EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第25期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

株式会社fonfun

【英訳名】

fonfun corporation

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  林 和之

【本店の所在の場所】

東京都渋谷区笹塚二丁目1番6号

【電話番号】

(03)5365-1511(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経営管理部部長  八田 修三

【最寄りの連絡場所】

東京都渋谷区笹塚二丁目1番6号

【電話番号】

(03)5365-1511(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経営管理部部長  八田 修三

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05302 23230 株式会社fonfun fonfun corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E05302-000 2021-06-25 E05302-000 2016-04-01 2017-03-31 E05302-000 2017-04-01 2018-03-31 E05302-000 2018-04-01 2019-03-31 E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 E05302-000 2017-03-31 E05302-000 2018-03-31 E05302-000 2019-03-31 E05302-000 2020-03-31 E05302-000 2021-03-31 E05302-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:RemoteMailBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:SMSBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:MediaBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:VoiceMailBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05302-000:RemoteMailBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05302-000:MediaBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05302-000:VoiceMailBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:HayashiKazuyukiMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:HattaShuzoMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:YokoyamaShinyaMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:SaikiOsamuMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:MizuguchiTsubasaMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:ShidaraAkikoMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:FujiwaraYasushiMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05302-000:MiyajimaKunihikoMember E05302-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E05302-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E05302-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E05302-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E05302-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row5Member E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:RemoteMailBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:RemoteMailBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:SMSBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:SMSBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:SoftwareDevelopmentBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:MediaBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:MediaBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:VoiceMailBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:VoiceMailBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:RemoteMailBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:SMSBusinessReportableSegmentsMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:SoftwareDevelopmentBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:MediaBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05302-000:VoiceMailBusinessReportableSegmentMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05302-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05302-000 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05302-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第21期

第22期

第23期

第24期

第25期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

592,024

559,243

538,184

545,411

592,311

経常利益又は
経常損失(△)

(千円)

26,104

19,204

42

5,920

41,341

親会社株主に帰属する
当期純利益又は
親会社株主に帰属する
当期純損失(△)

(千円)

30,613

24,695

5,905

3,945

41,414

包括利益

(千円)

30,871

24,695

5,905

3,945

41,414

純資産額

(千円)

347,388

322,545

316,556

529,187

570,413

総資産額

(千円)

656,815

629,380

665,234

884,234

904,317

1株当たり純資産額

(円)

123.06

114.28

112.16

158.61

170.99

1株当たり

当期純利益又は
1株当たり

当期純損失(△)

(円)

10.84

8.75

2.09

1.32

12.41

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

52.9

51.2

47.6

59.8

63.1

自己資本利益率

(%)

0.9

7.5

株価収益率

(倍)

318.2

43.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

9,461

11,179

25,248

431

90,360

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

46,306

176,188

21,117

202,754

86,308

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

80,056

58,509

26,117

221,614

35,527

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

280,153

151,295

181,543

199,972

341,113

従業員数

(名)

31

18

21

16

19

(5)

(9)

(7)

(2)

(2)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第21期から第23期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、1株当たり当期純損失であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第24期及び第25期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 第21期から第23期の自己資本利益率及び株価収益率につきましては、親会社株主に帰属する当期純損失のため記載しておりません。

5 従業員数は、各期の正社員のみを表示し、括弧内は外数で臨時従業員の期中平均雇用人員数を記載しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第21期

第22期

第23期

第24期

第25期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

360,163

291,717

311,287

366,391

439,555

経常利益

(千円)

14,547

2,513

7,895

13,123

20,524

当期純利益又は
当期純損失(△)

(千円)

13,518

1,484

5,431

74,743

20,234

資本金

(千円)

2,287,602

2,287,602

2,287,602

2,391,985

100,000

発行済株式総数

(株)

2,866,720

2,866,720

2,866,720

3,380,920

3,380,920

純資産額

(千円)

392,252

393,587

398,935

532,878

552,924

総資産額

(千円)

604,646

663,415

695,851

873,701

871,201

1株当たり純資産額

(円)

138.95

139.45

141.35

159.72

165.75

1株当たり配当額

(円)

(1株当たり中間配当額)

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり
当期純利益又は
1株当たり
当期純損失(△)

(円)

4.79

0.53

1.92

25.03

6.07

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

64.9

59.3

57.3

61.0

63.5

自己資本利益率

(%)

3.5

0.4

1.4

3.7

株価収益率

(倍)

65.1

764.2

231.8

88.1

配当性向

(%)

従業員数

(名)

16

9

10

9

13

(1)

(2)

(1)

(2)

(2)

株主総利回り

(%)

88

114

126

119

151

(比較指標:JASDAQ INDEX)

(%)

(121)

(161)

(139)

(121)

(172)

最高株価

(円)

374

730

472

677

732

最低株価

(円)

261

282

324

230

325

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第24期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、1株当たり当期純損失であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第21期から第23期及び第25期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 第24期の自己資本利益率及び株価収益率につきましては、当期純損失のため記載しておりません。

5 第21期から第25期までの配当性向につきましては、配当を行っていないため記載しておりません。

6 従業員数は、各期の正社員のみを表示し、括弧内は外数で臨時従業員の期中平均雇用人員数を記載しております。

7 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQにおけるものであります。

 

 

2 【沿革】

 

年月

沿革

1997年3月

インターネット及びコンピュータを利用した情報提供サービス及び各種システムの開発及び販売を主たる目的として、東京都新宿区にネットビレッジ株式会社を資本金3億円をもって設立

1997年6月

日本高速通信株式会社(現KDDI株式会社(KDDI))と相互販促に関する業務提携

1998年4月

本店を東京都新宿区から東京都八王子市に移転

1998年10月

通産省より特定新規事業実施円滑化臨時措置法第4条の規定に基づく特定新規事業認定を取得

1999年5月

東京都より中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法第4条第3項の規定に基づく認定を取得

1999年6月

NTTドコモ「iモード」対応サービス開始

1999年11月

日本移動通信株式会社(IDO)「Ezaccess」(現KDDI)対応サービス開始

2000年3月

「リモートメール」事業海外展開のため、香港現地法人「NetVillage (Asia) Co., Ltd.」を設立(2000年6月に資本参加)

2000年3月

「リモートメール」事業海外展開のため、米国現地法人「NetVillage, Inc.」を設立(2000年6月に資本参加)

2000年7月

DDIグループ(現KDDI)「EZweb」対応サービス開始

2002年9月

大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード))市場に上場

2002年12月

「NetVillage, Inc.」との資本関係を解消

2003年7月

ボーダフォン「Vodafone live!」対応サービス開始

2004年6月

中国現地法人「上海網村信息技術有限公司」(当社連結子会社)を設立

2004年7月

本店を東京都八王子市から東京都新宿区に移転

2004年9月

香港現地法人「NetVillage (Asia) Co., Ltd.」との資本関係を解消

2005年7月

本店を東京都新宿区から東京都渋谷区に移転

2005年10月

NVソフト株式会社(当社連結子会社)を設立

2005年11月

株式交換により株式会社ウォーターワンテレマーケティング(当社連結子会社)を完全子会社化

2005年12月

株式交換により株式会社エンコード・ジャパン(当社連結子会社)及び株式会社グローバル・コミュニケーション・インク(当社連結子会社)を完全子会社化

2006年4月

中国現地法人「合肥網村信息技術有限公司」(当社連結子会社)を設立

2006年7月

株式会社エンコード・ジャパンを吸収合併

2007年5月

株式会社アルティに資本参加

2008年12月

中国子会社「上海網村信息技術有限公司」の売却

2009年3月

連結子会社の株式会社グローバル・コミュニケーション・インクの売却

2009年12月

光通信グループとの合弁会社「株式会社FunFusion」(現・連結子会社)を設立

2009年12月

本店を東京都渋谷区から東京都杉並区に移転

2010年3月

持分法適用会社「株式会社アルティ」の全株式売却

2010年6月

リブラプラス株式会社に資本参加

2012年2月

株式追加取得により、株式会社FunFusionを完全子会社化

2012年2月

リブラプラス株式会社の全株式売却

2014年6月

本店を東京都杉並区から東京都渋谷区に移転

2014年9月

株式会社e-エントリーの全株式を取得し、子会社化

2015年12月

株式会社アドバンティブ(当社連結子会社)を設立

2018年3月

株式会社ミスターフュージョンよりメディア事業を譲受

2018年3月

株式会社e-エントリーの全株式売却

2019年2月

株式会社武蔵野よりISP事業を譲受

2019年7月

株式会社アドバンティブの全株式売却

2019年12月

株式会社武蔵野よりボイスメール事業を譲受

2021年1月

資本金を1億円に減資

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社1社により構成されており、グループ会社との連携と連動により、携帯電話とパソコンを媒体としたインターネットユーザー向けの各種サービス、アプリケーション、コンテンツ及びソフトウェアの企画、製作、開発、配信、販売を主たる業務とする「情報サービス業」を行っております。

各事業における当社及び当社関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。

以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

 

事業区分

事業内容

主なグループ会社

リモートメール事業

当社の基幹サービスである「リモートメール」の配信事業

当社

株式会社FunFusion

SMS事業

ショートメッセージを使った販促ツール「らくらくナンバー」を中核とする事業

株式会社FunFusion

メディア事業

自社運営のWebサイトに掲載した広告により収入を得る事業

当社

ボイスメール事業

スマートフォン向けのアプリを用いて音声情報を非同期で送受信するコミュニケーションサービス事業

当社

 

 

事業の系統図は、以下のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

(2021年3月31日現在)

名称

住所

資本金又は
出資金

主要な
事業内容

議決権の
所有割合
又は
被所有割合

関係内容

(連結子会社)

株式会社FunFusion

東京都
渋谷区

94,750千円

SMS事業

100%

当社サービスの販売促進業務を受託している。
役員の兼任あり。

(その他の関係会社)

株式会社武蔵野

東京都
小金井市

99,355千円

レンタル商品の取り扱い、中小企業支援事業

被所有

39.5%

役員の兼職等あり。

 

(注) 1 「主要な事業内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 株式会社FunFusionについては、特定子会社であります。

3 株式会社FunFusionについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報においてSMS事業の売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売上高または振替高を含む。)の割合が90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

(2021年3月31日現在)

セグメントの名称

従業員数(名)

リモートメール事業

7

(1)

SMS事業

6

(0)

メディア事業

0

(0)

ボイスメール事業

0

(0)

全社(共通)

6

(1)

合 計

19

(2)

 

(注) 1 従業員数は、当社グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員数であります。

2 従業員数は、就業している正社員のみを表示し、括弧内は外数で臨時従業員の最近一年間の平均雇用人員数を記載しております。

3 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

4 メディア事業及びボイスメール事業は、全社(共通)の従業員が兼務しており、0人としております。

 

(2) 提出会社の状況

(2021年3月31日現在)

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

13

(2)

41.0

8.5

3,526

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

リモートメール事業

7

(1)

メディア事業

0

(0)

ボイスメール事業

0

(0)

全社(共通)

6

(1)

合 計

13

(2)

 

(注) 1 従業員数は、就業している正社員のみを表示し、括弧内は外数で臨時従業員の最近一年間の平均雇用人員数を記載しております。

2 平均年間給与は、税込支払給与額の平均額であり、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

4 メディア事業及びボイスメール事業は、全社(共通)の従業員が兼務しており、0人としております。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使委員会を設置し労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1) 会社の経営の基本方針

当社は、「ともに喜び、ともに幸せ」を経営理念とし、その経営理念のもと、「人の暮らしをより豊かにするツールを提供します」「従業員が喜びを感じられる会社でいます」「関わる人々の喜びを増やします」の3つを経営の基本方針として掲げております。ウェブやメール、SMSなどを通じて人の生活をより豊かに便利にするツールを提供しながら、お客様、従業員、取引先、株主、金融機関、地域の人々の喜びをバランスよく継続的に増やしていくことを目標としております。

当社グループは、この基本方針に従い、今後とも時代とユーザーのニーズに的確に応えるサービスを提供することに努め、当社グループの利害関係者に貢献し続けることを目指してまいります。

 

(2) 目標とする経営指標

当社は、収益力の向上と財務体質の強化を目指しており、営業キャッシュ・フローを重要な経営指標と捉えております。

 

(3) 経営環境

当社グループを取り巻く環境に関しては、スマートフォンが市場の中心となり、業界再編が続いております。2020年12月末における携帯電話の契約数は1億9,234万件(前年同期比4.6%増 総務省発表資料による)であり、大幅な契約数増加が見込めないなか、総務省主導による政策の影響もあり、携帯電話端末の価格と通信料のバランスが変化してきています。主要通信キャリア以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)の存在感も増し、一契約あたりの売上高(ARPU)は微減を続け、コンテンツビジネスにも影響を及ぼしております。主要携帯通信キャリアが主導してきたビジネスモデルは、今後も大きく変化していくことが予想されます。

 

(4) 中長期的な会社の経営戦略

当社は、変化の激しい業界環境の中で、競合企業に対する競争優位性を保持するべく、顧客のニーズに合致したサービスの企画開発を行うことで、さらなる事業規模の拡大を目指してまいります。また、戦略的資本提携や業務提携の推進により、事業基盤の整備を行っていくことで、当社グループの中長期的な成長と発展を目指してまいります。

 

(5) 会社の対処すべき課題

新型コロナウイルス感染症は、社会に不可逆的な影響を与えると考えられており、当社グループもその影響を免れるものではありません。そのような状況下、当社グループは、変化の激しい業界環境の中で、継続して安定的な利益を確保するために、以下の課題に取り組んでまいります。

 

◎ リモートメール事業の維持・拡販

リモートメール事業には、リモート・ビューをはじめ、緊急事態宣言が出された後に急速に広まってきたテレワーク環境に親和性の高いサービスがあり、需要が高まっております。当社としましては、この需要の高まりに応えていくことに社会的意義を見出しており、サービス品質の向上に努め、認知度を上げ、より多くのお客様に使っていただく努力を継続してまいります。

また、主力商品の一つであるリモートメールにつきましては、競合企業に対する競争優位性を保持して、ユーザー数を維持拡大することが課題となっております。加えて、そのノウハウと販路を活用して、いかに新たな収益源となるサービスを作るかについても課題と捉えております。

 

法人版において、お客様のご要望に沿って追加した機能を有料オプション化することでお客様単価を高めるとともに、個人版においても解約防止につなげ、契約数の減少による売上高の減少を緩和させてまいります。リモートメールで培ったノウハウを基に新たなビジネスツールを開発しており、新サービスとして既存のお客様を中心に販売を強化しており、こちらも売上に寄与すると見込んでおります。

 

◎ SMS事業の拡販

少ないリソースで大きな効果が得られるよう営業対象を絞り込むとともに、広告宣伝を強化し認知度を上げ、代理店による販売についても注力し、営業効率を高めてまいります。既存のお客様からのご紹介による開拓を進め、お客様の売上向上や業務改善につながった成功事例を同業種の企業へ広告することによりSMS利用形態の多様化を図り、お客様満足度を上げることで送信数を増やし、売上高を上げてまいります。

また、アンケートつなぐ君や安否確認などの利益率の高いソリューション商品を積極的に拡販し、利益向上に努めてまいります。

 

◎ ボイスメール事業の統合

2019年12月に事業譲受したボイスメール事業については、販売代理店と緊密な連携をとり、顧客基盤を維持しつつ、クロスセルの推進と既存サービスとの連携によるシナジーの創出を目指してまいります。

 

◎ 感染防止策の徹底及びテレワーク体制の確立

厚生労働省が発表した「新しい生活様式」にも、働き方の新しいスタイルとして「テレワークやローテーション勤務」、「会議はオンライン」などが例示されております。当社としましても喫緊の課題として持続可能なテレワーク体制の確立のために、制度面・設備面での対応を急ぐ必要があると考えております。

 

これらの課題に取り組むために、人材育成と組織の整備を進めてまいります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

① 人材採用環境の悪化について

組織は人で成り立っています。当社においても、技術面、営業面、経営面、すべて人がその力の源泉と捉えています。2010年前後から始まったとされる人口減少にも関わらず、女性や高齢者の労働参加率が上昇しており、労働力人口はしばらく維持される見通しですが、労働投入量は2023年ごろより減り始めるという予測もあります。その場合、人材を確保するためのコストが上昇し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

② システム障害や災害について

当社のインターネットサービスは、コンピューターシステムと通信ネットワークに大きく依存しており、システム障害、自然災害、停電等の予期せぬ事由により、その提供を停止せざるを得なくなる状況が起こる可能性があります。当社では、想定される障害に備えた技術的対応を講じている他、24時間体制で監視体制を敷いておりますが、万一かかる事態が発生した場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 競合サービスとの価格競争について

当社が提供するSMSサービスにおいて、原価低減の努力を継続して行うことに加え、代行サービスやお客様サポートセンターの充実等により、お客様の満足度向上につながるサービス展開を実施しておりますが、他社が同様のサービスを構築し提供を始めた場合、価格競争に陥ることで利益率が悪化し、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

④ 移動体通信事業者各社との契約について

当社がリモートメール事業において提供するモバイルコンテンツのほとんどは、移動体通信事業者(「通信キャリア」)各社の公式サービスとして提供しております。公式サービスのメリットは、通信キャリアの審査を経て登録されるため高い社会的信頼性を得られることや、通信キャリアが当社に代わって利用料を徴収するため利用料回収リスクが軽減できること等が挙げられます。しかしながら、当社と通信キャリアとの契約は排他的なものではなく、通信キャリア側の事情により当該契約が更新されない場合もあります。このような場合、当社コンテンツのユーザー数の減少や、通信キャリアが提供する課金手段以外の課金方法の構築を迫られる等、当社はその事業の遂行においても大きな影響を受ける可能性があります。

 

⑤ 個人情報の漏洩について

当社グループでは、サービス利用者の携帯端末情報、サービス申込者情報、サポートへのお問合せ情報等、一定の個人情報を蓄積しています。当社グループは、個人情報を保護するために運用面及び技術面で、できうる限りの措置を講じております。しかしながら、万一個人情報が何らかの事由で漏洩することにより、これが社会問題化するなど当社の信用の低下を招いた場合、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

⑥ 新型コロナウイルス感染症の影響について

緊急事態宣言下、テレワークを導入する企業が急速に拡大したように、今後も新型コロナウイルス感染症の影響により生活様式の激変が起き、ビジネスの前提が急変する可能性があります。営業キャッシュ・フローを重視し、手元資金の充分な確保に努めておりますが、生活様式の変化により当社サービスの需要が落ち込み、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

⑦ のれん償却について

当社は過年度の事業譲受によるのれんを計上しておりますが、該当の事業の収益性が低下した場合、減損処理を行うことで業績に悪影響を及ぼす可能性があります。当社が計上しているのれんの中で最大のものは、ボイスメール事業に関するもので、当連結会計年度末において158百万円を計上しております。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しており、前連結会計年度との比較・分析は変更後の区分に基づいて記載しております。

 

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュフロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当社グループを取り巻く環境に関しては、スマートフォンが市場の中心となり、業界再編が続いております。2020年12月末における携帯電話の契約数は1億9,234万件(前年同期比4.6%増 総務省発表資料による)であり、大幅な契約数増加が見込めないなか、総務省主導による政策の影響もあり、携帯電話端末の価格と通信料のバランスが変化してきています。主要通信キャリア以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)の存在感も増し、一契約あたりの売上高(ARPU)は微減を続け、コンテンツビジネスにも影響を及ぼしております。主要携帯通信キャリアが主導してきたビジネスモデルは、今後も大きく変化していくことが予想されます。

また、連結子会社株式会社FunFusionにて提供していますSMSサービスにおいては、SMS配信サービスの認知度が向上し、SNSやスマートフォンアプリの利用時などの本人認証通知、公共料金・税金など督促の通知、飲食業界のノー・ショウ(飲食店における無断キャンセル)対策としての予約確認など企業と個人の間でのコミュニケーション手段として高い到達率と開封率というSMSの有用性を再認識する企業の増加に伴い、SMS配信市場は急速な広がりをみせており、2023年の市場規模は配信数31億8,000万通と予想され(「ミックITリポート 2019年9月号」(ミック経済研究所))、2018年度から2023年度までの年平均成長率は46.7%増で、国内法人市場は最低5年先まで安定高成長を続けると予想されております。

このような状況の中、当社グループは、「お客様の喜ぶことを皆と分かち合い、ともに喜ぶ」を経営理念として掲げ、お客様の生活をより豊かに便利にするツールを提供できるよう当社の既存事業の収益を維持しつつ、新たなサービスの企画・提供を実施してまいりました。

 

当社グループの各セグメントの業績は次のとおりであります。

 

◎ リモートメール事業

当連結会計年度において、当社グループは、「リモートメール」の個人版サービス・法人版サービスともに成長市場であるスマートフォン市場での拡販に努め、既存利用者の利用継続を第一目的に、他社サービスに対して優位性のある使い勝手のよさをさらに向上させる改善を継続して実施しております。

さらに、法人向けサービスとして開発した「リモートブラウズ」、「リモートカタログ」や他社から提供を受けている「fonfun AnyClutch リモート」、「リモート名刺(BizCompass)」など、リモートメール以外のスマートデバイス向けサービスの販売も強化しております。「リモートメール」法人版サービス、「リモートブラウズ」、「fonfun AnyClutch リモート」につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、テレワーク支援ソリューションとして、期間限定で無償提供し、テレワークに対応する企業・自治体等をBCP対策の側面から支援する活動サービスを積極的に展開しております。

上記の結果、リモートメール事業の売上高は219百万円(前年同期比0.3%減)、営業利益は67百万円(前年同期比26.2%減)となりました。

 

◎ SMS事業

SMS事業はショートメッセージを利用した通知サービスであり、「らくらくナンバー」、「いけいけナンバー」、「いけいけナンバーAPI」と3つのサービスがあります。当連結会計年度においては、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、新規のお客様を獲得するための営業活動は、計画通り行えませんでしたが、導入企業と同業種への事例紹介や、既存のお客様からのご紹介により、新規獲得件数は好調に推移しております。

さらに、お客様ごとの課題に合わせたSMS利用法を助言することで、送信数も増え、売上増加につながっております。あわせて、原価についても低減に努めております。

上記の結果、SMS事業の売上高は172百万円(前年同期比5.4%増)、営業利益74百万円(前年同期比26.3%増)となりました。

 

◎ メディア事業

メディア事業は、ウェブコンテンツ提供に伴う広告収入を主な収益としております。

メディア事業の売上高は61百万円(前年同期比17.6%減)、営業利益22百万円(前年同期比9.5%増)となりました。

 

◎ ボイスメール事業

ボイスメール事業は、2019年12月に譲受けた事業であり、スマートフォンアプリを利用して音声情報をメールのようにやり取りできる法人向けのサービスであります。

ボイスメール事業の売上高は89百万円(前年同期比204.8%増)、営業利益24百万円(前年同期比203.5%増)となりました。

 

◎ その他

その他の売上は、主にシステム開発、保守・ISP事業によるものであり、売上高は49百万円(前年同期比61.3%増)、営業利益6百万円(前年同期比18.2%増)となりました。

 

以上の結果、当連結会計年度の経営成績は、売上高592百万円(前年同期比8.6%増)、営業利益43百万円(前年同期比669.1%増)、経常利益41百万円(前年同期比598.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益41百万円(前年同期比949.8%増)となりました。

 

当連結会計年度末の総資産は904百万円となり、前連結会計年度末に比べ20百万円の増加となりました。その主な要因は、流動資産における現金及び預金の37百万円の増加、無形固定資産におけるのれんの42百万円の減少等であります。

負債につきましては、333百万円となり、前連結会計年度末に比べ21百万円の減少となりました。その主な要因は、流動負債における短期借入金の12百万円の増加と1年内返済予定の長期借入金の17百万円の減少、固定負債における長期借入金の30百万円の減少等であります。

純資産につきましては、570百万円となり、前連結会計年度末に比べ41百万円の増加となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、当連結会計年度期首に比べ141百万円増加し、341百万円となりました。

当連結会計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

◎ 営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動の結果得られた資金は90百万円(前連結会計年度は0百万円の支出)となりました。この主な要因はのれん償却額の計上42百万円、税金等調整前当期純利益の計上41百万円等の資金増に対し、未収入金の増加16百万円、前払費用の増加4百万円等の資金減によるものであります。

 

◎ 投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動の結果得られた資金は86百万円(前連結会計年度は202百万円の支出)となりました。この主な要因は、定期積金の払戻による収入105百万円、敷金及び保証金の差入による支出12百万円、無形固定資産の取得による支出2百万円等によるものであります。

 

◎ 財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動の結果使用した資金は35百万円(前連結会計年度は221百万円の収入)となりました。この主な要因は、長期借入れによる収入80百万円、短期借入れによる収入20百万円、長期借入金の返済による支出127百万円、短期借入金の返済による支出7百万円等によるものであります。

 

③ 生産、受注及び販売の状況

a. 生産実績

当社グループは、インターネット対応携帯電話向けの情報提供サービスを主として行っており、サービス提供の実績は販売実績と一致しているため、c. 販売実績をご参照下さい。

 

b. 受注実績

当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(千円)

前期比(%)

受注残高(千円)

前期比(%)

リモートメール事業

SMS事業

370

△89.6

メディア事業

ボイスメール事業

その他

25,227

194.3

1,773

合計

25,597

△45.2

1,773

437.4

 

(注) 1 当社グループの事業のうち、受注に該当するのは受託業務となりますので、この業務についてのみ記載を行っております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

c. 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(千円)

前期比(%)

リモートメール事業

219,629

△0.3

SMS事業

172,398

5.4

メディア事業

61,734

△17.6

ボイスメール事業

89,493

204.8

その他

49,054

61.3

合計

592,311

8.6

 

(注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績などを勘案し合理的に判断しております。また、当連結会計年度における新型コロナウイルス感染症の影響はほぼ見られなかったことにより、過去の実績から大きく変動することはないという前提で見積もっておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5「経理の状況」の連結財務諸表の「連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について」に記載しております。

 

② 当連結会計年度の経営成績の分析

当連結会計年度の経営成績の分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。

 

③ 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容

キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、データセンタ利用料、データ通信料のほか、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資の他、事業譲受等によるものであります。

当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、金融機関からの長期借入を基本としております。

なお、当連結会計年度末における借入金を含む有利子負債の残高は240,953千円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は341,113千円となっております。

なお、当連結会計年度における新型コロナウイルス感染症の影響は、過去の実績と比較する限りにおいて、軽微であったと考えております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

<リモートメール事業関連>

 

契約会社名

相手方の名称

契約名

契約内容

契約期間

(提出会社)
ネットビレッジ株式会社(※1)

エヌ・ティ・ティ・ドコモ移動通信網株式会社(※2)

iモード情報サービス提供者契約

「iモード」の公式サービスとして「リモートメール」を提供するにあたっての基本的な取り決め。

1999年6月21日から2000年3月31日まで。その後は1年間毎の自動更新。

(提出会社)
ネットビレッジ株式会社(※1)

日本移動通信株式会社(※3)

EZインターネットに於ける情報提供に関する契約

「EZweb」の公式サービスとして「リモートメール」を提供するにあたっての基本的な取り決め。

1999年10月1日から2000年9月30日まで。その後は1年間毎の自動更新。

(提出会社)
ネットビレッジ株式会社(※1)

第二電電株式会社(※3)

コンテンツ提供に関する契約

「EZweb」の公式サービスとして「リモートメール」を提供するにあたっての基本的な取り決め。

2000年7月1日から2001年6月30日まで。その後は半年間毎の自動更新。

(提出会社)
ネットビレッジ株式会社(※1)

ジェイフォン株式会社(※4)

コンテンツ提供に関する基本契約

「Yahoo!ケータイ」の公式サービスとして「リモートメール」を提供するにあたっての基本的な取り決め。

2003年5月27日から2004年3月31日まで。その後は1年間毎の自動更新。

 

(※1) 現 株式会社fonfun

(※2) 現 株式会社NTTドコモ

(※3) 現 KDDI株式会社

(※4) 現 ソフトバンク株式会社

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、経営方針の一つである「人の暮らしをより豊かにするツールを提供します」の下、ウェブやメールを軸としたサービス提供のための研究開発活動に取り組んでまいりました。

当連結会計年度の研究開発費の総額は512千円であり、主な研究開発の内容は次の通りであります。なお、これらの成果は、セグメントとしてはすべてリモートメール事業に属するものであります。

主な研究開発の内容は、新規サービスのための研究開発費用であり、開発のために利用したクラウド基盤の利用料などです。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当社グループの当連結会計年度における設備投資の総額は967千円であり、その主なものは、社内用パソコンの取得であります。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

 

 

 

 

(2021年3月31日現在)

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物

工具、器具
及び備品

合計

本社
(東京都渋谷区)

リモートメール事業
その他

販売設備

2,226

2,226

6(1)

共通

その他設備

2,816

1,184

4,001

7(1)

 

 

(2) 子会社

 

 

 

 

 

(2021年3月31日現在)

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント
の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物

工具、器具及び備品

ソフト
ウェア

合計

㈱FunFusion

本社
(東京都渋谷区)

SMS事業

SMS配信管理

0

6,370

6,370

6

 

(注) 1 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2 各事業で共用で利用しているものについては、「共通」として記載しております。

3 従業員数は、正社員のみを表示し、括弧内は外数で臨時従業員の期中平均雇用人員数を記載しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

8,500,000

8,500,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月25日)

上場金融商品取引所名
又は登録認可金融商品
取引業協会名

内容

普通株式

3,380,920

3,380,920

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数 100株

3,380,920

3,380,920

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

(2021年3月31日現在)

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2019年12月6日(注)1

514,200

3,380,920

104,382

2,391,985

104,382

785,941

2021年1月25日(注)2

3,380,920

△2,291,985

100,000

△178,641

607,299

 

(注) 1 有償第三者割当

発行価格 406円  資本組入額 203円

割当先  株式会社武蔵野

 

    2 無償減資

資本準備金の減少は欠損填補によるものであります。

会社法第447条第1項及び同法第448条第1項の規定に基づき、資本金及び資本準備金の額を減少しております。

 

 

(5) 【所有者別状況】

 

(2021年3月31日現在)

区分

株式の状況(1単元100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

16

13

15

5

1,627

1,677

所有株式数
(単元)

83

2,134

19,479

667

11

11,190

33,564

24,520

所有株式数
の割合(%)

0.25

6.36

58.04

1.99

0.03

33.34

100.00

 

(注) 1 自己株式44,931株は、「個人その他」に449単元、「単元未満株式の状況」に31株含まれております。

2 上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が5単元含まれております。

3 単元未満株のみを有する株主数は、875人であります。

 

(6) 【大株主の状況】

(2021年3月31日現在)

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社 武蔵野

東京都小金井市東町4丁目33-8

1,318,000

39.51

サイブリッジ合同会社

東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目30-8

505,300

15.15

賀川 正宣

兵庫県神戸市灘区

130,000

3.90

株式会社 NSKKホールディングス

兵庫県神戸市灘区船寺通4丁目6-10

102,500

3.07

株式会社 SBI証券

東京都港区六本木1丁目6-1

67,090

2.01

楽天証券 株式会社

東京都港区南青山2丁目6-21

60,400

1.81

須田 忠雄

群馬県桐生市

43,000

1.29

賀川 志麻子

兵庫県神戸市灘区

32,300

0.97

マネックス証券 株式会社

東京都港区赤坂1丁目12-32

26,003

0.78

加藤 浩之

三重県松阪市

25,600

0.77

2,310,193

69.25

 

(注) 上記のほか当社所有の自己株式44,931株があります。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

(2021年3月31日現在)

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

44,900

 

株主としての権利内容に制限のない、標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式

33,115

同上

3,311,500

単元未満株式

普通株式

同上

24,520

発行済株式総数

3,380,920

総株主の議決権

33,115

 

(注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が500株含まれております。また、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。

 

② 【自己株式等】

 

 

 

 

(2021年3月31日現在)

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数(株)

他人名義
所有株式数(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式総数に対する
所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社fonfun

東京都渋谷区笹塚2丁目1-6

44,900

44,900

1.33

44,900

44,900

1.33

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

350

189

当期間における取得自己株式

120

64

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

44,931

45,051

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様に対する利益還元を重要な課題として認識しております。配当につきましては、経営基盤の強化と事業展開に備えるための内部留保を鑑みながら、各期の経営成績を考慮し決定することを基本方針としております。

当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。なお、当社では当社定款において中間配当を行うことができる旨を定めております。

今後につきましては、今後の事業展開に備えた内部留保とのバランスを図りながら毎期の業績、財務状況等を総合的に勘案しつつ、株主の皆様への利益配分を検討してまいります。

この基本方針に基づき、当事業年度に係る配当につきましては、剰余金の状況を考慮し、誠に遺憾ながら無配とさせていただきました。

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営の透明性ならびに説明責任を重視し、コーポレート・ガバナンスの強化・充実が経営の重要課題と位置付けることで、従業員、取引先、お客様、株主にとっての中長期的な企業価値の向上をはかっております。当社は、監査役会設置会社であり、監査役による取締役・取締役会の業務執行を監督する機能の他に、会社の業務運営が法令、定款、社内規程などに従って適切かつ有効に執行されているかを監査する内部監査室を置いて、監査機能の強化を図っております。

 
② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は監査役会設置会社であります。当社の取締役会は、取締役5名(うち社外取締役2名)で構成されており、定時取締役会を原則として毎月1回開催する他、必要に応じ随時開催しております。取締役会では、経営方針その他重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。

当社の監査役会は、監査役3名(うち社外監査役3名)で構成されており、原則として毎月1回開催しております。毎月開催される取締役会には、監査役全員が出席し、取締役会の決定の監督、監視を行うとともに、必要に応じて意見・提言がなされております。

また、当社は代表取締役社長と業務執行取締役及び執行役員で構成される経営会議を設置し、原則として毎週1回開催しております。経営会議では取締役会の意思決定に資するための取締役会付議事項の事前検討を行い、また一定の決裁権限の基準に従って、審議機関としての役割を担い、業務執行の迅速化を図っております。また同会議には、常勤監査役がオブザーバーとして出席し、同会議において検討された事項については、取締役会及び監査役会へ報告がなされております。

 

上述の機関及びその機能の状況から、客観的・中立的監視のもと、取締役会を中心とした効率的かつ迅速な意思決定を行うとともに、法令等の遵守の徹底、経営の透明性確保という基本理念を遂行する体制が整っているものと判断しており、現状の体制を採用しております。

 


 

③ 企業統治に関するその他の事項
a. 内部統制システムの整備の状況

当社における内部統制システム構築のための基本的な考え方は、以下のとおりであります。

(1) 当社の取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

ⅰ) 当社は、企業価値の向上を図り、当社グループのステークホルダー(株主、顧客、取引先、従業員)の皆様に貢献することを経営上の基本方針とし、その実現のため、倫理・コンプライアンス規程を制定・施行し、取締役並びに従業員が法令・定款等を遵守することの徹底を図るとともに、リスク管理体制の強化にも取り組み、また金融商品取引法に対応するための計画をとりまとめるなど、内部統制システムの充実に努めております。

ⅱ) 当社は、監査役制度を採用しております。毎月開催される取締役会への監査役の出席を通じ、取締役会の決定の監督、監視を行うとともに、経営会議等の重要会議への常勤監査役の出席等により、法令遵守の面も含む適宜、適切なアドバイスを行う体制をとっております。

(2) 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

ⅰ) 代表取締役社長は、取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理につき、全社的に統括する責任者を取締役の中から任命し、その者が責任者となり、文書管理規程に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書又は電磁的媒体に記録し、保存及び管理しております。

ⅱ) 保管及び管理の状況に関しては、定期的に検証し、必要に応じて見直し等を行っており、検証及び見直しの結果を、取締役会にて取締役及び監査役に報告しております。

 

(3) 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

ⅰ) 当社は、代表取締役社長の下に、常勤取締役、常勤執行役員で組織する経営会議を設置し、全般的なリスク管理を統括するとともに、取締役または執行役員を委員長とし、関係部門の担当者も参加するコンプライアンス委員会、非常時対策委員会などの委員会を設置して、各部門のリスクを継続して管理する体制を構築しております。

ⅱ) 経営管理部は、各委員会と連携し、主体となり、規程の整備と検証・見直しを図ります。

ⅲ) 当社は、代表取締役社長に直属する部門として内部監査室を設置し、内部監査担当者が監査役及び会計監査人並びに顧問弁護士のほか、各委員会などとも連携のうえ、定期的に業務監査実施項目及び実施方法を検証し、監査実施項目の適切さを確認し、必要に応じてこれらの改定を行っております。

ⅳ) 内部監査室の監査により、法令・定款違反その他の事由に基づき、損失の危険のある業務執行行為が発見された場合には、発見された危険の内容及びそれがもたらす損失の程度等について直ちに取締役会及び監査役会に通報される体制を構築しております。

(4) 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

ⅰ) 当社は、執行役員制度を導入しており、変化の激しい経営環境に対応するため取締役が執行役員を兼務し、経営及び業務執行のスピードアップを図る体制を構築しております。また、迅速緊密な情報共有を図るため常勤取締役及び常勤執行役員で組織する経営会議は、常勤監査役と内部監査室も出席し原則として毎週1回開催しております。

ⅱ) 当社は、定例の取締役会を原則月1回開催し、重要事項の決定を行っており、各取締役の業務執行状況の監督等を目的に、取締役会には監査役が参加しております。また取締役の業務執行上の責任を明確にするため、取締役の任期を1年と定めております。

ⅲ) 日常の職務執行に関しては、職務権限規程に基づき権限の委譲が行われ、各レベルの責任者が効率的に業務を執行できる体制をとっております。

(5) 当社の使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

ⅰ) 当社は、代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、役職員が法令・定款及び社会規範を遵守した行動をとるための行動規範とする社員倫理方針等、コンプライアンス体制に関する規程の整備をするとともに、役職員への教育を実施し、コンプライアンス意識の維持向上を推進しております。

ⅱ) 当社は、代表取締役社長の直属部門として内部監査室を設置し、監査役及び会計監査人並びに顧問弁護士のほか、社内各委員会とも連携のうえ、コンプライアンスの状況を定期的に監査しており、これらの活動は、取締役会及び監査役会に報告されております。

ⅲ) 当社は、内部通報規程に基づき、法令・定款違反その他のコンプライアンスに関する事実についての社内報告体制として、内部監査室及び常勤監査役を直接の情報受領者とする社内通報システムを整備し運用を行っております。

(6) 次に掲げる体制その他の当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制企業集団における業務の適正を確保するための体制

イ 子会社の取締役、執行役、業務を執行する社員、会社法第598条第1項の職務を行うべき者その他これらの者に相当する者(ハ及びニにおいて「取締役等」という。)の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

ロ 子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

ハ 子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

ニ 子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

ⅰ) 当社グループ全体における業務の適正を確保するために、子会社管理規程に従い管理し、業務執行の状況について内部監査室が当社規程に準じて評価及び監査を行います。

ⅱ) 経営管理部を主体とし、子会社に適用する社員倫理方針等、コンプライアンス体制に関する規程の整備・維持・向上を推進しております。

ⅲ) 当社の取締役、監査役または執行役員等を、子会社の取締役又は監査役として派遣し、重要事項決定への参画、業務執行状況の監督等を行っております。

 

(7) 当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

監査役がその職務を補助する従業員を置くことを求めた場合には、代表取締役社長は、内部監査室内に監査役の職務を補助すべき使用人を配置することとし、人数・その他具体的な内容につきましては、監査役会と相談し、その意見を充分考慮して検討いたします。

(8) 前項の使用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

監査役の職務を補助すべき従業員は、当社の業務執行に係わる役職を兼務せず監査役の指揮命令下で職務を遂行し、その評価については監査役の意見を聴取するものとし、当該従業員の任命・異動については、監査役会の同意を必要としております。

(9) 次に掲げる体制その他の当社の監査役への報告に関する体制

イ 当社の取締役及び会計参与並びに使用人が当社の監査役に報告をするための体制

ロ 子会社の取締役、会計参与、監査役、執行役、業務を執行する社員、会社法第598条第1項の職務を行うべき者その他これらの者に相当する者及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報告をするための体制

ⅰ) 毎月1回開催している当社の定例取締役会には、原則全監査役が同席するため、取締役は、この場にて必要な報告、情報提供を行っております。

主な報告・情報提供の内容は以下のとおりです。

ⅰ.当社及び当社グループの業績及び業績見込みの発表内容、重要開示書類の内容

ⅱ.当社及び当社グループの内部統制システムの構築に係わる部門の活動状況

ⅲ.当社及び当社グループの重要な会計方針、会計基準の変更

ⅱ) 内部監査担当及びその他の使用人は、必要に応じて随時、報告、情報提供を行っております。また内部通報制度により、使用人から常勤監査役へは、いつでも内密に情報提供ができる体制を構築しております。

(10) 前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

当社の内部通報規程において、当社グループの社員等が監査役に対して直接、及び間接的に通報を行うことを定めるとともに、当該通報をしたこと自体による解雇、その他の不利な取扱いの禁止を明記しております。

(11) 当社の監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

当社は、監査役がその職務の執行について会社法に基づく費用の前払い等の請求をしたときは、経営管理部等の関連部署において審議のうえ、当該費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められる場合を除き、速やかに当該費用又は債務を適切に処理することとしております。

(12) その他の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

ⅰ) 監査役会と代表取締役社長との間の定期的な意見交換の場を設定しております。

ⅱ) 取締役は、法令に基づく事項の他、監査役が求める事項を適宜、監査役へ報告することとしております。

 

b. リスク管理体制の整備の状況

当社は、代表取締役社長の下に、業務執行取締役で組織する経営会議を設置し、全般的なリスク管理を統括するとともに、取締役を委員長とし、関係部門の担当者も参加するコンプライアンス委員会、非常時対策委員会などの委員会を設置して、各部門のリスクを継続して管理する体制を構築しております。

また、内部監査室の監査により、法令・定款違反その他の事由に基づき損失の危険のある業務執行行為が発見された場合には、発見された危険の内容及びそれがもたらす損失の程度等について直ちに取締役会及び監査役会に通報される体制を構築しております。

 

 

c. 責任限定契約の概要

当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役及び社外監査役、会計監査人との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。

当社の社外取締役及び社外監査役、会計監査人は、会社法第423条第1項の責任に基づき、会社法第425条第1項に規定する最低責任限度額をもって、損害賠償責任の限度としております。

 

d.役員等賠償責任保険契約の概要

当社は会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結し、被保険者が会社の役員としての業務につき行った行為(不作為を含む。)に起因して損害賠償請求がなされた事により、被保険者が被る損害賠償金や争訟費用等を当該保険契約により填補することとしております。保険料は全額当社が負担しております。なお、贈収賄などの犯罪行為や意図的に違法行為を行った役員自身の損害等は補償対象外としており、また、免責金額が設定されておりますので、損害額のうち当該免責金額については填補されず被保険者である役員等の自己負担とすることにより役員等の職務の執行の適正性が損なわれないように措置を講じております。

 

e. 取締役の定数及び取締役の選任の決議要件

当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。

取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。

また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

f. 取締役会で決議することができる株主総会決議事項
イ 自己株式の取得

当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

ロ 中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主または登録株式質権者に対して中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

g. 株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営を行う目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】

男性7名 女性1名 (役員のうち女性の比率 12.5%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数
(株)

代表取締役
社長

林 和之

1960年8月20日

1983年9月

株式会社 日本情報研究センター(現 株式会社 エヌジェーケー)入社

1991年2月

株式会社 九州アクセル設立 代表取締役副社長

1996年4月

同社 代表取締役社長

2002年5月

株式会社 アクセル 取締役副社長

2009年5月

当社 執行役員 リモートメール事業部法人統括

2009年12月

株式会社FunFusion 監査役

2010年4月

当社 執行役員 リモートメール事業部統括

2011年6月

当社 代表取締役社長(現任)

2012年3月

株式会社FunFusion 取締役

2015年12月

株式会社アドバンティブ代表取締役

2016年3月

株式会社FunFusion 代表取締役(現任)

2016年6月

株式会社e-エントリー 取締役

(注)3

取締役
 経営管理部部長

八田 修三

1967年4月6日

1993年4月

日本インターシステムズ株式会社 入社

2002年1月

ネットビレッジ株式会社(現株式会社fonfun)入社

2007年4月

当社 開発制作部部長

2008年4月

当社 ソリューション事業部担当部長

2009年4月

当社 リモートメール事業部担当部長

2011年3月

当社 経営管理部担当部長

2011年6月

当社 取締役執行役員経営管理部部長

2011年6月

株式会社FunFusion 取締役

2011年7月

当社 経営管理部部長兼システム部部長

2014年10月

株式会社e-エントリー 代表取締役

2016年4月

株式会社FunFusion 監査役(現任)

2016年11月

当社 取締役執行役員経営管理部部長(現任)

(注)3

500

取締役

横山 伸也

1967年9月26日

2000年2月

株式会社光通信 入社

2002年10月

株式会社ファイブエニー 管理部長

2004年3月

株式会社アクセル入社 株式公開準備室兼総務人事課長

2009年6月

同社 管理部長

2016年4月

株式会社FunFusion 取締役(現任)

2019年6月

当社 取締役

2021年6月

当社 取締役(現任)

(注)3

取締役

斉木 修

1972年12月16日

1997年4月

株式会社武蔵野 入社

2007年5月

同社 JQA事務局 部長

2009年5月

同社 経営サポート事業部 営業部 部長

2011年6月

当社 社外監査役

2012年1月

株式会社武蔵野 クリーンサービス事業部営業部部長

2012年3月

当社 社外取締役(現任)

2012年11月

株式会社武蔵野 ホームインステッド事業部 本部長

2016年1月

同社 シニアライフコンサルティング事業部 本部長

2017年2月

同社 経営サポート事業部 本部長(現任)

(注)1
(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有
株式数
(株)

取締役

水口 翼

1982年9月8日

2004年5月

株式会社シンクマーク(現サイブリッジグループ株式会社)設立 代表取締役(現任)

2005年12月

株式会社バリュープレス監査役(現任)

2011年1月

オールクーポンジャパン株式会社(現株式会社ギガトレンド)設立 取締役(現任)

2011年8月

サイブリッジベンチャーズ株式会社設立 取締役

2012年5月

株式会社ネイキッドテクノロジー 代表取締役

2013年3月

株式会社デジタライズ(現株式会社サイブリッジ) 代表取締役

2014年7月

CBI合同会社(現サイブリッジ合同会社)設立 代表社員

2015年6月

当社 社外取締役

2019年4月

株式会社みずもと商店(現サイブリッジホールディングス株式会社)設立 代表取締役(現任)

2020年6月

当社 社外取締役(現任)

(注)1
(注)3

常勤監査役

設楽 明子

1972年7月30日

1995年4月

中央監査法人 入所

2001年1月

設楽明子公認会計士事務所 開設(現任)

2011年7月

ストームハーバー証券株式会社 入社

2021年6月

当社 社外監査役(現任)

(注)2
(注)5

監査役

藤原 靖夫

1974年9月7日

1998年4月

司法研修所 入所(第52期)

2000年4月

司法研修所修了 セントラル法律事務所 入所

2006年4月

成蹊大学法科大学院非常勤講師(民事模擬裁判担当)(現任)

2006年11月

日弁連課題担当嘱託弁護士委嘱

2007年7月

サン債権回収株式会社設立 取締役(現任)

2009年4月

成蹊大学法科大学院非常勤講師(ロイヤリング担当)

2010年12月

日弁連研修・業務支援室嘱託弁護士

2012年3月

当社 社外監査役(現任)

2013年4月

クリア法律事務所設立(現任)

(注)2
(注)4

監査役

宮嶋 邦彦

1971年6月13日

1995年4月

株式会社大光銀行 入行

2000年2月

宮嶋社会保険労務士事務所(現社会保険労務士法人宮嶋社会保障労務士事務所)開設 所長(現任)

2000年8月

株式会社インスクエア 代表取締役社長(現任)

2008年8月

株式会社プラスアルファ 監査役(現任)

2012年3月

当社 社外監査役(現任)

(注)2
(注)4

500

 

(注) 1 取締役斉木修氏及び水口翼氏は、社外取締役であります。

2 監査役設楽明子氏、藤原靖夫氏及び宮嶋邦彦氏は社外監査役であります。

3 2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。

4 2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。

5 2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時まで。

 

③ 社外取締役及び社外監査役

当社の社外取締役は2名であります。また、社外監査役は3名であります。

社外取締役及び社外監査役は、取締役会の監視・監督機能の強化、透明性と中立性の高い経営の確保に寄与しております。また、会計や経営の専門家としての知識や経験に基づくアドバイスを受けることで、重要な業務執行の決定を適切に行う体制が確保されると考えております。

社外取締役である斉木修氏は、株式会社武蔵野にてコンサルティングを実施している経営サポート事業部の本部長として、企業経営に関する豊富な経験や専門的な知見を有しており、経営全般に対して有効な助言を期待し、2012年3月に社外取締役として就任しております。

株式会社武蔵野は、当社の株式1,318,000株を保有しております。その他に、斉木修氏と当社との間に、特別の利害関係はありません。

 

社外取締役である水口翼氏は、サイブリッジグループ株式会社他の代表取締役を務めており、企業経営に関する豊富な経験や専門的な知見を有しており、経営全般に対して有効な助言及び経営の監視を期待し、2020年6月に社外取締役として就任しております。水口翼氏は、サイブリッジグループ株式会社の他、サイブリッジ合同会社の代表社員であるサイブリッジホールディングス株式会社の代表取締役でもあります。

サイブリッジ合同会社は、当社の株式505,300株を保有しております。その他に、水口翼氏と当社の間に、特別の利害関係はありません。

社外監査役である設楽明子氏は、公認会計士として、企業会計に精通しており、財務及び会計に関する専門的な知見を当社の監査体制の強化に生かせると判断し、2021年6月に社外監査役として就任しております。

社外監査役である宮嶋邦彦氏は、社会保険労務士として、豊富な専門知識や経験を有しており、また企業経営者としてもつ豊富な経験・知識並びに経営に対する高い見識を当社の監査体制に反映できると判断し、2012年3月に社外監査役として就任しております。

社外監査役である藤原靖夫氏は、弁護士として企業法務に精通しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、その豊富な専門知識や経験等を当社の監査体制の強化に活かせると判断し、2012年3月に社外監査役として就任しております。また、同氏は、一般株主と利益相反が生じるおそれがないため、独立役員として選任しております。

社外監査役と当社との間には、特別の利害関係はございません。

社外取締役及び社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針はないものの、選任にあたっては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

 

(3) 【監査の状況】

① 監査役監査の状況

当社は監査役会設置会社で常勤監査役1名(社外監査役)、非常勤監査役2名(社外監査役)の3名で構成されております。

常勤監査役秋吉麗子氏は、公認会計士として企業会計に精通しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、その知見から取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言、その他必要な助言・提言を行っております。

社外監査役藤原靖夫氏は、弁護士として培われた専門的な知識・経験等を有しており、その知見から取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言、その他必要な助言・提言を行っております。

社外監査役宮嶋邦彦氏は、企業経営者として豊富な経験・知識等を有しており、その知見から取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言、その他必要な助言・提言を行っております。

監査役監査では、常勤監査役が経営会議その他重要会議に出席し、重要書類の閲覧、取締役からの聴取を通じた監査を実施し、毎月開催する監査役会で情報共有を行っております。また、適時監査役会意見を形成し、取締役会に意見を述べております。

監査役の主な活動状況は、取締役会の他、経営会議へ出席し、具体的な事業運営の方針や報告等を聴取すると共に取締役の業務執行の適正性について確認しております。

当事業年度において当社は監査役会を原則月1回開催しており(他に臨時2回開催)、個々の監査役の出席状況については、次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

秋吉 麗子

14回

14回

藤原 靖夫

14回

10回

宮嶋 邦彦

14回

14回

 

監査役会における主な検討事項は、監査の方針及び監査実施計画、重点監査項目、内部統制システムの整備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、監査報告書の作成等です。

また、常勤監査役の活動として、週次の経営会議に出席し、実績の動向を把握するとともに、リスク管理や法令・定款への順守性、内部統制システムの適切な構築・運用の観点から意見を述べております。また、重要な決裁書類等の閲覧、内部監査室・会計監査人からの監査結果報告の受領、代表取締役および取締役との対話を通じて、経営に関する重要事項について調査・検討を行い、これら職務執行状況及び監査結果を監査役会にて報告しております。

 

 

② 内部監査の状況

当社の内部監査は、代表取締役社長の直轄の部門であり専任の担当者1名からなる内部監査室により定期的に業務執行状況について監査を実施しております。

内部監査室、監査役会、会計監査人の相互連携については、内部監査室担当者、及び常勤監査役がコンプライアンス委員会にメンバーとして参加し、定期的な情報共有を行うと共に連携を強化し、法令等の遵守及びリスク管理等に関する内部統制システムの有効性について確認しており、その結果は取締役会及び監査役会に随時報告されております。また、内部監査室と会計監査人は、四半期会計期間毎に定期的に監査状況の確認を行うと共に連携を図っております。

 

③ 会計監査の状況
a. 監査法人の名称

監査法人アヴァンティア

 

b. 継続監査年数

4年間

 

c. 業務を執行した公認会計士

小笠原 直

戸城 秀樹

 

d. 監査業務に係る補助者の構成

会計監査業務に係る補助者の構成は、監査法人の監査計画に基づき決定されております。具体的には、公認会計士2名、会計士試験合格者等7名で構成されております。

 

e. 監査法人の選定方針と理由

監査役会は、公益社団法人日本監査役協会「会計監査人の評価及び選定基準に監査役等の実務指針」(2017年10月13日改正)に沿って選定することを方針としています。

現会計監査人は、監査法人としての専門性、独立性、適切性及び監査品質を具備していることを確認し、さらに当社の事業と類似している事業を行う会社の監査も数多く実施していることなどを総合的に判断し選定しております。

なお、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合には、監査役の全員の同意によって会計監査人を解任します。また、監査役会は、会計監査人の監査の品質、監査実施の有効性及び効率性等を勘案し、再任若しくは不再任の検討を毎年行います。その結果、解任又は不再任が妥当と判断した場合は、監査役会は株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する内容を決定することとしています。

 

f. 監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、会社計算規則第131条に定める会計監査人の職務の執行に関する事項についての説明を監査法人より受けており、同内容は企業会計審議会の品質管理基準等に則った内容となっていることを確認し、評価をおこなっております。

 

 

④ 監査報酬の内容等

a. 監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

提出会社(注)

16,200

18,000

連結子会社

16,200

18,000

 

 

b. 監査公認会計士等と同一のネットワーク(International Accounting & Audit Network)に属する組織に対する報酬(a. を除く)

該当事項はありません。

 

c. その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d. 監査報酬の決定方針

該当事項はありません。

 

e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、過年度の監査計画における監査項目別、階層別監査時間の実績及び報酬額の推移並びに会計監査人の職務遂行状況を確認し、当事業年度の監査計画及び報酬額の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等について会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の役員の報酬等の額は、株主総会の決議により取締役及び監査役それぞれの報酬等の限度額が決定されております。当社の取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上に長期に安定して寄与するよう、固定的な報酬を主とした体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針としております。具体的には、業務執行取締役及び監督機能を担う社外取締役ともに、報酬は固定報酬としての基本報酬のみで構成することとしております。

当事業年度の取締役の報酬については、2020年6月26日開催の取締役会において、代表取締役林和之氏がその具体的内容について委任を受けるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額の決定としております。経営状況及び各取締役の職務の状況等を総合的に判断しうる情報を日常的に継続して把握できる立場であることから、上述の事項を代表取締役に委任しております。取締役会は、当該権限が代表取締役社長により適切に行使されたかどうかについて確認するために、決定内容について報告を受けており、代表取締役が決定方針との整合性を含め多角的に検討したことを尊重し決定方針に沿うものであると判断しております。

なお、監査役の報酬等は、常勤・非常勤及び業務分担の状況を考慮して監査役の協議により決定しております。

取締役の報酬限度額は、2000年6月30日開催の第4回定時株主総会において年額300,000千円以内と定められております。

監査役の報酬限度額は、2000年6月30日開催の第4回定時株主総会において年額60,000千円以内と定められております。

 

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

基本報酬

ストック
オプション

賞与

退職慰労金

取締役
(社外取締役を除く)

28,050

28,050

4

監査役
(社外監査役を除く)

0

社外役員

8,400

8,400

6

 

(注) 上記には、当事業年度中に退任した取締役3名(うち社外取締役1名)を含んでおります。

 

③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

(5) 【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、純投資目的である投資株式とは、株式の配当や値上がり益を得ることを目的として保有する株式を意図し、純投資目的以外の目的である投資株式とは、発行会社との関係性から事業等において便益を得ることを目的として保有する株式と位置付けております。当社では、純投資目的の投資はおこなわず、純投資目的以外の目的である投資株式のみを保有する方針としております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

保有方針および保有の合理性を検証する方法は、取締役会等において、定期的に、保有に伴うリスクやコストおよび保有によるリターン等の観点から採算性を検証した上で、出資先との業務提携等による事業面の効果も評価し、当社の事業の発展および当社グループの企業価値の向上につながるかどうかを総合的に判断するものです。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の
合計額(千円)

非上場株式

1

0

非上場株式以外の株式

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

該当事項はありません。

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

該当事項はありません。

 

みなし保有株式

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません

第5 【経理の状況】

 

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、監査法人アヴァンティアの監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等に的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、情報を取得するとともに、監査法人及び各種団体が主催するセミナーへの参加、専門誌等から情報収集を行っております。

 

1 【連結財務諸表等】

(1) 【連結財務諸表】

① 【連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年3月31日)

当連結会計年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

※1 493,940

※1 531,249

 

 

売掛金

100,924

103,423

 

 

短期貸付金

382

230

 

 

その他

25,010

36,532

 

 

貸倒引当金

185

172

 

 

流動資産合計

620,073

671,263

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物