EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年3月25日

【事業年度】

第12期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

【会社名】

株式会社enish

【英訳名】

enish,inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  安徳 孝平

【本店の所在の場所】

東京都港区六本木六丁目1番24号

(注)2021年4月1日から本店所在地を下記に移転する予定であります。

   東京都港区六本木六丁目1番20号

【電話番号】

03(6447)4020(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員管理本部長  高木 和成

【最寄りの連絡場所】

東京都港区六本木六丁目1番24号

(注)2021年4月1日から本店所在地を下記に移転する予定であります。

   東京都港区六本木六丁目1番20号

【電話番号】

03(6447)4020(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役執行役員管理本部長  高木 和成

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E27047 36670 株式会社enish enish,inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E27047-000 2021-03-25 E27047-000 2020-12-31 E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideCorporateAuditorsMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E27047-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E27047-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E27047-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E27047-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E27047-000:KansayakuMember E27047-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E27047-000:TorishimariyakuMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row5Member E27047-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row3Member E27047-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row2Member E27047-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row1Member E27047-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row4Member E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:YuAdachiMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E27047-000 2021-03-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E27047-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:KoheiAntokuMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:YoshiyukiKumonMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:KazunariTakagiMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:ShunpeiKumonMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:KazutoKawahiraMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:NaoyukiShimuraMember E27047-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E27047-000:ShinichiroYasukawaMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第8期

第9期

第10期

第11期

第12期

決算年月

2016年12月

2017年12月

2018年12月

2019年12月

2020年12月

売上高

(千円)

4,970,856

4,382,139

5,449,018

3,959,923

4,073,001

経常損失(△)

(千円)

401,961

911,133

712,671

1,462,710

641,945

当期純損失(△)

(千円)

340,664

982,851

719,099

1,469,585

1,044,061

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

1,169,245

1,169,295

1,801,370

2,238,517

2,824,265

発行済株式総数

(株)

7,800,800

7,801,600

9,001,600

10,801,600

13,729,760

純資産額

(千円)

1,685,780

743,211

1,306,402

718,890

840,911

総資産額

(千円)

2,177,646

1,682,226

1,874,048

1,727,676

2,047,268

1株当たり純資産額

(円)

215.96

89.97

138.53

60.33

56.74

1株当たり配当額

(円)

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

45.13

125.99

81.06

142.97

83.05

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

77.4

41.7

66.5

37.7

38.1

自己資本利益率

(%)

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

189,638

885,397

381,701

1,521,878

734,751

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

223,186

416,046

11,664

37,559

58,966

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

244,980

160,024

953,331

1,213,820

1,223,307

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

778,660

469,690

1,029,319

683,589

1,113,823

従業員数

(人)

128

141

134

117

100

(外、平均臨時雇用者数)

(32)

(44)

(41)

(35)

(30)

株主総利回り

(%)

93.9

225.3

98.4

117.4

76.4

(比較指標:TOPIX)

(%)

(98.1)

(117.5)

(96.6)

(111.2)

(116.6)

最高株価

(円)

848

3,475

1,334

1,435

1,110

最低株価

(円)

386

502

436

400

303

 

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社が有している関連会社は、利益基準及び利益剰余金基準からみて重要性の乏しい関連会社であるため、記載を省略しております。なお、第8期から第11期においては、関連会社が存在していないため、記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

5.株価収益率については、1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。

6.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む)は年間平均人員を( )内にて外数で記載しております。

7.自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。

8.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

 

2【沿革】

 当社は、2009年2月に株式会社シンクロア(現Kii㈱)のアプリケーション開発事業部門としてモバイルゲームの開発を開始し、同年同月に株式会社Synphonie(現㈱enish)を設立し、モバイルゲームの提供を行ってまいりました。

 設立以降の当社に係る経緯は以下のとおりであります。

年月

事項

2009年2月

株式会社シンクロア(現Kii㈱)のアプリケーション開発事業部門としてモバイルゲームの開発を開始。

株式会社シンクロア(現Kii㈱)の100%子会社として資本金100万円で株式会社Synphonie(現㈱enish)を設立。

2009年10月

全国の飲食店と位置情報に連動したモバイルゲーム「ぼくのレストラン」を発表。

2010年6月

レストランの経営シミュレーションゲーム「ぼくのレストランⅡ」を公開。

2010年7月

グリー株式会社が当社へ出資。

2010年11月

アパレルショップの経営シミュレーションゲーム「ガルショ☆」を公開。

2011年4月

本社を東京都渋谷区に移転。

2011年6月

探索型RPG「ボクらのポケットダンジョン」を公開。

2011年7月

グリー株式会社と業務提携。

2011年7月

料理バトルゲーム「料理の鉄人」を公開。(株式会社フジテレビジョンと協業)

2011年12月

No.1モデル育成シミュレーションゲーム「プラチナ☆ガール」を公開。

2012年1月

探索型RPG「ボクらのポケットダンジョン2」を公開。

2012年7月

カードバトルゲーム「ドラゴンタクティクス」を公開。

2012年9月

株式会社enishに商号変更。

2012年12月

東京証券取引所マザーズに株式を上場。

2013年5月

カードバトルゲーム「魁!!男塾~連合大闘争編~」を公開。

2013年12月

東京証券取引所第一部に市場変更。

2014年3月

2016年1月

2016年1月

2017年10月

2019年10月

本社を東京都港区に移転。

みんなで×つなげるバトルRPG「12オーディンズ」を公開。

ファッションレンタルサービス「EDIST. CLOSET」を開始。

『欅坂46』初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」を公開。

『HiGH&LOW』シリーズ初となる公式ゲームアプリ「HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD」を公開。

2020年1月

2020年10月

 

ドラマチック共闘RPG「De:Lithe(ディライズ)~忘却の真王と盟約の天使~」を公開。

アニメ『五等分の花嫁』初のゲームアプリ「五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。」を公開。

 

3【事業の内容】

 当社は、インターネットを通じたモバイルゲームの企画・開発・提供を行うモバイルゲーム事業を主たる事業としています。当社の提供するサービスについては、主に「App Store」「Google Play」上においてサービスを提供するネイティブアプリケーション(注1)の配信を中心としております。また、モバイルゲームプラットフォーム(注2)を通じてもサービスを提供しており、ユーザーへの課金、料金の回収は当該モバイルゲームプラットフォーム事業者に委託するとともに、当社はその対価としてシステム利用料等を支払っております。

(注)1.ネイティブアプリケーションとは、特定のコンピューターの機種やOS上で直接実行可能なプログラムで

     構成されたアプリケーションソフトウェアのことをいいます。

   2.プラットフォームとは、ソフトウェアやハードウェアを動作させるために必要な、基盤となるハードウェ

     アやOS、ミドルウェア等のこと。また、それらの組み合わせや設定、環境などのことです

 

[事業系統図]

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

 当社が提供するモバイルゲームの内容

 当社は2009年にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)プラットフォーム事業者がそのプラットフォームをオープン化(注)したことに伴い、独自の経営シミュレーションゲーム「ぼくのレストラン」の提供を皮切りに国内モバイルゲーム市場に参入しました。

 当社が提供する主要なアプリは下記のとおりとなります。

2020年12月31日現在

提供ソーシャルアプリ名

内容

ぼくのレストランⅡ

 1,000種類以上の料理が作れるレストラン経営シミュレーションゲーム

ガルショ☆

 世界中で商品を買い付けてアパレルショップを経営するシミュレーションゲーム

料理の鉄人

 伝説の鉄人との料理バトルゲーム(㈱フジテレビジョンとの共同企画)

魁!!男塾~連合大闘争編~

 人気コミック「魁!!男塾」の塾生となって男の中の男を目指すカードバトルゲーム

欅のキセキ/日向のアユミ

 「欅坂46日向坂46」初の公式ゲームアプリ。グループが歩んだ成長の軌跡と、メンバーが努力し続けることで起こした奇跡をたどるドキュメンタリーライブパズルゲーム

HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD

 「HiGH&LOW」シリーズ初の公式ゲームアプリ。

 男たちの友情と熱き闘いを描く爽快アクションRPG

De:Lithe

~忘却の真王と盟約の天使~

 “命”をテーマに、神と人間の永きにわたる戦いの詩編を描いた

 ドラマチック共闘オンラインRPGゲーム

五等分の花嫁

五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。

 アニメ『五等分の花嫁』初のゲームアプリ。

 五つ子達とキズナを深めながら進めていく、かわいさ500%のラブコメパズルゲーム

(注)プラットフォームのオープン化とは、SNSプラットフォームのAPI((Application Programming Interface)

   :開発を効率的に行うための技術)を外部のサービス事業者や開発者に開放することです。

 

4【関係会社の状況】

 該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年12月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

100

(30)

37.0

4.8

6,245,459

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.従業員数が前事業年度末に比べて17名減少しておりますが、その主な理由は、リストラクチャリングの推進による人員の適正化によるものであります。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

4.当社はエンターテインメント事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

(2)労働組合の状況

 当社の労働組合は、結成されておりませんが、労使関係は安定しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針

 当社では、Link with Funというスローガンのもと、「世界中にenishファンを作り出す」ことをミッションに、より多くのお客様に楽しんでいただけるよう魅力的なサービスの提供に取り組んでまいります。

 

(2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社が、経営上の目標の達成状況を判断するための経営指標は、売上高及び営業利益であります。売上高及び営業利益を継続的に成長させ、企業価値向上を図ってまいります。

 

(3)経営環境及び経営戦略

 当社には、「第2 事業の状況 2事業等のリスク (3)重要事象等について」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しておりますが、当社は、当該状況を解消すべく、「第2 事業の状況 2事業等のリスク (3)重要事象等について」に記載した対応策の実施により、収益の向上及びコストの削減を進め、事業基盤と財務基盤の強化を図り、当該事象又は状況の解消、改善に努めてまいります。

 当社の主な事業領域である、モバイルゲーム事業を取り巻く環境につきましては、2019年のスマートフォンやタブレット向けのゲームアプリ市場が大半を占めるオンラインプラットフォーム市場において、前年比104.9%の1兆2,692億円に伸長するなど、日本国内ゲーム市場全体は10年連続で拡大を続けております。さらに、2020年においてはコロナ禍の外出自粛などの影響からゲームで遊ぶ時間が増加し、モバイルゲームに対するユーザーの需要が急増したことで、2019年と比較してインストール数は45%、成長率40%を上回るなど進捗し、今後においても巣ごもり需要の継続などにより拡大傾向が続くことが期待されます。(出典:「ファミ通ゲーム白書2020」、「State of Gaming App Marketing 2020」)

 また、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、我が国経済への影響は極めて厳しい状況が続いております。当社におきましては、スマートフォン等を利用したオンライン型のビジネスを展開していることから、現時点では売上高への重要な影響はなく、当社に与える影響は軽微であると判断しております。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大が長期に渡った場合、個人消費の冷え込みに繋がることが懸念され、当社の業績への影響が大きくなる可能性があることから、今後も注視してまいります。

 当社は競争環境の激しいモバイルゲーム市場において、以下の戦略により事業拡大に取り組んでおります。

 

①モバイルゲーム運営ノウハウの蓄積

 モバイルゲームは、ユーザーの嗜好の移り変わりに合わせて、リリース後もゲームに改良を加えたり、新規ゲーム内イベント等を導入することにより課金を獲得していくビジネスモデルです。当社の場合は、ゲームのリリース後にも徹底したユーザーの行動履歴の分析を行うことにより、ゲームの利用率、継続率、課金率などの指標が改善するよう継続的にゲームに改良を加えております。これらの分析力の蓄積が当社の強みだと考えており、新規タイトルの企画・開発等にこれらのノウハウを生かすことでモバイルゲーム市場に戦略的にサービスを提供していく所存であります。

 

②ブラウザタイトルの収益維持

 当社は、「ぼくのレストランⅡ」「ガルショ☆」等の経営シミュレーションゲームなど女性ユーザーが多くライフタイムバリュー(注)が高いブラウザタイトルを運営しております。一般的にタイトルリリースから時間が経過すると、収益は縮小する傾向となりますが、当社としましては、新機能の追加、新規ゲーム内イベントの導入、テーマやアートのクオリティ担保等によりブラウザタイトルの運営力を引き続き強化するとともに、他社IPとのコラボレーション強化による施策等により、収益性を維持していく方針であります。

(注)顧客生涯価値のことをいいます。

③ネイティブアプリケーションゲームの展開

 当社は、競争力を高めるために、既存のブラウザゲームにより得られる安定した収益及びブラウザゲームで培った技術力を活かし、ネイティブアプリケーションゲームを提供してまいりましたが、今後も、クオリティの高いネイティブアプリケーションゲームを継続的かつ安定的に提供し続けることが重要であると認識しております。

 新規タイトルの開発時においては、自社開発と共同開発の分散とともに、運営に海外を活用することにより、日本チームが新規開発に特化できる体制を構築することで、開発費の増加が生じないよう開発の長期化や開発費の高騰など各種リスクの低減を図りながら、高品質なタイトルの開発を行っております。

 

④コストコントロール

 当社は、徹底的なコスト削減や、事業の選択と集中により、事業基盤の安定化を図ってまいります。具体的には、既存タイトルについては、外注先や運営体制の見直しを継続的に行うことによるコスト削減を行うほか、その中においても収益が見込めない既存タイトルについては、それらの事業譲渡・配信終了も視野に対応する方針であります。

 

⑤プロダクトラインの増強とサービス品質の向上

 当社におきましては、経営シミュレーションゲーム、パズルゲーム、ロールプレイングゲーム等の開発・運用で培ったノウハウをさまざまなカテゴリーのゲームで展開すべく、人材採用を行いプロダクトラインの増強を行っております。収益性を考慮した人員の最適化、または、社内研修の強化、福利厚生の充実を図っていくとともに、志望者を惹きつけるようなオリジナリティのあるヒットタイトルを継続的にリリースしていくことで優秀な人材の採用強化につなげたいと考えております。また、サービス提供前に徹底した検証作業を実施し、サービス品質の向上に努めるとともに、サービス提供後も前述の行動分析をベースにユーザー満足度の高いサービス提供を目指しております。

 

(4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

①収益基盤の安定化と拡大

 モバイルゲーム市場は、国内においては成熟傾向が見られるものの、アジアを中心に世界規模では拡大していく見通しであります。今後、当社が継続的に成長するためには、収益基盤の安定化と拡大を図る必要があると考えております。当社は、既存タイトルの長期的かつ効率的な運営ときめ細かいコストコントロールを行うことで収益基盤を安定させるとともに、魅力的な新規タイトルを継続して提供していくことにより、収益基盤の更なる拡大を推し進めていくことが経営上重要な課題であると考えております。

 

②高品質なモバイルゲームの開発と提供

 モバイルゲームは、スマートフォン・タブレット端末の高性能かつ多機能化とユーザーの趣味嗜好の多様化により、新規タイトルの開発では開発期間の長期化や、開発費が高騰する傾向があります。当社は、今後新たに開発するタイトルにおいては、これまでの開発経験とノウハウを活かすとともに、自社開発と共同開発の2つのアプローチを持つことで、開発に伴う各種リスクの低減に努めてまいります。また、新規タイトルの成功確度を高めるため、ゲーム品質の向上を図るとともに、大型IPライセンスを獲得するなど積極的にIPタイトルを提供することに取り組んでまいります。

 

③海外マーケット展開の強化

 海外のモバイルゲーム市場は「App Store」や「Google Play」を通じて拡大しております。当社としましては、モバイルゲーム市場における規模・成長性が大きい海外市場への参入として、まずは中国、香港、台湾、マカオ等のアジア市場を中心に、当社が日本国内で提供するタイトルをローカライズし配信するほか、現地の有力企業との連携により、サービス展開を積極的に取り組んでいく方針であります。

 

④優秀な人材確保と育成

 当社は、今後の事業拡大と継続的な企業価値向上を図るためには、高い専門性を持つ優秀な人材の確保と育成が必要と認識しております。当社としましては、テレワークや福利厚生の充実等の環境改善と、志望者を惹きつけるようなサービスを継続的に提供していくことで採用力向上につなげたいと考えております。また、社内研修の強化など教育を通じた従業員一人一人の能力の向上やチームの枠を超えた交流による、知見とノウハウの獲得により人材の育成に取り組んでおります。

⑤システムの安定的な稼働

 当社は、サービスをインターネット上で提供していることから、システムの安定的な稼働を確保していくことが重要だと認識しております。ユーザー数の増加に対応する負荷分散等、システムやサーバー設備の充実を継続的に推進してまいります。また、トラブル発生時においては迅速かつ的確な対応が必要になることから、その対応が可能となる体制を引き続き維持強化してまいります

 

⑥サイトの安全性及び健全性の確保

 当社が提供するサービスは、不特定多数のユーザーが登録をしていることから、ユーザーが安全かつ安心して利用できる環境を維持していくことが当社の信頼性の向上につながると考えております。ユーザーが安心して当社のサービスを利用できるよう、当社は個人情報保護や知的財産保護のためのガイドラインを設け、サイトの安全性・健全性の確保に努めており、今後も継続していく方針であります。

 

2【事業等のリスク】

 当社の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。また、必ずしもそのようなリスク要因には該当しない事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。

 なお、当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期、当該リスクが顕在化した場合に当社の経営成績等に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため記載しておりません。また、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発生する可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。

 

(1)事業内容に関するリスクについて

①モバイルゲーム市場について

 当社の事業領域であるモバイルゲーム市場は、当面は世界的に市場拡大が続いていくものと見込んでおります。しかし、予期せぬ法的規制や通信事業者の動向により、市場全体の成長が大きく鈍化した場合には、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

②プラットフォーム運営事業者等の動向

 当社のモバイルゲーム事業は、大手プラットフォーム事業者を中心とした複数のSNSプラットフォームや「App Store」「Google Play」上において、それぞれ各社のサービス規約に従いサービスを提供しており、当該プラットフォーム事業者等に対して、回収代行手数料、システム利用料等の支払いを行っております。

 また、当社の売上高に関しネイティブアプリケーションゲームの比率が高まっていることから、Apple Inc.及びGoogle Inc.の2社への収益依存が大きくなっております。これらプラットフォーム運営事業者等の事業戦略の転換や動向によっては、手数料率の変動等何らかの要因により、当社への事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

③技術革新について

 当社の事業領域であるモバイルゲーム市場は、インターネット環境やネットワーク技術等に密接に関連しており顧客ニーズの変化や新しいサービスの導入などにあわせて、通信技術やデバイス等の技術革新の速度が極めて速いという特徴があります。当社はそうした技術革新に対応できる体制づくりに努めており、当面の課題としてスマートフォン対応を進め、スマートフォンにおける収益の拡大を図っていく所存でありますが、今後において技術革新のスピードに適時に対応出来ない場合、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

④モバイルゲーム事業のビジネスモデルについて

 当社のモバイルゲームにおいては、アプリ内でのアイテム課金による収益が主たる収入となっており、ユーザーに継続してアイテム課金を利用してもらえるよう、ユーザーの嗜好にあった課金アイテムの提供を行っています。しかし、ユーザーの課金アイテムの利用が継続して促進されない状況になった場合、想定していた課金アイテムの販売による収益が得られない可能性があります。この結果、当社の事業及び業績に重要な影響を与える可能性があります。

 

⑤制作・開発コストの増加について

 当社では、新規のタイトル及び既存タイトルを含め、大量のアイテム、キャラクター(イラスト)制作が発生します。限られた期間内に一定の質・量を維持するために、社内での制作に加え、制作を社外に委託しております。また、定常化した特定の制作委託先に依存することの無いよう、複数の制作委託先への分散化に努めています。しかし、モバイルゲーム業界においては、新規参入企業の増加に伴い、制作委託先の確保が困難になる場合や、委託費用が上昇することが想定されます。この結果、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

⑥競合の動向について

 当社のモバイルゲーム事業については、現時点で競合他社が多数存在しております。また、ユーザーがモバイルゲームを利用する環境は、スマートフォン等の高機能情報端末に移行しておりますので、高機能な端末を利用することで、よりユーザーを惹きつける本格的なゲームの機能や表現が実現できるため、現在の競合に加え、パソコンや専用端末におけるゲームメーカーとの競合も予想されます。

 当社としましては、これまで培ってきたモバイルゲーム運営のノウハウを生かして、ユーザーのニーズに合致した独自性の強いタイトルの投入を継続していく所存ではありますが、競争環境の更なる激化等、競合の状況によっては、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

⑦ブラウザタイトルへの依存について

 「ぼくのレストランⅡ」「ガルショ☆」など女性ユーザーが多くライフタイムバリューが高いブラウザタイトルを運営しており、現時点では、依然としてブラウザタイトルの売上高の割合が高くなっております。今後ユーザーの嗜好性の変化等により、ブラウザゲーム市場が縮小した場合には、当社の業績に影響を与える可能性があります。

 

⑧システム障害について

 当社の事業は、サービスの基盤をインターネット通信網に依存しており、自然災害や事故などにより通信ネットワークが遮断された場合には、サービスを提供することが不可能な場合があります。また、アクセスの一時的な増加による負荷増大によって、当社のサーバーが停止し、サービス提供に支障が出る場合があります。

 更には、外部からの不正な手段によるコンピューター内への侵入等の犯罪や当社担当者の過誤等によって、当社のシステムに重大な影響が出る場合があります。当社としましては、定期的なシステムのバックアップを実施するとともに、外部のデータセンターを利用することでセキュリティ強化や安定的なシステム運用が出来るような体制の構築に努めておりますが、前述のような状況が発生した場合には、当社への損害賠償等により直接的な損害が生じる可能性のほか、当社及び当社システムへの信頼の低下により、間接的に当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

⑨個人情報の管理

 当社は、当社が運営するモバイルゲームの利用者の個人情報を取得する場合があります。当社では、セキュリティポリシーを定めるとともに、社内教育を通じて関連ルールを周知徹底し、「個人情報の保護に関する法律」の遵守に努めております。また技術的対応として、専用サーバーに保管しアクセス制限を設けるなど、システムの強化等に努め、個人情報の厳格な管理を行っております。しかしながら、このような対策にも関わらず個人情報の漏えい等の事態が発生した場合には、当社に対する信用の失墜、損害賠償の請求等により、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑩サイトの健全性、安全性の維持

 当社がネイティブアプリケーションのタイトル展開を行う「App Store」「Google Play」においては、不特定多数の個人会員が各会員間においてコミュニケーションが取れる掲示板を当社が設置し、監視・管理を行う必要があります。当社としましては、健全なコミュニティを育成するべく、ユーザーに対して利用規約で不適切な利用の禁止を明示しております。また、常時適切なモニタリングを行い、規約違反に対しては厳重に対処していく所存でおります。しかしながら、会員によるアプリケーション内の行為を完全に把握することは困難であることから、会員の不適切な利用に起因するトラブル等が生じた場合には、利用規約の内容にかかわらず当社が法的責任を問われる可能性があるほか、当社及び当社アプリケーションへの信頼の低下により、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

(2)事業運営・組織体制に関するリスク

①人材の採用と育成について

 当社は、継続して優秀な人材の確保・育成が重要な課題となります。現在も採用による人材の獲得に加え、テレワークや福利厚生の充実等の環境改善、社員の育成及び人材の流出に対応した各種施策を推進しております。しかし、新規の採用や社内における人材の育成が計画通りに進まず、適正な人員配置が困難になった場合は、増強を要する部門に業務委託契約による委託先や派遣社員を投入することが必要な場合も想定されます。これにより、一時的な業務委託費等の発生、必要な能力を有した人材の適所への配置の困難、社内に知見等のノウハウが蓄積されないことなどが当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

②内部管理体制について

 当社は、内部関係者の不正行為が発生しないよう、法令や企業倫理に沿った各種規程や行動指針を制定するとともに、内部通報制度や内部監査室・監査役会の設置等、内部統制の充実を図っております。しかしながら、法令等に抵触する事態や内部関係者による不正行為等、不測の事態が発生した場合、当社の業績及び事業展開に重要な影響を与える可能性があります。

 

③知的財産権の管理

 当社は、自社で提供しているサービスに関して、第三者が保有する知的財産権を利用する場合には、当該第三者の使用許諾を得ており、今後も第三者が保有する知的財産権を利用する場合は、同様に使用許諾を得る方針であります。また、当社役職員・従業員による知的財産権の持ち出しがリスクとして考えられますが、社内の管理体制を強化し、社員教育の強化を図っております。現時点で、第三者より知的財産権に関する侵害訴訟を提起または通知されている事実はなく、一切他者の知的財産権を侵害していないという認識ではありますが、万一、当社の認識外で、第三者の知的財産権を侵害した場合には、損害賠償請求や使用差止請求を受け、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

 

④新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

 当社は、取締役及び従業員に対し、長期的な企業価値向上に対するインセンティブとしてストック・オプションを付与しているほか、今後も優秀な人材確保のためストック・オプションを発行する可能性があります。また、資金調達と資本の充実を目的として、ストック・オプション以外の新株予約権も発行しております。現在付与されている、または今後付与又は発行する新株予約権の行使が行われた場合、発行済株式数が増加し、1株当たりの株式価値を希薄化させる可能性があります。2020年12月末現在、これらの新株予約権による潜在株式数は495,800株であり、発行済株式総数13,729,760株の3.6%に相当しております。

 

⑤配当政策について

 当社は、株主に対する利益還元について経営の最重要課題の一つとして位置づけており、剰余金の配当については総配分性向を重視しつつ、より高い水準に引き上げることを目指しております。

 当社は、今後も事業展開に備えた内部留保の充実に努め、成長を継続させることで企業価値を高めてまいりますが、あわせて、当社株式を保有する株主の皆様に対する利益還元として、総配分性向20%を目途とした業績に応じた株主配当を継続的に実施させていただく方針です。しかしながら、配当政策が業績に連動しているため、業績が悪化した場合、これにともなって配当が減少し又は無配となる可能性があります。

⑥新型コロナウイルス感染症について

 感染が拡大している新型コロナウイルス感染症について、当社では従業員の感染を防止するために、テレワーク(在宅勤務)の導入、徹底した衛生管理を行っております。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大が長期に渡った場合、個人消費の冷え込みに繋がることが懸念され、当社の業績に影響を与える可能性があります。

 

(3)重要事象等について

 当社は、前事業年度まで5期連続となる営業損失及び6期連続となるマイナスの営業キャッシュ・フローを計上しており、当事業年度においても、営業損失596百万円、マイナスの営業キャッシュ・フロー734百万円となりました。

 これにより、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。

 当社は、当該事象又は状況を解消し事業基盤及び財務基盤の安定化を実現するために、以下の対応策を講じております。

a.事業基盤の安定化

 徹底的なコスト削減や、事業の選択と集中により、事業基盤の安定化を図ってまいります。具体的には、既存タイトルについては、各タイトルの収益状況に応じた人員配置を行うなど運営体制の見直しを継続的に行うことによりコスト削減を図るほか、その中においても収益が見込めない既存タイトルについては、それらの事業譲渡・配信終了も視野に対応する方針であります。また、他社IPタイトルとのコラボレーションを実施するなど、他社IPとの協力を得ることによりユーザーのログイン回数や滞留時間の増加を図ることで、売上収益の拡大を進めてまいります。今後の新規タイトルにつきましては、自社開発と共同開発の分散とともに、運営に海外を活用することにより、日本チームが新規開発に特化できる体制を構築することで、開発の長期化や開発費の高騰など各種リスクの低減を図りながら、人員体制及び協力企業の技術力を踏まえ、過去事例を参考に慎重に工数を見積もることで、開発スケジュールの遅延等による開発費の増加が生じないよう努めてまいります。また、IPの価値と経済条件を踏まえ収益性が高く見込まれるタイトルに対して優先的に開発・運営人員を配置することにより、当社の収益改善を図ってまいります。また、収益構造の最適化の観点でリストラクチャリングを実行し、当事業年度において特別損失を計上しておりますが、長期的な収益改善に繋がるものと考えております。

b.財務基盤の安定化

 財務面につきましては、財務基盤の安定化のため、2020年4月20日付で第三者割当による行使価額修正条項付第13回新株予約権を発行し、2020年7月8日までにすべて行使された結果、1,142百万円の資金調達をしております。また、複数社の取引金融機関や協業先と良好な関係性を築いており、引き続き協力を頂くための協議を進めております。売上高やコスト等の会社状況を注視し、必要に応じてすみやかな各種対応策の実行をしてまいります。

 しかしながら、既存タイトルの売上動向、新規タイトルの売上見込及び運営タイトルの各種コスト削減については将来の予測を含んでおり、引き続き業績の回復状況を慎重に見極める必要があることから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。

 なお、財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を財務諸表に反映しておりません。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

①経営成績の状況

当事業年度における我が国経済は、COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大により極めて厳しい状況が続いており、依然として先行き不透明な状態が続いております。当社に及ぼす影響につきましても、予測ができない状況にあります。

 しかしながら、当社の事業領域であるモバイルゲーム事業を取り巻く環境につきましては、2019年のスマートフォンやタブレット向けのゲームアプリ市場が大半を占めるオンラインプラットフォーム市場において、前年比104.9%の1兆2,962億円に伸長するなど、日本国内ゲーム市場全体は10年連続で拡大を続けております。さらに、2020年においてはコロナ禍の外出自粛などの影響からゲームで遊ぶ時間が増加し、モバイルゲームに対するユーザーの需要が急増したことで、2019年と比較してインストール数は45%、成長率40%を上回るなど進捗し、今後においても巣ごもり需要の継続などにより拡大傾向が続くことが期待されます。(出典:「ファミ通ゲーム白書2020」、「State of Gaming App Marketing 2020」)

 このような事業環境の中、当社では、2020年10月27日に、コミック累計1,450万部突破のアニメ『五等分の花嫁』初のゲームアプリ「五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。」をリリースいたしました。本ゲームは、原作ストーリーはもちろん、週刊少年マガジン編集部完全監修の新作ストーリーをフルボイスで体験できます。すでに555万ダウンロードを突破しており、イベント施策を継続的に実施したことで売上収益に貢献いたしました。今後もTVアニメ放送連動企画や魅力的な施策を講じていくことで収益基盤の安定化に努めてまいります。

 10周年を迎えました「ぼくのレストラン2」及び「ガルショ☆」は、他社IPとのコラボレーション施策等により、引き続き安定水準を維持しております。「De:Lithe(ディライズ)~忘却の真王と盟約の天使~」は、1周年に向けてゲーム内の活性化を図りました。3周年を迎えました欅坂46・日向坂46公式ゲームアプリ「欅のキセキ/日向のアユミ」、HiGH&LOWシリーズ初となる「HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD」は、売上高を維持するなか効率的な運営体制の見直しを推し進めました。

新規タイトルの開発につきましては、IPタイトルの開発を進めておりますが、自社開発と共同開発の分散とともに、運営に海外を活用することにより、日本チームが新規開発に特化できる体制を構築することで、開発費の増加が生じないよう開発の長期化や開発費の高騰など各種リスクの低減を図りながら、高品質なタイトルの開発を行っております。

なお、当社は、収益構造の最適化の観点でリストラクチャリングを実行しておりますが、当事業年度において本店移転に伴う特別損失、及び人員の適正化に伴う特別退職金を特別損失としてそれぞれ計上しております。また、保有する投資有価証券について、実質価額が著しく低下したため、投資有価証券評価損を特別損失として計上しております。

本店移転につきましては、コロナ禍による在宅勤務実施以降、恒久的在宅勤務に向け試行してまいりましたが、テレワーク(在宅勤務)においても生産性向上が図られ、場所を問わずチーム体制が有効に機能したことが確認され、運用に支障がないことが証明されました。また、通勤時間が不要になり、ワーク・ライフ・バランスが図られるなど従業員のニーズも相応にあることから、テレワーク(在宅勤務)制度導入を決定いたしました。これまで、六本木ヒルズ森タワーを本店とし、サテライトオフィスとしてラピロス六本木を利用し事業を進めてまいりましたが、テレワーク(在宅勤務)制度導入・活用で、ラピロス六本木に集約できると判断し、2020年6月25日の取締役会において、六本木ヒルズ森タワーを閉じ、ラピロス六本木を本店とすることを決定いたしました。その後さらに、より小さなオフィスで対応することが可能と判断し、2021年1月29日開催の取締役会において、ラピロス六本木から六本木電気ビルへ本店を移転することを決定しております。

当該事象により当事業年度において、六本木ヒルズ森タワーに対する残存賃料及びその他移転に伴う諸費用として本店移転損失、原状回復費用に関する減損損失、さらにラピロス六本木に対する残存賃料及びその他移転に伴う諸経費として本店移転損失を計上しております。

 これらの結果、当事業年度の業績は、売上高は4,073百万円(前事業年度比2.9%の増加)、営業損失は596百万円(前事業年度は1,456百万円の営業損失)、経常損失は641百万円(前事業年度は1,462百万円の経常損失)、当期純損失は1,044百万円(前事業年度は1,469百万円の当期純損失)となっております。

 なお、当社はエンターテインメント事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません。

 

②財政状態の状況

(資産)

 当事業年度末の資産につきましては、前事業年度末に比べて319百万円増加し、2,047百万円となりました。

これは主に、現金及び預金の増加(前事業年度末比223百万円の増加)、売掛金の増加(前事業年度末比112百万円の増加)、関係会社株式の増加(前事業年度末比29百万円の増加)があった一方で、前払費用の減少(前事業年度末比55百万円の減少)によるものであります。

 

(負債)

 当事業年度末の負債につきましては、前事業年度末に比べて197百万円増加し、1,206百万円となりました。

これは主に、移転損失引当金の増加(前事業年度末比229百万円の増加)、短期借入金の増加(前事業年度末比435百万円の増加)、その他流動負債の増加(前事業年度末比70百万円の増加)があった一方で、1年内返済予定の長期借入金の減少(前事業年度末比550百万円の減少)によるものであります。

 

(純資産)

 当事業年度末の純資産につきましては、前事業年度末に比べて122百万円増加し、840百万円となりました。

これは主に、当期純損失を1,044百万円計上したものの、第三者割当による行使価額修正条項付第13回新株予約権の権利行使及び第9回新株予約権の権利行使により資本金及び資本準備金がそれぞれ585百万円増加したことによるものであります。

 

③キャッシュ・フローの状況

 当事業年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、前事業年度末と比べ、430百万円増加し、1,113百万円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において営業活動により使用した資金は、734百万円(前事業年度は1,521百万円の使用)となりました。これは主に、税引前当期純損失1,040百万円、売上債権の増加額112百万円があった一方で、移転損失引当金の増加額229百万円、未払又は未収消費税等の増減額131百万円があったことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において投資活動により使用した資金は、58百万円(前事業年度は37百万円の使用)となりました。これは主に、投資有価証券の取得による支出19百万円、関係会社株式の取得による支出29百万円、敷金及び保証金の差入による支出8百万円があったことによるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度において財務活動により獲得した資金は、1,223百万円(前事業年度は1,213百万円の獲得)となりました。これは主に、新株予約権の行使による株式の発行による収入1,164百万円、短期借入れによる収入400百万円があった一方で、長期借入金の返済による支出550百万円によるものであります。

 

④生産・受注及び販売の実績

a.生産実績

 当社は、生産実績を定義することが困難であるため、生産実績は記載しておりません。

 

b.受注実績

 当社は、受注生産を行っていないため、受注実績は記載しておりません。

 

c.販売実績

 当事業年度の販売実績は次のとおりであります。

事業の名称

当事業年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

前年同期比(%)

エンターテインメント事業(千円)

4,073,001

102.9

合計(千円)

4,073,001

102.9

(注)1.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおり

     であります。

相手先

前事業年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

当事業年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

Apple Inc.

1,066,992

26.9

1,309,868

32.2

グリー株式会社

862,194

21.8

815,976

20.0

Google Inc.

741,906

18.7

678,144

16.6

  2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

 

①重要な会計方針及び見積り

 当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成にあたって、資産・負債や収益・費用に影響を与える見積りを必要とする箇所があります。これらの見積りについては、経営者が過去の実績や取引状況を勘案し、会計基準の範囲内で合理的に判断を行っております。なお、新型コロナウイルス感染症については、収束時期が予測できないため、影響の及ぶ期間を正確に把握することが困難であります。このような状況を踏まえ当社は、会計上の見積りにあたって当該感染の影響が及ぶ期間が長期にわたる可能性があると考えております。これらの見積りには不確実性が伴うため、実際の結果は、これらと異なることがあります。

 当社の財務諸表を作成するにあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な会計方針)」に記載のとおりであります。

 

②財政状態の分析

 財政状態の状況につきましては、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②財政状態の状況」に記載のとおりであります。

 

③経営成績の分析

 当事業年度の業績は、売上高4,073百万円(前事業年度比2.9%の増加)となりました。売上原価は3,737百万円

(前事業年度比19.7%の減少)、販売費及び一般管理費は931百万円(前事業年度比22.8%の増加)となり、この結果、営業損失は596百万円(前事業年度は1,456百万円の営業損失)、経常損失は641百万円(前事業年度は1,462百万円の経常損失)、当期純損失は1,044百万円(前事業年度は1,469百万円の当期純損失)となりました。

 

a.売上高

 「ぼくのレストラン2」「ガルショ☆」は10周年を迎え、他社IPとのコラボレーション施策等により、引き続き堅調に推移し、2020年10月に配信開始をした新規タイトル「五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。」は、イベント施策を継続的に実施したことで好調に推移し、売上高が増加いたしました。この結果、売上高は4,073百万円となりました。

 

b.売上原価、売上総利益

 売上高増加に伴い支払手数料等の変動費の増加はあったものの、売上原価は3,737百万円となりました。これは主に労務費788百万円、既存・新規タイトル制作に伴う外注費767百万円及びプラットフォーム事業者等への支払手数料1,719百万円となり、この結果、売上総利益は335百万円となりました。

 

c.販売費及び一般管理費、営業損益

 販売費及び一般管理費は931百万円となりました。これは主に、労務費251百万円、広告宣伝費383百万円、カスタマーサポート等の外注費108百万円となり、この結果、営業損失は596百万円となりました。

 

d.営業外収益、営業外費用及び経常損益

 営業外収益は2百万円、営業外費用は48百万円となりました。営業外収益は主にその他の営業外収益2百万円、営業外費用は主に支払利息43百万円となり、この結果、経常損失は641百万円となりました。

 

e.特別利益、特別損失及び当期純損益

 特別利益は6百万円、特別損失は405百万円となりました。特別利益は新株予約権戻入益であります。特別損失はリストラクチャリングの実行の一環として、本店移転に伴う原状回復費用及び当社の有形固定資産についての減損損失25百万円、残存賃料及びその他移転に伴う諸経費として本社移転損失325百万円、人員の適正化に伴う特別退職金34百万円、保有する投資有価証券の実質価額が著しく低下したことによる投資有価証券評価損19百万円となり、この結果、税引前当期純損失は1,040百万円となり、法人税、住民税及び事業税の計上により、当期純損失は1,044百万円となりました。

 

④キャッシュ・フローの状況の分析

 キャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

⑤経営戦略の現状と見通し

 当社では、創業以来モバイルゲームの企画、開発及び運営を行うことに重点をおき、質の高いサービスをユーザーに提供することで収益基盤を拡大してまいりました。

 今後の見通しにつきましては、既存タイトルの売上高の維持と効率的な運営体制の見直しを行い収益力の強化を図ってまいります。また、売上収益の拡大を目的に、新規で年間1~2タイトルをリリースしていく方針です。今後の新規タイトルにつきましては、自社開発と共同開発の分散とともに、運営に海外を活用することにより、日本チームが新規開発に特化できる体制を構築することで、開発の長期化や開発費の高騰など各種リスクの低減を図りながら、開発費の増加が生じないよう努めつつ、高品質なIPタイトルの開発を行ってまいります。

 

⑥経営成績に重要な影響を与える要因

 経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

⑦資本の財源及び資金の流動性

 当社の資金需要のうち主な内容は、モバイルゲームの開発・運営に係る人件費及び外注費並びに広告宣伝費等の運転資金であります。当社では、運転資金につきましては、自己資金及び借入金等により資金調達をしておりますが、必要に応じて資本性の資金調達を実施しております。

 当事業年度においては、営業活動により734百万円、投資活動により58百万円を使用し、財務活動により1,223百万円の資金を調達しております。

 各項目の主な要因については、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。

 

⑧経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社は、売上高及び営業利益を継続的に成長させ、企業価値向上を目指してまいりたいと考えております。このため、売上高及び営業利益を重要な指標として位置付けております。

 当事業年度の業績は、ブラウザタイトルは引き続き堅調に推移したこと、新規タイトル「五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。」が好調に推移したこと、収益構造の最適化の観点でリストラクチャリングを実行したことにより増収増益となりました。

 当事業年度における売上高は4,073百万円(前事業年度比2.9%の増加)、営業損失は596百万円(前事業年度は1,456百万円の営業損失)となっております。引き続き当該指標の改善に邁進していく所存であります。

 

4【経営上の重要な契約等】

相手方の名称

契約の名称

契約内容

契約期間

 グリー株式会社

 GREE Platform参加契約書

 GREE Platformへの参加に関する契約

 2010年6月22日から

 2011年6月21日まで

(注1)

 グリー株式会社

 業務提携契約書

 アプリ提供に関して収益拡大を目的としたグリー株式会社との業務提携契約

 2013年4月23日から

 2014年4月22日まで

(注2)

(注)1.期間満了の1ヶ月前までに当社または相手方のいずれからも延長拒絶の申し出がない限り、1年毎に自動

     更新。

   2.期間満了の3ヶ月前までに当社または相手方のいずれからも延長拒絶の申し出がない限り、1年毎に自動

     更新。

 

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当事業年度におきましては、開発環境の整備に対処するために、4百万円の設備投資をいたしました。設備投資の主な内容は、社員貸与を目的としたPC等の購入や複合機のリースであります。

 なお、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、当社の有形固定資産について、当初想定していた収益と今後発生することが見込まれる収益に差異が生じ、減損の兆候が把握されたことから、将来の回収可能性を慎重に検討した結果、帳簿価額を使用価値に基づいた回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。

 

2【主要な設備の状況】

2020年12月31日現在

 

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物

(千円)

工具、器具

及び備品

(千円)

商標権

(千円)

ソフトウエア

(千円)

合計

(千円)

本社

(東京都港区)

事業所用設備

100(30)

(注)1.本社の建物を賃借しており、賃借料として144,426千円計上しております。

2.従業員は就業人員であり、臨時雇用者数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む)は、期中の平均人員を( )内に外数で記載しております。

3.当社の事業セグメントは、単一セグメントとしておりますので、セグメント別の記載を省略しております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設

  当社の設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。

  なお、当事業年度末現在における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。

事業所名

(所在地)

設備の内容

投資予定金額

資金調達方法

着手及び完了予定年月

完成後の増加能力

総額

(千円)

既支払額

(千円)

着手

完了

本社

(東京都港区)

事業所用設備

21,000

11,060

自己資金

2021.1

2021.4

 

(2)重要な設備の除却等

  該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

24,000,000

24,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(2020年12月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年3月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

13,729,760

13,729,760

東京証券取引所

(市場第一部)

単元株式数 100株

13,729,760

13,729,760

(注)「提出日現在発行数」欄には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

第5回新株予約権

決議年月日

2011年6月30日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社従業員 54名

新株予約権の数(個)

78

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

1,600(注)1,5

新株予約権の行使時の払込金額(円)

124(注)2,5

新株予約権の行使期間

自 2013年9月28日 至 2021年9月27日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  124

資本組入額  62

(注)2,5

新株予約権の行使の条件

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項

(注)4

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。

(注)1.新株予約権の発行日(以下、「発行日」という)後、当社が当社普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し(1株未満の端数は切捨て)、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

       調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合比率

      発行日後、当社が、資本の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、資本の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案の上、合理的な範囲で付与株式数を調整し、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

    2.新株予約権の一個当たりの払込金額は、1株当たりの払込金額に新株予約権の目的となる株式数を乗じた金額とする。  ただし、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円単位未満の端数はこれを切り上げるものとする。

調整後

払込金額

調整前

払込金額

×

1

分割・併合の比率

  また、当社普通株式につき時価を下回る価額で株式の発行又は自己株式の処分を行う場合には、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使価額

調整前

行使価額

×

既発行済株式数

新規発行株式数

×

1株当たり払込金額

1株あたりの時価

既発行済株式数+新規発行株式数

  なお、上記の算式において、「既発行済株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式を控除した数とし、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する株式数」「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。

 

3. 新株予約権の行使の条件

  ①新株予約権者は、権利行使時においても、当社の取締役または従業員であることを要する。ただし、新株予約権を行使することができる期間に退任または退職した取締役または従業員については、退任または退職後3ヶ月を経過するまでの間に限り新株予約権を行使することができるものとする。

  ②新株予約権者は、以下の区分に従い計算された数を上限として、割当てられた権利の一部または全部を行使することができる。(ただし、計算の結果生じる1個未満の端数については、これを切り捨てるものとする。)

   (ⅰ)割当日後、2年を経過した日以降、3年を経過する日の前日までの期間においては、割当さ

      れた権利の数に2分の1を乗じた数

   (ⅱ)割当日後、3年を経過した日以降、4年を経過する日の前日までの期間においては、割当さ

      れた権利の数に4分の3を乗じた数

   (ⅲ)割当日後、4年を経過した日以降、8年を経過する日の前日までの期間においては、割当さ

      れた権利の数に4分の4を乗じた数

  ③その他の条件については、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによる。

4. 譲渡による新株予約権の取得については、取締役会決議による承認を要する。

5.当社は、2012年9月11日付で普通株式1株につき20株の株式分割を、また2013年10月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」は、調整後の内容となっております。

第6回新株予約権

決議年月日

2014年12月16日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役 2名

当社監査役 1名

当社従業員 28名

当社関係会社従業員 1名

新株予約権の数(個)

1,520

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

152,000(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1,615(注)2

新株予約権の行使期間

自 2016年4月1日 至 2023年1月6日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格  1,615

資本組入額  808

(注)2

新株予約権の行使の条件

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項

(注)4

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。

 

(注)1.新株予約権の発行日(以下、「発行日」という)後、当社が当社普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し(1株未満の端数は切捨て)、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

       調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合比率

      発行日後、当社が、資本の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、資本の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案の上、合理的な範囲で付与株式数を調整し、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

    2.新株予約権の一個当たりの払込金額は、1株当たりの払込金額に新株予約権の目的となる株式数を乗じた金額とする。

  ただし、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円単位未満の端数はこれを切り上げるものとする。

調整後

払込金額

調整前

払込金額

×

1

分割・併合の比率

  また、当社普通株式につき時価を下回る価額で株式の発行又は自己株式の処分を行う場合には、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使価額

調整前

行使価額

×

既発行済株式数

新規発行株式数

×

1株当たり払込金額

1株あたりの時価

既発行済株式数+新規発行株式数

  なお、上記の算式において、「既発行済株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式を控除した数とし、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する株式数」「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。

3. 新株予約権の行使の条件

  ①新株予約権者は、2015年12月期から2021年12月期までのいずれかの期において、当社の営業利益が20億円を超過した場合、当該営業利益の水準を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から権利行使期間の末日までに行使することができる。

  ②上記①における営業利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載される連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益を参照するものとし、適用される会計基準の変更等により参照すべき営業利益の計算に用いる各指標の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標及び数値を取締役会にて定めるものとする。

  ③新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役または従業員であることを要する。ただし、退任または退職した取締役、監査役または従業員については、退任または退職後3ヶ月を経過するまでの間に限り本新株予約権を行使することができるものとする。

  ④上記③にかかわらず、新株予約権者が死亡した場合には、その死亡時において本人が行使しうる本新株予約権の数を上限として6ヶ月以内(ただし、行使期間の末日までとする。)に限り相続人の行使を認める。ただし、当社取締役会の承認を得ることを条件とする。

  ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。

  ⑥各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。

  ⑦新株予約権者が当社との間に締結する新株予約権割当契約に違反した場合には行使できないものとする。

4. 譲渡による新株予約権の取得については、取締役会決議による承認を要する。

 

第8回新株予約権

決議年月日

2017年3月29日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役 3名

当社従業員 3名

新株予約権の数(個)

1,254

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

112,000(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)

(注)2

新株予約権の行使期間

自 2017年4月13日 至 2027年4月12日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)

(注)4

新株予約権の行使の条件

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項

(注)5

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。

 

(注)1.新株予約権の発行日(以下、「発行日」という)後、当社が当社普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し(1株未満の端数は切捨て)、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

       調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合比率

     発行日後、当社が、資本の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、資本の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案の上、合理的な範囲で付与株式数を調整し、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

2.新株予約権の一個当たりの払込金額は、1株当たりの払込金額に新株予約権の目的となる株式数を乗じた金額とする。行使価額は1円とする。

3.新株予約権の行使の条件

     ①新株予約権者は、当社が金融商品取引法に基づいて本新株予約権の割当日以降に提出する有価証券報告書に記載された連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場合、損益計算書。)、又は四半期報告書に記載された連結四半期損益計算書(四半期報告書における四半期損益計算書についても同様。)において、営業利益を計上した場合に、営業利益を最初に計上した期の有価証券報告書、又は四半期の四半期報告書の提出日の翌月1日から2027年4月12日までに、本新株予約権を行使することができる。なお、適用される会計基準の変更等により参照すべき営業利益の計算に用いる各指標の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標及び数値を取締役会にて定めるものとする。

     ②新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社または当社関係会社の取締役、監査役または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。

     ③上記①及び②に加えて、新株予約権者は、以下の区分に従って、本新株予約権の全部または一部を行使することができる。なお、行使可能となる本新株予約権の数に1未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。

      ア.2017年4月13日から2018年4月12日までは、割当てられた本新株予約権の25%を上限として行使することができる。

      イ.2018年4月13日から2019年4月12日までは、割当てられた本新株予約権の50%を上限として行使することができる(前記アにおいて行使することが可能となっている25%を含む。)。

      ウ.2019年4月13日から2020年4月12日までは、割当てられた本新株予約権の75%を上限として行使することができる(前記イにおいて行使することが可能となっている50%を含む。)。

      エ.2020年4月13日から2027年4月12日までは、割当てられた本新株予約権のすべてについて行使することができる。

     ④新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使することができるものとする。

     ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。

     ⑥各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。

4.増加する資本金及び資本準備金に関する事項

①本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。

②本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。

5.譲渡による新株予約権の取得については、取締役会決議による承認を要する。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

③【その他の新株予約権等の状況】

 会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

第9回新株予約権(2017年4月13日取締役会決議)

 

事業年度末現在

(2020年12月31日)

提出日の前月末現在

(2021年2月28日)

新株予約権の数(個)

1,400

1,400

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

140,000(注)1

140,000(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)

502(注)2.3

502(注)2.3

新株予約権の行使期間

自 2017年4月28日

至 2027年4月27日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)

(注)4

同左

新株予約権の行使の条件

(注)6

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

(注)5

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

(注)1.本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株とする。

なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率

また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他

これらの場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。

2.新株予約権の一個当たりの払込金額は、1株当たりの払込金額に新株予約権の目的となる株式数を乗じた金額とする。

3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使金額

調整前

行使金額

×

1

分割(または併合)の比率

また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使価額

調整前

行使価額

×

既発行株式数

新規発行株式数

×

1株当たり払込金額

調整前の1株あたりの時価

既発行株式数+新規発行株式数

なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。

4.新株予約権の行使により発行する株式の資本組入額

①本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。

②本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。

5.譲渡による新株予約権の取得の制限
譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要するものとする。

6.新株予約権の行使の条件

①割当日から本新株予約権の行使期間の末日に至るまでの間に金融商品取引所における当社普通株式の普通取引終値が一度でも行使価額(但し、上記3.に準じて取締役会により適切に調整されるものとする。)に50%を乗じた価格を下回った場合には、本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は残存するすべての本新株予約権を行使期間の末日までに行使しなければならないものとする。但し、次に掲げる場合に該当するときはこの限りではない。

 (a) 当社の開示情報に重大な虚偽が含まれることが判明した場合

 (b) 当社が法令や金融商品取引所の規則に従って開示すべき重要な事実を適正に開示していなかったことが判明した場合

 (c) 当社が上場廃止となったり、倒産したり、その他本新株予約権発行日において前提とされていた事情に大きな変更が生じた場合

 (d) その他、当社が新株予約権者の信頼を著しく害すると客観的に認められる行為をなした場合

②本新株予約権者は、上記に掲げる行使期間において、上記①に掲げる事由が生じた場合を除き、2018年4月28日より本新株予約権の一部または全部を行使できるものとする。

③新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。

④本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。

⑤各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。

 

第11回新株予約権(2018年4月27日取締役会決議)

 

事業年度末現在

(2020年12月31日)

提出日の前月末現在

(2021年2月28日)

新株予約権の数(個)

900

900

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)

90,000(注)1

90,000(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)

1,077(注)2.3

1,077(注)2.3

新株予約権の行使期間

自 2018年5月14日

至 2028年5月13日

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)

(注)4

同左

新株予約権の行使の条件

(注)6

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

(注)5

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

(注)1.本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株とする。

 なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。

調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率

 また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。

2.新株予約権の一個当たりの払込金額は、1株当たりの払込金額に新株予約権の目的となる株式数を乗じた金額とする。

3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使金額

調整前

行使金額

×

1

分割(または併合)の比率

 また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使価額

調整前

行使価額

×

既発行株式数

新規発行株式数

×

1株当たり払込金額

調整前の1株あたりの時価

既発行株式数+新規発行株式数

 なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。

 さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。

4.新株予約権の行使により発行する株式の資本組入額

① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。

② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。

5.譲渡による新株予約権の取得の制限
譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議による承認を要するものとする。

6.新株予約権の行使の条件

① 割当日から本新株予約権の行使期間の末日に至るまでの間に金融商品取引所における当社普通株式の普通取引終値が一度でも行使価額(但し、上記3.に準じて取締役会により適切に調整されるものとする。)に50%を乗じた価格を下回った場合には、本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は残存するすべての本新株予約権を行使期間の末日までに行使しなければならないものとする。但し、次に掲げる場合に該当するときはこの限りではない。

 (a) 当社の開示情報に重大な虚偽が含まれることが判明した場合

 (b) 当社が法令や金融商品取引所の規則に従って開示すべき重要な事実を適正に開示していなかったことが判明した場合

 (c) 当社が上場廃止となったり、倒産したり、その他本新株予約権発行日において前提とされていた事情に大きな変更が生じた場合

 (d) その他、当社が新株予約権者の信頼を著しく害すると客観的に認められる行為をなした場合

② 本新株予約権者は、上記に掲げる行使期間において、上記①に掲げる事由が生じた場合を除き、2019年5月14日より本新株予約権の一部または全部を行使できるものとする。

③ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。

④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。

⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。

 

第14回新株予約権

決議年月日

2021年3月18日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社従業員 18名

新株予約権の数(個)

850

新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

新株予約権の目的となる株式の数(株)

85,000(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)

485(注)2

新株予約権の行使期間

自 2022年3月18日 至 2031年3月17日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)

発行価格   485

資本組入額  243

(注)2

新株予約権の行使の条件

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項

(注)4

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

(注)1.新株予約権の発行日(以下、「発行日」という)後、当社が当社普通株式につき株式分割又は株式併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し(1株未満の端数は切捨て)、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

       調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合比率

      発行日後、当社が、資本の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、資本の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案の上、合理的な範囲で付与株式数を調整し、新株予約権の目的たる株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使または消却されていない新株予約権の総数を乗じた数とする。

2.新株予約権の一個当たりの払込金額は、1株当たりの払込金額に新株予約権の目的となる株式数を乗じた金額とする。

  ただし、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円単位未満の端数はこれを切り上げるものとする。

調整後

払込金額

調整前

払込金額

×

1

分割・併合の比率

  また、当社普通株式につき時価を下回る価額で株式の発行又は自己株式の処分を行う場合には、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。

調整後

行使価額

調整前

行使価額

×

既発行済株式数

新規発行株式数

×

1株当たり払込金額

1株あたりの時価

既発行済株式数+新規発行株式数

  なお、上記の算式において、「既発行済株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式を控除した数とし、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する株式数」「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。

3. 新株予約権の行使の条件

  ①割当日から本新株予約権の行使期間の末日に至るまでの間に金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値の1ヶ月間(当日を含む21取引日)の単純平均値が一度でも行使価額(但し、上記2に準じて取締役会により適切に調整されるものとする。)に30%を乗じた価格を下回った場合には、本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は残存するすべての本新株予約権を行使期間の末日までに行使しなければならないものとする。但し、次に掲げる場合に該当するときはこの限りではない。

      ア.当社の開示情報に重大な虚偽が含まれることが判明した場合

      イ.当社が法令や金融商品取引処の規則に従って開示すべき重要な事実を適正に開示していなかったことが判明した場合

      ウ.当社が上場廃止となったり、倒産したり、その他本新株予約権発行日において前提とされていた事情に大きな変更が生じた場合

      エ.その他、当社が新株予約権者の信頼を著しく害すると客観的に認められる行為をなした場合

  ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。

  ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点において発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。

  ④各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。

4. 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い

当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。

  ①交付する再編対象会社の新株予約権の数

   新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。

  ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類

   再編対象会社の普通株式とする。

  ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数

   組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記1に準じて決定する。

  ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

   交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記4.③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。

  ⑤新株予約権を行使することができる期間

   行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。

  ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

   新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額に準じて決定する。

  ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限

   譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。

  ⑧その他新株予約権の行使の条件

   上記3に準じて決定する。

  ⑨新株予約権の取得事由及び条件

   当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。

  ⑩その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 当事業年度において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が以下のとおり行使されました。

第13回新株予約権(行使価額修正条項付)

 

第4四半期会計期間

(2020年10月1日から

  2020年12月31日まで)

当事業年度

(2020年1月1日から

  2020年12月31日まで)

当該期間に権利行使された当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数(個)

26,000

当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)

2,600,000

当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)

439

当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)

1,142,012

当該期間の末日における権利行使された当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)

26,000

当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)

2,600,000

当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)

439

当該期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達額(千円)

1,142,012

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金

増減額(千円)

資本金

残高(千円)

資本準備金

増減額(千円)

資本準備金

残高(千円)

2016年1月31日

(注)1

1,920

7,189,800

99

962,996

99

961,996

2016年2月29日

(注)2

200

7,190,000

12

963,008

12

962,008

2016年3月31日

(注)3

800

7,190,800

49

963,058

49

962,058

2016年5月31日

(注)4

610,000

7,800,800

206,187

1,169,245

206,187

1,168,245

2017年7月31日

(注)5

800

7,801,600

49

1,169,295

49

1,168,295

2018年1月31日

(注)6

780,000

8,581,600

430,716

1,600,011

430,716

1,599,011

2018年2月28日

(注)7

420,000

9,001,600

201,358

1,801,370

201,358

1,800,370

2019年1月31日

(注)9

339,200

9,340,800

77,736

1,879,106

77,736

1,878,106

2019年2月28日

(注)10

185,400

9,526,200

40,849

1,919,956

40,849

1,918,956

2019年3月31日

(注)11

456,200

9,982,400

95,810

2,015,767

95,810

2,014,767

2019年4月30日

(注)12

334,300

10,316,700

96,096

2,111,863

96,096

2,110,863

2019年5月31日

(注)13

114,800

10,431,500

31,424

2,143,287

31,424

2,142,287

2019年6月30日

(注)14

191,300

10,622,800

46,261

2,189,549

46,261

2,188,549

2019年7月31日

(注)15

178,800

10,801,600

48,968

2,238,517

48,968

2,237,517

2020年1月31日

(注)16

143,320

10,944,920

1,791

2,240,308

1,791

2,239,308

2020年3月31日

(注)17

144,840

11,089,760

1,885

2,242,194

1,885

2,241,194

2020年4月30日

(注)18

491,800

11,581,560

83,359

2,325,553

83,359

2,324,553

2020年5月31日

(注)19

1,692,800

13,274,360

362,493

2,688,047

362,493

2,687,047

2020年6月30日

(注)20

190,200

13,464,560

50,800

2,738,848

50,800

2,737,848

2020年7月31日

(注)21

225,200

13,689,760

75,197

2,814,045

75,197

2,813,045

2020年8月31日

(注)22

40,000

13,729,760

10,220

2,824,265

10,220

2,823,265

(注)1.新株予約権(第3回、第5回)によるものであります。

2.新株予約権(第5回)の行使によるものであります。

3.新株予約権(第5回)の行使によるものであります。

4.新株予約権(第7回)の行使によるものであります。

5.新株予約権(第5回)の行使によるものであります。

6.新株予約権(第10回)の行使によるものであります。

7.新株予約権(第10回)の行使によるものであります。

8.2017年12月26日付「第三者割当てにより行使価額修正条項付き第10回新株予約権の発行及びコミットメント契約に関するお知らせ」にて開示しました第10回新株予約権の発行及び行使により調達した資金の使途につきまして、2018年12月14日付「行使価額修正条項付第10回新株予約権の資金使途変更に関するお知らせ」にて開示しましたとおり重要な変更が生じております。

 (1)変更の理由

   当社は、第10回新株予約権発行及びその行使による調達資金を「(2)変更の内容 <変更前>」に記載のとおり、①から④資金使途として充当することを予定しておりました。

   このうち、①既存ネイティブアプリケーションである「欅のキセキ」に係るマーケティング活動については、欅坂46初の公式ゲームアプリとして、認知度の高さなどIPタイトルの優位性により当初想定していた規模より少ないマーケティング活動費用で2017年10月のリリースから11ヶ月で累計350万ダウンロードを突破するなど、第10回新株予約権の発行決議時点で見込んだよりも少ないマーケティング活動で、十分な周知効果を得ることができました。このことから、①既存ネイティブアプリケーションゲームである「欅のキセキ」に係るマーケティング活動費用について充当額を減額することといたしました。

   また、③新規ネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係るマーケティング活動費用についても、2タイトルのうち1本を知名度の高い他社のIPを題材として開発していることから、①と同様、IPタイトルの認知度の高さによる優位性のより、少ないマーケティング活動費用で十分な広告宣伝が期待されます。したがって、新規2タイトルのリリース前後から2020年6月までに行われるマーケティング活動に係る費用は限定的となる見込みであることから、同様に第10回新株予約権の調達資金からの充当額を減額すること及び支出予定時期を変更することといたしました。なお、かかるマーケティング活動費用については、第10回新株予約権により調達した資金を効率的かつ効果的に充当する方針でございますが、追加の費用が必要となった場合には、将来のキャッシュ・フローなどによる手元資金から充当する予定です。

   一方、②2018年12月期以降のリリースを見据えて開発を進めてきたネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係る第10回新株予約権の発行及び行使による調達資金に加え、手元資金からも充当することを予定しておりましたが、当社のゲーム事業への投資に手元資金を充てる必要があったことも影響し、手元資金から②の新規ゲーム2タイトルの開発費用に充当できる金額が第10回新株予約権の発行決議時点よりも限定的となりました。

   新ゲーム2タイトルは、競合タイトル群との明確な差別化を図り、競争力を高めるため、ゲームに画期的な要素を入れるとともに、高品質なキャラクターアートやストーリー・世界観を作ることが重要になっております。このように手元資金から充当できる金額が限定的となるなかでも、2019年12月期中のリリースに向け、新規ゲーム2タイトルの開発費用に優先的に十分な資金を充て、競争力を確保することが当社の収益確保と持続的成長の観点から重要と判断し、①既存ゲームである「欅のキセキ」及び③新規ゲーム2タイトルに係るマーケティング活動費用への充当額から減額した資金700,000,000円から、第10回新株予約権の行使価額の修正による当初差引手取概算額からの減少分である375,410,000円を控除した324,590,000円を、②2019年12月期リリース予定のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係る開発費用に追加充当することといたしました。

   以上のとおり、第10回新株予約権の発行により調達した資金を新規ゲーム2タイトルの開発費用に優先的に充当することにより、当社の収益確保と持続的成長を図るため、資金使途を「(2)変更の内容 <変更後>」のとおり変更いたしました。

 (2)変更の内容

   第10回新株予約権の発行及びその行使により調達する資金の使途の変更内容は、以下のとおりであり、変更箇所は下線で示しております。

<変更前>

具体的な使途

金額(円)

支出予定時期

①既存ネイティブアプリケーションゲーム「欅のキセキ」のマーケティング活動費用

400,000,000

2018年1月~

2019年6月

②2018年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係る開発費用

200,000,000

2018年2月~

2019年12月

③2018年12月期以降にリリース予定の上記②のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係るマーケティング活動費用

800,000,000

2018年2月~

2019年12月

④金融機関からの短期借入金の返済資金

229,560,000

2018年1月~

2018年8月

合計

1,629,560,000

<変更後>

具体的な使途

金額(円)

うち充当済み金額(円)(注)

支出予定時期

①既存ネイティブアプリケーションゲーム「欅のキセキ」のマーケティング活動費用

200,000,000

200,000,000

2018年1月~

2019年6月

②2019年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係る開発費用

524,590,000

524,590,000

2018年2月~

2019年12月

③2019年12月期以降にリリース予定の上記②のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係るマーケティング活動費用

300,000,000

300,000,000

2019年1月~

2020年6月

④金融機関からの短期借入金の返済資金

229,560,000

229,560,000

充当済み

合計

1,254,150,000

1,254,150,000

(注)この有価証券報告書提出日までの充当済み金額であります。

9.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

10.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

11.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

12.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

13.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

14.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

15.新株予約権(第12回)の行使によるものであります。

16.新株予約権(第3回)の行使によるものであります。

17.新株予約権(第3回、第5回)の行使によるものであります。

18.新株予約権(第13回)も行使によるものであります。

19.新株予約権(第13回)も行使によるものであります。

20.新株予約権(第13回)も行使によるものであります。

21.新株予約権(第13回)も行使によるものであります。

22.新株予約権(第9回)も行使によるものであります。

23.2018年12月14日付「第三者割当てにより行使価額修正条項付き第12回新株予約権の発行及びコミットメント契約に関するお知らせ」にて開示しました第12回新株予約権、及び2020年4月3日付「第三者割当てにより行使価額修正条項付き第13回新株予約権の発行及びコミットメント契約の締結に関するお知らせ」にて開示しました第13回新株予約権の発行及び行使により調達した資金の使途につきまして、2020年12月24日付「行使価額修正条項付第12回新株予約権及び行使価額修正条項付第13回新株予約権の資金使途変更に関するお知らせ」にて開示しましたとおり重要な変更が生じております。

 (1)変更の理由

   当社は、第12回新株予約権の調達資金を「(2)変更の内容 <第12回変更前>」に記載のとおり、①及び②を資金使途として充当することを予定しておりました。

   このうち、①2020年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム1タイトルに係る開発及び新規IPの取得に関する費用については、対象の新規ネイティブアプリケーションゲームが第12回新株予約権の発行決議時点で見込んだよりも少ない開発及びIP取得に関する費用に収めることができたことから、第12回新株予約権の調達資金からの充当額を減額することといたしました。

   一方、当社の収益を増加させるためには、既存タイトルを強化しつつ新規タイトルを継続して企画・開発することが重要と考えております。既存タイトルについては、売上収益の増加を目的とした効率的な運営に取り組むこと、新規タイトルについては、高いクオリティと新規性を備えた、ユーザーから支持されるコンテンツが提供できるよう企画・開発に取り組むことを目指しております。このような方針のもと、ネイティブアプリケーションゲームの開発と運営のための事業資金として、②2020年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム1タイトルに係る開発及び新規IPの取得に関する費用への充当額から減額した資金307,800,000円から、第12回新株予約権の行使価額の修正による当初差引手取概算額からの減少分である109,945,852円を控除した197,854,148円を、③ネイティブアプリケーションゲームの開発・運営関連費用に充当することといたしました。

   第13回新株予約権の調達資金のついては、当社は「(2)変更の内容 <第13回変更前>」に記載のとおり、①から③を資金使途として充当することを予定しておりました。

   このうち、③借入金の返済資源については、2020年8月31日付「資金の借入及び借入金の早期全額返済に関するお知らせ」にて開示しましたとおり、引き続き業績の回復状況を慎重に見極める必要があることから、短期的な資金需要の対応、及び財政基盤の安定化のため、借入金額を減額したうえで新規に資金の借入を行いましたので、借入金の返済資源の充当額を減額することといたしました。

   また、①ネイティブアプリケーションゲームの開発・運営関連費用については、第12回新株予約権の変更理由同様の考えから、③借入金の返済資源への充当額から減額した資金135,000,000円及び第13回新株予約権の行使価額の修正による当初差引手取概算額かあの増加分である180,012,652円を追加充当することといたしました。

   以上のとおり、第12回新株予約権の発行により調達した資金及び第13回新株予約権の発行により調達した資金をネイティブアプリケーションゲームの開発・運営関連費用に優先的に充当することにより、当社の収益確保と持続的成長を図るため、資金使途を「(2)変更の内容 <第12回変更後>」「(2)変更の内容 <第13回変更後>」のとおり変更いたしました。

 (2)変更の内容

   第12回新株予約権及び第13回新株予約権の発行及びその行使により調達する資金の使途の変更内容は、以下のとおりであり、変更箇所は下線で示しております。

<第12回変更前>

具体的な使途

金額(円)

支出予定時期

①2019年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係る開発費用及びリリース後の運営費用

500,000,000

2019年1月~

2019年12月

②2020年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム1タイトルに係る開発及び新規IPの取得に関する費用

474,240,000

2019年1月~

2020年12月

合計

974,240,000

 

<第12回変更後>

具体的な使途

金額(円)

うち充当済み金額(円)(注)

支出予定時期

①2019年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム2タイトルに係る開発費用及びリリース後の運営費用

500,000,000

500,000,000

充当済み

②2020年12月期以降にリリース予定のネイティブアプリケーションゲーム1タイトルに係る開発及び新規IPの取得に関する費用

166,440,000

166,440,000

充当済み

③ネイティブアプリケーションゲーム開発・運営関連費用

1,978,541,480

0

2020年12月~

2021年6月

合計

864,294,148

666,440,000

<第13回変更前>

具体的な使途

金額(円)

支出予定時期

①ネイティブアプリケーションゲーム開発・運営費用

556,690,000

2020年4月~

2021年4月

②リストラクチャリングに関わる費用

150,000,000

2020年4月~

2021年12月

③借入金の返済資源

250,000,000

2020年4月~

2021年12月

合計

956,690,000

<第13回変更後>

具体的な使途

金額(円)

うち充当済み金額(円)(注)

支出予定時期

①ネイティブアプリケーションゲーム開発・運営費用

871,702,652

712,764,110

2020年4月~

2021年6月

②リストラクチャリングに関わる費用

150,000,000

150,000,000

充当済み

③借入金の返済資源

115,000,000

115,000,000

充当済み

合計

1,136,702,652

920,955,602

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

-

14

34

66

31

41

10,386

10,572

所有株式数

(単元)

-

10,608

17,438

1,778

4,023

236

103,183

137,266

3,160

所有株式数の割合(%)

-

7.73

12.70

1.30

2.93

0.17

75.17

100

(注)自己株式20株は、「単元未満株式の状況」に含まれております。なお、自己株式20株は株主名簿記載上の株式数であり、2020年12月31日現在の実質的な所有株式数は20株であります。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

 

2020年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

安徳孝平

東京都港区

970,880

7.07

公文善之

東京都目黒区

970,880

7.07

株式会社SBI証券

東京都港区六本木一丁目6番1号

601,500

4.38

株式会社日本カストディ銀行(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番12号

573,600

4.17

楽天証券株式会社

東京都港区南青山二丁目6番21号

531,400

3.87

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町二丁目11番3号

400,400

2.91

auカブコム証券株式会社

東京都千代田区大手町一丁目3番2号

125,100

0.91

松井証券株式会社

東京都千代田区麹町一丁目4番地

91,900

0.66

JPMBL RE NOMURA INTERNATIONAL PLC 1 COLL EQUITY(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

1 ANGEL LANE LONDON-NORTH OF THE THAMES UNITED KINGDOM EC4R 3AB(東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)

83,700

0.60

立花証券株式会社

東京都中央区茅場町一丁目13番14号

81,900

0.59

4,431,260

32.27

(注)日本カストディ銀行株式会社(信託口)の所有株式の内訳は、信託口6が147,400株、信託口5が137,700株、信託口が105,600株、信託口2が91,200株、信託口1が54,600株、信託口7が27,000株、証券投資信託口が10,100株であります。

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

13,726,600

137,266

単元未満株式

普通株式

3,160

発行済株式総数

 

13,729,760

総株主の議決権

 

137,266

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年12月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

20

21,580

当期間における取得自己株式

(注)当期間における取得自己株式には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った

取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

20

20

(注)1.当期間における処理自己株式には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡による株式は含まれておりません。

2.当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、財務体質の強化に加えて事業拡大のための内部留保の充実等を図りつつ、株主に対する利益還元も経営の最重要課題であると考えております。

 今後の配当政策の基本方針としましては、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘案したうえで、総配分性向20%を目途とした業績に応じた株主配当を継続的に実施させていただく方針です。内部留保資金につきましては、事業拡大を目的とした中長期的な事業原資として利用していく予定であります。

 配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会となっております。また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当につきましては、当期の業績を勘案いたしまして、誠に遺憾ではございますが無配とさせていただきます。

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、企業価値を継続的に高めていくためには、

迅速な意思決定や適切な業務執行と共に、経営の健全性と透明性を高める経営監視システムを強化し、機能

させることが極めて重要だと認識し、ステークホルダーの信頼維持のため、コーポレート・ガバナンスの充

実に努めています。

 

②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

 当社は執行役員制度を採用しており、取締役会で決定された業務執行は代表取締役の指揮命令のもと各部門担当役員が責任と権限を委譲され、各々の担当業務を遂行しております。

 当社の機関及び内部統制の概要は、下記のとおりであります。

0104010_001.png

 

a.取締役及び取締役会

 当社の取締役会は、取締役5名(うち社外取締役1名)により構成されております。取締役会の議長は代表取締役安徳孝平が務めており、その他の構成員は取締役公文善之、取締役高木和成、取締役川平一人、社外取締役公文俊平であります。取締役会では、監査役出席の下、決定事項の決議、経営に関する重要事項の決定及び業務執行の監督、その他法令で定められた事項及び重要事項の決定を行っております。原則として毎月1回の定時取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催するとともに、監査役より必要に応じて意見を頂いております。

 

b.監査役及び監査役会

 当社は、監査役会制度を採用しており、監査役3名(うち社外監査役3名)により構成されております。取締役会に出席するとともに、原則として毎月1回の監査役会を開催し、当社の経営に対する監視及び取締役の業務執行の適法性について監査を行っております。また、監査役会で定めた監査役監査方針・計画に基づき、重要会議の出席、代表取締役・取締役・執行役員・会計監査人・内部監査担当者・重要な使用人との意見交換、重要書類の閲覧などを通じ厳格な監査を実施しております。なお、監査役会の議長は社外監査役志村直幸が務めており、その他の構成員は社外監査役安川新一郎、社外監査役安達裕であります。

 

c.経営会議

 当社では、事業の意思決定の迅速化を目的に経営会議を毎週開催し、代表取締役・取締役・執行役員が出席して業務上の重要事項について審議・決定すると共に全社的な調整や対策ができる仕組みとなっております。なお、経営会議の議長は代表取締役安徳孝平が務めており、その他の構成員は取締役公文善之、取締役高木和成、取締役川平一人であります。

 

 これらの有機的な連動により効果的な組織体制を構築しております。

 監査役3名は全員社外監査役であり、独立性が高く、うち志村直幸は公認会計士であり財務会計に関する専門的な知見を有しており、安川新一郎はIT分野における幅広い知見を有するものであります。安達裕は弁護士として法律に関する専門的な知識を有する者であります。

 従いまして、それぞれの経験・知識に基づき、コーポレート・ガバナンスの視点の上での監視・監督・監査機能の専門性、客観性及び独立性は十分担保されているものと考えており、現状の体制を採用しております。

 

③企業統治に関するその他の事項

a.内部統制システムの整備の状況

 当社におきましては、財務報告に係る「内部統制基本方針」を定め、各種社内規程を整備し、役職員の責

任の明確化を行うことで規程遵守の徹底を図り、内部統制システムが有効に機能する体制を確保しておりま

す。

 

b.リスク管理体制の整備の状況

 当社は、管理本部長のもと、経営会議メンバーを中心として、経理財務担当、総務担当、人事部長、技術部

長(社内情報システム管理業務を担当)、内部監査担当との情報共有を行うことで、リスクの早期発見と未然防

止に努めると共に、管理本部長並びに常勤監査役への相談及び不正行為を通報する仕組みであるホットライン

を設置しています。

 これにより、組織的または個人的な法令違反ないし不正行為に関する通報等について、適正な処理の仕組

みを定めることにより、不正行為等による不祥事の防止及び早期発見を図っております。

 また、法令遵守体制の構築を目的としてコンプライアンス規程を定め、管理本部長を責任者としておりま

す。当社の業務に従事するもの一人ひとりが職務を遂行するにあたり準拠すべき「行動規範」を徹底し、コ

ンプライアンスに関する取り組みを行っていきます。

 

c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

 当社では、子会社の業務の適正を確保するため、リスク管理体制の整備に努めております。リスクを統括管理するため、取締役会または経営会議にて、リスクの状況について、各子会社の代表取締役または担当者より報告を受け、各種リスクの状況把握・管理を行っております。また危機事態への対応に関しましては、専門性を有する顧問弁護士・税理士等との連携により危機対応体制を整備しております。

 

d.責任限定契約の内容の概要

 当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役1名及び社外監査役3名との間に同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令の定める最低責任限度額を限度としております。

 

④取締役の定数

 当社の取締役の定数は3名以上9名以内とする旨、定款で定めております。

 

⑤取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款で定めております。

 

⑥株主総会の特別決議事項

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。

 

⑦剰余金の配当の決定機関

 当社は、機動的な利益還元を可能とする資本政策を確保するため、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当(中間配当)を取締役会決議により可能とする旨を定款で定めております。

 

⑧自己の株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。

 

⑨責任免除の内容の概要

 当社は、定款において、会社法第426条第1項の規定により、役員(役員であった者を含む)が任務を怠ったことによる損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができることとしております。当該責任免除が認められるのは、当該役員が責任の原因となった職務の遂行において善意かつ重大な過失がないときに限ります。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたりその能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役

社長

安徳 孝平

1971年12月6日

1996年4月 ㈱イェルネット取締役就任

1999年6月 ピー・アイ・エム㈱取締役就任

2000年8月 ヤフー㈱入社

2009年5月 当社代表取締役就任

2011年6月 当社取締役就任

2011年9月 当社執行役員就任

2012年2月 当社プロダクト本部長就任

2014年3月 当社代表取締役就任(現任)

(注)1

970,880

取締役

執行役員

プロダクト開発部

部長

公文 善之

1974年12月26日

(現任)1999年6月 ピー・アイ・エム㈱取締役就任

2000年8月 ヤフー㈱入社

2009年5月 当社代表取締役就任

2011年6月 当社取締役就任(現任)

2011年9月 当社執行役員就任(現任)

2012年2月 当社プロダクト本部副本部長就任

2014年3月 当社プロダクト本部長就任

2020年4月 当社プロダクト開発部部長就任(現任)

(注)1

970,880

取締役

執行役員

管理本部長

高木 和成

1968年11月13日

1996年4月 ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社

1997年7月 ㈱ソフマップ入社 総合企画室長

2003年5月 ㈱マリンコンサルティング入社 部長

2005年12月 ㈱エイドステーション入社 部長

2011年6月 当社入社

2014年3月 当社執行役員管理本部長就任(現任)

2015年3月 当社取締役就任(現任)

(注)1

3,000

取締役

公文 俊平

(注)4

1935年1月20日

 

1970年1月 カナダ カールトン大学客員准教授

1971年9月 経済企画庁客員研究官

1978年1月 東京大学教養学部教授

1988年12月 米国ワシントン大学客員・研究教授

1990年9月 国際大学教授

1993年10月 国際大学グローバル・コミュニケーション

      センター所長

1996年3月 (公財)ハイパーネットワーク社会研究所

      理事長

2004年4月 多摩大学情報社会学研究所長(現任)

2013年6月 (公財)ハイパーネットワーク社会研究所

      評議員会会長

2014年3月 当社取締役就任(現任)

(重要な兼職の状況)

    多摩大学情報社会学研究所長

 

(注)1

1,300

取締役

執行役員

技術本部長

川平 一人

1974年11月9日

1996年4月 ㈱ゲームアーツ入社

2006年12月 ㈱トイロジック入社 執行役員

2015年5月 当社入社 PMO室長

2016年7月 当社執行役員 CTO就任(現任)

2017年1月 当社技術本部長就任(現任)

2018年3月 当社取締役就任(現任)

(注)1

1,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

常勤監査役

志村 直幸

(注)5

1964年2月1日

1992年10月 明和監査法人(現仰星監査法人)入所

1999年8月 公認会計士志村直幸事務所所長(現任)

2005年3月 志村直幸税理士事務所所長

2011年6月 当社監査役就任(現任)

2011年10月 ㈱ゲオホールディングス社外取締役就任

2014年8月 ファロス税理士法人社員就任(現任)

(重要な兼職の状況)

    公認会計士志村直幸事務所所長

    ファロス税理士法人社員

(注)2

監査役

安川 新一郎

(注)5

1968年1月3日

1991年4月 マッキンゼー・アンド・カンパニー

      ジャパン入社

1995年9月 マッキンゼー・アンド・カンパニー

      シカゴ事務所

1999年4月 ソフトバンク㈱入社 社長室長

2006年4月 日本テレコム㈱入社 執行役員

      インターネット・データ事業本部長

2008年10月 ソフトバンクモバイル㈱入社

      執行役員法人事業推進本部本部長

2013年4月 エス・エム・エス㈱入社

      事業開発品部長

2016年1月 グレートジャーニー合同会社

      代表社員(現任)

2017年3月 当社監査役就任(現任)

2020年3月 株式会社リブセンス社外取締役就任(現任)

(重要な兼職の状況)

    グレートジャーニー合同会社代表社員

    株式会社リブセンス社外取締役

(注)3

監査役

安達 裕

(注)5

1984年12月23日

2008年9月 弁護士登録(第一東京弁護士会)

2008年9月 長島・大野・常松法律事務所 入所

2015年6月 米国ニューヨーク州弁護士資格取得

2017年4月 潮見坂綜合法律事務所入所(現任)

2020年3月 当社監査役就任(現任)

(重要な兼職の状況)

    潮見坂綜合法律事務所弁護士

(注)2

1,947,060

(注)1.取締役の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会終結の時から、2021年12月期に係る定時株主総会

     の終結の時までであります。

   2.監査役 志村直幸、安達裕の任期は、2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から、

     2023年12月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

   3.監査役 安川新一郎の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会終結の時から、2024年12月期に係る

     定時株主総会の終結の時までであります。

   4.取締役 公文俊平は、社外取締役であります。

   5.監査役 志村直幸、安川新一郎、安達裕は、社外監査役であります。

 

② 社外役員の状況

 当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。

 社外取締役公文俊平は、多摩大学情報社会学研究所長を兼務しております。当社と多摩大学との間に特別な

関係はありません。なお、同氏は、当社の株主として資本的関係があります。また、同氏は、当社取締役である公文善之と三親等以内の親族関係にあります。

 社外監査役志村直幸は、公認会計士志村直幸事務所の所長及びファロス税理士法人の社員を兼務しておりま

す。当社と公認会計士志村直幸事務所、ファロス税理士法人との間に特別な関係はありません。

 社外監査役安川新一郎は、グレートジャーニー合同会社の代表社員及び株式会社リブセンスの社外取締役を兼務しております。当社とグレートジャーニー合同会社、株式会社リブセンスとの間に特別な関係はありません。

 社外監査役安達裕は、潮見坂綜合法律事務所の弁護士を兼務しております。当社と潮見坂綜合法律事務所との間に特別な関係はありません。

 当社は、社外取締役又は社外監査役の選任にあたり、独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、

選任にあたっては、一般株主と利益相反が生じるおそれがないものとすることを選任基準のひとつと考えて

おります。社外取締役1名及び社外監査役3名は、当社のコーポレート・ガバナンスにおける、経営の健全

性・透明性向上を果たす機能及び役割を担っております。なお、内部監査及び会計監査人との相互連携につ

きましては前記の通り、情報を共有し、連携体制をとっております。

 

③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 社外取締役及び社外監査役は、取締役会・監査役会・取締役等との意見交換等を通じて、監査役監査、内部監査、会計監査との連携を図り、また内部統制システムの構築・運用状況等について、監督・監査を行っております。

 

(3)【監査の状況】

①監査役監査の状況

 監査役は3名で、全員が社外監査役であります。

 監査役監査につきましては、監査役監査計画にて定められた内容に基づき監査を行い、原則として月1回開催される監査役会において情報共有を図っております。監査役は取締役会に出席し、独立した立場から経営に対する適正な監視を行っております。また、監査役は定期的に内部監査担当者と共に会計監査人と意見交換等を行っており、三者間で情報共有することで、連携を図っております。なお、監査役志村直幸は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

 当事業年度においては監査役会を14回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであります。

役職名

氏 名

出席回数(出席率)

社外監査役

志村 直幸

14回/14回(100%)

社外監査役

安川 新一郎

12回/14回( 86%)

社外監査役

安達 裕

11回/11回(100%)

(注)監査役安達裕は、2020年3月25日開催の第11回定時株主総会において、新たに監査役に就任したため、同日以降に開催された監査役会への出席状況を記載しております。

 

②内部監査の状況

 内部監査につきましては、代表取締役社長直轄の内部監査担当者1名が内部監査業務を実施しております。年間の内部監査計画に則り全部門に対して監査を実施し、監査結果については代表取締役社長に都度報告する体制となっております。また、内部監査担当者は、監査役及び会計監査人と意見交換等を行っており、三者間で情報共有することで、連携を図っており、内部統制の有効性の向上に努めております。

③会計監査の状況

a.監査法人の名称

 東邦監査法人

 

b.継続監査期間

 3年

 

c.業務を執行した公認会計士の氏名

 神戸 宏明

 藤嵜 研多

 

d.監査業務に係る補助者の構成

 公認会計士 5名

 

e.監査法人の選定方針と理由

 会計監査人としての独立性及び品質管理体制、並びに専門性の有無、当社が展開する事業分野への理解等を総合的に勘案し、検討した結果、東邦監査法人が適任と判断いたしました。

なお、監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出いたします。

 また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。

 

f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

 監査役会は、会計監査人に対して評価を行っております。この評価については、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証を重ねております。その結果、会計監査人の職務執行に問題はないと評価しております。

 

④監査報酬の内容等

a.監査公認会計士等に対する報酬の内容

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

16,200

16,200

 

b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

 該当事項はありません。

 

c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

 該当事項はありません。

 

d.監査報酬の決定方針

 当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬を決定するにあたり、監査公認会計士等より提示される監査計画の内容をもとに、監査日数等を勘案し、会社法第399条第1項の定めのとおり、監査役会の同意を得た上で決定することとしております。

 

e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

 監査役会は、会計監査人の監査計画・監査の実施状況・報酬見積りの算出根拠等の資料を入手し、会計監査人の報酬等について必要な検討を行いました。審議の結果これらについて妥当であると判断し、会社法第399条第1項の同意を行っております

 

(4)【役員の報酬等】

①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

 当社では、役員報酬が客観的に適正な水準であり、公明かつ合理的なプロセスを経て決定されることが、コーポレート・ガバナンス上極めて重要であるとの考えのもと、国内外の同業又は同規模の他企業との比較及び当社の財務状況を考慮するなど、客観的かつ合理的な視点も加味した上で、具体的な報酬額を取締役会又は取締役会の授権を受けた代表取締役が決定しております。また、取締役の各人別の報酬の算定方法については全取締役との協議により決定いたします。

 当社の役員報酬等に関しては、2011年6月30日開催の臨時株主総会において、取締役の報酬限度額は年額2億5千万円(定款で定める取締役の員数は3名以上9名以内であり、当該臨時株主総会の終結時の取締役は4名)、監査役の報酬限度額は年額5千万円(定款で定める監査役の員数は3名以上であり、当該臨時株主総会の終結時の監査役は3名)と決議されており、かかる報酬限度額内において、各役員の職務の内容、職位及び実績・成果等を勘案して報酬額を決定いたします。

 当社の役員報酬は金銭報酬である基本報酬及び役員賞与並びにストック・オプションにより構成されます。これらの各報酬の割合は、役員としての役割・職責等に見合った報酬を付与するべき要請と、短期及び中長期的な企業価値向上に向けた健全なインセンティブを付与するべき要請とを考慮し、適切に設定することといたします。

 基本報酬は、各役員の役位・職責・責任範囲の大きさ及び業績等を勘案し、当社の従業員給与水準及び同業又は同規模の他企業における支給水準を参考として支給額を決定いたします。各取締役の報酬額は、取締役会の授権を受けた代表取締役が決定いたします。当事業年度における基本報酬は、2020年3月25日開催の取締役会における決議に基づき、代表取締役が各取締役の報酬額を決定いたしました。各監査役の報酬額は、その職務の独立性という観点から、監査役会においての協議の上、決定いたしました。当事業年度における基本報酬は、2020年3月25日開催の監査役会において、決定いたしました。なお、基本報酬は、毎月支給するものといたします。

 役員賞与は、会社の業績が著しく向上し、計画を上回る利益を計上した場合には、決算期の経過後3ヶ月以内に、役員賞与を支給することがあります。各役員の役員賞与額は、各役員の業績への寄与度を考慮し、取締役の授権を受けた代表取締役が決定いたします。ただし、期中に臨時に基本報酬を改定し、役員賞与の支給に代えることがあります。

 非金銭報酬は、ストック・オプションとしての新株予約権を採用し、当社の株価上昇及び業績向上に対する意欲や士気を高めることを目的として、必要と判断した時期に付与を行います。各役員への各事業年度における付与の総額及び付与の割合については、原則的に基本報酬を基準としつつ、付与時の当社株価、株式市場への影響、当社の財務状況等を総合的に勘案し、取締役会が決定をいたします。

 

②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

基本報酬

賞与

ストックオプション

取締役

82,393

82,393

5

(うち社外取締役)

(6,000)

(6,000)

()

()

(1)

監査役

12,000

12,000

4

(うち社外監査役)

(12,000)

(12,000)

()

()

(4)

合計

94,393

94,393

(18,000)

(18,000)

(-)

(-)

(5)

 

③役員ごとの報酬等の総額

 報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

 該当事項はありません。

 

(5)【株式の保有状況】

①投資株式の区分の基準及び考え方

 投資株式の区分は、専ら株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式、専ら業務提携による関係強化、取引先及び当社の企業価値の維持・向上等を目的として保有する株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。

 

②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

 当社は、モバイルゲーム及び周辺サービス事業に注力するため、当面は、上場株式を保有しない方針であり、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式についての保有方針を有しておりません。なお、今後、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式を保有する場合、中長期的な企業価値向上の観点から、保有の合理性を個別に賛否を判断いたします。

 

b.銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の合計額(千円)

非上場株式

3

0

非上場株式以外の株式

-

-

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

1

19,400

中長期的な業務提携関係のため

非上場株式以外の株式

-

-

-

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 該当事項はありません。

 

c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

(前事業年度)

 該当事項はありません。

 

(当事業年度)

 該当事項はありません。

 

③保有目的が純投資目的である投資株式

(前事業年度)

 該当事項はありません。

 

(当事業年度)

 該当事項はありません。

第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について

 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の財務諸表について、東邦監査法人による監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

 連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(1976年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表は作成しておりません。

 なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。

資産基準       3.7%

売上高基準      0.0%

利益基準      △0.3%

利益剰余金基準   △1.3%

※会社間項目の消去後の数値により算出しております。

 

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

 当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人、株式会社プロネクサス等が主催する各種セミナー等に参加しているほか、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2019年12月31日)

当事業年度

(2020年12月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

※2 890,314

1,113,823

売掛金

※2 331,410

※2 444,378

前払費用

125,985

70,771

前渡金

27,500

その他

※2 72,274

95,638

流動資産合計

1,447,484

1,724,612

固定資産

 

 

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

90

0

関係会社株式

0

29,951

関係会社長期貸付金

10,000

16,040

敷金及び保証金

268,664

276,664

長期前払費用

1,437

投資その他の資産合計

280,191

322,655

固定資産合計

280,191

322,655

資産合計

1,727,676

2,047,268

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

192,024

183,041

短期借入金

※2 435,000

1年内返済予定の長期借入金

※2 550,000

リース債務

893

613

未払金

107,432

69,051

未払費用

33,827

39,297

未払法人税等

16,437

21,112

前受金

39,077

59,214

預り金

10,738

17,687

資産除去債務

72,034

移転損失引当金

229,451

その他

7,175

77,654

流動負債合計

957,606

1,204,158

固定負債

 

 

リース債務

670

2,197

資産除去債務

50,509

固定負債合計

51,179

2,197

負債合計

1,008,785

1,206,356

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

2,238,517

2,824,265

資本剰余金

 

 

資本準備金

2,237,517

2,823,265

資本剰余金合計

2,237,517

2,823,265

利益剰余金

 

 

その他利益剰余金

 

 

繰越利益剰余金

3,824,365

4,868,426

利益剰余金合計

3,824,365

4,868,426

自己株式

21

株主資本合計

651,669

779,083

新株予約権

67,221

61,828

純資産合計

718,890

840,911

負債純資産合計

1,727,676

2,047,268

 

②【損益計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2019年1月1日

 至 2019年12月31日)

当事業年度

(自 2020年1月1日

 至 2020年12月31日)

売上高

3,959,923

4,073,001

売上原価

4,657,398

3,737,648

売上総利益又は売上総損失(△)

697,475

335,352

販売費及び一般管理費

※1 758,909

※1 931,580

営業損失(△)

1,456,385

596,227

営業外収益

 

 

受取利息

84

266

為替差益

643

債務整理益

8,576

その他

634

2,067

営業外収益合計

9,295

2,978

営業外費用

 

 

支払利息

11,751

43,888

為替差損

111

株式交付費

3,748

4,732

その他

9

75

営業外費用合計

15,620

48,696

経常損失(△)

1,462,710

641,945

特別利益

 

 

新株予約権戻入益

6,771

特別利益合計

6,771

特別損失

 

 

減損損失

※2 4,585

※2 25,659

投資有価証券評価損

19,489

本社移転損失

※3 325,705

特別退職金

34,233

特別損失合計

4,585

405,087

税引前当期純損失(△)

1,467,295

1,040,261

法人税、住民税及び事業税

2,290

3,800

法人税等合計

2,290

3,800

当期純損失(△)

1,469,585

1,044,061

 

【売上原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 2019年1月1日

至 2019年12月31日)

当事業年度

(自 2020年1月1日

至 2020年12月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 労務費

 

861,030

18.5

788,386

21.1

Ⅱ 経費

※1

3,796,368

81.5

2,949,262

78.9

  当期売上原価

 

4,657,398

100.0

3,737,648

100.0

 

※1.経費の主な内訳は次のとおりであります。

項目

前事業年度

(自 2019年1月1日

  至 2019年12月31日)

当事業年度

(自 2020年1月1日

  至 2020年12月31日)

 支払手数料(千円) ※2

2,102,230

1,719,039

 外注費(千円)

1,117,586

767,209

※2.プラットフォーム事業者等への支払手数料になります。

 3.原価計算の方法

   当社の原価計算は、実際原価による個別原価計算であります。

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

新株予約権

純資産合計

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

 

資本準備金

資本剰余金合計

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

繰越利益剰余金

当期首残高

1,801,370

1,800,370

1,800,370

2,354,780

2,354,780

1,246,960

59,442

1,306,402

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

437,147

437,147

437,147

 

 

 

874,294

 

874,294

当期純損失(△)

 

 

 

1,469,585

1,469,585

 

1,469,585

 

1,469,585

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

7,779

7,779

当期変動額合計

437,147

437,147

437,147

1,469,585

1,469,585

595,291

7,779

587,511

当期末残高

2,238,517

2,237,517

2,237,517

3,824,365

3,824,365

651,669

67,221

718,890

 

当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

新株予約権

純資産合計

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

 

資本準備金

資本剰余金合計

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

繰越利益剰余金

当期首残高

2,238,517

2,237,517

2,237,517

3,824,365

3,824,365

651,669

67,221

718,890

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

585,748

585,748

585,748

 

 

 

1,171,497

 

1,171,497

当期純損失(△)

 

 

 

1,044,061

1,044,061

 

1,044,061

 

1,044,061

自己株式の取得

 

 

 

 

 

21

21

 

21

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

5,392

5,392

当期変動額合計

585,748

585,748

585,748

1,044,061

1,044,061

21

127,414

5,392

122,021

当期末残高

2,824,265

2,823,265

2,823,265

4,868,426

4,868,426

21

779,083

61,828

840,911

 

④【キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2019年1月1日

 至 2019年12月31日)

当事業年度

(自 2020年1月1日

 至 2020年12月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税引前当期純損失(△)

1,467,295

1,040,261

受取利息及び受取配当金

84

266

支払利息

11,751

43,888

為替差損益(△は益)

111

643

減損損失

4,585

25,659

投資有価証券評価損益(△は益)

19,489

移転損失引当金の増減額

229,451

株式交付費

3,748

4,732

株式報酬費用

7,789

1,738

売上債権の増減額(△は増加)

131,727

112,968

その他の資産の増減額(△は増加)

34,811

6,074

仕入債務の増減額(△は減少)

13,452

8,982

未払金の増減額(△は減少)

11,895

38,380

未払又は未収消費税等の増減額

96,129

131,440

その他の負債の増減額(△は減少)

67,674

18,731

小計

1,507,837

732,446

利息の支払額

11,751

15

法人税等の支払額

2,291

2,291

法人税等の還付額

1

1

営業活動によるキャッシュ・フロー

1,521,878