EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年4月23日

【事業年度】

第58期(自  2019年2月1日  至  2020年1月31日)

【会社名】

株式会社アルトナー

【英訳名】

ARTNER CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長    関口  相三

【本店の所在の場所】

兵庫県尼崎市西大物町5番2号

(同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行っております。)

【電話番号】

06(6445)7551

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長    張替  朋則

【最寄りの連絡場所】

大阪市北区中之島三丁目2番18号  住友中之島ビル2階

【電話番号】

06(6445)7551

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長    張替  朋則

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05717 21630 株式会社アルトナー ARTNER CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2019-02-01 2020-01-31 FY 2020-01-31 2018-02-01 2019-01-31 2019-01-31 1 false false false E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05717-000 2020-01-31 E05717-000 2020-04-23 E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2017-02-01 2018-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2017-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2016-02-01 2017-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2016-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2015-02-01 2016-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E05717-000 2018-02-01 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row5Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row6Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row7Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row8Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row9Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row10Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row11Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row12Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row13Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row5Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row6Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row7Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row8Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row9Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row10Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row11Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row12Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row13Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row1Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row2Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row3Member E05717-000 2020-01-31 jpcrp_cor:Row4Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row1Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row2Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row3Member E05717-000 2019-01-31 jpcrp_cor:Row4Member E05717-000 2020-04-23 jpcrp_cor:Row1Member E05717-000 2020-04-23 jpcrp_cor:Row2Member E05717-000 2020-04-23 jpcrp_cor:Row3Member E05717-000 2020-04-23 jpcrp_cor:Row4Member E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:SekiguchiSozoMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:OkusakaKazuyaMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:HarigaeTomonoriMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:EgamiYojiMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:SatoSoMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:MitaniTakaakiMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:KanaiHirokiMember E05717-000 2020-04-23 jpcrp030000-asr_E05717-000:FukumuroKozaburoMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

 

回次

第54期

第55期

第56期

第57期

第58期

決算年月

2016年1月

2017年1月

2018年1月

2019年1月

2020年1月

売上高

(千円)

4,761,224

5,153,319

5,765,117

6,331,692

7,002,175

経常利益

(千円)

432,557

564,242

690,426

794,098

893,656

当期純利益

(千円)

276,492

363,555

480,977

540,973

613,377

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

238,284

238,284

238,284

238,284

238,284

発行済株式総数

(株)

2,656,980

2,656,980

5,313,960

10,627,920

10,627,920

純資産額

(千円)

1,357,786

1,616,193

1,963,726

2,333,306

2,728,380

総資産額

(千円)

2,102,552

2,289,912

2,763,619

3,264,188

3,801,139

1株当たり純資産額

(円)

255.56

152.10

184.81

219.59

256.77

1株当たり配当額

(円)

35.00

45.00

30.00

18.00

20.50

(うち1株当たり中間配当額)

(15.00)

(20.00)

(13.00)

(7.50)

(10.00)

1株当たり当期純利益

(円)

52.04

34.21

45.26

50.91

57.73

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

64.6

70.6

71.1

71.5

71.8

自己資本利益率

(%)

22.0

24.4

26.9

25.2

24.2

株価収益率

(倍)

11.4

12.4

23.8

18.1

14.3

配当性向

(%)

33.6

32.9

33.1

35.4

35.5

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

307,717

192,324

471,209

612,537

591,153

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

3,110

15,717

25,833

75,542

42,723

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

79,359

105,677

134,729

169,438

215,920

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,301,799

1,372,728

1,683,375

2,050,932

2,383,441

従業員数

(名)

680

736

801

881

1,002

株主総利回り

(%)

173.3

252.0

631.5

554.0

511.1

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(103.2)

(112.0)

(138.1)

(120.5)

(132.7)

最高株価

(円)

1,648

1,998

2,344

2,370

1,075

 

(879)

 

(1,367)

 

最低株価

(円)

690

839

791

1,706

665

 

(833)

 

(560)

 

  (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5.2017年2月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第54期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しており、また、2018年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第55期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。なお、1株当たり配当額については、株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。

また、株主総利回りについては、第54期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出しております

6.最高株価及び最低株価は、2017年10月26日より東京証券取引所(市場第二部)、2018年7月3日より東京証券取引所(市場第一部)におけるものであり、それ以前は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。なお、第55期及び第57期の株価については株式分割前の最高株価及び最低株価を記載しており、株式分割後の最高株価及び最低株価を(  )内に記載しております。

7.第56期の1株当たり配当額には、設立55周年及び上場10周年記念配当2円を含んでおります。

8.第57期の1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第一部指定記念配当2円50銭を含んでおります。

 

2【沿革】

  当社は、工業用手袋製造・青写真焼付の事業を行うことを目的として1953年8月に設立された有限会社関口興業社が、1950年代後半、わが国の高度成長期の時代を迎え、設計製作・設計製図トレースに関する事業に転進することとし、現  代表取締役社長関口相三の親族等とともに出資することで、1962年9月に株式会社大阪技術センター(現  当社)として設立されております。

  株式会社大阪技術センター設立以後の事業内容の変遷は、次のとおりであります。

年月

事項

1962年9月

設計製作及び設計製図を主業務として、有限会社関口興業社及び現  代表取締役社長関口相三の親族等の出資により、株式会社大阪技術センター(資本金30万円)を設立

1964年6月

本社(現  大阪本社)を大阪市福島区に移転

1980年3月

本社を大阪市北区に移転

1986年11月

労働者派遣事業法の施行に伴い特定労働者派遣事業開始

1998年4月

株式会社大阪技術センターを株式会社アルトナーへ商号変更

2003年12月

一般労働者派遣事業許可取得

2004年2月

有料職業紹介事業許可取得

大阪、東京の2本社制を敷き、東京本社を東京都港区に開設

2007年10月

ジャスダック証券取引所に株式を上場

2010年2月

東京本社を横浜市港北区に移転

2010年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場

新卒技術者の教育研修を集中管理するラーニングセンターを大阪府吹田市に開設

2011年2月

組織を再編し、エンジニア事業本部傘下に営業所(宇都宮、横浜、名古屋、大阪)を設置

ヒューマンリソース事業本部傘下にヒューマンリソース事業部とハイパーアルトナー事業部を設置

2012年2月

ハイパーアルトナー事業部をハイパーアルトナー事業本部に名称変更

2013年2月

エンジニアエージェンシー事業本部を設置

2013年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

2016年2月

事業本部を集約し、エンジニア事業本部とヒューマンリソース事業本部に再編

エンジニア事業本部傘下にエンジニア事業部とハイパーアルトナー事業部を設置

ヒューマンリソース事業本部傘下に能力開発部とエンジニアエージェンシー事業部を設置

2017年10月

東京証券取引所市場第二部に市場変更

2018年2月

エンジニア事業本部傘下のエンジニア事業部とハイパーアルトナー事業部を廃止

エンジニア事業本部傘下にハイバリューグループ、ワイドバリューグループ、プロダクトバリューグループ、請負・受託グループを設置

2018年7月

東京証券取引所市場第一部に指定

2019年1月

採用、教育、営業の各部門を集約し、ラーニングセンター(現  西日本ラーニングセンター)を同市内(吹田市)に移転

2020年3月

東日本ラーニングセンターを横浜市港北区に開設

 

3【事業の内容】

(1)技術者派遣事業及び請負・受託事業

  当社は、主として設計技術者の人材派遣に特化した技術者派遣事業を、現在、宇都宮・横浜・名古屋・大阪の事業所を拠点として展開・運営を行っております。

  技術者派遣事業とは、設計技術者を通じて、機械(2D CAD・3D CADを使用して、機械が動く仕組みの設計)、電気・電子(機器や装置の心臓部となる回路基板設計、信頼性評価)、制御ソフト(技術開発が進むクルマ、IoT機器を含むCPUを持つ電子機器を動作させるソフトウェアの開発)、情報処理(ユーザーに対しサービスを提供するシステム並びにアプリケーションソフトウェアの開発、Web・オープン系のシステム及びパッケージソフトの開発)等の専門的技術を提供し、顧客企業の設計開発部門を支援する業務であります。

  また、顧客企業より設計開発を受託する請負・受託事業を併せて行っております。

 

(2)顧客企業との契約形態

  当社が行う事業の契約形態には、派遣契約、請負契約等があります。当社は、主として派遣契約を顧客企業と締結することで事業を展開しておりますが、一部の顧客企業に対しては請負契約等を締結しております。

 

①  派遣契約

  派遣契約は、派遣労働者となる設計技術者を雇用する当社(派遣元)と使用者である顧客企業(派遣先)とが分離していることで、設計技術者は派遣先の指揮命令のもと、派遣先の労働に従事するものであります。

  当社(派遣元)・顧客企業(派遣先)・設計技術者(派遣労働者)の関係を図示すると、以下のようになります。

 

0101010_001.png

②  請負契約

  請負契約は、当社が顧客企業から業務を受託し、その業務遂行の指示や設計技術者の労務管理等について、一切の責任を当社が負い、顧客企業に成果物を納品するものであります。

  当社(受託者)・顧客企業(委託者)・設計技術者の関係を図示すると、以下のようになります。

0101010_002.png

 

[事業系統図]

  以上、述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

0101010_003.png

 

4【関係会社の状況】

  該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

2020年1月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

1,002

30.1

6.3

4,279,812

  (注)1.従業員数は就業人員であり、登録社員数は含まれておりません。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.当社の報告セグメントは単一であるため、セグメント別の記載を省略しております。

4.従業員数が前事業年度末に比べ121名増加したのは、業容拡大に伴う新規採用等によるものであります。

 

(2)労働組合の状況

  当社の労働組合は、アルトナー労働組合と称し、2020年1月31日現在における組合員数は912名で、加盟する上部団体はUAゼンセンであります。

  なお、労使関係は安定しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

  文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針

  当社は、『エンジニアサポートカンパニー』という経営理念に基づき、顧客企業の持続的な成長に貢献するテクニカル・パートナーとして活動しております。永きにわたるこの基本姿勢は、多くの信頼と実績を築き上げ、業界のパイオニアとして確固たる地位を確立いたしました。

  これからも、顧客企業、株主、従業員をはじめ、すべての社会の皆様からご支持、ご賛同いただける経営を推進し企業価値の拡大に努めてまいります。

 

(2)経営戦略等

(中期経営計画の基本方針)

『持続的成長および次世代成長のための基盤を構築する』

『Make Value! For the Next 2020-2022』

 

(中期経営計画の基本施策)

① セグメント戦略の推進

・セグメント別戦略の構築(採用・教育・配属・制度)

・セグメント別マーケットへの対応の確立

・新たな専門技術領域の開拓・模索

② 多種多様な人材活用の推進

・シニア・女性・外国人労働者(留学生)の人材活用

・協力会社の活用・組織化(請負・受託体制の確立)

 

(3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

  当社の主たる事業である技術者派遣事業においては、稼働人員(技術者数×稼働率)×技術者単価×労働工数で算出される金額を売上高として、顧客企業に配属中の技術者の労務費等を売上原価として、社内にて教育研修(待機)中の技術者の労務費、スタッフ職の労務費等を販売管理費として、計上しております。

  当社は、技術者数、稼働率、技術者単価を重要な経営指標と考え、更なる向上に努めてまいります。

 

(4)経営環境

  当社の主要顧客である大手メーカーにおいては、研究開発費、設計開発費が堅調に推移し、それに伴う各種プロジェクトにおいて、技術者要請が旺盛であります。

  一方、採用市場においては、メーカー、同業他社との競争が激化しております。

  当社の経営の優先課題として、優秀な理工系学生、キャリア技術者の確保に、取り組んでおります。

 

(5)事業上及び財務上の対処すべき課題

  当社の主要事業である技術者派遣事業は、採用、教育、営業、サポートというサイクルで構成されております。今後の事業拡大のため、当社が対処すべき課題は、以下のとおりであります。

(採用について)

  当社の事業拡大のためには、優秀な技術者の確保・増員が必須要件と捉えています。したがって、採用基準の改善、採用機会の確保、多種多様な人材の採用、技術者の分野別・業務領域別構成の最適化、新卒採用・キャリア採用の構成の最適化により、市場ニーズに合致した質の高い人材の確保に努めてまいります。

  また、新卒採用については、定期的に大学等及び内定者に細かいフォローを行うとともに、内定者懇親会等の開催により、内定者の入社率向上に努めてまいります。

(教育について)

  当社は、長年積み重ねた経験により構築した一般・社外実務・基礎・応用・キャリア研修の実施により、技術者のスキルアップに努めてまいります。

  また、全社員向けに能力開発セミナー、管理職者向けに人間づくり研修の開催により、技術力・人間力の向上に努めてまいります。

(営業について)

  当社は、新規開拓営業力の強化を図り、顧客ニーズに応じた技術者の人選、チーム派遣、請負・受託の編成等の提案により、取引先の確保・拡大に努めてまいります。

  また、顧客企業との交渉に努め、適切な技術者の配置の実施により、技術者単価の増額等の取引条件の向上に努めてまいります。

(サポートについて)

  当社は、技術者との定期的な面談を通じた希望・実情に応じた指導・アドバイス、専属カウンセラーのメンタルヘルスケアにより、モチベーション向上をサポートし、定着率向上に努めてまいります

 

2【事業等のリスク】

  有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

  なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

(製造業の業績動向について)

  当社は製造業を主要顧客とし、主にその設計開発部門に技術者を派遣しております。それら主要顧客が、事業を展開する国や地域で景気後退等の影響を受け、設備投資、研究開発を削減し、派遣技術者の活用を減少させた場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

  また、当社の売上構成比率が高い自動車関連メーカーにおいて、事業環境等に著しい変化が生じた場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(同業他社との競合について)

  当社が属する技術者派遣業界が市場縮小や新規参入により、同業他社との競争が激化し、価格競争に陥った場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(教育研修の効果について)

  当社は、長年積み重ねた経験により構築した研修の実施により、技術者のスキルアップに努めております。しかしながら、研修の想定通りに効果が表れず、顧客評価が向上せず、技術者単価が上昇しない場合、また、顧客の要望を充足できずクレームが生じる場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(適切な派遣先の確保について)

  当社は、派遣先の確保・拡大に努めておりますが、技術者に対して、適切な派遣先が見つからず、技術者単価、稼働率の維持・向上に寄与しない場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(労働工数の規制動向について)

  当社の技術者の労働工数は、派遣先の業務状況に応じて確定いたします。関係諸法令の改正等の影響により、長時間労働に対する是正の動きが強まり、技術者の労働工数が大幅に減少した場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(理工系学生の確保について)

  当社は、理工系卒の学生を重要な経営資源としており、少子化等の影響により、理工系卒の学生人口が減少し、優秀な学生の確保が著しく困難となった場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(キャリア技術者の確保について)

  当社は、職務経験を有する技術者を重要な経営資源としており、製造業の設計開発の活発化による転職希望のエンジニア不足により、キャリア採用競争が激化し、優秀なキャリア技術者の確保が著しく困難となった場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(情報管理について)

  当社は、「プライバシーマーク」を取得するなど、個人情報・機密情報その他事業運営上知り得たすべての情報の適正な管理に努めておりますが、何らかの理由により情報が外部に流出した場合には、当社の社会的な信用等が失墜し、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(法的規制、許認可について)

  当社事業に対する業務区分ごとの法的規制等は以下のとおりであります。

① 労働者派遣事業について

  当社の主要事業である技術者派遣は、「労働者派遣事業の適正な運用の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」(以下、「労働者派遣法」という。)に基づき、厚生労働大臣より下記の許可を受け行っております。

許認可名称

監督官庁

許可番号

許可年月日

有効期限

労働者派遣事業

厚生労働省

派27-020513

2003年12月1日

2021年11月30日

  当社では、労働者派遣法及び関係諸法令等の遵守を最重要課題の一つに位置付け、内部監査を通じた法令等の遵守状況の監視、その他会議において法令等の遵守状況の定期的な確認を行うなど法令等遵守体制の整備に努めております。しかしながら、万一当社が法令等に抵触するなどして、事業の継続に支障をきたすこととなった場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

  また、労働者派遣法第14条では、派遣元事業主が労働者派遣法第6条に定める欠格事由(主な事由として、当社が禁錮以上の刑に処せられ、または労働基準法、労働者派遣法、職業安定法などの労働に関する法律の規定、もしくは健康保険法、雇用保険法などの規定に違反し、あるいは刑法、出入国管理及び難民認定法等の罪を犯したことにより罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過していない場合、成年後見人、被保佐人または破産者となり復権を得ていない場合等)に該当したり、労働者派遣法及び職業安定法に違反した場合には事業許可の取消しや業務の停止を命じられる旨を定めておりますが、現時点において当社に該当する事由はありません。しかしながら、万一当社が法令等に抵触するなどして、事業許可の取消しや業務停止を命じられた場合には、事業継続が困難となり、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

  なお、労働者派遣法を始めとする関係諸法令は、労働環境、社会情勢等の変化に応じ、規制や変更等の改正が適宜実施されております。

  当社では、当該諸法令の改正の都度適切な対応を行っておりますが、関係諸法令の改定内容には拠るものの、当社事業に対して著しく不利な改定が行われた場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

② 有料職業紹介事業について

  当社の有料職業紹介事業は、職業安定法に基づき、厚生労働大臣より下記の許可を受け行っております。

許認可名称

監督官庁

許可番号

許可年月日

有効期限

有料職業紹介事業

厚生労働省

27-ユ-020355

2004年2月1日

2022年1月31日

  職業安定法第32条の9では、人材紹介事業を行う者(法人である場合には、その役員を含む)が有料職業紹介事業者としての欠格事由(当社が禁錮以上の刑に処せられ、または労働基準法、職業安定法、労働者派遣法などの労働に関する法律の規定、もしくは刑法、出入国管理及び難民認定法等の罪を犯したことにより罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過していない場合、成年後見人、被保佐人または破産者となり復権を得ていない場合等)に該当したり、職業安定法及び労働者派遣法に違反した場合には、事業許可の取消しや業務の停止を命じられる旨を定めておりますが、現時点において当社に該当する事由はありません。しかしながら、万一当社が法令等に抵触するなどして、事業許可の取消しや業務停止を命じられた場合には、事業継続が困難となり、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

  また、将来的に当該法令が改正され、その内容が当社事業に著しく不利な場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(災害事故等について)

  当社では、自然災害、人災及びその他災害、事故等(以下「災害事故等」という。)に対処するため、マニュアルを定め、被害を最小限に止めるよう努めておりますが、想定を大幅に上回る災害事故等が発生した場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

  また、新型コロナウイルスの感染拡大により、当社の事業活動等に支障が生じた場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

  当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

  当事業年度におけるわが国経済は、弱さが見られるものの、緩やかに回復しております。

  当社の主要顧客においては、製品のソフトウェア化が加速し、ハード以上にソフトウェアの技術者要請が伸長いたしました。自動車関連を中心とする輸送用機器分野の先行開発プロジェクトにおいては、電気自動車、ハイブリッド車等のエコカー関連、自動車の運転支援技術関連等の技術者要請が堅調に推移いたしました。また、ソフトウェア技術者の積極的な採用に伴い、その配属先となる顧客開拓を強化し、情報通信分野での技術者要請も伸長いたしました。

  このような状況の中、当社においては、当事業年度に新卒技術者が156名、キャリア技術者が32名入社したことにより、技術者数が前年同期を上回りました。

  技術者派遣事業においては、稼働率が高水準で推移し、2019年4月入社の新卒技術者を当初の予定より前倒しで配属できたことにより、稼働人員が前年同期を上回りました。また、技術者の業務実績を踏まえた顧客企業との単価交渉により、技術者単価が前年同期を上回りました。労働工数は働き方改革の影響により減少傾向となりました。請負・受託事業においては、積極的な営業展開により、受注プロジェクト数が増加いたしました。

  先行投資として、従業員の待遇改善、求人費の増加、スタッフの増員及び新卒技術者の採用人数の増加、教育・研修施設の増床運営を実施したことにより、売上原価、販売費及び一般管理費が増加いたしましたが、売上高の増加により吸収され、利益面は前年同期を上回りました。

  これらの結果、当事業年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。

 

a.財政状態

  当事業年度末の資産合計は、前事業年度末に比べ536,950千円増加し、3,801,139千円となりました。

  当事業年度末の負債合計は、前事業年度末に比べ141,877千円増加し、1,072,759千円となりました。

  当事業年度末の純資産合計は、前事業年度末に比べ395,073千円増加し、2,728,380千円となりました。

 

b.経営成績

  当事業年度の売上高は7,002,175千円(前年同期比10.6%増)、営業利益は886,007千円(前年同期比12.8%増)、経常利益は893,656千円(前年同期比12.5%増)、当期純利益は613,377千円(前年同期比13.4%増)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

  当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ332,508千円増加し2,383,441千円となりました。

  当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

  営業活動の結果得られた資金は、591,153千円(前年同期比21,384千円減)となりました。これは主に、法人税等の支払額304,355千円があったものの、税引前当期純利益893,656千円があったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

  投資活動の結果使用した資金は、42,723千円(前年同期比32,818千円減)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出15,507千円、無形固定資産の取得による支出13,958千円があったことや、敷金及び保証金の差入による支出13,401千円があったことによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

  財務活動の結果使用した資金は、215,920千円(前年同期比46,482千円増)となりました。これは、配当金の支払額215,920千円があったことによるものであります。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

  当社の主たる業務は、機械設計開発、電気・電子設計開発、ソフトウェア開発等の技術者派遣事業であり、提供するサービスの性格上、生産実績になじまないため、記載を省略しております。

 

b.受注実績

  当社の事業については、その形態から受注金額と販売金額がほぼ同等となるため、記載を省略しております。

 

c.販売実績

  当事業年度の販売実績を事業の種類別に示すと、次のとおりであります。

事業の種類別

当事業年度

(自  2019年2月1日

至  2020年1月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

技術者派遣事業

6,753,819

108.7

請負・受託事業

228,158

228.8

その他の事業

20,197

95.2

合計

7,002,175

110.6

  (注)1.当社の報告セグメントは単一であるため、事業の種類別に記載しております。

2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります

相手先

前事業年度

(自  2018年2月1日

至  2019年1月31日)

当事業年度

(自  2019年2月1日

至  2020年1月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

株式会社本田技術研究所

1,094,249

17.3

1,340,047

19.1

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

  経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

  なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

  当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成に当たって当社が採用している重要な会計方針は、「第5  経理の状況  1  財務諸表等  (1)財務諸表」に記載のとおりであります。なお、財務諸表等には将来に対する見積り等が含まれておりますが、これらは当事業年度末現在における当社の判断によるものであります。これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。

 

当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

a.経営成績

(売上高)

  技術者派遣事業において、技術者数、技術者単価が前年同期を上回り、稼働率が前年同水準で推移したことにより、当事業年度の売上高は前年同期比10.6%増の7,002,175千円となりました。

(営業利益、経常利益及び当期純利益)

  技術者の労務費等の売上原価、求人費等の販売管理費が前年同期を上回ったものの、それを上回る売上高の増収により、当事業年度の営業利益は前年同期比12.8%増の886,007千円、経常利益は前年同期比12.5%増の893,656千円、当期純利益は前年同期比13.4%増の613,377千円となりました。

 

b.財政状態

(資産)

  当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べ536,950千円増加し、3,801,139千円となりました。これは主に、現金及び預金の増加332,508千円、売上債権の増加167,476千円があったことによるものであります。

(負債)

  当事業年度末における負債は、前事業年度末に比べ141,877千円増加し、1,072,759千円となりました。これは主に、退職給付引当金の増加80,588千円、未払消費税等の増加66,910千円があったことによるものであります。

(純資産)

  当事業年度末における純資産は、前事業年度末に比べ395,073千円増加し、2,728,380千円となりました。これは主に、利益剰余金の増加395,552千円があったことによるものであります。

 

c.資本の財源及び資金の流動性

  当社の資金需要の主なものは、当社派遣技術者に伴う人件費等であります。運転資金、設備資金等の所要資金は、原則として自己資金で賄っておりますが、状況に応じて、銀行借入により資金調達することとしております。

  キャッシュ・フローの状況については、「第2  事業の状況  3  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析  (1)経営成績等の状況の概要  ②  キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

  なお、当社のキャッシュ・フロー関連指標の推移は、以下のとおりであります。

 

2016年1月期

2017年1月期

2018年1月期

2019年1月期

2020年1月期

自己資本比率(%)

64.6

70.6

71.1

71.5

71.8

時価ベースの自己資本比率(%)

149.7

196.5

413.9

300.1

230.9

キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)

インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)

7,413.8

5,777.8

6,131.6

16,772.7

自己資本比率:自己資本/総資産

時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産

キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー

インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い

(注1)株式時価総額は、自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。

(注2)キャッシュ・フロー対有利子負債比率は、期末有利子負債がないため記載しておりません。

(注3)2020年1月期のインタレスト・カバレッジ・レシオは、利払いがないため記載しておりません。

 

d.経営成績に重要な影響を与える要因

  経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2  事業の状況  2  事業等のリスク」に記載のとおり、事業環境、事業内容、事業運営体制、様々なリスク要因が当社の経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。

  そのため、当社は常に市場動向に留意しつつ、内部管理体制を強化し、優秀な人材を確保し、市場のニーズにあったサービス展開をしていくことにより、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分散・低減し、適切に対応を行ってまいります。

 

e.経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

  当社は、技術者数、稼働率、技術者単価を重要な経営指標と考え、更なる向上に努めております。当事業年度において、新卒・キャリア技術者の入社により期末技術者数は901名(前年同期比116名増)、顧客企業からの技術者要請の高まりにより稼働率は高水準で推移し97.4%(前年同期比0.2ポイント減)、技術者の業務実績を踏まえた顧客企業との単価交渉により技術者単価は4,183円(前年同期比0.7%増)となりました。

 

4【経営上の重要な契約等】

  該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

  該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

  当事業年度において重要な設備投資はありません。

  また、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2【主要な設備の状況】

  当社における主要な設備は、以下のとおりであります。

  なお、当社の報告セグメントは単一であるため、セグメント別の記載を省略しております。

2020年1月31日現在

 

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額

従業
員数

(名)

建物

(千円)

工具、器具及び備品(千円)

ソフトウェア

(千円)

その他

(千円)

合計

(千円)

大阪本社

(大阪市北区)

本社

2,712

6,161

41,125

29,519

79,518

28

東京本社

横浜事業所

(横浜市港北区)

本社、営業所及びテクニカルセンター

3,093

2,185

6,615

24,160

36,054

30

名古屋事業所

(名古屋市中村区)

営業所及びテクニカルセンター

241

401

5,895

6,538

8

宇都宮事業所

(栃木県宇都宮市)

営業所及びテクニカルセンター

4,999

1,128

5,315

11,444

15

ラーニングセンター

(大阪府吹田市)

研修施設及び営業所

10,097

4,750

9,746

17,337

41,931

39

  (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.上記の事業所は賃借しております。なお、上記建物の内容は主として造作物であります。

3.従業員数は、各事業所の就業人員であり、顧客企業へ配属した技術者は含まれておりません。

4.上記の他、遊休資産を含む土地(兵庫県赤穂郡上郡町733㎡、兵庫県篠山市1,631㎡、神戸市北区550㎡、兵庫県尼崎市155.47㎡、兵庫県尼崎市168.23㎡)59,159千円を有しております。

5.帳簿価額のうち「その他」は、敷金及び保証金であります。

6.上記の他、主要な設備のうち他の者から賃借している設備は、以下のとおりであります。

2020年1月31日現在

 

事業所名

(所在地)

設備の内容

賃借面積

(面積㎡)

年間賃借料

(千円)

大阪本社

(大阪市北区)

賃借建物

536.61

27,075

東京本社

横浜事業所

(横浜市港北区)

賃借建物

460.53

14,210

名古屋事業所

(名古屋市中村区)

賃借建物

125.98

5,895

宇都宮事業所

(栃木県宇都宮市)

賃借建物

196.91

3,276

ラーニングセンター

(大阪府吹田市)

賃借建物

795.88

24,561

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

  該当事項はありません。

 

(2)重要な設備の除却等

  該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

36,000,000

36,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年1月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年4月23日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

10,627,920

10,627,920

東京証券取引所

市場第一部

単元株式数100株

10,627,920

10,627,920

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

  該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

  該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

  該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2017年2月1日

(注)

2,656,980

5,313,960

238,284

168,323

2018年4月1日

(注)

5,313,960

10,627,920

238,284

168,323

  (注)株式分割(1:2)によるものであります。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(名)

16

21

14

27

4

3,308

3,390

所有株式数(単元)

6,107

1,721

48,147

1,774

6

48,494

106,249

3,020

所有株式数の割合(%)

5.75

1.62

45.31

1.67

0.01

45.64

100.00

  (注)自己株式2,329株は、「個人その他」に23単元及び「単元未満株式の状況」に29株を含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

 

2020年1月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社関口興業社

兵庫県西宮市南郷町3-20

4,310,000

40.56

アルトナー従業員持株会

大阪市北区中之島3丁目2-18

937,848

8.82

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島3丁目3-23

480,000

4.51

張替  朋則

茨城県つくば市

270,240

2.54

奥坂  一也

大阪府岸和田市

254,880

2.39

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11-3

194,700

1.83

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

124,000

1.16

江上  洋二

千葉県市川市

101,552

0.95

アルトナー役員持株会

大阪市北区中之島3丁目2-18

100,200

0.94

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)

東京都中央区晴海1丁目8-11

88,500

0.83

6,861,920

64.57

  (注)日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)及び日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)の所有株式数は、すべて信託業務に係るものであります。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年1月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

2,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

10,622,600

106,226

単元未満株式

普通株式

3,020

発行済株式総数

 

10,627,920

総株主の議決権

 

106,226

  (注)「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式29株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年1月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社アルトナー

兵庫県尼崎市西大物町5番2号

2,300

2,300

0.02

2,300

2,300

0.02

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】  普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

  該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

  該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

  該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

2,329

2,329

  (注)  当期間における保有自己株式数には、2020年4月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

  当社は、利益配分につきましては、今後の事業展開や業績及び経営環境、経営基盤の強化を総合的に考慮し、株主に対する安定的な配当を実施することを経営の最重要課題と位置付けており、配当性向30%をベースに検討することとしております。

  当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。なお、当社は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる。」旨を定款に定めております

  当事業年度の期末配当は1株当たり10円50銭を実施いたします。これにより既に実施済みの中間配当10円と合わせた通期の配当合計は1株当たり20円50銭となりました。この結果、当事業年度の配当性向は35.5%となりました。

  内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化への対応、人的資源の充実等に有効投資してまいりたいと考えております。

  なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2019年9月9日

106,255

10.00

取締役会決議

2020年4月23日

111,568

10.50

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

1.当社は、長期安定的な株主価値向上を経営の最重要課題と位置付けており、事業の発展及び収益性を確保するとともに、より高い技術開発力を目指す技術者集団として、各業界での顧客企業とともに、“テクニカルパートナー”として成長していくことを目指しております。また、常に社会の求めるものを追求し、需要を創造するとともに、会社の永続的な発展のために経営の効率性と健全性を追求してまいります。

2.会社の社会的役割を認識し、法令等を遵守するとともに株主・地域社会・顧客企業・従業員などステークホルダーとの良好な関係の維持発展に努めてまいります。

3.経営環境の変化に柔軟に対応できる経営管理体制(含む内部管理体制)により、内部統制並びにリスクマネジメントをより一層強化し、管理体制の充実を図ってまいります。また、社内外への情報の迅速な開示と、経営の透明性を高めてまいります。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

  当社は、会社法上の機関設計として監査等委員会設置会社制度を採用しております。各機関の概要は以下のとおりであります。

(取締役会)

  取締役会は、代表取締役社長関口相三を議長とし、取締役(監査等委員である取締役を除く。)5名(関口相三、奥坂一也、張替朋則、江上洋二、佐藤宗)、監査等委員である社外取締役3名(三谷高昭、金井博基、福室孝三郎)の計8名で構成され、毎月2回開催しております。毎月15日前後の業績取締役会で月次業績に関連する事項を主に審議し、毎月末の定時取締役会で経営計画に関する事項、業務執行に関する重要事項の審議・決定を行っております。

(監査等委員会)

  監査等委員会は、常勤監査等委員の三谷高昭を議長とし、社外取締役である監査等委員3名で構成され、原則毎月2回開催しております。監査等委員である取締役は取締役会並びにその他重要な会議へ出席し、監査等委員会が定めた監査基準等に従い、監査方針・監査計画に沿った公正かつ独立した立場からの経営監視体制をとっております。

(コンプライアンス・リスク管理会議)

  コンプライアンス・リスク管理会議は、代表取締役社長を議長とし、取締役8名に加え本部長・部長を主な構成員として、毎月1回開催しております。この会議により、法令及び定款遵守の周知徹底と実行を図り、「当社におけるリスク管理のあり方」を策定し、各種リスクを統括する体制を整備しております。

  当社においては、取締役相互による業務執行の監督が機能しており、また、監査等委員会による取締役会への監査・監督も機能していると判断していることから、現状の体制を採用しております

 

  会社の機関及び内部統制の仕組みは、以下のとおりであります。

0104010_001.png

 

企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備の状況

  当社は、取締役会において、内部統制システムの基本方針を以下のとおり定め、当該方針に基づく内部統制システムの整備を実施しております。

a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

1)代表取締役を議長とするコンプライアンス・リスク管理会議を設置し、法令及び定款遵守の周知徹底と実行を図る体制を構築しております。

2)取締役及び使用人その他当社の業務に従事する者を対象とした内部通報制度を整備しております。その制度では守秘義務を負う通報委員会を通報先とし、通報者に対する不利益な取扱いを禁止し、法令等違反行為を未然に防止または速やかに認識するための実効性を確保しております。

3)他の業務執行部門から独立した内部監査室による内部監査を実施しており、内部監査を通じて各部門の内部管理体制の適切性・有効性を検証し、その改善を促すことにより、使用人の職務執行の適法性を確保しております。

 

b.財務報告の適正性を確保するための体制

1)取締役及び使用人は「財務報告に係る内部統制の基本方針」を遵守した業務執行により財務報告の適正性を確保しております。

2)取締役及び使用人は、財務報告の適正性を確保するための体制の円滑な運営を実行しております。

3)内部監査室は、財務報告の適正性を確保するための体制の運用を監査しております。

 

c.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

1)取締役の職務の執行に係る情報・文書は、「文書管理規程」をはじめとする諸規程及びそれに関する各情報管理体制マニュアルに従い適切に保存及び管理の運用を実施しております。

2)これらの情報については、内部監査室による内部監査等により、保存及び管理が適切になされていることを確認しております。

 

d.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

1)「当社におけるリスク管理のあり方」を策定し、各種リスクを統括管理するための体制を明確にしております。

2)同方針に基づき、経営上のリスクを分類・定義し、リスクの種類毎に担当部門がリスク状況の把握・分析等を行い、コンプライアンス・リスク管理会議によって各種のリスクを統括管理する体制を整備しておりリスク種類毎の管理及び対策はコンプライアンス・リスク管理会議にて明確にし、管理しております。

3)代表取締役社長直属の内部監査室が内部監査計画に基づき監査を担当しており、内部監査室は必要に応じ、監査の実施方法・実施項目の検証を行い、必要があれば監査方法の改定を行っております。

 

e.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

1)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を毎月2回開催しております。第1回開催を業績取締役会、第2回開催を定時取締役会とし、必要に応じて臨時に取締役会を開催しております。なお、取締役会の権限範囲等は、「取締役会規程」において明確にしております。

2)取締役による効率的な業務運営を確保するため、「組織規程」、「職務権限規程」、「業務分掌規程」及び「業務分掌(職務権限)明細表」を定め、その他社内規程を整備しております。

 

f.会社並びに親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

該当する親会社及び子会社はありません。

 

g.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項及び当該使用人の他の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項並びに監査等委員会の使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

1)監査等委員会の要請がある場合には、監査等委員会の職務を補助する使用人を選任できることとしております

2)当該使用人の任免・異動・人事評価に関しては、監査等委員会の同意を必要としております。

3)監査等委員会から職務を補助すべき使用人を置くことの求めがあった場合には、協議により必要とされる監査等委員会の職務補助のため使用人を置くこととしております。その人事については、監査等委員会の事前の同意を得て行うとともに独立性を確保するものとしております。また、当該使用人は、監査等委員会に専属することとし、他の業務を一切兼任させないことにより、監査等委員会の使用人に対する指示の実効性を確保することとしております。

 

h.取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告するための体制

1)取締役会、その他重要な会議に監査等委員である取締役は出席しており、取締役(監査等委員である取締役を除く。)から業務執行状況の報告を受けております。

2)前記の重要な会議に付議されない重要な社内稟議、決裁書及び報告書等について、監査等委員である取締役は閲覧し、必要に応じ内容の説明を受けております。

3)取締役及び使用人は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行に関する不正行為、法令・定款に違反する重大な事実、内部監査状況に関する報告、内部通報制度に基づき通報された事実、その他監査等委員会監査のため求められた事項を監査等委員会に報告しております。

 

i.監査等委員会へ報告した者が当該報告したことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための体制

内部通報制度の運用状況は適宜監査等委員会に報告し、社内規程において、内部通報制度による通報者に対して、通報を理由とした不利益な取扱いを禁止しております。

 

j.監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理は、監査等委員からの申請に基づき適切に行うこととしております。

 

k.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

1)代表取締役及び内部監査室長は監査等委員会監査の環境整備等について、監査等委員会との十分な協議、検討の機会を設け、監査の実効性確保に努めております。

2)監査等委員会は監査等委員会監査の実効性を確保するため、監査体制の整備等について代表取締役または取締役会へ要請をしております。

3)内部監査部門である内部監査室、法令遵守及び各種リスクの統括管理を担当する部門は、監査等委員会と定期的に会合を持ち、対処すべき課題等について意見を交換しております。

4)監査等委員会が監査の実施に当たり必要と認めるときは、弁護士その他の外部アドバイザーを任用することができることとしております。

 

l.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

1)企業の社会的責任を果たし、企業防衛を図るため、反社会的勢力との関係を一切遮断します。

2)反社会的勢力による不当要求がなされた場合、法的手段をもって毅然とした態度で対応します。

3)「反社会的勢力との関係を遮断するための体制」を反社会的勢力対応マニュアル等に基づき、組織的に対応します。

4)反社会的勢力による不当要求に備え、平素から外部の専門機関と緊密な連携関係を構築し、反社会的勢力による不当要求がなされた場合にその対応方法を相談または対応を要請します。

5)いかなる理由があっても、反社会的勢力との裏取引、資金提供等一切の便宜を図る行為をいたしません。

6)取締役及び使用人に対し、定期的に「反社会的勢力との関係を遮断するための体制」について注意喚起を行い、周知を図ります。

 

m.反社会的勢力排除に向けた社内体制の整備状況

1)管理本部長の下、対応統括部署として総務グループが反社会的勢力からの不当要求防止に努めております。

2)弁護士及び警察OBとの顧問契約を結び、専門機関との連携を図っております。

3)総務グループにおいて管理本部長と共同して、弁護士から適宜、指導、アドバイスを受け、不良情報をデータベース化し、必要に応じて取締役会にその内容を報告し、各部署で対応を検討するとともにコンプライアンス・リスク管理会議においても検討しております。

4)反社会的勢力対応マニュアルを全社員に配布し、周知を図っております。

5)総務グループが社内研修等の場において定期的に注意喚起を行っております。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

  当社は、リスク管理を経営上の極めて重要な活動と認識しております。なかでも、法令遵守及び社内規範に関するリスク管理は特に重要であると認識しており、コンプライアンス・リスク管理会議を設けて徹底を図っております。また、個人情報については、「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(JISQ 15001)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムにて適正な取り扱いを行い、法令違反等への抑止及びリスク回避の目的で内部通報制度を設けてリスク管理体制の整備・強化を図っております。

 

ハ.責任限定契約の締結

a.取締役

  当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)との間において、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としております。

 

b.会計監査人

  当社は、会社法第427条第1項の規定により、会計監査人である有限責任あずさ監査法人との間において、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としております。

 

ニ.取締役の定数

  当社の取締役の定数は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定めております。

 

ホ.取締役の選任

  当社は取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。

  また、累積投票による取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

 

ヘ.株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項及びその理由

a.自己の株式の取得

  当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。

 

b.剰余金の配当等の決定機関

  当社は、機動的な資本政策及び配当政策を図るため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めております。

 

c.取締役の責任免除

  当社は、会社法第426条第1項の規定により、株主総会の決議によらず取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の行為に関する取締役(取締役であった者を含む。)の責任を、法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役が職務を遂行するに当たり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

 

d.会計監査人の責任免除

  当社は、会社法第426条第1項の規定により、株主総会の決議によらず取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の行為に関する会計監査人(会計監査人であった者を含む。)の責任を、法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、会社法の施行に伴い、会計監査人が新たに株主代表訴訟の対象とされたことから、取締役とのバランスを考慮したためであります。

 

ト.株主総会の特別決議要件

  当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名  女性-名  (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

代表取締役

社長

関口  相三

1964年12月31日

 

1983年6月

株式会社メイテック入社

1988年4月

株式会社大阪技術センター(現当社)入社

1993年3月

当社取締役経営企画室長

1998年2月

当社取締役副社長

2002年2月

当社代表取締役社長(現任)

2012年2月

当社ハイパーアルトナー事業本部長

 

(注)3

6,644

取締役

エンジニア事業本部長

奥坂  一也

1955年9月3日

 

1978年4月

株式会社大阪技術センター(現当社)入社

1993年10月

当社第3事業部長

2002年2月

当社常勤監査役

2004年4月

当社常務取締役人材開発部長

2007年2月

当社常務取締役人材開発本部長

2007年4月

当社常務取締役事業統括本部長

2009年3月

当社常務取締役能力開発本部長

2010年2月

当社常務取締役事業推進本部長

2011年2月

当社常務取締役エンジニア事業本部長

2011年4月

当社取締役エンジニア事業本部長

2013年2月

当社取締役ヒューマンリソース事業本部長

2016年2月

当社取締役エンジニア事業本部長(現任)

 

(注)3

275,962

取締役

管理本部長

張替  朋則

1954年5月24日

 

1978年4月

東洋紡インテリア株式会社入社

1982年3月

株式会社大阪技術センター(現当社)入社

1990年3月

当社関東事業部長

1991年3月

当社取締役

1993年3月

当社常務取締役総務部長

2007年2月

当社常務取締役管理本部長

2008年5月

当社取締役管理本部長(現任)

 

(注)3

280,144

取締役

ヒューマンリソース事業本部長

江上  洋二

1958年9月26日

 

1981年4月

株式会社大阪技術センター(現当社)入社

2007年2月

当社人材開発本部能力開発部長

2007年4月

当社取締役人材開発本部長

2010年2月

当社取締役事業推進本部長

2011年2月

当社取締役ヒューマンリソース事業本部長

2013年2月

当社取締役エンジニア事業本部長

2016年2月

当社取締役ヒューマンリソース事業本部長(現任)

 

(注)3

126,725

取締役

経営戦略本部長

佐藤    宗

1973年8月14日

 

1998年4月

日本バイエルアグロケム株式会社(現バイエルクロップサイエンス株式会社)入社

2004年6月

エーオンアフィニティー株式会社入社

2007年4月

当社入社

 

当社経営戦略本部長

2013年2月

当社経営戦略本部長兼エンジニアエージェンシー事業本部長

2015年4月

当社取締役経営戦略本部長兼エンジニアエージェンシー事業本部長

2016年2月

当社取締役経営戦略本部長(現任)

 

(注)3

5,927

取締役

(監査等委員)

三谷  高昭

1950年10月18日

 

1973年4月

NECエンジニアリング株式会社(現NECプラットフォームズ株式会社)入社

1994年7月

同社経理部担当部長

2002年4月

同社経営管理部経理部長

2005年4月

同社経理部長

2010年6月

同社経理部シニアプロフェッショナル

2011年4月

当社常勤監査役

2017年4月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)4

15,701

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

取締役

(監査等委員)

金井  博基

1955年9月18日

 

1979年4月

土肥税理士事務所入所

1985年9月

関公認会計士事務所入所

1991年4月

金井税理士総合事務所創業  所長(現任)

 

株式会社継栄クリニック創業  代表取締役(現任)

2007年4月

当社監査役

2017年4月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)4

60,563

取締役

(監査等委員)

福室孝三郎

1948年2月21日

 

1971年4月

日産ディーゼル工業株式会社(現UDトラックス株式会社)入社

1997年7月

同社車両設計部部長

2000年5月

同社執行役員常務

2003年6月

株式会社日産ディーゼル技術研究所(現パーソルR&D株式会社)常務取締役

2006年5月

同社代表取締役社長

2011年4月

当社監査役

2017年4月

当社取締役(監査等委員)(現任)

 

(注)4

15,701

787,367

  (注)1.所有株式数には、アルトナー役員持株会における各自の持分を含めた実質持株数(単元未満株を含む。)を記載しております。なお、提出日現在のアルトナー役員持株会による取得株式数は、確認ができないため、当事業年度末現在の実質持株数を記載しております。

2.三谷高昭、金井博基及び福室孝三郎は、社外取締役であります。

3.2020年4月23日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

4.2019年4月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

 

② 社外役員の状況

  当社の社外取締役は3名であります。社外取締役3名は、上記の役員一覧に記載のとおり当社の株式を保有しておりますが、それ以外で人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。

  各社外取締役は、客観的かつ中立的な視点から、実効性の高い監査を行う役割を担っており、現状の体制で経営への監視・助言機能を十分に果たしているものと考えております。なお、社外取締役3名については、東京証券取引所の定める独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。

  当社では、社外役員を選任するための独立性に関する基準または方針を特段設けておりませんが、その選任に際しては、会社法に定める社外性の要件を満たすというだけでなく、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

  当社の社外取締役は3名であり、いずれも監査等委員である取締役であります。

  内部監査室長と監査等委員会は、それぞれの年度毎における監査計画の立案、または、監査の報告書作成において相互に助言、情報交換及び意見交換を行うことで情報の共有化を図り効率的な監査に努めております。

  監査に当たって、内部監査室と監査等委員会は会計監査人と相互に情報及び意見交換を行い、監査課題等について共有の認識を深め、必要に応じて会計監査人より助言指導を仰いでおります。

 

(3)【監査の状況】

内部監査及び監査等委員会監査の状況

  内部監査は、室長1名及び室員1名で構成された内部監査室が、代表取締役社長承認の内部監査計画書に基づき実施し、各部門の業務状況が法令、または規程等に則り遂行されているかの検証及び経営方針との整合性並びに経営効率の妥当性について精査し、業務改善及び業務の効率性向上に必要な助言を各部門へ行い、監査結果を代表取締役社長に報告しております。

  監査等委員である取締役は、取締役会並びにその他重要な会議へ出席し、必要に応じて意見を述べております。また、代表取締役社長と定期的に会合することで取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行についての適法性並びに妥当性を監査しております。なお、社外取締役三谷高昭は、長年にわたり経理部門で経理業務の経験を重ねてきており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。社外取締役金井博基は、税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。社外取締役福室孝三郎は、他社において代表取締役として会社経営の実績があり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

 

② 会計監査の状況

a.監査法人の名称

有限責任 あずさ監査法人

 

b.業務を執行した公認会計士

北山久恵(指定有限責任社員  業務執行社員)

余野憲司(指定有限責任社員  業務執行社員)

 

c.監査業務に係る補助者の構成

  当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士11名、その他6名であります。なお、継続監査年数については、7年以内であるため記載を省略しております。

 

d.監査法人の選定方針と理由

  監査等委員会は、日本監査役協会公表の「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を参考に、会計監査人が独立性及び不正リスクへの適切な対応も含めた品質管理体制を有していること、当社の会社規模や事業内容を踏まえた上での監査体制が整備されていること、監査計画並びに監査費用が合理的かつ妥当であること等を確認し、総合的に会計監査人の選定について判断しております。これらの要素を満たし、当社の会計監査が適正に行われると判断し、会計監査人として有限責任あずさ監査法人を選定しています。また、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。

 

e.監査等委員及び監査等委員会による会計監査人の評価

  監査等委員会は、日本監査役協会公表の「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を参考に、会計監査人の品質管理体制の整備・運用状況、独立性及び専門性等により、会計監査人を総合的に評価し、相当と判断しております。

 

③ 監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬

(千円)

非監査業務に基づく報酬

(千円)

監査証明業務に基づく報酬

(千円)

非監査業務に基づく報酬

(千円)

20,000

20,000

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬

  該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

  該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

  当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としては、会計監査人からの監査計画、監査内容、監査日程等を考慮の上、監査等委員会による同意を得て、適切に決定しております。

 

e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

  監査等委員会は、会計監査人の報酬の前提となっている監査計画の方針・内容・見積りの算出根拠等を確認し、当該内容について社内関係部署から必要な報告を受け、検証した結果、当社の会計監査を実施する上でいずれも妥当なものであると判断したため、会計監査人の報酬等の額について同意いたしました。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

  当社の役員報酬については、固定報酬と業績連動報酬により構成されており、その報酬限度額は、2017年4月27日開催の定時株主総会において、取締役(監査等委員である取締役を除く。)5名は年額200百万円以内、監査等委員である取締役3名は年額30百万円以内として、それぞれ決議いただいております。なお、役員報酬の検討にあたり、社外取締役を含めた諮問機関は設置しておりませんが、独立社外取締役の適切な関与・助言を得ることで、客観性や透明性を確保しております。

  取締役会及び監査等委員会は、役員報酬に関して権限を有しており、その権限は固定報酬と業績連動報酬の審議と決定であります。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬額については、取締役会が決定し、監査等委員である取締役の報酬額については、監査等委員の協議により決定しております。

  固定報酬は、役職位別に定める額を基準とし、経営内容、社員給与とのバランス、他社水準等を総合的に勘案して決定しております。ただし、会社業績の著しい悪化等により通常の方法で算出した報酬額を支給することが妥当でない状況においては、報酬の減額措置を講ずることとしております。

  業績連動報酬の指標は、取締役の成果を図るにあたり最適であるとの判断から、当期純利益を踏まえた上での一定の計算式に基づき算出しております。なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標は604百万円であり、実績は626百万円であります。

  当事業年度の役員報酬の額の決定過程における取締役会及び監査等委員会の活動は、次のとおりであります。

  取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬について、固定報酬額は2018年4月26日開催の取締役会にて決定し、以後変更はありません。個々の業績連動報酬額は2020年2月28日開催の取締役会にて決定しております。

  監査等委員である取締役の報酬について、固定報酬額は2018年4月26日開催の監査等委員会にて監査等委員の協議により決定し、以後変更はありません。個々の業績連動報酬額は2020年2月27日開催の監査等委員会にて監査等委員の協議により決定しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(名)

固定報酬

業績連動報酬

取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)

106,954

95,447

11,507

5

取締役(監査等委員)

(社外取締役を除く。)

社外役員

24,422

23,400

1,022

3

 

③ 役員ごとの報酬等の総額等

  報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません

 

(5)【株式の保有状況】

投資株式の区分の基準及び考え方

  当社は、投資株式について、株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

  当社は、持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上に資するかどうかを総合的に勘案した上で、企業の株式を保有する方針としております。保有先企業の将来の見通し、株価等の状況を確認し、取締役会等において、保有の妥当性を検証しております。なお、保有目的に合致しなくなったと判断した株式については、縮減を進めてまいります。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

13

7,133

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

1

208

業界動向等の情報収集を目的とした新規取得

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱ビーネックスグループ

2,000

1,000

業界動向等の情報収集のため

(注)2

2,272

3,240

パーソルホールディングス㈱

438

438

業界動向等の情報収集のため

869

846

テクノプロ・ホールディングス㈱

100

100

業界動向等の情報収集のため

738

570

㈱メイテック

100

100

業界動向等の情報収集のため

630

474

㈱アビスト

200

200

業界動向等の情報収集のため

513

641

㈱夢真ホールディングス

600

600

業界動向等の情報収集のため

509

490

㈱アルプス技研

220

200

業界動向等の情報収集のため

(注)2

399

349

㈱コプロ・ホールディングス

100

業界動向等の情報収集のため

(増加理由)上記目的による新規取得

280

ソーバル㈱

200

200

業界動向等の情報収集のため

245

185

㈱ヒップ

300

300

業界動向等の情報収集のため

240

234

㈱エスユーエス

400

400

業界動向等の情報収集のため

221

290

ヒューマンホールディングス㈱

100

100

業界動向等の情報収集のため

127

169

㈱ジェイテック

400

400

業界動向等の情報収集のため

85

123

(注)1.定量的な保有効果を記載することは困難でありますが、経済合理性、保有の妥当性について検証を行い、いずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。

2.㈱ビーネックスグループ(旧㈱トラスト・テック)は普通株式1株につき2株の割合で、㈱アルプス技研は普通株式1株につき1.1株の割合で、株式分割を行っております。

 

みなし保有株式

  該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

  該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について

  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年2月1日から2020年1月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

  当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。

 

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

  当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、情報の収集に努めております。

 

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2019年1月31日)

当事業年度

(2020年1月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,050,932

2,383,441

売掛金

764,636

932,112

仕掛品

1,786

2,370

原材料及び貯蔵品

3,036

2,374

前払費用

23,043

24,010

未収入金

562

989

その他

18,026

17,237

貸倒引当金

4,500

5,500

流動資産合計

2,857,524

3,357,036

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

86,466

90,606

減価償却累計額

65,993

68,467

建物(純額)

20,472

22,139

構築物

1,677

1,677

減価償却累計額

1,669

1,672

構築物(純額)

7

5

工具、器具及び備品

37,187

41,255

減価償却累計額

22,101

26,627

工具、器具及び備品(純額)

15,085

14,628

土地

59,159

59,159

有形固定資産合計

94,726

95,932

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

63,448

57,487

電話加入権

1,654

1,654

無形固定資産合計

65,102

59,141

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

7,615

7,133

出資金

1,250

1,250

長期前払費用

418

1,256

繰延税金資産

166,573

195,361

敷金及び保証金

69,897

82,920

その他

1,080

1,106

投資その他の資産合計

246,835

289,028

固定資産合計

406,664

444,102

資産合計

3,264,188

3,801,139

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2019年1月31日)

当事業年度

(2020年1月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

未払金

131,285

91,785

未払費用

60,561

66,539

未払法人税等

174,875

180,764

未払消費税等

104,909

171,819

預り金

12,744

13,950

前受収益

96

84

賞与引当金

112,921

132,420

その他

2,862

4,179

流動負債合計

600,255

661,544

固定負債

 

 

退職給付引当金

330,626

411,214

固定負債合計

330,626

411,214

負債合計

930,881

1,072,759

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

238,284

238,284

資本剰余金

 

 

資本準備金

168,323

168,323

資本剰余金合計

168,323

168,323

利益剰余金

 

 

利益準備金

10,460

10,460

その他利益剰余金

 

 

別途積立金

40,000

40,000

繰越利益剰余金

1,872,798

2,268,351

利益剰余金合計

1,923,258

2,318,811

自己株式

698

698

株主資本合計

2,329,167

2,724,720

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

4,139

3,659

評価・換算差額等合計

4,139

3,659

純資産合計

2,333,306

2,728,380

負債純資産合計

3,264,188

3,801,139

 

②【損益計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自  2018年2月1日

  至  2019年1月31日)

当事業年度

(自  2019年2月1日

  至  2020年1月31日)

売上高

6,331,692

7,002,175

売上原価

4,033,065

4,461,849

売上総利益

2,298,627

2,540,326

販売費及び一般管理費

※1 1,513,026

※1 1,654,318

営業利益

785,600

886,007

営業外収益

 

 

受取利息

6

6

受取配当金

206

230

受取手数料

505

556

研修教材料

851

857

受取地代家賃

1,069

949

保険配当金

4,573

4,445

助成金収入

891

1,762

その他

589

602

営業外収益合計

8,693

9,410

営業外費用

 

 

支払利息

36

解約違約金

58

1,761

その他

100

0

営業外費用合計

194

1,761

経常利益

794,098

893,656

特別損失

 

 

固定資産除却損

1,742

特別損失合計

1,742

税引前当期純利益

792,356

893,656

法人税、住民税及び事業税

284,098

308,856

法人税等調整額

32,716

28,576

法人税等合計

251,382

280,279

当期純利益

540,973

613,377

 

【売上原価明細書】

 

 

前事業年度

(自  2018年2月1日

至  2019年1月31日)

当事業年度

(自  2019年2月1日

至  2020年1月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ  労務費

 

3,940,756

97.7

4,350,367

97.5

Ⅱ  経費

※2

93,620

2.3

112,065

2.5

当期総製造費用

 

4,034,377

100.0

4,462,433

100.0

期首仕掛品たな卸高

 

474

 

1,786

 

  合計

 

4,034,851

 

4,464,220

 

期末仕掛品たな卸高

 

1,786

 

2,370

 

当期売上原価

 

4,033,065

 

4,461,849

 

 

前事業年度

(自  2018年2月1日

至  2019年1月31日)

当事業年度

(自  2019年2月1日

至  2020年1月31日)

  1  原価計算の方法

実際原価に基づく個別原価計算

  1  原価計算の方法

実際原価に基づく個別原価計算

※2  主な内訳は次のとおりであります。

※2  主な内訳は次のとおりであります。

 

旅費交通費

56,830千円

賃借料

10,869千円

 

 

旅費交通費

69,218千円

賃借料

11,649千円

 

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自  2018年2月1日  至  2019年1月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

238,284

168,323

168,323

10,460

40,000

1,501,835

1,552,295

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

170,010

170,010

当期純利益

 

 

 

 

 

540,973

540,973

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

370,962

370,962

当期末残高

238,284

168,323

168,323

10,460

40,000

1,872,798

1,923,258

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

503

1,958,400

5,326

5,326

1,963,726

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

170,010

 

 

170,010

当期純利益

 

540,973

 

 

540,973

自己株式の取得

195

195

 

 

195

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

1,187

1,187

1,187

当期変動額合計

195

370,767

1,187

1,187

369,580

当期末残高

698

2,329,167

4,139

4,139

2,333,306

 

当事業年度(自  2019年2月1日  至  2020年1月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

238,284

168,323

168,323

10,460

40,000

1,872,798

1,923,258

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

217,824

217,824

当期純利益

 

 

 

 

 

613,377

613,377

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

395,552

395,552

当期末残高

238,284

168,323

168,323

10,460

40,000

2,268,351

2,318,811

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

698

2,329,167

4,139

4,139

2,333,306

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

217,824

 

 

217,824

当期純利益

 

613,377

 

 

613,377

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

479

479

479

当期変動額合計

395,552

479

479

395,073

当期末残高

698

2,724,720

3,659

3,659

2,728,380

 

④【キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自  2018年2月1日

  至  2019年1月31日)

当事業年度

(自  2019年2月1日

  至  2020年1月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税引前当期純利益

792,356

893,656

減価償却費

16,971

26,923

貸倒引当金の増減額(△は減少)

300

1,000

賞与引当金の増減額(△は減少)

10,792

19,499

退職給付引当金の増減額(△は減少)

77,364

80,588

受取利息及び受取配当金

212

236

支払利息

36

未収入金の増減額(△は増加)

6,321

427

売上債権の増減額(△は増加)

64,084

167,476

たな卸資産の増減額(△は増加)

3,226

77

未払消費税等の増減額(△は減少)

119

66,910

未払金の増減額(△は減少)

29,352

32,201

その他

3,889

6,959

小計

869,980

895,272

利息及び配当金の受取額

212

236

利息の支払額

36

法人税等の支払額

257,618

304,355

営業活動によるキャッシュ・フロー

612,537

591,153

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

有形固定資産の取得による支出

12,397

15,507

無形固定資産の取得による支出

43,297

13,958

敷金及び保証金の差入による支出

20,321

13,401

敷金及び保証金の回収による収入

500

379

投資有価証券の取得による支出

208

その他

26

26

投資活動によるキャッシュ・フロー

75,542

42,723

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

自己株式の取得による支出

195

配当金の支払額

169,242

215,920

財務活動によるキャッシュ・フロー

169,438

215,920

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

367,557

332,508

現金及び現金同等物の期首残高

1,683,375

2,050,932

現金及び現金同等物の期末残高

※1 2,050,932

※1 2,383,441

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.有価証券の評価基準及び評価方法

その他有価証券

時価のあるもの

決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

(1)仕掛品

  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

(2)貯蔵品

  個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

3.固定資産の減価償却の方法

(1)有形固定資産

  定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)

  なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

建物                8~26年

工具、器具及び備品  4~10年

(2)無形固定資産

  自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法

4.引当金の計上基準

(1)貸倒引当金

  債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。

(2)賞与引当金

  従業員の賞与支給に備えるため、翌事業年度の支給見込額のうち、当事業年度に負担すべき金額を計上しております。

(3)退職給付引当金

  従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。

①  退職給付見込額の期間帰属方法

  退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。

②  数理計算上の差異の費用処理方法

  数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。

5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

  手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。

6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

消費税等の会計処理

  税抜方式によっております。

 

(表示方法の変更)

(「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)

  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号  平成30年2月16日)を当事業年度の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。

  この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」57,964千円は、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」166,573千円に含めて表示しております。

 

(貸借対照表関係)

1  当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。

 

前事業年度

(2019年1月31日)

当事業年度

(2020年1月31日)

当座貸越極度額

1,450,000千円

1,450,000千円

借入実行残高

差引額

1,450,000

1,450,000

 

(損益計算書関係)

※1  販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度7%、当事業年度7%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度93%、当事業年度93%であります。

  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

 前事業年度

(自  2018年2月1日

  至  2019年1月31日)

 当事業年度

(自  2019年2月1日

  至  2020年1月31日)

給料及び手当

517,117千円

589,113千円

旅費交通費

140,992

150,655

賃借料

120,217

141,286

賞与引当金繰入額

19,500

22,707

退職給付費用

27,514

28,499

減価償却費

16,952

26,803

貸倒引当金繰入額

300

1,000

 

(株主資本等変動計算書関係)

前事業年度(自  2018年2月1日  至  2019年1月31日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当事業年度期首

株式数(株)

当事業年度
増加株式数(株)

当事業年度
減少株式数(株)

当事業年度末
株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式 (注)1,2

5,313,960

5,313,960

10,627,920

合計

5,313,960

5,313,960

10,627,920

自己株式

 

 

 

 

普通株式 (注)1,3

1,078

1,251

2,329

合計

1,078

1,251

2,329

(注)1.当社は、2018年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。

2.普通株式の発行済株式総数の増加5,313,960株は、株式分割によるものであります。

3.普通株式の自己株式数の増加1,251株は、株式分割による増加1,078株、単元未満株式の買取りによる増加173株であります。

 

2.配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり

配当額(円)

基準日

効力発生日

2018年4月26日
定時株主総会

普通株式

90,318

17.00

2018年1月31日

2018年4月27日

2018年9月7日
取締役会

普通株式

79,691

7.50

2018年7月31日

2018年10月5日

 

(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

配当の原資

1株当たり

配当額(円)

基準日

効力発生日

2019年4月25日
定時株主総会

普通株式

111,568

利益剰余金

10.50

2019年1月31日

2019年4月26日

 

当事業年度(自  2019年2月1日  至  2020年1月31日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当事業年度期首

株式数(株)

当事業年度
増加株式数(株)

当事業年度
減少株式数(株)

当事業年度末
株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

10,627,920

10,627,920

合計

10,627,920

10,627,920

自己株式

 

 

 

 

普通株式

2,329

2,329

合計

2,329

2,329

 

2.配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり

配当額(円)

基準日

効力発生日

2019年4月25日
定時株主総会

普通株式

111,568

10.50

2019年1月31日

2019年4月26日

2019年9月9日
取締役会

普通株式

106,255

10.00

2019年7月31日

2019年10月4日

 

(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

配当の原資

1株当たり

配当額(円)

基準日

効力発生日

2020年4月23日
定時株主総会

普通株式

111,568

利益剰余金

10.50

2020年1月31日

2020年4月24日

 

(キャッシュ・フロー計算書関係)

※1  現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係