EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年3月30日

【事業年度】

第71期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

【会社名】

株式会社NJS

【英訳名】

NJS Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  村 上 雅 亮

【本店の所在の場所】

東京都港区芝浦一丁目1番1号

 

【電話番号】

03(6324)4355

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  蒲 谷 靖 彦

【最寄りの連絡場所】

東京都港区芝浦一丁目1番1号

【電話番号】

03(6324)4355

【事務連絡者氏名】

経理部長  小 山 和 之

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05299 23250 株式会社NJS NJS Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E05299-000 2021-03-30 E05299-000 2016-01-01 2016-12-31 E05299-000 2017-01-01 2017-12-31 E05299-000 2018-01-01 2018-12-31 E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 E05299-000 2016-12-31 E05299-000 2017-12-31 E05299-000 2018-12-31 E05299-000 2019-12-31 E05299-000 2020-12-31 E05299-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:DomesticOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:OverseasOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05299-000:DomesticOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05299-000:OverseasOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:DomesticOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:OverseasOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:Row1Member E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:Row2Member E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:MurakamiMasaakiMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:AkiyamaNobuhikoMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:MasubuchiTomoyukiMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:YatoYoshihikoMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:WakabayashiHideyukiMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:KabayaYasuhikoMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:TsuchiyaTakeshiMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:KengoFujikawaMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:YamadaMasaoMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:ObataYasuoMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:TerayamaHiroshiMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:SuzukiHirokazuMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp030000-asr_E05299-000:TakanobuWatanabeMember E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:Row3Member E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:Row4Member E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:Row5Member E05299-000 2021-03-30 jpcrp_cor:Row6Member E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:DomesticOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:OverseasOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05299-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:DomesticOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05299-000:OverseasOperationsReportableSegmentsMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05299-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05299-000 2019-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05299-000 2019-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05299-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05299-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05299-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

16,402,166

16,587,914

18,265,335

17,341,339

18,951,988

経常利益

(千円)

835,197

1,244,233

2,893,984

2,311,451

2,507,117

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

314,525

710,451

1,927,542

1,677,094

1,703,054

包括利益

(千円)

193,587

807,191

1,912,883

1,733,840

1,666,725

純資産額

(千円)

16,199,983

16,597,762

18,120,453

19,320,885

20,157,816

総資産額

(千円)

22,752,808

21,779,470

25,235,760

25,544,546

25,667,098

1株当たり純資産額

(円)

1,661.89

1,702.70

1,858.94

2,026.16

2,112.60

1株当たり
当期純利益金額

(円)

32.27

72.88

197.74

174.88

178.67

自己資本比率

(%)

71.2

76.2

71.8

75.6

78.5

自己資本利益率

(%)

1.9

4.3

11.1

9.0

8.6

株価収益率

(倍)

43.0

21.7

8.0

10.4

11.4

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,797,961

672,174

3,761,342

239,791

2,500,165

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

958,453

638,614

226,793

224,759

371,722

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

432,667

412,827

391,965

535,138

852,848

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

10,968,203

10,493,361

13,615,344

13,070,242

14,343,181

従業員数

(人)

710

744

737

814

867

(ほか、平均臨時
雇用者数)

(319)

(340)

(356)

(363)

(401)

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第70期より株式給付信託(BBT)を導入しており、株主資本の自己株式として計上されている当該信託が保有する当社株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めており、また、1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第67期

第68期

第69期

第70期

第71期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

11,237,847

10,182,577

13,814,593

13,678,671

14,683,760

経常利益

(千円)

1,206,645

1,003,721

2,731,326

2,245,757

2,327,484

当期純利益

(千円)

623,967

715,959

1,785,881

1,537,842

1,584,615

資本金

(千円)

520,000

520,000

520,000

520,000

520,000

発行済株式総数

(千株)

10,048

10,048

10,048

10,048

10,048

純資産額

(千円)

16,111,961

16,527,034

17,914,601

18,985,871

19,708,565

総資産額

(千円)

19,719,885

19,887,283

23,273,245

23,177,541

24,853,429

1株当たり純資産額

(円)

1,652.86

1,695.44

1,837.82

1,954.70

2,067.43

1株当たり配当額

(円)

44

40

45

50

55

(うち1株当たり
中間配当額)

(22)

(20)

(20)

(25)

(25)

1株当たり当期純利益金額

(円)

64.01

73.45

183.21

158.08

163.86

自己資本比率

(%)

81.7

83.1

77.0

81.9

79.3

自己資本利益率

(%)

3.9

4.3

10.4

8.3

8.2

株価収益率

(倍)

21.7

21.6

8.7

11.5

12.5

配当性向

(%)

68.7

54.5

24.6

31.6

33.6

従業員数

(人)

448

460

477

487

534

(ほか、
平均臨時雇用者数)

(121)

(137)

(152)

(149)

(260)

株主総利回り

(%)

96.0

112.0

115.2

133.8

152.7

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(100.3)

(122.6)

(103.0)

(121.7)

(130.7)

最高株価

(円)

1,500

1,599

1,894

1,899

2,289

最低株価

(円)

1,086

1,300

1,419

1,409

1,245

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第67期の1株当たり配当額には、創立65周年記念配当4円を含んでおります。

4.第70期より株式給付信託(BBT)を導入しており、株主資本の自己株式として計上されている当該信託が保有する当社株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めており、また、1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

1951年9月

東京都中央区銀座六丁目3番地において、上下水道・工業用水・その他利水工事の計画調査測量設計の請負及びこれに関連する工事監理業務を目的とし、日本ヒューム管株式会社(現日本ヒューム株式会社)の子会社(現・関連会社)として当社を設立

1956年5月

東京都港区芝新橋六丁目78番地に本社を移転

1957年3月

福岡県八幡市(現北九州市八幡区)に八幡出張所(現北九州出張所)を設置

1959年10月

愛知県名古屋市東区に名古屋出張所(現名古屋総合事務所)を設置

1960年5月

大阪府大阪市北区に大阪出張所(現大阪総合事務所)を設置

 

北海道札幌市(現札幌市中央区)に札幌出張所(現札幌事務所)を設置

1962年11月

東京都港区に東京事務所(現東京総合事務所)を設置

1964年9月

広島県広島市(現広島市中区)に広島出張所(現広島事務所)を設置

1966年4月

東京都港区新橋五丁目33番11号に本社を移転

1968年1月

宮城県仙台市(現仙台市青葉区)に仙台出張所(現仙台事務所)を設置

1971年4月

事務所、出張所の上部組織として3支社(東部、関西、西部)を設置

1971年9月

東京都港区新橋三丁目11番8号に本社を移転

1974年8月

株式会社ニットーコンサルタントを設立

1974年12月

東京都港区海岸一丁目9番15号に本社を移転

1975年2月

福岡県福岡市博多区に北九州事務所を移転、福岡事務所(現九州総合事務所)と改称

1975年8月

神奈川県横浜市中区に横浜出張所(現横浜事務所)を設置

1976年10月

千葉県千葉市(現千葉市中央区)に千葉出張所(現千葉事務所)を設置

 

海外業務を目的として海外部(現グローバル本部)を設置

1982年8月

フィリピン共和国マニラ市にマニラ事務所を設置

1982年11月

石川県金沢市に北陸出張所(現北陸事務所)を設置

1983年9月

愛媛県松山市に松山出張所(現松山事務所)を設置

1988年4月

埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区)に関東出張所(現関東事務所)を設置

 

静岡県静岡市(現静岡市葵区)に静岡出張所(現静岡事務所)を設置

1991年9月

東京都新宿区富久町に技術開発の拠点として「NJS富久」社屋を建設

1991年10月

長野県長野市に長野出張所(現長野事務所)を設置

1998年12月

株式会社ニットーコンサルタント(1991年より休眠会社)を、株式会社エヌジェーエス・イーアンドエム(現株式会社NJS・E&M、現連結子会社)に社名変更し、企業活動を開始

2000年4月

海外部門を分割して東京都港区に株式会社エヌジェーエス・コンサルタンツ(株式会社NJSコンサルタンツ、2020年吸収合併により消滅)を設立

2000年10月

技術本部品質システム部(現管理本部品質監理部)、横浜事務所ISO9001(品質)認証取得

2001年1月

外部委託業務の効率化を図るために、東京都新宿区に株式会社エヌジェーエス・デザインセンター(現株式会社NJSデザインセンター、現連結子会社)を設立

2001年6月

大阪支社(現西部支社)、九州支社(現西部支社)ISO9001認証取得

2001年10月

全社ISO9001認証取得拡大

2002年9月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

 

技術本部(現開発本部)、循環社会事業本部(現東京総合事務所環境マネジメント部)ISO14001(環境)認証取得

2003年2月

米国のB&E ENGINEERS(現NJS USA Inc.、現連結子会社)を買収

2005年11月

環境経営工学研究所(現開発本部経営コンサルティング部)を設置

2006年7月

オリオン設計株式会社(現オリオンプラントサービス株式会社、現連結子会社)を買収

2006年10月

オマーン国にNJS CONSULTANTS(OMAN),L.L.C.(現連結子会社)を設立

2007年3月

東京都新宿区富久町6番8号に本社を移転

 

インド国にNJS ENGINEERS INDIA PVT.LTD.(現連結子会社)を設立

2007年5月

東京都品川区に東京総合事務所を移転

2008年3月

愛知県名古屋市昭和区に学生専用賃貸マンション「WELLコート山手」を建設し、営業を開始

2010年5月

コスタリカ国にCONSORCIO NJS-SOGREAH S.A.(現連結子会社)を設立

2015年1月

当社株式が東京証券取引所市場第一部に指定

2015年4月

商号を株式会社NJSに変更

2015年9月

東京都港区芝浦一丁目1番1号に本社・東京総合事務所及び連結子会社の株式会社NJSコンサルタンツ(2020年吸収合併により消滅)、株式会社NJS・E&M、株式会社NJSデザインセンターを移転

2015年12月

ISO55001(アセット)認証取得

2016年9月

「NJS富久」ビルを「新富久ビル」に改称し、オフィスビルとして賃貸用不動産の営業を開始

2017年9月

CSR活動の一環として、千葉県柏市にNJSウェルファーム柏(農園)を開所

2019年2月

経済産業省「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定

 

次世代育成支援対策推進法に基づく、基準適合一般事業主認定(くるみんマーク)取得

2019年10月

日本X線検査株式会社(現連結子会社)を買収

2019年11月

株式会社クリンパートナーズ須崎(現連結子会社)を設立

2020年2月

株式会社北王インフラサイエンス(現連結子会社)を設立

2020年11月

連結子会社の株式会社NJSコンサルタンツを吸収合併

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社12社及びその他の関係会社1社で構成され、水と環境に係るさまざまなニーズに応える「水と環境の総合コンサルタント」として、国内・海外の上水道、下水道及び環境・その他に関連する業務を主な事業内容として行っております。

当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次の通りであります。

なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

部門

会社名

事業内容

㈱NJS

(連結子会社)

㈱NJS・E&M

㈱NJSデザインセンター

オリオンプラントサービス㈱

日本X線検査㈱

㈱クリンパートナーズ須崎

㈱北王インフラサイエンス

(非連結子会社)

㈱水道アセットサービス

NICCI TECHNOLOGY,INC.

日本国内及び海外で次の事業を行っております。

①上下水道等のインフラのライフサイクルを通したコンサルティングとソフトウェアの開発・提供

②調査・設計・施工管理・経営コンサルティング

③防災減災対策、環境計画、環境アセスメント

④上下水道等の事業運営に関するサポート業務

⑤住民サービス・財務会計処理・総合施設管理

⑥企業会計移行・官民連携サービス・経営改善支援

⑦上下水道等の海外コンサルティング事業

⑧不動産の賃貸、売買及び管理

㈱NJS

(連結子会社)

NJS USA Inc.

NJS CONSULTANTS(OMAN),L.L.C.

CONSORCIO NJS-SOGREAH S.A.

NJS ENGINEERS INDIA PVT.LTD.

 

 

 (注)1.㈱NJSデザインセンター、NICCI TECHNOLOGY,INC.及びNJS CONSULTANTS(OMAN),L.L.C.は現在清算中であります。

2.連結子会社であった㈱NJSコンサルタンツは、当連結会計年度において当社を存続会社とする吸収合併により消滅いたしました。

3.㈱北王インフラサイエンスは当連結会計年度において新たに設立したことにより、連結子会社となりました。

4.NJS USA Inc.は、2020年10月1日付でB&E ENGINEERSから社名変更しております。

 

取引形態による事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業内容

議決権の所有割合
又は被所有割合

関係内容

所有割合
(%)

被所有割合
(%)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱NJS・E&M

(注)1

東京都港区

100,000

上下水道事業体の運営管理支援業務、上下水道会計処理業務、工務窓口業務、施設管理業務

100.0

当社の業務委託先であり、案件受注の協力関係にある。

役員の兼任1名

資金援助あり。

㈱NJSデザインセンター

(注)3

東京都港区

10,000

フィリピン国におけるCADによる設計図などの作成業務

100.0

資金援助あり。

オリオンプラントサービス㈱

東京都台東区

30,000

公共施設向け電気設備全般の設計業務、建設工事業務

100.0

当社の業務委託先である。

役員の兼任1名

日本X線検査㈱

東京都大田区

11,000

鋼構造物及びコンクリート構造物の非破壊検査及び診断調査

100.0

㈱クリンパートナーズ須崎

高知県須崎市

30,000

須崎市公共下水道施設等の運営

54.0

役員の兼任1名

㈱北王インフラサイエンス

北海道帯広市

50,000

上下水道、農業用排水施設、発送電施設、道路、橋梁、プラント等インフラの調査点検事業

90.0

当社の業務委託先である。

NJS USA Inc.
(注)5

米国
アルカディア市

507

千米ドル

米国における都市開発などのコンサルティング業務

100.0

資金援助あり。

NJS CONSULTANTS
(OMAN),L.L.C.

(注)3

オマーン国
マスカット市

100

千オマーン
リアル

オマーン国における上下水道事業、環境その他の総合コンサルティング業務

100.0

CONSORCIO
NJS-SOGREAH S.A.

コスタリカ国
サンホセ市

1,000

千コロン

コスタリカ国における環境改善事業、上下水道事業、その他の総合コンサルティング業務

100.0

NJS ENGINEERS
INDIA PVT.LTD.

(注)1

インド国
プネ市

49,600

千インド
ルピー

インド国における環境改善事業、上下水道事業、その他の総合コンサルティング業務

100.0

当社の業務委託先である。

資金援助あり。

債務保証をしている。

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

日本ヒューム㈱

(注)2

東京都港区

5,251,400

コンクリート製品の製造・販売、諸工事

35.8

役員の兼任2名

 

(注) 1.特定子会社に該当しております。

2.有価証券報告書を提出しております。
監査体制充実のため日本ヒューム㈱取締役の鈴木宏一氏が当社の監査役(非常勤)に、また、管理体制強化のため同社専務取締役の増渕智之氏が当社の取締役(非常勤)に就任しております。
また、日本ヒューム㈱との取引に重要性はありません。

3.㈱NJSデザインセンター及びNJS CONSULTANTS(OMAN),L.L.C.は現在清算中であります。

4.㈱NJSコンサルタンツは、当連結会計年度において当社を存続会社とする吸収合併により消滅いたしました。

5.NJS USA Inc.は、2020年10月1日付でB&E ENGINEERSから社名変更しております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2020年12月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

国内業務

559

(285)

海外業務

271

(111)

全社(共通)

37

( 5)

合計

867

(401)

 

(注) 1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含んでおります。)であり、臨時雇用者数(案件ごとの契約社員、パートタイマーは含み、人材会社・外注先会社等からの派遣社員は除いております。)は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.全社(共通)は、提出会社の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

2020年12月31日現在

従業員数(人)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(円)

534

(260)

424ヶ月

152ヶ月

7,842,084

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

国内業務

468

(152)

海外業務

29

(103)

全社(共通)

37

( 5)

合計

534

(260)

 

(注) 1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。)であり、臨時雇用者数(案件ごとの契約社員、パートタイマーは含み、人材会社・外注先会社等からの派遣社員は除いております。)は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)は、管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営の基本方針

当社グループは1951年の㈱NJS創設以来、上下水道を中心とした水と環境のコンサルタント事業を展開してきました。当社グループのミッションは「水と環境のサービスを通じて豊かで安全な社会を創造する」ことであり、水と環境の事業、社会への貢献、人材育成を経営の基本方針としています。

また、経済のグローバル化・デジタル化に対して「水と環境のConsulting & Software」を掲げて、ソフトウェアや関連システムの開発を推進しています。

(2) 目標とする経営指標

当社グループは、2021年2月に21-23中期経営計画を策定し、当社グループの業績目標を、2023年に売上高220億円、営業利益28.5億円、親会社株主に帰属する当期純利益18.7億円としております。

(3) 経営環境及び中長期的な会社の経営戦略

新型コロナウイルスの感染拡大が社会経済に深刻な影響を与えています。世界人口の増加や経済活動が地球環境に影響を及ぼし、環境変化が社会の持続性を脅かす時代です。特に、気候変動に伴う災害の頻発と激化は顕著であり、温暖化の抑制と被害軽減の取り組みが急務となっています。わが国は、2050年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにすると表明しており、これに基づく脱炭素化を着実に推進する必要があります。

上下水道は、国民の安全と衛生を守るインフラであり、感染症の流行や災害の甚大化の中でその重要性が高まっています。健全な機能の確保と災害対策の強化が不可欠であり、そのための効率的なマネジメントが必要となっています。一方で、施設老朽化、人口減少、財政逼迫、職員減少などの課題も山積しており、効率的な施設管理の確立、広域化・共同化、PPP/PFI、デジタル技術活用などの対策が急がれます。

当社グループの強みは、70年の歴史を通じて培ってきた水と環境の技術と信用、ソフトウェアを中心とした技術開発力、90か国に及ぶ海外業務実績です。こうした強みやソフトウェアを生かして、今日の社会課題に積極的に取り組み、従来の枠を超えた新事業を創出し、グローバルに活躍することを通じて、持続可能な社会に貢献していきます。当社グループが展開している主要ソフトウェアと関連ツールは次のとおりです。

・SkyScraper®     :施設管理から災害対策、運営管理まで対応するクラウド型統合管理システム

・AirSlider®      :閉鎖性空間の調査ドローン

・BioWin          :下水処理プロセスシミュレータ(カナダEnviroSim社と代理店契約締結)

・SkyManhole®     :IoT型の下水道水位観測システム

・ConnectedCollector®:設備センサーシステム

(4) 対処すべき課題 

パンデミックと気候危機を踏まえて、環境への取り組みを強化し「環境先進企業」を目指します。引き続き、“水と環境の Consulting & Software”をスローガンに掲げ、コンサルタントの領域を超えた幅広いサービスを提供し、国内外の水と環境に貢献していきます。分野別の課題は次のとおりです。

① コンサルティング

持続可能な社会に向けた、脱炭素化業務、防災・減災業務、水道関連業務を強化します。健康と安全を守るライフサイエンス事業に挑戦します。

② ソフトウェア

上下水道におけるデジタルトランスフォーメーション、コンサルティング、データ構築、運用支援、IoT・AI・ロボティックスを推進します。

③ インスペクション

インフラの劣化、損傷、異常を効率的に把握できる技術の開発と普及、予防保全の実現、インスペクションサービスに関する新事業の創出を推進します。

④ マネジメント

効率化とサービス向上を目的とした、PPP/PFI、広域化・共同化、アウトソーシング事業を推進します。マネジメントに関する新事業を創出します。

⑤ グローバル

世界の公衆衛生インフラの整備、インフラマネジメントの確立、災害対策事業を推進し、あわせて当社のインフラ管理技術を海外展開します。

 

⑥ イノベーション

革新的な価値創出を目的として、オープンイノベーション、アライアンス、M&Aを推進します。生産性の向上を目的として、BIM/CIMの普及を図ります。

⑦ 働き方改革

感染症対策の徹底とともに、テレワークやウェブ会議に対応したオフィス環境の整備を図り、多様で創造性・自律性の高いワークスタイルを実現します。

⑧ 人材育成

環境先進企業を明確にした採用活動の強化を図り、多様な人材の確保と育成、国内外をシームレスで対応できる人材の育成を推進します。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

① 官公庁への依存度について

当社グループの国内業務の売上高は大部分が官公庁等(国土交通省他省庁、公団、都道府県、市町村等)向けであり、民間会社からの受注はあるものの、この大半も官公庁発注案件であります。したがって、当社グループの業績は国及び地方公共団体の整備計画、財政政策等に基づく公共投資動向の影響を受ける可能性があります。

② 業績の季節変動について

当社グループの売上高は、官公庁等からの受注によるものが大半を占め、その納期に対応して官公庁等の年度末が含まれる第2四半期連結累計期間(1月~6月)に売上計上が集中するため、連結会計年度の前半6ヶ月間の売上高と後半6ヶ月間の売上高の間に著しい相違があり、業績に季節的変動があります。

③ 入札制度について

当社グループの売上高は、官公庁等からの受注によるものが大半を占め、各発注者の定めに従い、競争入札方式によるものが大きな割合を占めております。この入札条件や入札制度そのものに予期せぬ変更が生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

④ 成果品やサービスの品質について

当社グループの業務は、契約に定める仕様を充足する成果品やサービスを顧客に提供する業務が大半を占めております。当社グループでは顧客第一主義を掲げ、顧客とのコミュニケ―ションを密にし品質の確保・向上に努めておりますが、予期せぬ対応費用が発生した場合や、当社グループの成果品やサービスに起因して賠償責任を負った場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。

⑤ 為替変動について

当社グループは海外に拠点を設置しグローバルに事業を展開しており、外国為替相場の変動は外貨建て取引の円貨換算及び外貨建て資産・負債の円貨換算に伴って当社グループの業績や財務状況に影響を与える可能性があります。

⑥ 退職給付債務について

当社グループの従業員退職給付債務及び費用は、主として割引率や年金資産の期待運用収益率等の数理計算上で設定される基礎率に基づいて算出されております。実際の結果が基礎率と相違した場合や基礎率を変更した場合には、その影響額(数理計算上の差異)はその発生の翌連結会計年度に一括処理することとしております。したがって、年金資産の運用利回りの悪化や超低金利の長期化による割引率の変更等が当社グループの翌連結会計年度の業績に影響を与える可能性があります。

⑦ 海外での事業活動について

当社グループは世界各国で事業活動を行っておりますが、当社グループが事業拠点を置く国や地域において、戦争・テロ・暴動等による政情の不安定化、法制度の予期せぬ変更など事業環境に著しい変化が生じた場合、当社グループの業績や財政状況に影響を与える可能性があります。

⑧ 新型コロナウィルス感染症について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による当社グループ従業員、協力業者への感染により業務の中断や遅延が発生する可能性があります。また、海外でのロックダウン等による業務の中断や工期延長等が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並び経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 経営成績等の状況の概要

① 経営成績の状況

当期の世界経済及び国内経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、人や物の移動や経済活動が制限され、歴史的な後退となりました。ワクチンの普及により感染症の収束と経済の回復が期待されていますが、先行きは不透明な状況です。パンデミックは人々の生活スタイルや価値観に変容をもたらし、社会経済のあり方を変えようとしています。

感染症のさなか、令和2年7月豪雨により熊本県を中心に深刻な被害が発生しました。気候変動に伴う自然災害の多発化と激甚化が進行しており、災害対策の強化とともに温暖化ガスの排出削減が急務となっています。温暖化ガスについては、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べて1.5℃に抑えるためには、2050年までに排出量を実質ゼロにする必要があり、わが国も2050年の脱炭素化を表明しました。

上下水道事業については、パンデミックや気候危機に対して、都市の安全と衛生を支えるインフラとして重要性が高まっています。人口減少、施設老朽化、災害激化、財政逼迫などの課題に対して、健全な機能の維持・強化を図るとともに効率的なマネジメントを確立していく必要があります。さらに脱炭素化の取り組みやデジタルトランスフォーメーションも積極的に推進していく必要があります。

これに対して当社グループは、“水と環境のConsulting & Software”をスローガンに、コンサルティングサービスの拡充とデジタル技術による新事業の創出に注力してきました。代表的なソフトウェアには、総合情報システムSkyScraper®、点検調査ドローンAirSlider®、下水処理シミュレータBioWin、マンホール情報システムSkyManhole®、IoTセンサーシステムConnectedCollector®などがあります。

マネジメント分野では、高知県須崎市のコンセッション事業をはじめ多くの包括的民間委託事業、PPP/PFI事業を展開しています。連結子会社の㈱NJS・E&Mでは、コンサルタントのノウハウを生かして幅広いアウトソーシングサービスを提供しています。

業務上の感染防止対策については、マスク、手指消毒、三密回避の徹底とともに、テレワーク、ウェブ会議、ペーパーレス化を促進しています。また、デジタルトランスフォーメーションによる、生産性の向上、環境負荷の削減、仕事と生活の質の向上を推進しています。

この結果、当連結会計年度における当社グループの業績は、連結受注高は18,827百万円(前連結会計年度比5.6%増)、連結売上高は18,951百万円(同9.3%増)となりました。

利益面では、積極的な技術開発への投資及び生産性向上の取り組みにより、営業利益は2,469百万円(同9.5%増)、経常利益は2,507百万円(同8.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,703百万円(同1.5%増)となりました。

 

セグメント別の経営成績は、次のとおりであります。

(国内業務)

国内事業については、インフラ再構築に向けた調査・設計、甚大化する災害に対応した防災・減災・復旧業務、上下水道事業の効率化に向けたPPP業務等に取り組んでまいりました。なお、新型コロナウイルス感染症拡大により、一部の業務で工期延長等が発生しましたが、業績への影響は軽微に留まりました。

この結果、受注高は17,290百万円(前連結会計年度比8.7%増)、売上高は15,408百万円(同8.4%増)、営業利益は2,597百万円(同16.5%増)となりました。

 

(海外業務)

海外事業については、アジア、中東等の新興国における水インフラ整備プロジェクトを推進してきましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、新規案件の発注遅延や渡航制限等による業務遅延が発生しました。

この結果、受注高は1,537百万円(前連結会計年度比20.3%減)、売上高は3,348百万円(同15.0%増)、営業損失は205百万円(前連結会計年度は営業損失75百万円)となりました。

 

② 財政状態の状況

当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ122百万円増加し25,667百万円となりました。この主な要因は、現金及び預金の増加1,272百万円、受取手形及び完成業務未収入金の減少347百万円、未成業務支出金の減少769百万円であります。

当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ714百万円減少し5,509百万円となりました。この主な要因は、未成業務受入金の減少463百万円、業務未払金の減少204百万円であります。

当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ836百万円増加し20,157百万円となりました。この主な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益と配当金支払いの純額による利益剰余金の増加1,215百万円、自己株式取得による減少347百万円であります。

この結果、自己資本比率は78.5%となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末に比べ、1,272百万円増加し、14,343百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は2,500百万円(前連結会計年度は239百万円の獲得)となりました。

収入の主な内訳は、税金等調整前当期純利益2,459百万円、未成業務支出金の減少762百万円であり、支出の主な内訳は、法人税等の支払額584百万円であります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は371百万円(前連結会計年度は224百万円の使用)となりました。

主な内訳は、有形固定資産の取得による支出107百万円、無形固定資産の取得による支出127百万円であります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は852百万円(前連結会計年度は535百万円の使用)となりました。

主な内訳は、配当金の支払額486百万円、自己株式の取得による支出354百万円であります。

 

なお、当社グループのキャッシュ・フロー指標のトレンドは次のとおりであります。

 

指標

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

自己資本比率

(%)

71.2

76.2

71.8

75.6

78.5

時価ベースの自己資本比率

(%)

59.4

70.9

61.3

67.7

75.8

キャッシュ・フロー対有利子負債比率

(年)

0.0

0.0

0.1

0.0

インタレスト・カバレッジ・レシオ

(倍)

1,756.1

10,683.5

295.9

16,652.9

 

(注) 各指標は、いずれも連結ベースの財務諸表数値により以下のとおり算出しております。

(1) 自己資本比率:自己資本/総資産

(2) 時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

 株式時価総額は、自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。

(3) キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業活動によるキャッシュ・フロー

(4) インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業活動によるキャッシュ・フロー/利息支払額

 

(資本の財源及び資金の流動性)

当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており、運転資金及び設備投資資金は、自己資金を基本としておりますが、必要に応じて銀行借入による調達も行っております。

なお、当連結会計年度末時点で、重要な資本的支出の予定はありません。

 

(3) 生産、受注及び販売の実績

 a.生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

国内業務

15,407,285

8.5

海外業務

3,318,328

14.2

その他

226,373

△1.0

合計

18,951,988

9.3

 

(注) 1.当社グループの業務は、業務の性格上生産として把握することが困難であるため販売実績を記載しております。

2.セグメント間取引については、相殺消去しております。

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b.受注実績

当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

国内業務

17,290,047

8.7

18,659,975

11.2

海外業務

1,537,363

△20.3

5,313,451

△26.3

合計

18,827,410

5.6

23,973,427

△0.0

 

(注) 1.セグメント間取引については、相殺消去しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c.販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

国内業務

15,407,285

8.5

海外業務

3,318,328

14.2

その他

226,373

△1.0

合計

18,951,988

9.3

 

(注) 1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.当連結会計年度の販売実績を地域別に示すと、次のとおりであります。

 

地域

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

売上高(千円)

構成比(%)

北海道

1,692,097

8.9

東北

1,107,094

5.8

関東

3,771,344

19.9

中部

3,843,007

20.3

近畿

1,283,895

6.8

中国

1,180,446

6.2

四国

660,710

3.5

九州

2,095,062

11.1

国内計

15,633,659

82.5

海外

3,318,328

17.5

合計

18,951,988

100.0

 

4.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。

5.前連結会計年度及び当連結会計年度における主な相手先別販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

 

相手先

前連結会計年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

日本下水道事業団

3,048,770

17.6

3,354,571

17.7

 

6.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(4) 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおりであります。

当社グループは、退職給付会計、税効果会計、たな卸資産の評価、投資その他の資産の評価などに関して、過去の実績や当該取引の状況に照らして合理的と考えられる見積り及び判断を行い、その結果を資産・負債の帳簿価額及び収益・費用の金額に反映して連結財務諸表を作成しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

特に、退職給付会計における割引率や年金資産の期待運用収益率の見積りについては、当社グループの連結財務諸表に重要な影響を与える可能性があるため、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載しております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

(連結子会社の吸収合併)

当社は、2020年9月29日開催の取締役会において、当社の完全子会社である株式会社NJSコンサルタンツを吸収合併することを決議し、同日付で合併契約を締結し、2020年11月1日付で吸収合併いたしました。

詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。

 

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、2018年2月に事業環境の変化や技術開発の取り組みを勘案し、2017年2月に策定した中期経営計画の一部見直しを行いました。見直し計画では、事業の基本方針に“水と環境のConsulting & Software”を掲げ、中長期的な社会環境の変化ならびに顧客ニーズに応えつつ、ライフサイクルを通したインフラ管理を実現するため、時代に即したコンサルティング技術を開発するとともに、ICTやIoTを活用した管理運営のデジタル化・効率化に貢献するソフトウェアの開発に取り組んでいくこととし、2020年12月期はその最終年期にあたります。

2020年12月期の技術開発は、政府の重点事項となっているインフラメンテナンスに対応するため、上下水道事業分野におけるConsulting・Software分野の開発に加えて、他事業へのビジネス展開を目標にインフラの再構築と効率的運用に向けたインフラ管理ビジネスの開発を加速しました。

Consulting分野では、事業方針の戦略的な実現を目指し、「インフラ管理」、「災害対策」、「環境保全」、「管理運営」分野で開発本部及び開発担当部所、技術推進PJの連携により実施しました。特に、政府が推進するデジタル化社会への対応として「点検・調査・診断技術」、「BIM/CIM」、「雨水対策」の技術開発・展開を強力に推進しました。

Software分野では、ソサエティ5.0の実現への取り組みとして、CPS/IoTサービスの開発を継続し効率的なインフラ管理を推進しました。特に、「マネジメントソフトウェア(SkyScraperFC、PL、RM、EA)」、「アナリティクスソフトウェア(SkyScraperML、BI)」、「IoT、クラウド基盤(SkyManhole含む)」の機能強化を推進・展開しました。

インフラ管理の分野では、AirSliderの他事業インフラへのビジネス展開を強化し、各種ソフトウェアの開発・展開によりビジネス戦略を推進しました。特に、「上下水道事業」に加え、「電力事業」、「農業事業」、「道路事業」への対応に向けた開発を加速しました。

 

Ⅰ.Consulting分野

A.インフラ管理

(1)点検・調査・計画

・ 新たな設備調査・診断方法の開発(施設)

・ 診断ツールの開発

・ 新たな業務領域の開発

(2)BIM/CIM

・ BIM/CIMデータと数量計算との連携検討

・ 建築設備及びプラント設備のBIM/CIMモデル作成作業効率化検討

・  NJS版:BIM/CIM標準策定

・  NJS版:BIM/CIM教育プログラムの構築

・ SkyScraperFCとBIM/CIMの連携

(3)機能評価・運転支援

・ 下水道指針(改訂版)の社内普及

(4)海外技術評価

・ 海外技術の評価

B.災害対策

(1)雨水対策

・ 簡易計測機器(雨量・水位)の更新・整備

・ 雨天時浸入水営業ツールの作成

・  雨天時浸水スクリーニング技術の開発

・ リアルタイムキャリブレーション技術の開発

・ リアルタイム浸水情報提供のビジネスモデル調査、業務パッケージの開発

(2)地震対策

・ 耐震・耐津波作業担当人材育成

・ 動的解析による解析手法の開発

・ 水道施設への危機耐性の適用事例の作成

・ 非線形有限要素技術を用いたせん断力に対する評価手法の開発

C.環境保全

(1)環境・エネルギー

・ 下水道資源・ストック活用エネルギー省・創・自立化技術の研究

・ 水素の製造・利用技術の研究

・ 未来低炭素まちづくりの再生可能エネルギー(バイオマス含む)導入手法の研究

 

D.管理運営

(1)会計

・ 中小規模下水道経営手法の普及展開

・  ABC・SWOTの成果まとめ(マニュアル化)

・ 広域連携業務事務所支援

(2)官民連携関連

・ 資本・業務連携(コンセッション)

・  下水道事業の運営支援

・ 水道、工水のコンセッション具体研究

(3)計画手法

・ 計画手法の水平展開

 

Ⅱ.Software分野

A.SkyScraper(クラウド型統合インフラ管理システム)

・ SkyScraperFC(施設情報システム)      機能拡張

・ SkyScraperPL(管路情報システム)      機能拡張

・  SkyScraperPL_WEBGIS(管路維持管理システム) 機能拡張

・ SkyScraperFI(現場点検システム)      製品開発

・ SkyScraperEM(イージーモニター)      機能拡張

・ SkyScraperRM(雨量情報システム)      機能拡張

・ SkyScraperRI(管内水位観測システム)    機能拡張

・ SkyScraperFA(固定資産システム)      機能拡張

・ SkyScraperEA(企業会計システム)      機能拡張

・ SkyScraperBC(料金徴収システム)      機能拡張

・ SkyScraperCV(管内画像解析システム)    製品開発

・ クラウド基盤整備

・ IoT・AI基盤整備(SkyScraperML(機械学習)、SkyScraperBI(意思決定支援)共通ソフト含む)

B.KanroKarte(下水道管路ストックマネジメント支援ツール) 販売促進

C.SkyManhole(LPWAを活用したIoTセンサー)         製品開発

D.BioWin   (下水処理プロセスシミュレーター)       販売促進

 

Ⅲ.インフラ管理分野

A.点検・調査

・ 新たな土木・建築構造物点検調査方法の開発(水道)

・ 下水道管劣化予測に関する実証

B.AirSlider(閉鎖性空間点検調査用ドローン)

・ AirSider(AS400、600、2000)        製品開発

・ 鉄管膜厚測定機器開発            製品開発

・ 背面空洞探査装置              製品開発

・ 道路排水用点検機器開発           製品開発

 

なお、当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)の研究開発費の総額は686,888千円であります。

 

 注)FC:Facility database、PL:PipeLine database、FI:Field Inspection、EM:Easy Monitor、

RM:Rain Management、RI:RainManagement Indicator、FA:FixedAssets database、

EA:Enterprise Accounting、BC:Billing&Collection、CV:Computer Vision、

ML:Machine Learning、BI:Business Intelligence

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度の設備投資(無形固定資産を含む。)は国内業務198,620千円、海外業務7,650千円、総額は206,270千円であります。

なお、当連結会計年度中において重要な影響を及ぼす設備の除却、売却等はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループの主要な設備は、以下のとおりであります。

(1) 提出会社

2020年12月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社
(東京都港区)

全社

事務所

25,542

62,750

88,293

274

(68)

札幌事務所
(札幌市中央区)

国内業務

事務所

761

211

973

34

(12)

仙台事務所
(仙台市青葉区)

国内業務

事務所

451

554

1,006

19

(15)

名古屋総合事務所
(名古屋市中区)

国内業務

事務所

5,091

1,708

6,799

61

(19)

西部支社・大阪総合事務所(大阪市中央区)

国内業務

事務所

2,028

3,212

5,241

60

(19)

広島事務所
(広島市中区)

国内業務

事務所

1,469

1,667

3,136

31

(12)

九州総合事務所
(福岡市博多区)

国内業務

事務所

9,086

8,227

17,314

46

(11)

新富久ビル
(東京都新宿区)

その他

賃貸施設

291,858

288,400

(1,041.85)

948

581,206

WELLコート山手
(名古屋市昭和区)

その他

賃貸施設

552,802

761,816

(2,172.00)

0

1,314,619

 

(注) 1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。

3.本社ビルの一部を㈱NJS・E&M(連結子会社)に貸与しております。

4.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。

 

 

(2) 国内子会社

2020年12月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

車両
運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

㈱NJS・E&M

本社ほか
(東京都
港区)

国内業務

事務所

0

215

215

54

オリオンプラントサービス㈱

本社
(東京都
台東区)

国内業務

事務所

563

667

1,230

18

日本X線検査㈱

本社
(東京都
大田区)

国内業務

事務所

4,503

257

59,763

(198.36)

10,739

75,263

16

㈱北王インフラサイエンス

本社
(北海道
 帯広市)

国内業務

事務所

1,195

3,386

733

5,315

1

 

(注) 1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.帳簿価額のうち「その他」は、機械及び装置ならびに工具、器具及び備品であります。

3.㈱NJS・E&Mの従業員は、上記の他に受注案件単位で雇用している契約社員が126名おります。

4.オリオンプラントサービス㈱の従業員は、上記の他にパートタイマー2名がおります。

5.㈱北王インフラサイエンスの従業員は、上記の他にパートタイマー2名がおります。

6.当社は、2020年11月1日付で㈱NJSコンサルタンツを吸収合併し、同社が所有していた設備を引き継いでおります。

 

(3) 在外子会社

2020年12月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

車両
運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

NJS USA Inc.

本社
(米国カリフォルニア州アルカディア市)

海外業務

事務所

451

451

2

NJS ENGINEERS
INDIA PVT.
LTD.

本社ほか
(インド国マハーラーシュトラ州プネ市)

海外業務

事務所

508

18,946

19,455

239

 

(注) 1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。

3.NJS USA Inc.は、2020年10月1日付でB&E ENGINEERSから社名変更しております。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

会社名

所在地

セグメント
の名称

設備の
内容

投資予定額

資金調達方法

着手及び完了予定年月

総額
(千円)

既支払額
(千円)

着手

完了

提出会社

東京都
大田区

国内業務

事務所

700,000

24,305

自己資金

2021年9月

2022年3月

 

(注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

32,000,000

32,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年3月30日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

10,048,000

10,048,000

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株であります。

10,048,000

10,048,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2013年1月1日
(注)

9,947,520

10,048,000

520,000

300,120

 

(注) 株式分割(1:100)によるものであります。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2020年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

19

21

28

68

1

2,585

2,722

所有株式数
(単元)

19,409

1,141

36,716

11,900

1

31,294

100,461

1,900

所有株式数
の割合(%)

19.32

1.14

36.55

11.85

0.00

31.15

100.00

 

(注) 1.自己株式484,324株は、「個人その他」に4,843単元及び「単元未満株式の状況」に24株を含めて記載しております。

2.「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が4単元含まれております。

3.「金融機関」には、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式30,800株(308単元)が含まれております。

 

 

(6) 【大株主の状況】

2020年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

日本ヒューム株式会社

東京都港区新橋五丁目33-11

3,420,000

35.76

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8-12

721,900

7.55

CGML PB CLIENT
ACCOUNT/COLLATERAL
(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

CITIGROUP CENTRE, CANADA SQUARE,CANARY
WHARF, LONDON E14 5LB
(東京都新宿区新宿六丁目27-30)

594,100

6.21

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11-3

364,300

3.81

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町一丁目5-5

248,000

2.59

NJS社員持株会

東京都港区芝浦一丁目1-1

191,000

2.00

STATE STREET BANK AND TRUST
CLIENT OMNIBUS ACCOUNT
OM02 505002
(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

100 KING STREET WEST, SUITE 3500,POBOX 23 TORONTO, ONTARIO M5X 1A9 CANADA
(東京都港区港南二丁目15-1)

111,300

1.16

株式会社日本カストディ銀行(信託口9)

東京都中央区晴海一丁目8-12

108,300

1.13

大迫 英子

東京都世田谷区

102,400

1.07

明治安田生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内二丁目1-1

96,000

1.00

5,957,300

62.29

 

(注) 1.上記のほか、当社保有の自己株式484,324株があります。なお、当該自己株式には株式給付信託(BBT)が保有する当社株式30,800株は含まれておりません。

2.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

721,900株

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

364,300株

株式会社日本カストディ銀行(信託口9)

108,300株

 

3.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社は、2020年7月27日付でJTCホールディングス株式会社及び資産管理サービス信託銀行株式会社と合併し、株式会社日本カストディ銀行に商号変更しております。

4.発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。

5.2018年4月4日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社が2018年3月28日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として2020年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

  なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。

   大量保有者   シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社

   住所      東京都千代田区丸の内一丁目5番1号

   保有株券等の数 株式 1,132,200株

   株券等保有割合 11.27%

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

484,300

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

9,561,800

 

95,618

単元未満株式

普通株式

1,900

 

発行済株式総数

10,048,000

総株主の議決権

95,618

 

(注) 1.「完全議決権株式(その他)」の株式数の欄には、証券保管振替機構名義の株式が400株含まれております。
また、「議決権の数」の欄には、当該株式に係る議決権4個が含まれております。

2.「単元未満株式」の株式数の欄には、自己株式24株が含まれております。

3.「完全議決権株式(その他)」の株式数の欄には、株式給付信託(BBT)が保有する当社株式30,800株が含まれております。また、「議決権の数」の欄には、当該株式に係る議決権308個が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2020年12月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社NJS

東京都港区芝浦一丁目
1番1号

484,300

484,300

4.82

484,300

484,300

4.82

 

(注) 1.2020年12月31日現在の単元未満自己株式数は24株となっております。

2.株式給付信託(BBT)が保有する当社株式30,800株は、上記の自己株式等には含まれておりません。

 

 

(8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

当社は、2019年2月13日開催の取締役会において、当社の取締役(社外取締役を除く。以下同じ)を対象として、新たに業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board Benefit Trust)」(以下「本制度」という。)を導入することを決議し、本制度の導入に関する議案を2019年3月26日開催の第69回定時株主総会に付議し、承認決議を得ております。

 

1.本制度の概要

本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本信託」といいます。)を通じて取得され、取締役に対して、当社が定める役員株式給付規程に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭が本信託を通じて給付される業績連動型株式報酬制度です。

なお、取締役が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として取締役の退任時となります。

 

2.本信託に株式取得資金として拠出される信託金の予定額

対象期間(※)である3事業年度の株式取得資金として、当社が本信託に拠出する信託金の上限金額は100百万円といたします。

(※)2019年12月末日で終了する事業年度から2021年12月末日で終了する事業年度までの3事業年度を「当初対象期間」といい、当初対象期間及び当初対象期間の経過後に開始する3事業年度ごとの期間を、それぞれ「対象期間」といいます。

 

3.本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

取締役を退任した者のうち受益者要件を満たす者

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

会社法第155条第3号による普通株式の取得

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

取締役会(2020年9月29日)での決議状況
 (取得日2020年10月2日)

184,000

354,200,000

当事業年度前における取得自己株式

当事業年度における取得自己株式

184,000

354,200,000

残存決議株式の総数及び価額の総額

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)

当期間における取得自己株式

提出日現在の未行使割合(%)

 

(注) 当事業年度において、子会社が保有していた当社株式を、会社法163条の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、取得したものであります。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

50

78,800

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

484,324

484,324

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、より安定した経営基盤の確保と株主資本利益率の向上に努めるとともに、当社を取り巻く経済環境、業績、配当性向等を勘案して、株主に対し長期的に安定した利益還元を行うことを経営の基本方針の一つとしております。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

内部留保金につきましては、将来にわたり戦略的業務領域(重点課題)への取組み深耕、技術者の確保と増強、技術力向上、経営基盤強化、企業買収及び国際化等に有効に活用し、継続的な成長を堅持していく所存であります。

当社は、「取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2020年8月14日

取締役会

243,691

25

2021年3月26日

定時株主総会

286,910

30

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

取締役会の公正・透明・迅速な協議・運営、監査役会の強力な監視機能及び社内各組織の職務分掌による有効な牽制機能をもって会社経営の健全性を保つとともに、新しい時代の経営変革に迅速かつ効率的に対応する経営体制の確立を図ることがコーポレート・ガバナンスの基本であり、これを充実させることにより企業価値、株主価値の増大が図れるものと考えております。

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ.企業統治の体制の概要

・当社は、監査役会設置会社であり、取締役10名(うち社外取締役3名)、監査役3名(うち社外監査役2名)を選任しております。

・取締役会は、原則として毎月1回開催されており、当社の経営に関する重要事項を審議・決定するとともに、会社の事業、経営全般の状況を監督しております。また、取締役会には、すべての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監査できる体制となっております。

議長:代表取締役社長 村上雅亮

構成員:取締役 秋山暢彦、取締役 増渕智之、取締役 谷戸善彦、取締役 若林秀幸、取締役 蒲谷靖彦

     取締役 土屋 剛、取締役 藤川賢吾、取締役 山田雅雄、取締役 小幡康雄

・当社は、業務執行に関する基本的事項、その他重要な事項を審議・報告するための機関として、経営会議を設置しております。経営会議は代表取締役社長村上雅亮を議長とし、業務執行取締役・執行役員等により構成され、原則として毎月1回開催しております。

・当社は、委員の半数以上を独立社外取締役で構成する、任意の報酬・指名諮問委員会を設置し、取締役及び執行役員の報酬制度等の妥当性に関する審議および取締役の選任・解任基準等に関する審議行い、その結果を取締役会に答申しております。

  議長:代表取締役社長 村上雅亮

  構成員:取締役 秋山暢彦、取締役 山田雅雄、取締役 小幡康雄

・監査役会は、常勤監査役1名、社外監査役2名の計3名で構成されております。各監査役は、監査役会が定めた監査役監査基準、監査計画及び職務分担に基づき、取締役の業務執行の適法性について監査しております。

議長:常勤監査役 寺山 寛

構成員:監査役 鈴木宏一、監査役 渡邊貴信

 

ロ.当該体制を採用する理由

当社は、経営の意思決定機能と、執行役員による業務執行を管理監督する機能を取締役会が持つことにより、経営効率の向上と的確かつ戦略的な経営判断が可能な経営体制をとっております。

当社経営の監視・監督の面では、社外取締役を3名選任し、経営に対する監督機能の一層の強化を図っております。さらに、社外監査役を選任し、社外監査役が取締役会に出席し意見を陳述することで、緊張感のある経営を行う体制を整えております。これらにより、監査役会設置会社として十分なコーポレート・ガバナンスの体制を構築しております。

 

 

当社の機関・内部統制の関係は以下のとおりであります。 (2021年3月30日現在)

 


 

③ 企業統治に関するその他の事項

 イ.内部統制システム整備の状況

当社は2006年4月24日付で、「NJSコンプライアンス経営宣言」を発表し、また、同宣言をより明確・詳細にして全役員、全社員が一丸となって徹底化を図るため、同年5月22日の取締役会において、「内部統制体制システムの整備に関する基本方針」を定めており、その後も情勢・環境の変化に応じ必要な見直しを行い改善を行っております。

また、金融商品取引法に定められた「財務報告に係る内部統制システム」を整備し、関連諸法令及び規程に則った財務報告の信頼性を確保するための体制を構築しています。現在までの整備状況は以下のとおりであります。

1) 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

取締役及び社員等は、法令、定款及び「NJS倫理規程」、「NJS企業倫理行動指針」、「コンプライアンス規程」等の社内規程を順守する。

コンプライアンス室は、コンプライアンスに関する諸施策の立案・実施、教育研修の企画・実施・指導等を行い、内部監査部は、全社のコンプライアンスの順守状況を監査する。

「公益通報者保護規程」に基づき、コンプライアンス室に社内通報窓口を、法律事務所に社外通報窓口を設置し内部統制の補完、強化を図る。

取締役及び社員等の法令・定款等違反行為については、「取締役会規程」及び「賞罰規程」等により厳正に処分する。

2) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務の執行に係る情報を文書又は電磁的媒体に記録し「文書管理規程」により保存し、取締役又は監査役からの閲覧要請に備える。

3) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

「危機管理規程」により、取締役である危機管理責任者が、危機の防止・排除及び不測の事態に対応できる体制を構築する。

内部監査部は、全社的リスク管理の状況をレビューし、その結果を社長及び監査役に報告する。

4) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

「取締役会規程」、「役員規程」、「職制規程」及び取締役会で定める取締役分掌業務により、取締役と社員の職務の分掌と権限を定める。

 

5) 当社及び当社の子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

当社は当社を中心とする企業グループの経営を適正、円滑に行うために、グループ経営の基本方針を「NJSビジョン」に定め、以下の管理ルールに基づきグループ企業の情報を共有し、子会社の管理、指導、育成を行う。

子会社は、当社「関係会社管理規程」に基づき会社経営上の重要な事項及び重要な変更について当社に報告する。

各子会社の「公益通報者保護規程」に基づき国内子会社の社外公益通報窓口を当社コンプライアンス室に設置する。さらに、子会社「危機管理規程」に基づき、子会社の取締役及び社員等がリスクに関する情報を入手したときは、迅速に当該子会社の社長に伝達する。伝達を受けた子会社の社長は、その内容を当該子会社監査役及び当社に報告する。当社は、「危機管理規程」に基づき子会社のリスクに関する情報を監査役会に報告する。

子会社は、当社「関係会社管理規程」に基づき同規程の承認事項について、当社取締役会の承認を取得する。

内部監査部は、当社企業集団全体の内部監査を実施する。

6) 財務報告の適正性を確保するための体制

内部統制の充実は、業務の適正化・効率化等を通じて業績向上に寄与するものであり、適正な会計処理に基づく信頼性のある財務報告を行うことは、当社に対する社会的な信用の維持・向上に資することから、代表取締役社長は、金融商品取引法に定める「財務報告に係る内部統制」について適切な体制を整備・維持
し、常に適正な財務報告を行う。