EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月23日

【事業年度】

第13期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

パーソルホールディングス株式会社

【英訳名】

PERSOL HOLDINGS CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 CEO  和田 孝雄

【本店の所在の場所】

東京都渋谷区代々木二丁目1番1号

【電話番号】

(03)3375-2220(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 CFO  関 喜代司

【最寄りの連絡場所】

東京都渋谷区代々木二丁目1番1号

【電話番号】

(03)3375-2220(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員 CFO  関 喜代司

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E21261 21810 パーソルホールディングス株式会社 PERSOL HOLDINGS CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:DirectorsWhoAreSupervisoryCommitteeMembersMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:DirectorsExcludingDirectorsWhoAreSupervisoryMembersIncludingIndependentDirectorsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:DirectorsExcludingDirectorsWhoAreSupervisoryMembersMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:DirectorsWhoAreSupervisoryCommitteeMembersIncludingIndependentDirectorsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:AsiaPacificReportableSegmentsMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:SolutionReportableSegmentsMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:ProfessionalOutsourcingReportableSegmentsMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:StaffingReportableSegmentsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:AsiaPacificReportableSegmentsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:SolutionReportableSegmentsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:ProfessionalOutsourcingReportableSegmentsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:StaffingReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:AsiaPacificReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:SolutionReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:ProfessionalOutsourcingReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:StaffingReportableSegmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:AsiaPacificReportableSegmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:SolutionReportableSegmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:ProfessionalOutsourcingReportableSegmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:StaffingReportableSegmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row1Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row2Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row3Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row4Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:MizutaMasamichiMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:TakahashiHirotoshiMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:WadaTakaoMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:TamakoshiRyosukeMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row6Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OtherOperatingSegmentsAxisMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:NishiguchiNaohiroMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:EnomotoChisaMember E21261-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:TomodaKazuhikoMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:YamauchiMasakiMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 E21261-000 2019-03-31 E21261-000 2018-04-01 2019-03-31 E21261-000 2018-03-31 E21261-000 2017-04-01 2018-03-31 E21261-000 2017-03-31 E21261-000 2016-04-01 2017-03-31 E21261-000 2021-06-23 E21261-000 2021-03-31 E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 E21261-000 2020-03-31 E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row7Member E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:CareerReportableSegmentsMember E21261-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:CareerReportableSegmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:CareerReportableSegmentsMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:Row5Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E21261-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E21261-000:CareerReportableSegmentsMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E21261-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E21261-000 2021-06-23 jpcrp030000-asr_E21261-000:HayashiDaisukeMember E21261-000 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E21261-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E21261-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E21261-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第9期

第10期

第11期

第12期

第13期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

591,995

722,183

925,818

970,572

950,722

経常利益

(百万円)

34,136

35,108

43,982

39,361

29,168

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

17,820

7,769

24,361

7,612

15,834

包括利益

(百万円)

19,550

11,796

15,984

5,099

20,320

純資産額

(百万円)

153,816

159,992

170,925

163,906

175,158

総資産額

(百万円)

267,339

402,336

370,839

370,993

383,416

1株当たり純資産額

(円)

594.95

623.90

666.50

639.91

682.80

1株当たり当期純利益

(円)

75.94

33.28

104.39

32.76

68.64

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

75.77

33.27

104.39

自己資本比率

(%)

52.0

36.2

42.0

39.9

41.0

自己資本利益率

(%)

13.4

5.5

16.2

5.0

10.4

株価収益率

(倍)

27.3

93.0

17.2

33.2

31.5

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

39,617

35,003

42,353

28,592

37,574

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

9,708

66,732

15,141

17,576

14,022

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

11,655

50,186

48,165

1,987

17,973

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

69,382

89,566

68,969

78,037

82,991

従業員数

(人)

16,452

22,143

38,954

45,179

49,434

(外、平均臨時雇用者数)

(16,202)

(15,669)

(6,480)

(5,595)

(5,326)

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第11期の期首から適用しており、第9期及び第10期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

3.当社は、第10期連結会計年度より「役員報酬BIP信託」及び「株式付与ESOP信託」を導入しております。第10期連結会計年度以降の1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の基礎となる期中平均株式数は、その計算において控除する自己株式に当該信託口が保有する当社株式を含めております。

4.第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5.第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第9期

第10期

第11期

第12期

第13期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

12,946

30,499

22,844

12,978

23,602

経常利益

(百万円)

6,809

20,661

11,615

741

14,115

当期純利益

(百万円)

6,320

14,278

12,306

3,103

14,005

資本金

(百万円)

17,465

17,467

17,479

17,479

17,479

発行済株式総数

(千株)

236,673

236,677

236,704

236,704

236,704

純資産額

(百万円)

87,095

95,515

102,853

92,499

99,641

総資産額

(百万円)

151,035

239,312

238,337

265,590

282,211

1株当たり純資産額

(円)

372.47

409.46

440.58

400.35

433.00

1株当たり配当額

(円)

17

19

25

30

26

(うち1株当たり中間配当額)

8

9

10

15

13

1株当たり当期純利益

(円)

26.93

61.15

52.73

13.36

60.71

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益

(円)

26.87

61.14

52.73

自己資本比率

(%)

57.7

39.9

43.2

34.8

35.3

自己資本利益率

(%)

7.3

15.6

12.4

3.2

14.6

株価収益率

(倍)

77.0

50.6

34.0

81.3

35.6

配当性向

(%)

63.1

31.1

47.4

224.6

42.8

従業員数

(人)

189

284

341

355

395

(外、平均臨時雇用者数)

(50)

(66)

(62)

(66)

(55)

株主総利回り

(%)

128.1

191.9

113.5

72.1

139.8

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(114.7)

(132.9)

(126.2)

(114.2)

(162.3)

最高株価

(円)

2,110

3,130

3,175

2,691

2,352

最低株価

(円)

1,467

1,986

1,540

838

906

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第11期の期首から適用しており、第9期及び第10期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

3.当社は、第10期より「役員報酬BIP信託」及び「株式付与ESOP信託」を導入しております。第10期以降の1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の基礎となる期中平均株式数は、その計算において控除する自己株式に当該信託口が保有する当社株式を含めております。

4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

5.第12期及び第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2【沿革】

 当社は、2008年10月1日付にて、テンプスタッフ㈱(現:パーソルテンプスタッフ㈱、以下同じ)とピープルスタッフ㈱の株式移転により、両社を完全子会社とする持株会社として設立されました。当社設立並びに当連結会計年度末までの沿革は以下のとおりであります。

年 月

事     項

2008年 10月

テンプホールディングス㈱(現:パーソルホールディングス㈱、以下同じ)設立、東京証券取引所に株式を上場

2009年 4月

グループ体制整備の一環として、ピープルスタッフ㈱をテンプスタッフ・ピープル㈱に社名変更、テンプスタッフ㈱より同社へ東海地域の事業を吸収分割・統合し、東海地域の営業体制を一本化

    5月

主力事業の補完並びに収益基盤の強化を目的とした再就職支援事業拡充を目指し、日本ドレーク・ビーム・モリン㈱(現:パーソルキャリアコンサルティング㈱)の株式を取得し、子会社化

    7月

主力事業並びに収益基盤の強化を目的として、富士ゼロックスキャリアネット㈱の株式を取得し子会社化、テンプスタッフ・クロス㈱に社名変更し営業開始

    11月

「専門分野への積極展開」を目的とし、㈱日本テクシード(現:パーソルR&D㈱、以下同じ)と資本業務提携契約を締結、同社株式に対する公開買付けの結果、子会社化

2010年 5月

「グローバル市場への積極展開」を目的とし、従前から協力関係にある米国の人材サービス会社であるケリーサービス(Kelly Services, Inc.)と同社の株式買取契約を締結し株式を取得、協力関係強化に向けた協議開始

 

アウトソーシング事業のサービスラインナップ強化を目指して㈱ハウコムの株式を取得し、子会社化

2011年 1月

サービスラインナップ強化並びにアウトソーシング事業の事業基盤強化を目指し、東洋ソフトウェアエンジニアリング㈱の株式を取得し子会社化

    8月

技術系人材サービスの連携強化並びに専門事業領域における技術系人材基盤の強化、またそれに向けた経営資源の最適化を目的とし、㈱日本テクシードを株式交換により完全子会社化

    11月

主力事業並びに収益基盤の強化を目的として㈱コベルコパーソネルの株式を取得し、子会社化

 

主力事業の補完並びに専門職種の強化を目指し、㈱日経スタッフの株式を取得し子会社化、テンプスタッフ・メディア㈱に社名変更し営業開始

2012年 11月

「グローバル市場への積極展開」を目的とし、テンプスタッフ香港㈱をTS Kelly Workforce Solutions Limited(現:PERSOLKELLY Consulting Limited)へ商号変更。またケリーサービスとの合弁事業化により、北アジア地域(中国、香港、台湾及び韓国)における営業体制を一新

    12月

「グローバル市場への積極展開」を目的とし、ベトナム・ホーチミン市にTEMP VIETNAM CO.,LTDを設立

2013年 3月

専門分野への積極展開並びに専門事業領域における技術系人材基盤の強化を目的とし、パナソニックAVCテクノロジー㈱及びパナソニックAVCマルチメディアソフト㈱の株式を取得し、子会社化(現:パーソルAVCテクノロジー)

    4月

㈱インテリジェンスホールディングスの株式を取得し、子会社化

    5月

専門分野及び新たな職種領域への積極展開を目的に㈱DRDの株式を取得し、子会社化

    10月

「グローバル市場への積極展開」一環として、システム開発受託体制強化を目的とした海外開発拠点、Intelligence Business Solutions Vietnam Co., Ltd.(現:PERSOL PROCESS & TECHNOLOGY VIETNAM CO., LTD.)をベトナム・ホーチミン市に設立

2014年 5月

アジア地域における事業強化を目的として、南アジアの地域統括会社 TS Intelligence South Asia Holdings Pte.Ltd.を設立、北アジア統括会社 TS Kelly Workforce Solutions Limitedと共に南・北アジア地域統括会社体制を構築

    9月

主力事業並びに収益基盤の強化を目指し㈱キャリアライズの株式を取得し子会社化

 

 

年 月

事     項

2015年 2月

主力事業及び国内の事業体制強化を目指し、テンプスタッフ・カメイ㈱(現:パーソルテンプスタッフカメイ㈱)の株式を追加取得し、子会社化

    3月

主力事業並びに収益基盤の強化を目的としてパナソニック エクセルスタッフ㈱(現:パーソルエクセルHRパートナーズ㈱)の株式を取得し、同社及び同社子会社3社を子会社化

 

国内各事業に対するシェアード機能強化を目指し、THDシェアードセンター㈱(現:パーソルファシリティマネジメント㈱)を設立

    6月

主力事業並びに収益基盤の強化を目的として㈱P&Pホールディングス(現:パーソルマーケティング㈱)の株式を公開買付により取得し、同社及び同社子会社6社を子会社化

    10月

アジア地域における事業強化を目的として、Capita Pte. Ltd.及び同社子会社2社の株式を取得し、子会社化

 

㈱インテリジェンスホールディングスをパーソルキャリア㈱へ合併

    11月

コーポレートベンチャーキャピタル機能として、Temp Innovation Fund合同会社(現:PERSOL INNOVATION FUND合同会社)を設立

2016年 1月

アジア地域における事業強化を目的として、First Alliances Co.,Ltd.(現:PERSOLKELLY Vietnam Company Limited)の株式を取得し、子会社化

    6月

新グループブランド「PERSOL(パーソル)」発表

    7月

中部地域の人材派遣事業強化を目的として、テンプスタッフ・ピープル㈱をテンプスタッフ㈱へ統合

 

アジアパシフィック地域(APAC)における事業強化を目的として、従前から協力関係にある米国の人材サービス会社ケリーサービス(Kelly Services, Inc.)との合弁事業化契約に基づき、同社のアジア・パシフィック地域の子会社であるKelly Services (Singapore) Pte. Ltd.(現:PERSOLKELLY Singapore Pte. Ltd.)及び同社子会社である16社を子会社化

2017年 7月

当社をパーソルホールディングス㈱へ商号変更

    10月

アジアパシフィック地域(APAC)における事業強化を目的として、豪州証券取引所に上場する豪州人材サービス・メンテナンス会社のProgrammed Maintenance Services Limitedの株式を取得

2018年 10月

主力事業の体制強化を目的として、派遣事業子会社7社をパーソルテンプスタッフ㈱へ統合し、BPO事業3社を㈱日本アイデックス(現:パーソルワークスデザイン㈱)へ統合

2019年 1月

主力事業の競争力強化を目的として、㈱アヴァンティスタッフの株式を取得し、子会社化

2019年 7月

教育事業の強化を目的として、㈱富士ゼロックス総合教育研究所(現:㈱パーソル総合研究所)の株式を取得し、子会社化

2019年 11月

経営資源の最適化を目的として、アルバイト求人情報サービス「an」を終了

 

3【事業の内容】

 当社グループは2021年3月31日現在、当社、連結子会社135社及び関連会社11社により構成されております。

 当社グループは、人材にまつわる様々なサービスを提供する総合人材サービスを運営しております。人生100年時代における新しいはたらき方、雇用のあり方を提案し、あらゆる個人のワークエンゲージメント向上に貢献することを通じて、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現を目指しております。Strategic Business Unit(以下、「SBU」)体制の下、意思決定の迅速化を図り、グループ全体の事業成長を目指しております。あらゆる個人のあらゆるライフステージにおいて個人に合わせたはたらき方の選択肢を提供するほか、テクノロジーを積極的に活用することで、新しいはたらき方や雇用の在り方を創造し、アジア・パシフィック地域における事業・経営基盤の強化を実施することで、着実な企業価値向上を目指してまいります。

 また、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。

 

 当社グループの各セグメントにおける主な事業内容は次のとおりであります。

 

①Staffing SBU

<人材派遣事業>

 当社グループが行う人材派遣事業は、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」(以下「労働者派遣法」という。)の規定に従い、労働者派遣事業の許可を受けて行う人材派遣事業であります。

 人材派遣(労働者派遣)を行うにあたっては、派遣での就業を望む労働者を広く募集し、当社グループが定めた登録基準及び登録手続きに則り登録した労働者(以下「派遣スタッフ」という。)の中から、企業の依頼内容(期間・業務内容・必要とされる経験や技能等)に適した派遣スタッフを選定し、企業と当社グループとの間で派遣契約(期間・業務内容等を定めるもの)を締結、また派遣スタッフと当社グループとの間で期間を定めた雇用契約(期間・業務内容・就業条件等を定めるもの)を締結したうえで企業に派遣しております。労働者派遣は、派遣スタッフの雇用者(当社グループ)と使用者(派遣先企業)が異なることが特徴であり、派遣スタッフは派遣先企業での就業において派遣先企業から指揮命令を受け、派遣契約で定めた業務を行います。

 当社グループと派遣先企業、派遣スタッフの関係は次の図のようになります。

0101010_001.png

<Business Process Outsourcing(BPO)事業>

 当社グループが行うBPO事業は、企業と業務委託契約を締結し、業務コンサルティング及び業務設計、業務の運営・管理等を行うものであります。

 業務委託契約に基づき、受託対象となる業務について業務フローや工数、運用上の課題把握等、現状分析を行い、新たな業務フローの設計や運営体制の構築、業務マニュアルの作成等を含めたBPOサービスを提供しております。受託する業務は、受付や受注処理等の事務業務、給与計算、データ入力、テレマーケティング等、多岐にわたっており、また事業遂行にあたっては受託する業務の特性や顧客企業の要望などに応じ、顧客企業内において業務を行う場合や当社グループ内で行う場合があります。当該受託業務の規模により多くの契約社員等の雇い入れや事業所の確保が必要な場合があります。

 当社グループと企業との関係は次の図のようになります。

0101010_002.png

②Career SBU

<求人広告事業>

 「doda」ブランドの正社員領域における求人メディアの運営を行っており、顧客企業から出稿された広告を編集し、効果的なWEB広告掲載を行う事業であります。

 当社グループと求人企業、求職者の関係は次の図のようになります。

0101010_003.png

<人材紹介事業>

 「職業安定法」に基づいて厚生労働大臣より「有料職業紹介事業」の許可を受け、主に「doda」ブランドにて行う有料職業紹介事業、また同法の許可を受け行う再就職支援事業を行っております。

 有料職業紹介を行うにあたっては、企業に直接雇用されることを望む労働者(以下「求職者」という。)を広く募集し、企業の求人依頼における諸条件(業務内容・必要とされる経験や能力、雇用条件等)と求職者の希望条件とを照合し、求人企業へ求職者を紹介しております。求人企業と求職者の間で面接等を行った結果、双方の合意によって雇用契約が成立した場合、当社グループは求人企業から対価(紹介手数料)を得ます。また「doda」ブランドにより正社員領域における転職フェアの開催等を行っております。

 再就職支援事業においては、顧客企業との契約に基づき、顧客企業の従業員へキャリアカウンセリング、面接指導等の転職支援サービスの提供、求人企業への斡旋を行っております。

 有料職業紹介における当社グループと求人企業、求職者の関係及び、再就職支援事業における当社グループと企業、再就職支援対象者との関係は、それぞれ次の図のようになります。

 

・有料職業紹介

0101010_004.png

・再就職支援

0101010_005.png

なお、有料職業紹介の対象となる業務は職業安定法によって定められており、港湾業務や建設業務を除く業務とされております。

③Professional Outsourcing SBU

 本セグメントは、IT・エンジニアリング等の専門家・技術者集団として、技術革新を支える製造・開発受託請負や人材派遣を行っております。IT領域においては、通信ネットワークやシステム関連の企画・開発、ICTアウトソーシング、ソフトウエアの受託開発等を行っております。遠隔地や海外に拠点を設けることによるグローバル環境下における次世代のIT技術人材の育成等により総合ERPシステムの提供を行なっております。エンジニアリング領域においては、主に機械設計、電気・電子設計、開発等の専門的技術開発に携わる技術系人材領域に係る人材サービスに特化した事業を行なっております。顧客企業における製品企画・構想、設計開発等の設計開発の工程から試作・評価・試験までの全工程について、プロジェクト内容や規模に応じた支援体制を顧客企業へ提案し、人材派遣や業務の受託等により研究開発の支援を行う事業であります。

 当社グループと顧客企業、また労働者との関係は①Staffing SBUにおける<人材派遣事業><BPO事業>に準じております。

 

④Solution SBU

 本セグメントでは、採用支援サービス、人材管理等のデジタルソリューションサービスの提供や、インキュベーションプログラムを通じた新規事業の創出を行っております。転職アプリやクラウドPOSシステムなどデジタル活用を前提としたソリューションで、世の中の最先端をサービス化し既存事業領域にとらわれない広い視野で新規事業創造やオープンイノベーションを推進しております。

 

⑤Asia Pacific SBU

・Programmed

 本事業は、「Programmed」ブランドで、豪州を中心にProgrammed Maintenance Services Limited及びその傘下の連結子会社が事業を運営しております。提供するサービスの特性より、Maintenance事業、Staffing事業に区分しております。

 

<Staffing事業>

 Staffing事業では、鉱業・製造業向けのスタッフ及び技術者等の派遣や紹介、トレーニングプログラム等の提供を行っております。当社グループと顧客企業、また労働者との関係は概ね、①Staffing SBUにおける<人材派遣事業><BPO事業>、②Career SBUにおける<人材紹介事業>と同様であります。

 

<Maintenance事業>

 Maintenance事業では、主に豪州において商業施設や学校等の施設管理や塗装・用地整備、鉱山施設等のメンテナンスサービスを行っております。

 当社グループと顧客企業、また労働者との関係は、概ね①Staffing SBUにおける<BPO事業>と同様であります。

 

・PERSOLKELLY

 本事業は、主に「PERSOLKELLY」ブランドでアジア地域において、各国の法律に基づき人材派遣及び人材紹介サービス、業務委託、人事労務コンサルティング等の事業を行っております。

 当社グループと顧客企業、また労働者との関係は、概ね①Staffing SBUにおける<人材派遣事業><BPO事業>、②Career SBUにおける<人材紹介事業>と同様であります。

 

 その他

 上記の報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、グループ全体に係る事業並びに教育研修事業、障がい者に関連する事業、ファシリティマネジメントに関する事業を行っております。

 

 

2021年3月31日現在

0101010_006.png

 注1.パーソル パナソニック HRパートナーズ㈱は、2021年4月1日よりパーソル エクセル HRパートナーズ㈱へ商号変更しております。

 注2.Kelly Services (Singapore) Pte. Ltd.は、2021年4月1日、Capita Pte. Ltd.を統合しPERSOLKELLY Singapore Pte. Ltd.へ商号変更しております。

 注3.㈱パーソル総合研究所とパーソルラーニング㈱は、2021年4月1日をもって組織統合いたしました。なお、存続会社をパーソルラーニング㈱とした上で、社名を㈱パーソル総合研究所に変更しております。

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金又は

出資金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

パーソルテンプスタッフ㈱

(注)4 (注)5

東京都渋谷区

2,273

Staffing

100.0

業務管理

役員の兼任有り

資金融通(注)3

パーソル パナソニック HRパートナーズ㈱(注)6

大阪府大阪市

中央区

90

Staffing

66.61

資金融通(注)3

(66.61)

パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ㈱(注)7

大阪府大阪市

北区

30

Staffing

100.0

資金融通(注)3

(100.0)

パーソルマーケティング㈱

東京都新宿区

100

Staffing

100.0

業務管理

資金融通(注)3

(100.0)

パーソルワークスデザイン㈱

東京都豊島区

93

Staffing

100.0

業務管理

資金融通(注)3

(100.0)

㈱アヴァンティスタッフ

東京都中央区

170

Staffing

92.5

業務管理

資金融通(注)3

(92.5)

パーソルキャリア㈱(注)4

東京都千代田区

1,127

Career

100.0

業務管理

役員の兼任有り

資金融通(注)3

パーソルキャリアコンサルティング㈱

東京都港区

40

Career

100.0

業務管理

資金融通(注)3

(100.0)

パーソルプロフェッショナルアウトソーシング㈱(注)4

東京都港区

6

Professional

Outsourcing

100.0

役員の兼任有り

資金融通(注)3

パーソルプロセス&テクノロジー㈱

東京都江東区

310

Professional

Outsourcing

100.0

業務管理

資金融通(注)3

(100.0)

パーソルR&D㈱

愛知県名古屋市

中区

495

Professional

Outsourcing

100.0

業務管理

資金融通(注)3

(100.0)

パーソルテクノロジースタッフ㈱

東京都新宿区

90

Professional

Outsourcing

100.0

業務管理

資金融通(注)3

(100.0)

パーソルイノベーション㈱

東京都千代田区

55

Solution

100.0

業務管理

役員の兼任有り

資金融通(注)3

ミイダス㈱

東京都港区

2

Solution

100.0

業務管理

役員の兼任有り

資金融通(注)3

(100.0)

シェアフル㈱

東京都港区

60

Solution

90.0

業務管理

資金融通(注)3

(90.0)

ポスタス㈱

東京都中央区

100

Solution

100.0

業務管理

役員の兼任有り

資金融通(注)3

(100.0)

PERSOL Asia Pacific Pte. Ltd.

シンガポール

9

Asia Pacific

100.0

役員の兼任有り

百万SGD

PERSOLKELLY Pte. Ltd.(注)4

シンガポール

229

Asia Pacific

51.0

 

百万SGD

(51.0)

PERSOLKELLY Consulting

 Limited (注)4

香港

228,825

Asia Pacific

100.0

 

千HKD

(100.0)

Kelly Services (Singapore) Pte. Ltd.(注)4(注)8

シンガポール

249

Asia Pacific

100.0

 

百万SGD

(100.0)

PERSOL AUSTRALIA HOLDINGS Pty. Ltd.(注)4

オーストラリア

パース市

920,001

Asia Pacific

100.0

 

千AUD

(100.0)

 

 

 

名称

住所

資本金又は

出資金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

AUTALENT SOLUTIONS Pty. Ltd.(注)4

オーストラリア

パース市

915,001

Asia Pacific

100.0

 

千AUD

(100.0)

 

Programmed Maintenance Services Limited(注)4

オーストラリア

パース市

570,280

Asia Pacific

100.0

 

千AUD

(100.0)

Programmed Integrated Workforce Limited(注)4

オーストラリア

パース市

37,772

Asia Pacific

100.0

 

千AUD

(100.0)

 

Programmed Facility Management Pty. Ltd.

オーストラリア

パース市

402

Asia Pacific

100.0

 

千AUD

(100.0)

 

Programmed Property Services Pty. Ltd.

オーストラリア

パース市

100

Asia Pacific

100.0

 

AUD

(100.0)

 

Programmed Skilled Workforce Limited(注)4

オーストラリア

パース市

354,708

Asia Pacific

100.0

 

千AUD

(100.0)

㈱パーソル総合研究所

東京都港区

30

その他

100.0

業務管理

資金融通(注)3

他107社

 

 

 

 

 

(持分法適用関連会社)

㈱イー・スタッフィング

東京都千代田区

330

Staffing

33.3

役員の兼任有り

㈱ベネッセi-キャリア

東京都新宿区

261

Career

49.0

 

(49.0)

Atlas Programmed Marine Holdings Pty Limited

オーストラリア

パース市

18,739

Asia Pacific

50.0

 

千AUD

(50.0)

他6社

 

 

 

 

 

 (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

3.グループ会社との資金融通のため、TMS(トレジャリー・マネジメント・システム)を導入しており、当社との間で資金の貸付及び借入を行っております。

4.特定子会社であります。

5.パーソルテンプスタッフ㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

パーソルテンプスタッフ㈱

主要な損益情報等   (1)売上高     374,822百万円

(2)経常利益     24,146百万円

(3)当期純利益    17,692百万円

(4)純資産額     60,171百万円

(5)総資産額    118,117百万円

6.パーソル パナソニック HRパートナーズ㈱は、2021年4月1日よりパーソル エクセル HRパートナーズ㈱へ商号変更しております。

7.パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ㈱は、2021年4月1日よりパーソル ファクトリーパートナーズ㈱へ商号変更しております。

8.Kelly Services (Singapore) Pte. Ltd.は、2021年4月1日、Capita Pte. Ltd.を統合しPERSOLKELLY Singapore Pte. Ltd.へ商号変更しております

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

Staffing

26,103

(2,518)

Career

3,629

(662)

Professional Outsourcing

12,064

(651)

Solution

537

(74)

Asia Pacific

5,808

(509)

全社及びその他事業

1,293

(912)

合計

49,434

(5,326)

(注)従業員数は就業員数(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(契約社員、派遣社員)は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

395

55

38.5

6.7

6,653,788

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(契約社員、派遣社員)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.当社の従業員は、当社グループ全体に係る管理・企画及び間接業務等を行っており、特定のセグメントに区分できないため、セグメントごとの従業員数は記載しておりません。

4.当社の従業員は、子会社からの転籍者及び新規採用者であります。転籍者については、当社への転籍以前の子会社入社日より通算し算出しております。

(3)労働組合の状況

 当社に労働組合はありませんが、連結子会社の一部に労働組合が結成されております。なお、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1)現状の認識について

 2020年初頭からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、グローバルな景気や企業の活動及び採用動向にも大きな影響が生じております。当社グループに関しても、国内事業及び海外事業ともに、人材紹介事業を中心に影響を受けております。足元は総じて回復傾向にあるものの、人材紹介事業では、企業の採用に対する慎重姿勢の継続等の影響を引き続き受けており、人材派遣事業でも、企業からの新規の派遣需要が減少しております。

 このような状況ではありますが、COVID-19収束後は、国内において少子高齢化という構造のもと、再び、中途採用の積極化、女性や高齢者、外国人等の活躍等、人材サービス業界の社会的役割、当社の果たすべき役割やその責任は大きいものと捉えております。「人生100年時代」として、世界的に寿命が延びていく中で“はたらく”期間が長くなることから、生涯にわたって様々な仕事をする機会が多くなり、また、「テクノロジー、AIの進化」により、あらゆる産業における個人のはたらき方が変わっていくことが想定されております。テクノロジーの進歩によって、ライフスタイルやはたらき方の本質的で不可逆な変化が起きていく中、COVID-19の影響により、リモートワークの急速な浸透に代表されるような変化は加速するものと考えております。はたらく世界が変化しつつある中、2030年時点の社会を予測しながら、人生100年時代における新しいはたらき方、そして企業や組織の新たな雇用のあり方を提案し続けることで、あらゆる個人が、当社グループビジョン「はたらいて、笑おう。」を実現できる企業を目指して、『価値創造ストーリー』を策定いたしました。

 

・価値創造ストーリー

0102010_001.png

 

 価値創造ストーリーを実現するために、事業活動において3つの重点戦略を策定いたしました。

 第一に、『個人』にフォーカスしてまいります。

 すべてのはたらく個人のワークエンゲージメント向上に資する取り組みに、優先的に投資を行います。「はたらく個人」の視点から、よりよい仕事、よりよいはたらき方、よりよい人生とはなにかを見つめ、これからの未来を形づくる多様な“はたらく”を創造し、支援していきます。具体的には、ライフステージの変化や適性・能力に合わせたはたらく機会と気づきの提供を行います。また、仕事選びのタイミングだけではなく、はたらく個人の生涯に寄り添い続けるパートナーとして、仕事以外の領域での支援も行います。すべてのライフステージにおいて、継続的に十分な選択肢を得られるよう、学びの機会を提供してまいります。

 

0102010_002.png

 

 第二に、『テクノロジー』を積極的に活用してまいります。

 テクノロジーを最大限活用し、デジタルトランスフォーメーションを推進することで、新たなはたらき方や、雇用のあり方を提案してまいります。これまで蓄積された膨大な個人・法人のデータを分析、活用するための基盤整備を行い、人材派遣、人材紹介等の基盤事業においてデジタル化を推進することで、さらに高度化してまいります。また、これまでの提供価値を最新のテクノロジー活用の視点で捉え直すことで、未来の新たな事業を創出してまいります。

 

0102010_003.png

 

 第三に、日本のみならず、世界で価値を提供してまいります。

 人口減少や少子高齢化に伴う労働力不足等、“はたらく”に関する課題を多く抱える課題先進国である日本から、アジア・パシフィック地域で価値提供できる経営体制を整えます。さらに、その先には、世界の社会課題の解決に貢献し、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」を実現します。

 

0102010_004.png

 

 また、当社グループでは、経営理念である「雇用の創造」、「人々の成長」、「社会貢献」に基づき、持続可能な社会を目指して、多様なステークホルダーと連携し、社会課題解決に積極的に取り組んでおります。グループビジョンを実現する過程で、国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)の目標の中から、事業を通じて直接的に関与することができる「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」「産業と技術革新の基盤をつくろう」「人や国の不平等をなくそう」の5つのSDGs達成を重点課題として取り組むとともに、17すべてのゴールについて、達成に寄与する人材の成長支援や雇用創出の実現を目指してまいります。

 

0102010_005.png

 

 

(2)中期経営計画2023について

  a.全体方針

 2030年に向けた、最初の3年間であるグループ中期経営計画2023では、事業の磨き込みと経営基盤の整備による成長に向けた基礎作りを行う3ヵ年と位置付け、「社会的価値の向上」「経済的価値の向上」「SBU体制への移行」「成長領域の特定」「テクノロジーによる事業強化」の5つの全体方針を策定いたしました。全体方針及び初年度に当たる当連結会計年度の進捗は以下の通りです。

 

・中期経営計画2023の全体方針

社会的価値の向上

・グループビジョン実現に向け、「はたらいて、笑おう。」指標を設定し、向上に資する施策を実行

・ESGを推進し、グループの取り組みを統合レポートで開示

経済的価値の向上

・単年のP/L重視経営から持続的に企業価値の成長を実現する経営へ

・ROIC等を活用した資本収益性の指標を導入し、グループ全体の企業価値向上を推進

SBU体制への移行

・当社の収益を支えるStaffing SBU、Career SBUを一層強化しつつ、Professional Outsourcing SBUを第3の柱として位置付け

・Asia Pacific SBUはマネジメントを一本化。コストシナジーにより収益性を改善

成長領域の特定

・Professional Outsourcing SBUを当社の第3の柱として確立すべく、SBU内のシナジー創出に加えて、積極的にM&A等の投資を実施

・Solution SBUにおいて新規事業の創造を積極的に推進

テクノロジーによる

事業強化

・Digital Transformation(DX)への投資による生産性向上・顧客満足の向上

 

中期経営計画2023の進捗

社会的価値の向上

・米国Gallup社とともに、世界118ヵ国を対象に「はたらいて、笑おう。」の実現度を測る調査を実施するとともに、社員向けエンゲージメントサーベイ実施

・2020年11月に当社初となる統合報告書を開示

経済的価値の向上

・取締役会等において、ROICを踏まえた議論やモニタリングを実施

SBU体制への移行

・組織の最適再編により、PERSOLKELLYの豪州ビジネスをProgrammedに移管し、黒字化を実現

・投資委員会等の委員会を設置し、ガバナンスの実効性を向上

成長領域の特定

・COVID-19の影響を踏まえ、COVID-19後の世界を見据えた抜本的な事業構造の見直しの議論をはじめ、次期中期経営計画につなげていく

テクノロジーによる

事業強化

・テクノロジー戦略の策定を進め、SBUの枠を超えたパーソナルデータ利活用の土台作りを推進するなど、テクノロジー投資を強化

 

b.財務方針

 企業価値向上に向けて、資本収益性重視の財務方針に転換し、さらに強固かつ機動性の高い財務基盤の構築を目指します。また、株主還元及びキャッシュポジションについても下記のとおり方針を定め、株主還元を強化してまいります。

 

・財務方針

企業価値向上に向けた

資本収益性の導入

・企業価値向上の観点から、従来のPLから、資本収益性を重視する方針に転換

・将来的なIFRS導入を見据え、当社のROICは、

『のれん償却前税引後営業利益÷投下資本(=有利子負債+自己資本)』で算出

・2023年3月期は、最低基準として10%を上回る水準を設定

将来的なIFRS導入

・海外での買収により導入を延期していたIFRSを2024年3月期を目途に導入予定

・将来的なIFRS開示を踏まえ、のれん償却前当期純利益をベースとした調整後EPSを継続的に開示

株主還元

・調整後EPSの25%を配当実施の基本とする

・調整後EPSは、のれん償却前当期純利益をベースに、特別損益の影響を除外しているため、比較的安定的な配当水準で推移できる見込み

キャッシュポジション

・適正キャッシュポジションとして、「ネットキャッシュまたはネットデットが連結EBITDAの1倍以内」と定義

・今後、投資が計画通りに進まず、過剰キャッシュとなった場合、または投資を実行した結果、過剰債務状態になった場合の基本方針は以下の通り

-ネットキャッシュが連結EBITDAの1.0倍を超える場合、自己株式取得等の株主還元強化を検討

-ネットデットが連結EBITDAの1.0倍を超える場合、増資等による資本充実を検討

 

c.ガバナンス方針

 当連結会計年度より、事業執行体制及びガバナンス体制を変更いたしました。具体的には、従来の事業セグメントをSBU(Strategic Business Unit)体制に変更し、Staffing SBU、Career SBU、Professional Outsourcing SBU、Solution SBU、Asia Pacific SBUといたしました。事業執行に関する意思決定はSBUに適切に権限委譲し、執行の迅速化を図ってまいります。さらに、独立社外取締役比率を原則2分の1以上にすることで、取締役会はモニタリングモデルへ移行したほか、CEOの意思決定を補佐する機関としてHMC(Headquarters Management Committee)の設置に加え、HMCの助言機関として、投資委員会、人事委員会、リスクマネジメント委員会、テクノロジー委員会を設置し、意思決定の迅速化とガバナンスの両立を図ってまいります。

 

d.業績数値目標

 中期経営計画最終年度である2023年3月期には、売上高10,000億円、営業利益450億円、当期純利益268億円の数値目標を掲げ、営業利益で過去最高益を更新する水準を目指します。この3年間は、2030年に向けた成長投資の原資と投資後の健全な運営を行える経営基盤をつくり上げ、2024年以降の飛躍的な成長投資を志向してまいります。

 COVID-19収束の時期は不透明ですが、2022年3月期は、中期経営計画2023の計画及び数値目標を達成するために重要な時期と考えており、着実な収益性回復に向けて、全社を挙げて取り組んでまいります。

 

2【事業等のリスク】

 後述「4 コーポレート・ガバナンスの状況等」に記載のリスクマネジメント委員会を当連結会計年度においては4回開催し、『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するリスク』『プライバシー侵害リスク』『IT関連リスク(情報漏えい、システム障害等)』『自然災害等の有事に関する事業継続リスク』『企業買収投資に伴うリスク』『法的規制及び法令遵守違反等コンプライアンスに関するリスク(コンダクトリスク含む)』といった事業に影響度の高いグループ重要リスク6項目を選定しました。2021年度以降はこれらの重要リスクを中心に定期的なモニタリングを実施する予定です。

 また上記のグループ重要リスク6項目を含め、当社グループの経営成績及び財務状況等に影響を及ぼす主要なリスクは以下の通りであります。当社経営者が認識する当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況等に重要な影響を与えるリスクに関し、発生の蓋然性及び事業への影響の度合いを鑑み、重要と考えられる順に記載しております。当社グループは、これらリスクの発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針であります。なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであり、以下の記載は当社株式への投資に関するリスクを全て網羅するものではありません。なお、当社グループは2020年4月1日より従来のセグメント体制から、SBU (Strategic Business Unit)体制に移行し、Staffing、Career、Professional Outsourcing、Solution、Asia Pacificの5つのSBU体制で運営致しております。

 

(1)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するリスク

 2020年初頭からのCOVID-19感染拡大による世界的な経済活動の急激な収縮といった予見が難しい事象が発生しており、当社グループの事業運営及び経営成績に影響を及ぼしております。国内事業につきましては、人材派遣事業では、マーケティング領域は店舗の営業時間短縮等の影響を受けておりますが、主力の事務領域では通常勤務に加え一部在宅勤務により稼働しております。人材紹介事業では、面談を対面式からオンラインに切り替えておりますが、企業の採用活動抑制の動きが継続しており、採用決定まで時間の長期化や、採用見送りの影響を受けております。海外事業につきましては、各国の感染拡大の程度により、状況が大きく異なっております。人材派遣事業はシンガポールでは在宅勤務が行われており、当連結会計年度においても伸長した一方、人材紹介事業は、中国では回復が見られているものの、全体では大幅な需要減となりました。豪州・ニュージーランドは、一部地域でのロックダウンの影響もあり、Staffing事業及びMaintenance事業ともに影響を受けております。今後の感染拡大の収束や政府による行動制限の程度と継続期間次第では、引き続き、当社グループの事業運営、財政状態及び経営成績に大きくかつ長期的な影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)プライバシー侵害リスク

 当社グループ各社では、事業運営に際し、登録スタッフ、派遣スタッフ、求職者、顧客企業、従業員等その他の関係者の個人情報を大量に保有し取り扱っております。

 当社グループで保有する個人情報の取り扱いについては、当該国の個人情報に関する法律が適用されます。特に主力事業を展開している日本国内においては「個人情報の保護に関する法律」、「職業安定法」、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」等に準拠した取り扱いを行っております。これらの法規制は、近年の個人情報保護及びプライバシーの権利に対する意識の高まりや、グローバル基準への適合に向けた動きにより内容が複雑化しており、当社グループでは、法務と情報セキュリティの両面からこれらの解釈や運用について慎重な検討と判断を行っております。

 一方、国内グループ各社では、保有する個人情報の共同利用によって働き方の多様化に合わせたサービス開発を検討しております。当社グループでは、法規制の遵守及び本人の同意の範囲内での活用に努めておりますが、意図せず法規制を違反した場合や同意の範囲外での活用を行った場合には、当局からの業務停止命令、個人データの提供者若しくは法人からの訴訟につながる可能性があります。また、現在の法規制の遵守及び本人の同意の範囲内で活用した場合でも、データ提供者の不利益又は不信感を招いたときは、当社グループのブランド及び企業イメージの価値低下や信用が毀損する可能性があります。

 また、当連結会計年度にはパーソナルデータ利活用審議会を新たに設置し、グループ全体のプライバシー戦略について議論することで、グループ全体で整合性のとれたパーソナルデータの利活用を行うこと、及びプライバシーレビューを行い、新規サービスや新しいデータ利活用に際して個人データの本人への影響を予め十分に検討し、適切な対応策を講じることでユーザー等の信頼を確保することに努めております。

 

(3)IT関連リスク(情報漏えい、システム障害等)

a.情報漏えいのリスク

 当社グループは、個人情報の漏えいを最重要リスクの一つととらえ、情報セキュリティ対策として、個人情報取扱いに関する規程を定め、情報管理を徹底するための部署を設置し、定期的に教育を実施する等、適切な情報管理体制の構築・維持に努めております。しかしながら、当社グループにおいてサイバー攻撃をはじめとした第三者によるセキュリティ侵害や、従業員の不正又は過失等によりこれらの個人情報が漏えいする事態が生じた場合、当社グループのブランドの棄損、サービス利用者数の急減、企業イメージの悪化等の社会的信用の低下や損害賠償請求等の発生により、事業運営に重大な影響を与えるとともに、財政状態及び経営成績に大きな影響を与える可能性があります。

 

b.システム障害等リスク

 当社グループの事業は、国内外を問わず、コンピュータシステム及びそのネットワークに多くを依存しており、またメンテナンス等の一部をクラウドシステム業者を含む外部業者に委託しております。そのため、不測の事態に対しては、危機発生時の体制整備、システムセキュリティの強化、ハードウェアの増強等様々な対策を講じておりますが、これらの対策にもかかわらず人為的過誤、サイバー攻撃、広範な自然災害や、外部業者のトラブル等により、コンピュータシステム及びそのネットワーク設備にトラブルが発生した場合には、当該事態の発生地域の事業運営に直接被害が生じるほか、他地域の当社グループの事業運営に損害が生じる可能性があります。また、それが長期に亘る場合、顧客企業へのサービスの提供が事実上不可能になる可能性があり、当社グループが提供するサービスに対する信頼性の低下を招く等の重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)自然災害等の有事に関する事業継続リスク

 当社グループは、日本国内とアジア・パシフィック(APAC)地域で事業活動を展開しております。地震、台風、洪水等の自然災害、火災、停電、パンデミック、または戦争、テロ行為等が起こった場合、当社グループの従業員の安全及び会社資産が毀損することにより、当社グループの事業が一時的に中断し、当社グループの事業運営、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、人材サービスの提供という事業性質上、危機発生時には派遣スタッフの安否確認や顧客企業との契約内容の調整等、多大な顧客対応による業務負荷が予想されることから当社グループの事業運営に影響を与えるとともに財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 なお、当社グループでは、当社に危機管理の統括部署を設置し、①従業員と派遣スタッフの安全確保、②顧客資産保護、③会社財産保護、④事業継続を基本方針として、適切な対応をとる体制を構築しております。首都直下型地震や南海トラフ大地震等の巨大地震の発生を想定し、グループ各社・各SBUが自律的に予防対策、初動対応の計画を策定、訓練等で実行性を高める活動を行っております。当社はそれらの取り組みに対して必要な支援を行うとともに、適切に取り組みが実施されているかモニタリングを継続しております。また、日本国内では安否確認システムを導入すると共に大規模災害発生時に被災している可能性が高い拠点を自動的に特定するシステムを導入するなど、ITを活用した被災時の情報収集基盤の整備を進めております。加えて、人材サービス事業の根幹である従業員・派遣スタッフへの給与支払い業務をグループの最重要業務と位置づけ、これら巨大地震が発生した時でも従業員・派遣スタッフへの給与支払いを継続し、生活基盤を維持するための事業継続計画を策定しております。

 

(5)企業買収投資に伴うリスク

 当社グループは、これまで企業買収や事業提携を通じて成長を遂げており、将来においても同様の手法を通じてさらなる企業価値の向上を企図しております。

 企業買収や事業提携に際しては、対象となる企業の財務内容や契約関係等について詳細なデューディリジェンスを行い、リスク回避に努めておりますが、案件の性質や時間的な制約等から十分なデューディリジェンスが実施できず、買収後に偶発債務の発生や未認識債務が判明した場合、また当該事業が、当初想定した収益計画と大きく乖離した場合、多額の資金投入が発生する可能性のほか、関係会社株式の評価替えやのれんの減損等により、当社グループの事業展開や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。なお、買収を通じて取得した企業ののれんは、当連結会計年度末において66,751百万円であり、そのうち、Career SBUに属する㈱インテリジェンスホールディングス(現:パーソルキャリア㈱)、Staffing SBUに属するパナソニック エクセルスタッフ㈱(現:パーソルエクセルHRパートナーズ㈱)及びAsia Pacific SBUのProgrammed Maintenance Services Limitedが大きな割合を占めております。海外事業については、2020年3月期に、2018年3月期に買収した前述のProgrammed Maintenance Services LimitedのStaffing事業等ののれんに関する減損損失を計上するとともに、2018年3月期にはPERSOLKELLY事業に係る買収子会社も同様に減損損失を計上している観点から、当面、海外での新規の大型企業買収の優先度を下げ、前述の企業を含むAsia Pacific SBUの事業の最適化と収益基盤の確立に向けた取り組みを推進してまいります。加えて、新たなガバナンス体制の強化策として、多額の事業投資案件に関しては専門的見地から審議した上で経営陣に対して助言する「投資委員会」を2020年4月に設置いたしました。投資委員会は、グループの投資全般に関する重要事項の審議を行うとともに、投資推進に関連した一連の知識、知見をグループの組織知に高めていくことを目的としており、審議結果をHMC(Headquarters Management Committee)に上程し、HMCの適切な判断を補完する組織となります。

 また、買収した企業は、それぞれのブランド力やグループ内の相互協力により極めて有益なビジネスシナジーの創出が可能になるものと判断しておりますが、今後、経営環境や事業の状況の著しい変化、また何らかの事由によりそれぞれの経営成績が想定どおり進捗しない場合、これらの資産について減損会計の適用に伴う追加の損失処理が発生し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)法的規制及び法令遵守違反等コンプライアンスに関するリスク(コンダクトリスク含む)

 当社グループは、自らが事業を展開する国又は地域の法令等を遵守する必要があります。特に、人材サービスを行う当社グループは、お客様の個人情報保護に次いで、労働関連法の遵守を重視しております。当社グループでは、コンプライアンスを、法令遵守に留まらず、より広範に、「ステークホルダーからの要請や期待に応え誠実に事業活動を行っていくこと」と捉え、それを実現するために、当社グループの役職員には、「倫理、良識、誠実さ」をもって行動することを求めております。

 かかるリスクに対し当社グループでは、事業拡大に合わせ、コンプライアンス統括部署を設置し、コンプライアンス関連規程の整備や継続的な教育・研修の実施、グループ内部通報制度の整備等、コンプライアンス体制を整備しております。また、当社グループが受託している公共性が高いアウトソーシング事業等については、ステークホルダーからの要請や期待に応えられるのか等、適切なアセスメントを行ったうえで事業の受託可否を判断すると共に、当該事業を適切に遂行または運営する様に努めております。しかしながら、当社グループに適用される法令等に違反する事態が生じた場合、または公共性の高いアウトソーシング事業を適切に遂行・運営できなかった場合は、当社グループの社会的信用やブランドイメージが毀損し、売上の減少等、経営成績に悪影響を与える可能性があり、次のa、b、cに記載するリスクが考えられます。

 

a.人材派遣事業

 当社グループの主要な事業である人材派遣事業は、国内においては「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」(以下「労働者派遣法」という。)に基づき、労働者派遣事業の許可を受けて行っている事業であります。現時点において、当社グループにおいては、労働者派遣法に基づく労働者派遣事業の許可の取消事由に該当する事実はないものと認識しておりますが、今後何らかの理由により当社グループ各社並びにその役職員が労働者派遣法に抵触した場合、当社グループの主要な事業活動全体に支障を来たすことが予想され、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響を与える可能性があります。なお、労働者派遣法及び関係諸法令については、これまでにも労働環境の変化に応じ派遣対象業務や派遣期間に係る規制や変更等の改正が適宜実施されており、当社グループではその都度、当該法改正に対応するための諸施策を採ってきております。今後、更なる改正が実施され大きな運用変更が生じた場合、当社グループの今後の事業運営方針並びに経営成績に少なからず影響を与える可能性があります。

 

b.人材紹介事業

 当社グループが行う人材紹介事業は、国内においては職業安定法に基づく有料職業紹介事業許可を受けて行っている事業であります。職業安定法においては、人材紹介事業を行う者(法人である場合には、その役員を含む)が有料職業紹介事業者としての欠格事由及び当該許可の取消事由に該当した場合には、事業の許可を取り消し、又は、期間を定めて当該事業の全部若しくは一部の停止を命じることができる旨を定めております。今後何らかの理由により当社グループ各社並びにその役職員が職業安定法に抵触した場合、当社グループの主要な事業活動全体に支障を来たすことが予想され、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響を与える可能性があります。

 

c.アウトソーシング事業

 当社グループが行うアウトソーシング事業の領域は、事務作業やITシステム開発を含む広範に亘ります。また、官公庁・地方公共団体・民間企業等の様々なお客様からの事業を受託しております。これら事業の遂行に当たって、お客様の要件を満たすことが第一ですが、特に官公庁・地方公共団体から受託している事業に関しては、その成否が日本社会全体又は地域社会に強く影響する場合もあります。当社グループでは、これら公共性についても事前にアセスメントを行ったうえで受託判断を行うとともに、事業開始後も適切に遂行・運営されるように努めております。しかしながら、特に公共性の高い事業を適切に遂行・運営できなかった場合は、当社グループの社会的信用やブランドイメージが毀損し、売上の減少等、経営成績に悪影響を与える可能性があります。

 

(7)景気変動によるマクロ経済の変化に関するリスク

 当社グループが提供している人材サービスは、景気変動による影響を大きく受けやすく、こうしたマクロ経済の変化にうまく対応できない場合、当社グループの経営成績及び財政状態は大きな影響を受けます。特に、現在の経済はグローバル化が進み、他国の経済状況、国際政治情勢、国際金融市場等により、事業を展開する各国の経済が大きく左右される傾向が強まっております。また、2008年の世界金融危機や2020年初頭からのCOVID-19感染拡大による世界的な経済活動の急激な収縮といった予見が難しい事象が発生しております。通常の景気循環による山谷に対しては、グループ各社・各SBU・コーポレート機能を担う当社においてコスト管理を行う等の経営努力により、当社業績に与える影響を抑制するよう努めております。しかしながら、2008年の世界金融危機のような深刻な経済危機が発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を与える可能性があります。特に、不況時における当社グループの収益に与える影響度の順に記載すると以下の表の通りです。

 

 

想定される状況

影響度合

主要な該当セグメント

求人広告事業

・企業の採用予算の縮小、採用活動の抑制による求人広告出稿数の減少

・競争の激化による広告単価の低下

・景気感応度は最も高い

・売上高の減少及び採算性の悪化

・Career SBU

人材紹介事業

・顧客企業の採用抑制による転職決定者数の減少

・内定決定までのリードタイムの伸長

・景気感応度は高い

・売上高の減少及び採算性の悪化

・Career SBU

・Asia Pacific SBU

派遣事業及び

受託請負事業

・顧客企業の人件費全般の抑制に伴う派遣スタッフ契約数の減少

・顧客企業の操業停止等による派遣契約の終了

・取引規模の大きな顧客企業の業績悪化による売上の大幅な減少

・業務受託業や人材派遣業等の常用雇用者を有する事業における、契約数の減少及び契約規模の縮小

・顧客企業のコスト削減に伴う案件のキャンセル、予算の削減による受託案件の減少

・景気感応度は相対的に低く遅行する

・売上高の減少及び採算性の悪化

 

 

・Staffing SBU

・Professional Outsourcing SBU

・Asia Pacific SBU

 

 

(8)海外事業展開のリスク

 当社グループは、日本国内に加えAPAC地域においても人材派遣事業、人材紹介事業、受託請負事業等の事業を行っております。海外事業展開に際しては、支援体制及び経営管理機能の強化を進めておりますが、APAC地域各国の政治・社会情勢の急激な変化、法令改正、想定外の為替変動等、著しい事業環境変化等により同地域における明確な競争優位を確立出来なかった場合、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす場合があります。

 

(9)技術革新によるリスク

 当社グループの営む人材関連サービスは、特にITの活用が不可欠な事業であります。当社グループでは、IT技術を用い、新規サービス開発やオペレーションシステムの改善に努めておりますが、新規事業開発で高度な専門性を持つ技術者や企画者を確保又は育成できない場合、当社グループが技術革新のトレンドを正確に予測することができない、又は新技術適用の判断が遅れることで、競争力の低下につながる及び従前のビジネスモデルそのものが陳腐化する可能性があります。また、改良や新技術導入に際し、多額の費用が発生する場合、また何らかの事由により当初想定したサービスの質の確保が難しい場合、期待した導入効果が得られない場合、更にディスラプティブテクノロジー(disruptive technology)と言われるこれまでにない発想に基づく新たなプロダクトやサービスが急速にグローバルに普及し、既存のマーケットが破壊された場合、当社グループの事業運営に影響を与えるとともに、財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 また、企業における業務効率化や生産性向上を実現するテクノロジーとして、Robotic Process Automation(RPA)やArtificial Intelligence(AI)等の導入が急速に拡大しております。RPAの導入には一定のスキルが必要であることから、当社グループでもRPAスキル保有人材の派遣や、RPA導入支援から運用定着における研修等のサービスを提供し、新たな企業ニーズに適合すべくサービス展開を実施しております。しかしながら、技術革新における高度な専門性を持つ技術者や企画者を確保又は育成できない場合には、当社グループが技術革新のトレンドを正確に予測することができない、又は新技術適用の判断が遅れることで、競争力の低下につながる及び従前のビジネスモデルそのものが陳腐化する可能性があります。また、改良や新技術導入に際し、多額の費用が発生する場合、また何らかの事由により当初想定したサービスの質の確保が難しい場合、期待した導入効果が得られない場合等が生じた場合、当社グループの事業運営に影響を与えるとともに、財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(10)競合によるリスク

 当社グループが展開している人材ビジネス市場では、各国の各分野において多数の競合他社が存在しております。これらの競合他社が当社グループと同水準のサービスを低価格で提供した場合や、当社グループのサービスを必要としないプロセスや仕組みを顧客企業に提供、若しくは社会的に浸透・普及に成功した場合、求職者等の個人や法人顧客にとってより魅力的なサービスを提供する又は当社グループがニーズに対応したサービスや機能の改善を図れない場合には、当社グループのシェアが下がり、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 また、当社グループにおける派遣スタッフ及び求職者等の個人の集客においては、他社の運営する検索エンジン等を利用して求人広告を掲載しているものがあります。かかるプラットフォームを提供する企業が求人広告業界における集客力を強め、独占的なポジションを確立した場合には、当社グループの集客力や売上に影響を与える可能性があります。

 

(11)人口構造の変化に対応できないリスク

 当社グループの提供するサービスは、事業を展開する国の人口動態の変化の影響を受けます。現在、国内において少子高齢化が急速に進んでおり、今後、生産年齢人口の減少が更に進む可能性があります。当社グループでは、生産年齢人口の減少が進むなか、女性・高齢者・外国人の労働参加率の向上に注目し、社会やユーザーのニーズに敏感に対応できるサービスの開発や新規事業展開に取り組む等、労働市場の変化に対応した事業戦略を実行し、多様な働き方の提供と労働市場の拡大に努めております。また、労働者不足への対応として、企業におけるRPAやAI等のテクノロジーを活用した業務効率化が進んでおり、当社グループにおいても、「パーソルのRPA」という、RPAスキル保有人材の派遣、RPA導入支援から運用定着における研修等のサービスを提供して、新たな企業ニーズに合わせたサービス展開を進めております。しかしながら、当社グループがかかる変化を適時適切に把握できない、意思決定の遅れから適切なタイミングでサービスを提供できない、若しくはかかるサービス開発に想定以上のコストを要する場合、又は企業側の対応が積極的ではない場合には、労働市場の縮小が更に進展するとともに当社グループのユーザーが減少し、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(12)人材の育成・確保におけるリスク

 当社グループの中長期戦略の実行及び持続的な成長において、様々な分野での多様な人材の確保・育成が必要となります。当社グループビジョンである「はたらいて、笑おう。」を実現する為、当社グループのすべての従業員が仕事へのやりがいと組織への愛着を持てるよう良好な職場づくりに努めております。しかしながら、今後の当社グループの成長をけん引するためのIT技術者、デジタルトランスフォーメーション推進人材及びグローバル人材等、一部の領域においては要件を満たす人材は市場においても希少性が極めて高く、これら人材の確保が想定通り進められない可能性があります。また、当社グループの目指す職場環境づくりが困難な場合には、優秀な人材育成が想定通りに進まず、当社グループの事業運営が計画通りに進まない可能性があります。

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)業績等の概要

①業績

 当社グループは、日本国内及びアジア・パシフィック(APAC)地域で、人材派遣及び人材紹介を主力として幅広く人材関連サービスを提供しております。

 当連結会計年度の国内の事業環境につきましては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大が影響し、日本国内の有効求人倍率(季節調整値)は2021年3月には1.10倍となり、4月からは第4波の懸念も報じられるなど先行き不透明感が強まってきております。当社においては、人材紹介事業では、足許の受注状況等は緩やかな回復基調にありますが、COVID-19感染拡大により、企業は依然として採用に慎重になっており、大きな影響を受けております。APAC地域では、総じて経済は回復基調にあるものの、豪州においては、前連結会計年度に続き、円に対する豪ドル安が進みました。

 このような厳しい事業環境の下、主力であるStaffing SBUとProfessional Outsourcing SBUは増収となりましたが、COVID-19感染拡大の影響を受け、主にCareer SBUで売上高が大きく減少したことに加え、「an」事業の終了による減収の結果、当連結会計年度の連結売上高は950,722百万円(前連結会計年度比2.0%減)となりました。一方、利益面では、当社グループの主力事業であるStaffing SBUでは収益性の高いBPO領域の増収も寄与し、増益となりましたが、主に収益性の高い人材紹介事業を展開するCareer SBUでCOVID-19の影響を受けて大幅な減益となったことにより、全体の営業利益は26,439百万円(同32.4%減)となりました。また、経常利益は29,168百万円(同25.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は15,834百万円(同108.0%増)となりました。

 

 セグメントの業績(セグメント間内部取引消去前)は次のとおりであります。

 なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前連結会計年度比較については、前連結会計年度の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較分析しております。

セグメントの名称

 

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

 

 

百万円

百万円

百万円

Staffing

売上高

営業利益

510,177

23,869

530,240

29,123

20,062

5,253

3.9

22.0

Career

売上高

営業利益

83,449

13,268

59,568

331

△23,880

△12,936

△28.6

△97.5

Professional

Outsourcing

売上高

営業利益

105,826

6,310

113,095

4,028

7,268

△2,282

6.9

△36.2

Solution

売上高

営業利益

7,012

△1,619

5,702

△4,809

△1,310

△3,190

△18.7

-

Asia Pacific

売上高

営業利益

273,241

△408

251,447

△1,520

△21,794

△1,112

△8.0

-

その他

売上高

営業利益

10,111

△427

11,464

△1,156

1,352

△729

13.4

-

調整額

売上高

営業利益

△19,246

△1,909

△20,795

442

△1,549

2,352

-

-

連結損益計算書

計上額

売上高

営業利益

970,572

39,085

950,722

26,439

△19,850

△12,646

△2.0

△32.4

(注)上記の売上高のうち、調整額及び連結損益計算書計上額に記載の売上高以外の売上高については、セグメント間内部取引消去額前の金額になります。

 

a. Staffing SBU

 本セグメントは、国内で事務領域を中心に幅広い業種に対応した人材派遣事業に加え、受託請負のBPO(Business Process Outsourcing)、事務職を中心とした人材紹介事業等を展開しています。

 当連結会計年度における売上高は、530,240百万円(前連結会計年度比3.9%増)、営業利益は、29,123百万円(同22.0%増)となりました。

 売上高は、人材派遣事業では稼働日が前連結会計年度より3営業日増加したことに加え、同一労働同一賃金の対応等に係る請求単価の上昇により、増収となりました。また、BPO領域においてもCOVID-19関連を含め受託案件が増加したことにより、増収に寄与いたしました。営業利益は、人材派遣事業及びBPO領域の増収効果により増益となりました。

b. Career SBU

 本セグメントは、顧客企業の正社員の中途採用活動を支援する人材紹介事業、求人メディア事業等を展開しています。

 当連結会計年度における売上高は、59,568百万円前連結会計年度比28.6%減)、営業利益は、331百万円(同97.5%減)となりました。

 売上高は、人材紹介事業、求人メディア事業ともに受注は回復傾向にあるものの、COVID-19感染拡大前の水準への回復には時間を要することに加え、「an」事業の終了(2019年11月)により減収となりました。営業利益は、マーケティング費用や人員の再配置による人件費等、継続してコスト削減に取り組んでまいりましたが、減収により大幅な減益となりました。

 

c. Professional Outsourcing SBU

 本セグメントは、IT領域やエンジニアリング領域の製造・開発受託請負事業や技術者を専門とした人材派遣事業を展開しています。

 当連結会計年度における売上高は、113,095百万円前連結会計年度比6.9%増)となり、営業利益は、4,028百万円(同36.2%減となりました。

 売上高は、IT領域が高成長を維持し、またエンジニアリング領域で新卒技術者の配属や、未稼働技術者の配属が進んだ結果、増収となりました。営業利益は、エンジニアリング領域で期末にかけて減少傾向にはあったものの、未稼働技術者が発生したこと、またIT領域で人員の拡充を行ったことにより、売上高人件費率が上昇した結果、減益となりました。

 

d. Solution SBU

 本セグメントは、人材採用、人材管理等のデジタルソリューションサービスの提供やインキュベーションプログラムを通じた新規事業の創出を行っております。

 当連結会計年度における売上高は、5,702百万円(前連結会計年度比18.7%減)、営業損失は、4,809百万円(前連結会計年度は営業損失1,619百万円)となりました。

 売上高は、事業規模拡大の進捗はあるものの、COVID-19感染拡大による企業の採用意欲の減退傾向や、飲食店への自粛要請等の影響を受けたことにより減収となりました。利益面は、減収に加え、販売促進のために人員拡充等の投資を進めた結果、営業損失となりました。

 

e. Asia Pacific SBU

 本セグメントは、アジア地域で人材派遣事業及び人材紹介事業、豪州においてはStaffing事業及びMaintenance事業を展開しております。(アジア地域では主にPERSOLKELLY、豪州では主にProgrammedのブランドで事業を運営しております。)

 当連結会計年度における売上高は、251,447百万円(前連結会計年度比8.0%減、営業損失は、1,520百万円前連結会計年度は営業損失408百万円となりました。

 売上高は、シンガポールで人材派遣事業が伸長したことに加え、中国における人材紹介事業や豪州のブルーカラー派遣事業に回復が見られたものの、その他アジア地域におけるCOVID-19の感染拡大による経済の低迷からの回復の遅れもあり、また豪ドル安の影響を受けたことから減収となりました。利益面は、豪州事業の統合によりコスト構造が改善したものの、減収により営業損失となりました。

 

②新型コロナウイルス(COVID-19)の影響について

 日本では、2020年後半にはCOVID-19感染拡大による景況感の悪化に歯止めがかかりつつありましたが、2021年の年初より緊急事態宣言が再び発出され、4月からは第4波の懸念も報じられるなど先行き不透明感が強まってきております。APAC地域では、シンガポールや中国をはじめとした大半の地域では、総じて経済は回復傾向にあります。

 当社グループの国内事業につきましては、人材派遣事業では、マーケティング領域において、店舗の営業時間短縮や人員の削減等の影響を受け、稼働者数が減少した一方、主力の事務領域は、契約終了数の減少や期末にかけての受注の回復もあり稼働者数は前連結会計年度に比べ、若干の減少にとどまっております。またBPO領域は、リモートワークを含めたCOVID-19下でのはたらき方が浸透したことから、アウトソーシングの需要の高まりを受け新規案件が増加しております。人材紹介事業においても、受注は回復傾向にあります。

 海外事業につきましては、当社の主力地域のシンガポールでの人材派遣事業や中国における人材紹介事業を中心に総じて回復基調にあります。

 

③生産、受注及び販売の実績

a. 生産実績

 当社グループは、StaffingCareerProfessional OutsourcingSolutionAsia Pacific等のセグメント区分にて国内及びAPAC地域において人材関連事業を行っており、提供するサービスの性質上、生産実績の記載に馴染まないため、省略しております。

 

b.受注実績

 生産実績の記載と同様に、受注状況の記載に馴染まないため省略しております。

 

c.販売実績

 当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

売上高

(百万円)

構成比

(%)

前年同期比増減

(%)

Staffing

526,961

55.4

3.9

Career

58,946

6.2

△28.5

Professional Outsourcing

102,885

10.8

6.5

Solution

5,187

0.5

△12.7

Asia Pacific

251,444

26.4

△8.0

全社及びその他の事業

5,295

0.7

△2.8

合 計

950,722

100.0

△2.0

(注)1.セグメント間の取引は、相殺消去しております。

2.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)財政状態の分析

 当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ12,422百万円増加し、383,416百万円となりました。流動資産は13,393百万円増加し、236,943百万円となりました。これは主に、現金及び預金が4,913百万円及び受取手形及び売掛金が4,476百万円増加したことによるものであります。

  固定資産は971百万円減少し、146,472百万円となりました。これは主に、投資有価証券が3,197百万円増加した一方、のれんが5,811百万円減少したことによるものであります。

  当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ1,170百万円増加し、208,258百万円となりました。流動負債は5,525百万円増加し、145,577百万円となりました。1年内返済予定の長期借入金が9,968百万円及び短期借入金が4,696百万円減少した一方、1年内償還予定の社債が10,000百万円、未払金が4,325百万円及び賞与引当金が2,721百万円増加したことによるものであります。

  固定負債は4,355百万円減少し、62,680百万円となりました。これは主に長期借入金が5,901百万円増加した一方、社債が10,000百万円減少したこと等によるものであります。

  当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ11,251百万円増加し、175,158百万円となりました。これは主に、剰余金の配当6,485百万円を行ったことや、親会社株主に帰属する当期純利益15,834百万円の計上等により、利益剰余金が9,349百万円、その他有価証券評価差額金が1,879百万円増加したこと等によるものであります。

  以上の結果、財務指標としては、流動比率が前連結会計年度末の159.6%から162.8%に上昇し、自己資本比率が前連結会計年度末の39.9%から41.0%に上昇いたしました。

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

総資産当期純利益率(ROA)

2.3%

4.6%

自己資本当期純利益率(ROE)

5.0%

10.4%

売上高営業利益率

4.0%

2.8%

売上高経常利益率

4.1%

3.1%

流動比率

159.6%

162.8%

固定比率

99.7%

93.2%

自己資本比率

39.9%

41.0%

ROIC

13.8%

9.4%

D/Eレシオ(有利子負債/自己資本)

0.48

0.40

Net cash/EBITDA倍率

0.12

0.47

総資産

370,993百万円

383,416百万円

自己資本

147,850百万円

157,122百万円

投下資本

234,935百万円

244,109百万円

現金及び現金同等物の期末残高

78,037百万円

82,991百万円

 

(3)経営成績の分析

  当連結会計年度における売上高は、950,722百万円と前連結会計年度に比べ19,850百万円の減収となりました。利益面では、売上総利益において、201,413百万円と前連結会計年度に比べ12,578百万円の減益、営業利益において、26,439百万円と前連結会計年度に比べ12,646百万円の減益、経常利益において、29,168百万円と前連結会計年度に比べ10,192百万円の減益、親会社株主に帰属する当期純利益においては15,834百万円と前連結会計年度に比べ8,222百万円の増益となりました。

 

① 売上高

 売上高は、主力のStaffing SBUでは増収となったものの、Career SBUやAsia Pacific SBUにおいてCOVID-19の影響を大きく受けたことにより、全体として2.0%の減収となりました。

 

② 売上総利益

 売上総利益は、Staffing SBUにおいては、派遣スタッフの有給取得の減少等により増益となりましたが、収益性の高い人材紹介事業を展開するCareer SBUでCOVID-19の影響を受け減収となったこと等により、全体として5.9%の減益となりました。

③ 営業利益

 営業利益は、グループ全体でコストコントロールに取り組んだものの、Career SBUで大幅な減益となった結果、全体として32.4%の減益となりました。

 

④ 経常利益

 経常利益は、営業利益の減少により25.9%の減益となりました。

 

⑤ 親会社株主に帰属する当期純利益

 経常利益は減益となりましたが、前連結会計年度は主に海外事業におけるのれんの減損損失や「an」事業の終了に伴う特別損失を約193億円計上した結果、親会社に帰属する当期純利益は108.0%の増益となりました。

 

(4)キャッシュ・フローの状況

  当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末に比べ4,953百万円増加し、82,991百万円となりました。
 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果得られた資金は、前連結会計年度より8,981百万円増加し、37,574百万円となりました。これは主に、法人税等の支払額が12,473百万円となった一方、税金等調整前当期純利益が28,579百万円、減価償却費が10,785百万円、のれん償却額が6,686百万円となったことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は、前連結会計年度より3,554百万円減少し、14,022百万円となりました。これは主に、無形固定資産の取得による支出が8,569百万円、有形固定資産の取得による支出が3,666百万円となったことによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果使用した資金は、前連結会計年度より15,985百万円増加し、17,973百万円となりました。これは主に、長期借入金の返済による支出が10,032百万円、配当金の支払額が6,485百万円となったことによるものであります。

 

(5)経営成績に重要な影響を与える要因について

「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

(6)資本の財源及び資金の流動性に係る情報

 当社の主な運転資金需要は、派遣スタッフ及び従業員に対する給与支払いであります。事業構造上、現金及び現金同等物が資産の中で占める割合が高くなっております。短期運転資金は、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保する基本方針をふまえて、事業収益から得られる自己資金を基本としており、特に多額の資金が必要となる企業買収等については、安定した財務基盤を活かし、銀行借入、社債発行など最適な資金調達手段を通じて行うことを基本としております。なお、当連結会計年度における現金及び預金の残高は83,161百万円、有利子負債の残高は、62,264百万円となっております。

 

(7)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

 連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものについては 「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。

 なお、新型コロナウイルスの感染拡大により、足元の業績に影響が生じております。固定資産の減損及び税効果会計等におきましては、今後、2022年3月期の一定期間にわたって当該影響が継続すると仮定し、会計上の見積りを行っております。

 

(8)経営者の問題認識と今後の方針について

「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおりであります。

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度の設備投資の主なものとして、既存拠点の移転等に伴う建物附属設備、器具及び備品のほか、システム関連投資を実施しました。これらの設備投資の総額は12,553百万円であります。セグメントごとに示すと、次のとおりとなります。

セグメントの名称

建物・器具及び備品等(百万円)

Staffing

2,166

Career

2,212

Professional Outsourcing

778

Solution

2,376

Asia Pacific

2,671

全社及びその他の事業

2,346

12,553

 

2【主要な設備の状況】

 当社グループの主要な設備及び従業員の配置状況は、次のとおりであります。

(1)提出会社

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の

内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び

構築物

(百万円)

工具、器具及び備品

(百万円)

ソフトウエア

(百万円)

土地

(百万円)

(面積㎡)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

賃貸用不動産

代々木ビル

(東京都渋谷区)

全社

事業所

設備

17

0

284

302

(409.00)

(-)

賃貸設備

新宿マインズタワー

(東京都渋谷区)

全社

事業所

設備

77

40

117

(-)

(-)

賃貸設備

御殿山SHビル

(東京都品川区)

全社

事業所

設備

2

377

379

(-)

(-)

賃貸設備

ニューオータニガーデンコート

(東京都千代田区)

全社

事業所

設備

66

34

100

(-)

(-)

賃貸設備

本社

(東京都港区)

全社

事業所

設備

145

73

1,751

2

1,972

350

(-)

(50)

賃貸設備

汐留イーストサイドビル

(東京都中央区)

全社

事業所

設備

82

30

113

(-)

(-)

賃貸設備

豊洲フロント

(東京都江東区)

全社

事業所

設備

113

12

125

(-)

(-)

(注)1.提出会社は持株会社であり、設備の大半を事業会社である連結子会社等に転貸しているため、報告セグメントごとに分類せず、一括して記載しております。

2.帳簿価額の金額には消費税等を含んでおりません。

3.帳簿価額のうち「その他」は、商標権であります。

4.上表の他、連結会社以外から主要な設備を賃借しており、年間賃借料は346百万円であります。

5.括弧内は、臨時従業員の雇用人員数であり、外数であります。

(2)国内子会社

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の

内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び

構築物

(百万円)

工具、器具及び備品

(百万円)

ソフト

ウエア

(百万円)

土地

(百万円)

(面積㎡)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

パーソルテンプスタッフ㈱

本社

(東京都渋谷区)

Staffing

事業所設備

0

2

3,072

3,076

689

(-)

(128)

パーソルワークスデザイン㈱

本社

(東京都豊島区)

Staffing

事業所設備

17

104

178

300

428

(-)

(35)

パーソルワークスデザイン㈱

佐世保第1アウトソーシングセンター

(長崎県佐世保市)

Staffing

事業所設備

207

207

(-)

(-)

パーソルマーケティング㈱

本社

(東京都新宿区)

Staffing

事業所設備

14

21

480

515

123

(-)

(7)

㈱アヴァンティスタッフ

本社

(東京都中央区)

Staffing

事業所設備

29

17

141

188

210

(-)

(65)

パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ㈱(注)5

福島ファクトリー

センター

(福島県福島市)

Staffing

事業所設備

6

17

107

131

106

(-)

(185)

パーソルキャリア㈱

本社

(東京都千代田区)

Career

事業所設備

4,690

4,690

626

(-)

(3)

シングラー㈱

本社

(東京都港区)

Career

事業所設備

0

115

115

8

(-)

(-)

パーソルR&D㈱

東海テクノセンター

(愛知県刈谷市)

Professional Outsourcing

事業所設備

165

4

134

304

90

(773.31)

(7)

パーソルR&D㈱

刈谷テストセンター

(愛知県刈谷市)

Professional Outsourcing

事業所設備

研修

施設

108

0

167

3

280

10

(1,510.73)

(-)

パーソルR&D㈱

上尾テクノセンター

(埼玉県上尾市)

Professional Outsourcing

事務所設備

50

12

335

397

195

(-)

(2)

パーソルR&D㈱

安城寮

(愛知県安城市)

Professional Outsourcing

厚生設備

106

0

146

253

(1,098.73)

(-)

パーソルR&D㈱

本社

(愛知県名古屋市

中区)

Professional Outsourcing

事業所設備

5

1

101

108

84

(-)

(46)

パーソルプロセス&テクノロジー㈱

本社

(東京都江東区)

Professional Outsourcing

事業所設備

1

26

714

742

1,305

(-)

(275)

パーソルAVCテクノロジー㈱

高槻事務所

(大阪府高槻市)

Professional Outsourcing

事業所設備

35

85

22

143

181

(-)

(71)

パーソルテクノロジースタッフ㈱

本社

(東京都新宿区)

Professional Outsourcing

事務所設備

11

312

324

1,361

(-)

(-)

シェアフル㈱

本社

(東京都港区)

Solution

事業所設備

0

463

463

47

(-)

(36)

ミイダス㈱

本社

(東京都渋谷区)

Solution

事業所設備

14

1,483

1,497

253

(-)

(-)

ポスタス㈱

本社

(東京都中央区)

Solution

事業所設備

2,205

2,205

155

(-)

(96)

㈱パーソル総合研究所

本社

(東京都千代田区)

その他

事業所設備

456

456

98

(-)

(-)

 (注)1.帳簿価額の金額には消費税等を含んでおりません。

2.帳簿価額のうち「その他」は、機械装置及び運搬具であり、建設仮勘定を含んでおります。

3.上表の他、連結会社以外から主要な設備を賃借しており、年間賃借料は3,381百万円であります。

4.括弧内は、臨時従業員の雇用人員数であり、外数であります。

5.パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ㈱は、2021年4月1日よりパーソル ファクトリーパートナーズ㈱へ商号変更しております。

 

(3)在外子会社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

会社名

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の

内容

帳簿価額

従業

員数

(人)

建物及び

構築物

(百万円)

工具、器具及び備品

(百万円)

使用権

資産

(百万円)

ソフト

ウエア

(百万円)

土地

(百万円)

(面積㎡)

その他

(百万円)

合計

(百万円)

PERSOLKELLY PTE. LTD.

本社

(シンガポール)

Asia Pacific

事業所

設備

2

178

181

60

(-)

(2)

Programmed Maintenance Services Limited

本社他

(オーストラリア

パース市)

Asia Pacific

事業所

設備

240

3,482

2,238

8,007

13,968

4,066

(-)

(177)

 (注)1.上表に記載されているProgrammed Maintenance Services Limitedの数値は、Programmed Maintenance Services Limited及びその子会社等を含めた数値であります。

2.帳簿価額のうち「その他」は、商標権、機械装置であります。

3.括弧内は、臨時従業員の雇用人員数であり、外数であります。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

720,000,000

720,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月23日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

236,704,861

236,704,861

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数

100株

236,704,861

236,704,861

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(百万円)

資本金残高

(百万円)

資本準備金

増減額

 (百万円)

資本準備金残高(百万円)

2016年4月1日~2017年3月31日

(注)

882,551

236,673,651

410

17,465

410

15,965

2017年4月1日~2018年3月31日

(注)

4,304

236,677,955

2

17,467

2

15,967

2018年4月1日~2019年3月31日

(注)

26,906

236,704,861

12

17,479

12

15,979

 (注)新株予約権の行使による増加であります。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株

式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

36

28

105

547

12

6,509

7,238

所有株式数(単元)

210

497,809

27,843

310,762

1,082,928

275

446,968

2,366,795

25,361

所有株式数の割合(%)

0.01

21.03

1.18

13.13

45.76

0.01

18.88

100.00

(注)自己株式5,087,834株は、「個人その他」に50,878単元及び「単元未満株式の状況」に34株を含めて記載しております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

篠原 欣子

東京都渋谷区

26,331,600

11.36

一般財団法人篠原欣子記念財団

東京都新宿区西新宿一丁目6番1号

15,800,000

6.82

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

15,272,400

6.59

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-12

11,741,600

5.06

JP MORGAN CHASE BANK 385632

常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部

東京都港区港南二丁目15番1号

10,641,719

4.59

ケリーサービスジャパン株式会社

東京都千代田区永田町二丁目11番1号

9,106,800

3.93

THE CHASE MANHATTAN BANK 385036

常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部

東京都港区港南二丁目15番1号

7,700,391

3.32

JP MORGAN CHASE BANK 380072

常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部

東京都港区港南二丁目15番1号

6,172,402

2.66

NORTHERN TRUST CO. (AVFC) RE FIDELITY FUNDS

常任代理人 香港上海銀行東京支店

東京都中央区日本橋三丁目11番1号

5,972,279

2.57

SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT

常任代理人 香港上海銀行東京支店

東京都中央区日本橋三丁目11番1号

4,773,125

2.06

113,512,316

49.00

 

注1.2020年6月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、エフエムアール エルエルシー(FMR LLC)より、2020年6月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

なお、当該大量保有報告書(特例対象株券等)の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数

(株)

株券等保有割合(%)

エフエムアール エルエルシー

(FMR LLC)

米国 02210 マサチューセッツ州ボストン、サマー・ストリート245

21,655,091

9.15

21,655,091

9.15

 

注2.2020年12月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社及びその共同保有者であるティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッド(T. Rowe Price International Ltd.)、ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ, インク(T. Rowe Price Associates, Inc. )より、2020年11月30日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。

なお、当該大量保有報告書(特例対象株券等)の内容は以下のとおりであります。

氏名又は名称

住所

保有株式等の数

(株)

株券等保有割合

(%)

ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目9番2号

グラントウキョウサウスタワー10階

2,026,600

0.86

ティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッド

(T. Rowe Price International Ltd.)

英国ロンドン市、EC4N4TZ、クィーンヴィクトリア・ストリート60

5,622,000

2.38

ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ, インク(T. Rowe Price Associates, Inc. )

米国メリーランド州、21202、ボルチモア、イースト・プラット・ストリート100

10,720,400

4.53

18,369,000

7.76

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

5,087,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

231,591,700

2,315,917

単元未満株式

普通株式

25,361

発行済株式総数

 

236,704,861

総株主の議決権

 

2,315,917

(注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、役員報酬BIP信託に係る信託口が所有する当社株式851,600株(議決権8,516個)及び株式付与ESOP信託にかかる信託口が所有する当社株式649,200株(議決権6,492個)が含まれております。

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

パーソルホールディングス㈱

東京都渋谷区代々木二丁目1番1号

5,087,800

5,087,800

2.15

5,087,800

5,087,800

2.15

(注)役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が所有する当社株式は、上記自己株式に含まれておりません。

(8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

①当社取締役及び当社執行役員に対する株式報酬制度

 当社は、2017年度から当社グループの中長期的な会社業績及び企業価値の向上に対するインセンティブ付与を目的として、当社取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)及び当社執行役員(以下総称して「業務執行取締役等」という。)を対象に、信託を活用した株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入しております。また、2020年度からは監査等委員でない社外取締役及び監査等委員である取締役(以下総称して「非業務執行取締役」という。)も本制度の対象といたしました。なお、本制度については、2017年6月27日及び2020年6月24日に開催の定時株主総会にてそれぞれ承認されております。

(ⅰ)役員・従業員株式所有制度の概要

 本制度は、役員報酬BIP(Board Incentive Plan)信託(以下「BIP信託」という。)と称される仕組みを採用します。BIP信託とは、欧米の業績連動型株式報酬(Performance Share)制度及び譲渡制限付株式報酬(Restricted Stock)制度と同様に、役位や経営計画等の目標達成度等に応じて、当社株式及び当社株式の換価処分金相当額の金銭(以下「当社株式等」という。)を業務執行取締役等及び非業務執行取締役に交付又は給付(以下「交付等」という。)する制度です。

 なお、後述のグループ子会社の取締役に対しても株式交付制度の導入を決議しておりますが、当該制度でもBIP信託の仕組みを採用しており、本制度はBIP信託①、グループ子会社の取締役を対象とする制度はBIP信託②として、それぞれ分けて管理します。

具体的な内容

 

BIP信託①

①制度対象者

業務執行取締役等及び非業務執行取締役

②信託の種類

特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)

③信託の目的

取締役等に対するインセンティブの付与

④委託者

当社

⑤受託者

三菱UFJ信託銀行株式会社

(共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

⑥受益者

制度対象者のうち受益者要件を充足する者

⑦信託管理人

当社と利害関係のない第三者(公認会計士)

⑧信託変更契約日

2020年11月16日

⑨信託の期間

2017年8月14日~2023年8月末日(2020年8月に信託期間を延長する旨の契約を締結)

⑩信託変更後の制度開始日

2020年11月16日

⑪議決権行使

行使しない

⑫取得株式の種類

当社普通株式

⑬延長後の株式の取得時期

2020年11月17日~2020年11月25日

⑭株式の取得方法

株式市場より取得

⑮帰属権利者

当社

⑯残余財産

帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用準備金の範囲内とします。

 

(ⅱ)本信託から受益者に交付する予定の株式の総額

BIP信託①:1,126百万円

 

(ⅲ)当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

株式交付規程に基づき、受益者要件を充足する業務執行取締役等及び非業務執行取締役

②当社グループ子会社の取締役、並びに当社及び当社グループ子会社の幹部社員に対する株式交付制度

 当社は、2017年度から、当社グループの中長期的な会社業績及び企業価値の向上に対するインセンティブ付与を目的として、当社グループ子会社の取締役、並びに当社及び当社グループ子会社の幹部社員を対象に、信託を活用して当社株式を交付する制度(総称して以下「本制度」といい、本制度の対象者を総称して「グループ経営幹部等」という。)を導入しています。なお、当社グループ子会社の取締役に対する本制度の導入は、各グループ子会社における株主総会にて承認されております。

(ⅰ)役員・従業員株式所有制度の概要

 当社グループ子会社の取締役を対象とした本制度は、役員報酬BIP(Board Incentive Plan)信託(以下「BIP信託」という。)と称される仕組みを採用します。当社及び当社グループ子会社の幹部社員を対象とした本制度は、株式付与ESOP(Employee Stock Ownership Plan)信託(以下「ESOP信託」という。)と称される仕組みを採用します。本制度では、当社株式及び当社株式の換価処分金相当額の金銭(以下「当社株式等」という。)をグループ経営幹部等に対して、原則として退任・退職後に交付及び給付(以下「交付等」という。)します。

具体的な内容

 

BIP信託②

ESOP信託

①制度対象者

当社グループ子会社の取締役

当社及び当社グループ子会社の

幹部社員

②信託の種類

特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)

③信託の目的

制度対象者に対するインセンティブの付与

④委託者

当社

⑤受託者

三菱UFJ信託銀行株式会社

(共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)

⑥受益者

制度対象者のうち受益者要件を充足する者

⑦信託管理人

当社と利害関係のない第三者(公認会計士)

⑧信託変更契約日

2020年11月16日

⑨信託の期間

2017年8月14日~2023年8月末日(2020年8月に信託期間を延長する旨の契約を締結)

⑩信託変更後の制度開始日

2020年11月16日

⑪議決権行使

行使しない

⑫取得株式の種類

当社普通株式

⑬延長後の株式の取得時期

2020年11月17日~2020年12月1日

⑭株式の取得方法

株式市場より取得

⑮帰属権利者

当社

⑯残余財産

帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用準備金の範囲内とします。

 

(ⅱ)本信託から受益者に交付する予定の株式の総額

BIP信託②:683百万円

ESOP信託:1,383百万円

 

(ⅲ)当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

株式交付規程に基づき、受益者要件を充足するグループ経営幹部等

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式数

19

33,554

当期間における取得自己株式数

 (注)当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式数

5,087,834

5,087,834

(注)1.当期間における処理自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡による株式は含まれておりません。

2.当期間における保有自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。

3.保有自己株式には、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託に係る信託口が保有する当社株式は含まれておりません。

3【配当政策】

 当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営上の重要課題と認識しております。内部留保の充実により、成長分野への迅速かつ積極的な事業展開が可能な企業体質の強化を図りつつ、従来の安定配当の方針から配当性向重視に配当政策を転換いたします。今後はのれん償却前の当期純利益に、特別損益の一時的な影響を除外して算出した調整後EPSの25%を目途とした配当を実施することで、株主還元を強化してまいります。

 また、当社は、剰余金の配当を中間配当及び期末配当の年2回実施を基本方針としてまいります。

 剰余金の配当の決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。中間配当に関しましては、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨定款に定めております。

 上記方針に基づく当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

決議年月日

配当金の総額

(百万円)

1株当たり配当額

(円)

2020年11月10日

3,011

13

取締役会決議

2021年6月22日

3,011

13

定時株主総会決議

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、経営理念である「雇用の創造 人々の成長 社会貢献」を実現するために、経営の基本方針及びそれに基づく当社グループ全体の経営戦略を立案し、当社グループ各社が一丸となってその戦略を推進することで、企業の持続的な成長による中長期的な企業価値の向上を実現し、事業を通じて社会的課題を解決してまいります。

 また、コーポレート・ガバナンスを、上記を実現していくための全ての基盤であり土台であると認識し、以下に掲げる基本的な考え方に則り、当社のコーポレート・ガバナンスの充実に向けて継続的に取り組んでまいります。

① 経営の監督と執行を分離し、取締役会が、独立した客観的な立場から、グループ経営陣幹部に対する実効性の高い監督を行う。

② 取締役会は、業務執行の決定を代表取締役社長CEOに対し適切に委任することで、迅速かつ機動的な意思決定を可能とし、スピード感のある企業経営を実現する。

③ 取締役会は、中長期的な企業価値向上を目指して、自社の資本コストを的確に把握した上で、収益力・資本効率等に関する重要経営指標を定め、その指標をもとにグループ経営陣に対する業績評価を行い、透明性・客観性をもって、グループ経営陣幹部の選解任その他の意思決定を行う。

④ 経営トップの指名と後継者の指名は、企業価値を大きく左右する重要な意思決定であることを踏まえて、取締役会の下に独立社外取締役を主要な構成員とする任意の指名・報酬委員会を設置し、代表取締役社長CEOの後継者計画等の特に重要な事項に関する検討に当たり、独立社外取締役の適切な関与・助言を得る。

 さらに、当社は持株会社として、主な役割をグループ全体の経営戦略の推進、経営資源の最適配分、事業会社間のシナジー創出及び事業会社の経営の監督とする一方、事業の執行は事業会社へ適切に委任することで、グループ内で経営の監督と事業の執行を基本的に分担し、これに即して、取締役会をはじめとするグループのガバナンス体制を整備し、運営してまいります。

 

② 企業統治の体制の状況等

(ⅰ)企業統治の体制の概要及び企業統治の体制を採用する理由

 当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の概要は下記のとおりです。

 

0104010_001.png

 

 当社は、4.(1)①コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方に基づき、会社法上の機関設計として「監査等委員会設置会社」を採用しております。また、取締役会の機能を補完するため、任意の指名・報酬委員会を設置し、取締役及びグループ経営陣幹部の報酬及び候補者の決定に対する透明性と客観性を高め、取締役会の経営監督機能の強化を図っております。

 

<取締役会>

 取締役会は、経営監督機能を担い、経営の基本方針の決定、グループ経営陣幹部の監督及び適切な内部統制システムの構築・運用の確保を主な役割・責任としております。一方、業務執行部門による迅速で機動的かつ果断な意思決定を可能とするため、法令で定められた専決事項及び取締役会規程で定める重要な業務執行の決定以外の業務執行は、原則として代表取締役社長CEOに委任しております。

 意思決定の迅速化とともに、経営の監督と執行を分離し、取締役会の監督機能をより一層強化するというガバナンス方針のもと、2021年6月22日開催の定時株主総会を経て、取締役会は、監査等委員でない取締役6名(うち独立社外取締役3名)、及び監査等委員である取締役3名(うち独立社外取締役2名)で構成され、独立社外取締役の比率は2分の1以上となっております。

 

<Headquarters Management Committee>

 当社は、経営の監督と執行を分離し、執行責任の所在を明確にするため、執行役員制度を導入し、業務執行に関わる体制として、代表取締役社長CEOの補佐機関として、当社グループの経営の基本方針及び重要な業務執行の決定を協議する会議体であるHeadquarters Management Committee(以下、「HMC」という。)を設置しております。取締役会から代表取締役社長CEOに委任された重要な業務執行の決定は、このHMCの賛成決議を条件として、代表取締役社長CEOが決定いたします。HMC構成員は、当社グループの経営者の一員として取締役会から委任された重要な業務執行の決定及び業務執行の統括的な役割を担う者が選任されるべきとの考え方に基づき、代表取締役社長CEOが原則、執行役員の中から人事案を作成し、指名・報酬委員会にて審議した上で、取締役会で承認しています。

 さらに、HMCの下部組織として、4委員会(投資委員会、リスクマネジメント委員会、人事委員会、テクノロジー委員会)を設置し、グループ内部統制システムの実効性向上を図っております。

 投資委員会は、グループの投資全般に関する重要事項の審議を行うとともに、投資推進に関連した一連の知識、知見をグループの組織知に高めていくことを目的としております。リスクマネジメント委員会は、当社グループのリスク管理全般に関する審議を行います。人事委員会は、当社グループの人事戦略及び重要タレントの後継者計画等に関する審議を行います。テクノロジー委員会は、当社グループのテクノロジー戦略及び関連する経営リソースの重要事項について審議を行います。

 各4委員会はHMCへの説明責任を持ち、その機能を補完・強化するものと位置付けております。

 

<監査等委員会>

 監査等委員会は、持続的な企業価値の向上に向けて企業の健全性を確保し、当社と株主共同の利益のために行動し、以下に掲げる職務を行うものと定めております。

・取締役の職務の執行の監査及び監査報告の作成

・会計監査人の選任及び解任並びに不再任に関する議案の内容の決定

・取締役(監査等委員である取締役を除く)の選解任若しくは辞任又は報酬等についての監査等委員会の意見の決定

 また、監査等委員会は、必要に応じて、内部監査部門に対して具体的な指示を行うことができ、監査等委員会と内部監査部門は、相互の連携体制を確保するため、適切な情報共有等を行っております。また、内部監査部門の重要な人事は、監査等委員会の同意を経て決定するものとし、監査等委員会による監査の実効性を確保しております。

 なお、監査等委員会は、常勤監査等委員である社内取締役1名(林大介)と社外取締役2名(榎本知佐及び友田和彦)で構成されており、委員長は社外取締役である友田和彦が就任しております。友田和彦は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

 

<指名・報酬委員会>

 当社は、取締役・グループ経営陣幹部の候補者の決定及び報酬の決定に対する透明性・客観性を高め、取締役会の経営監督機能の強化を図ることを目的とし、取締役会からの諮問を受け、以下に掲げる職務を行い取締役会に答申・提案しております。

候補者の決定に関する事項:

・株主総会に付議する取締役の選解任議案の原案の決定

・代表取締役社長CEO(代表権とCEO職)の選定

・代表取締役の解職の原案の決定

・代表取締役社長CEOの後継者計画の策定

報酬の決定に関する事項:

・取締役・グループ経営陣幹部の報酬基準の作成

・取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬額の原案の決定

 なお、指名・報酬委員会は、過半数を社外取締役とし、社内取締役1名(水田正道)、社外取締役3名(玉越良介、西口尚宏及び山内雅喜)で構成され、委員長は社外取締役である玉越良介が就任しております。

 

(ⅱ)内部統制システムの整備の状況

当社は、2020年12月18日開催の取締役会にて業務の適正を確保するための体制に関する基本方針を改定いたしました。その内容は以下のとおりであります。当社は、この基本方針に基づく内部統制システムの整備・運用状況を絶えず評価し、必要な改善措置を講じるほか、この基本方針についても、経営環境の変化等に対応して不断の見直しを行い、一層実効性のある内部統制システムの整備・運用に努めます。

 

1.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

(1) 当社は、当社及び子会社(以下、総称して「当社グループ」という。)における業務の適正を確保するため、経営理念、グループビジョン、行動指針を定める。

(2) 当社は、当社グループの企業価値を最大化する観点から、関係会社に対する適切な株主権の行使を行う。

(3) 当社は、当社グループの内部統制のための各種グループ基本方針等を定め、当社グループへ周知するとともに、これに基づく体制を整備させる。

(4) 当社は、事業環境の変化に迅速に対応することを目的として、SBU(Strategic Business Unit)体制を採用するとともに、SBU中核会社の取締役会へ取締役を派遣し、SBU中核会社の経営を監督することで、当社グループの経営管理の実効性を確保する。

(5) 内部監査部門は、当社グループの法令・定款及び社内規程の遵守体制の有効性について監査を行う。また、是正・改善の必要がある場合、速やかにその対策を講じるように適切な助言、勧告及び支援を行う。

(運用状況の概要)

・SBU体制に移行し、社内規程を整備の上、事業執行に関する意思決定はSBUに適切に権限委譲し、執行の迅速化を図りました。

・SBUにおける規程・機関を整備し、当社からSBU中核会社へ取締役を派遣し、経営監督を行いました。

・海外事業についても経営体制を統合し、PERSOL Asia Pacific Pte. Ltd.をSBU中核会社とするガバナンス体制を整備いたしました。

 

2.取締役、執行役員及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

(1) 当社グループは、コンプライアンスに関する行動規範及び基本規程を定め、コンプライアンス体制の整備及びコンプライアンスの実践に努める。

(2) 当社は、当社グループのコンプライアンスを統括する部署を当社に設置し、コンプライアンスに係る諸施策を継続して実施するとともに、その活動状況を取締役会に報告する。

(3) 当社グループは、取締役、執行役員及び使用人に対して、コンプライアンスの教育・研修を継続的に行う。

(4) 当社グループは、法令・定款等の違反行為を予防・早期発見するための体制として、グループ内部通報制度を整備する。

(5) 当社グループは、反社会的勢力に対し、毅然とした態度で対応し一切の関係を遮断する。

(6) 当社グループは、主管部署を定め、所轄警察署や特殊暴力防止に関する地域協議会等から関連情報を収集し不測の事態に備えるとともに、事態発生時には主管部署を中心に外部機関と連携し、組織的に対処する。

(運用状況の概要)

・コンプライアンスに関する主要な施策として、全従業員向けコンプライアンス研修、コンプライアンス・アンケート、コンプライアンス・ハンドブックの制作・配布を実施いたしました。

・内部通報制度について国内子会社向けの教育を実施するなど品質向上を図りました。その結果、消費者庁の内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の更新が認められました。

3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(1) 当社は、当社グループのリスク管理に関する規程を定め、当社グループのリスク管理体制を整備する。

(2) 当社は、当社グループのリスク管理を統括する部署を当社に設置し、当社グループにおけるリスクについて統合的に管理するとともに、重要リスクに関するリスク管理体制及びその運用状況について定期的に取締役会に報告する。

(3) 当社グループは、大規模自然災害、パンデミック等の危機の発生に備え、危機管理に関する規程を定め、危機管理体制の整備、危機発生時の連絡体制の構築及び定期的な訓練の実施等、適切な体制を整備する。

(運用状況の概要)

・グループ経営に重要な影響を与えるリスクについて審議する機関として、リスクマネジメント委員会を設置し、重要リスクの特定、モニタリング方法、リスクオーナーの設定を行いました。

・新型コロナウイルス感染症の対策として緊急対策本部を設置いたしました。グループ内外の感染状況の変化や政府・行政等からの要請に合わせ、対応方針を検討の上、ガイドラインを策定し、周知徹底いたしました。

 

4.取締役及び執行役員の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

(1) 当社は、経営の監督と執行を分離し、取締役会が、独立した客観的な立場から、当社グループの業務執行に対する経営監督機能を担う。

(2) 当社は、執行役員制度を導入することで業務執行責任の所在を明確化した上で、業務執行に係る決定を原則として代表取締役社長CEOに委任する。

(3) 当社は、代表取締役社長CEOの補佐機関としてHMC(Headquarters Management Committee)を設置し、当社グループの重要な業務執行に関する事項について審議する。

(4) 当社は、グループ中期経営計画を策定し、当該中期経営計画を具体化するため、毎事業年度ごとのグループ全体の重点経営目標及び予算配分等を策定する。

(5) 当社は、当社グループにおける職務分掌、指揮命令系統、権限及び意思決定その他の組織に関する基準を定め、当社グループへこれに準拠した体制を構築させる。

(6) 当社は、当社グループのITに関する規程を定め、主管部署を設置し、当社グループのITガバナンス体制を整備する。

(運用状況の概要)

・取締役会への付議基準に基づき、上程すべき議案の精査や、一部の書面報告化により、取締役会の議案を絞り込み、重要な議案の議論に注力いたしました。

・情報基盤の活用や事前説明会の実施により、社外取締役への情報提供に関するサポート体制・環境を整備いたしました。

・HMCを設置し、当社グループの重要な業務執行に関する事項について審議を行っております。

・取締役会での複数回の議論を踏まえ、2020年8月に中期経営計画(3か年)を公表いたしました。

・中長期的な視点でグループ横断のテクノロジー戦略について審議する機関としてテクノロジー委員会を設置し、審議を行いました。

 

5.財務報告の適正性及び信頼性を確保するための体制

(1) 当社は、財務報告の適正性及び信頼性を確保するため、当社グループにおける財務報告に係る内部統制に関する基本方針を定める。

(2) 当社は、財務報告に係る内部統制の実効性を確保するため、その内部統制を主管する部署及びその評価部署を設置する。

(3) 財務報告に係る内部統制を評価する部署は、その内部統制の有効性に関する評価結果を定期的に取締役会等に報告する。

(運用状況の概要)

・内部統制評価範囲を選定のうえ、文書更新、整備・運用評価、及び検出された不備に対する改善を実施し、取締役会へ評価結果を報告いたしました。

 

6.取締役及び執行役員の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

当社は、文書等の保存に関する規程を定め、重要な会議の議事録等、取締役及び執行役員の職務の執行に係る情報を含む重要な文書等は、同規程の定めるところに従い適切に保存及び管理を行う。また、取締役又は監査等委員会等から要請があった場合に備え、適時閲覧が可能な状態を維持する。

(運用状況の概要)

・取締役向け情報基盤の整備を通じて、取締役がいつでも必要なときに取締役会、HMC、投資委員会等の資料・議事録へアクセスできる環境を整備いたしました。

 

7.監査等委員会の職務の執行に関する体制

7-1.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項

当社は、監査等委員会の要請に基づき、必要に応じてその職務を専属的に補助する使用人を配置する。当該使用人に対する日常の指揮命令権は、監査等委員会にあり、監査等委員でない取締役及び執行役員からは指揮命令を受けない。また、当該使用人に関する人事異動、人事考課及び懲戒処分等は、監査等委員会の同意を得たうえで行う。

 

7-2.監査等委員会への報告に関する体制

(1) 当社グループの取締役、執行役員及び使用人は、監査等委員会又は監査等委員会の指示を受けた者の求めに応じて、事業及び内部統制の状況等の報告を行い、内部監査部門は内部監査の結果等を報告する。

(2) 当社グループの取締役、執行役員及び使用人は、重大な法令・定款違反及び不正行為の事実、又は会社に著しい損害を及ぼす事実又はそのおそれのある事実を知ったときは、速やかに監査等委員会に報告する。

(3) 当社グループにおける取締役、執行役員及び使用人は、当社グループに著しい損害を及ぼす事実又はそのおそれのある事実を知ったときは、速やかに当社グループの定める担当部署に報告する。当該担当部署は、取締役、執行役員及び使用人から報告を受けた事項について、速やかに当社の監査等委員会に報告する。

(4) 当社は、内部通報制度の適用対象に当社グループを含め、当社グループにおける法令、定款、又は社内規程に違反する重大な事実、その他コンプライアンス上の重大な問題に係る通報について、監査等委員会への適切な報告体制を確保する。

(5) 当社グループは、社内規程において、取締役、執行役員及び使用人が監査等委員会への報告、又は相談者が内部通報窓口への通報により、人事評価において不利な取扱いを受けることがなく、また懲戒その他の不利益処分の対象となることがないことを明示的に定める。

 

7-3.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1) 監査等委員会は、必要に応じて取締役(監査等委員である取締役を除く。)、執行役員及び重要な使用人に対して報告を求め、代表取締役社長、内部監査部門及び会計監査人とそれぞれ定期的な意見交換の実施を求めることができる。

(2) 当社は、監査等委員会及び監査等委員会の指示を受けた者がその職務の執行について生ずる費用の前払い又は支出した費用等の償還、負担した債務の弁済を請求したときは、その費用等が監査等委員会の職務の執行について生じたものでないことを証明できる場合を除き、これに応じる。

(運用状況の概要)

・監査等委員会の職務を専属的に補助する使用人を配置しており、本基本方針に基づく体制を維持しております。

・監査等委員会において、主要な執行部門の責任者への定期的なヒアリングや意見交換を実施しております。

・常勤監査等委員は、SBU中核会社の全監査役と毎月情報交換会を開催し、グループ内の情報共有及び意見交換を実施しております。

・グループ子会社の社長以上の執行責任者において、内部統制システム構築運用状況のセルフチェックを実施し、その結果を分析しております。

・グループ各社の役職員から内部通報窓口へ通報された内容は、監査等委員会へ全件報告しております。

・従業員が監査等委員会への報告または内部通報窓口への通報により、不利な取扱いを受けることがないように、企業倫理ホットライン規程において明示的に定めるとともに、当該報告・通報があった場合に、その後不利な取扱いを受けていないことの状況を確認する体制を構築しております。

・本基本方針に基づき、監査等委員がその職務の執行について生ずる費用に対して、社内各部署と同様の経費精算体制をとっており、監査等委員会の請求に基づき適切に費用負担をしております。

(ⅲ)リスク管理体制の整備の状況

イ.当社のリスクマネジメント体制

 当社グループでは、お客様、取引先、従業員、株主などのステークホルダーに対する責任を果たし、企業価値を維持・向上するため、グループ全体で統合的なリスクマネジメントに取り組んでおり、リスクマネジメント体制としては、3線ディフェンスを導入しています。第1線(事業会社)で事業活動及び日常活動と一体となってリスクマネジメント活動を推進し、第2線(管理部門)が事業会社の支援とモニタリングを行い、第3線(内部監査部門)が第1線及び第2線によるリスクマネジメントの有効性を監査することとしております。

0104010_002.png

ロ.当社のリスクマネジメント体制の運用状況

 当社グループでは、2020年度から、第1線による自律的なリスクマネジメントを確立するため、SBU単位でリスクマネジメント体制の強化を図っています。具体的には、各SBUでのリスクマネジメント委員会の設立、リスク管理責任者の選任、リスク管理組織の設置、各SBUにおける事業特性や地域特性を勘案した重要リスクの特定・対応の推進等に取り組んでいます。

 また、グループ横断的に各SBUの重要リスクを含むリスクマネジメントに関する取り組みを把握し、グループで連携してリスク対応に取り組むことを目的に、グループ全体のリスクマネジメント活動を推進するため、2020年度から、HMC(Headquarters Management Committee)の下部組織としてリスクマネジメント委員会を立ち上げております。リスクマネジメント委員会では、経営トップを含むパーソルホールディングスの経営陣及び各SBUのリスク管理責任者からなる委員が、パーソルホールディングス及び各SBUが特定した重要リスクについて議論し、グループ全体でのリスクマネジメントを統合的に推進しています。また、リスクマネジメント委員会の活動状況については、パーソルホールディングス取締役会に定期的に報告しております。

 

(ⅳ)子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社は、関係会社に対して、適切に株主権を行使することや、当社グループ全社に適用されるグループ共通規程を定め、経営上の重要事項の決定は事前承認事項とし、また、関係会社の営業成績、財務状況その他の重要な情報について定期的な報告を義務付けることで、グループ全体のガバナンスを維持しております。

 また、事業運営体制においては、各SBUに執行役員を配する他、当社の法務、人事、財務など、グループ全体を統括する機能を有する各部門にも執行役員を配し、機能別役割の明確化やSBU機能の充実を図り、各事業拡大に合わせた運営体制の強化や効率化を進めております。

 

③ 取締役の定数

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の定数は10名以内、監査等委員である取締役の定数は5名以内とする旨定款に定めております。

 

④ 取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。また取締役の選任は、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して行う旨を定めております。

⑤ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件のうち、監査等委員である取締役の解任決議を除く特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これらは、株主総会における特別決議の定足数の要件を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

⑥ 剰余金の配当等の決定機関

 当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定めることができる旨定款に定めております。また、当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨定款に定めております。これらは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

自己の株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。

⑧ 取締役との責任限定契約

 当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役との間に、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結できる旨定款に定めており、当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は責任限定契約を締結しております。

 当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、100万円又は会社法第425条第1項に定める最低責任限度額のいずれか高い額としております。

⑨ 役員等賠償責任保険契約

当社は、当社及びパーソルグループ子会社の取締役、監査役、執行役員、及び子会社の設立国の法律によりこれらの者と同様の地位にある者を被保険者とする役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。保険料は会社が全額負担しており、被保険者の実質的な保険料負担はありません。当該保険契約では、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うこと、又は、当該責任の追及にかかる請求を受けることによって生ずることのある損害について、填補することとされております。ただし、法令違反の行為のあることを認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、一定の免責事由があります。

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率11%)

役職名

氏 名

生年月日

略   歴

任期

所有株式数(株)

取締役

会長

水 田 正 道

1959年6月13日

1984年4月 ㈱リクルート入社

1988年7月 テンプスタッフ㈱入社

1995年6月 同社取締役(営業本部長)

2008年10月 当社常務取締役(グループ営業本部長)

2009年8月 当社常務取締役(グループ成長戦略本部長)

2010年6月 当社取締役副社長(グループ成長戦略本部長)

2012年6月 当社代表取締役副社長(グループ成長戦略本部長)

2013年6月 当社代表取締役社長(グループ成長戦略本部長)

2014年7月 当社代表取締役社長(グループ経営本部長兼グループ財務本部長)

2015年4月 当社代表取締役社長

2016年6月 当社代表取締役社長 CEO

2021年4月 当社取締役会長(現任)

(注)3

421,100

代表取締役

社長

CEO

和 田 孝 雄

1962年11月25日

1988年2月 ㈱スパロージャパン入社

1991年9月 テンプスタッフ㈱入社

2006年6月 同社取締役(営業企画本部長)

2008年10月 当社取締役(グループ業務・IT本部長)

2009年8月 当社取締役(グループ業務・IT戦略本部長)

2011年4月 当社取締役(グループアウトソーシング戦略本部長)

2014年1月 当社取締役(グループアウトソーシング戦略本部長兼グループ人事本部長)

2015年4月 当社取締役執行役員(営業戦略担当、派遣・BPOセグメント長)

2016年6月 当社取締役専務執行役員(営業戦略担当、派遣・BPOセグメント長)

      パーソルテンプスタッフ㈱代表取締役社長(旧テンプスタッフ㈱)

2020年4月 当社取締役副社長執行役員(事業統括担当、Staffing SBU長)

2021年4月 当社代表取締役社長 CEO(現任)

(注)3

115,900

 

 

役職名

氏 名

生年月日

略   歴

任期

所有株式数(株)

代表取締役

副社長

高 橋 広 敏

1969年4月26日

1995年4月 インテリジェンス入社

1999年4月 同社取締役

2008年12月 同社代表取締役兼社長執行役員

2012年4月 ㈱インテリジェンスホールディングス代表取締役

2013年6月 当社取締役副社長(メディア・キャリア関連事業本部長)

2014年1月 当社取締役副社長(グループ経営戦略本部長兼メディア・キャリア関連事業本部長)

2014年4月 当社取締役副社長(グループ経営戦略本部長)

2015年4月 当社取締役副社長兼執行役員(リクルーティングセグメント長、経営戦略担当、人事担当)

2016年4月 当社取締役副社長(経営戦略担当、人事担当)

2016年6月 当社取締役副社長 COO(経営戦略担当、人事担当)

2017年4月 当社取締役副社長 COO(経営戦略担当)

2017年11月 当社取締役副社長 COO(グループ機能統括担当、経営戦略担当)

2018年4月 当社取締役副社長 COO(グループ機能統括担当、ITOセグメント長)

2018年12月 パーソルイノベーション㈱代表取締役社長

2019年4月 当社取締役副社長 COO(グループ機能統括担当、PROGRAMMEDセグメント長)

2020年4月 当社取締役副社長執行役員(機能統括担当、Solution SBU長)

2021年4月 当社代表取締役副社長(現任)

(注)3

110,600

取締役

玉 越 良 介

1947年7月10日

1970年5月 ㈱三和銀行入行(現㈱三菱UFJ銀行)

1997年5月 同行国際部長

1997年6月 同行取締役

1999年6月 同行常務執行役員

2002年1月 ㈱UFJ銀行 専務執行役員(現㈱三菱UFJ銀行)

2002年5月 同行副頭取執行役員

2002年6月 同行代表取締役副頭取執行役員

2004年5月 同行取締役会長

2004年6月 ㈱UFJホールディングス 代表取締役社長(現㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ)

2005年10月 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ代表取締役会長

2010年6月 当社社外監査役

      ㈱三菱東京UFJ銀行 特別顧問(現㈱三菱UFJ銀行)

2011年7月 Morgan Stanley Director

2016年6月 当社社外取締役 監査等委員

2018年6月 当社社外取締役(現任)

2020年7月 ㈱三菱UFJ銀行 名誉顧問(現任)

(注)3

-

 

 

役職名

氏 名

生年月日

略   歴

任期

所有株式数(株)

取締役

西 口 尚 宏

1962年2月14日

1986年4月 ㈱日本長期信用銀行入行

1998年3月 世界銀行グループ入社

2001年11月 マーサージャパン社入社 日本法人常務代表取締役

2009年11月 ㈱産業革新機構入社 執行役員

2014年1月 一般社団法人Japan Innovation Network設立 専務理事

2015年6月 一般社団法人日本防災プラットフォーム設立 代表理事(現任)

2016年6月 当社社外取締役 監査等委員

2018年1月 国際開発計画(UNDP) イノベーション担当上級顧問(現任)

2018年4月 上智大学 特任教授(現任)

2019年10月 一般社団法人Japan Innovation Network代表理事(現任)

2020年6月 当社社外取締役(現任)

(注)3

-

取締役

山 内 雅 喜

1961年1月11日

1984年4月 ヤマト運輸㈱入社

2005年4月 同社執行役員東京支社長

2005年11月 同社執行役員人事総務部長

2007年3月 ヤマトホールディングス㈱執行役員

2008年4月 ヤマトホールディングス㈱執行役員兼ヤマトロジスティクス㈱代表取締役社長

2011年4月 ヤマトホールディングス㈱執行役員兼ヤマト運輸㈱代表取締役社長 社長執行役員

2011年6月 ヤマトホールディングス㈱取締役執行役員兼ヤマト運輸㈱代表取締役社長 社長執行役員

2015年4月 ヤマトホールディングス㈱代表取締役社長 社長執行役員

2019年4月 同社取締役会長(現任)

2020年6月 当社社外取締役(現任)

(注)3

-

取締役

常勤監査等委員

林 大 介

1971年1月8日

1993年4月 伊藤忠商事㈱入社

2001年1月 ニューヨーク州弁護士登録

2002年12月 シスコシステムズ㈱入社

2007年7月 ㈱ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント入社(法務担当バイスプレジデント)

2012年10月 ㈱インテリジェンス入社(法務コンプライアンス本部長)

2015年4月 当社執行役員(法務担当)

2019年4月 当社執行役員(ガバナンス・リスクマネジメント・コンプライアンス担当)

2020年4月 当社執行役員 CLO

2021年6月 当社取締役 常勤監査等委員(現任)

(注)4

2,100

取締役

監査等委員

榎 本 知 佐

1961年8月12日

 

1984年4月 ㈱リクルート入社

2005年11月 ㈱フィリップスエレクトロニクスジャパン入社(広報部長)

2012年7月 ヤンセンファーマ㈱入社(コミュニケーション&パブリックアフェアーズ部門長)

2014年1月 東京電力㈱入社 執行役員(ソーシャル・コミュニケーション室 室長)

2018年4月 ㈱日立製作所入社 エグゼクティブ コミュニケーション ストラテジスト

2018年6月 当社社外取締役 監査等委員(現任)

2018年9月 ㈱ジョイフル本田 社外取締役

2019年4月 明治大学 広報戦略本部員(現任)

2021年5月 イオンモール㈱社外取締役(現任)

(注)5

-

 

 

役職名

氏 名

生年月日

略   歴

任期

所有株式数(株)

取締役

監査等委員

友 田 和 彦

1956年4月30日

 

1979年3月 プライスウオーターハウス会計事務所入所

1997年7月 青山監査法人(プライスウオーターハウス会計事務所を改組)代表社員

2006年9月 あらた監査法人(現 PwCあらた有限責任監査法人)代表社員

2012年7月 同法人 製造・流通・サービス部門担当執行役

2013年7月 同法人 リスク・アシュアランス部門担当執行役(兼務)

2020年6月 ㈱博報堂DYホールディングス社外監査役(現任)

2020年6月 ㈱大広社外監査役(現任)

2020年6月 ㈱アイネス社外監査役(現任)

2020年6月 当社社外取締役 監査等委員(現任)

(注)5

-

649,700

  (注)1.取締役 玉越良介、西口尚宏、山内雅喜、榎本知佐及び友田和彦は、社外取締役であります。

2.取締役 林大介、榎本知佐及び友田和彦は、監査等委員であります。

3.監査等委員でない取締役の任期は、2021年6月22日開催の定時株主総会終結の時から、選任後1年以内に終結する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。

4.監査等委員である取締役のうち林大介の任期は、2021年6月22日開催の定時株主総会終結の時から、選任後2年以内に終結する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。

5.監査等委員である取締役のうち、榎本知佐及び友田和彦の任期は、2020年6月24日開催の定時株主総会終結の時から、選任後2年以内に終結する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。

6.当社では、監査等委員である取締役が法令で定める員数の要件を欠くときに備え、2021年6月22日開催の定時株主総会において、補欠の監査等委員である取締役1名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は次のとおりであります。