EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】
【提出書類】 変更報告書No.14
【根拠条文】 法第27条の25第1項
【提出先】 関東財務局長
【氏名又は名称】
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー
チーフ・インベストメント・オフィサー、アジア・ストラテジーズ
ジェームズ・ビー・ローゼンワルド三世
(Dalton Investments LLC, James B. Rosenwald Ⅲ)
【住所又は本店所在地】
米国カリフォルニア州90404、サンタモニカ市、クロバーフィールド・ブルヴァード1601、スイート5050N
(1601 Cloverfield Blvd., Suite 5050N, Santa Monica, CA 90404, USA)
【報告義務発生日】 令和4年2月28日
【提出日】 令和4年3月4日
【提出者及び共同保有者の総数(名)】 1
【提出形態】 その他
【変更報告書提出事由】 株券等保有割合が1%以上減少
E08827 ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー Dalton Investments LLC 株券等の大量保有の状況の開示に関する内閣府令 第一号様式 1 false false false E08827
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー
(Dalton Investments LLC)
Dalton Investments LLC
E08827-000 2022-03-04 E08827-000 2022-03-04 jplvh010000-lvh_E08827-000:FilerLargeVolumeHolder1Member iso4217:JPY xbrli:pure xbrli:shares

第1【発行者に関する事項】

発行者の名称 株式会社デジタルホールディングス
証券コード 2389
上場・店頭の別 上場
上場金融商品取引所 東京


第2【提出者に関する事項】

1【提出者(大量保有者)/1】

(1)【提出者の概要】

①【提出者(大量保有者)】
個人・法人の別 法人(外国会社)
氏名又は名称
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー
(Dalton Investments LLC)
住所又は本店所在地 米国カリフォルニア州90404、サンタモニカ市、クロバーフィールド・ブルヴァード1601、スイート5050N(1601 Cloverfield Blvd., Suite 5050N, Santa Monica, CA 90404, USA)
旧氏名又は名称
旧住所又は本店所在地

②【個人の場合】
生年月日
職業
勤務先名称
勤務先住所

③【法人の場合】
設立年月日 平成11年3月5日
代表者氏名 ジェームズ・ビー・ローゼンワルド三世 (James B. Rosenwald Ⅲ)
代表者役職 チーフ・インベストメント・オフィサー、アジア・ストラテジーズ (Chief Investment Officer, Asia Strategies)
事業内容 投資顧問業

④【事務上の連絡先】
事務上の連絡先及び担当者名
ダルトン・アドバイザリー株式会社
代表取締役 林 史朗
電話番号 03-5210-0039

(2)【保有目的】

提出者は、発行者の株価が過小評価されており魅力的な投資機会であると考えて、発行者の株式を取得し長期的に保有する。提出者は、発行者の財務状況、戦略的決定、取締役会の決定、株価水準、他の投資機会、投資ポートフォリオの集中と分散に関する内部ガイドライン、株式市場の状況、全般的な経済・産業動向などの様々な状況に応じて、発行者の株式や関連金融商品の追加取得、若しくはその全部または一部の売却、その他提出者が適切と考えるあらゆる措置を採る可能性がある。更に提出者は、過小評価されていると提出者が考える発行者の株価および株主価値の向上のため、発行者、その役員・取締役、他の株主等との間で、発行者のコーポレートガバナンス、取締役会の構成、経営、事業、財務状況及び戦略に関して、建設的な対話を行うことを求めていく可能性がある。

(3)【重要提案行為等】

状況に応じ、①潜在的な利益相反回避のため、より一層透明性の高い管理体制を求め、一般の少数株主等の意見を尊重する独立取締役の選任を求めるなどの役員構成の変更、②株式価値向上のための増配など配当方針の変更、自社株買いなど資本政策への変更、③その他提出者が発行者の株主価値向上につながると考えるあらゆる合理的な措置、に関する重要提案行為等を行う可能性がある。

(4)【上記提出者の保有株券等の内訳】

①【保有株券等の数】
法第27条の23
第3項本文
法第27条の23
第3項第1号
法第27条の23
第3項第2号
株券又は投資証券等(株・口) 1,419,200
新株予約権証券又は新投資口予約権証券等(株・口) A - H
新株予約権付社債券(株) B - I
対象有価証券カバードワラント C J
株券預託証券
株券関連預託証券 D K
株券信託受益証券
株券関連信託受益証券 E L
対象有価証券償還社債 F M
他社株等転換株券 G N
合計(株・口) O P Q 1,419,200
信用取引により譲渡したことにより
控除する株券等の数
R
共同保有者間で引渡請求権等の権利が
存在するものとして控除する株券等の数
S
保有株券等の数(総数)
(O+P+Q-R-S)
T 1,419,200
保有潜在株券等の数
(A+B+C+D+E+F+G+H+I+J+K+L+M+N)
U

②【株券等保有割合】
発行済株式等総数(株・口)
令和4年2月28日現在)
V 23,817,700
上記提出者の株券等保有割合(%)
(T/(U+V)×100)
5.96
直前の報告書に記載された
株券等保有割合(%)
6.99

(5)【当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況】

年月日 株券等の種類 数量 割合 市場内外取引の別 取得又は処分の別 単価
令和4年2月22日 普通株式 11,600 0.05 市場内 処分
令和4年2月22日 普通株式 174,000 0.73 市場外 処分 1552
令和4年2月24日 普通株式 10,000 0.04 市場内 処分
令和4年2月25日 普通株式 700 0.00 市場内 処分
令和4年2月28日 普通株式 19,400 0.08 市場内 処分

(6)【当該株券等に関する担保契約等重要な契約】

該当なし

(7)【保有株券等の取得資金】

①【取得資金の内訳】
自己資金額(W)(千円)
借入金額計(X)(千円)
その他金額計(Y)(千円) 2,539,640
上記(Y)の内訳 顧客の資金
取得資金合計(千円)(W+X+Y) 2,539,640

②【借入金の内訳】
名称(支店名) 業種 代表者氏名 所在地 借入
目的
金額
(千円)

③【借入先の名称等】
名称(支店名) 代表者氏名 所在地