EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年12月18日

【事業年度】

第19期(自  2019年10月1日  至  2020年9月30日)

【会社名】

日本ファルコム株式会社

【英訳名】

NIHON FALCOM CORPORATION

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長    近藤  季洋

【本店の所在の場所】

東京都立川市曙町二丁目8番18号

【電話番号】

042(527)0555

【事務連絡者氏名】

取締役    中野 貴司

【最寄りの連絡場所】

東京都立川市曙町二丁目8番18号

【電話番号】

042(527)0555

【事務連絡者氏名】

取締役    中野 貴司

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05360 37230 日本ファルコム株式会社 NIHON FALCOM CORPORATION 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2019-10-01 2020-09-30 FY 2020-09-30 2018-10-01 2019-09-30 2019-09-30 1 false false false E05360-000 2020-12-18 E05360-000 2015-10-01 2016-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2016-10-01 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2017-10-01 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2016-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2017-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 E05360-000 2020-12-18 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05360-000 2020-09-30 E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05360-000 2020-09-30 jpcrp_cor:Row1Member E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:ToshihiroKondoMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:MiekoIshikawaMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:TakayukiKusanoMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:TakashiNakanoMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:TomioMurayamaMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:YoshinobuNakaharaMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp030000-asr_E05360-000:AkioIshiharaMember E05360-000 2020-12-18 jpcrp_cor:Row1Member E05360-000 2020-12-18 jpcrp_cor:Row2Member E05360-000 2020-12-18 jpcrp_cor:Row3Member E05360-000 2020-12-18 jpcrp_cor:Row4Member E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05360-000 2019-09-30 E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2018-10-01 2019-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2019-10-01 2020-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05360-000 2020-09-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

 

回次

第15期

第16期

第17期

第18期

第19期

決算年月

2016年9月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

売上高

(千円)

1,464,182

2,056,383

2,357,991

2,454,128

2,496,586

経常利益

(千円)

584,378

968,446

1,294,648

1,472,367

1,352,163

当期純利益

(千円)

386,907

642,601

836,877

1,006,163

875,723

持分法を適用した
場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

164,130

164,130

164,130

164,130

164,130

発行済株式総数

(株)

10,280,000

10,280,000

10,280,000

10,280,000

10,280,000

純資産額

(千円)

3,840,286

4,410,929

5,165,494

6,068,748

6,821,115

総資産額

(千円)

4,155,877

5,023,668

6,009,582

6,592,577

7,682,001

1株当たり純資産額

(円)

373.57

429.08

502.49

590.36

663.55

1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)

(円)

7

8

10

12

12

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益

(円)

37.64

62.51

81.41

97.88

85.19

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

92.4

87.8

86.0

92.1

88.8

自己資本利益率

(%)

10.5

15.6

17.5

17.9

13.6

株価収益率

(倍)

16.6

16.2

16.0

14.0

16.4

配当性向

(%)

18.6

12.8

12.3

12.3

14.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

831,552

113,055

792,728

1,131,427

1,706,628

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

324

6,862

1,562

27,924

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

71,489

71,377

81,785

101,771

122,985

現金及び
現金同等物の期末残高

(千円)

3,812,687

3,847,502

4,558,444

5,586,537

7,142,256

従業員数

(人)

46

54

57

60

60

株主総利回り

(%)

63.4

102.9

132.9

141.2

145.2

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(95.8)

(123.9)

(137.3)

(123.1)

(129.1)

最高株価

(円)

1,190

1,286

1,735

1,850

1,527

最低株価

(円)

540

590

790

817

800

 

 

(注) 1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4.2016年9月期以降の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

5.従業員数については、就業人員であります。

6.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものであります。

 

2 【沿革】

 

年月

事項

2001年11月
 
 

ゲームソフトの企画、制作、開発及び販売業務を分離することを目的として旧日本ファルコム株式会社(設立:1981年3月9日、本店所在地:東京都立川市、現株式会社ファルコム)から新設分割により設立(本店所在地:東京都立川市曙町一丁目14番13号、資本金:10,000千円)

2001年12月
 
 

ファルコムブランド製品の企画、制作及び販売(通信販売事業)及びデザイン等の企画並びに制作業務を承継することを目的として株式会社ファルコムドットコム(設立:1988年6月23日、本店所在地:東京都立川市)から吸収分割により業務を承継

2003年12月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

 

 

3 【事業の内容】

当社はゲームソフトの企画、制作、開発及び販売を主たる業務としており、製品部門及びライセンス部門の二部門によって事業活動を展開しております。

 

各部門の位置づけは、以下のとおりであります。

(製品部門)

・主にロールプレイングゲーム(注)を中心としたゲームソフトの企画、制作、開発及び販売。

・海外ゲームソフト会社からライセンスを受けたゲームソフトの制作(日本語版制作等)及び販売。

・音楽CDの企画、制作及び販売。

 

(ライセンス部門)

・日本国内の各種家庭用ゲーム機ソフトの開発及び販売のライセンス許諾。

・海外への当社ゲームソフトの現地語化及び現地に限定した販売ライセンスの許諾。

・当社のゲームソフト及びゲーム音楽を利用して、モバイル上でサービスを提供するライセンスの許諾。

・当社のゲームソフトをインターネット上でダウンロード販売するライセンスの許諾。

・書籍等についての製作及び販売のライセンス許諾。

 

 

[事業系統図]

 


 

(注)  ロールプレイングゲーム

ロールプレイングゲームとは、物語の主人公を操作して冒険や謎解きのストーリーを進めていくゲームであり、世界観、シナリオ、グラフィックス、音楽、操作性を創り出すものであります。当社はそれらを主に自社内で制作し、販売しております。

 

 

4 【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

2020年9月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

60

37.1

12.7

5,129

 

(注) 1.従業員数は就業人員であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.平均勤続年数につきましては、当社が会社分割により設立された関係から、会社分割前の旧日本ファルコム株式会社(現株式会社ファルコム)からの勤続年数を引継いでおります。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係はきわめて良好であります。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

   文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針

当社は個人の創造力を尊重し、その効果をチームワークによって最大限に高めることで、オリジナリティあふれるゲームコンテンツ及びサービスの創出を行います。また、これらの魅力を様々な分野・プラットフォームを通じて、世界中のお客様にお伝えすることに努め、継続して事業の裾野を広げていけるよう尽力してまいります。

 

(2) 目標とする経営指標

当社は高い経営効率により、既に高水準の利益率を達成しておりますが、今後は更にコンテンツ及びサービスによる売上高の伸びにも重きを置き、新たな成長を目指します。

 

(3) 経営環境

ゲーム関連業界におきましては、当社の主戦場である家庭用ゲーム機「PlayStation4」の世界累計販売台数が1億1,200万台を突破したほか、「Nintendo Switch」についても6,800万台を突破するなど、引き続き普及拡大が続くなか、次世代機や新しいストリーミングサービスなどの動向にも注目が集まっており、競争は厳しい一方で、コロナ禍においても優良なコンテンツの引き合いは総じて堅調に推移しております。新型コロナウイルス感染症につきましては、現時点において大きな影響はありませんが、引き続き状況を注視してまいります。

 

(4) 中長期的な会社の経営戦略

創業以来、当社が培ってきたノウハウとブランドを基礎に、攻守のバランスが取れた経営基盤作りを推進します。「攻」の要としましては、家庭用ゲーム機やスマートフォンアプリ、ネットワークゲームを中心とする新規分野へのチャレンジと開発技術の革新を重視します。また、「守」の要としましては、スピード、品質の更なる向上、人材育成といったテーマに取り組んでまいります。着実に足元を固めるとともに、常に成長し続けられる企業体質の実現を目指します。

 

(5) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

① 人材育成

コンテンツメーカーとしての競争力をさらに高めるためにも人材の採用及び育成に注力します。業界の中でも老舗として培ってきた多くのノウハウ、技術、価値観を着実に伝えて、組織の中核を担える創造力豊かな人材の育成に取り組みます。

 

② スピード経営の実現

企画・開発・広報・販売といった一連の業務サイクルをより的確かつスピーディーに進めることで、社内の活性化を一層促すとともに、コンテンツ及びサービスを供給するペースをさらに向上してまいります。

 

③ ブランドの進化

当社の保有するゲームコンテンツ及びサービスを、パソコン、家庭用ゲーム機、スマートフォン、オンラインゲームといった各種プラットフォームへ幅広く展開してまいります。自社開発及びライセンス許諾を国内外で効果的に行うことで、ブランドの認知度を高めるとともに収益の最大化を図ります。

 

④ 広告・広報活動

当社のコンテンツ及びサービスを広く知ってもらうべく、費用対効果を見極めながら、広告宣伝及び広報活動を強化してまいります。これにより企業としての知名度をさらに高め、ライセンス許諾、他社との提携、人材獲得といった事業展開を有利に進めるべく邁進してまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

以下において、当社の事業展開その他に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しております。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から開示しております。なお、当社は、これらのリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、本株式に対する投資判断は、以下の記載事項及び本書中の本項以外の記載事項を、慎重に検討された上で行われる必要があります。また、以下の記載は本株式への投資に関連するリスクをすべて網羅するものではありませんので、この点ご留意ください。

 

(1) 自社によるもの

① 開発期間の長期化について

当社の場合、ゲームソフト制作の開発期間は半年から長いもので2、3年を要します。開発期間が長期にわたるため、計画段階における開発期間と実際の開発期間に差異が生じる可能性があります。また、昨今の技術革新により、製品に求められる機能が高度化した場合、開発期間が長期化し、当社の業績に影響を与える可能性があります。

当社は、スケジュール管理を徹底し、開発の遅れを社内全体でカバーできる体制づくりに努め、新技術の情報収集や自社開発エンジンの構築、効率的な開発体制を整備することで、開発期間が長期化しないよう努めています。

 

② 製品の販売推移の傾向について

当社の製品の販売推移については、ゲームソフトの販売開始時に売上の多くが集中するため、新製品を発売した四半期に製品部門の売上高が大きく計上される傾向にあります。

そのため、新製品の発売の時期により四半期ごとに業績が大幅に変動する可能性があります。

 

③ 知的財産について

当社では、新規開発製品に関するもので知的財産の保護の対象となる可能性のあるものについては、必要に応じて特許権・商標権などの取得を目指しておりますが、必ずしもかかる権利を取得できるとは限りません。当社の技術、ノウハウ又はタイトルなどが特許権又は商標権などとして保護されず他社に先んじられた場合には、当社製品の開発又は販売に支障が生じ、当社の業績に影響を与える可能性があります。

なお、現在において当社製品による第三者の知的財産権の侵害は存在していないと認識しておりますが、今後も知的財産権の侵害を理由とする訴訟やクレームが提起されないとは限らず、かかる事態が発生した場合には、当社の業績に影響を与える可能性があります。

 

④ 人材の確保・育成について

当社は人材戦略を事業における最重要課題のひとつとして捉えており、今後の事業拡大には既存のスタッフに加えて、特に開発の分野で十分な知識と技術を有する人材の確保・育成が不可欠であるという認識に立っておりますが、適格な人材を十分確保できなかった場合には、当社の事業拡大に制約を与える可能性があり、また、機会損失が生じるなど当社の業績その他に影響を及ぼす可能性があります。

当社は、優秀な人材を確保するために、また、現在在籍している人材が退職又は転職するなどのケースを最小限に抑えるため、基本報酬について軽視せず、さらに、業績に応じた報酬プログラムを実践しております。また、人材紹介サービスなどの活用により、必要な人材の確保に努めていく方針であります。

 

(2) 環境によるもの

① 法規制などについて

健全なコンテンツの開発及び販売を業容として掲げる当社は、「R18(映画倫理規程管理委員会の規程のひとつ。18歳未満の鑑賞が不適切であることを示す。)」などで規制される事業の展開や商製品の取扱いは現在行っておりません。しかしながら、将来的にコンピュータ又はデジタルコンテンツ関連業者を対象とした法規制が強化された場合、当社の事業に影響を及ぼす可能性があります。

 

② ゲームソフトの違法コピーについて

ゲームソフトに関わる知的所有権を巡って発生している法律問題としては、無許諾の不正コピーに関わる問題があります。

違法コピーにつきましては、未だこれといった決め手が無いのが現状であるため、無許諾の不正コピーが氾濫することにより当社の販売機会が損なわれた場合には、当社の業績に悪影響が出る可能性があります。

 

③ 個人情報の取扱いについて

当社は売上の一部を通信販売によっていることから、顧客の個人情報を保有しております。また、今後当社ホームページを通じた通信販売の増加も予想され、個人情報については社内管理体制を整備し、情報管理への意識を高めるとともに、アクセス権を制限する等個人情報が漏洩することの無いように、取扱いには留意しております。

しかしながら、外部からのハッキングなど、不測の事態により、万が一、個人情報が外部に漏洩するような事態となった場合には当社の信用失墜による売上の減少、又は損害賠償による費用の発生等が起こることも考えられ、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当事業年度のゲーム関連業界におきましては、家庭用ゲーム機「PlayStation4」の世界累計販売台数が1億1,200万台を突破したほか、「Nintendo Switch」についても6,800万台を突破するなど、引き続き普及拡大が続くなか、次世代機や新しいストリーミングサービスなどの動向にも注目が集まっており、競争は厳しい一方で、優良なコンテンツの引き合いは総じて堅調に推移しております。新型コロナウイルス感染症につきましては、現時点において大きな影響はありませんが、引き続き状況を注視してまいります。

当社におきましては、引き続きユーザーの方々に喜んでいただけるゲームソフトづくりにこだわり、その制作に邁進してまいりました。

その結果、当事業年度は据置型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 零(ぜろ)の軌跡:改」、「英雄伝説 碧(あお)の軌跡:改」、そして「英雄伝説 創(はじまり)の軌跡」を発売しました。

また、スマートフォンアプリやブラウザゲームなど、引き続き多方面で当社のIPコンテンツを活用するとともに、引き続きダウンロード販売の強化を実施しました。その他、コミックなどのメディア展開や他社コンテンツとのコラボレーション企画、各種イベントを開催するなど、様々な展開を推し進めました。

 

a.財政状態

当事業年度末の資産合計は、前事業年度末と比較して1,089百万円増加し、7,682百万円となりました。
 当事業年度末の負債合計は、前事業年度末と比較して337百万円増加し、860百万円となりました。

当事業年度末の純資産合計は、前事業年度末と比較して752百万円増加し、6,821百万円となりました。

 

b.経営成績

当社の当事業年度の売上高は2,496百万円(前期比1.7%増)、営業利益は1,349百万円(同8.2%減)、経常利益は1,352百万円(同8.2%減)、当期純利益は875百万円(同13.0%減)となりました。

 

部門別の概況は以下のとおりであります。

<製品部門>

当事業年度は、前事業年度に発売したPlayStation4向けゲームソフト「イース セルセタの樹海:改」、「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)スーパープライス」、「イースⅨ-Monstrum NOX-(モンストルム・ノクス)」を引き続き販売しました。

また、PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 零の軌跡:改」を2020年4月に、「英雄伝説 碧の軌跡:改」を2020年5月に発売しました。

2020年8月には、第一作「英雄伝説 空(そら)の軌跡」を発売して以降、壮大なスケールと徹底的にこだわり抜かれたストーリーで、多くのユーザーから支持を集めている代表作の1つ「軌跡」シリーズ最新作「英雄伝説 創(はじまり)の軌跡」をPlayStation4向けに発売しました。

以上の結果、製品部門の当事業年度の売上高は、1,041百万円(前期比28.3%増)となりました。

 

<ライセンス部門>

当社IPコンテンツの様々なプラットフォームへの展開、当社キャラクターを利用した商品へのライセンス許諾などを行うライセンス部門では、2019年10月に携帯型ゲーム機PlayStationVita向けゲームソフト「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」「英雄伝説 碧の軌跡 Evolution」のそれぞれ繁体字中国語版及び韓国語版と、据置型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 閃(せん)の軌跡Ⅲ」英仏語版を発売しました。2020年2月には、PlayStation4向けゲームソフト「イースⅨ -Monstrum NOX-」繁体字中国語版及び韓国語版を、2020年3月には「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」をNintendo Switch及びPC向けに発売しました。

また、PlayStation4向けゲームソフト「イース セルセタの樹海:改」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年4月に、「英雄伝説 零の軌跡:改」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年5月に、「イース セルセタの樹海:改」英語版と「英雄伝説 碧の軌跡:改」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年6月にそれぞれ発売しました。Nintendo Switch向けには「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-」繁体字中国語版及び韓国語版を2020年5月に、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」英仏語版を2020年6月に発売しました。

2020年8月には、PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 創(はじまり)の軌跡」繁体字中国語版及び韓国語版を発売しました。

その他、旧タイトルのPCゲーム英語版ダウンロード販売やオンラインストーリーRPG「英雄伝説 暁の軌跡」、Nintendo Switch及びPC向けゲームソフト「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-」英仏語版、PlayStation4及びPC向けゲームソフト「東亰ザナドゥeX+(エクスプラス)」英語版や「イース オリジン」日本語を含む多言語版、中国で展開しているスマートフォン向けアプリ「空の軌跡」のほか、「ラングリッサーモバイル」などのゲームタイトルとのコラボレーション展開を進め、ユーザー層の拡大を図りました。

以上の結果、ライセンス部門の当事業年度の売上高は、1,455百万円(前期比11.4%減)となりました。

 
② キャッシュ・フローの状況

当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比較して1,555百万円増加し、7,142百万円となりました。
 営業活動の結果増加した資金は1,706百万円(前期は1,131百万円の収入)となりました。投資活動の結果減少した資金は27百万円(前期は1百万円の支出)でした。財務活動の結果減少した資金は122百万円(前期は101百万円の支出)となりました。

 

③ 生産、受注及び販売の状況

a.生産実績

当社は研究開発事業を主体とする会社であり、生産設備を保有していないため、該当事項はありません。

 

b.受注状況

当社は受注による生産を行っていないため、該当事項はありません。

 

c.販売実績

販売実績を事業部門別に示すと、次のとおりであります。

 

事業部門

当事業年度

(自  2019年10月1日

至  2020年9月30日)

前期比増減率(%)

製品部門(千円)

1,041,417

28.3

ライセンス部門(千円)

1,455,169

△11.4

合計(千円)

2,496,586

1.7

 

(注) 1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.最近2事業年度の主要な販売先及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

 

相手先

前事業年度

(自  2018年10月1日

至  2019年9月30日)

当事業年度

(自  2019年10月1日

至  2020年9月30日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

718,682

29.3

866,742

34.7

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

830,925

33.9

516,499

20.7

株式会社クラウディッドレパードエンタテインメント

320,036

12.8

 

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末において当社が判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。なお、新型コロナウイルス感染症については不確定な要素もありますが、財務諸表に及ぼす影響は軽微です。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載のとおりであります。

 

② 経営成績の分析

当事業年度の売上高は、前事業年度と比較して42百万円増加し、2,496百万円となりました。製品売上高は、主に据置型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「イース セルセタの樹海:改」、「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-スーパープライス」、「イースⅨ-Monstrum NOX-」、「英雄伝説 零の軌跡:改」、「英雄伝説 碧の軌跡:改」、そして「英雄伝説 創(はじまり)の軌跡」等を販売した結果、前事業年度と比較して229百万円増加し、1,041百万円となりました。ライセンス収入は、PlayStation4向けに「イース セルセタの樹海:改」「英雄伝説 零の軌跡:改」「英雄伝説 碧の軌跡:改」「イースⅨ -Monstrum NOX-」「英雄伝説 創の軌跡」の繁体字中国語及び韓国語版、「イース セルセタの樹海:改」英語版、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」英仏語版を発売し、Nintendo Switch向けに「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-」繁体字中国語及び韓国語版、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」英仏語版を発売したほか、旧タイトルやダウンロード販売も健闘したものの、前事業年度と比較して187百万円減少し、1,455百万円となりました。

売上原価は、製品売上の増加に伴い前事業年度より141百万円増加し、361百万円となりました。

販売費及び一般管理費は、主に広告宣伝費や運賃及び荷造費が増加したことから前事業年度より21百万円増加し、785百万円となりました。売上原価と販売費及び一般管理費増加の結果、営業利益は前事業年度と比較して120百万円減少し、1,349百万円となりました。

経常利益は、前事業年度と比較して120百万円減少し1,352百万円、税引前当期純利益は前事業年度と比較して120百万円減少し1,352百万円となりました。

当期純利益は、前事業年度と比較して130百万円減少し875百万円となりました。

 

③ 財政状態の分析

当事業年度の資産につきましては、前事業年度末と比較して1,089百万円増加し、7,682百万円となりました。その主な要因は、現金及び預金の増加が1,555百万円、売掛金の減少が587百万円あったことによるものであります。
 負債につきましては、前事業年度末と比較して337百万円増加し、860百万円となりました。その主な要因は、未払法人税等の増加が302百万円、未払消費税等の増加が37百万円あったことによるものであります。
 純資産につきましては、前事業年度末と比較して752百万円増加し、6,821百万円となりました。その要因は、剰余金の配当が123百万円あったことに対して、当期純利益が875百万円あったことによるものであります。

 

④ キャッシュ・フローの分析

当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比較して1,555百万円増加し、7,142百万円となりました。
 当事業年度における各キャッシュ・フローは、次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
 営業活動の結果増加した資金は1,706百万円となりました。これは主に、税引前当期純利益を1,352百万円計上したこと及び法人税等の支払額が280百万円あったものの、売上債権の減少が609百万円あったことによるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
 投資活動の結果減少した資金は27百万円となりました。これは、敷金及び保証金の差入による支出が20百万円、有形固定資産の取得による支出が7百万円あったためであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
 財務活動の結果減少した資金は122百万円となりました。これは主に、配当金の支払いによる支出が122百万円あったためであります。

 

(参考) キャッシュ・フロー関連指標の推移

 

2016年9月

2017年9月

2018年9月

2019年9月

2020年9月

自己資本比率(%)

92.4

87.8

86.0

92.1

88.8

時価ベースの自己資本比率(%)

154.6

206.9

222.4

213.8

187.2

キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)

インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)

 

(注) 自己資本比率:自己資本/総資産

    時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

    キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー

    インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い

    1.株式時価総額は、期末株式終値×期末発行済株式総数により算出しております。

2.キャッシュ・フロー対有利子負債比率及びインタレスト・カバレッジ・レシオについては、上記いずれの期においても有利子負債が存在しないため、記載しておりません。

 
⑤ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

当社の事業活動における運転資金需要の主なものは、ゲームソフトの開発費や販売費及び一般管理費等の営業費用によるものであります。これらの資金需要につきましては、自己資金により賄うことを基本方針としております。

 

⑥ 経営成績に重要な影響を与える要因について

当社の経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」をご参照ください。

 

⑦ 今後の見通し

次期におきましては、PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ スーパープライス」や「英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ スーパープライス」、Nintendo Switch向けには「英雄伝説 閃の軌跡Ⅰ:改」、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ:改」、「イース オリジン」などを発売いたします。

北米欧州・アジア地域には、PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ」英語版やNintendo Switch版「イース オリジン」のほか、特にアジア方面では、Nintendo Switch向けに「英雄伝説 零の軌跡:改」「英雄伝説 碧の軌跡:改」の繁体字中国語版及び韓国語版や、「英雄伝説 閃の軌跡Ⅰ:改」「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ:改」「英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ」「英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ」といった「閃の軌跡」シリーズタイトルのNintendo SwitchやPCゲームのSteam向けにそれぞれ繁体字中国語版及び韓国語版を発売いたします。

その他、「英雄伝説 創の軌跡 オリジナルサウンドトラック」や「Falcomアクースティックス2」などの音楽アルバムの発売、音楽配信についても国内だけでなくアジアを含めた海外に向けて配信いたします。

そして、当社は来年で創立40周年を迎え、創立40周年記念タイトルとして、完全新作の「軌跡」シリーズ最新作を含めた複数タイトルを家庭用ゲーム機向けに発売する予定です。「軌跡」シリーズは、「日本ゲーム大賞 優秀賞」「日本ゲーム大賞 フューチャー部門」「ファミ通アワード」「プレイステーションアワード ユーザーズチョイス賞」など、多くの受賞歴があり、シリーズ累計販売数が500万本を超える当社代表作の1つです。

当社ゲームコンテンツを、日本・北米欧州・アジア地域へワールドワイドに向けて、様々なゲーム機やスマートフォンアプリ等へと展開し、保有するIPコンテンツを積極的に活用するとともに、引き続き「軌跡」「イース」シリーズを含めた、新たなチャレンジとなる新規タイトルの制作も進めながら、今後も魅力的なゲームコンテンツを提供してまいります。

2021年9月期の業績見通しにつきましては、売上高2,500百万円(前期比0.1%増)、営業利益1,300百万円(前期比3.7%減)、経常利益1,300百万円(前期比3.9%減)、当期純利益860百万円(前期比1.8%減)を見込んでおります。

当社の業績推移の特徴としましては、新製品の発売月に売上高が集中する傾向にあります。次期の売上見込みにつきましては、下半期の比率が高いことから、第2四半期の業績予想は、通期の業績予想に対して比重が低いものとなっております。

なお、新型コロナウイルス感染症につきましては、現時点において大きな影響はないものの、不確定な要素も多分に含んでおりますので、今後業績見通しの修正が必要となった場合には、速やかに公表いたします。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

 (1) 研究開発の目的及び主な内容について

当社はコンテンツメーカーとして、ゲームソフトを通じてユーザーに夢と感動を与えるとともに、市場の真のニーズを把握し、ユーザーに満足していただける良質かつ高感度の製品を供給することを目的として研究開発活動を行っております。

現在の研究開発活動は、これまでのゲームソフトの開発に加え、ネットワークや通信を利用したゲームソフトのための技術革新や新規製品開発にも取り組んでおります。

 

 (2) 研究開発の体制

技術革新に関する研究開発はクリエイティブユニットにおいて行われており、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation4や任天堂株式会社のNintendo Switch、ストリーミングゲーム等のプラットフォームの他、PlayStation5等の次世代機への対応、及びビジュアル機能の高度化に伴うデジタルグラフィックや3Dの最先端技術研究と自社製品への取り込みを行っております。また、ゲームソフトの制作を支援するツールの研究開発、さらには開発の合理化及びクオリティの向上を目的とする研究等を行い、それらの成果物を全社で共有することによって、制作の効率化、技術基盤の集約を可能としております。製品開発のプロジェクトは、当社クリエイティブユニットとデザインユニットの連携にて行われており、各々のプロジェクトについては、その進捗状況に応じた人員と経営資源の配置を行っております。

 

 (3) 研究開発の成果

研究開発の成果といたしましては、据置型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説 零(ぜろ)の軌跡:改」(2020年4月23日発売)、「英雄伝説 碧(あお)の軌跡:改」(2020年5月28日発売)及び「英雄伝説 創(はじまり)の軌跡」(2020年8月27日発売)を制作、発売しました。

 

 (4) 研究開発費の総額

当事業年度における研究開発費の総額は、484,007千円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度における設備投資について、特記すべき事項はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社の事業所は1ヶ所のみであり、主要な設備は以下のとおりであります。

2020年9月30日現在

事業所名

所在地

設備の内容

帳簿価額

従業員数
(人)

建物附属
設備
(千円)

工具、器具
及び備品
(千円)

ソフトウエア
(千円)

合計
(千円)

本社

東京都
立川市

統括業務施設
販売設備
研究開発設備

489

9,901

19

10,410

60

 

(注) 1.主な賃借設備は、以下のとおりであります。

本社事務所:年間賃借料  52,681千円

2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

34,800,000

34,800,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年9月30日)

提出日現在
発行数(株)
(2020年12月18日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

10,280,000

10,280,000

東京証券取引所
(マザーズ)

単元株式数は100株であります。

10,280,000

10,280,000

 

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2013年4月

(注)

10,177,200

10,280,000

164,130

 ―

319,363

 

(注)株式分割(1:100)によるものであります。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2020年9月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

3

15

12

39

17

3,107

3,193

所有株式数
(単元)

179

860

42,007

12,384

47

47,299

102,776

2,400

所有株式数
の割合(%)

0.17

0.84

40.87

12.05

0.05

46.02

100.00

 

 (注)自己株式249株は、「個人その他」に2単元、「単元未満株式の状況」に49株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2020年9月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社日本ファルコムホールディングス

東京都立川市曙町2-8-18

4,160,000

40.46

加藤正幸

東京都日野市

1,150,000

11.18

加藤圭

東京都日野市

498,900

4.85

加藤翔

東京都日野市

495,000

4.81

五味大輔

長野県松本市

470,000

4.57

NOMURA PB NOMINEES LIMITED OMNIBUS-MARGIN (CASHPB)(常任代理人 野村證券株式会社)

1 ANGEL LANE, LONDON, EC4R 3AB UNITED KINGDOM(東京都中央区日本橋1-13-1)

343,600

3.34

KOREA SECURITIES DEPOSITORY - SAMSUNG(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

34-6,YEOUIDO-DONG,YEONGDEUNGPO-GU,SEOUL, KOREA(東京都新宿区新宿6-27-30)

293,600

2.85

石川三恵子

神奈川県相模原市南区

146,700

1.42

草野孝之

東京都八王子市

143,600

1.39

NORTHERN TRUST CO. (AVFC) SUB A/C NONTREATY(常任代理人 香港上海銀行東京支店)

50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON E14 5NT, UK(東京都中央区日本橋3-11-1)

136,600

1.32

7,838,000

76.26

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年9月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

200

完全議決権株式(その他)

普通株式

102,774

10,277,400

単元未満株式

2,400

発行済株式総数

10,280,000

総株主の議決権

102,774

 

 

② 【自己株式等】

2020年9月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数の
割合(%)

(自己保有株式)

日本ファルコム株式会社

東京都立川市曙町2-8-18

200

200

0.00

200

200

0.00

 

(注)上記のほか、単元未満自己株式数49株を所有しております。

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額(千円)

株式数(株)

処分価額の総額(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(  ―  )

保有自己株式数

249

249

 

(注)当期間における保有自己株式数には、2020年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主各位に対する利益還元を経営の最重要課題としてとらえております。利益配分につきましては、将来の事業展開と経営基盤の強化のために必要な内部留保資金を確保しつつ、各期の経営成績を考慮の上、年1回の期末配当にて適切な剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

剰余金の配当決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当事業年度の配当につきましては、配当金総額123百万円、1株当たり6円(普通配当)に、記念配当6円(「軌跡シリーズ500万本突破」記念配当)を加えた12円の期末配当を、2020年12月17日の定時株主総会で決議いたしました。また、次期の配当につきましては、期末配当として1株当たり普通配当10円に加え、業績に応じて記念配当を実施する予定であります。

当社は、「取締役会の決議によって、毎年3月31日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

内部留保資金につきましては、経営基盤の強化を図りながら、将来の事業展開に役立ててまいりたいと考えております。

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、株主、従業員、取引先、顧客など、当社を取り巻くステークホルダーの利益を考慮しながら、企業価値向上のために、迅速な意思決定や業務執行による経営効率の追求と、経営の健全性、透明性を確保するためのコーポレート・ガバナンスを充実させていきたいと考えております。

 

②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は、取締役会設置会社及び監査役会設置会社となっております。迅速な意思決定と業務執行を進めると同時に、経営の健全性、透明性を確保する観点から、当該体制を採用しております。

 

イ.取締役会

取締役会は、代表取締役社長の近藤季洋を議長とし、取締役の石川三恵子、取締役の草野孝之、取締役の中野貴司の計4名で構成されております。毎月1回の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催することで、迅速な意思決定を行える体制となっております。取締役会では、経営上の意思決定機関として、取締役会規程に基づいて重要事項を決議し、取締役の業務執行を監督しております。また、取締役会には、監査役3名が出席して、取締役会の意思決定、業務執行の状況を監視できる体制となっております。

 

ロ.監査役会、監査役

監査役会は、常勤監査役の村山富男を議長とし、常勤監査役の中原嘉伸、非常勤監査役の石原彰生の計3名で構成されており、村山富男と石原彰生は社外監査役であります。原則として二ヶ月に1回の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時の監査役会を開催しております。監査役は取締役会等の重要会議への出席、各部門への往査、重要書類の閲覧、担当者へのヒアリング等により、取締役の職務執行の監視を含む監査を行っております。また、内部監査担当者及び会計監査人との連携により、経営に対する適切な監視と効率的な監査を実施しております。

 

ハ.会計監査人

会計監査人と監査契約を締結し、会社法及び金融商品取引法に基づく監査を受けております。

 


 

 

③  企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備の状況

当社は、以下の内部統制システム構築の基本方針を定め、整備を進めております。

・取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

取締役及び従業員の職務の執行が法令、定款及び社内規程に準拠し、適正かつ健全に行われるために、取締役会は実効性ある内部統制システムの構築と、会社による全体としての法令定款遵守の体制の確立に努める。

・取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理については、管理部門を管掌する取締役を担当役員とし、社内規程等に基づき、職務の執行に係る情報を文書または、電磁的媒体で記録し、取締役、監査役が適切かつ確実に閲覧可能な状態で保存、管理する。

・損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社の業務執行に係るリスクに関して、各関係部門においてそれぞれ予見されるリスクの分析と識別を行い、リスク管理体制を明確化するとともに、内部監査担当者が部署毎のリスク管理の状況を監査し、その結果を定期的に取締役会に報告する。

・当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

定例取締役会を毎月1回開催し、業務執行に係る重要な意思決定を行う。また、取締役会規程等に基づく職務権限、意思決定に関する規則により、適正かつ効率的に職務の執行が行われる体制をとる。

・監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

監査役が求めた場合、監査役の職務を補助する専任スタッフを配置するとともに、必要に応じて管理部門のスタッフが補助する。

・監査役を補助する使用人の独立性及び指示の実効性の確保に関する事項

監査役の職務を補助するスタッフに関する人事異動、人事評価懲戒処分等については、監査役の承認を得なければならない。監査役の職務を補助するスタッフは、取締役及び上長の指揮命令を受けないものとする。

・取締役及び従業員が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

監査役は、取締役会、その他の重要な会議に出席し、また、重要な決裁書類及び関係資料を閲覧する。代表取締役及び業務執行を担当する取締役は、取締役会等の重要な会議において、その担当する業務の執行状況を報告する。

取締役及び従業員は、重大な法令または定款違反及び不正な行為並びに当社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実を知った場合、遅滞なく監査役に報告する。また、監査役は必要に応じて取締役及び従業員に対し報告を求めることができる。

・監査役への報告を理由に不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

取締役及び従業員に対し、監査役への報告を理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、当該報告の協力を行った者についても同様とする。

・監査役の職務執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は償還の処理に係る方針に関する事項

監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払い等の請求をしたときは、関係部門において検討し、当該請求に係る費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかにこれに応じるものとする。

・その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役は内部監査担当者と緊密な関係を保つとともに、必要に応じて調査を求め、適切かつ効果的な監査業務の遂行を図る。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

当社は、コーポレートユニットを主管部署としたリスク管理体制の整備を行っております。リスク管理規程を定め、リスクを把握し、リスクに対して適切な処置をとる管理体制の整備を行っております。

 

ハ.取締役の定数

当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。

 

ニ.取締役の選任の決議要件

取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

 

ホ.株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

ヘ.自己株式取得の決定機関

経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするために、会社法第165条第2項の規定により、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。

 

ト.中間配当の決定機関

当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年3月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。

 

チ.取締役および監査役の責任免除

当社は、取締役(取締役であった者を含む。)および監査役(監査役であった者を含む。)がその職務の遂行にあたり、期待される役割を十分に発揮することができるよう、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、会社法第423条第1項の責任を法令が定める範囲で免除することが出来る旨を定款に定めております。

 

 

(2) 【役員の状況】

①  役員一覧

男性6名 女性1名 (役員のうち女性の比率14.3%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役社長

近藤 季洋

1975年1月14日

1998年4月

旧日本ファルコム株式会社入社

2001年11月

新設分割により当社に転籍

2005年9月

制作企画委員会部長

2006年12月

取締役制作企画委員会部長

2007年7月

代表取締役社長(現任)

(注)2

80,200

取締役
デザインユニット
エグゼクティブマネージャー

石川 三恵子

1964年1月23日

1987年7月

旧日本ファルコム株式会社入社

2001年11月

新設分割により当社に転籍
取締役デザインユニット部長

2020年1月

取締役デザインユニットエグゼクティブマネージャー(現任)

(注)2

146,700

取締役
クリエイティブユニット
クリエイティブディレクター

草野 孝之

1969年1月27日

1991年4月

旧日本ファルコム株式会社入社

2001年11月

新設分割により当社に転籍
取締役クリエイティブユニット本部長

2020年1月

取締役クリエイティブユニットクリエイティブディレクター(現任)

(注)2

143,600

取締役
コーポレートユニット
エグゼクティブマネージャー

中野 貴司

1975年9月9日

1998年4月

旧日本ファルコム株式会社入社

2001年11月

新設分割により当社に転籍

2008年4月

コーポレートユニット部長

2012年12月

取締役コーポレートユニット部長

2020年1月

取締役コーポレートユニットエグゼクティブマネージャー(現任)

(注)2

900

常勤監査役

村山 富男

1941年12月14日

1968年7月

日本ベルハウエル株式会社入社

1975年4月

東京税理士会登録

2001年11月

当社常勤監査役(現任)

(注)1、3

75,000

常勤監査役

中原 嘉伸

1964年10月17日

1987年5月

株式会社ボールドスタッフ入社

1989年4月

旧日本ファルコム株式会社入社

2001年11月

新設分割により当社に転籍

2002年4月

当社常勤監査役(現任)

(注)3

9,000

監査役

石原 彰生

1952年3月11日

1986年4月

有限会社呉ソフトウェア工房
(現株式会社呉ソフトウェア工房)代表取締役(現任)

2013年12月

当社監査役(現任)

(注)1、4

455,400

 

(注) 1.監査役村山富男及び石原彰生は社外監査役であります。

   2.2020年12月17日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

   3.2020年12月17日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

   4.2017年12月20日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

 

 

②  社外役員の状況

当社は、事業に精通した社内出身者の取締役による効率的かつ迅速な意思決定を重視し、社外取締役を選任しておりません。社外取締役に期待される役割は2名の社外監査役により十分に担われているものと考えておりますが、今後については、企業規模及び事業内容に合わせて社外取締役の選任を検討する予定としております。

村山富男氏につきましては、税理士としての専門知識・経験等を当社の監査体制の強化に活かしていただきたいことから、社外監査役として選任しております。村山富男氏は当社の株式を75,000株所有しておりますが、これらの関係以外に当社との間にその他利害関係はありません。

石原彰生氏につきましては、企業経営及び当業界における豊富な経験や識見を有しており、社外監査役としての職務を適切に遂行していただきたいことから、社外監査役として選任しております。同氏が代表取締役を務める株式会社呉ソフトウェア工房と当社とは通常の会社間の取引はありますが、当社との間に特別な利害関係はありません。

当社は、社外監査役を選任するための独立性について特段の定めを設けておりませんが、専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督または監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことを選任の基本方針としております。

 

③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外役員による監督又は監査については、取締役会及び監査役会への出席や、内部監査担当者と連携した計画的な内部監査の実施、監査役監査や会計監査人とのミーティングを通じて、適宜必要な情報、意見交換を行うことで、連携を図っております。

 

(3) 【監査の状況】

①  監査役監査の状況

監査役会については、3名のうち2名が社外監査役であり、当社の経営を専門的知識や経験から監視できる人材を選任しております。各監査役は監査計画に基づき取締役の業務執行の適法性について監査しております。また、取締役会に出席し、経営の健全性、取締役の職務執行を監督しております。

当事業年度において当社は監査役会を8回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりです。

氏名

開催回数

出席回数

村山 富男

8回

8回

中原 嘉伸

8回

8回

石原 彰生

8回

8回

 

監査役会における主な検討事項としては、監査方針、監査計画の策定、会計監査人の評価や報酬等の同意、内部監査の実施状況、内部統制システムの整備・運用状況、取締役の職務執行の法令及び定款への遵守状況等について検討を行っております。

また、常勤監査役は、取締役会等の重要会議への出席、各部門への往査、重要書類の閲覧、担当者へのヒアリング等を行い、非常勤監査役とも情報共有を行いながら監査を実施しました。

 

②  内部監査の状況

内部監査については、当社は人員規模の観点から、社長を監査責任者として、それぞれの部署間において各部署の部長3名による相互監査を監査役3名と連携し実施しております。なお、今後、組織・業務量等、会社の規模が拡大した際に内部監査部門を設置することを検討しております。

 

 

③  会計監査の状況

イ.監査法人の名称

三優監査法人

 

ロ.継続監査期間

 19年間

 

ハ.業務を執行した公認会計士

 指定社員 業務執行社員  鳥居 陽

 指定社員 業務執行社員 森田 聡

 

ニ.監査業務に係る補助者の構成

 当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士2名、会計士試験合格者2名となっております。

 

ホ.監査法人の選定方針と理由

三優監査法人を選定した理由は、監査法人の品質管理体制や独立性のほか、当社及び当社事業への理解や監査報酬等を総合的に検討した結果、適正な監査業務を実施することができると判断したためであります。監査役会は、会計監査人の解任または不再任の決定の方針として、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任し、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及び解任の理由を報告することとしています。

 

ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、監査法人と定期的にコミュニケーションをとり、監査体制や監査計画、監査実施状況の他、必要に応じて情報交換を行い、監査結果の報告を受けることで、監査法人に対する評価を行っております。

 

④  監査報酬の内容等

イ.監査公認会計士等に対する報酬の内容

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に
基づく報酬
(百万円)

非監査業務に
基づく報酬
(百万円)

監査証明業務に
基づく報酬
(百万円)

非監査業務に
基づく報酬
(百万円)

8

8

 

 

ロ.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(イ.を除く)

該当事項はありません。

 

ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

ニ.監査報酬の決定方針

当社の事業規模、監査日数及び業務の特性等を勘案して決定しております。

 

ホ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りの算定根拠などが適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。

 

(4) 【役員の報酬等】

①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、株主総会において決議された報酬総額の範囲内で、会社業績、個別の担当業務や貢献度、経済情勢等を考慮し、金額を決定しております。2001年9月26日開催の臨時株主総会決議において、取締役の報酬限度額は年額300百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。定款で定める取締役の員数は10名以内とする。)、監査役の報酬限度額は年額50百万円以内(定款で定める監査役の員数は5名以内とする。)と決議しております。

当社の取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、代表取締役社長の近藤季洋であり、取締役会において代表取締役社長が、会社業績、個別の担当業務や貢献度、外部機関の役員報酬調査データ等を総合的に勘案し、各取締役の報酬を決定することについて承認を受けております。

監査役の報酬につきましては、監査役会での協議の上、株主総会で決議された範囲内で決定しております。

 

②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額(百万円)

報酬等の種類別の総額

(百万円)

対象となる役員の員数(人)

基本報酬

賞与

取締役

(社外取締役を除く。)

51

51

4

監査役

(社外監査役を除く。)

7

7

1

社外役員

3

3

2

 

 

③  役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

 

(5) 【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、株価の変動や配当によって利益を得ることを目的として保有する株式を投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式としております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

非上場株式

1

116,578

1

116,578

非上場株式以外の株式

 

 

区分

当事業年度

受取配当金の
合計額(千円)

売却損益の
合計額(千円)

評価損益の
合計額(千円)

非上場株式

2,904

非上場株式以外の株式

 

 

④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

第5 【経理の状況】

 

1.財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年10月1日から2020年9月30日まで)の財務諸表について、三優監査法人により監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。

 

4.財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、ディスクロージャー支援会社などから情報の提供を受けております。

 

1 【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2019年9月30日)

当事業年度

(2020年9月30日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

5,586,537

7,142,256

 

 

売掛金

728,053

140,091

 

 

製品

2,926

1,474

 

 

原材料

1,083

2,312

 

 

前払費用

4,693

9,205

 

 

その他

11,684

2,037

 

 

流動資産合計

6,334,979

7,297,378

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物附属設備

16,281

16,281

 

 

 

 

減価償却累計額

15,628

15,791

 

 

 

 

建物附属設備(純額)

652

489

 

 

 

工具、器具及び備品

34,717

42,580

 

 

 

 

減価償却累計額

31,929

32,678

 

 

 

 

工具、器具及び備品(純額)

2,788

9,901

 

 

 

有形固定資産合計

3,440

10,391

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

ソフトウエア

170

19

 

 

 

電話加入権

757

757

 

 

 

無形固定資産合計

927

776

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

116,578

116,578

 

 

 

長期前払費用

-

3,043

 

 

 

繰延税金資産

106,969

204,340

 

 

 

敷金及び保証金

29,683

49,492

 

 

 

投資その他の資産合計

253,230

373,455

 

 

固定資産合計

257,598

384,622

 

資産合計

6,592,577

7,682,001

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

107,828

120,247

 

 

未払金

79,692

50,217

 

 

未払費用

20,992

21,477

 

 

未払法人税等

218,569

521,270

 

 

未払消費税等

54,235

91,618

 

 

前受金

108

21,223

 

 

預り金

12,403

7,082

 

 

賞与引当金

30,000

27,750

 

 

流動負債合計

523,829

860,886

 

負債合計

523,829

860,886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2019年9月30日)

当事業年度

(2020年9月30日)

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

164,130

164,130

 

 

資本剰余金

 

 

 

 

 

資本準備金

319,363

319,363

 

 

 

資本剰余金合計

319,363

319,363

 

 

利益剰余金

 

 

 

 

 

その他利益剰余金

 

 

 

 

 

 

別途積立金

710,000

710,000

 

 

 

 

繰越利益剰余金

4,875,556

5,627,922

 

 

 

利益剰余金合計

5,585,556

6,337,922

 

 

自己株式

300

300

 

 

株主資本合計

6,068,748

6,821,115

 

純資産合計

6,068,748

6,821,115

負債純資産合計

6,592,577

7,682,001

 

②【損益計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(自 2018年10月1日

 至 2019年9月30日)

当事業年度

(自 2019年10月1日

 至 2020年9月30日)

売上高

 

 

 

製品売上高

811,511

1,041,417

 

ロイヤリティー収入

1,642,617

1,455,169

 

売上高合計

2,454,128

2,496,586

売上原価

 

 

 

製品売上原価

※1 220,176

※1 361,473

 

売上原価合計

220,176

361,473

売上総利益

2,233,951

2,135,112

販売費及び一般管理費

 

 

 

運賃及び荷造費

9,435

19,412

 

広告宣伝費

58,763

71,058

 

販売促進費

14,889

13,832

 

役員報酬

55,484

61,118

 

給料及び手当

27,642

22,670

 

賞与

5,333

2,865

 

賞与引当金繰入額

2,899

2,624

 

法定福利費

14,095

14,482

 

賃借料

11,833

14,813

 

水道光熱費

1,071

1,072

 

支払手数料

36,267

35,902

 

消耗品費

3,024

2,565

 

旅費及び交通費

1,571

1,438

 

通信費

546

515

 

減価償却費

537

891

 

研究開発費

※2 479,202

※2 484,007

 

その他

41,019

35,855

 

販売費及び一般管理費合計

763,618

785,126

営業利益

1,470,333

1,349,985

営業外収益

 

 

 

受取利息

51

58

 

受取配当金

2,321

2,904

 

未払配当金除斥益

710

619

 

営業外収益合計

3,082

3,582

営業外費用

 

 

 

為替差損

1,048

1,404

 

営業外費用合計

1,048

1,404

経常利益

1,472,367

1,352,163

特別損失

 

 

 

固定資産除却損

0

0

 

特別損失合計

0

0

税引前当期純利益

1,472,367

1,352,163

法人税、住民税及び事業税

438,437

573,810

法人税等調整額

27,766

97,371

法人税等合計

466,203

476,439

当期純利益

1,006,163

875,723

 

 

【製品売上原価明細書】

 

 

 

前事業年度

(自  2018年10月1日

至  2019年9月30日)

当事業年度

(自  2019年10月1日

至  2020年9月30日)

区分

注記
番号

金額(千円)

構成比
(%)

金額(千円)

構成比
(%)

Ⅰ  原材料費

 

204,409

92.6

329,138

91.4

Ⅱ  外注費

 

16,416

7.4

30,883

8.6

小計

 

220,826

100.0

360,021

100.0

Ⅲ  製品期首たな卸高

 

2,276

 

2,926

 

合計

 

223,102

 

362,948

 

Ⅳ  製品期末たな卸高

 

2,926

 

1,474

 

    差引  製品売上原価

 

220,176

 

361,473

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (原価計算の方法)

 当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計算であります。

 

③【株主資本等変動計算書】

  前事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)

 

(単位:千円)

 

株主資本

純資産合計

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

資本準備金

その他利益剰余金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

164,130

319,363

710,000

3,972,191

189

5,165,494

5,165,494

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

102,798

 

102,798

102,798

当期純利益

 

 

 

1,006,163

 

1,006,163

1,006,163

自己株式の取得

 

 

 

 

111

111

111

当期変動額合計

903,365

111

903,254

903,254

当期末残高

164,130

319,363

710,000

4,875,556

300

6,068,748

6,068,748

 

 

  当事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

 

(単位:千円)

 

株主資本

純資産合計

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

資本準備金

その他利益剰余金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

164,130

319,363

710,000

4,875,556

300

6,068,748

6,068,748

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

123,357

 

123,357

123,357

当期純利益

 

 

 

875,723

 

875,723

875,723

自己株式の取得

 

 

 

 

当期変動額合計

752,366

752,366

752,366

当期末残高

164,130

319,363

710,000

5,627,922

300

6,821,115

6,821,115

 

 

④【キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(自 2018年10月1日

 至 2019年9月30日)

当事業年度

(自 2019年10月1日

 至 2020年9月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税引前当期純利益

1,472,367

1,352,163

 

減価償却費

2,162

3,433

 

賞与引当金の増減額(△は減少)

3,750

2,250

 

受取利息及び受取配当金

2,372

2,962

 

固定資産除却損

0

0

 

売上債権の増減額(△は増加)

426,188

609,076

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

345

223

 

その他の資産の増減額(△は増加)

9,036

2,945

 

仕入債務の増減額(△は減少)

121,973

12,418

 

未払金の増減額(△は減少)

6,249

32,200

 

未払消費税等の増減額(△は減少)

12,993

37,382

 

その他の負債の増減額(△は減少)

1,517

4,003

 

小計

1,749,978

1,984,234

 

利息及び配当金の受取額

2,372

2,962

 

法人税等の支払額

620,923

280,568

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

1,131,427

1,706,628

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

有形固定資産の取得による支出

1,562

7,260

 

敷金及び保証金の差入による支出

-

20,664

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

1,562

27,924

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

自己株式の取得による支出

111

-

 

配当金の支払額

101,660

122,985

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

101,771

122,985

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

1,028,093

1,555,719

現金及び現金同等物の期首残高

4,558,444