EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

四国財務局長

【提出日】

2021年6月25日

【事業年度】

第70期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

セーラー広告株式会社

【英訳名】

SAYLOR ADVERTISING.INC.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 村上 義憲

【本店の所在の場所】

香川県高松市扇町二丁目7番20号

【電話番号】

087-825-1156(代表)

【事務連絡者氏名】

総務局長 西分 太郎

【最寄りの連絡場所】

香川県高松市扇町二丁目7番20号

【電話番号】

087-825-1156(代表)

【事務連絡者氏名】

総務局長 西分 太郎

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

セーラー広告株式会社 愛媛本社

(愛媛県松山市北斎院町637番地6)

セーラー広告株式会社 東京支社

(東京都港区虎ノ門五丁目12番8号)

 

 

E05701 21560 セーラー広告株式会社 SAYLOR ADVERTISING.INC. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E05701-000 2021-06-25 E05701-000 2016-04-01 2017-03-31 E05701-000 2017-04-01 2018-03-31 E05701-000 2018-04-01 2019-03-31 E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 E05701-000 2017-03-31 E05701-000 2018-03-31 E05701-000 2019-03-31 E05701-000 2020-03-31 E05701-000 2021-03-31 E05701-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:AdvertisingBusinessReportableSegmentsMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:HealthCareReportableSegmentsMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E05701-000:AdvertisingBusinessReportableSegmentsMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05701-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row1Member E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:MurakamiYoshinoriMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:HazamaKeizouMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:KayaharaKazunoriMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:MorikawaMinoruMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:TakafujiSeijiMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:HarabuchiSadaoMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:YamauchiNaokiMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp030000-asr_E05701-000:TanabeMayumiMember E05701-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row2Member E05701-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row3Member E05701-000 2021-06-25 jpcrp_cor:Row4Member E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:AdvertisingBusinessReportableSegmentsMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:AdvertisingBusinessReportableSegmentsMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:HealthCareReportableSegmentsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:HealthCareReportableSegmentsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05701-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:AdvertisingBusinessReportableSegmentsMember E05701-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E05701-000:HealthCareReportableSegmentsMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E05701-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05701-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForReductionEntryOfLandMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05701-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

9,302,204

8,817,589

8,791,906

8,217,704

6,271,832

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

184,929

97,330

158,771

90,148

83,308

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

80,428

21,054

87,584

19,846

79,054

包括利益

(千円)

113,540

11,048

72,994

8,716

52,210

純資産額

(千円)

1,858,665

1,831,937

1,886,043

1,875,871

1,804,771

総資産額

(千円)

4,573,072

4,484,995

4,665,639

4,206,935

4,186,645

1株当たり純資産額

(円)

492.01

484.93

499.26

496.56

477.74

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

21.29

5.57

23.18

5.25

20.92

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

40.6

40.8

40.4

44.6

43.1

自己資本利益率

(%)

4.4

1.1

4.7

1.1

4.3

株価収益率

(倍)

13.5

74.4

13.9

49.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

172,727

1,687

211,428

72,343

143,589

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

25,840

72,447

35,259

25,835

15,574

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

115,933

65,184

227

191,300

201,930

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

788,589

779,638

956,035

811,242

885,158

従業員数

(名)

184

193

196

183

175

[外、平均臨時雇用人員]

[31]

[33]

[24]

[22]

[26]

 

(注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

     2. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

   3.第70期の株価収益率については、1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

7,548,052

7,222,088

7,083,035

6,543,684

4,758,653

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

145,997

111,617

109,630

32,989

100,346

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

56,252

642

46,136

18,264

96,150

資本金

(千円)

294,868

294,868

294,868

294,868

294,868

発行済株式総数

(千株)

6,078

6,078

6,078

6,078

6,078

純資産額

(千円)

1,810,315

1,760,412

1,775,620

1,728,020

1,639,764

総資産額

(千円)

4,154,879

4,043,360

4,183,332

3,689,626

3,561,777

1株当たり純資産額

(円)

479.21

466.00

470.03

457.43

434.06

1株当たり配当額

(1株当たり中間配当額)

(円)
 

5.00

10.00

5.00

5.00

4.00

(―)

(5.00)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

14.89

0.17

12.21

4.83

25.45

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

43.6

43.5

42.4

46.8

46.0

自己資本利益率

(%)

3.2

0.0

2.6

1.1

5.7

株価収益率

(倍)

19.3

26.5

配当性向

(%)

33.6

40.9

従業員数

[外、平均臨時雇用人員]

(名)

123

124

128

119

112

[11]

[13]

[9]

[9]

[15]

株主総利回り

(比較指標:JASDAQ INDEX スタンダード)

(%)

(%)

113

(122)

165

(162)

132

(141)

110

(124)

138

(176)

最高株価

(円)

343

415

416

396

395

最低株価

(円)

219

264

261

185

230

 

(注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

     2. 2018年3月期の1株当たり配当額10円には、株式上場10周年記念配当5円を含んでおります。

     3. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

     4.第67期、第69期および第70期の株価収益率、配当性向については1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。

5.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

2 【沿革】

年月

事 項

1951年3月

看板等屋外広告の製作を目的として愛媛県新居浜市に株式会社セーラー工藝社を設立

1954年7月

香川県高松市西新通町に本社移転

1959年8月

商号を株式会社セーラー広告社に改称

1959年12月

広告業を開始、香川県高松市中新町に本社移転

1967年9月

香川県高松市香西東町に本社移転

1969年4月

西讃地区(香川県西部)の営業強化のため、香川県丸亀市に西讃営業所(現 西讃支社)を開設

1971年2月

愛媛県に進出のため、愛媛県松山市に松山営業所(現 愛媛本社)を開設

1972年8月

愛媛県南予地区の営業強化のため、愛媛県宇和島市に宇和島営業所(現 宇和島支社)を開設

1973年2月

岡山県に進出のため、岡山県岡山市に岡山営業所(旧 岡山支社)を開設

1981年4月

広島県に進出のため、広島市中区に広島営業所(現 広島支社)を開設

1982年4月

出版業の開始を目的として、香川県高松市に子会社である株式会社ホットカプセルを設立

1987年10月

徳島県に進出のため、徳島県徳島市に徳島営業所(現 徳島支社)を開設

1988年4月

高知県に進出のため、高知県高知市に高知営業所(旧 高知支社)を開設

1990年4月

住宅展示場の運営管理ならびに映像制作を主目的として、当社出資比率56.9%で愛媛県松山市に株式会社エイ・アンド・ブイを設立

1991年4月

香川県高松市扇町に本社新築移転

1991年5月

商号をセーラー広告株式会社に改称

2000年6月

岡山県岡山市の株式会社協同企画を100%子会社化し、当社の旧岡山支社の営業を譲渡、商号を協同セーラー広告株式会社に改称

2003年4月

協同セーラー広告株式会社を吸収合併、セーラー広告株式会社岡山本社(岡山県岡山市)、倉敷支社(岡山県倉敷市)とする

2003年6月

タウン情報誌発行会社、徳島県徳島市の株式会社あわわの経営権を取得(現 連結子会社)

2004年3月

株式会社あわわを100%子会社化

2005年6月

株式会社ホットカプセルはタウン情報誌の発行及びこれに付随する営業を株式会社あわわに譲渡し解散(同年11月清算結了)

2007年6月

ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所)に株式を上場

2008年4月

インターネットを利用した広告活動の企画・提案強化を目的に、アド・セイル株式会社(現 連結子会社)をアドデジタル株式会社との共同出資により設立(当社出資比率60%)

2009年4月

アド・セイル株式会社を100%子会社化
福岡県に進出のため、福岡市博多区に福岡支社を開設するとともに、福岡市中央区で広告業を営む株式会社ゴングを100%子会社化(現 連結子会社)

2011年3月

福岡支社を廃止

2011年4月

株式会社あわわから「月刊タウン情報かがわ」の発行およびこれに付随する事業を譲受

2012年3月

「月刊タウン情報かがわ」の紙媒体による発行を休刊し、WEB媒体による発行とする

2012年7月

株式会社エイ・アンド・ブイが100%子会社となる(現 連結子会社)

2013年4月

東京エリア進出のため、東京都港区に東京支社を開設

2013年5月

高知エリアのシェア拡大を目的として、高知支社と株式会社南放の営業機能を統合させるべく、南放セーラー広告株式会社(高知県高知市)を設立(現 連結子会社)

2013年7月

南放セーラー広告株式会社が株式会社南放から広告業務に関する事業を譲受ける

2020年4月

事業領域拡充を目的に株式会社FISH(香川県高松市)を設立(現 連結子会社)

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社(セーラー広告株式会社)および連結子会社6社(株式会社あわわ、アド・セイル株式会社、株式会社ゴング、南放セーラー広告株式会社、株式会社エイ・アンド・ブイ、株式会社FISH)および持分法非適用関連会社(ひょうたん島不動産合同会社)で構成しております。

当社グループは、広告業を主たる事業とし、四国中国九州エリアおよび東京を主要事業エリアとして、テレビ、ラジオ、新聞および雑誌を中心とする各種メディアを媒体とした広告の企画、立案、制作、ならびに、セールスプロモーションやインターネット関連広告など、広告に関するあらゆるサービス活動を行うほか、徳島県全域においてフリーマガジン『あわわfree』『ワイヤーママ』およびタウン情報誌『めぐる、』を発行しております。

その他、地域密着型通所介護施設の運営を行っております。

なお、当社グループの提供するサービスは以下のとおりであります。

〔広告事業〕

○コミュニケーションプランニング

市場調査や環境分析等によるブランド開発、ターゲット戦略、ポジショニング戦略、企業・商品広報戦略、コンセプト開発等の企画・立案

○メディアプランニング

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネット・モバイル・印刷物など各媒体を活用した広告活動の企画・立案、および、これらを組み合わせたメディア戦略および表現戦略の企画・立案

○セールスプロモーション

折込チラシやダイレクトメール、屋外広告、交通広告等を用いた広告戦略の構築や各種イベント・式典等の企画など生活者の購買意欲等を喚起する広告の企画・立案・運営・管理

○催事・イベント

官公庁・行政・各種団体の式典・大会および啓蒙活動の企画・運営・管理

〔ヘルスケア事業〕

〇地域密着型通所介護事業

入浴をメインとした小規模の地域密着型通所介護施設の運営

 

〔事業系統図〕

当社グループの事業系統図は次のとおりです。

 


 

4 【関係会社の状況】

                                          2021年3月31日現在

名称

住所

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社あわわ(注2)

徳島県徳島市

30,000

広告事業

100.0

広告等の取引
役員の兼任 1名

アド・セイル株式会社

(注2)

香川県高松市

49,000

広告事業

100.0

広告等の取引

役員の兼任 1名
当社設備を賃貸しております。

株式会社ゴング(注2)   

福岡県福岡市中央区

37,000

広告事業

100.0

広告等の取引
役員の兼任 2名
資金の貸付をしております。

南放セーラー広告株式会社(注2)

高知県高知市

30,000

広告事業

100.0

広告等の取引

役員の兼任 2名
債務保証をしております。

当社設備を賃貸しております。

株式会社エイ・アンド・ブイ

愛媛県松山市

16,000

広告事業

ヘルスケア事業

100.0

広告等の取引
役員の兼任 3名
当社設備を賃貸しております。

株式会社FISH

香川県高松市

15,000

広告事業

100.0

広告等の取引

役員の兼任 1名

資金の貸付をしております。

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 特定子会社に該当しております。

3 有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。

4 持分法適用共同支配企業の有限責任事業組合ANDは2020年4月15日をもって解散いたしました。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

広告事業

172

[21]

ヘルスケア事業

5

[5]

合計

175

[26]

 

(注) 1 従業員数は、就業人員数であります。

2 臨時従業員数は、[ ]内に年間の平均人数を外数で記載しております。

3 臨時従業員には、嘱託契約社員を含み、派遣社員を除いております。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

112

[15]

44.2

16.4

4,999

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

広告事業

112

[15]

合計

112

[15]

 

 

 

(注) 1 従業員数は、就業人員数であります。

2 臨時従業員数は、[ ]内に年間の平均人数を外数で記載しております。

3 臨時従業員には、嘱託契約社員を含み、派遣社員を除いております。

4 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 会社の経営の基本方針

当社グループは、企業と生活者を結ぶ情報の橋渡し役として、社会生活の向上と文化の発展に貢献することを経営の基本方針としております。そして、この基本方針のもと、お客さまの課題を提案活動によって解決し、地域の皆様とともに豊かな文化を育て、社会をより楽しく、より美しく、より豊かにすることを目指しております。

また、当社グループは、株主の皆様や取引先をはじめとする様々なステークホルダーに社会的な存在として認められ、共感を得られる経営を目指しており、各ステークスホルダーに対する企業価値を高めることを基本としております。

 

(2) 経営環境および中長期的な会社の経営戦略

広告業界におきましては、インターネットやスマートフォンの普及、デジタル技術の革新によって、インターネット広告の伸長が目覚ましく、既存メディアを活用した広告は減少傾向にあります。特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)によりますと、2020年の国内広告業界の売上高は5兆3,583億円(前年比9.3%減)と4年連続の減少となりました。既存メディア、すなわち、インターネット広告以外の売上高はすべて減少(既存メディア売上高合計4兆2,574億円、前年比16.1%減)となる一方で、インターネット広告売上高は1兆1,008億円(前年比31.9%増)となりました。2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響も重なり、既存メディアからインターネットを活用した広告へのシフトがこれまで以上に顕著となりました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響は広告業界だけではなく、多くの業界に影響を及ぼしたほか、在宅勤務やオンライン会議、時差出勤、社員の分散化など、生活者に対して生活様式の変化をもたらすと同時に、インターネットや動画視聴などメディア接触時間の増加と変化をもたらしました。今後、広告業界におきましては、こうしたニューノーマルな時代に対応した広告提案が求められることは避けられない時代となりました。

多くの業界がデジタル化へシフトしたことによってビッグデータの活用に代表されるように数値データを分析・活用するノウハウを有することが今後有利になってくると考えられます。近年、欧米に見られるように大手コンサルティングファームが広告業界に進出することが国内においても予想され、競合先の多様化が懸念されております。さらに、5Gの到来によって、インターネット回線を通じてより多くの情報量を生活者等へ届けることが可能となり、あらゆるものがインターネットに接続する世界が実現することも現実味を帯びてまいりました。

こうしたデジタル化へのシフトのほかに、当社グループが事業を営むローカルエリアにおきましては、少子高齢化社会が徐々に進行しており、生活者の消費額と連動した印刷物を中心とした広告活動は縮小傾向にあります。当社グループにおきましては、今後売上高を確保するための新たな施策が必要となっております。

このような時代にあっては、お客さまと市場の関係性の中にあるストーリーを構想して、それに即した最も効果的な広告手法を提案する、すなわち、お客さまの企業価値向上に繋がるストーリーを共創することが重要であると考えており、当社グループにおきましては、今後のグループの在り方を『マーケティングデザイン』と称し、日々の営業活動の基本概念としております。そして、コロナ禍も相まった厳しい経営環境を乗り越えていくためには、「既存事業の収益改善」と「新しい事業領域の開発」に取り組むことが不可欠であると考えております。また、私たちの提供するサービスは行政や地域に対しても広がります。地域課題から社会的価値を構想し、実現させていくことも当社グループの活動領域であると考えており、企業理念が示すように、「お客さまの課題を提案活動によって解決し、地域の皆様とともに豊かな文化を育て、社会をより楽しく、より美しく、より豊かにすること」が当社グループの使命であると考えております。

 

(3) 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループの外注費を除く諸費用は変動が少なく固定的であるため、当社グループにおきましては、売上総利益の確保が営業利益および経常利益の獲得に大きく影響するという事業特性があります。従いまして、営業の成果である売上高と連動した収益性の指標として、売上総利益および売上総利益率を重要な経営指標とし、日々の行動管理・業績管理・人事評価等に連動させ、目標の達成に向けて取り組んでおります。

 

(4) 優先的に対処すべき事業上および財務上の課題

(1)および(2)に記載の、経営方針および経営戦略を実行していくうえで、当社グループが優先的に対処すべき事業上および財務上の経営課題は以下のとおりであります。

 

〔広告事業〕

① 既存事業の事業基盤の再構築

当社グループを取り巻く環境は、デジタル化の進展や少子高齢化の進行によって、お客さまの課題はますます高度化しており、常にお客さまに対して新しいサービスを提供し続けることが重要となっております。

当社グループにおきましては、付加価値の高いサービスの提供に努め、受注案件の利益率向上を図っておりますが、当社グループが持続的成長を遂げるためには、既存事業に関して業務の効率化を図り、コスト削減を含めて既存事業の収益の改善を図ることが必要であると考えております。また、併せて、各部門の役割を明確にし、新しい事業領域へ経営資源を配分することが必要であると考えております。そのためには、組織体系や人材育成を含めた事業基盤の再構築が欠かせないと考えており、当社グループにおきましては、こうした取り組みによる構造改革を速やかに実行してまいります。

また、当社は、2021年6月24日に監査等委員会設置会社に移行しており、そのチェック機能を十分に発揮することで、コーポレートガバナンス・コードに沿った経営を推進し、株主様を始めとするステークホルダーの立場を踏まえて、透明・公正かつ迅速な意思決定を行うことを推進してまいります。

 

② デジタルメディア提案力の強化

2020年の国内広告業界のインターネット広告売上高は1兆1,008億円(前年比31.9%増)となり(経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」)、当社グループ商勢圏におきましてもデジタル化の波が着実に押し寄せるなか、コロナ禍において、各企業におけるマーケティング活動のデジタル領域へのシフトは一層加速いたしました。当社グループの事業領域である総合コミュニケーションサービス業におきましては、質の高いサービスの提供だけでは競争に勝つことはできず、当社グループの事業領域を広げ、お客さまの事業や商品についてお客さまとともに考え、お客さまの成長に貢献できる真のパートナーになることが不可欠となっております。

当社グループにおきましては、これまでマーケティングコミュニケーション推進室が取り組んできたデジタルメディア提案力の強化をより一層深化させるため、同推進室をデジタルデザイン室として企画制作局内に再配置し、インターネット広告のほかSNSやCRMを活用した企画立案の強化に取り組んでまいります。また、デジタルデザイン室が中心となって、お客さまのデジタル化支援策、すなわち、デジタル技術を活用した新たな事業価値や顧客体験の創造につながるサービスの開発に取り組んでまいります。

 

③ 地域創生の推進

昨今、少子高齢化の進展や人口減少、東京一極集中の是正などの課題に対応し、将来にわたって活力ある地域社会を構築していくため「地域創生」をテーマにした事業が各地域において推進されております。

また、当社グループは、地域密着主義で培ったきめ細かな対応と、四国中国エリアに福岡、東京を加えた拠点ネットワーク、70年の実績に基づくノウハウによってお客さまの様々なニーズに応え、時代に即した提案活動によって質の高いコミュニケーション効果の創造に努めてまいりました。しかしながら、前述したような広告業界の転換期にあっては、急速な変化に対応したマーケティング戦略の立案が求められております。

当社グループにおきましては、グループ内に蓄積された地域情報のほか、地元に密着した広告会社としてのディレクション力とマーケティング力を最大限に活用し、商品開発、地域産品や観光資源のブランディング、地域産品の販路拡大などに取り組み、地域創生事業を推進してまいります。

 

④ 課題解決型営業の推進

当社グループは、四国エリア(香川・愛媛・徳島・高知)、中国エリア(岡山・広島)、福岡・東京に拠点を配し、多様化するお客さまのニーズにお応えし、質の高いコミュニケーションサービスの提供に努めてまいりました。前述したように、デジタル化へのシフトが加速している中にあっては、当社グループ商勢圏におきましても、体験や感性などデジタル化できない付加価値を提供するサービスは存続する一方で、デジタル化できることはデジタル化されていく傾向が顕著になると予想されます。

当社グループにおきましては、お客さまの経営課題の解決策をお客さまとともに考える課題解決型営業をこれまで以上に推進することはもちろんのこと、その解決策にデジタル領域も加えることによって、より具体的で高度化した提案活動に取り組んでまいります。また、業務提携先との連携をより一層強化し、受注領域の拡大と提供サービスの拡充を図ってまいります。

 

⑤ 人材への投資

当社グループの競争力の源泉は人材であり、当社グループにとって最も重要な経営資源であります。お客さまにご満足いただけるコミュニケーションサービスを提供するためには、優秀な人材の確保と育成が不可欠であり、また、高度化するお客さまのニーズに対応するためには専門的な知識を持った人材の獲得も重要な経営課題であります。

当社グループにおきましては、人材の獲得競争が厳しさを増すなか、適正な人員の確保と優秀な人材の育成を図るため、社内研修や教育制度の強化に加え、継続的な採用活動に取り組んでまいります。

また、社員の「健康」や「働き方」は企業の業績や存続に関係する重要な経営課題であります。当社グループにおきましては、職場環境の整備やモバイルパソコンの導入、グループウェアの機能拡充、クラウド型人材管理ツールの導入などによって、従業員の働く環境の改善を図るとともに、人材への投資を強化してまいりました。今後につきましても、時間外労働の削減に努め、「定時退社日の運用推進」「残業時間の削減」「有給休暇取得率の向上」「仕事と育児の両立支援」などに取り組み、当社グループ各拠点に即した諸施策を推進してまいります。

 

〔ヘルスケア事業〕

① 労働力の確保

当社グループにおきましては、小規模の地域密着型の通所介護サービスを香川県高松市において提供しており、ヘルスケア事業として区分しております。ヘルスケア事業におきましては、介護保険法の改正ならびに介護報酬の改定、介護市場における競争激化、有資格者を含めた従業員確保などの課題がありますが、なかでも、介護サービス需要の拡大に伴い懸念される労働力不足の問題は重要な経営課題と認識しております。

当社グループにおきましては、従業員の定着率の向上のため、従業員の処遇改善の充実、キャリアパス制度の適切な運営、実践に即した教育研修の実施などに取り組んでまいります。

 

〔その他〕

① 新型コロナウイルス感染症への対策

 近時、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、政府や都道府県知事から外出自粛が要請される事態に至っております。当社グループにおきましては、お客さまの新型コロナウイルス感染症拡大に対する予防措置に連動した集客イベントの中止・延期のほか、広告出稿の自粛による売上高の減少が懸念される状況にあります。

当社グループにおきましては、厳しい状況が上半期中は続くと見込まれますが、そのような中にあっても、お客さまに対し、今、私たちができる事は何かを考え、出来る限りの情報提供や提案をとおしてお客様の課題解決に取り組んでまいります。

また、当社グループにおきましては、社員の時差出勤、リモートワーク等を活用した状況に応じた柔軟な勤務、3つの密(密閉・密集・密接)の回避、職場内感染防止行動の徹底(手洗い・マスク着用・換気等)を推奨し、今後とも感染防止に努めてまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの事業の状況および経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

〔広告事業に関するリスクについて〕

市場環境の変動と経営成績の季節的変動について

広告主は、経済動向や自社の企業業績に応じて広告費を増減する傾向にあるため、当社グループの業績は国内の景気動向全般に大きく影響を受ける傾向にあります。そのため、国内経済が低迷し、さらに深刻化した場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

特に、当社グループは、四国中国九州エリアを中心として地域に密着した事業を展開しているため、これら地域の個人消費や景気が低迷したり、異常気象および大規模な震災、感染症の拡大等により経済情勢が悪化した場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当社グループにおきましては、お客様の新型コロナウイルス感染症拡大に対する予防措置に連動した集客イベントの中止・延期のほか、広告出稿の自粛による売上高の減少リスクがあります。

また、当社グループにおきましては、特定の業種・業態の顧客に依存しておらず、かつ、顧客も多分に分散されているため、売上高および仕入高を差し引いた売上総利益におきましては大きな変動はありません。しかしながら、10月から12月にかけての第3四半期にみられる年末商戦に合わせた広告需要や1月の年始広告需要等におきましては利益率の高い案件が多く、3月決算会社の年度末の広告活動や官公庁受託案件の収益計上などが3月の年度末にかけて重なるため、当社グループの経営成績につきましては年後半のウェイトが高い特徴があります。

当社グループにおきましては、毎月開催する経営会議の場におきまして、当社および子会社の今後3ヶ月の受注予測を確認するほか、週単位での進捗状況の把握につとめ、以降の対策に繋げておりますが、前述した景気の低迷や経済情勢が悪化し、特に、第3四半期以降の受注予測との乖離が生じた場合には当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

なお、当社グループにおきましては、前述した業績管理のほかに、新規開拓に貢献した社員や斬新な企画提案を実行した社員に対する表彰制度を設け、毎年業績貢献賞として表彰し、従業員のモチベーションの維持を図り、市場環境や経営成績の季節的変動に関するリスクの低減に努めております。

 

市場環境の変化による競合激化について

当社グループの各事業エリアにおきましては、従来から地元有力広告会社や大手広告会社の地方拠点と競合状態にあります。また、広告制作技術の進展や広告代理店を通さない広告ビジネスの在り方の変化によって、広告ビジネスへの参入障壁が低下し、印刷会社やイベント会社など広告会社以外との競合も見られるようになりました。さらに、インターネットを中心とする新たなメディアを通じたコミュニケーション手段が発達したことにより、当社グループにおきましても年々インターネット広告の扱い高が増加しており、インターネットを専門に扱う企業との新たな競合も発生してまいりました。インターネットを活用した情報発信手段の多様化は、メディア環境の変化と、各企業のマーケティングコミュニケーション戦略の変化をもたらし、広告主の広告費投下に対する慎重な姿勢として広告会社に対する要望の多様化に繋がりました。

当社グループにおきましては、お客さまの企業価値向上に繋がるストーリーを共創することが重要であると考え、今後のグループの在り方を『マーケティングデザイン』と称し、①既存事業の事業基盤の再構築、②デジタルメディア提案力の強化、③地域創生の推進、④課題解決型営業の推進、⑤人材への投資、に取り組み、提供するサービスの充実、ならびに、地元企業としての特性を活かした営業活動や提案力の強化によって、競争力の維持および強化を図っておりますが、前述の競合激化によって広告の受注を確保できない状況が続いた場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

また、当社グループにおきましては、インターネットを活用した広告活動を取り扱う子会社や他社との業務提携、ウェブ解析士の認定取得、ウェブ広告運用セミナーの開催などをとおしてインターネット広告の取扱いにも注力しておりますが、今後、こうした新しいメディアの発展によって既存メディアを活用した広告需要が低下した場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

③ 取引先との関係について

当社グループの販売先につきましては、拠点ごとに業種や広告手法等に一定の傾向はあるものの、特定の顧客に対する依存関係はありません。また、当社グループと広告主との間には、長年のお付き合いによる継続的かつ安定的な取引関係が成立していると考えております。

当社グループにおきましては、地域市場環境の変動や広告主との関係変化による影響を軽減するために、新規広告主の獲得を含め多業種にわたる顧客基盤の構築を図っておりますが、これらの対応が不十分な場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

当社グループにおきましては、マスコミ四媒体の広告売上高が約4割を占めており、今後ともマス媒体広告の販売を行う方針であります。当社グループにおきましては仕入先である媒体社との良好な取引関係維持に努めておりますが、媒体社との取引関係に変化が生じた場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

また、当社グループは、広告の企画や制作、広報活動、市場調査等において、業務を外部の協力会社に委託する場合があり、インターネット広告における広告効果測定などは高い専門的技術を要するため、そのほとんどを外部に委託しております。当社グループは、外部協力会社の情報や取引内容を事前に確認し良質な協力会社の選定をとおして委託業務遂行能力が高い優秀な協力会社との取引関係維持に努めておりますが、協力会社との取引関係に変化が生じ、当社グループが的確に対応できなかった場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

〔ヘルスケア事業に関するリスクについて〕

当社グループは小規模の地域密着型の通所介護サービスを香川県高松市において提供しており、ヘルスケア事業として区分しております。ヘルスケア事業におきましては、介護保険法の改正ならびに介護報酬の改定、介護市場における競争激化、有資格者を含めた従業員確保などのリスクがありますが、当社グループの経営成績はヘルスケア事業の経営成績に依存しておらず、基本的には当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性はありません。

しかしながら、高齢者を対象としたサービスであるため、集団感染症の発生や高齢者特有の事故の発生リスクがあります。当社グループにおきましては、定期的なミーティングやマニュアルの整備等によって事故発生防止のほか緊急時の対応について確認しておりますが、かかる事態の結果、当社グループの社会的信頼性の毀損や信用を低下させる風評が発生した場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

〔その他のリスクについて〕

① 人材の確保および育成について

当社グループは「物」としての特定の商品を販売しておらず、コミュニケーション効果の創造、すなわち顧客の課題解決につながる広告活動(コミュニケーション活動)という付加価値を販売しているため、当社グループの成長性および競争上の優位性の持続的な確保は、優秀な人材の獲得に大きく依存すると考えております。また、インターネットやモバイルなどの普及により、専門的知識を有する人材の確保が急務となっております。当社グループにおきましては、定期採用や即戦力となる中途採用の推進によって優秀な人材の獲得を図るほか、課題解決型営業力向上研修といった当社戦略に沿った研修の開催や、若手営業及び企画社員スキルアップ研修の実施などによる人材育成に努めておりますが、何らかの理由により優秀な人材が流出するなどの事態が生じた場合、当社グループの競争力が低下し、財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 法的規制等について

広告業に関連する法的規制として、景品表示法、屋外広告物法、著作権法、商標法、不正競争防止法、薬事法等があり、そのほかに、広告主や広告業者などの広告団体が定める自主規制があります。また、広告業そのものには業法規制はないものの、付随する業務に関して、建設業法、警備業法、労働者派遣法、下請代金支払遅延等防止法、個人情報保護法などの法的規制の適用を受けております。その他、当社グループは入浴をメインとした小規模の地域密着型の通所介護事業を営んでおりますが、当事業は介護保険法の適用を受ける事業であります。当社グループにおきましては、個人情報の管理をはじめ、各種法改正については十分な注意を払い適切な対策を講じておりますが、各種法令の強化や解釈の変化に対して適切に対応できなかった場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

また、当社グループの扱うサービスには、インターネット広告がありますが、昨今、プライバシー保護の観点から、企業が取得した個人データの利用に関してポリシーの策定などが要求されております。当社グループにおきましては、インターネット広告を専門に扱う拠点のホームページ上にプライバシーポリシーを掲載するなど対応を図っておりますが、個人データの取得や利用に関して規制が強化された場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 事故の発生について

当社グループは、屋上看板や広告塔の設置などの屋外広告のほかに、イベントや式典の企画・運営・会場設営等を受注しております。これらの業務の実施にあたっては、警備業や一般建設業等に関し公的認可を受け、安全性の確保に充分配慮したうえで業務に取り組んでおりますが、不測の事故等が発生した場合、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

④ 訴訟等について

当社グループと媒体社との広告取引は、広告主からの受注に基づきますが、広告主の倒産等により広告料金を回収できない場合には、広告会社は媒体社および制作会社に対して媒体料金および制作費の支払債務を負担することになります。また、広告業界におきましては、広告内容の変更に柔軟に対処するため、慣行上、文書による契約がなじまない場合があります。現在、当社グループにおいて、これら営業取引上の訴訟・紛争は生じておりませんが、広告業界の取引慣行が認められず、今後何らかの要因によって当社グループが関係する訴訟・紛争等が発生した場合、広告主からの信頼の低下や損害賠償請求等により当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、個人消費や企業活動は大きな影響を受け、経済活動が制限された結果、景気は低迷し、非常に厳しい状況となりました。また、政府の各種支援策の実施もあって、一部では経済活動再開の動きが見られましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大は依然収束が見通せず、先行きは極めて不透明な状況となりました。

広告業界におきましても、こうした経済状況により、イベントの開催中止や延期のほか、広告活動の自粛などがあり、広告出稿量は相対的に減少いたしました。

このような環境のもと、当社グループにおきましては、職場内感染防止行動の徹底を図るとともに、お客さまに対して出来る限りの情報提供や提案を行うと同時に、新しいビジネスの創造や新しい生活様式等を見据えた企画提案活動に取り組んでまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響から、当社グループ商勢圏において各企業とも厳しい経営環境となり、広告出稿量が相対的に落ち込み、当社グループの売上高は6,271百万円(前期比76.3%)となりました。

利益面につきましては、内制化の推進によって売上総利益率が20.2%(前期比0.9ポイントの改善)となり、営業活動費の減少に伴う販売費及び一般管理費の抑制のほか、雇用調整助成金など各種助成金の受給による営業外収益の計上がありましたが、売上高の減少による影響を吸収することはできず、営業損失は132百万円(前期は74百万円の営業利益)、経常損失は83百万円(前期は90百万円の経常利益)となりました。また、繰延税金資産の計上により法人税等調整額への影響額が32百万円生じた結果、親会社株主に帰属する当期純損失は79百万円(前期は19百万円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりました。

 

○セグメント別の業績

(広告事業)

広告事業におきましては、活動指針『マーケティングデザイン』のもと、顧客満足度の高いサービスの提供に努め、デジタルメディア提案力の強化と提供サービスの質的向上に取り組むとともに、グループ各拠点間の連携強化、業務提携先との協業、ウェブ広告運用セミナーの開催などに取り組み、新型コロナウイルス感染症の影響による広告受注の落ち込みをカバーするため、新しいビジネスの創造や新しい生活様式等を見据えた企画提案活動に取り組んでまいりました。

その結果、インターネット広告が順調に増加し、政府のGo To キャンペーン政策の実施に関連したプロモーション活動なども受注いたしました。これらのほかに、デジタル技術を活用したプロモーション活動の受注など新たな生活様式を見据えた情報発信の動きもありましたが、昨年11月ごろから再び新型コロナウイルス感染症が拡大し、各企業とも感染拡大防止策の継続実施を余儀なくされ、各企業からの広告受注量が減少した結果、当社グループの広告事業売上高は6,241百万円(前期比76.2%)となりました。

また、内制化の推進による利益率の向上に取り組んだ結果、当連結会計年度末に向けて受注案件の利益率が改善したものの、売上高の減少を吸収することができず、セグメント損失(営業損失)は136百万円(前期は70百万円のセグメント利益)となりました。

 

(ヘルスケア事業)

ヘルスケア事業におきましては、新型コロナウイルス感染症への予防意識から利用者数が一時的に減少いたしましたが、利用者確保に向けた積極的な営業に加え、きめ細かな入浴介護サービスに努めた結果、売上高は30百万円(前期比98.4%)、セグメント利益(営業利益)は1百万円(前期比88.5%)となりました。

 

○生産実績および受注実績

当社グループは、広範囲かつ多種多様にわたる広告業務サービスの提供を主たる事業としております。受注実績については、広告業務サービスの内容、構造、形式等が必ずしも一様でないため、その金額あるいは数量を記載しておりません。

また、当社グループは、地域密着型の通所介護施設の運営を行っておりますが、当該事業につきましては介護事業に該当し、主として個人を対象とした業務を行っておりますので、生産および受注実績はありません。

 

○販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

当連結会計年度
(自 2020年4月1日
至 2021年3月31日)
(百万円)

前期比

(%)

 

 

広告事業

6,241

76.2

 

 

テ レ ビ

1,091

77.5

 

 

ラ ジ オ

153

77.7

 

 

新   聞

899

75.1

 

 

雑   誌

191

60.7

 

 

セールスプロモーション

1,184

69.6

 

 

イ ベ ン ト

514

49.5

 

 

屋   外

328

108.6

 

 

インターネット/モバイル

1,242

110.7

 

 

制作・その他

992

78.6

 

 

セグメント内の内部売上高

△375

 

ヘルスケア事業

30

98.4

 

グループ合計

6,271

76.3

 

 

広告事業におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うイベントの開催中止や延期のほか、広告活動の自粛などがあり、相対的に販売額が減少いたしました。インターネット/モバイル広告につきましては、デジタルメディア提案力の強化に取り組んだことと、お客さまのマーケティング戦略がデジタル媒体の活用に移行してきたこともあって販売額が増加いたしました。

ヘルスケア事業につきましては、新型コロナウイルス感染症への予防意識から利用者数が一時的に減少した結果、販売額が減少いたしました。

 

 

(2) 財政状態の状況

当連結会計年度末における総資産は4,186百万円となり、前連結会計年度末に比べ20百万円の減少となりました。

資産の部では、短期借入の実行による現金及び預金の増加と、受取手形及び売掛金の減少を主な要因として、流動資産は前連結会計年度末に比べ36百万円減少し、2,024百万円となりました。また、時価の回復による投資有価証券の増加と繰延税金資産の増加を主な要因として、固定資産は前連結会計年度末に比べ16百万円増加し、2,162百万円となりました。

負債の部では、支払手形及び買掛金の減少と、短期借入金の増加を主な要因として、流動負債は前連結会計年度末に比べ36百万円増加し、1,551百万円となりました。また、新型コロナウイルス感染症対応資金の借り入れによる長期借入金の増加を主な要因として、固定負債は前連結会計年度末に比べ14百万円増加し、830百万円となりました。

純資産の部は、前連結会計年度末に比べ71百万円減少し、1,804百万円となりました。これは主に親会社株主に帰属する当期純損失の計上と期末配当金の支払いによるものであります。

 

(3) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ73百万円増加し、885百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果、使用した資金は143百万円(前連結会計年度は、得られた資金72百万円)となりました。これは主に税金等調整前当期純損失86百万円、売上債権の減少額90百万円、仕入債務の減少額134百万円および法人税等の支払額16百万円によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー) 

投資活動の結果、得られた資金は15百万円(前連結会計年度は、使用した資金25百万円)となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出7百万円および投資不動産の賃貸による収入43百万円によるものであります。

 (財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果、得られた資金は201百万円(前連結会計年度は、使用した資金191百万円)となりました。これは主に短期借入金の増加209百万円、長期借入による収入80百万円および配当金の支払18百万円によるものであります。

 

(4) 資本の財源および資金の流動性についての分析

当社グループの資金需要のうち主なものは、営業取引上の仕入、販売費及び一般管理費等の営業費用のほか、保有資産の修繕費用、M&A資金等であります。

当社グループは、毎月の資金繰り計画に基づき、経常的運転資金については短期的な銀行借入により、設備投資や企業買収資金などの経営戦略的事業資金については、原則、長期的な銀行借入によって資金調達することを基本としております。

 

(5) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

  当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

 連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。

 

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

○経営成績の分析

当連結会計年度における当社グループの経営成績は、売上高6,271百万円(前期比76.3%)、営業損失132百万円(前期は74百万円の営業利益)、経常損失83百万円(前期は90百万円の経常利益)、親会社株主に帰属する当期純損失79百万円(前年同期は19百万円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりました。

当社グループの経営成績につきましては、外注費を除く諸費用については変動が少ないため、売上高の減少が獲得する売上総利益の額に影響し、売上総利益の獲得状況が営業利益、経常利益の獲得に影響してまいります。

当社グループ商勢圏におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う各自治体による外出自粛要請や政府による昨年4月の緊急事態宣言により経済活動が低迷し、各企業において集客イベントの中止・延期のほか、3密回避を要因とする広告活動の自粛や企業業績の悪化による広告出稿の停止などがあり、当連結会計年度前半におきまして、当社グループの広告受注量は大きく減少いたしました。そのような中、政府のGo To キャンペーン政策の実施が昨年7月後半から徐々に始まり、当社グループにおきましては、これらに関連したプロモーション活動を受注したほか、デジタル技術を活用したプロモーション活動の受注など新たな生活様式を見据えた情報発信の動きも年後半に向けて増え始めてまいりました。しかしながら、昨年11月ごろから再び新型コロナウイルス感染症が拡大し、各企業とも感染拡大防止策の継続実施を余儀なくされ、広告需要の増加を期待する年末年始商戦におきまして広告受注量が例年よりも減少いたしました。当連結会計年度末におきましては、官公庁受託案件などの約定に基づく売上高のほか、各企業の年度末のプロモーション活動実施による売上高の計上がありましたが、新型コロナウイルス感染症の収束時期が依然として見通せない状況やGo To キャンペーンの一時停止措置などの影響もあって、例年ほどの広告受注量を確保することができず、売上高につきましては大きく減少いたしました。

当社グループにおきましては、内制化の推進によって売上総利益率が20.2%(前期比0.9ポイントの改善)となりましたが、売上高の減少を吸収するのに十分な売上総利益の獲得には至らず、また、営業活動費の減少に伴う販売費及び一般管理費の抑制のほか、雇用調整助成金など各種助成金の受給による営業外収益の計上がありましたが、営業損益および経常損益ともに損失となりました。また、税効果会計におきまして繰延税金資産の計上から法人税等調整額への影響額が32百万円生じましたが、親会社株主に帰属する当期純損益につきましても損失となりました。

 

○財政状態およびキャッシュ・フローの分析

当連結会計年度末における総資産は4,186百万円となり、前連結会計年度末に比べ20百万円の減少となりました。

当社グループにおきましては、多額の設備投資を必要とする業種ではないため、前述したように売上高の減少が利益獲得額に影響するとともに、財政状態につきましては、売上のほか仕入を含めた営業取引量の増減が売掛債権および仕入債務の増減等に繋がり、財政状態へ影響を与えることになります。

当連結会計年度末におきましては、受取手形及び売掛金が84百万円減少し、支払手形及び買掛金が133百万円減少したことと、前述したように売上高の減少に起因する経営成績の悪化から、税金等調整前当期純損益が86百万円の損失となった結果、営業活動によって使用した資金が143百万円となり、営業活動によるキャッシュ・フローは減少いたしました。

当連結会計年度におきましては、特段多額の有形固定資産の取得などはなく、当社グループ所有の投資不動産の賃貸による収益から当連結会計年度末における投資活動により得られた資金は15百万円となりました。また、株式市場の環境が改善したことに伴う投資有価証券の時価評価額の増加と、税効果会計の結果として繰延税金資産計上額が増加したため、固定資産は前連結会計年度末に比べ16百万円増加いたしました。

当連結会計年度末におきましては、資金繰り悪化に伴う運転資金の借り入れ(短期借入金)増加と、新型コロナウイルス感染症対応資金の借り入れ(長期借入金)の増加から、財務活動により得られた資金は201百万円となり、あわせて、流動負債ならびに固定負債の増加に繋がりました。

以上の活動を主な要因として、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ73百万円増加し、885百万円となりました。

 

当社グループにおきましては、このように経営成績の成果としての売上高および利益の獲得額が当社グループの財政状態ならびにキャッシュ・フローへ影響し、その度合いも高いため、経営方針と経営戦略の実現を目指し、前述した経営課題に取り組んでまいります。

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、当社グループにおきましては、お客さまの新型コロナウイルス感染症に対する予防措置に連動して集客イベントの中止・延期のほか、広告出稿の自粛による売上高の減少が生じておりますが、当社グループにおきましては、手元現預金に加え、借入枠の利用が可能であり、当面の資金繰りに関して懸念事項はありません。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

特記すべき事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

特記すべき事項はありません。

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物
及び構築物

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社
(香川県高松市)

広告事業

事務所設備

125,206

315,800

(628.75)

15,486

453,011

37

愛媛本社
(愛媛県松山市)

広告事業

事務所設備

97,496

214,394

(641.55)

22,358

331,767

28

岡山本社
(岡山県岡山市北区)

広告事業

事務所設備

19,551

16,800

(139.85)

0

36,351

14

徳島支社
(徳島県徳島市)

広告事業

事務所設備

11,743

96,898

(388.62)

46

108,687

その他支社

広告事業

事務所設備

(―)

101

101

25

その他設備
(香川県高松市他)

広告事業
ヘルスケア事業
全社

賃貸用施設

250,897

418,872

(4,187.30)

2,579

672,349

 

(注) 1. 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、リース資産であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2. 現在休止中の設備はありません。

3. その他設備の一部についてはアド・セイル㈱(本社)及び㈱エイ・アンド・ブイ(ヘルスケア事業部)、南放セーラー広告㈱(本社)へ賃貸しております。

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び構築物

土地
(面積㎡)

その他

合計

㈱あわわ

本社
(徳島県徳島市)

広告事業

事務所設備

18,827

102,392

(723.12)

576

121,795

21

 

(注) 1. 帳簿価額のうち「その他」は、機械装置及び運搬具ならびに工具、器具及び備品であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2. 現在休止中の設備はありません。

 

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

特記すべき事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

特記すべき事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

16,000,000

16,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年6月25日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

6,078,000

6,078,000

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

6,078,000

6,078,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

   該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

   該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。

 

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2007年7月31日

176

6,078

8,976

294,868

8,976

194,868

 

(注) 新株予約権の行使
 発行価格 102円  資本組入額 51円

 

(5) 【所有者別状況】

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

単元未満
株式の状況(株)

個人以外

個人

株主数(人)

7

14

36

8

3

649

717

所有株式数
(単元)

4,612

809

8,798

99

4

46,450

60,772

800

所有株式数
の割合(%)

7.58

1.33

14.47

0.16

0.00

76.43

100.00

 

(注) 自己株式2,300,328株は、「個人その他」に23,003単元、「単元未満株式の状況」に28株含まれております。

 

 

(6) 【大株主の状況】

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

セーラー広告取引先持株会

香川県高松市扇町二丁目7-20

528,100

13.9

セーラーグループ社員持株会

香川県高松市扇町二丁目7-20

457,200

12.1

㈱香川銀行

香川県高松市亀井町6-1

180,000

4.7

㈱讀宣姫路

兵庫県姫路市飾磨区野田町20番地

160,000

4.2

工藤 信仁

香川県高松市

142,000

3.7

村上 義憲

香川県高松市

139,600

3.6

東京海上日動火災保険㈱

東京都千代田区丸の内1-2-1

100,000

2.6

㈱百十四銀行

香川県高松市亀井町5-1

100,000

2.6

㈱中広

岐阜県岐阜市東興町27

99,500

2.6

㈱日鋼サッシュ製作所

香川県高松市松並町1035

92,000

2.4

1,998,400

52.8

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

2,300,300

 

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

3,776,900

 

 

37,769

単元未満株式

普通株式

800

 

 

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

6,078,000

総株主の議決権

37,769

 

(注) 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式が28株含まれております。

 

 

② 【自己株式等】

2021年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義所有
株式数(株)

他人名義所有
株式数(株)

所有株式数
の合計(株)

発行済株式
総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

セーラー広告株式会社

香川県高松市扇町二丁目7-20

2,300,300

2,300,300

37.8

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

    該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他( ― )

 

 

 

 

 

保有自己株式数

2,300,328

2,300,328

 

(注)当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様への利益還元を重要な経営課題として位置付け、安定した配当を継続して実施することを基本とし、資金需要の状況、業績の動向、ならびに、内部留保の充実等を総合的に検討したうえで配当額を決定しております。また、当社は、株主総会を決定機関とする剰余金配当を年1回行うことを基本としていますが、当該方針に基づいた柔軟な配当を実施できるよう取締役会を決定機関とする中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。内部留保資金につきましては、借入金の返済など財務体質の強化に充当し、将来の事業展開に向けた競争力の強化に繋げたいと考えております。

なお、当期の期末配当金につきましては、当期の業績動向や依然として新型コロナウイルス感染症の収束時期が見通せないことに伴う財務リスク等を総合的に勘案した結果、1株当たり4円といたしました。

 

   (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たりの配当額(円)

2021年6月24日

定時株主総会決議

15,110

4.00

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

  (コーポレート・ガバナンス体制の概要とその体制を採用する理由)

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本方針「(1)適時適切な情報開示をとおした経営の透明性確保、(2)株主に対する説明責任を重視した経営、(3)厳正な企業経営と効率的な企業運営体制の構築」を実現するためには、経営の意思決定を司る会議体において客観的な意見を交えた活発な協議・意見交換が可能であること、および、全役員・従業員の業務活動を決定事項に基づいて迅速に方向付けることが最も重要であると考えております。

当社は、これまで、2名の社外監査役による経営監視機能や社外専門機関との連携体制等が、経営の意思決定に対して監視機能を十分に発揮していること、および、決定事項については各営業エリアに配置した取締役が中心となって業務執行の迅速化に努めていることから、取締役会および監査役会を中心としたコーポレート・ガバナンス体制を採用してまいりました。しかしながら、当社の事業環境の変化を踏まえ、より一層信頼されるコーポレート・ガバナンス体制を構築する必要があると考え、取締役会の監査・監督機能の一層の強化を図っていくため、2021年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議に基づき、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

 

○取締役会

 当社の取締役会は、代表取締役 村上義憲が議長を務め、取締役副社長 間敬三、常務取締役 萱原一則、取締役 森川稔、取締役 高藤聖二 の監査等委員である取締役を除く取締役5名、および、取締役(常勤監査等委員)原渕定夫、社外取締役(監査等委員)山内直樹、社外取締役(監査等委員)田辺真由美の監査等委員である取締役3名で構成し、原則毎月1回開催しており、法令で定められた事項のほか経営に関する重要事項の報告および意思決定を行うとともに、各取締役の業務執行の監督を行っております。また、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の人事、処遇に関わる運営の透明性を高めるため、取締役(監査等委員である取締役を除く。)については報酬を含む処遇の決定はすべて取締役会に諮ることとしております。その他、月次決算に関する予算と実績の比較検討を行い、経営判断の適正化に努めております。

 

○監査等委員会

 当社の監査等委員会は、取締役(常勤監査等委員)原渕定夫が議長を務め、社外取締役(監査等委員)山内直樹および社外取締役(監査等委員)田辺真由美の2名を加えた合計3名で構成しており、原則毎月1回開催し、全監査等委員出席のもと重要事項の協議等を行っております。また、毎月1回開催される取締役会に出席するほか、必要に応じてその他重要な会議へ出席し、取締役の業務執行を監視するとともに、会社の業務全般について適法かつ適正に行われているか監査しております。

 なお、常勤監査等委員である原渕定夫が連結子会社5社(株式会社あわわ、アド・セイル株式会社、株式会社ゴング、株式会社エイ・アンド・ブイ、株式会社FISH)の監査役を兼任し、グループに亘る経営監視体制を強化しております。

 

○経営会議

 当社の経営会議は、代表取締役 村上義憲が議長を務め、取締役副社長 間敬三、常務取締役 萱原一則、取締役 森川稔、取締役 高藤聖二、および、取締役(常勤監査等委員)原渕定夫、ならびに、執行役員 西分太郎のほか、各子会社社長で構成し、毎月1回開催しております。経営会議では、予算管理と業務執行状況を中心とした報告のほか、取締役会決議事項の事前確認を行い、当社グループの業況の把握と情報の共有化に努めております。

 

○コンプライアンス委員会

 当社は、業務執行部門から独立した立場で、より実効性の高い法令遵守体制の構築を目指し、コンプライアンス委員会を設置しております。コンプライアンス委員会は、取締役 森川稔が委員長を務め、常務取締役 萱原一則、取締役 高藤聖二、執行役員 西分太郎のほか企画制作局から1名と常勤監査等委員 原渕定夫が出席し、原則毎月1回開催しており、コンプライアンスに関する組織、体制、規程等に関する審議、業務執行部門に対する報告徴求および重大なコンプライアンス違反に対する再発防止策の審議を行っております。

 

○コーポレート・ガバナンス体制

 当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は提出日現在以下のとおりであります。
 


 

 

 (内部統制システムの整備の状況)

○内部統制システムの基本方針

 当社グループは、コンプライアンスを徹底し、リスクを管理しながら業務を適正かつ効率的に遂行するとともに、財務報告の信頼性を確保するために、内部統制システム構築の基本方針を以下のとおり定め、金融商品取引法およびその他の法令への適合を含め、「業務の有効性と効率性の向上」、「財務報告の信頼性の確保」、「法令等の遵守」および「資産の保全」を目的として、内部統制の仕組みを整備、構築し、業務の改善に努める。

 

1.当社グループの取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

当社グループの取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制として、以下(a)から(h)について定める。

(a)当社グループの社会的責任を果たすため、「法令遵守」、「倫理面の充実」、「社会貢献」および「財務報告の信頼性」を柱とする倫理規範を定め、法令を遵守し、高い倫理規範を持って行動する。

(b)コンプライアンスを経営の重要課題のひとつと位置づけ、社員に対しその重要性を強調、明示し、企業風土作りに努め、当社における重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等の報告を受けた場合には、遅滞なく取締役会または経営会議に報告する。

(c)取締役会は、取締役会等重要な会議をとおして各取締役の職務執行を監督し、監査等委員である取締役は取締役会等重要な会議に出席し、取締役の職務執行を監査する。

(d)社外の弁護士その他第三者機関との関係を保ち、必要がある場合に意見を求め、法令違反等の未然防止に努める。

(e)使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制を確保する。

(f)反社会的勢力との関係は、法令違反に繋がるものと認識し、その取引は断固拒絶し反社会的勢力による被害の防止に努める。

 (g) グループ内すべての取締役、監査役、執行役員および使用人からのコンプライアンス違反に対する社内通報体制として、内部通報制度を整備し、その運用に関する規程を定め、是正、改善の必要があるときは速やかに適切な措置をとる。

 (h) 内部監査責任者は内部監査規程に基づき法令および定款の遵守体制に対して監査を行い、その有効性について評価し、是正、改善の必要があるときは、遅滞なく社長に報告し、同時に監査等委員である取締役へ報告する。

 

  2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制として、以下(a)から(c)について定める。

(a)取締役の職務執行に係る情報については、取締役会規程、稟議規程、文書管理規程に基づきその保存媒体に応じて適切かつ確実に検索性の高い状態で保存および管理することとし、必要に応じて10年間は閲覧可能な状態を維持する。

(b)前項に係る事務は総務局が所管し、取締役の職務執行に係る情報の保存および管理について継続的な改善を行う。

(c)内部監査責任者は内部監査規程に基づき取締役の職務執行に係る情報の保存および管理に対して監査を行い、是正、改善の必要があるときは、遅滞なく社長に報告し、同時に監査等委員である取締役へ報告する。

 

  3.当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制として、以下(a)から(f)について定める。

(a)リスク管理体制を整備するために、リスク管理に係る規程を定める。

(b)グループ内リスク管理体制強化のため、総務局内に内部統制担当者を置き、内部統制担当者は、グループにおけるリスク管理および内部統制の状況を点検し、改善を推進する。

(c)販売先、仕入先、銀行、関係会社との取引は、業務分掌・職務権限表、稟議規程、営業管理規程、経理規程、関係会社管理規程、文書管理規程に基づいて行い、総務局長を責任者として管理の事務局は総務局が行う。

(d)重要情報の適時開示を果たすため、取締役は、会社の損失に影響を与える重要事実の発生の報告を受けた場合は、遅滞なく取締役会または経営会議に報告し、取締役会または経営会議において報告された情報が開示すべきものかどうかを判断し、適時適切な開示の指示を行う。また、必要ある場合、社長を本部長とする対策本部を設置し、顧問弁護士等を含めたチームを組織し、迅速な対応を行い、損害の拡大防止体制を整える。

(e)取締役、執行役員、子会社社長は、取締役会において会社の財務状況の把握に努め、担当する部門における月次の損益状況を報告し、会社の損失に影響を与える重要事実が発見された場合は、その情報が開示すべきものかどうかを判断し、適時適切な開示を行う。

(f)内部監査責任者は内部監査規程に基づきリスク管理体制に対して監査を行い、その有効性について評価し、是正、改善の必要があるときは、遅滞なく社長に報告し、同時に監査等委員である取締役へ報告する。

 

  4.当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制および子会社からの報告に関する体制

当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制として以下(a)から(d)について定める。

(a)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制として、取締役会を月1回開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催するものとし、経営に関わる業務執行上の重要案件については、取締役および子会社代表取締役から構成される経営会議において事前審議を行い、その審議を経て執行決定を行うこととし、経営会議は月1回開催する。

(b)取締役の業務執行については、取締役会規程、稟議規程、業務分掌・職務権限表、執行役員規程に基づきそれぞれの責任者およびその責任、執行手続等について定めることとする。

(c)取締役が業務執行を効率的に行うために、業務の合理化および手続き等の簡略化に努め、必要あるときは総務局からの助言を得る。

(d)業務の効率化を図るため、内部統制が有効に機能するようITシステムに関する整備を推進する。

 

  5.当社グループの使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

当社グループの使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制として、以下(a)から(d)について定める。

(a)当社グループの社会的責任を果たすため、「法令遵守」、「倫理面の充実」、「社会貢献」および「財務報告への信頼性」を柱とする倫理規範を定め、法令を遵守し、高い倫理規範を持って行動する。

(b)内部監査部門として執行部門から独立した内部監査室を設置し、内部監査責任者は内部監査規程に基づき監査を実施する。

(c)当社グループにおける重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等に対する報告体制として、社外の弁護士その他第三者機関との情報の授受は総務局が行い、知り得た情報は遅滞なくコンプライアンス管理責任者である総務局長を通じて、取締役会または経営会議に報告する。

(d)グループ内使用人からのコンプライアンス違反に対する社内通報体制として、内部通報制度を整備し、その運用に関する規程を定め、是正、改善の必要があるときは速やかに適切な措置をとる。

 

  6.その他当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

当社グループにおける業務の適正を確保するための体制として、以下(a)から(d)について定める。

(a)当社グループにおける業務の適正を確保するための体制として、関係会社管理規程を定め、関係会社の管理は総務局が行い、関係会社に重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等が発見された場合は、遅滞なく関係会社管理責任者である総務局長を通じて、取締役会または経営会議に報告する。

(b)内部監査責任者は、内部監査規程に基づき関係会社の監査を定期的に実施し、その結果について社長に報告する。また、関係会社に重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等を発見した場合、遅滞なく社長を通じて、取締役会または経営会議に報告し、同時に監査等委員である取締役へ報告する。

(c)関係会社は、関係会社管理規程に定める報告事項に関して報告しなければならない。また、企業集団全体に関する会議へ参加しなければならない。

(d)内部統制システムを整備するに当たっては、当社グループ全体に亘る体制を整備する。

 

7.監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制

  監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、当社の使用人から補助者を任命することができる。ただし、補助者は業務の執行に係る役職を兼務してはならない。

 

8.前号の使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項

  当該補助者の評価、任命、解任、人事異動、賃金等の改定については監査等委員会の同意を得た上で取締役会が決定する。

 

  9.当社グループの取締役および使用人が監査等委員に報告するための体制

監査等委員である取締役は、監査等委員会規程に基づき取締役会および重要な会議への出席、関係資料の閲覧等を行い、積極的な意見交換を行うことができるほか、必要があれば取締役および使用人に対しその説明を求めることができる。
 また、企業集団において重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等が発見された場合は、遅滞なく監査等委員へ報告する。
 

10.その他監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制

その他監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制として、以下(a)から(e)について定める。

(a)内部監査責任者は、内部監査規程および監査等委員会規程に基づき、内部監査の計画の立案および実施に当たっては、監査等委員会と緊密な連携を保つと同時に、定期的な報告を行い、必要に応じて特定事項の調査の依頼を受けることができる。

(b)内部監査担当者は、監査等委員会と緊密な連携を保つとともに、監査等委員からの求めに応じて関係部署とともに監査上必要な調査を行う。

(c)監査等委員会監査事務に不都合がある場合は総務局においてこれを補助する。

(d)監査等委員会は当社のコンプライアンス体制に問題があると認めるときは、その意見を述べるとともに、改善策の策定を求めることができる。

(e)監査等委員会は、その職務の遂行に関し、弁護士、公認会計士、税理士等の外部専門家を活用することができ、会社の定める手続きに従い請求することによって、その費用を会社負担とすることができる。

 

11.財務報告の適正性を確保するための体制

金融商品取引法第24条の4の4の定めに基づき、財務報告の適正性を確保するための体制として、以下(a)から(f)について定める。

(a)当社グループの財務報告が適正に行われるよう、当基本方針に基づく経理業務に関する規定を定めるとともに、財務報告に係る内部統制の体制整備と有効性向上を図る。

(b)財務報告に関して重要な虚偽記載が発生する可能性のあるリスクについて識別、分析し、財務報告への虚偽記載を防ぐため、財務報告に係る業務についてその手順等を整備し、リスクの低減に努める。

(c)内部統制担当者は、内部統制の不備に関する重要な事実等が発見された場合、遅滞なく、取締役会または経営会議に報告する。また、併せて監査等委員会へ報告する。

(d)上記(a)から(c)に掲げる方針および手続等を運用するに当たり、IT環境の適切な理解とこれを踏まえたITの有効かつ効率的な利用を推進し、ITに係る全般統制および業務処理統制の整備に努め、迅速かつ適切な対応ができるようにする。

(e)内部監査部門は、財務報告に係る内部統制に対して監査を行い、その有効性について評価し、是正、改善の必要があるときは、遅滞なく社長に報告し、同時に監査等委員会へ報告する。

(f)財務報告に係る内部統制システムの具体的な整備および運用に関しては、「財務報告に係る内部統制の整備運用規程」に定める。

 

 

 (リスク管理体制の整備の状況)

当社は、「リスク管理規程」を制定し、リスク管理に関する重要事項の方針等については、経営会議を経て取締役会によりこれを決定しております。また、企業倫理に違反する行為に対する従業員からの通報や相談に応じる内部通報制度を導入し、グループ内リスクマネジメントへの意識向上とリスク最小化に努めております。

 

 (子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況)

当社グループにおける子会社の業務の適正を確保するための体制として、関係会社管理規程を定め、関係会社の管理は親会社総務局が行い、関係会社に重要な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実等が発見された場合は、遅滞なく当社取締役会に報告することとしております。また、各子会社社長は、関係会社管理規程に定める報告事項に関して、経営会議の場で適宜報告しております。

 

 (取締役の定数)

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内とし、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を定款に定めております。

 

 (取締役の選任の決議要件)

 当社は、定足数を緩和することにより株主総会の円滑な運営を行うため、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、それぞれ議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、当該決議は累積投票によらない旨も定款に定めております。

 

 (取締役の責任免除)

 当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって、取締役(取締役であったものを含む。)の損害賠償責任を法令の限度額において、免除することができる旨を定款に定めております。

 

 (社外取締役との責任限定契約の内容の状況)

 当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する最低責任限度額を限度としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役が責任の原因となった職務の執行について善意かつ重大な過失がない時に限られます。

 

 (株主総会の特別決議要件)

当社は、定足数を緩和することにより株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

 

 (株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとしている事項)

①剰余金の配当等の決定機関

 当社は、会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めております。これは自己株式の取得のほか剰余金の配当等を取締役会の権限とすることによって、株主への利益還元や経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするためであります。

②中間配当

 当社は、株主への安定的な利益還元を行う選択肢の一つとして、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
 

 

(2) 【役員の状況】

男性7名 女性1名 (役員のうち女性の比率13%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役
社長

村上 義憲

1951年9月12日

1977年4月

当社入社

1994年4月

当社第二営業局長

1994年5月

当社取締役 第二営業局長

2000年1月

当社常務取締役

2000年5月

当社常務取締役兼協同セーラー広告株式会社代表取締役社長

2004年4月

当社常務取締役 第三営業局長

2005年4月

当社専務取締役 第三営業局長

2007年3月

当社専務取締役 第三営業本部長

2009年4月

株式会社ゴング取締役

2010年4月

当社専務取締役中国九州地区担当

2011年4月

当社代表取締役社長就任(現任)

2013年5月

南放セーラー広告株式会社取締役(現任)

2014年6月

株式会社エイ・アンド・ブイ代表取締役社長

2017年6月

株式会社ゴング取締役(現任)

2021年6月

株式会社エイ・アンド・ブイ取締役(現任)

(注)3

139

取締役
副社長

間 敬三

1963年6月30日

1995年5月

当社入社

2002年4月

当社営業部長

2010年4月

当社営業局次長

2010年6月

アド・セイル株式会社取締役

2012年1月

アド・セイル株式会社代表取締役社長

2015年4月

当社執行役員局長

2020年6月

アド・セイル株式会社取締役(現任)

2021年4月

当社執行役員副社長

2021年6月

当社取締役副社長(現任)

(注)3

4

常務取締役
第三
営業局長

萱原 一則

1964年11月7日

1988年3月

当社入社

2002年4月

当社営業部長

2008年4月

当社執行役員営業局次長

2009年2月

株式会社あわわ取締役

2010年4月

当社執行役員営業局長

2010年6月

当社取締役高松本社営業局長

2011年4月

当社取締役第一営業局長

2014年4月

当社取締役第三営業局長

2016年4月

当社取締役第二営業局長

2019年4月

当社取締役第三営業局長

2020年4月

当社常務取締役第三営業局長(現任)

(注)3

24

取締役
第一
営業局長

森川 稔

1967年7月4日

1990年3月

当社入社

2002年4月

当社営業部長

2006年10月

当社徳島支社長

2009年4月

当社高松本社第一営業部長

2012年4月

当社営業局次長

2015年4月

株式会社ゴング代表取締役社長兼当社執行役員営業局長

2019年4月

当社執行役員第一営業局長

2019年6月

当社取締役第一営業局長(現任)

(注)3

33

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

取締役
第二
営業局長

高藤 聖二

1963年12月28日

1990年1月

当社入社

2000年4月

当社営業部長

2012年4月

当社営業局次長

2017年4月

当社執行役員第二営業局長

2021年6月

当社取締役第二営業局長(現任)

(注)3

6

取締役
 監査等委員

原渕 定夫

1956年12月8日

1979年4月

当社入社

2005年4月

当社西讃支社長

2006年4月

当社高松本社第一営業部長

2008年4月

当社内部監査室

2012年6月

当社常勤監査役

2014年6月

株式会社あわわ監査役(現任)

 

アド・セイル株式会社監査役(現任)

 

株式会社ゴング監査役(現任)

2015年5月

株式会社エイ・アンド・ブイ監査役(現任)

2020年4月

株式会社FISH監査役(現任)

2021年6月

当社取締役常勤監査等委員(現任)

(注)4

26

取締役
 監査等委員

山内 直樹

1949年11月2日

1972年4月

㈱香川相互銀行(現㈱香川銀行)入行

2000年8月

同行融資管理部長

2003年3月

同行融資部長

2005年6月

同行取締役

2008年2月

同行常務取締役

2008年6月

四国総合信用㈱取締役社長

2012年6月

当社監査役

2021年6月

当社取締役監査等委員(現任)

(注)4

取締役
 監査等委員

田辺 真由美

1979年4月5日

2002年10月

中央青山監査法人入所

2006年9月

あらた監査法人入所

2011年4月

武田真由美公認会計士事務所代表(現任)

2014年2月

税理士法人石川オフィス会計所属

2015年6月

当社監査役

2020年6月

税理士橋川浩之事務所所属(現任)

2021年6月

当社取締役監査等委員(現任)

(注)4

 

 

 

 

234

 

(注) 1.2021年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議に基づき、監査役会設置会社から監査等委員設置会社へ移行いたしました。

   2.監査等委員である山内直樹および田辺真由美は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

   3.取締役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

     4.取締役(監査等委員)の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。

 

 

 (社外役員の状況)

  ○社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準および方針の内容

当社は、社外取締役を2名選任しております。

社外取締役の選任においては、会社法が定める社外取締役の要件および東京証券取引所が定める独立役員の独立性判断基準に基づいて選定を行うほか、会社経営の実務経験があること、企業のパフォーマンスを評価できるファイナンス知識を有していること、当社の業界に関する知見を有していることなど、取締役会に対し建設的な意見具申が期待できる人物を選定する方針であります。

 

  ○社外取締役と当社との利害関係および当社の企業統治において果たす機能・役割

監査等委員である社外取締役2名は、これまで培ってきた金融と財務に関する豊富な経験と幅広い見識を活かし、専門的見識からの意見表明だけではなく、社内常識の形骸化によって生じるおそれのある内部統制リスク等に関しても客観的な助言をいただけるものと判断しております。

監査等委員である社外取締役の山内直樹氏は、金融機関の取締役を経験し、経営者としての豊富な経験と高い見識を有しており、当社における社外監査役としてのこれまでの実績から、引き続き、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けた経営の適切な監督および経営の健全性確保に貢献いただくことを期待しております。なお、当社と同氏とは、人的関係、資本的関係および取引関係のほか、その他の利害関係はありません。

監査等委員である社外取締役の田辺真由美氏は、公認会計士としての実務経験に基づく経営に関する高い見識を有する者であります。公認会計士としての高度な専門的知見を有し、税理士事務所社員としての経験から税務面にも精通しており、当社における社外監査役としてのこれまでの実績を踏まえ、引き続き、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けた経営の適切な監督および経営の健全性確保に貢献いただくことを期待しております。なお、当社と同氏とは、人的関係、資本的関係および取引関係のほか、その他の利害関係はありません。

 

○社外取締役による監督または監査と内部監査、監査等委員会監査および監査法人との相互連携ならびに内部統制部門との関係

社外取締役は、取締役会、監査等委員会等において、内部監査、コンプライアンスの状況、内部統制システムの構築・運用状況、監査等委員会監査および会計監査の結果について報告を受けております。監査等委員である社外取締役と常勤の監査等委員とは常時連携を図り、内部監査室・会計監査人からの報告内容を含め経営の監視・監査に必要な情報を共有しております。また、内部統制につきましては、総務局長から評価結果等に関する資料の提供を受け、必要の都度、情報を聴取しており、監査等委員である社外取締役は、これらの情報を活用し、取締役会において経営の監視・監査を行っております。

 

 

 

(3) 【監査の状況】

  ① 監査等委員会監査の状況

当社は、2021年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議に基づき、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

監査等委員会は、常勤の監査等委員1名、非常勤の監査等委員2名により構成されております。

毎月1回開催する監査等委員会において監査に関する重要事項の協議等を行うほか、毎月開催される取締役会やその他重要な会議へ出席し、取締役の業務執行を監視するとともに、会社の業務全般について適法かつ適正に行われているかを監査しております。

 

(最近事業年度における監査役および監査役会の活動状況)

常勤監査役原渕定夫は、当事業年度開催の監査役会12回のうち12回に出席し、議事進行を務めるほか、当社取締役会のほか子会社の取締役会へも出席し、当社グループの業務執行状況について、法令等の遵守、業務効率、財務報告の信頼性および資産の保全の観点から、公正かつ客観的な立場から助言を行っております。その他、内部監査部門から内部監査の結果報告、会計監査人からの監査計画説明・四半期レビュー報告・監査結果報告を受け、社外監査役への説明を行っております。

社外監査役山内直樹は、当事業年度開催の監査役会12回のうち12回に出席し、討議内容についての疑問点等を解消するため適宜質問し、客観的な観点から意見を述べるとともに、監査結果についての意見交換、監査に関する重要事項の協議等を行っております。

社外監査役田辺真由美は、当事業年度開催の監査役会12回のうち12回に出席し、会計処理などを中心に適宜質問し、公認会計士としての立場から意見を述べるとともに、監査結果についての意見交換、監査に関する重要事項の協議等を行っております。

なお、社外監査役2名は、取締役会に出席し、議事録、計算書類、その他重要書類等の閲覧を行ったうえで常勤監査役による監査情報を聴取することによって、グループ全体に亘る状況の把握にも努めております。

 

  ② 内部監査の状況

専任者1名で構成しております当社内部監査室は、代表取締役社長直属の部署として、各事業年度に策定する内部監査計画に基づき、各業務執行部門の業務監査および会計監査、監査結果の代表取締役社長への報告、業務改善指導および確認等を行うほか、必要ある場合には臨時の内部監査を実施し、監査等委員および監査法人との連携を保ち、内部統制体制の強化に努めております。また、子会社への内部監査も実施しております。

 

  ③ 会計監査の状況

a.監査法人の名称

  えひめ有限責任監査法人

 

b.継続監査期間

  1年間

 

c.業務を執行した公認会計士

  丸木 公介

  別府 淳

 

d.監査業務に係る補助者の構成

  公認会計士 2名  

 

e.監査法人の選定方針と理由

  監査等委員会は会計監査人の解任または不再任の決定の方針を次のように定めております。

  (会計監査人の解任または不再任の決定の方針)

監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合に、会計監査人の解任または不再任に関する株主総会の議案の内容を決定いたします。

また、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。

 

.監査等委員会による監査法人の評価

 当社の監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っております。評価については、適時適切に意見交換や監査状況を把握しており、その結果、監査法人による会計監査は有効に機能し、適正に行われていることを確認しております。

 

g.監査法人の異動

当社の監査法人は次のとおり異動しております。

  第69期(連結・個別) EY新日本有限責任監査法人

  第70期(連結・個別) えひめ有限責任監査法人

 

なお、臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。

  異動に係る監査公認会計士等の名称

   選任する監査公認会計士等の名称

    えひめ有限責任監査法人

   退任する監査公認会計士等の名称

    EY新日本有限責任監査法人

 

  異動の年月日

   2020年6月23日

 

  退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

   1998年5月1日

 

  退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

   該当する事項はありません。

 

  異動の決定または異動に至った理由および経緯

当社の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人は、2020年6月23日開催予定の第69回定時株主総会終結の時をもって任期満了となります。EY新日本有限責任監査法人につきましては上場来監査を依頼しており、会計監査が適切かつ妥当に行われることを確保する体制を十分に備えておりますが当社におきまして、現在の監査品質を維持しつつ当社グループの企業規模に応じた機動的な監査が期待できることを重視し、監査報酬の水準も合わせ、総合的な観点で新たな会計監査人の選任を検討してまいりました。その結果、えひめ有限責任監査法人を新たな会計監査人として選任するものであります。

 

上記の理由および経緯に対する監査報告書または内部統制報告監査書等の記載事項に係る異動監査公認会計士等の意見

   特段の意見はない旨の回答を得ております。

 

上記の理由および経緯に対する監査報告書または内部統制報告監査書等の記載事項に係る監査役会の意見

   妥当であるとの回答を得ております。

 

 

 ④ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

提出会社

23,000

19,000

連結子会社

23,000

19,000

 

 

  (監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容)

    前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日

該当する事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日

該当する事項はありません。

 

  (監査公認会計士等の連結子会社に対する非監査業務の内容)

    前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日

該当する事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日

該当する事項はありません。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

    前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日

該当する事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日

該当する事項はありません。

 

c.その他重要な報酬の内容

前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日

該当する事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日

該当する事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

当社は、監査報酬の決定に際して、当社の事業規模や業務特性に応じた適正な監査時間について監査公認会計士等と十分な検討を行っております。

 

e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社の監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況、見積り算定根拠などを確認し、検討した結果、当該報酬等の額が相当であると判断し、同意いたしました。

 

 

 

 

(4) 【役員の報酬等】

 (役員の報酬等)

  ○提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数(名)

基本