EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年8月13日

【四半期会計期間】

第21期第2四半期(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

【会社名】

ルーデン・ホールディングス株式会社

【英訳名】

RUDEN HOLDINGS Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長   西 岡 孝

【本店の所在の場所】

東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー2階

【電話番号】

03(6427)8088(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  佐々木 悟

【最寄りの連絡場所】

東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー2階

【電話番号】

03(6427)8088(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  佐々木 悟

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05479 14000 ルーデン・ホールディングス株式会社 RUDEN HOLDINGS Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true CTE 2020-01-01 2020-06-30 Q2 2020-12-31 2019-01-01 2019-06-30 2019-12-31 1 false false false E05479-000 2020-08-13 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05479-000 2020-06-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp040300-q2r_E05479-000:HouseCareBusinessReportableSegmentsMember E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp040300-q2r_E05479-000:BuildingIntegratedManagementBusinessReportableSegmentsMember E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp040300-q2r_E05479-000:GeneralRealEstateBusinessReportableSegmentsMember E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E05479-000 2020-06-30 E05479-000 2020-04-01 2020-06-30 E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 E05479-000 2019-06-30 E05479-000 2019-04-01 2019-06-30 E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 E05479-000 2019-12-31 E05479-000 2019-01-01 2019-12-31 E05479-000 2018-12-31 E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp040300-q2r_E05479-000:GeneralRealEstateBusinessReportableSegmentsMember E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp040300-q2r_E05479-000:BuildingIntegratedManagementBusinessReportableSegmentsMember E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp040300-q2r_E05479-000:HouseCareBusinessReportableSegmentsMember E05479-000 2019-01-01 2019-06-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05479-000 2020-08-13 E05479-000 2020-01-01 2020-06-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第20期

第2四半期

連結累計期間

第21期

第2四半期

連結累計期間

第20期

会計期間

自2019年1月1日

至2019年6月30日

自2020年1月1日

至2020年6月30日

自2019年1月1日

至2019年12月31日

売上高

(千円)

1,329,439

1,299,052

3,598,007

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

5,576

30,056

5,396

親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期(当期)純損失(△)

(千円)

10,275

13,163

32,652

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

10,267

12,970

32,220

純資産額

(千円)

2,818,885

2,826,790

2,811,065

総資産額

(千円)

3,560,671

3,206,125

3,255,164

1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期(当期)純損失(△)

(円)

0.83

1.06

2.62

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

1.02

自己資本比率

(%)

68.6

76.2

74.6

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

212,727

16,890

771,595

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

141,763

373

140,194

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

22,627

22,960

現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高

(千円)

1,012,378

1,552,744

1,570,008

 

回次

第20期

第2四半期

連結会計期間

第21期

第2四半期

連結会計期間

会計期間

自2019年4月1日

至2019年6月30日

自2020年4月1日

至2020年6月30日

1株当たり四半期純損失(△)

(円)

2.00

0.58

 

(注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

   2.売上高には、消費税等は含んでおりません。

   3.第20期第2四半期連結累計期間及び第20期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。

 

 

2【事業の内容】

 当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

 当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。

 新型コロナウイルス感染症による事業への影響については、引き続き今後の状況を注視してまいります。

 

 

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。

 

(1) 財政状態及び経営成績の状況

①経営成績の状況

 当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、極めて厳しい状況にあり、引き続き国内外の感染症の動向や金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある状況です。

 一方、当社グループの既存事業と密接に関連する新築マンション市場、特に首都圏マンション市場におきましては、当第2四半期連結累計期間の供給戸数は前年同期比44.2%減(民間調査機関調べ)となり、上半期としては初めて1万戸を下回る(民間調査機関調べ)等、非常に厳しい状況で推移いたしました。

 このような状況のなか、既存取引先とのさらなる関係強化及び新規法人開拓の強化に注力してまいりました。

 この結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間における経営成績は、売上高1,299百万円(前年同四半期比2.3%減)、営業利益26百万円(前年同四半期は営業損失1百万円)、経常利益30百万円(前年同四半期比438.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益13百万円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純損失10百万円)となりました。

 

 セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

(ハウスケア事業)

 ハウスケア事業に関しましては、マンションデベロッパー及び管理会社との取引関係のさらなる強化及び新規法人開拓の強化に注力するとともに、中古マンション市場の拡大をはかり、また、コロナの影響が比較的少ないアフターメンテナンスに力を入れてまいりましたが、密接に関連する新築マンション市場、特に首都圏マンション市場が非常に厳しい状況で推移したため、売上・利益ともに、厳しい状況で推移いたしました。

 この結果、当第2四半期連結累計期間におけるハウスケア事業の経営成績は、売上高533百万円(前年同四半期比10.3%減)、営業利益97百万円(同15.8%減)となりました。

(ビル総合管理事業)

 ビル総合管理事業に関しましては、求人募集費及び材料費の増加や現場人件費の高騰に伴う経費増があったものの、新規現場の獲得等があり、順調に推移いたしました。

 この結果、当第2四半期連結累計期間におけるビル総合管理事業の経営成績は、売上高728百万円(同4.4%増)、営業利益33百万円(同20.0%増)となりました。

(総合不動産事業)

 総合不動産事業に関しましては、区分所有マンション1戸の販売しか出来ず、厳しい状況で推移いたしました。

 この結果、当第2四半期連結累計期間における総合不動産事業の経営成績は、売上高36百万円(同2.4%増)、営業損失0百万円(前年同四半期は営業損失6百万円)となりました。

(その他事業)

 その他事業に関しましては、本格的な販売には至っておらず、厳しい状況で推移いたしました。

 また、当社の子会社であるRuden Singapore Pte.Ltd.のICOについては、総合的に考慮して、前連結会計年度に引き続き、当第2四半期連結累計期間においては収益認識しないと判断し、重要性の観点から鑑みて、連結決算には組み込んでおりません。今後の会計処理については、協議をしたうえで、判断することといたします。また、ICO時に調達した1,700BITCOINについては、今のところ現金化しておりませんが、現段階では現金化の時期や方針について具体的に定まった方針はないものの、資金需要と相場を考慮し、順次、現金化していく予定です。そして、不動産プラットフォームの追加開発についても、新型コロナウイルスの影響もあり現在は未定ですが、状況を見極めながら判断する予定です。

 この結果、当第2四半期連結累計期間におけるその他事業の経営成績は、売上高0百万円(同95.5%減)、営業損失0百万円(前年同四半期は営業損失4百万円)となりました。

②財政状態の状況

(資産)

 当第2四半期連結会計期間末における流動資産は2,999百万円となり、前連結会計年度末に比べ45百万円減少いたしました。これは主にその他が15百万円増加したことなどによる一方、現金及び預金が16百万円、受取手形及び売掛金が18百万円、販売用不動産が28百万円減少したことなどによるものであります。固定資産は207百万円となり、前連結会計年度末に比べ3百万円減少いたしました。これは主に建物及び構築物(純額)が1百万円減少したことなどによるものであります。

 この結果、総資産は3,206百万円となり、前連結会計年度末に比べ49百万円減少いたしました。

(負債)

 当第2四半期連結会計期間末における流動負債は344百万円となり、前連結会計年度末に比べ65百万円減少いたしました。これは主に未払金が15百万円、その他が42百万円減少したことなどによるものであります。固定負債は34百万円となり、前連結会計年度末に比べ0百万円増加いたしました。これは主に退職給付に係る負債が1百万円増加したことなどによるものであります。

 この結果、総負債は379百万円となり、前連結会計年度末に比べ64百万円減少いたしました。

(純資産)

 当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は2,826百万円となり、前連結会計年度末に比べ15百万円増加いたしました。これは主に新株予約権が2百万円増加したこと及び親会社株主に帰属する四半期純利益13百万円によるものであります。

 この結果、自己資本比率は76.2%(前連結会計年度末は74.6%)となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ17百万円の減少となり、当第2四半期連結累計期間の資金残高は、1,552百万円となりました。

 

当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果使用した資金は16百万円(前年同四半期は212百万円の獲得)となりました。これは主に法人税等の支払額などによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は0百万円(前年同四半期は141百万円の獲得)となりました。これは主に定期預金の預入による支出などによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果獲得した資金はありませんでした。(前年同四半期は22百万円の獲得)

 

(3) 経営方針・経営戦略等

 当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。

 

(4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

 当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

(5) 研究開発活動

 該当事項はありません。

 

(6) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明

 2020年12月期の連結業績予想につきましては、本日(2020年8月13日)公表いたしました「2020年12月期第2四半期累計期間業績予想と実績との差異および通期業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。

 

 

3【経営上の重要な契約等】

 当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。

 

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

19,767,200

19,767,200

 

②【発行済株式】

種類

第2四半期会計期間末現在発行数(株)

(2020年6月30日)

提出日現在発行数(株)

(2020年8月13日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

12,476,000

12,476,000

東京証券取引所

JASDAQ

(グロース)

単元株式数

100株

12,476,000

12,476,000

(注)「提出日現在発行数」欄には、2020年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2020年4月1日~2020年6月30日

12,476,000

2,200,136

732,488

 

(5)【大株主の状況】

 

 

2020年6月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社ランドネットワーク

東京都新宿区西新宿4丁目32番11号 

1,800,000

14.42

西岡 勇人

東京都渋谷区

1,027,600

8.23

加藤 匠翔

東京都港区

950,000

7.61

西岡 夏奈子

東京都渋谷区

688,000

5.51

西塚 美紀

東京都新宿区

500,000

4.00

西岡 史織

東京都港区

380,000

3.04

西岡 里紗

東京都港区

380,000

3.04

西岡 江美

東京都渋谷区

350,000

2.80

森 利子

東京都港区

335,000

2.68

株式会社カプセルデヴィジョン

東京都港区西麻布3丁目5番2号

254,900

2.04

6,665,500

53.42

 

(6)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

200

完全議決権株式(その他)

普通株式

12,474,800

124,748

単元未満株式

普通株式

1,000

発行済株式総数

 

12,476,000

総株主の議決権

 

124,748

(注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が5,200株(議決権52個)含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年6月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の

合計(株)

発行済株式総数に対する所有株

式数の割合

(%)

ルーデン・ホールディングス株式会社

東京都渋谷区桜丘町20番1号

200

200

0.00

200

200

0.00

 

 

2【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりでであります。

(1) 退任役員

役職名

氏名

退任年月日

取締役

西岡 進

2020年6月26日

 

(2) 異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

男性6名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

 

 

第4【経理の状況】

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

 

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、霞友有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1【四半期連結財務諸表】

(1)【四半期連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年12月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2020年6月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,570,608

1,554,544

受取手形及び売掛金

300,038

281,441

商品及び製品

116,895

116,895

販売用不動産

406,062

378,061

仕掛販売用不動産

152,159

152,159

仕掛品

1,786

1,766

原材料及び貯蔵品

7,018

5,749

短期貸付金

240,500

240,500

未収入金

45,156

47,993

その他

204,580

219,928

流動資産合計

3,044,807

2,999,039

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

134,015

134,015

減価償却累計額及び減損損失累計額

79,634

80,733

建物及び構築物(純額)

54,380

53,282

機械装置及び運搬具

3,428

3,368

減価償却累計額及び減損損失累計額

3,061

3,047

機械装置及び運搬具(純額)

367

321

工具、器具及び備品

7,276

7,276

減価償却累計額及び減損損失累計額

5,479

5,819

工具、器具及び備品(純額)

1,796

1,456

土地

37,543

37,543

リース資産

10,974

10,974

減価償却累計額及び減損損失累計額

4,578

5,205

リース資産(純額)

6,395

5,768

有形固定資産合計

100,483

98,372

無形固定資産

 

 

その他

10,403

10,403

無形固定資産合計

10,403

10,403

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

3,580

3,290

出資金

681

681

破産更生債権等

678,845

688,953

損害賠償請求権

70,057

70,057

その他

86,446

85,578

貸倒引当金

740,142

750,250

投資その他の資産合計

99,469

98,310

固定資産合計

210,356

207,086

資産合計

3,255,164

3,206,125

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年12月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2020年6月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

91,895

82,436

短期借入金

2,600

2,600

未払金

154,112

138,197

未払法人税等

19,410

22,940

預り金

44,707

43,437

売上値引引当金

415

554

アフターコスト引当金

1,306

1,217

その他

95,395

52,987

流動負債合計

409,843

344,370

固定負債

 

 

長期借入金

18,183

18,153

退職給付に係る負債

10,647

12,053

その他

5,424

4,757

固定負債合計

34,255

34,964

負債合計

444,099

379,335

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

2,200,136

2,200,136

資本剰余金

732,488

732,488

利益剰余金

504,397

491,234

自己株式

290

290

株主資本合計

2,427,936

2,441,099

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

667

474

その他の包括利益累計額合計

667

474

新株予約権

382,460

385,215

純資産合計

2,811,065

2,826,790

負債純資産合計

3,255,164

3,206,125

 

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年1月1日

 至 2019年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

 至 2020年6月30日)

売上高

※2 1,329,439

※2 1,299,052

売上原価

835,050

835,034

売上総利益

494,388

464,018

販売費及び一般管理費

※1 496,008

※1 438,010

営業利益又は営業損失(△)

1,620

26,007

営業外収益

 

 

受取利息

6,784

3,112

受取配当金

29

37

遅延損害金

1,059

その他

969

746

営業外収益合計

7,783

4,956

営業外費用

 

 

支払利息

79

132

為替差損

243

41

控除対象外消費税

263

513

修理代

219

営業外費用合計

586

907

経常利益

5,576

30,056

特別利益

 

 

固定資産売却益

649

特別利益合計

649

特別損失

 

 

リース解約損

3,093

特別損失合計

3,093

税金等調整前四半期純利益

5,576

27,613

法人税、住民税及び事業税

15,572

14,196

法人税等調整額

280

253

法人税等合計

15,852

14,450

四半期純利益又は四半期純損失(△)

10,275

13,163

親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)

10,275

13,163

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第2四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年1月1日

 至 2019年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

 至 2020年6月30日)

四半期純利益又は四半期純損失(△)

10,275

13,163

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

8

192

その他の包括利益合計

8

192

四半期包括利益

10,267

12,970

(内訳)

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

10,267

12,970

非支配株主に係る四半期包括利益

 

(3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年1月1日

 至 2019年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

 至 2020年6月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前四半期純利益

5,576

27,613

減価償却費

1,924

2,111

貸倒引当金の増減額(△は減少)

1,366

10,117

売上値引等引当金の増減額(△は減少)

146

139

アフターコスト引当金の増減額(△は減少)

212

88

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

1,217

1,406

株式報酬費用

15,220

2,754

受取利息及び受取配当金

6,813

3,149

支払利息

79

132

売上債権の増減額(△は増加)

27,233

18,597

破産更生債権等の増減額(△は増加)

1,098

10,107

たな卸資産の増減額(△は増加)

278

1,289

販売用不動産の増減額(△は増加)

9,624

28,001

仕掛販売用不動産の増減額(△は増加)

108,887

前払費用の増減額(△は増加)

2,220

1,758

未収入金の増減額(△は増加)

5,704

275

預け金の増減額(△は増加)

340

仕入債務の増減額(△は減少)

3,934

9,459

未払金の増減額(△は減少)

9,718

15,915

未払消費税等の増減額(△は減少)

13,102

41,481

預り金の増減額(△は減少)

1,932

1,270

前受金の増減額(△は減少)

359,497

224

その他

16,438

18,722

小計

242,017

5,773

利息及び配当金の受取額

30

37

利息の支払額

0

67

法人税等の支払額又は還付額(△は支払)

29,320

11,086

営業活動によるキャッシュ・フロー

212,727

16,890

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の預入による支出

1,000

1,200

敷金及び保証金の差入による支出

1,711

敷金及び保証金の回収による収入

1,443

856

貸付けによる支出

7,760

550,030

貸付金の回収による収入

151,000

550,000

その他

208

0

投資活動によるキャッシュ・フロー

141,763

373

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

株式の発行による収入

7,844

新株予約権の行使による株式の発行による収入

9,321

新株予約権の発行による収入

5,462

財務活動によるキャッシュ・フロー

22,627

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

377,118

17,264

現金及び現金同等物の期首残高

635,259

1,570,008

現金及び現金同等物の四半期末残高

1,012,378

1,552,744

 

【注記事項】

(追加情報)

(連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用)

当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。

 

 

(四半期連結損益計算書関係)

※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。

 

 前第2四半期連結累計期間

(自  2019年1月1日

  至  2019年6月30日)

 当第2四半期連結累計期間

(自  2020年1月1日

  至  2020年6月30日)

給与手当

149,845千円

135,341千円

貸倒引当金繰入額

1,890

13,783

退職給付費用

1,217

1,406

アフターコスト引当金繰入額

194

148

 

※2.売上高から次の金額が控除されております。

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2019年1月1日

至  2019年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年1月1日

至  2020年6月30日)

売上値引引当金繰入額

△20千円

1,139千円

 

 3.前第2四半期連結累計期間(自 2019年1月1日  至 2019年6月30日)

  当社グループの売上高は、主力事業であるハウスケア事業において、第1四半期連結会計期間から第2四半期連結会計期間にかけて集中し、増加する傾向があります。このため、各四半期連結会計期間の業績に季節的変動があります。

 

当第2四半期連結累計期間(自 2020年1月1日  至 2020年6月30日)

  当社グループの売上高は、主力事業であるハウスケア事業において、第1四半期連結会計期間から第2四半期連結会計期間にかけて集中し、増加する傾向があります。このため、各四半期連結会計期間の業績に季節的変動があります。

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2019年1月1日

至  2019年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2020年1月1日

至  2020年6月30日)

現金及び預金勘定

1,017,578千円

1,554,544千円

預入期間が3か月をこえる定期預金

△5,200

△1,800

現金及び現金同等物

1,012,378

1,552,744

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年6月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

調整額

(注)2

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)3

 

ハウスケ

ア事業

ビル総合

管理事業

総合不動

産事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

595,419

697,284

35,955

1,328,658

780

1,329,439

1,329,439

セグメント間の内部売上高又は振替高

595,419

697,284

35,955

1,328,658

780

1,329,439

1,329,439

セグメント利益又は損失(△)

115,663

27,891

6,967

136,587

4,083

132,503

134,123

1,620

(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ソフトウェア開発事業を含んでおります。

2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△134,123千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△134,123千円が含まれております。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

 該当事項はありません。

 

Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年6月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

調整額

(注)2

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)3

 

ハウスケ

ア事業

ビル総合

管理事業

総合不動

産事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

533,886

728,311

36,820

1,299,018

34

1,299,052

1,299,052

セグメント間の内部売上高又は振替高

533,886

728,311

36,820

1,299,018

34

1,299,052

1,299,052

セグメント利益又は損失(△)

97,432

33,472

187

130,717

500

130,216

104,208

26,007

(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ソフトウェア開発事業を含んでおります。

2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△104,208千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△104,208千円が含まれております。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

 該当事項はありません。

(金融商品関係)

当第2四半期連結会計期間(2020年6月30日)

 金融商品で時価のあるものが、当社グループの事業の運営において重要性が無く、かつ、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動がないため、記載を省略しております。

 

 

(有価証券関係)

当第2四半期連結会計期間(2020年6月30日)

 その他有価証券で時価のあるものが、当社グループの事業の運営において重要性が無く、かつ、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動がないため、記載を省略しております。

 

 

(デリバティブ取引関係)

該当事項はありません。

 

 

(企業結合等関係)

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2019年1月1日

至 2019年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

至 2020年6月30日)

(1) 1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失(△)

△0円83銭

1円06銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失 (△)(千円)

△10,275

13,163

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)

△10,275

13,163

普通株式の期中平均株式数(株)

12,428,910

12,475,800

(2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

1円02銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益調整額

(千円)

普通株式増加数(株)

402,917

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要

(注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

 

2【その他】

該当事項はありません。

 

 

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

2020年8月13日

ルーデン・ホールディングス株式会社

取締役会 御中

 

霞友有限責任監査法人

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

吉田 恭治  印

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

山崎 安通  印

 

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているルーデン・ホールディングス株式会社の2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

 四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

 当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ルーデン・ホールディングス株式会社及び連結子会社の2020年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以 上

 (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

    2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E05479-000 2020-08-13