EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月29日

【事業年度】

第45期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

イメージ情報開発株式会社

【英訳名】

Image Information Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 代永 拓史

【本店の所在の場所】

東京都千代田区神田猿楽町二丁目4番11号

【電話番号】

03(5217)7811

【事務連絡者氏名】

経営管理部長 清水 雄二

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区神田猿楽町二丁目4番11号

【電話番号】

03(5217)7811

【事務連絡者氏名】

経営管理部長 清水 雄二

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05573 38030 イメージ情報開発株式会社 Image Information Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2020-06-29 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05573-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E05573-000:OsamuKoyamaMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E05573-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:BusinessProcessOutsourcingServiceReportableSegmentsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:CommoditySalesReportableSegmentsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:OperationMaintenanceReportableSegmentsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:ConsultingDesignConstructionReportableSegmentsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:BusinessProcessOutsourcingServiceReportableSegmentsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:CommoditySalesReportableSegmentsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:OperationMaintenanceReportableSegmentsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:ConsultingDesignConstructionReportableSegmentsMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:ConsultingDesignConstructionReportableSegmentsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:OperationMaintenanceReportableSegmentsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:CommoditySalesReportableSegmentsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:BusinessProcessOutsourcingServiceReportableSegmentsMember E05573-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:ConsultingDesignConstructionReportableSegmentsMember E05573-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:OperationMaintenanceReportableSegmentsMember E05573-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:CommoditySalesReportableSegmentsMember E05573-000 2020-06-29 E05573-000 2020-03-31 E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 E05573-000 2019-03-31 E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 E05573-000 2018-03-31 E05573-000 2017-04-01 2018-03-31 E05573-000 2017-03-31 E05573-000 2016-04-01 2017-03-31 E05573-000 2016-03-31 E05573-000 2015-04-01 2016-03-31 E05573-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E05573-000:HiroyukiJinnnoharaMember E05573-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E05573-000:YuujiShikanoMember E05573-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E05573-000:KoukiHiharaMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05573-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E05573-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E05573-000:TakujiYonagaMember E05573-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row5Member E05573-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row4Member E05573-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row3Member E05573-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row2Member E05573-000 2020-06-29 jpcrp_cor:Row1Member E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05573-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05573-000 2018-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05573-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05573-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E05573-000:BusinessProcessOutsourcingServiceReportableSegmentsMember E05573-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05573-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05573-000 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05573-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05573-000 2020-06-29 jpcrp030000-asr_E05573-000:KaoruNishimuraMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第41期

第42期

第43期

第44期

第45期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

1,253,195

804,286

815,110

702,048

692,887

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

155,887

75,737

6,901

56,287

62,531

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

181,268

100,084

252,502

156,998

61,182

包括利益

(千円)

182,327

100,052

252,252

159,535

18,104

純資産額

(千円)

418,268

318,215

73,309

234,009

252,113

総資産額

(千円)

760,239

594,360

387,122

531,372

589,970

1株当たり純資産額

(円)

251.01

190.96

36.71

103.12

116.96

1株当たり当期純損失(△)

(円)

108.78

60.06

151.32

86.97

30.34

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

55.0

53.5

15.8

39.1

40.0

自己資本利益率

(%)

株価収益率

(倍)

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

138,630

24,682

17,356

52,151

69,144

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

23,294

148

56,073

17,602

38,079

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

32,609

25,001

647

274,598

現金及び現金同等物

の期末残高

(千円)

112,737

112,907

74,838

314,888

283,823

従業員数

(名)

63

58

56

56

58

〔外、平均臨時

雇用者数〕

3

3

2

2

2

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第41期から第42期及び第44期から第45期については潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第43期については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3 自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため記載しておりません。

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第41期

第42期

第43期

第44期

第45期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

1,090,196

734,043

489,236

36,166

69,500

経常損失(△)

(千円)

144,960

72,517

2,713

62,070

59,395

当期純損失(△)

(千円)

189,136

96,553

251,895

156,452

43,926

資本金

(千円)

467,050

467,050

467,050

597,317

301,000

発行済株式総数

(株)

1,780,000

1,780,000

1,780,000

2,080,000

2,080,000

純資産額

(千円)

404,124

307,602

54,126

198,457

243,616

総資産額

(千円)

720,224

557,501

257,599

343,854

405,346

1株当たり純資産額

(円)

242.52

184.59

30.71

98.43

120.83

1株当たり配当額

(円)

(内、1株当たり

中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純損失(△)

(円)

113.50

57.94

150.96

86.67

21.79

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

56.1

55.2

19.9

57.7

60.1

自己資本利益率

(%)

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

従業員数

(名)

63

58

55

3

4

〔外、平均臨時

雇用者数〕

3

2

2

株主総利回り

(%)

71.7

60.0

79.2

49.0

29.6

(比較指標:東証株価指数)

(%)

(87.3)

(98.0)

(111.2)

(103.1)

(90.9)

最高株価

(円)

1,591

1,034

1,272

1,394

1,031

最低株価

(円)

850

642

728

540

271

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 最高株価及び最低株価は東京証券取引所(JASDAQグロース)におけるものであります。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第41期から第42期及び第44期から第45期については潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第43期については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4 自己資本利益率及び株価収益率については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。

 

2【沿革】

年月

事項

1975年10月

東京都杉並区久我山三丁目45番19号において、イメージ情報開発株式会社設立

1976年4月

コンピュータデータとイメージデータを複合処理する事業を開始

1980年12月

本社事務所を東京都港区新橋に移転

1984年4月

システムインテグレーション事業に進出

1986年3月

メディア開発センターを開設

1999年9月

商店街向けクレジット包括契約処理センター開設(協同組合銀座百店会向け運用開始)

2005年4月

セキュリティサービス販売を開始

2007年4月

個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項(JIS Q 15001)を満たす事業者として、プライバシーマークの認定を取得

2007年4月

大阪証券取引所ヘラクレス(現 東京証券取引所JASDAQ(グロース))に株式上場

2007年5月

本社事務所を東京都港区芝大門に移転

2009年8月

NSセミコン株式会社を株式取得により連結子会社化

2009年12月

2011年7月

イクオス株式会社(現株式会社マーベラント)を設立、連結子会社化

本社事務所を東京都千代田区に移転

2012年9月

2012年12月

2013年8月

2013年10月

2015年3月

2015年12月

2017年10月

2017年10月

2018年11月

2018年11月

2019年8月

株式会社インスパイアを株式取得により連結子会社化

NSセミコン株式会社を株式売却により連結子会社から除外

株式会社北栄を株式取得により持分法適用関連会社化

株式分割(200分割)実施

株式会社北栄を株式の一部売却により持分法適用関連会社から除外

株式会社アンダース(旧:株式会社インスパイア)を株式の一部売却により連結子会社から除外

新設会社分割を行い連結子会社イメージ情報システム株式会社を新設

エクストップエスオー株式会社(現株式会社アイデポルテ)を株式取得により連結子会社化

株式会社アイデポルテを株式売却により連結子会社から除外

第1回新株予約権行使により資本金5億9,731万円

資本金3億100万円に減資

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社、連結子会社2社(イメージ情報システム株式会社、株式会社マーベラント)の計3社で構成されており、業務改革や課題解決を進める企業に対し、IT戦略の支援からシステムの設計構築・運用保守・業務アウトソーシング等の総合的なサービスを提供しております。

 特定のメーカーやパッケージソフト等に依存せず、顧客企業のビジネス戦略に沿った柔軟なシステム実現、ワンストップでの総合的なサービス提供を特徴としております。

 当社グループの事業における位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。

 

コンサルティング/設計/構築事業

 当事業においては、主にIT戦略の支援及びシステムの設計構築を行っております。主に当社及びイメージ情報システム株式会社が事業を展開しております。

 

運用/保守事業

 当事業においては、主にコンサルティング/設計/構築事業において顧客に提供したシステムの運用・保守業務を受託しております。主に当社及びイメージ情報システム株式会社が事業を展開しております。

 

商品販売事業

 当事業においては、情報通信機器、ソフトウエアの仕入/販売、自社開発のパッケージソフトウエアの製造/販売及び化粧品の販売を行っております。化粧品の販売については株式会社マーベラントが、その他の販売については当社及びイメージ情報システム株式会社が事業を展開しております。

 

BPO/サービス事業

 当事業においては、決済処理業務や会員管理業務等を受託しております。医療モールの受託については株式会社マーベラントが、その他のサービスや業務受託については当社及びイメージ情報システム株式会社が事業を展開しております。

 

各セグメントの事業内容および主要会社は次のとおりです。

セグメント

主要会社

コンサルティング/設計/構築事業

イメージ情報開発株式会社

イメージ情報システム株式会社

運用/保守事業

イメージ情報開発株式会社

イメージ情報システム株式会社

商品販売事業

イメージ情報開発株式会社

イメージ情報システム株式会社

株式会社マーベラント

BPO/サービス事業

 

 

業務受託、決済サービス

イメージ情報開発株式会社

イメージ情報システム株式会社

 

医療モール受託

株式会社マーベラント

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金又は

出資金

(千円)

主要な事業

の内容

議決権の所有

(被所有)割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

イメージ情報システム株式会社

 (注)4、5

東京都千代田区

70,000

コンサルティング/設計/構築事業

64.28

役員の兼任2名

株式会社マーベラント

 (注)3、4、6

東京都千代田区

90,000

BPO/サービス事業

100.00

役員の兼任2名

資金の貸付

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

株式会社イメージ企画

東京都三鷹市

20,000

サービス業

(30.35)

  ──

株式会社NBI

東京都三鷹市

10,000

情報通信

サービス業

(9.91)

  ──

(注)1 連結子会社の「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3 株式会社マーベラントは、2019年10月4日に株式会社ヴァージンメディカルから商号変更を行いました。

  また、同日東京都千代田区へ移転いたしました。

4 特定子会社に該当しております

5 イメージ情報システム株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

  主要な損益状況等  (1)売上高      557,328千円

(2)経常損失      9,810千円

(3)当期純損失    27,439千円

(4)純資産額     45,050千円

(5)総資産額    188,226千円

6 株式会社マーベラントについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

  主要な損益状況等  (1)売上高      90,058千円

(2)経常利益      6,674千円

(3)当期純利益      384千円

(4)純資産額   △163,003千円

(5)総資産額     42,897千円

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2020年3月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(名)

コンサルティング/設計/構築事業

582

運用/保守事業

商品販売事業

BPO/サービス事業

合計

582

(注)1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

3 当社の企業集団は、セグメントごとの経営組織体系を有しておらず、同一の従業員が複数のセグメントに従事しております。

 

(2) 提出会社の状況

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

4

55.8

5.9

4,363

 

セグメントの名称

従業員数(名)

コンサルティング/設計/構築事業

4-〕

運用/保守事業

商品販売事業

BPO/サービス事業

合計

4-〕

(注)1 従業員数は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

4 当社では、同一の従業員が複数のセグメントに従事しております。

 

(3) 労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係については円満に推移しております。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 本項に含まれる将来に関する事項については、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)経営方針

 当社グループは、「変革を求める企業・団体に対し、先進的ITを駆使した独創的サービスや機能の提供を通じ社会に貢献する」を理念に掲げ、長期にわたり金融・製造業等企業や大手商店街、商工会議所を通じた地域の活性化に努めてまいりました。

 

(2)経営戦略等

 激動する経済社会の下、顧客企業に対する「先進的ビジネスモデルの提供」を目的に既存の中核技術をベースに他分野の知識や技術を組み合わせた多岐にわたるビジネスの「プラットホーム」の構築に着手しました。
 当社グループは、ヒト/モノ/カネ/情報をネットワーク化し、組織やサービスを束ね、顧客企業と共に永続的成長を目指した「プラットホームビジネス」を最大の経営テーマとしております。
 当社グループは、2017年10月に会社分割による持株会社体制への移行により、事業の多角化を推進し、機動的な事業再編や柔軟性を確保しました。

今後とも、情報サービス業界において求められている高付加価値のサービスを提供すべく、関連会社及び提携企業との連携強化によるプラットホームビジネスへの深耕を図ってまいります。

 

(3)経営環境

主要な事業領域である情報サービス業界においては、高付加価値のサービスが求められており、関連会社及び提携企業との連携強化によるプラットホームビジネスへの深耕を図ってまいります。

 

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当社グループは、2019年12月12日付で公表いたしました「改善状況報告書」に記載のとおり、2019年5月28日付で公表いたしました「改善報告書」に記載の改善措置を継続的に行うとともに、当社グループの継続的発展と経営基盤強化を図るため、以下の項目を最重要課題と認識し取り組んでまいります。

 

 ①コーポレート・ガバナンス体制及びコンプライアンス・リスク管理体制の再構築

当社グループは、過去に過年度の不適切な会計処理に係る第三社委員会の調査報告書の内容を踏まえ過年度決算訂正を行ったことを真摯に受け止め、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、経営の透明性・客観性の確保のためコーポレート・ガバナンス体制の強化が重要な課題であると認識しております。

そのため、取締役会を含めた社内の機関体制を見直し、経営の意思決定の迅速化かつ明瞭化及び機動的な業  務執行の実現を図るとともに、経営の監督機能と業務執行機能を分離することで、経営の透明性・客観性の  向上を図ってまいります。

 

 ②管理部門の体制強化

「改善報告書」に記載のとおり、内部監査部門の充実を図るとともに、職務権限、分掌規程を見直しリスク  コントロールできる体制構築に努めております。

また、経理部門については、人材の採用、既存社員のスキルアップ及び業務効率化により牽制機能が充実し  向上を図ります。

 

(5)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループは、安定した経営を継続するための経営指標として「純資産」における金額及び純資産比率を重視しており、その主な構成要素として、「売上高」、「親会社株主に帰属する当期純利益」を注視し、当該金額を基礎指標とした「売上高成長率」を経営分析指標としております。

 

 

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があると認識している主要なリスクは以下のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項については、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

1)事業環境について

 近年、情報サービス業界をとりまく環境は、業界内部での競争や案件価格の低下傾向が深刻なものとなっております。当社グループの扱う商品や情報システム関連の支援サービスについても、今後競合製品や競合他社により同様の価格低下傾向が現れるものと思われます。また、当業界のみならず、当社グループの主要顧客であるクレジット業界におきましても、大手企業による寡占化の進行、異業種との合弁会社の設立や他業態からの参入等、事業環境は大きく変化しております。このような環境下、我々の予想を上回る市場環境の変化や価格競争の激化等が発生した場合、業績に影響を与える可能性があります。

 

2)人材の確保や育成について

 人材の新たな確保と育成は当社グループの成功には重要であり、人材の確保又は育成ができなかった場合には、当社グループの将来の成長、業績に影響を与える可能性があります。

 

3)システム構築における見積り違い及び納入・検収遅延等による業績への影響について

 当社グループでは、作業工程等に基づき発生コストを予測し見積りを行っておりますが、変動要素に対するコストを正確に見積ることは困難であり、実績額が見積額を超えた場合には、低採算又は採算割れとなる可能性があります。また、顧客からシステム構築等を受託する場合、納期どおりにシステム等を納入することが求められますが、何らかの事情により、当初予定よりシステムの納入や検収が遅延した場合には、信用の低下や経費の増大等を招く恐れがあります。当社グループでは、このようなリスクを回避するため、プロジェクト別の原価予測や工数管理を徹底することにより、業績への影響の軽減に努めておりますが、原価の変動や、納入又は検収の遅れが生じた場合には、業績に影響を与える可能性があります。

 

4)業務の安定運用について

 当社グループの主要事業として、顧客企業のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、システム運用の代行、インターネットサービスの提供といった業務があり、お預かりしたシステム及びデータに対する保管、加工等の処理において正確かつ安定した管理・運用が重要と考えております。当社グループは業務運用上の不具合が発生しないように定期的に処理システムのメンテナンスや業務手順の見直し等の対策を講じておりますが、処理システムの障害、オペレーションミス等により顧客が要求する水準での正確かつ安定した管理・運用が実現できなかったときには、業績に影響を与える可能性があります。

 

5)機密情報及び個人のプライバシー情報の管理について

 インターネット技術の発展により、利用者の利便性が格段に向上した一方、個人情報保護をはじめとしたセキュリティ管理が社会全般に厳しく問われるようになっております。当社グループは一部業務において、顧客企業から個人情報を間接的に収集する機会があります。こうした問題に対し、当社グループの情報システムは、外部から不正アクセスができないようにファイアーウォール等のセキュリティ手段によって保護されています。また、プライバシー保護についても十分な対応を行っています。しかし、これらの情報の外部漏洩や悪用が発生した場合、当社グループへの損害賠償請求や当社グループの信用の低下等によって業績に影響を与える可能性があります。

 

6)特定の取引先への依存について

 ①当社グループのシステム開発分野における売上高の上位取引先の占有率が高く、当該取引先の事業方針の変更がなされた場合、業績に影響を与える可能性があります。

 ②当社グループの取り扱うセキュリティ関連ソフトウエア商品は、ハミングヘッズ社のセキュリティプラットフォームが大部分を占めております。同社とは販売代理店契約を締結しておりますが、その関係の変更・解消があった場合、もしくは同社の経営状態の動向により、業績に影響を与える可能性があります。

 

7)業績の季節的変動について

 当社グループの業績は、9月及び3月に売上が集中する傾向にあります。これは、システム構築の受託業務における納品を9月及び3月に行う割合が高いことが主たる理由となります。また、9月及び3月に売上が集中するため、大口の検収が翌連結会計年度にずれこむ場合、業績に影響を与える可能性があります。

 

8)システム障害について

 当社グループのサービスは通信ネットワークを含むシステムに依存しており、災害や事故による通信ネットワークの切断、サーバ機能の停止、コンピュータウイルスによる被害、ソフトウエアに不具合が生じた場合等でサービス提供が不可能となる可能性があります。ひとたび障害が発生し、当社グループのサービスへの信頼性低下を招く場合、業績に影響を与える可能性があります。

 

9)投資有価証券の状況について

 当社グループは上場株式やIT関連を中心とした未公開企業の株式を保有しており、株式市況の低迷や投資先の経営状況の悪化・破綻等により、保有する投資有価証券の評価額が減少し、業績に影響を与える可能性があります。

 

10)特有の法的規制等に係るリスクについて

 当社グループは労働者派遣事業を行っており、これらは「労働者派遣法」等による規制の対象となっております。事業に関連する各種法的規制の動向により、業績に影響を与える可能性があります。

 

11)自然災害等その他のリスクについて

 当社グループは機能の大半を東京都に有しております。当該地域における自然災害等によるリスクを回避するため、データの一部を長野県に設置したサーバにバックアップデータとして保管しておりますが、自然災害で当社グループ機能及び従業員が損害を被った場合や、新型コロナウイルス等の感染症に当社グループ従業員が多数感染した場合等において、企業活動の低下が懸念されます。

 当社グループは、自然災害その他のリスクに対し、従業員の安全確保のために在宅勤務推進等の対策を行っています。しかしながら、想定を超える感染症の流行や自然災害によるシステムトラブルなど事業継続に支障が起き、事態の回復までに長期間を要した場合、当社グループの業績、財務状況に影響を与える可能性があります。

 

12)継続企業の前提に関する重要事象等

 当社は、主として業務提携契約を締結している提携先への貸付金等の回収が遅延し貸倒引当金を計上したことや売上高の減少の影響から、継続して営業損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を計上しており、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。

 しかしながら、第1回新株予約権が行使されたことで、当社グループの当連結会計年度末の現金及び預金残高は283,823千円(有利子負債はない)を保有し、必要な運転資金は確保できていることから、継続企業の前提に重要な不確実性は認められないものと判断しております。

 当社グループは、早期の業績黒字化を実現し、当該状況の解消を図るべく、回収が滞留している貸付金等の回収を進めることで財務状況の改善を図るとともに、これまで培ってまいりましたIT活用による提携企業へのコンサルティング機能をさらに高め、以下の諸施策を実行してまいります。

 

①トータルソリューション事業の収益基盤の強化

 当社グループは、コンサルティングからシステム開発、保守とトータルなソリューション事業を展開しており、永く安定的な収益の基盤となっております。当該事業の収益基盤を強化し、次の時代の軸となるビジネスを創りあげるため、最新のシステムの取り込みを図っており、2018年度からはオープンソースソフトウェアを活用した新たなビジネスの受注を開始しております。現在、受注件数は増加していることから、これに対応できる人材の確保と社員研修を強化することで、収益基盤の強化を図ってまいります。

 

②外部人材リソースの活用と社内人材の育成等

 当社人材リソースのみでは限りがあるため、人材供給パートナー企業の増強を図ってまいります。また、グループ内人材の育成を計画的に行い、開発スキルの向上を図り、付加価値の高いシステム開発の受注に繋げることで、業績の改善に努めてまいります。

 

③売上原価率の改善

 当社は、これまで培ってきたIT活用による提携企業へのコンサルティング機能をさらに高め、トータルソリューションを提供するという方針を維持しつつ、引き続き業務効率の改善や先進的な技術の活用、パートナー企業との連携強化等を通じて売上原価の抑制に努め、収益率の改善に注力いたします。

 

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

  ①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度における当社グループの主要な事業領域である情報サービス業界においては、わが国経済における雇用情勢や個人所得環境に改善がみられ、企業のIT投資は堅調に推移いたしました。一方で、新型コロナウイルス感染症の拡大は、国内企業の事業活動に深刻な影響を与えており、経済に大きな影を落としています。

 このような環境の中、当社グループは、既存顧客に安定した運用保守及びBPOサービスを提供するとともに、セキュリティソリューションや顧客管理等の業務システムを中心に受注拡大に努め、開発スキル向上や外部人材リソースの活用等を実施しました。

 当連結会計年度においては、オープンソースソフトウェアを活用した新たなビジネスを展開し、また外部人材リソースの活用等を実施しましたが、売上高は692,887千円(前期比1.3%減)となりました。

 利益面におきましては、販売費及び一般管理費の圧縮に努めましたが、システム設計業務の一部が遅延したことにより、計画していた受注案件への人的資源を振り向けられなかったことによる逸機、及び本遅延プロジェクトで見込まれる売上原価総額から既に計上された売上高を控除した超過額として工事損失引当金24,686千円を計上したこと等により、営業損失は64,386千円(前期は営業損失47,215千円)、経常損失は62,531千円(前期は経常損失56,287千円)となりました。

 投資有価証券売却益22,233千円を特別利益に計上しましたが、過年度の決算において不適切な会計処理の指摘を外部から受け、課徴金6,000千円を特別損失に計上したこと等から、親会社株主に帰属する当期純損失は61,182千円(前期は親会社株主に帰属する当期純損失156,998千円)となりました。

セグメント別の業績は次のとおりであります。

〔コンサルティング/設計/構築〕

 企業システムのコンサルティング及び設計、開発の業務受託等につきましては、外部人材リソースを活用した受注案件の獲得に努めましたが、システム設計業務の一部が遅延したことによる受注計画案件の逸機等により売上高は348,808千円(前期比8.2%減)、同事由による工事損失引当金を24,686千円計上したこと等により、セグメント損失は1,557千円(前期はセグメント利益29,195千円)となりました。

〔運用/保守〕

 企業システムの運用及び保守の業務受託につきましては、前期からの継続した受注とシステム構築案件の保守契約が堅調に推移したことにより、売上高は102,706千円(前期比3.5%減)、セグメント利益は45,308千円(前期比13.3%増)となりました。

〔商品販売〕

 商品販売につきましては、セキュリティパッケージソフトの販売に注力した結果、売上高は57,648千円(前期比16.3%増)となり、セグメント利益は6,506千円(前期はセグメント利益393千円)となりました。

〔BPO/サービス〕

BPO(業務アウトソーシング)及び決済代行等各種サービスの提供につきましては、継続的な取引による売上を確保し、加えてキャッシュレス需要に対応した業務受託を行ったことから売上高は183,723千円(前期比10.8%増)、セグメント利益は29,613千円(前期はセグメント損失4,936千円)となりました。

 

 ②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は283,823千円(前期末比31,065千円減)となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度における営業活動の結果使用した資金は69,144千円(前期比16,993千円の収入減)となりました。(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度における投資活動の結果得られた資金は38,079千円(前期比20,476千円増加)となりました。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度における財務活動による資金の移動はありませんでした(前期は274,598千円の収入)。

 

 ③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

生産高(千円)

前年同期比(%)

コンサルティング/設計/構築事業

349,115

△8.0

運用/保守事業

102,694

△3.5

商品販売事業

57,648

16.3

BPO/サービス事業

183,723

10.8

合計

693,181

△1.2

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

2 金額は、販売価格によっております。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

b.受注実績

 当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

コンサルティング/設計/構築事業

345,463

△11.5

68,765

△4.6

運用/保守事業

57,192

△34.4

40,222

20.9

商品販売事業

56,985

12.9

210

△75.9

BPO/サービス事業

183,723

10.8

合計

643,365

△7.3

109,197

2.8

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

2 BPO/サービス事業においては、事業の特性上事前に正確な受注金額を算出することが困難な契約が大部分を占めております。これらについては、受注残高の集計には含めず、販売実績をもって受注実績としております。

3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

c.販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

販売高(千円)

前年同期比(%)

コンサルティング/設計/構築事業

348,808

△8.2

運用/保守事業

102,706

△3.5

商品販売事業

57,648

16.3

BPO/サービス事業

183,723

10.8

合計

692,887

△1.3

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

  2 最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。なお、当該割合が100分の10未満の記載は省略しております。

相手先

前連結会計年度

(自  2018年4月1日

至  2019年3月31日)

当連結会計年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

沖電気工業株式会社

107,503

15.5

キヤノンITソリューションズ株式会社

89,732

12.7

  3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

(1) 経営成績

当社グループは、既存顧客に安定した運用保守及びBPOサービスを提供するとともに、セキュリティソリューションや顧客管理等の業務システムを中心に受注拡大に努めましたが、残念ながら売上高は692,887千円(前期比1.3%減)となりました。

利益面におきましては、販売費及び一般管理費の圧縮に努めましたが、人的資源不足による一部システム開発案件の逸機及び遅延プロジェクトに関する工事損失引当金24,686千円の計上等により、営業損失は64,386千円(前期は営業損失47,215千円)、経常損失は62,531千円(前期は経常損失56,287千円)となりました。

投資有価証券売却益22,233千円を特別利益に計上しましたが、過年度の決算において不適切な会計処理の指摘を受け、課徴金6,000千円を特別損失に計上したこと等から、親会社株主に帰属する当期純損失は61,182千円(前期は親会社株主に帰属する当期純損失156,998千円)となりました。

(2) 財政状態

(資産の部)

当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ58,598千円増加し589,970千円となりました。

流動資産は402,193千円(前連結会計年度末比40,344千円減少)となりました。これは主に手元流動性預金の減少と未収消費税の減少によるものであります。

固定資産は187,777千円(前連結会計年度末比98,943千円増加)となりました。これは主に投資有価証券の評価益によるものであります。

(負債の部)

当連結会計年度末の負債の部は、前連結会計年度末に比べ40,494千円増加し337,857千円となりました。

(純資産の部)

当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ18,104千円増加し252,113千円となりました。

これは、主として親会社株主に帰属する当期純損失による61,182千円の減少及びその他有価証券評価差額金の増加89,086千円等によるものであります。

(3) キャッシュ・フロー

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は283,823千円(前期末比31,065千円減)となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における営業活動の結果使用した資金は69,144千円(前期比16,993千円の収入減)となりました。これは主に、税金等調整前当期純損失58,704千円、その他の流動負債の減少23,008千円等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における投資活動の結果得られた資金は38,079千円(前期比20,476千円増加)なりました。これは主に、投資有価証券の売却による収入が50,000千円あったこと等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当連結会計年度における財務活動による資金の移動はありませんでした(前期は274,598千円の収入)。

 

このような状況において、当社グループは、中長期の継続的な成長に向けて、新年度から “Get on track for new growth”「新たな成長軌道へ乗る」をテーマに、経営体制の強化、売上の拡大、収益性の向上、人材の確保と育成を基本施策とした2023年3月期中期経営計画をスタートします。抜本的な改革を遂行し、更なる企業価値の向上を図るべく、強力に中期戦略を進めてまいります。

また、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

 当社グループの資金需要の主なものは、開発エンジニア等に対する人件費(売上原価及び販売費及び一般管理費)の運転資金及び設備投資によるものであります。

 なお、これらの必要な資金については自己資金をもって充当することを原則とし、必要に応じて金融機関からの借り入れを行うこととしております。

 当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要②キャッシュ・フローの状況」及び「(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容」に記載のとおりであります。

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって、当連結会計年度における会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに開示に影響を与える見積りを必要としております。当社グループは、これらの見積りについて、過去の実績や状況に応じ合理的と考えられる様々な要因に基づき行っておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、異なる可能性があります。

なお、見積りを行っている主な項目は以下のとおりであります。

(貸倒引当金)

当社グループは、売上債権等の貸倒損失に備えて回収不能となる見積額を貸倒引当金として計上しております。

将来、債務者の状況が悪化し支払能力の低下が明らかとなった場合には、引当金の追加計上又は貸倒損失が発生する可能性があります。

(賞与引当金)

当社グループは、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、賞与支給見込み額の当連結会計年度負担相当額を賞与引当金として計上しております。

(固定資産の評価)

固定資産の評価については、「固定資産の減損に係る会計基準」(平成14年8月9日企業会計審議会)等に基づいた評価額を計上しております。

(繰延税金資産及び繰延税金負債)

繰延税金資産及び繰延税金負債については、「税効果会計に係る会計基準」(平成10年10月30日企業会計審議会)等に基づき、認められる金額を計上しております。

 

4【経営上の重要な契約等】

 当社グループが締結している重要な契約は、次のとおりであります。

契約会社名

相手先

契約内容

備考

契約期間

イメージ情報開発(株)

ハミングヘッズ(株)

販売代理店契約

パッケージソフト

自 2005年12月12日

至 2006年12月11日

再販売契約

テクニカルサポート

自 2005年7月28日

至 2006年7月27日

イメージ情報開発(株)

(株)北栄

業務提携契約

 

2015年4月23日締結

(注) 契約期間を経過した契約は、契約期間を自動更新中であります。

 

5【研究開発活動】

重要な研究開発活動はありません。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度における設備投資等の総額は4,916千円であります。

 

2【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2020年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物

工具、器具

及び備品

ソフトウエア

合計

本社

(東京都千代田区)

全事業

本社機能

開発設備

通信設備

その他設備

 

4〔-〕

(注)1 本社の建物を賃借しております。年間の地代家賃は2,821千円であります。

2 固定資産については、全額減損損失を計上しているため、期末帳簿価額はありません。

3 帳簿価額には減損損失計上後の金額を記載しております。

 

(2) 国内子会社

主要な設備はありません。

なお、株式会社マーベラントは医療モールの建物を賃借しております。年間の地代家賃は58,124千円であります。

 

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

 該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

 該当事項はありません。

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

7,120,000

7,120,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末

現在発行数(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年6月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業

協会名

内容

普通株式

2,080,000

2,080,000

東京証券取引所

JASDAQ(グロース)

単元株式数 100株

2,080,000

2,080,000

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2017年6月28日(注)1

1,780,000

467,050

△506,111

4,158

2018年11月7日(注)2

120,000

1,900,000

52,107

519,157

52,107

56,265

2018年11月30日(注)3

180,000

2,080,000

78,160

597,317

78,160

134,426

2019年8月1日(注)4

2,080,000

△296,317

301,000

△134,426

(注)1 2017年6月28日開催の定時株主総会決議により、欠損の填補を目的として資本準備金の減少を行っております。

  2 2018年11月7日付で新株予約権1,200個の行使を受け増加しております。

  3 2018年11月30日付で新株予約権1,800個の行使を受け増加しております。

  4 2019年6月26日開催の定時株主総会決議において、欠損を填補する目的で資本金の額の減少及び資本金の額の減少並びに剰余金の処分について承認可決されました。その結果、当連結会計年度において資本金の額は296,317千円減少し、資本準備金の額は134,426千円減少しました。

なお、当該減資は払戻しを行わない無償減資であり発行済株式総数は変動ありません。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

17

3

8

1

506

536

所有株式数

(単元)

9

471

8,150

185

2

11,979

20,796

400

所有株式数の

割合(%)

0.04

2.26

39.19

0.88

0.00

57.60

100

(注) 自己株式63,759株は、「個人その他」に637単元、「単元未満株式の状況」に59株含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社イメージ企画

東京都三鷹市井の頭1-13-10

612,000

30.35

中村 義巳

東京都渋谷区

300,000

14.87

株式会社NBI

東京都三鷹市井の頭1-13-10

200,000

9.91

代永  衛

東京都三鷹市

197,900

9.81

代永  英子

東京都三鷹市

169,900

8.42

代永 拓史

東京都三鷹市

53,200

2.63

中根 近雄

埼玉県さいたま市浦和区

23,000

1.14

イメージ情報開発従業員持株会

東京都千代田区神田猿楽町2-4-11

20,900

1.03

株式会社SBI証券

東京都港区六本木1-6-1

18,100

0.89

片柳 晶子

東京都三鷹市

14,700

0.72

1,609,700

79.83

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

63,700

完全議決権株式(その他)

普通株式

2,015,900

20,159

単元未満株式

普通株式

400

発行済株式総数

 

2,080,000

総株主の議決権

 

20,159

(注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式59株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

イメージ情報開発株式会社

東京都千代田区神田猿楽町2-4-11

63,700

63,700

3.06

63,700

63,700

3.06

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

63,759

63,759

 

 

3【配当政策】

 当社は、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、株主に対して安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。

 当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、株主総会であります。

 当事業年度の剰余金の配当につきましては、十分な内部留保に至っていない状況等から、当社グループの現状を鑑みまして無配といたしました。

 内部留保資金につきましては、今後予想される事業規模の拡大、新規事業開発等に有効に活用してまいります。

 なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、「社員、株主及び社会にとって存在価値のある企業であり続ける。」という経営理念のもと、お客様をはじめ、株主・投資家の皆様・取引先・従業員等、各ステークホルダーに対する企業価値を高めるにあたり、コーポレート・ガバナンスの充実は経営上の最重要課題のひとつであると認識しております。

 「迅速で効率的な経営」「経営の透明性の確保」「コンプライアンス」を基本方針とし、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでおります。

  なお、コーポレート・カバナンスの状況における取締役等の人数は、2020年6月26日開催の定時株主総会終結後の人数を記載しております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

 

Ⅰ.企業統治の体制の概要

 当社は監査役会設置会社であり、下記記載の体制のもとで、監査役による実効的かつ充実した監査が行われており、経営陣に対するガバナンスが有効に機能しているものと認識しております。

 当社の社外取締役は1名、社内取締役は2名、監査役は3名であり、取締役会は、月1回開催される定例取締役会及び随時開催される臨時取締役会において、当社の業務執行に関する重要事項の決定及び取締役会の決定に基づく業務執行方針の協議を行っております。

 監査役は、監査役会を月1回以上開催し、監査役会で定めた監査方針および業務分担に従って、厳正に取締役の職務遂行をチェックしております。

 

 こうした現在の体制により経営の公正性及び透明性が適正に確保されているものと判断し、当該体制を採用とております。

 

[コーポレート・ガバナンス体制の模式図](2020年6月29日(有価証券報告書提出日)現在)

 

0104010_001.png

 

 

③ 企業統治に関するその他の事項

・内部統制システムの整備の状況

 当社は、業務の適正を確保するための体制の整備に関して、取締役会決議において、「内部統制システムの整備に関する基本方針」を次のとおり決議しております。

1)当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

イ.当社は、取締役及び使用人が法令・定款をはじめ社内規程・社会規範を尊重する行動ができるよう、「企業行動基準」を定めるものといたします。

ロ.コンプライアンス統括責任者を任命した「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンスを社内に定着させていくための仕組みに関する事項、啓発教育及びコンプライアンス上の問題等を審議し、その結果を取締役会に適時報告いたします。

ハ.当社の事業活動又は取締役及び従業員に法令違反の疑義のある行為等を発見した場合は、速やかに社内に設置する窓口に通報・相談するシステムとして「ホットライン」を整備いたします。

2)当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務の執行に係る情報の保存については、「文書管理規程」に基づき、その保存媒体に応じて適切・安全かつ検索及び閲覧可能な状態で保存、管理いたします。

3)当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

イ.企業活動の持続的発展を脅かすリスクに対処するため、社長を委員長とする、「リスク管理委員会」を設置し、「リスク管理規程」を定め同規程に基づき、全社的なリスク管理体制を構築するとともに、その活動内容を取締役会に適時報告いたします。

ロ.不測の事態が発生した場合には、社長指揮下の対策本部を設置し、迅速かつ適切な対応を行い、損害の拡大を防止する危機管理体制を整えるものといたします。

4)当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

イ.将来の事業環境を見据えた経営方針のもと中期経営計画及び年度計画を策定し、全社的な目標を掲げ、その達成と重点事項の推進に向けて職務を執行いたします。

ロ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として「取締役会」を月1回定時に開催するほか、必要に応じて適宜開催いたします。

ハ.取締役、監査役及び各部門長で構成する「経営会議」を毎月1回開催し、経営状況の把握を容易にし、各部門間での情報の共有を図ります。また、経営に関する重要事項において討議し、その審議を経て「取締役会」で執行決定を行います。

ニ.取締役の職務分担を明確にし、当該担当業務の執行については、「組織規程」「業務分掌規程」「職務権限規程」において定め実行いたします。

5)当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

イ.当社は経営企画部門に関連事業グループを置き、社内規則に従い子会社を指導いたします。

ロ.当社は、子会社の取締役の職務執行を監視・監督いたします。

ハ.監査役は、子会社に対して必要に応じて業務の状況について報告を求め、子会社の業務の適正性を監視いたします。

ニ.子会社は、当社との連携・情報共有を保ちつつ、自社の規模、事業の性質等を踏まえ、自立的に内部統制システムを整備することを基本といたします。

6)当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

 当社は現在のところ監査役の職務を補助すべき専任部門・スタッフは置いておりませんが、監査役会又は、監査役から求められた場合には、監査役会又は、監査役と協議のうえで決定いたします。

7)前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に関する事項

 前号の実施のため、監査役会又は、監査役の職務を補助すべき専任部門・スタッフを置く場合は、当社の業務執行に係る役職を兼務せず、監査役の指揮・命令下で職務を遂行する体制を確保するとともに、人事評価、異動、懲戒処分は、監査役会又は、監査役の同意を得なければならないものとしております。

8)当社及び子会社の取締役及び使用人が監査役に報告するための体制

イ.当社及び子会社の取締役及び使用人は、当社の業務又は業績に与える重要な事項について、「取締役会」「経営会議」「子会社報告会」にて定期的に報告いたします。

ロ.当社及び子会社の取締役及び使用人は、職務の執行に関する法令違反、定款違反及び不正行為の事実を知った場合は、遅滞なく当社の監査役に報告いたします。

ハ.前項に関わらず、当社の監査役は必要に応じて、当社及び子会社の取締役及び使用人に対し報告を求めることができるものといたします。

9)前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

 当社及び子会社の報告者に対する秘密厳守及び不利益な処遇のないことを保証しています。

10)当社の監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

 当社の監査役が職務の執行において生ずる費用の前払い又は償還の手続きその他当該職務について生ずる費用又は債務の処理は、監査役からの申請に基づき適切に行うことといたします。

11)その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

イ.当社の監査役による「監査役会」を毎月1回以上開催し、監査計画に基づく監査の実施状況や監査役間での経営情報の共有化等監査の充実を図ります。

ロ.当社の監査役は、監査の実施にあたり、監査役独自に収集した業務執行の状況を踏まえつつ、内部監査室、会計監査人とも情報交換に努め、相互に連携し、監査の実効性を確保いたします。また、必要に応じ自らの判断で、弁護士、その他外部アドバイザーを活用するものといたします。

12)反社会的勢力との関係遮断のための基本的な考え方とその整備状況

イ.当社は、反社会的勢力に対して屈することなく法律に則して対応いたします。社会的正義を実践するために社内規程等を定め、毅然とした態度で反社会的勢力との関係を遮断いたします。

ロ.反社会的勢力に対する対応を統括する部署を設け、関係行政機関や外部専門機関等から情報収集に努めます。社内に向けて対応方法等の周知を図り、社内関係部門、関係行政機関及び外部専門機関等と緊密に連携して、速やかに対処できる体制を整備いたします。

・リスク管理体制の整備の状況

当社企業グループでは、損害の拡大を防止し、これを最小限にとどめる体制を構築するために、リスクについての調査を行い、重要なリスクの洗い出しを行っております。これらのリスクに対する予防と発生した場合の対応体制および各担当部署のリスク管理体制を整備するため、「リスク管理規程」を定め、リスクカテゴリー毎の管理担当部門を設置するほか、重要なリスクから優先して具体的な対応計画を策定し、内部監査室と連携して、全社的なリスク管理体制の整備を行っております。
 直面する事業リスク等に対する管理の重要性を十分認識した上で、体制強化や管理手法の高度化を図るとともに個々のリスクのコントロールを行い、経営の健全性の確保と収益力の向上を実現するため、リスク管理に取り組んでおります。

・責任限定契約の内容の概要

当社と、現任の社外取締役及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。

・取締役の定数

当社の取締役は12名以内とする旨を定款で定めております。

・取締役の選任及び解任の決議要件

当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任議決は累積投票によらない旨を定款で定めております。

・取締役会で決議できる株主総会決議事項

1) 当社は、会社法426条第1項の規定に基づき、取締役及び監査役が善意でかつ重大な過失による損害賠償責 任を負った場合、法令の限度において取締役会の決議によって免除できる旨を定款に定めております。これ は、取締役及び監査役がその期待される役割を十分発揮できることを目的としたためであります。

2) 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本的な方針としております。これら の配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。また、当社は、取締役会の決 議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これは、 株主の皆様のご支援、ご協力に応えるためであります。

   ・株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

・株式会社の支配に関する基本方針

当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式の自由な取引を尊重し、特定の者による当社株式の大規模買付行為であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、最終的には株式の大規模買付提案に応じるかどうかは株主の皆様の決定に委ねられるべきと考えております。

ただし、株式の大規模買付提案のなかには、たとえばステークホルダーとの良好な関係を保ち続けることができない可能性があるなど、当社グループの価値ひいては株主共同の利益を損なうおそれのあるものや、当社グループの価値を十分に反映しているとはいえないもの、あるいは株主の皆様が最終的な決定をなされるために必要な情報が十分に提供されないものもあり得ます。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性6名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役

社長

代永拓史

1970年10月1日

1999年4月 ノベル株式会社入社

1998年7月 キヤノン株式会社入社

2002年2月 フユーチャーシステムコンサルティング株式会社(現フューチャーアーキテクト株式会社)入社

2005年1月 当社入社 執行役員

2005年6月 当社取締役副社長

2006年6月 当社代表取締役副社長

2006年10月 当社代表取締役社長

2008年11月 株式会社NBI設立 代表取締役(現任)

2012年6月 当社 取締役退任

2019年4月 ポートホールディングス株式会社 取締役

2019年6月 当社代表取締役社長(現任)

(注)3

53,200

取締役

経営企画室長

西村 馨

1958年12月2日

1982年4月 ソニー株式会社入社

1995年3月 ソニー・コミュニケーション・

      ネットワーク株式会社出向

      マーケティング部長

2000年3月 ソニー株式会社

      CRM担当部長

2004年3月 同社ダイレト・タッチポイント・

      マーケティング担当部長

2009年9月 株式会社寺岡精工入社

2010年1月 同社流通オートメーション

      事業部長

2013年1月 同社営業推進企画部長

2015年1月 同社グローバルマーケティング

      &コミュニケーションズ

      部門本部長

2018年3月 日本NCR株式会社入社

      企画室長

2019年4月 ポートホールディングス株式会社

      取締役事業開発部長

2020年3月 当社入社 経営企画室長

2020年6月 当社取締役経営企画室長

      (現任)

(注)3

取締役

小山 脩

1947年3月24日

1969年4月 株式会社神戸製鋼所入社

1991年4月 同社新分野事業部企画管理部長

1993年11月  同社電子・情報事業本部FA・ロボット本部 営業部長

1998年1月 同社理事

1998年6月 コベルコシステム株式会社

       取締役企画管理部長

1999年7月 同社常務取締役

2003年7月 同社専務取締役

2006年4月 同社取締役副社長

2008年4月 同社取締役会長

2009年4月 同社顧問

2013年4月 日本電通株式会社顧問

2015年7月 TMIソリューションズ株式会社(現NDIソリューションズ株式会社)出向  代表取締役会長

2018年4月 同社顧問

2019年6月 当社社外取締役(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

監査役

(常勤)

陣野原 博 幸

1951年1月11日

1969年4月 日本コロムビア株式会社入社

1973年4月 ソニー株式会社入社

1997年4月  ソニーマーケティング株式会社へ転籍

2009年6月 当社入社

2009年8月 当社内部監査室

2012年6月 当社常勤監査役(現任)

(注)4

監査役

鹿野裕司

1955年5月6日

 

1978年4月

新芸術家協会入社

1982年4月

株式会社都市開発設計入社

1984年6月

株式会社N建築企画設計入社

1988年12月

イマージュ建築企画設計株式会社設立 代表取締役

1998年12月

2000年3月

 

2017年6月

同社退任

株式会社デジタルコンセプト

設立 代表取締役(現任)

当社監査役(現任)

 

(注)5

監査役

日原仰起

1951年4月7日

 

1975年9月

日本信販株式会社(現三菱UFJニコス株式会社)入社

1992年3月

同社横浜駅西口支店長

1996年3月

同社企画本部企画開発部

ジェネラルマネージャー

2000年9月

イーバンク銀行株式会社(現楽天銀行株式会社)出向

2004年2月

ポケットカード株式会社入社

営業開発部担当部長

2005年4月

 

2007年4月

株式会社ジェーシービー入社営業本部営業部長

同社事業開発部部長

2009年4月

同社事業創造部部長

2016年4月

2016年9月

2017年6月

2018年3月

2018年3月

2018年11月

 

2019年4月

 

2019年4月

ドリコス株式会社取締役

株式会社SHIPP代表取締役

当社監査役(現任)

ドリコス株式会社退任

株式会社SHIPP退任

一般社団法人日本ドローン協会

理事

一般社団法人世代健康社会・

ヘルスケア推進協会理事

ポートホールディングス株式会社監査役

 

(注)5

53,200

(注)1 取締役小山脩氏は、社外取締役であります。

  2 監査役鹿野裕司氏及び日原仰起氏は社外監査役であります。

3 代表取締役代永拓史氏、取締役西村馨氏及び小山脩氏の任期は、2020年6月開催の定時株主総会終結の時から2年間であります。

4 監査役陣野原博幸氏の任期は、2020年6月開催の定時株主総会終結の時から4年間であります。

5 監査役鹿野裕司氏及び日原仰起氏の任期は、2017年6月開催の定時株主総会終結の時から4年間であります。

 

 

② 社外役員の状況

有価証券報告書提出日現在、当社は社外取締役1名、社外監査役2名であります。

当社は、コーポレート・ガバナンスの強化、充実を経営上の重要な課題の一つとして位置づけており、経営の健全性及び透明性を向上させることを目的として、社外取締役及び社外監査役が中立的な立場から有効に監督及び監査を行える体制を整備し、経営監視機能の強化に努めております。社外取締役及び社外監査役は、豊富な経験、専門性の高い知識など幅広い知見と経験をもち、当社の取締役会に参加し、業務執行に関する意思決定について協議し、監督又は監査を行っております。また、社外取締役及び社外監査役による監督又は監査にあたり必要に応じて、内部監査、監査役及び会計監査人と協議・報告・情報交換を行うことにより、相互連携を図っております。さらには、内部監査からも必要に応じて内部統制の状況に関する報告を受けております。

当社社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、選任にあたっては株式会社東京証券取引所の独立役員に関する判断基準を参考にしております。

社外取締役小山脩氏は、大手企業から、当該企業のIT事業子会社に転籍後に代表取締役の経歴を有しており、同業界の人脈を期待するとともに、コンプライアンス意識の醸成の一助を期待しております。なお、当社と同氏との間には人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役鹿野裕司氏は、他社、団体での豊富な経験・知識等に基づく的確な助言と監査を期待しています。同氏と当社との間には人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役日原仰起氏は、他社、団体での豊富な経験・知識等に基づく的確な助言と監査を期待しています。同氏と当社との間には人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

当社は、常勤監査役と内部監査室が往査により監査を行っており、社外監査役は、常勤監査役から往査の概要のほか、社外監査役が出席していない重要な会議の概要についても報告を受けております。また、社外監査役は、会計監査人から年間監査計画、四半期レビュー結果や監査報告等を受けるとともに、活発な意見交換を行っております。

さらに、社外取締役または社外監査役の監督または監査に資するよう、監査役監査と内部監査室による監査の結果については定期的に取締役会へ報告されるほか、内部統制システムに不備が発見された場合の状況など、取締役会において社外役員から出された意見については、内部統制体制の改善及び以降の監査の実施において、十分に考慮するよう努めております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

a 監査役監査の組織、人員及び手続について

ⅰ.当社は監査役会設置会社で常勤監査役1名、非常勤監査役2名(社外監査役)の3名で構成されております。

ⅱ.監査役監査の手続き、役割分担については期初に策定する監査方針及び役割分担に基づき、常勤監査役の陣野原博幸は各種重要会議への出席、重要書類の閲覧、各部署への往査と子会社の実地調査等を担っており、非常勤監査役の鹿野裕司、日原仰起は取締役会等の限定的な重要会議への出席と役割を分担しております。

ⅲ.各監査役の経験及び能力

氏名

経験 及び 能力

常勤監査役

 陣野原 博幸

 前任の内部監査業務で培った知識及びシステムに関する知識に基づく的確な助言と監査を  実施できる。

非常勤監査役(社外)

鹿野 裕司

 自社の会社経営及び他社、団体での豊富な経験と知識に基づく的確な助言と監査を実施で  きる。

非常勤監査役(社外)

日原 仰起

 クレジット業界に永年携わるとともに団体での豊富な経験と知識に基づく的確な助言と監  査を実施できる。

 

b 監査役及び監査役会の活動状況

ⅰ.監査役会の開催頻度・個々の監査役の出席状況

当事業年度において当社は監査役会を原則月1回開催しており個々の監査役の出席状況については、以下のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

 陣野原 博幸

12回

12回(100%)

鹿野 裕司

12回

12回(100%)

日原 仰起

12回

12回(100%)

ⅱ.監査役会の平均所要時間は30~40分程度、付議案件数は21件であります。

主な決議事項は、監査役監査方針、監査計画、職務分担、会計監査人の重任、監査報告等

ⅲ.監査役会の主な検討事項

・内部統制の整備

「内部統制システムの基本方針」の取締役会でのフォロー

・重要監査項目等

コンプライアンス態勢の運営状況

リスク管理態勢の運営状況

・会計監査人の監査の相当性

監査計画と監査報酬の適切性

監査の方法及び結果の相当性

監査法人の職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制

・競合取引・利益相反

「取締役業務執行確認書」による申告

・不祥事等の対応

事故の発生の都度、再発防止策等の点検等

ⅳ.常勤監査役及び非常勤監査役の活動状況

・代表取締役,取締役へのヒアリング

年2回実施

・重要会議への出席

取締役会,子会社の経営会議等

・重要な決裁書類等の閲覧

稟議書(子会社を含む)

・往査

子会社が運営している施設等

・取締役会,監査役会での意見表明

四半期に1回、必要に応じて表明

・社外取締役との連携

四半期に1回面談実施

・三様監査連絡会の開催

四半期に1回実施

 

② 内部監査の状況

a 内部監査につきましては代表取締役社長の直属の独立した組織として内部監査室を設置し、内部監査室長を任命しております。

b 内部監査業務の状況

 当社グループの事業執行状況について、法令等の順守、業務効率、財務報告の信頼性及び資産保全の観点から、全業務のプロセスに関して内部統制監査を中心に実施し、公正かつ客観的な立場で改善のための助言・勧告を行っております。内部監査室は監査役との定期的な情報交換を実施し監査結果及び内部統制状況を監査役に報告しており、会計監査人を含めた三様監査の一翼を担っております。

 

③ 会計監査の状況

a 監査法人の名称

   監査法人アリア

b 継続監査期間

   1年間

c 業務を執行した公認会計士

代表社員 業務執行役員 茂木 秀俊
代表社員 業務執行役員 山中 康之

d 監査業務に係る補助者の構成

   当社の会計監査業務に係わる補助者は、公認会計士3名、公認会計士合格者1名、その他3名であります。

e 監査法人の選定方針と理由

   当社は会計監査人の再任、解任、不再任及び選任の決定方針を次の通りとしております。

ⅰ.会計監査人の任期は1年とし、再任を妨げない。

ⅱ.会計監査人の再任、解任、不再任及び選任の関する決議は会社法の規定に則り、決議する。

ⅲ.監査役会は第45期事業年度の会計監査について評価を実施したうえで、その妥当性を確認し、第46期事業年度における会計監査人の再任決議を行いました。

f 監査役及び監査役会による監査法人の評価

監査役会は会計監査人の評価を以下の項目で実施しております。

ⅰ.監査計画の妥当性

ⅱ.監査チームの期初・期中・期末の監査対応

ⅲ.会計監査の職務実行状況及び品質管理体制

 

g 監査法人の異動

当社の監査法人は次のとおり異動しております。

 前連結会計年度及び前事業年度  アスカ監査法人

 当連結会計年度及び当事業年度  監査法人アリア

なお、臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。

 異動に係る監査公認会計士等の氏名又は名称

  選任する監査公認会計士等の氏名又は名称

監査法人アリア

  退任する監査公認会計士等の氏名又は名称

  アスカ監査法人

 異動の年月日

  2019年6月26日

   退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日

    2018年7月13日

   退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

 該当事項はありません。

   異動の決定又は異動に至った理由及び経緯

当社の会計監査人であるアスカ監査法人は、2019年6月26日開催の第44回定時株主総会終結の時をもって任期満了により退任となります。今般、不適切な会計処理について外部からの指摘を受け、2019年3月8日に過年度の決算短信等の訂正を行いました。

当社におけるアスカ監査法人による監査は10年以上であり、長期の継続監査となっており、誠実に協議をした結果、新たな会計監査人による監査に移行すべきとの結論に至りました。

監査役会が監査法人アリアを会計監査人の候補者とした理由は、新たな視点での監査が期待できることに加え、同法人の専門性、独立性について適切であると判断したためであります。

なお、退任にあたりアスカ監査法人からは、監査業務の引継ぎについて協力を得ることの確約をいただいております。

   上記の理由及び経緯に対する監査報告書等の記載事項に係る退任する監査公認会計士等の意見

特段の意見はない旨の回答を得ております。

 

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

25,200

13,000

連結子会社

25,200

13,000

(注)前連結会計年度の監査証明業務に基づく報酬25,200千円には、金融商品取引法に基づく当社の過年度決算の訂正に係る監査証明業務に対する報酬10,000千円が含まれております。

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

d.監査報酬の決定方針

監査報酬については、監査の有効性と効率性を評価項目とし、当社の事業規模・特性に見合った業務量ならび に品質が確保されているかを検証のうえ決定しております。

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、職務の遂行状況や報酬見積りの算出状況を確認および検討した結 果、会計監査人の報酬等は監査品質を維持向上していくために合理的かつ妥当な水準であると判断いたしまし た。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額の決定に関する方針

当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額

(千円)

対象となる役員の員数

(人)

基本報酬

取締役(社外取締役を除く)

19,410

19,410

4

監査役(社外監査役を除く)

3,804

3,804

1

社外役員

2,100

2,100

4

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式とし、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式としております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

Ⅰ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

取引関係強化の目的で保有していることから、取引内容の変更等が発生した際には、社内規程に則り、取締役会で保有継続の是非を審議いたします。

 

Ⅱ.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

1

10,498

非上場株式以外の株式

2

132,067

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式以外の株式

1

688

取引先持株会において毎月定額での株式取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

1

50,000

非上場株式以外の株式

 

Ⅲ.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

沖電気工業(株)

2,511

2,013

取引関係の強化

2,547

2,633

ピー・ビーシステムズ(株)

80,000

40,000

取引関係の強化のため保有しており、2020年1月1日に2分割の株式分割をしたため40,000株増加しています。

129,520

  ※ ピー・ビーシステムズ株式会社の株式は、2016年3月期において減損し簿価を0円といたしましたが、同社が2019年9月福岡証券取引所に上場したことにより、その後は、市場価格による評価をおこなっております。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

   該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、監査法人アリアによる監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準等の内容を適切に把握できる体制の整備に努めております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

314,888

283,823

受取手形及び売掛金

93,465

95,777

仕掛品

1,192

1,487

貯蔵品

362

246

前払費用

12,872

20,265

その他

20,254

1,726

貸倒引当金

498

1,133

流動資産合計

442,538

402,193

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

29,897

30,486

減価償却累計額

21,699

23,091

減損損失累計額

1,812

7,395

建物(純額)

6,384

工具、器具及び備品

76,576

78,187

減価償却累計額

70,384

71,110

減損損失累計額

5,410

7,076

工具、器具及び備品(純額)

782

有形固定資産合計

7,166

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

4,966

無形固定資産合計

4,966

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

40,898

142,565

長期貸付金

399,375

399,375

長期未収入金

98,679

109,419

敷金及び保証金

23,616

24,521

破産更生債権等

12,742

10,932

繰延税金資産

3,694

その他

6,680

9,950

貸倒引当金

508,988

508,988

投資その他の資産合計

76,700

187,777

固定資産合計

88,834

187,777

資産合計

531,372

589,970

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年3月31日)

当連結会計年度

(2020年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

16,798

20,957

未払金

42,283

10,916

未払法人税等

11,454

465

賞与引当金

21,292

20,299

工事損失引当金

24,686

その他

42,345

52,435

流動負債合計

134,174

129,759

固定負債

 

 

退職給付に係る負債

138,510

143,381

繰延税金負債

39,659

その他

24,677

25,056

固定負債合計

163,188

208,097

負債合計

297,362

337,857

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

597,317

301,000

資本剰余金

144,755

9,257

利益剰余金

479,672

109,038

自己株式

54,005

54,005

株主資本合計

208,394

147,212

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

477

88,608

その他の包括利益累計額合計

477

88,608

非支配株主持分

26,092

16,293

純資産合計

234,009

252,113

負債純資産合計

531,372

589,970

 

②【連結損益及び包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

売上高

702,048

692,887

売上原価

598,870

604,672

売上総利益

103,177

88,214

販売費及び一般管理費

※1 150,393

※1 152,600

営業損失(△)

47,215

64,386

営業外収益

 

 

受取利息及び配当金

513

104

助成金収入

1,334

その他

218

471

営業外収益合計

732

1,910

営業外費用

 

 

支払利息

783

貸倒引当金繰入額

8,865

新株予約権発行費

90

その他

64

55

営業外費用合計

9,803

55

経常損失(△)

56,287

62,531

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

22,233

特別利益合計

22,233

特別損失

 

 

課徴金

6,000

投資有価証券評価損

22,233

減損損失

※2 9,974

※2 12,407

関係会社整理損

17,431

特別調査費用

37,884

特別損失合計

87,523

18,407

税金等調整前当期純損失(△)

143,810

58,704

法人税、住民税及び事業税

19,230

8,583

法人税等調整額

3,694

3,694

法人税等合計

15,536

12,277

当期純損失(△)

159,346

70,982

(内訳)

 

 

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

156,998

61,182

非支配株主に帰属する当期純損失(△)

2,348

9,799

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

※3 188

※3 89,086

その他の包括利益合計

188

89,086

包括利益

159,535

18,104

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

157,187

27,904

非支配株主に係る包括利益

2,348

9,799

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

467,050

13,415

322,674

96,328

61,462

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

130,267

130,267

 

 

260,535

欠損填補

 

 

 

 

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

156,998

 

156,998

自己株式の取得

 

 

 

27

27

自己株式の処分

 

1,072

 

42,349

43,422

自己株式処分差損の振替

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

130,267

131,340

156,998

42,322

146,931

当期末残高

597,317

144,755

479,672

54,005

208,394

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

新株予約権

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

289

289

2,957

9,178

73,309

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

 

 

 

 

260,535

欠損填補

 

 

 

 

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

 

 

156,998

自己株式の取得

 

 

 

 

27

自己株式の処分

 

 

 

 

43,422

自己株式処分差損の振替

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

188

188

2,957

16,914

13,768

当期変動額合計

188

188

2,957

16,914

160,699

当期末残高

477

477

26,092

234,009

 

当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

597,317

144,755

479,672

54,005

208,394

当期変動額

 

 

 

 

 

欠損填補

296,317

135,498

431,816

 

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

61,182

 

61,182

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

296,317

135,498

370,633

61,182

当期末残高

301,000

9,257

109,038

54,005

147,212

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

新株予約権

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

477

477

26,092

234,009

当期変動額

 

 

 

 

 

欠損填補

 

 

 

 

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

 

 

61,182

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

89,086

89,086

 

9,799

79,286

当期変動額合計

89,086

89,086

 

9,799

18,104

当期末残高

88,608

88,608

16,293

252,113

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年4月1日

 至 2019年3月31日)

当連結会計年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純損失(△)

143,810

58,704

減価償却費

8,609

4,643

のれん償却額

1,836

減損損失

9,974

12,407

その他の償却額

1,836

2,146

貸倒引当金の増減額(△は減少)

8,620

634

賞与引当金の増減額(△は減少)

1,437

993

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

14,372

4,870

工事損失引当金の増減額(△は減少)

24,686

受取利息及び受取配当金

513

101

支払利息

783

投資有価証券評価損益(△は益)

22,233

投資有価証券売却損益(△は益)

22,233

課徴金

6,000

関係会社整理損

17,431

特別調査費用

37,884

売上債権の増減額(△は増加)

574

2,311

たな卸資産の増減額(△は増加)

3,722

177

仕入債務の増減額(△は減少)

3,503

4,158

長期未収入金の増減額(△は増加)

10,740

その他の流動資産の増減額(△は増加)

4,519

12,436

その他の流動負債の増減額(△は減少)

3,963

23,008

その他

42

2,189

小計

20,172

44,098

利息及び配当金の受取額

477

101

利息の支払額

783

特別調査費用の支払額

12,000

課徴金の支払額

6,000

法人税等の支払額又は還付額(△は支払)

19,672

19,147

営業活動によるキャッシュ・フロー

52,151

69,144

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の純増減額(△は増加)

20,000

有形固定資産の取得による支出

2,324

2,398

無形固定資産の取得による支出

3,033

2,517

投資有価証券の取得による支出

639

683

投資有価証券の売却及び償還による収入

50,000

貸付けによる支出

2,945

貸付金の回収による収入

9,723

保険積立金の積立による支出

3,483

3,269

その他

305

3,050

投資活動によるキャッシュ・フロー

17,602

38,079

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

借入金の返済による支出

51,374

新株予約権の行使による株式の発行による収入

258,000

新株予約権の行使による自己株式の処分による収入

43,000

非支配株主からの払込みによる収入

25,000

自己株式の取得による支出

27

財務活動によるキャッシュ・フロー

274,598

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

240,049

31,065

現金及び現金同等物の期首残高

74,838

314,888

現金及び現金同等物の期末残高

314,888

283,823

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1 連結の範囲に関する事項

(1)連結子会社の数

2

    連結子会社の名称

イメージ情報システム株式会社

株式会社マーベラント

(2)非連結子会社の数

-社

該当事項はございません。

2 持分法の適用に関する事項

該当事項はありません。

3 連結子会社の事業年度等に関する事項

連結子会社の決算日は、すべて連結決算日と一致しております。

4 会計方針に関する事項

(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法

①有価証券の評価基準及び評価方法

 その他有価証券

  時価のあるもの

連結決算日の市場価格等に基づく時価法を採用しております。なお、評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております。

  時価のないもの

移動平均法による原価法を採用しております。

②たな卸資産の評価基準及び評価方法

 評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。

商品

移動平均法

仕掛品

個別法

貯蔵品

移動平均法

(2) 重要な減価償却資産の減価償却方法

①有形固定資産

 定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

建物

3~15年

工具、器具及び備品

3~20年

 なお、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、3年間均等償却によっております。

②無形固定資産

 自社利用のソフトウエア

 社内における利用可能期間(5年以内)に基づく定額法を採用しております。

(3) 重要な引当金の計上基準

①貸倒引当金

 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権等、特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。

②賞与引当金

 従業員の賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき金額を計上しております。

③工事損失引当金

 受注制作ソフトウェア開発に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注制作ソフトウェア開発のうち、損失の発生が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積もることができる契約について、損失見込額を計上しております。

(4) 退職給付に係る会計処理の方法

 当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。

(5) 重要な収益及び費用の計上基準

 完成工事高及び完成工事原価の計上基準

① 当連結会計年度末まで