EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年3月22日

【事業年度】

第22期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

【会社名】

株式会社ブロードバンドタワー

【英訳名】

BroadBand Tower, Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役会長兼社長 CEO 藤 原 洋

【本店の所在の場所】

東京都千代田区内幸町二丁目1番6号
日比谷パークフロント

【電話番号】

03-5202-4800(代表)

【事務連絡者氏名】

常務取締役 法務・経理統括 中 川 美 恵 子

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区内幸町二丁目1番6号
日比谷パークフロント

【電話番号】

03-5202-4800(代表)

【事務連絡者氏名】

常務取締役 法務・経理統括 中 川 美 恵 子

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所
(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

 

E05494 37760 株式会社ブロードバンドタワー BroadBand Tower, Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E05494-000 2021-03-22 E05494-000 2015-07-01 2016-06-30 E05494-000 2016-07-01 2017-06-30 E05494-000 2017-07-01 2018-06-30 E05494-000 2018-07-01 2018-12-31 E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 E05494-000 2016-06-30 E05494-000 2017-06-30 E05494-000 2018-06-30 E05494-000 2018-12-31 E05494-000 2019-12-31 E05494-000 2020-12-31 E05494-000 2015-07-01 2016-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2016-07-01 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2017-07-01 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-07-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2016-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:ComputerPlatformBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:IoTAISolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:MediaSolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05494-000:ComputerPlatformBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:ComputerPlatformBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:MediaSolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E05494-000 2021-03-22 jpcrp_cor:Row1Member E05494-000 2021-03-22 jpcrp_cor:Row2Member E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:HiroshiFujiwaraMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:MiekoNakagawaMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:ShigeruOikawaMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:HidemotoLeeMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:YosukeHiyamaMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:HirokiKabasawaMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:JunMuraiMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:ItsuroNishimotoMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:KazutakaMuraguchiMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:TakashiInoueMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:KunioHamadaMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp030000-asr_E05494-000:KimikoOgaMember E05494-000 2021-03-22 jpcrp_cor:Row3Member E05494-000 2021-03-22 jpcrp_cor:Row4Member E05494-000 2021-03-22 jpcrp_cor:Row5Member E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:ComputerPlatformBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:IoTAISolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:IoTAISolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:MediaSolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:ComputerPlatformBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:IoTAISolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp030000-asr_E05494-000:MediaSolutionBusinessReportableSegmentMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05494-000 2019-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05494-000 2020-12-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05494-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第17期

第18期

第19期

第20期

第21期

第22期

決算年月

2016年6月

2017年6月

2018年6月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

34,788,871

38,987,492

10,731,529

6,296,650

14,660,370

16,077,000

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

553,008

767,304

20,846

663,190

352,259

530,327

親会社株主に帰属する
当期純利益又は
親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

9,642

427,091

330,093

165,168

912,852

342,507

包括利益

(千円)

61,472

712,860

360,505

114,451

975,043

125,810

純資産額

(千円)

8,402,771

8,207,201

9,182,444

10,171,151

11,668,246

12,066,557

総資産額

(千円)

16,287,621

13,530,995

18,235,982

23,150,094

24,383,018

23,359,865

1株当たり純資産額

(円)

149.81

157.90

136.74

140.42

138.05

141.49

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

0.19

8.37

6.45

3.22

16.34

5.73

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

8.35

3.22

自己資本比率

(%)

46.9

59.6

38.4

31.1

33.8

36.2

自己資本利益率

(%)

0.1

5.4

4.4

2.3

11.8

4.1

株価収益率

(倍)

30.2

87.6

57.2

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

741,775

877,034

196,222

303,436

1,406,124

2,284,637

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,661,455

901,270

866,482

3,074,782

4,449,328

984,977

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

299,280

712,897

624,855

4,073,813

1,588,847

1,082,148

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

6,227,905

6,963,851

6,517,920

7,240,975

5,904,295

6,117,520

従業員数
〔外、平均臨時
雇用者数〕

(名)

261

281

249

319

320

326

11

9

22

19

16

16

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第17期、第19期及び第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。第22期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第17期、第19期及び第21期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため記載しておりません。

4 2018年9月21日開催の第19回定時株主総会決議により、決算期を6月30日から12月31日に変更しました。従って、第20期は2018年7月1日から2018年12月31日までの6か月間となっております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第17期

第18期

第19期

第20期

第21期

第22期

決算年月

2016年6月

2017年6月

2018年6月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

7,196,421

7,388,934

7,560,149

3,854,685

8,596,404

9,919,192

経常利益
 又は経常損失(△)

(千円)

131,907

94,464

121,953

350,265

566,179

425,372

当期純利益
又は当期純損失(△)

(千円)

78,348

744,224

295,476

143,206

927,789

270,922

資本金

(千円)

2,361,424

2,370,701

2,383,721

2,404,404

3,322,420

3,331,330

発行済株式総数

(株)

51,894,000

51,979,500

52,100,000

52,285,500

60,025,500

60,133,500

純資産額

(千円)

7,140,332

7,765,529

7,524,060

7,359,047

8,369,139

8,516,436

総資産額

(千円)

10,789,632

13,077,391

13,781,476

16,083,192

16,292,793

15,821,222

1株当たり純資産額

(円)

139.84

151.86

146.80

143.30

140.16

142.37

1株当たり配当額
(内、1株当たり
中間配当額)

(円)

(円)

3

11

2

1

2

2

(1)

(1)

(1)

(0)

(1)

(1)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

1.55

14.59

5.78

2.79

16.61

4.53

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

14.56

5.77

自己資本比率

(%)

66.1

59.3

54.5

45.8

51.4

53.8

自己資本利益率

(%)

1.1

10.0

3.9

1.9

11.8

3.2

株価収益率

(倍)

17.3

29.2

72.4

配当性向

(%)

75.4

34.6

44.1

従業員数
〔外、平均臨時
雇用者数〕

(名)

145

147

138

135

140

145

7

6

3

2

2

5

株主総利回り

(比較指標:配当込み
TOPIX)

(%)

(%)

60.8

84.5

58.5

94.6

88.3

110.4

(78.0)

(103.2)

(113.2)

(98.7)

(116.6)

(125.2)

最高株価

(円)

322

332

286

423

379

636

最低株価

(円)

123

179

163

155

210

135

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第17期、第20期及び第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。第22期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第17期、第20期及び第21期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。

4 第17期の1株当たり配当額3円は、特別配当1円を含んでおります。また、第18期の1株当たり配当額11円は、特別配当9円を含んでおります。

5 2018年9月21日開催の第19回定時株主総会決議により、決算期を6月30日から12月31日に変更しました。従って、第20期は2018年7月1日から2018年12月31日までの6か月間となっております。

6 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

 

年月

事項

2000年2月

 

東京都港区虎ノ門にインターネットデータセンターを事業目的とした、グローバルセンター・ジャパン株式会社を設立。

2000年4月

東京都港区に「虎ノ門サイト」開設。

2000年7月

東京都千代田区に「第1サイト」開設。

2001年5月

東京都新宿区西新宿一丁目26番2号新宿野村ビルに本社を移転。

2001年11月

 

ミートミールーム(MMR)を第1サイト内に新設、運用開始。ミートミールームにおいて、日本インターネットエクスチェンジ株式会社による「JPIX第二大手町」の稼動開始。

2002年3月

第三者割当増資により、株式会社インターネット総合研究所の子会社となる。

2002年4月

株式会社ブロードバンドタワーに商号を変更。

2003年6月

東京都中央区日本橋本石町三丁目2番2号北越製紙ビルディングに本社を移転。

2004年11月

東京都品川区に「第2サイト」開設。

2005年8月

株式会社大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」市場へ上場。

2005年9月

東京都目黒区に「第3サイト」開設。

2005年10月

株式会社ビービーエフを設立。

2005年11月

東京都港区赤坂四丁目2番6号住友不動産新赤坂ビルに本社を移転。

2005年11月

株式会社インターネット総合研究所が、当社株式の一部を売却し、その他の関係会社となる。

2006年3月

データセンター運用受託業務開始。

2006年7月

 

ソリューション事業の拡充を目的として株式会社インデックス・ソリューションズPEの全株式を取得し、100%子会社とする。同年10月、当社に吸収合併。

2006年10月

アイシロン・システムズ社製品「Isilon IQシリーズ」の販売代理店契約締結、販売開始。

2007年1月

マネージドホスティングサービス「FlexHosting(フレックスホスティング)」の提供開始。

2007年6月

大阪市福島区に「西梅田(旧関西)サイト」開設。

2009年9月

ヤフー株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施。

2010年1月

 

「Isilon IQ シリーズ」の正式代理店として、Isilon パートナープログラム最上位である「Preferred Partner Platinum」の資格を取得。

2011年7月

 

クラウドに向けたネットワークインフラの強化を目的として、日本インターネットエクスチェンジ株式会社へ出資。

2012年8月

 

連結子会社 株式会社ビービーエフが衣料品のデザイン企画及び衣料品の販売を行う株式会社ブランチ・アウト・デザインの全株式を取得。

2012年9月

東京都千代田区内幸町一丁目3番2号内幸町東急ビルに本社を移転。

2013年7月

連結子会社 株式会社ビービーエフが中国上海市に子会社 上海布藍綺国際貿易有限公司を設立。

2013年8月

山口県防府市において太陽光発電事業を開始。

2013年8月

決済事業者向けソリューション提供を行うため株式会社Lyudiaを設立。

2014年6月

クラウドセキュリティ認証制度「STAR認証」を国内企業として初の取得。

2015年2月

当社2か所目となる太陽光発電事業を群馬県利根郡みなかみ町において開始。

2015年4月

東京都江東区に「第5サイト」開設。

2015年10月

IoT事業の海外拠点として米国カリフォルニア州サンディエゴ市に連結子会社 BBTOWER SAN DIEGO INC.を設立。

2015年11月

クラウドセキュリティ認証制度「STAR認証」のゴールドレベルを国内企業として初の取得。

2015年12月

次世代に向けた人工知能ソリューション事業を展開するために、連結子会社 株式会社エーアイスクエアを設立。

2016年2月

国内外のIoTベンチャーの発掘・育成等を目的として連結子会社 グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社を設立。

2016年6月

当社3か所目となる太陽光発電事業を栃木県日光市において開始。

 

 

年月

事項

2017年4月

グローバルIoTテック1号投資事業組合を設立。

2017年6月

連結子会社である株式会社ビービーエフ株式の一部を譲渡したことにより、株式会社ビービーエフ、株式会社ブランチ・アウト、上海布藍綺国際貿易有限公司は連結子会社から持分法適用関連会社へ。

2017年10月

ジャパンケーブルキャスト株式会社を連結子会社化。

2017年10月

新設分割により株式会社IoTスクエアを設立。

2017年12月

東京都千代田区内幸町二丁目1番6号日比谷パークフロントに本社を移転。

2018年1月

LP(Limited Partner:有限責任組合)出資を推進するために、ケイマン諸島にGiTV FundⅠInvestment,L.P.を設立。(国内で組成していたグローバルIoTテック1号投資事業組合は同年3月に清算)

2018年6月

栃木県日光市の太陽光発電設備を譲渡。

2018年6月

Ingenico Japan株式会社(旧 株式会社Lyudia)の全株式を譲渡。

2018年7月

当社保有の株式会社ビービーエフ(持分法適用関連会社)株式の全部譲渡。

2018年8月

東京都千代田区に「新大手町サイト」開設。

2018年10月

山口県防府市の太陽光発電設備を譲渡。

2018年10月

連結子会社であるジャパンケーブルキャスト株式会社が沖縄ケーブルネットワーク株式会社を完全子会社化し連結対象へ。

2019年1月

連結子会社である株式会社IoTスクエアの全株式を譲渡。

2019年1月

株式交換により株式会社ティエスエスリンクを完全子会社化し連結対象へ。

2019年8月

新大手町サイト第2期工事完了。

 

 

3 【事業の内容】

当連結会計年度における主要な関係会社の異動と当社グループの主な事業の内容は、以下のとおりであります。

 

 (主要な関係会社の異動)

連結子会社であるBBTOWER SAN DIEGO INC.は、2020年12月31日を解散日とする解散手続を開始し、本年(2021年)3月中に清算結了となる見込みです。

 

 (事業内容)

当社グループでは、当社及び株式会社ティエスエスリンク(以下、ティエスエスリンク)が行う「コンピュータプラットフォーム事業」、株式会社エーアイスクエア(以下、AI2)、グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社(以下、GiTV)及びGiTV FundⅠInvestment,L.P.等を中心とする「IoT/AIソリューション事業」、ジャパンケーブルキャスト株式会社(以下、JCC)及び沖縄ケーブルネットワーク株式会社(以下、沖縄ケーブル)が行う「メディアソリューション事業」の3つのセグメント情報の区分で事業活動を展開しております。

当社グループのセグメントの概要は下記のとおりです。

 

(1) コンピュータプラットフォーム事業

当社及びティエスエスリンクが営むコンピュータプラットフォーム事業では、「データセンター」、「クラウド・ソリューション」、「データ・ソリューション」、「その他」にサービス区分し、それぞれ展開しております。各サービスの内容は次のとおりであります。

① データセンター(データセンター、ネットワークプロバイダー)

データセンター用不動産(データセンタービル)を賃借し、同不動産内にデータセンター設備(通常運用時の電力供給設備、非常時バックアップ用バッテリー設備(無停電電源装置)、非常用電源設備(ガスタービン発電装置))、情報通信機器(ルータ・スイッチ類、LAN、情報通信セキュリティ機器)等を設置して、インターネット情報提供サービスを提供する事業者の保有するコンピュータ機器(サーバ)をラック内に収容すると共に、当社の情報通信機器を通じて通信事業者(キャリア等)の通信回線と接続し、以下の設備等を提供しております。

・スペース

・通信回線

・電力

・コンピュータ機器運用受託

・同上各サービスの周辺設備

② クラウド・ソリューション

当社内データセンターにある当社の保有するコンピュータ資源を顧客に貸し出しております。また、当社と販売提携している他社製クラウドサービスの再販、クラウド利用に関するサービスを提供しております。

③ データ・ソリューション

当社が代理店権を有するストレージ装置の販売、大容量ストレージに蓄積されたデータを分析・加工するシステム構築、データ分析、加工するサービスを提供しております。

④ その他

当社内に設置したCloud&SDN研究所を中心に、クラウドを中心とした技術を強化するため、SDN、NFVを活用した技術、データセンター間接続の伝送技術等の研究開発を行っております。(SDN:Software Defined Networking、NFV:Network Functions Virtualization) 

 ティエスエスリンクは、主に情報漏洩対策ソフトウェア製品の開発、販売等を行っております。

 

 

(2) IoT/AIソリューション事業

AI2、GiTV、GiTV FundⅠInvestment,L.P.を中心に事業を行っております。
 AI2は、自然言語解析技術を活用したAIソリューションを提供しており、GiTVは業務執行組合員としてGiTV FundⅠInvestment,L.P.を組成し、同ファンドは大手企業等から出資を募り、AI関連及びIoT関連のベンチャー企業へ出資しております。

 

(3) メディアソリューション事業

JCCは、主に日本全国のケーブルテレビ事業者及び番組供給事業者向けの通信ネットワーク事業を行い、沖縄ケーブルは、ケーブルテレビ放送事業、インターネット・固定電話サービスを行っております。

 

 

〔事業系統図〕

 当社グループは、2020年12月31日現在、当社、連結子会社7社、持分法適用関連会社1社で構成され、「コンピュータプラットフォーム事業」、「IoT/AIソリューション事業」、「メディアソリューション事業」を事業内容としております。

 

 


 

連結子会社であるBBTOWER SAN DIEGO INC.は、2020年12月31日を解散日とする解散手続を開始し、本年(2021年)3月中に清算結了となる見込みです。

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は
出資金
 

主要な事業
の内容

議決権の所有割合又は被所有割合(%)(注)1

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ティエスエスリンク

徳島県徳島市

25,000千円

情報漏洩対策ソフトウェア製品の開発、販売等

所有 

100.00
 

オフィスの賃貸

役員の兼任3名

株式会社エーアイスクエア

東京都千代田区

186,250千円

人工知能を活用したサービスの提供

所有
72.63

サービスの提供

役員の兼任1名

 

BBTOWER SAN DIEGO INC.(注)2

 

米国カリフォルニア州サンディエゴ市

200万米ドル

IoT事業等の海外拠点

所有
100.00

役員の兼任1名

グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社

東京都千代田区

165,000千円

国内外のIoTベンチャーの発掘・育成等

所有
80.55

貸付金

役員の兼任2名

GiTV Fund ⅠInvestment,L.P.(注)3

ケイマン諸島

2,880,000千円

国内外のIoT先端技術ベンチャー企業等への投資

所有
 13.89(2.24)(注)4

-

ジャパンケーブルキャスト株式会社(注)3、8

東京都千代田区

379,309千円

ケーブルテレビ事業者及び番組供給事業者向けの通信ネットワーク事業

所有

50.40

オフィスの賃貸

サービスの提供

役員の兼任4名

沖縄ケーブルネットワーク株式会社

沖縄県那覇市

10,000千円

ケーブルテレビ放送事業、インターネット・固定電話サービス

所有

(50.40)

役員の兼任1名

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

株式会社キャンパスナビTV

東京都世田谷区

36,208千円

コンテンツ企画制作等

所有
37.23

      -

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

株式会社インターネット総合研究所

東京都新宿区

100,000千円

コンサル事業、出資先の管理等

被所有
17.88
(注)5

クラウドサービスの提供

役員の兼任2名

Internet Research Institute Ltd

イスラエル 

テルアビブ

株式会社インターネット総合研究所の持株会社

被所有

17.88

(17.88)

(注)6、7

役員の兼任1名

 

(注) 1 議決権の所有(被所有)割合の( )内は間接所有割合の内数です。

   2 2020年12月31日を解散日とする解散手続を開始し、本年(2021年)3月中に清算結了となる見込みです。

   3 特定子会社であります。

4 グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社は、GiTV FundⅠInvestment,L.P.に対して2.24%の実質持分比率を有しております。また、当社グループの持分は100分の50以下でありますが、当社が実質的に支配する関係にあるため、「投資事業組合に対する支配力基準及び影響力基準の適用に関する実務上の取扱い(企業会計基準委員会実務対応報告第20号 平成18年9月8日 平成23年3月25日改正)」を適用し、連結子会社としております。

5 議決権の被所有割合については自己株式(313,494株)を控除して算出しております。

6 株式会社インターネット総合研究所の株式を100%保有しております。

7 Internet Research Institute Ltdは、MBOによりテルアビブ証券取引所の上場を2020年9月23日付けで廃止となりました。

8 ジャパンケーブルキャスト株式会社については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等 (1)売上高    4,174,729千円

         (2)経常利益    331,278千円

         (3)当期純利益   200,962千円

         (4)純資産    2,854,419千円

         (5)総資産    5,118,751千円

 

9 上記以外に非連結子会社が1社あります。

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2020年12月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

コンピュータプラットフォーム事業

134

5名〕

IoT/AIソリューション事業

26

0名〕

メディアソリューション事業

146

11名〕

全社(共通)

20

0名〕

合計

326

16名〕

 

(注) 1  従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含めた就業人員数であります。

2  臨時従業員数は、派遣社員及びパートタイマーを含む人員であり、〔外書〕に年間の平均人員を記載しております。

3  全社(共通)は、当社の総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

2020年12月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

145

5名〕

39.3

80か月

6,100

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

コンピュータプラットフォーム事業

125

5名〕

全社(共通)

20

0名〕

合計

145

5名〕

 

(注) 1  従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含めた就業人員数であります。

2  臨時従業員数は、派遣社員及びパートタイマーを含む人員であり、〔外書〕に年間の平均人員を記載しております。

3  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4  全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合はなく、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営方針

当社は、「人間社会と自然環境からできるだけ有用な情報を集め、かつ、人間社会と自然環境にできるだけ有用な情報を発信する仕組みを提供することによって、自然環境と調和した人間社会の発展に貢献すること。」を企業理念とし、データセンターサービス、クラウドサービス、ストレージサービスを中心に業容を拡大してまいりました。事業環境の変化に対応しながら、多様化・複雑化する顧客ニーズを捉え、子会社を含めた当社グループ全体で価値を創造してまいります。

 

(2)経営環境と経営戦略

ソフトウェア・ハードウェア技術の進化、IoT/ビッグデータ/人工知能(AI)市場の拡大等、情報通信業界は急速に変化しております。このような業界環境の中、当社グループに関連するデータセンター市場、クラウド市場は拡大傾向が続くと見込まれ、ケーブルテレビ市場も一定の規模があります。市場規模が拡大する中で、当社グループは成長機会を逃さないためにも事業環境の変化に対応し、次の3つのセグメントで事業運営を行っております。
 コンピュータプラットフォーム事業においては、主力サービスであるデータセンターは、新たなデータセンターモデルへの展開として、2018年8月、大手町に新データセンター(新大手町サイト)を開設し、新たな顧客層を開拓しております。また、クラウド・ソリューション、データ・ソリューションについてもサービスラインアップの拡充を図っております。顧客ニーズの多様化に対応するべく、これまで蓄積してきた提案力、技術力を更に向上させ、新規顧客の開拓と既存顧客との関係強化を図ってまいります。また、デジタル変革(DX)の流れが加速しつつある中、当社ならではの「DataセンターからDXセンターへの進化」を図ってまいります。
 IoT/AIソリューション事業においては、AIサービスについては販路の拡大を図り、投資事業については、アーリーステージの企業への投資を実行しております。
 メディアソリューション事業においては、ジャパンケーブルキャスト株式会社(以下、JCC)及び沖縄ケーブルネットワーク株式会社(以下、沖縄ケーブル)が属するケーブルテレビ業界が、放送の高画質化(SD標準から4K8K超高精細)、限定受信方式(CAS)の効率化・高セキュリティ化(C-CASからACAS)等、大きく変化しております。次世代放送サービス対応を進めるとともに、トータルオペレーションの効率化を図ってまいります。
 また、当社グループ内における連携だけでなく、グループ外の他企業との連携も図り、新たなサービスの創出に努めてまります。

なお、新型コロナウイルス感染症が当社グループの経営環境に与える影響は、当社グループの事業内容を踏まえ、現時点において限定的と判断しておりますが、先行きは不透明な部分もあり、今後も継続的に注視してまいります。

 

(3)目標とする経営指標

当社グループでは、売上高成長率、営業利益率等、持続的成長性及び収益性に関する財務的指標の向上を目指した事業運営を推進しております。

 

(4)優先的に対処すべき課題等

当社グループは、3つのセグメントで事業を展開しており、各セグメントで事業環境や課題が異なっております。以下の課題に対処してまいります。


(コンピュータプラットフォーム事業)

データセンターについては、新大手町サイトの売り上げは増加しております。他方、利益率の高い運用受託サービス、運用開始から20年が経過する大手町のデータセンター(第1サイト)の売り上げが減少することを想定しております。運用受託サービスは利益率が高いため、売り上げ減少に伴い利益が減少することを想定しております。売り上げ増加に向け、従来の営業活動に加え、Webマーケティング活動も取り入れ、新規顧客獲得の受注活動を行うとともに、既存顧客との関係強化による取引拡大にも努め、多様化する顧客ニーズに対応したデータセンターサービスを今後も提供してまいります。また、クラウド・ソリューション、データ・ソリューション等のサービスについても、サービスラインアップの拡充、サービス品質の維持・向上等により、顧客ニーズに対応してまいります。


(IoT/AIソリューション事業)

IoT/AIソリューション事業は営業赤字が続いております。株式会社エーアイスクエア(以下、AI2)が属するAI関連業界では、AI関連技術の研究開発が活発に行われ、様々な新技術に対応していくことが必要であると認識しております。AI2では最先端のAI技術の開発と導入を行いながら技術力向上に取り組んでおります。また、ファンド事業については収益化に時間を要することを認識しております。


(メディアソリューション事業)

JCC及び沖縄ケーブルが属するケーブルテレビ業界を取り巻く環境は、動画配信需要の取り込み、放送の高画質化、限定受信方式(CAS)の高セキュリティ化、伝送路の高速大容量化等、大きく変化しております。これらの環境変化に対応すべく、JCC及び沖縄ケーブルでは必要な設備投資とサービス開発を行い、ケーブルテレビ事業者、番組供給事業者、及びそれらの事業者と契約する全国の視聴者・利用者全体の顧客満足度を向上させるため、サービス品質の向上とオペレーションの効率化に取り組んでまいります。
 
  なお、当社グループ全体としては、グループ全体としてのシナジー効果の創出、内部統制システムの実効性の強化を図り、ガバナンスの更なる向上に努めてまいります。
 
 上記の課題に加え、新型コロナウイルス感染拡大防止への対応については、当社グループは、従業員の在宅勤務や時差出勤等の感染防止対策を講じております。お客様や従業員等の安全確保と社内外への感染拡大防止を行いつつ、サービスの提供に努めてまいります。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの事業活動に関するリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項を記載しております。また必ずしもリスク要因に該当しない事項についても、投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から開示しております。

当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存です。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。また、以下の記載は当社グループの事業もしくは本株式への投資に関連するリスクを完全に網羅するものではありませんので、この点にご留意ください。

 

① 当社グループの事業内容について
a)事業環境について

 (当社について)

調査会社の調査によると、データセンタービジネス市場は、IoT、人工知能などのシステム基盤としての需要増が見込まれるIaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の伸びが期待されるとともに、BCP(Business Continuity Plan)を意識したデータセンターへのシステム運用のアウトソース化や冗長化を意識した複数センターの利用、データセンターの老朽化による新設データセンターへのシステム移設等の要因で、今後も成長が望める市場であります。しかしながら、価格競争の激化、顧客ニーズの多様化等、引き続き厳しい競争環境下にあると認識しております。
 当社は、2018年8月に新データセンターを開設し、更なるノウハウの蓄積に取り組むとともに、新規事業や新サービスを創出し、より付加価値の高いサービスを提供することで競合会社との差別化を図っておりますが、開設から約20年運用している大手町のデータセンター(第1サイト)及び運用受託サービスについては売り上げの減少、売り上げの減少に伴う利益の減少を見込んでおります。このような状況の中で、当社が優位性を発揮し一定の地位を確保できるか否かについては不確実な面があります。
 今後、さらに競争が激化し競合他社の影響等により、サービス価格引下げ等に応じざるを得ない事態が生じた場合、お客様との契約内容の見直しによる影響が生じた場合、及び新データセンターの受注・稼働状況が計画に比べ大幅な乖離が生じた場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

(ジャパンケーブルキャスト株式会社及び沖縄ケーブルテレビについて)

連結子会社ジャパンケーブルキャスト株式会社(以下、JCC)及び沖縄ケーブルネットワーク株式会社の売上高は、ケーブルテレビ事業者、番組供給事業者及び有料多チャンネル放送契約世帯数等のケーブルテレビ関連市場に依存しております。ケーブルテレビの有料多チャンネル放送契約世帯数の規模は大きいものの、他の動画配信サービス等との競合や、視聴者の趣味嗜好の変化、人口減少等によってケーブルテレビの有料多チャンネル放送契約世帯規模が縮小した場合、あるいはこのような傾向を受け、当社サービスを利用するケーブルテレビ事業者が有料多チャンネル放送サービスの提供を終了するような場合、料金体系が改定された場合は、当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
  また、4K8K衛星放送が開始されたことに伴い、JCCでは次世代高精細放送の普及促進並びにプラットフォームの拡充に向け、4K、ACASサービス等を進めており、これらへの対応準備には多額の投資や費用が生じております。このため、サービスの提供に遅れが生じたり、想定した売り上げが計上できない場合には、当社グループの事業及び業績に影響が及ぶ可能性があります。

b)システム障害について

当社のデータセンターは、大規模地震に耐えられる耐震構造または免震構造、ガス消火設備、停電時に備えてバックアップ電源として非常用自家発電装置の設置、ネットワークの冗長構成等、24時間365日安定した運用ができるように、最大限の業務継続対策を講じております。
 しかしながら、サイバーアタック、システム・ハードの不具合、電力会社の電力不足や大規模停電、想定した規模をはるかに超える地震、台風、洪水等の自然災害、戦争、テロ、事故等予測不可能な事態によってシステム障害が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

c)データセンターの情報セキュリティ管理について

当社のデータセンターサービスは、顧客企業のサーバを預かり、インターネットへの接続環境を提供する他、サーバ運用に伴う様々なサービスを提供しております。データセンター設備内部におきましては監視カメラによる監視を行っているほか、顧客ごとに付与する専用入館カードによって入退出の制限と記録管理を行う等、厳重なセキュリティ体制を構築し、万全を尽くしております。 
 しかしながら、何らかの原因で、万一、外部からの不正アクセス等により情報の外部流出等が発生した場合には、当社グループに対する損害賠償の請求や社会的信用の失墜等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

d)データセンターの賃貸借契約について

当社は、データセンター用の不動産(データセンター用フロア)を自社で保有することなく、他社の不動産(データセンター用不動産)に自社の仕様にあわせた設備を設置、顧客にサービスを提供するデータセンターを中心に展開しております。
  当社としては、不動産の所有者との間で賃貸借契約を締結しておりますが、所有者が何らかの理由で、契約の継続につき全部もしくは一部を拒絶した場合、または契約内容の変更等を求めてきた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

e)電力事情について

当社のデータセンターでは顧客のサーバを設置するとともに、インターネットへの接続回線や保守・運用サービス等を提供しているため、災害や停電等異常時にもサービス継続が可能な設備が必要となります。さらに、消費電力量が多い施設であるため、様々な施策のもと、データセンターの省電力化の対策を進めておりますが、今後予想を上回る原油価格の高騰等に起因する電気料金の大幅な引き上げが発生し、それにより顧客との取引に支障が出るような場合、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。また、電力消費に関して地球温暖化に係る環境規制等がデータセンター事業者に対してなされた場合も、当社グループの事業及び業績に影響が及ぶ可能性があります。

f) 法的規制について 

当社は、電気通信事業者として総務省に届出を行っており、電気通信事業法及び関連する省令等を遵守しております。現在のところ、これらの法律による規制の強化等が行われるという認識はありませんが、今後これらの法律及び省令が変更された場合や当社グループの事業展開を阻害する規制がなされた場合には、当社グループの事業展開に影響を及ぼす可能性があります。

g) 主要顧客との取引について

当社グループの主要顧客は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)であり、2019年12月期の売上高に占めるヤフーの割合は25.0%でしたが、2020年12月期の同割合は20.2%と低下しております。売上高に占めるヤフーの割合は低下しておりますが、同社に対する依存度が高い傾向は続いております。今後、ヤフーのデータセンターに対する活用方針の見直しや転換等がなされた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

h) ファンド事業について

当社の連結子会社であるグローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社は、GiTV FundⅠInvestment,L.P.を組成しておりますが、ファンド募集において出資者から十分な資金を集めることができない場合には、投資活動に支障をきたす可能性があるほか、業績に影響を及ぼす可能性があります。また、投資先の業績が悪化した場合や、投資時点において想定した通りに投資先が事業を展開できない場合には、減損損失や評価損が発生する可能性や、投資の回収ができない可能性があります。

i) 新規投資について

当社グループが事業拡大を行うためには、設備投資、シナジー効果を見極めた上での企業再編や資本提携が必要であります。しかしながら、投資のための資金、投資後の投資先の管理体制、投資による会計上の減損処理の発生の可能性等により、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

j) 固定資産の減損や投資有価証券の評価損について

当社グループが保有する固定資産や投資有価証券について、経営環境の悪化等により事業の収益性が低下して投資額の回収が見込めなくなった場合には、固定資産の減損損失や投資有価証券の評価損が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

k) シンジケートローンによる資金調達に伴う財務制限条項への抵触に伴うリスク

当社は新データセンターへの投資のために、取引銀行等5社とコミット型シンジケートローン契約を締結しています。当該契約には一定の財務制限条項が付されており、当該条項に抵触した場合には、期限の利益を喪失し当社の資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。

財務制限条項の内容については、以下のとおりでありますが、当連結会計年度末において、当該財務制限条項に抵触しておりません。

・2018年6月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計

 額を、2017年6月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の80%に相当する金

 額、又は直近の事業年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の80%に相当す

 る金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。

・2020年12月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における連結損益計算書に記載される経常損益を2回連続して損失としないこと。

・2020年12月期第2四半期末日(2020年6月末日)における連結損益計算書に記載される経常損益を損失としないこと。

 

② その他
a)人材の確保について

当社グループが今後も継続して成長していくためには、新人の育成や優秀な人材の確保が必要であると考えており、定期的な新卒採用を行い、あわせて中途採用を実施し、バランスのとれた採用及び人材の育成強化を図りながら、優秀な人材の確保に努めております。しかしながら、優秀な人材の流出や採用等が計画通りに進まない場合は、事業推進を行う上で、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

b)配当政策について

当社は、中長期的に企業価値を向上させるとともに、株主の皆様へ利益還元することを重要な経営課題として取り組んでおります。当社は、将来の事業展開に必要な内部留保を確保しながらも、継続的かつ安定的な配当による株主還元を行う考えでありますが、業績、財政状態及びその他の状況の変化によっては、配当政策に影響を及ぼす可能性があります。

c)内部管理体制について

当社では、企業価値の向上を図り、企業の社会的責任を果たし、社会やステークホルダーから高い信頼や誠実な企業として認識を得るためには、透明性が高く環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立とコンプライアンス遵守の経営を追求することが不可欠であると考えており、コーポレート・ガバナンス体制の充実を、経営の最重要課題と位置づけて積極的に取り組んでおります。
 しかしながら、今後の当社もしくは当社グループの事業の急速な拡大による会社規模の拡大、もしくは子会社の増加に伴い、十分な内部管理体制の構築が整備できないという状況が生じることで適切な管理体制に支障が出る可能性があります。

d)筆頭株主との関係について

当社の筆頭株主である株式会社インターネット総合研究所とは今後も良好な協力関係を継続していく予定ですが、同社の経営方針の変更等が生じた場合、当社グループの事業運営に影響を及ぼす可能性があります。

e)パンデミックについて

 新型コロナウイルス等の感染症が、国内に蔓延(パンデミック)し、本社、営業所等における活動休止等が発生する可能性があります。その場合には、当社グループのサービスの提供等に支障をきたし、多額の費用や機会損失が発生する可能性があります。このようなリスクに対して、当社グループは従業員の在宅勤務や時差出勤等の感染防止対策を講じております。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 (1) 経営成績等の状況の概要

① 経営成績の状況

当社グループが属する情報サービス産業においては、インターネット利用の増大、ソフトウェア・ハードウェア技術の進展、IoT(モノのインターネット)の普及、企業のデジタル化への対応等により、クラウド市場、AI(人工知能)市場等が拡大しております。
 このような環境の下、当社グループは、当社グループが展開するコンピュータプラットフォーム事業、IoT/AIソリューション事業、メディアソリューション事業の3事業について、事業環境の変化に対応しながら事業運営を行っております。

なお、当社グループは、お客様や従業員の新型コロナウイルス感染防止のため、テレワークの導入や時差出勤等の必要な措置を講じております。また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が当連結会計年度の業績に与えた影響については、コンピュータプラットフォーム事業、メディアソリューション事業では限定的でしたが、お客様社内での検討・プロセス等に遅れが見受けられる案件も発生しております。IoT/AIソリューション事業では予定した新規受注案件の延期等がありました。

 

当連結会計年度におけるセグメント別の概況は以下のとおりであります。

 

(コンピュータプラットフォーム事業)

コンピュータプラットフォーム事業においては、データセンター、クラウド・ソリューション、データ・ソリューション、その他に分け、サービスを展開しております。

データセンターでは、大手町の新データセンター(以下、新大手町サイト)における2020年12月末の契約率は7割を超え、稼働率は約45%となり売り上げが増加しました。他方、運用受託サービスは期中での契約の見直しにより売り上げが減少しました。データセンターについては、2020年3月に新大手町サイトの利用価値を高めるべく株式会社アット東京とのデータセンター間接続を開始し、11月からは両社連携サービスを提供しております。今後も当社データセンターの特長を訴求した営業活動、お客様のニーズに即したサービスの提案等を行い、新規顧客の開拓を進めるとともに、既存顧客との関係強化を図ってまいります。

クラウド・ソリューションでは、クラウド市場の拡大を背景に、当社独自のc9サービス、SaaS(Software as a Service)サービス等の売り上げは堅調に推移し、パブリッククラウドサービスの売り上げは伸長しました。

データ・ソリューションでは、大容量化への対応、安定運用等、お客様のニーズに即したストレージの活用方法を提案することにより、当社の主力プロダクトであるDELL Technologies社製の「PowerScale(旧製品名称 Isilon)」の売り上げは堅調に推移し、PowerScaleに付随した他の製品販売も堅調に推移しました。また、大容量のデータを収容できるScality社のSDS(ソフトウェア・デファインド・ストレージ)製品は第1四半期に大型案件の獲得がありました。

その他では、株式会社ティエスエスリンクが情報漏洩対策ソフトウェア製品の開発、販売等を行っております。独自製品である「パイレーツ・バスター®」、「コプリガード®」等の売り上げは、お客様の検討期間の長期化等の影響を受けたものの堅調でした。また、情報セキュリティサービスとして提供しているPCデータのクラウドバックアップサービスの売り上げは堅調に推移しました。

この結果、コンピュータプラットフォーム事業の売上高は、主に新大手町サイト、データ・ソリューションの売り上げ増加により9,957百万円(前年同期比14.5%増)、営業利益は、売り上げ増加に加え、旅費交通費をはじめとした販売費及び一般管理費の減少もあり402百万円(前年同期は508百万円の営業損失)となりました。

 

(IoT/AIソリューション事業)

IoT/AIソリューション事業では、株式会社エーアイスクエア(以下、AI2)、グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社(以下、GiTV)等を中心に事業を展開しております。
  AI2では、コンタクトセンター業務、ヘルプデスク業務をはじめ、業務の自動化・効率化・高度化を望んでいるお客様に対し、独自開発の自然言語解析技術を活用したAIソリューションを提供しております。企業内外の問合わせ応答業務を支援する自動応答システム「QuickQA」、「QuickQA」に企業の人事・総務部門に特化したQ&Aテンプレート約7,500セットを搭載した「AI人事総務」、会話文から書籍まで様々な文章を要約・分類する「QuickSummary」等の自社ソリューションについて、活用方法や事例紹介のWebセミナー開催等を通じた顧客獲得活動、SIerやソフトウェアベンダーによる代理店販売により拡販に努めております。
 GiTVが組成したファンドであるGiTV FundⅠInvestment,L.P.は、海外のAIやIoT関連のベンチャー企業に投資をしております。

なお、BBTOWER SAN DIEGO INC.は2020年12月31日を解散日とする解散手続を開始し、本年(2021年)3月中に清算結了となる見込みです。

この結果、IoT/AIソリューション事業の売上高は、AI2の売り上げ増加により394百万円(前年同期比8.9%増)となり、営業損失は191百万円(前年同期は237百万円の営業損失)と損失が多少改善しました。

 

(メディアソリューション事業)

メディアソリューション事業では、ジャパンケーブルキャスト株式会社(以下、JCC)及びその子会社である沖縄ケーブルネットワーク株式会社(以下、沖縄ケーブル)が事業を展開しております。
  JCCにおいては、主力事業であるデジタル多チャンネル配信のプラットフォームサービス「JC-HITS」は、ケーブルテレビ事業者の多チャンネル放送サービスの高画質化の進展に向け、4K8K放送で新たに採用されたCAS(注1)方式となるACASに対応した高度ケーブル自主放送サービスを2019年10月から開始し、ケーブルテレビ事業者のC-CASからACASへの移行を支援しております。
  ケーブルテレビのコミュニティチャンネル向けデータ放送サービス「JC-data」は、地域に密着した安心・安全・防犯・防災情報の提供を行っております。 長野県伊那市と伊那ケーブルテレビジョン株式会社のコミュニティチャンネル「いなテレ12」に、JCCがハイブリッドキャスト(注2)技術を用いた「ICTライフサポート・チャンネル」システムを構築しました。本コミュニティチャンネルからテレビのリモコン操作で買い物や乗合タクシーの配車予約、ケーブルテレビの利用料との一括決済等が可能となりました。
  自治体からのお知らせなどの行政無線や各種緊急情報を伝達する「IP告知システム」は、2020年3月に北海道厚岸町、鶴居村への導入を完了し、すでに導入済の自治体と合わせ5自治体でサービス提供を行っております。
  凸版印刷株式会社、JCC、当社、株式会社秋田ケーブルテレビ、秋田ケーブルテレビの子会社である株式会社ALL-Aの5社は、エイジフレンドリーシティの実現を目指す秋田市において、市内の高齢者入居施設及び個人宅への高品質4K映像配信の実証実験を終了し、本格サービス化に向け引き続き取り組んでまいります。
  また、当社とJCCは更なるシナジー効果発揮のためオフィスを統合することとし、JCCは2020年11月に本社移転(東京都千代田区内幸町の当社オフィス)を行いました。今後ますます当社とJCCは連携を深め、ケーブルテレビを通じたサービス提供にとどまらず、課題のある地域の暮らしを便利にするサービスを、メディアを超えて提供できるように取り組んでまいります。
  沖縄ケーブルにおいては、解約防止と新規顧客獲得に向けサービスの魅力度向上のため、2020年10月からデータ放送に新コンテンツを追加しました。また、自治体案件獲得にも力を入れており、第3四半期に普天間地域の電波障害調査を受注しました。今後もJCCと連携を図りながら沖縄地域に有用なサービスの提供に取り組み、地域の発展とケーブルテレビ加入者数の増加に努めてまいります。

この結果、メディアソリューション事業の売上高は、第1四半期に計上したIP告知システムの機器売上等により5,725百万円(前年同期比2.2%増)、営業利益はJCCにおけるACASの償却費・運用管理費や本社移転費用等により305百万円(同29.7%減)となりました。

 

以上の活動により、当連結会計年度における当社グループの売上高は16,077百万円(前年同期比9.7%増)、営業利益は524百万円(前年同期は303百万円の営業損失)、経常利益は530百万円(前年同期は352百万円の経常損失)となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、減損損失を計上したものの342百万円(前年同期は912百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。

 

   (注1)CASとは、限定受信方式「CONDITIONAL ACCESS SYSTEM」の略語。

    (注2)ハイブリッドキャストとは、放送と通信を連携させた新しいデータ放送サービス。利用するには、
            ハイブリッドキャストに対応したテレビもしくはSTB(セットトップボックス)と、その機器が
        インターネットに接続されていることが必要。

 

② 資産、負債及び純資産の状況

当連結会計年度末における総資産は、大型投資がなく償却が進んだことによる有形固定資産や無形固定資産の減少等により、前連結会計年度末に比べ1,023百万円減少23,359百万円となりました。

負債合計は、長期借入金の減少等により、前連結会計年度末に比べ1,421百万円減少11,293百万円となりました。

純資産合計は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上や非支配株主持分の増加等により、前連結会計年度末に比べ398百万円増加12,066百万円となりました。

また、当社は、大手町に開設した新データセンターの投資に伴う資金需要に対し、機動的な資金調達を行うため、2018年3月に取引銀行等5社と総額40億円のコミット型シンジケートローン契約を締結しており、当連結会計年度末の本契約に基づく借入金残高は38億75百万円です。

 

③ キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は前連結会計年度末と比較して213百万円増加し、6,117百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

  営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益の計上、減価償却費の増加等により2,284百万円の収入(前年同期は1,406百万円の収入)となりました。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

  投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出、ソフトウェアの取得による支出、投資有価証券の取得による支出の減少等により984百万円の支出(前年同期は4,449百万円の支出)となりました。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

  財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同期にあった長期借入による収入及び新株予約権の行使に伴う株式の発行が当期はなく、長期借入金の返済等により1,082百万円の支出(前年同期は1,588百万円の収入)となりました。
 

なお、当社グループのキャッシュ・フロー指標のトレンドは、次のとおりであります。

 

 

2017年6月期

2018年6月期

2018年12月期

2019年12月期

2020年12月期

自己資本比率(%)

59.6

38.4

31.1

33.8

36.2

時価ベースの
自己資本比率(%)

95.5

47.4

62.6

63.7

84.0

キャッシュ・フロー対
有利子負債比率(%)

339.1

△3,151.4

△2,790.7

551.6

281.1

インタレスト・
カバレッジ・レシオ(倍)

30.6

△7.2

△9.4

20.9

40.5

 

自己資本比率:自己資本/総資産
時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
キャッシュ・フロー対有利子負債:有利子負債/キャッシュ・フロー
インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い

(注) 1. 各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。

2. 株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。

3. キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用しております。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象としております。また、利払いにつきましては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。

 

 

④ 生産、受注及び販売の状況

(生産実績)

当社グループは、生産に該当する事項がないため、生産実績に関する記載はしておりません。

 

(受注実績)

当社グループは、受注生産を行っておりませんので、受注実績に関する記載はしておりません。

 

(販売実績)

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

前年同期比(%)

金額(千円)

コンピュータプラットフォーム事業

9,957,154

114.5

IoT/AIソリューション事業

394,370

108.9

メディアソリューション事業

5,725,474

102.2

合計

16,077,000

109.7

 

(注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

2 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

相手先

前連結会計年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

当連結会計年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

ヤフー株式会社

3,658,704

25.0

3,246,164

20.2

 

3 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
  す。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

 ① 経営成績等の分析

 (売上高)

売上高は前年同期比9.7%増となる16,077百万円となりました。売上高を事業別(セグメント別)に区分すると、コンピュータプラットフォーム事業が約62%、IoT/AIソリューション事業が約2%、メディアソリューションセグメントが約36%となっております。コンピュータプラットフォーム事業の連結売上高に占める割合は、主に、新大手町サイトの売り上げ及びデータ・ソリューションの売り上げ増加により、前連結会計年度の約59%から当連結会計年度は62%に上昇しました。

 (営業損益)

営業損益は524百万円の営業利益(前年同期は303百万円の損失)となりました。営業利益を事業別に区分すると、コンピュータプラットフォーム事業が402百万円の利益、IoT/AIソリューション事業が191百万円の損失、メディアソリューション事業が305百万円の利益となっております。コンピュータプラットフォーム事業については、前連結会計年度は508百万円の営業損失でしたが、当連結会計年度は402百万円の営業利益と黒字転換及び大幅増益となりました。主として売上高の増加と販売費及び一般管理費の減少によるものです。IoT/AIソリューション事業が営業損失であるのは、AI事業、ファンド事業が赤字のためです。メディアソリューション事業はJCCにおけるACASの償却費・運用管理費や本社移転費用等により減益となりました。

 (経常損益)

経常損益は530百万円の経常利益(前年同期は352百万円の損失)となりました。営業利益の増加に加え、受取配当金等の営業外収益が、支払利息等の営業外費用を上回ったことによるものです。

 (税金等調整前当期純損益)

税金等調整前当期純損益は391百万円の利益(前年同期は660百万円の損失)となりました。大幅に増益となった理由は、経常利益の増加に加え、前連結会計年度は特別損失を308百万円計上しましたが、当連結会計年度は162百万円に減少したことによるものです。

 (親会社株主に帰属する当期純損益)

親会社株主に帰属する当期純損益は342百万円の利益(前年同期は912百万円の損失)となりました。税金等調整前当期純利益に、法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額、非支配株主に帰属する当期純損失を加減算した結果です。

 

 ② 資本の財源及び資金の流動性

当社グループは、事業に必要な資金を安定的に確保することを基本方針としており、資金調達及び資金の流動性については、自己資金のほか、金融機関からの借入により行っております。なお、新データセンターへの投資資金として機動的な資金調達を行うため、2018年3月に取引銀行等5社と総額40億円のコミット型シンジケートローン契約を締結しており、当連結会計年度末の本契約に基づく借入金残高は38億75百万円です。

 

 

 ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

当社グループの連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。特に次の重要な会計方針が、連結財務諸表作成における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えております。

 a)固定資産の減損

当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。

経営環境の変化等により見積りの見直しが必要となった場合、減損損失が必要となる可能性があります。

 b)繰延税金資産の回収可能性

当社グループは、将来の課税所得を合理的に見積り、繰延税金資産の回収可能性を判断しております。

 将来の課税所得の見積りは、過去の実績や一定の仮定のもとに行っているため、経営環境等の変化により、課税所得の見積りの変更が必要となった場合、繰延税金資産の計上額に影響を及ぼす可能性があります。

 c)投資有価証券の評価

当社グループは、時価のない有価証券について、投資先の財政状態等に基づき実質価額を評価し、当該価額が著しく低下したものについて減損の対象としております。

 実質価額の評価にあたっては、決算時点で入手可能な情報に基づき合理的に判断しておりますが、経営環境等の変化により、個々の投資先に関する状況の変化があった場合、投資有価証券の評価に影響を及ぼす可能性があります。

 

なお、会計上の見積りにおいて、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微と判断し見積りを行っております。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

(1) 第1サイトに関する契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

2006年3月1日

建物賃貸借契約

自:2006年3月1日
至:2008年5月31日
(以後2年毎の自動更新)

2006年3月1日

建物賃貸借契約

自:2006年3月1日
至:2008年5月31日
(以後2年毎の自動更新)

2006年3月1日

建物賃貸借契約

自:2006年3月1日
至:2008年5月31日
(以後2年毎の自動更新)

 

 

(2) 第3サイトに関する契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

KDDI株式会社

2005年9月1日

データセンターサービス契約

 自:2005年9月1日
 至:終期なし

(ただし、事前通知により解約することが出来る) 

 

 

(3) 西梅田サイトに関する契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

住友不動産株式会社

2005年12月27日

貸室賃貸借契約

自:2006年1月1日
至:2015年12月31日
(以後2年毎の自動更新)

 

 

(4) 第5サイトに関する契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

富士ソフト株式会社

2014年12月26日

データセンターサービス契約

自:2015年2月1日
至:2020年2月29日
(以後1年毎の自動更新)

 

 

(5) 新大手町サイトに関する契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

みずほ信託銀行株式会社

日本郵政株式会社

日本郵便株式会社

株式会社ゆうちょ銀行

株式会社かんぽ生命保険

日本電信電話株式会社

独立行政法人都市開発機構東日本都市再生本部

エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社

2018年7月20日

施設等賃貸借契約

自:2018年8月15日
至:2033年2月14日
(以後2年毎の自動更新)

 

 

 

 

(6) 販売先とのデータセンターサービス基本契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

ヤフー株式会社

2003年3月31日

以下のサービス及び設備の提供

(1) インターネットへの接続(インターネット接続サービス)

(2) インターネット接続サービスを利用するための機器(対象ハードウェア)の販売

(3) 対象ハードウェアを保管・運用するスペースの使用権(スペースサービス)

(4) 上記(1)から(3)までのサービス及び対象ハードウェアに関する管理、企画及びコンサルティング(プロフェッショナルサービス)

 自:2009年8月31日
 至:2011年8月30日

(以後原則1年毎の自動延長)

2006年3月22日

データセンター運用受託契約

 

 

(7) 業務・資本提携に関する契約

契約先

契約年月日

契約の内容

契約期間

ヤフー株式会社

2009年8月31日

(1) ヤフー株式会社に対し、データセンターサービスを安定的かつ継続的に、市場競争力のある価格にて提供するよう努める。

(2) ヤフー株式会社と協力して、データセンターサービスの運用に伴うコストの圧縮を行う。

(3) ヤフー株式会社が指名した取締役候補者1名を選任する場合には必要な法令上の手続を実施する。

(4) ヤフー株式会社との間で締結されているデータセンターサービス関連契約の契約期間を本契約締結日から2年間とする。当該契約期間満了後は、事前に書面による契約終了の通知がない限り、自動的に原則1年間延長され、以後も同様とする。

自:2009年8月31日

至:契約終了を書面で
合意するまで

 

 

5 【研究開発活動】

当連結会計年度における当社グループの研究開発費の総額は95百万円であり、主にコンピュータプラットフォームセグメントに係るものであります。

コンピュータプラットフォームセグメントでは、当社内に設置したCloud&SDN研究所において、SDN(Software Defined Networking)技術を応用したInternet eXchange(IX)の研究及び実証実験を進め、IXとクラウド間を相互接続するサービスを提供するとともに、更なる高度化にも取り組んでおります。仮想化技術については、ネットワーク機能を汎用サーバ上で実現するNFV(Network Functions Virtualization)の検証を進めております。また、ホワイトボックススイッチとネットワークOSの技術、DDoS(Distributed Denial of Service Attack)対策技術、コンテナ技術、データセンター間接続の伝送技術等にも着目し、研究を進めております。なお、株式会社ティエスエスリンクでは情報漏洩対策ソフトの開発を行っております。

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度における当社グループの設備投資額は519百万円であり、その主なものは以下のとおりであります。

なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。

 

設備投資

コンピュータプラットフォーム事業

新大手町サイト データセンター設備  93百万円 

メディアソリューション事業

JC-HITS東京メディアセンター設備   223百万円

重要な除却

メディアソリューション事業

JC-HITS東京メディアセンター設備   147百万円

 

当連結会計年度において、減損損失112百万円を計上しております。減損損失の内容については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(連結損益計算書関係)※5」に記載のとおりであります。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2020年12月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び構築物

機械及び装置

工具、器具
及び備品

ソフトウェア

リース
資産

合計

本社

(東京都千代田区)

本社機能
情報関連機器

262,605

3,692

61,731

5,499

333,528

131

第1サイト

(東京都千代田区)

コンピュータプラットフォーム事業

データセンター設備等

5,554

100,249

7,560

6,941

8,667

128,973

新大手町サイト
(東京都千代田区)

コンピュータプラットフォーム事業

データセンター設備等

5,263,455

57,708

143,983

10,343

5,475,489

SJMDC

(岐阜県大垣市)

コンピュータプラットフォーム事業

データセンター設備等

66,703

82

20,310

87,095

4

西梅田サイト

(大阪市福島区)

コンピュータプラットフォーム事業

データセンター設備等

28,891

82

12,936

41,910

2

ベストミックスエナジーみなかみ

(群馬県利根郡)

IoT/AIソリューション事業

太陽光発電

設備

8,490

223,118

1,722

233,330

 

(注) 1 現在休止中の主要な設備はありません。

2 本社、およびデータセンター各サイトの建物、ベストミックスエナジーみなかみの土地を賃借しており、当連結会計年度の賃借料の総額は2,189,522千円であります。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

(2) 連結子会社

2020年12月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械及び
装置

工具、器具
及び備品

ソフトウェア

リース
資産

合計

ジャパンケーブルキャスト株式会社

JC-HITS東京メディアセンター

(東京都江東区)

メディアソリューション事業

配信
センター設備等

11,620

1,034,652

8,958

828,585

1,883,817

21

 

 (注) 1 現在休止中の主要な設備はありません。

2 JC-HITS東京メディアセンターは、データセンター設備を賃借しており、当連結会計年度の賃借料の総額は、73,596千円であります。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社の設備投資については、経済動向、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。

2020年12月31日現在における重要な設備の新設、除却および売却の計画は次のとおりであります。

 

(1) 重要な設備の新設

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

160,000,000

160,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2020年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年3月22日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

60,133,500

60,133,500

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

60,133,500

60,133,500

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

  該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

  該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

     該当事項はありません。

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2016年10月20日
(注)2

85,500

51,979,500

9,276

2,370,701

9,276

2,353,989

2017年10月20日

(注)3

93,000

52,072,500

10,462

2,381,163

10,462

2,364,451

2017年7月1日~

2018年6月30日

(注)1

27,500

52,100,000

2,557

2,383,721

2,557

2,367,009

2018年7月1日~

2018年12月31日

(注)1

 137,500

52,237,500

12,787

2,396,508

12,787

2,379,796

2018年10月18日(注)4

 48,000

52,285,500

 7,896

2,404,404

 7,896

 2,387,692

2019年4月1日(注)5

90,000

52,375,500

16,020

2,420,424

16,020

2,403,712

2019年4月22日(注)6

1,150,000

53,525,500

175,288

2,595,713

175,288

2,579,001

2019年1月1日~2019年12月31日(注)1

6,500,000

60,025,500

726,706

3,322,420

726,706

3,305,708

2020年4月20日

(注)7

108,000

60,133,500

8,910

3,331,330

8,910

3,314,618

 

(注) 1 新株予約権の行使による増加であります。

2  2016年10月20日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。

3  2017年10月20日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。

4 2018年10月18日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。

5 2019年4月1日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。

6 2019年4月22日付の有償第三者割当 発行価格304.85円 資本組入額152,425円

   割当先 マッコーリー・バンク・リミテッド

7 2020年4月20日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。

 

(5) 【所有者別状況】

     2020年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数  100株)

単元未満
株式の状況(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

7

40

141

29

65

24,078

24,360

所有株式数
(単元)

4,899

45,748

132,048

14,289

1,363

402,779

601,126

20,900

所有株式数
の割合(%)

0.81

7.61

21.96

2.37

0.22

67.00

100.00

 

(注)1 自己株式313,494株は、「個人その他」3,134単元、「単元未満株式の状況」に94株含まれております。

  2 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義として、名義書換失念株式が500株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

     2020年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数の
割合(%)

株式会社インターネット総合研究所

東京都新宿区西新宿1丁目6-1

10,700,000

17.88

Zホールディングス株式会社

東京都千代田区紀尾井町1-3

1,304,500

2.18

JPモルガン証券株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目7-3
東京ビルディング

1,143,600

1.91

SMBC日興証券株式会社

東京都千代田区丸の内3丁目3番1号

860,300

1.43

衣川 晃弘

福岡県糟屋郡志免町

800,000

1.33

松井証券株式会社

東京都千代田区麹町1丁目4番地

580,400

0.97

日本証券金融株式会社

東京都中央区日本橋茅場町1丁目2-10号

452,800

0.75

株式会社SBI証券

東京都港区六本木1丁目6番1号

336,696

0.56

BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG(FE-AC)
(常任代理人株式会社三菱UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UNITED KINGDOM
(東京都千代田区丸の内2丁目7-1 決済事業部)

267,550

0.44

各務 正人

東京都港区

250,000

0.41

16,695,846

27.91

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2020年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

313,400

完全議決権株式(その他)

普通株式

59,799,200

597,992

単元未満株式

普通株式

20,900

発行済株式総数

60,133,500

総株主の議決権

597,992

 

(注) 「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が500株含まれております。

また、「議決権の数」欄には、同機構名義の名義書換失念株式の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2020年12月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社ブロードバンドタワー

東京都千代田区内幸町二丁目1-6日比谷パークフロント

313,400

313,400

0.52

313,400

313,400

0.52

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

   該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

86

15

当期間における取得自己株式

 

(注)  当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(―)

保有自己株式数

313,494

313,494

 

(注)  当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

 当社は、中長期的に企業価値を向上させるとともに、連結業績等を総合的に勘案した上で、株主への利益還元を行っております。当社は、将来の成長のために必要な先行投資を行いつつも、継続的かつ安定的な配当による株主還元を行うバランスの取れた経営戦略が重要であると認識しております。

 剰余金の配当については、中間配当を行うことが出来る旨を当社定款に定めており、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。このような方針のもと、当期(2020年12月期)の配当金につきましては、中間配当として1円、期末配当として1円、年間で2円の配当を実施させていただくことといたしました。
 次期(2021年12月期)につきましては、中間配当として1円、期末配当として1円、合計で2円の配当を予定しております。

 なお、配当の決定機関は、中間配当、期末配当ともに取締役会であります。

 

   (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たり配当額
(円)

2020年8月7日

臨時取締役会

59,820

1

2021年2月10日

臨時取締役会

59,820

1

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、企業価値の最大化を図り、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)を果たしていくためには、透明性が高く環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立とコンプライアンス遵守の経営を追求することが不可欠であると考えており、コーポレート・ガバナンス体制の充実を、経営の最重要課題と位置づけて積極的に取り組んでまいります。

 

②  企業統治の体制

 (a) 企業統治体制の概要

当社は、取締役会・常勤役員会を設置しております。また、社外取締役を任用することにより、業務執行役員等への監視・監督の強化を図っております。

当社の取締役会は、取締役12名(社外取締役5名)で構成され、毎月開催し、会社の経営方針、経営戦略、事業計画、組織及び人事に関する意思決定、ならびに当社及び子会社の業務執行の監督を行っております。

取締役会の意思決定を要する重要事項については、事前の審議機関として常勤役員会を設置し、常勤の取締役6名で構成され、定例で毎週開催しております。なお、監査等委員の1名がオブザーバーとして参加しております。

当社は、経営者に対する取締役会の監督機能とコーポレート・ガバナンスの一層の強化を図り、経営の健全性と効率性を高めるため、2015年9月19日より監査等委員会設置会社へ移行しております。当社の監査等委員会は、監査等委員である取締役3名で構成され、毎月開催しております。

監査等委員は、取締役会に出席し、経営全般または個別案件に関する客観的かつ公正な意見陳述を行うとともに、監査等委員会で立案した監査方針に従い、取締役の業務遂行に対しての適法性を監査しております。なお、監査等委員会、内部統制室及び会計監査人は、情報交換、意見交換を行うなどの連携により、監査機能の向上に努めております。

 

各機関の構成員は次のとおりであります。(◎は議長を表します)

役職名

氏名

取締役会

常勤役員会

監査等委員会

代表取締役会長兼社長CEO

藤原 洋

-

常務取締役

中川 美恵子

-

常務取締役

及川 茂

-

取締役 執行役員

李 秀元

-

取締役 執行役員

樋山 洋介

-

取締役 執行役員

樺澤 宏紀

-

社外取締役

村井 純

-

-

社外取締役

西本 逸郎

-

-

取締役

村口 和孝

-

-

監査等委員(社外取締役)

井上 隆司

   - (注)

監査等委員(社外取締役)

濱田 邦夫

-

監査等委員(社外取締役)

大賀 公子

-

 

(注) 常勤役員会へオブザーバーとして参加しております。

 

 

〔業務執行・監査体制〕

 


 

 (b) 企業統治の体制を採用する理由

当社は、社外取締役及び監査等委員を任用するとともに、取締役による相互監視及び監査等委員会による監査により経営の監視・監督機能の確保が行えるものと考え、取締役会・監査等委員会を設置しております。

 (c) 内部統制システムの整備の状況

当社は、内部統制システム構築の基本方針を、以下のとおり定めております。

取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他当社の業務並びに当社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制

1)当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制