EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

北陸財務局長

【提出日】

2020年11月26日

【事業年度】

第35期(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

【会社名】

黒谷株式会社

【英訳名】

Kurotani Corporation

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  黒谷 純久

【本店の所在の場所】

富山県射水市奈呉の江12番地の2

【電話番号】

0766(84)0001(代表)

【事務連絡者氏名】

代表取締役副社長 井上 亮一

【最寄りの連絡場所】

富山県射水市奈呉の江12番地の2

【電話番号】

0766(84)0001(代表)

【事務連絡者氏名】

代表取締役副社長 井上 亮一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E25443 31680 黒谷株式会社 Kurotani Corporation 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2019-09-01 2020-08-31 FY 2020-08-31 2018-09-01 2019-08-31 2019-08-31 1 false false false E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row5Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row6Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row7Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row8Member E25443-000 2015-09-01 2016-08-31 E25443-000 2020-11-26 E25443-000 2020-08-31 E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 E25443-000 2019-08-31 E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 E25443-000 2018-08-31 E25443-000 2017-09-01 2018-08-31 E25443-000 2017-08-31 E25443-000 2016-09-01 2017-08-31 E25443-000 2016-08-31 E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2017-09-01 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2017-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2016-09-01 2017-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2016-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:ARTSANDCRAFTSReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:NONFERROUSMETALSReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:ARTSANDCRAFTSReportableSegmentsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:ARTSANDCRAFTSReportableSegmentsMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:NONFERROUSMETALSReportableSegmentsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:NONFERROUSMETALSReportableSegmentsMember E25443-000 2015-09-01 2016-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:SadaharuEimoriMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row7Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:ARTSANDCRAFTSReportableSegmentsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:NONFERROUSMETALSReportableSegmentsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25443-000 2019-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:ARTSANDCRAFTSReportableSegmentsMember E25443-000 2019-08-31 jpcrp030000-asr_E25443-000:NONFERROUSMETALSReportableSegmentsMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row5Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row6Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row7Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row8Member E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E25443-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row4Member E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row3Member E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row2Member E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row1Member E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:SatoruKurotaniMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row5Member E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:Row6Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row1Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row2Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row3Member E25443-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row4Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row1Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row2Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row3Member E25443-000 2019-08-31 jpcrp_cor:Row4Member E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:SumihisaKurotaniMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:RyouichiInoueMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:IkikoUrataMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:ToshiakiMasudaMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:YutakaTakafujiMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:YoujiIshiguroMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:TatsurouIshikuroMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:YoshihikoAmeMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:MotooHayakawaMember E25443-000 2020-11-26 jpcrp030000-asr_E25443-000:KiyohiroOrihashiMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:GeneralReserveMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E25443-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E25443-000 2018-08-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E25443-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第31期

第32期

第33期

第34期

第35期

決算年月

2016年8月

2017年8月

2018年8月

2019年8月

2020年8月

売上高

(千円)

42,955,523

52,868,768

56,791,367

50,670,151

42,752,780

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

458,888

1,678,853

676,355

289,820

561,543

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

389,248

1,037,139

462,992

230,616

378,302

包括利益

(千円)

559,759

1,203,845

416,870

334,417

408,850

純資産額

(千円)

6,607,025

7,739,165

7,976,824

7,340,185

7,546,494

総資産額

(千円)

14,375,755

17,305,660

18,067,207

17,832,346

16,735,915

1株当たり純資産額

(円)

460.84

539.81

556.38

518.76

532.52

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

27.15

72.34

32.29

16.23

26.71

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

46.0

44.7

44.2

41.2

45.1

自己資本利益率

(%)

14.5

5.9

5.1

株価収益率

(倍)

10.9

17.5

18.4

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

311,488

503,197

603,322

49,146

1,500,112

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

11,404

52,301

195,085

402,954

97,844

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

212,647

854,737

868,952

282,934

1,318,608

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,229,111

1,491,450

1,549,375

1,358,684

1,433,274

従業員数

(人)

124

124

124

121

123

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第31期及び第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。第32期、第33期及び第35期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第31期及び第34期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため、記載しておりません。

4.2018年3月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第31期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び1株当たり当期純損失を算出しております。

5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第33期から適用しており、第32期以前に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第31期

第32期

第33期

第34期

第35期

決算年月

2016年8月

2017年8月

2018年8月

2019年8月

2020年8月

売上高

(千円)

43,541,745

52,632,111

56,791,367

50,670,151

42,752,780

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

416,260

1,651,866

672,204

313,915

564,289

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

347,969

1,014,588

457,732

250,743

381,122

資本金

(千円)

1,000,000

1,000,000

1,000,000

1,000,000

1,000,000

発行済株式総数

(株)

7,168,600

7,168,600

14,337,200

14,337,200

14,337,200

純資産額

(千円)

6,650,665

7,723,930

7,957,619

7,297,261

7,507,090

総資産額

(千円)

14,350,838

17,082,026

17,808,508

17,357,262

16,518,299

1株当たり純資産額

(円)

463.88

538.74

555.04

515.73

529.74

1株当たり配当額

(円)

10.00

15.00

22.50

15.00

15.00

(うち1株当たり中間配当額)

(5.00)

(5.00)

(15.00)

(7.50)

(7.50)

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

24.27

70.77

31.93

17.65

26.91

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

46.3

45.2

44.7

42.0

45.4

自己資本利益率

(%)

14.1

5.8

5.1

株価収益率

(倍)

11.1

17.7

18.2

配当性向

(%)

10.6

47.0

55.7

従業員数

(人)

122

122

122

119

121

株主総利回り

(%)

72.7

256.4

190.2

152.3

176.4

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(88.3)

(109.8)

(120.3)

(107.4)

(117.9)

最高株価

(円)

621

1,668

997

565

549

 

 

 

 

□2,248

 

 

最低株価

(円)

418

435

544

332

275

 

 

 

 

□971

 

 

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第31期及び第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。第32期、第33期及び第35期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第31期及び第34期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため、記載しておりません。

4.2018年3月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第31期の期首に当該分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び1株当たり当期純損失を算定しております。また、第33期の中間配当額15円については株式分割前、期末の配当額7.5円については株式分割後の金額であります。したがって、株式分割前から1株所有している場合の1株当たりの年間配当額は30円相当であり、株式分割後に換算した場合の年間配当額は15円相当であります。

5.第33期の配当性向は、2018年3月1日付の普通株式1株につき2株の割合で行った株式分割が、第33期の期首に行われたと仮定し算定しております。

6.株主総利回りについては、株式分割が第31期の期首に行われたと仮定し算定しております。

7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第33期から適用しており、第32期以前に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

8.最高株価及び最低株価は、2018年7月5日までは東京証券取引所市場第二部におけるものであり、2018年7月6日以降は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、第33期の株価については2018年3月1日付の株式分割による権利落後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式分割前の最高株価及び最低株価を□印で記載しております。

 

2【沿革】

1870年に、現代表取締役社長黒谷純久の高祖父である黒谷津次郎が個人で美術銅器、銅地金及び唐金の販売を開始しました。その後、黒谷純久の祖父である黒谷他作が、黒谷商店として非鉄金属材料及び美術品の販売を営み、1967年4月に法人成りし黒谷株式会社(現 株式会社雄祥)に名称変更、銅合金・アルミ合金の製造販売及び非鉄金属地金の販売を行うことになり、黒谷純久の父である黒谷俊雄も同社で事業に従事しておりました。

1985年11月、黒谷俊雄が、美術鋳物の製作販売、非鉄金属の精錬及び加工並びに販売の拡大を図るため、同年9月に設立された新日本美術株式会社(現 当社、資本金1百万円)の全株式を取得し、同社にて事業を開始しました。

事業開始後の沿革は以下の通りであります。

年月

事項

1986年1月

本社を富山県高岡市内免町から同市西町に移転。事業拡大のため、富山県小杉町(現 射水市)に小杉営業所を開設(1993年8月閉鎖)

1986年3月

商号を株式会社クロタニコーポレーションに変更

1986年10月

本社及び本社工場を富山県新湊市(現 射水市)に新築移転

営業拠点として東京営業所(現 東京支店)及び新潟営業所(現 新潟事業部)を開設

1992年4月

美術工芸品の販売拡大を図るため、大阪営業所を開設(2008年8月閉鎖)

1993年3月

㈱テクノキャスト(設立目的:①押出し用銅合金鋳塊の製造販売、②非鉄金属原材料の販売等。

事業内容:非鉄金属鋳造加工)を設立

1993年4月

㈱アート・アンド・クラフト(設立目的:①貴金属、貴石、真珠、さんご等の販売、②前記を原料とした製品の販売、③貴金属メッキ又は張りもの製品及び鋳物製品等の販売。事業内容:美術工芸品の販売)の全株式を取得

1994年8月

新日本商事㈱(設立目的:①鋳物及び鋳物用原材料の販売、②不動産の販売等。事業内容:非鉄製品の販売)の全株式を取得

1994年10月

本社工場施設の拡充のため㈱テクノキャストを合併

1995年2月

経営の効率化のため新日本商事㈱及び㈱アート・アンド・クラフトを合併

2000年8月

ISO9001認証取得

2008年3月

ISO14001認証取得

2011年6月

2011年10月

2012年7月

2014年8月

2015年1月

2018年7月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

OHSAS18001認証取得

アメリカ合衆国オレゴン州に当社100%出資の現地法人KUROTANI NORTH AMERICA INC.を設立

タイ王国に合弁会社 THAI KUROTANI CO.,LTD.を出資設立

商号を黒谷株式会社に変更

東京証券取引所市場第一部に指定

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(黒谷株式会社)、連結子会社1社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、非鉄金属事業と美術工芸事業を主たる業務としております。

非鉄金属事業は、銅を中心とした非鉄金属関連ビジネスとして、インゴットの製造・販売とスクラップの加工・販売を2本柱として事業展開を図っております。

美術工芸事業は、美術工芸品に関する製造販売を行っております。

当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。

なお、当該2事業は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

1.非鉄金属事業

当社グループの非鉄金属事業における大きな特徴は、インゴットとスクラップを同時に取り扱っていることにより、雑多な非鉄金属を一括買いすることが可能であることです。通常、インゴット製造のみを行っている場合であれば、その製造に必要なスクラップ原材料のみを仕入れることになりますが、当社グループの場合、あらゆるスクラップを取り扱うことが可能であります。

(1) インゴット

インゴットについては、国内外から集荷した銅スクラップ及び銅合金スクラップを原材料として配合、溶解し、得意先各社のニーズ、用途に合わせた形状・重量の製品約50品種を生産しております。

仕入れたスクラップは、製品ごとの要求規格に合致する成分割合になるよう製造し、国内外の販売先(造船メーカー、住宅設備メーカー等)に販売しておりますが、製造を行う上で、それぞれの元素の地金同士を組成する場合であれば、製造技術上大きな困難はありません。一方、合金化されたスクラップ原材料を用いてこれら複数の金属元素の組成を行うことは技術的要素が必要となります。当社は、各スクラップの分析ができる技術と環境を有しており、国内外の規格や取引先が指定する独自の規格に適合するインゴットを製造しております。

<中心となる品種>

①船舶のスクリュー原材料として用いられる「アルミ青銅」(販売品名:CACIn703等)

②水栓金具、止水栓、産業用バルブ等、主に住宅産業向けに販売する「青銅」(販売品名:CACIn406, LOW

LEAD,CACIn902等)、「黄銅」(販売品名:YBsC等)

 

(2) スクラップ

スクラップは、国内外の仕入先(スクラップ回収業者、メーカー等)から仕入れた約150品種の非鉄金属スクラップについて選別・プレス等を行い、国内外の販売先(電線メーカー、銅精錬メーカー等)に販売しているほか、自社インゴット製造のための溶解用材料として利用しております。スクラップに係る処理は内製化によって行っていますが、一部外注利用も行っております。

<中心となる品種>

①主に電線、銅板条・銅管、銅箔の各メーカー向けに販売する「純銅スクラップ(注1)」(販売品名:ピカ

線、赤ナゲット等)

②主に銅精錬メーカー向けに販売する「銅スクラップ(注2)」(販売品名:銅屑、銅滓等)

③主に住宅設備や各種産業バルブ業界向けに販売する「銅合金スクラップ(注3)」(販売品名:真中粉、セパ、メッキセパ等)

④アルミメーカー(軽圧、板条、二次合金)やステンレスメーカー向けに販売する「アルミ・ステンレス系スクラップ(注4)」(販売品名:写真板、サッシ、ビス付サッシ、アルミ缶、ステンレス等)

 

(注1)純銅スクラップ

ピカ線(径又は、厚さ1.3ミリ上の銅線で被覆ビニールをむいた純良なもの)や赤ナゲット(径が1.3ミリ以上の銅線の純良な切れ端、ナゲット処理品)などが該当します。

発生源は電気設備工事により発生する端材や設備解体時に回収した電線の被服を除去したもの及びナゲット加工(粉砕処理加工)したものが多く、需給動向は企業などの設備投資額、建設土木の公共投資額に左右されます。

品質のバラツキが少なく扱いやすい品種であるため、多くのスクラップ業者が扱っている他、海外からの輸入もあり安定した調達が可能です。

 

(注2)銅スクラップ

上故銅(無酸素銅、リン脱酸銅、タフピッチ銅などの銅品を金型より打抜いた純良な物)や並銅(上故銅、上故銅パイプに該当しない銅板、銅条、銅棒、銅管の純良屑)、込銅(上故銅、並銅等に該当しない銅線、銅板、銅条、銅棒、銅管、銅鋳物材)などが該当します。

銅スクラップは、設備解体時に回収する電気設備部品、弱電部品メーカーの工場で発生する材料屑など純銅に近いスクラップで、需給動向は企業の設備投資額の他、メーカーの生産量、材料消費量に大きく左右されます。

産業構造の変化に対応した工場の海外移転が進んでおり、国内での発生量は減少傾向にありますが、工場移転先の海外からの購入が増えております。

 

(注3)銅合金スクラップ

砲金コロや砲金粉、真中粉、棒中、キュープロなどが該当します。

a.砲金コロ

青銅製の水道メーター、ポンプのケース、各種バルブ、水栓金具などが該当します。

水道メーターなどは法律により定期交換が定まっているため、安定的に発生する原料といえますが、住宅など建築物の解体により発生するスクラップについては、新築戸数の増減に左右され、昨今の建築不況で減少傾向にあります。

b.砲金粉

青銅削り粉などが該当します。

c.真中粉

黄銅削り粉などが該当します。

黄銅削り粉については、基本的に棒メーカーが大手ユーザーでの発生品を買い取る仕組みができていますが、中小メーカー発生分などは市中に多量に出回っています。

d.棒中

黄銅製のガスコック、黄銅棒の端材などが該当します。

法律により定期交換が定まっているガスコックなどは安定的に発生する原料といえます。

黄銅棒などは水栓金具、自動車部品、電気設備、各種バルブなどの部品として使用されており、各種産業の生産量によって端材や削り粉の発生量が影響を受けます。

e.キュープロ

銅とニッケルの合金であり、耐食性がよく、また耐熱性に優れ比較的高温の使用に適することから、船舶の復水器や熱交換器などに利用されます。また、硬度、耐摩耗性(傷がつきにくい)にも優れていることからコインにも利用されます。このような利用形態であることを背景として、船舶の解体や造幣局による使用済みコインの回収を通じてスクラップ市場に流通します。特に、船舶の解体については、比較的人件費の安い中国、ベトナム、インドなどで行われることから、輸入による調達がメインとなっております。

 

(注4)アルミ・ステンレス系スクラップ

印刷工場から出る写真板や、製造工場からの端材、建築解体物から出るサッシ屑(アルミ)・ステンレス屑、廃車のアルミホイール、アルミ缶など飲料容器等、発生源は多岐に亘ります。

アルミは鉄に次いで流通量の多い金属であり、昨今のゴミの分別回収の推進などにより需給動向は比較的安定しております。

 

(3) その他

その他の主なものとしては、伸銅品等の商品を仕入、販売しております。

 

2.美術工芸事業

当社グループの美術工芸事業では、美術工芸品の製造販売を行っており、貴金属製の置物や仏像・仏具が主な販売品目となっております当事業では高度な鋳造技術と精緻な仕上げで、付加価値の高い製品を創り出しております。

 

[非鉄金属事業 材料受入から出荷までのフロー図]

 

0101010_001.png

(注)1.上図のようにインゴットとスクラップを同時に取り扱っていることにより、入荷されたスクラップに関しては、インゴット製造用原材料として利用するほか、国内・海外販売先に出荷しております。

2.スクラップの選別、プレスに関しては、ごく一部ではありますが外注利用しております。

3.スクラップに関しては、選別後、プレス作業を要せずに梱包するものもあります。

 

[事業系統図]

0101010_002.png

 

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

KUROTANI NORTH AMERICA INC. (注)

アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド

(US$)

2,000,000

非鉄金属事業

100

非鉄金属を主に当社へ輸出している。

役員の兼任あり。

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

THAI KUROTANI CO.,LTD.

 

タイ王国バンコク

(タイバーツ)

140,000,000

非鉄金属事業

49

非鉄金属を主に当社へ輸出している。

役員の兼任あり。

(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.特定子会社に該当しております。

3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

2020年8月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

非鉄金属事業

79

美術工芸事業

16

報告セグメント計

95

全社(共通)

28

合計

123

(注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であります。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

2020年8月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

121

41.6

13.7

4,567

 

セグメントの名称

従業員数(人)

非鉄金属事業

77

美術工芸事業

16

報告セグメント計

93

全社(共通)

28

合計

121

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(3)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 経営方針

当社グループは、「皆様のお役に立つ企業」「存在感のある企業」として「挑戦」「創造」「貢献」を経営方針としております。当社グループは、金属資源のリサイクルを通じて低炭素化社会・循環型社会の実現に向け、社会的、環境的、倫理的付加価値の創造を行うことによって、社会的責任を果たせる企業グループを目指します。

 

(2) 経営戦略等

当社グループは、非鉄金属事業につきましては、非鉄金属のリサイクルをコアビジネスとして競争力の強化を図るべく業務体制の変革を行ってまいります。世界的な資源需要の増大、価格の上昇等による資源に対する意識の高まり、また、自然環境の破壊や汚染等による環境への意識の高まりから循環型社会や低炭素化社会の実現が志向されている今日、当社グループの事業環境は中長期的に見て良好であることが予想されます。しかしながら、短期的には、世界経済の変動や非鉄金属の需給関係により、当社グループの事業環境は大きく影響を受けることから、当社グループとしては、弾力的な政策運営を行うとともに、常に、将来を見据えた最適事業ポートフォリオの確立を目指した施策を実行してまいります。

美術工芸事業に関しましては、長期的に安定的利益を確保できるように、企画提案力、製造技術力のより一層の強化を図ってまいります。

 

(3) 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、企業価値の向上及び財務体質の強化を図るため、具体的な数値目標は設定しておりませんが、自己資本比率、自己資本利益率、有利子負債比率を重要な経営指標としております。

 

(4) 経営環境

近年の各国経済動向は、懸案の米中貿易摩擦問題に一応の決着がついたことから底堅く推移していたものの、本年2月頃から拡大した新型コロナウイルス感染により生産・消費の喪失、大量失業、物流寸断等が生じ一気に世界的経済危機へと発展し、経営環境は下記のとおり大きく変化いたしました。

・世界経済の需要減少

 生産縮小や雇用喪失による消費減少からスクラップ発生量の減少

・米中の覇権主義による対立激化

 世界の二極化と地政学リスクの増大

 ポピュリズムの拡大

・経済構造・産業構造の変化

 デジタル化や「モノ」から「コト」、「所有」から「利用」への動きへ

 調達・販売地域の分散化・多様化の進展

 オフィス需要減少による高層ビル建築需要減でスクラップの発生減少

・我が国のニューノーマル時代の進展

 人口減少・生産年齢人口減少により消費減でスクラップ需要・供給とも減少

 外国人労働者、高年齢者の活用

・SDGsなど持続可能な社会の実現

 Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の拡大

 環境規制への強化拡大

このように当社グループを取り巻く経営環境は新型コロナウイルス感染拡大で変化のスピードが速まり大きく変化してきております。当社グループにおいても社会的使命を果たしながら、以下の課題を克服することによって当社グループの企業としての価値を高めて行きたいと考えております。

 

(5) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

①優秀な人材の確保

当社グループは、非鉄金属スクラップを世界及び日本全国から集荷し、それを原材料として各種インゴットを製造し販売している事業と、集荷したスクラップを選別・加工し販売する事業を主に行っており、あらゆる産業分野の基幹素材としての幅広いニーズに応えております。近年の多種多様な合金開発、市況の変化や営業戦略の多様化など当社グループを取り巻く環境の変化に迅速に対応していくためには、海外営業や商品市場取引等に精通した人材確保が必要であります。

そのために、採用制度の多様化を図り、中途採用と新卒採用の併用を行いながら、入社後の研修制度の整備をはじめとして、人材育成制度の強化を行います。また、公平な人事制度の確立を目指すとともに、魅力ある職場作りの一環として福利厚生制度の充実も図っていきます。

②海外市場への進出

我が国においては、長期間にわたった円高や電力問題等から工場の海外移転が進み、加えて、少子高齢化の進行で、銅スクラップ市場の今後の大きな拡大が見込めない環境となっております。

一方、新興国をはじめとした海外では、今後の成長が期待できる市場が数多くあり、当社グループの成長には、海外戦略が重要であると考えております。

以上のことから、当社グループでは、まず2012年7月に世界最大の市場である米国に当社初の海外拠点を設立し、2014年8月には東南アジアの拠点としてタイで現地企業との合弁会社を設立いたしました。今後は、米国現地法人及びタイ合弁会社の業務拡大を図るとともに、海外での営業基盤を構築し業容拡大を目指してまいります。

③リスク管理体制の強化

当社グループの取り扱っている製・商品は、非鉄金属相場や為替相場等市場の変動に大きく影響を受けます。特に、近年の新興国等のインフラ整備拡大の影響による非鉄金属需要の増大に加え、主要国金融政策の変化に伴う投機資金の流出入もあって、非鉄金属価格や為替相場の変動率は高まっております。また海外需要の高まりや、国内でのスクラップの発生量及び流通量が減少傾向にあることで輸出入取引も増加傾向が見込まれます。

このように、当社を取り巻く状況は大きく変化してきており、特に市場リスクの管理が重要になっております。

このため、ロンドン金属取引所(LME)や為替取引等、ヘッジ手段の多様化、情報収集能力の強化を図り、また市場関連知識を持った人材の採用や育成を行うことによって、市場リスクの管理能力を高めていきます。

また、海外子会社及び海外関連会社を有していることから、海外拠点の管理体制の整備、強化も行っていきます。

④事業分野の拡大

当社グループは、銅系商品を中心とした製品を中心に事業展開を行っておりますが、更なる業容拡大のためには、銅系以外の分野の強化が必要であります。

そのために、銅系以外の分野に強い人材の育成や当該分野に強い業者との関係強化が必要です。

現状、必要知識の修得や銅系以外の集荷を重点項目として営業活動を行っており、今後も銅系以外の分野の取扱量の拡大を目指します。

また、美術工芸事業では、販路拡大のためキャラクター商品を用いた金製品の開発をはじめとした企画型営業に取り組み、企画から製造引き渡しまでの一貫体制をとっております。精密鋳造技術による原型に忠実な再現力と金工技術による最終仕上げの完成度の高さにより、ビジネスチャンスの拡大に努めております。当社グループ全体における美術工芸事業のシェアは非常に小さいものではありますが、今後も、市場・顧客に対し存在感のある製品を提供し、更なる事業拡大に努めていく予定です。

⑤新型コロナウイルス感染症影響

新型コロナウイルス感染拡大により一気に世界的経済危機へと発展いたしました。各国は、金融・財政政策を中心に協調して対応した結果、落ち着きを取り戻してきております。しかしながら、このコロナ禍に対する抜本的な解決策はでておらず、また、社会的距離の確保・移動制限などによる社会構造、産業構造の変化による我々を取り巻く外部環境は大きく変わってきており、先行き不透明感が強い状況です。

今後、新型コロナウイルスの影響を回避すべく対策を実施し、取引先や従業員の安全を最優先にして事業活動を行っていく予定です。

 

2【事業等のリスク】

本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

(1) 原材料の調達について

当社グループは、原材料を国内外の複数の調達先を確保することで安定的な調達を行うよう努めています。しかしながら、市況環境の大幅な変化による発生量や流通量の減少から市場の需給環境が引き締まった結果、適正価格での調達難、調達不足からの大幅な仕入価格の上昇、生産活動への支障が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

 

(2) 顧客が属する業界の需要動向について

当社グループの製品の主要な顧客は、造船業界、住宅販売、設備関連産業に属しています。したがって、当社グループの製品は、上記業界の非鉄金属に対する需要動向に大きく影響される可能性があります。今後何らかの要因で非鉄金属に対する需要が落ち込んだ場合には、当社グループの事業、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(3) 特定の販売先への集中

2020年8月期において、当社グループの売上高に占める住友金属鉱山株式会社の売上高比率は19.7%であります。

当該会社とは長期的な取引関係を継続しておりますが、何らかの理由により、取引関係の解消又は契約内容の大幅な変更等があった場合には、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 非鉄金属相場、為替相場の変動等

当社グループの取扱い品目の価格は、毎日の非鉄金属相場や為替相場の影響を強く受けます。そのため価格変動リスク及び為替変動リスクのマネジメントは当社グループにとって非常に重要であります。

2015年9月から2020年8月までのロンドン金属取引所銅相場(LME銅キャッシュ月中平均)及び為替相場

(TTM月中平均)は下記の通りであります。

 

2015.9~2016.8

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

LME銅キャッシュ

単位:ドル/MT

5,208

5,223

4,808

4,629

4,463

4,595

4,948

4,851

4,708

4,631

4,856

4,758

為替相場(ドル・円)

単位:円

120.23

120.07

122.58

121.85

118.34

115.08

113.03

109.83

109.12

105.48

103.98

101.34

 

2016.9~2017.8

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

LME銅キャッシュ

単位:ドル/MT

4,707

4,732

5,443

5,666

5,737

5,942

5,822

5,698

5,592

5,699

5,979

6,478

為替相場(ドル・円)

単位:円

101.98

103.81

108.12

115.98

114.77

113.11

113.04

110.11

112.25

110.92

112.43

109.93

 

2017.9~2018.8

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

LME銅キャッシュ

単位:ドル/MT

6,583

6,797

6,826

6,801

7,080

7,002

6,796

6,839

6,822

6,955

6,248

6,040

為替相場(ドル・円)

単位:円

110.74

112.95

112.96

113.02

110.86

107.96

106.07

107.44

109.74

110.03

111.38

111.08

 

2018.9~2019.8

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

LME銅キャッシュ

単位:ドル/MT

6,020

6,216

6,193

6,094

5,932

6,278

6,451

6,445

6,028

5,868

5,940

5,708

為替相場(ドル・円)

単位:円

111.91

112.82

113.36

112.51

108.98

110.38

111.24

111.73

109.86

108.12

108.28

106.32

 

 

2019.9~2020.8

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

LME銅キャッシュ

単位:ドル/MT

5,745

5,743

5,860

6,062

6,049

5,686

5,179

5,048

5,234

5,742

6,354

6,497

為替相場(ドル・円)

単位:円

107.45

108.15

108.90

109.24

109.39

109.98

107.41

107.96

107.35

107.55

106.84

106.05

(データ出典 LME銅:ロンドン金属取引所  為替相場:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

①非鉄金属相場の影響

海外取引(仕入及び販売)は、ロンドン金属取引所(LME)の価格を基準として刻々と変化します。

国内取引(仕入及び販売)は、国内建値(ロンドン金属取引所(LME)×TTS+諸費用)を基準として日々変化します。取引先との価格の決定方法としては、当月平均、前月平均、固定価格等、様々な決め方はありますが、LME価格は、それら全ての基準となっております。従って、原材料の在庫評価額の変動リスクに加えて、非鉄金属相場の変動による利鞘の変動リスクが存在し、業績に影響を与える可能性があります。特に近年は、商品市場への投機資金の流入により価格の変動率は大幅に高まっており、リスク量は増大しております。

このためロンドン金属取引所(LME)先物等によるリスクヘッジを行っていますが、これにより当該リスクを完全に回避できる保証はなく、当社グループの業績が大きな影響を受ける可能性があります。

②為替相場の影響

当社グループでは、主にドル建てによる国際間取引の割合が高いため、為替変動の影響を受けます。このため為替予約等によるリスクヘッジを行っていますが、これにより当該リスクを完全に回避できる保証はなく、当社グループの業績が大きな影響を受ける可能性があります。

(注)TTM:電信中値相場

TTS:対顧客電信売相場

 

(5) 有利子負債

2020年8月期末において、当社グループの有利子負債は74億3百万円、総資産に対する割合は44.2%となっております。当社グループは、財務体質の改善に努力いたしておりますが、今後の金利動向が当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(6) 法的規制について

当社グループは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以下「廃棄物処理法」という。)に基づいて、産業廃棄物保管基準に則った保管を行い、産業廃棄物処理業者に収集運搬及び処理を委託しています。廃棄物処理法における(不適切な産業廃棄物の保管、委託処理に係る契約書の未作成、マニフェスト虚偽記載等)一定の要件に抵触した場合、行政処分等がなされる可能性があり、当社グループの風評、業績及び財政状態が悪影響を受ける可能性があります。

また、国内事業所において、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律などの環境関連法令に基づき、大気、排水、土壌等の汚染防止に努めておりますが、関連諸法令の改正・強化によって、当社グループにおいて新たな管理費用・処理費用負担が求められる可能性があります。

さらに、当社グループが製造、販売する一部の製品には、製造過程で毒物及び劇物取締法の対象となる薬品が使用されております。その管理については、法令を遵守するとともに当社グループの環境マネジメントマニュアルに従い、廃液流出や盗難、労災事故等への対応を行っておりますが、万が一、使用、保管上の不測の事態の発生や天災、火災等の事故があった場合、環境汚染を招く可能性があり、当社グループの風評、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(7) カントリーリスク

当社グループは、多国間取引の割合が高いことから、取引先各国の経済情勢に加え、貿易・通商規制、税制、予期しない法律又は規制の変更並びにそれらの解釈の相違等により、当社グループの業績及び財政状態が悪影響を受ける可能性があります。

 

(8) 設備事故等

当社グループは、多くの生産設備等を有しており、運転・保守管理と設備安全化の両面から労働災害及び生産設備等の事故防止の徹底を図っておりますが、万が一、重大な労働災害や設備事故等が発生した場合には、当社グループの業績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。

(9) テロ、戦争、事故、地震など自然災害について

当社グループは、北陸地区における大規模な自然災害や、当社グループの製造施設における事故等が発生した場合、製造設備等への損害、生産活動の停止、取引先や製造施設近隣住民への補償等により、当社グループの経営成績が影響を受ける可能性があります。また、当社グループの主要取引先の地域での地震等の大規模な自然災害で、主要取引先の生産活動が停止した場合や広いエリアでの災害のため、経済全体が大きく減速した場合にも営業活動(仕入及び販売)が困難になることで当社グループの経営成績が影響を受ける可能性があります。

非鉄金属の鉱山が多い地域での地震、テロ、戦争などが起こった場合も、非鉄金属の供給及び価格に大きく影響を及ぼすことから、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。

 

(10) 感染症の流行

新型コロナウイルス感染症により世界各国にて需要減少や生産減少といった厳しい外部環境が引き起こされました。現状、新型コロナウイルスに対する抜本的な解決策が見いだされていないことから、今後の感染状況によっては当社グループの業績に更なる悪影響を及ぼす可能性があります。当社グループとしては、販売先・調達先の分散化・多様化を図りながら悪影響の極小化を目指すとともに、取引先や従業員の安全を最優先に考え拡大防止に努めてまいります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度における当社グループを取り巻く外部環境は、前年度からの懸念要因であった米中貿易摩擦問題や英国の欧州連合離脱といった問題に目途がついたことから世界経済の底堅い成長が見込まれていました。しかしながら、第3四半期に入って新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大したことで大量失業、都市封鎖、物流遮断等により世界経済は急減速し、マイナス成長懸念から金融市場はじめ各市場とも大きく下落しました。一方で世界主要国は、経済危機回避のために金融政策や財政政策をはじめ、あらゆる経済復興政策を実施したことから先行き期待感が強まり、市場と実体経済との乖離はみられるものの、緩やかながら回復の動きとなりました。

このような状況から、当社グループの主力取扱商品価格に影響を及ぼす銅価格は、第2四半期中旬までは緩やかな上昇の動きとなったものの、新型コロナウイルスの影響による需要減への思惑から反落し、第3四半期にはロンドン金属取引所銅3カ月先物価格は4年2カ月ぶりの安値となる4,371ドルまで下落しました。しかしその後は政策期待や新型コロナウイルスによる鉱山閉鎖等から供給懸念が増大し、反転大幅上昇となり年度末には2年2カ月ぶりの高値となる6,709.5ドルをつけ、市況環境は大幅に好転しました。

このような中、当連結会計年度の販売数量は製錬会社の炉修工事や伸銅会社の生産品目の影響からスクラップを中心に減少し、また年度平均価格(銅建値ベース)も前年度比7.3%低く推移しました。一方で上述の市況環境の影響により在庫評価益の増加や良好な仕入環境から利鞘は拡大しました。

この結果、当連結会計年度の売上高は427億52百万円(前連結会計年度比15.6%減)、営業利益6億46百万円(前連結会計年度は営業損失2億44百万円)、経常利益5億61百万円(前連結会計年度は経常損失2億89百万円)、親会社株主に帰属する当期純利益は3億78百万円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純損失2億30百万円)となりました。

セグメントの業績は次のとおりであります。

(非鉄金属事業)

非鉄金属事業の主力取扱品である銅の期中平均円ベースCash価格が前年度比7.5%低く推移したことやインゴット、スクラップの販売量も前年度比6.8%減で推移したことから当連結会計年度の売上高は424億44百万円(前年度比15.6%減)となりました。

品目別では、インゴット売上高は143億39百万円(前年度比10.2%減)、スクラップ売上高は279億96百万円(同18.0%減)、その他売上高は1億8百万円(同16.9%減)となりました。

(美術工芸事業)

美術工芸事業では、新型コロナウイルスの感染拡大による百貨店などの休業により需要が急減したため、当連結会計年度の売上高は3億8百万円(前年度比24.3%減)となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は14億33百万円となり、前連結会計年度末に比べ74百万円増加いたしました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果獲得した資金は15億円(前年は49百万円の支出)となりました。これは主に税金等調整前当期純利益5億61百万円、売上債権の減少4億28百万円、たな卸資産の減少7億34百万円などの収入に対し、仕入債務の減少4億73百万円、前渡金の増加2億61百万円などの支出が発生したことによるものです。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は97百万円(前年は4億2百万円の支出)となりました。これは主に有形固定資産の取得1億37百万円などの支出が発生したことによるものです。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は13億18百万円(前年は2億82百万円の収入)となりました。これは主に長期借入金の借入14億円による収入に対し、長期借入金の返済13億49百万円及び短期借入金の純減額11億56百万円並びに配当金の支払2億11百万円の支出が発生したことによるものです。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

品目別

当連結会計年度

(自 2019年9月1日

  至 2020年8月31日)

前年同期比(%)

非鉄金属事業(千円)

インゴット

14,637,257

93.1%

(注)1.金額は販売価格によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.スクラップについては、選別、プレスといった加工作業を主としており、生産実績がないため記載を省略しております。

4.美術工芸事業については、記載を省略しております。

 

b.受注実績

非鉄金属事業は受注生産と見込生産を併用しており、両者を明確に区別することが困難であること、また、非鉄金属相場等の市況は日々変動し期末日時点における受注高及び受注残高を合理的に算定することが困難であることから、記載を省略しております。

また、美術工芸事業については、受注生産と見込生産の明確な区分が困難であることから、記載を省略しております。

 

c.販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2019年9月1日

  至 2020年8月31日)

前年同期比(%)

非鉄金属事業(千円)

42,444,014

84.4%

美術工芸事業(千円)

308,766

75.7%

合計(千円)

42,752,780

84.4%

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

(自 2018年9月1日

  至 2019年8月31日)

当連結会計年度

(自 2019年9月1日

  至 2020年8月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

住友金属鉱山株式会社

11,482,597

22.7

8,405,005

19.7

JX金属株式会社

4,275,967

10.0

3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

4.前連結会計年度においてJX金属株式会社は、販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満であるため、記載を省略しております。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

①当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の経営成績は、非鉄金属相場が一時的な下落はあったもの総じて上昇基調を維持し堅調に推移したことに加え、在庫管理の強化により適正利鞘が確保できたことや相場上昇による在庫評価益の発生もあり、売上高は427億52百万円(前年度比15.6%減)、売上総利益19億21百万円(同91.1%増)、売上総利益率は4.5%(同2.5ポイント増加)と大きく前年を上回りました。また、販売費及び一般管理費は微増となったことから営業利益6億46百万円(前年度は営業損失2億44百万円)、経常利益5億61百万円(前年度は経常損失2億89百万円)、親会社株主に帰属する当期純利益3億78百万円(前年度は親会社株主に帰属する当期純損失2億30百万円)となりました。

 

(売上高)

当連結会計年度の売上高は、インゴット売上高で143億39百万円(前年度比10.2%減)、スクラップ売上高で279億96百万円(同18.0%減)、美術工芸品売上高で3億8百万円(同24.3%減)、その他売上高で1億8百万円(同16.9%減)となり、売上高合計では427億52百万円(同15.6%減)となりました。

主な変動要因は、次のとおりであります。

非鉄金属事業では、インゴット売上高につきましては、造船関連は受注環境の悪化から、価格下落のなか販売数量減少の影響により減収となりましたが、給水設備関連で販売数量増加により増収となったため、全体では前年度比10.2%の減収となりました。また、スクラップにつきましては、上物や製錬会社向け故銅を主因に販売数量全体が減少したことや価格下落の影響から売上高は前年度比18.0%の減収となりました。

一方、美術工芸事業では、新型コロナウイルス感染拡大による百貨店などの休業により需要が急減したため、売上高は前年同期比24.3%の減収となりました。

売上総利益)

売上総利益は、非鉄金属事業では、銅相場が一時的な下落はあったものの期中を通して上昇基調を維持したことや在庫管理の強化により適正利鞘を確保できたことから増益となりました。一方、美術工芸事業では、利益率は若干改善したものの売上高減少の影響から減益となりましたが、非鉄金属事業の増益影響が大きく、19億21百万円(前年度比91.1%増)の大幅増益となり、売上総利益利率は4.5%(同2.5ポイント増加)と大幅に好転いたしました

(営業利益)

売上総利益の大幅増加に加え販売費及び一般管理費が12億74百万円(前年度比2.0%増)と微増であったため、営業利益6億46百万円(前年度は営業損失2億44百万円)となりました

(営業外収益及び費用)

営業外収益は、受取保険金2百万円、受取配当金10百万円、その他6百万円等により19百万円(前年度比64.7%減)となりました。

一方、営業外費用は、支払利息65百万円(前年度比25.3%減)、為替差損17百万円(同373.5%増)、デリバティブ運用損11百万円、持分法による投資損失4百万円、その他5百万円の発生により1億4百万円(同4.3%増)となりました

経常利益)

営業利益に営業外収益及び費用を加減し、5億61百万円の経常利益(前年度は経常損失2億89百万円)となりました。

法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額)

課税所得の増加により、法人税、住民税及び事業税は1億6百万円(前年度は8百万円)、法人税等調整額は77百万円(前年度は△90百万円)となり、税金費用は1億83百万円(前年度は△82百万円)となりました

(親会社株主に帰属する当期純利益)

以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は3億78百万円(前年度は親会社株主に帰属する当期純損失2億30百万円)となりました。

 

 

目標とする経営指標について

当社グループは、企業価値の向上及び財務体質の強化を図るため、自己資本比率、自己資本利益率、有利子負債比率を重要な経営指標としております。

今期の実績は、下表の通り外部環境の影響により各目標とも好転いたしました。

経営指標

前連結会計年度

(2019年8月31日)

当連結会計年度

(2020年8月31日)

前年同期比

自己資本比率

41.2%

45.1%

3.9%

自己資本利益率

5.1%

有利子負債比率

116.1%

98.1%

△18.0%

(注)前連結会計年度の自己資本利益率については、当期純損失であるため記載しておりません。

 

②経営成績に重要な影響を与える要因について

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因といたしましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク(4) 非鉄金属相場、為替相場の変動等」に記載のとおり、当社グループの取扱い品目が、日々の非鉄金属相場や為替相場の影響を強く受けるため、これら二つの市場の相場変動により大きな影響を受ける可能性があります。

 

③資本の財源及び資金の流動性についての分析

当社グループの資金調達としては、運転資金に関しては、手許資金(利益等の内部留保金)及び長期借入金による調達を基本とし、不足が生じる場合には調達コストも考慮し、短期借入金による調達で賄っております。設備資金に関しては、手許流動性資金を勘案の上、不足が生じる場合には、長期借入金による調達で賄っております。ただし、設備資金の不足が生じる期間が短期間である場合には、短期借入金による調達で賄っております。

長期資金の調達に際しては、金利動向を注視し、株式の発行に関しては、資本政策に基づき、株式価値の希薄化や配当金の負担等を考慮して実施しております。

資金の流動性については、利益の確保に加え、棚卸資産管理及び売掛債権の管理を行うことにより、営業活動によるキャッシュ・フローの安定的確保に努めております。

 

④財政状態の分析

(資産)

当連結会計年度末における流動資産は137億19百万円となり、前連結会計年度末に比べ10億円減少いたしました。その主な要因といたしましては、売上債権が4億28百万円、たな卸資産が7億34百万円減少し、前渡金が2億61百万円増加したことによるものであります。固定資産は30億16百万円となり、前連結会計年度末に比べ95百万円減少いたしました。その主な要因といたしましては、有形固定資産が52百万円減少したことによるものであります。

この結果、総資産は167億35百万円となり、前連結会計年度末に比べ10億96百万円減少いたしました。

(負債)

当連結会計年度末における流動負債は71億43百万円となり、前連結会計年度末に比べ13億45百万円減少いたしました。その主な要因といたしましては、仕入債務が4億73百万円、短期借入金が11億65百万円減少し、未払法人税等が1億15百万円増加したことによるものであります。固定負債は20億46百万円となり、前連結会計年度末に比べ43百万円増加いたしました。その主な要因といたしましては、長期借入金が35百万円増加したことによるものであります。

この結果、負債合計は91億89百万円となり、前連結会計年度末に比べ13億2百万円減少いたしました。

(純資産)

当連結会計年度末における純資産合計は75億46百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億6百万円増加いたしました。その主な要因といたしましては、親会社株主に帰属する当期純利益3億78百万円、剰余金の配当2億12百万円によるものであります。

この結果、自己資本比率は45.1%(前連結会計年度末は41.2%)となりました。

 

⑤キャッシュ・フローの状況の分析

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動により獲得した資金15億円を投資活動による資金として97百万円使用し、また財務活動による資金として13億18百万円使用した結果、前連結会計年度末に比べ74百万円増加し、当連結会計年度末の資金残高は14億33百万円となりました。なお、各キャッシュ・フローの増減要因につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

⑥重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般的に公正妥当と認められている会計基準に従って作成されております。当社グループは、連結財務諸表の作成に際し、連結決算日における資産・負債の決算数値及び偶発債務の開示並びに連結会計期間における収益・費用の決算数値に影響を与える見積りを、過去の実績や状況に応じ合理的と考えられる様々な要因に基づいて行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

なお、当社グループは、特に以下の重要な会計方針に関して、使用される当社グループの重要な判断、見積りが当社グループの連結財務諸表の作成において大きな影響を及ぼすと考えております。

 

a.たな卸資産の評価減

当社グループは、たな卸資産の市場需要に基づく将来の消費見込み又は販売見込み並びに市場状況に基づく時価の見積額を測定し、たな卸資産が将来に獲得可能なキャッシュ・フローを見積り、必要な評価減を計上しております。実際の市場における将来需要又は時価が当社グループの見積りより悪化した場合、追加の評価減が必要となる可能性があります。

 

b.有形固定資産及び無形固定資産の減損

当社グループは、固定資産の減損に係る回収可能性の評価にあたり、主として事業部門単位をもとに資産のグルーピングを決定しております。営業損益が継続してマイナスであるなどの減損の兆候が見られた資産グループについて、割引前将来キャッシュ・フローの見積額が帳簿価額を下回り、減損損失を認識すべきと判断された場合、当該損失額を特別損失として計上します。資産グループの回収可能額は正味売却価額と使用価値のいずれか高い方の金額を採用しており、正味売却価額は主に不動産鑑定評価額により算定し、使用価値は将来キャッシュ・フローの現在価値に基づいて算定しております。減損損失の判定を行う事業単位において、損益状況の悪化や事業内容の変化によって減損処理が必要となる状況が生じた場合には、減損損失の計上が必要となる可能性があります。

 

c.繰延税金資産の回収可能性

当社グループは、繰延税金資産の計上にあたり、将来の利益計画に基づいた課税所得の十分性やタックスプランニングの存在の有無などにより繰延税金資産の回収可能性を判断しております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積額が減少した場合は繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積りについては、第5「経理の状況」(追加情報)に記載のとおりであります。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

当社グループは循環型社会に対応していくため、既存事業の領域拡大を目指した活動を今後も事業の中心としていくべく研究開発を進めております。具体的にはインゴットでは銅を主体とした銅合金の開発、スクラップではレアメタルリサイクル技術の開発であります。

現状は、取引先の新商品開発のための鋳造試験や成分分析などによる協力が中心であり、自社グループにおいては一部実験等を行ってはいるものの、関連情報の収集・調査が主体であるため、研究開発費は発生しておりません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当連結会計年度においては、主に非鉄金属事業の機械設備を中心として、総額384百万円の設備投資を実施しました。

なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。

 

 

2【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1)提出会社

2020年8月31日現在

 

事業所名

(所在地)

セグメントの

名称

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物及び

構築物

(千円)

機械装置

及び運搬具

(千円)

土地

(千円)

(面積㎡)

その他

(千円)

合計

(千円)

本社・工場

(富山県射水市)

非鉄金属事業・美術工芸事業・その他

統括業務施設、生産設備

302,168

358,810

1,013,255

(65,948.06)

70,411

1,744,645

106

東京支店

(東京都千代田区)

非鉄金属事業・美術工芸事業・その他

販売、調達業務施設

36,609

2,501

383,000

(161.63)

2,533

424,645

9

新潟事業部

(新潟市東区)

 

非鉄金属事業

 

販売、調達業務施設

43,529

0

124,866

(2,682.16)

1,186

169,583

6

(注)帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。なお、上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)国内子会社

該当事項はありません。

 

(3)在外子会社

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

 

3【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、事業計画、投資効率等を勘案して策定しております。

なお、重要な設備の新設、除却等の計画は、次のとおりであります。

(1) 重要な設備の新設等

該当事項はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

28,000,000

28,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年8月31日)

提出日現在発行数

(株)

(2020年11月26日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

14,337,200

14,337,200

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数

100株

14,337,200

14,337,200

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項ありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

2018年3月1日

(注)

7,168,600

14,337,200

1,000,000

293,024

(注)株式分割(1:2)によるものであります。

 

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数 100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

14

15

90

10

26

12,065

12,220

所有株式数

(単元)

7,323

187

62,617

158

98

72,964

143,347

2,500

所有株式数の割合(%)

5.11

0.13

43.68

0.11

0.07

50.90

100.00

(注)自己株式165,990株は、「個人その他」に1,659単元及び「単元未満株式の状況」に90株含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年8月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社黒谷商店

富山県射水市作道2140-3

5,685,000

40.12

黒谷純久

東京都世田谷区

3,000,400

21.17

株式会社SMC

兵庫県神戸市兵庫区駅前通2丁目1-2

400,000

2.82

黒谷 暁

東京都世田谷区

201,000

1.42

黒谷昌輝

東京都世田谷区

200,000

1.41

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

188,500

1.33

黒谷株式会社従業員持株会

富山県射水市奈呉の江12-2

157,600

1.11

株式会社北陸銀行

富山県富山市堤町通り1丁目2-26

140,000

0.99

株式会社北國銀行

(常任代理人 株式会社日本カストディ銀行)

石川県金沢市広岡2丁目12番6号

(東京都中央区晴海1丁目8-12)

140,000

0.99

黒谷春美

東京都世田谷区

120,000

0.85

10,232,500

72.21

(注)2020年8月31日現在における日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の信託業務に係る株式数については、当社として把握することができないため記載しておりません。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年8月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

165,900

完全議決権株式(その他)

普通株式

14,168,800

141,688

単元未満株式

普通株式

2,500

発行済株式総数

 

14,337,200

総株主の議決権

 

141,688

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年8月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

黒谷株式会社

富山県射水市奈呉の江12番地の2

165,900

165,900

1.16

165,900

165,900

1.16

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】  普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額(円)

株式数(株)

処分価額の総額(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分)

21,800

9,862,700

保有自己株式数

165,990

165,990

(注)1.当期間における処理自己株式数には、2020年11月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡し及び譲渡制限付株式報酬の付与による株式は含まれておりません。

2.当期間における保有自己株式数には、2020年11月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡し並びに譲渡制限付株式報酬の付与及び無償取得による株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

当社では、株主の皆様に対する利益還元は経営の最重要目的の一つであるという認識のもと、利益配分につきましては、期間収益、内部留保、財務体質等の経営全般にわたる諸要素を総合的に判断の上、決定する方針としております。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

当社は、「取締役会決議により、毎年2月末日を基準日として、中間配当を行うことができる」旨を定款に定めております。

当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり15円(うち、中間配当7.5円)の配当を実施することを決定いたしました。

内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える技術・製造開発体制を強化し、さらには、グローバル戦略の展開を図るために有効投資してまいりたいと考えております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

2020年4月10日

106,284

7.5

取締役会決議

2020年11月26日

106,284

7.5

定時株主総会決議

 

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、経営の効率性、透明性を高め、安全かつ健全なる事業活動を通じ企業価値の最大化を目指し、株式会社としての社会的責任を果たすことをコーポレート・ガバナンスの基本的な考え方としております。その前提として当社の役職員は「企業行動規範」及び「コンプライアンス規程」を遵守し、日常の業務活動を行っております。

 

②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

a.企業統治の体制の概要

(a)取締役会・役員体制

当社における経営の意思決定及び監督につきましては、取締役9名(うち社外取締役2名)で構成される取締役会にて行っております。これは迅速な意思決定や経営の客観性確保を図るために適当な構成であると考えております。

当社の取締役会は、法令および定款に定められた事項ならびに経営の基本方針等重要な業務に関する事項の決議を行うとともに、各取締役の業務執行状況を監督しております。

現在の構成員は次のとおりです。

 代表取締役社長  黒谷 純久 (議長)

 代表取締役副社長 井上 亮一

 代表取締役専務  黒谷  暁

 常務取締役    浦田 伊希子

 取締役      舛田 敏彰

 取締役      榮森 貞治

 取締役      髙藤  豊

 取締役(社外)  石黒 洋二

 取締役(社外)  石黒 達郎

 

(b)監査役会・監査役

会社法関連法令に基づく監査役会設置会社制を採用しております。監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、ガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。

監査役は、株主総会、取締役会への出席や、取締役・従業員・会計監査人からの報告収受など法律上の権利行使のほか、常勤監査役は、重要な会議への出席や支店・事業所への往査など実効性のあるモニタリングに取り組んでおります。

現在の構成員は次のとおりです。

 常勤監査役    飴  義彦 (議長)

 監査役(社外)  早川 元雄

 監査役(社外)  折橋 清弘

 

(c)指名・報酬委員会

指名・報酬委員会は、取締役の指名や報酬に関する意思決定手続きの公正性、透明性、客観性を確保し、コーポレート・ガバナンスの一層の充実を図るため、取締役会の任意の諮問機関として設置しております。指名・報酬委員会は、代表取締役及び独立社外取締役で構成する3名以上の委員会とし、うち過半数は独立社外取締役としております。指名・報酬委員会は適宜開催し、取締役会の諮問に基づき審議を行い、その結果を答申しております。

現在の構成員は次のとおりです。

 代表取締役社長  黒谷 純久

 取締役(社外)  石黒 洋二

 取締役(社外)  石黒 達郎 (委員長)

 

(d)経営会議

経営会議は、取締役会の決定した経営基本方針に基づき、経営に関する重要な事項を審議・決裁することにより、代表取締役社長及び取締役会を補佐しております。経営会議は、取締役と常勤監査役で構成しており、月1回開催しております。取締役会への付議事項についての事前討議や「社員の昇進・異動」などのような経営会議での決議事項等についての討議・決議を行っています。

現在の構成員は次のとおりです。

 代表取締役社長  黒谷 純久 (議長)

 代表取締役副社長 井上 亮一

 代表取締役専務  黒谷  暁

 常務取締役    浦田 伊希子

 取締役      舛田 敏彰

 取締役      榮森 貞治

 取締役      髙藤  豊

 常勤監査役    飴  義彦

 

(e)会社の機関・内部統制の関係図

 

0104010_001.png

b.体制を採用する理由

社外取締役2名、社外監査役2名による外部的見地からの監視のもと、取締役会及び経営会議による審議・意思決定が行われており、現状の当社の企業規模及び経営の客観性確保の観点からみて適当なコーポレート・ガバナンス体制であると考えております。

 

③企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備状況

当社は、事業目的の達成及び持続的な成長を確保するために、適切な内部統制システムを構築することは経営上最も重要な課題の一つであると認識しております。このような認識の下、以下の通り当社の業務の適正を確保するための体制を整備しております。

 

(a)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

イ)企業行動規範をはじめとする取締役及び使用人が遵守すべき社内規程等を定め、法令等への適合体制を確立します。

ロ)職務執行については、法令、定款及び社内規程等に基づき、取締役会、経営会議その他の会議体又は稟議書により決定します。

 

(b)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

株主総会や取締役会、経営会議の議事録その他重要情報については、法令、定款及び社内規程等に基づき、適切な保存・管理を行います。

 

(c)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

イ)経営上の重要事項に係るリスクについては、取締役会及び経営会議において十分な協議・審議を行います。

ロ)市場リスク、信用リスク、情報漏洩リスク等、個別のリスクについては、それぞれ社内規程を定め、適切な管理を行います。

ハ)労働災害、自然災害、大規模な事故等の危機対応については、危機管理規程を定め、社内連絡体制を構築するとともに組織的な対応を行います。

 

(d)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

イ)組織規程、取締役会規程及び業務分掌規程等により、権限と責任を明確にします。

ロ)経営上の重要事項については取締役会や経営会議で決議します。

 

(e)子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

イ)子会社の取締役及び使用人の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

当社の企業集団管理に関する基本事項として「子会社管理規程」を定め、適正な業務運営を図るほか、同規程に定める一定の事項について、定期及び随時に報告を求めるものとします。

ロ)子会社の損失の危険の管理に関する体制

当社は、子会社の経営上の重要事項に係るリスクについては、取締役会及び経営会議において十分な協議・審議を行います。

ハ)子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保する為の体制

当社は、子会社の経営上の重要事項については、当社の事前承認を求めるものとし、子会社の意思決定が効率的に行われることを確保します。

ニ)子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する為の体制

当社は、子会社の必要な情報を収集し経営内容を的確に把握するとともに、定期的に内部監査を行い、経営管理の適正を確保します。

 

(f)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該使用人の取締役からの独立性に関する事項

監査役がその職務を補助すべき使用人の設置を求めた場合には、取締役からの独立性に関する事項も含め、真摯に検討します。

 

(g)監査役の職務を補助すべき使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

監査役の職務補助すべき使用人を置いた場合には、当該使用人に対し、監査役の指揮命令に従う旨を周知徹底します。

 

(h)取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制

取締役及び使用人は、その分掌業務において会社に著しい損害を与える事実並びに著しい損害を与えるおそれのある事実を発見した場合、法令及び社内規程に定める方法により、速やかに監査役に適切な報告を行います。

 

(i)子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報告するための体制

当社の子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者は、重大な法令等への違反もしくは当社の子会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見した場合、速やかに当社の監査役に適切な報告を行います。

 

(j)監査役へ報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な扱いを受けないことを確保するための体制

当社は、当社の監査役へ報告を行った取締役及び使用人(当社の子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者を含む)に対し、当該報告をしたことを理由として不利な扱いを行うことを禁止し、その旨を周知徹底します。

 

(k)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

監査役の職務の執行について生ずる費用は会社が負担し、監査役からの費用の前払請求等に対しては適正に対処します。

 

(l)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

取締役及び使用人は、取締役会その他重要会議の開催にあたり、監査役が出席する機会を設けております。

 

(m)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方とその整備状況

当社、当社の特別利害関係者、株主及び取引先等は、反社会的勢力との関係は一切ありません。

当社は、コンプライアンス体制の充実と強化を図るべく、役職員の行動規範を律するため、その基本方針としての企業倫理及び遵守指針としての企業行動規範及びコンプライアンス規程を設けており、その一つとして反社会的勢力との絶縁をあげております。また、反社会的勢力対応規程を定め、当社の反社会的勢力排除に関する基本を明らかにしております。

反社会的勢力排除に向けた具体的取組みとして、まず、新規販売先や仕入先の選定にあたっては調査会社(日経テレコン等)に調査を依頼し、その結果を踏まえて取引開始の可否を決定することにしており、反社会的勢力及びそれに共生するグループとの関係が発生しないよう未然防止に努めております。万が一、反社会的勢力からの接触があった場合は、総務部を対応部署として、必要に応じて顧問弁護士や警察等の専門家に早期に相談し、適切な処置をとることとしております。

 

b.リスク管理体制の整備状況

(a)リスク管理体制及び取組みの状況

当社では、企業価値を高めるための努力として、全社的なリスク管理体制強化を推進しています。

重大なリスクが顕在化した時の対応方針として「危機管理規程」を定め、社長を本部長とする緊急対策本部を設置し、対策にあたることとしております。また、「財務報告に係る内部統制に関する基本規程」や「与信管理規程」、「債権管理規程」、「デリバティブ管理規程」等を定め、「リスクの洗い出し」「対応策の検討、実行管理」を実践し、被害を最小限に抑制するため適切な措置を講じることに努めております。

 

(b)コンプライアンス体制及び取組みの状況

当社では、全社的なコンプライアンス体制の強化・推進が必要不可欠であると認識しており、内部監査室を設置する等して企業活動における法令遵守や営業上の諸問題に対応しております。

コンプライアンスへの取組みといたしましては、企業行動規範やコンプライアンス規程を制定するとともに、社内におけるコンプライアンスの徹底を図るため教育研修を行う等、コンプライアンスの啓蒙、強化に努めております。また、社内における組織的、又は個人的法令違反や不正行為等の早期発見と是正を図るため、労働者からの通報を受ける窓口を総務部、当社の顧問弁護士及び社会保険労務士に設置するほか、法令違反行為等に該当するかを確認する等の相談に応じる窓口を内部監査室に設置しております

 

(c)情報セキュリティ体制及び取組みの状況

情報セキュリティについては、当社の取り扱う様々な情報の漏洩を回避するため、全社的に「秘密に関する誓約書又は同意書」を徴収する等、情報漏洩リスクに関する内部統制を構築・運用する体制を整備しております

また、「情報システム管理規程」を定め、情報システム統括責任者及び情報システム責任者を中心に情報のセキュリティレベルを設け、それぞれのレベルに応じたアクセス権限管理を行っております。このほか、個人情報の保護に対応するため「個人情報管理規程」を定め、情報保護責任者を選出して個人情報の外部流出、不正利用、改ざんを防止する体制を構築しております

 

c.責任限定契約の内容の概要

当社は、すべての社外取締役及び社外監査役との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定とする契約を締結しております。ただし、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としております。

 

d.取締役の定数

当社の取締役は、12名以内とする旨、定款に定めております。

 

e.取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。

 

f.取締役会で決議できる株主総会決議事項

(a)自己株式の取得

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。これは、経営環境の変化に応じた機動的な資本政策を遂行することを目的としたものであります。

 

(b)中間配当

当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年2月末日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にすることを目的としたものであります。

 

g.株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的としたものであります。

 

h.支配株主との取引等を行う際における非支配株主の保護の方策の履行状況

当社は、支配株主との取引等を行う際における非支配株主の保護の方策に関する指針として、支配株主等との取引条件等におきましては、他の会社と取引を行う場合と同様に契約条件や市場価格を見ながら合理的に決定しており、現時点において、当社は非支配株主の保護に対する方策を適切に履行しております。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性11名 女性1名 (役員のうち女性の比率8.3%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役社長

(代表取締役)

黒谷 純久

1958年1月12日

1984年9月 黒谷㈱(現 ㈱雄祥)取締役就任

1985年11月 新日本美術㈱(現 当社)常務取締役就任

1997年7月 当社代表取締役専務就任

2005年8月 当社代表取締役社長就任(現任)

2012年7月 KUROTANI NORTH AMERICA INC.代表取締役就任(現任)

2014年8月 THAI KUROTANI CO.,LTD.取締役就任(現任)

2015年2月 ㈱黒谷商店代表取締役就任(現任)

2017年4月 ㈱雄祥代表取締役就任(現任)

(注)5

3,000,400

取締役副社長

(代表取締役)

経営企画部・総務部管掌役員

井上 亮一

1953年7月4日

2003年9月 ㈱北陸銀行営業渉外部統括副部長

2004年7月 当社入社

2005年9月 当社社長室長

2007年11月 当社専務取締役管理本部長就任

2010年3月 当社専務取締役経営企画部管掌役員

2012年2月 当社代表取締役副社長経営企画部管掌役員就任

2016年11月 当社代表取締役副社長経営企画部・総務部管掌役員就任(現任)

(注)5

26,000

専務取締役

(代表取締役)

非鉄営業部・新潟事業部管掌役員

黒谷 暁

1988年11月8日

2012年8月 当社入社

2014年12月 当社社長室長

2019年1月 当社非鉄営業部長兼社長室長

2019年11月 当社取締役社長室長兼非鉄営業部・新潟事業部管掌役員

2020年11月 当社代表取締役専務非鉄営業部・新潟事業部管掌役員就任(現任)

(注)5

201,000

常務取締役

美術工芸部長

浦田 伊希子

1960年8月19日

1986年10月 当社監査役就任

1989年7月 当社監査役退任

1992年9月 黒谷㈱(現 ㈱雄祥)入社

1996年11月 当社取締役就任

2004年5月 当社取締役退任

2011年9月 当社美術工芸部部長

2012年11月 当社取締役美術工芸部管掌役員兼美術工芸部長就任

2018年11月 当社取締役美術工芸部長

2020年11月 当社常務取締役美術工芸部長就任(現任)

(注)5

27,000

取締役

財務部長

舛田 敏彰

1969年8月4日

1998年10月 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所

2003年5月 公認会計士登録

2007年9月 当社入社社長室長補佐

2008年4月 当社内部監査室長

2018年11月 当社取締役内部監査室長就任

2019年11月 当社取締役財務部長就任(現任)

(注)5

7,800

取締役

非鉄営業部長

榮森 貞治

1964年12月8日

1987年4月 新日本美術㈱(現 当社)入社

2013年7月 非鉄営業部 部長

2019年12月 非鉄営業部長

2020年11月 当社取締役非鉄営業部長就任(現任)

(注)5

200

取締役

非鉄製造部長兼設備管理部管掌役員

髙藤 豊

1966年9月13日

1985年6月 黒谷㈱(現 ㈱雄祥)入社

1985年11月 新日本美術㈱(現 当社)入社

2014年9月 当社非鉄製造部 部長

2018年11月 当社取締役非鉄製造部長

2019年11月 当社取締役非鉄製造部長兼設備管理部管掌役員就任(現任)

(注)5

2,500

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

取締役

石黒 洋二

1941年5月7日

1998年7月 金沢税務署長就任

1999年8月 石黒洋二税理士事務所代表(現任)

2013年11月 当社監査役就任

2016年11月 当社取締役就任(現任)

(注)5

取締役

石黒 達郎

1951年3月12日

2011年6月 ㈱北陸銀行取締役専務執行役員就任

2012年6月 堤商事㈱取締役社長就任

2013年6月 北銀ソフトウエア㈱代表取締役就任

2018年11月 当社取締役就任(現任)

(注)5

常勤監査役

飴 義彦

1957年11月25日

1980年4月 黒谷㈱(現 ㈱雄祥)入社

1985年11月 新日本美術㈱(現 当社)入社

2006年7月 当社総務部長

2007年11月 当社常勤監査役就任(現任)

(注)6

8,000

監査役

早川 元雄

1940年3月30日

1998年4月 名古屋地方検察庁半田支部長就任

1999年7月 富山公証人合同役場公証人就任

2007年6月 富山県弁護士会弁護士登録早川法律事務所開設(現任)

2014年11月 当社監査役就任(現任)

(注)6

監査役

折橋 清弘

1954年10月26日

2008年7月 砺波税務署長就任

2014年7月 金沢国税局徴収部長就任

2015年8月 折橋清弘税理士事務所代表(現任)

2017年11月 当社監査役就任(現任)

(注)7

3,272,900

(注)1.取締役石黒 洋二及び石黒 達郎は、社外取締役であります。

2.監査役早川 元雄及び折橋 清弘は、社外監査役であります。

3.専務取締役黒谷 暁は、代表取締役社長黒谷 純久の実子であります。

4.常務取締役浦田 伊希子は、代表取締役社長黒谷 純久の実妹であります。

5.2020年11月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年以内の終了する事業年度に関する定時株主総会終結の時まで。

6.2018年11月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年以内の終了する事業年度に関する定時株主総会終結の時まで。

7.2017年11月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年以内の終了する事業年度に関する定時株主総会終結の時まで。

 

② 社外役員の状況

現在、当社は社外取締役2名、社外監査役2名を選任しております。

当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するにあたっては、一般株主と利益相反が生ずる恐れがないよう、会社法上の要件及び東京証券取引所が定める独立性基準を満たすことを条件に選定するとともに、それぞれの専門分野での知識・経験に基づき、取締役会における率直・活発で建設的な検討への貢献が期待できる人物を選定しております

社外取締役石黒洋二は、税理士として、過去に当社と顧問契約を結んでおりましたが、それ以外に当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外取締役石黒達郎は当社の主要取引金融機関の一つである株式会社北陸銀行出身でありますが、それ以外に当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役早川元雄及び折橋清弘は、当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外取締役石黒洋二は税理士として企業会計に関する豊富な知見を有し、社外取締役石黒達郎は上場企業役員経験者として豊富な企業経営の経験を有しており、これらの知識・経験を当社の経営に発揮してもらうべく社外取締役として選任しております。

社外監査役早川元雄は弁護士として企業法務に関する豊富な知見を有し、社外監査役折橋清弘は税理士として企業会計に関する豊富な知見を有しており、これらの知識・経験を当社の監査に発揮してもらうべく社外監査役として選任しております。

社外取締役石黒洋二及び石黒達郎、社外監査役早川元雄及び折橋清弘は、株式会社東京証券取引所の独立役員制度に基づき、当社の独立役員に指定しており、中立・公正な立場を保持し、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと認識しています。

社外取締役石黒洋二は、当事業年度に開催された取締役会13回のうち13回に出席しました。

社外取締役石黒達郎は、当事業年度に開催された取締役会13回のうち12回に出席しました。

社外監査役早川元雄は、当事業年度に開催された取締役会13回のうち13回に、また、監査役会13回のうち13回に出席しました。

社外監査役折橋清弘は、当事業年度に開催された取締役会13回のうち13回に、また、監査役会13回のうち13回に出席しました。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

当社の役員は取締役9名及び監査役3名の合計12名で構成されており、そのうち社外取締役及び社外監査役は4名と役員全体の3分の1を占め、実効性の高い経営の監督体制を確保しております。

当社は、内部監査により把握された問題点等について、適宜取締役や監査役へ報告がなされています。その際、必要に応じて、監査役会とも連携を行っております。

常勤監査役は、取締役会に加え、経営会議等の重要な会議にも出席し、社外監査役への情報共有を定期的に行っております。また、社外取締役とは必要に応じて意見交換を行う等連携できる体制を確保しております。

外部会計監査人と監査役、内部監査部門は、会計監査や四半期レビューを通じ連携を確保しております。また、社外取締役とも必要に応じて連携ができるよう体制を整備しております。

 

 

(3)【監査の状況】

①監査役監査の状況

監査役監査につきましては、監査役3名(うち2名が社外監査役)にて構成される監査役会を設置しております。各監査役は、監査役会が定めた監査役監査の基準に準拠し、当期の監査方針、監査計画等に従い、取締役会その他重要な会議に出席するほか、取締役、内部監査部門、その他内部統制所管部門等からその職務の執行状況を聴取し、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所において業務及び財産の状況を調査し、取締役の職務執行状況を監査しております。また会計監査人より監査結果の詳細報告を受け、当該監査の適法性や監査結果の相当性について判断しております。

なお、社外監査役早川元雄は弁護士の資格を有し、企業法務に関する相当程度の知見を有しております。また、社外監査役折橋清弘は税理士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

当事業年度において当社は監査役会を合計13回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

飴 義彦

13回

13回

早川 元雄

13回

13回

折橋 清弘

13回

13回

 

監査役会における主な検討事項は、監査の方針及び監査計画、内部統制システムの整備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、監査報告の作成、定時株主総会への付議議案内容の監査、決算・配当等に関する審議等があります。

また、常勤監査役の活動として、取締役会、経営会議等の重要会議に出席し取締役及び使用人等からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、主要な事業所等における業務及び財産の状況を調査いたしました。

 

②内部監査の状況

内部監査につきましては、業務の有効性・効率性、財務報告の信頼性、資産の保全・有効活用状況、リスク管理状況、法令等及び社内諸規則・基準の遵守状況等について内部監査室(専任1名)において、監査を実施しております。

また、内部監査室の年度計画に基づき各部門に対する内部統制評価を実施しており、発見されたリスク、不備事項については取締役会に報告し、適宜な対応ができるよう管理体制を整備しております。

内部監査、監査役監査及び会計監査は、それぞれの業務を適切に遂行するため、期初に監査計画を協議し、その後も定期的に打ち合わせを行うことによって監査結果の情報・意見の交換を行い、相互に連携して効率的、効果的な監査に努めております。また、それぞれの監査の結果明らかになった課題を共有し、改善に向けた協議を行うとともに、次回監査計画へフィードバックしております

 

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

有限責任監査法人トーマツ

 

b.継続監査期間

第24期(2009年8月期)以降

 

c.業務を執行した公認会計士

指定有限責任社員 業務執行社員 下条修司

指定有限責任社員 業務執行社員 加藤博久

 

d.監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他4名であります。

 

e.監査法人の選定方針と理由

当社監査役会は、監査法人の選定方針として、会社計算規則が定める「会計監査人の職務の遂行に関する事項」の体制等を整備していること、職業的専門家として独立の立場を保持し適切な監査を実施すること、会社法の会計監査人の解任事由が存しないこと、等の基準に照らして選定の可否を判断することとしており、これらを確認した結果、現会計監査人の有限責任監査法人トーマツを選定しております。

また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目等に該当したと判断した場合には、監査役会は会計監査人の解任又は不再任に関する議案を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出することとしております。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、上述監査法人の選定方針に掲げた基準の適否に加え、日頃の監査活動等を通じ、経営者・監査役・財務部門・内部監査部門等とのコミュニケーション、グループ全体の監査、不正リスクへの対応等が適切に行われているかという観点で評価した結果、有限責任監査法人トーマツは当社の監査法人として適格であると判断しております。

 

④監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

27,000

28,500

5,697

連結子会社

27,000

28,500

5,697

当社は、当連結会計年度において、会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)として、「収益認識に関する会計基準」及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」適用に関する助言業務のための対価を支払っております。

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬については、監査日数等を勘案し、協議の上で決定しております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

当社監査役会は、会計監査人から監査項目の内容と予定監査時間等の算定根拠について説明を受け、また、監査報酬の推移と増減理由も確認し、当事業年度の監査時間および報酬額の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意をしております。

 

 

(4)【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の取締役(社外取締役を除く)の報酬は、中長期的な株主価値及び企業業績の向上を図るため、企業業績と取締役個人の役位及び成果を適正に連動させることを基本方針として支給額を決定しております。また、社外取締役を除く取締役に対しては、基本報酬に加え、持続的な企業価値向上に向けたインセンティブを付与する目的から、譲渡制限付株式報酬を支給することとしております。なお、社外取締役に対しては、特に当社の経営に対する妥当性・合理性を監督する立場としての判断が期待されるものと考えており、譲渡制限付株式報酬制度の対象外とし、基本報酬のみといたしております。

監査役の報酬は、監査役が株主の負託を受けた独立機関として取締役の職務執行に対する監査の職責を負っていることから、企業業績とは連動させず、基本報酬のみとしております。

取締役の報酬限度額は、2007年11月28日開催の第22回定時株主総会において、年額200百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。また、当該取締役の報酬限度額とは別枠として、2018年11月27日開催の第33回定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く)に対して譲渡制限付株式の付与のために支給する金銭報酬債権の総額として年額50百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。

監査役の報酬限度額は、2007年11月28日開催の第22回定時株主総会において、年額30百万円以内と決議いただいております。

当社取締役の報酬の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限は取締役会が有しておりますが、基本報酬の決定に関しては取締役会決議により代表取締役社長に一任しております。また、当社は、取締役の報酬に関する意思決定手続きの公正性、透明性、客観性を確保するため、代表取締役及び独立社外取締役で構成する任意の諮問機関として指名・報酬委員会を設置し、取締役の報酬額の決定に当たっては、当該委員会による審議を経て行うこととしております。

事業年度におきましては、2019年11月27日開催の当社取締役会において、同日に開催された指名・報酬委員会の審議結果を踏まえ、基本報酬額の決定を代表取締役社長に一任する旨を決議するとともに、譲渡制限付株式報酬額について決定しております。

監査役の報酬は、監査役の協議に基づいて決定しております。

 

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

支給人員(名)

基本報酬

賞与

譲渡制限付株式報酬

取締役(社外取締役を除く)

162,374

156,900

5,474

8

監査役(社外監査役を除く)

9,450

9,450

1

社外役員

12,000

12,000

4

(注)1.期末日現在の取締役は8名、監査役は3名であります。

2.上記報酬等には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

3.役員ごとの報酬等の総額につきましては、1億円以上を支給している役員はおりませんので記載を省略しております。

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に区分しております

 

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、株式の保有を通じた取引先との安定的な取引関係の維持・強化が、当社の事業の円滑な遂行と中長期的な企業価値向上につながるという観点から、保有の必要性を総合的に勘案の上、政策保有株式を保有する方針としております。

保有する政策保有株式については、毎年、取締役会において、個別銘柄ごとに取引関係の維持や円滑な推進等の定性的観点及び配当収益や取引内容等の定量的観点から、保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っているか等を精査し、保有の適否を検証することとしております。当事業年度におきましては、2020年10月開催の取締役会において検証を行い、保有株式について保有の意義があることを確認しております。

なお、取締役会による検証の結果、継続して保有する意義に乏しいと判断した銘柄については売却に努め、縮減していく方針であります。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

2

15,000

非上場株式以外の株式

8

360,207

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

4

8,531

取引先持株会の定期買付

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱ほくほくフィナンシャルグループ

103,551

103,548

金融取引関係の維持・強化を通じて企業基盤の安定化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

取引先持株会の定期買付により株式数が増加しております。

有(注)2

101,894

101,477

㈱北國銀行

25,277

23,336

金融取引関係の維持・強化を通じて企業基盤の安定化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

取引先持株会の定期買付により株式数が増加しております。

74,948

56,894

㈱CKサンエツ

29,300

29,300

事業取引関係の維持・強化を通じて事業遂行の円滑化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

97,862

87,900

古河電気工業㈱

19,500

19,500

事業取引関係の維持・強化を通じて事業遂行の円滑化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

49,296

45,337

㈱UACJ

15,158

14,490

事業取引関係の維持・強化を通じて事業遂行の円滑化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

取引先持株会の定期買付により株式数が増加しております。

29,423

22,474

三菱マテリアル㈱

1,120

1,120

事業取引関係の維持・強化を通じて事業遂行の円滑化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

2,495

2,884

㈱富山銀行

1,000

1,000

金融取引関係の維持・強化を通じて企業基盤の安定化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載がであります。

2,355

2,350

 

 

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

㈱KVK

1,211

436

事業取引関係の維持・強化を通じて事業遂行の円滑化を図り、中長期的な企業価値向上のために株式を保有しています。

定量的な保有効果については記載が困難であります。

取引先持株会の定期買付により株式数が増加しております。

1,932

676

(注)1.定量的な保有効果については、個別の取引情報等の守秘義務等の観点から開示困難なため、記載しておりません。保有の合理性を検証した方法は、上記「②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式 a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容」に記載のとおりであります。

2.㈱ほくほくフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱北陸銀行は当社株式を保有しております。

 

みなし保有銘柄

 該当事項はありません。

 

③保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

④当事業年度に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

⑤当事業年度に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

該当事項はありません。

 

 

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年9月1日から2020年8月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年9月1日から2020年8月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容および改正等を適切に把握し的確に対応するため、会計専門誌の購読、各種専門団体及び公的機関等が主催しておりますセミナーへの参加などを通して、積極的に専門知識を蓄積すること並びに情報収集活動に努めております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年8月31日)

当連結会計年度

(2020年8月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,015,627

2,090,271

受取手形及び売掛金

※4 4,804,811

※4 4,413,758

電子記録債権

※4 859,855

※4 822,771

商品及び製品

453,509

720,335

仕掛品

136,972

112,545

原材料及び貯蔵品

4,926,642

3,949,709

前渡金

526,236

788,068

関係会社短期貸付金

52,200

未収消費税等

859,139

739,145

その他

85,269

83,171

流動資産合計

14,720,265

13,719,777

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物(純額)

364,521

382,307

機械装置及び運搬具(純額)

282,228

361,312

土地

1,521,121

1,521,121

その他(純額)

236,030

86,845

有形固定資産合計

※2 2,403,901

※2 2,351,587

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

11,154

10,476

その他

1,787

1,787

無形固定資産合計

12,942

12,264

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 532,044

※1 566,824

繰延税金資産

151,204

73,637

その他

11,988

11,823

投資その他の資産合計

※3 695,236

※3 652,285

固定資産合計

3,112,081

3,016,137

資産合計

17,832,346

16,735,915

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2019年8月31日)

当連結会計年度

(2020年8月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形及び買掛金

1,282,795

739,430

電子記録債務

※4 246,065

※4 316,234

短期借入金

5,458,140

4,292,880

1年内返済予定の長期借入金

1,160,580

1,175,012

未払金

274,214

364,397

未払法人税等

10,317

125,765

賞与引当金

21,398

33,403

その他

35,714

96,275

流動負債合計

8,489,226

7,143,398

固定負債

 

 

長期借入金

1,900,334

1,935,926

退職給付に係る負債

102,600

110,096

固定負債合計

2,002,934

2,046,022

負債合計

10,492,160

9,189,421

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,000,000

1,000,000

資本剰余金

685,821

685,396

利益剰余金

5,680,763

5,846,661

自己株式

88,616

78,329

株主資本合計

7,277,967

7,453,728

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

8,861

22,386

為替換算調整勘定

71,079

70,378

その他の包括利益累計額合計

62,217

92,765

純資産合計

7,340,185

7,546,494

負債純資産合計

17,832,346

16,735,915

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 2018年9月1日

 至 2019年8月31日)

 当連結会計年度

(自 2019年9月1日

 至 2020年8月31日)

売上高

50,670,151

42,752,780

売上原価

※2 49,664,893

※2 40,831,344

売上総利益

1,005,258

1,921,436

販売費及び一般管理費

※1 1,249,789

※1 1,274,611

営業利益又は営業損失(△)

244,531

646,824

営業外収益

 

 

受取利息

2,136

846

受取配当金

10,732

10,004

持分法による投資利益

3,940

デリバティブ運用益

1,172

受取保険金

30,008

2,018

その他

7,110

6,578

営業外収益合計

55,101

19,447

営業外費用

 

 

支払利息

87,664

65,480

為替差損

3,715

17,591

持分法による投資損失

4,851

デリバティブ運用損

11,038

その他

9,010

5,766

営業外費用合計

100,391

104,728

経常利益又は経常損失(△)

289,820

561,543

特別損失

 

 

投資有価証券評価損

22,855

特別損失合計

22,855

税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損失(△)

312,675

561,543

法人税、住民税及び事業税

8,043

106,105

法人税等調整額

90,102

77,134

法人税等合計

82,059

183,240

当期純利益又は当期純損失(△)

230,616

378,302

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

230,616

378,302

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 2018年9月1日

 至 2019年8月31日)

 当連結会計年度

(自 2019年9月1日

 至 2020年8月31日)

当期純利益又は当期純損失(△)

230,616

378,302

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

107,392

31,248

為替換算調整勘定

5,911

120

持分法適用会社に対する持分相当額

9,503

580

その他の包括利益合計

103,800

30,547

包括利益

334,417

408,850

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

334,417

408,850

非支配株主に係る包括利益

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,000,000

685,855

6,125,027

75

7,810,806

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

213,647

 

213,647

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

230,616

 

230,616

自己株式の取得

 

 

 

94,911

94,911

自己株式の処分

 

33

 

6,371

6,337

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

33

444,263

88,540

532,838

当期末残高

1,000,000

685,821

5,680,763

88,616

7,277,967

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

98,530

67,487

166,018

7,976,824

当期変動額

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

213,647

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

 

 

 

230,616

自己株式の取得

 

 

 

94,911

自己株式の処分

 

 

 

6,337

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

107,392

3,591

103,800

103,800

当期変動額合計

107,392

3,591

103,800

636,638

当期末残高

8,861

71,079

62,217

7,340,185

 

当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

1,000,000

685,821

5,680,763

88,616

7,277,967

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

212,404

 

212,404

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

378,302

 

378,302

自己株式の処分

 

424

 

10,287

9,862

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

424

165,897

10,287

175,760

当期末残高

1,000,000

685,396

5,846,661

78,329

7,453,728

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

純資産合計