EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書(2021年5月25日付訂正報告書の添付インラインXBRL)

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成30年5月25日

【事業年度】

第8期(自  平成29年3月1日  至  平成30年2月28日)

【会社名】

インターライフホールディングス株式会社

【英訳名】

INTERLIFE HOLDINGS CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長    及川  民司

【本店の所在の場所】

東京都中央区銀座六丁目13番16号 銀座ウォールビル11階

【電話番号】

03(3547)3227(代表)

【事務連絡者氏名】

広報・IR室長    川島   仁

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区銀座六丁目13番16号 銀座ウォールビル11階

【電話番号】

03(3547)3227(代表)

【事務連絡者氏名】

広報・IR室長    川島   仁

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

 

E24512 14180 インターライフホールディングス株式会社 INTERLIFE HOLDINGS CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2017-03-01 2018-02-28 FY 2018-02-28 2016-03-01 2017-02-28 2017-02-28 2 true S110D14L true false E24512-000 2021-05-25 E24512-000 2013-03-01 2014-02-28 E24512-000 2014-03-01 2015-02-28 E24512-000 2015-03-01 2016-02-29 E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 E24512-000 2014-02-28 E24512-000 2015-02-28 E24512-000 2016-02-29 E24512-000 2017-02-28 E24512-000 2018-02-28 E24512-000 2013-03-01 2014-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2014-03-01 2015-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2015-03-01 2016-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2014-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2015-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:EngineeringFacilitiesConstructionReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:EngineeringFacilitiesConstructionReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:TemporaryEmployeeAgencyTrainingEducationReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:TemporaryEmployeeAgencyTrainingEducationReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:InformationTechnologyReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:InformationTechnologyReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:CleaningAndMaintenanceReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:CleaningAndMaintenanceReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:RealestateBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:RealestateBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:OtherBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:OtherBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:EngineeringFacilitiesConstructionReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:EngineeringFacilitiesConstructionReportableSegmentsMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:TemporaryEmployeeAgencyTrainingEducationReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:TemporaryEmployeeAgencyTrainingEducationReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:InformationTechnologyReportableSegmentsMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:InformationTechnologyReportableSegmentsMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:CleaningAndMaintenanceReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:CleaningAndMaintenanceReportableSegmentsMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:RealestateBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:RealestateBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:OtherBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp030000-asr_E24512-000:OtherBusinessReportableSegmentsMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E24512-000 2017-02-28 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E24512-000 2018-02-28 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-02-29 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2017-03-01 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2016-03-01 2017-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E24512-000 2018-02-28 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

平成30年2月

売上高

(千円)

14,381,857

18,340,874

18,672,329

19,082,556

20,737,818

経常利益

(千円)

269,859

446,426

269,289

222,102

63,598

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

177,609

291,565

259,593

72,453

231,044

包括利益

(千円)

157,656

328,980

259,032

91,371

286,966

純資産額

(千円)

4,131,688

4,400,637

4,429,756

4,447,553

4,028,595

総資産額

(千円)

9,779,562

11,586,114

11,547,226

12,227,899

10,109,103

1株当たり純資産額

(円)

206.48

219.91

227.26

227.91

208.34

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

11.53

14.57

13.19

3.71

11.90

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

42.2

38.0

38.4

36.4

39.9

自己資本利益率

(%)

5.0

6.8

5.9

1.6

5.5

株価収益率

(倍)

17.43

17.84

14.25

88.14

25.21

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

599,062

82,727

325,173

843,603

1,436,858

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,006,221

169,424

925,851

654,309

64,985

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,190,105

681,834

952,266

291,106

1,574,631

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,390,463

2,820,146

3,171,734

3,069,923

2,997,135

従業員数
(外、臨時雇用者数)

(名)

224

(880)

250

296

326

360

(828)

(1,240)

(1,308)

(1,328)

 

(注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.第4期、第5期、第6期および第7期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第8期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

平成30年2月

売上高

(千円)

559,796

560,564

714,738

1,712,855

2,424,675

経常利益

(千円)

137,067

74,308

87,635

717,714

253,137

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

174,065

130,061

215,123

762,896

523,940

資本金

(千円)

2,979,460

2,979,460

2,979,460

2,979,460

2,979,460

発行済株式総数

(千株)

20,010

20,010

20,010

20,010

20,010

純資産額

(千円)

3,800,254

3,903,503

3,885,513

4,586,896

3,869,280

総資産額

(千円)

6,124,595

7,052,694

9,577,597

9,984,369

7,961,774

1株当たり純資産額

(円)

189.91

195.07

199.34

235.05

200.10

1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)

(円)

3.00

4.00

4.00

4.00

4.00

(―)

(―)

(―)

(―)

(―)

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

11.30

6.49

10.93

39.10

27.00

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

62.0

55.3

40.6

45.9

48.6

自己資本利益率

(%)

5.3

3.4

5.5

18.0

12.4

株価収益率

(倍)

17.79

40.06

17.20

8.36

11.11

配当性向

(%)

26.5

61.6

36.6

10.2

14.8

従業員数
(外、臨時雇用者数)

(名)

9

17

18

12

11

(―)

(―)

(1)

(―)

(1)

 

(注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.第4期、第5期、第6期および第7期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第8期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

 

年月

概要

昭和50年2月

ディスプレイ業界への床材工事(インテリア制作業務)の販売を主要事業として、東京都荒川区西日暮里一丁目62番21号に株式会社日商の商号で、資本金200万円をもって設立

12月

本社を東京都荒川区西日暮里六丁目23番5号に移転

昭和52年2月

ディスプレイ業界への販売を主体とした壁紙工事(インテリア制作業務)を開始

昭和54年4月

インテリア制作業務を行う東京営業所開設

5月

本社を東京都荒川区西日暮里五丁目6番1号に移転

昭和55年10月

建設業者登録(都知事登録)

昭和57年2月

不燃下地制作業務を行う建材部門設置

昭和59年1月

本社を東京都荒川区荒川五丁目28番10号に移転

2月

商業施設制作業務を行う制作部門設置

10月

木質及び石質床材制作業務を行う開発部門設置

昭和60年7月

宅地建物取引業者免許(都知事免許)取得

10月

住宅・オフィス制作業務を開始

昭和62年2月

システム床上材制作業務を開始

昭和63年6月

株式会社日商より、株式会社日商インターライフに商号変更

8月

本店を東京都北区東田端二丁目11番1号に移転

10月

東装株式会社(インテリア卸)より営業の全部を譲受

平成元年1月

有限会社エイコー(アルミサッシ加工)より営業の一部を譲受し、アルミフロント制作業務を開始

平成2年8月

日本証券業協会に株式を店頭登録

平成4年2月

ビルリフォーム及び金属サイディング制作業務を開始

3月

一級建築士事務所登録

3月

マンション販売等の不動産業務を開始

9月

飲食店舗等の店舗運営ノウハウを得るため株式会社キャリーコーポレーションを設立

平成5年8月

メンテナンスサプライ業務を開始

平成6年2月

アルミフロント制作業務を廃止

平成7年2月

メンテナンスサプライ業務を廃止

平成8年2月

大阪支店開設

    7月

小売及び飲食店舗運営業務を開始

    9月

携帯電話の販売業務を開始

平成11年7月

トランク24事業、レンタル収納スペースの賃貸を開始

平成12年2月

公募増資を実施

平成13年1月

株式会社キャリーコーポレーションを解散

平成14年1月

第三者割当増資により株式会社ベンチャー・リンクの子会社となる

5月

第28回定時株主総会において決算期を2月20日期から5月20日期に変更

 

 

年月

概要

平成14年9月

福岡営業所開設

12月

特定建設業者登録(国土交通大臣許可)

平成15年4月

株式会社クリエイティブ・リンクより営業の全部を譲受

11月

親会社が、株式会社ベンチャー・リンクより、サミー株式会社へ異動となる

平成16年8月

第31回定時株主総会において決算期を5月20日期から3月20日期に変更

12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成17年4月

親会社が、サミー株式会社より、セガサミーホールディングス株式会社へ異動となる

平成19年12月

筆頭株主が、ピーアークホールディングス株式会社となり、セガサミーホールディングス株式会社は親会社ではなくなり、第2位の主要株主となる

平成21年2月

情報通信事業を新設分割により株式会社エヌ・アイ・エル・テレコムに承継する

平成21年4月

ファシリティーマネジメント株式会社を子会社化

平成22年2月

本店を東京都北区田端新町二丁目4番7号に移転

平成22年4月

ディーナネットワーク株式会社を子会社化

4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場

平成22年10月

株式会社日商インターライフが単独株式移転の方法により当社(インターライフホールディングス株式会社)を設立し、株式会社日商インターライフは当社の完全子会社となる

10月

大阪証券取引所(JASDAQ市場・スタンダード)に当社株式を上場

平成22年12月

株式会社日商インターライフからエヌ・アイ・エル・テレコム株式、ファシリティーマネジメント株式及びディーナネットワーク株式を現物配当として受ける方法により、株式会社エヌ・アイ・エル・テレコム、ファシリティーマネジメント株式会社及びディーナネットワーク株式会社が当社の直接の完全子会社となる

平成23年4月

アーク・フロント株式会社を子会社化

    4月

ファシリティーマネジメント株式会社が株式会社ベストアンサーを子会社化

平成23年11月

臨時株主総会において決算期を3月20日から2月末日に変更

平成25年2月

グループ連結納税を実施

平成25年6月

有限会社マネジメントリサーチおよび株式会社システムエンジニアリングを子会社化

平成25年7月

大阪証券取引所の現物市場の東京証券取引所への統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)へ株式を上場

平成26年2月

公募および第三者割当増資を実施

平成26年5月

本店を東京都中央区銀座六丁目13番16号銀座ウォールビル11階に移転

平成26年6月

株式会社サミーデザインを子会社化(平成28年10月1日にファンライフ・デザイン株式会社に商号変更)

平成27年6月

デライト・コミュニケーションズ株式会社、株式会社ジーエスケーおよびグランドスタッフ株式会社を子会社化

平成27年10月

株式会社アドバンテージを設立

平成27年11月

ディーナネットワーク株式会社が株式会社アヴァンセ・アジルを子会社化

平成28年3月

ファシリティーマネジメント株式会社が玉紘工業株式会社を子会社化

平成29年5月

定款を一部変更し、監査等委員会設置会社に移行

平成29年9月

株式会社ラルゴ・コーポレーションを子会社化

 

(注)  当社は、平成22年10月5日に株式会社日商インターライフにより単独株式移転の方法で設立されたため、当社の沿革については、株式会社日商インターライフの沿革に引き続いて記載しております。

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社および連結子会社15社の計16社で構成されており、あらゆる人々に感動と喜び溢れる快適空間を提供し社会に貢献することを目的とし、店舗、演出設備における企画・設計・施工から店舗の清掃・メンテナンス、店舗スタッフの派遣・教育研修、広告代理、店舗サポート業務にいたるまで、様々なソリューションニーズを解決する「店舗のトータルサービス」を主な事業として展開しております。

当社および当社の関係会社の事業における当社および関係会社の位置付けおよびセグメントとの関係は、次のとおりであります。

(工事事業)

株式会社日商インターライフでは、天井・壁の軽量鉄骨下地工事、不燃ボード貼り工事等、内装の基礎になる工事と、壁材・床材の仕上げ貼り工事やカーテン・ブラインド等、内装の最終工程となるインテリア工事等を提供する専業工事部門と、お得意様の多彩なニーズにお応えするために店舗、商業施設の企画・設計・施工を一括受注し、総合的に業務を提供する商業施設工事部門が事業を展開しております。

株式会社システムエンジニアリングは、コンサートホール、ホテル、大学等の施設の音響・照明設備工事、TV会議・議場システム等の開発を行っております。

ファンライフ・デザイン株式会社は、主にパチンコ・アミューズメント店舗のデザイン・企画設計施工、不動産ソリューションの提供等を一貫体制で行う工事事業を営んでおります。

 

(人材サービス事業)

ディーナネットワーク株式会社は、アミューズメント施設等へ店舗スタッフを派遣する人材派遣事業を営んでおり、その子会社の株式会社アヴァンセ・アジルは、エンジニアリング部門を中心とする人材派遣業、人材紹介業を営んでおります。

デライト・コミュニケーションズ株式会社は、サービスクオリティの店舗診断、教育研修、育成システムの構築および自走のサポートを展開しております。

株式会社ジーエスケーおよびグランドスタッフ株式会社は、国内企業の工場の生産ライン等の請負を主業務に、労働者派遣業を展開しております。

 

(情報通信事業)

株式会社エヌ・アイ・エル・テレコムは、携帯電話・スマートフォン販売を主とする情報通信事業を展開しております。

 

(清掃・メンテナンス事業)

ファシリティーマネジメント株式会社は、アミューズメント施設等の店舗の清掃・メンテナンスを事業としており、その子会社の玉紘工業株式会社は、東京都周辺の公共施設の空調・電気・衛生設備等の施工・修理、設備機器の販売を行っております。

 

(不動産事業)

当社がアミューズメント施設などの不動産賃貸および不動産仲介等の事業を営んでおります。株式会社ラルゴ・コーポレーションは、日本国内で不動産業を営んでおります。

 

(その他)

アーク・フロント株式会社は、アミューズメント施設等の店舗の広告代理事業を営んでおります。株式会社ベストアンサーは、アミューズメント施設などの店舗へ遊技機等の販売および設置等に附帯するサービス業を営んでおります。株式会社アドバンテージは、当社グループの経理、財務、総務、法務業務等を行っております。 

 

また、当社の「その他の関係会社」は、主要株主である筆頭株主ピーアークホールディングス株式会社と第2位の主要株主セガサミーホールディングス株式会社であり、当社グループは、両社企業グループとの連携を図り、企業価値の向上に努めております。ピーアークホールディングス株式会社は、「エンターテインメントパチンコ P ARKを展開、運営する企業グループの経営指導及び管理をする持株会社」として「感動創造カンパニー」を目指しております。

セガサミーホールディングス株式会社は「総合エンタテインメント企業グループの持株会社として、グループの経営管理およびそれに附帯する業務」を主な事業内容とし「世界的な総合エンタテインメント企業」としてプレゼンス確立を目指しております。

当社グループは、エンタテインメント分野の工事受注において、両社企業グループと協力体制を保ち、事業を展開する方針であります。

なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重要事 実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。 

 

事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

(1) 連結子会社

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業の内容

議決権の
所有割合(%)

関係内容

株式会社日商インターライフ

東京都荒川区

100

工事事業

100

役員の兼務

株式会社システムエンジニアリング

東京都台東区

82

工事事業

100

役員の兼務

ファンライフ・デザイン株式会社

東京都豊島区

40

工事事業

100

役員の兼務

ディーナネットワーク株式会社

東京都北区

20

人材サービス事業

100

役員の兼務
営業上の取引

株式会社アヴァンセ・アジル

東京都渋谷区

20

人材サービス事業

100

(100)

役員の兼務

デライト・コミュニケーションズ株式会社

東京都北区

30

人材サービス事業

100

役員の兼務
営業上の取引

株式会社ジーエスケー

東京都北区

30

人材サービス事業

100

役員の兼務

グランドスタッフ株式会社

東京都北区

30

人材サービス事業

100

役員の兼務

株式会社エヌ・アイ・エル・テレコム

東京都中央区

10

情報通信事業

100

役員の兼務

ファシリティーマネジメント株式会社

東京都足立区

55

清掃・メンテナンス事業

100

役員の兼務
営業上の取引

玉紘工業株式会社

東京都足立区

45

清掃・メンテナンス事業

100

(100)

役員の兼務

株式会社ベストアンサー

埼玉県川口市

40

その他

100

(100)

役員の兼務

アーク・フロント株式会社

東京都北区

20

その他

100

役員の兼務
営業上の取引

株式会社アドバンテージ

東京都北区

50

その他

100

役員の兼務
営業上の取引

株式会社ラルゴ・コーポレーション

東京都千代田区

100

不動産事業

100

役員の兼務
営業上の取引

 

(注) 1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.株式会社日商インターライフおよび株式会社システムエンジニアリングについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

 

名称

(株)日商インターライフ

 

(株)システムエンジニアリング

 

 

主要な損益情報等

(1) 売上高

5,436,820千円

 

3,055,457千円

 

 

 

(2) 経常利益

138,855千円

 

205,266千円

 

 

 

(3) 当期純利益

180,038千円

 

126,990千円

 

 

 

(4) 純資産額

1,984,186千円

 

1,177,636千円

 

 

 

(5) 総資産額

2,906,449千円

 

2,356,801千円

 

 

 

4.議決権の所有割合の( )内は間接所有割合で内数であります。

5.株式会社日商インターライフは特定子会社であります。

 

(2) その他の関係会社

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業内容

議決権の
被所有割合(%)

関係内容

ピーアークホールディングス株式会社

東京都中央区

2,388

エンターテインメントパチンコ P ARKを展開、運営する企業グループの経営指導及び管理、それに付帯する業務

33.33

役員の兼務

営業上の取引
エンタテインメント分野の受注を受けております。

 

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業内容

議決権の
被所有割合(%)

関係内容

セガサミーホールディングス株式会社

東京都港区

29,953

総合エンタテインメント企業グループの持株会社として、グループの経営管理及びそれに附帯する業務

20.08

役員の兼務
エンタテインメント分野の受注を受けております。

 

(注) 1.セガサミーホールディングス株式会社は、有価証券報告書提出会社であります。

2.資本金は、平成30年3月31日現在であります。

3.議決権の被所有割合は、平成30年2月28日現在の議決権の被所有割合を記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成30年2月28日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

工事事業

151(    22)

人材サービス事業

54(   920)

情報通信事業

62(    21)

清掃・メンテナンス事業

36(   346)

不動産事業

4(    ―)

その他

42(    18)

全社(共通)

11(     1)

合計

360( 1,328)

 

(注)  従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者は含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間平均雇用人員を(  )内に外数で記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

平成30年2月28日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

11( 1)

42.2

3.0

6,732,373

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

全社(共通)

11( 1)

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者は含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間平均雇用人員を(  )内に外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループには労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【業績等の概要】

(1) 業績

当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善が見られましたが、個人消費の停滞感など景気回復は足踏み状態が続いております。

当社グループ(当社および連結子会社)は、中期経営計画「質で選ばれるインターライフブランドの構築」の最終年度として、次期中期経営計画で飛躍するための体制強化とグループシナジー促進の実現を目指してまいりました。具体的には、平成29年5月に、取締役会の監査・監督機能の強化によるコーポレート・ガバナンスの一層の充実を図るため、監査等委員会設置会社に移行いたしました。また、平成29年9月にM&Aによって株式会社ラルゴ・コーポレーションを子会社化し、不動産事業の拡大による当社グループの収益力向上を図ってまいりました。

このような状況のもと、子会社の株式会社ジーエスケーが担う製造業向け人材派遣・請負事業において、業務量の伸び悩みや受注競争の激化、また人員確保の制約から受注が伸びず、計画を下回る推移となり、同社に係るのれんの回収可能性を慎重に検討し、減損損失を291百万円計上いたしました。これに伴い当社単体決算においても、当社が保有する株式会社ジーエスケー株式の関係会社株式評価損886百万円を特別損失として計上いたしました。また、遊技業界を主要取引先とする子会社のファンライフ・デザイン株式会社においても、同業界における規制強化の影響を受け、予定していた店舗改装工事等の中止や延期が増加したことによる売上高の減少、受注活動に係る販売管理費を始めとする営業コストの低減ができなかったこと、更に需要低下による競争激化などにより、計画を大きく下回ることになりました。一方で、工事事業における主要子会社である株式会社日商インターライフおよび株式会社システムエンジニアリングにおいては、順調に案件を獲得、利益率の改善も期初計画を上回る水準で進み、堅調に推移いたしましたが、全体の業績を補うには至りませんでした。

この結果、当連結会計年度の売上高は、20,737百万円(前年同期比8.7%増)、営業利益114百万円(前年同期比55.4%減)、経常利益63百万円(前年同期比71.4%減)、親会社株主に帰属する当期純損失231百万円(前年同期は72百万円の利益)となりました。

 

セグメント別の業績は次のとおりであります。

 

(工事事業)

主力である工事事業は、株式会社日商インターライフ、株式会社システムエンジニアリング、ファンライフ・デザイン株式会社が展開しております。

株式会社日商インターライフでは、海外有名ブランドショップをはじめとする大型案件の受注や上期に完工した新規大口取引先からの継続受注が進み、売上高は前年同期を上回りました。この結果、売上高は5,390百万円(前年同期比15.6%増)となりました。。

株式会社システムエンジニアリングでは、営業部および保守サービス部の工事事業部門において、予定案件の着実な受注に加え、新規案件などの期内受注が進み売上高は前年同期を上回りました。この結果、売上高は3,055百万円(前年同期比20.9%増)となりました。

ファンライフ・デザイン株式会社では、既述のとおり、計画を大きく下回る結果となり、売上高は1,671百万円(前年同期比26.9%減)となりました。

以上の結果、工事事業の売上高は10,117百万円(前年同期比6.8%増)となりました。

 

(人材サービス事業)

人材サービス事業は、ディーナネットワーク株式会社、株式会社アヴァンセ・アジル、デライト・コミュニケーションズ株式会社、株式会社ジーエスケー、グランドスタッフ株式会社が展開しております。

人材派遣、教育・研修の分野で、既存取引先からの受注増や新規取引先の獲得が進み、堅調に推移したことから、売上高は前年同期を上回りました。一方、製造業向け人材派遣・請負を主業務とする株式会社ジーエスケーにおいては、既述のとおり受注が伸びず計画を下回る推移となりました。

この結果、人材サービス事業の売上高は2,505百万円(前年同期比2.9%増)となりました。

 

(情報通信事業)

情報通信事業は、株式会社エヌ・アイ・エル・テレコムが展開しております。

携帯電話の販売は、平成29年秋に発売されたiPhone8、iPhoneⅩの人気の偏りなどによる在庫不足などの影響により販売台数が伸びず、売上高は前年同期を下回って推移いたしました。

この結果、情報通信事業の売上高は1,933百万円(前年同期比1.7%減)となりました。

 

(清掃・メンテナンス事業)

清掃・メンテナンス事業は、ファシリティーマネジメント株式会社、玉紘工業株式会社が展開しております。

ファシリティーマネジメント株式会社は、清掃管理部門では新規取引先の獲得や短期清掃の受注などが堅調に推移したものの、施設管理部門における施設修繕案件の減少もあり、売上高は前年同期を下回る結果となりました。

玉紘工業株式会社は、施工管理部門、サービス・保守部門共に空調設備の改修工事の受注が堅調に推移したことに加え、ファシリティーマネジメント株式会社との協働プロジェクトによる空調解体清掃等の期内受注を得ることができ、売上高は前年同期を上回ることになりました。

この結果、清掃・メンテナンス事業の売上高は2,328百万円(前年同期比1.4%減)となりました。

 

(不動産事業)

不動産事業は、当社と平成29年9月1日付で子会社化した株式会社ラルゴ・コーポレーションが展開しております。

当社が保有する不動産からの安定した賃貸収入や販売用不動産の売却、不動産の仲介業務などにより、売上高は前年同期を上回りました。

この結果、不動産事業の売上高は1,843百万円(前年同期比118.8%増)となりました。

 

(その他)

その他は、子会社のアーク・フロント株式会社、株式会社ベストアンサー、株式会社アドバンテージが展開しております。

3社とも概ね計画通りの推移となり、売上高は2,009百万円(前年同期比0.5%増)となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度に比べ72百万円減少し、当連結会計年度末には2,997百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果獲得した資金は1,436百万円(前年同期843百万円の獲得)となりました。

これは主に、有形固定資産から売上原価への振替が1,403百万円およびたな卸資産の減少額が187百万円あった一方、法人税等の支払額が104百万円あったことなどによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果獲得した資金は64百万円(前年同期654百万円の使用)となりました。

これは主に、投資有価証券の売却による収入が464百万円あった一方、投資有価証券の取得による支出が374百万円および連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出が15百万円あったことなどによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は1,574百万円(前年同期291百万円の使用)となりました。

これは主に、短期借入金の返済による支出が純額で508百万円あったこと、長期借入金の返済による支出が純額で820百万円あったことおよび社債の償還による支出が105百万円あったことなどによるものであります。

 

 

2 【生産、受注及び販売の状況】

(1) 生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

工事事業

9,718,954

103.3

人材サービス事業

情報通信事業

清掃・メンテナンス事業

不動産事業

その他

合計

9,718,954

103.3

 

(注) 1.金額は販売価格によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 受注実績

当連結会計年度の受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

工事事業

10,591,359

101.4

5,803,007

105.7

人材サービス事業

情報通信事業

清掃・メンテナンス事業

不動産事業

その他

合計

10,591,359

101.4

5,803,007

105.7

 

 

 

(3) 販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

工事事業

10,117,080

106.8

人材サービス事業

2,505,913

102.9

情報通信事業

1,933,634

98.3

清掃・メンテナンス事業

2,328,931

98.6

不動産事業

1,843,058

218.8

その他

2,009,199

100.5

合計

20,737,818

108.7

 

(注) 1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

3 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

中長期的には、企業収益の改善や2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた市場の拡大など、国内景気は緩やかな回復基調が継続すると予想されますが、長期化する人手不足の問題など先行き不透明感は残り、当面は予断を許さない状況が継続すると思われます。

 このような状況のもと、当社グループは、「インターライフレボリューション(IR)」を基本方針とする中期経営計画(平成31年2月期~平成33年2月期)を策定し、①「ステークホルダーの価値の最大化に向けた体制づくり」、②「成長分野の育成、環境の変化に即応する柔軟な組織体制の構築」、③「人材育成・意識改革・働き方(がい)改革の推進」の3つの重点施策を掲げ、前中期経営計画から革新と進化を促し、グループの成長を実現してまいります。また、株式会社ジーエスケーおよびファンライフ・デザイン株式会社の業績回復をグループ全体の最重要課題に据えて取り組んでまいります。その対策として、当社に事業統括部を新設し、セグメントの見直しと事業推進、情報の集約化を行うことで、収益力の改善を目指してまいります。また、成長分野への経営資源配分による事業価値の最大化に取り組んでまいります。

 

4 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成30年5月25日)現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 売上高について

当社グループは、工事事業の売上高比率が高く、個人消費の伸び悩みなどにより、取引先の新規出店、設備投資の増加・減少に伴う影響を受ける可能性があります。また、アミューズメント業界に属する企業への売上高比率が高く、顧客企業の事業環境に急激な変化が生じた場合には、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。

人材サービス事業における人材派遣・請負の分野では、取引先の生産量の増加・減少に伴う影響を受ける可能性があります。

情報通信事業に属する株式会社エヌ・アイ・エル・テレコムは、株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)とその一次代理店との間で3者契約を締結し、NTTドコモが提供する通信サービスの利用契約の取次を行うことにより、NTTドコモからその対価として手数料を一次代理店を通して収受しております。取引条件等は、NTTドコモおよび一次代理店の事業方針により変更されるため、大幅な取引条件等の変更が行われた場合には、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。

(2) 法的規制等について

当社グループは、店舗内装の請負工事を受注する上で建設業法、建築基準法、建築士法、消防法等の建設関連の法的規制を受けております。また、お客様および派遣スタッフの登録等に関して個人情報保護法、店舗へ人材を派遣する上で労働者派遣法を、不動産の売買または仲介において宅地建物取引業法を遵守しております。これらの規制を遵守できなかった場合、営業停止等の制限がなされて、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(3) 施工物件の品質・安全性及び事故について

当社グループは、施工物件・製品等、製造物の品質・安全性に充分な配慮をいたしておりますが、完工物件における瑕疵、瑕疵を原因とする事故が発生した場合、また、工事作業中における労働災害事故等が発生した場合、損害賠償等により経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

(4) 保有資産の価格変動について

投資有価証券等の保有資産の時価が著しく下落した場合には、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、保有不動産の時価や収益性が著しく下落した場合には、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(5) М&Aについて

当社グループは、M&Aによる事業拡大を成長戦略の重要課題としており、今後も多額の資金が必要となる可能性があります。また、M&Aにより子会社化等を実施した後の事業計画の進捗が当初見通しに比べて遅れる場合には、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(6) 大株主との関係について

当社は、ピーアークホールディングス株式会社およびセガサミーホールディングス株式会社の持分法適用の関連会社であります。

  (ピーアークグループとの関係)

主要株主である筆頭株主ピーアークホールディングス株式会社およびその子会社からなるピーアークグループは、パチンコホール、インターネットカフェ等を展開運営しております。

ピーアークホールディングス株式会社は平成30年2月末現在において当社発行済株式総数の33.33%を保有しております。平成30年2月末現在において、当社役員のうち取締役(監査等委員である取締役を除く。)1名がピーアークホールディングス株式会社の役員を兼任しております。また、従業員15名の出向を同社より受け入れております。

ピーアークグループは、当社グループの取引先であり、工事事業、清掃・メンテナンス事業、人材サービス事業および報告セグメントに含まれないその他の区分にある広告代理事業における取引関係があります。

当社グループとピーアークグループは良好で安定した関係を構築しており、ピーアークグループにおける方針、経営姿勢、信用力、取引の経緯から見て、安定的な取引先と考えております。

しかしながら、ピーアークグループの業績の変動、経営方針の変更もしくは取引条件の変更等が生じた場合、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

  (セガサミーグループとの関係)

主要株主である第2位株主セガサミーホールディングス株式会社およびその子会社からなるセガサミーグループはパチンコ・パチスロ機の製造販売、アミューズメント施設の運営等をしております。

セガサミーホールディングス株式会社は平成30年2月末現在において当社発行済株式総数の20.08%を保有しております。平成30年2月末現在において、当社役員のうち取締役(監査等委員である取締役を除く。)2名および監査等委員である取締役1名がセガサミーグループの役職員を兼任しております。

 

5 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

6 【研究開発活動】

該当事項はありません。

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 財政状態の分析

(資産)

当連結会計年度の資産合計は10,109百万円であり、前連結会計年度に比べ2,118百万円減少いたしました。

主な要因は、未成工事支出金が172百万円、建物及び構築物が237百万円、土地が1,186百万円およびのれんが439百万円減少したことなどによるものであります。

(負債)

当連結会計年度の負債合計は6,080百万円であり、前連結会計年度に比べ1,699百万円減少いたしました。

主な要因は、未成工事受入金が230百万円、短期借入金が508百万円、長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)が820百万円および社債が105百万円減少したことなどによるものであります。

(純資産)

当連結会計年度の純資産合計は4,028百万円であり、前連結会計年度に比べ418百万円減少いたしました。

主な要因は、利益剰余金が311百万円およびその他有価証券評価差額金が58百万円減少したことならびに自己株式が51百万円増加したことなどによるものであります。

(2) 経営成績の分析

1業績等の概要(1) 業績をご参照下さい。

(3) キャッシュ・フローの状況の分析

1業績等の概要(2) キャッシュ・フローの状況をご参照下さい。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

該当事項はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループ(当社および連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。

(1) 提出会社

平成30年2月28日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び
運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

本社他

(東京都中央区他)

不動産事業

賃貸不動産

159,918

476,305

(585.56)

636,224

(―)

 

(注) 上記金額には消費税等は含まれておりません。

 

(2) 国内子会社

平成30年2月28日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの
名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置
及び運搬具

土地
(面積㎡)

その他

合計

株式会社日商インターライフ

本社他
(東京都荒川区他)

工事事業

販売設備

120,426

65

65,281

(517.44)

6,560

192,334

72

( 8)

株式会社システムエンジニアリング

本社
(東京都台東区他)

工事事業

統括業務
販売設備

169,635

227,251

(139.19)

8,142

405,029

43

(  7)

ファンライフ・デザイン株式会社

本社他
(東京都豊島区他)

工事事業

統括業務
販売設備

212,720

220,553

(425.68)

152

433,426

36

(  7)

株式会社エヌ・アイ・エル・テレコム

ドコモショップ大泉学園店他
(東京都練馬区他)

情報通信事業

販売店舗
統括業務

37,454

17,314

54,768

62

( 21)

ファシリティーマネジメント株式会社

本社他
(東京都足立区他)

清掃・メンテナンス事業

統括業務
倉庫

36,538

8,629

45,168

28

(344)

 

(注) 1.上記金額には消費税等は含まれておりません。

2.帳簿価額のうち、「その他」は、リース資産および工具、器具及び備品の合計であります。

3.従業員数の(  )は、臨時雇用者数を外数で記載しております。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

80,042,116

80,042,116

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(平成30年2月28日)

提出日現在
発行数(株)
(平成30年5月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

20,010,529

20,010,529

東京証券取引所
JASDAQ
(スタンダード)

単元株式数100株

20,010,529

20,010,529

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4) 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

(5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(千株)

発行済株式
総数残高
(千株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

平成26年2月13日
(注)1

2,112

17,127

195,991

2,695,991

195,991

227,721

平成26年2月13日
(注)2

2,566

19,693

254,073

2,950,064

254,073

481,795

平成26年2月25日
(注)3

316

20,010

29,395

2,979,460

29,395

511,191

 

(注) 1. 一般募集   発行価格198円 発行価額185.58円 資本組入額92.79円

2.第三者割当  割当先 ピーアークホールディングス㈱、セガサミーホールディングス㈱
       発行価格198円 資本組入額99円

3.第三者割当 (オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
       割当先 SMBC日興証券㈱ 発行価格185.58円 資本組入額92.79円

 

(6) 【所有者別状況】

平成30年2月28日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

0

4

24

41

14

6

3,666

3,755

所有株式数
(単元)

0

8,020

2,518

119,782

626

216

68,922

200,084

2,129

所有株式数の割合(%)

0

4.01

1.26

59.87

0.31

0.11

34.45

100.0

 

(注)  自己株式 80株は、「単元未満株式の状況」に含めて記載しております。また、資金管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する674,100株につきましては、金融機関に含まれており、連結財務諸表においては自己株式として処理しております。

 

(7) 【大株主の状況】

平成30年2月28日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

ピーアークホールディングス株式会社

東京都中央区銀座6丁目13番16号

6,670

33.33

セガサミーホールディングス株式会社

東京都港区東新橋1丁目9番2号

4,017

20.08

資産管理サービス信託銀行株式会社 信託E口

東京都中央区晴海1丁目8番12号

674

3.37

株式会社乃村工藝社

東京都港区台場2丁目3番4号

445

2.23

東京建物株式会社

東京都中央区八重洲1丁目9番9号

400

2.00

インターライフホールディングス取引先持株会

東京都中央区銀座6丁目13番16号

368

1.84

及川 民司

埼玉県上尾市

299

1.50

インターライフホールディングス社員持株会

東京都中央区銀座6丁目13番16号

264

1.32

天井 次夫

東京都荒川区

252

1.26

インターライフホールディングス役員持株会

東京都中央区銀座6丁目13番16号

191

0.96

13,583

67.88

 

(注) 1.及川民司氏の所有株式数には、インターライフホールディングス役員持株会における持分を含めております。

2.資金管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する674,100株につきましては、連結財務諸表においては自己株式として処理しております。

 

 

 

(8) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

平成30年2月28日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

完全議決権株式(その他)

普通株式

20,008,400

200,084

単元未満株式

普通株式

2,129

発行済株式総数

20,010,529

総株主の議決権

200,084

 

 

② 【自己株式等】

平成30年2月28日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する所有株式数
の割合(%)

 

 (注)  株式給付信託の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する674,100株につきましては、上記自己株式等に含まれておりませんが、連結財務諸表においては自己株式として処理しております。

 

(9) 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(百万円)

当事業年度における取得自己株式

1

0

当期間における取得自己株式

 

(注)  当期間における取得自己株式には、平成30年5月1日から有価証券報告書提出日までの取引は考慮しておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他
(―)

 

 

 

 

 

保有自己株式数

80

80

 

(注) 1.当期間における保有自己株式数には、平成30年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの取引は考慮しておりません。

2.株式給付信託の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する674,100株につきましては、上記自己株式等に含まれておりませんが、連結財務諸表においては自己株式として処理しております。

 

 

3 【配当政策】

当社グループは、株主の皆様への長期的利益還元を重要な課題のひとつと考え、安定した配当を行うことを基本としており、金額については企業体質の強化および内部留保の充実を併せて検討しております。
 内部留保による資金につきましては、今後の事業発展を推進するための新規事業開発・人材育成および財務体質の改善、その他の資金需要を賄う原資として活用してまいります。

また、当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議により定める旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主の皆様への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

平成30年2月期の配当につきましては、平成30年4月11日開催の臨時取締役会において、1株当たり4円(効力発生日 平成30年5月2日)とする決議をさせていただきました。

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

 

回次

第4期

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成26年2月

平成27年2月

平成28年2月

平成29年2月

平成30年2月

最高(円)

365

329

303

455

359

最低(円)

156

159

181

150

234

 

(注) 最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、それ以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

 

月別

平成29年9月

10月

11月

12月

平成30年1月

2月

最高(円)

280

359

354

332

344

314

最低(円)

250

273

297

298

284

258

 

(注)  最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

 

5 【役員の状況】

男性 11名 女性 0名 (役員のうち女性の比率 0%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役社長

(代表取締役)

及 川 民 司

昭和22年6月27日

昭和41年4月

㈱富士銀行(現㈱みずほ銀行)入行

(注)5

(注)7

299,768

平成2年5月

同行所沢支店長

平成6年1月

同行中野支店長

平成8年11月

同行公務事務センター所長

平成11年6月

ピーアーク㈱(現ピーアークホールディングス㈱)に出向 専務取締役

平成12年3月

㈱富士銀行(現㈱みずほ銀行)退職 ピーアーク㈱(現ピーアークホールディングス㈱)へ転籍

平成25年3月

ピーアークホールディングス㈱専務取締役退任

平成25年4月

平成25年5月

 

 

 

 

 

 

 

平成25年5月

平成25年6月

平成26年7月

当社顧問

㈱日商インターライフ取締役会長(現任)

㈱エヌ・アイ・エル・テレコム取締役会長(現任)

ファシリティーマネジメント㈱取締役会長(現任)

ディーナネットワーク㈱取締役会長(現任)

アーク・フロント㈱取締役会長(現任)

当社代表取締役社長(現任)

㈱システムエンジニアリング取締役

㈱サミーデザイン(現ファンライフ・デザイン㈱)取締役会長(現任)

平成27年2月

㈱ベストアンサー取締役会長(現任)

平成27年5月

㈱システムエンジニアリング取締役会長(現任)

平成27年6月

デライト・コミュニケーションズ㈱取締役会長(現任)

㈱ジーエスケー取締役会長(現任)

グランドスタッフ㈱取締役会長(現任)

平成27年11月

㈱アヴァンセ・アジル取締役会長(現任)

平成28年3月

玉紘工業㈱取締役会長(現任)

平成29年9月

㈱ラルゴ・コーポレーション取締役会長(現任)

専務取締役

香 川 正 司

昭和35年1月12日

昭和58年4月

㈱住友銀行(現㈱三井住友銀行)入行

(注)5

(注)7

4,718

平成9年7月

同行金融商品開発部グループ長

平成11年4月

大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱ 金融商品開発部次長

平成11年9月

エス・ビー・シー・エム会社香港支店 副支店長

平成14年6月

㈱三井住友銀行 投資銀行営業部金融ソリューション室 グループ長

平成15年10月

同行船場法人営業部副部長

平成21年4月

同行金融商品営業部(大阪)部付部長

平成25年4月

同行監査部副部長

平成26年5月

当社に出向 執行役員

平成27年2月

当社入社 執行役員

平成27年5月

当社専務取締役(現任)

平成27年10月

㈱アドバンテージ代表取締役社長

平成29年9月

ラルゴ・コーポレーション㈱代表取締役社長(現任)

平成30年3月

㈱ジーエスケー代表取締役社長
グランドスタッフ㈱代表取締役社長

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

専務取締役

大 畑 正 明

昭和38年3月7日

昭和60年4月

㈱富士銀行(現㈱みずほ銀行)入行

(注)5

 

 

平成15年3月

㈱みずほ銀行プライベートバンキング部次長

平成16年7月

同行桜台支店長

平成19年7月

同行審査第二部審査役

平成23年1月

同行企業審査第一部副部長

平成25年2月

ピーアークホールディングス㈱執行役員

平成25年6月

同社取締役

平成26年6月

同社常務取締役

平成29年3月

当社専務執行役員

㈱日商インターライフ取締役(現任)

ファンライフ・デザイン㈱取締役(現任)

平成30年2月

ピーアークホールディングス㈱常務取締役退任

平成30年3月

㈱アドバンテージ代表取締役社長(現任)

平成30年5月

当社専務取締役(現任)

取締役

営業部

部長

大 前 哲 也

昭和29年3月1日

昭和53年4月

㈱乃村工藝社入社

(注)5

(注)7

378

平成14年2月

同社エリアカンパニー岡山支店支店長

平成16年2月

同社商環境カンパニー中四国支店支店長

平成20年2月

㈱ノムラアクト四国代表取締役

平成21年2月

乃村工藝建築装飾有限公司董事・総経理

平成23年2月

㈱ノムラデュオ取締役第1営業本部長

平成25年2月

同社取締役第2営業本部長

平成29年2月

同社退職

平成29年3月

当社入社 執行役員営業部部長

㈱日商インターライフ取締役(現任)

㈱システムエンジニアリング取締役(現任)

平成29年5月

当社取締役営業部部長(現任)

取締役

庄 司 正 英

昭和26年11月17日

昭和50年4月

㈱三和銀行(現㈱三菱東京UFJ銀行)入行

(注)5

昭和53年9月

㈱辰巳入社

昭和54年5月

同社専務取締役

昭和58年12月

辰巳商事㈱(現ピーアークホールディングス㈱)取締役

昭和59年11月

同社代表取締役社長

平成6年6月

同社代表取締役会長

平成11年3月

同社代表取締役社長

平成11年6月

同社代表取締役会長兼社長

平成13年6月

同社代表取締役社長

平成26年6月

同社代表取締役会長兼社長CEO

平成28年4月

同社代表取締役会長(現任)

平成28年5月

当社取締役(現任)

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

落 合 健 介

昭和27年12月5日

昭和50年4月

㈱三和銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行

(注)5

平成7年4月

同行国立支店長

平成9年6月

同行板橋支店長

平成12年6月

同行審査第一部審査役

平成16年3月

㈱UFJ銀行(現㈱三菱UFJ銀行)退職

東洋不動産㈱東京本社営業企画部長

平成16年5月

同社退職

東洋プロパティ㈱執行役員経営企画室長

平成19年5月

同社上席執行役員経営企画室長

平成22年6月

同社常務執行役員企画部長兼システム開発室長

平成26年6月

東洋ビルメンテナンス㈱取締役

BMS㈱取締役

平成27年6月

プロファウンド・インベストメント・マネジメント㈱取締役

東洋プロパティ㈱取締役

平成28年6月

同社監査役

平成29年6月

同社顧問(現任)

平成30年5月

当社取締役(現任)

取締役

髙 橋 公 一

昭和43年11月23日

平成4年4月

サミー工業㈱(現サミー㈱)入社

(注)5

平成17年4月

同社コーポレート本部総務部長

平成18年6月

セガサミーホールディングス㈱ 管理本部総務部長

平成20年8月

サミー㈱コーポレート本部副本部長

平成23年6月

同社執行役員補佐コーポレート本部副本部長

平成24年4月

同社執行役員コーポレート本部副本部長

平成25年1月

同社執行役員生産統括本部管理部長

平成25年4月

同社執行役員生産統括本部生産政策室長

平成26年4月

セガサミーホールディングス㈱ 執行役員管理本部副本部長

平成26年6月

同社執行役員管理本部長

平成27年4月

㈱セガ・ライブクリエイション取締役

平成27年6月

セガサミーホールディングス㈱執行役員総務本部長

平成27年10月

セガサミービジネスサポート㈱代表取締役社長

平成28年4月

サミー㈱執行役員コーポレート本部長(現任)

平成28年5月

当社取締役(現任)

平成30年4月

セガサミーホールディングス㈱執行役員総務本部付(現任)

取締役

中 尾 和 広

昭和52年1月22日

平成11年4月

サミー㈱入社

(注)5

平成11年5月

同社管理本部経理部経理グループ

平成12年4月

同社管理本部経理部主計グループ

平成14年10月

Sammy Studios,Inc出向

平成17年4月

セガサミーホールディングス㈱出向

平成19年4月

同社秘書室課長

平成20年8月

サミー㈱秘書室秘書グループマネージャー

平成22年12月

同社コーポレート本部人事部人事グループマネージャー

平成24年4月

セガサミーホールディングス㈱IR推進室課長

平成27年4月

同社秘書室次長

平成29年4月

同社秘書室担当部長(現任)

平成30年5月

当社取締役(現任)

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役

(監査等委員)

中  沼  和  平

昭和29年8月7日

平成元年11月

辰巳商事㈱(現ピーアークホールディングス㈱)入社  経理部部長代理

(注)6

(注)7

3,577

平成6年4月

同社経理部副部長

平成12年10月

㈱辰巳  取締役

平成16年6月

アーク・シェアード㈱取締役

平成21年4月

ファシリティーマネジメント㈱監査役(現任)

平成21年6月

㈱日商インターライフ監査役(現任)

平成21年6月

㈱エヌ・アイ・エル・テレコム監査役(現任)

平成22年4月

ディーナネットワーク㈱監査役(現任)

平成22年9月

平成22年10月

平成23年4月

平成25年6月

㈱ベストアンサー監査役(現任)

当社常勤監査役

アーク・フロント㈱監査役(現任)

㈱システムエンジニアリング監査役(現任)

平成26年7月

㈱サミーデザイン(現ファンライフ・デザイン㈱)監査役(現任)

平成26年11月

ピーアークホールディングス㈱監査役

平成27年6月

デライト・コミュニケーションズ㈱監査役(現任)

㈱ジーエスケー監査役(現任)

グランドスタッフ㈱監査役(現任)

平成27年11月

㈱アヴァンセ・アジル監査役(現任)

平成28年3月

玉紘工業㈱監査役(現任)

平成29年5月

当社取締役(監査等委員)(現任)

平成29年9月

㈱ラルゴ・コーポレーション監査役(現任)

取締役

(監査等委員)

北 本 幸 仁

昭和23年1月13日

昭和48年11月

監査法人中央会計事務所入所

(注)6

昭和63年6月

監査法人中央会計事務所社員就任

平成6年9月

中央監査法人代表社員就任

平成19年7月

仰星監査法人理事代表社員就任

平成22年6月

シダックス㈱社外監査役(現任)

平成25年10月

仰星監査法人顧問就任

平成29年3月

仰星監査法人顧問退任

平成29年5月

当社取締役(監査等委員)(現任)

取締役

(監査等委員)

内 藤 信 夫

昭和40年9月15日

平成元年4月

大和証券㈱入社

 

(注)6

平成12年7月

㈱ベンチャースピリッツ・コンサルティング入社

平成16年3月

㈱ラルク入社

平成24年6月

サミー㈱入社

平成24年6月

セガサミーホールディングス㈱に出向 管理部経理担当部長

平成25年5月

平成25年6月

当社監査役

セガサミーホールディングス㈱管理本部経理部長

平成28年6月

同社財務経理本部経理部長

平成29年5月

当社取締役(監査等委員)(現任)

平成29年10月

セガサミーホールディングス㈱監査役室長(現任)

308,441

 

 

 

(注) 1.平成29年5月25日開催の定時株主総会において、定款の変更が議決されたことにより、当社は同日付けをもって監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の庄司正英氏、落合健介氏、髙橋公一氏、中尾和広氏の4氏は社外取締役(監査等委員である取締役を除く。)であります。

3.監査等委員である取締役の中沼和平氏、北本幸仁氏、内藤信夫氏の3氏は、社外取締役であります。

4. 取締役(監査等委員である取締役を除く。)落合健介氏および監査等委員である取締役の北本幸仁氏は、独立社外取締役であります。

5.平成30年5月24日開催の定時株主総会の終結の時から1年間であります。

6.平成29年5月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。

7.代表取締役及川民司氏、専務取締役香川正司氏、取締役大前哲也氏および取締役(監査等委員)中沼和平氏の所有株式数には、インターライフホールディングス役員持株会における持分を含めております。

8.当社は、法令の定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠の監査等委員である取締役1名を選出しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は以下のとおりであります。

氏名

生年月日

略歴

所有株式数

夕 部  一

昭和18年12月25日

昭和37年4月

大阪国税局入局

平成5年7月

税務大学校教育第2部教授

平成7年7月

東京国税局査察部特別国税査察官

平成9年7月

税務大学校東京研修所総括教育官

平成10年7月

税務大学校東京研修所幹事

平成11年7月

東京国税局調査第3部調査第29部門統括国税調査官

平成12年7月

光税務署長

平成13年7月

平塚税務署長

平成14年9月

夕部一税理士事務所所長(現任)

平成20年6月

ピーアークホールディングス㈱監査役(現任)

 

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

当社グループは、コーポレート・ガバナンスを企業行動の最重要課題として位置付けており、取締役の選任、報酬の決定、経営の監視を含む経営全般について、法令を遵守し、また、企業経営の効率性の向上、健全性の確保、透明性の向上に努めてまいります。

グループの内部統制機能の充実を目指し、内部統制システム、リスク管理体制およびコンプライアンス推進体制の見直しと強化を図ってまいります。

なお、当社グループの取組みをまとめたものを「コーポレート・ガバナンス基本方針」として当社ホームページにて開示しております。(http://www.n-interlife.co.jp)

  

①  企業統治の体制

当社は、平成29年5月25日開催の第7期定時株主総会の決議に基づき、監査等委員会設置会社に移行いたしま  した。

イ.企業統治の体制概要

当社の役員の構成は、取締役(監査等委員であるものを除く。)8名(うち社外取締役4名)、監査等委員である取締役3名(うち社外取締役3名)、合計11名(うち社外取締役7名)であり、監査等委員会設置会社制度を採用しております。また、監査等委員は取締役として取締役会に出席し、助言・指摘事項の表明を行い経営の監視を行っております。

毎月1回、定例取締役会を開催し、業績・財政状態などの報告と経営の重要事項を決定しております。また、経営責任の明確化の為に取締役(監査等委員であるものを除く。)の任期は1年にしております。

毎月1回、グループ会社の社長等で構成されるグループ経営会議を開催し、各事業会社の業務執行の状況把握、予算と実績の報告、情報とリスクの共有化、相互チェックを実施するとともに、重要な決裁事項に係る審議等を行っております。

当社グループは、執行役員制度を取り入れ、経営の意思決定機能と業務執行機能を分離し、経営のスピード化と効率化を図っております。

適切な情報開示を行うべく、広報・IR活動を充実させ、情報開示の早期化と充実化を図っており、会社説明会の開催・四半期業績の開示・ホームページの充実に努めております。

 

 

経営組織その他コーポレート・ガバナンス体制の概要図

 


 

 

ロ.当該体制を採用する理由

当社の経営体制は、当社の事業に精通している取締役と独立した立場から職務を遂行できる社外取締役で構成される取締役会設置会社であり、また、独立した監査等委員である取締役で構成される監査等委員会設置会社であります。これらの体制は、適切で効率的な経営監視が機能していると判断するため、採用しております。

ハ.その他の企業統治に関する事項

・内部統制システムの整備の状況

当社の内部統制システムは、取締役会において以下のとおり「内部統制システムの整備に関する基本方針」を決議しております。

1.当社ならびに子会社の取締役等ならびに使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保す

  るための体制

法令等の遵守があらゆる企業活動の前提となることを徹底するため、企業が社会の一員として果たすべき社会的責任の根本方針およびその一部を成すコンプライアンス体制確立の基礎として、グループCSR憲章およびグループ行動規範を制定し、代表取締役社長が繰り返しその精神をグループ会社の役職員に伝える。さらに、当社グループの業務執行が全体として適正かつ健全に行われるために、取締役会は企業統治を一層強化する観点から、実効性ある内部統制システムの構築と会社による全体としての法令・定款遵守の体制の確立に努める。また、監査等委員会はこの内部統制システムの有効性と機能を監査するとともに、定期的に検証をすることで課題の早期発見と是正に努めることとする。

2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

代表取締役社長は、経営企画部を担当する役員を、取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する全社的な統括責任者として任命し、社内規程等に基づき、職務の執行に係る情報を文書または電磁的媒体にて記録し、取締役が適切かつ確実に閲覧可能な検索性の高い状態で保存・管理する。

3.当社ならびに子会社の取締役の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社グループの業務執行に係るリスクに関して、当社グループにおいてそれぞれ予見されるリスクの分析と識別を行い、リスク管理体制を明確化するとともに、内部監査部門が当社およびグループ会社ごとのリスク管理の状況を監査し、その結果を取締役会および監査等委員会に報告する。

4.当社ならびに子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われるための体制として、迅速かつ適正な意思決定を行うため、取締役会規則等に基づく職務権限・意思決定に関する規則により適正かつ効率的に職務の執行が行われる体制を採る。

5.当社ならびに子会社の使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

a.当社グループのCSR活動を統括するグループ管理室に、コンプライアンスに関する統括機能を持たせ、役職員が法令・定款その他の社内規則および社会通念などを遵守した行動をとるための規範や行動基準としてグループCSR憲章およびグループ行動規範を定め、その周知徹底と遵守の推進を図ることとする。

b.当社グループの使用人が、法令・定款違反、社内規則違反あるいは社会通念に違反する行為等が行われていることを知り得た場合に公益通報として通報できる体制、ならびにその責任者が重要な案件について遅滞なく当社の取締役会および監査等委員会に報告する体制を確立する。また、その通報者の保護を図るとともに、透明性を維持した的確な対処の体制として、業務上の報告経路のほか内部監査室および外部専門機関を受付窓口とする通報窓口を整備し、これを周知徹底する。

6.当該会社ならびに親会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

当社は、当社グループの役職員に適用されるグループCSR憲章およびグループ行動規範に則り、当社グループ全体のコンプライアンス体制を確立する。また、リスク管理規程に則り、当社グループ全体のリスク管理体制の整備を図るほか、当社グループに対する内部監査室による監査体制を構築する。なお、当社は、子会社管理に係る規程に基づき、子会社等関係会社の経営の主体性を尊重するとともに、事業内容の定期的な報告を受け、重要案件に関する事前協議等を実施することにより、当社グループ全体の業務の適正を図る。

7.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項

監査等委員会がその職務を補助する使用人を置くことを求めた場合、監査等委員と協議の上、その職務を補助する使用人を配置する。

 

8.前号の使用人の取締役(監査等委員であるものを除く。)からの独立性に関する事項および監査等委員

  会の前号の使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

a.監査等委員会の職務を補助する使用人は、取締役(監査等委員であるものを除く。)の指揮命令・監

  督を受けない。

b.当該使用人の指名・異動等人事権に係る事項の決定については、監査等委員会の同意を必要とする。

9.当社ならびに子会社の取締役および使用人が監査等委員会に報告するための体制、その他の監査等委員

  会への報告に関する体制、および監査等委員会に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な

  取扱いを受けないことを確保するための体制

a.当社グループの取締役および使用人は、職務執行に関して当社グループにおける重大な法令・定款違反もしくは不正行為の事実、または当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事実を知ったときは、遅滞なく当社の監査等委員会に報告しなければならない。

b.当社グループの取締役および使用人は、当社グループにおいて事業・組織に重大な影響を及ぼす決定、内部監査の実施結果を遅滞なく当社の監査等委員会に報告する。

c.当社グループの公益通報制度に関する規程において、当社グループの取締役および使用人が当社監査等委員に対して直接通報を行うことができること、および当該通報をしたこと自体による不利益な取扱いを受けないことを明記する。

10.監査等委員の職務の執行について生じる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

監査等委員がその職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生じる費用の前払いまたは償還等の請求をしたときは、当該監査等委員の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。

11.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

a.代表取締役社長は、各監査等委員と定期的な会合を持ち、業務報告とは別に会社運営に関する意見の交換のほか、意思の疎通を図るものとする。

b.監査等委員は、必要に応じて業務の適正を確保する上で重要な業務執行の会議へ出席できる。

c.監査等委員会は、独自に必要に応じて、弁護士、公認会計士その他の外部のアドバイザーを活用し、監査業務に関する助言を受ける機会を保障されるものとする。

12.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその体制

当社グループは、「グループ CSR 憲章・グループ行動規範」において「反社会的勢力・団体・個人からの不当な要求に対しては、毅然とした姿勢で対応し、利益の供与は行わないだけでなく、一切の関係を排除します。」と定め、基本的な考え方を示すとともに、社内に周知徹底を図る。また、反社会的勢力に対する対応は、グループ管理室が統括し、顧問弁護士、所轄警察署、外部専門機関と連携して組織的に対応する。

13.財務報告の信頼性を確保するための体制

当社グループは、財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法に基づく内部統制報告書の有効かつ適切な提出に向け、「財務報告および財務報告に係る内部統制の基本方針」を制定し、規程および体制を整備するとともに、その整備・運用状況について継続的に評価し、必要に応じて改善を行い、実効性のある内部統制システムを構築する。

 

・業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

当社では、「内部統制システムの整備に関する基本方針」に基づき、当社グループの業務の適正を確保するための体制整備とその適切な運用に努めており、当連結会計年度における運用状況の概要は以下の通りであります。

当社の取締役会は、監査等委員ではない取締役(以下、取締役という)のうち独立社外取締役1名を含む取締役8名と、監査等委員である取締役(以下、監査等委員という)のうち独立社外取締役1名を含む3名の監査等委員が出席した上で開催しております。
 子会社においては、取締役会を毎月開催しており、重要な事項は当社取締役会において審議し、子会社の適正な業務運営および当社による実効性のある管理の実現に努めております。
 内部監査室は、代表取締役社長の承認を得た年度監査計画書に基づき、法令・社内規程等の遵守状況について、当社およびグループ会社を対象とする監査を実施し、その結果および改善状況を代表取締役社長および監査対象部署、その内容に応じて取締役会および監査等委員会に報告しております。

監査等委員会は、監査方針および監査計画に基づき2ヶ月に1回の定時監査等委員会に加え、適宜臨時監査等委員会を開催し、監査等委員間の情報共有に基づいて会社状況を把握するとともに、当社取締役会に出席し取締役の職務執行を監査しております。また、内部監査室・会計監査