EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

臨時報告書

【提出先】

東海財務局

【提出日】

2021年12月23日

【会社名】

リネットジャパングループ株式会社

【英訳名】

RenetJapanGroup,Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 グループCEO 黒田 武志

【本店の所在の場所】

愛知県大府市柊山町三丁目33番地

【電話番号】

0562-45-2922

【事務連絡者氏名】

取締役 グループCFO 管理本部長 岩切 邦雄

【最寄りの連絡場所】

名古屋市中村区平池町四丁目60番12号 グローバルゲート26階

【電話番号】

052-589-2292

【事務連絡者氏名】

取締役 グループCFO 管理本部長 岩切 邦雄

【縦覧に供する場所】

リネットジャパングループ株式会社 名古屋本社

(名古屋市中村区平池町四丁目60番12号 グローバルゲート26階)

 

リネットジャパングループ株式会社 東京支社

(東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 丸の内二重橋ビル21階)

 

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E31751 35560 リネットジャパングループ株式会社 RenetJapanGroup,Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第五号の三様式 1 false false false E31751-000 2021-12-23 xbrli:pure

1【提出理由】

 当社は、2021年11月12日開催の監査役会において、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明を行う監査公認会計士等の異動に関し決議するとともに、同日開催した取締役会において、2021年12月17日に開催した第22期定時株主総会において「会計監査人選任の件」を付議することを決議し、同定時株主総会で承認可決されましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

 

2【報告内容】

(1)当該異動に係る監査公認会計士等の名称

① 選任する監査公認会計士等の名称

PwC京都監査法人

② 退任する監査公認会計士等の名称

三優監査法人

 

(2)当該異動の年月日

2021年12月17日

 

(3)退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

2009年1月31日

 

(4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

 該当事項はありません。

 

(5)当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

当社の会計監査人である三優監査法人は、2021年12月17日開催の第22期定時株主総会終結の時をもって任期満了となります。国内・海外を合わせて、今後の事業拡大を推進していく当社において、PwC京都監査法人が、当社事業規模・事業内容に充分な国内外での総合的な監査実績及び監査能力を有していると判断できたため、これらを主な理由として、新たに三優監査法人の後任となる会計監査人として選任する議案の内容を決定したものであります。

なお、三優監査法人においては、会計監査が適切かつ妥当に行われることを確保する体制を備えているものの、監査継続期間が⻑期にわたっていることや、当社の今後の事業成長と規模を総合的に検討した結果、PwC京都監査法人は、監査法人としての専門性・独立性・品質管理体制等の観点から監査が適正に行われると評したことに加えて、会計監査人の交代により新たな視点での監査が期待できることから、適任と判断したものであります。

 

(6)上記(5)の理由及び経緯に対する意見

① 退任する監査公認会計士等の意見

特段の意見はない旨の回答を得ています。

② 監査役会の意見

妥当であると判断しております。

 

以 上