EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年9月24日

【事業年度】

第41期(自 2020年7月1日 至 2021年6月30日)

【会社名】

株式会社タウンニュース社

【英訳名】

TOWNNEWS-SHA CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役会長兼社長  宇山 知成

【本店の所在の場所】

神奈川県横浜市青葉区荏田西二丁目1番3号

【電話番号】

045(913)4111(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員経営管理部部長  長島 淳一

【最寄りの連絡場所】

神奈川県横浜市青葉区荏田西二丁目1番3号

【電話番号】

045(913)4111(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員経営管理部部長  長島 淳一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E05576 24810 株式会社タウンニュース社 TOWNNEWS-SHA CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2020-07-01 2021-06-30 FY 2021-06-30 2019-07-01 2020-06-30 2020-06-30 1 false false false E05576-000 2021-09-24 E05576-000 2016-07-01 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2017-07-01 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2018-07-01 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2017-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2018-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05576-000 2021-06-30 E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05576-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:Row1Member E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:UyamaTomonariMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:OnoAtsushiMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:NagasimaJunichiMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:TsuyukiToshihiroMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:KitaharaKensukeMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:AkiyamaSumioMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:KishiiSachioMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:ItohHiromichiMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:HasegawaSachihiroMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp030000-asr_E05576-000:IzawaTakashiMember E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:Row2Member E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:Row3Member E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:Row4Member E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:Row5Member E05576-000 2021-09-24 jpcrp_cor:Row6Member E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05576-000 2020-06-30 E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2019-07-01 2020-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2020-07-01 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05576-000 2021-06-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

提出会社の経営指標等

 

回次

第37期

第38期

第39期

第40期

第41期

決算年月

2017年6月

2018年6月

2019年6月

2020年6月

2021年6月

売上高

(千円)

3,125,785

3,098,261

3,121,982

2,810,492

2,942,872

経常利益

(千円)

250,927

335,453

350,078

178,822

286,734

当期純利益

(千円)

167,253

208,476

236,117

71,943

193,363

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

501,375

501,375

501,375

501,375

501,375

発行済株式総数

(株)

5,575,320

5,575,320

5,575,320

5,575,320

5,575,320

純資産額

(千円)

3,222,051

3,363,212

3,495,858

3,498,327

3,679,903

総資産額

(千円)

3,740,108

3,839,315

3,998,505

3,906,365

4,180,089

1株当たり純資産額

(円)

583.64

609.21

633.24

633.68

666.57

1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)

(円)

12.00

12.00

12.00

12.00

14.00

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益金額

(円)

30.30

37.76

42.77

13.03

35.03

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

86.1

87.6

87.4

89.6

88.0

自己資本利益率

(%)

5.3

6.3

6.9

2.1

5.4

株価収益率

(倍)

14.1

12.3

10.6

30.2

12.2

配当性向

(%)

39.6

31.8

28.1

92.1

40.0

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

155,906

185,379

328,802

93,515

244,463

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

62,682

292,773

195,776

265,853

24,244

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

66,247

66,247

66,248

66,247

66,247

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

834,692

661,050

727,827

489,242

643,213

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

216

208

203

194

191

(28)

(28)

(25)

(25)

(24)

株主総利回り

(%)

119.3

132.6

133.4

119.8

132.6

(比較指標:

   配当込TOPIX)

(%)

(132.2)

(145.0)

(133.1)

(137.2)

(174.7)

最高株価

(円)

501

610

545

520

580

最低株価

(円)

351

407

347

338

315

 

 

(注) 1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第39期の期首から適用しており、第38期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

6.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

2 【沿革】

当社の設立は1980年8月ですが、前身の(旧)株式会社タウンニュース社の設立が1977年7月のため、その時点から記載しております。

 

年月

事項

1977年7月

神奈川県秦野市本町に(旧)株式会社タウンニュース社設立、秦野版を発行

1980年8月

神奈川県秦野市曽屋にセントラル印刷株式会社を設立

1982年7月

(旧)株式会社タウンニュース社が解散、セントラル印刷株式会社が営業譲受

1982年10月

セントラル印刷株式会社の商号を株式会社タウンニュース社に変更

1995年6月

製作部門にDTPシステムを導入*

1998年4月

本社機能を横浜市青葉区に移転

1998年4月

製作部門の第2の拠点として横浜市青葉区に製作システム部を開設

2001年6月

神奈川県外初、東京都町田市に町田版を創刊

2006年4月

横須賀支社を開設

2006年4月

ジャスダック証券取引所に株式を上場

2006年6月

横須賀版、逗子・葉山版、三浦版を創刊(神奈川県全域を網羅)

2007年7月

タウンニュース紙面をオールカラー化 

2007年12月

神奈川営業部を設立

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場

2010年4月

「Web版タウンニュース」開始

2012年1月

株式会社タウンニュース・ロコ(合弁会社)を設立

2012年2月

神奈川・町田の政治家データベースサイト「政治の村」を開設

2013年4月

タウンニュース・エンターテイメント株式会社を設立

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

2015年6月

東京都八王子市に八王子版、多摩市に多摩版を創刊

2016年2月

イベント情報サイト「RareA(レアリア)」開始

2016年2月

神奈川営業部と営業企画部を統合し、本社営業部を設立

2016年7月

メール版タウンニュース配信開始

2018年3月

タウンニュース江田第2ビルが、本社隣地に竣工し製作部門を集約化

2020年2月

紙面広告以外の売上強化のため、企画営業部を2課制に拡充

2021年6月

株式会社タウンニュース・ロコを完全子会社化

2021年7月

非紙面事業の拡大施策の一環として事業推進部を新設

 

*DTPとは、Desktop Publishingの略で、文字、図表、イラストの作成、色指定、写真の取り込みなどをコンピュータによって処理し、印刷物の元となるデータを作成することを言います。

当社の変遷状況を時系列的に記載すると以下のようになります。


 

3 【事業の内容】

当社の事業は、タウンニュースを発行し、その広告枠の販売を主業務としております。

タウンニュースは、購読料のかからない地域情報紙(フリーペーパー)であり、紙面の中に地域の政治、経済、社会、文化、スポーツ等の身近な情報(記事)を載せ、継続的に紙面を発行しております。主たる収益源は紙面の広告枠販売であり、その広告枠をクライアント(広告主)に直接販売するとともに、広告代理店を経由しても販売しております。

発行エリアは基本的に行政区単位としており、それぞれ掲載内容の異なる紙面を神奈川県内全域と東京都町田市、八王子市、多摩市において計43地区43版発行しております(2021年6月末時点)。

紙面発行にあたっては、仕入印刷業者に紙面の印刷を委託し、折込配送委託業者を通して日刊紙に折込み、各家庭に配布しております。主力紙(朝日、毎日、読売、日経)を中心に折込み配布しておりますが、一部、神奈川新聞、産経新聞、東京新聞等にも折込んでおります。

また、2010年4月後半から、紙面に掲載した広告がパソコンやスマートフォン等でも見られる「Web版タウンニュース」の広告販売を開始、そして、2012年2月に紙面の全発行エリア内の政治家のデータベースとして「政治の村」を開設、さらに2016年2月には地域イベント情報サイト「RareA(レアリア)」をスタートし、2017年7月に「メール版タウンニュース」の配信サービスを開始しました。

事業系統図は以下のとおりであります。

 

 


4 【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

2021年6月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

191

24

40.3

14.0

5,274,937

 

(注) 1.従業員数は、就業人員であります。なお、( )内は外書で平均臨時雇用者数を記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.当社は単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数は記載しておりません。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1) 経営方針

当社の主力事業であるタウンニュースの事業コンセプトは、『地域に密着したアドコミ(アドバタイジング+コミュニケーション)を確立する』ことであります。地域の生活者にとっては広告も街のニュースであるという考えのもと、広告を通じて地域とのコミュニケーションをはかり、地域社会に貢献し、地域とともに発展していくことを経営の基本方針としております。

 

(2) 経営戦略等

当社は、神奈川県下で地域密着型の地域情報紙の発行を主たる事業として展開し、成長してまいりました。今後は、以下の施策に取り組み中長期的な経営戦略を実践し、事業規模の拡大、業績の向上を図ってまいります。

①  既存発行版の深耕と媒体価値の向上

タウンニュースは2021年6月末時点で神奈川県内全域に40地区、東京都(町田市、八王子市、多摩市)に3地区、計43地区43版の紙面を発行しております。今後も既存発行版の深耕を進め、地域のお客様の声に根差した提案型営業を通し、広告の受注機会拡大と業績のさらなる伸長に努めてまいります。
 また、タウンニュースは行政区単位を基本とした発行体制を敷き、1地区ごとにきめ細かくそれぞれ内容の異なる紙面を発行しておりますが、発行エリア内の読者の最大の関心事と身近なニュースや話題をきめ細かく丁寧にすくい上げ、さらに読まれる紙面を作ることで他媒体との差別化をより一層進め、媒体価値を高めてまいります。

②  紙面以外の広告需要の開拓・創出

地域の広告需要は多様化とクロスメディア化が進んでいます。地域の方々と接触する機会の拡大強化は、そのニーズを的確に探るもっとも有効な手段と考えられることから、これを推進し、編集室の枠を越えた企画特集の実行やタウンニュース紙以外の新媒体の発行、各種出版・印刷物の受注拡大を進めてまいります。また、これに加え、イベントプロモーションの企画運営やWeb広告・製作事業、電波媒体とのコラボレーションなど、既存の枠組みや紙媒体にとらわれない「地域の情報をビジネスに換える」戦略的展開を図ってまいります。

③  発行エリアの拡大

2015年6月に東京都八王子市、多摩市の2地区版の紙面を創刊いたしましたが、今後もこれらエリアへの浸透状況等に応じて順次紙面の発行エリアを拡大させていく計画であります。

④ デジタルメディアとのシナジー

当社ではタウンニュースの情報をデジタル化し、最新の記事や広告がパソコンやスマートフォン等でも読める情報サービス「Web版タウンニュース」を展開しております。これにより読者には居住エリア外の情報を提供できるほか、県外など紙面の未配布エリアや日刊紙を購読していないタウンニュース未読層への情報提供も可能になっております。さらに、紙面に掲載されたニュースや情報を定期的に無料で配信する「メール版タウンニュース」の普及と読者拡大にも努めてまいります。
 また、当社全発行エリア内の政治家のデータベースとしての「政治の村」、当社発行エリア内のご近所情報サイトとして「RareA(レアリア)」を開設しており、引き続きコンテンツの充実と事業拡大を図ってまいります。あわせて、当社の持つ地域情報のキュレーションサイトへの提供を積極的に行い、当社の認知度とブランド力の向上を進めます。
 今後は当社が持つ情報インフラを活用した新たなサービスの開発も含めたデジタルメディアのコンテンツの充実を図り、紙面の付加価値を向上させるとともに、紙面とデジタルメディアのシナジーが発揮できるよう努めてまいります。

 

 

 

 

(3) 経営環境

新型コロナウイルス感染症拡大が国内経済はもとより世界経済にも深刻な影響を与えており、収束の目途が見えない極めて不透明な状況にあります。当社の属するフリーペーパー業界においても、その影響は大きく、またデジタルメディア化が進む中、媒体の選別化や価格競争が恒常化するなど、大変厳しい環境が続いております。

 

(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の問題

こうした状況の下、当社の対処すべき課題は以下のとおりです。

①  有能な人材の確保・育成

質の高い新卒社員や即戦力となる中途採用者を確実に確保するため、自社の会社説明会開催、各大学、専門学校への訪問、インターンシップ生の積極的な受入れのほか、タウンニュース紙面、ホームページ、求人専門サイト等においても、幅広く採用活動を展開させてまいります。同時にこれらの採用者を早期に着実に戦力化するため、教育・研修にもより一層力を入れていきます。また総労働時間の抑制をはじめとする各種働き方改革を恒常的に進め、求職者等に選ばれる企業づくりに努めてまいります。

② 新聞購読率低下への対応

昨今、新聞の購読率が低下しており、新聞折込の形で配布している当社としても、その影響を看過できない状況が現出しております。引き続き、新聞購読者層や折込状況の把握に努めながら、各種施設等への配架をはじめとする新聞折込を補う配布方法の開発・開拓を進めるとともに、「Web版タウンニュース」や「政治の村」「RareA(レアリア)」「メール版タウンニュース」などデジタルメディアとの複合的情報発信を推進してまいります。

③ 新規事業育成への対応

当社の主力事業であるタウンニュース紙発行事業は、人口減少等に伴う地域経済の規模縮小傾向の下、戦略如何によっては長期にわたり厳しい展開が見込まれます。旧来の紙面広告枠販売にとらわれない、新たな事業の創出と育成強化は焦眉の課題と位置づけ、プロモーション事業部門を軸に「地域の情報をビジネスに換える」モデル構築に注力してまいります。

④ 新型コロナウイルス感染拡大への対応について

当社は、地域情報の発信という当社の社会的使命を最大限果たすべく、コロナウイルス感染拡大防止対策として、従業員の体調管理の徹底、密を避けるための勤務体制の見直し、Web会議の導入などさまざまな感染予防・感染拡大の防止に努めております。今後も事業環境や状況の変化に応じた機動的な対応を進めながら事業活動を継続してまいります。

 

(5) 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社は、主要事業であるタウンニュース事業さらには紙面以外の地域の広告需要を受注するプロモーション事業を一層拡大するとともに、経営効率を高め、売上規模と営業利益率の向上を目指しております。

具体的な指標としては、売上高、営業利益、売上高営業利益率を目標数値として掲げ業務管理しております。売上高営業利益率は10%以上を目指します。

 

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1) タウンニュースの発行遅延や不発行

① 不慮の災害や伝染病などによる発行遅延や不発行

タウンニュースは広告の申込みから紙面発行まで最短の場合3日で間に合うシステムを構築しております。 

広告の受注から紙面の発行までの間などに回復困難なサーバートラブルが発生した場合や、配布エリア全体に影響を及ぼすほどの風水害や大地震、大規模な鉄道事故や停電、大火、伝染病などが発生し復旧に時間がかかった場合には、紙面の発行が遅延あるいは困難なケースもあり得ます。

かかる事態が発生した場合、広告主や読者に対して当社が信用を失うばかりか、広告収入が減少する恐れもあり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、当社は無停電電源装置の導入やサーバーの外部委託への切り替え、テレワーク・サテライトワークの実施など考えられる範囲で紙面製作上起こり得るトラブルを想定し、その回避策を講じております。

② 印刷委託や配布委託に関する事故

当社は、広告の申込みから紙面掲載まで限られた期間でタウンニュースを製作しており、その紙面の印刷と折込を、それぞれ仕入印刷業者と折込配送委託業者に完全委託しております。そのためこれらの委託業者において突発的な事故や労働争議、伝染病など、当社の予測し得ない状況が発生し、タウンニュースの発行が遅延あるいは不可能になった場合には、広告主や読者に対して当社が信用を失うばかりか、広告収入が減少する恐れもあり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(2) 経済情勢・市場環境の変動

①  景況の悪化と大口顧客の方針転換等による広告収入の減少

当社は、神奈川県と東京都多摩南部地区をメインに地域密着型のビジネスを展開しておりますが、少子高齢化社会が進展する中、これらエリアの地域経済が悪化するとタウンニュースの広告需要が減少する可能性があります。これは、一般的に企業の広告費の支出が景気の状況に応じて調整される傾向にあるためです。また、大口顧客の販促方針の転換等により出稿が大幅に減少する可能性があります。 

この対策として、当社では特定の業種や企業規模に偏らない広範囲で重層的な顧客基盤の拡大等に努めるとともに、大口顧客に対しては経験豊富な社員や特別チームがさまざまな提案営業を進めるなどの体制を作っています。

 

② 用紙代の高騰

当社が発行するタウンニュースの用紙代は、仕入原価の中で比較的高い割合を占めております。さまざまな要因により用紙の価格が高騰した場合、紙媒体の発行を主たる事業としている当社にあっては、財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、タウンニュースの用紙につきましては、品質、価格、環境保護、安定供給を念頭に国内、国外を問わず選定にあたっております。また、Web配信の強化を進めることで、地域情報を発信する使命を果たしていくよう努めていきます。

 

(3) 人材確保について

当社事業の成長性及び競争上の優位性は、とりわけ編集記者の確保に大きく依存します。当社の編集記者は、営業と同時に地域新聞の記者としての業務を行っており、営業面では紙面に掲載される広告を受注するための企画・提案力が、また、記者としては読者に簡潔で分かりやすい記事を短時間に取材し、執筆できる能力が要求されています。しかし、何らかの理由により、かかる能力を有する人材の確保に支障をきたす恐れや優秀な人材が流出することも考えられます。このような事態が生じた場合、当社の競争力に影響を与え、財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、当社では人事担当者や卒業生等による大学訪問、会社説明会の実施、インターンシップ生の受入れなど、より有能な新卒社員の安定的な採用や即戦力となる中途社員の採用を推進し、人材の確保をはかるとともに、各職位においては、編集記者研修、編集長研修、支社長研修等を、また、能力別研修においては、取材・原稿研修、営業研修等を、さらに、市場環境の変化に対応するため、都度テーマに応じた研修等を実施するなど対策を講じております。

(4) 報道記事、広告内容の適切性と法規制

① 報道記事内容の適切性と法規制

タウンニュースは、地域情報紙として身近な街のニュースを掲載しています。報道にあたっては、読者に事実を正確に伝え、社会正義の実現を目指すと同時に不偏不党、公平性を第一義に紙面を編集、発行しております。

しかし、発行した紙面に万一事実と異なる記事が掲載されたり、誤解を招く表現が掲載された場合、訴訟を起こされる恐れがあります。また、公職選挙法等の法令に抵触する恐れのある内容が掲載された場合には、当社の社会的信用が失墜し固定化した顧客が離れ、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、記者行動指針、行動規範を定めるとともに、原稿のチェックには万全の体制を敷き、マニュアルを整備し研修を実施するなどして正確で且つ偏りのない報道に努めております。

② 広告内容の適切性と法規制

フリーペーパーであるタウンニュースの発行業務に関しては、特段の法規制はありません。しかし、タウンニュースに掲載する広告の方法や内容などに関しては、広告主、当社ともに不当景品類及び不当表示防止法、不正競争防止法などの法令や各業界団体の自主規制等が存在する場合があります。万一かかる法令・規制に抵触する広告を掲載した場合、当社が社会的信用を失い、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。また、今後、広告主または、広告主が属する業界団体の広告活動、広告の掲載方法などに関する法令・規制・制度の導入や強化、法令等の解釈の変更等がなされた場合には、当社の広告受注・編集業務に間接的に影響を与える場合があり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、広告掲載規程を整備し教育を実施するとともに原稿のチェック体制を磐石にするなど、法令・規制違反の未然防止に努めております。

 

(5) 競合の状況

フリーペーパー業界は、細分化したニーズや地域性に応じた広告が手軽に掲載できることなどから、多種にわたる紙(誌)面が存在しています。タウンニュースの発行地域においても多種多様の競合紙があり、地域によっては熾烈な受注競争が行われています。こうした中で、当社が優位性を確保できる保証はなく、優位性を逸した場合、あるいは競争の激化に伴い広告収入が著しく減少した場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、当社は超地域密着型の地域情報紙として地域との強い関係性を背景に、単なる広告媒体としてではなく、地域の総合メディアとしてサービスの多様化、企画力、提案力、品質力、広告申込みから発行までのスピードなどにより競争上の優位性を確保していく所存であります。

 

(6) 新規発行エリアの黒字化までの期間

タウンニュースを新規エリアに創刊し、継続して発行し続けるためには、紙面の印刷経費、配布に関する折込経費、営業や編集に関する人件費、製作に関する人件費などを負担する必要があります。従って、紙面創刊以後において、これらの経費以上の広告収入を獲得するまでの期間、当該発行地域単独では黒字化しない場合があります。新規発行エリアの街の特性自体が、当社のこれまでの営業上のノウハウが通用せず広告の受注が拡大しなかった場合赤字期間の短縮が進まず、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、当社は今後、新しい地域に紙面を創刊する場合、新規開拓能力に卓越した優秀な人材を投入するとともに、これまで培ってきた営業上のノウハウをフルに活かし赤字期間の短縮を進めていきます。また、全ての行政区を面的に且つ隣接しながら隙間なく紙面を発行することにより広告受注の機会が増大することから、当面黒字化が見込めない発行地区であっても戦略上一定の期間継続して紙面を発行していく必要性があります。

 

 

(7) デジタルメディアの進展

パソコンやスマートフォン等を利用したデジタルメディアにおける広告市場は拡大しております。当社といたしましても「Web版タウンニュース」や「政治の村」、さらにはご近所情報サイト「RareA(レアリア)」、「メール版タウンニュース」などをWeb上で公開しております。 

しかし、今後これらデジタルメディアが相対的に媒体価値を高めていくと、紙媒体によるタウンニュースの読者が減少し広告が著しく減少することになった場合、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、超地域密着の強みを活かした比類ない紙面づくりにより紙面価値を確保するとともにWeb媒体およびその他の媒体を含め「地域の情報をビジネスに換える」ビジョンのもと、総合的な取り組みを強化していきます。

(8) 顧客情報や個人情報の管理

当社は営業活動及び取材活動を通して、個人情報を入手する場合があります。これらの情報が漏洩した場合には、社会的信用が失墜するばかりか、損害賠償を請求される恐れもあり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、当社は関連規程やマニュアルを作成し、これを適正に管理するなど、必要な措置を講じております。

 

(9) 知的財産権等の侵害

当社は地域情報紙発行に係わる諸活動の中で、使用許諾を受けている以外の第三者の知的財産権などを侵害してしまう恐れがあります。偶発的な過失その他により著作権、肖像権など第三者の知的財産権を侵害してしまった場合、社会的信用が失墜するばかりか、損害賠償を請求される恐れもあり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

この対策として、規程を整備し、必要と考えられる社員教育を実施するなど、防止策を講じております。

 

(10)新型コロナウイルス感染拡大について

新型コロナウイルス感染拡大について、事態が長期化し更なる感染拡大が進行した場合、従業員の感染による職場の閉鎖や紙面の発行停止、サプライチェーンの停滞などによる発行遅延など、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

この対策として、当社はお客様、お取引先、従業員の安全と感染予防を最優先に考え、従業員の体調管理の徹底、勤務体制の見直し、テレワークやサテライトオフィスの導入、Web会議の導入などの取り組みを実施して対応しております。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当事業年度におけるわが国経済は、1年を通じて新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受け、経済活動に制限のかかる状況が続き、企業収益や雇用情勢にも少なからず影響を及ぼしました。ようやくワクチン接種が加速化し明るい兆しは見えてきましたが、依然として先行き不透明な厳しい状況が続いております。

当社が属するフリーペーパーおよび広告業界は、WebやSNSをはじめとする広告媒体の多様化と価格競争が恒常化するなか、コロナ禍における広告出稿の手控え状況が続いており、引き続き厳しい環境となっております。

このような経営環境のなか、タウンニュース紙面においては、単なる広告媒体としてではなく、新型コロナ関連情報をはじめ地域住民の必要とする身近な話題や政治・経済・スポーツ・文化・教育等幅広い分野のニュースを丹念に取材・記事化し、真に地域に密着した話題性の高い紙面を提供することで、競合他社との差別化を図ることに引き続き注力いたしました。営業面では、コロナ禍で地域経済が低迷し民間広告需要が減退するなか、編集室の枠を越えた時宜にかなった合同企画や「こどもタウンニュース」の発行、ターゲットをしぼった全社一斉企画、行政・団体広告、意見広告の取り込みなどに注力してまいりました。

さらに「地域の情報をビジネスに換える」とのスローガンの下、紙面広告以外の多様な地域ニーズの掘り起こしを進め、その結果、企業の周年記念誌、ポスターやチラシ等一般印刷物、販促グッズ、ホームページの制作、イベントの企画運営、自治体からのプロポーザル案件などの分野で成果をあげることができました。Web事業では、「メール版タウンニュース」の読者拡大のほか、Web版独自記事の配信を拡充させ、閲覧数は大きく伸張しております。また、ご近所情報サイト「RareA(レアリア)」では自治体や不動産業者と連携した取り組みの推進のほか、記者が施設や店舗を紹介する「RareAレポート」を充実させ、紙面とは異なる広告需要の取り組みにも注力してまいりました。

これらの施策により、Web関連事業や紙面広告以外の売上高は順調に増加し、新型コロナウイルス感染症拡大下での度重なる外出自粛要請や休業要請等による地域経済の落ち込みに伴う紙面の広告販売枠減少分を補うことが出来、当事業年度の売上高は前事業年度を上回る結果となりました。

利益面では、引き続き折込部数の適正化等による売上原価の削減や製作関連部門の効率化による経費の圧縮等に努め、営業利益、経常利益、当期純利益ともに、前事業年度を上回る結果となりました。

以上の結果、当事業年度の業績は、売上高2,942百万円(前年同期比4.7%増)、営業利益243百万円(前年同期比97.0%増)、経常利益286百万円(前年同期比60.3%増)、当期純利益193百万円(前年同期比168.8%増)となりました。

 

 当事業年度における財政状態は、次のとおりであります。

(資産)

事業年度末の資産合計につきましては、前事業年度末に比べ273百万円増加し4,180百万円(前年同期比7.0%増)となりました。これは主に、建物が22百万円、繰延税金資産が16百万円減少したものの、現金及び預金が72百万円、売掛金が87百万円、有価証券が100百万円、投資有価証券が58百万円、長期預金が12百万円増加したことによるものであります。

 

(負債)

負債合計につきましては、前事業年度末に比べ92百万円増加し、500百万円(前年同期比22.6%増)となりました。これは主に、退職給付引当金が14百万円減少したものの、未払法人税等が65百万円、未払消費税等が18百万円、前受金が17百万円増加したことによるものであります。

 

(純資産)

純資産合計につきましては、前事業年度末に比べ181百万円増加し、3,679百万円(前年同期比5.2%増)となりました。これは主に、利益剰余金が127百万円、その他有価証券評価差額金が54百万円増加したことによるものであります。

 

 

② キャッシュ・フローの状況

当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ153百万円増加し、643百万円となりました。

当事業年度末における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によって得られた資金は、244百万円(前年同期比150百万円増)となりました。これは主に、税引前当期純利益(286百万円)、減価償却費(37百万円)、その他の流動負債の増加額(39百万円)等の増加要因が、退職給付引当金の減少額(14百万円)、受取利息及び受取配当金(11百万円)、不動産賃貸料(15百万円)、売上債権の増加額(87百万円)等の減少要因を上回ったことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果支出された資金は、24百万円(前年同期比241百万円減)となりました。これは主に、定期預金の預入による支出(130百万円)、投資有価証券の取得による支出(50百万円)等の要因が、定期預金の払戻による収入(100百万円)、投資有価証券の売却による収入(61百万円)、投資不動産の賃貸による収入(15百万円)等の要因を上回ったことによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は、66百万円(前年同期と同額)となりました。これは、配当金の支払額であります。  

 

③ 生産、受注及び販売の状況

当社は単一セグメントであるため、生産、受注及び販売の状況については、主要な事業部門であるタウンニュース事業について記載しております。

(1) 生産実績

当事業年度の主要な事業部門の生産実績を示すと、次のとおりであります。

 

事業部門

当事業年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日

(千円)

前年同期比(%)

タウンニュース事業部門

1,079,076

2.1

 

(注) 1.金額は売上原価によっております。

2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 受注状況

該当事項はありません。

 

(3) 販売実績

当事業年度の主要な事業部門の販売実績を示すと、次のとおりであります。

 

事業部門

当事業年度

(自 2020年7月1日

至 2021年6月30日

(千円)

前年同期比(%)

タウンニュース事業部門

2,942,872

4.7

 

(注) 1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末において判断したものであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.財政状態の分析

財政状態の分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりであります。当社の自己資本比率は、当事業年度末において88.0%となっており、現状、財政状態につきましては大きな懸念はないものと認識しております。当事業年度末において、当社は無借金経営であり、今後もその健全な財務状態を基盤として、将来の事業展開のための設備投資や安定配当の継続など、企業価値の向上に努めてまいります。

 

b.経営成績の分析

(売上高)

売上高につきましては、前事業年度に比べ132百万円増加し、2,942百万円(前年同期比4.7%増)となりました。主な要因等については、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりであります。

 

(売上原価、販売費及び一般管理費)

売上原価は、前事業年度に比べ22百万円増加し、1,079百万円(前年同期比2.1%増)となりました。これは、売上増に伴う印刷費等の増加によるものです。

販売費及び一般管理費は、前事業年度に比べ9百万円減少し、1,620百万円(同0.6%減)となりました。これは、主に福利厚生費等が減少したことによるものであります。

 

(営業利益)

営業利益は、前事業年度に比べ119百万円増加し、243百万円(同97.0%増)となりました。売上高の増加と販売費及び一般管理費の減少により前年を大きく上回りました。

 

(営業外収益、営業外費用)

営業外収益は、前年度と比較して雇用調整助成金受領が少ない分前年より減少し49百万円(同19.4%減)となりました

営業外費用は、主に不動産賃貸費用5百万円を計上し、6百万円(前年とほぼ同額)となりました

 

(経常利益)

経常利益は、前事業年度に比べ107百万円増加し、286百万円(同60.3%増)となりました。

 

(特別利益、特別損失)

特に大きなものはありません。

 

(税引前当期純利益)

税引前当期純利益は、前事業年度に比べ158百万円増加し、286百万円(同123.3%増)となりました。

 

(当期純利益)

当期純利益は、前事業年度に比べ121百万円増加し、193百万円(同168.8%増)となりました。

② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当事業年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

当社の資本の財源及び資金の流動性については、経営活動に必要な資金の調達を自己資金にて賄っており、借入等の予定はありません。余裕資金の運用は定期預金を中心とした安全で流動性の高い金融資産であり、流動性を確保しております。 

 

 

③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成しております。重要な会計方針につきましては、「第5経理の状況1.財務諸表等」の注記事項(重要な会計方針)に記載しております。財務諸表の作成にあたり、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づき、会計上の見積りを行っております。これらの見積りについては、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果は異なる場合があります。

 

財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

(繰延税金資産)

当社は、繰延税金資産の回収可能性の判断について、将来の課税所得等の前提条件に基づき算出しております。従って、税制改正や経営環境の変化等により当初見込んでいた課税所得が得られなかった場合、繰延税金資産の計上額が変動する可能性があります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度において実施した設備投資の総額は、8,499千円であります。

その主な投資として、川崎支社看板に439千円、RareAサイトリニューアルに850千円、本社建物・江田本社ビルエレベーターに6,930千円の設備投資を行いました。

 

2 【主要な設備の状況】

当社は神奈川県内に11ヶ所の事業所を有しており、そのうち当社所有施設は2ヶ所あります。

 

2021年6月30日現在における主な事業所の設備及び従業員の配置状況は、次のとおりであります。

 

事業所名
(所在地)

事業の部門
別の名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(人)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社
(横浜市青葉区)

タウンニュース事業部門・制作事業部門

統括業務施設・営業設備・製作設備

312,000

1,069

287,027

(1,016.95)

16,519

616,616

71(14)

秦野支社
(神奈川県秦野市)

タウンニュース事業部門

営業設備

181,471

1,069

94,720

(1,500.59)

449

276,641

6(1)

相模原支社他8支社

タウンニュース事業部門

営業設備

4,134

(-)

190

4,324

114(9)

投資不動産
(神奈川県秦野市)

賃貸設備

153,885

(-)

0

153,885

-(-)

 

(注) 1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定等であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2.従業員数の( )内は外書で、臨時雇用者数の人数を記載しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当社の設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。

なお、当事業年度末現在における重要な設備の新設、改修計画等は次のとおりであります。

 

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

12,034,000

12,034,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在発行数(株)
2021年6月30日

提出日現在発行数(株)
(2021年9月24日)

上場金融商品取引所名
又は登録認可金融商品
取引業協会名

内容

普通株式

5,575,320

5,575,320

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数100株

5,575,320

5,575,320

 

 

(2)【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式総数増減数
(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2006年11月30日

(注)

106,700

5,575,320

11,416

501,375

11,416

481,670

 

(注) 新株予約権の権利行使による増加であります。

発行価格

214円

資本組入額

107円

 

 

(5)【所有者別状況】

2021年6月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満
株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

11

24

6

2

1,563

1,607

所有株式数
(単元)

49

53

26,070

30

14

29,523

55,739

1,420

所有株式数の割合(%)

0.09

0.10

46.76

0.05

0.02

52.98

100.00

 

(注)自己株式  54,687株は「個人その他」に 546単元及び「単元未満株式の状況」に87株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

2021年6月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式(自己
株式を除く。)の
総数に対する所有
株式数の割合(%)

株式会社 カネマス

神奈川県秦野市曽屋1758

2,218,200

40.18

宇山 忠男

神奈川県秦野市

600,000

10.86

大津 勝美

神奈川県秦野市

557,000

10.08

宇山 知成

神奈川県横浜市青葉区

400,000

7.24

株式会社 光通信

東京都豊島区西池袋1-4-10

331,400

6.00

タウンニュース社社員持株会

神奈川県横浜市青葉区荏田西2-1-3

306,720

5.55

川島 卓也

兵庫県姫路市

40,000

0.72

奥津 利彦

神奈川県小田原市

30,600

0.55

山下 敬弘

茨城県土浦市

26,700

0.48

鈴木 茂

神奈川県秦野市

20,500

0.37

4,531,120

82.07

 

(注) 上記のほか、自己株式が54,687株(0.98%)あります。

 

(7)【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

54,600

 

単元株式数100株

完全議決権株式(その他)

普通株式

5,519,300

 

55,193

同上

単元未満株式

普通株式

1,420

 

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

5,575,320

総株主の議決権

55,193

 

(注) 単元未満株式には当社所有の自己株式87株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年6月30日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義所有
株式数(株)

他人名義所有
株式数(株)

所有株式数の
合計(株)

発行済株式総数に
対する所有株式数
の割合(%)

株式会社
タウンニュース社

神奈川県横浜市青葉区荏田西2-1-3

54,600

54,600

0.98

54,600

54,600

0.98

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

54,687

54,687

 

 

3 【配当政策】

当社の利益配分に関する基本方針につきましては、業績や配当性向、将来の事業展開などを総合的に勘案しながら安定的な配当を継続的に行うことを基本方針としております。

また、配当については、現在は安定的な配当の継続を年1回期末配当にて行なうことを基本方針としております。

中間配当については、「取締役会決議により、12月31日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款に定めております。これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間期末については取締役会であります。

当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づきまして14円とさせていただきました。次期の配当金につきましては、安定的な配当を維持継続していくことを基本に業績の状況や配当性向等を考慮しながら決定させていただく予定です。

 

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

2021年9月22日

定時株主総会決議

77,288

14

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、地域情報紙の発行を通じ社会的信用を高め、株主の立場に立って企業価値を最大化することを経営の最重要命題と考えておりますので、経営の効率性、透明性の向上を図り、経営の健全性向上のための経営管理組織を構築し、運営していくことをコーポレート・ガバナンスの基本的な方針としております。ディスクロージャー(情報開示)・アカウンタビリティ(説明責任)・コンプライアンス(法令遵守)を徹底すると同時に、社内管理体制の一環として、取締役は取締役会、管理者全体会議等の機会を通じて経営環境に関する重要な情報を収集、共有し、各部署長を通して、個々の従業員に対しても適時情報開示することにより、経営の透明化を図っております。

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ.企業統治の体制の概要

当社は監査役制度を採用しており、提出日現在、監査役3名中1名は常勤、2名は社外監査役であります。

常勤監査役は、取締役会・経営会議・管理者全体会議に常時出席するだけでなく、社内の主要な会議にも積極的に参加し、取締役の職務執行を監視することができる体制となっております。

また、提出日現在、取締役会は7名で構成されており、うち2名が社外取締役であります。毎月開催される定時取締役会並びにその他必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速かつ効率的な業務執行の意思決定を行っております。

 

当社の企業統治の体制を図示すると次のとおりであります。

 


 

 

 

ロ.取締役会

当社の取締役会は、代表取締役会長兼社長宇山知成を議長とし、小野淳、長島淳一、露木敏博、北原健祐、秋山純夫、岸井幸生の7名(秋山純夫、岸井幸生は社外取締役)で構成され、原則として毎月1回開催しております。また、必要に応じて臨時取締役会を開催し、適正かつ効率的な業務執行ができる体制を整備しております。

取締役会は、法令等に定められた事項や経営方針・予算の策定等経営に関する重要事項を決定し、月次の経営成績の分析・対策・評価を検討するとともに法令・定款への適合性及び業務の適正性の確保の観点から取締役の職務の執行状況を監査・監督しております。

 

ハ.監査役会

 監査役会は伊藤弘通、長谷川幸弘及び伊澤孝の3名(伊藤弘通は常勤監査役、長谷川幸弘及び伊澤孝は社外監査役)で構成され、監査の有効性及び効率性の確保並びに監査役間での意見交換を目的に、原則として毎月1回開催しております。また、監査役は取締役会に出席し、必要に応じて意見を述べております。

 なお、監査役は会計監査人及び内部監査室と緊密な連携を保ち、情報交換を行い、相互の連携を深めて、監査の実効性と効率性の向上に努めてまいります。

 

ニ.経営会議

 当社では、代表取締役会長兼社長宇山知成を議長とし、取締役小野淳、長島淳一、露木敏博、北原健祐、常勤監査役の伊藤弘通、執行役員の小島忠宏、経営企画室の課長が出席する経営会議を毎月1回以上開催しております。経営会議では、各部門から業務施行状況の報告と情報共有、それに伴う施策の決定及び経営に関する重要事項の審議を行っております。

 

ホ.コンプライアンス委員会

 当社では、代表取締役会長兼社長宇山知成を委員長とし、取締役小野淳、長島淳一、露木敏博、北原健祐、常勤監査役の伊藤弘通、執行役員の小島忠宏、経営企画室の課長が出席するコンプライアンス委員会を毎月1回開催しております。コンプライアンス委員会では、法令遵守に係る状況の報告と情報共有、それに伴う施策の審議及び労務状況の報告を行っております。

 

ヘ.当該体制を採用する理由

 当社がこのような体制を採用している理由は、経営透明性を確保するため、社外取締役及び社外監査役の各自の経験と見識に基づいた監督機能をもつことに加え、監査役会による各取締役の業務執行に対する監督機能ならびに法令、定款および当社諸規程の遵守を図るべく内部統制機能を充実させることが、株主を含めたすべてのステークホルダーの利益に適う経営の実現および企業価値の向上につながると考えているためであります。 

 

③ 企業統治に関するその他の事項

当社は、以下のとおり内部統制システムの構築に関する基本方針について決議しております。

イ.取締役及び使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

当社は、全役職員が法令及び定款、その他業務上定められた全ての規程・規則類を遵守し、社会規範、企業倫理に基づき行動するため、そのとるべき行動の基準・規範を示したコンプライアンスマニュアルを制定する。また、社長直轄の「コンプライアンス委員会」を設置し、全ての役職員が公正で高い倫理観に基づいて行動し、広く社会から信頼される経営体制を確立する。

ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

取締役の職務の執行に係る情報については、法令及び「文書管理規程」等に基づき、文書又は電磁的媒体に記録し、その記録媒体に応じて適切かつ確実に検索性の高い状態で保存・管理することとし、保存期間に応じた閲覧可能な状態を維持する。 

ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

業務執行に係るリスクに関しては、各関係部署がそれぞれ予見されるリスクの分析と識別を行い、リスク管理体制を明確化し、必要な対応を行う。

重要な経営課題に関しては、取締役会に上程し、リスクの予測と対応策を審議する。

ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、定例の取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時に取締役会を開催する。また、決裁に関する「職務権限規程」及び「業務分掌規程」に基づき、監理役員は経営計画に基づいた各部署が実施すべき具体的施策及び効率的な業務執行体制を決定し、これを取締役会に報告する。取締役会は施策及び効率的な業務執行体制を阻害する要因の分析とその改善を図る。

ホ.当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

1.子会社取締役らの親会社への報告体制

子会社取締役らは、当社の担当取締役に業務執行状況について報告する。重要な案件については事前に充分な協議をした上で、当社の取締役会の承認を要するものとする。

2.子会社の損失危険管理体制

子会社取締役らは、当社及び子会社の経営に重大な影響を及ぼす事態が発生若しくはその恐れが生じた場合は、当社の担当取締役に報告する。
 当社は、当社社長の指揮のもと、必要に応じて責任者を任命し、危機管理に対応する。

3.子会社の取締役らの効率確保体制

子会社の取締役らの職務の執行が効率的に行われることを確保するため、定例の取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時に取締役会を開催する。
 子会社の取締役会は、取締役、使用人による意思決定と職務の執行についての責任及び権限を明確にし、組織間の役割分担と連携を確保するとともに、効率的な業務執行体制を阻害する要因の分析とその改善を図る。

4.子会社の取締役らの法令・定款遵守体制

子会社にコンプライアンス担当取締役を選任させ、取締役・使用人一体となった法令・定款遵守体制を図る。万が一、これに違反する重要な事実を子会社の取締役らが発見した場合、当該子会社の担当取締役を経由して当社社長、コンプライアンス担当取締役及び監査役に報告する。当社社長は必要に応じて責任者を定め、事態の収拾、再発防止策の立案、取締役会への報告を行う。

へ.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項と当該使用人の取締役からの独立性及び指示の実行性の確  保に関する事項

監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、使用人を置くこととする。任命された使用人への指揮権は監査役に移譲されたものとし、取締役からの独立性を確保する。

また、任命された使用人は、その職務にあたっては、監査役の指示に従い、取締役及び上長等の指揮・命令を受けないものとする。

ト.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制

監査役は、当社の取締役会、経営会議、管理者全体会議、その他の重要な会議に出席し、取締役及び使用人から重要事項の報告を受ける体制とする。また、取締役及び使用人は、当社の監査役の要請に応じて必要な報告及び情報の提供を行うとともに、重大・緊急な事由が発生した場合は、取締役及び使用人は遅滞なく監査役に報告をする。

子会社の取締役、監査役、使用人は、当社の監査役の要請に応じて必要な報告及び情報の提供を行うとともに、重大・緊急な事由が発生した場合は、遅滞なく監査役に報告する。

チ.監査役への報告者が不利益な取り扱いを受けないことを確保するための体制

当社は、当社及び子会社の役職員らが、当社監査役への報告を行ったことを理由として、いかなる不利益な取り扱いをしてはならないものとし、その旨を当社及び子会社の役職員に周知する。

リ.監査役の職務の執行について生ずる費用等の処理に係る方針に関する事項

当社は、監査役が職務の執行について生ずる費用の前払い等を請求した場合、当該請求等が必要でないことを証明した場合を除いて速やかに当該費用の処理を行うものとする。

ヌ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役が監査の実効性を高めるため、取締役と意見交換を実施するほか、内部監査室及び会計監査人と情報交換を行い、その他必要に応じて弁護士等を活用できるものとする。また、「監査役監査基準」及び「監査役会規程」に基づく独立性と権限により監査の実効性を確保する。

 

ル.財務報告の適正性を確保するための体制

代表取締役の指示のもと、財務報告に係る内部統制システムを構築し、運用・評価することにより、財務報告の記載内容の適正性を担保し、財務報告の信頼性を確保する。また、財務報告の適正性を確認し、開示するための手続きを実施する。

ヲ. 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

当社は、経営理念及び行動規範に基づき、社会的秩序や健全な企業活動を脅かす反社会的勢力及び団体とは一切の関わりを持たず、不当な要求に対しては組織として毅然とした姿勢で対応することを基本的な考え方とする。「反社会的勢力への対応マニュアル」において、反社会的勢力との関係遮断を明文化して周知徹底を図るとともに、事案発生時には警察や弁護士と連携し、適切に対処する体制を構築する。社内研修を通じて、反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、これを断固として排除するという意識を役職員全体に浸透させる。

④ 業務の適正を確保するための体制の運用状況

当社は、「内部統制システム構築の基本方針」を継続的に取り組むべき基本方針ととらえ、適時、内容の見直し検討を行っております。また、毎月コンプライアンス委員会を開催し、問題事案の検討及び改善策・再発防止策の協議を行い、その結果は取締役会へ報告しております。そのほか、四半期毎に各部署において、コンプライアンスについて意識の浸透を図るとともに、その遵守状況の確認を実施しております。

 

⑤ リスク管理体制の整備状況

当社は、内部統制システムの構築に関する基本方針を決議し、この決議内容に基づきリスク管理体制の整備に努めております。

重要な法務的課題及びコンプライアンスにかかる事象については、顧問弁護士に相談し必要な検討を実施しております。

 

⑥ 取締役の定数

当社の取締役は、10名以内とする旨を定款に定めております。 

 

⑦ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

⑧ 自己の株式の取得

当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。

 

⑨ 中間配当

当社は、中間配当について、取締役会の決議によって、毎年12月31日を基準日として中間配当をすることができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

 

⑩ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性10名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役会長兼社長
統括監理役員

宇山 知成

1972年1月27日

1995年12月

株式会社国宣社入社

1996年8月

株式会社カネマス取締役就任(現任)

1999年1月

当社入社

2003年9月

当社取締役就任

2006年9月

当社代表取締役社長就任

2010年9月

当社代表取締役社長統括監理役員

2018年9月

当社代表取締役会長兼社長統括監理役員(現任)

(注)3

400,000

取締役執行役員
経営企画室室長兼タウンニュース監理役員

小野 淳

1960年6月3日

1992年4月

当社入社

2009年9月

当社執行役員横浜中央支社支社長

2011年9月

当社取締役執行役員横浜中央支社支社長就任

2013年9月

当社取締役執行役員タウンニュース東エリア監理役員横浜中央支社支社長

2017年2月

当社取締役執行役員経営企画室室長兼制作監理役員

2019年7月

当社取締役執行役員経営企画室室長兼タウンニュース監理役員(現任)

(注)3

20,200

取締役執行役員
経営監理役員経営管理部部長

長島 淳一

1958年2月8日

1980年4月

株式会社横浜銀行入行

2010年5月

当社出向

2011年4月

当社入社

2013年9月

当社執行役員経営管理部部長

2015年9月

当社取締役執行役員経営監理役員経営管理部部長就任(現任)

(注)3

2,900

取締役執行役員
プロモーション事業監理役員兼企画営業部部長

露木 敏博

1966年2月4日

1991年3月

当社入社

2011年9月

当社執行役員秦野支社支社長

2013年9月

当社執行役員タウンニュース西エリア監理役員秦野支社支社長

2015年9月

当社取締役執行役員タウンニュース西エリア監理役員秦野支社支社長就任

2016年2月

当社取締役執行役員営業部監理役員

2019年2月

当社取締役執行役員プロモーション事業監理役員兼企画営業部部長就任(現任)

(注)3

6,200

取締役執行役員
タウンニュース編集室監理役員横浜中央支社支社長兼事業開発室室長

北原 健祐

1972年7月3日

2000年2月

当社入社

2006年9月

当社経営企画室室長

2008年2月

当社経営企画室室長兼事業開発室室長

2008年11月

当社経営企画室室長兼事業開発室室長兼横浜北支社支社長

2015年2月

当社横浜中央支社支社長

2018年9月

当社執行役員タウンニュース編集室副監理役員横浜中央支社支社長

2021年7月

当社執行役員タウンニュース編集室副監理役員横浜中央支社支社長兼事業開発室室長

2021年9月

当社取締役執行役員タウンニュース編集室監理役員横浜中央支社支社長兼事業開発室室長就任(現任)

(注)3

16,390

取締役

秋山 純夫

1956年2月9日

1980年4月

有限会社一の家入社

1994年2月

同社代表取締役社長就任(現任)

2015年9月

当社取締役就任(現任)

(注)3

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

岸井 幸生

1979年1月23日

2002年10月

監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)横浜事務所入所

2006年5月

公認会計士登録

2007年9月

監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)横浜事務所退所

2007年10月

岸井幸生公認会計士事務所設立代表(現任)

2007年10月

LBAアドバイザリー株式会社取締役就任

2007年12月

税理士登録

2008年2月

税理士法人LBAパートナーズ設立代表社員就任(現任)

2010年4月

LBAアドバイザリー株式会社代表取締役就任(現任)

2013年11月

ミャンマーブリッジ株式会社取締役就任(現任)

2017年6月

Delta-Fly Pharma株式会社社外取締役就任(現任)

2020年6月

元旦ビューティ工業株式会社社外監査役就任(現任)

2021年9月

当社取締役就任(現任)

(注)3

常勤監査役

伊藤 弘通

1956年4月8日

1981年3月

旧㈱タウンニュース社 入社

1996年8月

当社取締役就任

2000年8月

当社常務取締役就任

2006年7月

当社常務取締役営業企画部監理役員就任

2008年2月

当社常務取締役執行役員営業企画部部長就任

2010年9月

当社取締役執行役員営業企画部部長就任

2013年9月

当社取締役執行役員営業部監理役員営業企画部部長就任

2017年9月

当社参与就任

2018年9月

当社常勤監査役就任(現任)

(注)4

17,000

監査役

長谷川 幸弘

1960年10月21日

1981年4月

長谷川会計事務所入所

1991年1月

有限会社長谷川会計事務センター設立代表取締役社長就任

2002年9月

当社監査役就任(現任)

2010年10月

株式会社長谷川会計事務センター代表取締役社長就任(現任)

(注)4

5,500

監査役

伊澤 孝

1954年7月6日

1986年8月

株式会社旭通信社(現在は合併により株式会社アサツー ディ・ケイ)入社

2014年7月

同社退職

2018年9月

当社監査役就任(現任)

(注)4

100

462,000

 

(注) 1.取締役秋山純夫、岸井幸生は、社外取締役であります。

2.監査役長谷川幸弘、伊澤孝は、社外監査役であります。

3.2021年9月22日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

4.2018年9月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。取締役以外の執行役員は1名で、事業推進部 監理役員 小島忠宏で構成されております。

6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。 

 

氏名

生年月日

略歴

所有株式数
(株)

栁川 和秀

1964年7月18日生

1988年4月

日本電信電話㈱(NTT)入社

1988年7月

㈱NTTデーター転籍

2000年3月

同社退職

2000年4月

2003年11月

2004年1月

㈱日動計画入社

同社取締役就任

同社代表取締役社長就任(現任)

 

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。

社外取締役秋山純夫氏は、取締役会に出席し、有限会社一の家での代表取締役の経験を生かし、企業経営者としての高い見識を持って発言を行うことにより、経営方針や重要事項の決定などの監督という取締役の企業統治における機能、役割への貢献を期待しております。

社外取締役秋山純夫氏と当社の間には、秋山氏が代表を務める有限会社一の家との間で、広告掲載の取引がありますが、他の一般取引と同条件で行われており、社外取締役個人が直接利害関係を有するものではありません。なお、有限会社一の家と当社の間に人的関係、資本関係はありません。

社外取締役岸井幸生氏は、公認会計士及び税理士としての豊富な経験と、財務及び会計に関する幅広い知見を有しており、経営陣から独立した立場から当社経営への助言等、社外取締役としての貢献を期待しております。なお、当社と同氏の間には特別な人的関係、その他利害関係はありません。

社外監査役長谷川幸弘氏は、株式会社長谷川会計事務センターの代表取締役として、税務、会計面での専門知識を有しており、独立性も高いことから、経営に対する監査機能を強化することを目的に社外監査役として選任しております。

社外監査役長谷川幸弘氏と当社の間には、長谷川氏が代表取締役を務める株式会社長谷川会計事務センターとの間で、広告掲載の取引がありますが他の一般取引と同条件で行われており、社外監査役個人が直接利害関係を有するものではありません。

なお、長谷川幸弘氏は当社の株式を5,500株所有しておりますが、当社との間にはそれ以外に人的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。また、同氏が代表取締役を務める株式会社長谷川会計事務センターと当社の間にも人的関係、資本関係又は取引関係その他利害関係はありません。

社外監査役伊澤孝氏は、2014年7月まで勤務していた株式会社アサツーディ・ケイで、長年に亘り広告業界で培ってきた経験から、企業経営に関する相当程度の知見を有しており、社外監査役として適任であると判断し、有効な監査機能を果たせるため選任しております。

また、社外監査役伊澤孝氏は当社の株式100株を所有しておりますが、当社と同氏との間にはそれ以外に人的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。

社外監査役との連携については、常勤監査役及び内部監査室が期中監査、会計監査及び内部監査の状況など、必要な資料を随時提供するとともに意見の交換を行っております。

また社外監査役は、取締役会はもとより定期的に開催される監査役会において情報交換や重要な書類の閲覧を通して、経営監視及び内部統制システムの状況の監視、検証に努めています。

当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針を定めた規程類はありませんが、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に選任しております。

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

監査役会は定期的に内部監査部門である内部監査室や監査法人との情報交換及び意見交換を行い、密接な連携を保ち、法令等の遵守及びリスク管理等に関する内部統制システムの有効性を確認するとともに、監査の実効性と効率性の向上を目指しております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

当社における監査役会の体制は、常勤監査役1名、社外監査役2名の計3名であります。常勤監査役伊藤弘通は当社における豊富な業務経験に基づく視点から、社外監査役は中立的・客観的な視点から、それぞれ監査を行うことにより、経営の健全性を確保することとしております。社外監査役の長谷川幸弘氏は、株式会社長谷川会計事務センターの代表取締役として税務・会計面での専門知識を有するものであります。また社外監査役の伊澤孝氏は、長年の広告業界で培ってきた高い見識と豊富な経験を有しております。

各監査役は、取締役会への出席のほか、監査の有効性及び効率性の確保並びに監査役間での意見交換を目的に、原則として毎月1回監査役会を開催しております。

当事業年度において当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出席状況は次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

伊藤 弘通

13

13

長谷川 幸弘

13

11

伊澤 孝

13

13

 

監査役会における主な検討事項としては、監査報告の作成、監査の方針、その他監査役の職務の遂行に関する事項の決定を主な検討事項としております。さらに意見交換や重要な書類の閲覧を通して、経営監視及び内部統制システムの状況監視、検証に努めています。

常勤監査役は、監査役会が定めた監査方針及び監査計画に基づき取締役会、経営会議に出席し取締役の職務執行・意思決定について厳正な監視を行っています。

また、監査役と会計監査人及び内部監査室とは緊密な連携を保ち、情報交換を行い、相互の連携を深めて、監査の実効性と効率性の向上に努めています。

 

② 内部監査の状況

当社は、代表取締役社長直轄の内部監査室(1名)が設置されており、監査役及び会計監査人との協力・連携関係のもと、年間計画を立てて内部監査を実施しております。

内部監査室では、毎事業年度の内部監査計画書の作成時に、監査方法、監査時期、被監査部署の選定等を代表取締役社長と相談して決定しています。また、内部監査室は監査役と内部統制充実のために、定期的に情報交換をおこない、内部監査にあたりコーポレート・ガバナンスの徹底が図れるように、会計監査人から常時アドバイスを受け、また内部監査終了後、代表取締役社長より改善指示があった場合は、改善状況を確認するなど監査役と連携してフォロー監査を実施しております。

 

③ 会計監査の状況
a. 監査法人の名称

有限責任監査法人トーマツ

 

b. 継続監査期間

18年間

 

c. 業務を執行した公認会計士

細野和寿

山崎光隆

 

d. 監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、会計士試験合格者等2名、その他7名であります。

 

e. 監査法人の選定方針と理由

当社は監査法人の専門性、独立性や監査費用の合理性などを総合的に勘案して、現監査法人を選定しております。監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出します。

また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告するものといたします。

 

f. 監査役及び監査役会による監査法人の評価

監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。監査法人の品質管理体制や監査チームの独立性、専門性及び監査役や経営者とのコミュニケーションなどを評価した結果、監査法人の職務遂行は問題ないと判断しております。

 

④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬の内容

 

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬
(千円)

非監査業務に基づく報酬
(千円)

監査証明業務に基づく報酬
(千円)

非監査業務に基づく報酬
(千円)

17,500

17,500

 

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトトーマツ)に対する報酬(a.を除く)

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬
(千円)

非監査業務に基づく報酬
(千円)

監査証明業務に基づく報酬
(千円)

非監査業務に基づく報酬
(千円)

2,300

2,300

 

当社は、当社の監査法人等と同一のネットワークに属しているデロイトトーマツ税理士法人より、税務についての助言を受けております。

 

c. その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d. 監査報酬の決定方針

 監査日数、監査人員、監査内容及び当社の規模等を総合的に勘案し、会計監査人との協議のうえで決定しております。 

 

 e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、会計監査人の監査計画、監査の実施状況及び見積りの算出根拠などを確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等について同意しております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は、2021年2月5日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を決議しており、その概要は、個々の取締役の報酬の決定に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針とし、具体的には、業務執行取締役の報酬は、固定報酬としての基本報酬、業績連動報酬等により構成し、監督機能を担う社外取締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみを支払うこととしています。当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責、在任年数に応じて他社水準、当社の業績、従業員給与の水準をも考慮しながら、総合的に勘案して決定するものとしています。業績連動報酬等は、事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めるため、各事業年度の営業利益の目標値に対する達成度合いに応じて算出された額を基本報酬に上乗せして支給することとしています。業務執行取締役の種類別の報酬割合については、当社と同程度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準を踏まえ、取締役会決議に基づき代表取締役社長が委任を受け決定するものとし、取締役会は、該当権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよう、社外取締役の意見も十分に取り入れ原案を審議し意見を表明し、委任を受けた代表取締役社長は意見の内容を尊重して決定します。
 当事業年度におきましては、取締役の金銭報酬について取締役会において代表取締役会長兼社長宇山知成に個人報酬の具体的な内容の決定を委任する旨の決議を行い、代表取締役会長兼社長において決定を行っております。
 代表取締役会長兼社長に委任した理由は、当社の業績を俯瞰しつつ各取締役の評価を行うには代表取締役会長兼社長が最も適していると判断したためであり、株主総会で承認された報酬額の範囲内で、社外取締役の意見も十分に取り入れ取締役会で審議し決定したものであり、取締役会はその内容は決定方針に沿うものであると判断しております。

監査役の報酬は、株主総会の決議により定められた報酬限度額の範囲内で、監査役会の協議により決定します。

 

② 役員の報酬に関する株主総会の決議に関する事項

取締役の報酬限度額は、2003年9月26日開催の第23期定時株主総会決議において年額153,540千円以内と決議いただいております。 また、監査役の報酬限度額は、2017年9月27日開催の第37期定時株主総会決議において年額15,000千円以内と決議いただいております。
 

③ 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定
報酬

業績連動
報酬

退職慰労金

取締役
(社外取締役を除く)

79,672

79,672

5

監査役
(社外監査役を除く)

7,200

7,200

1

社外役員

3,600

3,600

3

 

 

(注) 1.取締役の報酬額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

2.2008年9月24日開催の第28期定時株主総会で「役員退職慰労金制度廃止に伴う打ち切り支給の件」が承認され、打ち切り支給の対象となる取締役1名に対し総額13,500千円が、退職時に支払われる予定であります。

 

④  役員ごとの報酬等の総額等

役員報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

⑤ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

該当事項はありません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式とし、それ以外を純投資目的以外の目的である投資としております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、継続的な発展や中長期的に企業価値の向上に資すると判断した場合にのみ、純投資目的以外の目的である投資株式を保有することとしており、年に一度保有の意義を検証し、企業価値の向上に資すると認められない場合は、適時・適切に売却してまいります。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の
合計額(千円)

非上場株式

2

20,006

非上場株式以外の株式

 

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

 該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 

区分

当事業年度

前事業年度

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

銘柄数
(銘柄)

貸借対照表計
上額の合計額
(千円)

非上場株式

1

52,990

非上場株式以外の株式

3

253,709

5

192,306

 

 

区分

当事業年度

受取配当金の
合計額(千円)

売却損益の
合計額(千円)

評価損益の
合計額(千円)

含み損益

減損
処理額

非上場株式

非上場株式以外の株式

11,410

12,518

 

④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

第5 【経理の状況】

 

1.財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年7月1日から2021年6月30日まで)の財務諸表については有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表は作成しておりません。
 なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
 資産基準                                        0.9%
 売上高基準                                      3.2%
 利益基準                                       1.3%
 利益剰余金基準                               △0.4%
 ※会社間項目の消去後の数値により算出しております。

 

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。
  具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、また、監査法人等の開催するセミナー等へ参加するなどして最新の情報収集に努めております。

 

1 【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

① 【貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2020年6月30日)

当事業年度

(2021年6月30日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

1,548,530

1,621,195

 

 

受取手形

50

50

 

 

売掛金

174,376

261,827

 

 

有価証券

100,000

 

 

仕掛品

2,567

4,187

 

 

前払費用

13,276

16,096

 

 

その他

35,484

19,496

 

 

貸倒引当金

1,046

1,571

 

 

流動資産合計

1,773,238

2,021,283

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物

782,836

783,275

 

 

 

 

減価償却累計額

266,350

288,807

 

 

 

 

建物(純額)

516,485

494,468

 

 

 

構築物

9,533

9,533

 

 

 

 

減価償却累計額

5,859

6,394

 

 

 

 

構築物(純額)

3,673

3,138

 

 

 

機械及び装置

5,310

5,310

 

 

 

 

減価償却累計額

5,309

5,309

 

 

 

 

機械及び装置(純額)

0

0

 

 

 

車両運搬具

33,768

33,768

 

 

 

 

減価償却累計額

30,818

32,698

 

 

 

 

車両運搬具(純額)

2,949

1,069

 

 

 

工具、器具及び備品

119,244

119,244

 

 

 

 

減価償却累計額

100,088

102,085

 

 

 

 

工具、器具及び備品(純額)

19,155

17,158

 

 

 

土地

381,747

381,747

 

 

 

建設仮勘定

6,930

 

 

 

有形固定資産合計

924,012

904,512

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

ソフトウエア

35,594

26,593

 

 

 

その他

3,681

3,681

 

 

 

無形固定資産合計

39,275

30,274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2020年6月30日)

当事業年度

(2021年6月30日)

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

465,303

523,716

 

 

 

関係会社株式

15,000

21,683

 

 

 

出資金

10

10

 

 

 

長期前払費用

581

109

 

 

 

繰延税金資産

63,492

47,020

 

 

 

投資不動産

359,127

359,127

 

 

 

 

減価償却累計額

77,322

83,213

 

 

 

 

投資不動産(純額)

281,804

275,913

 

 

 

差入保証金

4,558

4,419

 

 

 

保険積立金

108,901

108,402

 

 

 

長期預金

223,000

235,000

 

 

 

破産更生債権等

3,998

4,430

 

 

 

その他

6,286

6,208

 

 

 

貸倒引当金

3,097

2,894

 

 

 

投資その他の資産合計

1,169,839

1,224,019

 

 

固定資産合計

2,133,126

2,158,806

 

資産合計

3,906,365

4,180,089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2020年6月30日)

当事業年度

(2021年6月30日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

59,437

69,015

 

 

未払金

46,710

38,936

 

 

未払費用

73,575

77,196

 

 

未払法人税等

7,329

73,028

 

 

未払消費税等

28,355

46,867

 

 

前受金

22,943

40,442

 

 

預り金

29,084

29,444

 

 

賞与引当金

21,783

20,143

 

 

その他

1,225

1,568

 

 

流動負債合計

290,444

396,643

 

固定負債

 

 

 

 

長期未払金

13,500

13,500

 

 

退職給付引当金

95,493

81,442

 

 

その他

8,600

8,600

 

 

固定負債合計

117,593

103,542

 

負債合計

408,038

500,186

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

501,375

501,375

 

 

資本剰余金

 

 

 

 

 

資本準備金

481,670

481,670

 

 

 

資本剰余金合計

481,670

481,670

 

 

利益剰余金

 

 

 

 

 

利益準備金

36,862

36,862

 

 

 

その他利益剰余金

 

 

 

 

 

 

別途積立金

1,500,000

1,500,000

 

 

 

 

繰越利益剰余金

1,031,795

1,158,911

 

 

 

利益剰余金合計

2,568,658

2,695,774

 

 

自己株式

14,450

14,450

 

 

株主資本合計

3,537,254

3,664,370