EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

四国財務局長

【提出日】

2022年1月14日

【四半期会計期間】

第23期第3四半期(自 2021年9月1日 至 2021年11月30日)

【会社名】

株式会社ありがとうサービス

【英訳名】

ARIGATOU SERVICES COMPANY,LIMITED

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  井本 雅之

【本店の所在の場所】

愛媛県今治市八町西三丁目6番30号

【電話番号】

0898-23-2243(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  志岐 雄一

【最寄りの連絡場所】

愛媛県今治市八町西三丁目6番30号

【電話番号】

0898-23-2243(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理本部長  志岐 雄一

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E26821 31770 株式会社ありがとうサービス ARIGATOU SERVICES COMPANY,LIMITED 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true CTE 2021-03-01 2021-11-30 Q3 2022-02-28 2020-03-01 2020-11-30 2021-02-28 1 false false false E26821-000 2020-03-01 2020-11-30 jpcrp040300-q3r_E26821-000:FoodServiceReportableSegmentsMember E26821-000 2020-03-01 2020-11-30 jpcrp040300-q3r_E26821-000:ReuseReportableSegmentsMember E26821-000 2020-03-01 2020-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E26821-000 2021-03-01 2021-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E26821-000 2021-03-01 2021-11-30 jpcrp040300-q3r_E26821-000:FoodServiceReportableSegmentsMember E26821-000 2021-03-01 2021-11-30 jpcrp040300-q3r_E26821-000:ReuseReportableSegmentsMember E26821-000 2021-03-01 2021-11-30 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E26821-000 2022-01-14 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E26821-000 2021-11-30 jpcrp_cor:Row1Member E26821-000 2020-03-01 2020-11-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E26821-000 2022-01-14 E26821-000 2021-11-30 E26821-000 2021-09-01 2021-11-30 E26821-000 2021-03-01 2021-11-30 E26821-000 2020-11-30 E26821-000 2020-09-01 2020-11-30 E26821-000 2020-03-01 2020-11-30 E26821-000 2021-02-28 E26821-000 2020-03-01 2021-02-28 E26821-000 2021-03-01 2021-11-30 jpcrp040300-q3r_E26821-000:RegionalRevitalizationSegmentReportableSegmentsMember E26821-000 2020-03-01 2020-11-30 jpcrp040300-q3r_E26821-000:RegionalRevitalizationSegmentReportableSegmentsMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第22期

第3四半期

連結累計期間

第23期

第3四半期

連結累計期間

第22期

会計期間

自 2020年3月1日

至 2020年11月30日

自 2021年3月1日

至 2021年11月30日

自 2020年3月1日

至 2021年2月28日

売上高

(千円)

6,125,584

6,495,388

8,453,979

経常利益

(千円)

182,762

424,978

330,910

親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益

(千円)

97,242

276,283

146,436

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

106,101

296,653

152,535

純資産額

(千円)

1,885,881

2,146,233

1,932,316

総資産額

(千円)

4,967,422

4,944,019

4,992,860

1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

105.78

300.54

159.29

潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

自己資本比率

(%)

37.7

42.8

38.4

 

回次

第22期

第3四半期

連結会計期間

第23期

第3四半期

連結会計期間

会計期間

自 2020年9月1日

至 2020年11月30日

自 2021年9月1日

至 2021年11月30日

1株当たり四半期純利益

(円)

36.51

128.94

(注)1 当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2 売上高には、消費税等は含まれておりません。

3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2【事業の内容】

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更はありません。

 なお、当第3四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の「3.報告セグメントの変更等に関する事項」(報告セグメント名称の変更)をご参照ください。

 

第2【事業の状況】

1【事業等のリスク】

 当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。

 なお、重要事象等は存在しておりません。

 

2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。

(1)財政状態及び経営成績の状況

① 経営成績の状況

 当第3四半期連結累計期間における国内経済は、新型コロナウイルス感染症の変異株の出現が確認されるなど、実体経済が平常を取り戻しつつある中、依然として先行き不透明な状況が続くと予想されています。

 こうした状況のもと当社グループでは、フードサービス事業のモスバーガー事業の人材育成、リユース事業の九州エリア新規出店を支える体制づくりに取り組んでまいりました。

 当第3四半期連結累計期間は、4月に業態変更のためフードサービス事業1店舗、5月に店舗移転のためリユース事業3店舗をそれぞれ閉店いたしました。6月にフードサービス事業1店舗、リユース事業2店舗を出店しております。また、6月に地方創生事業として温浴宿泊施設1施設の運営を開始いたしました。

 この結果、当社グループの店舗数はリユース事業95店舗、フードサービス事業29店舗、地方創生事業10店舗、合計134店舗となりました。

 当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高6,495,388千円(対前年同四半期比6.0%増)、営業利益252,597千円(同243.2%増)、経常利益424,978千円(同132.5%増)となりました。また、親会社株主に帰属する四半期純利益は276,283千円(同184.1%増)となりました。

 

 セグメントごとの経営成績を示すと次のとおりです。

 なお、当第3四半期連結会計期間より、事業内容をより適正に表示するため、従来「その他」としておりました報告セグメントの名称を「地方創生事業」に変更しております。

 当変更は、報告セグメント名称の変更であり、セグメント情報に与える影響はありません。

(リユース事業)

 ハードオフ事業・ブックオフ事業では、ハードオフ本部・ブックオフ本部の経営理念を現場で行動に移すことができる人材の育成に取り組みました。海外供給センターについては、前期は新型コロナウイルス感染症の影響で取り引きが減少しておりましたが、当期は回復基調にあります。

 この結果、売上高4,579,461千円(対前年同四半期比4.6%増)、セグメント利益(営業利益)555,054千円(同16.0%増)となりました。

(フードサービス事業)

 好調なモスバーガー事業をより安定させるため、パートナーリーダーの育成に取り組みました。新型コロナウイルス感染症への警戒は高いレベルで続いており、新たな生活様式に対応した事業運営が求められております。

 この結果、売上高1,688,426千円(対前年同四半期比5.4%増)、セグメント利益(営業利益)102,029千円(前年同四半期はセグメント損失(営業損失)11,095千円)となりました。

(地方創生事業)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために前期休業していた施設のほか、前期中において営業を開始した施設が当期の売上高増加に寄与していますが、行政の要請に従い一部の施設は当期も休業期間がありました。

 この結果、売上高227,500千円(対前年同四半期比58.3%増)、セグメント損失(営業損失)88,238千円(前年同四半期はセグメント損失(営業損失)91,717千円)となりました。

 

② 財政状態の状況

(資産)

 当第3四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べて91,273千円減少し、2,393,573千円となりました。現金及び預金が144,928千円減少し、商品が51,879千円増加したことが主な要因です。

 固定資産は、前連結会計年度末に比べて42,432千円増加し、2,550,446千円となりました。有形固定資産が59,795千円増加し、投資その他の資産が29,410千円減少したことが主な要因です。

 この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて48,840千円減少し、4,944,019千円となりました。

(負債)

 当第3四半期連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べて8,240千円増加し、1,019,130千円となりました。1年内返済予定の長期借入金が20,400千円減少し、未払法人税等が20,092千円減少しましたが、短期借入金が100,000千円増加したことが主な要因です。

 固定負債は、前連結会計年度末に比べて270,997千円減少し、1,778,656千円となりました。金融機関からの借入金の返済が進んだ結果、長期借入金が269,181千円減少したことが主な要因です。

 この結果、負債は、前連結会計年度末に比べて262,757千円減少し、2,797,786千円となりました。

(純資産)

 当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べて213,917千円増加し、2,146,233千円となりました。

 

(2)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当第3四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」における会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。

 

(3)経営方針・経営戦略等

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。

 

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 当第3四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な変更及び新たに生じた課題はありません。

 

(5)研究開発活動

 該当事項はありません。

 

3【経営上の重要な契約等】

 当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。

 

第3【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

3,342,400

3,342,400

 

②【発行済株式】

種類

第3四半期会計期間末現在発行数(株)

 (2021年11月30日)

提出日現在発行数(株)

(2022年1月14日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

953,600

953,600

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

953,600

953,600

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【その他の新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2021年9月1日~

2021年11月30日

953,600

547,507

63,507

 

(5)【大株主の状況】

 当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。

 

(6)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年11月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

普通株式

34,300

完全議決権株式(その他)

普通株式

917,100

9,171

同上

単元未満株式

普通株式

2,200

発行済株式総数

 

953,600

総株主の議決権

 

9,171

(注)1 当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(2021年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。

2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式10株が含まれております。

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年11月30日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社ありがとうサービス

愛媛県今治市八町西3丁目6番30号

34,300

34,300

3.60

34,300

34,300

3.60

 

2【役員の状況】

 該当事項はありません。

 

第4【経理の状況】

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

 当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年9月1日から2021年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。

 

1【四半期連結財務諸表】

(1)【四半期連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(2021年2月28日)

当第3四半期連結会計期間

(2021年11月30日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,143,321

998,393

売掛金

134,606

144,307

商品

1,019,463

1,071,342

その他

189,179

181,190

貸倒引当金

1,725

1,661

流動資産合計

2,484,846

2,393,573

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物(純額)

861,634

896,749

その他(純額)

396,201

420,882

有形固定資産合計

1,257,836

1,317,632

無形固定資産

12,872

24,920

投資その他の資産

 

 

差入保証金

528,090

510,987

その他

719,842

702,543

貸倒引当金

10,628

5,637

投資その他の資産合計

1,237,304

1,207,893

固定資産合計

2,508,013

2,550,446

資産合計

4,992,860

4,944,019

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

94,474

96,569

短期借入金

100,000

1年内返済予定の長期借入金

382,170

361,770

未払法人税等

89,546

69,454

資産除去債務

9,487

9,653

その他

435,211

381,683

流動負債合計

1,010,889

1,019,130

固定負債

 

 

長期借入金

1,408,542

1,139,361

退職給付に係る負債

13,517

16,412

役員退職慰労引当金

95,791

103,368

資産除去債務

424,225

424,239

その他

107,577

95,274

固定負債合計

2,049,653

1,778,656

負債合計

3,060,543

2,797,786

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

547,507

547,507

資本剰余金

63,507

63,507

利益剰余金

1,376,799

1,570,346

自己株式

79,471

79,471

株主資本合計

1,908,342

2,101,890

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

16,198

19,512

為替換算調整勘定

8,383

5,750

その他の包括利益累計額合計

7,814

13,761

非支配株主持分

16,158

30,581

純資産合計

1,932,316

2,146,233

負債純資産合計

4,992,860

4,944,019

 

(2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

 前第3四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年11月30日)

 当第3四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年11月30日)

売上高

6,125,584

6,495,388

売上原価

2,203,981

2,370,517

売上総利益

3,921,602

4,124,871

販売費及び一般管理費

3,848,012

3,872,273

営業利益

73,590

252,597

営業外収益

 

 

不動産賃貸料

46,782

47,262

受取負担金

93,917

96,545

その他

29,155

87,459

営業外収益合計

169,855

231,266

営業外費用

 

 

不動産賃貸原価

43,396

43,850

その他

17,286

15,035

営業外費用合計

60,683

58,885

経常利益

182,762

424,978

特別損失

 

 

固定資産除却損

3,694

109

減損損失

10,579

店舗閉鎖損失

8,543

3,575

特別損失合計

12,237

14,264

税金等調整前四半期純利益

170,524

410,714

法人税、住民税及び事業税

48,599

109,252

法人税等調整額

16,693

10,755

法人税等合計

65,292

120,007

四半期純利益

105,231

290,706

非支配株主に帰属する四半期純利益

7,988

14,422

親会社株主に帰属する四半期純利益

97,242

276,283

 

【四半期連結包括利益計算書】
【第3四半期連結累計期間】

 

 

(単位:千円)

 

 前第3四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年11月30日)

 当第3四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年11月30日)

四半期純利益

105,231

290,706

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

2,396

3,314

為替換算調整勘定

1,527

2,632

その他の包括利益合計

869

5,946

四半期包括利益

106,101

296,653

(内訳)

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

106,350

283,509

非支配株主に係る四半期包括利益

249

13,143

 

【注記事項】

(追加情報)

 前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した新型コロナウイルス感染症の今後の影響及び正常化までの見通し等の仮定について、重要な変更はありません。

 

(四半期連結貸借対照表関係)

 偶発債務

 当社は、以下の関係会社の金融機関からの出資金に対し保証を行っております。これら保証契約に係る出資金の円換算額は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(2021年2月28日)

当第3四半期連結会計期間

(2021年11月30日)

MOTTAINAI WORLD(THAILAND) CO., LTD.

7,017千円

6,732千円

7,017千円

6,732千円

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。

 

前第3四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

至 2020年11月30日)

当第3四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

至 2021年11月30日)

減価償却費

152,331千円

130,979千円

 

(株主資本等関係)

Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり

配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2020年5月28日

定時株主総会

普通株式

82,736

90

2020年2月29日

2020年5月29日

利益剰余金

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後となるもの

 該当事項はありません。

 

Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年11月30日)

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり

配当額(円)

基準日

効力発生日

配当の原資

2021年5月28日

定時株主総会

普通株式

82,736

90

2021年2月28日

2021年5月31日

利益剰余金

 

2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後となるもの

 該当事項はありません。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)2

 

リユース事業

フード

サービス事業

地方創生事業

売上高

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

4,380,078

1,601,827

143,679

6,125,584

6,125,584

セグメント間の内部売上高又は振替高

4,380,078

1,601,827

143,679

6,125,584

6,125,584

セグメント利益又はセグメント損失(△)

478,336

11,095

91,717

375,523

301,933

73,590

(注)1 セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

2 セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

(固定資産に係る重要な減損損失)

 該当事項はありません。

 

(のれんの金額の重要な変動)

 該当事項はありません。

 

(重要な負ののれん発生益)

 該当事項はありません。

 

Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年11月30日)

1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

四半期連結

損益計算書

計上額

(注)2

 

リユース事業

フード

サービス事業

地方創生事業

売上高

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

4,579,461

1,688,426

227,500

6,495,388

6,495,388

セグメント間の内部売上高又は振替高

4,579,461

1,688,426

227,500

6,495,388

6,495,388

セグメント利益又はセグメント損失(△)

555,054

102,029

88,238

568,845

316,248

252,597

(注)1 セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

2 セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。

 

2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

(固定資産に係る重要な減損損失)

 「フードサービス事業」セグメントにおいて、店舗資産の減損損失を計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において10,579千円であります。

 

(のれんの金額の重要な変動)

 該当事項はありません。

 

(重要な負ののれん発生益)

 該当事項はありません。

 

3.報告セグメントの変更等に関する事項

(報告セグメント名称の変更)

 当第3四半期連結会計期間より、事業内容をより適正に表示するため、従来「その他」としておりました報告セグメントの名称を「地方創生事業」に変更しております。

 当変更は、報告セグメント名称の変更であり、セグメント情報に与える影響はありません。

 なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については変更後の名称により記載しております。

 

(1株当たり情報)

 1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前第3四半期連結累計期間

(自 2020年3月1日

至 2020年11月30日)

当第3四半期連結累計期間

(自 2021年3月1日

至 2021年11月30日)

1株当たり四半期純利益

105円78銭

300円54銭

(算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

97,242

276,283

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

97,242

276,283

普通株式の期中平均株式数(株)

919,290

919,290

(注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2【その他】

 該当事項はありません。

 

第二部【提出会社の保証会社等の情報】

 該当事項はありません。

 

 

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

 

2022年1月14日

株式会社ありがとうサービス

取締役会 御中

 

EY新日本有限責任監査法人

高  松  事  務  所

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

山本 秀男

 

 

指定有限責任社員

業務執行社員

 

公認会計士

中尾 志都

監査人の結論

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ありがとうサービスの2021年3月1日か‍ら2022年2月28日ま‍で‍の連‍結会‍計年‍度‍の第3四‍半‍期連‍結会‍計期‍間(2021年9月1日か‍ら2021年11月30日ま‍で)及‍び第3四‍半‍期連‍結累‍計期‍間(2021年3月1日か‍ら2021年11月30日ま‍で)‍に係‍る四‍半‍期連‍結財‍務諸‍表、す‍な‍わ‍ち、四‍半‍期連‍結貸‍借対‍照‍表、四‍半‍期連‍結損‍益計‍算‍書、四‍半‍期連‍結包‍括利‍益計‍算‍書及‍び注‍記‍につ‍い‍て四‍半‍期レ‍ビュー‍を行った。

 当‍監‍査法‍人‍が実‍施し‍た四‍半‍期レ‍ビュー‍にお‍い‍て、上‍記‍の四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍が、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の作‍成基‍準‍に準‍拠し‍て、株式会社ありがとうサービス及‍び連‍結子‍会‍社‍の2021年11月30日‍現‍在‍の財‍政状‍態及‍び同‍日‍をもって終‍了す‍る第3四‍半‍期連‍結累‍計期‍間‍の経‍営成‍績‍‍を適‍正‍に表‍示し‍てい‍な‍い‍と信‍じ‍さ‍せ‍る事‍項‍が全‍て‍の重‍要‍な‍点‍にお‍い‍て認‍め‍ら‍れな‍かった。

監査人の結論の根拠

 当‍監‍査法‍人‍は、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期レ‍ビュー‍の基‍準‍に準‍拠し‍て四‍半‍期レ‍ビュー‍を行った。四‍半‍期レ‍ビュー‍の基‍準‍にお‍け‍る当‍監‍査法‍人‍の責‍任‍は、「四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の四‍半‍期レ‍ビュー‍にお‍け‍る監‍査‍人‍の責‍任」‍に記‍載さ‍れ‍てい‍る。当‍監‍査法‍人‍は、我‍が‍国‍にお‍け‍る職‍業倫‍理‍に関‍す‍る規‍定‍に従って、会‍社及‍び連‍結子‍会‍社か‍ら独‍立し‍てお‍り、ま‍た、監‍査‍人と‍し‍てのそ‍の‍他‍の倫‍理‍上‍の責‍任‍を果‍た‍し‍てい‍る。当‍監‍査法‍人‍は、結‍論‍の表‍明‍の基‍礎とな‍る証‍拠‍を入‍手し‍た‍と判‍断し‍てい‍る。

四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

 経‍営‍者‍の責‍任‍は、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の作‍成基‍準‍に準‍拠し‍て四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍を作‍成‍し適‍正‍に表‍示す‍るこ‍と‍にあ‍る。こ‍れに‍は、不‍正又‍は誤‍謬‍によ‍る重‍要‍な虚‍偽表‍示‍のな‍い四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍を作‍成‍し適‍正‍に表‍示す‍るた‍め‍に経‍営‍者‍が必‍要‍と判‍断し‍た内‍部統‍制‍を整‍備及‍び運‍用す‍るこ‍と‍が含‍ま‍れ‍る。

 四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍を作‍成す‍る‍に当‍た‍り、経‍営‍者‍は、継‍続企‍業‍の前‍提‍に基‍づ‍き四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍を作‍成す‍るこ‍と‍が適‍切‍であ‍る‍かど‍う‍か‍を評‍価‍し、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の作‍成基‍準‍に基‍づ‍い‍て継‍続企‍業‍に関‍す‍る事‍項‍を開‍示す‍る必‍要‍があ‍る場‍合に‍は当‍該事‍項‍を開‍示す‍る責‍任‍があ‍る。

 監‍査‍役及‍び監‍査‍役‍会‍‍の責‍任‍は、財‍務報‍告プ‍ロ‍セ‍ス‍の整‍備及‍び運‍用‍にお‍け‍る取‍締‍役‍の職‍務‍の執‍行‍を監‍視す‍るこ‍と‍にあ‍る。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

 監‍査‍人‍の責‍任‍は、監‍査‍人‍が実‍施し‍た四‍半‍期レ‍ビュー‍に基‍づ‍い‍て、四‍半‍期レ‍ビュー報‍告‍書‍にお‍い‍て独‍立‍の立‍場か‍ら四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍に対‍す‍る結‍論‍を表‍明す‍るこ‍と‍にあ‍る。

 監‍査‍人‍は、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期レ‍ビュー‍の基‍準‍に従って、四‍半‍期レ‍ビュー‍の過‍程‍を通‍じ‍て、職‍業‍的専‍門‍家と‍し‍ての判‍断‍を行‍い、職‍業‍的懐‍疑‍心‍を保‍持し‍て以‍下‍を実‍施す‍る。

・ 主‍と‍し‍て経‍営‍者、財‍務及‍び会‍計‍に関‍す‍る事‍項‍に責‍任‍を有‍す‍る‍者‍等‍に対‍す‍る質‍問、分‍析‍的手‍続そ‍の‍他‍の四‍半‍期レ‍ビュー手‍続‍を実‍施す‍る。四‍半‍期レ‍ビュー手‍続‍は、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る監‍査‍の基‍準‍に準‍拠し‍て実‍施さ‍れ‍る年‍度‍の財‍務‍諸‍表‍の監‍査‍に比‍べ‍て限‍定さ‍れ‍た手‍続‍であ‍る。

・ 継‍続企‍業‍の前‍提‍に関‍す‍る事‍項‍につ‍い‍て、重‍要‍な疑‍義‍を生‍じさ‍せ‍るよ‍う‍な事‍象又‍は状‍況‍に関‍し‍て重‍要‍な不‍確‍実‍性が認‍め‍ら‍れ‍る‍と判‍断し‍た場‍合に‍は、入‍手し‍た証‍拠‍に基‍づ‍き、四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍にお‍い‍て、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の作‍成基‍準‍に準‍拠し‍て、適‍正‍に表‍示さ‍れ‍てい‍な‍い‍と信‍じ‍さ‍せ‍る事‍項‍が認‍め‍ら‍れな‍い‍かど‍う‍か結‍論‍付‍け‍る。ま‍た、継‍続企‍業‍の前‍提‍に関‍す‍る重‍要‍な不‍確‍実‍性‍が認‍め‍ら‍れ‍る場‍合‍は、四‍半‍期レ‍ビュー報‍告‍書‍にお‍い‍て四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の注‍記事‍項‍に注‍意‍を喚‍起す‍るこ‍と、又‍は重‍要‍な不‍確‍実‍性‍に関‍す‍る四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の注‍記事‍項‍が適‍切‍でな‍い場‍合‍は、四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍に対‍し‍て限‍定‍付結‍論又‍は否‍定‍的結‍論‍を表‍明す‍るこ‍と‍が求‍め‍ら‍れ‍てい‍る。監‍査‍人‍の結‍論‍は、四‍半‍期レ‍ビュー報‍告‍書‍日ま‍で‍に入‍手し‍た証‍拠‍に基‍づ‍い‍てい‍る‍が、将‍来‍の事‍象‍や状‍況‍によ‍り、企‍業‍は継‍続企‍業と‍し‍て存‍続で‍き‍な‍くな‍る可‍能‍性‍があ‍る。

・ 四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の表‍示及‍び注‍記事‍項‍が、我‍が‍国‍にお‍い‍て一‍般‍に公‍正妥‍当‍と認‍め‍ら‍れ‍る四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の作‍成基‍準‍に準‍拠し‍てい‍な‍い‍と信‍じさ‍せ‍る事‍項‍が認‍め‍ら‍れな‍い‍かど‍う‍かとと‍も‍に、関‍連す‍る注‍記事‍項‍を含‍め‍た四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の表‍示、構‍成及‍び内‍容、並‍び‍に四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍が基‍礎とな‍る取‍引‍や会‍計事‍象‍を適‍正‍に表‍示し‍てい‍な‍い‍と信‍じ‍さ‍せ‍る事‍項‍が認‍め‍ら‍れな‍い‍かど‍う‍か‍を評‍価す‍る。

・ 四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍に対‍す‍る結‍論‍を表‍明す‍るた‍め‍に、会‍社及‍び連‍結子‍会‍社‍の財‍務情‍報‍に関‍す‍る証‍拠‍を入‍手す‍る。監‍査‍人‍は、四‍半‍期連‍結財‍務‍諸‍表‍の四‍半‍期レ‍ビュー‍に関‍す‍る指‍示、監‍督及‍び実‍施‍に関‍し‍て責‍任‍があ‍る。監‍査‍人‍は、単‍独‍で監‍査‍人‍の結‍論‍に対‍し‍て責‍任‍を負‍う。

 監‍査‍人‍は、監‍査‍役及‍び監‍査‍役‍会に対‍し‍て、計‍画し‍た四‍半‍期レ‍ビュー‍の範‍囲‍とそ‍の実‍施時‍期、四‍半‍期レ‍ビュー‍上‍の重‍要‍な発‍見事‍項‍につ‍い‍て報‍告‍を行‍う。

 監‍査‍人‍は、監‍査‍役及‍び監‍査‍役‍会‍に対‍し‍て、独‍立‍性‍につ‍い‍て‍の我‍が‍国‍にお‍け‍る職‍業倫‍理‍に関‍す‍る規‍定‍を遵‍守し‍たこ‍と、並‍び‍に監‍査‍人‍の独‍立‍性‍に影‍響‍を与‍え‍る‍と合‍理‍的‍に考‍え‍ら‍れ‍る事‍項、及‍び阻‍害要‍因‍を除‍去又‍は軽‍減す‍るた‍め‍にセー‍フ‍ガー‍ド‍を講‍じ‍てい‍る場‍合‍はそ‍の内‍容‍につ‍い‍て報‍告‍を行‍う。

利害関係

 会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以 上

 

(注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E26821-000 2022-01-14