EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年8月12日

【四半期会計期間】

第17期第2四半期(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

【会社名】

株式会社カヤック

【英訳名】

KAYAC Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役CEO 柳澤 大輔

【本店の所在の場所】

神奈川県鎌倉市御成町11番8号

【電話番号】

0467-61-3399

【事務連絡者氏名】

執行役員 管理本部長 柴田 史郎

【最寄りの連絡場所】

神奈川県鎌倉市御成町11番8号

 

【電話番号】

0467-61-3399

【事務連絡者氏名】

執行役員 管理本部長 柴田 史郎

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E31093 39040 株式会社カヤック KAYAC Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP true cte 2021-01-01 2021-06-30 Q2 2021-12-31 2020-01-01 2020-06-30 2020-12-31 1 false false false E31093-000 2021-08-12 E31093-000 2020-01-01 2020-06-30 E31093-000 2020-01-01 2020-12-31 E31093-000 2021-01-01 2021-06-30 E31093-000 2020-06-30 E31093-000 2020-12-31 E31093-000 2021-06-30 E31093-000 2020-04-01 2020-06-30 E31093-000 2021-04-01 2021-06-30 E31093-000 2021-08-12 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E31093-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E31093-000 2019-12-31 iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第16期
第2四半期
連結累計期間

第17期
第2四半期
連結累計期間

第16期

会計期間

自  2020年1月1日
至  2020年6月30日

自  2021年1月1日
至  2021年6月30日

自  2020年1月1日
至  2020年12月31日

売上高

(千円)

4,200,774

5,689,307

8,749,191

経常利益

(千円)

299,579

624,211

740,754

親会社株主に帰属する
四半期(当期)純利益

(千円)

189,465

442,938

505,209

四半期包括利益又は包括利益

(千円)

129,656

553,541

420,628

純資産額

(千円)

2,214,800

3,131,040

2,629,862

総資産額

(千円)

5,679,952

7,077,019

7,024,473

1株当たり四半期(当期)純利益

(円)

12.49

29.13

33.27

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益

(円)

12.39

28.85

32.96

自己資本比率

(%)

37.7

40.7

34.6

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

735,259

473,949

1,295,450

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

36,938

3,325

223,831

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

240,804

490,901

263,614

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(千円)

1,713,608

2,496,027

2,513,359

 

 

回次

第16期
第2四半期
連結会計期間

第17期
第2四半期
連結会計期間

会計期間

自  2020年4月1日
至  2020年6月30日

自  2021年4月1日
至  2021年6月30日

1株当たり四半期純利益

(円)

6.70

8.18

 

 

(注) 1. 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

 

2 【事業の内容】

当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。 
 また、主要な関係会社についても異動はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【事業等のリスク】

当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。

(1)経営成績の分析

当第2四半期連結累計期間における日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるなか、持ち直しの動きが続いているものの、個人消費や雇用情勢に弱さがみられます。内閣府は2021年7月の月例経済報告において、景気の先行きについては、感染拡大の防止策を講じ、ワクチン接種を促進するなかで、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されるが、感染の動向が内外経済に与える影響に十分注意する必要があると指摘しております。

当社グループを取り巻く事業環境としまして、2019年のスマートフォン保有率が前年比4.2%ポイント上昇の83.4%となり、モバイルでのインターネット環境は引き続き発展を続けております(出所:総務省「令和2年版情報通信白書」)。当社が注力するインターネット広告市場についても、2020年の市場規模は前年比5.9%増の2兆2,290億円となり、総広告費が前年比11.2%減となる中でも、成長を続けております(出所:電通「2020 日本の広告費」)。また、ゲーム総合情報メディア「ファミ通」によれば、国内eスポーツ市場規模は2020年に前年比9.2%増の66.8億円となり、2021年は同29.9%増の86.7億円へ拡大する見込みです。

このような事業環境の中で、当社グループはより多くのユーザーに楽しんでいただけるよう良質なデジタルコンテンツを提供し続けております。その中でも、クライアントワーク、ゲーム、ゲームコミュニティ、ちいき資本主義の4つを主要サービスと位置づけ、相互にシナジーを図りながら事業を進めてまいりました。また、その他サービスとして、SNSブライダルプラットフォームなどの新規サービスの開発及び投資を行っております。

以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は5,689,307千円(前年同期比35.4%増)、営業利益は577,291千円(前年同期比96.5%増)、経常利益は624,211千円(前年同期比108.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は442,938千円(前年同期比133.8%増)となりました。当社グループの事業セグメントは単一セグメントでありますが、サービス別の売上高の概況は次のとおりであります。

① クライアントワーク
 新しい技術とアイデアに挑戦し、クライアントとその先にいるユーザーに新しい体験を提供することで、クライアントのマーケティング及びブランディングに資する広告を提供しております。スマートフォンの普及や新しい技術の出現を背景に、WEB領域にとどまらないリアルと連動した案件が増加傾向にあります。また、当社の企画力、技術力をもとにクライアントの新製品開発を支援する領域にも進出しております。この結果、クライアントワーク関連の売上高は、1,346,019千円(前年同期比37.7%増)となりました。

② ゲーム
 「ぼくらの甲子園!ポケット」、「キン肉マン マッスルショット」、ハイパーカジュアルゲーム、㈱カヤックアキバスタジオでの受託ゲーム開発が売上高の大部分を占めています。ハイパーカジュアルゲームにつきましては、2021年第2四半期に新作タイトル「Ball Run 2048」を正式にリリースし、全米のApp Store無料ゲームランキングで5位およびカジュアルゲームカテゴリで1位を獲得するなど好調に推移した結果、既存タイトルの一部にピークアウトの傾向が出てきたものの、ダウンロード数は直前四半期比1.7%増の4,639万件となりました。また、㈱カヤックアキバスタジオでの受託事業は拡大基調にあります。この結果、ゲーム関連の売上高は2,500,273千円(前年同期比24.3%増)となりました。

③ ゲームコミュニティ

ゲームファンに向けた一連のコミュニティサービスを展開しています。ウェルプレイド・ライゼスト㈱のeスポーツ事業、スマートフォンゲームに特化したコミュニティの「Lobi」、トーナメントプラットフォームの「Tonamel」が売上高の大部分を占めております。ウェルプレイド・ライゼスト㈱では大型のeスポーツ大会の運営の受託案件が当第2四半期連結累計期間の増収に寄与しました。また、対戦形式の拡充等が追い風となり、2021年第2四半期におけるTonamelの大会開催数は直前四半期比20.4%増の2,316件となりました。この結果、ゲームコミュニティ関連の売上高は、1,160,766千円(前年同期比65.9%増)となりました。

④ ちいき資本主義

地方公共団体や地域企業に対して、まちづくりに関するコンテンツの開発とサービスの提供を行っております。移住プラットフォームサービスの「SMOUT」、コミュニティ通貨サービスの「まちのコイン」、地域プロモーションの受託、鎌倉市内で展開するまちづくり事業などのサービスが売上高の大部分を占めております。2021年6月末時点で、SMOUTの累計登録ユーザー数は直前四半期末比10.6%増の2.79万人となり、順調に拡大しております。この結果、ちいき資本主義関連の売上高は、230,155千円(前年同期比38.4%増)となりました。
  ⑤ その他サービス

ブライダルプラットフォーム「プラコレWedding」は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、2020年上半期に業績が悪化した後、緩やかな回復基調にあります。また、湘南地域への移住ニーズが追い風となり、子会社で展開する不動産仲介業が堅調に推移しております。この結果、その他サービス関連の売上高は、452,091千円(前年同期比30.3%増)となりました。

 

(2)財政状態の分析

(資産)

当第2四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ52,545千円増加し、7,077,019千円となりました。主な要因は、仕掛品の増加110,895千円および繰延税金資産の減少96,457千円であります。

(負債)

当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ448,632千円減少し、3,945,979千円となりました。主な要因は、長期借入金の減少312,300千円であります。

(純資産)

当第2四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ501,178千円増加し、3,131,040千円となりました。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金の増加442,938千円であります。

 

(3)キャッシュ・フローの状況

当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ17,332千円減少し、2,496,027千円となりました。各キャッシュ・フローの状況とその要因は以下のとおりです。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは473,949千円の収入(前年同期間は735,259千円の収入)となりました。これは、税金等調整前四半期純利益716,908千円の計上、たな卸資産の増加110,895千円、法人税等の支払額158,398千円等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは3,325千円の支出(前年同期間は36,938千円の支出)となりました。これは、有形固定資産の取得による支出63,429千円等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは490,901千円の支出(前年同期間は240,804千円の支出)となりました。これは、短期借入れによる収入206,000千円等の増加要因があった一方で、長期借入金の返済による支出647,345千円があったこと等によるものであります。

 

(4)事業上及び財務上の対処すべき課題

当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

3 【経営上の重要な契約等】

当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。

第3 【提出会社の状況】

 

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

40,000,000

40,000,000

 

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

第2四半期会計期間末
現在発行数(株)
(2021年6月30日)

提出日現在発行数(株)
(2021年8月12日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

15,210,400

15,210,400

東京証券取引所
(マザーズ)

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。単元株式数は100株であります。

15,210,400

15,210,400

 

 

(注) 提出日現在発行数には、2021年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は、含まれておりません。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

 2021年4月1日~
 2021年6月30日

2,000

15,210,400

345

525,451

345

465,451

 

(注)新株予約権の行使による増加であります。

 

(5) 【大株主の状況】

 

 

2021年6月30日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

柳澤 大輔

神奈川県鎌倉市

3,966,400

26.09

貝畑 政徳

神奈川県鎌倉市

3,420,000

22.49

久場 智喜

神奈川県鎌倉市

3,420,000

22.49

株式会社日本カストディ銀行

東京都中央区晴海一丁目8番12号

700,000

4.60

株式会社SBI証券

東京都港区六本木一丁目6番1号

267,330

1.75

 BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UNITED KINGDOM

(東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)

130,400

0.85

山田 智則

東京都品川区

83,800

0.55

福山 司

神奈川県三浦郡葉山町

75,100

0.49

楽天証券株式会社

東京都港区南青山二丁目6番21号

74,100

0.48

藤原 治

東京都世田谷区

51,600

0.34

12,188,730

80.13

 

 

(注) 信託銀行等の信託業務に係る株式数については、当社として網羅的に把握することができないため、株主名簿上の名義で所有株式数を記載しております。

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

2021年6月30日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

100

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

152,051

15,205,100

単元未満株式

普通株式

5,200

発行済株式総数

15,210,400

総株主の議決権

152,051

 

 

(注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式64株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年6月30日現在 

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社カヤック

神奈川県鎌倉市御成町11番8号

100

100

0.0

100

100

0.0

 

 

2 【役員の状況】

該当事項はありません。

 

第4 【経理の状況】

 

 

1.四半期連結財務諸表の作成方法について

当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。

 

1 【四半期連結財務諸表】

(1) 【四半期連結貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年12月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年6月30日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

2,513,250

2,496,027

 

 

受取手形及び売掛金

1,517,539

1,583,796

 

 

仕掛品

163,347

274,242

 

 

その他

234,919

191,073

 

 

貸倒引当金

43,912

45,793

 

 

流動資産合計

4,385,143

4,499,345

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物及び構築物(純額)

856,589

827,506

 

 

 

土地

609,928

609,928

 

 

 

その他(純額)

59,701

87,622

 

 

 

有形固定資産合計

1,526,218

1,525,057

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

のれん

389,771

358,256

 

 

 

その他

207,085

203,108

 

 

 

無形固定資産合計

596,857

561,365

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

投資有価証券

147,096

244,018

 

 

 

繰延税金資産

229,611

133,153

 

 

 

その他

193,217

167,750

 

 

 

貸倒引当金

53,671

53,671

 

 

 

投資その他の資産合計

516,253

491,251

 

 

固定資産合計

2,639,330

2,577,674

 

資産合計

7,024,473

7,077,019

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

388,978

533,969

 

 

短期借入金

103,000

306,000

 

 

1年内返済予定の長期借入金

963,644

638,599

 

 

未払金

448,525

489,305

 

 

未払費用

230,383

207,688

 

 

未払法人税等

172,852

180,721

 

 

その他

354,305

175,323

 

 

流動負債合計

2,661,689

2,531,607

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

1,704,857

1,392,557

 

 

その他

28,064

21,814

 

 

固定負債合計

1,732,922

1,414,372

 

負債合計

4,394,611

3,945,979

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(2020年12月31日)

当第2四半期連結会計期間

(2021年6月30日)

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

523,967

525,451

 

 

資本剰余金

470,308

471,791

 

 

利益剰余金

1,446,505

1,830,146

 

 

自己株式

208

208

 

 

株主資本合計

2,440,572

2,827,180

 

その他の包括利益累計額

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

11,607

56,486

 

 

その他の包括利益累計額合計

11,607

56,486

 

新株予約権

50,035

54,002

 

非支配株主持分

150,861

193,370

 

純資産合計

2,629,862

3,131,040

負債純資産合計

7,024,473

7,077,019

 

(2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

【四半期連結損益計算書】

【第2四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

 至 2020年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年1月1日

 至 2021年6月30日)

売上高

4,200,774

5,689,307

売上原価

2,395,663

3,091,276

売上総利益

1,805,110

2,598,030

販売費及び一般管理費

 1,511,313

 2,020,738

営業利益

293,797

577,291

営業外収益

 

 

 

受取利息

511

1,609

 

受取配当金

204

125

 

助成金収入

12,000

7,559

 

投資有価証券売却益

2,100

 

保険解約返戻金

29,591

 

為替差益

8,846

 

その他

8,431

7,831

 

営業外収益合計

23,247

55,562

営業外費用

 

 

 

支払利息

3,370

4,284

 

持分法による投資損失

5,326

 

為替差損

8,711

 

支払保証料

2,692

 

その他

57

1,665

 

営業外費用合計

17,465

8,642

経常利益

299,579

624,211

特別利益

 

 

 

投資有価証券売却益

92,696

 

特別利益合計

92,696

税金等調整前四半期純利益

299,579

716,908

法人税、住民税及び事業税

57,974

164,968

法人税等調整額

51,303

66,688

法人税等合計

109,277

231,656

四半期純利益

190,301

485,251

非支配株主に帰属する四半期純利益

836

42,313

親会社株主に帰属する四半期純利益

189,465

442,938

 

【四半期連結包括利益計算書】

【第2四半期連結累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

 至 2020年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年1月1日

 至 2021年6月30日)

四半期純利益

190,301

485,251

その他の包括利益

 

 

 

その他有価証券評価差額金

60,645

68,289

 

その他の包括利益合計

60,645

68,289

四半期包括利益

129,656

553,541

(内訳)

 

 

 

親会社株主に係る四半期包括利益

128,819

511,032

 

非支配株主に係る四半期包括利益

836

42,509

 

(3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自 2020年1月1日

 至 2020年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自 2021年1月1日

 至 2021年6月30日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税金等調整前四半期純利益

299,579

716,908

 

減価償却費

68,350

82,495

 

のれん償却額

27,649

31,514

 

貸倒引当金の増減額(△は減少)

1,881

 

受取利息

511

1,609

 

受取配当金

204

125

 

助成金収入

12,000

7,559

 

支払利息

3,370

4,284

 

為替差損益(△は益)

4,296

 

持分法による投資損益(△は益)

5,326

 

投資有価証券売却損益(△は益)

92,696

 

投資有価証券評価損益(△は益)

2,100

 

売上債権の増減額(△は増加)

257,905

66,256

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

29,086

110,895

 

仕入債務の増減額(△は減少)

63,245

144,990

 

未払金の増減額(△は減少)

110,016

44,430

 

未払費用の増減額(△は減少)

27,057

22,694

 

その他

106,914

93,032

 

小計

744,905

627,338

 

利息及び配当金の受取額

716

1,734

 

利息の支払額

3,370

4,284

 

法人税等の支払額

18,992

158,398

 

助成金の受取額

12,000

7,559

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

735,259

473,949

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

有形固定資産の取得による支出

5,852

63,429

 

無形固定資産の取得による支出

43,372

17,246

 

投資有価証券の取得による支出

26,320

 

投資有価証券の売却による収入

2,100

121,464

 

敷金及び保証金の差入による支出

2,206

32,438

 

敷金及び保証金の回収による収入

2,392

4,475

 

その他

10,000

10,168

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

36,938

3,325

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

短期借入れによる収入

1,500

206,000

 

短期借入金の返済による支出

4,000

3,000

 

長期借入れによる収入

71,000

10,000

 

長期借入金の返済による支出

318,572

647,345

 

新株予約権の行使による株式の発行による収入

7,693

2,967

 

配当金の支払額

23

58,603

 

連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による支出

4,000

 

その他

5,598

918

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

240,804

490,901

現金及び現金同等物に係る換算差額

2,944

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

457,516

17,332

現金及び現金同等物の期首残高

1,256,091

2,513,359

現金及び現金同等物の四半期末残高

 1,713,608

 2,496,027

 

【注記事項】

(連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

当第2四半期連結会計期間より、㈱カヤックゼロを新たに設立したため、連結の範囲に含めております。

 

 

(四半期連結損益計算書関係)

  ※  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2020年1月1日

至  2020年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2021年1月1日

至  2021年6月30日)

給料及び手当

266,627

千円

317,590

千円

広告宣伝費

841,025

千円

1,129,987

千円

 

 

(四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  ※  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、

    次のとおりであります。

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2020年1月1日

至  2020年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2021年1月1日

至  2021年6月30日)

現金及び預金勘定

1,713,585千円

2,496,027千円

預け金(流動資産その他)

22千円

―千円

現金及び現金同等物

1,713,608千円

2,496,027千円

 

 

(株主資本等関係)

前第2四半期連結累計期間(自  2020年1月1日 至  2020年6月30日

 

1.配当金支払額

    該当事項はありません。

 

2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後となるもの

  該当事項はありません。

 

当第2四半期連結累計期間(自  2021年1月1日 至  2021年6月30日

 

1.配当金支払額

決議

株式の種類

配当の原資

配当金の総額

(千円)

 1株当たり
 配当額(円)

基準日

効力発生日

2021年3月25日

定時株主総会

普通株式

利益剰余金

59,286

3.90

2020年12月31日

2021年3月26日

 

 

2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後となるもの

  該当事項はありません。

 

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自  2020年1月1日  至  2020年6月30日)

当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しています。

 

Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自  2021年1月1日  至  2021年6月30日)

当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しています。
 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前第2四半期連結累計期間

(自  2020年1月1日

至  2020年6月30日)

当第2四半期連結累計期間

(自  2021年1月1日

至  2021年6月30日)

(1) 1株当たり四半期純利益

12円49銭

29円13銭

    (算定上の基礎)

 

 

親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

189,465

442,938

    普通株主に帰属しない金額(千円)

 普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

189,465

442,938

    普通株式の期中平均株式数(株)

15,170,635

15,205,679

(2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

12円39銭

28円85銭

  (算定上の基礎)

 

 

    親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

 

    普通株式増加数(株)

121,415

148,987

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定に含まれなかった潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要

 

 

 

2 【その他】

該当事項はありません。

 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

 

独立監査人の四半期レビュー報告書

 

2021年8月12日

株式会社カヤック

取締役会  御中

 

有限責任監査法人トーマツ

東京事務所

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

水    野    雅    史

 

 

指定有限責任社員
業務執行社員

 

公認会計士

小    林    弘    幸

 

 

監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社カヤックの2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社カヤック及び連結子会社の2021年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。

 

監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

 

四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。

監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。

 

四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。

監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。

・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。

・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。

・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。

・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。

監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。

監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。

 

利害関係

会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

以  上

 

 

(注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E31093-000 2021-08-12