EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

臨時報告書

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年9月2日

【会社名】

株式会社クリエイトSDホールディングス

【英訳名】

CREATE SD HOLDINGS CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 廣瀨 泰三

【本店の所在の場所】

横浜市青葉区荏田西二丁目3番地2

【電話番号】

045-914-8241(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員財経部長 山崎 哲也

【最寄りの連絡場所】

横浜市青葉区荏田西二丁目3番地2

【電話番号】

045-914-8241(代表)

【事務連絡者氏名】

執行役員財経部長 山崎 哲也

 

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所
 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E21606 31480 株式会社クリエイトSDホールディングス CREATE SD HOLDINGS CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第五号の三様式 1 false false false E21606-000 2021-09-02 xbrli:pure

1【提出理由】

当社は、2021年8月27日の定時株主総会において、決議事項が決議されましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づき、本報告書を提出するものであります。

 

2【報告内容】

(1) 株主総会が開催された年月日

2021年8月27日

 

(2) 決議事項の内容

第1号議案 剰余金処分の件

イ 株主に対する剰余金の配当に関する事項及びその総額

 1株につき金23円  総額1,454,028,122円

ロ 効力発生日

 2021年8月30日

第2号議案 取締役(監査等委員である者を除く。)4名選任の件

取締役(監査等委員である者を除く。)として、山本久雄、廣瀨泰三、中浦茂人及び笠川薫朗を選任する。

第3号議案 監査等委員である取締役3名選任の件

監査等委員である取締役として、馬庭修一、原幸雄及び安保洋子を選任する。

第4号議案 補欠の監査等委員である取締役1名選任の件

原田崇史氏を補欠の監査等委員である取締役として選任する。

 

(3) 決議事項に対する賛成、反対及び棄権の意思の表示に係る議決権の数、当該決議事項が可決されるための要件並びに当該決議の結果

 

決議事項

賛成数
(個)

反対数
(個)

棄権数
(個)

可決要件

決議の結果及び
賛成(反対)割合
(%)

第1号議案
剰余金処分の件

586,665

591

391

(注)1

可決

99.7

第2号議案
取締役(監査等委員である者を除く。)4名選任の件

 

 

 

(注)2

 

 

山本 久雄

539,797

47,455

391

 

可決

91.7

廣瀨 泰三

555,154

32,097

391

 

可決

94.3

中浦 茂人

574,485

12,771

391

 

可決

97.6

笠川 薫朗

574,495

12,761

391

 

可決

97.6

第3号議案
監査等委員である取締役3名選任の件

 

 

 

(注)2

 

 

馬庭 修一

558,549

28,699

391

 

可決

94.9

原 幸雄

574,507

12,744

391

 

可決

97.6

安保 洋子

574,746

12,505

391

 

可決

97.7

第4号議案
補欠の監査等委員である取締役1名選任の件

581,110

6,146

391

(注)2

可決

98.8

 

(注) 1.出席した株主の議決権の過半数の賛成による。

2.議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数の賛成による。

 

(4) 株主総会に出席した株主の議決権の数の一部を加算しなかった理由

本総会前日までの事前行使分及び当日出席の一部の株主のうち賛否に関して確認できたものを合計したことにより、決議事項の可決又は否決が明らかになったため、本総会当日出席の株主のうち、賛成、反対及び棄権の確認ができていない議決権数は加算しておりません。