EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

 

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

近畿財務局長

【提出日】

2021年5月28日

【事業年度】

第49期(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

【会社名】

株式会社白鳩

【英訳名】

Shirohato Co.,Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役会長    池上  勝

【本店の所在の場所】

京都市伏見区竹田向代町22番地

【電話番号】

075-693-4609(代表)

【事務連絡者氏名】

管理本部長   中村  幸浩

【最寄りの連絡場所】

京都市伏見区竹田向代町22番地

【電話番号】

075-693-4609(代表)

【事務連絡者氏名】

管理本部長   中村  幸浩

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E30504 31920 株式会社白鳩 Shirohato Co.,Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false cte 2020-03-01 2021-02-28 FY 2021-02-28 2019-03-01 2020-02-29 2020-02-29 1 false false false E30504-000 2021-05-28 E30504-000 2015-09-01 2016-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2016-09-01 2017-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2017-09-01 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2018-09-01 2019-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2016-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2017-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 E30504-000 2021-05-28 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E30504-000 2021-02-28 E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E30504-000 2021-02-28 jpcrp_cor:Row1Member E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:IkegamiMasaruMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:HattoriMasakiMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:YamamotoTakeshiMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:ShimizuTsuneoMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:HirotaRyoMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:HashimotoMuneakiMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:IwanagaNorihideMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp030000-asr_E30504-000:HiraoYoshiakiMember E30504-000 2021-05-28 jpcrp_cor:Row1Member E30504-000 2021-05-28 jpcrp_cor:Row2Member E30504-000 2021-05-28 jpcrp_cor:Row3Member E30504-000 2021-05-28 jpcrp_cor:Row4Member E30504-000 2021-05-28 jpcrp_cor:Row5Member E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2019-03-01 2020-02-29 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E30504-000 2021-02-28 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第44期

第45期

第46期

第47期

第48期

第49期

決算年月

2016年8月

2017年8月

2018年8月

2019年2月

2020年2月

2021年2月

売上高

(千円)

4,595,934

5,083,161

5,384,661

2,667,655

5,251,053

5,694,008

経常利益又は
経常損失(△)

(千円)

160,494

164,792

182,394

5,876

68,244

210,530

当期純利益又は
当期純損失(△)

(千円)

102,941

139,947

127,599

959

138,699

287,299

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

276,883

527,692

1,192,533

1,192,988

1,196,654

1,196,654

発行済株式総数

(株)

3,854,900

4,820,800

6,638,000

6,641,500

6,669,700

6,669,700

純資産額

(千円)

777,349

1,425,138

2,838,988

2,797,708

2,646,437

2,359,138

総資産額

(千円)

3,113,023

3,518,235

3,814,629

3,657,752

5,657,473

7,234,533

1株当たり純資産額

(円)

201.65

295.63

427.69

421.70

397.60

354.44

1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)

(円)

8.00

(-)

9.00

(-)

6.50

(-)

3.00

(-)

(-)

(-)

1株当たり
当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

26.76

30.33

22.29

0.14

20.84

43.16

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

26.56

30.17

22.19

0.14

自己資本比率

(%)

25.0

40.5

74.4

76.5

46.8

32.6

自己資本利益率

(%)

13.9

12.7

6.0

0.0

5.1

11.5

株価収益率

(倍)

19.1

16.9

24.6

2,678.6

配当性向

(%)

29.9

29.7

29.2

2,076.0

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

96,102

74,859

1,735

106,948

69,597

462,093

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

999,876

29,928

43,564

33,327

1,980,738

1,202,241

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

918,729

93,203

158,880

65,085

1,998,446

1,921,840

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

154,035

292,169

409,220

203,859

291,164

548,669

従業員数

〔ほか、

 平均臨時雇用人員〕

(名)

69

63

81

72

90

81

89

86

88

82

92

82

株主総利回り

(比較指標:配当込み TOPIX)

(%)

(%)

99.5

(88.3)

101.3

(109.8)

109.7

(120.3)

78.1

(112.7)

58.1

(71.1)

58.7

(87.8)

最高株価

(円)

649

807

1,125

647

411

361

最低株価

(円)

436

445

490

256

261

197

 

 

(注) 1  当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2  売上高には、消費税等は含まれておりません。

3  持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4  従業員数は就業人員であり、臨時雇用人員の年間平均人員を〔  〕内にて外数で記載しております。

5  株価収益率は、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額により計算しております。

6 2018年11月28日開催の第46回定時株主総会決議により、決算期を8月31日から2月末日に変更しました。従って、第47期は2018年9月1日から2019年2月28日の6ヶ月間となっております。

7 第47期より「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を適用し、表示方法を変更したため、第44期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。

8 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

9 第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。また、第49期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

当社は、1965年10月京都市伏見区において創業し、靴下の職域販売を開始いたしました。

その後、通信販売と同時に、実店舗展開にてインナーウェアの販売に特化することにより業容を増し、1999年11月インターネットショッピングモール「楽天市場」への出店を契機に、業容が一気に拡大いたしました。

当社の設立から現在に至るまでの経緯は、次のとおりであります。

 

年月

概要

1974年8月

衣料品等の販売を事業目的とし、京都市伏見区深草西浦町2丁目84番地に資本金10,000千円で
株式会社白鳩を設立

1976年3月

靴下の通信販売を開始

1984年3月

アバンティ店(京都市南区)オープン

1995年10月

本店サイト(自社サイト)にてインターネット通信販売を開始

1999年11月

インターネットショッピングモール「楽天市場」へ出店

2001年7月

基幹システム「楽らく通販システム」導入

2005年3月

携帯公式サイトオープン

2005年3月

インターネットショッピングモール「Yahoo!ショッピング」へ出店

2005年8月

本店を京都市伏見区竹田向代町川町29番地11に移転

2006年6月

インターネットショッピングモール「ビッダーズ」(現「DeNAショッピング」)へ出店

2009年8月

オンライン通販サイト「Amazon.co.jp」へ出店

2009年11月

プライバシーマーク取得

2011年11月

新社屋及び配送センター完成、本店を京都市伏見区竹田向代町21番地に移転

2011年11月

TwitterとFacebookの公式サイトオープン

2012年8月

本店スマートフォン公式サイト(自社サイト)オープン

2012年10月

インターネットショッピングモール「Rakuten BELANJA ONLINE」(インドネシア)へ出店

2013年6月

インターネットショッピングモール「Qoo10」へ出店

2013年7月

インターネットショッピングモール「天猫国際」(Tmall.hk)(中国)へ出店

2013年11月

インターネットショッピングモール「Rakuten.com.sg」(シンガポール)へ出店

2014年2月

本店グローバル店(自社サイト)オープン

2014年4月

東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場

2014年9月

インターネットショッピングモール「Qoo10 - Singapore」(シンガポール)に出店

2016年2月

将来の物流センター建設予定地として、京都市伏見区竹田向代町22番地の土地及び建物を取得

2016年4月

本店サイト(自社サイト)リニューアルオープン

2016年11月

小田急電鉄株式会社と資本業務提携契約を締結し、同社を割当先とする第三者割当増資を実施

2017年6月

インターネットショッピングモール 「ポンパレモール」へ出店

2017年11月

池上 勝 代表取締役会長に就任
池上 正 代表取締役社長に就任

2018年3月

小田急電鉄株式会社と新たな資本業務提携契約を締結し、同社に対する第三者割当による新株式発行を実施。同社の連結子会社となる。

2018年10月

インターネットショッピングモール「LOHACO」へ出店

2018年11月

オリジナルルームウェアブランド「blooming FLORA」インターネットショッピングモール「ZOZOTOWN」出店

 

 

 

年月

概要

2019年3月

東京営業所開設

2019年4月

インターネットショッピングモール「 LAZADA」(マレーシア)へ出店

2019年9月

 

オリジナルランジェリーブランド「LA VIE A DEUX (ラヴィアドゥ)」インターネットショッピングモール「ZOZOTOWN」へ出店

2019年10月

 

取り扱いブランド「Mode Marie (モードマリー)」インターネットショッピングモール 「ZOZOTOWN」へ出店

2019年10月

 

「Yahoo!ショッピング」に代わる新規出店としてインターネットショッピングモール「PayPay モール」へ出店

2020年8月

新社屋及び配送センター完成。本店を京都市伏見区竹田向代町22番地(現所在地)に移転

 

 

 

3 【事業の内容】

当社は、主にインナーウェアをインナーメーカーから仕入れ、インターネット上のさまざまなチャネルを通じて、個人のお客様に販売するEコマース(インターネット通販)事業を展開しております。インナーウェアは、アウターウェアとは違い、外から見えない特性上、シーズンごとに変わる流行に大きく影響されず、天候などの季節要因の影響も受けないのが特徴です。また、定番商品などに見られるように販売期間が長いアイテムも多く、ファッションカテゴリーの中では実用的な商品特性も持ち合わせております。

また、当社では、本社物流センターで商品仕入れからサイト運営、物流までの複雑多岐にわたる業務をすべてワンストップに行っており、Eコマース運営で必要となるインフラも取り揃えた「ワンストップ・エコ(便利)システム体制」を構築しております。

なお、小田急電鉄株式会社は当社の親会社であり、鉄道事業等を営んでおります。

 

主な販売チャネルとしては、自社のPC、スマートフォンサイトの他、「楽天市場」・「PayPayモール(Yahoo!ショッピング)」・「LOHACO」・「Amazon.co.jp」・「au PAY マーケット」・「Qoo10」・「ポンパレモール」等のインターネット上のショッピングモールがあります。また、海外に向けた自社のグローバルサイトを開設するとともに、海外のインターネットショッピングモールである、「天猫国際」(Tmall.hk)(中国)・「Qoo10」(シンガポール)・「LAZADA」(マレーシア)へも出店しております。なお、仕入商品選定のためのアンテナ店舗として京都市南区に直営実店舗を1店舗有し、インナーウェアの販売を行っております。また、お客様とのコミュニケーション手段として、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)である、TwitterやLINE@、およびInstagram、Facebookの公式サイトも運営しております。

 

顧客会員の獲得については、会員数拡大のためだけの広告等は行っておらず、インナーウェアに興味のあるユーザーに向けたマーケティング戦略を中心に行っております。また、当社は新規購入したお客様にいかにして2回目の購入を促進するかというリピート率の向上に注力しており、そのために新規購入時の迅速対応とアフターサービスの充実に努めております。

なお、会員数、リピート顧客数、1度購入顧客数及びリピート率は、以下のとおりとなります。

 

回次

第44期

第45期

第46期

第47期

第48期

第49期

決算年月

2016年8月

2017年8月

2018年8月

2019年2月

2020年2月

2021年2月

会員数

(人)

765,585

924,095

1,075,070

1,097,099

1,094,573

1,205,933

リピート顧客数

(人)

130,644

143,920

144,770

148,089

161,875

185,169

1度購入顧客数

(人)

506,310

543,612

556,725

563,024

614,564

679,017

リピート率

(%)

20.5

20.9

20.6

20.8

20.8

21.4

 

(注) 1  会員数…本店サイトは白鳩会員数であり、そのほかインターネットショッピングモールについては、メールマガジン登録者数。

2  リピート顧客数…1年間に2回以上購入した顧客数。

3  1度購入顧客数…1年間に1回のみ購入した顧客数。

4  リピート率…リピート顧客数÷(リピート顧客数+1度購入顧客数)

5  上記の(注)2,3,4については、当該事業年度第4四半期の実績値にて算出しております。なお、第47期につきましては、決算期変更により6ヶ月間の変則決算となることから、第2四半期の実績値にて算出しております。

 

当社の取扱いアイテム数は、レディス、メンズ合計で12,701品番あります。取扱いブランドは、「ワコール」・「トリンプ」などの国内ブランド、「カルバンクライン」・「エンポリオアルマーニ」・「モードマリー」などの海外ブランド、そして、「blooming FLORA」・「COMUSE」・「ContRante」の自社オリジナルブランドと「トリンプ」・「peek-a-boo」などとのOEM(コラボレーション)ブランドがあり、全部で167ブランドをラインアップしております。(2021年2月末現在)

 

Eコマース事業において重要な要素となる物流業務につきましては、いわゆる越境ECによる海外への発送業務を含め、本社物流センターにて在庫管理、受注、出荷作業、顧客対応業務を行っております。新本社物流センターでは、オートストア(自動倉庫型ピッキングシステム)、マテハンシステム(自動制御ロジスティクスシステム)の導入や精緻な在庫管理に努め、他方では流通のボーダレス化に伴い、トレーサビリティを意識した運用、バーコードを利用したJANコード(*1)による商品のSKU(Stock Keeping Unit)管理(*2)、及び、今後の流通の多角化を睨んだ重量計測(*3)への対応も行っております。

また、当社におきましては、近年社会問題化しております宅配の再配達問題の解消を図るべく利便性と環境に配慮したメール便を積極的に採用しております。

一方、Eコマース業界では、日々変化する顧客ニーズや、ポータルサイトとの連携などに対応するために、自社におけるシステム開発及び運用保守業務が不可欠となっております。特にインターネットショッピングモールなどとの連携においては、急な仕様変更や機能追加が発生しており、アジャイル開発(*4)を余儀なくさせられる状況であります。このような業務をアウトソーシングに依存することも考えられますが、外的変化のスピードに追いつくことができず、ビジネス機会の損失に繋がるため、当社は、自社開発の基幹システム「楽らく通販システム」により、発注・仕入・在庫管理・受注・売上・出荷・顧客管理・顧客対応・商品登録・撮影・画像制作・サイト在庫連携・売掛管理・入金処理・棚卸のそれぞれの業務をワンストップに管理し、業務の正確性の確保と効率化、そして迅速性を実現しております。外部システムとの連携についてはAPI(*5)、FTP(*6)を中心に迅速、スムーズに対応できる体制を構築しております。

 

当社は、WEBサイトでのインナーショップ事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

<用語の解説>

 

*1  JANコード……………

商品毎に個別に印刷・添付されている商品コード。

*2  SKU管理………………

品番、カラー、サイズによる最小の分類単位により管理すること。

*3  重量計測 ……………

主に海外送料を自動計算するために、商品毎の重量を計測し登録すること。

*4  アジャイル開発 ……

システムに対する要件の変化や追加を積極的に受け入れることにより、真の要求に見合った価値のあるシステムを開発するプロセスのこと。

*5  API……………………

Application Programming Interfaceの略で、ソフトウェアのデータなどを、互いにやりとりするのに使用するインターフェイスの仕様のこと。

*6  FTP……………………

File Transfer Protocolの略で、ネットワークでファイルの転送を行うための通信のこと。

 

 

 

当社の事業内容の概要は以下のとおりとなります。

[事業系統図]

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業の内容

議決権等の
所有又は
被所有
割合(%)

関係内容

(親会社)
小田急電鉄株式会社

東京都渋谷区

60,359

鉄道事業等

40.17

資本業務提携・
役員等の受入

 

(注) 1 議決権の被所有割合は50%以下ですが、支配力基準により親会社としています。

2 有価証券報告書の提出会社であります。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

2021年2月28日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

92

37.8

5.7

4,759,088

82

 

(注) 1  従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数の年間の平均人員を〔  〕内にて外数で記載しております。

2  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります(パートタイマー等を除く)。

3  当社はWEBサイトでのインナーショップ事業の単一のセグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針

当社は、スローガンとして、「Far Together!」(未来へみんなで一緒に!)を掲げています。これは、経営ビジョンを実現するため、お客様に選ばれる唯一無二の差別化されたサービス(感動)をいかに創出するか。お客様感動創造型企業としての役割を役職員全員で共有し、常に自らが主体であるという自覚と、挑戦する前向きな姿勢、スピード感をもった取り組み、失敗を恐れない行動を心がけています。
  その上でダイバーシティ・マネジメント経営を深化させ、さらなる企業優位性を実現することで、ステークホルダーであるお客様・取引先様・従業員・地域社会・株主様へ、持続的に付加価値を提供し、社会から必要とされる企業を目指しております。

 

(2)経営戦略

当社は中長期の経営計画の基本方針として、「東アジア№1の感動創造型企業への挑戦」を掲げており、感動するインナーライフを提供するために、日本国内に留まらずグローバルな視野で、顧客から選ばれるサービスを期待以上の価値と共に提供するべく取り組んでまいります。

 

(3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社は、事業活動の成果を示す売上高を重視しており、2022年2月期の売上高は6,200百万円を目標としております。

 

(4)経営環境及び対処すべき課題

当社の属するEC小売業界におきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けながらも人との接触機会を減らす新しい生活様式における購買手段としてEコマース (インターネット通販)が定着してきました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の収束の兆しが未だに見えず、さらなる感染拡大も懸念され景気回復の見通しは引き続き不透明な状況が継続するものと見込んでおります。

当社においては、引き続き顧客ニーズに合致した商品アイテムの拡充と、利益率の高いPBコラボ商品の企画開発・拡販に努めるとともに、稼働を開始した新本社物流センターでのSKU単位による効率的な商品管理と、新たに導入したマテハンシステム(自動制御ロジスティクスシステム)の最適化を進め出荷能力向上を図るなど、販売管理体制の向上を推進してまいります。

また、海外販売につきましては、NBメーカー参入による競争激化や新型コロナウイルス感染症の影響による発送の規制や遅延が続いております。引き続き日々変化する情勢へ対応するべく、正確かつ迅速な情報収集を行い、適宜対応できる社内体制の構築に取り組んでまいります。

なお、開発が大幅に遅延していたシステム販売はソフトウェア等の仕様変更に伴い納品の見通しが立たないため当事業年度での売上計上を断念し、特別損失に72,075千円を計上いたしました。

当社は引き続き、価格、商品価値、顧客サービスにおいてさらなる差別化を図り、お客様に感動をお届けできる企業となることが最重要課題であると認識しております。加えて業容拡大に併せた経営体制の強化を図ることを目的とした組織変更を行い、各種課題に継続して取り組んでまいります。


 

① 取扱いブランドの開拓、品揃えの強化

当社では、扱っていないブランドがまだ多数あります。今後、インポートブランドや国内有名ブランド、そして注目ブランドなどとの新規取引を実現することにより、品揃えの強化・拡充を目指してまいります。また、ベビー・ジュニア、ビッグサイズ、こだわり素材商品といったニッチカテゴリーの市場にも注力し、日本最大級の品揃えによる差別化を目指します。

一方、ナショナルブランドを他社より安い価格で提供することは、一定の集客力に支えられ、他ブランドの合わせ買いも期待できるものの、利益率は低下しますので、一定の利益率を維持するため、ナショナルブランドのみに依存せず、OEM(コラボレーション)商品においても売上の増大を目指します。

 

② 海外事業戦略の強化

これからの国内市場を予測した場合、少子高齢化および人口減により、需要の大きな拡大は期待できません。EC化率の伸長によるマーケットの拡大は予測できますが、当社の事業戦略はそのマーケット内でのシェア獲得のみとなってしまいます。新たな事業戦略を考えるならば、海外市場へターゲットを向ける必要があり、特に成長著しい中国を中心とする東アジア市場が、そのターゲットとなります。幸い、当社が扱っている商品はアジア人体型の規格であるため、その親和性は高いと考えております。

今後の東アジアのEコマース市場の成長により、当社が海外事業戦略として、現在、「天猫国際」(Tmall.hk)(中国)やQoo10シンガポールへの出店等にて取り組んでいる越境Eコマース(海外のEコマース消費者に向け日本から商品を販売・発送すること)が更に伸長する可能性が高いため、今後も機会を得て取組んでまいります。特にその中心となる「天猫国際」(Tmall.hk)(中国)においては、日本から中国への商品発送が、システム化によりスムーズとなりましたが、今後予測される様々な課題に対しては、さらに迅速に対応できる社内体制の構築が不可欠です。そのために人員の強化と最適な業務スキームの構築を進めてまいります。

 

③ 自社ロジスティクスの更なる精緻化

物流センターでは、マテハンシステム(自動制御ロジスティクスシステム)の導入や精緻な在庫管理に努めることで、出荷能力が拡大いたしました。また、当社隣接の倉庫の取得により在庫保管能力も増大いたしました。しかし、今後の業績の拡大や利益体質の強化を実現する上で、更なるロジスティクスの効率化が必要不可欠となりますので、将来の物流ニーズを見据えた、適正な在庫管理能力とさらなるスピード化に対応した体制を構築してまいります。

 

④ 徹底した差別化戦略

年々激化する、大手インターネットショッピングモール間によるシェア獲得競争や、大手Eコマース事業者による買収などにより、ますますEコマース事業者は淘汰されていくことが予想されます。また、消費者ニーズの多様化や消費者マインドの変化による顧客の流動化が進んでいるため、動向を冷静に把握し、対処しなければなりません。当社におきましても、顧客から選ばれるために、サービス戦略を中心とした差別化を徹底してまいります。

 

⑤ 「お客様感動創造型企業」としての成長

企業の持続的な成長を実現するために、人材の教育、育成はとても重要な経営課題であると考えております。内部統制機能を基本とした、自立性を尊重した円滑なコミュニケーション、チームワーク力の優れた組織体制の中心に、常に顧客感動を置き、業務、経営理念、行動指針、自己目標が連動した「お客様感動創造型企業」として成長することを目指すとともに、コンプライアンス意識の醸成、コーポレート・ガバナンスの向上、そして今般問題となっているセキュリティ対策の強化も図ることにより、経営体制を人的側面から強化してまいります。

また、より働きやすい就業・職場環境の整備に向け、ダイバーシティマネージメント(*)を意識した、組織戦略も進めてまいります。年間休日数の増大や、労働生産性の向上に伴う残業労働時間の低減、そして当社は女性従業員が圧倒的に多い職場であることから、育児・介護休業等、女性が働きやすい職場にするための制度の積極的導入を進めてまいります。

 

* ダイバーシティマネジメント…

ダイバーシティとは「人材と働き方の多様化」を意味し、ダイバーシティマネジメントとは従業員の様々な個性(多様性)を企業内に取り入れて活用することにより、組織力を強化するマネジメントアプローチを指します。

 

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況及び経理の状況に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものです。

 

(1) 特定の事業分野への依存について

当社の事業はWEB事業を中核としており、当社が今後成長を図る上でインターネットやEコマースの更なる発展が基本条件であると考えております。ただし、予期せぬ要因によって、インターネットやEコマースの発展が阻害された場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

特に当社は自社サイト(本店サイト)のほかに、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」等のインターネットショッピングモールに出店しているため、インターネットショッピングモール運営者との契約内容がインターネットショッピングモール運営者の方針変更等により、当社にとって不利な内容に変更された場合や継続が困難な場合は、収益性に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 競合の激化による業績変動について

当社は、インターネット・スマートフォン等のメディアを使い、インナーウェアに特化したサービス・商品を提供するEコマースを主体に事業を展開しております。これらの分野においては、競合他社が存在し、今後も新規参入があるものと考えております。利益率の高いPBコラボ商品の企画開発・拡販に努めるなど競争力を維持する努力をしておりますが、競合の激化による市場シェアや価格競争による販売価格低下等が発生した場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3) 法的規制について

当社は、通信販売事業者であることから「特定商取引に関する法律」、ホームページ上に掲載された商品情報に関しましては、「不当景品類及び不当表示防止法」及び「不正競争防止法」などの規制を受けております。

日本のインターネット及びEコマースを取り巻く事業はその歴史が浅く、事業環境の整備や一般消費者保護のため法令の改正や新たな法令制定等が行われる可能性があり、新たな法的規制の内容によっては、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 個人情報の管理について

当社顧客の個人情報につきましては、個人情報に関する社内でのアクセス権限の設定や、外部業者との間で個人情報保護に関する契約の締結及び作業管理、日々の業務における人的管理と物理的管理においてもその取扱いに細心の注意を払い管理しております。また、その実行性を担保するため、プライバシーマーク制度の付与事業者にもなっておりますが、外部の不正なアクセスや想定していない事態によって個人情報の外部流出が発生した場合には、当社の業績及び企業としての社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) システムトラブルについて

当社のWEB事業はコンピュータを結ぶ通信ネットワークに依存しているため、基幹システムのサーバーをクラウド化し、また通信ネットワークは二重化しておりますが、自然災害や事故等により通信ネットワークが切断され、WEB事業の営業活動に支障が出た場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) 人材の流出について

当社は、現在各部門の専門的業務を少数の人数にて行っております。当社は女性に優しい職場環境の整備を進めているため、出産・育児などによる育児休業制度の活用により、一時的な従業員の不足が生じる可能性があります。また、従業員の急な離脱等によって円滑な業務の遂行に支障を与えた場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(7) 借入金レートの変動

当社は本社物流センターの取得に伴い、総資産に占める借入金の割合が高まっております。借入金のうち短期借入金ついては主に小田急グループCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)にて調達し、長期借入金についてはシンジケートローン契約により複数の金融機関から調達しておりますが、両者共その金利は東京市場の銀行間金利に連動して変動するため、この金利市場に大きな変動があった場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8) 継続企業の前提に関する重要事象等

当社は、当事業年度において2期連続の経常損失及び当期純損失を計上したことで、当社が全ての該当金融機関と締結しているシンジケートローン契約の財務制限条項に抵触することとなりました。

よって、当社は当該状況を解消すべく各金融機関と協議を行い、財務制限条項への抵触に関して、期限の利益喪失請求を行わないことに同意を得ております。

以上により、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。

 

(9) 災害等による影響

当社の本社物流センターには、本社機能、受発注機能、物流機能が集中しております。このため、大規模地震などの自然災害が発生し、情報処理及び商品の出荷業務などに多大な影響を与えた場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(10) 当社の物流について

当社の商品は、運送会社を通してお客様にお届けしております。昨今、この物流網の整備が追いつかず、配送費の値上げが発生しておりますが、今後、更に配送環境が悪化した場合は、更なる値上げや、配送スピードの悪化による消費者離れも発生することが想定され、当社の事業や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(11) 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウィルス感染症の影響については、本書提出日現在においても不透明な情勢が続いております。感染拡大によって、接触機会を減らすことができる当社が所属するEコマース市場は拡大基調にあるものの、緊急事態宣言の発出による感染防止対策の一環としての交代勤務が長期化した場合や従業員に感染者が発生した場合にはマンパワーの不足等により出荷件数が減少し弊社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。また、新型コロナウイルス感染症が急拡大や長期化した場合には、将来の当社事業に重要な影響を及ぼす可能性があります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(業績等の概要)

(1)経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

 

① 財政状態及び経営成績の状況

当社は「感動するインナーライフっていいね!」という企業理念のもと、主にインナーウェアをインナーメーカーから仕入れ、インターネット上のさまざまなチャネルを通じて、個人のお客様に販売するEコマース (インターネット通販)事業を展開しております。

当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け各種経済活動や個人消費が低迷し、一時は感染状況に落ち着きは見られたものの後半は感染が再拡大し景気の先行きは不透明な状況となっております。感染拡大の防止策を講じつつ、社会経済活動のレベルを引き上げていくなかで、感染の動向が経済に与える影響に十分注意する必要がありますが、総務省が2021年3月に発表した家計消費状況調査(二人以上の世帯)2021年1月分調査結果によると、ネットショッピング利用世帯割合が51.9%と前年同月の42.8%から9.1%の大幅増と2020年5月以降は50%前後を推移しており、新型コロナウイルス感染拡大によって、当社が所属するEコマース市場が人との接触機会を減らす新しい生活様式における購買手段として定着してきました。

このような状況のもと、新型コロナウイルス感染症拡大によって二度に亘る国の緊急事態宣言発出によって、当社においても感染防止対策の一環として交代制勤務を余儀なくされましたが、全社一丸となった取り組みによって販売チャンネルの拡充、お客様目線に立った品揃えの強化、新たな顧客層の獲得やブランディングやPBコラボ商品の強化に努め、外出自粛による巣ごもり消費拡大も相まって売上高は計画比102.4%と上回りました。特に他社との差別化と高い利益率が見込まれるPBコラボ商品の売上比率は、前年の19.6%から23.8%と4.1%増と順調に推移しました。また、au PAYマーケット ベストショップ大賞2020「インナー・ルームウェアカテゴリ賞」大賞、PayPayモール レディースファッション部門「年間ベストストア2020」第2位を受賞し、多くのお客様から支持をいただくことができました。

しかしながら、売上の計画比は上回ったものの新本社移転直後に発生した物流システムの不具合や出荷オペレーションの停滞による販売の機会損失も発生し、お客様の信頼を損なう結果となりました。開発が大幅に遅延していたシステム販売はソフトウエア等の仕様変更に伴い納品の見通しが立たないため当事業年度での売上計上を断念し、特別損失に72,075千円を計上いたしました。また、当社が運営する企業主導型保育園においても赤字が拡大いたしました。

なお、新型コロナウイルス感染症に伴う雇用調整助成金は特別利益に計上しております。

この結果、当事業年度の売上高は5,694,008千円(前事業年度比8.4%増)営業損失は172,338千円(前年同期は46,286千円の営業損失)経常損失は210,530千円(前年同期は68,244千円の経常損失)当期純損失は287,299千円(前年同期は138,699千円の当期純損失)となりました。財政状態の詳細につきましては、「(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容 ② 財政状態の分析」をご参照下さい。

上記のような業績の状況や今後の財務状況などを総合的に勘案した結果、株主の皆様への期末配当につきましては、誠に遺憾ではありますが無配とさせていただきます。

株主の皆様には深くお詫び申し上げますとともに早期に復配できるよう努めてまいりますので、引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

なお、当社は、WEBサイトでのインナーショップ事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません。

 

② キャッシュ・フローの状況

当事業年度末における現金及び現金同等物は、前事業年度末に比べ257,505千円増加し548,669千円(前事業年度比88.4%増)となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは 462,093千円の減少(前事業年度は69,597千円の増加)となりました。

その主な要因は、本社物流センターの完成に伴い大幅に増加(前事業年度比300.1%増)した減価償却費182,700千円の計上、売上の増加に伴うたな卸資産の増加84,088千円、仕入債務の減少87,281千円及び本社物流センターの取得に伴い還付消費税等281,013千円を計上したことによるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは 1,202,241千円の減少(前事業年度は1,980,738千円の減少)となりました。

その主な要因は、本社物流センターの完成に伴う、有形固定資産の取得に対する支出1,127,971千円、同じく本社物流センターの物流システム用ソフトウェア等の取得に対する支出50,692千円及び保険積立金(役員保険)の積立による支出28,765千円によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは 1,921,840千円の増加(前事業年度は1,998,446千円の増加)となりました。

その主な要因は、小田急グループCMS等にて調達した短期借入金1,459,340千円の増加及び市中銀行よりシンジケートローンにより調達した長期借入金462,500千円の増加によるものであります。なお、借入金の主な資金使途は運転資金とした一部を除き全て本社物流センターの建設費用となっております。

 

③ (生産、受注及び販売の状況)

当社は、WEBサイトでのインナーショップ事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

a. 生産実績

当社は生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。

 

b. 商品仕入実績

当事業年度における商品仕入実績については、単一セグメントのため品種別に記載しております。

 

品種

アイテム

仕入高(千円)

前年同期比(%)

ファンデーション

ブラジャー・ガードルなど

1,912,031

113.9

ランジェリー

キャミソール・スリップなど

309,584

105.6

レッグ

パンティストッキング・ソックスなど

145,505

73.3

ナイティ

パジャマ・ルームウェアなど

216,954

137.7

ショーツ

パンツ・ボトムなど

674,702

111.3

メンズ

ボクサーパンツ・トランクスなど

331,594

111.2

その他

△48

合計

3,590,323

108.9

 

(注) 1  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2  その他の金額には、アバンティ店の仕入金額、歩引金額等も含まれております。

 

c. 受注実績

当社の行う事業、提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省略しております。

 

d. 販売実績

当事業年度における販売実績については、単一セグメントのため品種別に記載しております。

 

品種

アイテム

販売高(千円)

前年同期比(%)

ファンデーション

ブラジャー・ガードルなど

2,747,950

106.4

ランジェリー

キャミソール・スリップなど

480,618

117.2

レッグ

パンティストッキング・ソックスなど

282,130

80.1

ナイティ

パジャマ・ルームウェアなど

362,953

144.1

ショーツ

パンツ・ボトムなど

989,944

111.3

メンズ

ボクサーパンツ・トランクスなど

511,505

113.2

その他

318,905

101.6

合計

5,694,008

108.4

 

(注) 1  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2  その他の金額には、アバンティ店の販売金額、受取運賃、ポイント利用金額,不動産賃貸収入等が含まれております。

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。 

 

重要な会計上の見積りおよび当該見積りに用いた仮定

当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されております。この財務諸表の作成に当たりましては、一定の会計基準の範囲内において、資産・負債及び収益・費用の金額に影響を与える見積りを必要としております。これらの見積りにつきましては、経営者が過去の実績や現在の取引状況ならびに入手可能な情報を総合的に勘案し、その時点で最も合理的と考えられる見積りや仮定を継続的に使用しておりますが、見積り及び仮定には不確実性が伴うため、実際の結果と異なる可能性があります。また、財務諸表の作成のための重要な会計方針等は「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載されているとおりであります。

(固定資産の減損)

当社は、固定資産を通信販売事業、不動産賃貸事業にグルーピングした上で、その回収可能価額について将来キャッシュ・フロー、正味売却価額等の前提条件に基づき見積っております。従って、当初見込んでいた収益が得られなかった場合や、将来キャッシュ・フローなどの前提条件に変更があった場合、固定資産の減損損失が発生する可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染症が当社に与える影響につきましては、感染拡大により、接触機会を減らす新しい生活様式における購買手段として、当社の属するEコマース市場が定着してきておりますが、現時点で交代勤務の実施等によるマンパワーの不足を除き事業全体への大きな影響はなく、財政状態及び経営成績に与える影響は軽微であるとの仮定をもとに、会計上の見積りを行っております。

 

② 財政状態の分析 

(資産)

当事業年度末の資産合計は、7,234,533千円(前事業年度末は5,657,473千円)となり、1,577,060千円の増加となりました。

流動資産は2,387,879千円(前事業年度末は1,786,352千円)となり、601,527千円の増加となりました。その主な要因は、手元資金充実のために増加した現金及び預金(前事業年度末より257,505千円の増加)、売上増に伴う商品の増加(前事業年度末より66,293千円の増加)及び本社物流センターの取得に伴い発生した還付予定の消費税等(前事業年度より280,975千円の増加)によるものであります。

固定資産は4,846,653千円(前事業年度末は3,871,121千円)となり、975,532千円の増加となりました。その主な要因は、本社物流センターの完成に伴う建物(純額)の増加(前事業年度末より2,208,771千円の増加)、同機械及び装置(純額)の増加(前事業年度末より670,319千円の増加)及び本勘定への振替に伴い減少した建設仮勘定(前事業年度末より2,000,184千円の減少)によるものであります。

 

(負債)

当事業年度末の負債合計は、4,875,395千円(前事業年度末は3,011,035千円)となり、1,864,359千円の増加となりました。

流動負債は3,290,039千円(前事業年度末は1,845,622千円)となり、1,444,417千円の増加となりました。その主な要因は、小田急グループCMS等にて調達した短期借入金の増加(前事業年度末より1,459,340千円の増加)によるものであります。なお、運転資金とした一部を除き、短期借入金の大部分は本社物流センターの建設資金に充当しております。

固定負債は1,585,355千円(前事業年度末は1,165,413千円)となり、419,942千円の増加となりました。その主な要因は、本社物流センター建築資金として市中銀行より調達した長期借入金(シンジケートローン)の増加(前事業年度末より425,000千円の増加)によるものであります。

 

(純資産)

当事業年度末の純資産合計は、2,359,138千円(前事業年度末は2,646,437千円)となり、287,299千円の減少となりました。その主な要因は、当期純損失の計上により利益剰余金が減少(前事業年度末より287,299千円の減少)したことによるものであります。

 

③ 経営成績の分析

(売上高)

当事業年度における売上高は5,694,008千円(前事業年度比8.4%増)となり、計画比102.4%の実績となりました。これは販売チャンネルの拡充、お客様目線に立った品揃えの強化、新たな顧客層の獲得やブランディングやPBコラボ商品の強化に努めた事、及び新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛による巣ごもり消費拡大などが主な要因となっております。

 

(営業損益)

当事業年度における販売費及び一般管理費は2,342,326千円(前事業年度比12.2%増)となりました。これは、配送料値上げによる負担増を吸収しきれなかったこと、人員増強により給料が増加したこと、本社移転直後に派生した物流システムの不具合や出荷オペレーションの停滞を解消するために増加した業務委託費及び本社物流センターの取得に伴い増加した減価償却費等によるものであります。その結果、当事業年度の営業損失は172,338千円(前事業年度は46,286千円の営業損失)となりました。

 

(経常損益)

当事業年度における営業外収益は12,928千円(前事業年度比127.0%増)となりました。その主な要因は、債務勘定整理益1,192千円、助成金収入1,012千円、及び保育園運営収益9,285千円等を計上したことによるものであります。

当事業年度における営業外費用は51,121千円(前事業年度比84.9%増)となりました。その主な要因は、本社物流センターの取得に伴い増加した支払利息18,967千円、及び保育園運営費用30,789千円等を計上したことによるものであります。その結果、当事業年度の経常損失は210,530千円(前年同期は68,244千円の経常損失)となりました。

 

(当期純損益)

当事業年度の法人税、住民税及び事業税は3,240千円法人税等調整額は△10千円となりました。また、新本社物流センターへの移転等に伴い発生した固定資産の除却損8,457千円に加え、開発中のソフトウエア等の仕様変更により、これに伴う損失を、固定資産除却損及びたな卸資産評価損に合計で72,075千円計上しております。

特別利益としては、コロナウイルス感染症に伴う雇用調整助成金6,994千円を計上しましたが、結果として当事業年度の当期純損失は287,299千円(前年同期は138,699千円の当期純損失)となりました。

 

 

④ キャッシュ・フローの状況

キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2.事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載しております。

なお、現時点において、特記すべき重要な資本的支出の予定はありません。

 

⑤ 経営者の問題認識

当社の経営陣は、現在の事業環境並びに入手可能な情報に基づき、迅速かつ最善の経営戦略の立案及び施策に努めております。

他社との差別化を図りながら、事業規模を拡大していく上で、取扱いブランドの開拓・品揃えの強化、海外事業戦略の強化、顧客が直接商品に触れることができないというインナーウェアEコマースに対する障壁排除、自社ロジスティックの更なる精緻化、Eコマース市場におけるリスクヘッジ等に柔軟に対応できる組織体制の整備が重要であると考えております。これらを実現するため、経営体制を人的側面から強化してまいります。

 

⑥ 資本の財源及び資金の流動性

当社の資金需要の主なものは、設備投資資金のほか、商品仕入資金や人件費等の販売費及び一般管理費であり、このような資金需要に安定的に対応するため、主に内部資金の活用、小田急グループCMS及び市中銀行4行によるシンジケートローンにより資金調達を行っております。

また、資金の流動性に関しては、小田急グループCMS以外にも複数の金融機関に十分な借入枠を有しており、当社は流動性ニーズや将来の債務履行のための手段を十分に確保しているものと考えております。

 

⑦ 今後の方針について

当社は、2018年11月28日に公表、2019年4月11日に修正、2020年4月24日に再修正、2021年4月13日に再々修正いたしました2024年2月期を最終年度とする中期経営計画(2024年2月期売上高7,500百万円)の達成のため、当社経営陣は、現在の事業環境並びに入手可能な情報を入念に分析し、最善の経営戦略の立案及び施策に努めております。

 

⑧ 継続企業の前提に関する重要事象等

当社は、「第2 事業の状況 2.事業等のリスク (8) 継続企業の前提に関する重要事象等」に記載のとおり、当社が全ての該当金融機関と締結しているシンジケートローン契約(当事業年度末残高1,462,500千円)に付された財務制限条項に抵触しております。

よって、当社は当該状況を解消すべく各金融機関と協議を行い、財務制限条項への抵触に関して、期限の利益喪失請求を行わないことに同意を得ております。

以上により、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

当社の経営上の重要な契約は以下のとおりであります。

(1) 当社が販売活動を行う上での重要な契約

相手方の名称

契約名称

契約締結日

契約内容

契約期間

楽天株式会社

出店申込書

1999年8月6日

楽天サイト出店契約

期間の定めなし

楽天株式会社

出店プラン変更申込書

2009年1月22日

楽天サイト出店契約

期間の定めなし

 

 

 

(2) 当社が自社サイト(本店サイト)を運営する上での重要な契約

相手方の名称

契約名称

契約内容

契約期間

株式会社アイティフォー

リモート監視サービス
契約書

サーバーなどハードウェアのリモート監視

2009年10月16日~
2010年10月15日
(1年毎の自動更新の定めあり)

株式会社アイティフォー

ソフトウェア保守
サービス契約書

ソフトウェア保守

2009年10月16日~
2010年10月15日
(1年毎の自動更新の定めあり)

株式会社アイティフォー

ハウジングサービス
契約書

サーバーなどハードウェアの運用等に必要な電源・空調等の管理等

2009年1月1日~
2009年12月31日
(1年毎の自動更新の定めあり)

 

 

(3) 資本業務提携契約

当社は小田急電鉄株式会社との間で資本業務提携契約を締結しており、その内容は次のとおりであります。

契約締結日

契約締結先

内容

業務提携の内容

2018年2月15日

小田急電鉄株式会社

資本業務提携
 
当社株式の保有
1,700,000株
 

①当社及び小田急電鉄の顧客資産等、経営資源の相互補完による売上拡大
②小田急グループの信用力・ブランド力と当社のEコマース事業におけるノウハウの相互活用
③小田急電鉄グループが有する不動産開発に係る知見・ノウハウやネットワークを活用した当社の倉庫及び物流センターの開発
④小田急電鉄が有する中期経営計画策定に係る知見・ノウハウを活用(人的サポートを含む)した当社の中期経営計画の策定
⑤小田急電鉄が有する内部統制に係る知見・ノウハウを活用(人的サポートを含む)した当社の内部統制体制の強化
⑥小田急電鉄から当社に対するマネジメント人材2名の派遣を含む、当社と小田急電鉄間における人材の交流及び情報の共有
⑦その他、新規事業領域や新サービスの開発等に関する相互協力及び推進

 

 (注)1 当事業年度末日現在において、小田急電鉄株式会社が保有する当社の株式数は2,673,600株であります。

 2 当社が小田急電鉄株式会社の議決権割合が低下する行為を行う場合には、事前に小田急電鉄株式会社の書面による承認を得る旨、規定されております。なお、小田急電鉄株式会社は、当社取締役1名の指名権を有しております。

 

(4) シンジケートローン契約

当社は下記金融機関4行との間で新本社物流センター建築資金の調達を目的としたシンジケートローン契約を締結しており、その内容は次のとおりであります。

契約締結日

契約締結先

契約内容

財務制限条項

2019年8月27日

株式会社 三菱UFJ銀行

株式会社 滋賀銀行

京都中央信用金庫

株式会社 みずほ銀行

契約金額

1,500百万円

 

 

借入利率

3ヶ月Tibor+0.5%

 

担保提供資産

当社所有の土地及び建物

①2020年2月に終了する決算期以降各年度の決算期の末日における貸借対照表における純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日又は2019年2月に終了する決算期の末日における貸借対照表における純資産の部の金額のいずれか大きい方の75%の金額以上にそれぞれ維持すること。
②2020年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期の末日における損益計算書における経常損益に関して、それぞれを2期連続して経常損失を計上しないこと。

③2020年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期の末日における損益計算書における税引後当期損益に関して、それぞれ2期連続して税引後当期損失を計上しないこと。

 

 

 

(5) 不動産賃貸契約

当社は今後の安定的な収益確保のため現在の本社兼配送センターを賃貸に供する不動産賃貸契約を締結しており、その内容は次のとおりであります。

対象不動産の概要

賃貸借期間

契約内容

特記事項

京都市伏見区竹田向代町21番地、29番地1

 

建物:4534.80㎡

15年間

(2020年9月1日~2035年8月31日)

賃 料

月額2,500千円(2020年9月~2021年2月、入居工事等移転対応期間)

月額5,500千円(2021年3月以降)

 

敷 金

55,000千円

賃貸借期間開始日から10年経過する日までの間に賃借人の都合により本契約を解除する場合、賃借人は契約の残存期間について、その賃料の全額を弊社に支払うこととなっております。

 

 

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当事業年度の設備投資(無形固定資産含む)の総額は、1,175,322千円であります。主なものは、本社物流センターの取得に対するものであります。

また、当社はWEBサイトでのインナーショップ事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません。

 

2 【主要な設備の状況】

2021年2月28日現在

事業所名
(所在地)

設備の
内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物
及び
構築物

機械及び
装置

工具、
器具及び
備品

土地
(面積㎡)

ソフト
ウエア
(リース
資産含む)

合計

本社
(京都市伏見区)

本社物流センター

2,273,719

672,808

49,421

897,845

(5,767.81)

41,390

3,935,185

86

〔78〕

賃貸ビル
(京都市伏見区)

賃貸オフィス(旧本社)

273,300

0

394,082

(2,760.61)

667,383

0

〔0〕

 

(注) 1  現在休止中の主要な設備はありません。

2  上記の金額には消費税等は含まれておりません。

3  従業員数は就業人員であり、臨時雇用人員の年間平均人員を〔  〕内にて外数で記載しております。

4  当社は、WEBサイトでのインナーショップ事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を行っておりません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

 該当事項はありません。

 

(2)重要な設備の除却等

 経常的な設備の更新のための除却を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

12,800,000

12,800,000

 

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在

発行数(株)

(2021年2月28日)

提出日現在

発行数(株)

(2021年5月28日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

6,669,700

6,669,700

東京証券取引所
 JASDAQ
(スタンダード)

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社の標準となる株式で、単元株式数は100株であります。

6,669,700

6,669,700

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

2015年9月1日~
2016年8月31日
(注)1

16,300

3,854,900

2,119

276,883

2,119

266,883

2016年11月18日
(注)2

963,400

4,818,300

250,484

527,367

250,484

517,367

2016年9月1日~
2017年8月31日
(注)1

2,500

4,820,800

325

527,692

325

517,692

2018年1月19日
(注)3

110,000

4,930,800

28,105

555,797

28,105

545,797

2018年3月6日
(注)4

1,700,000

6,630,800

635,800

1,191,597

635,800

1,181,597

2017年9月1日~
2018年8月31日
(注)1

7,200

6,638,000

936

1,192,533

936

1,182,533

2018年9月1日~
2019年2月28日
(注)1

3,500

6,641,500

455

1,192,988

455

1,182,988

2019年3月1日~
2020年2月29日
(注)1

28,200

6,669,700

3,666

1,196,654

3,666

1,186,654

 

(注) 1  新株予約権の行使による増加であります。

2  有償第三者割当

発行価格           520円

資本組入額         260円

割当先        小田急電鉄株式会社

3  譲渡制限付株式報酬制度としての新株式有償発行

発行価格           511円

資本組入額         255円50銭

4  有償第三者割当

発行価格           748円

資本組入額         374円

割当先        小田急電鉄株式会社

 

 

(5) 【所有者別状況】

2021年2月28日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

3

18

17

12

5

1,961

2,016

所有株式数
(単元)

1,159

1,578

29,446

338

12

34,145

66,678

1,900

所有株式数の割合(%)

1.74

2.37

44.16

0.50

0.02

51.21

100.00

 

(注) 自己株式13,738株は、「個人その他」に137単元及び「単元未満株式の状況」に38株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

2021年2月28日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

小田急電鉄株式会社

東京都渋谷区代々木2丁目28-12

2,673

40.16

池上 勝

京都市伏見区

545

8.19

池上 正

京都市左京区

513

7.72

伊藤 真吾

東京都世田谷区

333

5.01

株式会社アイティフォー

東京都千代田区一番町21番地

200

3.00

弘田 敬子

京都市伏見区

138

2.08

弘田 了

京都市伏見区

138

2.08

京都中央信用金庫

京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町91

111

1.66

イシザカ トシユキ

大阪府豊中市

95

1.43

冨田 紀之

滋賀県大津市

70

1.05

4,819

72.38

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年2月28日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

13,700

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

6,654,100

 

66,541

(注) 1

単元未満株式

普通株式

1,900

 

(注) 2

発行済株式総数

6,669,700

総株主の議決権

66,541

 

(注) 1 権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

2 単元未満株式数には自己株式38株が含まれています。

 

② 【自己株式等】

2021年2月28日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

株式会社 白鳩

京都市伏見区竹田向代町22

13,700

13,700

0.21

13,700

13,700

0.21

 

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

   【株式の種類等】

 

 

自己株式の取得の事由          会社法第155条第7号に該当

当該取得に係る株式の種類      普通株式

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

1

264

当期間における取得自己株式

 

(注)1 当事業年度における取得自己株式は、単元未満株式の買取請求によるものです。

 2 当期間における取得自己株式には、2021年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区 分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

保有自己株式

13,738

13,738

 

(注)当期間における保有自己株式には、2021年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

3 【配当政策】

当社は株主の皆様に対する利益還元は重要課題のひとつとして位置づけており、必要な内部留保を確保しつつ、業績及び財政状態等を総合的に勘案しながら、継続的かつ安定的な配当実施を目指すことを基本方針としております。

当事業年度の剰余金の配当につきましては、大幅な当期純損失を計上することとなったため、財務体質の強化を図ることを再優先課題と認識し、誠に遺憾ながら無配とさせていただきました。

内部留保資金につきましては、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の継続的な拡大・発展を実現させるための資金として、有効に活用していく所存であります。

当社は、会社法第454条第5項に基づき、取締役会の決議によって、毎年8月31日を基準日として中間配当を実施することができる旨を定款に定めており、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会を配当の決定機関としております。今後、配当を実施する場合は、期末配当の年1回を基本方針といたします。

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

(コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)

当社は、コーポレート・ガバナンスの強化が重要な課題であると認識しており、取締役自らが率先してその重要性を日々、従業員に啓蒙しており、事業運営における法令遵守、経営内容の公正化・健全性の維持に努めております。

①  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は、監査役会設置会社の形態を採用し、独立性の高い複数の社外監査役を選任するとともに、監査役の機能を強化することで、当社における業務執行に対する管理・監督機能の充実を図っております。

当社は、会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会、コンプライアンス委員会及び会計監査人のほか、常勤取締役2名と常勤監査役等が出席し毎月1回開催する常勤役員会を設置し、事業運営上の重要事項の検討等を行っております。これら各機関の相互連携により、経営の健全性・効率性及び透明性が確保できるものと認識しているため、現状の企業統治体制を採用しております

当社の各機関の内容及びコーポレート・ガバナンス体制の概略は以下のとおりであります。

(取締役会)

当社の取締役会(議長 代表取締役社長 服部 理基)は、池上 勝、服部 理基、山本 武史、清水 恒夫(社外取締役)の4名で構成されており、経営方針の策定、業務の意思決定及び取締役間の相互牽制による業務執行の監督を行う機関と位置付け運営されております。原則として毎月1回開催されるほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営判断の迅速化を図っております。また、経営に対する牽制機能を果たすべく、監査役が取締役会へ出席しております。

(監査役会)

当社の監査役会は常勤監査役1名(議長 弘田 了)及び社外監査役3名(橋本 宗昭、岩永 憲秀、平尾 嘉晃)で構成されており、原則として毎月1回開催されております。監査役は、株主総会と取締役会に出席し、取締役、従業員及び会計監査人から報告を受け、法令上監査役に認められているその他の監査権限を行使しております。なお、社外監査役の岩永憲秀氏は公認会計士の資格を、平尾嘉晃氏は弁護士の資格を有しており、職業倫理の観点より経営監視を実施しております。

また、監査役会は内部監査室と連携し、内部統制システムに関する監査を実施し、定期的に会計監査人と面談を行っております。

(常勤役員会)

取締役会に上程する議案の事前審査を行うほか、中期経営計画の策定ならびに進捗に関する事項など経営全般にわたる重要事項を協議し情報の共有を図るため、毎月1回「常勤役員会」を開催しております。常勤役員会は議長である代表取締役社長 服部 理基を含め常勤取締役2名及び常勤監査役1名をもって構成され、常勤監査役と親会社である小田急電鉄株式会社が指定する同社の社員が出席することになっております。

(コンプライアンス委員会)

経営企画室を事務局とし代表取締役社長 服部 理基を委員長とする「コンプライアンス委員会」を3ヶ月ごとに開催し、 当社が、社会的責任を果たすために全役員・従業員にコンプライアンス意識を浸透させ、高い倫理観を持って企業活動に取り組んでいくことや、社内で発生しうるリスクの分析、未然防止策、発生時の対処方法について協議するとともに、各部署長への指導を通じて、コーポレートガバナンス、及びコンプライアンス体制の更なる強化を図っております。なお、本委員会は役員及び委員長の指名するものをもって構成されております。

 

       (内部監査室)

内部監査室は、不正及び過誤を摘発するだけでなく、常に経営の効率化を目指すことを主眼とし、進んで問題解決の改善策を提案するよう心掛けております。また、財務報告に係る内部統制の有効性を評価し、業務の全般について法令、定款、社内規程等の遵守状況、業務執行手続き及び内容の妥当性について監査を実施し、必要に応じて監査計画や監査の方法及び結果について随時監査役に報告しています。

内部監査室は会計監査人と定期的に面談を行い、監査に必要な情報について共有化を図っております。

 

 当社のコーポレート・ガバナンス体制の概略は以下のとおりとなります。


②  内部統制システムの整備の状況

当社は取締役会において、以下のとおり「内部統制システムの整備に関する基本方針」を定め、業務の有効性、効率性及び適正性を確保する体制を整備しております。

イ.役職員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制 

a) 役職員の職務の執行が、法令及び定款に適合することを確保するため、「企業理念」、「経営理念」、「基本方針」、「経営目標」を制定し、役職員はこれを遵守する。

b)「取締役会規程」、「就業規則」をはじめとする社内規程を制定し、役職員はこれを遵守し健全な企業経営を目指し、経営理念の実現に向け活動する。

c) 経営企画室をコンプライアンスの統括部署として、役職員に対する適切な教育研修体制を構築し、道徳を背景とした企業経営を目指す。

d) 役職員の職務執行の適正性を確保するため、社長直轄の内部監査室を設置し、「内部監査規程」に基づき内部監査を実施する。また、内部監査室の担当者は必要に応じて会計監査人と情報交換し、効率的な内部監査を実施する。

ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

a) 取締役会議事録、その他重要な書類等の取締役の職務執行に係る情報の取り扱いは「文書管理規程」等の社内規程に基づき、文書又は磁気的媒体に記録し、適切に保存及び管理する。

b) 文書管理部署である総務部は、取締役及び監査役の閲覧請求に対して、何時でもこれら文書を閲覧に供する。

ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社は、取締役会がリスク管理体制を構築する責任と権限を有し、これに従い「リスク管理規程」を制定し、多様なリスクを可能な限り未然に防止し、危機発生時には企業価値の毀損を極小化するための体制を整備する。

ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

a) 定例取締役会を毎月1回開催するほか、機動的に意思決定を行うため、臨時取締役会を開催するものとし、適切な職務執行が行える体制を確保する。

b) 日常の職務において、取締役会の決定に基づく職務の執行を効率的に行うため、「業務分掌規程」、「職務権限規程」等の社内規程に基づき、権限の委譲を行い、各レベルの責任者が意思決定ルールに則り業務を分担する。

ホ.当社における業務の適正を確保するための体制

a)「企業理念」、「経営理念」、「基本方針」、「経営目標」を社内で共有し、企業価値の向上と業務の適正を確保する。

b) 内部監査による業務監査により、会社の業務全般にわたる法令遵守と適正かつ正確化を確保する。

ヘ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

a) 監査役の職務を補助すべき使用人は、必要に応じてその人員を確保する。

b) 当該使用人が監査役の職務を補助すべき期間中の指揮権は、監査役に委嘱されたものとし、取締役の指揮命令は受けないものとし、その期間中の当該使用人の人事評価については監査役が行うこととする。

c) 当該使用人の人事異動については、事前に監査役の同意を得ることとする。

d) 当該使用人の懲戒処分を行う際は、事前に監査役会に報告し、あらかじめ監査役会の承諾を得ることとする。

ト.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他監査役への報告に関する体制及び監査役への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

a) 取締役及び使用人は、監査役会の定めに従い、各監査役の要請に応じて必要な報告及び情報提供を行う。

b) 監査役への報告・情報提供は速やかに文書をもって行う。

c) 取締役及び使用人は、法令違反行為等又は、違反に該当する恐れがあるものについて、通常の職制ラインを通じて通報が出来ない場合は、内部通報制度の窓口である小田急グループ・コンプライアンス・ホットラインに対して相談又は通報を行うものとする。

d) 通報者が通報又は相談を行ったことを理由として、通報者に対して解雇その他いかなる不利益な取扱いを行わないこととする旨を社内規程に規定する。

e) 通報者が通報又は相談を行ったことを理由として、通報者の職場環境が悪化することのないよう適切な処置を講じる旨を社内規程に規定する。

チ.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項及びその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

a) 監査役又は監査役会が、監査の実施のために必要な費用を請求するときは、監査役又は監査役会の職務の執行に必要でないと認められる場合を除き、これに応じることとする。

b) 代表取締役及び内部監査室の担当者は、監査役と定期的に意見交換を行う。

c) 監査役は、取締役会をはじめ、常勤役員会等重要な会議に出席することにより、重要な報告を受ける体制とする。

d) 監査役会は定期的に会計監査人から監査の状況報告を受けることにより、監査環境を整備し監査の有効性、効率性を高める。

リ.財務報告の信頼性を確保するための体制

a)  当社は、金融商品取引法その他適用のある国内外の法令に基づき、評価、維持、改善等を行う。

b)  当社は、自らの業務の遂行にあたり、職務分離による牽制、日常的モニタリング等を実施し、財務報告の適正性の確保に努める。

ヌ.反社会的勢力との取引排除に向けた基本的考え方及びその整備状況

a) 反社会的勢力との取引排除に向けた基本的な考え方

・当社の行動規範、社内規程等に明文の根拠を設け、代表取締役以下組織全員が一丸となって反社会的勢力の排除に取り組む。

・反社会的勢力とは取引関係を含めて一切関係を持たない。また、反社会的勢力による不当要求は一切拒絶する。

b) 反社会的勢力との取引排除に向けた整備状況

・「反社会的勢力との関係遮断」の基本方針において「反社会的勢力に対する姿勢」について明文化し、全役職員の行動指針とする。

・反社会的勢力の排除を推進するために総務部を統括部署とする。

・取引先等について、反社会的勢力との関係に関して確認を行う。

・反社会的勢力の該当有無の確認のため、外部関係機関等から反社会的勢力排除のための情報の収集を行う。

・反社会的勢力からの不当要求に備え、平時から警察、全国暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と密接な連携関係を構築する。

 

③  リスク管理体制の整備の状況

当社では、社内規程や業務マニュアルの体系化及び業務の標準化を適時適切に行い、業務リスク等に対応する組織及び責任者を定め、適切に評価・管理する体制を構築するように努めております。

また、社内規程やマニュアルの整備に加えて、リスク管理規定に基づいて開催されるリスク対策本部においてリスク等の発生要因を識別し、常勤役員会に報告、さらに常勤役員会で協議するとともに取締役会に報告する体制を構築している他、コンプライアンス委員会においては、当社内で発生しうるリスクの分析や、リスクの未然防止策、発生時の対処方法について協議するとともに、各部署長への指導を通じて、リスク管理体制の強化を継続的に図っていくこととしております。

 

④  企業統治に関するその他の事項

(ア)責任限定契約

当社と業務執行役員を除く役員との間では会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としております。

(イ)取締役の定数

当社の取締役は9名以内とする旨を定款に定めております。

(ウ)取締役の選任決議要件

当社は、株主総会における取締役選任決議の要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款に定めております。

(エ)株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

(オ)株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項及び理由

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、機動的な資本政策を遂行できるようにするためであります。

また、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主へ機動的な利益還元を可能にするためであります。

 

 

(2) 【役員の状況】

① 役員一覧

男性8名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

代表取締役会長

池  上      勝

1940年9月18日

1961年10月

日本金銭登録機販売㈱入社

1962年11月

㈱日動製作所入社

1965年10月

ストッキングの職域販売業として創業

1974年8月

当社設立  代表取締役社長

2017年8月

当社代表取締役社長 仕入本部長

2017年11月

当社代表取締役会長 仕入本部長

2018年4月

当社代表取締役会長 仕入本部担当

2019年5月

当社代表取締役会長 仕入事業部兼デザイン部担当

2020年3月

当社代表取締役会長兼社長

2021年4月

当社代表取締役会長 商品本部担当(現任)

(注)1

545,600

代表取締役社長

服  部  理  基

1961年3月21日

2004年7月

㈱アルメックス(現トーヨー技研㈱)取締役管理部長

2009年4月

㈱協美取締役(非常勤)

2011年8月

当社入社管理部長

2011年11月

当社取締役 管理部長

2015年12月

当社取締役 管理本部長

2016年9月

当社取締役 情報システム部担当兼管理部長

2017年8月

当社取締役 管理本部長

2019年5月

当社取締役 経理部兼総務部担当

2020年3月

当社取締役 管理本部担当

2021年4月

当社代表取締役社長(現任)

(注)1

12,000

取締役

山 本 武 史

1971年2月4日

1993年4月

小田急電鉄㈱入社

2008年6月

同社経営企画部課長

2014年6月

同社事業企画部課長

2017年6月

小田急不動産出向 取締役経営企画本部長兼経営企画部長

2018年4月

同社取締役 経営企画本部長兼経理部長兼人事総務部長

2020年4月

小田急電鉄㈱事業企画部長

2020年5月

当社取締役(現任)

2021年4月

小田急電鉄㈱ グループ経営部長(現任)

(注)1

取締役

清 水 恒 夫

1948年10月30日

1971年3月

㈱ワコール(現㈱ワコールホールディングス)入社

1983年12月

ホンコンワコール㈱社長

1991年1月

ワコールフランス㈱社長

2002年6月

㈱ワコール(現㈱ワコールホールディングス)執行役員ワコールブランド事業本部大阪店(専門店担当)店長

 

2005年6月

同社常務執行役員ワコールブランド事業本部長

2006年4月

㈱ワコール専務執行役員

2006年6月

同社取締役・専務執行役員

2008年4月

同社取締役・専務執行役員営業統括担当補佐

2008年6月

㈱ワコールホールディングス取締役

2013年7月

当社顧問

2013年11月

当社取締役(現任)

(注)1

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

監査役
(常勤)

弘 田   了

1962年1月22日

1988年12月

当社入社

2002年5月

当社取締役

2004年9月

当社取締役商品事業部長

2011年11月

当社専務取締役商品事業部長

2015年2月

当社専務取締役ブルーミングスタイル事業部担当兼商品事業部長

2015年3月

当社専務取締役ブルーミングスタイル事業部・商品事業部担当

2015年10月

当社専務取締役ブルーミングスタイル事業部担当

2015年12月

当社専務取締役

2016年5月

当社専務取締役 事業開発改革室担当

2016年9月

当社専務取締役 事業開発改革室・ブルーミングスタイル事業部担当

2017年8月

当社専務取締役 事業開発改革室担当

2019年5月

当社専務取締役 事業開発改革室兼商品開発統括担当

2020年3月

当社取締役 商品本部担当

2021年4月

当社取締役

2021年5月

当社監査役(現任)

(注)2

138,500

監査役

橋 本 宗 昭

1944年2月8日

1962年4月

ユニチカバークシャー㈱入社

1989年6月

同社取締役

2003年6月

同社監査役

2003年6月

ユニチカ通商㈱(現ユニチカトレーディング㈱)非常勤監査役

2004年11月

当社監査役(常勤)

2012年4月

当社監査役(常勤)退任

2012年6月

当社監査役(非常勤)(現任)

(注)2

監査役

岩 永 憲 秀

1974年1月31日

2000年10月

中央青山監査法人入所

2006年7月

岩永公認会計士事務所開設 
代表(現任)

2008年5月

ひかり監査法人 社員

2013年11月

当社監査役(非常勤)(現任)

2014年8月

ひかり監査法人 代表社員(現任)

2015年6月

京都機械工具㈱社外監査役

(注)2

監査役

平 尾 嘉 晃

1972年3月21日

2001年10月

京都弁護士会 弁護士登録

2001年10月

中村利雄法律事務所(現弁護士法人中村利雄法律事務所)入所

2014年4月

京都弁護士会副会長

2016年1月

弁護士法人中村利雄法律事務所社員(現任)

2016年4月

京都大学 法科大学院 特別教授(現任)

2017年11月

当社監査役(非常勤)(現任)

(注)2

696,100

 

(注) 1  取締役の任期は、2021年5月27日開催の定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。

2  監査役の任期は、2021年5月27日開催の定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。

3  監査役弘田了は、代表取締役会長池上勝の長女の配偶者であります。

4  取締役清水恒夫は、社外取締役であります。

5  監査役橋本宗昭、岩永憲秀及び平尾嘉晃は、社外監査役であります。

 

②  社外役員の状況

(ア) 社外取締役

社外取締役は1名であり、社外取締役  清水恒夫は、元経営者として豊富な経験と幅広い見識を有するものであります。なお、清水恒夫は、2009年6月まで株式会社ワコールホールディングス及び株式会社ワコールの取締役でありました。株式会社ワコールホールディングスの子会社である株式会社ワコールは当社の仕入先としての取引関係がありますが、取引条件は一般と同様であり、特別な利害関係はありません。また、当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

(イ) 社外監査役

社外監査役は3名であり、社外監査役  橋本宗昭は、元経営者として豊富な経験と幅広い見識を有しており、加えて、当社の元常勤監査役であることから当社についての造詣や幅広い知見と経験を有するものであります。なお、橋本宗昭氏は、2003年6月まで、ユニチカバークシャー株式会社(現 福助株式会社)の取締役でありました。同社は当社の仕入先としての取引関係がありますが、取引条件は一般と同様であり、特別な利害関係はありません。また、当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役  岩永憲秀は、公認会計士及び税理士として財務・会計に関する相当程度の知見と経験を有するものであります。なお、当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

社外監査役  平尾嘉晃は、弁護士としての専門的な知識と幅広い経験を有するものであります。なお、当社と同氏の間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

 

③  社外取締役及び社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割

高い独立性による公正中立・客観的な意見を通じて、経営判断の妥当性や公正性を担保する機能及び役割を担っております。

④  社外取締役及び社外監査役の独立性に関する考え方

当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準及び方針は定めておりませんが、選任にあたっては株式会社東京証券取引所が指定を義務付ける一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしながら、独立性の確保も念頭において検討を行っております。

⑤  社外取締役及び社外監査役の選任状況に関する当社の考え方

当社の現在の社外取締役及び社外監査役は、高い独立性による公正中立・客観的な意見を通じて、経営判断の妥当性や公正性を担保する機能及び役割を十分に果たし、当社の企業統治の有効性に大きく寄与しているものと考えております。

⑥  社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は、取締役会において、内部監査状況、会計監査状況及びその結果について適時報告を受け、必要に応じて説明を求めることなどにより、経営監督機能としての役割を担っております。

社外監査役は、取締役会に出席し、常勤監査役と連携して経営の監視に必要な情報を共有しております。また、内部監査室、会計監査人及び内部統制部門と連携をとり、必要に応じて協議・情報交換等を行うことにより、業務の適正性の確保に努めております。

 

(3) 【監査の状況】

①  監査役監査の状況

当社は監査役会設置会社であり、監査役4名(内、社外監査役3名)で構成され、監査役会を原則1ヶ月に1回以上開催し、監査の方針、監査の方法、監査業務の執行に関する事項の決定を行っております。

常勤監査役は、監査役会において定めた監査計画等に従い、取締役会をはじめとする重要な会議への出席や、重要書類の閲覧、各部へのヒアリング等を通じて、客観的・合理的な監査を実施しております。監査役は、株主総会と取締役会に出席し、取締役、従業員及び会計監査人から報告を受け、法令上監査役に認められているその他の監査権限を行使しております。なお、社外監査役の岩永憲秀氏は公認会計士の資格を、社外監査役 平尾嘉晃氏は弁護士の資格を有しており、財務及び会計又は法務に関する相当程度の知見を有しております。

また、監査役会は内部監査室と連携し、内部統制システムに関する監査を実施し、定期的に会計監査人と面談を行っております。

 

イ.当事業年度における各監査役の監査役会の出席状況については、次のとおりであります。

役職名

氏名

開催回数

出席回数

常勤監査役

松 田 伸 裕

14回

14回

監査役(社外)

橋 本 宗 昭

14回

14回

監査役(社外)

岩 永 憲 秀

14回

14回

監査役(社外)

平 尾 嘉 晃

14回

12回

 

 

ロ.当事業年度における監査役会の主な検討事項は以下のとおりです。

a) 監査方針の策定・重点監査項目及び役割分担の決定

b) 内部統制システムの有効性確認

C) 会計監査人の監査の相当性確認

d) 関連当事者に関する調査票による競合取引・利益相反の確認

e) 取締役との意見交換

f) 内部監査室との連携

 ・財務報告に係る内部統制に関する意見及び情報交換

 ・監査調書の情報共有

g) 白鳩監査役会の開催・運営

 

ハ.当事業年度における監査役の主な活動状況は以下のとおりです。

a) 白鳩重要会議への出席(株主総会・取締役会・コンプライアンス委員会等)

b) 会計監査人からの報告聴取(四半期レビュー、監査結果報告)

C) 取締役、従業員からの情報収集

d) 事業報告・有価証券報告書・四半期報告書の確認

 

②  内部監査の状況

当社の内部監査につきましては、社長直轄の内部監査室(担当者1名)が、業務の全般について法令、定款、社内規程等の遵守状況、業務執行手続き及び内容の妥当性について監査を実施しております。また、内部監査室は監査役に監査結果を報告する等情報交換を行い、会計監査人とも定期的に面談を行って、監査に必要な情報について共有化を図っております。

 

③  会計監査の状況

(ア)監査法人の名称

  PwC京都監査法人

(イ)継続監査期間

14年

(ウ)業務を執行した公認会計士

指定社員 業務執行社員 中村 源

指定社員 業務執行社員 江口 亮

(エ)監査業務に係る補助者の構成

当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士2名、その他6名であります。

(オ)監査法人の選定方針と理由

当社は、会計監査人の選定に関しては、会計監査人の品質管理体制、独立性及び専門性等を総合的に勘案し問題がないことを確認する方針としており、当該基準を満たし高品質な監査を維持しつつ効率的な監査業務の運営が期待できることから、PwC京都監査法人を会計監査人として選定しております。

なお、当社は以下のとおり、会計監査人の解任または不再任の決定の方針を定めております。

監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合に会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。

また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。

(カ)監査役及び監査役会による監査法人の評価

監査役及び監査役会は、会計監査人について、その独立性及び専門性、監査品質、監査活動の状況、監査報酬水準、監査報告の相当性等を対象項目として評価し、PwC京都監査法人 が会計監査人として適切、妥当であると判断しております。

 

④  監査報酬の内容等

(ア)監査公認会計士等に対する報酬の内容

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

15,180

15,900

 

 

(イ)監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬「(ア)を除く」

 該当事項はありません。

 

(ウ)その他重要な報酬の内容

(前事業年度)

  該当事項はありません。

(当事業年度)

  該当事項はありません。 

 

(エ)監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は特に定めておりませんが、当社の事業規模、監査日数及び業務の特性等を勘案して、当社及び監査公認会計士等の両者で協議の上、監査役会の同意を得て報酬額を決定しております。

 

(オ)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査計画の内容、従前の職務執行状況や報酬見積りの算定根拠を確認し、審議した結果、会計監査人の報酬等の額につき、会社法第399条第1項の同意を行っております。

 

(4) 【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

役員報酬等については、中長期的な企業価値の向上と経営目標の達成による持続的な成長を促進するため各々の経営能力、貢献度等を考慮して決定するものとしております。

役員報酬等の額又は算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、取締役会の決定に基づき、代表取締役社長に一任し、取締役会により委任された代表取締役社長は、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、各々の経営能力、貢献度等を考慮して決定する権限を有しているものとしております。

また、監査役報酬は監査役の協議により決定するものとしております。

当事業年度における当社の取締役の報酬等の決定過程における取締役会の活動としましては、株主総会決議の範囲内において、代表取締役社長に一任しております。

 

② 役員の報酬等の内容

(ア)取締役報酬

 基本報酬及び譲渡制限付株式報酬で構成しております。ただし、社外取締役、非常勤取締役については、監査機能強化の観点から基本報酬のみで構成しております。また、基本報酬の総額は株主総会で決議された報酬総額の限度内とし、譲渡制限付株式報酬の総額は株主総会で決議された譲渡制限付株式報酬総額の限度内とし、発行または処分される当社の普通株式の総数は株主総会で決議された総数の限度内としております。

 基本報酬の水準は、他社水準を参考として当社独自に設定し、各取締役の報酬については、業績、役割や責務を勘案して決定しております。

 基本報酬は原則として各取締役が担う役割・責務等に応じて決定し毎月現金で支払うものとしております。

 譲渡制限付株式報酬は原則として各取締役が担う役割・責務等に応じて決定し、また当社の当該事業年度の業績や財務状況を踏まえたうえで付与の可否を決定し、付与する場合は年1回当該事業年度終了後に付与するものとしております。

 譲渡制限付株式報酬は、取締役が株価変更のメリットとリスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績向上と企業価値向上への貢献意欲や士気を一層高めることを目的として付与するもので、付与の可否および割当数は、業績を総合的に勘案し各取締役の固定報酬の額を基準として決定しております。

 基本報酬と譲渡制限付株式報酬の報酬構成割合は、その客観性・妥当性を担保するために、類似業種かつ類似規模である相当数の他企業における報酬構成割合とその水準比較・検証を行い、当社の財務状況等も踏まえたうえで、設定するものとしております。

 

(イ)監査役報酬

 基本報酬のみで構成しております。また、基本報酬の総額は株主総会が決定した報酬総額の限度内とし、各監査役の報酬については、常勤・非常勤の別及び業務分担の状況等を勘案して監査役の協議により決定しております。基本報酬は原則として各監査役が担う役割・責務等に応じて決定し毎月現金で支払うものとしております。

 

③  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

 

役員区分

報酬等
の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

固定
報酬

業績連動
報酬

退職慰労金

取締役
(社外取締役を除く。)

56,433

61,556

5,123

7

監査役
(社外監査役を除く。)

4,026

3,960

66

1

社外役員

4,800

4,800

4

 

(注) 「退職慰労金」には、当事業年度における役員退職慰労引当金繰入額を記載しております。

 

④  役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

⑤  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

該当事項はありません。

 

(5) 【株式の保有状況】

該当事項はありません。

 

第5 【経理の状況】

 

 

1  財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2  監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年3月1日から2021年2月28日まで)の財務諸表について、PwC京都監査法人の監査を受けております。

 

3  連結財務諸表について

当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。

 

4  財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等が主催する研修に参加しております。

 

1 【財務諸表等】

(1) 【財務諸表】

① 【貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2020年2月29日)

当事業年度

(2021年2月28日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

291,164

548,669

 

 

売掛金

261,340

243,863

 

 

商品

1,161,970

1,228,263

 

 

貯蔵品

15,151

32,946

 

 

前渡金

702

255

 

 

前払費用

26,793

16,034

 

 

未収入金

27,975

35,995

 

 

その他

1,412

282,387

 

 

貸倒引当金

157

536

 

 

流動資産合計

1,786,352

2,387,879

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物

468,987

※1 2,747,547

 

 

 

 

減価償却累計額

178,503

248,291

 

 

 

 

建物(純額)

290,484

2,499,256

 

 

 

構築物

17,439

66,632

 

 

 

 

減価償却累計額

13,840

17,109

 

 

 

 

構築物(純額)

3,599

49,523

 

 

 

機械及び装置

9,136

744,337

 

 

 

 

減価償却累計額

6,647

71,529

 

 

 

 

機械及び装置(純額)

2,488

672,808

 

 

 

工具、器具及び備品

60,179

106,172

 

 

 

 

減価償却累計額

51,147

56,464

 

 

 

 

工具、器具及び備品(純額)

9,031

49,708

 

 

 

土地

※1 1,291,928

※1 1,291,928

 

 

 

リース資産

27,026

 

 

 

 

減価償却累計額

18,955

 

 

 

 

リース資産(純額)

8,070

 

 

 

建設仮勘定

2,000,184

 

 

 

有形固定資産合計