EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年5月18日

【四半期会計期間】

第19期第2四半期(自  2020年1月1日  至  2020年3月31日)

【会社名】

日本ファルコム株式会社

【英訳名】

NIHON FALCOM CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長    近  藤  季  洋

【本店の所在の場所】

東京都立川市曙町二丁目8番18号

【電話番号】

042(527)0555

【事務連絡者氏名】

取締役    中 野 貴 司

【最寄りの連絡場所】

東京都立川市曙町二丁目8番18号

【電話番号】

042(527)0555

【事務連絡者氏名】

取締役    中 野 貴 司

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05360 37230 日本ファルコム株式会社 NIHON FALCOM CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP false cte 2019-10-01 2020-03-31 Q2 2020-09-30 2018-10-01 2019-03-31 2019-09-30 1 false false false E05360-000 2020-05-18 E05360-000 2018-10-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-01-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-01-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-05-18 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05360-000 2020-03-31 E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05360-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05360-000 2019-10-01 2020-03-31 E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第18期
第2四半期累計期間

第19期
第2四半期累計期間

第18期

会計期間

自  2018年10月1日
至  2019年3月31日

自  2019年10月1日
至  2020年3月31日

自  2018年10月1日
至  2019年9月30日

売上高

(千円)

1,047,459

707,817

2,454,128

経常利益

(千円)

701,173

346,132

1,472,367

四半期(当期)純利益

(千円)

489,700

242,463

1,006,163

持分法を適用した場合の
投資利益

(千円)

資本金

(千円)

164,130

164,130

164,130

発行済株式総数

(株)

10,280,000

10,280,000

10,280,000

純資産額

(千円)

5,552,316

6,187,855

6,068,748

総資産額

(千円)

5,874,356

6,334,478

6,592,577

1株当たり四半期
(当期)純利益金額

(円)

47.64

23.59

97.88

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益金額

(円)

1株当たり配当額

(円)

12

自己資本比率

(%)

94.5

97.7

92.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

820,693

482,038

1,131,427

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,016

24,245

1,562

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

101,680

122,779

101,771

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(千円)

5,276,440

5,921,551

5,586,537

 

 

回次

第18期
第2四半期会計期間

第19期
第2四半期会計期間

会計期間

自  2019年1月1日
至  2019年3月31日

自  2020年1月1日
至  2020年3月31日

1株当たり四半期純利益金額

(円)

22.21

3.18

 

(注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益につきましては、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

 

2 【事業の内容】

 当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

当第2四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。なお、新型コロナウィルス感染症による事業への影響については、現時点では発生しておりませんが、今後も予断を許さない状況であるため引き続き注視してまいります。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当第2四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。

 

(1) 経営成績の状況

当社はコンテンツメーカーとして、オリジナリティあふれるゲームコンテンツ及びサービスの創出を行い、その魅力を様々な分野・プラットフォームを通じて世界中のお客様にお伝えすることに努めております。

当第2四半期累計期間の製品部門におきましては、累計販売台数が1億600万台を突破した据え置き型ゲーム機PlayStation4向けに、「イース セルセタの樹海:改」(2019年5月発売)や「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)スーパープライス」(2019年6月発売)のほか、「イース」シリーズ最新作「イースⅨ-Monstrum NOX-(モンストルム・ノクス)」(2019年9月発売)を販売しております。
 また、据え置き型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 零の軌跡:改」を2020年4月に発売し、同じくPlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 碧の軌跡:改」を2020年5月に発売いたします。

なお、累計販売本数450万本を突破している「軌跡」シリーズ最新作「英雄伝説 創(はじまり)の軌跡」につきましては、2020年8月の発売に向けて鋭意制作中です。

その結果、製品部門の当第2四半期累計期間の売上高は48百万円(前年同期比59.3%減)となりました。

 

ライセンス部門におきましては、2019年10月に携帯型ゲーム機PlayStationVita向けゲームソフト「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」「英雄伝説 碧の軌跡 Evolution」の繁体字中国語版及び韓国語版を、据え置き型ゲーム機PlayStation4向けに「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」の英仏語版を発売しました。2020年2月には、据え置き型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「イースⅨ -Monstrum NOX-(モンストルム・ノクス)」繁体字中国語版及び韓国語版を、2020年3月には「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」をNintendo Switch及びPC向けに発売しました。

その他、旧タイトルのPCゲーム英語版ダウンロード販売やオンラインストーリーRPG「英雄伝説 暁の軌跡」、Nintendo Switch向け「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」、据え置き型ゲーム機PlayStation4及びPC向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」英語版や「イース オリジン」日本語を含む多言語版、中国で展開しているスマートフォン向けアプリ「空の軌跡」のほか、「ラングリッサーモバイル」などのゲームタイトルとのコラボレーション展開を進め、ユーザー層の拡大を図りました。

なお、据え置き型ゲーム機PlayStation4向けに「イース セルセタの樹海:改」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年4月に、「英雄伝説 零の軌跡:改」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年5月に、「イース セルセタの樹海:改」英語版と「英雄伝説 碧の軌跡:改」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年6月にそれぞれ発売いたします。また、Nintendo Switch向けには「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年5月に、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」英仏語版を2020年6月に発売する予定です。

その結果、ライセンス部門の当第2四半期累計期間の売上高は659百万円(前年同期比29.0%減)となりました。

 

以上の結果、当第2四半期累計期間の業績は、売上高は707百万円(前年同期比32.4%減)、営業利益は344百万円(前年同期比50.8%減)、経常利益は346百万円(前年同期比50.6%減)、四半期純利益は242百万円(前年同期比50.5%減)となりました。

 

 

(2) 財務状態の分析

(総資産)

当第2四半期会計期間末における総資産は、主に現金及び預金が335百万円増加したことに対し、売掛金が573百万円減少したことにより6,334百万円(前事業年度末比3.9%減)となりました。

 

(負債)

当第2四半期会計期間末における負債は、主に買掛金が106百万円減少したこと、未払法人税等が146百万円減少したことにより146百万円(前事業年度末比72.0%減)となりました。

 

(純資産)

当第2四半期会計期間末における純資産は、配当金の支払い123百万円があったことに対し、四半期純利益を242百万円計上したことにより6,187百万円(前事業年度末比2.0%増)となりました。

 

(3) キャッシュ・フローの状況

当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比較して335百万円増加し、5,921百万円となりました。各キャッシュ・フローの主な状況は、次の通りであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果増加した資金は482百万円(前年同期は820百万円の増加)となりました。これは主として、法人税等の支払額が209百万円、仕入債務の減少が106百万円、未払金の減少が45百万円あったものの、税引前四半期純利益を346百万円計上したこと、売上債権の減少が573百万円あったためであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果減少した資金は24百万円(前年同期は1百万円の減少)となりました。これは、有形固定資産の取得による支出が3百万円、敷金及び保証金の差入による支出が20百万円あったためであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果減少した資金は122百万円(前年同期は101百万円の減少)となりました。これは配当金の支払いによるものであります。

 

(4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

(5) 研究開発活動

当第2四半期累計期間における研究開発活動の金額は、230百万円であります。なお、当第2四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。

 

3 【経営上の重要な契約等】

当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結はありません。

 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

34,800,000

34,800,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第2四半期会計期間
末現在発行数(株)
(2020年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年5月18日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

10,280,000

10,280,000

東京証券取引所
(マザーズ)

単元株式数は100株であります。

10,280,000

10,280,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

  該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2020年1月1日~
2020年3月31日

10,280,000

164,130

319,363

 

 

 

(5) 【大株主の状況】

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社日本ファルコムホールディングス

東京都立川市曙町2-8-18

4,160,000

40.46

加藤正幸

東京都日野市

1,150,000

11.18

加藤圭

東京都日野市

498,900

4.85

加藤翔

東京都日野市

495,000

4.81

五味大輔

長野県松本市

470,000

4.57

石川三恵子

神奈川県相模原市南区

145,700

1.41

草野孝之

東京都八王子市

143,500

1.39

STATE STREET BANK AND TRUST CLIENT OMNIBUS ACCOUNT OM02 505002 (常任代理人 株式会社みずほ銀行)

100 KING STREET WEST, SUITE 3500, PO BOX 23 TORONTO, ONTARIO M5X 1A9 CANADA(東京都港区港南2-15-1)

140,000

1.36

STATE STREET CLIENT OMNIBUS ACCOUNT OM44(常任代理人 香港上海銀行)

P.O. BOX 1631 BOSTON, M ASSACHUSETTS 02105-1631(東京都中央区日本橋3-11-1)

135,500

1.31

J.P. MORGAN BANK LUXEMBOURG S.A. 1300002(常任代理人 株式会社みずほ銀行)

EUROPEAN BANK AND BUSINESS CENTER 6, ROUTE DE TREVES, L-2633 SENNINGERBERG, LUXEMBOURG(東京都港区港南2-15-1)

125,400

1.21

7,464,000

72.60

 

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

200

完全議決権株式(その他)

普通株式

10,276,900

 

102,769

単元未満株式

2,900

発行済株式総数

10,280,000

総株主の議決権

102,769

 

 

② 【自己株式等】

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

日本ファルコム株式会社

東京都立川市曙町2-8-18

200

200

0.00

200

200

0.00

 

(注) 上記のほか、単元未満自己株式数49株を所有しております。

 

2 【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における、役員の異動はありません。

第4 【経理の状況】

 

1.四半期財務諸表の作成方法について

当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第63号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)及び第2四半期累計期間(2019年10月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。

 

3.四半期連結財務諸表について

当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表は作成しておりません。

 

1 【四半期財務諸表】

(1) 【四半期貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2019年9月30日)

当第2四半期会計期間

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

5,586,537

5,921,551

 

 

売掛金

728,053

154,514

 

 

製品

2,926

846

 

 

原材料

1,083

941

 

 

その他

16,378

10,908

 

 

流動資産合計

6,334,979

6,088,762

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

3,440

5,855

 

 

無形固定資産

927

839

 

 

投資その他の資産

253,230

239,021

 

 

固定資産合計

257,598

245,716

 

資産合計

6,592,577

6,334,478

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

107,828

1,742

 

 

未払法人税等

218,569

72,465

 

 

賞与引当金

30,000

13,500

 

 

その他

167,431

58,915

 

 

流動負債合計

523,829

146,623

 

負債合計

523,829

146,623

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

164,130

164,130

 

 

資本剰余金

319,363

319,363

 

 

利益剰余金

5,585,556

5,704,662

 

 

自己株式

300

300

 

 

株主資本合計

6,068,748

6,187,855

 

純資産合計

6,068,748

6,187,855

負債純資産合計

6,592,577

6,334,478

 

(2) 【四半期損益計算書】

【第2四半期累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2018年10月1日

 至 2019年3月31日)

当第2四半期累計期間

(自 2019年10月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

1,047,459

707,817

売上原価

35,610

17,462

売上総利益

1,011,848

690,354

販売費及び一般管理費

 312,250

 346,070

営業利益

699,598

344,284

営業外収益

 

 

 

受取利息

24

29

 

受取配当金

1,160

1,452

 

未払配当金除斥益

655

618

 

営業外収益合計

1,840

2,099

営業外費用

 

 

 

為替差損

265

251

 

営業外費用合計

265

251

経常利益

701,173

346,132

税引前四半期純利益

701,173

346,132

法人税、住民税及び事業税

215,625

68,961

法人税等調整額

4,152

34,707

法人税等合計

211,473

103,668

四半期純利益

489,700

242,463

 

(3) 【四半期キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2018年10月1日

 至 2019年3月31日)

当第2四半期累計期間

(自 2019年10月1日

 至 2020年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税引前四半期純利益

701,173

346,132

 

減価償却費

1,025

1,254

 

賞与引当金の増減額(△は減少)

12,750

16,500

 

受取利息及び受取配当金

1,185

1,481

 

売上債権の増減額(△は増加)

855,404

573,812

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

1,578

2,221

 

その他の資産の増減額(△は増加)

501

5,635

 

仕入債務の増減額(△は減少)

223,420

106,086

 

未払金の増減額(△は減少)

59,954

45,879

 

未払消費税等の増減額(△は減少)

38,505

53,114

 

その他の負債の増減額(△は減少)

11,217

15,651

 

小計

1,212,650

690,343

 

利息及び配当金の受取額

1,185

1,481

 

法人税等の支払額

393,142

209,786

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

820,693

482,038

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

有形固定資産の取得による支出

1,016

3,580

 

敷金及び保証金の差入による支出

-

20,664

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

1,016

24,245

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

自己株式の取得による支出

79

-

 

配当金の支払額

101,601

122,779

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

101,680

122,779

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

717,996

335,013

現金及び現金同等物の期首残高

4,558,444

5,586,537

現金及び現金同等物の四半期末残高

 5,276,440

 5,921,551

 

【注記事項】
(会計方針の変更等)

該当事項はありません。

 

(四半期損益計算書関係)

※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額は、次のとおりであります。

 

前第2四半期累計期間

(自  2018年10月1日

至  2019年3月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2019年10月1日

至  2020年3月31日)

研究開発費

200,371

千円

230,377

千円

 

 

(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。

 

前第2四半期累計期間

(自  2018年10月1日

至  2019年3月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2019年10月1日

至  2020年3月31日)

現金及び預金

5,276,440千円

5,921,551千円

現金及び現金同等物

5,276,440千円

5,921,551千円

 

 

(株主資本等関係)

Ⅰ  前第2四半期累計期間(自  2018年10月1日  至  2019年3月31日)

配当に関する事項

(1) 配当金支払額

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2018年12月19日
定時株主総会

普通株式

102,798

10

2018年9月30日

2018年12月20日

利益剰余金

 

 

(2) 基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

Ⅱ  当第2四半期累計期間(自  2019年10月1日  至  2020年3月31日)

配当に関する事項

(1) 配当金支払額

 

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年12月18日
定時株主総会

普通株式

123,357

12

2019年9月30日

2019年12月19日

利益剰余金

 

 

(2) 基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

(金融商品関係)

金融商品の四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動はありません。 

 

(有価証券関係)

該当事項はありません。 

 

(デリバティブ取引関係)

当社はデリバティブ取引を行っておりませんので、該当事項はありません。 

 

(持分法損益等)

該当事項はありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

前第2四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年3月31日

 当社は、ゲーム開発・販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

当第2四半期累計期間(自 2019年10月1日 至 2020年3月31日

 当社は、ゲーム開発・販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前第2四半期累計期間

(自  2018年10月1日

至  2019年3月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2019年10月1日

至  2020年3月31日)

  1株当たり四半期純利益金額

47円64銭

23円59銭

    (算定上の基礎)

 

 

    四半期純利益金額(千円)

489,700

242,463

    普通株主に帰属しない金額(千円)

    普通株式に係る四半期純利益金額(千円)

489,700

242,463

    普通株式の期中平均株式数(株)

10,279,814

10,279,751

 

(注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

2 【その他】

該当事項はありません。

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

2020年5月14日

日本ファルコム株式会社

取締役会  御中

三優監査法人

 

 

指定社員
業務執行社員

 

公認会計士

鳥  居      陽

 

 

指定社員

業務執行社員

 

公認会計士

森  田    聡

 

 

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本ファルコム株式会社の2019年10月1日から2020年9月30日までの第19期事業年度の第2四半期会計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)及び第2四半期累計期間(2019年10月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、日本ファルコム株式会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以  上

 

 

(注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

 

E05360-000 2020-05-18