資本金

(千円)

393,562

393,562

393,562

393,562

393,562

発行済株式総数

(株)

5,285,600

5,285,600

5,285,600

5,285,600

5,285,600

純資産額

(千円)

1,756,827

1,774,714

1,309,761

1,520,327

1,377,030

総資産額

(千円)

4,267,633

4,299,891

3,339,219

3,549,520

3,181,295

1株当たり純資産額

(円)

348.25

351.75

259.59

300.84

276.14

1株当たり配当額

(円)

10

10

10

5

5

(うち1株当たり中間配当額)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

59.84

13.88

81.44

51.64

20.81

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

59.29

13.75

51.19

自己資本比率

(%)

41.2

41.3

39.2

42.8

43.3

自己資本利益率

(%)

18.5

4.0

26.6

17.2

7.2

株価収益率

(倍)

6.8

28.7

5.5

配当性向

(%)

16.7

72.0

9.7

従業員数

(人)

5

4

5

5

4

(外、平均臨時雇用者数)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

株主総利回り

(%)

85.4

85.8

88.7

65.5

72.7

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(129.3)

(143.3)

(128.4)

(134.7)

(171.7)

最高株価

(円)

561

492

450

418

320

最低株価

(円)

402

392

316

192

233

 (注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。

    2 純資産額に、役員向け株式給付信託が保有する当社株式を自己株式として計上しております。また、同期間の1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算定しております。

3 第35期及び第37期事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

4 第35期及び第37期事業年度の株価収益率および配当性向に関しては当期純損失(△)を計上しているめ記載しておりません。

5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第35期の期首から適用しており、第34期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

2【沿革】

年月

変遷の内容

1984年12月

スチュワード業務の業務請負を目的として、東京都品川区に資本金2百万円で株式会社セントラルサービスシステムを設立

1985年10月

<東京都進出>株式会社サッポロライオンチェーン6店と契約

1986年7月

<千葉県進出>株式会社プラザサンルート(サンルートプラザ東京)と契約

1988年7月

本社を東京都江戸川区西葛西に移転

1994年9月

株式会社宮崎セントラルサービスシステム及び株式会社福岡セントラルサービスシステムを設立(当社100%出資)

1994年11月

<九州ブロック進出>フェニックスリゾート株式会社(シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート)と契約

1995年4月

福岡県福岡市中央区に福岡営業所を開設

1996年4月

<東海ブロック進出>名古屋ヒルトン株式会社(ヒルトン名古屋)と契約

1997年6月

大阪府大阪市西区に大阪営業所を開設

<関西ブロック(京都府)進出>京都ガーデンパレスと契約

1999年3月

当社と同業である株式会社千葉セントラルサービスシステム(当社役員の出資により1989年8月に設立)・株式会社東京西セントラルサービスシステム(当社役員の出資により1991年3月に設立)・株式会社東京南セントラルサービスシステム(当社役員の出資により1993年4月に設立)を吸収合併

2000年10月

100%子会社である株式会社宮崎セントラルサービスシステム及び株式会社福岡セントラルサービスシステムを吸収合併

2001年2月

本社を東京都千代田区麹町六丁目1番地25に移転

2002年6月

株式をジャスダック市場に上場

2002年12月

株式会社センダンを連結子会社化

2004年4月

<東北ブロック(仙台)に進出>株式会社仙台国際ホテルと契約

2004年12月

日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所(2010年10月より大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場

2005年7月

当社連結子会社の株式会社セントラルマネジメントシステムを設立

2006年4月

東洋メディアリンクス株式会社及び音響特機株式会社を連結子会社化

2008年4月

 

 

 2009年12月

 2012年7月

 2013年7月

 

 2014年10月

 

 2015年1月

 

 

 2018年10月

 2019年9月

会社分割により純粋持株会社に移行し、商号を「株式会社CSSホールディングス」に変更

新たに、連結子会社「株式会社セントラルサービスシステム」及び「株式会社CSSビジネスサポート」を設立

株式会社セントラルマネジメントシステム、清算結了

本社を東京都中央区日本橋小伝馬町10番1号に移転(現住所)

大阪証券取引所と東京証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

当社非連結子会社の株式会社デジタルコミュニケーションズが、ヤマト食品株式会社、綜合食産株式会社及び株式会社日本給食の全株式を譲り受けたことにより、これら4社を連結子会社化

株式会社デジタルコミュニケーションズを存続会社とし、ヤマト食品株式会社、綜合食産株式会社及び株式会社日本給食を消滅会社とする吸収合併を実施、同時に商号変更を行い、ヤマト食品株式会社に変更

Mood Media Japan株式会社を株式の追加取得により持分法適用会社から連結子会社化

ヤマト食品株式会社の全株式を譲渡、連結子会社から除外

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社6社、持分法非適用非連結子会社2社により構成されており、以下を主たる業務としております。

 なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

(1)スチュワード事業

 当事業は、ホテル・レストランにおける食器洗浄を中心としたスチュワード管理を全国展開している当社グループの中核事業であります。

(2)フードサービス事業

 当事業は、従業員食堂運営及びレストラン運営などフードサービスに係る総合給食事業を全国展開しております。

(3)空間プロデュース事業

 当事業は、音楽関連事業と、セキュリティーシステム、音響映像システム等の販売・施工、業務用音響機器の輸入・販売を幅広い顧客層に展開しております。

 

 なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

 

 [事業系統図]

事業系統図は、次のとおりであります。

0101010_001.png

 

 

 (注)無印 連結子会社

※1 非連結子会社で持分法非適用会社

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

㈱セントラルサービス
システム (注)2,4

東京都中央区

50

スチュワード事業

100

運営管理

役員の兼任

(連結子会社)

㈱センダン
(注)2,5

東京都中央区

50

フードサービス事業

100

運営管理

役員の兼任

(連結子会社)

東洋メディアリンクス㈱

(注)2,6

東京都中央区

50

空間プロデュース事業

100

運営管理

役員の兼任

(連結子会社)

音響特機㈱
(注)2,7

東京都中央区

100

空間プロデュース事業

100

運営管理

(連結子会社)

㈱CSSビジネスサポート

東京都中央区

10

その他

100

運営管理

(連結子会社)

Mood Media Japan㈱

(注)3

東京都中央区

10

空間プロデュース事業

100

(100)

運営管理

 (注)1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 特定子会社に該当しております。

3 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

4 ㈱セントラルサービスシステムの売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)は連結売上高に占める

  割合が10%を超えております。

    同社の主要な損益情報等は以下のとおりであります。

(1)売上高

3,356,419千円

(2)経常利益

82,106千円

(3)当期純利益

1,061千円

(4)純資産額

799,420千円

(5)総資産額

1,604,721千円

5 ㈱センダンの売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)は連結売上高に占める割合が10%を超えております。

同社の主要な損益情報等は以下のとおりであります。

(1)売上高

1,828,149千円

(2)経常利益

1,104千円

(3)当期純損失(△)

△32,835千円

(4)純資産額

22,233千円

(5)総資産額

596,214千円

6 東洋メディアリンクス㈱の売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)は連結売上高に占める割合が10%を超えております。

同社の主要な損益情報等は以下のとおりであります。

(1)売上高

1,806,693千円

(2)経常損失(△)

△14,171千円

(3)当期純損失(△)

△51,322千円

(4)純資産額

995,596千円

(5)総資産額

1,347,444千円

 

7 音響特機㈱の売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)は連結売上高に占める割合が10%を超えております。

  同社の主要な損益情報等は以下のとおりであります。

(1)売上高

2,156,001千円

(2)経常利益

93,470千円

(3)当期純利益

26,008千円

(4)純資産額

556,306千円

(5)総資産額

857,745千円

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年9月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

グループ全体の経営・管理事業

4

-〕

スチュワード事業

190

3,354

フードサービス事業

153

534

空間プロデュース事業

115

-〕

その他

28

9

合計

490

3,897

   (注)1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月30日現在

従業員数

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与

4

51.7

8

11

ヶ月

7,450

千円

   (注)1 従業員数は就業人員(委任型執行役員を除く)であり、臨時従業員数は、年間の平均人員を〔外書〕で記載しております。

         2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 当社は持株会社であるため、特定のセグメントに属しておりません。

 

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営の基本方針

 当社グループは、1984年の設立以来、「質の高い”おもてなし”の創造」を理念とし、ホテルの食器洗浄・衛生管理等のスチュワード事業を中心に展開してまいりました。その後、給食事業、音楽・映像・音響・放送機器関連事業を傘下に加え、現在では6つの事業会社からなるグループを形成し、お客様に「最適なサービス」を提供するための環境を実現することを経営方針の柱として掲げております。

 

(2)経営環境、優先的に対処すべき課題

 当社グループは、2024年に迎える40周年に向けて、2022年9月期を始期とする3か年の中期経営計画「Value Innovation 2024」を策定いたしました。コロナ禍により激変した事業環境を踏まえ、「基軸事業の強化による収益力の向上」「グループシナジーによる新たな価値の創出」を軸に、経営基盤の再構築を図り、2024年9月期には売上高143億円、当期純利益2億円を掲げ、目標の達成に向けて取り組んでまいります。

 

 各事業における重点施策は以下のとおりです。

 

<スチュワード事業>

 当事業の主要顧客であるホテル業界は、コロナ禍による新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けており、緩やかな需要回復が期待されるものの、ビフォアコロナと同水準までの回復は当面見込めないものと思われます。

 一方、医療・給食関係におけるスチュワード需要への影響は少なく、衛生・清掃関連業務の需要は今後拡大することが期待できます。

 このような状況を踏まえ、既存顧客との段階的な契約条件の見直しに努めるとともに、スチュワードの医療関係を中心とした提供チャネルの拡大、清掃等への事業領域の拡大を図り、コロナ禍からの早期回復と環境の変化に適応した持続的成長を目指してまいります。

 

<フードサービス事業>

 当事業は、ホテル業界全体としてコロナ禍の影響による低稼働が続いていることにより、従業員食堂・朝食レストランともに甚大な影響を受けており、それに伴い、ホテルにおける従業員食堂の内製化傾向は今後も続くことが懸念されます。

 一方、ビジネスホテル等における朝食レストランの外部委託傾向は強まっており、今後の新規開業や既存ホテルからの新たな運営受託が期待できます。

 このような状況下において、既存顧客との継続的な委託費の回復交渉に努めるとともに、朝食レストランの新規顧客の獲得に注力してまいります。

 また、コロナ禍の影響が少ない介護施設分野を、今後拡大が期待できる市場ととらえ、介護施設における給食受託事業への本格参入に向けノウハウ構築を推進してまいります。

 

<空間プロデュース事業>

 当事業においても、コロナ禍の影響による顧客の設備投資の見送りや縮小、また、各種ライブ・イベント等の中止が続いていることにより、当面厳しい事業環境となることが予想されます。

 一方、企業のDXやビジネスモデルの転換に伴い、会議システムをはじめとする映像・音響機器の需要は安定的に推移することが見込まれます。

 このような状況を踏まえ、既存顧客へのアプローチを強化することにより、音響・映像機器受注の早期回復、受注拡大に努めるとともに、会議システム等のネットワーク・オーディオ需要を広範に取り込むことにより売上拡大を目指してまいります。

 また、「音」「映像」「香り」のトータルプロデュースによるブランディング事業の認知拡大と、総合提案力の強化を図り、ソリューション提供の間口拡大を推進してまいります。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、当社の有価証券に関する投資判断は、本項及び本報告書中の本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えております。

 なお、以下の記載のうち将来に関する事項は、本報告書提出日(2021年12月22日)現在において当社グループが判断したものであり、不確実性を内在しているため、実際の結果と異なる可能性があります。

 

(1)事業内容及び事業環境について

 ① 請負事業者の責任について
 当社グループが営むスチュワード管理事業は、創業以来、スチュワード管理事業を業務請負という形態にて行っておりますが、業務請負は、人材派遣業や紹介業とは違い、指揮命令系統を当社内部にもち、顧客から独立して業務処理を行うものです。当社グループは請負事業者として、請負作業の完了ないし仕事の完成に関して顧客企業に対して責任を負うとともに、請負作業の遂行に当たって発生する労働災害、器物破損などの損害についても責任を負っております。したがって、当社グループの請け負った業務の遂行に関連するこれらの損害等に対しては、既に保険加入などの対応をしておりますが、想定を超える費用負担が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 ② 主要取引先業界の事業環境について
 当社グループの主要顧客はホテル・レストラン業界であり、これら業界の事業環境が悪化した場合、多くの顧客において内部コストの見直しを行う必要性が生じ、これが当社グループとの契約金額の引き下げ要求に繋がる可能性があります。また、ホテル業界において事業環境の悪化により、個々の顧客が会社更生法等の適用を受けた場合などには、当社グループの債権回収が困難になったり、あるいは対象ホテルとの契約の継続が不能となるなどの理由により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 ③ 今後の競争激化の可能性等について
 当社はスチュワード事業の業界において、リーディングカンパニーとしての位置を堅持しておりますが、同業他社との競合関係は存在いたします。今後、雇用形態に関わる法的規制の変更や緩和等の何らかの要因により競争が激化した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 ④ これらのリスクの対応

  当社グループの中核であるスチュワード事業については、業務請負という形態を今後も継続してまいりますが、経営の立場として、請負という責任の重要性を改めて強く認識した上で、安全確認の徹底、事故を未然に防ぐ体制作り等作業環境の整備に努めてまいります。

  また、スチュワード事業の主な顧客はホテルですが、ホテルを取り巻く事業環境の変化、あるいは競合他社との競争激化に対しては、ホテル依存度を下げるべく新たな顧客の開拓、またスチュワード事業で培ったノウハウを活かした新しい事業の展開が必要と考えております。

 

(2)従業員の確保等について

 当社グループにおいて必要な正社員及びパートタイマーの採用ができなかった場合、また、何らかの要因により退職率が上昇した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありますが、現状のコロナ禍の状況においては雇用に関するリスクはございません。

 

(3)個人情報の取り扱いについて

 当社グループでは、従業員、パート・アルバイトに関する個人情報約1万件を保有しております。情報管理の方法につきましては、「個人情報保護法」及び「マイナンバー法」に沿った対応を整備しております。現状の具体的扱い方法としては、電子化された従業員情報については、アクセス時のパスワード認証による管理を徹底し、紙媒体の従業員情報については、各部署の責任者が運用を管理し、施錠できる場所に保管・収納するというものであります。当該管理方法については、定期的に人事関連部署がチェックし、また、法務担当部署が抜き打ち検査を行うこと等により、当社グループでは万全なものと考えておりますが、今後何らかの要因で当社グループから個人情報が漏洩した場合には、当社グループの信頼が失墜し、業績にも影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)衛生管理について

 当社グループが営む給食管理事業は、食品衛生法等の規制を受けております。当社グループでは同事業の営業に関して、食品衛生法に基づき、厚生労働省管轄の各都道府県・政令指定都市・特別区の保健所を通じて営業許可を取得しております。
 また、当社グループといたしましては、スタッフに衛生教育を行うとともに腸内菌検査を定期的に実施し、スタッフの健康状態のチェックを行い、食中毒等の発生防止に努めております。
 さらに、株式会社センダン内に衛生管理専任部門を設け、衛生管理研修を実施するとともに、各事業所においては衛生管理マニュアルをもとに事故防止を徹底し、細菌培養検査を抜き打ち実施しております。
 しかしながら、食中毒等の発生の可能性を完全に否定することはできず、万が一、食中毒等が要因となって顧客の営業継続が不可能となった場合には、当社グループとの契約も終了する可能性もあり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)法的規制について

 当社グループの業務請負事業は労働基準法の関係法規による規制を受けておりますが、今後現行の関係法規の改正ないし解釈の変更等があった場合、あるいは当社グループに関連する新たな法規制の制定があった場合、当社グループの行う事業も影響を受ける可能性があります。

 

(6)新型コロナウイルス感染症の影響について

 新型コロナウイルス感染症の拡大により世界経済は大きく減速し、国内においても緊急事態宣言の延長等により経済活動が大きく制限されるなど、極めて厳しい状況が続く中、当社グループは対策本部を設置、従業員の衛生対策を強化し、引き続きグループ内での感染防止に努めております。

 ワクチン接種の拡大により、国内における直近の感染者数は小康状態にあるものの、新たな変異株による第6波の懸念等により、今後の感染状況については予断を許さない状況が続いております。

 このような状況下、新型コロナウイルスの収束時期等を正確に予測することは極めて困難な状況にあり、再び感染拡大へと発展した場合は、ホテル業界への影響は免れず、ホテル業界を主要顧客とするスチュワード事業、フードサービス事業については契約見直し等の影響により、収入減となり当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 また、空間プロデュース事業についても、感染状況が悪化し、更に長期化した場合、顧客の新規事業の先延ばし等により売上高が伸び悩み、当社グループの業績に影響を及ぼす恐れがあります。

 

(7)重要事象等について

 当社グループは当連結会計年度において、前連結会計年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大による多大な影響を受けることになりました。その結果、営業損失は717百万円を計上するに至り、2期連続で営業損失(前連結会計年度は営業損失1,072百万円)となっていること、また、親会社株主に帰属する当期純損失420百万円を計上したことにより、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在しております。

 しかしながら、経常利益段階では継続的に黒字計上を維持しているため、コミットメントライン契約(極度枠2,000百万円、2021年9月末日現在借入残高300百万円)に付されている財務制限条項にも抵触しておらず、主力金融機関とは良好な関係にあり、引き続き安定した資金調達を行うことが可能であります。加えて、当連結会計年度末において631百万円の現金及び預金を保有し財務基盤は安定していることから、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断し、「継続企業の前提に関する注記」は記載しておりません。

 翌連結会計年度末において当該重要事象等を解消するため、以下の施策にて収益及び財務基盤の安定を確保してまいります。

①営業体制の強化による新たな分野への事業展開

②既存取引先の維持拡大と新市場、新商材での売上拡大

③管理可能費の圧縮とその他固定費の適切なコントロールによる経費削減

④金融機関との良好な関係の継続及び2022年3月に期限を迎えるコミットメントライン契約のリアレンジに向けた協議

 なお、詳細については、「1経営方針、経営環境及び対処すべき課題等(2)経営環境、優先的に対処すべき課題」に記載しております。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度(2020年10月1日~2021年9月30日、以下「当期」という。)における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりです。

 

①財政状態及び経営成績の状況

 当期におけるわが国経済は、 新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が続くなか、多くの国における都市封鎖、渡航制限、外出自粛などの感染拡大防止対策の影響により世界経済は大きく減速し、国内においても度重なる緊急事態宣言により経済活動が大きく制限されるなど、極めて厳しい状況が続きました。

 当社グループの主要顧客であるホテル、商業施設においては、一時GoToキャンペーンをはじめとする政府の各種施策により穏やかながらも持ち直しの兆しが見えたものの、12月以降の新型コロナウイルス感染症の再拡大により、渡航制限によるインバウンド需要の消失、外出自粛、飲食店への制限要請、各種イベントの自粛要請など、過去に類を見ない極めて厳しい経営環境となりました。

 このような未曾有の環境下にあって当社グループは、顧客、従業員の安全・安心の確保を最優先課題と捉え、徹底した感染防止に努めるとともに、売上の確保を第一に事業を継続してまいりました。また、アフターコロナに備え人材を確保すべく、雇用調整助成金の特例措置を活用し、雇用の維持に努めてまいりました。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大の影響は非常に大きく、売上は全セグメントで減少し、営業損失を計上することとなりました。一方、経常利益については、雇用調整助成金を営業外収益に計上し、プラスとなりましたが、昨年12月に退任した取締役に対する退職慰労金を特別損失に計上したこと、さらには、繰延税金資産の回収の可能性について慎重に検討した結果、繰延税金資産を取崩し、法人税等調整額216百万円を計上したこと等により、親会社株主に帰属する当期純利益は大幅な損失計上となりました。

 

以上の結果、当期の財政状態及び経営成績等は以下のとおりとなりました。

 

a.財政状態

 当期末の資産の部は、前期末と比べて903百万円減少し、4,701百万円となりました。

 当期末の負債の部は、前期末と比べて454百万円減少し、2,576百万円となりました。

 当期末の純資産の部は、前期末と比べて448百万円減少し、2,124百万円となりました。

 

b.経営成績

 当期における連結売上高は9,412百万円(前期比21.3%減)、連結営業損失は717百万円(前連結会計年度は営業損失1,072百万円)、連結経常利益は34百万円(同86.7%減)、親会社株主に帰属する当期純損失は420百万円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純利益23百万円)となりました。

 

 

 当期におけるセグメント別の状況は次のとおりです。

 

スチュワード事業

 当事業は、ホテル・レストランを中心として食器洗浄及び管理業務を全国展開する当社グループの中核事業となるセグメントです。

 当連結会計年度の状況は、GoToトラベル、GoToイートの反響により第1四半期は回復の兆しが見られたものの、新型コロナウイルス感染症第3波から第5波の影響を受け、主要顧客となるホテルにおいてレストラン・バーの休業や宴会場の需要減少、施設の閉鎖、顧客による人員の内製化等により、11事業所の契約が終了となり、売上高は大きく落ち込みました。

 このような厳しい状況の中、売上を確保すべく新規案件獲得に向けての営業活動に注力した結果、東海地区、関西地区、九州沖縄地区にて、合計7件の業務を受注いたしました。また、衛生事業の一環として、新型コロナウイルス感染症による影響が少ない病院内の食器洗浄業務を新たに受注、順調に推移しております。当事業の今後の新たな顧客層として捉え、医療関連施設へのアプローチを推進してまいります。

 現場を支える多くのパート・アルバイトについては、雇用の安定、確保の方針のもと、休業補償を人件費として計上したことにより、大きな営業損失を計上することとなりましたが、休業補償に伴う雇用調整助成金を営業外収益に計上したことにより、経常利益はプラスとなりました。

 この結果、売上高は3,356百万円(前連結会計年度比32.4%減)、営業損失は502百万円(前連結会計年度は営業損失1,001百万円)となりました。

 

<フードサービス事業>

 当事業は、従業員食堂・レストラン運営の受託、高齢者福祉施設向け食材販売及び受託給食事業を展開し、フードサービス事業としてセグメントを構成します。

 当連結会計年度の状況は、当事業においても GoToキャンペーンの効果もあり、第1四半期は好調に推移したものの、第2四半期以降の緊急事態宣言の発出による顧客ホテルの休館、レストランの営業時間短縮要請が続いたことで、受託案件の契約見直しや契約終了となる等、厳しい事業環境が続きました。

 このような中、既存事業所において様々なフェアメニューの提案を行うなど顧客満足度向上に努めるとともに、失注分をカバーすべく新規案件獲得に注力し、従業員食堂2件、ホテル内レストラン7件、高齢者施設のメディカル給食1件、合計10件の新規案件を獲得いたしました。また、新たな取り組みとして、関西地区のホテル内レストランにおいて、テナント営業による店舗運営を開始いたしました。今後のBtoC事業への新しい事業モデルとして展開してまいります。

 当事業においても、アフターコロナを見据え雇用の継続・確保の方針のもと、休業補償を人件費として計上したことにより、大きな営業損失を計上することとなりましたが、休業補償に伴う雇用調整助成金を営業外収益に計上したことにより、経常利益はプラスとなりました。

 この結果、売上高は1,828百万円(前連結会計年度比16.3%減)、営業損失は127百万円(前連結会計年度は営業

損失130百万円)となりました。

 

<空間プロデュース事業>

 当事業は、映像・音響・放送・セキュリティーに関する設計・施工・販売・管理・メンテナンスに加え、BGM及び香りまで提供する空間プロデュース事業としてセグメントを構成いたします。

 当連結会計年度の状況は、コロナ禍の影響による企業の収益悪化に伴う設備投資の見送りや、ホテル・商業施設におけるサービスコストの見直し、加えて、世界的な半導体不足の影響により受注案件の施工が見送られるなど、すべての部門において厳しい事業環境となりました。

 このような中、ビジネスパートナーとのコラボレーションの強化、顧客満足度アップのための新商材の提案、新たな顧客層への積極的な営業活動に注力したことで、法人部門において大型物流倉庫の防犯・放送設備の設計・施工案件を獲得、音響機器販売部門においては、企業のリモート業務拡大に伴い、ビデオ会議やネットワークに対応できるシステムの受注増加、売上確保に努めました。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、展示会や各種イベントの中止、商品セミナーや対面での営業活動が制限されたことで、売上高、利益ともに当初見込みを大きく下回ることとなりました。費用面においては、配送費の削減や固定費の圧縮に努め、利益の確保に注力いたしました。

 この結果、売上高は4,194百万円(前連結会計年度比12.2%減)、営業利益は58百万円(前連結会計年度比16.2%

増)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

 税金等調整前当期純損失181百万円に減価償却費等の非資金項目、営業活動に係る債権・債務の加減算を行った結果、営業活動によるキャッシュ・フローは360百万円の支出となりました。

 投資活動においては、有価証券の取得による支出や投資有価証券の売却及び償還による収入等により、投資活動によるキャッシュ・フローは8百万円の収入となりました。これらの結果、フリー・キャッシュ・フローは351百万円の支出となりました。

 財務活動においては、長期借入の返済による支出等により、財務活動におけるキャッシュ・フローは166百万円の支出となりました。

 以上の結果、現金及び現金同等物の当期末残高は、前期末に比べて、517百万円減少し、631百万円となりました。

 

③生産、受注及び販売の実績

 売上高の実績

 当期における売上高実績をセグメントごとに、販売先業態別に示すと次のとおりであります。
なお、売上高にはセグメント間の内部取引が含まれております。

 販売先業態別売上高実績

<スチュワード事業>

 販売先業態別

 当連結会計年度

(自 2020年10月1日

  至 2021年9月30日)

金額(千円)

構成比(%)

前年同期比(%)

ホテル

2,714,669

80.9

△35.2

レストラン・会館

224,753

6.7

△30.8

その他

416,996

12.4

△7.2

合計

3,356,419

100.0

△32.4

(注)1 ホテルには、ホテル内のテナントとして運営されているレストランその他の飲食施設を含みます。

2 その他は、ホテル、レストラン・会館に属しない施設及びスポット売上であります。

3 金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。

4 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

<フードサービス事業>

 販売先業態別

 当連結会計年度

(自 2020年10月1日

  至 2021年9月30日)

金額(千円)

構成比(%)

前年同期比(%)

企業

178,017

9.7

△3.7

ホテル

1,240,741

67.9

△20.7

福祉

159,181

8.7

1.8

その他

250,208

13.7

△9.6

合計

1,828,149

100.0

△16.3

(注)1 ホテルには、ホテル内のテナントとして運営されているレストランその他の飲食施設を含みます。

2 その他は、企業、ホテル、福祉に属しない施設等販売先であります。

3 金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。

4 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

<空間プロデュース事業>

 販売先業態別

 当連結会計年度

(自 2020年10月1日

  至 2021年9月30日)

金額(千円)

構成比(%)

前年同期比(%)

銀行

641,139

15.3

△10.0

ホテル

71,545

1.7

△37.6

企業その他

3,481,978

83.0

△11.9

合計

4,194,663

100.0

△12.2

(注)1 金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。

2 その他は、銀行、ホテルに属しない施設等販売先であります。

3 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 新型コロナウイルス感染症の影響で、日本経済のみならず世界経済までもこれまでにない環境の変化に直面しています。各シンクタンクによれば、わが国経済がコロナ以前の水準に戻るには2年位以上かかるとの見解も多く、当社グループの事業についても見通しがむずかしい状況となっています。
 2021年9月期については、第1四半期は、各セグメント概ね好調に推移したものの、第2四半期以降、緊急事態宣言の延長により売上が伸び悩み、結果的にグループ全体の売上高は前年実績から約21.3%の減収、営業損失の計上となりました。
 経常利益については、雇用調整助成金の特例措置により黒字となったものの、経営の本質としては厳しい現実であり、しっかりと受け止める必要があります。
 新型コロナウイルス感染症により、世の中の仕組みの変化や新たな価値観が生まれつつあります。当社グループにおいても、既存顧客との関係維持はもちろんのこと、事業構造の変化も視野に入れつつ新たな取組みに着手し、確実に利益を確保できる体制を構築することで、コロナ禍を乗り切りグループ経営を守ってまいります。
 経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析内容は次のとおりです。なお、文中の将来に関する事項は、当期末時点において判断したものであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況

a.資産、負債

 資産の部は、前連結会計年度末と比べて903百万円減少し、4,701百万円となりました。資産の内訳は流動資産が676百万円の減少となりました。主な要因は、現金及び預金517百万円の減少、未収入金184百万円の減少によるものであります。固定資産については227百万円の減少となりました。主な要因は繰延税金資産203百万円の減少によるものであります。

 負債の部は、前連結会計年度末と比べて454百万円減少し、2,576百万円となりました。負債の内訳は流動負債が348百万円の減少となりました。主な要因は支払手形及び買掛金60百万円の減少、未払金151百万円の減少によるものであります。固定負債については106百万円の減少となりました。主な要因は、長期借入金138百万円の減少によるものであります。

 

b.純資産

 純資産の部は、前連結会計年度末と比べて448百万円減少し、2,124百万円となりました。主な要因は利益剰余金446百万円の減少によるものであります。

 

②連結損益計算書

a.営業損益

 当期における連結売上高は、新型コロナウイルス感染症の影響による売上高の減少により前期に比べて2,550百万円減少し、9,412百万円となりました。詳細は「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりです。

 営業費用は、新型コロナウイルス感染症による売上の減少に伴う売上原価の減少や人件費の減少等により、前期に比べて2,905百万円減少し10,129百万円となりました。

 この結果、当期における連結営業損失717百万円(前期は連結営業損失1,072百万円)となりました。

 

b.経常損益

 営業外収益は、雇用調整助成金の減少等により前期に比べて579百万円減少し、768百万円となりました。

 営業外費用は、為替差損を計上したものの支払利息の減少により、ほぼ前期並みの16百万円となりました。また、金融収支(受取利息と支払利息の純額)は△8百万円となりました。

 この結果、当期における連結経常利益は前期に比べて224百万円減少し、34百万円となりました。

 

c.特別損益

 特別損失は、前期に比べて95百万円増加し、215百万円となりました。これは、前期計上した投資有価証券評価損について当期は計上対象がなかったこと、また、役員退職慰労金が当期において発生したことによります。

 この結果、当期における税金等調整前当期純損失181百万円(前期は税金等調整前当期純利益139百万円)となりました。

 

d.親会社株主に帰属する当期純利益

 繰延税金資産の回収の可能性について慎重に検討した結果、繰延税金資産を取崩し、法人税等調整額216百万円を計上しました。

 以上により、当期における親会社株主に帰属する当期純損失は420百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純利益23百万円)となりました。

 

③連結キャッシュ・フロー計算書

a.営業活動によるキャッシュ・フロー

 営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純損失が181百万円となり、未払金の減少152百万円、法人税等の支払額165百万円などにより、使用した資金は360百万円(前期は345百万円の獲得)となりました。

 

b.投資活動によるキャッシュ・フロー

 投資活動によるキャッシュ・フローは、投資有価証券の取得による支出56百万円、投資有価証券の売却及び償還による収入50百万円、短期貸付金の回収による収入70百万円等により、得られた資金は8百万円(前期は71百万円の使用)となりました。

 

c.財務活動におけるキャッシュ・フロー

 財務活動におけるキャッシュ・フローは、長期借入金の返済による支出110百万円、配当金の支払26百万円等により使用した資金は166百万円(前期は67百万円の獲得)となりました。

 

④資本の財源及び資金の流動性

 当社グループは、運転資金及び設備投資資金につきましては、自己資金又は銀行借入により調達することとしており、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

 当期末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は、1,166百万円となっております。また、当期末における現金及び現金同等物の残高は、631百万円となっております。

 

⑤経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の達成・進捗状況

 コロナ禍は当社グループの事業に深刻な影響を及ぼしており、従来の延長線とは異なる形で経営基盤の再構築を図ることが、持続的、かつ、長期的な企業価値向上、株主価値向上につながると考えております。

 当社グループは、2024年9月期を最終年度とする新たな中期経営計画「Value Innovation 2024」を策定いたしました。2024年に創立40周年に向けてスチュワード事業、フードサービス事業、空間プロデュース事業それぞれの基軸事業の強化による収益力の向上を図るとともに、グループシナジーの更なる強化を図ることにより新たな価値の創出を目指してまいります。また、2025年の大阪万博を控えた商機を捉えることで売上高及び利益の拡大を図ってまいります。

 

 

指標

2019年9月期

2020年9月期

2021年9月期

売上高(百万円)

18,445

11,962

9,412

営業利益又は営業損失(△)(百万円)

455

△1,072

△717

売上高営業利益率(%)

2.5

自己資本利益率(%)

△4.0

0.9

△17.9

総資本利益率(%)

△1.7

0.4

△8.2

自己資本比率(%)

45.1

45.9

45.2

 

 

⑥重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループにおける重要な会計上の見積りは、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 連結財務諸表注記事項」に記載しています。

 

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

5【研究開発活動】

  該当事項はありません。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当連結会計年度に実施いたしました設備投資の総額は、36百万円であります。

その主なものは、フードサービス事業における新規出店による建物等の取得(24百万円)であります。

 

2【主要な設備の状況】

  当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

 

(1)提出会社

 

 

 

 

 

 

2021年9月30日現在

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び構築物

土地

(面積㎡)

その他

合計

本社

(東京都中央区)

グループ全体の経営・管理事業

管理業務設備

334,709

618,355

1,046

954,111

4

(421.52)

 

(2)国内子会社

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月30日現在

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(人)

建物及び構築物

土地

(面積㎡)

その他

合計

㈱セントラルサービスシステム

本社

(東京都中央区)

スチュワード事業

管理業務設備

31,162

222,486

647

254,296

190

(629.29)

(3,354)

㈱センダン

本社

(東京都中央区)

フードサービス事業

管理業務設備

16,246

6,074

22,230

153

(534)

東洋メディアリンクス㈱

本社

(東京都中央区)

空間プロデュース事業

物流倉庫及び管理業務設備

47,731

108,935

17,796

174,462

64

(396.13)

音響特機㈱

本社

(東京都中央区)

空間プロデュース事業

管理業務設備

3,611

1,851

3,486

8,949

46

(682.00)

Mood Media Japan㈱

本社

(東京都中央区)

空間プロデュース事業

管理業務設備

1,006

7,826

8,833

5

㈱CSSビジネスサポート

本社

(東京都中央区)

その他

管理業務設備

1,245

3,923

5,169

28

(9)

 (注)1 帳簿価額のうち「その他」は、機械及び装置、工具、器具及び備品、リース資産であります。金額には消費税等は含めておりません。

    2 従業員数欄は、臨時従業員の年間平均雇用人員を( )外数で記載しております。

    3 上記の他、建物を賃借しており、年間賃借料は以下のとおりであります。

営業所

31,682千円

その他

26,311千円

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 当連結会計年度末現在における重要な設備の新設計画等はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

20,776,000

20,776,000

 

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年9月30日)

提出日現在発行数

(株)

(2021年12月22日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

5,285,600

5,285,600

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数

100株

5,285,600

5,285,600

 (注) 提出日現在の発行数には、2021年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 

決議年月日

2004年12月19日

2005年12月18日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役及び監査役 2

取締役及び監査役 2

新株予約権の数(個)※

210

253

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 21,000

普通株式、25,300

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

100株当たり   1

新株予約権の行使期間※

2005年2月1日から

2024年12月19日まで

2006年2月1日から

2025年12月18日まで

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格    1
資本組入額   1

新株予約権の行使の条件※

①新株予約権は、当社の取締役及び監査役の地位を喪失した日の翌日から新株予約権を行使できるものとする。

②前記①にかかわらず、2023年12月31日に至るまでに新株予約権者が権利行使開始日を迎えなかった場合には、2024年1月1日より新株予約権を行使できるものとする。

②前記①にかかわらず、2024年12月31日に至るまでに新株予約権者が権利行使開始日を迎えなかった場合には、2025年1月1日より新株予約権を行使できるものとする。

③各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。

④その他の条件は当社と被付与者との間で締結する契約に定める。

新株予約権の譲渡に関する事項※

当社取締役会の承認を要するものとする。

 ※ 当事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年11月30日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略しております。

 (注)1 新株予約権の目的となる株式の数は、定時株主総会決議における新株発行予定数から、退職により権利を喪失した者及び権利を行使した者の新株予約権の目的となる株式の数を減じております。

2 株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により株式数を調整し、調整により生じる1株未満の株式は切り捨てる。

調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率

また、当社が合併又は会社分割を行う場合等、目的となる株式の数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときには、合併又は会社分割等の条件を勘案のうえ、合理的な範囲で目的となる株式の数を調整するものとする。

3 2013年10月1日付で普通株式1株につき普通株式100株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、新株予約権の目的となる株式の数の調整が行われております。

 

②【ライツプランの内容】

    該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2013年10月1日

(注)

5,232,744

5,285,600

393,562

117,699

(注)株式分割(1:100)によるものであります。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

5

15

20

9

7

1,558

1,614

所有株式数(単元)

15,015

520

5,677

87

37

31,504

52,840

1,600

所有株式数の割合(%)

28.42

0.98

10.74

0.16

0.07

59.62

100.00

 (注)1 自己株式165,370株は、「個人その他」に1,653単元及び「単元未満株式の状況」に70株を含めて記載しております。

2 「金融機関」には、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する株式1,335単元が含まれております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

 野口 緑 (注)3

 東京都千代田区   

1,162,600

22.71

 日本マスタートラスト信託銀行㈱(リテール信託口)

(注)1

 東京都港区浜松町2丁目11番3号   

677,000

13.22

 日本マスタートラスト信託銀行㈱(リテール信託口)

(注)1 

 東京都港区浜松町2丁目11番3号   

671,000

13.10

S・TEC㈱

 東京都新宿区岩戸町14番地

 神楽坂不二ビル2-D1

425,000

8.30

三瓶 秀男

 東京都品川区

134,200

2.62

㈱日本カストディ銀行(信託E口)

(注)2

 東京都中央区晴海1丁目8番12号

133,500

2.61

原田 千壽

 大阪府大阪市港区

112,700

2.20

秋元 之浩

 東京都世田谷区

112,000

2.19

㈱広美

 東京都中央区築地3丁目9番9号ランディック永井ビル

80,000

1.56

CSSグループ従業員持株会

 東京都中央区日本橋小伝馬町10号1番

79,300

1.55

3,587,300

70.06

 (注)1 野口緑の未成年者及び同族者が所有する有価証券管理信用口であります。

    2 役員向け株式給付信託財産として保有している自己株式であります。

    3 野口緑氏は、2021年11月30日付で公表している「株式の売出し並びに主要株主の異動に関するお知らせ」に記載の通り、Oakキャピタル株式会社との株式譲渡契約(600,000株)を締結したことにより、2021年12月8日付で主要株主の異動が発生しております。異動後の持株比率は、10.99%であります。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

165,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

5,118,700

51,187

単元未満株式

普通株式

1,600

一単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

 

5,285,600

総株主の議決権

 

51,187

(注)1 「完全議決権株式(その他)」における普通株式には、役員向け株式給付信託が保有する当社株式133,500株

(議決権個数1,335個)を含んでおります。

2 当事業年度末日における当社所有の自己株式は165,370株であります。

 

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年9月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

㈱CSSホールディングス

東京都中央区日本橋小伝馬町10番1号

165,300

165,300

3.13

165,300

165,300

3.13

(注) 「株式給付信託(BBT)」の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する株式133,500株については、上記の自己株式等に含めておりません。

 

(8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

取締役等に対する業績連動型株式報酬制度の導入

 業績連動型株式報酬制度の概要

 当社は、2015年12月18日開催の第31期定時株主総会決議に基づき、当社の監査等委員である取締役以外の取締役(以下、「対象取締役」といいます。)、執行役員及び当社グループ会社(注1)の取締役、執行役員(以下、対象取締役及び当社の執行役員とあわせて「対象役員」といいます。)に対する新たな株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board Benefit Trust))」(以下、「本制度」といいます。)を導入しております。

 (注1)当社子会社と同子会社が100%出資する会社を指します。

 

① 本制度の概要

 本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、対象役員に対して、当社及び当社グループ会社が定める役員株式給付規程に従って、業績達成度等に応じて当社株式が信託を通じて給付される業績連動型の株式報酬制度です。対象役員が当社株式の給付を受ける時期は、原則として役員の退任時となります。

② 役員に取得させる予定の株式の総数又は総額

 当社は、2015年12月1日付で、67,999千円を拠出し、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)当社株式を155,500株、63,391千円取得しております。今後、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が当社株式を取得する予定は未定であります。

③ 本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

 役員株式給付規程に基づき株式給付を受ける権利を取得した対象役員。

 

2【自己株式の取得等の状況】

 

 【株式の種類等】

 

 

会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得

 

 

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

取締役会(2021年6月28日)での決議状況

(取得期間 2021年6月29日)

100,000

27,800,000

当事業年度前における取得自己株式

当事業年度における取得自己株式

80,000

22,240,000

残存決議株式の総数及び価額の総額

20,000

5,560,000

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)

20.00

20.00

当期間における取得自己株式

提出日現在の未行使割合(%)

20.00

20.00

 

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

当期間における取得自己株式

(注)当期間における取得自己株式には、2021年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額(円)

株式数(株)

処分価額の総額(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(-)

保有自己株式数

165,370

165,370

(注) 当事業年度及び当期間における自己株式数には、信託が保有する当社株式(当事業年度末時点133,500株、当期間末時点133,500株)は含めておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして認識し、当期の業績、連結配当性向及び当社配当性向と今後の経営における施策等を総合的に勘案し、継続的かつ安定的に利益配分を行っていくことを基本方針としております。また、配当の回数については、年度の利益が確定する期末1回を基本とし、会社法第459条の規定に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 当期(2021年9月期)につきましては新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上高については対前年約21.3%の減収となり本業のもうけを示す営業利益については残念ながら前期に続き損失計上となりましたが雇用調整助成金の特例措置により営業外収益がプラスとなったことから経常利益は黒字を確保することとなりましたしかしながら親会社株主に帰属する当期純利益に関しては退任取締役に対する退職慰労金の支払い並びに繰延税金資産の取崩しにより損失計上となりました

 配当につきましては引続き新型コロナウイルス感染症の影響等により2022年9月期の業績予想は難しい状況ではありますが、「継続的かつ安定的な利益配分の基本方針に則り1株当たり5円の期末配当を実施することといたしました

 翌期につきましても新型コロナウイルス感染症の収束状況も勘案しつつ継続的に5円の期末配当を予定しております

 

(注)基準日が当事業年度に属する配当は、以下のとおりです。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2021年11月15日

取締役会

25,601

5

 

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、1984年の設立以来、「質の高い”おもてなし”の創造」を理念とし、持続的な成長と中長期的な企業価値向上の実現を目指しており、そのためにコーポレート・ガバナンスを重要な経営課題であると認識しております。

 当社では、法令と社会規範の遵守に徹したコーポレート・ガバナンスを構築することを原則とし、社外取締役の多様な視点を取り入れ、継続的な客観性・透明性の高い経営執行を目指しております。

 当社は監査等委員会設置会社であり、取締役会の主たる役割である経営戦略、経営方針の決定とその執行をモニタリングし、社外取締役を2名以上選任することで、アドバイス機能の充実と監督機能の強化を図り、実効性を高めております。監査等委員会においては、複数名の独立役員、半数以上の社外取締役を置くことを方針とし、内部統制システムを利用して、取締役の業務執行の適法性、妥当性を監査しております。取締役の指名、報酬については、独立社外取締役が半数以上で構成する任意の指名・報酬委員会において、審議した内容を取締役会に諮り決定することで、客観性、公正性を高めております。

 

② 企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由

 2021年12月22日(有価証券報告書提出日)現在における企業統治に関する状況は以下のとおりであります。

 

0104010_001.png

 

・企業統治の体制を採用する理由

 当社は、業務の執行と監督の分離をより一層高め、業務執行における決定の迅速性及び機能性を向上させると同時に業務執行に対する監督機能の強化を図ることで、取締役会として高度な説明責任を果たし、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現させることを目的として、監査等委員会設置会社を選択しております。

 また、株主総会に提出する取締役選任議案にかかる候補者の選定プロセス、およびお取締役の個別報酬等の配分にかかる取締役会決議等の各々の適正性、透明性を担保することを目的として、取締役会の任意の諮問機関として「指名・報酬委員会」を設置しております。

当社の各機関の概要は以下の通りです。

 ア.取締役会

  取締役会は、代表取締役を議長とし、監査等委員を含む下記の構成員6名からなり、意思決定のスピード化と経営施策遂行における透明性確保の観点から、月1回以上開催しております。必要に応じて関係幹部も出席し、経営状態の報告、施策の徹底、必要な決議などを行っております。

  議長:代表取締役社長 水野克裕

  構成員:代表取締役 野口 緑、取締役会長 稲葉秀二、取締役 松島 透、取締役 讃岐康司

      監査等委員 越智敦生、監査等委員 永辻 航、監査等委員 福田峰夫

 

 イ.監査等委員会

  監査等委員である取締役3名のうち半数以上、社外取締役を選任することで、アドバイス機能の充実と監査・監督機能の強化を図り実効性を高めております。監査等委員会においては1名以上の独立役員と、社外取締役を半数以上置くことを方針とし、取締役会をはじめとする重要な会議に出席するとともに、重要な決裁書類の閲覧などを実行することにより、経営全般に関する客観的かつ公正な意見陳述を行っております。また、監査等委員全員が取締役会に出席し、取締役の職務執行を監視できる体制を構築しております。

  監査等委員(社外取締役) 越智敦生、監査等委員(社外取締役) 永辻 航、監査等委員(社外取締役)福田峰夫

 

 ウ.指名・報酬委員会

  当社は、株主総会に提出する取締役選任議案にかかる候補者の選定プロセス、および取締役の個別報酬等の配分にかかる取締役会決議等の各々の適正性、透明性を担保することを目的として、取締役会の任意の諮問機関として「指名・報酬委員会」を設置しております。取締役会は、本委員会による答申の内容を最大限に尊重したうえで、適切なガバナンス体制を整備し、株主・投資家各位の負託に応えてまいります。

 

 エ.経営会議

  当社の業務執行については、グループ会社の代表取締役を当社の執行役員とすることで、執行の責任と権限を委任しております。したがって、取締役会決議・報告事項の伝達、周知及び執行役員間の連絡・調整を図ることを目的に経営会議を設置しております。経営会議は、社長のリーダーシップのもと、監査等委員を含む取締役全員とグループ各社の社長が出席し、機動的かつ相互に連携して業務執行、スピーディーな意思決定ができるよう、原則月1回開催しております。

 

 オ.コンプライアンス委員会

  社外取締役3名を含む監査等委員と内部監査部門は、代表取締役社長指導の下、グループ各社に各社社長を委員長とするコンプライアンス委員会を組織し、定例的に招集し、経営の根幹を形成するコンプライアンス、リスク管理、CSR等コーポレート・ガバナンス上の重要事項を審議しております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

 ア.内部統制システムの整備の状況等

 企業経営の基本方針となるCSSグループ倫理規程及びコンプライアンス規程を制定の上、代表取締役がその精神をグループ全社の取締役及び使用人に継続的に伝達し、法令遵守と社会倫理の遵守を企業活動の原点とすることを徹底しております。
 さらに、グループ内に内部通報制度を継続的に機能せしめ、弁護士事務所及び税理士事務所とも顧問契約を結び、コンプライアンス体制の強化・補完を図っております。

 

 イ.提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社が定める法令遵守体制、リスク管理体制等の内部統制機能は、当社グループ全体を規定するものであります。内部監査部門は当社グループの内部監査を実施し、その結果を監査等委員会のほか担当取締役及び担当部門責任者に報告し、部門責任者は、必要に応じて、内部統制の改善策の助言、指導を行うこととしております。また、監査等委員会は内部監査部門と連携し、定期又は適宜にグループ管理体制を監査し、必要に応じて取締役会において報告しております。

 

 ウ.会社情報の適時開示体制

a 決算情報に関する適時開示に係る社内体制

 決算短信(四半期を含む)など決算に関する開示事項については、取締役(情報開示担当)を開示資料作成責任者としてその指揮の下、グループ経営管理室を中心に原案を作成いたします。作成された原案は情報開示担当以外の取締役、監査等委員会が内容を確認し、業績予想の修正など開示の要否が検討されます。その後速やかに取締役会が招集され、事業報告及び決算数値等の承認を受け、取締役(情報開示担当)への開示の指示を経て情報開示を行います。なお、業績予想の修正など事実を迅速に開示する必要がある場合には、臨時取締役会又は稟議による取締役承認を経て情報開示を行います。

 

b その他の重要情報に関する適時開示に係る社内体制

 決算情報以外の重要事実が取締役会で決定された場合には、速やかに取締役(情報開示担当)への開示の指示を経て情報開示を行います。
 また、事故・災害などに起因する損害の発生や主要株主の異動など、開示すべき事実が発生した場合(発生事実に関する情報)には、当該情報を取締役(情報開示担当)に集約し、臨時取締役会が招集され、各担当取締役から取締役会への重要事実の報告がなされます。その後、速やかに取締役(情報開示担当)への開示の指示を経て情報開示を行います。

 

 エ.リスク管理体制の整備の状況

a 業務遂行上のリスクの管理

 当社及び子会社では、取締役会が経営に関わる全般的リスク管理を所管し、取締役会での協議を経て、担当役員が統括責任者となり、具体的リスク管理の徹底を図っております。

 また、様々なリスクを体系的・効率的に管理するべく、既存の「安全衛生管理規程」、「債権管理規程」、「インサイダー取引防止に関する規程」などに加え、新たなるリスク発生に際しては、適宜必要なリスク管理規程を制定するとともに、各部門は当社制定「リスク管理の指針」に基づき要領・手続を制定し、リスク管理に万全を期しております。更に、グループ各社の管理部門責任者が定期的に集まり、情報の共有化に努めるなどしてリスク管理体制の一段の向上を図っています。

 

b 情報漏洩リスクの管理

 当社及び子会社は、日頃より重要情報の管理には最善、細心の注意を払って臨んでおります。特に当社グループは、常時多くのパート・アルバイトを雇用している業務の性格上、個人情報に接する機会が非常に多く、この点にも十分留意し万が一にも漏洩などの問題発生無きよう、厳格な管理体制を敷いております。情報全般を管理するための「情報管理規程」に加え「個人情報保護規程」を制定するとともに、全職員を対象にした情報管理に係る勉強会、研修会などを定期的に実施するなどして、情報管理の周知徹底を図っております。

 

 オ.役員等賠償責任保険契約の内容の概要

 当社は、取締役及び執行役員、子会社等の役員等を被保険者として、役員等賠償責任保険(D&O保険)契約を保険会社との間で締結しております。当該保険では、被保険者がその職務に関し責任を負うこと、また当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害について補填することとされています。ただし、法令違反の行為であることを認識して行った行為に起因して生じた損害は補填されないなど、一定の免責事項があります。保険料は特約部分も含めて当社が全額負担しており、被保険者の保険料の負担はありません。

 

 カ.責任限定契約の内容の概要

 当社は、社外取締役3名との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令が規定する額となります。

 

④ 取締役の定数

 当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする旨を定款に定めております。

 

⑤ 取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項及び理由

 当社は、剰余金の配当、自己株式の取得等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当、自己株式の取得等を取締役会の権限とすることにより、機動的な資本政策及び配当政策を行うことを目的とするものであります。

 

⑦ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 7名 女性 1名 (役員のうち女性の比率12.5%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

代表取締役社長

水野 克裕

1962年4月12日

1985年4月

株式会社リクルート入社

2008年4月

リクルート健康保険組合出向

常務理事

2010年7月

株式会社ユニヴァ・キャピタル・ジャパン入社

2013年1月

同社取締役

2017年4月

株式会社ユニヴァ・マルシェ

代表取締役(現任)

2019年7月

ユニヴァ共済協同組合

代表理事(現任)

2021年12月

当社代表取締役社長(現任)

株式会社セントラルサービスシステム代表取締役社長(現任)

株式会社センダン取締役(現任)

東洋メディアリンクス株式会社

取締役(現任)

音響特機株式会社取締役(現任)

 

(注)2

代表取締役

野口 緑

1957年3月8日

1984年12月

当社取締役

1998年10月

当社取締役副社長

2003年11月

当社代表取締役会長

2008年3月

当社代表取締役辞任

2008年4月

当社取締役会長

2008年12月

東洋メディアリンクス株式会社

取締役

2009年12月

株式会社CSSビジネスサポート取締役

2010年12月

株式会社セントラルサービスシステム取締役会長(現任)

株式会社センダン取締役

2012年10月

音響特機株式会社取締役

2014年12月

東洋メディアリンクス株式会社

取締役

2020年12月

当社代表取締役(現任)

株式会社CSSビジネスサポート

代表取締役

2021年12月

株式会社CSSビジネスサポート

取締役(現任)

 

(注)2

562,600

取締役会長

稲葉 秀二

1962年10月17日

1985年4月

株式会社リクルート入社

1995年4月

日本貿易振興会(現JETRO)出向

2004年4月

株式会社リクルート・ビジュアル・コミュニケーションズ取締役

2006年8月

UNIVA CAPITAL Group,Inc.会長兼グループCEO

2015年8月

UNIVA RESORT,LLC Manager(現任)

2015年10月

Big Island HOLDINGS,LLC

Manager(現任)

2021年6月

Oakキャピタル株式会社

代表取締役(現任)

2021年12月

当社取締役会長(現任)

 

(注)2

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

松島 透

1959年2月24日

1981年4月

松下電送機器株式会社(現パナソニック株式会社)入社

2003年4月

パナソニックCCソリューションズ株式会社静岡支社支社長

2006年4月

同社九州支社支社長

2009年6月

同社取締役

2011年5月

パナソニック株式会社北海道支社

支社長

2016年4月

パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社ジャパンソリューションユニバーシティ校長

2019年3月

東洋メディアリンクス株式会社

取締役

2019年10月

同社代表取締役(現任)

Mood Media Japan株式会社

取締役(現任)

2019年12月

当社執行役員

2021年12月

当社取締役(現任)

音響特機株式会社取締役(現任)

 

(注)2

取締役

讃岐 康司

1981年3月11日

2003年4月

東和薬品株式会社入社

2010年5月

株式会社パトリオットバトン設立

代表取締役就任

2020年12月

株式会社センダン取締役(現任)

2021年10月

当社執行役員

株式会社パトリオットバトン

顧問(現任)

2021年12月

当社取締役(現任)

株式会社セントラルサービスシステム取締役(現任)

 

(注)2

社外取締役

(監査等委員)

越智 敦生

1953年9月8日

1988年9月

公認会計士越智会計事務所(開設)所長(現任)

1998年8月

当社監査役

2001年7月

九段監査法人(現 清陽監査法人)代表社員

2015年12月

当社社外取締役(監査等委員)(現任)

2017年8月

清陽監査法人退任

 

(注)3

40,100

社外取締役

(監査等委員)

永辻 航

1977年11月4日

2004年11月

司法試験合格

2006年10月

弁護士登録

木島・手島法律事務所入所

(現 木島綜合法律事務所)

2010年10月

一般社団法人再開発コーディネーター協会再開発プランナー登録

2011年9月

一般社団法人再開発コーディネーター協会URCAマンション建替えアドバイザー登録

2020年12月

当社社外取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)3

社外取締役

(監査等委員)

福田 峰夫

1951年11月4日

1993年4月

株式会社日本リクルートセンター(現株式会社リクルート)入社

1999年6月

同社 常務取締役

2002年6月

株式会社角川書店代表取締役社長

2003年4月

株式会社角川ホールディングス専務取締役兼COO

2006年6月

株式会社ジュピターテレコム

代表取締役副社長

2010年4月

ジュピターショップチャンネル株式会社顧問

株式会社オフィスM

代表取締役(現任)

2016年3月

スターツ出版株式会社

社外取締役(現任)

2006年6月

株式会社ピーシーデポコーポレーション 社外取締役(現任)

2021年5月

環貫綠佳利控股股份有限公司

獨立董事

社外取締役(現任)

2021年12月

当社社外取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)3

602,700

 

 

(注)  1. 取締役 越智敦生、永辻航及び福田峰夫は、監査等委員である社外取締役であります。

     2. 取締役の任期は、2021年9月期に係る定時株主総会の終結の時から2022年9月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

     3. 監査等委員である取締役の任期は、2021年9月期に係る定時株主総会の終結の時から2023年9月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

     4. 当社は、監査等委員である取締役が、法令に定める員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠の監査等委員である取締役(補欠監査等委員)1名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は次のとおりであります。

 

氏名

生年月日

略歴

所有株式数(株)

篠 連

1957年2月26日生

1986年10月

1989年4月

1990年1月

 

2016年6月

 

2018年6月

 

2019年6月

 

司法試験合格

弁護士登録

光和総合法律事務所設立参加、

パートナー弁護士(現任)

シナネンホールディングス株式会社 社外取締役(監査等委員)(現任)

高島株式会社

社外取締役(監査等委員)(現任)

前田建設工業株式会社

監査役(現任)

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は監査等委員である取締役3名であります。

 

ア.社外取締役が提出会社の企業統治において果たす機能及び役割

 監査等委員である社外取締役であります越智敦生氏は、越智会計事務所代表・公認会計士であり、九段監査法人代表社員を務めるなど、財務、会計及び税務に精通し、企業経営を統治する十分な見識を有していることから、独立した客観的な観点から、経営の監視を行うことができると考え、独立役員として指定しております。なお、同氏は当社の普通株式40,100株を保有しております。

 監査等委員である社外取締役であります永辻航氏は、直接企業経営に関与された経験はありませんが、弁護士として培われた専門知識、主に企業法務分野に関する高い見識を有しております。これらの経験を生かし当社の社外取締役として職務を適切に遂行し、当社のコーポレート・ガバナンスの向上、体制強化に活かせる見識を有していることから、独立した客観的な観点から、経営の監視を行うことができると考え、独立役員として指定しております。

 監査等委員である社外取締役であります福田峰夫氏は、豊富な実務経験や複数の上場企業における経営経験を有しているほか、様々な企業での社外取締役を務めております。これらの経験を活かし、当社の経営を監督していただくとともに、経営全般への助言を期待しており、当社グループの持続的成長に向けた実効性のある企業統治体制の確立に貢献していただけるものと判断し、独立した客観的な観点から、経営の監視を行うことができると考え、独立役員として指定しております。

 上記3名の社外取締役は、いずれも当社のその他の取締役と家族関係等の人的関係を有しておらず、監査等委員の取締役の就任に際して、当社の主要株主、顧客、取引先その他の利害関係者との間に何ら取り決めもありません。

 

イ.社外役員の選任状況に関する提出会社の基準または方針の内容

 当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準または方針として明確に定めたものはありませんが、選任に際しては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしており、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、内部監査、監査等委員会監査及び会計監査について、取締役会及び監査等委員会などを通じて必要に応じて意見を述べております。また、内部監査部門と定期的に会合を行っており、活動状況の把握、情報共有、意見交換を通じ相互連携を図っております。

 

 

 

 

(3)【監査の状況】

① 内部監査及び監査等委員会監査の状況

 監査等委員会は、社外取締役計3名で構成されております。また、3名ともに独立役員であり、財務会計及び企業法務等に関する見識と、様々な企業での社外取締役としての豊富な経験を有しております。

 監査等委員は、取締役会をはじめとする重要な会議に出席するとともに、重要な決裁書類の閲覧などを実行することにより、経営全般に関する客観的かつ公正な意見陳述を行い、取締役の職務執行を監視できる体制となっております。

 また、毎月開催される監査等委員会において内部監査部門担当役員から重要事項が報告されており、監査等委員全員が、適宜、監査等委員でない取締役との面談を実行して情報共有及び意思疎通を図っております。また、監査等委員会は会計監査人と定期的に情報や意見交換の実施並びに監査結果の報告を受けるほか、適宜会計監査人による監査に立ち会うなど、連携の強化を図っております。

 

② 監査等委員会の活動状況

 当事業年度における当社の監査等委員会の開催状況、個々の監査等委員の出席状況については次のとおりであります。

役職

氏 名

開催回数

出席回数

社外取締役(監査等委員)

越智 敦生

18回

18回

社外取締役(監査等委員)

布施 明正

16回

16回

社外取締役(監査等委員)

永辻 航

16回

16回

(注)布施明正氏及び永辻航氏は、社外取締役就任後の状況を記載しております。

 

 監査等委員会における検討事項は、監査方針及び監査計画の策定、取締役の職務の執行状況、内部統制システムの整備・運用状況等であります。また、会計監査人の職務の執行状況を確認し、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性を検証したほか、会計監査人の選解任または不再任に関する事項、会計監査人の報酬等について検討しております。各監査等委員は、それぞれの専門分野で培われた豊富な経験と見識により、独立の立場から当社グループについて発言をしております。監査等委員の越智敦生氏は、財務・会計分野における造詣が深く、公認会計士としての豊富な経験と高い見識を有しております。また、監査等委員の布施明正氏は弁護士の資格を有し、様々な企業の社外取締役を兼任しており、企業活動に関する豊富な見識を有しております。監査等委員の永辻航氏は弁護士の資格を有し、企業法務分野に関する高い見識を有しております。

 なお、当事業年度の監査等委員のうち、布施明正氏は、2021年9月期に係る定時株主総会終結時をもって任期満了により退任しております。

 

③ 会計監査の状況

ア.監査法人の名称

  有限責任 あずさ監査法人

 

イ.継続期間

  15年

 

ウ.業務を執行した公認会計士

 指定有限責任社員 業務執行社員 中井 修

 指定有限責任社員 業務執行社員 大瀧 克仁

 

エ.監査業務に係る補助者の構成

 当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、会計士試験合格者等4名

 

オ.監査法人の選定方針と理由

 会計監査人としての独立性、専門性及び品質管理体制を具備し、効率的かつ効果的な監査業務の運営が期待できることなど総合的に勘案し、適任と判断しております。

 監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定められている項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき会計監査人を解任します。この場合、常勤の監査等委員である取締役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告します。また、監査等委員会は、会計監査人の職務の執行状況等を総合的に勘案し、必要と判断した場合は、会計監査人の解任又は不信任の議案の内容を決定します。

 

カ.監査等委員会による監査法人の評価

 監査等委員会は、取締役との意見交換、会計監査人からの報告や意見交換等を通じて会計監査の実施状況を把握し、会計監査人としての独立性、専門性及び品質管理体制などについて総合的に評価を行っております。

 なお、当社と同監査法人及び当社の監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には特別の利害関係はなく、同監査法人からは、独立監査人としての公正・不偏な立場から監査を受けております。

 

④ 監査報酬の内容等

ア.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

31,700

33,190

連結子会社

31,700

33,190

監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容については、該当事項はありません。

 

イ.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(ア.を除く)

 該当事項はありません。

 

ウ.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

エ.監査報酬の決定方針

 当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を策定しておりませんが、会計監査人より提出された監査計画の妥当性、報酬見積りの算定根拠等を検証し、報酬額が合理的であると判断した上で決定しております。

 

オ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査等委員会は、会計監査人の計画内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りを算出し、検討した結果、会社法第399条第1項の同意をしております。

 

(4)【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

基本方針

 当社の取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能するよう株主利益と連動した報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針としております。具体的には、業務執行取締役の報酬は、役位別に定められた月額の固定報酬と、業績連動報酬で構成し、監査等委員である取締役については主に監督機能を担うことから月額の固定報酬のみとしております。

 

ア.固定報酬

 当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の総額につきましては、2015年12月18日開催の第31期定時株主総会(以下「本株主総会」といいます。)において年額300百万円以内で決議をいただいており、本株主総会終結時点の取締役(監査等委員を除く)の員数は8名であります。また、監査等委員である取締役の報酬等の総額につきましては、本株主総会において年額40百万円以内と決議をいただいており、本株主総会い終結時点の監査等委員である取締役の員数は3名であります。

 当社の取締役会は、株主総会決議で定めた報酬限度額の範囲内で取締役報酬を決定しております。当該取締役会の決議に際しては、あらかじめ決議する内容について、その適正性及び透明性を担保することを目的として、また、コーポレードガバナンスを一層充実させるために、取締役会の任意の諮問機関とする指名・報酬委員会の答申を得たうえで、決定しております。

 当事業年度に係る報酬額は、株主総会において決議された報酬総額の限度内で、指名・報酬委員会の答申を得たうえで、2020年12月18日開催の取締役会の決議により決定いたしました。

 また、取締役会は、当事業年度に係る取締役会の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の内容が当該決定方針と整合していることや、指名・報酬委員会からの答申が尊重されていることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。

 監査等委員である取締役の報酬額は、株主総会において決議された報酬総額の限度内で、2020年12月18日開催の監査等委員の協議により決定いたしました。

 

イ.業績連動報酬

 2015年12月18日開催の第31期定時株主総会決議に基づき、上記報酬限度額とは別枠で、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に資することを目的として、監査等委員である取締役以外の取締役に対し、業績連動型株式報酬制度を導入しております。

 業績連動報酬に係る指標は、会社の業績との連動性を高め、各事業年度における親会社株主に帰属する当期純利益を業績連動報酬に係る指標としております。

 業績連動報酬の額は、毎期16,250千円を上限とし、社外取締役3名を含む監査等委員会の意見を踏まえ、当社の取締役会で決定する給付株式数算定基礎額に応じて、毎事業年度における業績目標の達成度等と勘案してポイントを算定し、役位別に取締役会で決定のうえ支給いたします。

 

ウ.当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標及び実績

 当該事業年度の業績は、前述のとおり減収及び営業損失、並びに親会社株主に帰属する当期純損失の計上により、2021年10月26日開催の取締役会において当該報酬を支払わない旨を決議しております。

 

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬額の総額(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(名)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

左記のうち、非金銭報酬等

取締役(監査等委員を除く)

(社外取締役を除く。)

302,302

86,712

215,590

7

取締役(監査等委員)

(社外取締役を除く。)

1,120

1,120

1

社外役員

9,960

9,960

4

(注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

2.退職慰労金は、2020年12月18日開催の第36期定時株主総会決議に基づき、同総会終結の時をもって退任した取締役3名に対して215,590千円支払ったものであります。

 

③報酬の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

氏名

報酬額の総額

(千円)

役員区分

会社区分

報酬等の種類別の総額(千円)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

左記のうち、非金銭報酬等

林田 喜一郎

115,920

取締役

提出会社

5,760

110,160

 

 

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、他社の株式を保有する場合は、取引関係の強化や事業上のシナジーを創出し、当社グループの業績向上につなげることを前提として保有する投資株式(政策保有株式)を、純投資目的以外の目的である投資株式と区分し、株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する純投資目的である投資株式に区分しております。

 

②東洋メディアリンクス株式会社における株式の保有状況

 当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会社)である東洋メディアリンクス株式会社については以下のとおりであります。

 

ア.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

 a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証内容

 当社は、事業戦略上の重要性、取引先との事業上の関係等を総合的に勘案し、純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)を保有しております。保有している会社の株式については、当該会社の事業の状況や財務状態の検証を定期的に行い、保有の適否を検証しております。

 中長期的な取引先との関係維持・強化の観点から、保有意義の確認を行い、経済合理性と保有意義が希薄化してきた銘柄については、相手先企業と対話の上、売却及び縮減を進めることを、取締役会において確認しております。また、新規に株式を取得する場合は、上記方針を踏まえ、個別銘柄ごとに取得・保有の意義や資本コスト等を踏まえた採算性及び合理性について精査を行い、取締役会で決議することとしております。

 当社は、政策保有株式にかかる議決権の行使については、各議案の内容を精査し、当社及び保有先の企業価値向上に資するものか否かを総合的に判断しております。また、特定投資株式における定量的な保有効果の記載は困難ですが、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、2021年9月30日を基準とした検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

 

 b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

15

241,573

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

4

5,068

取引先持株会により定期的な取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

c.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 

(特定投資株式)

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

株式会社丸井グループ

30,000

30,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております

65,160

60,330

TOA株式会社

71,258

68,696

原材料仕入における協力関係の維持・強化を目的として保有しております。

増加理由は、取引先持株会を通じた継続取得によるものであります。

59,286

58,598

ロイヤルホールディングス株式会社

22,320

22,320

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

50,309

40,577

株式会社カナデン

22,732

21,687

原材料仕入における協力関係の維持・強化を目的として保有しております。

増加理由は、取引先持株会を通じた継続取得によるものであります。

22,960

32,378

住友電設株式会社

4,205

3,865

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

増加理由は、取引先持株会を通じた継続取得によるものであります。

9,802

9,507

株式会社三越伊勢丹ホールディングス

10,404

9,453

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

増加理由は、取引先持株会を通じた継続取得によるものであります。

8,802

5,255

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

10,000

10,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

6,579

4,161

株式会社三井住友フィナンシャルグループ

1,000

1,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

3,944

2,917

株式会社帝国ホテル

2,000

2,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

3,850

3,558

都築電気株式会社

2,000

2,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

3,564

3,316

株式会社弘電社

556

556

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

2,718

2,749

日新製糖株式会社

900

900

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

1,543

1,689

株式会社T&Dホールディングス

880

880

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

1,363

908

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

株式会社りそなホールディングス

2,000

2,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

897

715

株式会社みずほフィナンシャルグループ

500

5,000

戦略的な取引関係の維持・強化を目的として保有しております。

792

655

(注) 当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難ですが、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、2021年9月30日を基準とした検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

 

 

イ.保有目的が純投資目的である投資株式

 

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

2

2,200

2

2,200

非上場株式以外の株式

2

360

2

247

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(千円)

売却損益の

合計額(千円)

評価損益の

合計額(千円)

非上場株式

620

(注)

非上場株式以外の株式

6

112

(注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益の合計額」は記載しておりません。

 

③提出会社における株式の保有状況

 当社は、投資株式のうち、保有目的が純投資目的以外の目的である銘柄はありません。

 

保有目的が純投資目的である投資株式

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

1

1,849

1

1,849

非上場株式以外の株式

2

20,506

2

14,826

 

区分

当事業年度

受取配当金の

合計額(千円)

売却損益の

合計額(千円)

評価損益の

合計額(千円)

非上場株式

(注)

非上場株式以外の株式

250

9,086

(注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益の合計額」は記載しておりません。

 

④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

 当社及び最大保有会社のいずれも該当ありません。

 

⑤当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

 当社及び最大保有会社のいずれも該当ありません。

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年10月1日から2021年9月30日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年10月1日から2021年9月30日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容及び変更等について当社への影響を適切に把握するため、専門機関紙の定期購読及び外部の専門機関が主催するセミナーへ必要に応じて参加しております。

 

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年9月30日)

当連結会計年度

(2021年9月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,149,207

631,930

受取手形及び売掛金

1,192,830

1,201,217

有価証券

50,367

50,358

商品及び製品

384,697

381,332

仕掛品

53,920

33,131

原材料及び貯蔵品

10,633

12,760

未収入金

204,743

19,798

未収還付法人税等

6,946

92,487

その他

166,792

124,301

貸倒引当金

492

4,031

流動資産合計

3,219,646

2,543,287

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

※2 937,899

※2 955,993

減価償却累計額

490,371

521,295

建物及び構築物(純額)

447,527

434,697

土地

※2 951,628

※2 951,628

その他

184,238

191,545

減価償却累計額

135,243

151,306

その他(純額)

48,994

40,238

有形固定資産合計

1,448,151

1,426,564

無形固定資産

 

 

のれん

38,869

32,479

その他

92,602

69,560

無形固定資産合計

131,471

102,040

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 408,954

※1 433,266

繰延税金資産

213,169

10,041

その他

184,100

188,862

貸倒引当金

509

2,567

投資その他の資産合計

805,714

629,603

固定資産合計

2,385,337

2,158,208

資産合計

5,604,984

4,701,495

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2020年9月30日)

当連結会計年度

(2021年9月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

410,810

350,752

短期借入金

※3 450,000

※3 450,000

1年内返済予定の長期借入金

※2 110,000

※2 138,318

リース債務

30,111

27,252

未払金

536,270

384,742

未払法人税等

64,873

12,379

賞与引当金

141,527

150,742

その他

273,458

154,124

流動負債合計

2,017,051

1,668,310

固定負債

 

 

長期借入金

※2 655,000

516,682

リース債務

61,216

33,964

繰延税金負債

17,063

退職給付に係る負債

261,288

289,601

株式給付引当金

12,409

6,788

長期未払金

22,544

42,711

資産除去債務

721

721

その他

1,500

1,014

固定負債合計

1,014,679

908,547

負債合計

3,031,731

2,576,857

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

393,562

393,562

資本剰余金

279,306

279,306

利益剰余金

1,933,494

1,487,157

自己株式

96,122

112,845

株主資本合計

2,510,240

2,047,181

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

63,012

77,456

その他の包括利益累計額合計

63,012

77,456

純資産合計

2,573,252

2,124,638

負債純資産合計

5,604,984

4,701,495

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2019年10月1日

 至 2020年9月30日)

当連結会計年度

(自 2020年10月1日

 至 2021年9月30日)

売上高

11,962,668

9,412,227

売上原価

10,887,131

8,134,935

売上総利益

1,075,536

1,277,291

販売費及び一般管理費

※1 2,147,781

※1 1,994,374

営業損失(△)

1,072,244

717,082

営業外収益

 

 

受取利息

1,338

1,534

受取配当金

13,514

6,198

受取賃貸料

9,282

9,087

仕入割引

6,638

10,099

物品売却益

11,862

雇用調整助成金

1,281,748

711,134

為替差益

214

その他

22,885

30,106

営業外収益合計

1,347,484

768,161

営業外費用

 

 

支払利息

12,160

9,885

支払手数料

※2 2,263

※2 2,746

為替差損