EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】
【提出書類】 変更報告書-1(令和3年4月28日付け訂正報告書の添付インラインXBRL)
【根拠条文】 法第27条の25第1項
【提出先】 関東財務局長
【氏名又は名称】 水落 憲吾
【住所又は本店所在地】 東京都小平市
【報告義務発生日】 令和元年9月30日
【提出日】 令和3年3月4日
【提出者及び共同保有者の総数(名)】 1
【提出形態】 その他
【変更報告書提出事由】 提出者の住所変更のため
E27488 水落 憲吾 Kengo Mizuochi 株券等の大量保有の状況の開示に関する内閣府令 第一号様式 2 true S100KSXU true false E27488 46570 水落 憲吾 Kengo Mizuochi E27488-000 2021-03-04 E27488-000 2021-03-04 jplvh010000-lvh_E27488-000:FilerLargeVolumeHolder1Member iso4217:JPY xbrli:pure xbrli:shares

第1【発行者に関する事項】

発行者の名称 株式会社環境管理センター
証券コード 4657
上場・店頭の別 上場
上場金融商品取引所 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)


第2【提出者に関する事項】

1【提出者(大量保有者)/1】

(1)【提出者の概要】

①【提出者(大量保有者)】
個人・法人の別 個人
氏名又は名称 水落 憲吾
住所又は本店所在地 東京都小平市
旧氏名又は名称
旧住所又は本店所在地 東京都東大和市中央2-568-3

②【個人の場合】
生年月日
職業 代表取締役社長
勤務先名称 株式会社環境管理センター
勤務先住所 東京都八王子市散田町3-7-23

③【法人の場合】
設立年月日
代表者氏名
代表者役職
事業内容

④【事務上の連絡先】
事務上の連絡先及び担当者名 株式会社環境管理センター 管理部 幸田裕介
電話番号 042-673-0500

(2)【保有目的】

発行会社の代表取締役社長であり、安定株主として保有している。

(3)【重要提案行為等】


(4)【上記提出者の保有株券等の内訳】

①【保有株券等の数】
法第27条の23
第3項本文
法第27条の23
第3項第1号
法第27条の23
第3項第2号
株券又は投資証券等(株・口) 497,792
新株予約権証券又は新投資口予約権証券等(株・口) A 15,000 - H
新株予約権付社債券(株) B - I
対象有価証券カバードワラント C J
株券預託証券
株券関連預託証券 D K
株券信託受益証券
株券関連信託受益証券 E L
対象有価証券償還社債 F M
他社株等転換株券 G N
合計(株・口) O 512,792 P Q
信用取引により譲渡したことにより
控除する株券等の数
R
共同保有者間で引渡請求権等の権利が
存在するものとして控除する株券等の数
S
保有株券等の数(総数)
(O+P+Q-R-S)
T 512,792
保有潜在株券等の数
(A+B+C+D+E+F+G+H+I+J+K+L+M+N)
U 15,000

②【株券等保有割合】
発行済株式等総数(株・口)
令和元年9月30日現在)
V 4,678,270
上記提出者の株券等保有割合(%)
(T/(U+V)×100)
10.93
直前の報告書に記載された
株券等保有割合(%)
11.16

(5)【当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況】

年月日 株券等の種類 数量 割合 市場内外取引の別 取得又は処分の別 単価

(6)【当該株券等に関する担保契約等重要な契約】

新株予約権の行使には行使条件が付されております。
(行使条件)
①割当日から行使期間の開始時点或いは下記②に定める業績条件を達成した時点のいずれか遅い時点まで、当社又は当社子会社の役員又は使用人たる地位を有すること。
②新株予約権の割当日から権利行使期間の最終日までの期間に終了する各事業年度のうち、いずれか連続する2事業年度における当社の経常利益の合計額が5億円以上となった場合、該当する連続する2事業年度のうち最終の事業年度にかかる有価証券報告書提出日の翌日以降、新株予約権を行使できる。
なお、当社が連結財務諸表を作成している場合には、連結損益計算書に記載された経常利益をいう。

(7)【保有株券等の取得資金】

①【取得資金の内訳】
自己資金額(W)(千円) 10,602
借入金額計(X)(千円) 7,125
その他金額計(Y)(千円)
上記(Y)の内訳
平成15年12月19日贈与 40,000株
平成15年12月24日贈与 10,000株
平成25年3月26日贈与 400,000株
平成27年12月25日相続 53,290株
平成25年4~9月処分  40,000株
取得資金合計(千円)(W+X+Y) 17,727

②【借入金の内訳】
名称(支店名) 業種 代表者氏名 所在地 借入
目的
金額
(千円)
銀行 1 7,125

③【借入先の名称等】
名称(支店名) 代表者氏名 所在地