EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和3年3月25日

【事業年度】

第14期(自 令和2年1月1日 至 令和2年12月31日)

【会社名】

株式会社sMedio

【英訳名】

sMedio, Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  岩本 定則

【本店の所在の場所】

東京都中央区新川二丁目3番1号

【電話番号】

03-6262-8660 (代表)

【事務連絡者氏名】

取締役 経営企画室 室長 北埜 弘剛

【最寄りの連絡場所】

東京都中央区新川二丁目3番1号

【電話番号】

03-6262-8660 (代表)

【事務連絡者氏名】

取締役 経営企画室 室長 北埜 弘剛

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所
(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E31354 39130 株式会社sMedio sMedio, Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-01-01 2020-12-31 FY 2020-12-31 2019-01-01 2019-12-31 2019-12-31 1 false false false E31354-000 2021-03-25 E31354-000 2016-01-01 2016-12-31 E31354-000 2017-01-01 2017-12-31 E31354-000 2018-01-01 2018-12-31 E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 E31354-000 2016-12-31 E31354-000 2017-12-31 E31354-000 2018-12-31 E31354-000 2019-12-31 E31354-000 2020-12-31 E31354-000 2016-01-01 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2017-01-01 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-01-01 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2016-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2017-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp030000-asr_E31354-000:SoftwareDevelopmentReportableSegmentMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E31354-000 2020-12-31 jpcrp_cor:Row1Member E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:IwamotoSadanoriMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:KitanoHirotakeMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:OchiaiYojiMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:LinJyhJongMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:EtoYuichiroMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:WatanabeTomofumiMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp030000-asr_E31354-000:HongohYoshiyukiMember E31354-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row1Member E31354-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row2Member E31354-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row3Member E31354-000 2021-03-25 jpcrp_cor:Row4Member E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jpcrp_cor:OutsideCorporateAuditorsMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2018-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-01-01 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2019-01-01 2019-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:DeferredGainsOrLossesOnHedgesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31354-000 2020-12-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第10期

第11期

第12期

第13期

第14期

決算年月

平成28年12月

平成29年12月

平成30年12月

令和元年12月

令和2年12月

売上高

(千円)

1,282,941

1,056,531

985,405

862,267

913,934

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

38,128

61,963

107,476

57,700

30,066

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

3,873

141,928

110,295

84,827

10,320

包括利益

(千円)

6,056

142,850

119,907

87,227

8,663

純資産額

(千円)

1,652,707

1,294,333

1,175,675

1,095,735

1,111,099

総資産額

(千円)

2,166,499

1,766,395

1,450,020

1,222,099

1,261,234

1株当たり純資産額

(円)

823.66

679.64

616.69

571.52

575.92

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

2.04

71.21

57.92

44.31

5.36

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

5.36

自己資本比率

(%)

76.3

73.3

81.1

89.6

88.1

自己資本利益率

(%)

0.3

9.6

8.9

7.5

0.9

株価収益率

(倍)

188.3

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

299,971

269,418

23,659

307,526

189,656

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

57,504

64,878

25,203

22,086

12,208

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

388,291

349,106

124,158

120,249

1,250

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,364,449

1,218,904

1,083,806

631,413

806,624

従業員数

(人)

64

60

56

55

57

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第10期、第11期、第12期および第13期につきましては、1株当たり当期純損失であったため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第10期

第11期

第12期

第13期

第14期

決算年月

平成28年12月

平成29年12月

平成30年12月

令和元年12月

令和2年12月

売上高

(千円)

1,017,355

716,783

748,173

683,135

746,432

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

10,712

84,096

27,075

39,011

51,087

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

1,342

212,027

44,852

41,490

44,956

資本金

(千円)

501,302

507,082

507,707

509,769

510,394

発行済株式総数

(千株)

2,006

2,029

2,031

2,038

2,040

純資産額

(千円)

1,608,889

1,179,705

1,135,953

1,101,679

1,154,104

総資産額

(千円)

2,073,899

1,600,975

1,390,647

1,189,287

1,276,618

1株当たり純資産額

(円)

801.83

619.45

595.85

574.62

598.22

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

( -)

( -)

( -)

( -)

( -)

1株当たり当期純利益又は
1株当たり当期純損失(△)

(円)

0.71

106.38

23.55

21.68

23.36

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

0.70

23.35

自己資本比率

(%)

77.6

73.7

81.7

92.6

90.4

自己資本利益率

(%)

0.1

15.2

3.9

3.7

4.0

株価収益率

(倍)

2,619.7

43.2

配当性向

(%)

従業員数

(人)

16

16

19

19

21

株主総利回り

(比較指標:東証マザーズ指数)

(%)
(%)

111.8

104.3

40.9

60.2

60.7

(106.3)

(138.9)

(91.6)

(101.2)

(134.9)

最高株価

(円)

3,565

2,686

1,865

1,650

1,648

最低株価

(円)

830

1,364

639

650

380

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第11期、第12期および第13期につきましては、1株当たり当期純損失金額であったため記載しておりません。

3.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものであります。

 

 

2 【沿革】

年月

事項

平成19年3月

ソフトウエア開発、販売を目的としてビデェイス株式会社を東京都港区南麻布に設立(資本金500千円)

平成19年5月

台湾に開発拠点となる子会社 VideAce Technology Co.を設立

平成19年11月

本社を東京都港区新橋へ移転

平成20年3月

上海に完全子会社の開発拠点VideAce Technology Inc. (現社名 sMedio Technology
(Shanghai) Inc. )を設立

平成21年1月

台湾のRolltech Technology Co. Ltdの株式の約95%を取得し子会社化

平成21年7月

子会社の台湾VideAce Technology co.の全株式を売却

平成21年9月

ロールテック株式会社に商号変更

平成22年4月

本社を東京都中央区日本橋本町へ移転

平成22年7月

台湾子会社のRolltech Technology Co. Ltdの全株式を売却

平成22年8月

株式会社sMedioに商号変更

平成23年7月

sMedio Technology (Shanghai) Inc.が中国成都に支店開設

平成23年10月

米国カリフォルニア州に完全子会社sMedio America Inc.を設立

平成24年2月

米国においてSyncable事業を取得

平成25年3月

台湾台北市に支店を開設、スマートデバイス事業の一部保守メンテナンスサービスを開始

平成26年2月

sMedio Technology (Shanghai) Inc. 成都支店を閉鎖

平成27年3月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

平成27年6月

株式会社情報スペースを子会社化

平成27年6月

本社を東京都港区三田へ移転

平成27年8月

株式会社ブイログを設立

平成28年7月

タオソフトウエア株式会社及びその子会社リスクファインダー株式会社を子会社化

平成29年4月

本社を東京都中央区新川へ移転

平成29年5月

株式会社ミックステクノロジーズを子会社化

平成29年7月

株式会社ブイログを吸収合併

平成30年1月

株式会社ミックステクノロジーズを吸収合併

平成30年2月

台湾支店閉鎖

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社および連結子会社(sMedio Technology (Shanghai) Inc.、sMedio America Inc.、㈱情報スペース、タオソフトウエア㈱)の計5社より構成されております。

(1) 当社グループの事業内容について

当社グループは、マルチメディア、ネットワークおよび関連するセキュリティを中心としたソフトウエア技術によりデジタル家電、携帯電話およびコンピュータの分野で魅力ある高性能のソフトウエア製品とそれに付随するサービス事業を展開することを目的として設立されております。

現在、当社は、AIを活用した画像処理技術をもとに、事業領域をAI,IoT分野に拡大しております。

 

(2) 関係会社の事業内容及び位置付けについて

当社の完全子会社であるsMedio Technology (Shanghai)Inc.は、当社の重要なマルチメディア、ネットワーク製品の開発拠点であり、ワイヤレスコネクティビティ、ブルーレイソフトウェアの収益の柱となるソフトウエア開発を行っております。当社の完全子会社であるsMedio America Inc.は、北米における販売およびマーケティング活動を行っております。

当社の完全子会社である㈱情報スペースは、データバックアップサービス(商品名:JS Backup)を軸にモバイル分野で開発および販売活動を行っております。

当社の子会社であるタオソフトウエア㈱は、Androidソフトウエアのセキュリティ関連サービス・製品の開発および販売を行っております。

 

[事業系統図]


 

(3) 売上構成について

当社グループは、マルチメディア、ネットワークおよび関連するセキュリティ技術を中核とした製品開発と販売を中心とした事業活動を行い、AI、IoT関連事業が加わっております。

ブルーレイ再生ソフトの製品である「VAlution BD」「True DVD」「TrueBD」、無線接続技術を活かした製品である「sMedio Truelink+」、「pConnect!」、「sConnect!」および「sMedio TV Suite」に加え、当連結会計年度では、AI、IoT関連事業で、建設業界向けに新サービスを市場に投入しました。売上の主力はロイヤリティ収入ですが、これらの基本製品を中心とした顧客要望を取り入れて受託開発および保守サービス・サポート収入を売上構成において展開しております。

 

 

① ライセンス・ロイヤリティ

当社製ソフトウェアの組み込みや搭載を終えたメーカー等は、当社製ソフトウェを搭載した情報家電や携帯端末を販売いたしますが、その出荷数に応じて当社は、ロイヤリティ収入を受け取っております。通常ライセンス・ロイヤリティは四半期毎にメーカーより出荷報告書を受け取り、その時点でその出荷報告書に基づいたロイヤリティの売上が確定いたします。

② 受託開発

メーカー等からの発注により、情報家電、携帯端末向けに顧客仕様に合わせたソフトウェア製品開発を、当社固有技術をベースに請け負う、受託開発です。受注から顧客仕様のプログラム仕様設計、動作確認、評価を実施し、顧客の検収まで通常3ヶ月から9ヶ月かかります。

 

③ 保守サービス・サポート

顧客の要請により、製品納品後、定期的なメンテナンスを要する場合の保守サービスです。通常、当該サービスは、一定期間(主に1年間)の役務提供の対価として収受する方式であります。また顧客のために関連するクラウドサーバーを管理する運用サポートもこのカテゴリーに入ります。

 

(4) 具体的な製商品又はサービスの特徴 

 (ワイヤレスコネクティビティ関連製品)
 当社グループでは近接接続から遠隔接続まで無線技術により、情報やメディアを共有、再生、転送する事により豊かなユーザーシナリオを実現するワイヤレスコネクティビティ関連製品を幅広く提供しております。
 当社グループのワイヤレスコネクティビティ関連製品のユーザー利用概念図は以下の通りです。

 

 (ユーザー利用概念図)

 


 

また、ワイヤレスコネクティビティの接続距離と当社グループ製品の関係は以下の通りです。 

 (距離と製品の関係図)

 


 

 

NFC:NFC FORUMの規定する近距離無線通信のことで、通信エリアが数センチから1メートル程度までの近接場型の無線通信(Near Field Communication)を指します。

Wi-Fi Alliance:Wi-Fi Allianceによって策定された無線LAN規格です。

Miracast:Wi-Fi Allianceによって策定された1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術を指します。

NexTV-F:Next Generation Television & Broadcasting Promotion Forumの略で、一般社団法人 次世代放送推進フォーラムによって策定された次世代放送サービスを指します。

 

a  DLNA(注1)対応ネットワークメディアプレイヤー (sMedio TrueLink、 sMedio TrueLink+、MediaExplorer)

ホームネットワークのワイヤレス接続業界標準であるDLNA方式を採用してPC、タブレット端末、スマートフォン等のスマートデバイスとTVやレコーダー機器等を接続、連携されるソフトウエアです。ユーザー機種ごとの対応としてNFC(注2)タッチにより簡単にスマートフォン内のコンテンツをPC上で再生したり、クラウド上のコンテンツに対する再生およびアップロード/ダウンロードの対応もしております。国内および海外の大手PCメーカーやタブレット端末メーカーで搭載されております。

 

b ピアツーピアソリューション (pConnect!、sConnect!)

pConnect!はスマートフォン上の情報をPC上に表示し、PCでスマートフォン内にあるデータやファイル、通信履歴やテレフォニイ機能(注3)を制御できるソフトウエアです。pConnect!はWi-Fi(注4)及びWi-Fi Direct(注5)を利用して、PCからスマートフォンの写真、動画、音楽といったコンテンツや連絡先を共有・操作、メッセージ・電話の送受信を行えるスマートフォン・コネクティビティ・アプリです。充電中やカバンに入れてあるスマートフォン上に着信やショートメールの受信があってもPC上での仕事を中断せずにPC上で簡単に送受信を可能とします。

sConnect!はMiracast(注6)を利用したスクリーンをスマートデバイス間で共有するアプリケーションです。また通常1画面1アプリしか再生できないAndroidTMデバイス上で複数画面を表示し、複数のアプリを同時に再生する事を可能にします。これにより自分のスマートフォンに入っているアプリをもう1台のスマホで共有したり、共有中のアプリをバックグランドで再生しながら、別のアプリを利用するなどのユーザーシーンを可能とします。

 

 

c プレミアコンテンツホームネットワークソリューション (sMedio TV Suite)

ブルーレイレコーダー等に録画されたTV番組を再生視聴できるTVプレイヤーアプリケーションであります。ホームネットワーク内でもまた、外出先からも録画済み番組のストリーミング再生/ムーブ、受信中のTVのライブ再生も行えます。国内の主要メーカーのBDレコーダーに幅広く対応しております。

当社は近接接続から遠隔接続まであらゆる距離感のあるデバイス同士を接続するソリューション製品を開発、販売しており今後とも新製品および新サービスを提供していく予定です。

 

(注)1 DLNA:Digital Living Network Allianceの略称で、家電、モバイル、又はPC産業等において、異なるメーカーの機器同士を容易に接続するために2003年6月に結成された業界団体及びそのガイドラインです。

2 NFC:近距離無線通信(Near Field Communication)の略称で、通信エリアが数センチ程度の至近距離で、非接触通信とも称されるNFC Forum策定の無線通信の標準規格です。

3 テレフォニイ機能:電話をかけたり、受けたりする機能。

4 Wi-Fi:Wireless Fidelityの略称で、Wi-Fi Allianceによって国際標準規格であるIEEE802.11の仕様に準拠した無線LANの規格及びその名称です。

5 Wi-Fi Direct:Wi-Fi Allianceによって策定された、無線LANの機能の一つで、無線LANアクセスポイントや無線LANルーター等を介さずに、機器同士が一対一(ピアツーピア)で直接通信する動作モードです。

6 Miracast:Wi-Fi Allianceによって策定された、Wi-Fi Directを介して接続、一対一の無線通信によりスマートフォンやタブレットなどの画面をTVやディスプレイへ伝送する技術です。

 

(ブルーレイ再生関連製品)

d ブルーレイ再生ソフトウェア (VAlution BD, True BD他)

ブルーレイ再生ソフトウェアは、デジタル家電、PC等で広く採用されております。

デジタル家電向けでは組込みソフトウェアとして「VAlution BD」として大手電機メーカーのブルーレイ機器に採用されております。またPC向けでは当社の「True BD」エンジンをベースに大手PCメーカーのMedia playerとして搭載されております。

 

(データバックアップサービス)

e JS Backup

JS Backupは、簡単な操作で、AndroidTM / iOS間のデータ移行を可能にするアプリになります。同製品は、住所録やスケジュールなどスマートフォンの機種・OS依存度の高いデータについても、高い互換性を保持しています。

 

(IoTサービス)

f VLOGクラウド

映像記録、画像解析・結果通知、IoT機器からの情報取得、IoT機器の制御をクラウドを用いて実現するプラットフォームになります。

 

(セキュリティ関連サービス・製品)

g RiskFinder

RiskFinderは、アップロードするだけで、AndroidTMアプリの脆弱性診断、リスク評価の結果レポート作成までを可能とするAndroidアプリになります。

同製品は、ウイルスそのものを発見するアプリではなく、Androidソフトウェアの脆弱性を診断することで、顧客のセキュリティ対策に貢献し、大手携帯電話会社や大手ゲーム会社での導入実績を有しています。

 

(ブラウザ関連製品)

h tourbillonシリーズ

ブラウザに情報を表示するためのモジュールを提供し、組込み機器で軽量、高品質なユーザーインターフェースを実現しています。

 

 

4 【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業
の内容

議決権の
所有割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

sMedio Technology

 (Shanghai) Inc.

(注)1

上海市黄浦区

(中国)

3,517千元

ソフトウエアの開発

100.0

ソフトウエアの研究開発、開発委託取引
役員の兼任 有

sMedio America
Inc.
(注)1,3

Sunnyvale, CA USA

200千USD

ソフトウエアの販売

100.0

北米市場における販売活動
販売するソフトウエアはすべて当社より供与しております。
役員の兼任 有

㈱情報スペース

岡山県岡山市南区

8百万円

データバックアップサービスの開発・販売

100.0

ソフトウェアの開発委託取引

役員の兼任 無

タオソフトウエア㈱

(注)3

東京都中央区

10百万円

ソフトウエアの開発・販売

100.0

ソフトウエアの開発委託取引
役員の兼任 有

 

  (注)1. sMedio Technology(Shanghai)Inc.、sMedio America Inc.は、特定子会社です。
2. 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3. sMedio America Inc.及びタオソフトウエア㈱については、売上高(連結相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

 

 

sMedio America Inc.

タオソフトウエア㈱

売上高(千円)

246,235

142,004

経常利益(千円)

2,754

17,071

当期純利益又は

当期純損失(△)(千円)

△19,941

11,183

純資産額(千円)

23,670

133,577

総資産額(千円)

51,198

154,493

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

 

令和2年12月31日現在

事業部門の名称

従業員数(人)

ソフトウエア事業

54

全社(共通)

3

合計

57

 

(注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であります。

2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、コーポレートコントロール本部に所属している者であります。

3.当社グループは、単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

 

 

 

令和2年12月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

21

43.0

3.6

7,603

 

(注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1) 会社の経営方針

当社グループのミッションは、「デジタルトランスフォーメーションを加速する。」ことにあります。

デジタルトランスフォーメーションとは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面で良い方向に変化させる。」ことを意味しており、これをキーワードとして、製品・技術開発に尽力してまいります。

 

(2) 目標とする経営指標

当社グループは、中長期的な事業拡大と企業価値向上のため、営業利益を重要な指標としております。また、顧客別、製品別の売上および出荷台数を重要な構成要素として重要な指標としております。

 

(3) 経営環境

当社グループは、Blu-rayTMディスク再生、無線接続技術、著作権保護・認証技術、高解像度画像処理技術を活かしたソフトウェア開発を行ってきましたが、近年、AI、IoT、ビッグデータ、通信速度向上、通信規格の高度化といったソフトウェア業界を取り巻く技術革新が急速に進み、その商用化・実用化の段階を迎えました。

当社グループは、こうした時代の流れを見据え、数年来、AI、IoT分野での製品開発・サービス提供へと事業領域の拡大を企図してきましたが、全ての業界がAI、IoTの活用を考えている現在、同事業領域での競争は非常に厳しく、かつ、データ保有の面などで当社グループは優位な立場にいるわけではありません。

新型コロナウイルス感染症の影響に関しては、3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析に記載のとおりであります。

このような事業環境の中で、当社が対処すべき課題は次のようにまとめられます。

 

(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

① 収益モデルの移行

当社グループは、ハードウェア製品に搭載するソフトウェアを開発してきた経緯から、PCなどの電子機器の出荷数に応じて受け取るロイヤリティ収入を主な収益源にしております。しかしながら、AI、IoT分野の製品群では、サービスに対して料金を課金する収益モデルへの移行を進める必要があります。

② 製品構成の充実

サービスに対して料金を得るために必要な製品群の開発が必要になります。従来の製品・サービスに収益の基盤を置きながらも、顧客ニーズを的確に捉えた製品・サービスを適宜、市場に投入していくことで、会社の永続的な成長基盤を強固にしていく必要があります。

③ 開発管理体制

当社は、自社開発の製品・サービスを販売することを主として行ってきておりましたが、AI、IoTの事業領域に進出するにつれ、また、国内子会社が受託開発事業を中心としているため、当社グループとしては、受託開発収入の割合が増えてきております。

開発拠点は、日本国内と中国・上海をあわせて、計4ヶ所となっており、開発エンジニアが地理的に分散していることもあり、開発管理体制の強化が必要であります。

  ④ 知的財産管理体制

当社グループは、製品開発で生まれる独自の差別化できる知的財産を特許や登録商標の形で効率的に登録管理し、市場競争における優位性を一層確保する必要があります。

また、ソフトウェア業界においては、他社の知的財産を、主に有償で利用して、製品を完成させることが一般的となっていますが、他社の知的財産を侵害しないようにする必要があります。

  ⑤ 個人情報保護

当社グループが注力しようとしているAI、IoT分野では、個人情報を取り扱う機会をゼロにすることは現実的ではありません。

主要国・地域において、インターネット上も含めて、個人情報保護規制は強化される流れにあり、当社グループは、より一層、個人情報の管理体制を強化する必要があります。 

 

⑥ 優秀な人材の確保

ソフトウェア業界では、ソフトウェア開発・技術者が慢性的に不足しており、特にAI、クラウド分野での優秀なソフトウェア開発・技術者の確保は難しい状況にあります。当社グループが、より競争力のあるソフトウェアを継続的に開発していくためには、国内外で優秀なソフトウェア開発・技術者および製品企画者を確保していく必要があります。

⑦ 内部管理体制の強化

コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コード、フェアディスクロージャ―ルールといった資本市場の健全な発展に資すると考えられる施策が導入される中、それらが意図する投資家及び資本市場との建設的な対話を実現するため、適切な情報を、適時、公平に開示することができるよう内部管理体制を強化していく必要があります。

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

当社はこれらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対応に努める方針でありますが、当社の株式に関する投資判断は、本項および本書中の本項以外の記載内容も併せて、慎重に判断した上で行われる必要があると考えております。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、将来において発生する可能性のある全てのリスクを網羅したものではありません。

以下のリスクが顕在化した場合の影響度は、当該リスクが顕在化した際の内容・規模により異なるため、見積もりは困難であると考えております。

 

(1) 新技術及び新製品の開発に関するリスクについて

当社グループは、自社のマルチメディア処理技術、ネットワーク関連技術を基盤に新たな付加価値を提供することによりソフトウエア製品を国内外の顧客に提供しております。また、AI(人工知能)およびIoT関連の技術を活用した各種ソリューションの提供を行っております。将来の成長においても技術優位性の維持拡張と、市場のニーズを先取りすることが重要であります。当社グループが属するソフトウエア業界は、技術革新のスピードが速く、また陳腐化も早いため、①想定以上の技術進歩、②製品が市場ニーズに適応しない、③新製品開発の遅れや投入時期の遅れ等により、当社グループが保有する技術や製品が陳腐化し競争力を失い、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

継続的な技術開発に取り組んでおります。

 

(2) 知的財産権について

当社グループが関係する業界は、国内外の大手企業やベンチャー企業等が様々な領域において特許等の知的所有権を保有している可能性があります。当社では関連技術における知的所有権やライセンスに関する情報収集に努め、また、自社における特許等の知的所有権確保を進めていきますが、他社の知的財産権の侵害等に関してすべてを網羅する事は現実的に不可能であり、他社からのライセンス料請求や損害賠償等の請求を受ける場合もありえるので、それらが当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

知的財産に関する情報収集に努めております。

 

(3) 個人情報等の漏洩について

 当社グループは、保有する個人情報および個人識別情報の取扱いにつきまして、十分な注意を払っておりますが、不測の事態等での外部漏洩および結果として日本や欧州等における個人情報保護法令に違反したことなどに起因する信用失墜や損害賠償金、制裁金の支払等が発生した場合、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報保護に努めております。

 

(4) 人材確保について

現在、ソフトウエア産業では、ソフトウエア開発・技術者の不足が課題となっており、その影響は、直接・間接を問わず、当社グループにも及ぶものと考えております。開発拠点の複数化、優秀な人材確保のための開発拠点の選定を継続して行っていく考えではありますが、開発拠点における優秀な人材の流出や採用難が製品・サービスの納品、品質または競争力維持に影響を及ぼす可能性は否定できません。

また、当社グループは、今後の事業の拡大に伴い、優秀な人材を確保することおよび社内において育成することが必要不可欠と考えております。

これらの人材確保・育成・定着がうまくいかない場合には、当社グループの業績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

ストックオプションによる人材の定着や人材確保・定着のための労働環境の整備に努めてまいります。

新型コロナウイルス感染症を契機に、部分的に、在宅勤務を導入しております。

 

(5) 新規事業について

新規参入に当たっては、開発体制や営業体制の構築・強化など追加的な投資が必要とされ、新規事業が安定的な収益を生み出すには長期的な時間が必要とされることがあります。

また、新規参入した事業の市場の成長速度や競合相手の台頭などにより、当初想定していた成果を挙げることができないことがあり、そのような場合には、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

新規事業の将来性・採算性を慎重に検討しております。

 

(6) 業務提携、M&A等について

当社グループは、業務・資本提携、合弁事業、M&A等を事業拡大の有効な手段として活用する方針であります。

当社グループと対象企業の事業運営ノウハウ等を融合することによって、より大きなシナジーを生み出すことを目指しております。しかしながら、当初見込んだ効果が発揮されない場合やこれらの提携が解消された場合には、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

また、M&A等は、対象企業の財務内容、契約関係等について詳細な事前審査を行い、十分にリスクを検討した上で決定しておりますが、買収後に偶発債務の発生や未認識債務の判明等事前の調査で把握できなかった問題が生じた場合、事業の展開等が計画通りに進まない場合、のれんの減損処理を行う必要が生じた場合等には、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

業務提携、M&Aによるシナジー効果とリスクを慎重に検討しております。

 

(7) 資産の評価減・減損等について

当社グループは、棚卸資産、有形固定資産(建物附属設備、工具器具備品等)、無形固定資産(ソフトウェア等)を保有しており、今後も事業進捗に応じて新規に取得してまいります。当該資産に関して、収益性の低下や時価の著しい下落といった事象が生じた場合には、会計基準に基づき、評価減・減損の可否を判断しますが、評価減・減損の必要が生じた場合には、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

収益性の低下や過剰投資をしないよう努めてまいります。

 

(8) 品質管理について

当社グループが製品化しているソフトウエア製品は、プロジェクト毎に開発から納品までのプロジェクト管理を行っており、十分な品質管理を行っていると考えます。しかしながら、関連する製品および技術の複雑化、開発から納品までの短納期化、使用される環境の多様化、複雑化等、様々な理由で品質問題を起こし、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

品質管理を徹底するよう努めてまいります。

 

(9) 収益構造について

① 販売先の業績や経営方針の変更等について

当社グループは特定の国内外大手企業にソフトウエア製品を販売しております。令和2年12月期の実績では上位4社で売上の68.2%を占めております。顧客との関係は良好でありますが、主要販売先である顧客の業績不振、経営方針の変更、自然災害や事故を含む事業活動の停止や減速化、取巻く市場環境の変化等により将来の売上見込が大きく変動する可能性があります。

(リスクへの対応策)

主要販売先以外への売上を増やすよう、新製品や既存製品の採用に継続して取り組んでおります。

 

② 当社グループのロイヤリティ単価の変動

当社グループのロイヤリティ単価は各顧客との間で協議し、期間、数量、仕様等に基づいて決定されライセンス契約として締結されます。当社グループの属するソフトウエア業界では、顧客が販売する製品単価の下落、競合他社との競合による価格競争の激化、市場拡大と数量増加による価格改定等により想定の範囲以上にロイヤリティ単価が下落することがありえます。当社グループでは継続的な製品の付加価値向上により想定外のロイヤリティ単価の下落による業績への重大な影響がないよう企業努力を行っておりますが、前述したような理由により想定外のロイヤリティ単価の変動が当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

継続的な製品の付加価値向上に努めてまいります。

 

③ 第三者へ支払うライセンス費用の変動

ブルーレイディスクをはじめとする当社グループが属する開発、製品分野では製品の開発、納入の為に第三者が権利を有する知的所有権に対してライセンス費を支払う必要があります。第三者とのライセンス利用許諾契約では通常1~5年の期間でライセンス価格等の条件を定め当該契約に基づき当社の売上からこれらのライセンス費を複数社に対して支払っております。当社グループでは、これらのライセンスホルダーと良好な関係を維持しており、過去、必要となるライセンス契約の取り消しや重大な契約内容の変更等を求められたことはありませんが、第三者であるライセンスホルダーの都合等の事由により、これらの契約の取消、更新の停止、重大な契約内容の変更要請等により、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

ライセンスホルダーとの良好な関係維持に努めてまいります。

 

④ 外国為替の変動について

当社グループは、恒常的に外貨建取引をしている結果、為替相場の影響を受けることになります。保有外貨預金の圧縮、為替予約の活用を始め、その影響を軽減することに努めますが、為替変動が当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(リスクへの対応策)

保有外貨預金の圧縮や為替予約の活用に努めてまいります。

 

(10) 小規模組織であること

当社の役職員は、令和2年12月末時点において、取締役4名、従業員21名(当社単体)と少なく、個々の役職員への依存度が高い傾向にあります。

今後、事業拡大に伴い業務遂行体制の充実を図る予定でありますが、役職員の業務遂行に支障が生じたり、社外に流出した場合には、当社の業務に影響を与える可能性があります。

(リスクへの対応策)

効率的な事業運営を実現できるよう、継続的に業務の見直しを行っております。

 

(11) 新株予約権について

当社は、企業価値の向上を目的に掲げつつも、これを達成するために必要な優秀な人材の確保および定着を目的として子会社を含めた役員および従業員に新株予約権を付与しております。令和2年12月31日現在、新株予約権による潜在株式総数は29千株であり、潜在株式を含む株式総数 2,069千株に対し、1.4%にあたります。発行された新株予約権の行使により発行される新株は、将来、当社の株式価値の希薄化や株式売買の需給への影響をもたらし、当社株価の形成に影響を及ぼす可能性があります。

 

(12) 配当政策に関して

当社は、株主に対する利益還元を重要課題と位置付けていると同時に、経営体質の強化および将来の事業規模の拡大に備えて財務体質を強化することを重要課題として位置づけております。

今後、事業規模を拡大するためおよび研究開発のため内部留保の充実を図り、将来の成長戦略と業績を勘案しつつ、配当の実施時期を定めたいと考えております。

しかしながら、前連結会計年度まで4期連続で最終赤字を計上していた状況を勘案し、財務健全性を維持する観点をより重視し、配当実施の可能性およびその時期に関しましては未定であります。

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(経営成績等の状況の概要)

(1) 業 績

当連結会計年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大状況に左右される1年となりました。春に導入された厳しい移動自粛要請は、夏になる頃には緩和されましたが、気温が低くなる秋・冬になると、再び、移動制限が厳しくなりました。この間、各国政府による経済刺激策の効果により、経済活動の停滞は春を最悪期とすると、軽減されてきたと考えておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大が収まっていない状況が続いており、我が国経済の先行きには、不透明な部分が残っている状態であると判断しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(新型コロナウイルス感染症の影響について)

日本国内で緊急事態宣言が解除された5月下旬以降、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、増減を繰り返しながらも、収束するのではなく、現状維持の状況が続いています。現在、新型コロナウイルスとの付き合い方は、いわゆるWITHコロナの時代の言葉に象徴されるように、新型コロナウイルスとともに社会活動が行われる前提へと進んでおり、社会活動の変化に伴い、経済活動にも変化が現れ始めていると言えます。新型コロナウイルス感染症の収束時期を見込むことは困難であり、今後、どのように経済活動が変化し、また、その変化がどのような速度で進展するのかははっきりしていません。

当社グループの業績への影響では、第1四半期連結会計期間(1~3月)は、感染拡大が始まる前の売上が順調であったことで、直接的な影響はほとんどなかったと考えております。

続く、第2四半期連結会計期間(4~6月)では、日本で緊急事態宣言が出される等、経済活動への影響が著しく大きくなる中で、当社グループは、在宅勤務等の対応で開発を継続しておりましたが、得意先も在宅勤務を導入していることなどで、案件の時期や規模の見直し、商談の決定スピードが遅れる等の影響が一部に見られました。

第3四半期連結会計期間(7~9月)は、第2四半期連結会計期間(4~6月)に見られた、案件の時期や規模の見直し、商談の決定スピードの遅れ等の影響は小さくなりましたが、顧客との対面での接触機会は、依然、制限を受ける場合があり、商談の質・量とも新型コロナウイルス感染症拡大以前の状態と比べ完全に回復しているとは言えない状況でありました。

第4四半期連結会計期間(10~12月)は、WITHコロナを意識し、顧客との商談にはビデオ会議等を活用することで、対面での接触機会の制限を乗り越え、当社グループの経済活動への影響はない状態となりました。

とはいえ、新型コロナウイルス感染症が収束し、社会経済活動全般が正常化し、当社グループが平時の経済活動が行えることが好ましく、その時期は令和3年後半になると見込んでおります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このような環境の中、国内で5G(第5世代移動通信システム)サービスが開始され、IoT(モノのインターネット化)、AI(人工知能)、ビッグデータ、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)の利用場面の拡大が見込まれております。

当社がミッションとしている、ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で、より良い方向に変化させるデジタル・トランスフォーメーションが実現される環境が、より一層整ってきた中で、当社は、引き続き、IoTが重要な技術であるとの認識に立ち、事業を展開してまいります。

当社グループの事業は、技術の特徴で大きく分けると、デジタル家電組込みソフトウェア事業、映像AI解析・IoTソフトウェア事業、セキュリティ&プライバシー事業の3つに分けられます。

(デジタル家電組込みソフトウェア事業)・・・当社が主体

Blu-ray™再生ソフトウェアや高解像度(4K/8K)画像処理技術を基盤とした事業になります。当事業は、ロイヤリティ収入を主体としているため、Blu-ray™などを再生するデジタル家電機器(TV、Blu-ray™レコーダー、PCなど)の出荷台数に影響を受けます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止対応として、在宅勤務やテレワークの導入が進んだことで、国内のデジタル家電機器の出荷台数に回復傾向が見られ、また、前連結会計年度に取り組んで実現した当社ソフトウェアを搭載する製品種類の拡大による効果で、当社のロイヤリティ収入は回復してきつつあります。

(映像AI解析・IoTソフトウェア事業)・・・当社が主体

映像解析・分析AIエンジンとIoT技術を組み合わせたエンドツーエンドのBtoB向けのソリューションを提供している事業になります。

当社は、建設現場における課題を解決するソリューション提供に特化して、事業を推進しております。

(セキュリティ&プライバシー事業)・・・タオソフトウエア㈱および㈱情報スペースが主体

AndroidTMのセキュリティ脆弱性診断やBLE(Bluetooth® Low Energy)を使った位置情報ソリューションに関する開発収入、データ移行・バックアップアプリ(JSバックアップ)に関するロイヤリティ収入(月額課金サービス収入を含む)を中心とした事業であります。開発収入からロイヤリティ収入への転換および月額課金サービス収入の育成は、一定程度、進捗しており、今後も、引き続き、推進してまいります。

 

当社グループの売上高は、ロイヤリティ収入と受託開発収入が中心となっております。

(ロイヤリティ収入)

前連結会計年度から取り組んできました当社ソフトウェアを搭載する製品種類の拡大による底上げが、通年で寄与し、為替相場の円高傾向によるマイナスの影響を受けつつも、前連結会計年度比15百万円の増収となりました。

当社のロイヤリティ収入は、当連結会計年度を通じて、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は軽微なものとなっております。

(受託開発収入)

第2四半期連結会計期間(4~6月)以降、新型コロナウイルスによる影響(案件の時期や規模の見直し、商談の決定スピードの遅れ等)が顕在化した部分がありましたが、受託開発収入は前連結会計年度比53百万円の増収となりました。

この結果、当社グループ全体としては、売上高は913百万円(前連結会計年度比6.0%増)となりました。

売上形態別の売上高は、下表のとおりであります。

 (単位:百万円未満切捨て)

形態別売上高

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

 増減率(%)

ロイヤリティ収入

590

605

15

2.6

受託開発収入

218

272

53

24.5

保守・サポート収入

53

35

△17

△32.7

合計

862

913

51

6.0

 

 

② 販売費及び一般管理費、営業利益の分析

当連結会計年度における販売費及び一般管理費は434百万円(前期比4.8%減)、営業利益は32百万円(前連結会計年度は61百万円の営業損失)となりました。

 

③ 営業外損益、経常利益の分析

当連結会計年度における営業外収益は、助成金収入3百万円を計上しましたが、為替差益がなくなったことで、3百万円(前連結会計年度比26.4%減)となりました。他方、営業外費用は、為替差損5百万円を計上したことで、5百万円(同1,147.1%増)となりました。結果、経常利益は30百万円(前連結会計年度は57百万円の経常損失)となりました。

 

④ 親会社株主に帰属する当期純損益の分析

当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は10百万円(前連結会計年度は84百万円の純損失)となりました。

 

 (単位:百万円未満切捨て)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

増減

売上高

862

913

51

営業利益又は営業損失(△)

△61

32

94

経常利益又は経常損失(△)

△57

30

87

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

△84

10

95

 

 

中長期的な事業拡大と企業価値向上のため、当社グループが重要と考える営業利益は、32百万円となりました。前期までの3期連続で営業損失を計上しておりましたが、ロイヤリティ収入の底上げ施策の効果が現れた結果であると考えております。

また、当社グループが重要と考える、顧客別、製品別の売上および出荷台数は、ロイヤリティ収入の回復に向けて取り組んできた、高解像度(4K/8K)画像処理に関連する製品の拡充により、回復してきております。

 

(2)資産、負債及び純資産の状況

 当連結会計年度末における純資産は、親会社株主に帰属する当期純利益10百万円を計上したことなどで、前連結会計年度末に比べ、15百万円増加し、1,111百万円になりました。

 当社グループは、現預金を806百万円保有しており、流動負債141百万円を差し引いても、666百万円相当の手許流動性があります。

 また、当社グループの売上高は、ここ数年、販売先上位3社合計で6割程度を占めておりますが、いずれも販売代金回収に懸念するべき点はなく、その点においても、手元流動性には大きな懸念はないと考えております。

 当社グループの投資は、主として、人材に対するものとなり、有形固定資産の取得に多額の支出をする予定はありませんが、企業価値向上に資すると考えるM&Aなどへの投資は必要に応じ適宜実施する意向であります。また、その際に必要となる資金には、保有する現預金を活用し、機動的に対応することを基本としますが、場合によっては、金融機関からの借入や新株発行を実施することも検討いたします。

 当連結会計年度末におけるのれん残高は17百万円となっております。のれんは、将来において一時に費用計上される可能性を含んでいる資産になりますが、一部ののれんについては、当連結会計年度末までに減損損失を計上しており、また、定期償却が進んでいるため、のれん残高が当社グループの財政状態の健全性に与える影響は小さいと考えております。

(単位:百万円未満切捨て)

 

 前連結会計年度末

 当連結会計年度末

 増減

 増減率(%)

 総資産

1,222

1,261

39

3.2

 負債

126

150

23

18.8

 純資産

1,095

1,111

15

1.4

 

 

(3)キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動によるキャッシュ・フローが189百万円のプラス(収入超過)となり、投資活動によるキャッシュ・フローの12百万円のマイナス(支出超過)、財務活動によるキャッシュ・フローの1百万円のプラス(収入超過)と合わせて、前連結会計年度末に比べ175百万円増加し、当連結会計年度末には806百万円となりました。

当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度のマイナス(支出超過)から、189百万円のプラス(収入超過)となりました。主な要因は、利益を計上したことに加え、のれん償却費、減価償却費といった資金支出を伴わない費用に加え、前連結会計年度で前払いしたロイヤリティの払い出しが反映されるたな卸資産の減少の大部分で資金支出を伴わなかった影響であります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ減少し、12百万円のマイナス(支出超過)となりました。4K/8Kブラウザ開発のための機器購入が前連結会計年度では多かったことの反動減になります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度のマイナス(支出超過)から、1百万円のプラス(収入超過)となりました。前連結会計年度は、長期借入金の返済による支出(124百万円)がありましたが、前連結会計年度中に、完済しており、当連結会計年度では、借入金の返済による支出がなかったことによります。

 

(生産、受注及び販売の状況)

(1) 生産実績

当連結会計年度の受託開発に係る生産実績は、次のとおりであります。

事業の種類

当連結会計年度

(自 令和2年1月1日

至 令和2年12月31日)

前年同期比(%)

ソフトウエア事業

(千円)

123,655

△14.2

 

(注) 1.金額は、仕入価格によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 受注状況

当連結会計年度の受託開発に係る受注状況は、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

ソフトウエア事業

 

320,338

56.9

91,042

110.6

 

 

(注) 1.金額は、販売価格によっております。

2. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(3) 販売実績

当連結会計年度の販売実績を販売形態別に示すと、次のとおりであります。

販売形態

 

販売高(千円)

 

前年同期比(%)

ロイヤリティ収入

605,501

2.6

受託開発

272,528

24.5

保守サービス・サポート

35,904

△32.7

913,934

6.0

 

(注) 1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相  手  先

前連結会計年度

(自 平成31年1月1日

至 令和元年12月31日)

当連結会計年度

(自 令和2年1月1日

至 令和2年12月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

Microsoft Corp.

308,669

35.8

246,240

26.9

株式会社 NTTドコモ

115,318

13.4

128,989

14.1

シャープ株式会社

86,246

10.0

127,472

13.9

東芝映像ソリューション株式会社

121,000

13.2

 

2.前連結会計年度の東芝映像ソリューション株式会社に対する販売実績は、当該販売実績の総販売実績に対する割合が10%未満であるため、記載を省略しております。

3. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

当連結会計年度の経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容は、以下のとおりであります。

なお、文中における将来に関する事項は、当社グループが当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

(1) 重要な会計方針及び見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間における収益・費用の報告数値に影響を与える見積り及び仮定の設定を行っております。当該見積りにつきましては、過去の実績や状況に応じて合理的と考えられる各種の要因に関して仮定設定、情報収集を行い、見積金額を算出しておりますが、実際の結果は見積り自体に不確実性があるために、これらの見積りと異なる場合があります。

新型コロナウイルス感染症は、令和3年7-9月期には落ち着き、経済活動も正常化すると仮定しておりますが、当社グループに与える影響は軽微であると考えております。

 

(2) 財政状態の分析

①  流動資産

当連結会計年度末の流動資産は1,172百万円であり、前連結会計年度末と比べ71百万円増加しました。これは、利益計上に伴い現預金が175百万円増加したことによるものです。

なお、現預金残高806百万円の水準は、当社グループの運転資金としては十分な水準であり、当社グループの資産の流動性は十分な水準にあると考えております。

②  固定資産

当連結会計年度末の固定資産は、88百万円であり、前連結会計年度末と比べ32百万円減少しました。主な要因は、定期償却によりのれんが25百万円減少したことによります。

③  流動負債

当連結会計年度末の流動負債は、141百万円であり、前連結会計年度末と比べ23百万円増加しました。これは、主に未払消費税等が16百万円増加したことによります。

④  固定負債

当連結会計年度末の固定負債は、8百万円であり、前連結会計年度末からほぼ増減はありません。

⑤  純資産

当連結会計年度末の純資産は、1,111百万円であり、前連結会計年度末と比べ15百万円増加しました。これは、主に親会社株主に帰属する当期純利益10百万円を計上したことなどによります。

 

(3) 経営成績の分析

①  売上高の分析

「(業績等の概要)(1)業績」をご参照下さい。

②  販売費及び一般管理費、営業利益の分析

 当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、434百万円(前期比4.8%減)となり、営業利益を32百万円(前期は61百万円の営業損失)計上しました。

③  営業外損益、経常利益の分析

 当連結会計年度における営業外収益は3百万円(前期比26.4%減)、営業外費用は5百万円(前期比1,147.1%増)となり、結果、経常利益を30百万円(前期は57百万円の経常損失)計上しました。

④  親会社株主に帰属する当期純利益の分析

 当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益を10百万円(前期は84百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)計上しました。

 

(4) 経営成績に重要な影響を与える要因

当社グループは、主にマルチメディアとワイヤレスコネクティビティの要素技術を駆使した分野でスマートデバイス向けのソフトウエア製品を提供することにより、事業規模を拡大させてまいりました。従いまして、中期的な成長を実現させるためには、当該市場における技術的な優位性の確保と市場ニーズに迅速に適応した付加価値の高い製品をタイムリーに市場に投入する必要があることに加え、新たな事業領域への進出が必要になります。

経済のデジタル化が進み、モノからコトへと経済価値の源泉が移りつつあると言われておりますので、当社グループも、従来の受託開発収入、ライセンス収入また保守サポート収入以外に、サブスクリプションモデルやサービスモデルの収入を伸ばしていく必要性があると考えております。

 

一方、新型コロナウイルス感染症の影響により、在宅勤務でのPC需要といった形で、デジタルデバイスの存在・価値が改めて認識されている状況下にあります。

当社グループでは、これらの市場環境の変化に迅速に対応し技術的な優位性を維持しつつ、かつ市場ニーズに適応した付加価値の高い競争力のある製品を投入することおよび変化した市場ニーズに応じた収益モデルの構築が重要であることを認識し、事業運営を行っておりますが、これらの市場の変化、事業環境の変化に当社グループが迅速かつ柔軟に対応できなければ、当社グループの経営成績に重要な影響を与える可能性があります。

その他の経営成績に重要な影響をあたえるリスクに関しては、「2 事業等のリスク」をご参照下さい。

 

(5) キャッシュ・フローの分析
 キャッシュ・フローの分析につきましては、「(業績等の概要)(3)キャッシュ・フローの状況」をご参照下さい。

 

  (6) 経営戦略の現状と見通し

経営戦略の現状と見通しにつきましては、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおりであります。

 

 (7)経営者の問題意識と今後の方針

当社グループは、当連結会計年度で10百万円の最終黒字を計上しましたが、前連結会計年度までの4期連続で最終赤字を計上し、その合計額は、当該期間累計で340百万円に達しておりました。当連結会計年度末の自己資本比率は88.1%と健全な水準を保っており、翌連結会計年度(令和3年12月期)の親会社株主に帰属する当期純純利益は36百万円を予想しており、黒字を継続していけると考えております。

当社グループが重要な指標と考えている営業利益は、当連結会計年度では32百万円を計上しました。この営業利益の水準では、予期していない事態やリスクが顕在化した場合に、その影響を吸収するには心許ないと考えており、営業利益の水準を上げる必要があると考えております。翌連結会計年度(令和3年12月期)の営業利益は、53百万円を予想しております。

少数の顧客に対する売上高が、売上高全体に占める割合が高いと考えており、依存度を下げていく必要があると考えております。

ロイヤリティ収入の底上げ、原価低減や経費節減の効果が現れ、数年来の赤字体質からの脱却が見えてきている状況で、新製品・新サービスを通じて、新規顧客の開拓を推進することに加え、既存製品の横展開による少数の顧客以外への販売の底上げを図り、少数の顧客への売上高の集中度合を減らすと同時に営業利益水準の向上を目指してまいります。

今後も、現在の保有技術、事業環境および入手可能な各種情報に基づき、最善の経営方針を立案するよう努めてまいります。

詳しくは、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご参照ください。

 

 

4 【経営上の重要な契約等】

当社の事業におきましては、以下の契約を「経営上の重要な契約」として認識しております。これらの契約が解除されたり、その他の理由により解除または終了した場合、または円滑にその契約が更新されなかった場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

当社が技術およびライセンス等を受け入れている契約

当社が、技術等を受け入れている重要な契約は、以下の通りです。

相手先

契約名

契約内容

契約期間

Oracle America, Inc.(米国)

THE ORACLE COMMUNITY SOURCE LICENSE AGREEMENT等

JAVAテクノロジーであるCDC Software
モジュールの使用許諾契約

主な契約は平成31年4月1日から

令和4年6月30日まで

Advanced Access Content
System Licensing
Administrator (AACS LA)
(米国)

Advanced Access Content System Adopter Agreement等

Advanced Access Content System
Licensing Administrator (AACS LA) がライセンスする技術仕様の使用許諾契約

平成22年10月29日より1年ごとの自動更新

The Digital Transmission
Licensing Administrator
(DTLA)(米国)

Digital
Transmission
Protection License Agreement

The Digital Transmission Licensing
Administrator (DTLA) がライセンスする技術仕様の使用許諾契約を

平成22年 7月21日より1年ごとの自動更新

DTS Corporation (米国)

DTS-HD Manufacturer
Software License
Agreement

DTS Corporation がライセンスする技術仕様の使用許諾契約

平成22年11月12日より1年ごとの自動更新

VIA Licensing (米国)

AAC Patent
License Agreement

VIA Licensing がライセンスする技術仕様の使用許諾契約

平成22年 9月10日より1年ごとの自動更新

4C Entity (米国)

4C CPRM/CPPM
License Agreement

4C Entity がライセンスする技術仕様の使用許諾契約

平成22年12月 6日より1年ごとの自動更新

Blu-ray Disc Association (米国)

Blu-ray Disc™ Read Only Format 2.0 and Logo License Agreement等

Blu-ray Disc Associationがライセンスする技術仕様の使用許諾契約

平成19年8月8日より5年ごとの自動更新

Dolby Laboratories Licensing Corporation (米国)

System License Agreement等

Dolby Laboratories Licensing Corporationがライセンスする技術使用の使用許諾契約

平成22年9月9日より1年ごとの自動更新

BD+ Technologies LLC (米国)

BD+ System Adopter Agreement等

BD+ Technologies LLCがライセンスする技術使用の使用許諾契約

平成19年11月6日より1年ごとの自動更新

MPEG LA, LLC (米国)

MPEG2 Patent Portfolio License等

MPEG LA, LLCが管理するパテントライセンスの使用許諾

平成24年12月5日より1年ごとの自動更新

DVD Copy Control Association, Inc. (米国)

CSS License Agreement

DVD Copy Control Association, Inc. (米国) がライセンスする技術使用の使用許諾契約

平成24年9月13日より1年ごとの自動更新

One-Blue, LLC (米国)

ENSE AGREEMENT FOR BD-SOFTWARE MANUFACTURER

One-Blue, LLCが管理するパテントライセンスの使用許諾

平成26年1月27日より1年ごとの自動更新

One-Red, LLC (米国)

License Agreement for DVD Software Manufacturer

One-Red, LLCが管理するパテントライセンスの使用許諾

平成26年10月1日より1年ごとの自動更新

Verance Corporation(米国)

Watermark Technology License Agreement for Verance Finished Detectors等

Verance Corporation(米国)がライセンスする技術使用の使用許諾契約

平成24年2月23日から

令和4年12月31日まで

StarForce Technologies, Ltd.(キプロス)

License Agreement

StarForce Technologies, Ltd. (キプロス)がライセンスする技術使用の使用許諾契約

平成24年5月24日より1年ごとの自動更新

DVD Format/Logo Licensing Corporation(日本)

DVD FORMAT/LOGO LICENSE AGREEMENT

DVD Format/Logo Licensing Corporation(日本)がライセンスする技術仕様の使用許諾契約

令和2年1月1日から

令和4年12月31日まで

東芝クライアントソリューション株式会社

TOSHIBA SOFTWARE LICENSE AGREEMENT for sMedio Product (License from Toshiba)

Toshiba Corporationがライセンスする技術仕様の使用許諾契約

平成26年4月1日より対象製品の出荷終了まで

株式会社デジオン

DiRAG SDK使用許諾契約書

株式会社デジオン(日本)がライセンスする技術使用の使用許諾契約

平成26年6月26日より1年ごとの自動更新

株式会社NTTドコモ

ソフトウェア利用許諾変更契約書

株式会社NTTドコモがライセンスするソフトウェアの利用許諾契約

 令和元年7月20日から

令和3年7月19日まで

 

 

5 【研究開発活動】

当連結会計期間の研究開発費の総額は64百万円であります。

主な内容は、AI関連製品およびブラウザ関連製品の開発になります。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度において実施した設備投資(無形固定資産を含みます。)の総額は、10,988千円となりました。

主な内容は、ソフトウェア・ライセンス購入6,135千円であります。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。

(1) 提出会社

令和2年12月31日現在

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額


従業

員数

(人)

建物

 

(千円)

工具、器具

及び備品

(千円)

ソフトウエア

 

(千円)

その他

 

(千円)

合計

 

(千円)

本社

(東京都中央区)

ソフトウエア事業

本社事業所

3,083

3,846

9,719

15,031

31,681

16

 

(注) 金額に消費税等を含めておりません。

 

(2) 国内子会社

令和2年12月31日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額


従業

員数

(人)

建物

 

(千円)

工具、器具

及び備品

(千円)

ソフトウエア

 

(千円)

その他

 

(千円)

合計

 

(千円)

㈱情報スペース

本社 (岡山県岡山市南区)

ソフトウエア事業

本社事業所

188

188

5

タオソフトウエア㈱

本社 (東京都中央区)

ソフトウエア事業

本社事業所

2,774

1,258

4,033

10

 

(注) 金額に消費税等を含めておりません。

 

(3) 在外子会社

令和2年12月31日現在

会社名

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の内容

帳簿価額


従業

員数

(人)

建物

 

(千円)

工具、器具

及び備品

(千円)

ソフトウエア

 

(千円)

その他

 

(千円)

合計

 

(千円)

sMedio

Technology

(Shanghai)

Inc.

本社事業所

(Shanghai,

PRC)

ソフトウエア事業

本社事務所

365

967

2,479

3,812

21

 

(注) 金額に消費税等を含めておりません。

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

重要な設備の新設等の計画はありません。

 

(2) 重要な設備の除却等

重要な設備の除却等の計画はありません。

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

6,000,000

6,000,000

 

② 【発行済株式】

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(令和2年12月31日)

提出日現在
発行数(株)
(令和3年3月25日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

2,040,121

2,040,121

東京証券取引所
(マザーズ)

単元株式数は100株であります。

2,040,121

2,040,121

 

(注)  提出日現在発行数には、令和3年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は、含まれておりません。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 

第8回新株予約権

第9回新株予約権

決議年月日

平成23年3月30日

平成23年8月30日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役4 / 当社従業員7

子会社従業員23

当社従業員9

子会社従業員17

新株予約権の数(個)※

16,000(注)1

15,500(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

  普通株式 3,200(注) 1,2

 普通株式 3,100(注) 1,2

 新株予約権の行使時の払込金額(円)※

    1,240 (注)3

    1,240 (注)3

新株予約権の行使期間 ※

自 平成25年4月1日

至 令和3年3月30日

自 平成24年9月1日

至 令和3年8月30日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格 1,240   

資本組入額 620(注)3

発行価格 1,240   

資本組入額 620(注)3

新株予約権の行使の条件 ※

  (注)4

  (注)4

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

本募集新株予約権は

譲渡禁止とする。

本募集新株予約権は

譲渡禁止とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

(注)5

(注)5

 

※ 当事業年度の末日(令和2年12月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(令和3年2月28日)現在において、これらの事項に変更はありません。

(注) 1. 平成26年8月20日の臨時株主総会特別決議により、平成26年8月20日付で普通株式5株につき1株とする株式併合を実施しております。

2. 当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整します。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。

3. 当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。

調整後行使価額=調整前行使価額×

分割・併合の比率

 

また、時価を下回る払込価格で新株の発行をする場合又は自己株式を処分をする場合(新株予約権の行使による場合を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。

 

既発行株式数+

新規発行株式数×1株当り払込金額

調整後行使価額=調整前行使価額×

新規発行前の株価

既発行株式数+新規発行株式数

 

    調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の割合

4. 新株予約権の行使条件

①各新株予約権一個の一部行使は、できないものとします。

②権利行使時においても当社及び当社子会社に在任する取締役、監査役、在職する従業員及び重要な関係者であることとします。

③新株予約権者の相続人は権利行使できないものとします。

④新株予約権の第三者への譲渡、質入れその他一切の処分は認めないものとします。

⑤上記①から④以外の行使の条件については、当社の取締役会に基づき、当社と募集新株予約権の割当てを受ける者との間で締結する「募集新株予約権割当契約書」によるものとします。

上記のほか、細目については、臨時株主総会決議及び取締役会決議に基づき、当社と付与対象者との間で締結した新株予約権割当契約書に定めております。

5. 当社は、当社または当社の子会社が消滅会社となる合併、当社または当社の子会社が完全子会社化となる株式交換、株式移転、当社または当社の子会社の主たる事業が対象となる事業譲渡その他の組織再編行為が行われるとき、もしくは当社または当社の子会社の過半数の株式が当社役職員以外のものに譲渡される場合は、本新株予約権を無償で取得することができます。

 

第10回新株予約権

決議年月日

平成23年11月30日

付与対象者の区分及び人数(名)

 当社取締役5/ 当社従業員1/ 子会社従業員4

新株予約権の数(個)※

61,500(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

 普通株式 12,300(注) 1,2

 新株予約権の行使時の払込金額(円)※

    1,240 (注)3

新株予約権の行使期間 ※

自 平成24年12月2日

至 令和3年11月30日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

     発行価格  1,240

          資本組入額   620(注)3

新株予約権の行使の条件 ※

  (注)4

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

     本募集新株予約権は譲渡禁止とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

         (注)5

 

※ 当事業年度の末日(令和2年12月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(令和3年2月28日)現在において、これらの事項に変更はありません。

(注) 1. 平成26年8月20日の臨時株主総会特別決議により、平成26年8月20日付で普通株式5株につき1株とする株式併合を実施しております。

2. 当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整します。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。

3. 当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。

調整後行使価額=調整前行使価額×

分割・併合の比率

 

また、時価を下回る払込価格で新株の発行をする場合又は自己株式を処分をする場合(新株予約権の行使による場合を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。

 

既発行株式数+

新規発行株式数×1株当り払込金額

調整後行使価額=調整前行使価額×

新規発行前の株価

既発行株式数+新規発行株式数

 

    調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の割合

4. 新株予約権の行使条件

①各新株予約権一個の一部行使は、できないものとします。

②権利行使時においても当社及び当社子会社に在任する取締役、監査役、および在職する従業員であることとします。

③新株予約権者の相続人は権利行使できないものとします。

④新株予約権の第三者への譲渡、質入れその他一切の処分は認めないものとします。

⑤上記①から④以外の行使の条件については、当社の取締役会に基づき、当社と募集新株予約権の割当てを受ける者との間で締結する「募集新株予約権割当契約書」によるものとします。

上記のほか、細目については、臨時株主総会決議及び取締役会決議に基づき、当社と付与対象者との間で締結した新株予約権割当契約書に定めております。

5.  当社は、当社または当社の子会社が消滅会社となる合併、当社または当社の子会社が完全子会社化となる株式交換、株式移転、当社または当社の子会社の主たる事業が対象となる事業譲渡その他の組織再編行為が行われるとき、もしくは当社または当社の子会社の過半数の株式が当社役職員以外のものに譲渡される場合は、本新株予約権を無償で取得することができます。

 

第11回新株予約権

決議年月日

平成26年3月24日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役5/ 当社従業員6

子会社役員1/ 子会社従業員19

新株予約権の数(個)※

53,500(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

 普通株式 10,700(注) 1,2

 新株予約権の行使時の払込金額(円)※

    1,638 (注)3

新株予約権の行使期間 ※

自 平成27年3月26日

至 令和6年3月25日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

     発行価格  1,638

          資本組入額   819(注)1,4,5,6

新株予約権の行使の条件 ※

  (注)7

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

     本募集新株予約権は譲渡禁止とする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

         (注)8

 

※ 当事業年度の末日(令和2年12月31日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(令和3年2月28日)現在において、これらの事項に変更はありません。

(注) 1. 平成26年8月20日の臨時株主総会特別決議により、平成26年8月20日付で普通株式5株につき1株とする株式併合を実施しております。

2. 当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整します。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てます。

    調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の割合

3. 新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げます。

     調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×

       1

分割・併合の比率

 

4.  行使価額の調整Ⅱ
新株予約権の割当日後、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合または当社が保有する自己株式を処分する場合(新株予約権の行使により新株を発行する場合を除く。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げます。

 

既発行株式数+

新規発行株式数×1株当り払込金額

調整後行使価額=調整前行使価額×

新規発行前の株価

既発行株式数+新規発行株式数

 

    上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した数とする。自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たりの払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとします。

5.  行使価額の調整Ⅲ
当社の株式が日本証券業協会、東京証券取引所またはその他の株式市場(国内外を問わず)に上場する場合、上場時の募集・売り出し価額に65%を乗じた価額(1円未満の端数は切り上げる)を調整後行使価額とするよう調整するものとし、上場日以降にこれを適用する。ただし、当該調整後行使価額が調整前行使価額を下回る場合は調整を行わないものとします。

6.  行使価額の調整Ⅳ
注1から4のほか、割当日後、当社が合併等を行う場合、その他行使価額の調整が必要な場合には、当社は、行使価額について、合理的な範囲で必要と認める調整を行うことができます。

7. 新株予約権の行使条件

①各新株予約権の一部行使は、できないものとします。

②権利行使時においても当社及び当社子会社に在任する取締役、監査役、在職する当社及び子会社の従業であることとします。

③新株予約権者の相続人は権利行使できないものとします。

④新株予約権の第三者への譲渡、質入れその他一切の処分は認められないものとします。

⑤新株予約権の行使期間に関わらず、当社株式が日本証券業協会、東京証券取引所又はその他の株式市場(国内外を問わず)に上場していない場合は、権利行使できないものとします。

上記のほか、細目については、臨時株主総会決議及び取締役会決議に基づき、当社と付与対象者との間で締結した新株予約権割当契約書に定めております。

8. 当社は、当社または当社の子会社が消滅会社となる合併、当社または当社の子会社が完全子会社化となる株式交換、株式移転、当社または当社の子会社の主たる事業が対象となる事業譲渡その他の組織再編行為が行われるとき、もしくは当社または当社の子会社の過半数の株式が当社役職員以外のものに譲渡される場合は、本新株予約権を無償で取得することができます。

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額(千円)

資本金残高(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

平成28年1月1日から8月31日まで(注)1

44,100

1,904,968

10,828

493,218

10,828

492,718

平成28年9月1日(注)2

69,453

1,974,421

493,218

110,777

603,495

平成28年9月1日から12月31日まで(注)1

32,200

2,006,621

8,084

501,302

8,084

611,579

平成29年1月1日から12月31日まで(注)1

22,900

2,029,521

5,780

507,082

5,780

617,359

平成30年1月1日から12月31日まで(注)1

2,000

2,031,521

625

507,707

625

617,984

平成31年1月1日から令和元年12月31日まで(注)1

6,600

2,038,121

2,062

509,769

2,062

620,047

令和2年1月1日から12月31日まで(注)1

2,000

2,040,121

625

510,394

625

620,672

 

  (注) 1. 新株予約権の権利行使による増加であります。

2. タオソフトウエア株式会社との株式交換(1:731.09)による増加であります。

 

(5) 【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年12月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

21

9

17

20

1,731

1,799

所有株式数(単元)

44

2,077

98

968

5,917

11,284

20,388

1,321

所有株式数の割合(%)

0.22

10.19

0.48

4.75

29.02

55.34

100.0

 

(注)自己株式 110,892株は、「個人その他」に1,108単元、「単元未満株式の状況」に92株含まれております。

 

(6) 【大株主の状況】

令和2年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

LO LI-CHUN
 (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店)

Taipei City, Taiwan, ROC.
 (東京都新宿区6丁目27番30号)

368,600

19.10

SEN-CHOU LO
(常任代理人 SMBC日興証券株式会社)

Taipei CITY 104, TAIWAN, R.O.C.
 (東京都江東区越中島1丁目2番1号
 ヤマタネビル新館)

162,000

8.39

株式会社SBI証券

東京都港区六本木1丁目6番1号

43,808

2.27

谷口 岳

東京都江戸川区

40,509

2.09

松井証券株式会社

東京都千代田区麹町1丁目4番地

39,700

2.05

岩本 定則

千葉県浦安市

38,000

1.96

大谷 雄一郎

東京都港区

36,500

1.89

JPMBL RE CREDIT SUISSE AG, SINGAPORE BRANCH COLL EQUITY
(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

PARADEPLATZ 8, ZURICH, SWITZERLAND, CH-8070
(東京都千代田区丸の内2丁目7-1 決済事業部)

34,000

1.76

楽天証券株式会社

東京都港区南青山2丁目6番21号

29,800

1.54

山本 大助

大阪府大阪市北区

29,000

1.50

821,917

42.60

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

令和2年12月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

110,800

完全議決権株式(その他)

普通株式

19,280

1,928,000

単元未満株式

普通株式

1,321

発行済株式総数

2,040,121

総株主の議決権

19,280

 

 

② 【自己株式等】

令和2年12月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

(自己保有株式)

株式会社sMedio

東京都中央区新川二丁目3番1号

110,800

110,800

5.43

 ―

110,800

110,800

5.43

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

該当事項はありません。

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。   

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区    分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に

係る移転を行った取得自己株式

その他(株式報酬による自己株式の処分)

10,000

5,450

保有自己株式数

110,892

110,892

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題として認識し、将来の事業展開と財務体質の強化等を考慮しながら、安定した配当を継続実施していくことを基本方針としております。
 一方で、当社は、前連結会計年度まで4期連続の赤字を計上し、当連結会計年度は黒字を計上しましたが、現在、新事業への投資や将来の事業拡大に向け、内部留保の充実を図ることが重要な経営課題となっております。このため、当事業年度は剰余金の配当を実施しておりません。また、令和3年度につきましても、無配を予定しておりますが、経済環境や経営状況を鑑み、株主還元方針を改めて検討してまいりたいと考えております。 

当社は会社法第459条の規定に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定めております。当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決議機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
 内部留保資金につきましては、今後の事業拡大及び研究開発に活用していく所存であります。

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、すべての利害関係者に対し企業としての責任を果たすため、経営の透明性、活動の公平性、意思決定の迅速性、および適切な情報開示を行うことが経営の重要課題として考えております。そして、これらの重要課題に取り組むことにより、継続的な企業価値を向上させることが、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方であります。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社の企業統治の体制は、会社の機関設計としては、取締役会と監査役で構成する監査役会を設置する監査役会設置会社を採用しております。

本体制を採用する理由は、取締役による業務執行にはスピード感が求められる一方、会社の方向性・戦略を含めた全社的な視点での議論を行う取締役会で、業務執行側の都合とは距離を取ることができる監査役会が、経営の執行を監視する体制が当社には有効であると考えるためであります。

その上で、コンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めるため、コンプライアンス推進委員会を設置する体制としております。

当社のコーポレート・ガバナンス体制は次のとおりであります。

 


 

イ. 取締役会について

当社の取締役会は4名(うち社外取締役2名)で構成され、会社の経営上の意思決定機関として、取締役会規程に則って、経営方針やその他重要事項について審議及び意思決定を行うほか、取締役による職務執行状況を確認しております。取締役会は毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて随時開催しております。

ロ.監査役会

当社は、監査役会設置会社であり、監査役会は3名(うち2名は社外監査役)により構成され、毎月1回監査役会を開催し、監査計画に基づく監査実施状況を確認するとともに、監査役間の連携を緊密に行っております。また、各監査役は取締役会に出席し、必要な意見表明及び取締役の職務執行の監督にあたっております。

ハ.コンプライアンス推進委員会について

コンプライアンス推進委員会は、社外取締役を除く取締役2名および常勤監査役1名により構成され、コンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めております。

 

上記機関の議長及び構成員は下表のとおりであります。