EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2020年9月10日

【四半期会計期間】

第59期第2四半期(自  2020年5月1日  至  2020年7月31日)

【会社名】

株式会社アルトナー

【英訳名】

ARTNER CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長    関口  相三

【本店の所在の場所】

兵庫県尼崎市西大物町5番2号

(同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行っております。)

【電話番号】

06(6445)7551

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長    張替  朋則

【最寄りの連絡場所】

大阪市北区中之島三丁目2番18号  住友中之島ビル2階

【電話番号】

06(6445)7551

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長    張替  朋則

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05717 21630 株式会社アルトナー ARTNER CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP false CTE 2020-02-01 2020-07-31 Q2 2021-01-31 2019-02-01 2019-07-31 2020-01-31 1 false false false E05717-000 2020-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2020-05-01 2020-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2020-02-01 2020-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-05-01 2019-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-02-01 2019-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-02-01 2020-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2019-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05717-000 2020-09-10 E05717-000 2020-07-31 E05717-000 2020-02-01 2020-07-31 E05717-000 2020-09-10 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E05717-000 2020-07-31 jpcrp_cor:Row1Member iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第58期

第2四半期累計期間

第59期

第2四半期累計期間

第58期

会計期間

自  2019年2月1日

至  2019年7月31日

自  2020年2月1日

至  2020年7月31日

自  2019年2月1日

至  2020年1月31日

売上高

(千円)

3,382,490

3,654,381

7,002,175

経常利益

(千円)

432,405

480,560

893,656

四半期(当期)純利益

(千円)

298,473

332,472

613,377

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

238,284

238,284

238,284

発行済株式総数

(株)

10,627,920

10,627,920

10,627,920

純資産額

(千円)

2,520,450

2,948,237

2,728,380

総資産額

(千円)

3,512,983

4,099,905

3,801,139

1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

28.09

31.29

57.73

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

1株当たり配当額

(円)

10.00

11.50

20.50

自己資本比率

(%)

71.7

71.9

71.8

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

157,806

370,995

591,153

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

29,265

44,091

42,723

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

110,308

110,722

215,920

現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高

(千円)

2,069,164

2,599,622

2,383,441

 

回次

第58期

第2四半期会計期間

第59期

第2四半期会計期間

 

会計期間

自  2019年5月1日

至  2019年7月31日

自  2020年5月1日

至  2020年7月31日

 

1株当たり四半期純利益

(円)

16.36

13.67

 

  (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません

 

2【事業の内容】

  当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。

 

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

  当第2四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。

  なお、新型コロナウイルス感染症の拡大は、今後の経過によっては、当社の財政状態、経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。引き続き、今後の状況の変化を注視し、対応を行ってまいります。

 

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。

 

(1)経営成績の状況

  当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にありますが、当社の主要顧客であるメーカーは、例年の研究開発予算の水準を維持していく方向を打ち出しております。

  このような状況の中、当社の技術者派遣事業においては、6月末に一部、契約期間満了があったものの、稼働率、技術者単価は前年同期と同水準で推移いたしました。また、技術者数が前年同期を上回ったことに加え、稼働率が前年同期と同水準で推移したことにより、稼働人員は前年同期を上回りました。一方、4月7日に発令された政府の緊急事態宣言は5月25日に解除されましたが、顧客企業から当社の技術者への在宅勤務、シフト勤務、時差出勤等の要請に伴う出勤日数、残業の抑制は継続し、労働工数は前年同期を下回りました。費用面については、採用活動、営業活動において、スタッフのテレワークを推進したことにより、旅費交通費、会議費等が減少いたしました。

  これらの結果、当第2四半期累計期間の売上高は3,654,381千円(前年同期比8.0%増)、営業利益は475,654千円(前年同期比11.3%増)、経常利益は480,560千円(前年同期比11.1%増)、四半期純利益は332,472千円(前年同期比11.4%増)となりました。また、営業利益率は13.0%となりました

 

(2)財政状態の状況

  当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ298,766千円増加し、4,099,905千円となりました。これは主に、現金及び預金の増加216,180千円、有形固定資産の増加31,528千円、前払費用の増加31,267千円があったことによるものであります。

  負債につきましては、前事業年度末に比べ78,909千円増加し、1,151,668千円となりました。これは主に、未払消費税等の減少32,980千円があったものの、預り金の増加62,709千円、退職給付引当金の増加48,298千円があったことによるものであります。

  純資産につきましては、前事業年度末に比べ219,857千円増加し、2,948,237千円となりました。これは主に、利益剰余金の増加220,903千円があったことによるものであります。

 

(3)キャッシュ・フローの状況

  当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前事業年度末に比べ216,180千円増加し、2,599,622千円となりまし

  当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

  営業活動の結果得られた資金は、370,995千円(前年同期比213,189千円増)となりました。これは主に、法人税等の支払額167,165千円があったものの、税引前四半期純利益480,087千円、退職給付引当金の増加額48,298千円があったことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

  投資活動の結果使用した資金は、44,091千円(前年同期比14,826千円増)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出36,307千円があったことによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

  財務活動の結果使用した資金は、110,722千円(前年同期比413千円増)となりました。これは主に、配当金の支払額110,681千円があったことによるものであります。

 

(4)経営方針・経営戦略等

  当第2四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。

 

(5)事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

(6)研究開発活動

  該当事項はありません。

 

(7)従業員数

  当第2四半期累計期間において、業容拡大に伴う新規採用等により、従業員が143名増加しております。

  なお、従業員数は就業人員であり、登録社員数は含まれておりません

 

3【経営上の重要な契約等】

  当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。

 

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

36,000,000

36,000,000

 

②【発行済株式】

種類

第2四半期会計期間末現在発行数(株)

(2020年7月31日)

提出日現在発行数(株)

(2020年9月10日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

10,627,920

10,627,920

東京証券取引所

市場第一部

単元株式数100株

10,627,920

10,627,920

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

  該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

  該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2020年5月1日~

2020年7月31日

10,627,920

238,284

168,323

 

(5)【大株主の状況】

 

 

2020年7月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社関口興業社

兵庫県西宮市南郷町3-20

4,310,000

40.56

アルトナー従業員持株会

大阪市北区中之島3丁目2-18

943,448

8.87

大阪中小企業投資育成株式会社

大阪市北区中之島3丁目3-23

480,000

4.51

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11-3

288,000

2.71

張替  朋則

茨城県つくば市

270,240

2.54

奥坂  一也

大阪府岸和田市

254,880

2.39

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

133,000

1.25

アルトナー役員持株会

大阪市北区中之島3丁目2-18

103,800

0.97

江上  洋二

千葉県市川市

101,552

0.95

株式会社日本カストディ銀行(信託口5)

東京都中央区晴海1丁目8-12

90,300

0.84

6,975,220

65.64

  (注)日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)、株式会社日本カストディ銀行(信託口)及び株式会社日本カストディ銀行(信託口5)の所有株式数は、すべて信託業務に係るものであります。

 

(6)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年7月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

2,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

10,622,500

106,225

単元未満株式

普通株式

3,120

発行済株式総数

 

10,627,920

総株主の議決権

 

106,225

  (注)「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式76株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年7月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社アルトナー

兵庫県尼崎市西大物町5番2号

2,300

2,300

0.02

2,300

2,300

0.02

 

2【役員の状況】

  該当事項はありません。

 

第4【経理の状況】

1.四半期財務諸表の作成方法について

  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2020年5月1日から2020年7月31日まで)及び第2四半期累計期間(2020年2月1日から2020年7月31日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。

 

3.四半期連結財務諸表について

  当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。

 

1【四半期財務諸表】

(1)【四半期貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2020年1月31日)

当第2四半期会計期間

(2020年7月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,383,441

2,599,622

受取手形及び売掛金

932,112

955,809

仕掛品

2,370

2,281

原材料及び貯蔵品

2,374

4,299

その他

42,237

61,021

貸倒引当金

5,500

5,700

流動資産合計

3,357,036

3,617,334

固定資産

 

 

有形固定資産

95,932

127,460

無形固定資産

59,141

57,198

投資その他の資産

 

 

敷金及び保証金

82,920

82,765

その他

206,108

215,146

投資その他の資産合計

289,028

297,912

固定資産合計

444,102

482,571

資産合計

3,801,139

4,099,905

負債の部

 

 

流動負債

 

 

未払法人税等

180,764

170,934

賞与引当金

132,420

117,807

その他

348,360

403,413

流動負債合計

661,544

692,155

固定負債

 

 

退職給付引当金

411,214

459,513

固定負債合計

411,214

459,513

負債合計

1,072,759

1,151,668

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

238,284

238,284

資本剰余金

168,323

168,323

利益剰余金

2,318,811

2,539,714

自己株式

698

739

株主資本合計

2,724,720

2,945,582

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

3,659

2,654

評価・換算差額等合計

3,659

2,654

純資産合計

2,728,380

2,948,237

負債純資産合計

3,801,139

4,099,905

 

(2)【四半期損益計算書】

【第2四半期累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月1日

 至 2019年7月31日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月1日

 至 2020年7月31日)

売上高

3,382,490

3,654,381

売上原価

2,084,329

2,246,161

売上総利益

1,298,161

1,408,220

販売費及び一般管理費

870,608

932,565

営業利益

427,552

475,654

営業外収益

 

 

受取利息

3

2

受取配当金

119

127

受取手数料

270

303

研修教材料

797

512

保険配当金

4,445

2,931

その他

795

1,123

営業外収益合計

6,431

5,001

営業外費用

 

 

解約違約金

1,579

96

その他

0

0

営業外費用合計

1,579

96

経常利益

432,405

480,560

特別損失

 

 

固定資産除却損

473

特別損失合計

473

税引前四半期純利益

432,405

480,087

法人税、住民税及び事業税

143,633

157,123

法人税等調整額

9,701

9,508

法人税等合計

133,931

147,614

四半期純利益

298,473

332,472

 

(3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前第2四半期累計期間

(自 2019年2月1日

 至 2019年7月31日)

当第2四半期累計期間

(自 2020年2月1日

 至 2020年7月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税引前四半期純利益

432,405

480,087

減価償却費

13,130

14,570

貸倒引当金の増減額(△は減少)

1,200

200

賞与引当金の増減額(△は減少)

5,547

14,613

退職給付引当金の増減額(△は減少)

40,479

48,298

受取利息及び受取配当金

122

129

未収入金の増減額(△は増加)

4,335

2,547

売上債権の増減額(△は増加)

194,641

23,696

たな卸資産の増減額(△は増加)

1,935

1,835

未払消費税等の増減額(△は減少)

16,356

32,980

未払金の増減額(△は減少)

11,974

29,055

その他

56,710

41,621

小計

320,106

538,030

利息及び配当金の受取額

122

129

法人税等の支払額

162,423

167,165

営業活動によるキャッシュ・フロー

157,806

370,995

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

有形固定資産の取得による支出

15,507

36,307

無形固定資産の取得による支出

11,462

7,862

敷金及び保証金の差入による支出

2,615

185

敷金及び保証金の回収による収入

334

340

投資有価証券の取得による支出

64

その他

13

13

投資活動によるキャッシュ・フロー

29,265

44,091

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

自己株式の取得による支出

41

配当金の支払額

110,308

110,681

財務活動によるキャッシュ・フロー

110,308

110,722

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

18,232

216,180

現金及び現金同等物の期首残高

2,050,932

2,383,441

現金及び現金同等物の四半期末残高

2,069,164

2,599,622

 

【注記事項】

(追加情報)

(新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)

  新型コロナウイルス感染症による影響は未だ不透明な状況にありますが、現状では、当社の事業活動に与える影響は限定的であると仮定して、繰延税金資産の回収可能性などの会計上の見積りを行っております。

  なお、新型コロナウイルス感染症による影響は不確実性が高いため、状況に変化が生じた場合には、当社の財政状態、経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。

 

(四半期損益計算書関係)

※  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

  前第2四半期累計期間

(自  2019年2月1日

    至  2019年7月31日)

  当第2四半期累計期間

(自  2020年2月1日

    至  2020年7月31日)

給料及び手当

319,740千円

378,699千円

旅費交通費

80,674千円

44,507千円

賃借料

76,171千円

84,322千円

賞与引当金繰入額

21,531千円

19,359千円

退職給付費用

13,774千円

15,254千円

減価償却費

13,052千円

14,513千円

貸倒引当金繰入額

1,200千円

200千円

 

(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

※  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

前第2四半期累計期間

(自  2019年2月1日

至  2019年7月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2020年2月1日

至  2020年7月31日)

現金及び預金勘定

2,069,164千円

2,599,622千円

現金及び現金同等物

2,069,164千円

2,599,622千円

 

(株主資本等関係)

Ⅰ  前第2四半期累計期間(自2019年2月1日  至2019年7月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年4月25日

定時株主総会

普通株式

111,568

10.50

2019年1月31日

2019年4月26日

利益剰余金

 

2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間末後となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年9月9日

取締役会

普通株式

106,255

10.00

2019年7月31日

2019年10月4日

利益剰余金

 

Ⅱ  当第2四半期累計期間(自2020年2月1日  至2020年7月31日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年4月23日

定時株主総会

普通株式

111,568

10.50

2020年1月31日

2020年4月24日

利益剰余金

 

2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間末後となるもの

決議

株式の種類

配当金の総額
(千円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年9月8日

取締役会

普通株式

122,193

11.50

2020年7月31日

2020年10月7日

利益剰余金

 

(金融商品関係)

  金融商品の四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動がありません。

 

(有価証券関係)

  有価証券の四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動がありません。

 

(デリバティブ取引関係)

  該当事項はありません。

 

(持分法損益等)

  該当事項はありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

  当社の報告セグメントは単一であるため、記載を省略しております。

 

(1株当たり情報)

  1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第2四半期累計期間

(自  2019年2月1日

至  2019年7月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2020年2月1日

至  2020年7月31日)

1株当たり四半期純利益

28円09銭

31円29銭

(算定上の基礎)

 

 

四半期純利益(千円)

298,473

332,472

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る四半期純利益(千円)

298,473

332,472

普通株式の期中平均株式数(株)

10,625,591

10,625,580

  (注)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(重要な後発事象)

  該当事項はありません。

 

2【その他】

  2020年9月8日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。

(イ)配当金の総額………………………………………122,193千円

(ロ)1株当たりの金額…………………………………11円50銭

(ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2020年10月7日

(注)  2020年7月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

 

  該当事項はありません。

 

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

2020年9月9日

株式会社アルトナー

取締役会  御中

 

有限責任 あずさ監査法人

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

余野  憲司    印

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

安田  智則    印

 

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アルトナーの2020年2月1日から2021年1月31日までの第59期事業年度の第2四半期会計期間(2020年5月1日から2020年7月31日まで)及び第2四半期累計期間(2020年2月1日から2020年7月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アルトナーの2020年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

 

以  上

 

  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E05717-000 2020-09-10