EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2022年2月25日

【事業年度】

第22期(自 2020年12月1日 至 2021年11月30日)

【会社名】

株式会社エスプール

【英訳名】

S-Pool,Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役会長兼社長  浦 上 壮 平

【本店の所在の場所】

東京都千代田区外神田一丁目18番13号

【電話番号】

03(6859)5599(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役 管理本部担当  佐 藤 英 朗

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区外神田一丁目18番13号

【電話番号】

03(6859)5599(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役 管理本部担当  佐 藤 英 朗

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05555 24710 株式会社エスプール S-Pool,Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-12-01 2021-11-30 FY 2021-11-30 2019-12-01 2020-11-30 2020-11-30 1 false false false E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:UrakamiSoheiMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:SatoHideakiMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:AraiNaoshiMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:AkauraToruMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:MiyazawaNaoMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:NakaiKazuhikoMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:JinXuMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:HatanakaHiroshiMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp030000-asr_E05555-000:YoshiokaIsamuMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05555-000 2017-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2016-12-01 2017-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp_cor:Row5Member E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E05555-000:BusinessSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E05555-000:HumanSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2022-02-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2022-02-25 E05555-000 2021-11-30 E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 E05555-000 2020-11-30 E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 E05555-000 2019-11-30 E05555-000 2018-12-01 2019-11-30 E05555-000 2018-11-30 E05555-000 2017-12-01 2018-11-30 E05555-000 2017-11-30 E05555-000 2016-12-01 2017-11-30 E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05555-000:BusinessSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp030000-asr_E05555-000:HumanSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp030000-asr_E05555-000:BusinessSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp030000-asr_E05555-000:HumanSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp030000-asr_E05555-000:BusinessSolutionSegmentReportableSegmentsMember E05555-000 2017-12-01 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05555-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05555-000 2021-11-30 jpcrp_cor:Row1Member E05555-000 2022-02-25 jpcrp_cor:Row1Member E05555-000 2022-02-25 jpcrp_cor:Row2Member E05555-000 2022-02-25 jpcrp_cor:Row3Member E05555-000 2022-02-25 jpcrp_cor:Row4Member E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05555-000 2021-11-30 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E05555-000 2020-12-01 2021-11-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第18期

第19期

第20期

第21期

第22期

決算年月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

2021年11月

売上高

(百万円)

11,696

14,797

17,522

21,009

24,862

経常利益

(百万円)

687

1,007

1,626

2,229

2,673

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

423

619

1,082

1,580

1,881

包括利益

(百万円)

422

619

1,082

1,581

1,899

純資産額

(百万円)

1,473

2,032

3,035

4,468

6,106

総資産額

(百万円)

4,469

5,754

8,659

11,305

15,320

1株当たり純資産額

(円)

92.54

25.65

38.42

56.43

76.94

1株当たり当期純利益

(円)

27.32

7.85

13.71

20.00

23.81

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

26.83

7.84

13.70

自己資本比率

(%)

32.6

35.2

35.1

39.4

39.7

自己資本利益率

(%)

34.0

35.6

42.8

42.2

35.7

株価収益率

(倍)

22.7

44.5

51.0

38.0

53.6

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

801

724

1,696

2,234

2,195

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

577

878

1,474

2,054

2,514

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

58

1

809

215

1,742

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

1,240

1,087

2,119

2,514

3,938

従業員数

(名)

312

419

505

625

728

〔外、契約従業員数〕

234

204

216

224

217

(外、平均臨時雇用者数)

86

116

153

166

210

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第21期及び第22期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

4.当社は、2018年3月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。第18期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。

また、当社は、2019年10月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。第19期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第20期の期首から適用しており、第19期以前の主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第18期

第19期

第20期

第21期

第22期

決算年月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

2021年11月

売上高

(百万円)

1,061

1,464

1,868

1,450

1,885

経常利益

(百万円)

161

185

428

415

596

当期純利益

(百万円)

33

171

388

375

557

資本金

(百万円)

366

368

372

372

372

発行済株式総数

(株)

3,153,400

15,780,500

79,007,500

79,007,500

79,007,500

純資産額

(百万円)

878

988

1,297

1,515

1,812

総資産額

(百万円)

2,390

2,712

4,077

4,931

7,305

1株当たり純資産額

(円)

54.77

12.43

16.43

19.18

22.94

1株当たり配当額

(円)

18.00

5.00

2.00

3.30

6.00

(内、1株当たり中間配当額)

-)

-)

-)

-)

-)

1株当たり当期純利益

(円)

2.19

2.17

4.92

4.76

7.05

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

2.15

2.17

4.91

自己資本比率

(%)

36.1

36.2

31.8

30.7

24.8

自己資本利益率

(%)

4.0

18.6

34.1

26.7

33.5

株価収益率

(倍)

283.6

160.7

142.2

160.0

180.8

配当性向

(%)

164.4

46.0

40.7

69.4

85.1

従業員数

(名)

55

112

124

66

118

〔外、契約従業員数〕

25

19

14

11

20

(外、平均臨時雇用者数)

35

53

67

39

51

株主総利回り

(%)

206.8

581.0

1,163.4

1,271.6

2,132.5

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(124.5)

(118.4)

(123.7)

(130.9)

(146.9)

最高株価

(円)

3,450

2,029

720

954

1,363

 

 

 

※5,140

※3,525

 

 

最低株価

(円)

1,352

853

531

414

704

 

 

 

※2,910

※1,420

 

 

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第21期及び第22期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

4.当社は、2018年3月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。第18期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。

また、当社は、2019年10月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。第19期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。

 

5.最高株価及び最低株価は2019年2月18日以前は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、2019年2月19日より東京証券取引所(市場第二部)におけるものであり、2019年7月26日より東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

6.当社は、2018年3月1日付で普通株式1株につき5株の割合で、また、2019年10月1日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。第19期及び第20期の株価については株式分割後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式分割前の最高株価及び最低株価を※で記載しております。

7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第20期の期首から適用しており、第19期以前の主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

2【沿革】

年月

事項

1999年12月

東京都新宿区高田馬場に株式会社エスプールを設立(資本金2,000万円)し、人材関連及びマーケティング関連のアウトソーシング事業を開始

2002年8月

本社を東京都中央区日本橋に移転

 

人材・組織開発に関するコンサルティングを行うパフォーマンス・コンサルティング事業を開始

2003年6月

マーケティング事業を分社化し、株式会社エスプール・マーケティングを設立(2016年5月清算)

2005年7月

株式会社パスカルを設立し、アルバイトの雇用・勤怠管理アウトソーシングサービスを開始

2006年2月

大阪証券取引所ニッポン・ニューマーケット-「ヘラクレス」市場に上場

2006年4月

パフォーマンス・コンサルティング事業を分社化し、株式会社エスプール総合研究所を設立

2008年8月

株式会社パスカルの社名を株式会社GIMに変更

2008年10月

株式会社GIMが、システム開発受託事業を吸収分割にて事業承継し、システム事業を開始

2008年12月

ロジスティクスアウトソーシングサービスを開始

2009年12月

会社分割により人材アウトソーシングサービスを分社化し、人材ソリューション事業を行う株式会社エスプールヒューマンソリューションズ(現連結子会社)を設立

2010年4月

障がい者雇用支援サービスを開始

2010年6月

株式会社わーくはぴねす農園(現株式会社エスプールプラス・現連結子会社)を設立し、障がい者雇用支援サービスで利用する企業向け貸し農園の運営を開始

2010年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場

2011年2月

株式会社エスプール総合研究所を株式譲渡により連結除外

2011年2月

株式会社エスプール・マーケティングで行っていたマーケティング事業から撤退

2011年6月

障がい者雇用支援サービスを株式会社わーくはぴねす農園に統合

2011年8月

S-POOL BANGKOK CO.,LTD.を設立(2017年8月清算)

2011年9月

株式会社GIMを株式譲渡により連結除外

2013年2月

株式会社わーくはぴねす農園の社名を株式会社エスプールプラスに変更

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場

2013年12月

ロジスティクスアウトソーシングサービスを分社化し、株式会社エスプールロジスティクス(現連結子会社)を設立

2014年11月

株式会社エスプールセールスサポート(現連結子会社)を設立し、グループの販売促進サービスを集約

2015年2月

株式会社エスプールエンジニアリングを設立し、フィールドマーケティング事業を開始(2018年6月清算)

2015年8月

本社を現在地に移転

2016年6月

採用支援サービスを開始

 

 

年月

事項

2019年2月

東京証券取引所第二部へ市場変更

2019年7月

東京証券取引所第一部銘柄に指定

2019年12月

採用支援サービスを分社化し、株式会社エスプールリンク(現連結子会社)を設立

2019年12月

世霹股份有限公司(Shipeee)の株式を取得(現連結子会社)

2020年6月

ブルードットグリーン株式会社の株式を取得(現連結子会社)

2021年6月

広域行政BPOサービスを開始

 

3【事業の内容】

 当社グループは、2021年11月30日現在、当社及び子会社7社(株式会社エスプールヒューマンソリューションズ、株式会社エスプールプラス、株式会社エスプールロジスティクス、株式会社エスプールリンク、株式会社エスプールセールスサポート、ブルードットグリーン株式会社、世霹股份有限公司(Shipeee))により構成されております。当社グループの事業における当社及び当社子会社の位置付け、並びにセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。

 

[ビジネスソリューション事業]

 ビジネスソリューション事業では、シニアや障がい者など潜在労働力の活用を支援するサービスや、企業の業務の一部を受託するアウトソーシングサービスを提供しています。前者においては、株式会社エスプールプラスが、障がい者の就労に適した農園を企業に貸し出し、主に知的障がい者の採用から定着化までをワンストップで支援するサービスを行っています。株式会社エスプールでは、様々な経験やノウハウを有するシニアを企業の経営課題や業務課題の解決に役立てるプロフェッショナル人材サービスを提供しています。

 後者のアウトソーシングサービスでは、株式会社エスプールロジスティクスが、通販商品の発送を代行する物流サービスを行っています。株式会社エスプールリンクでは、アルバイトやパートの求人応募の受付を代行する採用支援サービスを提供しており、株式会社エスプールセールスサポートでは、対面型の会員獲得業務や販売促進業務を行っています。ブルードットグリーン株式会社は、CO2の排出量算出やカーボンオフセット仲介など環境経営の支援に関するサービスを提供しています。また、株式会社エスプールでは、隣接する複数の自治体の行政業務を一括で受託する広域行政のBPOサービスを2021年6月から開始しました。

 

[人材ソリューション事業]

 人材ソリューション事業は、人材派遣サービスを主力とする株式会社エスプールヒューマンソリューションズが提供するサービスで、コールセンター等のオフィスサポート業務と、スマートフォンや家電製品等の店頭販売支援業務に関する人材サービスを展開しています。サービスの特徴は、フィールドコンサルタント(FC)と呼ばれる同社の従業員と派遣スタッフをチームで派遣する「グループ型派遣」の形態を採用している点になります。派遣先に配置されたFCが、現場で派遣スタッフを手厚くフォローすることで、未経験者を短期間で育成できるだけでなく定着率の向上にもつながり、顧客満足度の向上とシェア拡大に寄与しています。また、最近では、受託業務の受注にも注力しており、2021年11月期には、自社コールセンターを3施設開設しました。

 

(事業系統図)

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱エスプールヒューマンソリューションズ

(注)3、4

東京都千代田区

151

人材ソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

㈱エスプールプラス

(注)3、5

東京都千代田区

105

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

資金援助

㈱エスプールロジスティクス

東京都千代田区

30

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

資金援助

㈱エスプールリンク

東京都千代田区

10

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

㈱エスプールセールスサポート

東京都千代田区

10

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

ブルードットグリーン㈱

東京都千代田区

10

ビジネスソリューション事業

70.0

営業サービスの提供

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

資金援助

その他1社

 

 

 

 

 

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3.特定子会社であります。

4.株式会社エスプールヒューマンソリューションズは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報における人材ソリューション事業の売上高に占める同社の売上高が90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

5.株式会社エスプールプラスは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
主な損益情報等    (1)売上高      4,577百万円

             (2)経常利益     1,468百万円

             (3)当期純利益      946百万円

             (4)純資産額     2,581百万円

             (5)総資産額     7,699百万円

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

(2021年11月30日現在)

セグメントの名称

従業員数(名)

ビジネスソリューション事業

359

[74]

150

人材ソリューション事業

309

[138]

28

全社(共通)

60

[5]

32

合計

728

[217]

210

(注)1.従業員数は就業人員であります。

2.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

 

 

 

(2021年11月30日現在)

従業員数(名)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与

118

〔20〕

51

36

6ヶ月

3

4ヶ月

5,744千円

 

セグメントの名称

従業員数(名)

ビジネスソリューション事業

58

〔15〕

19

全社(共通)

60

〔5〕

32

合計

118

〔20〕

51

(注)1.従業員数は就業人員であります。

2.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んだ正社員の給与であります。

 

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。

(1)会社経営の基本方針

 当社グループは、「アウトソーシングの力で企業変革を支援し、社会課題を解決する」を企業理念に掲げており、事業活動を通じて社会課題を解決するソーシャルビジネスを推進することで、新たな社会的価値を創造し必要不可欠な存在となることを目標としています。経営面では、ポートフォリオ経営を基本方針とし、社会貢献性及び付加価値の高い事業を異なる事業領域で複数展開していくことで、いかなる外部環境の変化にも負けない企業体となることを目指しています。

 

(2)目標とする経営指標

 当社グループは、2025年11月期の売上高410億円、営業利益50億円を経営数値目標とするとともに、営業利益率10%以上の継続的な維持、連結配当性向30%以上の早期達成を目指しております。

 

(3)中長期的な経営戦略

 当社グループは、ソーシャルビジネスを通じて新たな価値を提供することで、社会的価値と経済的価値の両立の実現することを中期的なビジョンとしております。また、高い収益性を確保することで、持続的成長に向けた投資と株主の皆さまへの安定的な還元を両立することを目指しております。また、経営面では、環境変化に強い企業グループを目指すポートフォリオ経営を基本戦略とし、以下の3点を重点戦略として定めております。

 ・既存事業の深掘りによるオーガニック成長の継続

 ・新たな事業領域における成長機会の獲得

 ・ESGを軸とした経営基盤の強化

 

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当社グループは、持続的な成長を実現していくために、以下5点を対処すべき課題として認識しております。

 

① 既存事業の継続的な発展

 当社グループは、持続的な成長を実現するには、既存事業の継続的な発展による安定的な収益基盤を構築することが重要であると考えています。根幹となる既存事業においては、現在の事業領域で継続的な収益を確保しつつ、派生事業の開発に取り組むことで収益構造の多様化を進めてまいります。また、長期的視点での成長を確実なものとするために、既存サービスの継続的な改善及び高付加価値化によって競争優位性を着実に高め、お客様との強固な関係の構築に取り組んでまいります。

 

② 主力事業への依存度の軽減

 当社グループの営業利益の構成比は、人材派遣サービスと障がい者雇用支援サービスの主力2事業で93.3%を占めております。今後の事業を取り巻く環境の変化等により、主力事業の売上が急減した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があることから、新たな収益の柱の構築が急務であると認識しております。具体的には、ロジスティクスアウトソーシングサービス並びに採用支援サービスなど既存事業のより一層の推進を図るとともに、今後の市場拡大が期待できる自治体向けのBPOサービス領域や環境ビジネス領域など新たな事業領域での成長機会の獲得を目指してまいります。

 

③ DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進

 新型コロナウイルス感染症対策をきっかけとして私たちの生活や経済活動はオンラインを前提とした業務への移行が進んでいます。また、ダイバーシティ推進の側面からも、多様な働き方を支える環境構築には優れたITシステムの整備が必須となっています。こうした環境変化に対応するため、当社グループでは、DXに対応したITやデジタル技術、蓄積データの活用を推進することで、業務の効率化、生産性の向上、営業力の強化を図り、より一層の競争力向上を実現してまいります。

 

④ 社会感度の高い人材の採用・育成

 「社員の成長が会社の成長につながる」という方針のもと、当社グループのビジョンに共鳴する優秀な人材を採用し育成を続けることが重要であると考えております。ソーシャルビジネスの推進に必要な資質、具体的には社会変化や課題を敏感に察知し、主体的に解決に取り組むことのできる人材の採用を積極的に進めるとともに、若手リーダーの育成にも注力してまいります。

 

⑤ ダイバーシティの推進

 当社グループは、女性をはじめとする多様な人材が長期的に活躍することで企業の競争力を高めることを目指しております。全ての従業員が長く安心して働くことができるように、各グループ会社の特性に合わせた人事制度の導入、新卒育成プログラムに基づくジョブローテーションの実施など退職抑制のための取り組み、従業員持株会の奨励金100%付与(積立金額に対して同額の奨励金を会社から支給)、ブーメラン制度(退職した従業員の出戻り制度)の活用など、環境整備に注力しております。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項についても、投資判断上、重要であると考えられる事項については、投資家に対する情報開示の観点から積極的に記載しております。なお、当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、当社株式に関する投資判断は、以下の事業等のリスク及び本項以外の記載事項を、慎重に検討した上で行われる必要があります。また、以下の記載は当社の事業もしくは当社株式への投資リスクを完全に網羅するものではありませんので、その点ご注意ください。

 なお、文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。

 

① 事業の許認可について

 当社グループの人材派遣サービスは、労働者派遣法(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律)に基づく労働者派遣事業として厚生労働大臣の許可を受けています。労働者派遣法は、労働者派遣事業の適正な運営を確保するために、派遣事業を行う事業主が、派遣元事業主としての欠格事由に該当したり、労働者派遣法もしくは職業安定法の規定またはこれらの規定に基づく命令処分に違反したりする場合には、事業の許可を取り消され、または事業の全部もしくは一部の停止を命じられる旨を定めております。本許可には有効期限があり、株式会社エスプールヒューマンソリューションズの労働者派遣事業許可の有効期限は2022年11月30日となっております。株式会社エスプールヒューマンソリューションズでは担当部署を配置して本許可の円滑な更新に努めるとともに、日々の業務における法令遵守のための社内フローの整備や、その遵守状況のチェック体制を整えて法令リスク管理に努めております。

 本書提出日現在、本許可が取り消しとなる事由は発生しておりませんが、万一、将来何らかの理由により法令違反に該当し、労働者派遣事業の許可取り消しや当該業務の全部または一部の停止の命令を受けた場合や許可の有効期間満了後に許可が更新されない場合には、労働者派遣事業を営むことができず、当社グループの事業運営に重大な影響を与える可能性があります。

 また、職業安定法に基づく有料職業紹介についても労働者派遣法と同様の取り扱いがあり、有料職業紹介事業者としての欠格事由に該当したり、当該許可の取消事由に該当したりした場合には、事業の許可を取り消され、または事業の全部もしくは一部の停止を命じられる旨を定めております。本許可には有効期限があり、株式会社エスプールヒューマンソリューションズの有料職業紹介事業許可の有効期限は2022年11月30日、株式会社エスプールプラスの有料職業紹介事業許可の有効期限は2026年4月30日となっております。当社グループでは、許可を取得している会社ごとに担当部署を配置して本許可の円滑な更新に努めるとともに、日々の業務における法令遵守のための社内フローの整備や、その遵守状況のチェック体制を整えて法令リスク管理に努めております。

 本書提出日現在、本許可が取り消しとなる事由は発生しておりませんが、万一、将来何らかの理由により法令違反に該当し、事業許可取り消しや当該業務の全部または一部の停止の命令を受けた場合や許可の有効期間満了後に許可が更新されない場合には、有料職業紹介事業を営むことができず、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

② 法的規制について

 当社グループの行う事業に適用のある労働基準法、労働安全衛生法、労働者派遣法、職業安定法、労働者災害補償保険法、健康保険法及び厚生年金保険法、個人情報保護法その他の関連法令は、労働市場を取り巻く社会情勢の変化に応じて今後も改正、解釈の変更等が想定されます。今後何らかの制度変更が行われた場合、当社グループが行う事業についても、影響を受ける可能性があります。

 

③ 社会保険・雇用保険について

 当社グループは、業務実施にあたる派遣スタッフについて、健康保険法、厚生年金保険法の範囲内で当社グループにて定めた運用方針に基づき、契約形態及び勤務実績に応じて、社会保険(健康保険及び厚生年金保険)や雇用保険に加入させる取り扱いを行っております。

 当社グループでは関係法令を遵守しておりますが、今後関係法令やその解釈の変更が行われた場合並びに所轄官庁の判断により指摘を受けた場合、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 また、今後、関連法令の改正や社会情勢の変化等により、当社グループの社会保険負担額や雇用保険負担額が増加する可能性があり、この場合には当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

 

④ 障害者雇用促進法について

 当社グループの提供する障がい者雇用支援サービスは、障害者雇用促進法(障害者の雇用の促進等に関する法律)が規定する企業の障がい者の雇用義務に係るソリューションを提供するものであります。障害者雇用促進法が規定する障がい者の雇用に関する法定雇用率は、2021年3月には2.2%から2.3%に引き上がりました。法定雇用率については継続的に見直しがなされることとなっておりますが、今後の法改正によって雇用義務が緩和されたり、雇用義務そのものがなくなったりした場合には、当社グループの事業運営に重大な影響を与える可能性があります。

 

⑤ 障がい者雇用支援サービスのビジネスモデルについて

 当社グループの提供する障がい者雇用支援サービスは、知的障がい者の就労機会の創出と経済的自立の支援を目指して当社グループが独自に開発したビジネスモデルであります。そのため、当社グループでは事業主管部門と法務部門が連携し、関連諸法規の遵守に万全の態勢で臨んでおりますが、法律の改正、新たな規制、行政指導等によって事業活動が制限される可能性があります。

 また、当社グループでは社会課題の解決という高い理念のもとに、法令違反等が生じないよう細心の注意を払って事業活動を行っておりますが、競合他社の模倣等により何らかの理由で当社グループのビジネスモデルの評判が損なわれる可能性、または、当社グループに対する好ましくない風評が立つ可能性があります。

 これらの場合には、計画どおりに事業運営を行うことができず、当社グループの業績に重大な影響を与える可能性があります。

 

⑥ 障がい者雇用支援サービスの運営する農園について

 当社グループの提供する障がい者雇用支援サービスにおいては、障がい者を雇用しようとする企業向けの貸農園を運営しております。農園には屋外型と屋内型の2種類があり、外注する工事の発注や進捗管理を担当する専門部署を配置すること等により設備の構築・保守には万全を期して運営しておりますが、台風や地震などの災害や、人為的なミス、事故、設備上の問題、または第三者による不法行為、その他運営上のトラブル等が発生した場合、これらに起因して農園の運営に支障が出る可能性があります。

 その場合、信頼性や企業イメージが低下して顧客の維持・獲得が困難になり、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 また、障がい者雇用支援サービスの成長のためには、運営する企業向け貸農園の新規開設が必要不可欠であります。しかしながら、社内外の要因により企業向け貸農園に適した土地や建物の確保が計画通りに進まない場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

⑦ 個人情報の管理について

 当社グループは、事業を行う上で、派遣スタッフ等の個人情報を保有しており、基幹業務システムにて一括管理しております。そしてこれらの個人情報の取り扱いについては、個人情報の保護に関する規程を定め、万全の管理体制を施しており、個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)の遵守に努めております。また、不正アクセス、破壊及び改ざんに対して、基幹業務システムのセキュリティ投資を積極的に行い、厳正な対策を講じております。

 また、当社グループの各事業に従事する社員や、派遣先のコールセンター等で就業する派遣スタッフは、顧客管理下の個人情報や営業機密に触れる機会があります。当社グループでは、顧客の営業機密管理及び漏洩防止のため、全ての社員・派遣スタッフに対して、採用時に守秘義務に関する誓約書を取り付けるほか、集合研修やオンライン研修を通じて定期的に教育・研修を行い、情報の取り扱いの重要性の啓蒙に努めております。

 以上のような対策を講じても、個人情報の漏洩や不正使用などの事態が生じた場合、当社グループのイメージの悪化等により、当社グループの事業及び業績に重大な影響を与える可能性があります。

 

⑧ 新規事業及び新規サービスの立ち上げについて

 当社グループでは、中期的な事業方針として環境変化に強い、バランスの取れたポートフォリオ経営の推進を掲げており、今後も環境の変化に応じて柔軟に新規事業や新規サービスを展開して行く所存です。新規事業や新規サービスの展開にあたっては、事前に環境分析や市場分析等を慎重に行ったうえで事業化することとしておりますが、事業着手後、必ずしも計画通りに進むとは限らず、また、予期せぬ事象の発生等により、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

 

⑨ 事業投資について

 当社グループは、環境変化に対応するために、同業または関連する事業分野の企業または事業の買収や投資を積極的に検討・実行しております。企業買収や事業投資の際には、事前のデューデリジェンス等により経営状況や市場動向を調査した上で慎重に進めるとともに、当社グループに合流した後においても、既存の子会社と同様にグループ間の情報共有や既存営業網の共有等を通じて業績を向上させていくよう努めております。しかしながら、社内外の要因により必ずしも見込みどおりに進むとは限らず、買収資産の毀損や収益性の低下によって、のれんや固定資産の減損、関係会社株式評価損等により、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

⑩ 大規模な自然災害及び感染症等の影響について

 当社グループは、全国に事業拠点を有しており、自然災害や新型感染症が発生した場合、事業活動に支障が生じる可能性があります。特に、2020年初頭からの新型コロナウイルス感染症の流行により、国内外の経済情勢は大きな影響を受けています。当社グループにおいては、領域の異なる事業を複数展開してきたことや、従業員の日々の感染予防策の徹底、WEB会議・WEB商談の推進等により事業の継続に努めたことでその影響を軽減できておりますが、今後の感染拡大の収束の動向や、経済情勢に与える影響の度合いによっては、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。また、障がい者雇用支援サービスにおいて運営する貸農園設備について、台風や地震、大雪や豪雨、竜巻等の自然災害による被害が生じ、長期にわたり農園の稼働が困難になった場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

⑪ 情報システム障害について

 当社グループでは、全国の事業拠点での運営を円滑に行うため、事業管理活動の多くをコンピュータシステム及びネットワーク網に依存しております。当社グループでは、コンピュータシステムの障害に備えるため、バックアップサーバーの設置を行っております。また地震等の災害に備えるため、外部のデータセンターに運営を委託しております。しかしながら、予期せぬトラブル等によりコンピュータシステムが停止した場合、あるいは、ネットワーク網に障害が発生した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 また、今後も情報システム投資を積極的に行い、コンピュータシステム及びネットワーク網の安定稼働強化を図っていく計画ですが、これらの投資が収益拡大に直結するとは限らず、投資に見合った利益を上げられない場合、投資資金を回収できない可能性もあります。

 

⑫ 人材の確保について

 当社グループが今後も継続的に成長していくためには優秀な社員や派遣スタッフの確保・育成が重要な要素になります。採用活動においては独自の採用イベントやインターンシップの実施、複数キャリアコースの設定等様々な施策を導入し、派遣スタッフの募集においては募集拠点の増設やWEB面接システムの導入など、採用方法の多様化を推進しています。また、従業員の育成・定着のために階層別研修やジョブローテーションの実施、健康経営の推進等様々な施策を講じています。しかしながら、これら諸施策が十分な効果が得られずに、計画通りに人材の確保・育成が進まない場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

① 経営成績の状況

 当連結会計年度のわが国経済は、新型コロナウイルスワクチン接種の推進等により新規感染者数は大幅に減少しており、2021年9月末には緊急事態宣言が解除されるなど経済活動の改善に向けた動きがみられました。その一方で変異株の脅威など感染再拡大のリスクが残っており、未だ先行きが不透明な状況が続く可能性があります。

 そのような中、当社グループは、領域の異なる事業を複数展開するポートフォリオ経営を推進したことにより、新型コロナウイルス感染症の影響を最小限に抑え、売上・利益ともに過去最高を更新しました。

 人材アウトソーシングサービスでは、コールセンター業務が業績をけん引しました。同業務については、派遣サービスではスポット案件が好調だったほか、受託案件の受注も伸びました。障がい者雇用支援サービスにおいては、法定雇用率の引き上げ等の影響もあり、営業活動が非常に好調に推移しました。その結果、設備販売は、期初計画を大幅に上回るとともに、過去最高も大きく更新することができました。また、環境経営支援サービス、広域行政BPOサービスなどの新規事業も順調な立ち上がりを見せました。

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は24,862百万円(前連結会計年度比18.3%増)、営業利益は2,668百万円(前連結会計年度比19.7%増)、経常利益は2,673百万円(前連結会計年度比19.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,881百万円(前連結会計年度比19.0%増)といずれも過去最高を更新いたしました。

 

 当連結会計年度のセグメント業績(セグメント間内部取引消去前)は以下のとおりであります。

 

(ビジネスソリューション事業)

[事業概要]

 ビジネスソリューション事業では、シニアや障がい者など潜在労働力の活用を支援するサービスや、企業の業務の一部を受託するアウトソーシングサービスを提供しています。前者においては、株式会社エスプールプラスが、障がい者の就労に適した農園を企業に貸し出し、主に知的障がい者の採用から定着化までをワンストップで支援するサービスを行っています。株式会社エスプールでは、様々な経験やノウハウを有するシニアを企業の経営課題や業務課題の解決に役立てるプロフェッショナル人材サービスを提供しています。

 後者のアウトソーシングサービスでは、株式会社エスプールロジスティクスが、通販商品の発送を代行する物流サービスを行っています。株式会社エスプールリンクでは、アルバイトやパートの求人応募の受付を代行する採用支援サービスを提供しており、株式会社エスプールセールスサポートでは、対面型の会員獲得業務や販売促進業務を行っています。ブルードットグリーン株式会社は、CO2の排出量算出やカーボンオフセット仲介など環境経営の支援に関するサービスを提供しており、2020年6月に子会社となりました。また、株式会社エスプールでは、隣接する複数の自治体の行政業務を一括で受託する広域行政のBPOサービスを2021年6月から開始しました。

[当連結会計年度の経営成績]

 主力事業である障がい者雇用支援サービスにおいては、2021年3月の法定雇用率の引き上げにより、企業の障がい者雇用に対する意識が一段と高まっており、営業活動が好調に推移しました。設備販売については、期初計画(1,035区画)を大幅に上回る1,188区画となり、前期に達成した過去最高の販売数(936区画)も大きく更新することができました。また、農園の開設も当初の予定から1増となる7施設となり、累計では30施設まで拡大しました。ロジスティクスアウトソーシングサービスについては、売上は堅調に推移したものの、品川センターの収益が一時的に悪化したことにより減益となりました。なお、同センターの収益改善は完了しており、現在は平時の水準まで回復が進んでおります。環境経営支援サービスにおいては、新たに開始した環境情報開示のコンサルティング業務が大きく伸びたことで、売上・利益ともに大幅増となりました。また、第3四半期より開始した広域行政BPOサービスは、3つの広域自治体の業務を受注し、順調な立ち上がりとなりました。

 その結果、当連結会計年度の売上高は7,696百万円(前連結会計年度比32.1%増)、営業利益は2,121百万円(前連結会計年度比31.0%増)となりました。

 

(人材ソリューション事業)

[事業概要]

 人材ソリューション事業は、人材派遣サービスを主力とする株式会社エスプールヒューマンソリューションズが提供するサービスで、コールセンター等のオフィスサポート業務と、スマートフォンや家電製品等の店頭販売支援業務に関する人材サービスを展開しています。サービスの特徴は、フィールドコンサルタント(FC)と呼ばれる同社の従業員と派遣スタッフをチームで派遣する「グループ型派遣」の形態を採用している点になります。派遣先に配置されたFCが、現場で派遣スタッフを手厚くフォローすることで、未経験者を短期間で育成できるだけでなく定着率の向上にもつながり、顧客満足度の向上とシェア拡大に寄与しています。また、最近では、受託業務の受注にも注力しており、当連結会計年度に自社コールセンターを3施設開設しました。

[当連結会計年度の経営成績]

 主力のコールセンター業務については、主要顧客を中心にグループ型派遣が好調を維持しました。第2四半期以降、新型コロナウイルス感染症対策に関連したスポット案件が増えており、売上増に大きく寄与しました。また、自社コールセンターを東京と福岡に3施設開設したことで、受託案件の獲得も進みました。一方、販売支援業務については、新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、緊急事態宣言解除後も人材需要の回復は鈍く苦戦が続きました。地域別では、コールセンターのスポット案件が集中した東京や大阪など大都市エリアが高い伸びを示しました。損益面では、派遣スタッフの継続率の向上により社会保険料などの売上原価が上昇しましたが、売上増による利益増に加え、効率的な支店運営に努めたことにより増益を達成しました。

 その結果、当連結会計年度の売上高は17,234百万円(前連結会計年度比13.0%増)、営業利益は1,910百万円(前連結会計年度比8.7%増)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度の現金及び現金同等物は1,423百万円増加し、3,938百万円となりました。各活動によるキャッシュ・フローの状況と要因は以下のとおりです。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度比38百万円減少の2,195百万円の収入(前連結会計年度は2,234百万円の収入)となりました。これは、税金等調整前当期純利益が前連結会計年度と比較し435百万円増加して2,640百万円であったのに加え、減価償却費が671百万円、未払費用の増加が146百万円、売上債権の増加が452百万円、並びに法人税等の支払額が741百万円あったことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度比459百万円増加の2,514百万円の支出(前連結会計年度は2,054百万円の支出)となりました。これは、主に株式会社エスプールプラスの新農園建設等による有形固定資産の取得による支出2,143百万円によるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度比1,527百万円増加の1,742百万円の収入(前連結会計年度は215百万円の収入)となりました。収入及び支出の内訳は、短期借入金の増加1,100百万円、長期借入金の借り増しによる収入1,000百万円、配当金の支払額259百万円です。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

(a)生産実績

 当社グループは、主に人材派遣・業務請負を中心とした人材関連アウトソーシング事業を行っており、提供するサービスの性格上、生産実績の記載に馴染まないため、記載しておりません。

 

(b)受注実績

 生産実績と同様の理由により、記載しておりません。

 

(c)販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりとなります。

セグメントの名称

販売高(百万円)

前連結会計年度比(%)

ビジネスソリューション事業

7,696

132.1

人材ソリューション事業

17,234

113.0

調整額

△67

合計

24,862

118.3

(注)1.金額には、消費税等は含まれておりません。

2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

相手先

前連結会計年度

(2019年12月1日から

2020年11月30日まで)

当連結会計年度

(2020年12月1日から

2021年11月30日まで)

金額(百万円)

割合(%)

金額(百万円)

割合(%)

㈱ベルシステム24

4,488

21.4

3,213

12.9

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 本項の全ての財務情報は、本書に記載している連結財務諸表及び財務諸表に基づいております。また、本項に記載した将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針並びに重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおりです。また、連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 重要な会計上の見積り」に記載のとおりであります。

 

② 財政状態

 当連結会計年度末の流動資産は、前連結会計年度末から1,981百万円増加し、7,717百万円となりました。業容拡大及び設備投資に備えた借り入れを実施したため、現金及び預金が1,423百万円増加しております。また、人材ソリューション事業を中心とした継続的な売上の増加に伴い、売上債権が452百万円増加しております。

 当連結会計年度末の固定資産は、前連結会計年度末から2,033百万円増加し、7,603百万円となりました。障がい者雇用支援サービス拡大のため、株式会社エスプールプラスにて、新規農園の建設や既存農園の増設をしており、有形固定資産が1,732百万円増加しました。また、ビジネスソリューション事業の拡大に対応するため、株式会社エスプール、株式会社エスプールプラス及び株式会社エスプールリンクの新拠点開設により敷金及び保証金が146百万円増加しました。更に、新たな事業戦略に基づく投資により投資有価証券が179百万円増加しました。

 当連結会計年度末の流動負債は、前連結会計年度末から1,294百万円増加し、6,968百万円となりました。新規事業を含む業容拡大に備え、短期借入金を1,100百万円借り増ししております。

 当連結会計年度末の固定負債は、前連結会計年度末から1,082百万円増加し、2,245百万円となりました。更なる設備投資のための借り増しにより長期借入金が759百万円、農園の新規建設等により資産除去債務が261百万円、繰延税金負債が66百万円、それぞれ増加しております。

 当連結会計年度末の純資産は、親会社株主に帰属する当期純利益により1,881百万円増加し、一方、第21期期末配当により260百万円減少し、6,106百万円となりました。また、有利子負債自己資本比率は81.4%でありました。

 

前連結会計年度

当連結会計年度

自己資本比率

39.4%

39.7%

有利子負債自己資本比率

65.9%

81.4%

 

③ 経営成績

 当連結会計年度における売上高は24,862百万円(前連結会計年度比3,853百万円増)、売上総利益は7,530百万円(前連結会計年度比1,153百万円増)、販売費及び一般管理費は4,862百万円(前連結会計年度比713百万円増)、営業利益は2,668百万円(前連結会計年度比439百万円増)、経常利益は2,673百万円(前連結会計年度比443百万円増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,881百万円(前連結会計年度比300百万円増)となっております。

 

イ 売上高

 事業別の外部顧客に対する売上高の増減は以下のとおりです。

 

前連結会計年度(百万円)

構成比(%)

当連結会計年度(百万円)

構成比(%)

増減

(百万円)

前連結会計年度比(%)

ビジネスソリューション事業

5,787

27.5

7,663

30.8

1,875

132.4

人材ソリューション事業

15,222

72.5

17,199

69.2

1,977

113.0

合計

21,009

100.0

24,862

100.0

3,853

118.3

 事業別でみると、ビジネスソリューション事業が9期連続で前連結会計年度比二桁成長を達成しました。人材ソリューション事業は、前連結会計年度比13.0%増加となり、過年度と比べるとやや成長率は鈍化しておりますが、7期連続で増収増益を達成しました。

 ビジネスソリューション事業では、主力の障がい者雇用支援サービスは、新農園の建設が順調に進み、増収に大きく貢献しました。ロジスティクスアウトソーシングにおいては、売上は堅調に推移したものの、品川センターの収益が一時的に悪化した影響で減益となりました。なお、同センターの収益改善は完了しており、平時の水準まで回復しております。その結果、ビジネスソリューション事業全体では32.4%の増収となりました。障がい者雇用支援サービスでは、既存農園の増設の他に新たに7農園を開設して1,188区画の設備を販売し、参画企業は95社増加して416社となりました。当連結会計年度末での稼働農園数は30農園、管理区画数は4,945区画、農園で働く障がい者の人数は2,400名を超え、事業開始以来の雇用定着率は92%を維持しております。

 一方、人材ソリューション事業は、コロナ禍においても主力のコールセンター向けの派遣が順調に拡大しました。コロナ禍で有効求人倍率は低下しているものの、企業の人材ニーズは高水準で推移し、特にコールセンターにおいて、当社グループの社員を現場配置し教育や定着化支援を行うグループ型派遣が拡大しました。このグループ型派遣を行っている案件では、現場配置している社員数が300名を超えています。エリア別では、東京、神奈川の首都圏エリア及び沖縄での売上増加が顕著でありました。また、第2四半期以降、新型コロナウイルス感染症対策に関連したスポット案件が増えており、増収に大きく寄与しました。

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度比3,853百万円増の24,862百万円と増収を達成することができました。

 

ロ 売上総利益

 売上総利益率は、前連結会計年度から0.1ポイント減少して30.3%となりました。ビジネスソリューション事業においては、相対的に利益率の高い障がい者雇用支援サービスの売上高が前連結会計年度比37.2%増加したものの、農園の新規建設に伴い売上原価が増加したため、売上高総利益率が1.0ポイント減少しております。一方、人材ソリューション事業においては、売上高の成長に合わせ積極的にスタッフの稼働を増やしたため、売上原価が前連結会計年度比13.2%増加し、売上高総利益率が前連結会計年度から0.2ポイント減少しております。

 

ハ 販売費及び一般管理費

 当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度から713百万円増加し、4,862百万円となりました。主な費目別の内訳は以下のとおりです。

 

前連結会計年度

(百万円)

売上に対する比率(%)

当連結会計年度

(百万円)

売上に対する比率(%)

前連結会計年度比

(%)

人件費

2,430

11.6

2,786

11.2

114.6

地代家賃

316

1.5

436

1.8

138.0

減価償却費

60

0.3

75

0.3

125.6

登録スタッフ募集費

280

1.3

300

1.2

107.1

その他

1,060

5.0

1,262

5.1

119.1

合計

4,148

19.7

4,862

19.6

117.2

 前連結会計年度と比較して、販売費及び一般管理費は713百万円増加しておりますが、その主な要因は、事業拡大に向けた人員の積極的な採用であります。人件費の増加だけで355百万円と増加額のほぼ半分を占めます。その他、事業の拡大に伴った拠点の拡大移転・新設により地代家賃及び賃借料が増加しております。事業別の販売費及び一般管理費の内訳は以下のとおりです。

 

前連結会計年度

(百万円)

当連結会計年度

(百万円)

前連結会計年度比

(%)

ビジネスソリューション事業

1,493

1,912

128.1

人材ソリューション事業

1,420

1,652

116.4

調整額

1,234

1,296

105.0

合計

4,148

4,862

117.2

 以上の結果、営業利益は前連結会計年度比439百万円増の2,668百万円となりました。

 

ニ 営業外損益等

 営業外損益項目では、宮崎県に設置している採用支援サービスのコールセンターに係る助成金28百万円を営業外収益に計上しており、経常利益は前連結会計年度比443百万円増の2,673百万円となりました。また、固定資産除却損13百万円及び投資有価証券評価損20百万円を特別損失に計上しており、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度比300百万円増の1,881百万円となりました。

 

ホ 次期の見通し

 今後のわが国経済の見通しについては、ワクチン接種の普及等に伴う経済活動の再開が期待されるものの、依然として変異株の広がり等を原因とする感染再拡大リスクが懸念され、先行き不透明な状況が続く可能性があります。

 このような環境の中で、当社グループは中長期的な視点のもと、①「環境変化に合わせた既存事業の継続的な発展」、②「次の10年を見据えた新たな成長機会の獲得」、③「ESGを軸とした経営基盤の強化」に取り組み、持続的な成長を実現してまいります。

 ① 環境変化に合わせた既存事業の継続的な発展

 人材アウトソーシングサービスにおいては、コールセンター業務のサービス拡充に取り組んでまいります。従来のグループ型による派遣サービスに加え、顧客ニーズの高い受託案件の獲得にも注力してまいります。障がい者雇用支援サービスについては、知的障がい者の就労に適した企業向け貸し農園サービスが、引き続き事業の中心となりますが、中長期的な成長を視野に精神障がい者向けの新サービスの開発にも取り組んでまいります。

 ② 次の10年を見据えた新たな成長機会の獲得

 市場成長が見込まれる環境ビジネス及びBPOビジネスの領域を重点注力分野に据え、新事業の開発に取り組んでまいります。環境経営支援サービスについては、企業のCO2削減を支援する脱炭素化技術や環境技術のシェアリングプログラムの開発を進めてまいります。広域行政のBPOサービスでは、全国30拠点体制の早期実現を目指して、翌連結会計年度末までに10拠点体制の構築を推進いたします。

 ③ ESGを軸とした経営基盤の強化

 環境面においては、事業活動を通じた環境課題の解決に貢献するだけでなく、自らの環境負荷の軽減にも取り組んでまいります。社会面については、企業理念の実現に向けて、社会変化や課題を敏感に察知し主体的に解決に取り組むことのできる人材の採用・育成に特に注力してまいります。ガバナンス面では、高い経営の透明性と適切な情報開示を継続してまいります。

 

④ キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度は、営業活動によるキャッシュ・フローは2,195百万円の収入(前連結会計年度は2,234百万円の収入)となりました。税金等調整前当期純利益が前連結会計年度に比べて435百万円増加して2,640百万円になりましたが、減価償却費が171百万円、法人税等の支払額が153百万円それぞれ増加した結果、営業キャッシュ・フローの収入は前連結会計年度に比べて38百万円減少することとなりました。

 投資活動によるキャッシュ・フローは2,514百万円の支出(前連結会計年度は2,054百万円の支出)となりました。これは、拡大が続く障がい者雇用支援サービスを中心に、積極的に実施した設備投資等に伴う有形固定資産の取得による支出2,143百万円によるものです。

 財務活動によるキャッシュ・フローは1,742百万円の収入(前連結会計年度は215百万円の収入)となりました。障がい者雇用支援サービスへの継続的な投資を行い、事業をより拡大させるために短期借入金及び長期借入金による借入を実施しました。そのため、有利子負債残高は前連結会計年度末比で2,005百万円増加し、4,945百万円となりました。

 当連結会計年度末時点での現金及び現金同等物の残高は3,938百万円であります。今後も、障がい者雇用支援サービスを中心として当連結会計年度以上の投資を予定しております。中期的には現状の利益率が維持できれば、営業キャッシュ・フローの収入によって投資活動によるキャッシュ・フローによる支出を賄えるものと考えておりますが、短期的には営業活動によるキャッシュ・フローの収入が投資活動によるキャッシュ・フローの支出を下回ることもあるものと思われます。しかし、コミットメントライン契約の借入未実行残高も含め、本報告書提出日現在ではこの投資活動を含めた事業遂行に必要な流動性が確保されていると考えております。

 

⑤ 資本の財源及び資金の流動性

 当社グループの資金需要の主なものは、事業投資資金と経常運転資金の2つであります。事業投資資金には、障がい者雇用支援サービスのための農園建設資金、事業買収に係る資金、拠点開設や移転・増床のための資金及びサーバーやソフトウエア等のIT関連投資資金があります。これらのうち、前者の事業投資資金については、営業活動によるキャッシュ・フローである自己資金及び長期借入金による調達を基本とし、状況に応じて銀行からの短期借入金にて対応する等柔軟な調達を行っております。一方、後者の経常運転資金については、自己資金を基本としつつ必要に応じて銀行からの短期借入金により調達しております。

 なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は4,945百万円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は3,938百万円となっております。

 株主還元につきましては、事業投資資金(成長投資)及び経常運転資金(手許現金)を優先させた上で、2025年11月期までに連結配当性向を30%以上とすることを目標に、安定的な株主還元に努めてまいります。

 

⑥ 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループは、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現するために収益性を重視しております。その指標としましては、連結売上高営業利益率10%以上の継続的な維持を目指しています。

 当連結会計年度における売上高営業利益率は、前連結会計年度から0.1ポイント改善して10.7%であり、引き続き当該指標の維持・改善に邁進していく所存でございます。

 また、中期経営計画(2020年12月~2025年11月)においては、2025年11月期に売上高41,000百万円、営業利益5,000百万円を計上することを数値計画として掲げております。2年目にあたる2022年11月期の目標値は、売上高28,770百万円、営業利益3,200百万円であります。

 

4【経営上の重要な契約等】

 会社分割

 当社は、2021年10月4日開催の取締役会において、2021年12月1日を効力発生日として、当社のBPO事業を

会社分割(簡易新設分割)により新たに設立する株式会社エスプールグローカルへ承継することを決議し、実施いたしました。

 詳細は、「第5 経理の状況 2 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載のとおり

であります。

 

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度において実施いたしました設備投資の総額は2,679百万円で、その主なものは、障がい者雇用支援サービスの農園建設費用であります。

 セグメントごとに示すと、次のとおりになります。なお、有形固定資産の他、無形固定資産への投資を含めて記載しております。

セグメントの名称

当連結会計年度(百万円)

ビジネスソリューション事業

2,619

人材ソリューション事業

59

全社

0

合計

2,679

 ビジネスソリューション事業の設備投資2,619百万円のうち、障がい者雇用支援サービスの農園の増新設に係る設備費用は2,509百万円となっております。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

(2021年11月30日現在)

 

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(名)

建物

構築物

車両

運搬具

工具、器具及び備品

ソフト

ウエア

合計

本社

(東京都千代田区)

事務所

営業設備

14

2

33

2

53

84

〔12〕

(14)

その他センター等

ビジネスソ

リューション

事業

事務所

コール

センター

110

0

0

38

23

172

〔-〕

(-)

その他支店等

人材ソリューション事業

事務所

営業設備

20

9

29

〔-〕

(-)

(注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。

2.従業員数は就業人員であります。

3.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数であり、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

4.現在休止中の設備はありません。

5.上記その他支店等には、当社連結子会社が使用している当社保有資産を含んでおります。

6.上記のほか、連結会社以外からの主な賃借設備として、以下のものがあります。

(2021年11月30日現在)

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

年間賃借料

(単位:百万円)

本社

(東京都千代田区)

事務所

営業設備

66

(注) 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

 

(2)国内子会社

(2021年11月30日現在)

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

土地

(面積㎡)

建物

構築物

車両運搬具

その他有形固定資産

ソフトウエア

合計

㈱エスプールプラス

市原ファーム

(千葉県

市原市)

ビジネスソリューション事業

農園

2

104

0

0

106

1

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

市原第二

ファーム

(千葉県

市原市)

ビジネスソリューション事業

農園

11

112

0

124

1

〔-〕

(2)

㈱エスプールプラス

市川ファーム

(千葉県

市川市)

ビジネスソリューション事業

農園

308

44

0

353

1

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

茂原ファーム

(千葉県

茂原市)

ビジネスソリューション事業

農園

55

(6,636)

8

40

7

0

112

2

〔-〕

(2)

㈱エスプールプラス

茂原第二

ファーム

(千葉県

茂原市)

ビジネスソリューション事業

農園

3

113

0

117

2

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

千葉わかば

ファーム

(千葉県

千葉市)

ビジネスソリューション事業

農園

3

90

5

0

98

〔1〕

(4)

㈱エスプールプラス

千葉わかば

第二ファーム

(千葉県

千葉市)

ビジネスソリューション事業

農園

133

8

0

141

3

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

船橋ファーム(千葉県

船橋市)

ビジネスソリューション事業

農園

1

118

1

0

120

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

船橋第二

ファーム

(千葉県

船橋市)

ビジネスソリューション事業

農園

192

6

0

199

2

〔-〕

(2)

㈱エスプールプラス

船橋第三

ファーム

(千葉県

船橋市)

ビジネスソリューション事業

農園

190

12

1

204

1

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

あいち豊明

ファーム

(愛知県

豊明市)

ビジネスソリューション事業

農園

0

156

4

0

162

〔2〕

(4)

㈱エスプールプラス

あいち春日井

ファーム

(愛知県

春日井市)

ビジネスソリューション事業

農園

157

5

0

162

〔2〕

(4)

 

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

土地

(面積㎡)

建物

構築物

車両運搬具

その他有形固定資産

ソフトウエア

合計

㈱エスプールプラス

あいち小牧

ファーム

(愛知県

小牧市)

ビジネスソリューション事業

農園

198

13

0

212

2

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

あいち長久手

ファーム

(愛知県

長久手市)

ビジネスソリューション事業

農園

281

34

0

316

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

あいち東海

ファーム

(愛知県

東海市)

ビジネスソリューション事業

農園

209

10

0

220

10

〔4〕

(5)

㈱エスプールプラス

愛知みよし

ファーム

(愛知県

みよし市)

ビジネスソリューション事業

農園

141

0

0

141

1

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

名古屋

ファーム

(愛知県

名古屋市)

ビジネスソリューション事業

農園

268

1

270

2

〔-〕

(2)

㈱エスプールプラス

柏ファーム

(千葉県

柏市)

ビジネスソリューション事業

農園

0

119

2

0

123

3

〔-〕

(4)

㈱エスプールプラス

柏第二

ファーム

(千葉県

柏市)

ビジネスソリューション事業

農園

0

112

8

0

120

1

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

柏第三

ファーム

(千葉県

柏市)

ビジネスソリューション事業

農園

229

23

0

253

1

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

ちば花見川

ファーム

(千葉県

千葉市)

ビジネスソリューション事業

農園

0

108

0

0

109

1

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

松戸ファーム

(千葉県

松戸市)

ビジネスソリューション事業

農園

95

0

0

96

2

〔-〕

(3)

㈱エスプールプラス

ちば八千代

ファーム

(千葉県

八千代市)

ビジネスソリューション事業

農園

222

4

1

227

1

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

さいたま越谷

ファーム

(埼玉県

越谷市)

ビジネスソリューション事業

農園

274

24

0

300

1

〔1〕

(3)

 

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業

員数

(名)

土地

(面積㎡)

建物

構築物

車両運搬具

その他有形固定資産

ソフトウエア

合計

㈱エスプールプラス

さいたま岩槻

ファーム

(埼玉県

岩槻市)

ビジネスソリューション事業

農園

360

18

0

379

1

〔2〕

(6)

㈱エスプールプラス

さいたま川越

ファーム

(埼玉県

川越市)

ビジネスソリューション事業

農園

217

14

0

232

〔1〕

(3)

㈱エスプールプラス

東京板橋

ファーム

(東京都

板橋区)

ビジネスソリューション事業

農園

310

2

313

3

〔2〕

(1)

㈱エスプールプラス

東京板橋第二

ファーム

(東京都

板橋区)

ビジネスソリューション事業

農園

280

1

282

〔1〕

(2)

㈱エスプールプラス

おおさか摂津

ファーム

(大阪府

摂津市)

ビジネスソリューション事業

農園

255

2

257

1

〔1〕

(2)

㈱エスプールプラス

おおさか枚方

ファーム

(大阪府

枚方市)

ビジネスソリューション事業

農園

310

34

1

346

〔2〕

(3)

㈱エスプールロジスティクス

品川センター

(東京都

港区)

ビジネスソリューション事業

物流

設備

122

55

3

180

41

〔10〕

(5)

㈱エスプールヒューマンソリューションズ

新宿本社

(東京都

新宿区)

人材ソリューション事業

事務所

営業

設備

17

6

33

57

126

〔29〕

(6)

(注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。

2.従業員数は就業人員であります。

3.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数であり、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

4.現在休止中の設備はありません。

5.上記のほか、連結会社以外からの主な賃借設備として、以下のものがあります。

 

(2021年11月30日現在)

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

年間賃借料

(単位:百万円)

㈱エスプールセールスサポート

秋葉原

(東京都千代田区)

ビジネスソリューション事業

事務所

営業設備

32

㈱エスプールリンク

ブルードットグリーン㈱

㈱エスプールヒューマンソリューションズ

新宿本社

(東京都新宿区)

人材ソリューション事業

事務所

営業設備

42

㈱エスプールロジスティクス

品川センター

(東京都港区)

ビジネスソリューション事業

物流施設

108

㈱エスプールロジスティクス

平和島共配センター

(東京都大田区)

ビジネスソリューション事業

物流施設

39

㈱エスプールロジスティクス

つくばECセンター

(茨城県つくば市)

ビジネスソリューション事業

物流施設

39

(注) 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

 障がい者雇用支援サービスを展開している当社子会社である株式会社エスプールプラスは、現在、首都圏を中心に愛知県や大阪府に企業向け貸し農園を保有しております。当子会社では、屋外型農園として、敷地面積およそ5,000坪、ビニルハウス6棟を標準的な農園としており、このサイズの農園を今後数年間は少なくとも年4農園以上建設する予定であります。農園の建設には、用地の取得・整地費用、ビニルハウス・管理棟等の建築費用、栽培レーンの設置費用、送迎のためのバス取得費用等の支出を要し、当連結会計年度末時点の1農園あたりの平均の投資額は257百万円でありました。来期につきましては、首都圏を中心に7農園を建設する予定でありますが、用地の確保が容易ではなく、かつ、用地確保の方法(取得か賃借か)やその広さ、形状等により大きく投資額が変動するため、期末時点において具体的な計画は決定しておりません。また、これら従来型の農園に加え、比較的都市部に近い地域において倉庫やビルを活用した屋内型農園を、大阪府摂津市、愛知県名古屋市、東京都板橋区にそれぞれ新たに開設しました。今後数年間、年2農園ずつの建設を計画しており、来期につきましては、新たに神奈川県横浜市に開設を予定しておりますが、農園に適用できる物件の立地条件や施設構造等により大きく投資額が変動するため、期末時点において投資額等の詳細は決まっておりません。以上の理由により、重要な設備の新設等の計画の記載を省略しております。なお、当該農園の増新設に係る今後1年間の投資額は当連結会計年度と同様のおよそ2,500~3,000百万円を見込んでおります。

 

(2)重要な設備の除却等

 該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

250,800,000

250,800,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年11月30日)

提出日現在発行数(株)

(2022年2月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

79,007,500

79,007,500

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数

100株

79,007,500

79,007,500

(注)「提出日現在発行数」欄には、2022年2月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

2021年11月30日現在

 

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金増減額

(百万円)

資本準備金残高(百万円)

2016年12月1日~

2017年11月30日

(注)1

150,000

3,153,400

15

366

15

216

2017年12月1日~

2018年2月28日

(注)1

2,700

3,156,100

1

368

1

218

2018年3月1日(注)2

12,624,400

15,780,500

368

218

2018年12月1日~

2019年9月30日

(注)1

21,000

15,801,500

4

372

4

222

2019年10月1日(注)2

63,206,000

79,007,500

372

222

(注)1.新株予約権の行使による増加であります。

2.株式分割(1:5)によるものです。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年11月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

21

24

41

166

14

6,222

6,488

所有株式数(単元)

291,017

17,086

745

221,265

43

259,816

789,972

10,300

所有割合(%)

36.84

2.16

0.09

28.01

0.01

32.89

100.00

(注) 自己株式3,855株は、「個人その他」に38単元、「単元未満株式の状況」に55株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年11月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1-8-12

11,281,900

14.28

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

9,586,400

12.13

浦上 壮平

東京都台東区

8,809,800

11.15

NORTHERN TRUST CO.(AVFC) RE IEDU UCITS CLIENTS NON TREATY ACCOUNT 15.315 PCT

(常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON E14 5NT, UK

(東京都中央区日本橋3-11-1)

4,100,000

5.18

赤浦 徹

東京都港区

2,737,500

3.46

株式会社日本カストディ銀行(信託口9)

東京都中央区晴海1-8-12

2,370,000

2.99

佐藤 英朗

東京都中央区

1,969,300

2.49

株式会社日本カストディ銀行(証券投資信託口)

東京都中央区晴海1-8-12

1,613,400

2.04

エスプール従業員持株会

東京都千代田区外神田1-18-13

1,486,400

1.88

住友生命保険相互会社

東京都中央区築地7-18-24

1,165,000

1.47

45,119,700

57.11

(注)1.2020年9月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、アセットマネジメントOne株式会社が2020年8月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年11月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

アセットマネジメントOne株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

6,299,600

7.97

 

2.2020年12月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、クープランド・カーディフ・アセット・マネジメント・エルエルピーが2020年12月4日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年11月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

クープランド・カーディフ・アセット・マネジメント・エルエルピー

ロンドン セント・ジェームスズ・ストリート 31-32

5,965,200

7.55

 

3.2021年8月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社及びその共同保有者である日興アセットマネジメント株式会社が2021年7月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年11月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

東京都港区芝公園一丁目1番1号

3,154,200

3.99

日興アセットマネジメント株式会社

東京都港区赤坂九丁目7番1号

1,829,100

2.32

4,983,300

6.31

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年11月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

3,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

78,993,400

789,934

単元未満株式

普通株式

10,300

発行済株式総数

 

79,007,500

総株主の議決権

 

789,934

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年11月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

株式会社エスプール

東京都千代田区外神田一丁目18番13号

3,800

3,800

0.00

3,800

3,800

0.00

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 普通株式

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額(円)

株式数(株)

処分価額の総額(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(  -  )

保有自己株式数

3,855

3,855

(注)当期間における保有自己株式数には、2022年2月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、継続的な企業価値の向上と、それを通じた株主還元に積極的に取り組んでまいります。株主の皆様への還元についての基本方針は以下のとおりであります。

①成長のための事業投資を最優先とします。

②事業投資のための内部留保を確保したうえで、資本効率や財務基盤の強化を勘案し、安定的、かつ、持続的に株主還元の向上に努めてまいります。

③具体的には、2021年1月13日に発表した中期経営計画にあるとおり、2025年11月期までに連結配当性向を30%以上とすることを目標といたします。なお、単年度においては、連結配当性向が60%を超えない限り減配はしないこととします。

 内部留保資金につきましては、障がい者雇用支援サービス等の短期的に成長が見込める既存事業分野への投資と、中長期の環境変化に対応するための、既存事業を変革させる投資や新たな事業機会を獲得する新規事業投資に用いてまいりたいと考えております。

 また、当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2022年2月24日

474

6.0

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① 企業統治の体制

1.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社グループは、「アウトソーシングの力で企業変革を支援し、社会課題を解決する」を企業理念に掲げております。事業活動を通じて社会課題を解決するソーシャルビジネスを推進することで、新たな社会的価値を創造し、社会にとって必要不可欠な存在となることを目標としております。

 当社グループは、このミッションを実現するために、経営の効率性・透明性を高めることをコーポレート・ガバナンスの基本方針としております。

 法令遵守を徹底し、内部統制システムの整備・強化を図り、当社グループはもちろん、業界全体の社会的な信用を高められるよう企業倫理を追求・確立して参ります。

 また、ミッション実現のために、より具体的なビジョンを中期経営計画として掲げるとともに、社員共通の行動規範をエスプールバリューとして定めております。

 

2.企業統治の体制

 当社では、経営機関として、社外取締役を中心とした取締役会を設置しております。また、当社の規模から考えて効果的な経営監視機能が発揮できる監査役制度を採用しております。

 当社の取締役会は、取締役6名(代表取締役 浦上 壮平、取締役 佐藤 英朗、取締役 荒井 直、社外取締役 赤浦 徹、社外取締役 宮沢 奈央、社外取締役 仲井 一彦)で構成され、当社グループの経営方針、経営戦略、事業計画、重要な財産の取得や処分、重要な組織・人事に関する意思決定、当社及び子会社における業務執行の監督等を行っております。議長は浦上 壮平(代表取締役)が務めております。

 監査役会は、監査役3名(社外監査役 徐 進、社外監査役 畑中 裕、社外監査役 吉岡 勇)で構成され、各監査役は監査役会での協議により監査方針や監査計画を策定し、定時取締役会、臨時取締役会及び必要に応じてその他社内会議に出席するほか、本社、その他の事業所、子会社における業務及び財産の状況調査を通じて、取締役の職務執行を監査しています。議長は徐 進(常勤監査役)が務めております。

 社外役員を中心として取締役会及び監査役会を運営することでガバナンスの強化に努めております。社外役員6名(赤浦 徹、宮沢 奈央、仲井 一彦、徐 進、畑中 裕、吉岡 勇)は独立役員として東京証券取引所に届け出ております。

 当社では、代表取締役以下業務執行取締役、執行役員、事業部長及び業務担当部長が、取締役会が策定した事業計画に基づき業務執行を行っております。取締役会は原則として毎月1回、別途必要に応じて随時機動的に開催され、業績報告のレビューを通じて、経営の意思決定及び取締役の職務執行の監督、管理を行っております。また、取締役会の機能を強化し経営効率を向上させるため、代表取締役は業務執行取締役、事業部長及び子会社社長等で構成されるグループ会議を開催し、業務執行につき効率的な審議を行うとともに、経営情報の共有を図っております。

<当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の概要>

 

0104010_001.png

 

3.内部統制システムの基本方針

・取締役並びに使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

イ.当社は、法令遵守を経営の最重要課題として位置付けて、コンプライアンスに関する基本方針を制定し、取締役並びに使用人が法令及び定款等を遵守することの徹底を図る。

ロ.代表取締役社長は、全社横断的なコンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めるとともに、その結果を取締役会に報告する。

ハ.当社の事業活動に関連して遵守することの求められる法令等を遵守するため、業務に必要な手引書を整備し、コンプライアンス確保のための教育、指導を実施するとともに、法令上疑義のある行為等について使用人が直接情報提供を行う手段として、内部通報窓口を設置、運営する。内部通報窓口の運営は当社社長室が担い、当社及び当社グループの取締役及び全ての使用人に対して周知をするとともに、通報者の希望により匿名性を維持し、通報者に不利益がないことを保証する。

・取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

イ.代表取締役社長は、取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関して、統括責任者として管理本部長を任命し、文書管理規程に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書又は電磁的媒体(以下「文書等」という)に記録し、保存する。

ロ.取締役及び監査役は、文書管理規程に従い、常時、これらの文書等を閲覧できるものとする。

・当社及び当社子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

イ.当社は、当社グループ全体のリスク管理体制の構築及び運用方法を定めたリスク管理規程を制定する。

ロ.各部門又は各子会社の所管業務に付随するリスク管理は当該部門又は当該子会社が、また組織横断的リスク状況の監視及び全社的対応は代表取締役社長と社長室が実施する。

ハ.上記のリスク管理の状況については、定期的に取締役会に報告し、必要に応じて速やかに対策を検討する。

ニ.内部監査室は、当社グループ全体のリスク管理体制について内部監査を実施し、その結果を代表取締役社長に報告する。

・当社及び当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

イ.取締役会は、事業環境の動向を踏まえた経営方針に基づき当社グループ全体の事業計画を策定し、各業務執行取締役、執行役員、事業部長、業務担当部長及び各部門並びに各子会社は、当該計画の達成に向けた具体的な活動を行う。

ロ.取締役会を原則として毎月1回、別途必要に応じて随時機動的に開催し、業績報告のレビューを通じて、経営の意思決定及び取締役の職務執行の監督、管理を行う。

ハ.取締役会の機能を強化し経営効率を向上させるため、代表取締役社長は業務執行取締役、事業部長及び子会社社長等で構成されるグループ会議を開催し、業務執行につき効率的な審議を行うとともに、経営情報の共有を図る。

ニ.社内規程の整備運用により当社グループ全体の組織、業務分掌、職務権限及び意思決定ルールの明確化を図り、日々の職務執行の効率化を図る。

・当社及び当社の子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

イ.当社は、グループ共通のコンプライアンスに関する基本方針のもと、グループ各社の社長をコンプライアンス責任者とし、その管理について当社管理本部長が総括する。

ロ.当社グループ各社の管理は子会社管理規程に基づき実施し、業績及び経営状況に影響を及ぼす重要事項について、当社取締役会に定期的に報告し、もしくは事前協議を行う体制を構築する。

ハ.当社の内部監査室は、当社及び当社グループ各社の内部監査を実施し、その結果を代表取締役社長に報告する。

・監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該使用人の取締役からの独立性並びに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

イ.監査役の職務を補助するため、監査役は内部監査室の従業員に業務を命じることができる。

ロ.監査役から監査業務に必要な命令を受けた内部監査室の従業員は、その命令に関して、取締役の指揮命令を受けず、当該従業員の任命、異動、考課等人事権に係る事項の決定には、監査役の事前の同意を得るものとする。また、当該従業員が監査役の指揮命令に従わなかった場合には社内処分の対象とする。

・当社及び当社子会社の取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

イ.監査役は、取締役会のほかグループ会議その他重要と思われる会議に出席し、当社及び当社子会社の取締役及び使用人に対して、事業の報告を求め、また、書類の提示を求めることができるものとする。

ロ.当社及び当社子会社の取締役及び使用人は、取締役会その他の重要会議を通じて、もしくは直接監査役に対して、法定の事項に加え、次の事項について定期的又は速やかに報告するものとする。

ⅰ)取締役会、グループ会議で審議された重要事項

ⅱ)当社及び当社子会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項

ⅲ)内部監査に関する重要事項

ⅳ)重大な法令・定款違反に関する事項

ⅴ)その他当社グループのコンプライアンス・リスク管理上の重要事項

ハ.当社は、監査役を窓口とするグループ内部通報制度を設置し、当社及び当社子会社の取締役及び使用人に対して周知する。

ニ.当社は、監査役への報告を行った当社及び当社子会社の取締役及び使用人に対し、当該報告を理由として不利な取り扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び当社子会社の取締役及び使用人に周知する。

・その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

イ.監査役は、監査の実効性を確保するために必要な相互の意思疎通を図る目的で、代表取締役、内部監査室、会計監査人との間で、それぞれ定期的に意見交換会を開催する。

ロ.監査役は、監査の実施上必要と認めるときは、弁護士、公認会計士、コンサルタントその他の外部専門家を独自に活用することができる。

ハ.当社は、監査役がその職務執行について必要な費用の前払等の請求をした時は、当該費用が当該監査役の職務執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに処理する。

・信頼性のある財務報告を確保するための体制

イ.財務報告の作成にあたっては、法令及び公正妥当な会計基準に準拠した経理規程及び連結経理規程を定める。

ロ.代表取締役社長は、信頼性のある財務報告を確保するための内部統制システムの整備状況及び運用状況について自ら評価し、内部統制報告書として結果報告を行うとともに、不備事項については適時に改善を実施する。

・反社会的勢力排除に向けた体制

当社及び当社グループは、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力とは一切関係を持たず、また不当な要求に対しては組織全体として毅然とした姿勢で対応することとする。

② 責任限定契約の内容の概要

 当社は業務執行取締役等でない各取締役及び各監査役との間で会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任限度額は、100万円又は法令が定める金額のいずれか高い額としております。

③ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

 当社は、取締役及び監査役が被保険者に含まれる会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険契約では、被保険者がその職務の執行に関し責任を負うこと又は当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害を当該保険契約により填補することとしており、当該保険契約に係る保険料は当社が全額負担しております。ただし、被保険者が法令に違反することを認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、一定の免責事由があります。

④ 取締役の定数

 当社の取締役は9名以内とする旨、定款に定めております。

⑤ 取締役の選任

 当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。また、取締役の選任については、累積投票によらない旨、定款に定めております。

⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議できるとした事項

イ.自己株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議により、市場取引等による自己株式の取得を行うことができる旨、定款に定めております。これは、機動的な資本政策を遂行することを目的とするものであります。

ロ.中間配当

 当社は、取締役会の決議により、会社法第454条第5項の規定による中間配当をすることができる旨、定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

ハ.損害賠償責任の一部免除

 当社は、取締役会の決議をもって、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の当会社に対する損害賠償責任を法令が定める範囲内で免除することができる旨、定款に定めております。これは、取締役及び監査役が、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするためであります。

⑦ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う旨、定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性7名 女性2名 (役員のうち女性の比率22.2%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役

会長兼社長

浦上 壮平

1966年8月25日

1990年4月 日本情報サービス株式会社入社

1992年7月 株式会社ファコムジャパン入社

1995年4月 株式会社タートルジャパン(現株式会社学研エル・スタッフィング)入社

1998年6月 同社取締役

1999年12月 当社設立代表取締役社長

2004年10月 当社代表取締役会長兼CEO

2006年3月 当社代表取締役会長兼社長(現任)

2009年12月 株式会社エスプールヒューマンソリューションズ代表取締役(現任)

2011年12月 株式会社わーくはぴねす農園(現株式会社エスプールプラス)代表取締役(現任)

2013年12月 株式会社エスプールロジスティクス代表取締役(現任)

2014年11月 株式会社エスプールセールスサポート代表取締役(現任)

2019年12月 株式会社エスプールリンク代表取締役(現任)

2019年12月 世霹股份有限公司監察人(現任)

2020年6月 ブルードットグリーン株式会社代表取締役(現任)

(注)3

8,809,800

取締役

管理本部

担当

佐藤 英朗

1970年11月4日

1994年4月 中央監査法人入所

1997年4月 公認会計士登録

2000年9月 当社入社

2003年2月 当社取締役

2004年11月 当社執行役員管理本部長

2007年2月 当社取締役管理本部担当(現任)

(注)3

1,969,300

取締役

社長室

子会社

担当

荒井 直

1975年7月13日

1999年4月 東急観光株式会社(現東武トップツアーズ株式会社)入社

2002年7月 当社入社

2008年3月 当社社長室長

2014年11月 株式会社エスプールセールスサポート取締役

      (現任)

2014年12月 当社執行役員社長室長

2017年2月 当社取締役社長室・子会社担当(現任)

2017年2月 株式会社エスプールヒューマンソリューションズ取締役(現任)

2017年2月 株式会社エスプールロジスティクス取締役

      (現任)

2017年2月 株式会社エスプールプラス取締役(現任)

2019年12月 株式会社エスプールリンク取締役(現任)

2020年6月 ブルードットグリーン株式会社取締役(現任)

(注)3

506,300

取締役

(非常勤)

赤浦 徹

1968年8月7日

1991年4月 日本合同ファイナンス株式会社(現ジャフコ グループ株式会社)入社

1999年10月 インキュベイトキャピタルパートナーズ設立 ゼネラルパートナー(現任)

2000年3月 当社取締役(現任)

2007年8月 三三株式会社(現Sansan株式会社)取締役

2010年9月 インキュベイトファンド株式会社代表取締役(現任)

2014年10月 株式会社ダブルスタンダード監査役

2015年8月 Sansan株式会社取締役(監査等委員)(現任)

2017年3月 IFホールディングス株式会社代表取締役(現任)

2019年7月 一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長(現任)

2021年6月 株式会社ダブルスタンダード取締役(現任)

(注)3

2,737,500

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

(非常勤)

宮沢 奈央

1982年5月25日

2005年4月 ぴあ株式会社入社

2016年9月 弁護士登録

      TF法律事務所

2018年2月 OMM法律事務所

2018年2月 当社取締役(現任)

2020年9月 TFR法律事務所開設(現任)

(注)3

取締役

(非常勤)

仲井 一彦

1951年8月31日

1976年8月 監査法人中央会計事務所入所

1981年3月 公認会計士登録

1995年11月 中央監査法人代表社員

2005年3月 税理士登録

2007年7月 新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)代表社員

2010年7月 仲井一彦公認会計士事務所開設 所長(現任)

2011年6月 日本アンテナ株式会社監査役(現任)

2012年3月 株式会社大塚商会監査役(現任)

2019年2月 当社取締役(現任)

(注)3

常勤監査役

徐 進

1968年7月25日

1995年4月 三菱電機株式会社入社

1996年6月 株式会社クロスウェイブ入社

2000年4月 株式会社アクセスポート(現JWord株式会社)入社

2003年3月 有限会社泰進設立 代表取締役

2007年2月 当社常勤監査役(現任)

2010年2月 株式会社エスプールヒューマンソリューションズ監査役(現任)

2010年6月 株式会社わーくはぴねす農園(現株式会社エスプールプラス)監査役(現任)

2013年12月 株式会社エスプールロジスティクス監査役

      (現任)

2014年11月 株式会社エスプールセールスサポート監査役(現任)

2014年12月 株式会社STUDIOUS(現株式会社TOKYO BASE)監査役

2017年5月 株式会社TOKYO BASE取締役(監査等委員)

      (現任)

2019年12月 株式会社エスプールリンク監査役(現任)

2020年6月 ブルードットグリーン株式会社監査役(現任)

(注)4

144,400

監査役

畑中 裕

1960年1月17日

1984年4月 赤井電機株式会社入社

1987年3月 リビングストンコミュニケーション入社

1989年5月 エムアンドシーコンサルティング設立

1991年4月 エムアンドシーコンサルティング株式会社設立代表取締役(現任)

2003年9月 当社監査役(現任)

2016年6月 株式会社ジー・テイスト(現株式会社焼肉坂井ホールディングス)取締役(現任)

(注)4

監査役

吉岡 勇

1941年7月17日

1963年6月 第一整備株式会社入社

1969年10月 社会保険労務士取得

2002年3月 ヨシオカ人事研究所開設(現任)

2004年2月 当社監査役(現任)

(注)5

14,167,300

(注)1.取締役赤浦徹、宮沢奈央及び仲井一彦は、社外役員(会社法施行規則第2条第3項第5号)に該当する社外取締役(会社法第2条第15号)であります。

2.監査役徐進、畑中裕及び吉岡勇は、社外役員(会社法施行規則第2条第3項第5号)に該当する社外監査役(会社法第2条第16号)であります。

3.2021年2月25日開催の定時株主総会終結の時から2年間であります。

4.2019年2月27日開催の定時株主総会終結の時から4年間であります。

5.2020年2月27日開催の定時株主総会終結の時から4年間であります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は3名であり、社外監査役は3名であります。

(社外取締役)

 赤浦徹氏は、インキュベイトキャピタルパートナーズの代表者として、企業投資に関する豊富な知識と経験を有しているとともに、誠実な人格を兼ね備えております。長年にわたる企業の取締役等の経験から、取締役会における適切な意思決定等の職務を遂行できるものと判断しております。

 主な活動状況として、重要な経営方針や事業に関する助言を積極的に行うとともに、客観的・独立的な立場から議案審議等に必要な発言を適宜行っており、当社が期待する役割を十分に果たしております。

 引き続き、これまでの経験及び実績を活かし、経営全般の監督及び意思決定に有効な助言・指導等をしていただくことを期待して社外取締役の選任をしております。

 宮沢奈央氏は、弁護士として法務全般に関し高度な専門的知識と経験を有しており、専門家としての経験及び実績を活かして職務を遂行できるものと判断しております。

 主な活動状況として、会社の透明性・客観性の向上及び監督機能の強化に貢献するとともに、専門家として客観的・独立的な立場から議案審議等に必要な発言を適宜行っており、当社が期待する役割を十分に果たしております。

 引き続き、これまでの経験及び実績を活かし、経営全般の監督及び意思決定に有効な助言・指導等をしていただくことを期待して社外取締役の選任をしております。

 仲井一彦氏は、公認会計士としての実績や上場企業の社外役員としての豊富な経験及び専門家としての広範な見識を有しており、その豊富な経験と実績を活かした適切な意思決定及び監督機能の強化等の職務を遂行できるものと判断しております。

 主な活動状況として、経営課題や事業のリスク管理等に関して有益な助言を行うとともに、専門家として客観的・独立的な立場から議案審議等に必要な発言を適宜行い、当社が期待する役割を十分に果たしております。

 引き続き、これまでの経験及び実績を活かし、経営全般の監督及び意思決定に有効な助言・指導等をしていただくことを期待して社外取締役の選任をしております。

(社外監査役)

 徐進氏は、常勤監査役として社内管理体制の強化及び監査役会統括のために就任しており、議案審議等に必要な発言を適宜行っております。

 畑中裕氏は、経営コンサルタントとしての実績や他社の経営者としての豊富な経験があり、議案審議等に必要な発言を適宜行っております。

 吉岡勇氏は、社会保険労務士としての人事・労務に関する豊富な専門的知見を有しており、議案審議等に必要な発言を適宜行っております。

(利害関係)

 社外取締役赤浦徹氏は、過去において他の会社の役員であったことがあり、現在において他の会社の役員を兼任しておりますが、当該他の会社と当社の間では特別な利害関係はありません。また、社外取締役仲井一彦氏は、現在において他の会社の役員を兼任しておりますが、当該他の会社と当社の間では特別な利害関係はありません。

 社外監査役徐進氏は、過去において他の会社の役員であったことがあり、現在において他の会社の役員を兼任しておりますが、当該他の会社と当社の間では特別な利害関係はありません。また、社外監査役畑中裕氏は、現在において他の会社の役員を兼任しておりますが、当該他の会社と当社の間では特別な利害関係はありません。

 なお、社外取締役赤浦徹氏及び社外監査役徐進氏は、当社の株主であり、当社株式の売買に関しては当社取締役と同様に、当社へ事前申請し、承認を取得することで合意しております。

 当社と社外取締役及び社外監査役との間には、上記を除き、記載すべき人的関係、資本的関係又は重要な取引関係その他の利害関係はありません。また、当社では、すべての社外取締役及び社外監査役について、一般株主と利益相反が生じる恐れのない独立役員として選任しております。

③ 社外取締役又は社外監査役の提出会社からの独立性に関する考え方

 社外取締役及び社外監査役はいずれも、親会社又は他の関係会社の出身者でなく、当該会社の主要株主でもありません。また、当該会社又は当該会社の特定関係事業者の業務執行取締役、執行役等の配偶者、三親等以内の親族その他これに準ずる者でなく、当社の子会社から役員としての報酬等その他財産上の利益を受けている者でもありません。よって社外取締役及び社外監査役はいずれも独立性の確保ができているものと考えます。

 なお、当社において、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準や方針は特段定めておりませんが、当社との人的関係、資本的関係等の特別な利害関係がなく、高い知見に基づき当社の経営監視ができること等を個別に判断し、選任しております。

④ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役は、取締役会その他会議に出席し、取締役会における監査役の意見や内部統制の評価結果の報告などを踏まえて意見を述べること等により、業務執行から独立した立場からの経営監督機能を果たしております。

 社外監査役は、取締役会や監査役会に出席し、客観的かつ独立的な立場から意見を述べるほか、内部監査室及び会計監査人と定期的に情報交換を行い、監査機能の強化に努めております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 当社の監査役監査の組織は、社外監査役3名が監査役会を構成し、取締役会その他の重要会議への出席、議事録・稟議書などの社内文書の閲覧、取締役及び使用人との意見交換等を通じて、取締役による職務執行状況の法令・定款への適合状況、内部統制の整備運用状況及び会計処理の適正性等について監査を実施しております。各監査役は、原則として月1回定期的に開催される監査役会等を通じて監査状況の意見交換等を行うことで連携を高めるようにしており、必要に応じて取締役への助言・提言・勧告等を行っております。

 当事業年度において当社は監査役会を15回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

役職

氏名

開催回数

出席回数

常勤監査役

徐   進

15回

15回

監査役

畑中  裕

15回

15回

監査役

吉岡  勇

15回

15回

 監査役会における主な検討事項として、監査方針、監査計画、内部監査による監査結果、内部統制システムの構築・運用状況、会計監査人による監査の方法及びその結果の相当性等です。

 常勤監査役の活動として、取締役会その他重要会議に出席し、経営の意思決定が適正になされているか等について監視・検証し、必要に応じて意見を述べるほか、支店・営業所の往査、取締役等からの報告聴取、計算書類、稟議書、契約書等の閲覧等を通じて、経営の意思決定過程が法令・定款に違反していないかの確認及び検証を図っております。

 非常勤監査役の活動として、取締役会に出席し、経営の意思決定が適正になされているか等について監視・検証し、専門的知見のもと、必要に応じて意見を述べております。また、常勤監査役の監査結果や内部監査結果の報告を受け、事業活動が効率的かつ適法・適正に行われているかの監視と検証を行っております。

② 内部監査の状況

 代表取締役社長直轄の内部監査室に内部監査専任のスタッフを2名置き、内部監査規程に則り、会社法及び金融商品取引法上の内部統制システムの整備・改善及び業務の遂行が各種法令や、当社及び当社子会社の各種規程類等に準拠して実施されているか、効果的、効率的に行われているか等についての内部監査を実施しております。なお、内部監査室は監査役及び会計監査人と相互に連携し計画的な内部監査を行うとともに、監査結果につきましては、毎月1回の報告会において代表取締役社長へ報告しております。内部監査の結果、被監査部門に対して改善指示すべき事項がある場合は、関係する部門責任者に対して監査報告書を配布・説明して改善指示を行うとともに、被監査部門からの改善報告を受領後、適切に改善されているかどうかの確認をしております。

 また、内部監査や監査役監査を通じて検出された問題事項について会計監査人と協議、会計監査人または監査役の支店往査に同行する等して相互連携の強化を図り、監査の質の向上に努めております。

③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

太陽有限責任監査法人

b.継続監査期間

14年間

c.業務を執行した公認会計士

指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 田尻 慶太

指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 竹原 玄

d.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士6名、その他補助者26名

e.監査法人の選定方針と理由

 監査法人としての品質管理体制、独立性・専門性及び監査の継続性・効率性などの観点、加えて当社グループの事業活動を一元的に監査する体制を有していること等を総合的に検討した結果、適任と判断いたしました。

f.会計監査人の解任又は不再任の決定の方針

 当社は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、監査役会の決議に基づき、会計監査人の解任又は不再任を株主総会の会議の目的とすることといたします。

 監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、解任の旨及びその理由を報告いたします。

 

g.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 当社は、監査法人の評価を、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」(2017年10月13日 公益社団法人日本監査役協会)に準拠し、会計監査人の評価基準を定め、その基準に基づき評価を行っております。

 監査役会は、監査法人との定期的な意見交換や確認事項の聴取、監査実施状況の報告等を通じて、監査法人の品質管理体制、監査チームの独立性と専門性の有無、監査の有効性と効率性等について確認を行っております。

 なお、上記に基づき当社会計監査人である太陽有限責任監査法人は適格であると判断しております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

25

26

連結子会社

25

26

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Grant Thornton International Ltd)に対する報酬(a.を除く)

 該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 当社は監査公認会計士等に対する監査報酬を決定するにあたり、監査公認会計士等より提示される監査計画の内容をもとに、監査工数等の妥当性及び同業他社の監査報酬を勘案、協議し、会社法第399条に基づき、監査役会の同意を得た上で決定することとしております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 当社監査役会は、監査項目別監査時間及び監査報酬の推移並びに過年度の監査計画と実績の状況を確認し、当事業年度の監査時間及び報酬額の見積りの妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等について同意の判断をいたしました。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

(取締役)

 取締役のうち、業務執行取締役の報酬は固定報酬と業績連動賞与で構成され、その金額の算定方法についての内規を定めております。非業務執行取締役は、その職務の性質上、固定報酬のみとしております。

 業務執行取締役の固定報酬額については、年度決算が確定した後の定時取締役会において、各人の職務内容、能力、経歴、年数に、企業価値の増減、株主還元施策、売上及び利益の増加、新規事業の育成、人材育成及び組織開発の進展度といった前期実績を反映させ、当期の各人ごとの固定報酬額を代表取締役が起案し、非業務執行の取締役、監査役も含めて取締役会において協議して決定しております。

 業績連動賞与の金額は、連結経常利益の増加の10%または連結経常利益の3%を目安として算出し、定時株主総会の承認を条件として支給しております。各人への配分は原則固定報酬額比例としております。業績連動賞与の指標に連結経常利益を選択した理由は、中期的に当社グループが成長期にあり、株主から期待される利益拡大へのインセンティブが働く仕組みにするため、及びなるべくシンプルで分かりやすい仕組みにするためであります。なお、当事業年度の連結経常利益増加額の10%は44百万円、連結経常利益の3%は80百万円であり、業績連動賞与の総額は40百万円でありました。なお、決定に関する方針は、2021年1月15日開催の取締役会にて決定しております。

(監査役)

 監査役の報酬は、業務執行から独立した立場であるという職務の特性から、固定報酬のみとしております。その報酬額については、監査役の協議により決定する方針としております。

 

② 取締役及び監査役の報酬等についての株主総会の決議に関する事項

 役員の報酬等については、2018年2月27日開催の株主総会において、取締役の報酬額は年額200百万円以内(うち社外取締役分は年額30百万円以内)と決議しております。当該株主総会終結時点の取締役は6名(うち社外取締役3名)です。

 また、2003年9月11日開催の株主総会において、監査役の報酬額は月額2百万円以内と決議しております。当該株主総会終結時点の監査役は3名(うち社外監査役3名)です。

 なお、役員の員数は定款に、取締役は9名以内、監査役は5名以内と定めております。

 

③ 取締役の個人別の報酬等の内容の決定に係る委任に関する事項

 取締役の個人別の報酬等の内容は、取締役会が決定しており、該当事項はありません。

 

④ 取締役の個人別の報酬等の内容が当該方針に沿うものであると取締役会が判断した理由

 当事業年度における報酬等の額は、2021年2月12日の取締役会にて、個別の金額を開示したうえで固定報酬を決議しており、取締役会はその内容が決定方針に沿うものであると判断しております。

 

⑤ 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の

総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる

役員の員数

(名)

基本報酬

賞与

取締役

(社外取締役を除く。)

135

95

40

3

監査役

(社外監査役を除く。)

社外役員

31

31

6

 

⑥ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

 報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。

 

⑦ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

 該当事項はありません。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、保有株式について、株価の変動または配当の受領によって利益を得ることを主たる目的として保有する株式を「純投資目的である投資株式」に区分し、業務提携その他経営上の合理的な目的に基づいて保有する株式を「純投資目的以外の目的である投資株式」に区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式はすべて非上場株式であるため、記載を省略しております。

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(百万円)

非上場株式

6

239

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(百万円)

株式数の増加の理由

非上場株式

1

199

当社グループが提供するサービスの拡充に資するため新たに株式を取得

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(百万円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 該当する上場投資株式は保有しておりません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 該当する投資株式は保有しておりません。

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年12月1日から2021年11月30日まで)及び事業年度(2020年12月1日から2021年11月30日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。

 具体的には、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、また、定期的にセミナーに参加する等により、適切に対応することができる体制を整備しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2020年11月30日)

当連結会計年度

(2021年11月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,514

3,938

受取手形及び売掛金

2,958

3,411

商品

87

170

その他

183

204

貸倒引当金

8

6

流動資産合計

5,735

7,717

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

4,977

7,366

減価償却累計額

836

1,259

建物及び構築物(純額)

4,140

6,106

車両運搬具

583

728

減価償却累計額

381

504

車両運搬具(純額)

202

223

土地

55

55

建設仮勘定

282

8

その他

392

492

減価償却累計額

167

248

その他(純額)

224

244

有形固定資産合計

4,905

6,638

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

92

70

その他

0

0

無形固定資産合計

92

71

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

60

239

敷金及び保証金

433

579

繰延税金資産

65

60

その他

25

25

貸倒引当金

12

12

投資その他の資産合計

571

893

固定資産合計

5,569

7,603

資産合計

11,305

15,320

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2020年11月30日)

当連結会計年度

(2021年11月30日)

負債の部