EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月24日

【事業年度】

第72期(自  2020年4月1日  至  2021年3月31日)

【会社名】

カルビー株式会社

【英訳名】

Calbee, Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長兼CEO    伊  藤  秀  二

【本店の所在の場所】

東京都千代田区丸の内一丁目8番3号

【電話番号】

03(5220)6222(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役兼CFO  菊  地  耕  一

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区丸の内一丁目8番3号

【電話番号】

03(5220)6222(代表)

【事務連絡者氏名】

専務取締役兼CFO  菊  地  耕  一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

  (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E25303 22290 カルビー株式会社 Calbee, Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E25303-000 2021-06-24 E25303-000 2016-04-01 2017-03-31 E25303-000 2017-04-01 2018-03-31 E25303-000 2018-04-01 2019-03-31 E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 E25303-000 2017-03-31 E25303-000 2018-03-31 E25303-000 2019-03-31 E25303-000 2020-03-31 E25303-000 2021-03-31 E25303-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ProductionAndSaleOfSnacksAndOtherFoodsReportableSegmentsMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E25303-000:ProductionAndSaleOfSnacksAndOtherFoodsReportableSegmentsMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row1Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:ItoShujiMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:EharaMakotoMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:KikuchiKoichiMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:MogiYuzaburoMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:TakaharaTakahisaMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:FukushimaAtsukoMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:MiyauchiYoshihikoMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:SylviaDongMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:DemuraTaizoMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:IshidaTadashiMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp030000-asr_E25303-000:OeNagakoMember E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row2Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row3Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row4Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row5Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row6Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row7Member E25303-000 2021-06-24 jpcrp_cor:Row8Member E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ItoShujiMember E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row3Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row4Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row5Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row6Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row7Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row8Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row9Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row10Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row11Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row12Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row13Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row14Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row15Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row16Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row17Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row18Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row19Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row20Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row21Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row22Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row23Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row24Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row25Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row26Member E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row27Member E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ProductionAndSaleOfSnacksAndOtherFoodsReportableSegmentsMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ProductionAndSaleOfSnacksAndOtherFoodsReportableSegmentsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E25303-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ProductionAndSaleOfSnacksAndOtherFoodsReportableSegmentsMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E25303-000 2020-03-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ReserveFundOfDevelopmentOfProductsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ReserveFundOfDevelopmentOfProductsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ReserveFundOfDevelopmentOfProductsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ReserveFundOfDevelopmentOfProductsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jpcrp030000-asr_E25303-000:ReserveFundOfDevelopmentOfProductsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ReserveForAdvancedDepreciationOfNoncurrentAssetsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:GeneralReserveMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25303-000 2021-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

252,420

251,575

248,655

255,938

266,745

経常利益

(百万円)

28,625

26,179

27,432

27,391

27,522

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

18,605

17,330

19,429

17,539

17,682

包括利益

(百万円)

18,774

16,942

20,066

14,963

19,750

純資産額

(百万円)

135,056

146,667

160,490

169,632

182,740

総資産額

(百万円)

181,945

192,034

202,750

214,967

238,978

1株当たり純資産額

(円)

958.60

1,043.37

1,151.71

1,221.19

1,312.24

1株当たり当期純利益

(円)

139.24

129.72

145.39

131.22

132.30

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

139.08

129.61

145.34

131.21

自己資本比率

(%)

70.4

72.6

75.9

75.9

73.4

自己資本利益率

(%)

14.9

13.0

13.2

11.1

10.4

株価収益率

(倍)

27.3

27.1

20.5

22.3

21.3

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

25,958

9,358

27,620

40,449

30,450

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

13,404

6,258

28,347

13,462

32,069

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

14,711

5,450

6,227

6,278

7,635

現金及び現金同等物

の期末残高

(百万円)

44,627

42,195

35,425

55,742

47,282

従業員数

〔ほか、平均臨時雇用人員〕

(名)

3,860

3,798

3,763

4,053

4,311

3,726

3,856

3,222

3,142

3,414

 

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

  2「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号2018年2月16日)等を第70期の期首から適用しており、第68期から第69期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

    3 当連結会計年度の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(百万円)

191,030

187,126

194,096

197,658

195,850

経常利益

(百万円)

25,645

25,973

25,831

24,433

24,073

当期純利益

(百万円)

16,900

17,751

15,825

16,210

16,640

資本金

(百万円)

12,020

12,033

12,044

12,046

12,046

発行済株式総数

(株)

133,821,800

133,875,800

133,921,800

133,929,800

133,929,800

純資産額

(百万円)

123,894

135,589

145,692

155,185

165,187

総資産額

(百万円)

164,019

175,158

186,460

199,004

211,323

1株当たり純資産額

(円)

926.89

1,014.97

1,090.05

1,160.91

1,236.06

1株当たり配当額

(1株当たり中間配当額)

(円)

42.00

42.00

48.00

50.00

50.00

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益

(円)

126.48

132.86

118.42

121.28

124.51

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

126.34

132.75

118.38

121.27

自己資本比率

(%)

75.5

77.4

78.1

78.0

78.2

自己資本利益率

(%)

14.4

13.7

11.3

10.8

10.4

株価収益率

(倍)

30.0

26.5

25.2

24.1

22.7

配当性向

(%)

33.2

31.6

40.5

41.2

40.2

従業員数

〔ほか、平均臨時雇用人員〕

(名)

1,726

1,737

1,735

1,765

1,841

1,903

1,971

1,991

1,950

1,997

株主総利回り

(比較指標:TOPIX)

(%)

85.8

80.6

69.7

69.4

68.3

(112.3)

(127.4)

(118.1)

(104.1)

(145.0)

最高株価

(円)

4,720

4,690

4,265

3,775

3,560

最低株価

(円)

3,320

3,370

2,941

2,392

2,758

 

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

  2 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

    3「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号2018年2月16日)等を第70期の期首から適用しており、第68期から第69期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

   4 当事業年度の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2 【沿革】

年月

概要

1949年4月

「松尾糧食工業所」を法人に改組し、「松尾糧食工業㈱」を広島県広島市に設立。

1955年5月

「カルビー製菓㈱」に社名変更。

1964年1月

「かっぱえびせん」の発売開始。

1968年4月

宇都宮工場(栃木県宇都宮市)操業開始。

1969年11月

千歳工場(北海道千歳市、現北海道工場)操業開始。

1970年3月

米国カリフォルニア州にCalbee America, Inc.(連結子会社)を設立。

1973年6月

本社を東京都北区に移転。

12月

社名を「カルビー㈱」に変更。

1975年2月

9月

九州地区の生産拠点として、鹿児島工場(鹿児島県鹿児島市)操業開始。
下妻工場(茨城県下妻市)操業開始。「ポテトチップス」の発売開始。

1976年5月

宇都宮第2工場(栃木県宇都宮市)操業開始。

11月

滋賀工場(滋賀県甲賀郡(現湖南市)、現湖南工場)操業開始。

1980年4月

タイ、バンコクにスナック菓子の製造販売業を目的とした合弁会社、Calbee Tanawat Co., Ltd.(連結子会社)を設立。

10月

北海道帯広市にカルビー㈱の原料部門が独立してカルビーポテト㈱(連結子会社)を設立。

1983年7月

各務原工場(岐阜県各務原市)操業開始。

1986年11月

広島西工場(広島県廿日市市)操業開始。

1989年7月

シリアル製造工場となる清原工場(栃木県宇都宮市)操業開始。シリアル全国発売。

1990年4月

栃木県宇都宮市に物流業務を営む子会社、スナックフード・サービス㈱(連結子会社、2018年7月にカルビーロジスティクス㈱に社名変更)を設立。

1991年3月

「フルーツグラノーラ」(現フルグラ)の発売開始。

1994年2月

香港に菓子の製造販売を目的として、四洲貿易との合弁会社Calbee Four Seas Co., Ltd.(連結子会社)を設立。

1995年7月

中国山東省に菓子の製造販売業を営む子会社、青島カルビー食品有限公司を設立。

10月

宇都宮工場と宇都宮第2工場を統合し、新宇都宮工場(栃木県宇都宮市)操業開始。「じゃがりこ」の発売開始。

1996年6月

東京都昭島市にパン及び菓子類の製造販売を目的としてガーデンベーカリー㈱(現関連会社)を設立。

1999年6月

綾部工場(京都府綾部市、現京都工場)操業開始。

2000年4月

東京都北区に菓子の販売業を営む、㈱カルナック(連結子会社)を設立。

2002年10月

中国広東省にCalbee Four Seas Co., Ltd.の出資により、カルビー四洲(汕頭)有限公司(連結子会社、2013年6月にCFSS Co. Ltd.に社名変更)を設立。

2004年7月

栃木県宇都宮市に研究開発拠点となるカルビーR&DDEセンター(現研究開発本部)稼動開始。

2006年2月

広島工場(広島県廿日市市)操業開始。

   8月

中国山東省に水産原料の調達を目的として、烟台カルビー商貿有限公司(連結子会社)を設立。

8月

米国オレゴン州に原材料調達を目的として、R.D.OFFUTT COMPANY との合弁会社、RDO-CALBEE FOODS,LLC(連結子会社、2012年6月にCalbee North America, LLCに社名変更)を設立。

10月

パン及び菓子類の製造販売の強化を目的として、タワーベーカリー㈱(埼玉県越谷市)の発行済株式の80%を取得。

11月

滋賀県湖南市に特例子会社カルビー・イートーク㈱(連結子会社)を設立。

2009年7月

米国の食品飲料製造会社PepsiCo, Inc.と資本提携。スナック事業分野(コーンスナック)を補完するため、ジャパンフリトレー㈱(茨城県古河市、連結子会社)を100%子会社化。

2010年6月

本社を東京都千代田区に移転。

2011年3月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場。

7月

韓国スナック市場への進出を目的として、HAITAI Confectionery & Foods Co., Ltd.との合弁会社、Haitai-Calbee Co., Ltd.(韓国  江原道原州市、連結子会社)を設立。

2012年7月

Calbee America, Inc.の食品製造販売事業のうちスナック菓子の製造販売のすべてをCalbee North America, LLCに分割。

2013年7月

インドネシアスナック市場への進出を目的として、PT. Mitrajaya Ekapranaと伊藤忠商事㈱との合弁会社、PT. Calbee-Wings Food(インドネシア  ジャカルタ、連結子会社)を設立。

2014年3月

英国スナック市場への進出を目的として、Calbee(UK)Ltd(英国  ウェスト・ヨークシャー、連結子会社、2020年1月にCalbee Group (UK) Ltdに社名変更)を設立。

4月

フィリピンスナック市場への進出を目的として、Universal Robina Corporationとの合弁会社Calbee-URC, Inc.(フィリピン  パシグ市)を設立。

2015年4月

Moh Seng Markething Pte. Ltd.(シンガポール、連結子会社、Calbee Moh Seng Pte. Ltd.に社名変更)の株式の51%を取得。

10月

中国越境Eコマース市場への進出を目的として、UNQ International(HK)Ltdとの合弁会社 Calbee E-commerce Limited(香港、連結子会社)を設立。

 

 

 

年月

概要

2016年8月

販促物の製作および販売事業を会社分割(簡易新設分割)し、東京都千代田区にカルネコ㈱を設立。

   8月

台湾カルビー股份有限公司(台湾 台北市)を設立。

9月

オーストラリアスナック市場への進出を目的として、Calbee Australia Pty Limited(オーストラリア メルボルン、連結子会社)を設立。

10月

広島県広島市に、新製品開発拠点「Calbee Future Labo(カルビー フューチャー ラボ)」を開設。

2017年1月

Calbee America, Inc.が、Calbee North America, LLCについて、合弁会社の持分を追加取得し完全子会社化。

   9月

マレーシアスナック市場への進出を目的として、Calbee URC Malaysia Sdn. Bhd.(マレーシア ジョホール州、関連会社)を設立。

2018年2月

中国国内Eコマース市場への進出を目的として、カルビー(杭州)食品有限公司(中国 浙江省、連結子会社)を設立。

      4月

ガーデンベーカリー㈱の株式66.6%を昭和産業㈱に譲渡し関連会社化。

      9月

カルネコ㈱の全株式をAZ-Star㈱に譲渡。

      9月

Calbee-URC, Inc.の全株式をUniversal Robina Corporationに譲渡。

      10月

Calbee(UK)Ltdは、英国の製菓会社Seabrook Crisps Limited(英国 ウェスト・ヨークシャー)の事業買収を目的とし、Pacific Shelf 1809 Limited(英国 ウェスト・ヨークシャー)の全株式を取得。

2019年10月

Calbee America, Inc.が、米国の製菓会社Warnock Food Products, Inc.(米国 カリフォルニア州、連結子会社)の株式の80%を取得。

2020年1月

カルビー(中国)管理有限公司(中国 上海市、連結子会社)を設立。

   1月

Calbee(UK)Ltdは、Seabrook Crisps Limitedを含む同社の連結子会社Pacific Shelf 1809 Limited以下4社を吸収合併し、Calbee Group (UK) Ltdに社名変更。

   4月

甘しょ事業参入のため、株式会社ポテトかいつか(茨城県かすみがうら市、連結子会社)の全株式を取得。

甘しょの育苗等を営む株式会社かいつかファーム(茨城県かすみがうら市、連結子会社)を子会社化。

 

 

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社24社(国内9社、海外15社)及び関連会社4社で構成され、ポテト系、小麦系、コーン系等のスナック菓子及びシリアル食品の製造販売等を行っております。また、当社は米国の食品飲料メーカーPepsiCo,Inc.の持分法適用関連会社であります。

創立以来、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献するという企業理念のもと、製品・サービスを提供しております。

 

当社グループの事業に係わる主要各社の位置づけは、次のとおりであります。

 

(食品製造販売事業)

・スナック菓子

国内では、当社及びジャパンフリトレー㈱他1社が製造販売しております。一部の製品についてはカルビーポテト㈱及びカルビー・イートーク㈱が製造を行っております。土産用商品等については㈱カルナックを通じて販売しております。カルビーポテト㈱は原材料の調達を行っております。

海外では、Calbee North America, LLC(米国)、Calbee Group (UK) Ltd(英国)、PT. Calbee-Wings Food(インドネシア)他6社が製造販売を行っております。また、カルビー(杭州)食品有限公司(中国)、Calbee E-commerce Limited(香港)他2社が販売を行っております。加えて、原材料調達及び一次加工品の製造を目的として、烟台カルビー商貿有限公司(中国)、Calbee North America, LLC(米国)があります。

 

・シリアル食品

シリアル食品の製造販売は当社が行っております。また、カルビー(杭州)食品有限公司(中国)、Calbee E-commerce Limited(香港)他1社が販売を行っております。

 

・その他食品

カルビーポテト㈱は馬鈴しょの調達および販売を行っております。また、㈱ポテトかいつかは甘しょの調達および販売を行っております。

 

(その他事業)

物流事業はカルビーロジスティクス㈱が行っております。

 

 

事業の系統図は、次のとおりであります。


 

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
又は
出資金
(百万円)

主要な事業の内容

議決権の
所有
〔被所有〕
割合
(%)

関係内容

資金の
貸付
(百万円)

事業上の関係

(連結子会社)

カルビーポテト㈱(注4)

北海道
帯広市

100

食品製造販売事業

100.0

当社の原材料の調達

役員の兼任 1名

カルビーロジスティクス㈱

(注4)

栃木県
宇都宮市

20

その他

100.0

物流業務の委託

役員の兼任 1名

カルビー・イートーク㈱

滋賀県
湖南市

100

食品製造販売事業

100.0

67

当社の外注先

ジャパンフリトレー㈱

茨城県
古河市

490

食品製造販売事業

100.0

役員の兼任 2名

㈱ポテトかいつか

茨城県

かすみがうら市

100

食品製造販売事業

100.0

600

Calbee North America, LLC

(注4)

米国
オレゴン州

百万US$
18

食品製造販売事業

100.0

(100.0)

5,019

当社の原材料の調達

役員の兼任 3名

Warnock Food Products, Inc

米国

カリフォルニア州

千US$

100

食品製造販売事業

80.0

(80.0)

135

役員の兼任 2名

烟台カルビー商貿有限公司

中国
山東省

百万元
7

食品製造販売事業

100.0

役員の兼任 1名

CFSS Co. Ltd.

中国
広東省

百万元
21

食品製造販売事業

100.0

(100.0)

役員の兼任 1名

カルビー(杭州)食品有限公司

中国

浙江省

百万元

8

食品販売事業

100.0

(100.0)

役員の兼任 1名

Calbee Four Seas Co., Ltd.

(注3)

香港

百万HK$
52

食品製造販売事業

50.0

役員の兼任 1名

Calbee E-commerce Limited

香港

千HK$
1,200

食品販売事業

51.0

役員の兼任 1名

Calbee Group (UK) Ltd
(注4)

英国

ウェスト・ヨークシャー

百万GBP
45

食品製造販売事業

100.0

4,247

役員の兼任 2名

PT. Calbee-Wings Food
(注3,注4)

インドネシア
ジャカルタ

百万IDR
635,518

食品製造販売事業

50.0

(50.0)

役員の兼任 2名

Haitai-Calbee Co., Ltd.
(注3,注4)

韓国 江原道

原州市

百万ウォン

24,100

食品製造販売事業

50.0

役員の兼任 1名

Calbee Tanawat Co., Ltd.

タイ
バンコク

百万BAHT
123

食品製造販売事業

68.0

役員の兼任 1名

その他8社

(持分法適用会社)

2社

 

 

 

 

 

 

 

(その他の関係会社)

PepsiCo,Inc. (注5)

米国
ニューヨーク州

百万US$

23

食品飲料の製造販売

〔20.0〕

(20.0)

資本提携先

FRITO-LAY GLOBAL INVESTMENTS B.V.

(注6)

オランダ

ユトレヒト州

千EUR
18

有価証券の取得及び保有

〔20.0〕

資本提携先

 

(注)1  連結子会社の「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2  「議決権の所有〔被所有〕割合」欄の(内書)は間接所有であります。

3  持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としております。

4  特定子会社であります。

5  PepsiCo,Inc.は米国NASDAQにおいて株式を上場しております。

6  非上場会社であり、継続開示会社ではありません。また、PepsiCo,Inc.の100%子会社であります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2021年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

食品製造販売事業

3,754

3,222

その他

82

61

全社(共通)

475

131

合        計

4,311

3,414

 

(注)1  従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員数であります。

2  従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員(嘱託およびパートタイマー)の年間平均雇用人員であります。

3  全社(共通)は、管理部門の従業員であります。

 

(2) 提出会社の状況

2021年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,841

39.5

14.9

7,533

1,997

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

食品製造販売事業

1,366

1,866

全社(共通)

475

131

合        計

1,841

1,997

 

(注)1  従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。

2  従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員(嘱託およびパートタイマー)の年間平均雇用人員であります。

3  全社(共通)は、管理部門の従業員であります。

4  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

     

 

(3) 労働組合の状況

当社グループには、1968年に結成された労働組合があり、UAゼンセンに加盟しております。2021年3月31日現在の組合員数は2,902名であります。

労使関係について、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1)経営の基本方針

カルビーグループは「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」を企業理念としております。当社グループはすべてのステークホルダーの健やかなくらしに貢献することを目指し、自然素材の持つ栄養やおいしさを最大限に活かしたユニークで価値ある製品をお客様に提供することを通じて企業価値の向上を図ってまいります。

企業理念、グループビジョン、及びコーポレートメッセージを基礎として、当社グループは2030年に向けた「長期ビジョン(2030ビジョン)」を定めています。多様化する顧客ニーズを掘り起こし、新たな価値を提供し続けるとともに、海外事業の成長を加速させ、新たな食領域への事業拡張に挑戦します。2030年には海外売上高比率40%超、新規食領域売上比率20%超を目指します。また、社会との共創により社会的課題を解決し、持続可能な社会の実現に取り組みます。

 


 


 

 

(2)当社グループを取り巻く中長期的な事業環境

当社グループの国内事業における環境変化としては、少子高齢化や単身世帯の拡大とともに、個食化、簡便な食の拡大などが挙げられます。また消費者においては、安全・安心への要請や健康志向の高まりに加え、生活スタイルの変化によって食に対する価値観の多様化が進んでいます。グローバルにおいては、資源獲得の競争激化や地球環境の変化による農地減少の一方で、新興国での中間所得層の拡大等によって食料需要の増大が想定されています。さらには、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が社会のあり方や経済活動に大きな影響を与え、消費者の食への志向や購買行動に変化をもたらしています。当社グループにとっては、このような事業環境の変化への対応を通じた社会価値と経済価値の創出が重要課題であると同時に、持続的な成長の機会でもあると考えています。

 

(3)長期ビジョン (2030ビジョン)

  このような事業環境の変化の中で当社グループを持続的に成長させるため、2030年に目指す姿として2030ビジョン

 「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」を策定しました。多様化する顧客のニーズを掘り

 起こして新たな価値を提供し続けるとともに、海外事業の成長を加速させ、新たな食領域への事業拡張に挑戦しま

 す。また、社会との共創を進めて社会的課題を解決し、持続可能な地球環境の実現に取り組みます。海外市場と新た

 な食領域を成長の軸として確立し、2030年に海外売上高比率40%超、新規食領域売上高比率20%超の達成を目指しま 

 す。

 

 

(4)中期経営計画と対処すべき重点課題

  長期ビジョンを達成するためのステップとして 、5カ年の中期経営計画を策定し、注力すべき6つの重点課題を

 定めました。中期経営計画の基本方針を「次世代へ続く成長への変革と挑戦」とし、事業環境の変化に対応した基盤

 作りを通して、変革と挑戦による持続的成長を実現します。定量目標として連結売上高、連結営業利益、ROE、国内

 営業利益率、海外売上高を定めており、投資家が当社グループの経営方針・経営戦略等の進捗状況の評価を行うた

 めに有用な指標と考えております。

項目

2024年3月期

連結売上高

3,100億円

連結営業利益

400億円

ROE

12%

国内営業利益率

15%

海外売上高

800億円

 

 

中期経営計画の6つの重点課題は次のとおりです。

[中期経営計画重点課題]

①国内既存事業:新たな価値の創出と高収益の実現

 多様なニーズを捉えた新たな価値を創出し、新たなお客様へ提供をしていきます。また、需要の変化への柔軟な対応や人の働きやすさの実現に向けて、次世代型事業基盤の構築を進め、さらなる収益性の向上を目指します。

  ・スナック事業の革新

    新しい価値提案商品の展開と顧客接点の拡充、お菓子に留まらない軽食としての提案

 ・シリアル事業の拡大

  機能性を付加した新たな商品ブランドの確立と既存ブランドの強化、顧客ニーズに対応した喫食機会の拡大

 ・事業基盤の強化

  サプライチェーンマネジメント連携の強化、デジタルトランスフォーメーション推進による生産性向上、

    流通取引先との戦略的パートナーシップの推進

 

②海外事業:重点4地域での収益基盤確立

 市場規模、市場成長性からポテンシャルの高い地域を重点4地域(北米・中華圏・英国・インドネシア)と定め、当社独自の素材加工技術を用いた高品質を強みとして、各国でカルビーブランドの浸透を図ります。また、市場特性に合わせたマーケティング戦略、サプライチェーンマネジメントの進化によって事業拡大を進めます。

 

③新規事業:新たな食領域での事業確立

 今後、国内市場の成長余地が限られる中、既存のスナックフード、シリアル以外の新たな食領域に挑戦します。

 ・馬鈴しょ事業で培った技術を活用し、新たな収益獲得モデルを構築

 ・馬鈴しょ、甘しょ等の素材起点での新事業の確立、新たな素材加工技術の確立

 ・未来顧客の期待に応える新たな食領域への挑戦

 

④経営基盤:グローバル経営と持続的成長を支える基盤への変革

 既存事業の変革の実行、ならびに海外事業と新規事業の拡大と加速化に向けて、人財育成、研究開発機能の強化に取り組みます。

 ・グローバル対応力強化へ向けた人財育成と仕組み構築 

 ・持続的成長を支える研究開発機能の強化

 

 

⑤社会共創:持続可能社会の実現

 持続可能な開発目標(SDGs)に沿った社会の実現と事業成長の両立に向け、サプライチェーン・取引先、地球環境、地域・コミュニティに対して、様々な取組みを実行します。

 ・生産者とのパートナーシップの更なる強化

 ・サプライチェーンにおける持続可能性の向上

 ・「健やかな」くらしのために顧客との継続的関係の深化・進化

 ・食、健康、環境への貢献を軸とした社会貢献活動の推進

 

⑥ペプシコとの連携強化:国内、海外でペプシコとの連携強化

両社のもつ事業基盤や資源を活用し、国内ではフリトレーブランドの販売強化、海外ではカルビーブランドをペプシコの販売網で展開することを模索します。さらには、持続可能な社会への取組みに向けた情報共有と技術連携を図ります。

 

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの戦略・事業その他を遂行する上でのリスクについて、経営者が投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると認識している主な事項を以下に記載しています。また、以下に記載したリスクは当社グループの全てのリスクを網羅したものではなく、これ以外のリスクも存在し、投資家の判断に影響を及ぼす可能性があります。なお、以下の記載内容及び将来に関する事項は当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

当社グループでは、「内部統制システムの整備に関する基本方針」を踏まえ、コンプライアンス・リスク管理体制を構築しており、コンプライアンス・リスク対策会議が対応策を検討・決定し、その進捗について管理します。さらにリスク発生の可能性が高まった場合、あるいはリスクが具現化した場合には、必要に応じて緊急事態対策本部を設置し、リスクの低減を図っていきます。しかしながら、リスクが顕在化した場合には、当社グループの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(1)  製品開発

当社グループは、自然素材のもつ栄養や美味しさを最大限活かし、ユニークで価値ある製品を提供するための研究開発活動を行っております。一方で、お客様の嗜好の多様性や健康志向の高まり、国内の少子高齢化等、当社グループを取り巻く環境は大きく変化しております。このような市場の変化に迅速に対応し、付加価値の高い製品や健康を意識した製品を開発することが、今後の当社グループの事業拡大にとって重要な課題となっています。このため当社グループでは、新製品開発、現行製品の改良、コストダウン、基礎研究の分野で研究開発活動を毎期計画的に実施しております。

しかしながら、お客様や取引先のニーズに適切に対応できず、適時に製品開発ができなかった場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)  原材料や資材の調達リスク

 ①  馬鈴しょの調達リスク(天候不順と馬鈴しょ生産農家の減少)

当社グループの主な製品は馬鈴しょを主たる原料としたポテトチップス、「じゃがりこ」等ポテト系スナックとなります。国産馬鈴しょの品質、数量、価格における安定した調達を実現するために、契約栽培による調達体制の構築と、産地の分散化を図っています。また、国内の馬鈴しょ生産者の減少を見据え、栽培・収穫のサポートや省人化支援等も行っています。日本においては植物防疫法により馬鈴しょは原則輸入が認められておりませんが、国産馬鈴しょが不足する事態に備え、輸入馬鈴しょを取り扱うことのできる工場設備を整備しています。

しかしながら、作況等によっては、馬鈴しょの量の確保ができず、販売機会を失う恐れや、緊急調達によるコスト増加等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

    ②  馬鈴しょの調達リスク(ジャガイモシストセンチュウの拡大)

ジャガイモシストセンチュウは、土中に生息するセンチュウの一種で、植物防疫法の重要病害虫に指定されており、その発生圃場では種馬鈴しょの生産が行うことができません。そのため、ジャガイモシストセンチュウの拡大防止対策として、馬鈴しょの抵抗性品種への転換を進める必要があります。当社グループでは、馬鈴しょ品種構成改革プロジェクトを設立し、お客様の満足する製品品質を実現しながら、馬鈴しょ品種構成を改革し、センチュウ抵抗性品種の比率を2025年に50%、2030年には100%にすることを目指しています。

しかしながら、収穫期、アクリルアミド、カラー等の品質条件を満たす新品種の開発が進まないリスク、あるいは新品種の産地全体への普及が進まないリスク、またジャガイモシストセンチュウが想定以上の速度で拡大するリスクがあります。これらのリスクが顕在化し、センチュウ抵抗性品種への転換が遅れた場合には、種馬鈴しょが調達できず、馬鈴しょの収量の減少や、馬鈴しょ加工製品の品質の低下により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

  ③  その他の原材料や資材の調達リスク

当社グループ商品に使用される海外からの輸入原料については、天災やパンデミック等による調達が滞るリスクを伴うことから、調達先の複数化・分散化や適正在庫の強化等により、調達の安定化を図っています。しかしながら、想定を超える需給動向、原油価格の変動、政治的紛争の発生など、有事が長期化した場合には、原材料・資材価格の高騰や、輸入先・輸入ルートの変更等による調達価格の上昇が、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)  製品の安全性に関するリスク

安全で安心な製品を提供することは、当社グループにとって最も重要な社会責任であり、お客様との信頼関係を築くためにも不断の努力を続けてまいります。万一、不測の事態により、お客様の健康を脅かす可能性が生じた場合は、お客様の安全を最優先に考え、迅速に対応いたします。

当社グループでは、製品のリスクを回避するための規格設計の審査と、原材料調達プロセス及び製品の生産プロセスの監査を行っています。また、規格どおりの製品が実現できているかどうか製品の品質検査を行う、という形で品質保証体制を築いています。また、原材料の調達、生産、物流、製品流通、店頭、お客様までのサプライチェーン全体でトレーサビリティを実現しています。さらに、お客様の声に耳を傾け、お客様からのご指摘削減に向けて内容を分析し、サプライチェーン全体での改善を図っています。しかしながら万一、品質に問題が生じて、製品の安全性に疑義が持たれた場合には、製品の回収や販売の中止を余儀なくされ、お客様からの信頼を失う可能性や、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

また、2002年4月にスウェーデン政府より、アスパラギンと果糖・ブドウ糖などの還元糖を多く含む食品を焼く又は揚げることにより発がん性物質(アクリルアミド)が生成される旨の調査結果が発表されました。一方で、厚生労働省は平均的な摂取量であれば人に対する影響は想定されないとしております。当社グループでは、アクリルアミドの基礎的研究や製品開発及び製造プロセスにおいて、アクリルアミドの含有率を低減する努力を継続的に行い、お客様の不安解消に努めてまいります。

しかしながら、アクリルアミドに対する懸念が社会的に増大し、食品業界全体に影響を及ぼす問題に発展し、風評被害などが発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)  国内の製品供給が滞るリスク

近年、国内の物流環境は、少子高齢化による労働人口減少に加え、電子商取引の拡大による宅配便の増加の影響や物流業界特有の長時間労働もあり、輸配送車両の不足が懸念されます。当社グループは、輸配送車両の安定的確保のため、待機時間の減少、配送頻度の減少、納品先の集約やパレット輸送の促進など、労働環境を改善する様々な手段を取り、さらに鉄道輸送の利用など、輸送の多様化を含む様々な対策を講じてきました。

しかしながら、将来において、適切な費用で輸配送車両を確保できるという保証はなく、製品供給が滞る、あるいは輸配送費等が上昇する場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)  外国為替が変動するリスク

当社グループの原材料調達及び製品の販売等には、外貨建て取引が含まれます。その取引の一部は、価格変動リスクに対するヘッジを目的として為替予約を行っています。しかしながら、予想の範囲を超える急激な市況変動や為替変動があった場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

また、海外の子会社及び持分法適用会社の経営成績は外貨ベースで作成されており、連結財務諸表作成のために円換算しています。このため、円換算時の為替レートにより円換算後の価値が変動することから、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)  海外進出先国の政治的・経済的状況が変化するリスク

当社グループは様々な国・地域で事業を展開しています。進出した国・地域において、法令や規制の変化、テロ・紛争・その他の要因による政治・経済・社会的混乱、文化や慣習の違いに起因するトラブルの発生等が起こる可能性があります。こうしたカントリーリスクの顕在化等が、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)  大株主との関係

当連結会計年度末時点において、PepsiCo, Inc.(以下、「PepsiCo」という)はその100%子会社FRITO-LAY GLOBAL INVESTMENTS B.V.(以下、「FLGI」という)を通じて当社株式の20.01%を保有しており、当社はPepsiCoの持分法適用関連会社であります。当社株式を直接保有するFLGIはPepsiCoの100%子会社であるため、当社普通株式の議決権等に関する実質的な判断については、PepsiCo が行っております。なお、PepsiCoは、世界最大規模の食品飲料メーカーの1つであり、米国NASDAQに株式を上場しております。

また当社と同業であるスナック菓子事業については、同社の子会社であるFrito-Lay North America, Inc.を中心としたグループ各社でグローバル展開をしております。

当社とPepsiCoは、両社の経営能力を組み合わせシナジー効果を発揮することが、両社の継続的な成長に必要との判断から、2009年6月24日に戦略的提携契約(以下「本契約」という)を締結しました。PepsiCoとのパートナーシップを強固なものとするため、PepsiCoの100%子会社であるFLGIに対して第三者割当増資を実施し、あわせてPepsiCoの子会社ジャパンフリトレー㈱の株式を2009年7月に100%を取得いたしました。

なお、本契約において、PepsiCoは日本国内においてスナック菓子事業を営まない旨の合意がなされていることから当社と競合関係にはなりえず、また海外での事業展開については何ら制約を受けていないことから、当社の経営判断や事業展開の制約にならないものと認識しております。

当社は、PepsiCoとの戦略的提携関係を維持し、企業価値の向上に努める所存でありますが、将来においてPepsiCoの経営方針や事業戦略の変更が生じた場合、当社は提携によるシナジー効果を発揮できない可能性があります。また、何らかの要因により本契約が解消された場合には、日本国内においてPepsiCoグループと競合関係が生じる可能性があります。また、将来において、PepsiCoもしくは当社の経営方針や事業戦略の変更が生じた場合あるいは経営環境の変化等により、PepsiCoの当社に対する持ち株比率が変更される可能性があります。

 

(8)  人材確保に関するリスク

当社グループの持続的な事業成長には、変革と挑戦に向けて自立的実行力を有する人材が重要であるとして、当社グループ経営を推進する人材の確保・育成に向けて、多様な働き方ができる仕組みの導入や、DXを推進できる人材の育成などに取り組んでいます。また、新たな価値創造を実現するためにも多様な価値観や専門性を活かし、全員活躍が実現できる組織を目指しています。

しかしながら、雇用情勢の変化や国内の少子高齢化による労働人口の減少、あるいは人材育成の遅れ等により、当社グループ経営を推進する人材や事業活動に必要な人材を十分に確保・育成できない場合は、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9)  情報システムに関するリスク

当社グループは、多くの業務を情報システム及び通信回線に依拠しており、情報システム及び通信回線の保全に努めています。情報システムの運用におけるセキュリティ上の問題が発生した場合には、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)を中心としたインシデント対応体制を整えています。また、機密情報の紛失、誤用、改ざん等を防止するため、システムを含め情報管理に対して適切なセキュリティ対策を実施しています。

しかしながら、停電、災害、ソフトウェアや機器の欠陥、コンピューターウイルスの感染、不正アクセスによる情報の消失、データの改ざん、個人情報や会社の機密情報の漏洩等が生じた場合、情報システムの停止または一時的な混乱等により、当社グループの経営成績及び財政状態、並びに社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。

 

(10)  コンプライアンスに関するリスク

当社グループは、国内では食品衛生法、景品表示法、計量法、不正競争防止法、植物防疫及び消費者安全法 等、様々な法的規制の適用を受けています。また、事業を展開する各国においては、当該国の法的規制の適用を受けております。当社グループはカルビーの企業理念を踏まえ、社会の価値観、倫理、法令、社会に対する責任に基づく行動原理としてカルビーグループ行動規範を、また、具体的に取り組んでいく行動としてカルビーグループ行動指針を定め、国内または事業を展開する各国において、社内研修制度や啓発活動を通じて、倫理・社会規範、法令及び社内諸規則等を遵守するようコンプライアンスを推進し、法令違反や社会規範に反した行為等の発生可能性を低減するよう努めています。
 しかしながら、法令等が変更される、又は予期し得ない法律、規制等が新たに導入される等の理由による法令違反や社会規範に反した行動等により、法令による処罰や許認可の取り消し、訴訟の提起や、お客様をはじめとしたステークホルダーからの信頼を失うことにより、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(11)  地震、台風、大雨等の天災やパンデミックのリスク

当社グループでは、地震や台風、大雨等の天災のリスク軽減を図るため、生産拠点や原材料等調達業者の分散化を進めてきました。また、災害等が各生産拠点や原材料等調達業者において発生した場合には、BCP(事業継続計画書)等に基づき、優先して生産すべき製品を決定し早期の供給体制の再開に努める方針です。しかしながら、サプライチェーンの寸断が長期化し、取引先に対して製品を供給できない場合、施設等の改修に長期の時間や多額の費用が発生した場合、消費マインドが落ち込んだ場合等には、当社グループの営業成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

特に、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的な大流行)については、国内での人流の抑制によ  る観光事業の落ち込みやインバウンドの減少に伴い、大きな影響を受けており、現在進行形の重要なリスクの1つであると認識しております。主要原材料の調達確保、柔軟な商品政策、供給体制の維持に努めることで、事業影響の低減を図っています。また、昨年の1月より、新型コロナウイルス対策本部を立ち上げ、政府や地方行政の動向を鑑みつつ、徹底した衛生管理体制の下、業務を遂行しております。海外出張の原則禁止、不要不急の国内出張の自粛、工場見学や多くのお客様にお集まりいただくイベントの休止、本社部門やテレワーク可能部門の在宅勤務の原則化(概ね出社率3割)等の対応をしております。しかしながら、パンデミックが長期化し、原材料価格の高騰、原材料確保の困難、消費の停滞やインバウンドの減少等が想定以上に生じた場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(12)  気候変動によるリスク

国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)においてパリ協定が採択され、各国で批准されたのを機に、気候変動や地球温暖化の原因とされる温室効果ガス削減の取り組みが世界的に進められています。当社グループは温室効果ガス排出量を2030年までに2018年比で30%削減する中期削減目標を掲げ、更なる省エネルギー化と再生エネルギーの活用等に取り組みます。しかしながら、温室効果ガス削減の取り組み進捗次第では、炭素税が導入された場合、事業活動に大きな影響を及ぼす可能性があります。また、消費者の購買行動が変化する可能性、馬鈴しょの品質が毀損する可能性、台風や豪雨などによる生産設備の被害の甚大化・操業停止、サプライチェーンの寸断等が発生する等の可能性があり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

当社は2020年2月、金融安定理事会により設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同しました。気候変動が事業に及ぼすリスクと機会の分析と対応について積極的に取り組み、今後、有価証券報告書、統合報告書、ホームページ等において情報開示を行っていきます。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 経営成績の分析

当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うロックダウン等により、景気が急速に悪化し、極めて厳しい状況となりました。日本経済においても、緊急事態宣言の発出により経済活動が制限され、企業収益の悪化、個人消費の減退やインバウンド需要の急減など、厳しい状況が続きました。しかしながら、スナック菓子市場、シリアル食品市場においては、外出自粛要請による内食需要増加の傾向がみられ、市場規模は堅調に推移しました。
 
 このような環境にあって、当社グループは、「長期ビジョン(2030ビジョン)」と「中期経営計画(2020年3月期~2024年3月期)」に基づき事業活動を推進するとともに、新型コロナウイルス感染症拡大を契機とした需要の変化への対応および感染症への対策に取り組みました。
 国内事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、輸入原材料調達に遅延が生じましたが、商品政策の見直しや代替品の開発・発売を実施し、お客様への影響を最小限にとどめました。また、巣ごもり需要による急激な販売増を受けて、機動的な生産シフトで対応する等、商品の安定供給に努めました。オフィス勤務者については、モバイルワークを原則とすることで、従来から進めてきた新しい働き方をより進化させました。
 また、2020年4月に「新たな食領域での事業確立」の一つとして、さつまいもの卸売事業および焼き芋等の直営販売事業を行う株式会社ポテトかいつか(以下、ポテトかいつか)の全株式を取得し、カルビーグループが所有する馬鈴しょの調達ノウハウを活用しながら甘しょ事業の拡大を進めました。持続的な成長を目指して、創業の地である広島県に新工場(2025年3月期操業開始)を建設すべく、2020年5月に広島県と立地協定を締結しました。新工場は既存商品の生産に留まらず、デジタルトランスフォーメーション(DX)等の最新テクノロジー導入による技術開発や新商品の創出等、最新鋭マザー工場の役割を担ってまいります。
 海外事業においては、重点4地域(北米、中華圏、英国、インドネシア)での収益基盤確立に注力しました。中国では、Eコマース需要の高まりに合わせ、シリアル食品およびスナック菓子の品揃え強化と積極的な販売促進を行い、カルビーブランドの浸透を図りました。また北米では、2019年11月に連結を開始したWarnock Food Products, Inc.(以下、Warnock)を経営に統合する取り組みを進めました。

 

 

  当連結会計年度の売上高は、巣ごもり需要およびポテトかいつかとWarnockの買収効果により、266,745百万円(前連結会計年度比4.2%増)となりました。営業利益は、増収効果に加えて、販売促進費や旅費交通費等の経費抑制効果が増益に寄与したものの、高付加価値の土産用商品の売上減少が利益にマイナスに影響し、27,064百万円(前連結会計年度比2.2%減)となり、営業利益率は10.1%(前連結会計年度比0.7ポイント低下)となりました。経常利益は、為替差益452百万円を計上し、27,522百万円(前連結会計年度比0.5%増)となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は、17,682百万円(前連結会計年度比0.8%増)となりました。

 

 

2020年3月

2021年3月

伸び率(%)

現地通貨
ベースの
伸び率
(%)

金額
(百万円)

構成比
(%)

金額
(百万円)

構成比
(%)

国内売上高

210,470

82.2

213,639

80.1

+1.5

+1.5

海外売上高

45,468

17.8

53,106

19.9

+16.8

+18.4

合計

255,938

100.0

266,745

100.0

+4.2

 +4.5

 

 

 事業別の売上高は以下のとおりです。

売上高

2020年3月

2021年3月

金額
(百万円)

金額
(百万円)

伸び率
(%)

① 食品製造販売事業

254,092

265,187

+4.4

 国内食品製造販売事業

208,624

212,080

+1.7

 

国内スナック菓子

182,086

175,675

△3.5

国内シリアル食品

25,157

27,722

+10.2

国内その他食品

1,380

8,683

+529.1

 海外食品製造販売事業

45,468

53,106

+16.8

 

海外スナック菓子

38,998

46,407

+19.0

海外シリアル食品

6,469

6,699

+3.5

②  その他事業

1,846

1,558

△15.6

合計

255,938

266,745

+4.2

 

 

① 食品製造販売事業

(国内食品製造販売事業)

・国内スナック菓子

国内スナック菓子は、前連結会計年度比で減収となりました。

国内スナック菓子の製品別売上高は以下のとおりです。

売上高

2020年3月

2021年3月

金額
(百万円)

金額
(百万円)

伸び率
(%)

 ポテト系スナック 

133,654

128,841

△3.6

 

 ポテトチップス

86,189

86,593

+0.5

 じゃがりこ

36,390

34,539

△5.1

 Jagabee/じゃがポックル

11,075

7,708

△30.4

 小麦系スナック

21,663

21,498

△0.8

 

 

 かっぱえびせん

10,069

10,095

+0.3

 サッポロポテト等

11,594

11,403

△1.6

 コーン系・豆系スナック

17,244

17,099

△0.8

 その他スナック

9,524

8,235

△13.5

国内スナック菓子 計

182,086

175,675

△3.5

 

* 前期まで「その他スナック」に含まれていた一部の豆系スナックを、当期から「コーン系・豆系スナック」に含め、前連結会計年度の数値も組み替えて表記しています。

 

 

・ポテト系スナックは、土産用商品の需要が大きく減少したことにより、前連結会計年度に比べ減収となりました。
-ポテトチップスは、ほぼ前連結会計年度並みの売上高となりました。一部のポテトチップスは、急激な需要の増加に対応できず供給調整および休売を実施した影響で減収となったものの、販売エリアを全国に拡大した「シンポテト」や家庭内消費に適した「堅あげポテト」の売上が伸長しました。
-じゃがりこは、前連結会計年度に比べ減収となりました。「じゃがりこ」は期間限定商品の発売や包装形態の多様化により堅調に推移しましたが、土産用商品や素材系商品「とうもりこ」、「えだまりこ」の販売が振るいませんでした。

  -Jagabee/じゃがポックルは、前連結会計年度に比べ大幅に減収となりました。土産用商品の「じゃがポックル」は、インバウンドや国内旅行者の減少の影響が大きく、物産展への出店等対策を講じましたが、売上の回復には至りませんでした。

・小麦系スナックは、ポテトチップスの価格改定影響により需要が増加した前連結会計年度並みの売上高となりました。

・コーン系・豆系スナックは、豆系スナックが販売チャネルの拡大により伸長したものの、コーン系スナックの販売が振るわず、前連結会計年度並みの売上高となりました。

 

・国内シリアル食品

国内シリアル食品は、国内消費向け、中華圏の小売店舗向けともに伸長し、前連結会計年度に比べ増収となりました。国内消費向けは、「フルグラ」定番品の売上が、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による輸入原材料の調達遅延に伴い、一時的に休売した影響によって前連結会計年度を下回りましたが、代替品「フルグラあっさりテイスト」および健康や機能性を訴求した「フルグラ糖質オフ」、「グラノーラプラス」が貢献し、増収となりました。

 

・国内その他食品(甘しょ・馬鈴しょ)

国内その他食品(甘しょ・馬鈴しょ)は、当期首から甘しょ事業を営むポテトかいつかが連結範囲に加わったことにより、前連結会計年度に比べ大幅に増収となりました。甘しょ事業においては、主に焼き芋に適した糖度の高い品種のさつまいもの卸売が伸長しています。

 

(海外食品製造販売事業)

 海外食品製造販売事業は、前連結会計年度比で増収となりました。

  海外食品製造販売事業の地域別売上高は以下のとおりです。

売上高

2020年3月

2021年3月

金額
(百万円)

金額
(百万円)

伸び率(%)

北米

10,576

14,442

+36.6

中華圏

12,771

15,131

+18.5

英国

6,047

6,507

+7.6

インドネシア

4,351

4,055

△6.8

その他地域

11,721

12,970

+10.7

海外食品製造販売事業 計

45,468

53,106

+16.8

 

 *1  中華圏:中国、香港  

 *2 その他地域:韓国、タイ、シンガポール、豪州

 

 ・北米は、2019年11月からWarnockが連結範囲に加わったことにより、前連結会計年度に比べ大幅に増収となりました。既存事業においても、エスニック食品売り場向けの「かっぱえびせん」、ポテトチップス、「じゃがりこ」等のスナック菓子の売上が伸長するとともに、豆系スナック菓子「Harvest Snaps」は大手顧客向けが堅調に推移し、増収となりました。
・中華圏は、前連結会計年度に比べ増収となりました。スナック菓子は、日本からの輸出を強化したことにより、「Jagabee」、「じゃがポックル」、ポテトチップス等の売上が伸長しました。シリアル食品「フルグラ」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けてEコマースの需要が高まったこと等から、売上が伸長しました。

 ・英国は、Seabrookブランドのポテトチップスのマルチパックの需要が増加したことに加え、新商品「Loaded Fries」の発売により、前連結会計年度に比べ増収となりました。
・インドネシアは、主力のポテトチップスにおいて新型コロナウイルス感染症拡大の影響で原材料調達に遅延が発生したこと等により、前連結会計年度に比べ減収となりました。
・その他地域は、主に豪州における「Harvest Snaps」と「Jagabee」の販売好調により、前連結会計年度に比べ増収となりました。

 

② その他事業

その他事業(物流事業)の売上高は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で共同配送が減少し、1,558百万円(前連結会計年度比15.6%減)となりました。

 

当社グループの経営方針・経営戦略等の進捗状況の評価を行うために有用な指標の状況は下記のとおりであります。

 

2021年3月期実績

2021年3月期目標(期初)

2024年3月期目標

連結売上高

2,667億円

2,700億円

3,100億円

連結営業利益

270億円

245億円

400億円

ROE

10.4%

12%

国内営業利益率

11.6%

10.9%

15%

海外売上高

531億円

534億円

800億円

 

 

 

 (2) 財政状態の分析

 当連結会計年度末における資産は、前連結会計年度末に比べ24,011百万円増加し、238,978百万円となりました。この主な要因は、たな卸資産、有形固定資産およびのれんが増加したことによるものです。

たな卸資産およびのれんの増加は、ポテトかいつかの買収によるものであり、有形固定資産の増加は、主に「ポテトデラックス」の製造ラインの取得等国内既存事業の拡充を目的としたものです。

負債は、前連結会計年度末に比べ10,903百万円増加し、56,238百万円となりました。この主な要因は、ポテトかいつかが新たに連結範囲に加わったことにより、短期借入金および長期借入金が増加したことによるものです。

純資産は、主に利益剰余金が増加したことから、前連結会計年度末に比べ13,107百万円増加し、182,740百万円となりました。

この結果、自己資本比率は73.4%となり、前連結会計年度末に比べ2.5ポイント低下しました。

 

 (3) キャッシュ・フローの状況の分析

 当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度に比べ8,460百万円減少し、47,282百万円となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度末と比べ9,998百万円収入が減少し、30,450百万円の純収入となりました。この主な要因は、売上債権の回収額が銀行休業日による入金のずれにより増加した前連結会計年度に比べ、減少したことによるものです。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動によるキャッシュ・フローは、主に連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出の増加、および有形固定資産の取得による支出の増加により、前連結会計年度と比べ18,607百万円支出が増加し、32,069百万円の純支出となりました。連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出はポテトかいつかを買収したことによるものです。有形固定資産の取得による支出は主に、「ポテトデラックス」や「大人のじゃがりこ」等の新商品の製造ライン新設等、国内既存事業の拡充を目的としたものです。

 

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動によるキャッシュ・フローは、主に短期借入金の純増減額が返済により減少したことにより、前連結会計年度と比べ1,356百万円支出が増加し、7,635百万円の純支出となりました。

 

(資本の財源及び資金の流動性に係る情報) 

・資金需要の動向

当社グループの資金需要は、営業活動に係る資金支出では製品製造のための原材料費、労務費、経費および販売活動のための販売費、人件費、物流費等の支払いがあります。投資活動に係る資金支出では主に設備投資やM&Aにかかる資金需要、財務活動に係る資金支出は主に親会社の配当金にかかる資金需要があります。

投資活動および財務活動の資金支出計画については中期経営計画に基づき、2020年3月期から2024年3月期までの5か年で獲得する見込みの営業活動によるキャッシュ・フロー160,000百万円に手元資金20,000百万円を加えた180,000百万円を、既存事業の持続的成長・生産性向上、海外生産体制強化に向けた設備投資に60,000百万円、長期的視野に基づいた新規事業、DX推進、M&Aなどの成長基盤獲得のための投資に80,000百万円、連結ベースの配当性向40%以上を目指した継続的な株主還元に40,000百万円を、それぞれ配分することを計画しております。

 当連結会計年度末時点での資金支出の状況は以下のとおりです。

 

2020年3月期

(百万円)

2021年3月期

(百万円)

中期経営計画

(百万円)

進捗状況

(%)

既存事業への投資

8,751

11,205

60,000

33.3

成長投資

7,558

13,330

80,000

26.1

株主還元

6,425

6,693

40,000

32.8

合計

22,735

31,229

180,000

30.0

 

 

・資金調達の方法

当社グループの資金調達の方法としては、原則、営業活動により得られたキャッシュ・フローで賄っており、一時的な資金不足については金融機関からの短期借入を基本としております。当社及び国内連結子会社においてはキャッシュ・マネジメント・システム(CMS)を導入し、グループ内資金を一元管理することにより、余剰資金を集中管理し資金の流動性確保、資金効率の向上を図っております。また、更なる資金の流動性を補完することを目的に複数の金融機関との間に当座貸越契約を締結しており、事業運営上の必要な資金の流動性は十分に確保していると認識しております。

 

 (4) 重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成においては、経営者による会計上の見積りを必要とします。経営者はこれらの見積りについて過去の実績や現状等を総合的に勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
 また、この連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針につきましては、「第5 経理の状況  1 連結財務諸表等  注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しておりますが、次の重要な会計方針が連結財務諸表作成における重要な判断と見積りに大きな影響を及ぼすと考えております。

 

①  固定資産の減損

 当社グループは、営業活動から生ずる損益の継続的な赤字や市場価格の著しい下落等から減損の兆候が識別された場合、将来の事業計画等を考慮して、減損損失の認識の判定を行い、必要に応じて回収可能価額まで減損処理を行うこととしております。将来の市況悪化等により事業計画が修正される場合、減損処理を行う可能性があります。

 なお、当社グループの無形固定資産のうち主なものは株式会社ポテトかいつかを取得したことにより発生したのれんであり、同社の事業は当連結会計年度において営業損益(のれん償却額を含む。以下同じ。)が赤字であるものの、翌連結会計年度において主に販売量及び仕入量の増加により営業損益の見込みが黒字となることから減損の兆候は認められないと判断しております。

② たな卸資産の評価

 当社グループは、たな卸資産の評価方法として原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しており、期末における正味売却価額が取得原価よりも下落している場合には、当該正味売却価額をもって貸借対照表価額としております。需要の変化によって過剰または滞留となったたな卸資産については、適正な価値で評価されるように評価減を行う可能性があります。

 

 

(5) 生産、受注及び販売の実績

 ① 生産実績

当連結会計年度における生産実績を示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

生産高(百万円)

前期比(%)

食品製造販売事業

266,892

+5.1

合計

266,892

+5.1

 

(注)1  金額は、販売価格によっております。

2  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 ② 受注実績

当社グループは、需要予測に基づく見込生産を行っているため、該当事項はありません。

 

 ③ 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

 

セグメントの名称

販売高(百万円)

前期比(%)

食品製造販売事業

265,187

+4.4

その他

1,558

△15.6

合計

266,745

+4.2

 

(注)1  セグメント間取引については、相殺消去しております。

2  主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

 

相手先

前連結会計年度

(自  2019年4月1日

至  2020年3月31日)

当連結会計年度

(自  2020年4月1日

至  2021年3月31日)

販売高
(百万円)

割合(%)

販売高
(百万円)

割合(%)

三菱食品㈱

31,746

12.4

31,302

11.7

㈱山星屋

26,096

10.2

27,631

10.4

 

3  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

当社グループは、「自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」という企業理念の下、自然素材のもつ栄養やおいしさを最大限に活かし、ユニークで価値ある製品を提供するための研究開発活動を行っております。

当社の研究開発本部では、基礎研究、製品及び技術開発から研究施設併設のパイロットプラントでの製品化までを一貫して行っております。

基礎研究の分野では、馬鈴しょの安定的な調達と品質向上に関する研究として、帯広畜産大学と共同で開設した「バレイショ遺伝資源開発学講座」において中間育種開発を行いました。また、素材や製品がもつ機能性についての研究を行っており、当期は、間食として「フルグラビッツ」を食べることで、夕食時の食後血糖値の上昇を抑制する可能性を見出し日本家政学会や日本時間栄養学会にて報告を行いました。また、朝食を和食やパン食から「フルグラ」に置き換えることで塩分を多く取っている方々の塩分摂取量が減り、血圧の上昇を抑えられる事例について、日本食生活学会誌に論文として掲載されました。

製品開発の分野では、国内の消費者の変化や多様な嗜好に対応し、市場の拡大、活性化を図るため、スナック、シリアルの商品ラインナップの拡充や、中長期戦略に基づく新たな製品開発を行っております。当期は通常のポテトチップスの3倍の厚さ(スライス厚比)の「ポテトデラックス」を開発し、全国発売いたしました。

技術開発の分野では、新たな素材による付加価値の提供と新たな加工技術の探索を行っております。当期は、素材の良さがそのまま残るネオドライ製法(ノンフライ)を用いた、新食感のドライフルーツ「カリッとりんご」を発売しました。

また、消費者の課題解決に主眼におくCalbee Future Laboでは、新たな視点と従来とは異なるアプローチで製品開発を行っております。当期は他企業や研究機関と連携し、食後の口臭問題の解決を目的とした「ランチグミー」や、より良い睡眠をサポートすることを目的とした「にゅ~みん」(当社初の機能性表示食品)を開発し、発売しました。

なお、当連結会計年度における研究開発費の総額は、2,706百万円であります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度において実施しました設備投資は有形固定資産・無形固定資産を合わせ総額11,341百万円(国内事業:9,764百万円、海外事業:1,577百万円)となりました。国内事業に係る設備投資の主たる内容は、「ポテトデラックス」や「大人のじゃがりこ」等の新商品の製造ライン新設等、国内既存事業の拡充を目的としたものであります。海外事業に係る設備投資の主たる内容は、英国でのポテトチップスに係る包装ライン増設等、生産体制の強化を目的としたものであります。

なお、重要な設備の除却、売却等はありません。

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

2021年3月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置

及び

運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

北海道工場
(北海道千歳市)

食品製造

販売事業

菓子製造

設備

2,104

1,954

41

(31,540)

2

27

4,130

69

清原工場
(栃木県宇都宮市)

食品製造

販売事業

菓子・

食品製造

設備

3,465

3,726

582

(32,000)

0

13

7,788

91

新宇都宮工場
(栃木県宇都宮市)

食品製造

販売事業

菓子製造
設備

1,735

3,445

2,056

(56,199)

39

7,276

173

下妻工場
(茨城県下妻市)

食品製造

販売事業

菓子製造
設備

439

866

55

(14,255)

3

5

1,369

60

各務原工場
(岐阜県各務原市)

食品製造

販売事業

菓子製造
設備

837

2,815

432

(47,702)

0

27

4,112

122

湖南工場
(滋賀県湖南市)

食品製造

販売事業

菓子製造
設備

947

1,128

668

(26,159)

2

11

2,759

114

京都工場
(京都府綾部市)

食品製造

販売事業

菓子・

食品製造

設備

2,735

2,886

1,416

(75,780)

10

15

7,065

54

広島工場
(広島県廿日市市)

食品製造

販売事業

菓子製造
設備

1,924

2,267

2,671

(40,812)

6

37

6,906

204

鹿児島工場
(鹿児島県鹿児島市)

食品製造

販売事業

菓子製造
設備

627

734

124

(22,217)

5

1,492

72

研究開発本部
(栃木県宇都宮市)

食品製造

販売事業

研究開発
設備

1,104

457

1,092

(45,389)

51

2,707

116

本社、営業所

その他

(東京都千代田区他)

食品製造

販売事業

その他

その他

設備

363

207

212

(26,316)

1

119

905

766

 

(注)1  帳簿価額のうち「その他」は、「工具、器具及び備品」であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2  帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。

 

 

(2) 国内子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置

及び

運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

カルビーポテト㈱

本社・工場
(北海道帯広市)

食品製造

販売事業

原材料貯蔵設備、菓子製造設備

2,511

2,357

573

(250,188)

6

123

5,572

168

ジャパンフリトレー㈱

本社・工場
(茨城県古河市)

食品製造

販売事業

菓子製造設備

603

505

293

(17,151)

2

13

1,419

215

㈱ポテトかいつか

本社・工場

(茨城県かすみがうら市)

食品製造

販売事業

菓子製造設備

1,881

456

167

(42,984)

208

2,713

142

㈱かいつかファーム

本社・倉庫

(茨城県かすみがうら市)

食品製造

販売事業

原材料貯蔵設備

384

20

1

407

 

(注)1  帳簿価額のうち「その他」は、「工具、器具及び備品」であります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

2  帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。

 

(3) 在外子会社

2021年3月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数
(名)

建物及び
構築物

機械装置

及び

運搬具

土地
(面積㎡)

リース
資産

その他

合計

Calbee North America,
LLC

本社・工場

(米国)

食品製造

販売事業

菓子製造設備、原材料加工設備

3,674

2,093

372

(235,810)

93

6,234

241

Warnock Food Products, Inc

本社・工場(米国)

食品製造
販売事業

菓子製造設備

40

432

(-)

4

477

146

Calbee
Four
Seas
Co.,Ltd.

本社・工場
(香港)

食品製造

販売事業

菓子製造設備

1,198

465

(-)

7

169

1,842

210

Calbee  Group (UK) Ltd

本社・工場(英国)

食品製造

販売事業

菓子製造設備

708

2,277

52

(24,000)

256

31

3,326

223

PT. Calbee-
Wings Food

本社・工場(インドネシア)

食品製造

販売事業

菓子製造設備

799

108

655

(91,693)

18

1,581

121

Haitai-
Calbee Co.,Ltd.

本社・工場

(韓国)

食品製造

販売事業

菓子製造設備

996

1,394

165

(11,993)

7

2,563