EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年7月8日

【四半期会計期間】

第13期第1四半期(自 2020年3月1日 至 2020年5月31日)

【会社名】

ウエルシアホールディングス株式会社

【英訳名】

WELCIA HOLDINGS CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 松本 忠久

【本店の所在の場所】

東京都千代田区外神田二丁目2番15号

【電話番号】

03-5207-5878(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役副社長兼執行役員最高財務責任者 佐藤 範正

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区外神田二丁目2番15号

【電話番号】

03-5207-5878(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役副社長兼執行役員最高財務責任者 佐藤 範正

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E21035 31410 ウエルシアホールディングス株式会社 WELCIA HOLDINGS CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2020-03-01 2020-05-31 Q1 2021-02-28 2019-03-01 2019-05-31 2020-02-29 1 false false false E21035-000 2020-07-08 E21035-000 2019-03-01 2019-05-31 E21035-000 2019-03-01 2020-02-29 E21035-000 2020-03-01 2020-05-31 E21035-000 2019-05-31 E21035-000 2020-02-29 E21035-000 2020-05-31 E21035-000 2020-07-08 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E21035-000 2020-05-31 jpcrp_cor:Row1Member iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

 

回次

第12期
第1四半期
連結累計期間

第13期
第1四半期
連結累計期間

第12期

会計期間

自 2019年3月1日
至 2019年5月31日

自 2020年3月1日
至 2020年5月31日

自 2019年3月1日
至 2020年2月29日

売上高

(百万円)

210,442

232,502

868,280

経常利益

(百万円)

8,827

11,253

40,348

親会社株主に帰属する
四半期(当期)純利益

(百万円)

5,441

6,602

22,802

四半期包括利益又は包括利益

(百万円)

5,359

6,661

22,582

純資産額

(百万円)

147,261

166,317

162,418

総資産額

(百万円)

341,202

408,373

390,006

1株当たり四半期(当期)純利益金額

(円)

52.17

63.20

218.48

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額

(円)

52.12

63.14

218.26

自己資本比率

(%)

42.9

40.6

41.5

 

(注) 1. 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 

2 【事業の内容】

当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
 また、主要な関係会社についても異動はありません。

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
 なお、重要事象等は存在しておりません。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

①経営成績の分析

当第1四半期連結累計期間(2020年3月1日~2020年5月31日)におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症拡大局面にあり、政府より発令された緊急事態宣言(4月7日)を受け各地方自治体から発信された感染拡大防止のための休業要請や外出自粛要請により、企業活動や個人消費は大きく収縮、景気は後退局面となり、宣言解除後も先行き不透明な状況が続いております。

当社グループが主に事業を行うドラッグストア業界におきましては、感染症防止策としての行動様式の変化や企業によるテレワーク等の推進により、マスクや消毒液等の衛生関連商品や食品などの需要が急増するなど販売動向が大きく変化しました。また、医療機関への受診抑制による処方箋枚数が減少等、患者様の動向が変化しており、厳しい経営環境が続いております。

このような状況のもと、当社グループでは、営業時間を短縮(時短営業 最多839店舗、うち休業 最多48店舗)しつつ、政府の要請である3密回避のためチラシ販促を自粛し、地域において商品供給及びサービス提供の役割を果たすべく営業を継続いたしました。

感染症予防対策商品や食品等の需要増により物販売上は順調に推移し、調剤についても薬価改定の影響等があるものの併設店舗数の増加(5月末現在1,452店舗)等により売上は増加いたしました。

また、2020年3月1日付で、四国地方への出店地域を拡大するため、高知県を地盤とする株式会社よどや(24店舗)を株式取得により子会社化いたしました。

出店と閉店につきましては、株式会社よどやの24店舗を加え、グループ全体で26店舗の出店と6店舗を閉店し、当第1四半期末の当社グループの店舗数は2,056店舗となりました。

なお、2020年6月1日付で群馬県を中心に店舗展開する株式会社クスリのマルエ(59店舗)を株式追加取得により子会社化いたしました。同年7月1日付で愛媛県を中心に店舗展開する株式会社ネオファルマー(10店舗)、株式会社サミット(3店舗)を株式取得により完全子会社化いたしました。

      (単位:店)

 

前期末店舗数
(2020年2月29日)

子会社化による新規増加店舗数

出店数

閉店数

第1四半期末店舗数
(2020年5月31日)

ウエルシア薬局

1,800

23

5

1,818

シミズ薬品

59

1

60

丸大サクラヰ薬局

84

1

85

MASAYA

34

34

金光薬品

28

28

よどや(注)1

24

1

1

24

国 内 計

2,005

24

26

6

2,049

Welcia-BHG(Singapore)

7

7

合  計

2,012

24

26

6

2,056

 

 

(注)1 2020年3月1日付で当社がよどやを株式取得により子会社化し連結子会社としております。

2 上表の「第1四半期末店舗数」のうち調剤取扱店舗は、ウエルシア薬局1,376店舗、シミズ薬品29店舗、丸大サクラヰ薬局26店舗、金光薬品16店舗及びWelcia-BHG(Singapore)5店舗の合計1,452店舗、また、深夜営業店舗は、ウエルシア薬局1,440店舗、シミズ薬品53店舗、丸大サクラヰ薬局43店舗、金光薬品6店舗及びよどや13店舗の合計1,555店舗となっております。

 

 また、品目別売上高は、下記の通りとなっております。

区  分

金額(百万円)

前年同四半期比(%)

医薬品・衛生介護品・ベビー用品・健康食品

45,233

105.0

調剤

42,072

112.6

化粧品

35,749

95.9

家庭用雑貨

33,693

111.5

食品

57,135

123.1

その他

18,618

115.9

合  計

232,502

110.5

 

以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は232,502百万円(前年同四半期比10.5%増)、営業利益は10,526百万円(同29.4%増)、経常利益は11,253百万円(同27.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は6,602百万円(同21.3%増)となりました。

 

② 財政状態の分析

(資産)

当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末と比較して18,367百万円増加し、408,373百万円となりました。これは主に、現金及び預金が12,083百万円、商品が8,962百万円及び建物及び構築物(純額)が2,478百万円が増加したことによるものです。

(負債)

当第1四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末と比較して14,468百万円増加し、242,056百万円となりました。これは主に、未払法人税等が4,840百万円減少したものの、買掛金が14,520百万円及び長期借入金が1,327百万円増加したことによるものです。

(純資産)

当第1四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末と比較して3,899百万円増加し、166,317百万円となりました。これは主に、剰余金の配当により利益剰余金が2,829百万円減少したものの、親会社株主に帰属する四半期純利益6,602百万円を計上したことによるものです。

 

(2) 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等

当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針、経営環境及び対処すべき課題等について重要な変更はありません。

 

(3) 研究開発活動

該当事項はありません。

 

3 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。
 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

①【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

247,473,600

247,473,600

 

 

②【発行済株式】

 

種類

第1四半期会計期間末
現在発行数(株)
(2020年5月31日)

提出日現在発行数(株)
(2020年7月8日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

104,816,838

104,816,838

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株であります。

104,816,838

104,816,838

 

 

(注) 提出日現在発行数には、2020年7月1日から四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(百万円)

資本金残高
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2020年3月1日~
2020年5月31日

104,816,838

7,736

36,913

 

 

(5) 【大株主の状況】

当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。

 

 

(6) 【議決権の状況】

当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(2020年2月29日)に基づく株主名簿による記載をしております。

①【発行済株式】

2020年5月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

 (自己保有株式)

 

 

 

  普通株式 

29,200

完全議決権株式(その他)

  普通株式

104,681,100

1,046,811

単元未満株式

  普通株式

106,538

発行済株式総数

 

104,816,838

総株主の議決権

1,046,811

 

(注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が200株(議決権2個)含まれておりま
     す。

  2.「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式20株、自己保有株式6株が含まれており
     ます。

 

②【自己株式等】

2020年5月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有
株式数(株)

他人名義所有
株式数(株)

所有株式数
の合計(株)

発行済株式総数
に対する所有
株式数の割合(%)

(自己保有株式)

 

 

 

 

 

ウエルシアホール
ディングス株式会社

東京都千代田区外神田
二丁目2番15号

29,200

29,200

0.03

29,200

29,200

0.03

 

(注) 従業員持株ESOP信託の信託財産(所有者名義「日本マスタートラスト信託銀行株式会社(従業員持株ESOP信託口)」127,600株及び役員報酬BIP信託の信託財産(所有者名義「日本マスタートラスト信託銀行株式会社(役員報酬BIP信託口)」203,016株は、上記の自己株式等に含めておりません。

 

2 【役員の状況】

該当事項はありません。

 

第4 【経理の状況】

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2. 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年3月1日から2020年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。 

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年2月29日)

当第1四半期連結会計期間

(2020年5月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

38,838

50,922

 

 

売掛金

43,307

43,833

 

 

商品

89,318

98,280

 

 

その他

18,751

9,947

 

 

貸倒引当金

12

11

 

 

流動資産合計

190,203

202,971

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

76,942

79,420

 

 

 

土地

13,268

14,475

 

 

 

リース資産(純額)

39,452

39,519

 

 

 

その他(純額)

6,246

6,364

 

 

 

有形固定資産合計

135,910

139,780

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

のれん

15,179

15,952

 

 

 

その他

2,434

2,425

 

 

 

無形固定資産合計

17,613

18,378

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

差入保証金

33,452

34,335

 

 

 

その他

12,850

12,931

 

 

 

貸倒引当金

23

23

 

 

 

投資その他の資産合計

46,279

47,243

 

 

固定資産合計

199,802

205,402

 

資産合計

390,006

408,373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年2月29日)

当第1四半期連結会計期間

(2020年5月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

137,845

152,366

 

 

短期借入金

4,654

4,935

 

 

リース債務

6,377

6,524

 

 

未払金

8,752

7,657

 

 

未払法人税等

9,059

4,218

 

 

賞与引当金

4,160

5,884

 

 

ポイント引当金

24

35

 

 

その他

12,358

13,941

 

 

流動負債合計

183,234

195,566

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

5,549

6,877

 

 

リース債務

22,660

22,659

 

 

資産除去債務

8,719

9,157

 

 

退職給付に係る負債

4,062

4,245

 

 

役員株式給付引当金

589

625

 

 

その他

2,771

2,924

 

 

固定負債合計

44,353

46,490

 

負債合計

227,587

242,056

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

7,736

7,736

 

 

資本剰余金

51,669

51,672

 

 

利益剰余金

103,525

107,286

 

 

自己株式

1,222

1,140

 

 

株主資本合計

161,709

165,555

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

262

370

 

 

為替換算調整勘定

38

57

 

 

退職給付に係る調整累計額

245

233

 

 

その他の包括利益累計額合計

21

80

 

新株予約権

236

230

 

非支配株主持分

493

450

 

純資産合計

162,418

166,317

負債純資産合計

390,006

408,373

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2019年3月1日

 至 2019年5月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年5月31日)

売上高

210,442

232,502

売上原価

146,831

162,977

売上総利益

63,610

69,525

販売費及び一般管理費

55,474

58,998

営業利益

8,136

10,526

営業外収益

 

 

 

受取利息及び配当金

5

2

 

不動産賃貸料

211

253

 

協賛金収入

155

63

 

その他

457

566

 

営業外収益合計

830

885

営業外費用

 

 

 

支払利息

93

107

 

持分法による投資損失

4

 

不動産賃貸原価

39

39

 

その他

7

6

 

営業外費用合計

139

157

経常利益

8,827

11,253

特別利益

 

 

 

固定資産売却益

0

3

 

事業譲渡益

63

 

店舗家賃免除益

67

 

その他

1

0

 

特別利益合計

66

70

特別損失

 

 

 

固定資産売却損

128

 

固定資産除却損

51

19

 

減損損失

33

150

 

新型感染症対応による損失

 460

 

その他

36

5

 

特別損失合計

249

635

税金等調整前四半期純利益

8,643

10,689

法人税、住民税及び事業税

3,496

4,218

法人税等調整額

265

105

法人税等合計

3,230

4,112

四半期純利益

5,413

6,576

非支配株主に帰属する四半期純損失(△)

28

25

親会社株主に帰属する四半期純利益

5,441

6,602

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第1四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2019年3月1日

 至 2019年5月31日)

当第1四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年5月31日)

四半期純利益

5,413

6,576

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

17

108

 

為替換算調整勘定

44

35

 

退職給付に係る調整額

8

12

 

その他の包括利益合計

53

85

四半期包括利益

5,359

6,661

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

5,411

6,703

 

非支配株主に係る四半期包括利益

51

42

 

【注記事項】

(四半期連結損益計算書関係)

※ 新型感染症対応による損失

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の取組として、政府及び各自治体からの営業自粛要請や緊急事態宣言を受け、当社において店舗の臨時休業等により発生した損失額であり、その内訳は次のとおりであります。

 

従業員給与及び手当

234百万円

店舗に係る固定費

117百万円

感染防止対策費用等

108百万円

460百万円

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであります。

 

前第1四半期連結累計期間

(自 2019年3月1日

 至 2019年5月31日

当第1四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年5月31日

減価償却費

3,411

百万円

3,580

百万円

のれんの償却額

390

百万円

398

百万円

 

 

(株主資本等関係)

前第1四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2019年4月10日
取締役会

普通株式

2,200

21.00

2019年2月28日

2019年5月13日

利益剰余金

 

(注) 配当金の総額には、従業員持株ESOP信託及び役員報酬BIP信託が保有する自社の株式に対する配当金10百万円が含まれております。

 

2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

当第1四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年5月31日

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年4月8日
取締役会

普通株式

2,829

27.00

2020年2月29日

2020年5月7日

利益剰余金

 

(注) 配当金の総額には、従業員持株ESOP信託及び役員報酬BIP信託が保有する自社の株式に対する配当金8百万円が含まれております。

 

2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後となるもの

該当事項はありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

当社グループは、医薬品・調剤・化粧品等を中心とした小売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目

前第1四半期連結累計期間
(自 2019年3月1日
 至 2019年5月31日)

当第1四半期連結累計期間
(自 2020年3月1日
 至 2020年5月31日)

(1)1株当たり四半期純利益金額

52円17銭

63円20銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益金額
(百万円)

5,441

6,602

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
四半期純利益金額(百万円)

5,441

6,602

普通株式の期中平均株式数(千株)

104,298

104,466

(2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

52円12銭

63円14銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
(百万円)

普通株式増加数(千株)

104

104

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要

 

(注) 株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益金
額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。

1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は前第1四半期連結累計期
489,364株、当第1四半期連結累計期間320,966株であります。

 

 

(重要な後発事象)

  該当事項はありません。

 

2 【その他】

2020年4月8日開催の取締役会において、2020年2月29日の株主名簿に記録された株主に対して、次のとおり期末配当を行うことを決議いたしました。

① 配当金の総額

2,829百万円

② 1株当たりの金額

27円00銭

③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日

2020年5月7日

 

 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

 

2020年7月8日

ウエルシアホールディングス株式会社

取締役会  御中

 

有限責任監査法人トーマツ

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

轟      一 成

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

大 井   秀 樹

 

 

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているウエルシアホールディングス株式会社の2020年3月1日から2021年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年3月1日から2020年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

 

監査人の責任

当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。

四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

監査人の結論

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ウエルシアホールディングス株式会社及び連結子会社の2020年5月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

 

利害関係

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以  上

 

 

(注) 1  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E21035-000 2020-07-08