EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

福岡財務支局長

【提出日】

2021年5月24日

【事業年度】

第44期(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

【会社名】

株式会社YE DIGITAL

【英訳名】

YE DIGITAL Corporation

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  遠 藤 直 人

【本店の所在の場所】

北九州市小倉北区米町二丁目1番21号
 (2020年6月1日から本店所在地 北九州市八幡西区東王子町5番15号が上記のように移転しております。)

【電話番号】

093-522-1010

【事務連絡者氏名】

管理本部経理部長  菅 原 隆 之

【最寄りの連絡場所】

北九州市小倉北区米町二丁目1番21号

【電話番号】

093-522-1010

【事務連絡者氏名】

管理本部経理部長  菅 原 隆 之

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05328 23540 株式会社YE DIGITAL YE DIGITAL Corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-03-01 2021-02-28 FY 2021-02-28 2019-03-01 2020-02-29 2020-02-29 1 false false false E05328-000 2021-05-24 E05328-000 2015-03-21 2016-03-20 E05328-000 2016-03-21 2017-03-20 E05328-000 2017-03-21 2018-02-28 E05328-000 2018-03-01 2019-02-28 E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 E05328-000 2016-03-20 E05328-000 2017-03-20 E05328-000 2018-02-28 E05328-000 2019-02-28 E05328-000 2020-02-29 E05328-000 2021-02-28 E05328-000 2015-03-21 2016-03-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2016-03-21 2017-03-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2017-03-21 2018-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2018-03-01 2019-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2016-03-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2017-03-20 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2018-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05328-000 2021-02-28 jpcrp_cor:Row1Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row1Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row2Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:NaotoEndoMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:HiroharuTamaiMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:HiromichiHisanoMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:YushiNoguchiMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:ShoichiroShimoikeMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:MasamichiMiuraMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:TadayoshiJyouyamaMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:MasayukiHirayamaMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp030000-asr_E05328-000:HidefumiOogushiMember E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row3Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row4Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row5Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row6Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row7Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row8Member E05328-000 2021-05-24 jpcrp_cor:Row9Member E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05328-000 2020-02-29 jpcrp_cor:Row1Member E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-02-29 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05328-000 2021-02-28 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第39期

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年2月

2019年2月

2020年2月

2021年2月

売上高

(千円)

12,275,339

13,421,379

12,484,235

12,451,473

13,794,354

14,481,536

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

533,773

876,339

445,073

467,063

585,930

817,002

親会社株主に帰属する当期
純利益又は親会社株主に
帰属する当期純損失(△)

(千円)

1,271,078

711,116

972,782

203,014

378,006

641,206

包括利益

(千円)

1,514,906

1,082,470

1,386,432

339,495

453,785

898,044

純資産額

(千円)

278,851

1,355,306

2,666,000

2,970,119

3,319,044

4,159,290

総資産額

(千円)

6,427,009

7,538,622

8,467,769

8,798,632

9,521,261

11,558,113

1株当たり純資産額

(円)

14.64

74.72

143.71

156.99

177.71

220.93

1株当たり当期純利益金額
又は当期純損失金額(△)

(円)

70.62

39.51

54.03

11.26

20.88

35.37

潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額

(円)

53.79

11.14

20.67

34.88

自己資本比率

(%)

4.1

17.8

30.6

32.2

33.8

34.6

自己資本利益率

(%)

124.3

88.4

49.5

7.5

12.5

17.7

株価収益率

(倍)

21.29

11.99

36.86

22.03

18.97

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

332,724

700,816

1,065,626

346,298

280,409

841,097

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

163,851

216,912

322,629

346,485

421,234

119,756

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,619

3,000

145,719

110,665

111,975

113,416

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

1,061,720

1,542,625

2,139,903

2,029,051

1,801,796

2,648,240

従業員数

(名)

684

613

622

629

641

589

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第39期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式がないため、記載しておりません。

第40期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式がないため、記載しておりません。

3 第39期の株価収益率につきましては、1株当たり当期純損失を計上しているため、記載しておりません。

4 2017年6月13日開催の第40期定時株主総会決議により、決算期を3月20日から2月28日に変更しました。従って、第41期は2017年3月21日から2018年2月28日の11か月8日となっております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第39期

第40期

第41期

第42期

第43期

第44期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年2月

2019年2月

2020年2月

2021年2月

売上高

(千円)

9,737,599

12,578,919

12,046,228

11,827,045

13,129,896

13,694,362

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

626,462

891,187

377,992

389,320

482,121

868,885

当期純利益又は当期純損失
(△)

(千円)

1,308,596

755,902

967,219

186,552

359,675

769,915

資本金

(千円)

664,000

664,000

665,472

673,257

702,721

702,721

発行済株式総数

(千株)

18,000

18,000

18,004

18,030

18,127

18,127

純資産額

(千円)

1,392,097

2,147,189

3,043,086

3,196,125

3,462,243

4,178,539

総資産額

(千円)

6,541,113

7,886,824

8,421,530

8,675,157

9,103,022

10,847,303

1株当たり純資産額

(円)

77.34

119.29

165.24

170.14

186.26

222.69

1株当たり配当額

(円)

5.00

6.00

6.00

6.00

8.00

(うち1株当たり
中間配当額)

(―)

(―)

(3.00)

(3.00)

(3.00)

(3.00)

1株当たり当期純利益金額
又は当期純損失金額(△)

(円)

72.70

42.00

53.73

10.35

19.87

42.47

潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額

(円)

53.48

10.24

19.67

41.88

自己資本比率

(%)

21.3

27.2

35.3

35.4

37.1

37.2

自己資本利益率

(%)

63.4

42.7

37.8

6.2

11.2

20.8

株価収益率

(倍)

20.02

12.06

40.10

23.15

15.80

配当性向

(%)

11.9

11.2

58.0

30.2

18.8

従業員数

(名)

482

475

500

497

507

450

株主総利回り

(%)

93.2

410.7

310.9

209.7

234.5

253.4

(比較指標:配当込み
TOPIX)

(%)

(122.1)

(145.3)

(167.5)

(155.7)

(150.0)

(134.7)

最高株価

(円)

360

1,331

874

640

738

882

最低株価

(円)

160

171

556

259

310

303

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第39期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式がないため、記載しておりません。

第40期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、潜在株式がないため、記載しておりません。

3 第39期の株価収益率及び配当性向につきましては、1株当たり当期純損失を計上しているため、記載しておりません。

4 2017年6月13日開催の第40期定時株主総会決議により、決算期を3月20日から2月28日に変更しました。従って、第41期は2017年3月21日から2018年2月28日の11か月8日となっております。

5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

 

1978年2月

株式会社安川電機製作所(現 株式会社安川電機)の情報処理機能を分離し、同社全額出資子会社として安川情報システム株式会社(現 株式会社YE DIGITAL)を北九州市八幡西区に設立。

1978年9月

東京営業所(東京支社)を東京都豊島区に開設。

1983年3月

計算機のオペレーション業務及びデータエントリ業務を担当する北九州データサービス株式会社(子会社 現 株式会社YE DIGITAL Kyushu)を北九州市八幡西区に田中工業株式会社との共同出資により設立。

1983年9月

東京支社を東京都千代田区に移転。

1987年3月

本社社屋を新築し、現在地(北九州市八幡西区東王子町)に本社を移転。

1988年4月

大阪事業所(現 新大阪オフィス)を大阪市淀川区に開設。

1991年2月

当社及び株式会社ワイ・イー・データと武漢東珞新技術研究所(現 武漢東珞新技術有限公司)との共同出資により、中華人民共和国でのソフトウエア開発を担当する武漢安珞計算機系統有限公司を中華人民共和国湖北省武漢市に設立。

1991年5月

神奈川県川崎市麻生区に東京開発センターを開設。

1992年9月

豊安情報システム株式会社を大分県佐伯市に設立。

1993年10月

東京支社を神奈川県川崎市麻生区へ移転し、東京開発センターを統合。

1997年7月

株式会社安川情報プロサービスを北九州市八幡西区に設立。

1998年3月

北九州データサービス株式会社は従来の計算機オペレーション業務及びデータエントリ業務からソフト開発業務中心となり、商号を株式会社安川情報北九州へ変更。

2001年4月

大阪支社(現 新大阪オフィス)を大阪府吹田市に移転。

2001年6月

株式会社安川情報北九州と豊安情報システム株式会社を合併(存続会社 株式会社安川情報北九州)し、商号を株式会社安川情報九州(現 連結子会社 株式会社YE DIGITAL Kyushu)へ変更、同時に本社を北九州市小倉北区に移転。

2003年2月

東京証券取引所市場第二部に上場。

2003年11月

中華人民共和国湖北省武漢市に駐在員事務所を設立。

2004年9月

株式会社安川情報プロサービスを吸収合併。

2005年1月

アソシエント・イースト株式会社(仙台市宮城野区)の第三者割当増資を引き受け、連結子会社とする。

2006年3月

アソシエント・イースト株式会社の商号を安川情報エンベデッド株式会社へ変更。

2009年3月

武漢安珞計算機系統有限公司を事業閉鎖。
中国駐在員事務所を閉鎖。

2014年7月

三井物産企業投資株式会社と資本業務提携契約を締結。

2015年6月

東京支社の営業部門を東京都港区に移転し、東京本社(現 三田オフィス)を開設。これに伴い、東京支社の名称を開発センタ(現 新百合ヶ丘オフィス)に変更。

2016年3月

本社社屋内にグローバルサービスセンターを開設。

2016年6月

本社社屋内にIoTデザインセンターを開設。

2016年12月

安川情報エンベデッド株式会社の全株式を譲渡。

2017年4月

三井物産企業投資株式会社との資本業務提携契約を解消。

2017年5月

大阪支店(現 新大阪オフィス)を大阪府大阪市に移転。

2018年6月

YE DIGITAL,Inc.をアメリカ合衆国カリフォルニア州に設立。

2018年10月

Smart Service AQUAを北九州市小倉北区に開設し、グローバルサービスセンターを移転。

2019年3月

安川情報システム株式会社の商号を株式会社YE DIGITALへ変更。

株式会社安川情報九州の商号を株式会社YE DIGITAL Kyushuへ変更。

2020年6月

本社を北九州市小倉北区米町に移転。

2020年7月

IoTソリューション事業のうち、工場自動化に関する事業を会社分割し、同日付で新設会社である、株式会社アイキューブデジタルの株式60%を株式会社安川電機に譲渡。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社(株式会社YE DIGITAL Kyushu、YE DIGITAL,Inc.)の計3社で構成されており、情報システムの構築・運営、情報処理ソフトウエアの開発・販売等の情報処理サービスの提供を行っております。

当社はシステムに用いられるソフトウエアの開発及びシステムの運用、保守に当たり、子会社株式会社YE DIGITAL Kyushuにその一部を委託し、同社から当社に対し技術者の派遣を受けています。

また、米国における先端技術や新しい製品及びサービスの情報収集に当たり、YE DIGITAL,Inc.にマーケティング業務を委託しているほか、同社から当社に対しIoT製品の提供を受けております。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、情報サービスの総合的な提供を事業内容としており、情報サービス事業の単一セグメントのため、当連結会計年度における実績を部門別に記載しております。

当社グループは、ビジネスシステムの構築やサービスを主体とした「ビジネスソリューション事業」、IoT、AI・ビッグデータ分析技術を活用したソリューションや組込・制御システムの受託開発を主体とした「IoTソリューション事業」の2事業を展開しております。

 

〔ビジネスソリューション事業〕

・企業向け基幹システム(販売管理/生産管理/購買管理/計数管理等)の構築

・移動体通信事業者向けシステム(携帯電話の加入者管理/計数管理)開発

・健康保険者向けソリューションシステムサービス提供

・ネットワーク/システム基盤の設計・開発

・アウトソーシングサービス(運用・保守等)

・インターネットサービス(受発注仲介システム等)

・自治体向け情報通信基盤(地域WAN/施設内のLAN)の構築・運営

 

〔IoTソリューション事業〕

・スマートロジスティクスソリューションの構築

・IoT/M2Mソリューションの構築

・AI・ビッグデータ分析

・医療機器(レントゲン機器/人工透析器等)の制御用ソフトやアプリケーションソフトの開発

・産業用/公共用の制御系アプリケーションシステム(上下水道の流量・水質管理等)の構築

・製品(産業機械等)組込ソフトの開発

・セキュリティ関連製品(セキュリティ対応型サーバ/セキュリティ関連ソフト等)

 

以上述べました事項を事業系統図によって示すと、以下のとおりです。

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
 

主要な事業
の内容

議決権の
所有(被所有)割合

関係内容

所有割合(%)

被所有割合
(%)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

株式会社YE DIGITAL Kyushu

福岡県北九州市
小倉北区

20,000千円

ソフトウエアの開発
情報処理システム・機器の運用・保守

(ビジネスソリューション事業)

96.7

ソフトウエア開発の委託及び技術者出向者の受入れを行っております。
当社が同社の仕入債務に対し、債務保証を行っております。

YE DIGITAL,
Inc.

アメリカ
カリフォルニア州

300千米ドル

マーケティングリサーチ及びIoT製品の販売

100.0

当社が同社のマーケティングリサーチ及びIoT製品の提供を受けております。

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

株式会社アイキューブデジタル

福岡県北九州市

小倉北区

350,000千円

ソフトウエアの受託開発等及び技術出向者の派遣

40.0

ソフトウエア開発の受託及び技術出向者の派遣を行っております。

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

株式会社安川電機
(注)1

福岡県北九州市
八幡西区

30,562,107千円

電気機械器具の製造及び販売

38.3

当社が同社の情報処理業務を受託しております。
(役員の転籍2名)

 

(注) 1 有価証券報告書を提出しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

(2021年2月28日現在)

部門

従業員数(名)

ビジネスソリューション事業

346

IoTソリューション事業

161

全社(共通)

82

合計

589

 

(注) 1 従業員数は、当社グループ(当社及び当社の関係会社)から当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員であります。

2 情報サービス事業の単一セグメントのため、上記部門で記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

(2021年2月28日現在)

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

450

43.4

17.2

7,343

 

 

部門

従業員数(名)

ビジネスソリューション事業

208

IoTソリューション事業

160

全社(共通)

82

合計

450

 

(注) 1 従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 情報サービス事業の単一セグメントのため、上記部門で記載しております。

4 前連結会計年度末に比べ従業員数が57名減少しておりますが、主として2020年7月1日付で新設した株式会社アイキューブデジタルへの出向によるものであります。

 

(3) 労働組合の状況

提出会社には、安川電機労働組合の一支部として、労働組合が以下のとおり組織されております。

組合名

安川電機労働組合情報システム支部

加盟上部団体

全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会

組合員数

278名(2021年2月28日現在)

その他

争議等特記すべき事項は一切なく、労使関係は相互信頼により安定的に維持されております。

 

 

連結子会社である株式会社YE DIGITAL Kyushu及びYE DIGITAL,Inc.には、労働組合は組織されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年5月24日)現在において当社グループ(当社及び当社の関係会社)が判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針

IoT、AIクラウド等のICT技術の進歩によりデジタル技術とデータの活用が進み、個人の生活、行政、産業構造、雇用等を含めて社会の在り方が大きく変わってきており、またコロナ禍の影響によりテレワークをはじめ、リモート環境の整備・強化、クラウドサービスの活用などのニューノーマルな生活様式の構築需要が増加してきており、市場や技術はこれまでとは異なる新たな局面を迎え、その変革はスピードを上げて進んでおります。

こうした急激な市場環境と技術変化において、当社グループが属する情報サービス業は、これまでの受託開発を主体としたビジネスモデルから、ニューノーマルな生活様式の構築や企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)導入のITパートナーとなるべく、ソリューションやサービスを主体としたビジネスモデルに変革を求められており、変化が大きな市場に対してこれまで培ってきた技術やノウハウを進化させて適応させていかなければなりません。

当社グループは創業以来、製造業の「ものづくり」のエンジニアリング技術をソフトウエア開発の分野に応用し生産性を向上させ、開発するソフトウエアの品質を高めてきました。こうしたことにより自らの収益性を向上させるだけでなく、ユーザ自身の付加価値向上にも寄与して来ました。

こうしたソフトウエア開発・生産体系を当社グループは「ソーシャルIoT(工場から社会へ)」と名づけ、製造業の「ものづくり」で培った技術、自社製品の生産性や品質向上に留まらず、ユーザの抱える課題・問題や戦略的ニーズに応える製品、さらには様々な製品を組み合わせたソリューションや製品とサービスを組み合わせた複合的なサービスへと進化させることにより、新たな市場や分野でのITパートナーとしての地位獲得を目指して行きます。

また、当社グループは環境保護が人類共通の最重点課題の一つであることを認識し、環境に配慮した活動と商品・サービスの提供を行うことにより、社会的責任を果たして行きます。

 

(2) 目標とする経営指標

当社グループの経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標は売上高、営業利益であります。当社グループは、経営効率の向上に努め、企業の存続と発展に必要な利益を確保するため、第43期(2020年2月期)を初年度とする中期経営計画において、目標を第45期(2022年2月期)には売上150億円、営業利益12億円とし、3年間で売上を約20%増加させるとともに、営業利益率は8%を達成することを目指しております。

 

(3) 中長期的な会社の経営戦略

IT市場は、クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャル技術の要素から構成されるICTを支える新しいプラットフォームの進展に加え、IoT、ロボティクス、認知システム、次世代セキュリティソリューションなどへの戦略的な投資が期待されております。

その一方で、IT市場全体の成長率は低調に推移し、激しい市場競争は続くものと思われます。

このような大きな技術革新と市場変化の中で、デジタル・トランスフォーメーションが加速していく中、お客様や社会のデジタルソリューションを実現するブランド企業の地位を確固たるものとするため、成長・収益・経営の3つの基盤強化を図り、躍進することを目指して、2019年から2021年の3ヵ年を対象にした中期経営計画「デジタル社会のリーディングカンパニー」を策定しました。

なお、中期経営計画の基本方針は以下のとおりです。

 

方針1 基幹事業における収益力の拡大強化

・ 事業のモデルチェンジの加速

・ ソリューションプロバイダーとしての地位確立

・ 事業ドメインの拡大

 

方針2 中核事業における成長路線の追求

・ マーケティング戦略の強化

・ 技術・製品力とソリューションの拡大

・ 営業力の強化

 

方針3 サービス事業における安定的・高収益ビジネスの確立

・ サービスビジネスの訴求と浸透

・ Smart Service AQUAの利活用強化

・ 利用の拡大と継続利用の促進

 

方針4 事業活動を支える経営基盤の充実

・ 組織力と人材力の強化

・ 戦略的なIT環境の実現

・ 品質保証体制の強化

 

(4) 中期経営計画「デジタル社会のリーディングカンパニー」の遂行状況

2020年度は、コロナ禍のもと、当社グループはいち早くテレワークを導入し、場所にとらわれない開発体制の構築、Web会議を活用した営業活動等、事業活動を停滞させることなく強力に推進しました。さらに、2020年6月には北九州市小倉北区の新本社に移転し、刷新されたオフィス環境で更なる事業拡大、生産性や収益性の向上に努めてまいりました。

その結果、売上高は計画140億円に対し144億円、営業利益は計画7.0億円に対し9.2億円とともに計画を上回る結果となりました。

なお、各基本方針の遂行状況は以下のとおりです。

 

方針1 基幹事業における収益力の拡大強化

・物流/搬送分野で培った経験・ノウハウを活かし、倉庫物流ソリューション(スマートロジスティクス)へ事業体制シフトを図りました。

・安川電機のDX導入・支援を行う中で、プライム力のレベルアップを図りました。

・SIシステム構築では、不採算事業を縮小し、健康保険者向けシステム構築での案件開拓による売上・利益拡大に取り組みました。

 

方針2 中核事業における成長路線の追求

・AI/IoT分野において、食品加工等の注力分野において売上の拡大を図りました。

・GIGAスクール構想の需要を着実に獲得し、学校向けインターネットセキュリティ製品のシェアが拡大しました。

・デジタルマーケティング活動の推進により、プロモーション活動の強化、リードナーチャリングの推進を図りました。

 

方針3 サービス事業における安定的・高収益ビジネスの確立

・当社のITカスタマサービスセンター「Smart Service AQUA」を活用したサービス事業(ストック化)を拡大しました。

・サービスのワンストップ提供を開始し、サービス事業独自の顧客開拓に努めました。

・サービス体提供の拡充や効率化により、ビジネスの拡充や採算性の向上を図りました。

 

方針4 事業活動を支える経営基盤の充実

・テレワークなどで、場所を問わない働き方の定着を図りました。

・Office365やマーケティングツール、営業支援ツールなど、戦略的IT化によるDX推進により生産性の向上に取り組みました。

・不採算プロジェクトの発生を予防するため、全社プロジェクト管理の強化をしました。

 

(5) 対処すべき課題

今後の見通しにつきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況が続くものと思われますが、ワクチンの普及などにより、社会経済活動の制限も段階的に緩和され、景気の持ち直しが期待されます。

当社グループの属する情報サービス業界では、ニューノーマルな生活様式の構築が進み、また、SDGs(持続可能な開発目標)に対する取り組みが加速され、ICT利活用の機会がますます増えてくるものと思われます。

このような環境下で、当社グループは、ソーシャル分野におけるIoTソリューション(ソーシャルIoT)事業の拡大やビジネス分野におけるDX推進などに強力に取り組み、市場や顧客の動向やニーズに注視し、対処しながら、中期経営計画「デジタル社会のリーディングカンパニー」の最終年度として、「成長できる会社」の実現に向け、果敢にチャレンジしてまいります。

 

① 基幹事業における収益力の拡大強化

従来の基幹事業において、経験やノウハウの展開による新規顧客の獲得や事業ドメインの拡大と、事業のモデルチェンジの加速により、収益力の強化を図ります。

 

② 中核事業における成長路線の追求

AI、IoT、セキュリティなど、これからの中核事業において、優れた技術・製品力とマーケティング戦略、営業力の強化により、成長路線を追求します。

 

③ サービス事業における安定的・高収益ビジネスの確立

ITカスタマサービスセンター「Smart Service AQUA」と当社の強みを活かしたサービスの提供により、安定的かつ高収益ビジネスの確立を図ります。

 

④ 事業活動を支える経営基盤の充実

コーポレート部門の効率化と戦略機能を強化し、組織・人材、IT環境、品質保証体制等の安定・充実した経営基盤を構築します。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュフローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年5月24日)現在において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が判断したものであります。

 

(1) 特定の販売先への依存度

当社グループの販売先のうち、株式会社安川電機(当社の関係会社で2021年2月28日現在の当社の議決権保有比率38.3%)及びそのグループ会社への販売は、ソフトウエアの受託開発、計算事務、情報処理並びにシステム管理運営受託等の取引で、2021年2月期売上高の44.2%を占める状態です。

これらの事情から、同社や同社グループの経営方針、事業展開等に大幅な展開があった場合には、当社グループの事業活動や業績、財務状況に大きな影響が及ぶ可能性があります。

同社や同社グループと今後とも既存に限らず新たな領域においても良好なパートナー関係の維持・継続に努めてまいります。

また、富士通株式会社及びそのグループ会社への販売は、当社設立時におけるベーシックソフト受託開発に始まり、その後取引内容・金額が拡大し、2021年2月期売上高の13.1%を占める状態です。

したがって、同社や同社グループ会社の受注動向の変化やその他の理由により、当社グループとの取引が縮小された場合には、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

同社や同社グループ会社と今後とも既存に限らず新たな領域においても良好なパートナー関係の維持・継続に努めてまいります。

 

(2) プロジェクト管理

プロジェクトの遂行において、予期し得ない事態の発生により、個別プロジェクトの中断や遅滞、採算悪化を招き、大規模な場合は当社グループの経営成績や財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループでは、システム構築やソフトウエア開発等のプロジェクト管理の重要性を認識し、従業員のプロジェクトマネジメントスキルの向上を図り、特に要求仕様確定作業の場面では顧客との要求内容の確認を繰り返し行うとともに、スケジュールの厳守に努めています。また、不採算プロジェクトの発生の予防・抑止を図るため、全社プロジェクト管理強化に努めてまいります。

 

(3) 製品・サービスの品質問題

当社グループの提供する製品・サービスにおいて、不具合(バグ)の発生やサービス不良等の品質上の問題が発生しないという保証はありません。

したがって、当社グループにおいてこのような品質上の問題が発生した場合には、手直し・回収等の追加コストの発生や損害賠償等により、当社グループの経営成績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

これらに対応するため、当社グループは、製品・サービスの品質の重要性を認識し、設計・開発・生産・保守・運用の各場面において社内基準に基づいた品質管理の徹底に努めております。

 

(4) 新製品・新サービスの開発力

当社グループの新製品・新サービスは、顧客の業務、販売及び生産の改革支援や顧客の新製品への搭載等先進的な分野で起用されております。

今後も引き続き新製品・新サービスの売上が増加するものと想定しており、将来の成長は主として革新的な新製品・新サービスの開発と販売に依存すると予想しています。

しかしながら、市場の技術的な進歩や需要の変化等を十分に予測しえず、魅力ある新製品・新サービスを開発できない場合には、将来の成長と収益性を低下させ、当社グループの経営成績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

市場の変化をいち早く捉え、対策を講じるべく、事前の情報収集と分析を定常的に実施し、魅力ある新製品・新サービスの開発を継続的に行っております。

 

(5) 個人情報・機密情報管理

当社グループは、お客様のシステムを構築するにあたり、お客様の情報資産をお預かりすることがあります。万が一、コンピュータウイルスによる感染やサイバー攻撃等の不正な外部アクセス、自然災害の発生により、これらの情報が漏洩した場合、お客様からの損害賠償請求やIT企業としての信用失墜等が当社グループの業績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

これらに対応するため、パソコン等の情報機器やネットワーク等の情報資産に対するセキュリティ管理の徹底を図り、情報管理に関する従業員への教育、外部委託先との機密保持契約等を行い、当社グループからの情報漏洩を未然に防ぐ措置を講じております。

 

(6) 知的財産権

当社グループが行うシステムやソフトウエアの開発においては、特許や著作権等の知的財産権の確保が事業遂行上重要な事項です。

当社グループでは、当社グループ独自の技術・ノウハウ等の保護・保全や第三者の知的財産権を侵害しないよう十分な注意を払っておりますが、世界各国の法的制度の違い等により知的財産権に関する問題が全く起こりえないという保証はありません。

したがって、当社グループにおいて知的財産権に関する問題が発生した場合には、当社グループの業績や財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

このため、当社グループでは知的財産権の取得や取引先企業との知的財産権に関する契約締結など必要な措置を行っております。

 

 

(7) 人材に関するリスク

当社グループが属する情報サービス業界における最大の財産は「人材」であり、優秀な人材確保・育成は今後の経営基盤を維持・拡大するうえで不可欠であります。同業界は若手を中心に人材の流動化が進んでおり、計画どおりに人材を確保できない場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

当社グループにおいては、優秀な人材の獲得・育成のため、積極的に新卒採用や即戦力となるキャリア採用を実施し、社員がより高度なスキルを習得できるよう、教育環境の充実、資格取得者への報奨金制度を実施しております。また、従業員の働く環境の継続的な改善や働き方改革にも積極的に取り組み、社員の満足度の向上に努めてまいります。

 

(8) 自然災害のリスク

想定外の大規模地震・津波・洪水等の自然災害や火災等の事故災害、感染症の流行、その他の要因による社会的混乱等が発生したことにより、経済活動が制限され、主要取引先の経営状況の悪化等によりIT投資計画が変更されることなどが想定されます。その場合には、当社グループの製品やサービス提供等の事業活動に大きな支障をきたし、当社グループの経営成績や財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

これらのリスクに対応するため、従業員の安否確認等の災害対策マニュアルの策定や継続的な見直しを行っており、災害発生時の対応訓練も行っております。また、北九州や川崎等、拠点の分散やリモートワーク環境の整備等を行い、災害等発生時に事業が停滞することを回避する対応に努めております。

なお、現在、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行しており、収束時期については未だ見通しがたっておらず、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありますが、従業員のマスク着用・手指消毒・検温等の感染予防対策の徹底や時差出勤やテレワークの実施により、感染拡大の抑止に努めてまいります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び当社の関係会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、二度にわたり緊急事態宣言が発令されるなど、社会経済活動が大きく制限され、景気の停滞が長引き、厳しい状況が続きました。

一方、当社グループの属する情報サービス業界におきましては、テレワークをはじめ、リモート環境の整備・強化、クラウドサービスの活用などのニューノーマルな生活様式の構築需要が増加しております。

また、企業の生産性向上を目的とした自動化・省力化、新たな付加価値の創出による事業強化・変革といったDX(デジタルトランスフォーメーション)関連などの戦略的なIT投資についても底堅く推移しております。

このような環境下で、当社グループはいち早くテレワークを導入し、場所にとらわれない開発体制の構築、Web会議を活用した営業活動等、事業活動を停滞させることなく強力に推進しました。さらに、2020年6月には北九州市小倉北区の新本社に移転し、刷新されたオフィス環境で更なる事業拡大、生産性や収益性の向上に努めてまいりました。

さらに、コロナ禍により受注動向に若干の影響を受けたものの、政府主導による教育現場のリモート・ICT環境構築の促進需要を着実に捉え、学校向けインターネット・セキュリティ関連製品のシェアを大幅に拡大することができました。

その結果、当連結会計年度の業績については、売上高は144億81百万円(前連結会計年度比5.0%増)となりました。利益面では、営業利益9億21百万円(同57.6%増)、経常利益8億17百万円(同39.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益6億41百万円(同69.6%増)と、前年度を大幅に上回りました。

 

 

事業別の概況は、以下のとおりです。

 

〔ビジネスソリューション事業〕

当事業では、企業向け基幹システム構築は前連結会計年度に比べ増加し、移動体通信事業者向けシステム構築、健康保険者向けシステム構築は堅調に推移しましたが、ERPソリューションは前連結会計年度を下回りました。

その結果、受注高は89億89百万円(前連結会計年度比0.6%減)となり、売上高は91億56百万円(同2.2%減)となりました。

 

〔IoTソリューション事業〕

当事業では、AI・IoT関連はスマートロジスティクスを中心に前連結会計年度を上回り、さらに、インターネット・セキュリティ関連製品は教育現場におけるICT機器導入の需要増により前連結会計年度を大幅に上回りました。

その結果、受注高は53億60百万円(前連結会計年度比16.0%増)となり、売上高は53億25百万円(同20.3%増)となりました。

 

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末より8億46百万円増加し、26億48百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況につきましては、次のとおりです。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー) 

当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、売上債権の増加12億84百万円、法人税等の支払額3億64百万円、固定資産売却益2億4百万円、退職給付に係る資産の増加1億91百万円があったものの、税金等調整前当期純利益10億36百万円、仕入債務の増加3億58百万円、その他3億35百万円、退職給付に係る負債の増加3億10百万円、減価償却費2億86百万円、未払費用の増加2億37百万円があったこと等により、8億41百万円(前連結会計年度比5億60百万円増)となりました。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出4億56百万円、無形固定資産の取得による支出1億68万円、貸付けによる支出1億円、関係会社株式の取得による支出75百万円があったものの、有形固定資産の売却による収入8億36百万円、関係会社株式の売却による収入90百万円があったこと等により、1億19百万円(同5億40百万円増)となりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払1億8百万円等により、△1億13百万円(同1百万円減)となりました。

 

 

③ 生産、受注及び販売の状況

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、情報サービスの総合的な提供を事業内容としており、情報サービス事業の単一セグメントのため、当連結会計年度における実績を部門別に記載しております。

 

a. 生産実績

 

部門

当連結会計年度
(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

金額(千円)

前連結会計年度比(%)

ビジネスソリューション事業

6,855,902

△5.7

IoTソリューション事業

3,272,210

+5.8

合計

10,128,112

△2.3

 

(注) 1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2 上記金額は製造原価で記載しております。

 

b. 受注状況

 

部門

当連結会計年度
(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

受注実績

受注残高

金額(千円)

前連結会計年度比
(%)

金額(千円)

前連結会計年度比
(%)

ビジネスソリューション事業

8,989,172

△0.6

3,142,925

△5.0

IoTソリューション事業

5,360,350

+16.0

1,986,466

+1.8

合計

14,349,523

+5.0

5,129,391

△2.5

 

(注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c. 販売実績

 

部門

当連結会計年度
(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

金額(千円)

前連結会計年度比(%)

ビジネスソリューション事業

9,156,179

△2.2

IoTリューション事業

5,325,357

+20.3

合計

14,481,536

+5.0

 

(注)1 最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、以下のとおりであります。

相手先

前連結会計年度
(自 2019年3月1日

 至 2020年2月29日)

当連結会計年度
(自 2020年3月1日

 至 2021年2月28日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

株式会社安川電機

4,325,765

31.4

4,218,119

29.1

富士通株式会社

1,300,632

9.4

1,417,114

9.8

 

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年5月24日)現在において当社グループ(当社及び当社の関係会社)が判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の経営成績等は次のとおりであります。

ビジネスソリューション事業は減少したものの、IoTソリューション事業の増加により、当連結会計年度の売上高は144億81百万円(前連結会計年度比5.0%増)となりました。

売上原価は101億65百万円(同1.0%減)となり、売上原価率は70.2%と前連結会計年度から4.2ポイント改善いたしました。売上高から売上原価を差し引いた売上総利益は43億16百万円(同22.3%増)となりました。

また、販売費及び一般管理費は33億94百万円(同15.3%増)となりました。これは、新本社移転に伴う什器の増加等によるものです。

この結果、当連結会計年度は9億21百万円の営業利益(同57.6%増)となりました。

営業外収益は備品の売却等により11百万円(同288.8%増)となり、営業外費用は持分法投資損失の発生等により1億16百万円(同5,137.7%増)となりました。

この結果、当連結会計年度は8億17百万円の経常利益(同39.4%増)となりました。

特別利益は土地の売却益等により2億36百万円となり、特別損失は固定資産除却損等により17百万円となりました。

この結果、税金等調整前当期純利益は10億36百万円(同79.8%増)となりました。

これに法人税等の税金、法人税等調整額と非支配株主に帰属する当期純利益を差し引いた親会社株主に帰属する当期純利益は6億41百万円(同69.6%増)となりました。

 

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因としては、次のとおりです。

情報サービス業界におきましては、あらゆる分野・業種において、クラウドやビッグデータ、IoT、AI、セキュリティ等の技術を活用したサービスの提供が加速してきております。

クラウドビジネスの進展は、公共事業や企業等の民間事業における情報関連投資の選択やIT企業が提供するサービスに変化が現れます。このような動きは、情報システムの開発やITサービスの提供を行うビジネスソリューション事業の売上高、利益に重要な影響を与える要因になります。

また、クラウドビジネスやビッグデータ市場を支えるインフラ(情報機器やネットワーク)が重要な役割を担うことになり、情報漏洩やコンピュータウィルス等の外部からの攻撃に対してのセキュリティ技術もますます重要になってきます。このような動きは、機器間の情報伝送のための製品組込ソフトの受託開発やネットワーク・セキュリティ関連商品を取扱うIoTソリューション事業の売上高、利益に重要な影響を与える要因になります。

さらに、モバイル端末をはじめとする通信端末の発達により、機器同士が人の手を介さずに相互に情報交換し、自動的に情報収集や管理・制御を行う技術(M2M:Machine to Machine)が普及しております。このような動きは、機器間の情報伝送や駆動装置を制御するための製品組込ソフトの受託開発、汎用的な情報通信・制御機器の販売を行うIoTソリューション事業の売上高、利益に重要な影響を与える要因になります。

なお、このような新技術・新ビジネスの普及は、情報通信技術の高度化・大規模化・複雑化を伴い、今まで以上に品質上の問題が発生する危険性が高くなっています。このような品質上の問題が発生した場合には、当社グループの売上高、収益に重要な影響を与える要因になります。その一方で、付加価値の高い新製品・新サービスの商品化やライセンス化は、当社グループの売上高、利益に重要な影響を与える要因になります。

 

② 当社グループの資本の財源及び資金の流動性について

当社グループは、営業活動によって獲得した現金によって、必要となる運転資金の確保と事業拡大のための設備投資を行っております。

当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの概況については、「(1) 経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。

当社グループのキャッシュ・フローの状況と指標の推移は次のとおりであります。

(百万円)

 

2017年3月期

2018年2月期

2019年2月期

2020年2月期

2021年2月期

営業活動によるキャッシュ・フロー

700

1,065

346

280

841

投資活動によるキャッシュ・フロー

△216

△322

△346

△421

119

財務活動によるキャッシュ・フロー

△3

△145

△110

△111

△113

フリー・キャッシュフロー

483

742

△187

△140

960

 

 

 

2017年3月期

2018年2月期

2019年2月期

2020年2月期

2021年2月期

自己資本比率 (%)

17.8

30.6

32.2

33.8

34.6

時価ベースの自己資本比率 (%)

200.8

137.8

85.0

87.6

105.2

キャッシュ・フロー対有利子
負債比率 (年)

インタレスト・カバレッジ・
レシオ (倍)

1,086.5

23,734.4

2,435.7

36,775.0

3,176.6

 

(注)フリー・キャッシュ・フロー:営業活動によるキャッシュ・フロー+投資活動によるキャッシュ・フロー

自己資本比率:自己資本÷総資産

時価ベースの自己資本比率:株式時価総額÷総資産

キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債÷営業活動によるキャッシュ・フロー

インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業活動によるキャッシュ・フロー÷利息の支払額

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成されており、財政状態及び経営成績に関する以下の分析を行っております。

この連結財務諸表を作成するにあたり、当社グループが採用している重要な会計処理基準は、「第5 経理の状況 1(1) 連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しているとおりであります。

また、連結財務諸表の作成にあたっては、関係会社株式の評価、たな卸資産の評価等の重要な会計方針に関する見積り及び判断を行っております。これらの見積りは、過去の実績などを慎重に検討したうえで行い、見積りに対しては継続して評価し、必要に応じて見直しを行っております。

しかし、見積り特有の不確実性が存在するため、実際の結果とこれらの見積りが異なる場合があります。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積りについては、感染再拡大の懸念など、引き続き先行き不透明な状況が予想されますが、現時点では、会計上の見積りに及ぼす重要な影響はないと判断しております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

1.企業結合

当社は2020年4月10日開催の取締役会における決議に基づき、当社が保有するIoTソリューション事業のうち、工場自動化に関する事業を会社分割(簡易新設分割)により新設する株式会社アイキューブデジタルに承継させたうえで、新設会社株式の60%を株式会社安川電機に譲渡することを決定し、決議のうえ、契約を締結いたしました。

そのうえで2020年7月1日に会社分割及び株式譲渡を実施いたしました。

その概要は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。

 

 

2.固定資産の譲渡

2021年2月26日付で、当社の固定資産譲渡契約を締結しました。

概要は以下のとおりです。

(1) 譲渡の理由

当社は、2020年6月に本社を移転したことに伴い、経営資源の効率的活用及び財務体質の強化を図るため、旧本社の土地・建屋を譲渡することといたしました。

(2) 譲渡資産の概要

資産の名称及び所在地

譲渡益

現況

旧本社

(福岡県北九州市)

204,541千円

事務所等

 

(注)1 譲渡価額及び帳簿価額につきましては、譲渡先の意向により非開示とさせていただきます。

2 譲渡益は、譲渡価額から帳簿価額及び譲渡に係る諸費用を控除した額です。

 

(3) 譲渡先の概要

譲渡先は国内法人1社ですが、譲渡先の意向により非開示とさせていただきます。なお、譲渡先と当社との間に記載すべき資本関係、人的関係及び取引関係はありません。また、当社の関連当事者には該当しません。

 

(4) 譲渡の日付

2021年2月26日

 

5 【研究開発活動】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)の研究開発活動は当社及び連結子会社にて行っており、先端技術の研究、開発のベースとなる現技術のレベルアップ、先端技術の実用化による新製品・新サービスの開発を旨としております。

研究開発テーマに関する方向づけは「経営会議」で、具体的なテーマ選定及び評価は「開発投資審議会」・「開発投資審査会」で行われ、いずれも各部門の代表者で構成されております。

研究開発作業は各テーマの申請部門が行っております。

なお、当連結会計年度の研究開発費の総額は148,488千円(対売上高比1.0%)であり、事業部門別の研究開発活動及び主なテーマは以下のとおりであります。

 

〔全社共通部門〕

当社独自のAIソリューション「Paradigm」では、GAN(敵対的生成ネットワーク)を応用したアノマリー検知など最新技術を開発しました。このアノマリー検知技術では、不良品画像収集が困難な場合、正常品画像のみを学習して、異常を高精度に検知することができます。従来の異常検知に比べ、20%以上精度がアップ(当社従来比)しました。開発した最新技術はAI画像判定サービス「MMEye」に搭載済です。

本部門に係わる研究開発費は116,894千円であります。

 

〔IoTソリューション事業〕

AI画像判定サービス「MMEye」では、最新AIアルゴリズムを搭載することで食品製造において、異物検査だけでなく、商品表示法の検査にも利用できるようになりました。また、「MMEye」のラインナップを拡充し、ユーザがAI学習や精度検証可能な「MMEyeBOX」をリリースしました。

IoTソリューションでは、バス事業者向けの「スマートバス停」に電源が設置できない場所(オフグリッド)に対応したハードウエアを新たに2タイプリリースしました。また、バス停以外の用途に適用可能なサイネージ型サービス「MMVision」を開発しました。

学校向け情報セキュリティ機器では、文科省のGIGAスクール構想向けに機能強化した「NetSHAKER W-NAC」をリリースしました。Webフィルタリングの機能強化とともに、接続可能なWiFi機器を拡充しました。

本部門に係わる研究開発費は31,593千円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度においては、本社移転に伴う事務所設備及び開発生産性の向上やコストパフォーマンスの改善を目的とした開発用機器の導入、社内情報ネットワーク関連、基幹システム構築等、総額647,740千円の設備投資を行いました。

事業部門別の設備投資額は、ビジネスソリューション事業で1,997千円、IoTソリューション事業で75,272千円、全事業共通で570,470千円であります。

なお、当社は当年度において本社を移転しており、以下の主要な設備の売却を行っております。

事業所名

(所在地)

事業部門の名称

設備の内容

前期末帳簿価額

(千円)

売却時期

旧本社

(北九州市八幡西区)

全部門

土地

489,333

2021年2月

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

(2021年2月28日現在)

事業所名
(所在地)

事業部門の
名称

設備の
内容

有形固定資産帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社
(北九州市小倉北区)

全部門

事務所
生産設備
福利厚生設備

499,880

886

(―)

146,227

646,995

274

Smart Service AQUA
(北九州市小倉北区)

営業部門

事務所

36,963

(―)

12,580

49,543

16

三田オフィス
(東京都港区)

営業部門

事務所

19,119

(―)

7,679

26,799

31

新百合ヶ丘オフィス
(川崎市麻生区)

全部門

事務所
生産設備

8,913

(―)

5,139

14,052

116

新大阪オフィス
(大阪市淀川区)

全部門

事務所
生産設備

3,883

(―)

986

4,869

8

 

(注) 1 有形固定資産帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品であります。

2 建物は賃借しており年間賃借料は、408,153千円であります。

 

(2) 国内子会社

(2021年2月28日現在)

会社名

事業所名
(所在地)

事業部門の
名称

設備の
内容

有形固定資産帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

㈱YE DIGITAL Kyushu

本社
(北九州市
小倉北区)

ビジネスソリューション事業

事務所
生産設備

13,866

(―)

4,565

18,432

138

 

(注) 1 有形固定資産帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品であります。

2 建物は賃借しており年間賃借料は、28,999千円であります。

 

(3) 在外子会社

(2021年2月28日現在)

会社名

事業所名
(所在地)

事業部門の
名称

設備の
内容

有形固定資産帳簿価額(米ドル)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

YE DIGITAL,Inc.

本社
(米国カリフォルニア州)

IoTソリューション事業

事務所
 

(―)

423.09

423.09

1

 

(注) 1 有形固定資産帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品であります。

2 建物は賃借しており年間賃借料は、14,022.54米ドルであります。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

重要な設備の新設等の計画はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

64,000,000

64,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年2月28日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年5月24日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

18,127,200

18,127,200

東京証券取引所
(市場第二部)

単元株式数は100株であります。

18,127,200

18,127,200

 

(注) 提出日現在発行数には、2021年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は、含まれておりません。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 

決議年月日

2017年5月12日

2018年4月20日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役 2

当社執行役員 8

当社取締役 3

当社執行役員 7

新株予約権の数(個) ※

501(注)1

641(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※

普通株式 50,100(注)1

普通株式 64,100(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円) ※

新株予約権の行使期間 ※

2017年6月15日~

2057年6月14日 

2018年5月29日~

2048年5月28日 

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※

発行価格   1

資本組入額 0.5(注)2

発行価格   1
資本組入額 0.5(注)2

新株予約権の行使の条件 ※

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要するものとする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に

関する事項 ※

(注)5

 

 

決議年月日

2019年4月19日

2020年4月17日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役 4

当社執行役員 7

当社取締役 4

当社執行役員 7

新株予約権の数(個) ※

592(注)1

1,106(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※

普通株式 59,200(注)1

普通株式 110,600(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円) ※

新株予約権の行使期間 ※

2019年5月28日~

2049年5月27日 

2020年5月26日~

2050年5月25日 

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※

発行価格   1

資本組入額 0.5(注)2

発行価格   1

資本組入額 0.5(注)2

新株予約権の行使の条件 ※

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要するものとする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に

関する事項 ※

(注)5

 

 

決議年月日

2021年4月21日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役 4

当社執行役員 6

新株予約権の数(個) ※

1,802(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※

普通株式 180,200(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円) ※

新株予約権の行使期間 ※

2021年5月24日~

2051年5月23日 

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※

発行価格   1

資本組入額 0.5(注)2

新株予約権の行使の条件 ※

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要するものとする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に

関する事項 ※

(注)5

 

※ 当事業年度の末日(2021年2月28日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2021年4月30日)現在において、これらの事項に変更はありません。

(注)1 本新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、100株とする。

本新株予約権の割当日後、当社普通株式の株式分割または株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとする。

調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割または株式併合の比率

また、上記のほか、決議日以降、当社が合併または会社分割を行う場合など、付与株式数の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。

2 増加する資本金及び資本準備金に関する事項

(1) 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じた時は、その端数を切り上げるものとする。

(2) 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)記載の資本金等増加限度額から、増加する資本金の額を減じた額とする。

3 新株予約権の行使の条件

(1) 新株予約権者は、新株予約権の行使期間内において、当社取締役及び監査役又は使用人のいずれの地位も喪失した日(以下、「退職日」という。)の翌日から5年以内に限り、新株予約権を一括してのみ行使することができるものとする。

(2) 新株予約権者が退職日前に死亡した場合は、相続人がこれを行使することができるものとする。

(3) 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなる時は、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。

(4) 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。

4 新株予約権の取得に関する事項

(1) 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。

(2) 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)3に定める規定により本新株予約権の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。

5 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い

当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。

(1) 交付する再編対象会社の新株予約権の数
新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。

(2) 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
再編対象会社の普通株式とする。

(3) 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1に準じて決定する。

(4) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。

(5) 新株予約権を行使することができる期間
上記「新株予約権の行使期間」に定める募集新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める募集新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。

(6) 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
上記(注)2に準じて決定する。

(7) 譲渡による新株予約権の取得の制限
譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。

(8) その他新株予約権の行使の条件
上記(注)3に準じて決定する。

(9) 新株予約権の取得事由及び条件
上記(注)4に準じて決定する。

(10) その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2017年3月21日~

2018年2月28日 (注)

4

18,004

1,472

665,472

1,472

319,472

2018年3月1日~

2019年2月28日 (注)

26

18,030

7,784

673,257

7,784

327,257

2019年3月1日~

2020年2月29日 (注)

96

18,127

29,464

702,721

29,464

356,721

 

(注) 新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加であります。

 

 

(5) 【所有者別状況】

(2021年2月28日現在)

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

4

36

51

24

12

8,339

8,466

所有株式数
(単元)

3,960

9,548

72,227

13,638

26

81,613

181,012

26,000

所有株式数の割合(%)

2.19

5.27

39.90

7.53

0.01

45.09

100.00

 

(注) 1 自己株式355株は、「個人その他」に3単元、「単元未満株式の状況」に55株含まれております。

2 上記「その他の法人」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が8単元含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

(2021年2月28日現在)

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に
対する所有株式数の割合(%)

株式会社安川電機

北九州市八幡西区黒崎城石2-1

6,940

38.29

YE DIGITAL従業員持株会

北九州市八幡西区東王子町5-15

937

5.17

NOMURA PB NOMINEES LIMITED OMNIBUS-MARGIN(CASHPB)
(常任代理人 野村證券株式会社)

1 ANGEL LANE, LONDON, EC4R 3AB, UNITED KINGDOM
(東京都中央区日本橋1丁目13番1号)

853

4.71

クレディ・スイス証券株式会社

東京都港区六本木1丁目6番1号

267

1.47

株式会社福岡銀行

福岡市中央区天神2丁目13-1

260

1.43

BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG(FE-AC)
(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UNITED KINGDOM
(東京都千代田区丸の内2丁目7-1)

236

1.30

NOMURA INTERNATIONAR PLC A/C JAPAN FLOW
(常任代理人:野村證券株式会社)

1 ANGEL LANE, LONDON, EC4R 3AB, UNITED KINGDOM
(東京都中央区日本橋1丁目13番1号)

142

0.79

三菱UFJモルガン・スタンレー
証券株式会社

東京都千代田区大手町1丁目9番2号

139

0.77

日本証券金融株式会社

東京都中央区日本橋茅場町1丁目2-10

113

0.63

北愛知リース株式会社

名古屋市北区若葉通1丁目38

110

0.61

10,001

55.17

 

(注) 千株未満は切り捨てて表示しております。

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

(2021年2月28日現在)

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

300

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

18,100,900

 

181,009

単元未満株式

普通株式

26,000

 

発行済株式総数

18,127,200

総株主の議決権

181,009

 

(注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が800株(議決権8個)含まれております。

2 「単元未満株式」欄には、自己株式(自己保有株式)が55株含まれております。

 

② 【自己株式等】

(2021年2月28日現在)

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社YE DIGITAL

北九州市小倉北区米町2-1-21

300

300

0.00

300

300

0.00

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

1

0

当期間における取得自己株式

 

(注) 当期間における取得自己株式には、2021年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(―)

 

 

 

 

 

保有自己株式数

355

355

 

(注) 当期間における保有自己株式には、2021年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主各位に対する利益還元を経営の重要課題のひとつとして認識しております。

そのため将来にわたり会社競争力を向上させ、企業価値の最大化を目指すことで株主各位への利益還元を図りたいと考えております。

このような観点から、利益配分につきましては、今後の事業拡大に向けた内部資金の確保と株主各位への長期にわたる安定的な配当を念頭に、財政状況、利益水準、配当性向などを総合的に勘案して実施してまいりたいと考えております。

また、当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

上記の方針と当期の通期業績結果に基づき、2021年2月期における期末配当金を1株当たり5円とすることにいたしました。

なお、当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

2020年9月29日

取締役会

54,380

3

2021年5月21日

定時株主総会決議

90,634

5

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社はコーポレート・ガバナンスの基本を次の3項目におき、実践していきます。

・株主重視の経営

・意思決定の迅速化、意思決定プロセスの明確化

・ディスクロージャーの充実

 

②  企業統治の体制の概要及びその体制を採用する理由

当社は、監査役会設置会社の体制を採用し、取締役会及び監査役会による業務執行の監督及び監査を行っております。

取締役会は、有価証券報告書提出日(2021年5月24日)現在において(2)役員の状況に記載されている取締役全6名(内 社外取締役3名)で構成され、代表取締役社長 遠藤直人が議長として選任されております。取締役会は概ね月1回及びその他必要に応じ開催しています。なお、付議事項は法令及び定款に定められた事項、その他経営に関する重要事項について、取締役会規程で規定しております。

監査役会は、有価証券報告書提出日(2021年5月24日)現在において、(2)役員の状況に記載されている監査役3名(内 社外監査役2名)で構成され、常勤監査役 城山忠毅が議長として選任されております。各監査役は監査役会にて審議・承認された年度監査方針、監査計画に従い監査を行い、監査役会にて報告が行われております。

また、当社の社外取締役3名及び社外監査役2名のうち、社外取締役下池正一郎及び社外監査役平山雅之は当社のその他の関係会社で株式会社安川電機の従業員であります。その他の社外取締役及び社外監査役は、当社と人的関係、資本的関係、または取引関係その他の利害関係はありません。取締役会における適切かつ効率的な意思決定を実現するため、社外取締役は、取締役会において、独立した視点によりそれぞれの見識に基づいた助言を行っており、また、社外監査役は、専門的見地から業務執行の適法性等をチェックし、経営に対する監視機能を果たしております。

このような体制をとることにより、IT技術の進化や競争の激しい業界において迅速に適応が図れるよう当社の経営並びにIT事業を熟知した社内取締役を中心とした経営体制に対して、社外の豊かな業務経験や広い見識を有する社外取締役と社外監査役が過半数を占める監査役会による監督・牽制・評価を受けることにより実効性のあるコーポレート・ガバナンスを確保できると考えております。

当社における経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の概要は、つぎの図のとおりであります。


 

③ 企業統治に関するその他の事項

a) 内部統制システムの整備の状況

当社は、会社法によって義務づけられた内部統制システムの決議を取締役会で行い、監査役会が内部統制システムの監査を行います。

上記の取締役会、監査役会の開催のほか、経営会議を月4回開催し、経営戦略、事業計画における重要課題の討議、経営戦略及び事業計画の達成を妨げる経営リスクに関する管理方針・管理策の検討・決定を行うとともに、営業、品質・生産改善推進、各事業経営における重要事項及び事業経営に影響を与えるリスクに関する管理策の検討・決定を行っております。常勤監査役も出席をし、監査役の立場から意見表明・監督・評価を行い、取締役の業務執行に対して監視・牽制を行っております。その他、必要に応じて会議体や専門委員会の設置・開催を行っております。

また、内部統制システムを整備し、法令遵守することを確保するため、企業行動規準や各種規則・規程を定め、規準や規則等を遵守させるために必要な研修等を行っております。

 

なお、監査役の内部統制システムの監査の実効性を高めるため、法務・CSR推進部、経理部の従業員による補助、取締役や使用人からの報告、取締役や使用人に対する聴取が円滑に行われるような取り組みを行っており、監査役会は、監査室(内部監査)や会計監査人と、各々の監査の役割・機能の実効性をあげるため緊密な連携をとっております。

b) リスク管理体制の整備の状況

コンプライアンス、情報セキュリティ、品質、輸出管理、知的財産権、災害等のリスクにより重大な損害を与えるおそれのある場合には、当該対応部署(事務局)は速やかに代表取締役社長及び経営会議へ報告し、必要に応じて、代表取締役社長を委員長とした危機管理委員会のもとに、速やかに再発防止もしくは予防策を講じ、社内研修及び社内電子掲示板や社内報等により社内に周知・啓蒙を図ることとなっております。

また、大規模な事故、災害、不祥事等が発生した場合は、代表取締役社長を対策本部長とし、各本部長と必要な人員で構成される危機管理対策本部を設置するなど危機対応のための組織を整備することとなっております。また、事前に危機対応マニュアルを整備し、危機発生時に迅速な対応を図ることとなっております。

c) 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

子会社において、経営上重要事項を決定する場合には、当社及び子会社の社内規程に基づき当社の事前承認を得るとともに、業務上重要な事項が発生した場合は、都度、当社に報告が行われる体制を構築しております。

また、当社は、当社の管理担当役員が子会社管理担当となり、「関係会社管理規程」に基づき管理を行うとともに、当社の取締役及び従業員が子会社の取締役または監査役に就任し、子会社の取締役会に出席し、議案・審議等に必要な発言を適宜行い、子会社の適正な業務運営の管理・監督を行っております。

 

④ 責任限定契約の内容の概要

当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任について、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない時は、会社法第425条第1項の各号の額の合計額を限度とする契約を締結しております。

 

⑤ 取締役の定数

当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。

 

⑥ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。

 

⑦ 自己株式の取得

当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。

 

⑧ 中間配当

当社は、取締役会の決議によって毎年8月31日の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し、会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款で定めております。

 

⑨ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】

男性9名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役
社長

遠 藤 直 人

1955年3月5日

1976年3月

株式会社安川電機製作所入社

1978年2月

当社へ転籍

2002年6月

当社取締役

2011年3月

株式会社安川情報九州へ転籍、同社顧問

2011年5月

同社代表取締役社長

2016年3月

当社へ転籍、常務執行役員サービスビジネス本部長

2017年3月

副社長執行役員サービスビジネス本部長

2018年5月

代表取締役社長(現任)

(注)5

10

取締役
専務執行役員
 組込・制御システム
本部長

玉 井 裕 治

1964年1月24日

1986年3月

当社入社

2013年9月

当社理事

2014年3月

当社理事第1ソリューション本部長

2014年6月

当社執行役員第1ソリューション本部長

2015年9月

当社執行役員第1ソリューション本部長兼営業本部副本部長

2018年3月

当社常務執行役員組込・制御システム本部長

2021年3月

当社専務執行役員IoT事業統括 組込・制御システム本部長

2021年5月

取締役 専務執行役員 組込・制御システム本部長(現任)

(注)5

3

取締役
常務執行役員
管理本部長

久 野 弘 道

1960年9月18日

1984年3月

株式会社安川電機製作所入社

2006年9月

同社システムエンジニアリング事業部事業計画部長

2010年3月

同社ロボット事業部事業計画部長

2012年9月

当社へ転籍

2012年9月

理事

2012年9月

経理部長

2013年6月

取締役 執行役員

2014年3月

管理・コンプライアンス統括

2015年3月

経理部長兼CSR推進本部長

2016年3月

管理本部長

2018年6月

取締役 常務執行役員管理統括 管理本部長(現任)

(注)5

5

取締役

野 口 雄 志

1953年2月12日

1971年4月

日本通運株式会社入社

1997年4月

米国日通本社米州地域情報システム部長

2006年10月

日本通運株式会社3PL部営業部長

2007年4月

同社常務理事IT推進部長(CIO)

2014年7月

グリットコンサルティング合同会社代表(現任)

2016年6月

当社取締役(現任)

2019年7月

株式会社グリッターフレンズ代表取締役(現任)

(注)5

10

取締役

下 池 正 一 郎

1968年5月21日

1994年3月

株式会社安川電機入社

2014年3月

同社技術開発本部スマートロボティクスセンタ企画開発チームリーダ

2015年3月

同社技術開発本部開発研究所自動化機器技術部長

2018年3月

同社ICT戦略推進室副室長(現任)

2018年5月

当社取締役(現任)

(注)5

取締役

三 浦 正 道

1975年3月22日

2001年10月

弁護士登録
三浦・奥田・岩本法律事務所(現三浦・奥田・杉原法律事務所)入所

2007年4月

同所パートナー(現任)

2018年5月

当社取締役(現任)

(注)5

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)