EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年8月12日

【四半期会計期間】

第22期第1四半期(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

【会社名】

リスクモンスター株式会社

【英訳名】

Riskmonster.com

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  藤本 太一

【本店の所在の場所】

東京都中央区日本橋二丁目16番5号 RMGビル

【電話番号】

03-6214-0331

【事務連絡者氏名】

財務経理部部長  吉田 麻紀

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区日本橋二丁目16番5号 RMGビル

【電話番号】

03-6214-0331

【事務連絡者氏名】

財務経理部部長  吉田 麻紀

【縦覧に供する場所】

リスクモンスター株式会社大阪支社

(大阪市中央区本町二丁目6番8号)

リスクモンスター株式会社名古屋営業所

(名古屋市中村区名駅四丁目26番13号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05471 37680 リスクモンスター株式会社 Riskmonster.com 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true CTE 2021-04-01 2021-06-30 Q1 2022-03-31 2020-04-01 2020-06-30 2021-03-31 1 false false false E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:BPOServicesReportableSegmentsMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:BusinessPortalSitesReportableSegmentsMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:CreditManagementSupportServicesReportableSegmentsMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:BusinessPortalSitesReportableSegmentsMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:BPOServicesReportableSegmentsMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05471-000 2021-08-12 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05471-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:CreditManagementSupportServicesReportableSegmentsMember E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 E05471-000 2021-03-31 E05471-000 2020-04-01 2021-03-31 E05471-000 2021-08-12 E05471-000 2021-06-30 E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 E05471-000 2020-06-30 E05471-000 2020-04-01 2020-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:TrainingServicesReportableSegmentsMember E05471-000 2021-04-01 2021-06-30 jpcrp040300-q1r_E05471-000:TrainingServicesReportableSegmentsMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第21期

第1四半期

連結累計期間

第22期

第1四半期

連結累計期間

第21期

会計期間

自2020年4月1日

至2020年6月30日

自2021年4月1日

至2021年6月30日

自2020年4月1日

至2021年3月31日

売上高

(千円)

778,969

838,697

3,551,134

経常利益

(千円)

131,980

149,289

672,713

親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益

(千円)

86,512

95,977

427,750

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

30,579

57,802

806,268

純資産額

(千円)

4,588,813

5,353,578

5,400,167

総資産額

(千円)

5,413,772

6,318,065

6,658,407

1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

11.67

12.87

57.47

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

自己資本比率

(%)

83.1

83.1

79.6

 (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.当社は、2021年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。

3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2【事業の内容】

 当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

 当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。

 

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。

 

(1)業績の状況

 当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、景気の持ち直しが期待されるものの、政府や自治体の各種政策による一部の経済活動自粛などが断続し、先行きは依然として不透明な状況で推移しており、今後も引き続き、お客様のサービス選別が厳しくなることが考えられます。

 こうした状況の下、当社グループは、事業を取り巻く厳しい環境を踏まえ2021年度から2025年度までの長期ビジョン「RismonG-30」、その達成に向けたマイルストーンである2021年4月にスタートした3ヶ年計画「第7次中期経営計画(2021~2023年度)」の基本方針に沿い、以下のような取り組みを実施いたしました。

・株式会社テイタンとの業務提携を強化し、「裁判記録閲覧」(調査)サービスの連携開始(5月)

・反社会的勢力関連のコンプライアンスリスクの所在をヒートマップ形式で表示する「反社チェックヒートマップ(正式版)」を提供開始(5月)

・格付ロジック改定(6月)

・前連結会計年度から8円増配し、1株当たり28円の配当を実施(6月)

・当第1四半期連結累計期間に発表したリスモン調べ

 「就職したい企業・業種ランキング」調査結果(4月)

 「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査結果(4月)

 「仕事・会社に対する満足度」調査結果(5月)

・当第1四半期連結累計期間に発表したリスモン業界レポート

 「飲食料品小売業」(4月)

 「ゴム製品製造業」(4月)

 「インターネット付随サービス業」(5月)

 「総合工事業」(6月)

 

<連結業績について>

 当第1四半期連結累計期間の業績は、次のとおりであります。

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

至 2020年6月30日)

 

当第1四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

至 2021年6月30日)

 

前年

同期比(%)

対売上比

(%)

対売上比

(%)

売上高(千円)

778,969

100.0

838,697

100.0

107.7

営業利益(千円)

130,414

16.7

135,034

16.1

103.5

経常利益(千円)

131,980

16.9

149,289

17.8

113.1

親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

86,512

11.1

95,977

11.4

110.9

 

 

前第1四半期

連結会計期間末

当第1四半期

連結会計期間末

増減数

会員数合計(注)

13,409

13,977

568

(注)会員数は登録されているID数

 なお、上記においては当社グループの各サービスに重複登録している会員が一部おります。

 

(売上高)

 主力の与信管理サービス事業、ビジネスポータルサイト事業が好調であったこと、BPOサービス事業が順調に推移したこと等から、連結の売上高は838,697千円(前年同期比107.7%)となりました。

 

(利益)

 売上高が増加したこと等により、営業利益は135,034千円(前年同期比103.5%)、経常利益は149,289千円(前年同期比113.1%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は95,977千円(前年同期比110.9%)となりました。

 

(会員数合計)

 会員数は13,977会員と順調に増加いたしました。

 

<セグメント別の業績について>

 セグメント別の売上高につきましては、セグメント間取引消去前の売上高で記載しております。

 当社グループのセグメントを、1.法人会員向けビジネスと2.その他ビジネスに分類した場合の業績は、以下のとおりであります。

 

 なお、前連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較分析しております。

 

1.法人会員向けビジネス

 法人会員向けビジネスに含まれるセグメントは、ア)与信管理サービス事業、イ)ビジネスポータルサイト事業及び ウ)教育関連事業であります。

 法人会員向けビジネスの業績は、次のとおりであります。

 

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

法人会員向けビジネス売上高合計(千円)

684,588

750,182

109.6

法人会員向けビジネス利益合計(千円)

150,938

160,052

106.0

 

会員数

前第1四半期

連結会計期間末

当第1四半期

連結会計期間末

増減数

法人会員向けビジネス会員数合計

12,767

13,430

663

 

 法人会員向けビジネスの各セグメントの業績は、以下のとおりであります。

 

ア)与信管理サービス事業について

 与信管理サービスの業績は、次のとおりであります。

サービス分野別

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

 

 ASP・クラウドサービス(千円)

394,044

439,584

111.6

 

 

ポートフォリオサービス及び

マーケティングサービス(千円)

61,141

71,203

116.5

その他(千円)

16,281

28,031

172.2

 コンサルティングサービス売上高合計(千円)

77,423

99,235

128.2

売上高合計(千円)

471,467

538,820

114.3

セグメント利益(千円)

72,033

81,707

113.4

 

会員数

前第1四半期

連結会計期間末

当第1四半期

連結会計期間末

増減数

与信管理サービス(注)

6,534

6,870

336

(注)サービス相互提携を行う会員を含む

 

 当第1四半期連結累計期間の与信管理サービス事業の売上高の合計は538,820千円(前年同期比114.3%)、セグメント利益は81,707千円(前年同期比113.4%)となりました。

 利益率の高いASP・クラウドサービスは、会員数が増加し定額の利用料が積み上がったことに加え、従量制サービスの利用が好調だったことに伴い、439,584千円(前年同期比111.6%)となりました。

 コンサルティングサービスは、前期に引き続き、オプションサービスの反社チェックサービスが好調で、また、取引先信用情報管理の短期間モニタリングサービス等の受注があったため、99,235千円(前年同期比128.2%)となりました。

 セグメント利益につきましても、前年同期を上回りました。

 

イ)ビジネスポータルサイト事業(グループウェアサービス等)について

 ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)の業績は、次のとおりであります。

サービス分野別

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

 

 ASP・クラウドサービス(千円)

125,659

140,517

111.8

 

 その他(千円)

8,569

8,725

101.8

売上高合計(千円)

134,228

149,242

111.2

セグメント利益(千円)

42,820

61,056

142.6

 

会員数

前第1四半期

連結会計期間末

当第1四半期

連結会計期間末

増減数

ビジネスポータルサイト

(グループウェアサービス等)(注)

3,179

(142,796)

3,175

(143,593)

△4

(797)

(注)( )は外数でユーザー数

 

 当第1四半期連結累計期間のビジネスポータルサイト事業(グループウェアサービス等)の売上高の合計は149,242千円(前年同期比111.2%)、セグメント利益は61,056千円(前年同期比142.6%)となりました。

 顧客の在宅勤務の増加等により、ディスク容量の超過料やオプションサービスの利用料が好調に推移したため、売上高は前年同期を大きく上回りました。

 セグメント利益につきましては、利益率の高いサービスの売上高が好調だったことに伴い、前年同期を大きく上回りました。

 

 

ウ)教育関連事業について

 教育関連の業績は、次のとおりであります。

サービス分野別

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

教育関連売上高合計(千円)

78,892

62,120

78.7

セグメント利益(千円)

36,084

17,288

47.9

 

 会員数

前第1四半期

連結会計期間末

当第1四半期

連結会計期間末

増減数

教育関連

3,054

3,385

331

 

 当第1四半期連結累計期間の教育関連事業の売上高は62,120千円(前年同期比78.7%)、セグメント利益は17,288千円(前年同期比47.9%)となりました。

 定額制の社員研修サービス「サイバックスUniv.」の会員数が3,385会員に増加し定額の利用料が積み上がったものの、前年同期に新型コロナウィルスの影響で増加したeラーニングサービスの利用が例年並みとなり、売上高は前年同期を下回りました。

 セグメント利益につきましては、売上高の減少及びサービス提供強化による人件費等が増加したため、前年同期を下回りました。

 

2.その他ビジネス

 その他ビジネスに含まれるセグメントは、エ)BPOサービス事業及び オ)その他サービスであります。

 その他ビジネスの業績は、次のとおりであります。なお、中国における与信管理及びグループウェアサービス等の会員数は、547会員となりました。

 

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

その他ビジネス売上高合計(千円)

138,899

151,324

108.9

その他ビジネス損益合計(千円)(△は損失)

1,610

△2,781

 

 その他ビジネスの各セグメントの業績は、以下のとおりであります。

 

エ)BPOサービス事業について

 BPOサービスの業績は、次のとおりであります。

サービス分野別

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

BPOサービス売上高合計(千円)

101,023

109,479

108.4

セグメント利益(千円)

5

5,540

 

 当第1四半期連結累計期間のBPOサービス事業の売上高は109,479千円(前年同期比108.4%)、セグメント利益は5,540千円(前年同期はセグメント利益5千円)となりました。

 コールセンターのインバウンド業務が堅調に推移し、反社チェックサービス等のスポット案件を受注したため、売上高が順調に推移し、それに伴い、セグメント利益も前年同期を大きく上回りました。

 

オ)その他サービスについて

 その他サービスの業績は、次のとおりであります。

サービス分野別

前第1四半期

連結累計期間

当第1四半期

連結累計期間

前年同期比

(%)

その他サービス売上高合計(千円)

37,875

41,845

110.5

セグメント損益(千円)(△は損失)

1,604

△8,322

 

 当第1四半期連結累計期間のその他サービスの売上高は41,845千円(前年同期比110.5%)、セグメント損失は8,322千円(前年同期はセグメント利益1,604千円)となりました。

 グループの海外展開(中国)を事業とする利墨(上海)商務信息咨詢有限公司(リスクモンスターチャイナ)は、中国における信用調査レポート等が順調に推移し、売上高は前年同期を上回りました。

 セグメント損益につきましては、サービス提供強化のための人件費増加等により、セグメント損失となりました。

 

(2)財政状態の状況

 

前連結会計年度

当第1四半期

連結会計期間

増減額

 

流動資産(千円)

3,083,079

2,781,354

△301,724

 

固定資産(千円)

3,575,328

3,536,711

△38,617

資産合計(千円)

6,658,407

6,318,065

△340,341

 

流動負債(千円)

819,955

527,431

△292,523

 

固定負債(千円)

438,285

437,056

△1,229

負債合計(千円)

1,258,240

964,487

△293,752

純資産(千円)

5,400,167

5,353,578

△46,588

負債純資産合計(千円)

6,658,407

6,318,065

△340,341

 

 当第1四半期連結会計期間末の流動資産は、前連結会計年度末と比べ301,724千円減少し、2,781,354千円となりました。これは主に、税金や配当金の支払い等により現金及び預金が減少したことによるものです。固定資産は前連結会計年度末と比べ38,617千円減少し、3,536,711千円となりました。これは主に、投資有価証券の時価評価等によるものです。その結果、資産合計は前連結会計年度末と比べ340,341千円減少し、6,318,065千円となりました。

 流動負債は前連結会計年度末と比べ292,523千円減少し527,431千円となりました。これは主に、未払金及び未払法人税等が減少したことによるものです。固定負債は1,229千円減少し437,056千円となりました。その結果、負債合計は前連結会計年度末と比べ293,752千円減少し、964,487千円となりました。

 純資産は、その他有価証券評価差額金の減少等により前連結会計年度末と比べ46,588千円減少し、5,353,578千円となりました。また、自己資本比率は83.1%となりました。

 

(3)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。

 

(4)経営方針・経営戦略等

 当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。

 

 

(5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な変更はありません。

 

(6)研究開発活動

 該当事項はありません。

 

3【経営上の重要な契約等】

当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

30,187,688

30,187,688

 

②【発行済株式】

種類

第1四半期会計期間末現在発行数(株)

(2021年6月30日)

提出日現在発行数(株)

(2021年8月12日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

7,546,922

7,546,922

東京証券取引所

(市場第二部)

単元株式数

100株

7,546,922

7,546,922

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2021年4月1日

2021年6月30日

 (注)

3,773,461

7,546,922

1,155,993

718,844

(注)株式分割(1:2)によるものであります。

 

(5)【大株主の状況】

 当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。

(6)【議決権の状況】

 当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(2021年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

45,100

完全議決権株式(その他)

普通株式

3,724,500

37,245

単元未満株式

普通株式

3,861

発行済株式総数

 

3,773,461

総株主の議決権

 

37,245

(注)2021年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株式総数は3,773,461株増加し、7,546,922株となっております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年6月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

リスクモンスター株式会社

東京都中央区日本橋2-16-5RMGビル

45,100

45,100

1.20

45,100

45,100

1.20

(注)2021年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、自己株式等に記載している

事項は、当該株式分割前の株式数を基準としております。

 

2【役員の状況】

該当事項はありません。

第4【経理の状況】

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、八重洲監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1【四半期連結財務諸表】

(1)【四半期連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当第1四半期連結会計期間

(2021年6月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,544,953

2,246,122

受取手形及び売掛金

463,561

受取手形、売掛金及び契約資産

447,934

原材料及び貯蔵品

16,668

15,394

その他

58,634

72,553

貸倒引当金

739

650

流動資産合計

3,083,079

2,781,354

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

567,591

567,606

減価償却累計額

133,956

138,753

建物及び構築物(純額)

433,634

428,853

工具、器具及び備品

383,306

384,533

減価償却累計額

287,320

295,617

工具、器具及び備品(純額)

95,985

88,916

土地

568,352

568,352

リース資産

4,713

4,713

減価償却累計額

1,243

1,440

リース資産(純額)

3,469

3,273

有形固定資産合計

1,101,442

1,089,395

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

738,381

761,825

その他

110,895

126,370

無形固定資産合計

849,277

888,196

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,545,086

1,491,442

その他

79,661

67,859

貸倒引当金

140

184

投資その他の資産合計

1,624,607

1,559,118

固定資産合計

3,575,328

3,536,711

資産合計

6,658,407

6,318,065

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当第1四半期連結会計期間

(2021年6月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

未払金

398,166

258,899

1年内返済予定の長期借入金

60,160

60,160

未払法人税等

197,236

20,988

賞与引当金

716

345

その他

163,675

187,038

流動負債合計

819,955

527,431

固定負債

 

 

長期借入金

155,480

147,940

退職給付に係る負債

2,940

3,035

その他の引当金

14,492

14,483

その他

265,372

271,596

固定負債合計

438,285

437,056

負債合計

1,258,240

964,487

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,155,993

1,155,993

資本剰余金

785,621

785,621

利益剰余金

2,653,063

2,644,649

自己株式

63,264

63,264

株主資本合計

4,531,414

4,523,000

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

753,795

712,736

為替換算調整勘定

14,533

15,037

その他の包括利益累計額合計

768,329

727,774

非支配株主持分

100,423

102,803

純資産合計

5,400,167

5,353,578

負債純資産合計

6,658,407

6,318,065

 

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

 至 2021年6月30日)

売上高

778,969

838,697

売上原価

354,405

386,993

売上総利益

424,563

451,704

販売費及び一般管理費

294,149

316,670

営業利益

130,414

135,034

営業外収益

 

 

受取利息

109

198

受取配当金

5,436

8,910

投資事業組合運用益

6,637

その他

357

358

営業外収益合計

5,903

16,104

営業外費用

 

 

支払利息

723

568

投資事業組合運用損

3,374

為替差損

238

522

コミットメントフィー

757

営業外費用合計

4,336

1,849

経常利益

131,980

149,289

特別損失

 

 

固定資産除却損

16

特別損失合計

16

税金等調整前四半期純利益

131,963

149,289

法人税、住民税及び事業税

29,548

17,899

法人税等調整額

12,721

33,313

法人税等合計

42,270

51,213

四半期純利益

89,693

98,076

非支配株主に帰属する四半期純利益

3,180

2,098

親会社株主に帰属する四半期純利益

86,512

95,977

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

 至 2020年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

 至 2021年6月30日)

四半期純利益

89,693

98,076

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

58,984

40,936

為替換算調整勘定

129

663

その他の包括利益合計

59,113

40,273

四半期包括利益

30,579

57,802

(内訳)

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

27,368

55,422

非支配株主に係る四半期包括利益

3,210

2,380

 

【注記事項】

(会計方針の変更)

 (収益認識に関する会計基準等の適用)

 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用しております。なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありません。

 収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「受取手形及び売掛金」は、当第1四半期連結会計期間より「受取手形、売掛金及び契約資産」に含めて表示することとしました。

 なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第1四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しておりません。

 

 (時価の算定に関する会計基準等の適用)

 「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい

う。)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありません。

 

(追加情報)

新型コロナウイルス感染症の影響については、前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)で記載した内容から重要な変更はありません。

 

(四半期連結貸借対照表関係)

 コミットメントライン契約

 当社は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化、または想定以上に深刻化した場合の不測の事態に備えるため、手元流動性の確保を目的として、取引銀行3行とコミットメントライン契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高等は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当第1四半期連結会計期間

(2021年6月30日)

コミットメントラインの総額

1,200,000千円

1,200,000千円

借入実行残高

差引額

1,200,000

1,200,000

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は次のとおりであります。

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

  至 2020年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

  至 2021年6月30日)

減価償却費

82,999千円

94,564千円

 

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額

1株当たり

配当額

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年5月26日

取締役会

 普通株式

 74,131千円

   20.0円

2020年3月31日

2020年6月9日

利益剰余金

 

Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額

1株当たり

配当額

基準日

効力発生日

配当の原資

 2021年5月25日

取締役会

(注)1、2

 普通株式

 104,391千円

28.0 円

2021年3月31日

2021年6月8日

利益剰余金

(注)1.1株当たり配当額には創立20周年記念配当2.0円を含んでおります。

2.当社は、2021年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、2021年

  3月31日を基準日とする配当につきましては、株式分割前の株式数を基準とした金額を記載しており

  ます。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

調整額

(注)2

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)3

 

法人会員向けビジネス

BPO

サービス

 

与信管理

サービス

ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)

教育関連

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

470,777

133,675

76,167

88,645

769,265

9,703

778,969

778,969

セグメント間の内部売上高又は振替高

690

553

2,725

12,377

16,346

28,172

44,518

44,518

471,467

134,228

78,892

101,023

785,611

37,875

823,487

44,518

778,969

セグメント利益

72,033

42,820

36,084

5

150,944

1,604

152,548

22,134

130,414

 (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社グループの海外展開(中

      国)を事業とする利墨(上海)商務信息諮詢有限公司(リスクモンスターチャイナ)を含んでおります。

2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去及び報告セグメントに配分していない全社費用であり、

  全社費用は報告セグメントに帰属しない本社の一般管理費であります。

3. セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

調整額

(注)2

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)3

 

法人会員向けビジネス

BPO

サービス

 

与信管理

サービス

ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)

教育関連

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASP・クラウドサービス

438,698

139,935

578,633

578,633

578,633

コンサルティングサービス

97,930

97,930

97,930

97,930

その他

8,665

58,874

83,734

151,273

10,860

162,133

162,133

顧客との契約から生じる収益

536,628

148,600

58,874

83,734

827,837

10,860

838,697

838,697

外部顧客への売上高

536,628

148,600

58,874

83,734

827,837

10,860

838,697

838,697

セグメント間の内部売上高又は振替高

2,191

642

3,246

25,745

31,825

30,985

62,810

62,810

538,820

149,242

62,120

109,479

859,662

41,845

901,507

62,810

838,697

セグメント利益又は損失(△)

81,707

61,056

17,288

5,540

165,592

8,322

157,270

22,236

135,034

 (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社グループの海外展開(中

      国)を事業とする利墨(上海)商務信息諮詢有限公司(リスクモンスターチャイナ)を含んでおります。

    2.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去及び報告セグメントに配分していない全

      社費用であり、全社費用は報告セグメントに帰属しない本社の一般管理費であります。

3. セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

2.報告セグメントの変更等に関する事項

 (報告セグメントの変更)

  前連結会計年度から、従来「その他」に含まれていた「教育関連事業」について、量的な重要性が増し

 たため、報告セグメントとして記載する方法に変更しております。

  なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の区分により作成したものを記

 載しております。

 (会計方針の変更)

  会計方針の変更に記載のとおり、当第1四半期連結会計期間の期首から「収益認識に関する会計基準」

 (企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適用し、収益認識に関する会計処理方法を変更したため、

 事業セグメントの売上高及び利益又は損失の測定方法を同様に変更しております。当該変更による売上高

 及びセグメント利益又は損失に与える影響はありません。

 

(収益認識関係)

 顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。

 

(1株当たり情報)

 1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2020年4月1日

至 2020年6月30日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2021年4月1日

至 2021年6月30日)

1株当たり四半期純利益

11円67銭

12円87銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

86,512

95,977

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

86,512

95,977

普通株式の期中平均株式数(株)

7,413,122

7,456,554

(注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2.2021年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益を算定しております。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

2【その他】

 2021年5月25日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。

(イ)配当金の総額………………………………………104,391千円

(ロ)1株当たりの金額…………………………………28円00銭

(ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2021年6月8日

(注)1.2021年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行いました。

2.当社は、2021年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。なお、1株当たりの金額につきましては、当該株式分割前の株数を基準としております。

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

2021年8月12日

リスクモンスター株式会社

取締役会 御中

 

八重洲監査法人

東京都千代田区

 

 

代表社員

業務執行社員

 

公認会計士

齋藤  勉  印

 

 

業務執行社員

 

公認会計士

滝澤 直樹  印

 

 

業務執行社員

 

公認会計士

山田 英二  印

 

監査人の結論

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているリスクモンスター株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、リスクモンスター株式会社及び連結子会社の2021年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。

 監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

 

・  主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

・  四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

・  四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。

監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

 監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

 会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以 上

 (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E05471-000 2021-08-12