EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年2月26日

【事業年度】

第23期(自 2019年12月1日 至 2020年11月30日)

【会社名】

イーサポートリンク株式会社

【英訳名】

E-SUPPORTLINK, Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  堀 内 信 介

【本店の所在の場所】

東京都豊島区高田二丁目17番22号

【電話番号】

03-5979-0666

【事務連絡者氏名】

取締役副社長  仲 村 淳

【最寄りの連絡場所】

東京都豊島区高田二丁目17番22号

【電話番号】

03-5979-0666

【事務連絡者氏名】

取締役副社長  仲 村 淳

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05611 24930 イーサポートリンク株式会社 E-SUPPORTLINK, Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-12-01 2020-11-30 FY 2020-11-30 2018-12-01 2019-11-30 2019-11-30 1 false false false E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2017-12-01 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2017-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2016-12-01 2017-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2016-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2015-12-01 2016-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalStockMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp_cor:Row5Member E05611-000 2021-02-26 jpcrp_cor:Row4Member E05611-000 2021-02-26 jpcrp_cor:Row3Member E05611-000 2021-02-26 jpcrp_cor:Row2Member E05611-000 2021-02-26 jpcrp_cor:Row1Member E05611-000 2021-02-26 E05611-000 2020-11-30 E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 E05611-000 2019-11-30 E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 E05611-000 2018-11-30 E05611-000 2017-12-01 2018-11-30 E05611-000 2017-11-30 E05611-000 2016-12-01 2017-11-30 E05611-000 2016-11-30 E05611-000 2015-12-01 2016-11-30 E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:Row1Member E05611-000 2019-11-30 jpcrp_cor:Row1Member E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:ShinsukeHoriuchiMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:AtsushiNakamuraMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:KazuhikoMoritaMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:ToruAiharaMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:HiroyukiFukatsuMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:YoshihisaShibataMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:MasahikoHosokawaMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:OperationsSupportBusinessConsignmentReportableSegmentsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:AgriculturalSupportBusinessReportableSegmentsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:OperationsSupportBusinessConsignmentReportableSegmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2019-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:AgriculturalSupportBusinessReportableSegmentsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05611-000:OperationsSupportBusinessConsignmentReportableSegmentsMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05611-000:AgriculturalSupportBusinessReportableSegmentsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:OperationsSupportBusinessConsignmentReportableSegmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:AgriculturalSupportBusinessReportableSegmentsMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05611-000 2019-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05611-000 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:OperationsSupportBusinessConsignmentReportableSegmentsMember E05611-000 2019-11-30 jpcrp030000-asr_E05611-000:AgriculturalSupportBusinessReportableSegmentsMember E05611-000 2019-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05611-000 2020-11-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05611-000 2018-12-01 2019-11-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05611-000 2018-11-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05611-000 2020-11-30 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:KazuyoshiSuzushoMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05611-000 2019-12-01 2020-11-30 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:MasumiShiraishiMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:HiroshiOnishiMember E05611-000 2021-02-26 jpcrp030000-asr_E05611-000:TakayukiOshimaMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第19期

第20期

第21期

第22期

第23期

決算年月

2016年11月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

売上高

(千円)

4,457,753

4,595,770

4,884,708

5,562,119

5,653,207

経常利益

(千円)

370,484

197,735

126,478

253,759

235,869

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

296,783

222,809

18,327

89,125

116,937

包括利益

(千円)

295,930

234,584

9,158

90,278

117,274

純資産

(千円)

3,799,958

4,015,332

3,984,051

4,052,053

4,147,177

総資産

(千円)

5,405,249

5,494,131

5,337,243

5,622,591

5,535,533

1株当たり純資産額

(円)

858.82

907.49

900.42

915.82

937.33

1株当たり当期純利益

(円)

67.08

50.36

4.14

20.14

26.43

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

70.3

73.1

74.6

72.1

74.9

自己資本利益率

(%)

8.1

5.7

0.5

2.2

2.9

株価収益率

(倍)

22.36

22.14

207.97

47.52

34.54

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

376,275

747,894

424,948

674,535

567,622

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

124,310

104,779

449,966

464,728

93,744

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

322,383

355,756

165,652

40,608

167,840

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,439,298

2,726,219

2,535,548

2,704,746

3,010,784

従業員数

(名)

222

220

229

243

247

 

 

(100)

(105)

(120)

(108)

(95)

 (注)1. 売上高には消費税等は含まれておりません。

2. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3. 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、( )外数で記載しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第19期

第20期

第21期

第22期

第23期

決算年月

2016年11月

2017年11月

2018年11月

2019年11月

2020年11月

売上高

(千円)

4,277,846

4,392,247

4,576,869

5,171,693

5,162,089

経常利益

(千円)

461,400

224,472

166,580

294,195

241,465

当期純利益

(千円)

462,579

237,759

73,936

111,876

25,797

資本金

(千円)

2,721,514

2,721,514

2,721,514

2,721,514

2,721,514

発行済株式総数

(株)

4,424,800

4,424,800

4,424,800

4,424,800

4,424,800

純資産

(千円)

3,821,915

4,039,821

4,088,211

4,165,581

4,170,880

総資産

(千円)

5,394,928

5,408,695

5,281,100

5,535,029

5,522,591

1株当たり純資産額

(円)

863.78

913.03

923.96

941.48

942.69

1株当たり配当額

(円)

5.00

5.00

5.00

5.00

5.00

(1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益

(円)

104.55

53.74

16.71

25.29

5.83

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

70.8

74.7

77.4

75.3

75.5

自己資本利益率

(%)

12.9

6.0

1.8

2.7

0.6

株価収益率

(倍)

14.35

20.75

51.53

37.84

156.60

配当性向

(%)

4.8

9.3

29.9

19.8

85.8

従業員数

(名)

222

217

226

238

244

 

 

(100)

(105)

(120)

(108)

(95)

株主総利回り

(%)

81.8

61.1

47.6

53.1

51.0

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(95.1)

(118.4)

(112.5)

(117.6)

(124.5)

最高株価

(円)

1,835

1,533

1,147

1,150

1,035

最低株価

(円)

1,221

1,115

852

620

580

 (注)1. 売上高には消費税等は含まれておりません。

2. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3. 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、( )外数で記載しております。

4. 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

2【沿革】

当社の事業開始に至る経緯について

 当社は、生鮮青果流通業界を構成する事業者に対して、ITを駆使したビジネスプロセスアウトソーシングサービスを提供し、複雑になりがちな中間流通事務の簡素化・標準化によるローコスト化を実現し、生産者・中間流通業者・消費者等に貢献することを目的として事業を開始しました。その経緯は、当社の事業に賛同した企業(アライアンス企業)からの出資及び役員の派遣を前提として、2000年11月に株式会社フレッシュシステムが当時休眠会社であった株式会社関東協和(1998年10月に農産物、畜産物、水産物の輸出入、国内販売並びに加工を行うことを目的として設立された後に休眠)の全株式を取得し、イーサポート株式会社と商号変更のうえ新会社としての活動を開始したことにはじまります。

年月

概要

2000年11月

生鮮青果流通業界を構成する各事業者に対するシステム及び事務代行サービスの提供等を事業目的とし営業を開始、商号を「イーサポート株式会社」に変更、本店を東京都新宿区に移転

2000年12月

株式会社フレッシュシステムからの株式譲渡により株式会社ケーアイ・フレッシュアクセスが筆頭株主となる

2001年9月

商号を「イーサポートリンク株式会社」に変更、本店を東京都豊島区に移転

2001年12月

業務受託事業を開始

2002年4月

神奈川県川崎市に川崎テクニカルセンターを開設

 

愛知県名古屋市に名古屋テクニカルセンターを開設

2002年5月

兵庫県神戸市に神戸テクニカルセンターを開設

2002年8月

システム事業(イーサポートリンクシステムVer.1の提供)を開始

2003年10月

福岡県福岡市に福岡テクニカルセンターを開設

2003年11月

北海道札幌市に札幌テクニカルセンターを開設

2004年10月

早期支払システムの提供を開始

2006年8月

大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に新規上場

2007年3月

株式会社津軽りんご販売(同年9月、株式会社農業支援に商号変更)の第三者割当増資により株式を取得し連結子会社化

2009年1月

生鮮MDシステムの提供を開始

2016年8月

イーサポートリンクシステムVer.2の提供を開始

2016年11月

連結子会社である株式会社農業支援を吸収合併

2017年3月

株式会社シェアガーデンホールディングスの第三者割当増資により株式を取得し、同社及び同社子会社である株式会社オーガニックパートナーズを連結子会社化

2019年7月

北海道札幌市に札幌事業所第2オフィスを開設

 

3【事業の内容】

 当社グループは、生鮮青果流通業界を構成する事業者に対して、ITを駆使したビジネスプロセスアウトソーシングサービスを提供しております。

 当社グループの主な事業内容は以下のとおりであります。

 

(1)オペレーション支援事業

 野菜や果物といった生鮮食品は、一定の規格のある工業製品と異なり、産地や気候、その年の出来・不出来等によって、色、サイズ、品質等がまちまちであり、商品に全国共通の商品コードをつけること(システム化)が難しく、生産地から量販店に並ぶまでの商品の流れ(物の流れ・商取引の流れ)の情報をデータベース化し、集中的に管理することが困難でありました。そのため、流通過程におけるさまざまなロスとコストが発生していました。

 当社は、生鮮食品という特殊な商品、商習慣による複雑な生鮮流通をITによりデータベース化・ネットワーク化すること、徹底的にロスを省いたシンプルな構造にすることを考え、生鮮流通に関わる経験・知識を用いて、生鮮青果流通業界を構成する事業者向けに「イーサポートリンクシステム」および「生鮮MDシステム」を開発いたしました。

 イーサポートリンクシステムは、生産者・加工業者・中間流通業者・運送業者がそれぞれ用途に応じて利用できる生鮮流通システムです。当該システム利用企業間における事務処理をシステム化し、重複業務の統合化、債権債務の明確化、情報の共有化を図ることを目的に開発されております。従って、当該システムを利用することで、サプライチェーン上流(生産者・出荷団体)の計画・予定情報を下流(加工業者・中間流通業者・運送業者)側でも共有することができるため、段取り、準備作業の効率化にも繋がります。

 生鮮MDシステムは、小売・量販店とその取引先との取引において、商品調達における一連の業務をサポートするシステムで、農産、水産、畜産、花卉や日配品など、幅広い商品に対応できるシステムです。仕入計画を重視し、産地直取引、市場取引に対応する機能を持ち、生鮮型商品から日配型商品までのオペレーションが可能ということが特徴です。

 生産者向けには、農産物の生産履歴を管理する「農場物語」を提供しています。最新の農薬使用基準(農林水産

消費安全技術センターの農薬登録情報提供システム)に準じて、適正な農薬使用ができているかを簡単にチェック

できるため、安全面でのサポートが可能なことを特徴としています。また、生産履歴をデータ管理できるため、記入や検索に余計な手間がかからない他、自分で作った農作物に関する情報を生活者に公開することも可能です。

 

 生鮮青果流通業界を構成する事業者に対して、上記システムをベースとするものを始めとする業務代行サービスも提供しております。当該サービスは、生鮮青果流通における商取引上の中間工程に必要な作業を幅広く(営業行為、商品調達行為を除く)カバーしております。具体的には、下記のサービスを365日、年間を通して提供しております。なお、当社は東京(本社)・札幌・神戸・福岡にサービスの拠点を設置しており、当該サービスを全国的に展開しております。

 

受託業務メニュー

サービス内容

受注代行

量販店からの発注をEDI(※1)等で受信し、受注処理を行っております。

計上代行

売上・仕入計上後に発生した値引き等の修正を行っております。

売掛管理代行

請求書の発行、発送及び当該請求書と入金額の照合を行っております。

出荷付随代行

商品を出荷する際に添付する「納品書」及び「納品個数表」等の発行を行っております。

需給調整代行

中間流通業者である販売者が作成した販売計画と、荷主の商品在庫数を照合し、商品の過不足を予測した上で商品の在庫荷廻しを行っております。また、商品の在庫状況と販売計画を基に調整した数量を出荷拠点・加工拠点へ移動する指示も行っております。

手配代行

受注処理により確定した受注情報及び販売計画情報と在庫情報を基に各作業者に対し、加工、出荷、配送の指示を行っております。

買掛管理代行

請求書と仕入情報との照合及び支払い明細書を発行しております。

入力代行

売上入力作業等を行っております。

 

(※1)EDI:

 Electronic Data Interchange 電子データ交換。企業間の受発注等の商取引をデジタル化し、ネットワークを通じてやりとりする仕組みのこと。

 

(2)農業支援事業

 GAP認証取得農産物を含むりんごの受託販売及び仕入販売、国産農産物を対象としたマーケティング活動及び販売促進活動を行っております。また、子会社の株式会社シェアガーデンホールディングスを通じ、その子会社である株式会社オーガニックパートナーズにて、有機農産物等の仕入・販売を行っております。

 

 事業の系統図は以下のとおりであります。

 

(1)オペレーション支援事業

0101010_001.png

 

(2)農業支援事業

0101010_002.png

 

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

株式会社シェアガーデンホールディングス

(注)1

東京都

豊島区

50

農業支援事業

56.8

役員の兼任あり。

株式会社オーガニックパートナーズ

(注)1、2

東京都

大田区

10

農業支援事業

56.8

[56.8]

役員の兼任あり。

株式会社シェアガーデンホールディングスが100%出資する当社の連結子会社(孫会社)であります。

(非連結子会社)

その他2社

 

 

 

 

 

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.議決権の所有割合の[ ]内は、間接所有割合で内数となっております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年11月30日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

オペレーション支援事業

177

(65)

農業支援事業

29

(22)

報告セグメント計

206

(87)

全社(共通)

41

(8)

合計

247

(95)

 (注)1. 従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時従業員数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

     2. 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年11月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

244

(95)

40.9

9.7

5,434

 

セグメントの名称

従業員数(人)

オペレーション支援事業

177

(65)

農業支援事業

26

(22)

報告セグメント計

203

(87)

全社(共通)

41

(8)

合計

244

(95)

 (注)1. 従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時従業員数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2. 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3. 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(3)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 

(1)会社の経営の基本方針

 当社グループは、「全ては生産者と生活者のために」を経営理念に掲げ、「食の流通情報を活用し、生産者の暮らしを支え、生活者の食生活に貢献する」企業グループを目指し、事業を展開しております。

 

(2)目標とする経営指標

 当社グループは、顧客ニーズへの柔軟な対応と、サービスレベル・生産性の向上を追求することで、企業価値を向上させることを重要な経営戦略として掲げており、それを図る尺度として、売上高及び経常利益を重要な経営指標と位置付けております。また今後の成長に向けた新規サービスの開発投資が重要との認識からEBITDA(=営業利益+減価償却費)も経営指標として重要視しております。

 

(3) 中長期的な会社の経営戦略

 当社グループは、システムと業務受託で青果物流通に関わるすべてのプレイヤーを支援し、圧倒的な優位性を持つオペレーション会社になる事を目指しております。

 

(4)経営環境

 当社グループの主たる事業領域である生鮮流通を取り巻く環境は、コロナ禍以前から大きな課題を抱えており、小売業は、消費低迷・人口減の影響などからスーパーの統合や連携の動きが増加していることに加え、コロナ禍においてEC(Electronic Commerce:電子商取引)や宅配事業者などが伸長し、競争の激化が起こっている状況です。卸売市場についても、コロナ禍以前より卸売数量が減少しており、働き手の確保や物流の効率化など構造的課題を抱えております。

 

(5)対処すべき課題

 当社グループは、コロナ禍における社会及び消費者の意識変化に注視しておりました。特に当社グループの顧客が食品ロスや環境問題、地域内循環やサプライチェーン短縮化の重要性の認識といった社会の意識変化、衛生意識の高まり、節約志向や家庭内調理の増加といった消費者の意識変化に対応するため、非接触、キャッシュレスなどの店舗効率化やネット活用による顧客囲い込み、節約・簡便・健康志向・環境問題に対応した商品調達・供給力強化、ECや宅配利用増加に伴う物流業者の負担増大を踏まえた物流機能の効率化といった、構造的課題への対応スピードを上げてくると想定しております。その中で当社グループの経験やノウハウが活かせる分野において、各業界のプレイヤーとの取り組み等を行ってサービス化に努めております。

 また、既存事業については、引き続き、ローコストオペレーションを徹底し、さらなる生産性向上に努めてまいります。また、業務受託や保有するシステムについて、新規顧客を開拓し、売上拡大を図ってまいります。

 

 なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年2月26日)現在において判断したものであります。

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年2月26日)現在において当社グループが判断したものです。

(1)特定の取引先への依存について
 当社は、輸入青果物の市場外流通に関わる事業者(以下、アライアンス企業)とともにサプライチェーンを構築した際、利用する基幹情報システムの開発・運用・保守、および事務業務代行を役割としたシェアードサービスを提供することで事業を開始しました。
 川上から川下までの企業の生産(輸入)・加工・物流・販売等の情報の一元化と、受注・引当・出荷・請求等の業務オペレーションの標準化により、青果物の廃棄ロスの削減、在庫の適正化、事務コストの削減などアライアンス企業のサプライチェーンの価値を高めるサービスを提供してきました。また、提供サービスの課金体系も、基幹情報システムを利用したデータ量に応じた課金、事務代行については業務処理量に応じた課金であり、顧客の利用状況に合わせた従量制となっております。
 以下は、主要なアライアンス企業と当社の事業上の関係を図示したものです。

0102010_001.png

 

 図表のアライアンス企業向けの売上構成比率は創業時からの事業でもあるため、高い水準にあります。今後とも各社との取引の維持、拡大を図ってまいりますが、アライアンス企業の経営環境の変化にともない、各社の業績不振などにより、当社システム利用の一部見直しや、当社に委託している事務業務の一部を内製化する等の方針変更の可能性等により、当社のシステム利用データ量、業務処理量が減少した場合には、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)取引先情報の管理について

 当社グループは、情報サービス企業として、青果物サプライチェーンに対応した「イーサポートリンクシステム」、小売量販店のデマンドチェーンに対応した「生鮮MDシステム」、農産物の生産履歴管理システムである「農場物語」など、複数のシステムによりサービスを提供し、顧客の生産・販売数量や仕入・販売価格などの重要な情報、また農産物生産者の個人情報等をシステムにより管理しております。また、システム開発や運用業務の一部について、外部委託をしております。

 システム障害や情報漏えいなど万一の場合に備えて、コンピュータセキュリティの強化、保守体制の構築、「ISO/ICE27001:2013」認証取得によるシステム運用・管理ルールの徹底、外注先への秘密保持契約の締結と監督など、複数の対策を実施しております。しかしながら、災害によるソフトウエアやネットワーク、コンピュータ機器等が被災した場合のシステム障害の発生や内部情報の消失、当社の想定を超えた不正アクセスや予測不能のコンピュータウィルス感染などによる情報漏洩、データの改ざんなどの被害を受ける可能性があります。このような事態が発生した場合、当社の社会的信用や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)新規事業への取り組みについて

 当社グループは、事業の拡大と収益基盤の強化を図るため、新規事業への展開を積極的に進めております。しかしながら、業界動向、市場動向及び法的規制等の事業環境の変化により、新規事業が当初予定していた計画を達成できず、投資に見合うだけの十分な収益を計上できない場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(4)生鮮青果物の流通量および価格変動について

 当社グループの提供するシステムおよび業務受託サービスは、生鮮青果物の生産者から中間流通業者、小売業者ま

で、青果物業界の川上から川下までの事業者等を主な対象としております。また、小売店等に農産物等を販売する事

業も行っております。

 生鮮青果物は、生産量や品質が天候に左右されるという特徴があり、当社サービスは、顧客がシステムを利用する

データ量や業務受託量による従量課金制を採用しているため、天候不順や自然災害で青果物の生産量が著しく減少

し、当社の取り扱い業務量が減少した場合や、相場により農産物の仕入価格の高騰や販売価格が下落した場合には、

経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、輸入青果物においては、生産国の政治的な事情や為替相場の影響

などにより、日本への輸入量が減少した場合なども、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)人材の確保と育成について

 当社グループが実施するサービスについては、優秀な人材の確保と教育体制の充実による継続的な人材育成が必要

不可欠であると認識しております。適切な人員の確保や育成ができなければ、事業拡大など会社の成長に影響をあた

える可能性があります。また、人材の確保・育成が順調に進んだとしても、その人材が外部流出することにより、人

的戦力の低下、ノウハウの流出、知的財産、その他の機密情報も流出する可能性があります。

 当社グループでは人材の流出を防止するための施策として、透明性の高い人事考課の徹底、従業員持ち株会制度を

導入しています。さらに、社内規則として機密保持について規定し、周知徹底を図るとともに、退職時には機密保持

に関する念書を徴収しておりますが、これらの対応が将来においても効果的に機能する保証はなく、今後、人材の流

出が進んだ場合、当社グループの事業活動に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)知的財産権及び訴訟の可能性について

 当社グループの情報システムやビジネスモデルについて、特許権や実用新案権の対象となる可能性があるものにつ

いて、権利保護を目的として各種申請を行っており、今後も適切な措置を講じていきます。当社グループの知的財産

権等が第三者から侵害された場合、知的財産権保全のために訴訟を提起しなければならないこととなり、多額の訴訟

費用が費やされる可能性があります。

 また、ソフトウエア等に関する技術革新の急速な進展等により、当社の開発した情報システムが第三者の知的財産

に抵触する可能性を的確に想定、判断できない可能性があります。第三者により知的財産権等の侵害を主張され、損

害賠償や使用差し止めの訴えなどにより、当社グループの事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。さら

に、当社グループの提供しているシステムの障害や重大な人為的ミス等により、顧客に損害を与える可能性があり、

顧客から訴訟を提起された場合にも、当社グループの事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)自然災害等の影響について

 当社グループは、南海トラフ巨大地震や首都圏直下地震などの大規模な地震をはじめとする災害や新型インフルエ

ンザなどの感染症の発生などを想定し、必要とされる安全対策や事業継続・早期復旧のための対策について、事業継

続計画(BCP)を策定しております。しかし、災害や感染症などが発生した場合のリスク全てを回避することは困難

であり、また、昨今の気候変動などに伴う災害の大規模化により、想定していない規模での発生も考えられるため、

その場合は、事業活動の縮小など、当社グループの経営成績および財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)固定資産の減損について

 当社グループが保有する固定資産について、経営環境の著しい悪化により、事業の収益性が低下した場合や、市場

価格が著しく下落した場合などには、固定資産の減損会計の適用による減損損失が発生し、当社グループの業績に影

響を及ぼす可能性があります。

 

(9)新型コロナウイルス感染症の感染拡大のリスクについて

 当社グループは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、対策本部を設置し、顧客・取引先及び従業員の健康と安全確保のため、6項目からなる「感染防止基本行動」を定め、その徹底に努めております。

 また、出張や長距離移動の原則禁止(やむを得ない場合は、PCR検査又は抗原検査の義務付け)、Webを用いたリモート会議の活用、可能な範囲での在宅勤務や時差出勤等の取り組みを行っております。

 当社グループでは、新型コロナウイルス感染症の影響から、特に営業活動の制約により新規事業の展開に大きな影響が出たこと、また2021年1月7日に政府より緊急事態宣言が発出されるなど、新型コロナウイルス感染拡大の終息時期や当社グループへの影響見通しが立たない状況を踏まえ、中期経営数値を合理的に算出することが困難となったことから、2021年1月14日に中期経営計画の数値目標の取り下げを行いました。

 今後、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が長期化し、緊急事態宣言の再々発令が行われ、外出自粛等の制限が行われた場合、営業活動に大きな支障が発生し、当社グループの財政状態や経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次の通りです。

 

①経営成績の状況

 当連結会計年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にありますが、感染拡大の防止策を講じながら、社会経済活動のレベルを引き上げていく中で、各種政策の効果がありつつも、感染症が内外の経済を下振れさせるリスクに十分に注意する必要があります。

 一方で、当社グループの主たる事業領域である生鮮流通を取り巻く環境は、コロナ禍以前から大きな課題を抱えており、小売業は、消費低迷・人口減の影響などからスーパーの統合や連携の動きが増加していることに加え、コロナ禍においてEC(Electronic Commerce:電子商取引)や宅配事業者などが伸長し、競争の激化が起こっている状況です。卸売市場についても、コロナ禍以前より卸売数量が減少しており、働き手の確保や物流の効率化など構造的課題がありました。

 このような状況の中、当社グループは、コロナ禍における社会及び消費者の意識変化に注視しておりました。特に当社グループの顧客が食品ロスや環境問題、地域内循環やサプライチェーン短縮化の重要性の認識といった社会の意識変化、衛生意識の高まり、節約志向や家庭内調理の増加といった消費者の意識変化に対応するため、非接触、キャッシュレスなどの店舗効率化やネット活用による顧客囲い込み、節約・簡便・健康志向・環境問題に対応した商品調達・供給力強化、ECや宅配利用増加に伴う物流業者の負担増大を踏まえた物流機能の効率化といった、構造的課題への対応スピードを上げてくると想定しております。その中で当社グループの経験やノウハウが活かせる分野において、各業界のプレイヤーとの取り組み等を行ってサービス化に努めてまいりましたものの、コロナ禍において営業活動の制約等もあったことから、売上に関しては当初計画と比較して厳しい状況となりましたが、コスト等を削減することで営業利益ではほぼ計画通りに進捗いたしました。

 売上高につきましては、56億53百万円(前連結会計年度比1.6%増)、営業利益は2億65百万円(同1.4%増)、経常利益は2億35百万円(同7.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は1億16百万円(同31.2%増)となりました。

 

 セグメント別の業績は、次の通りです。

 ⅰ)オペレーション支援事業

 当社の輸入青果物の流通オペレーションにかかわるノウハウや知見について、国産青果物流通に展開する取り組みを各企業と実証実験を行ってまいりました。地産地消など売場を起点とした調達支援の取り組み、仲卸企業とは既存の市場流通の課題解決に向けた取り組み、生産者とは小売企業との直取引支援の取り組みを行い、サービス化を実現いたしました。

 また、従前からの課題でありました、輸入青果物サプライチェーンの受託業務オペレーションの効率化を推進し、生産性を向上させることで、国産青果物流通への展開スピードを上げる環境を構築しております。さらに、大手チェーンストア向けの「生鮮MDシステム」については、顧客の地域分社化に伴い、地域毎のより細かいニーズに対応すべく機能の改修や追加を行い、未導入だったグループ会社や部門への導入に向けた取り組みを前期より実施するとともに、地方チェーンストアへの導入に向けた営業を本格化いたしました。

 以上の結果、売上高44億75百万円(前連結会計年度比3.3%減)、営業利益14億75百万円(同5.4%減)となりました。

 

ⅱ)農業支援事業

 青森県の「岩木山りんご生産出荷組合」からのりんご事業については、令和2年度産のりんごの集荷量は増加とともに、新たに国産青果物の取り扱いも堅調に推移し、また、子会社の有機農産物販売については、輸入果実が増加と売上増に寄与いたしました。

 2018年から取り組んでおりますドラッグストア向けの青果売場構築支援事業は、コロナ禍により当初目標であった期末時点での単月黒字化の達成はできませんでしたが、来年度に向けて本格展開の準備を行っております。

 海外で実証実験を行っておりましたセンシング技術のビジネス活用に向けた取り組みは、コロナ禍ではありますが、国内で継続して実証実験ができる環境を整え、継続して行ってまいりました。

 以上の結果、売上高11億77百万円(前連結会計年度比26.3%増)、営業損失1億93百万円(前連結会計年度は営業損失2億3百万円)となりました。

 

 

 

 

②財政状態の状況

(資産の部)

  当連結会計年度末における資産の残高は、前連結会計年度末と比べて87百万円減少し、55億35百万円(前連結会計年度末比1.5%減)となりました。内訳としては、流動資産が38億90百万円(同7.8%増)、固定資産が16億44百万円(同18.3%減)となりました。

  流動資産の主な増加要因は、現金及び預金が3億6百万円増加したことによるものです。

  固定資産の主な減少要因は、ソフトウエアが1億98百万円、ソフトウエア仮勘定が59百万円減少したことによるものです。

(負債の部)

  当連結会計年度末における負債の残高は、前連結会計年度末と比べて1億82百万円減少し、13億88百万円(同11.6%減)となりました。内訳としては、流動負債が8億41百万円(同13.8%減)、固定負債が5億47百万円(同8.0%減)となりました。

  流動負債の主な減少要因は、リース債務が45百万円、未払金が51百万円減少したことによるものです。

  固定負債の主な減少要因は、長期借入金が44百万円減少したことによるものです。

(純資産の部)

  当連結会計年度末における純資産の残高は、前連結会計年度末と比べて95百万円増加し、41億47百万円(同2.3%増)となりました。

  この結果、自己資本比率は74.9%となりました。

  その主な増加要因は、利益剰余金について親会社株主に帰属する当期純利益を1億16百万円計上した一方、配当により22百万円減少したことによるものです。

 

③キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税金等調整前当期純利益の計上、減価償却費の計上等により、前連結会計年度末に比して3億6百万円増加し、30億10百万円となりました。

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 (営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果得られた資金は5億67百万円(前年同期は6億74百万円の収入)となりました。これは主に税金等調整前当期純利益を1億67百万円、減価償却費を4億0百万円計上したこと等によるものであります。

 (投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は93百万円(前年同期は4億64百万円の支出)となりました。これは主に無形固定資産の取得による支出81百万円等によるものであります。

 (財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果使用した資金は1億67百万円(前年同期は40百万円の支出)となりました。これは主に長期借入金の返済による支出65百万円、ファイナンス・リース債務の返済による支出52百万円等によるものであります。

 

④生産、受注及び販売の実績

(a)生産実績

 当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

至 2020年11月30日)

前年同期比(%)

農業支援事業(千円)

89,222

926.1

 (注)1.金額は販売価格により算出したものであります。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.当連結会計年度における生産実績の著しい変動の要因は、「①経営成績の状況」に記載のとおりであります。

 

 

(b)製品仕入実績

 当連結会計年度における製品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

至 2020年11月30日)

前年同期比(%)

農業支援事業(千円)

63,085

1,177.3

 (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.当連結会計年度における製品仕入実績の著しい変動の要因は、「①経営成績の状況」に記載のとおりであります。

 

 

(c)商品仕入実績

 当連結会計年度における商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

至 2020年11月30日)

前年同期比(%)

農業支援事業(千円)

446,366

115.8

 (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(d)受注実績

 当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

オペレーション支援事業

4,430

16.0

  (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(e)販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

至 2020年11月30日)

前年同期比(%)

金額(千円)

オペレーション支援事業

4,475,471

96.7

農業支援事業

1,177,735

126.3

合計

5,653,207

101.6

 (注)1. セグメント間の取引については相殺消去をしております。

    2. 最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

(自 2018年12月1日

至 2019年11月30日)

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

至 2020年11月30日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

㈱ケーアイ・フレッシュアクセス

1,112,536

20.0

1,276,144

22.6

㈱ファーマインド

836,065

15.0

822,929

14.6

㈱ドール

816,162

14.7

390,863

6.9

3. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年2月26日)現在において判断したものであります。

 

①重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたりましては、資産・負債の評価及び収益・費用の認識について重要な会計方針に基づき見積り及び仮定による判断を行っており、経営者はこれらの見積り及び仮定に関して継続して評価を行っております。しかし、見積りには特有の不確実性があるため、実際の結果につきましては見積りと異なる可能性があります。

 なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。

 また、会計上の見積りに対する新型コロナウイルス感染症の影響に関しては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 追加情報(新型コロナウイルスの感染拡大に伴う会計上の見積りについて)」に記載しております。

 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

(a)財政状態

「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② 財政状態の状況」に記載のとおりであります。

 

 

(b)経営成績

当連結会計年度における業績の概要は次のとおりであります。

(売上高)
 当連結会計年度における売上高は56億53百万円(前連結会計年度比1.6%増)となりました。その主な内訳は、オペレーション支援事業売上44億75百万円(同3.3%減)、農業支援事業売上11億77百万円(同26.3%増)であります。主な増減要因は、オペレーション支援事業では、生鮮青果物サプライチェーン向けに提供する「イーサポートリンクシステムVer.2」および業務受託サービスにおけるサービス料金の見直しを実施したこと、「生鮮MDシステム」については、大手チェーンストアのグループ企業、子会社等への導入が拡大し、トランザクション量が増加したこと、農業支援事業では、子会社で取り扱いを開始した輸入果実の有機バナナの販売量が増加したこと、ドラッグストア向けの新業態開発としてのサービス実証実験についても継続して75店舗(2020年11月期末時点)で取り組んだことによるものであります。

(売上原価)
 売上原価は、33億79百万円(同1.4%増)となりました。主な内訳は、労務費として10億33百万円、ソフトウエア開発等の設備投資による減価償却費が3億80百万円、保守管理費が6億41百万円であります。これらにより、売上総利益は22億74百万円(同2.0%増)となりました。

(販売費及び一般管理費)
 販売費及び一般管理費は、20億9百万円(同2.1%増)となりました。主な内訳は、人件費として11億69百万円、保守管理費が2億41百万円であります。これらにより、営業利益は2億65百万円(同1.4%増)となりました。

(営業外損益)
 営業外収益は、9百万円となりました。主な内訳は、受取利息4百万円、受取配当金2百万円であります。営業外費用は、38百万円となりました。主な内訳は、コミットメントフィー21百万円、貸倒引当金繰入額12百万円であります。これらにより、経常利益は2億35百万円(同7.1%減)となりました。

(特別損益)
 特別損失は、67百万円となりました。主な内訳は、減損損失33百万円、投資有価証券評価損27百万円であります。

(税金費用)
 税金費用は、50百万円となりました。主な内訳は、法人税、住民税及び事業税として35百万円、法人税等調整額15百万円計上したことによるものです。これらにより、親会社株主に帰属する当期純利益は1億16百万円(同31.2%増)となりました。

 

③経営成績に重要な影響を与える要因について

 当社グループの経営成績に影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

④資本の財源及び資金の流動性についての分析

 当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③ キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 当社グループは、運転資金及び設備資金につきましては、内部資金または借入により資金調達することとしております。このうち、借入による資金調達に関しましては、運転資金については短期借入金で、設備資金などの長期資金は、長期借入金で調達しております。

 なお、当連結会計年度において、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化するリスクに万全を期すため、機動的な資金調達手段としてコミットメントライン契約(取引金融機関5行と総額20億円)を締結いたしました。本契約における当連結会計年度末の借入実行残高はありません。

4【経営上の重要な契約等】

(1)システム使用許諾契約

 当社は、下記取引先との間で、「イーサポートリンクシステム」の利用に関する契約を締結しております。

相手方

契約内容

期間

株式会社ケーアイ・

フレッシュアクセス

当社はイーサポートリンクシステムに関する使用許諾を行い、その対価として相手方よりシステム使用料の支払いを受けます。

2018年8月1日から

2021年7月31日まで。

株式会社ドール

当社はイーサポートリンクシステムに関する使用許諾を行い、その対価として相手方よりシステム使用料の支払いを受けます。

2019年1月1日から

2020年12月31日まで。

株式会社

ファーマインド

当社はイーサポートリンクシステムに関する使用許諾を行い、その対価として相手方よりシステム使用料の支払いを受けます。

2018年8月1日から

2023年7月31日まで。以後3年ごとの自動更新により継続

 

(2) 業務委託契約

 当社は、下記取引先との間で、青果物販売及び管理に係る業務の委託に関する契約を締結しております。

相手方

契約内容

期間

株式会社ケーアイ・

フレッシュアクセス

当社は青果物販売及び管理に係る業務の委託を受け、その対価として相手方より業務受託料の支払いを受けます。

2018年8月1日から

2021年7月31日まで。

株式会社

ファーマインド

当社は青果物販売及び管理に係る業務の委託を受け、その対価として相手方より業務受託料の支払いを受けます。

2018年8月1日から

2023年7月31日まで。以後3年ごとの自動更新により継続

 

 

5【研究開発活動】

 該当事項はありません

 

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度における設備投資の総額は、116百万円(無形固定資産を含む。)であります。主にオペレーション支援事業におけるシステムの機能強化やイーサポートリンクシステムVer.2及び生鮮MDシステムなどに投資をいたしました。

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

当社は、本社事務所の他、国内に3ヶ所の事業所及び1ヶ所のセンターを設けております。

以上のうち、主要な設備は以下のとおりであります。

2020年11月30日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物及び

構築物

ソフトウエア及び

ソフトウエア仮勘定

工具、器具

及び備品

土地

(面積㎡)

リース資産

合計

本社事務所

(東京都豊島区)

オペレーション支援事業、

農業支援事業

及び全社

サーバー、保守業務施設

及び事務所

18,699

500,761

53,652

12,450

585,564

159

(22)

国内事業所等

(神戸市中央区他2ヶ所)

 

オペレーション支援事業

 

業務施設

20,110

7,759

2,907

30,778

77

(54)

弘前センター

(青森県弘前市)

 

農業支援事業

 

業務施設

57,894

3,796

366

122,519
(13,570.52)

184,576

8

(19)

 (注)1. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2. 本社事務所及び国内事業所等設備は賃借によっており、年間賃借料はそれぞれ114,339千円及び45,931千円であります。

3. 従業員数の( )は、臨時従業員数の年間の平均人員を外書しております。

4. リース契約による主要な賃借設備は、重要性が乏しいため記載しておりません。

 

(2)国内子会社

連結子会社においては、記載すべき主要な設備はありません。

 

 

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。

 当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、除却等の計画はありません。

 

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

10,700,000

10,700,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年11月30日)

提出日現在発行数(株)

(2021年2月26日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

4,424,800

4,424,800

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数

100株

4,424,800

4,424,800

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2013年6月1日

(注)

4,380,552

4,424,800

2,721,514

620,675

 

 (注)株式分割(1:100)によるものであります。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月30日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

2

14

52

11

22

14,158

14,259

所有株式数

(単元)

294

1,757

12,601

1,907

59

27,601

44,219

2,900

所有株式数

の割合(%)

0.66

3.97

28.49

4.31

0.13

62.41

100.00

 (注)自己株式340株は、「個人その他」に3単元及び「単元未満株式の状況」に40株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年11月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社ファーマインド

東京都千代田区神田和泉町1番地 神田和泉町ビル7階

446,200

10.08

株式会社ケーアイ・フレッシュアクセス

東京都中野区中央1丁目38-1 住友中野坂上ビル15階

198,300

4.48

ピー・エス・アセット・ホールディングス株式会社

東京都千代田区大手町2丁目3-2

188,300

4.25

東洋埠頭株式会社

東京都中央区晴海1丁目8-8

111,100

2.51

株式会社協和

東京都福生市東町1番地1

106,600

2.40

株式会社フォーカスシステムズ

東京都品川区東五反田2丁目7-8

102,100

2.30

株式会社上組

兵庫県神戸市中央区浜辺通4丁目1-11

79,200

1.79

SMBC日興証券株式会社

東京都千代田区丸の内3丁目3-1

72,300

1.63

J.P.MORGAN SECURITIES PLC

(常任代理人 JPモルガン証券株式会社)

25 BANK STREET CANARY WHARF LONDON UK

(東京都千代田区丸の内2丁目7-3 東京ビルディング)

58,300

1.31

イーサポートリンク従業員持株会

東京都豊島区高田2丁目17-22 目白中野ビル4階

58,300

1.31

1,420,700

32.10

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年11月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

300

完全議決権株式(その他)

普通株式

4,421,600

44,216

単元未満株式

普通株式

2,900

発行済株式総数

 

4,424,800

総株主の議決権

 

44,216

(注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式40株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年11月30日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式総数

に対する所有

株式数の割合(%)

イーサポートリンク株式会社

東京都豊島区高田二丁目17番22号

300

300

0.00

300

300

0.00

 

2【自己株式の取得等の状況】

 【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

34

27,302

当期間における取得自己株式

(注)当期間における取得自己株式には、2021年2月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額(円)

株式数(株)

処分価額の総額(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(-)

保有自己株式数

340

340

(注)当期間における保有自己株式数には、2021年2月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社グループは、株主への利益還元を重要な経営課題の一つとして位置付け、経営体質の強化と将来の事業展開に必要な内部留保を確保しつつ、安定的な配当を継続的に実施することを基本方針としております。
 当期におきましては、内部留保を拡充しつつも、1株につき年間5円の配当を当期末配当として(中間配当は無配)実施することを決定しました。なお、内部留保資金は新規事業開発に充ててまいります。
 今後につきましても、同様の方針の下、経営成績及び財政状態並びに配当性向等を総合的に勘案しながら株主への利益還元を安定的・継続的に実施するよう努めてまいります。
 当社は、「取締役会の決議によって、毎年5月31日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。
 これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。


 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、企業価値の向上に向けて、経営環境の変化に適切に対処するための迅速な意思決定を行うこと、経営監視機能を強化すること、コンプライアンスを徹底すること、株主・取引先・従業員等のステークホルダーに対して、迅速かつ適切な情報開示を徹底するという基本方針に基づき、コーポレート・ガバナンスの充実を図ってまいります。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

a 企業統治の体制の概要

 当社は、監査役制度を採用しており、監査役会は社外監査役3名で構成されております。また、取締役8名で構成される取締役会には、社外取締役2名を選任し、経営監視機能の客観性・中立性を確保しております。また、執行役員制度の導入により、経営の意思決定・監督機能と業務執行を分離し、より一層経営のチェック体制の強化及び効率化を図っております。なお、重要会議・各種委員会につきましては、以下のとおり実施しております。

(ⅰ)取締役会

 取締役会は、取締役8名(うち社外取締役2名)、及び社外監査役3名(うち常勤監査役1名)で構成されており、毎月1回の定例取締役会並びに必要に応じて開催される臨時取締役会において業績・財政状態などの報告及び経営に関する重要事項を決定しております。

 議長:代表取締役社長 堀内信介

構成員:取締役副社長 仲村淳、取締役副社長 森田和彦、取締役 相原徹、取締役 深津弘行、

取締役 柴田好久、社外取締役 細川昌彦、社外取締役 大島孝之、

常勤社外監査役 鈴庄一喜、社外監査役 大西洋、社外監査役 白石真澄、

その他議長が会議の進行のために必要と認めた従業員等

(ⅱ)監査役会

 監査役会は、社外監査役3名(うち常勤監査役1名)で構成されており、期初に監査役会が策定しました監査方針及び監査計画に従い監査を行っております。また、監査役全員が取締役会へ出席、常勤監査役が経営会議など重要会議への出席、重要な決裁書類の閲覧、各部門・拠点・子会社へのヒヤリングを行うなど多面的な監査を行っております。

 議長:常勤社外監査役 鈴庄一喜

 構成員:社外監査役 大西洋、社外監査役 白石真澄

(ⅲ)経営会議

 経営会議は、業務執行上の重要事項や課題について審議すること及び情報の共有化を図ることを目的として、毎月1回開催しております。なお、経営会議には常勤監査役も出席し、必要あるときは意見を述べることとしております。

 議長:代表取締役社長 堀内信介

 構成員:取締役副社長 仲村淳、取締役副社長 森田和彦、取締役 相原徹、取締役 深津弘行、

取締役 柴田好久、常務執行役員 宇賀神浩、常務執行役員 圡戸健一、執行役員 青柳稔彦、

執行役員 三國宏行、執行役員 山﨑寿光、執行役員 伊藤訓、執行役員 稲葉暁信、

常勤社外監査役 鈴庄一喜、その他議長が会議の進行のために必要と認めた従業員等

(ⅳ)報酬委員会

 報酬委員会は、会社の経営の透明性確保に資することを目的に執行役員が受ける報酬の方針の策定、取締役及び執行役員が受ける個人別の報酬内容について審議しております。

 委員長:代表取締役社長 堀内信介

 構成員:社外取締役 細川昌彦、特別顧問 村井勝

(ⅴ)コンプライアンス委員会

 コンプライアンス委員会は、コンプライアンス体制の強化・充実を図ることを目的として設置しております。具体的な取り組みといたしましては、階層別のコンプライアンス研修の実施及び社内通報制度を導入しております。

 委員長:代表取締役社長 堀内信介

 構成員:取締役副社長 仲村淳、取締役 深津弘行、取締役 柴田好久、常務執行役員 宇賀神浩、

常勤社外監査役 鈴庄一喜

 

(ⅵ)リスクマネジメント委員会

 リスクマネジメント委員会は、リスクコントロールによるリスク顕在化の回避・低減を第一の目的とし、企業価値の最大化を図ると同時に、クライシスコントロールによるリスク顕在化後の適切な対応、再発防止に努め損害の極小化を図ることを目的として設置しております。

 委員長:代表取締役社長 堀内信介 副委員長:取締役副社長 仲村淳

 構成員:各部門の従業員

0104010_001.png

b 企業統治の体制を採用する理由

 当社は、迅速な意思決定、経営監視機能の強化を図るため、上記の体制を採用しております。また、当社は、社外取締役2名及び社外監査役3名を選任しており、その全員を株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員として届け出ていることから、十分な経営監視及び監査機能が整っていると考えております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

a 内部統制システムの整備の状況

 当社は、役員及び社員の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任を果たすため、コンプライアンスマニュアルを制定しており、役員及び社員に周知徹底しております。また、財務報告の信頼性と適正性を確保するため、職務権限規程、経理規程等の規程類の見直し、相互牽制の強化・充実を目的とした業務プロセスの整備等、金融商品取引法等の法令に準拠した財務報告に係る内部統制システムを整備しております。

b リスク管理体制の整備の状況

 当社においては、リスクマネジメント委員会を設置してリスク管理をしております。継続的に現状把握及び課題抽出を行い、その対策について協議検討を加えるとともに、監査部と連携を図ることにより、多角的な視点で管理する体制をとっております。また、継続的に社員への教育・研修を実施し、全社的に周知徹底を図っております。

c 提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社は、グループ全体の体制・向上を図るため「内部統制システム構築の基本方針」を制定・施行し、以下に対する対策を実施することにより、コンプライアンス体制の確立を図っております。

1. 「コンプライアンス基本方針」に基づいたコンプライアンス行動規範、コンプライアンスマニュアルの策定

2. 特定の者に権限が集中することを防ぐ内部牽制システムの確立

3. 関連する法規の制定・改正についての研修の実施

4. 内部通報制度の整備

5. 内部監査規程に基づく、監査の実施

6. 適切な開示を果たすため開示委員会の設置

7. 反社会的勢力とは一切関わりを持たないことの徹底

 また、「関係会社管理規程」に基づき、グループ会社を管理する担当部署を設置し、関係会社に関するその他の日常的業務について、助言・指導を行う体制を構築しております。

d 責任限定契約の内容の概要

 当社は、非業務執行取締役及び監査役全員と、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該非業務執行取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

e 取締役の定数

 当社の取締役は9名以内とする旨定款に定めております。

f 取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

g 自己の株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって同条第1項に定める市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。

h 取締役及び監査役の責任免除

 当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務の遂行にあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

i 中間配当

 当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年5月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。

j 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性10名 女性1名 (役員のうち女性の比率9.1%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

代表取締役

社 長

堀内 信介

1955年1月11日

 

1977年3月

㈱トーカン入社

1983年7月

協和薬品㈱入社

1983年7月

同社取締役就任

1996年12月

同社専務取締役就任 営業本部長 兼 管理本部長

1998年10月

㈱ケーアイ・フレッシュアクセス取締役副社長就任 営業本部長

2000年8月

㈱ナチュラルコミュニケーションズ監査役就任

2000年12月

当社取締役就任

2001年5月

㈱ナチュラルコミュニケーションズ取締役就任

2001年12月

㈱マルヤ監査役就任

2002年4月

当社取締役 兼 COO

2003年4月

㈱STアグリプロダクツ取締役就任

2003年12月

当社取締役 兼 COO 兼 マーケティング本部長

2004年2月

当社代表取締役社長就任 兼 マーケティング本部長

2004年5月

当社代表取締役社長

2007年4月

㈱津軽りんご販売(後に㈱農業支援に商号変更)代表取締役社長

2007年12月

当社代表取締役社長 兼 生鮮MD本部長

2008年7月

当社代表取締役社長

2015年12月

当社代表取締役社長 営業部門担当

2016年12月

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)3

25,000

取締役副社長

管理本部長

仲村 淳

1957年2月7日

 

1980年4月

㈱太陽神戸銀行(現㈱三井住友銀行)入行

2002年7月

㈱三井住友銀行中之島西支店副支店長

2002年10月

同行中之島支店副支店長

2003年7月

同行人事部 主任調査役

2004年4月

当社出向 管理本部長代行

2004年5月

当社管理本部長

2004年6月

当社常務執行役員 管理本部長

2004年8月

当社常務執行役員 管理本部長 兼 総務部長

2004年11月

当社常務執行役員 管理本部長

2005年1月

当社入社

2005年2月

当社取締役就任 兼 常務執行役員 管理本部長

2007年2月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理本部長

2008年12月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理本部長 内部統制室担当 管理本部法務担当 管理本部IR担当

2009年2月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理本部長 内部統制室担当 管理本部法務担当 管理本部IR担当 管理本部人事部長

2009年7月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理本部長 内部統制室担当 管理本部法務担当 管理本部IR担当

2009年12月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理グループ担当

2013年1月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理グループ・事業企画推進室担当

2013年12月

当社取締役 兼 専務執行役員 管理グループ担当

2015年12月

当社取締役 兼 専務執行役員 BPO事業・管理部門担当

2017年2月

当社取締役副社長

2019年6月

当社取締役副社長 兼 管理本部長(現任)

 

(注)3

5,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

取締役副社長

森田 和彦

1960年12月28日

 

1981年4月

㈱応研入社

1985年1月

シーレックス㈱入社

1991年5月

㈱ビー・エス・ピー入社

1995年4月

㈲コスミック代表

1997年1月

協和薬品㈱入社

1998年10月

㈱ケーアイ・フレッシュアクセス入社

2002年4月

当社入社 執行役員 SISディビジョンマネージャー 兼 システム開発グループマネージャー 兼 セールスサポートグループマネージャー

2004年6月

当社常務執行役員 SIS本部長 兼 システム開発部長 兼 統括管理担当

2005年2月

当社取締役就任 兼 常務執行役員 SIS本部長 兼 システム開発部長 兼 統括管理担当

2008年7月

当社取締役 兼 常務執行役員 生鮮MD本部長

2009年12月

当社取締役 兼 常務執行役員 生鮮MDグループ担当

2010年2月

当社常務執行役員 生鮮MDグループ担当

2013年12月

当社常務執行役員 システムソリューショングループ担当・システムオペレーショングループ担当

2014年2月

当社取締役 兼 常務執行役員 システムソリューショングループ担当・システムオペレーショングループ担当

2015年12月

当社取締役 兼 常務執行役員 システム事業担当

2017年2月

当社取締役 兼 専務執行役員

2019年2月

当社取締役副社長(現任)

 

(注)3

5,600

取締役

専務執行役員

事業推進本部長

相原 徹

1960年1月14日

 

1984年4月

かながわ生活協同組合入職

1997年3月

協和薬品㈱入社

1998年10月

㈱ケーアイ・フレッシュアクセス入社

2007年4月

同社執行役員サービスセンター本部長

2013年4月

同社常務執行役員商品・物流部門長

2018年4月

同社専務執行役員物流統括部門長

2018年11月

当社入社

2019年2月

当社取締役 兼 専務執行役員

2019年6月

当社取締役 兼 専務執行役員 経営企画担当

2019年12月

当社取締役 兼 専務執行役員 SCM事業部・リテールサポート事業部・流通インフラサービス事業部・戦略事業部担当

2020年12月

当社取締役 兼 専務執行役員 事業推進本部長(現任)

 

(注)3

-

取締役

常務執行役員

アグリビジネス本部長

深津 弘行

1966年6月7日

 

1993年10月

協和薬品㈱入社

1998年10月

㈱ケーアイ・フレッシュアクセス入社

2003年4月

当社入社

2004年6月

当社業務本部業務統括部長

2005年2月

当社執行役員 業務本部業務統括部長

2009年7月

当社執行役員 業務本部副本部長

2009年12月

当社執行役員 営業開発グループマネージャー

2015年12月

当社執行役員 経営企画室長

2017年2月

当社取締役 兼 常務執行役員

2019年6月

当社取締役 兼 常務執行役員 戦略事業部長

2020年12月

当社取締役 兼 常務執行役員 アグリビジネス本部長(現任)

 

(注)3

3,100

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

取締役

常務執行役員

事業推進本部事業管理室長

柴田 好久

1963年9月20日

 

1984年4月

㈱サイコム入社

2006年11月

当社入社

2010年2月

当社執行役員 生鮮MDグループマネージャー

2013年12月

当社執行役員 システムソリューショングループマネージャー

2015年12月

当社執行役員 営業グループマネージャー 兼 システムソリューショングループマネージャー

2017年2月

当社取締役 兼 常務執行役員

2019年6月

当社取締役 兼 常務執行役員 流通インフラサービス事業部長

2020年12月

当社取締役 兼 常務執行役員 事業推進本部事業管理室長(現任)

 

(注)3

2,300

取締役

細川 昌彦

1955年1月20日

 

1977年4月

通商産業省(現経済産業省)入省

1998年6月

同省通商政策局米州課長

2002年7月

同省貿易管理部長

2003年7月

同省中部経済産業局長

2004年8月

日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長

2006年9月

㈳日本鉄鋼連盟常務理事

2008年9月

中京大学経済学部 教授

2009年9月

中部大学 特任教授(中部高等学術研究所)

2017年2月

当社社外監査役

2019年2月

当社取締役(現任)

2020年9月

明星大学経営学部教授(現任)

 

(注)3

-

取締役

大島 孝之

1955年4月1日

 

1979年3月

㈱主婦の店秩父店(現㈱ベルク)入社

1994年5月

同社取締役店舗運営部長

2002年5月

同社常務取締役店舗運営部長

2014年4月

同社代表取締役専務

2014年5月

同社代表取締役社長

2020年5月

同社相談役(現任)

2021年2月

当社取締役(現任)

 

(注)3

-

監査役

(常勤)

鈴庄 一喜

1953年3月29日

 

1977年4月

麒麟麦酒㈱入社

2003年3月

同社医薬カンパニー総務部長

2007年7月

同社人事総務部長

2008年3月

同社執行役員人事総務部長

2010年3月

同社常務執行役員人事総務部長

2011年3月

キリンホールディングス㈱常勤監査役

2013年3月

協和発酵キリン㈱(現協和キリン㈱)社外監査役

2015年4月

早稲田大学理事

2015年6月

同大学常任理事

2018年12月

同大学評議員(現任)

2018年12月

公益財団法人Uビジョン研究所監事(現任)

2019年2月

当社監査役

2021年2月

当社常勤監査役(現任)

 

(注)4

-

監査役

大西 洋

1955年6月13日

 

1979年4月

㈱伊勢丹入社

2009年6月

同社代表取締役社長執行役員

2010年6月

㈱三越伊勢丹ホールディングス取締役

2011年4月

㈱三越伊勢丹代表取締役社長執行役員

2012年2月

㈱三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長執行役員

2017年4月

同社取締役

2018年6月

セガサミーホールディングス㈱社外取締役

2018年6月

日本空港ビルデング㈱取締役副社長執行役員(現任)

2018年7月

㈱羽田未来総合研究所代表取締役社長執行役員(現任)

2021年2月

当社監査役(現任)

 

(注)4

-

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

監査役

白石 真澄

1958年11月6日

 

1989年5月

㈱ニッセイ基礎研究所入社

2001年4月

同社主任研究員

2006年4月

東洋大学経済学部社会経済システム学科教授

2007年4月

関西大学政策創造学部教授(現任)

2013年6月

旭化成㈱社外取締役(現任)

2014年6月

中日本高速道路㈱社外監査役(現任)

2015年6月

新関西国際空港㈱社外監査役(現任)

2019年4月

菱洋エレクトロ㈱社外取締役(現任)

2021年2月

当社監査役(現任)

 

(注)4

-

 

41,000

 (注)1. 取締役 細川 昌彦及び大島 孝之は、社外役員(会社法施行規則第2条第3項第5号)に該当する社外取締役(会社法第2条第15号)であります。

    2. 監査役 鈴庄 一喜、大西 洋及び白石 真澄の3名は、社外役員(会社法施行規則第2条第3項第5号)に該当する社外監査役(会社法第2条第16号)であります。

3. 2021年2月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4. 2021年2月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5. 当社は、執行役員制度を導入しており、専務執行役員に相原 徹、常務執行役員に深津 弘行・柴田 好久・宇賀神 浩・圡戸 健一、執行役員に青柳 稔彦・三國 宏行・山﨑 寿光・伊藤 訓・稲葉 暁信が任命されております。

 

② 社外役員の状況

a 社外取締役及び社外監査役の員数

当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。

b 社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係

当社の社外取締役である細川昌彦及び大島孝之、社外監査役である鈴庄一喜、大西洋及び白石真澄は、当社との人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はございません。

c 社外取締役及び社外監査役が企業統治において果たす機能及び役割

社外取締役及び社外監査役については、他社の職務、役員を歴任されたことなどにより得た各々の優れた知見を有し、客観的立場から取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保する助言や提言を頂くことにより経営監視を行っていただいております。また、社外取締役である細川昌彦及び大島孝之、社外監査役である鈴庄一喜、大西洋及び白石真澄を株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

なお、当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準及び方針は定めておりませんが、選任にあたっては、株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。

d 社外取締役又は社外監査役の選任状況に関する提出会社の考え方

当社の社外取締役及び社外監査役は、豊富な経験と幅広い識見を有し、また、専門的な知見に基づき、客観的かつ適切な監視、監督といった期待される機能を十分に果たし、会社の企業統治の有効性に大きく寄与しているものと考えております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外監査役は、定期的に内部監査部門及び会計監査人より、監査の状況等について報告を受けるとともに意見交換を行っており、常勤監査役が内部統制部門より適宜報告を受けた内容について、監査業務にて情報を共有しております。また、社外取締役は、取締役会において、内部統制部門から報告を受けており、必要に応じ助言や提言を行っております。

(3)【監査の状況】

① 監査役監査の状況

 監査役監査につきましては、常勤監査役1名及び非常勤監査役2名が年間の監査方針及び実施計画を作成しております。監査に当たっては、稟議書その他業務執行に関する重要な文書の査閲を行うとともに、必要に応じて関係者へのヒアリングを実施しております。また、監査役全員が取締役会に出席、常勤監査役が経営会議等の社内の重要会議へ出席するほか、代表取締役との定期的な意見交換会及び主要な使用人との意見交換会を通じて取締役の業務執行状況の監査を実施しております。各監査役の活動の内容は、毎月開催される監査役会にて報告され討議検討されます。期末監査終了後は、監査法人との意見交換を行い、監査報告書を作成、取締役に提出し、定時株主総会に出席して監査報告を行っております。

② 内部監査の状況

 内部監査につきましては、当社及び子会社の経営活動における各種リスクに対する内部管理体制並びに法令遵守状況と内部統制の有効性の評価をすることを目的として、社長直轄部門である監査部を設置しております。監査部は、専任の監査部長とスタッフ2名で構成されており、「内部監査規程」に基づいて監査を実施しております。内部監査の結果は、社長に報告し、指摘に対する改善策の実施状況についてフォローアップ監査を行っております。

 また、内部監査計画策定時に、重要性の高い被監査部門の監査項目や監査手法等について監査役及び会計監査人からアドバイスを受けており、内部監査実施後には、監査結果を監査役及び会計監査人へ報告し、課題・問題点等について意見交換等を行っております。

 

③ 会計監査の状況

 a 監査法人の名称

三優監査法人

 

 b 継続監査期間

   17年間

   上記継続監査期間は、当社において調査可能な範囲での期間であり、実際の継続監査期間は上記期間を超えている可能性があります。

 

 c 業務を執行した公認会計士

   指定社員 業務執行社員 山本 公太

   指定社員 業務執行社員 熊谷 康司

 

 d 監査業務に係る補助者の構成

   当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、会計士試験合格者1名、その他3名で構成されています。

 

 e 監査法人の選定方針と理由

   当社の会計監査人の選定基準に従って、当社の会計監査人に必要とされるコミュニケーション、品質管理、独立性等を含め、効率的かつ一定水準の会計監査を適正に行う体制を有していることなどを総合的に判断して選任しております。

   なお、当社の監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。

   また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。

 

 f 監査役及び監査役会による監査法人の評価

   監査役会は、会計監査人の評価及び監査結果の相当性について審議を行っております。会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めました。

   また、会計監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(2005年10月28日企業会計審議会)等に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めました。

 

 

 

 

④ 監査報酬の内容等

 a 監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

20,100

20,100

連結子会社

20,100

20,100

 

 b 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(aを除く)

   該当事項はありません。

 

 c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

   該当事項はありません。

 

 d 監査報酬の決定方針

   当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査日数や監査項目などの監査計画、及び当社の規模などを勘案して、事前に監査公認会計士等と協議を行い、監査役会の同意を得て適切に決定しております。

 

 e 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

   監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、前期の監査実績、会計監査人の職務遂行状況、監査計画における監査時間、報酬額の見積りなどを検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

 

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 a 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容

 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。報酬等の額は、「固定報酬」のみで構成されており、株主総会で決議された報酬限度額内で、役員個別の職責、経営実績等を総合的に勘案し、決定しております。

 取締役の報酬限度額は、2002年2月26日開催の第4回定時株主総会決議において年額200,000千円以内と決議いただいております。監査役の報酬限度額は、2006年2月24日開催の第8回定時株主総会決議において年額40,000千円以内と決議いただいております。

 

b 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者の名称、権限内容等

 取締役の個人別の報酬は、取締役会によって選任された社外役員を含む3名以上の委員で構成される当該報酬委員会にて具体的な報酬内容について審議し、その総額を取締役会にて決定しております。

   監査役の個人別の報酬は、監査役の協議により決定しております。

 

c 役員の報酬等の額の決定過程における取締役会等の活動

 報酬委員会による取締役の個別報酬の決定の都度、その総額を取締役会に付議し、承認を受けております。併せて監査役の報酬総額を取締役会に付議し、承認を受けております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(名)

基本報酬

業績連動報酬

退職慰労金

取締役

(社外取締役を除く)

144,528

144,528

-

-

6

監査役

(社外監査役を除く)

-

-

-

-

-

社外役員

29,112

29,112

-

-

5

 

③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

  連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

 当社は、保有目的が純投資目的である株式と純投資目的以外である投資株式の区分について、純投資目的とは株式の価値の変動や株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式とし、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社では、事業上のシナジー効果等が期待され、中長期的に当社の企業価値の向上に資する場合には、協業関係の構築・拡大等を目的として、既存事業の拡大と収益基盤の強化及び新規事業への展開をすすめるために、純投資目的以外の投資株式を保有する場合があります。取締役会においては、保有目的、中長期的な経済合理性等を勘案し、新規取得、保有の継続、買い増し、売却等の意思決定を行い判断しております。

 

b 銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

4

19,062

非上場株式以外の株式

1

99,330

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

該当事項はありません。

 

c 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

(特定投資株式)

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果及び株式数が増加した理由

当社の株式の保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額(千円)

貸借対照表計上額(千円)

株式会社フォーカスシステムズ

110,000

110,000

将来の協業の可能性やシナジーを模索するため取得いたしました。

99,330

98,560

(注)定量的な保有効果については、記載が困難であるため、記載しておりません。また、保有の合理性を検証した方法につきましては、「a 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容」をご参照ください。

 

(みなし保有株式)

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

 該当事項はありません。

 

当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

 該当事項はありません。

 

⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

 該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年12月1日から2020年11月30日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年12月1日から2020年11月30日まで)の財務諸表について、三優監査法人による監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。また、専門的情報を有する団体等が主催する研修会等への参加及び専門雑誌等の定期購読を行っております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年11月30日)

当連結会計年度

(2020年11月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,604,750

2,910,789

売掛金

667,011

647,909

有価証券

99,996

99,994

商品及び製品

3,246

7,638

仕掛品

10,056

2,406

原材料及び貯蔵品

8,997

9,507

その他

215,775

212,833

貸倒引当金

112

116

流動資産合計

3,609,720

3,890,962

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

191,424

191,424

減価償却累計額

87,087

94,719

建物及び構築物(純額)

104,337

96,705

機械装置及び運搬具

20,485

20,485

減価償却累計額

20,485

20,485

機械装置及び運搬具(純額)

工具、器具及び備品

162,660

164,639

減価償却累計額

86,923

102,813

工具、器具及び備品(純額)

75,736

61,825

土地

122,888

122,519

リース資産

304,640

35,131

減価償却累計額

243,780

19,772

リース資産(純額)

60,860

15,358

有形固定資産合計

363,824

296,408

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

682,352

484,191

ソフトウエア仮勘定

79,752

20,366

無形固定資産合計

762,105

504,557

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 444,958

※1 418,392

長期貸付金

40,000

52,000

繰延税金資産

310,529

295,513

その他

151,875

148,726

貸倒引当金

60,423

71,026

投資その他の資産合計

886,940

843,604

固定資産合計

2,012,870

1,644,570

資産合計

5,622,591

5,535,533

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年11月30日)

当連結会計年度

(2020年11月30日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

122,124

118,215

短期借入金

※2 105,500

※2 100,000

1年内返済予定の長期借入金

61,241

40,541

リース債務

52,376

6,377

未払金

303,749

252,227

未払法人税等

66,893

25,166

その他

264,145

298,792

流動負債合計

976,031

841,319

固定負債

 

 

長期借入金

67,504

23,000

リース債務

17,037

10,659

退職給付に係る負債

459,396

462,241

資産除去債務

50,568

51,135

固定負債合計

594,506

547,035

負債合計

1,570,537

1,388,355

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

2,721,514

2,721,514

資本剰余金

618,777

618,777

利益剰余金

742,590

837,405

自己株式

529

557

株主資本合計

4,082,352

4,177,140

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

12,060

10,409

退職給付に係る調整累計額

18,238

19,553

その他の包括利益累計額合計

30,298

29,962

純資産合計

4,052,053

4,147,177

負債純資産合計

5,622,591

5,535,533

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年12月1日

 至 2019年11月30日)

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

 至 2020年11月30日)

売上高

5,562,119

5,653,207

売上原価

3,332,167

3,379,042

売上総利益

2,229,952

2,274,165

販売費及び一般管理費

 

 

給料及び手当

539,476

618,155

退職給付費用

29,951

31,919

保守料

244,864

241,240

貸倒引当金繰入額

1,011

1,340

その他

1,153,282

1,119,171

販売費及び一般管理費合計

1,968,587

2,009,147

営業利益

261,365

265,018

営業外収益

 

 

受取利息

3,738

4,028

受取配当金

2,200

2,750

生命保険配当金

1,177

1,307

業務受託料

5,435

その他

4,141

1,603

営業外収益合計

16,692

9,688

営業外費用

 

 

支払利息

4,188

4,869

コミットメントフィー

21,842

貸倒引当金繰入額

20,000

12,000

その他

109

126

営業外費用合計

24,298

38,837

経常利益

253,759

235,869

特別損失

 

 

固定資産除却損

※1

※1 7,500

減損損失

※2 55,565

※2 33,409

投資有価証券評価損

27,084

特別損失合計

55,565

67,993

税金等調整前当期純利益

198,194

167,875

法人税、住民税及び事業税

55,674

35,729

法人税等調整額

53,393

15,208

法人税等合計

109,068

50,937

当期純利益

89,125

116,937

非支配株主に帰属する当期純利益

親会社株主に帰属する当期純利益

89,125

116,937

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 2018年12月1日

 至 2019年11月30日)

当連結会計年度

(自 2019年12月1日

 至 2020年11月30日)

当期純利益

89,125

116,937

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

12,230

1,651

退職給付に係る調整額

13,382

1,314

その他の包括利益合計

1,152

336

包括利益

90,278

117,274

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

90,278

117,274

非支配株主に係る包括利益

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2018年12月1日 至 2019年11月30日)

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

2,721,514

618,777

675,588

376

4,015,503

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

22,123

 

22,123

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

89,125

 

89,125

自己株式の取得

 

 

 

153

153

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

67,002

153

66,849

当期末残高

2,721,514

618,777

742,590

529

4,082,352

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

退職給付に係る調整累計額

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

169

31,621

31,451

3,984,051

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

22,123

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

89,125

自己株式の取得

 

 

 

153

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

12,230

13,382

1,152

1,152

当期変動額合計

12,230

13,382

1,152

68,002

当期末残高

12,060

18,238

30,298

4,052,053

 

当連結会計年度(自 2019年12月1日 至 2020年11月30日)

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

2,721,514

618,777

742,590

529

4,082,352

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

22,122

 

22,122

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

116,937

 

116,937

自己株式の取得

 

 

 

27

27

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

94,815

27

94,787

当期末残高

2,721,514

618,777

837,405

557

4,177,140

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

退職給付に係る調整累計額

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

12,060

18,238

30,298

4,052,053

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

22,122

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

116,937

自己株式の取得

 

 

 

27

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

1,651

1,314

336

336

当期変動額合計

1,651

1,314

336

95,124