EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

四国財務局長

【提出日】

令和3年11月26日

【事業年度】

第6期(自 令和2年9月1日 至 令和3年8月31日)

【会社名】

アクサスホールディングス株式会社

【英訳名】

AXAS HOLDINGS CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 久岡 卓司

【本店の所在の場所】

徳島県徳島市山城西四丁目2番地

(同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行っております。)

【電話番号】

088(623)6666

【事務連絡者氏名】

該当事項はありません。

【最寄りの連絡場所】

兵庫県神戸市中央区栄町通一丁目1番24号

【電話番号】

078(391)4000

【事務連絡者氏名】

取締役 経営管理部長 新藤 達也

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E31968 35360 アクサスホールディングス株式会社 AXAS HOLDINGS CO.,LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2020-09-01 2021-08-31 FY 2021-08-31 2019-09-01 2020-08-31 2020-08-31 1 false false false E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row5Member E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row6Member E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row7Member E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row7Member E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row5Member E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row6Member E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row1Member E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row2Member E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row3Member E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row4Member E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row1Member E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:RetailSaleBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row2Member E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row3Member E31968-000 2020-08-31 jpcrp_cor:Row4Member E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2018-09-01 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2017-09-01 2018-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2017-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2016-09-01 2017-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:RealEstateLeasingBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:RealEstateLeasingBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:WholesaleBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:RetailSaleBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:RetailSaleBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E31968-000 2021-08-31 E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 E31968-000 2020-08-31 E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 E31968-000 2019-08-31 E31968-000 2018-09-01 2019-08-31 E31968-000 2018-08-31 E31968-000 2017-09-01 2018-08-31 E31968-000 2017-08-31 E31968-000 2016-09-01 2017-08-31 E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:WholesaleBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:RealEstateLeasingBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E31968-000 2021-11-26 E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jpcrp030000-asr_E31968-000:WholesaleBusinessReportableSegmentsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E31968-000 2021-08-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E31968-000 2020-08-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E31968-000 2019-09-01 2020-08-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:OtherRetainedEarningsMember E31968-000 2019-08-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E31968-000 2020-09-01 2021-08-31 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E31968-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:Row5Member E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:Row4Member E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:Row3Member E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:Row2Member E31968-000 2021-11-26 jpcrp_cor:Row1Member E31968-000 2021-11-26 jpcrp030000-asr_E31968-000:HisaokaTakujiMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp030000-asr_E31968-000:SintoTatuyaMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp030000-asr_E31968-000:KondoTosihikoMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp030000-asr_E31968-000:OonisiMasayaMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp030000-asr_E31968-000:HorimotoMasayosiMember E31968-000 2021-11-26 jpcrp030000-asr_E31968-000:KawauchiMasayukiMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第2期

第3期

第4期

第5期

第6期

決算年月

平成29年8月

平成30年8月

令和元年8月

令和2年8月

令和3年8月

売上高

(千円)

14,359,592

14,484,385

13,333,645

12,488,896

11,807,430

経常利益

(千円)

151,219

130,608

97,159

321,442

273,128

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

182,718

257,597

42,398

497,253

205,472

包括利益

(千円)

184,950

260,065

71,329

492,415

206,259

純資産額

(千円)

1,315,995

1,515,410

1,413,755

1,875,846

2,021,455

総資産額

(千円)

11,051,737

10,893,108

12,155,905

17,242,177

18,521,099

1株当たり純資産額

(円)

43.40

49.97

46.62

61.86

66.66

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

6.16

8.49

1.40

16.40

6.78

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

11.9

13.9

11.6

10.9

10.9

自己資本利益率

(%)

15.7

18.2

30.2

10.5

株価収益率

(倍)

20.4

14.1

9.7

19.2

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

52,224

294,926

18,930

859,106

158,055

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

251,760

359,096

1,337,823

2,782,941

438,996

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

265,057

161,296

1,216,990

4,566,724

1,070,369

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

862,446

765,318

625,537

3,268,358

4,058,171

従業員数

(人)

235

231

219

206

199

(外、平均臨時雇用者数)

(283)

(294)

(271)

(233)

(238)

(注)1.売上高には、消費税等は含んでおりません。

2.第4期連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。

3.第2期、第3期、第5期及び当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第2期

第3期

第4期

第5期

第6期

決算年月

平成29年8月

平成30年8月

令和元年8月

令和2年8月

令和3年8月

営業収益

(千円)

398,663

302,160

452,160

341,560

525,000

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

144,726

20,155

133,358

41,573

230,949

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

150,615

30,359

130,345

44,144

227,459

資本金

(千円)

50,000

50,000

50,000

50,000

50,000

発行済株式総数

(千株)

32,258

32,258

32,258

32,258

30,325

純資産額

(千円)

1,874,145

1,547,285

1,647,305

1,661,125

1,827,933

総資産額

(千円)

1,922,913

1,877,389

1,898,826

1,900,436

1,938,754

1株当たり純資産額

(円)

58.10

51.02

54.32

54.78

60.28

1株当たり配当額

(円)

2.00

1.00

1.00

2.00

3.00

(うち1株当たり中間配当額)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

4.67

0.97

4.30

1.46

7.50

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

97.5

82.4

86.8

87.4

94.3

自己資本利益率

(%)

8.2

8.2

2.7

13.0

株価収益率

(倍)

27.0

24.9

109.2

17.3

配当性向

(%)

42.8

23.3

137.4

40.0

従業員数

(人)

13

20

22

19

15

(外、平均臨時雇用者数)

(-)

(8)

(7)

(3)

(4)

株主総利回り

(%)

90.8

87.2

78.7

117.0

98.6

(比較指標:JASDAQ INDEXスタンダード)

(%)

(140.0)

(152.6)

(133.6)

(153.3)

(174.1)

最高株価

(円)

168

174

220

214

273

最低株価

(円)

113

103

86

59

119

(注)1.売上高には、消費税等は含んでおりません。

2.第2期事業年度の1株当たり配当額2円には、特別配当1円を含んでおります。当事業年度の1株当たり配当額3円には、特別配当1円を含んでおります。

3.第2期、第4期、第5期及び当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第3期事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。

5.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

 

2【沿革】

当社の沿革

年月

事項

平成27年10月15日

アクサス株式会社(以下「アクサス」という)及びACリアルエステイト株式会社(以下「ACリアルエステイト」という)は、定時株主総会の承認を前提として、アクサスにおいては取締役決定により、またACリアルエステイトにおいては取締役会決議により、株式移転に係る株式移転計画書の作成及び経営統合契約書の締結を決定いたしました。

平成27年11月27日

アクサス及びACリアルエステイトの各定時株主総会において、アクサス及びACリアルエステイトが共同で株式移転の方法により当社を設立し、両社がその完全子会社となることについて決議いたしました。

平成28年3月1日

アクサス及びACリアルエステイトが株式移転の方法により当社が設立いたしました。また、当社の普通株式を東京証券取引所に上場いたしました。

令和2年3月1日

連結子会社であるアクサスを吸収合併存続会社、同じく連結子会社であるACリアルエステイトを吸収合併消滅会社とする吸収合併を実施いたしました。

 

 

なお、当社グループ(当社及び当社の関係会社)の組織再編に係る概要図は次のとおりであります。

0101010_001.png

 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、提出会社及び子会社2社により構成されており、化粧品、生活雑貨、スポーツギア、アウトドアギア、酒類等の小売及び酒類、化粧品、ファッション雑貨等の輸入卸、不動産賃貸事業、製造事業からなる総合ライフスタイルカンパニーであります。

 事業内容と当社及び子会社の位置付け、並びにセグメントとの関連は以下のとおりであります。

 

区分

主な事業内容

主要な会社

化粧品、生活雑貨、スポーツギア、アウトドアギア、酒類等の小売事業

・ヘルス&ビューティーケアユニット

美と健康を体の内と外の両面からサポートする「ドラッグストアチャーリー」、「ビューティーライフストアチャーリー」、「アレックスコンフォート」を展開しております。

日用品、医薬品をはじめ、化粧品、化粧雑貨を強化し、ゆとりある暮らしに必要な商品を幅広く取り揃えています。

 

・ライフスタイルユニット

生活シーンを提案する「プラザアレックス」、圧倒的な文房具の品揃えを誇る「文具館チャーリー」、お客様のニーズにあわせて多彩なブランドを展開しております。

各ブランドが生活雑貨、家具、アパレル、文具など、毎日を満たされた気持ちで暮らすための洗練されたアイテムを取り揃えています。

 

・アスレユニット

アクティブスポーツシーンをリードする「アレックススポーツ」、あらゆるブランドのアウトレット商品が一堂に揃う「アウトレックス」を展開しております。

「アレックススポーツ」では、「競技者を強くする」をキーワードに、競技用品、アウトドア用品、カジュアルアイテムを豊富に揃えております。「アウトレックス」では、スポーツカジュアルを中心に、メーカー直営ショップに劣らない価格でご提供しております。

また、山が好きな方、アウトドアを楽しむ方、お客様それぞれにあわせた登山やアウトドアライフを応援、サポートする「好日山荘」のフランチャイズ加盟店の運営を行っております。

 

・ホームキーパーユニット

住のゆとりをサポートするホームキーパー「デコール」、低価格自転車から本格ロードバイクまでを品揃えした「GoGoBIKE」を展開しております。

日頃の生活の中で使用するアイテムの「用途と機能」をしっかり見極めたうえで、お求めやすさ、信頼性、新しい便利さをご提供できるよう、多様な商品を季節と生活行事にあわせてタイムリーに取り揃えております。

 

・アルコユニット

広く明るい店内に、酒類を中心に、飲料、調味料、食品等、国産・輸入品あわせて3,000種類以上の圧倒的な品揃えを誇る大型リカー&フードストアである「アワーリカー」、国内外の定番品から、入手困難なプレミアムウイスキーを取り揃えたウイスキーとスピリッツの専門店「元町WHISKY」を展開しております。お客様の多様な嗜好に、自信の品揃えで対応しています。

アクサス

酒類、化粧品、ファッション雑貨等の輸入卸売事業

・貿易事業本部

世界中から選び抜いた商品を、全国のショップへ卸販売しており、さらにオリジナルブランドのビール・ワイン・ウイスキー・リキュールも展開しています。

アクサス

不動産賃貸事業

・不動産事業本部

オフィスビル、複合商業施設、ロードサイド店舗の不動産を賃貸しており、安定的な収益獲得に寄与しております。

アクサス

蒸溜所事業

神戸のランドマークである六甲山において、ウイスキー類の製造・熟成、見学・試飲及び販売事業を通じて、国内はもとより、世界中のお酒好きや情報に敏感な人々に訴求することで、ウイスキーを軸とした新たなカルチャーの発信地となることを目的とした六甲山蒸溜所を操業しております。

アクサス

保険代理業

ACサポート

 

 事業系統図は次のとおりであります。

 

0101010_002.png

 

 当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については、連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金又は

出資金

(百万円)

主要な事業の内容

議決権の

所有又は

被所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

アクサス

徳島県徳島市

90

小売事業、卸売事業、不動産賃貸事業及び製造事業

100.0

経営指導、建物及び設備の賃借並びに役員の兼任等

ACサポート

徳島県徳島市

1

保険代理業

100.0

(100.0)

(その他の関係会社)

TKマネジメント

神戸市中央区

1

資産管理

被所有

71.3

役員の兼任

(注)1.「議決権所有割合」欄の( )内は、間接所有割合であり、内数であります。

2.アクサスにつきましては、特定子会社に該当しております。

3.アクサスにつきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、当連結会計年度におけるセグメント情報の売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む)の割合が90%を超えるため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

4.TKマネジメント株式会社(以下「TKマネジメント」という)は、当社の代表取締役である久岡卓司氏が株式を100%保有する資産管理会社であります。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

令和3年8月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

小売事業

162

(228)

卸売事業

17

( 6)

不動産賃貸事業

3

( -)

全社(共通)

17

( 4)

合計

199

(238)

(注)1.臨時雇用者数は( )内に年間平均雇用人員を外数で記載しております。

2.全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門の従業員であります。

 

(2)提出会社の状況

 

 

 

 

令和3年8月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

15

4

46.4

9.9

4,118

(注)1.臨時雇用者数は( )内に年間平均雇用人員を外数で記載しております。

2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含めております。

3.平均勤続年数の算出にあたっては、転籍者のアクサスにおける勤続年数を通算しております。

4.提出会社の従業員は、全て全社(共通)に属しております。

 

(3)労働組合の状況

 当社には、労働組合はありませんが、労使関係は安定しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

(1)経営方針

当社グループは、お客様、そして地域社会の「生活文化の質的な向上」を、美・健康・ゆとりの側面から時代の空気をお客様のライフスタイルにお届けすることをコアミッションとしており、複数分野にわたる事業部からなる小売事業、酒類や化粧品等の輸入卸事業、不動産事業及び製造事業からなる総合ライフカンパニーであります。グループ全体で顧客満足・社員満足を高めていくことで会社満足を高め、これら3つの満足によって企業価値の更なる向上に努めるとともに、「株主様」「取引先様」をはじめとする全ての関係者の皆様への利益還元と社会貢献の実現を目指しております。

 

(2)経営戦略等

① 出店戦略

 当社グループは、より多くのお客様や地域へ取り組みをお届けするため、京阪神エリアを中心とし、首都圏・中部・近畿・中国地方への出店地域の拡大に積極的に取り組んでまいります。しかしながら、継続的な成長を確保するために資本効率を重視し、出店予定エリアの市場性や地域の特性等を考慮したうえで最適な店舗形態を選択し出店してまいります。

 また当社グループは、総合ライフスタイルカンパニーとして、出店エリアのニーズに合わせて、複数の保有ブランドをマルチ展開し、ライフスタイルという領域において多角的に地域シェアを獲得することを目指してまいります。

 

② 商品戦略・販売戦略

 各ブランドにおいて、豊富な品揃えはもちろんのこと、生活必需品に限らず、洗練されたアイテムを「美・健康・ゆとりや時代の空気」というフィルターに通してご提案することで、心・体の両面から日々の豊かさを提供してまいります。また、お客様のニーズに合わせて、「化粧品×雑貨×食品酒類」といった、保有ブランドをハイブリッドにした売場展開を拡大してまいります。各事業部・ブランドで培った商品戦略基盤を保有するからこそ可能であるアイテムミックスにより、お客様のニーズにお応えすることで、差別化を図ってまいります。

 また、リテール部門の店舗コンセプト等に合う酒類飲料や食品等、独自性のある商品を貿易事業部と川上の段階より共同開発を行い、川下の店舗で販売するという当社グループ内で一貫する垂直連携のプロセスも強化していくことで、他社にない魅力のあるオリジナル商品の販売にも努めてまいります。

 

③ IT及び顧客購買データの活用

 インターネットやモバイル端末の普及により様々な情報を入手することが可能になったことでお客様の生活スタイル・消費行動が変化し、さらにニーズ・嗜好も多様化してきております。これらに迅速に対応するためECサイト「アクサスオンラインコレクション」、「チャーリーオンラインショップ」の充実も図ってまいります。また、ポイントカード及びPOSデータをはじめとした顧客購買データの活用を図り、出店戦略、商品戦略並びに販売戦略のさらなる向上を目指してまいります。

 

(3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、売上高、営業利益のほか、自己資本利益率、自己資本比率を、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等として用いております。

 

(4)経営環境

国内外の景気は、新型コロナウイルス感染症の終息が不透明であること等に起因し、景気動向も依然として不透明であると予想されます。

このような状況下、当社グループは、より洗練されたアイテムを「美・健康・ゆとりや時代の空気」というフィルターに通してご提案することで、お客様に心・体の両面から日々の豊かさを提供していくことに努めるとともに、引き続き資本効率を重視し、営業キャッシュ・フローとバランスのとれた回収可能性の高い設備投資を吟味することにより、着実な成長を図ってまいります。

当連結会計年度におきましては、主として小売事業において、巣ごもり消費におけるライフスタイルを豊かにする雑貨、インテリア、DIY、ガーデニング用品等、お客様に今必要とされる需要にスピーディーにお応えすることで販売が増加し、また、新型コロナウイルス感染予防対策における三密回避の観点から、販売促進を控える傾向となったこと等により販売費及び一般管理費が減少したことで、収益を確保いたしました。

翌連結会計年度(令和4年8月期)におきましては、新型コロナウイルス感染症への対策は継続するものの、正常化へ向けた経済活動の活性化や新型コロナウイルス感染拡大の影響によって急速に変化するであろう消費活動領域に対応した、より積極的な事業活動に即した販売促進等の必要性が高まると見込まれます。

 

(5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

① 財務体質の改善

当社グループでは、財務体質の改善を重要な課題として認識し、自己資本比率を向上させることを経営目標に掲げております。また、運転資金枠及びシンジケートローンを活用することで、安定的且つ資金需要に応じた機動的な経常運転資金調達手段を導入しており、財務の健全性を確保するとともに、今後の出店等で増加する経常運転資金の変化に即応した施策の実行を可能としております。

新規出店等の設備投資にあたりましては、営業キャッシュ・フローとバランスのとれた回収可能性の高い設備投資を実施するとともに、在庫削減・コスト低減をすることにより、有利子負債を抑制し、自己資本比率の改善に努めてまいります。

 

② 人材育成

当社グループでは、商品・サービスによって美・健康・ゆとりの側面から時代の空気をお客様のライフスタイルにお届けすることをコアミッションとしており、お客様の日常から最も近いところにいる私たちにとって、本当にいいものや必要とされるものを見極める感性を磨き続け、良質な提案をスピーディーにお届けすることも最重要使命のひとつであります。国内外の視察等により日々感性を磨くとともに、研修制度や外部委託による顧客満足度(CS)調査により小売業の基本となる接客サービスや幹部候補育成に積極的に取り組み、プロフェッショナルとしての自覚を持った人材の育成に取り組んでまいります。

 

③ 新型コロナウイルス感染予防対策

社員の新型コロナウイルスの感染予防対策については、定期的なアルコール消毒、うがいを時間管理して慣行し、出退勤、出張移動、勤務時のソーシャルディスタンスの確保を行っております。

社員とお客様の接客での新型コロナウイルスの感染予防対策については、接客時のマスク、メガネの着用を慣行しております。

お客様の新型コロナウイルスの感染予防対策については、入店時のアルコール消毒をお願いし、通路幅を確保することでソーシャルディスタンスに配慮しております。

社会的な新型コロナウイルスの感染予防対策については、マスク、ハンドソープ、アルコール除菌グッズ、非接触式体温計等の新型コロナウイルス感染予防商材を幅広くラインナップすることで、感染予防対策に努めております。

 

④ 内部管理体制及び内部統制の強化

お客様の安心・信頼に繋がる店舗運営を実現するため、内部監査室による店舗監査を定期的に実施し、健全な店舗管理体制の維持に努めてまいります。内部統制につきましては、経験・見識の豊富な社外取締役を選任し活発な議論を図るとともに、監査等委員監査、会計監査人監査並びに内部監査の三様監査の相互連携と独立性の確保を図り、健全なガバナンス体制の維持に努めてまいります。また、法務・会計・税務等の専門分野について重要な判断を要する案件につきましては、顧問弁護士、顧問会計士、顧問税理士等、外部専門家に適宜、指導や助言を受けることでコンプライアンスを徹底してまいります。

 

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。
 なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末日現在において、当社グループが判断したものであります。

(1)競合について

当社グループのコア事業である小売業界は激しい競争環境にあり、ライフスタイル商品を取り扱うあらゆる販売チャネルが競合となります。当社グループは美・健康・ゆとりの側面から時代の空気をお客様のライフスタイルにお届けすることをコアミッションとし、その事業分野の店舗や商品・サービスにおいて提案力・迅速性・専門性・独自性で付加価値を生むことで他社との差別化を図っておりますが、市場の動向により価格競争、来店客数の減少等、様々な要因により財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)為替リスクについて

 当社グループの卸売事業は商品を海外から輸入しており、一般的に円高になれば、実質的な仕入価額は下がる傾向になり、円安になれば上がる傾向にあるため、売上総利益率の変動を受ける可能性があります。
 卸売事業では、場合により売価を見直す等、為替リスクを回避する対策を講じておりますが、当該為替リスクを完全に価格転嫁できる保証はなく、為替相場等の変動による一般的な市場リスクを有しております。

 

(3)気候条件・災害等について
 当社グループは、幅広い商品展開を行っておりますが、夏・冬の気候の影響が強い商品群が存在します。季節商品の動向は、一定期間に集中する傾向にあるものの、予測・コントロール不可能な気候条件の変動により左右されるため、今後も気候条件の変動が財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

また、災害等により、当社グループが出店する周辺地域に被害が生じ、円滑な営業活動が阻害された場合、当社グループの事業、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)関連法令等について
 当社グループでは、関連法令等に十分留意した営業活動を行っておりますが、万一、これらに反する事由が生じた場合には、企業活動が制限される可能性があります。また、関連法令等の改正や新たな法規制への対応及び有資格者の確保等のため、経営コストが増加する可能性があります。したがって、関連法令等により事業、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)金利・金融市場の動向

 当社グループは、当連結会計年度末日現在において14,933百万円の銀行借入金、社債、リース債務の残高があります。当社グループは、銀行借入金等の削減に向けた様々な取り組みを行っていますが、当社グループの成長戦略に伴い、銀行借入金等がさらに増加する可能性があります。長期金利や短期金利が上昇した場合、借入コストの増加により事業、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)財務制限条項について

 当社グループは、安定的且つ資金需要に応じた機動的な経常運転資金調達手段を導入し、財務の健全性を確保するとともに事業環境の変化に即応した施策の実行を可能にすることを目的とし、当社の連結子会社であるアクサスは、取引金融機関各行と運転資金枠及びシンジケーション方式によるコミットメントライン契約を締結しております。コミットメントライン契約には、一定の財務制限条項が付されており、財務制限条項に抵触した場合、財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)減損会計の適用について

 当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」の適用により、今後においても競合の激化や予期せぬ商圏の変動等により店舗の収益性に変化があった場合には、固定資産の減損処理が必要になる場合があります。その場合、特別損失が計上され財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)個人情報管理について

 当社グループは、お客様へのサービス向上のためのポイントカード及び各種クレジットカードの取り扱いを通じ、お客様の個人情報を保有しております。これらの情報の管理につきましては、個人情報保護法に基づき「個人番号及び特定個人情報保護規程」や事務手続等を策定し、従業員への教育・研修等による情報管理の重要性の周知徹底、情報システムのセキュリティ対策等を行っております。また、マイナンバー制度に関する特定個人情報の管理体制についても万全の対応を行っております。しかしながら、これらの対策にもかかわらず、重要な情報が外部に漏洩した場合、社会的信用問題や個人への賠償問題等、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9)感染症について

当社グループの展開地域において感染症が蔓延し、当社グループの多数の従業員が感染した場合や、政府や地方自治体による法的規制や休業要請等により、営業が停止した場合又は取引先や物流に影響を及ぼす事象が発生した場合、財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

当連結会計年度(令和2年9月1日から令和3年8月31日まで)のわが国の経済は、世界的に新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなか、各国政府による巨額の財政出動の取り組みや、新型コロナウイルス感染症に対する予防ワクチン接種の普及等を背景に経済回復の兆しが見られていたものの、感染性・伝播性の強い新型コロナウイルス変異株による感染症再拡大により、その回復基調が鈍化してきております。また、国内では、経済活動再開に向けた政府・自治体による旅行、飲食やイベント関連の消費喚起策が一時本格化したものの、その後、新型コロナウイルス感染症再拡大の影響で、令和3年1月以降、一部の都道府県において緊急事態宣言が繰り返し発出され、その対象地域の拡大や発出期間の延長が繰り返されてきております。そして、度重なる緊急事態宣言の発出やまん延防止等重点措置の適用による慣れや自粛疲れ等により、人流の抑止効果が薄まりつつあることや新型コロナウイルス変異株の感染症再拡大、予防ワクチン接種の普及の遅れ等により、国内景気の先行き不透明感が継続しております。その一方で、東京オリンピック及び東京パラリンピックが無観客での開催となったことや、日本代表選手のメダルラッシュ等により、自宅での巣ごもり観戦が増え、外食の持ち帰りや宅配、家飲みといった巣ごもり消費の拡大が見られました。また、新型コロナウイルス感染症との共存が必要となった新常態(ニューノーマル)においては、外出自粛や在宅勤務等により、消費者の購買頻度や購買チャネル等、生活様式や消費行動、働き方等が変化したことで、ライフスタイルを豊かにする雑貨やインテリア、ガーデニング用品といった巣ごもり関連需要やDX(デジタルトランスフォーメーション)関連需要等の拡大が見られました。そのような経済環境のなか、当社グループは、お客様の日常から最も近いところから「本当にいいものや必要とされるものを見極める感性を磨き続け、良質な提案をスピーディーにお届けすること」を最重要使命とし、グループ全体でお客様、そして地域社会の生活文化の質的な向上を「美・健康・ゆとりの側面」から応援し、顧客満足、社員満足を高めていくことで会社満足も高め、これら3つの満足によってグループ価値の更なる向上に努め、株主様、取引先様をはじめとするすべての関係者の皆様への利益還元と社会貢献の実現を目指しております。

具体的な取り組みとして、令和2年11月にアウトレックス沖浜店(徳島県徳島市)をチャーリー川内店(徳島県徳島市)及びデコール川内店(徳島県徳島市)が並設する施設内にアウトレックス川内店(徳島県徳島市)として移転し、リニューアルオープンいたしました。また、同年12月には、国内外のコスメや日常を楽しく美しく過ごせる生活雑貨をセレクトしたアレックスコンフォート星が丘テラス(名古屋市千種区)をオープンし、同年同月、国内外の定番商品から入手困難なプレミアムウイスキーを含め、約1,500種類のウイスキーとスピリッツを取り扱う専門店として元町WHISKY(神戸市中央区)をオープンいたしました。一方で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、都市中心部への人出が減少したこと等の影響により、令和3年1月にアレックスコンフォートNU茶屋町プラス(大阪市北区)を閉店いたしました。そして、同年4月には、国内外のウイスキーや、今では製造されていないオールドボトル等300種類以上のウイスキーを専門に取り扱うモルトバー、青山WHISKY(東京都渋谷区)をオープンし、同年5月には、チャーリーブランチ大津京店(滋賀県大津市)において、「安さに確かさプラスワン」をテーマに、ファンシー文具や雑貨コーナー、アウトドアやレジャーコーナー等、新たな品揃えを充実させ、チャーリーディーエスブランチ大津京店としてストアブランドを変更し、リニューアルオープンいたしました。また、同年同月には、アレックスコンフォートウッディタウン(兵庫県三田市)、同年6月には、アレックスコンフォートサザンモール六甲(神戸市灘区)、同年7月には、アレックスコンフォート丸亀(香川県丸亀市)において、アパレルやキッチンツールの品揃えを充実させ、地方の特色ある食材を新たに導入する等、「新しい暮らしの提案」と「自分だけのお気に入りを発見」をコンセプトにしたLifeStylelaboratoryプラザアレックスウッディタウン、プラザアレックスサザンモール六甲、プラザアレックス丸亀と、順次ストアブランドを変更し、リニューアルオープンいたしました。また、同年7月には、神戸のランドマークである六甲山において、ウイスキー類の製造・熟成、見学・試飲及び販売事業を通じて、国内はもとより、世界中のお酒好きや情報に敏感な人々に訴求することで、ウイスキーを軸とした新たなカルチャーの発信地となることを目的とした六甲山蒸溜所(神戸市灘区)を開所いたしました。

その結果、当連結会計年度末におけるグループ店舗数は、39店舗となりました。

以上の結果、当連結会計年度は、売上高11,807百万円(前期比5.5%減)、営業利益372百万円(同11.6%減)、経常利益273百万円(同15.0%減)となりました。特別利益、特別損失及び法人税等を計上し、親会社株主に帰属する当期純利益は205百万円(同58.7%減)となりました。

 

セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

(a) 小売事業

小売事業につきましては、ヘルス&ビューティーケアユニットでは、低刺激処方にこだわったベビー、マタニティ用のローションやクリーム等、スキンケア商品の販売が好調に推移いたしました。一方で、前連結会計年度にあった新型コロナウイルス感染症予防対策関連カテゴリーの販売特需が一巡したことや、在宅勤務及び外出自粛並びにマスクの着用が常態化し、化粧の機会が減少した影響等により、当ユニットの主力商品であるメイク用品やインポートコスメカテゴリーの販売が苦戦したことで、当ユニットの売上高、売上総利益額、セグメント利益を押し上げるには至りませんでした。

ライフスタイルユニットでは、令和2年12月から令和3年1月の断続的な寒気の影響による気温の低下により、アパレル部門でトップス類の販売が好調に推移したことや、北欧を代表するテーブルウェアブランドの器やスペイン産の上質なはちみつをブレンドした極上紅茶、ちょっと一振りするだけで味や気分が変わるスパイス等、新型コロナウイルス感染症予防対策による在宅勤務及び外出自粛で巣ごもり需要が高まったことで、ステイホーム関連商品の販売が好調に推移したことにより、当ユニットの売上高、売上総利益額、セグメント利益は伸長いたしました。

アスレユニットでは、アウトドアファッショントレンドを背景に、高い機能性とデザイン性を兼ね揃えた人気アウトドアブランドのアパレル商品の販売が好調に推移したことや、アレックススポーツ沖浜店(徳島県徳島市)においてテントセールの実施回数を増やしたこと等により、お客様の来店の増加につながり売上高が伸長いたしました。一方で、新型コロナウイルス感染症再拡大に伴い、スポーツイベントや大会の延期・中止等の影響により、関連アクセサリー商品の販売が落ち込み、当ユニットの売上高、売上総利益額を押し上げるには至りませんでしたが、販売施策の見直し等による合理化や、新型コロナウイルス感染症予防対策における三密回避の観点から、販売促進を控える傾向になったこと等により、販売費及び一般管理費が減少したことで、当ユニットのセグメント利益は伸長いたしました。

ホームキーパーユニットでは、デコールGREEN(徳島県徳島市)のグリーン部門において、品質の良いブランド花苗や野菜苗、また、明るく心地よい空間をつくる観葉植物や多肉植物といったインテリアグリーンの販売が好調に推移したほか、GoGoBIKE(徳島県徳島市)において、3月下旬から4月の入学・進学シーズンのクロスバイク需要や、カギ・ライト等のオプションパーツ類の販売が好調に推移いたしました。一方で、前連結会計年度にあった巣ごもり生活を楽しむためのDIY関連用品の販売特需が一巡したこと等により、当ユニットの売上高、売上総利益額を押し上げるには至りませんでしたが、販売施策の見直し等による合理化や、新型コロナウイルス感染症予防対策における三密回避の観点から、販売促進を控える傾向になったこと等により、販売費及び一般管理費が減少したことで、当ユニットのセグメント利益は伸長いたしました。

アルコユニットでは、世界的なウイスキーブームの拡大がみられるなか、売場面積を拡大し、国内外のシングルモルトウイスキーの品揃えを強化したウイスキーや、贈答用として需要の高い品薄の高額国産ウイスキーの販売が好調に推移いたしました。一方で、新型コロナウイルス感染症予防対策の影響で家飲み需要が高まった影響等により、業務用市場の飲食店向けビールカテゴリー等の販売が落ち込み、当ユニットの売上高を押し上げるには至りませんでしたが、販売施策の見直し等による合理化や、新型コロナウイルス感染症予防対策における三密回避の観点から、販売促進を控える傾向になったこと等により、販売費及び一般管理費が減少したことで、当ユニットのセグメント利益は伸長いたしました。

これらの結果、当セグメントの売上高は8,008百万円(前期比7.5%減)、セグメント利益は458百万円(同16.2%減)となりました。

 

(b) 卸売事業

卸売事業につきましては、多様化するマーケット情勢のなか、新型コロナウイルス感染症再拡大が継続する市場を見据え、営業戦略や商品構成の変化を進めてまいりました。家飲み需要を引き続き取り込むべく、これまでの酒販店やネット販売店等に加え、スーパーや総合ディスカウント店への営業強化に取り組んだことにより、ウイスキー等のカテゴリーが好調に推移いたしました。一方で、断続的に発出される緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等に伴い、飲食店の営業自粛等の影響により、業務用市場での販売が減少し、当ユニットの売上高を押し上げるには至りませんでしたが、新たな販売先や商品構成を変化させたこと等により、当セグメントの売上総利益額、セグメント利益は伸長いたしました。

これらの結果、当セグメントの売上高は3,594百万円(前期比2.9%減)、セグメント利益は250百万円(同23.9%増)となりました。

 

(c) 不動産賃貸事業

不動産賃貸事業につきましては、既存テナントからの安定した売上に加え、構造改革を実施する一環として不動産賃貸事業に転換した、デコール沖浜店及びチャーリー阿南店の売上が全額計上され始めたこと等により、当セグメントの売上高、売上総利益額、セグメント利益は伸長いたしました。

これらの結果、当セグメントの売上高は506百万円(前期比13.6%増)、セグメント利益は152百万円(同0.0%増)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ789百万円増加し、当連結会計年度末残高は4,058百万円(前期末比24.2%増)となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの概況とそれらの要因は次のとおりであります。

(a) 「営業活動によるキャッシュ・フロー」

営業活動の結果獲得した資金は158百万円(前期比81.6%減)となりました。主な要因は税金等調整前当期純利益260百万円に対し、減価償却費242百万円及び売上債権の減少額116百万円等により増加し、たな卸資産の増加額419百万円及び仕入債務の減少額50百万円等により減少いたしました。

 

(b) 「投資活動によるキャッシュ・フロー」

投資活動の結果使用した資金は438百万円(前期比84.2%減)となりました。主な要因は有形固定資産の売却による収入395百万円等により増加し、有形固定資産の取得による支出795百万円等により減少いたしました。

 

(c) 「財務活動によるキャッシュ・フロー」

財務活動の結果獲得した資金は1,070百万円(前期比76.6%減)となりました。主な要因は短期借入金の純増減額410百万円、長期借入れによる収入1,700百万円により増加し、長期借入金の返済による支出937百万円等により減少いたしました。

 

③ 仕入及び販売の状況

(a) 仕入実績

当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

区分

前連結会計年度

(自 令和元年9月1日

至 令和2年8月31日)

当連結会計年度

(自 令和2年9月1日

至 令和3年8月31日)

金額

(千円)

前年同期比

(%)

金額

(千円)

前年同期比

(%)

小売事業

5,598,326

84.0

5,269,170

94.1

卸売事業

2,927,637

91.4

3,397,651

116.1

合計

8,525,964

86.4

8,666,822

101.7

(注)1.仕入高は、仕入価格によっております。

2.セグメント間の取引については相殺消去しております。

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(b) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメント及び地域別に示すと、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 令和元年9月1日

至 令和2年8月31日)

当連結会計年度

(自 令和2年9月1日

至 令和3年8月31日)

区分

地域別

(都道府県別)

店舗数

売上高

(千円)

構成比

(%)

前年

同期比

(%)

店舗数

売上高

(千円)

構成比

(%)

前年

同期比

(%)

小売事業

東京都

1

809

0.0

愛知県

1

33,308

0.3

2

116,937

1.0

351.1

滋賀県

3

345,650

2.8

185.0

3

456,560

3.9

132.1

大阪府

2

156,786

1.3

87.2

1

106,095

0.9

67.7

兵庫県

6

1,421,164

11.4

100.4

7

1,407,643

11.9

99.0

岡山県

1

66,964

0.5

103.5

1

54,343

0.5

81.2

徳島県

19

5,152,592

41.3

86.0

19

4,523,532

38.3

87.8

香川県

4

1,477,267

11.8

90.8

4

1,340,192

11.4

90.7

小 計

36

8,653,734

69.3

91.5

38

8,006,115

67.8

92.5

卸売事業

3,391,940

27.2

95.1

3,296,532

27.9

97.2

不動産賃貸事業

441,834

3.5

144.9

503,063

4.3

113.9

そ の 他

1,387

0.0

85.6

1

1,718

0.0

123.9

合  計

36

12,488,896

100.0

93.7

39

11,807,430

100.0

94.5

(注)1.店舗数は、当連結会計年度末の店舗数を記載しております。

2.セグメント間の取引については相殺消去しております。

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。

① 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成にあたって採用した重要な会計方針等につきましては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。また、連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響の見積りに用いた仮定については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(追加情報)」をご参照ください。

 

② 経営成績の分析

当社グループの経営成績の分析につきましては、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。

 

③ 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループの経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等に関する、当連結会計年度の達成状況及び翌連結会計年度の計画等につきましては、次のとおりであります。

 

売上高

(百万円)

営業利益

(百万円)

自己資本

利益率

(%)

自己資本比率

(%)

当連結会計年度

(令和3年8月期)

当初計画

12,706

305

当連結会計年度

(令和3年8月期)

実績

11,807

372

10.5

10.9

対比率

(計画比)

7.1%減

(計画比)

21.8%増

(前期比)

19.7ポイント減

(前期比)

0.0ポイント増

翌連結会計年度

(令和4年8月期)

計画

11,675

397

 

④ 財政状態の分析

(a) 資産

総資産は18,521百万円(前期末比7.4%増)となりました。うち流動資産は9,246百万円(同13.3%増)、固定資産は9,263百万円(同2.2%増)、繰延資産は11百万円(同25.0%減)となりました。

 

(b) 負債

負債合計は16,499百万円(前期末比7.4%増)となりました。うち流動負債は12,014百万円(同2.7%増)、固定負債は4,485百万円(同22.2%増)となりました。

 

(c) 純資産

純資産合計は2,021百万円(前期末比7.8%増)となりました。以上の結果、自己資本比率は10.9%(同0.0ポイント増)となりました。

 

⑤ 経営成績に重要な影響を与える要因について

当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因等につきましては、「第2 事業の状況 2事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

⑥ キャッシュ・フローの分析

当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。

 

⑦ 資本の財源及び資金の流動性

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、小売事業及び卸売事業で販売する商品の仕入れ並びに販売費及び一般管理費等の営業費用であります。また、設備資金需要のうち主なものは、店舗に関わる設備投資及び賃貸不動産の取得等であります。

当社グループは、運転資金需要に対しては、安定的且つ資金需要に応じた機動的な経常運転資金調達手段を導入し、財務の健全性を確保するとともに事業環境の変化に即応した施策の実行を可能にすることを目的とし、当社の連結子会社であるアクサスは、取引金融機関各行と運転資金枠及びシンジケーション方式によるコミットメントライン契約を締結しております。設備資金需要に対しては、設備投資計画に基づき、案件ごとに調達方法を検討し、適切な調達を行っております。

なお、当連結会計年度末における借入金、社債及びリース債務を含む有利子負債の残高は14,933百万円となっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は4,058百万円となっております。

 

4【経営上の重要な契約等】

(1)経営指導に関する契約

 当社は、平成28年3月1日付で連結子会社であるアクサスとの間で、同社に対する経営管理業務に関し、経営指導に関する契約を締結しております。

 

(2)シンジケーション方式によるコミットメントライン契約

当社の連結子会社であるアクサスは、安定的且つ資金需要に応じた機動的な経常運転資金調達手段を導入することで、財務の健全性を確保するとともに、今後出店等による経常運転資金増加の事業環境の変化に即応した施策の実行を可能にすることを目的として、シンジケーション方式によるコミットメントライン契約を締結しております。

 

(3)資金借入

契約会社名

相手方の名称

契約締結日

借入金額

借入期間

借入日

アクサス

株式会社阿波銀行

株式会社伊予銀行

株式会社四国銀行

株式会社百十四銀行

令和3年2月15日

1,700,000千円

令和13年2月25日まで

令和3年2月16日

 

 

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当社グループでは、小売事業において賃借店舗及び自社所有店舗によって展開しております。当連結会計年度の設備投資は、小売セグメントにおける新規出店及びその他セグメントにおける賃貸不動産の取得等、合計843百万円(支出額)の設備投資を実施しました。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

所在地

事業

所数

設備の

内容

土地面積

(㎡)

帳簿価額

(千円)

従業

員数

(人)

土地

建物

及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

什器備品

リース

資産

その他

兵庫県

福利厚生設備

25.05

(-)

443

8,798

(-)

(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)国内子会社

会社名

セグメント

区分

所在地

事業

所数

設備の

内容

土地面積

(㎡)

帳簿価額

(千円)

従業

員数

(人)

土地

建物

及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

什器備品

リース

資産

その他

東京都

1

店舗

(-)

12,437

1,664

(2)

愛知県

2

店舗

(-)

3,623

2,633

(10)

滋賀県

3

店舗

(-)

35,726

33,874

5

(19)

大阪府

1

店舗

(-)

102

216

(6)

兵庫県

7

店舗

2,457.30

(2,457.30)

67,969

19,586

22

(36)

岡山県

1

店舗

(-)

8,189

3,017

1

(5)

徳島県

19

店舗

38,710.05

(26,572.81)

1,276,842

667,233

0

51,597

92

(111)

香川県

4

店舗

9,543.46

(8,711.93)

44,848

152,006

15,039

12

(28)

東京都

1

営業所

(-)

127

3

(-)

静岡県

1

営業所

181.81

(-)

13,343

1,281

1

(-)

兵庫県

1

営業所

(-)

1

(-)

徳島県

1

営業所

1,001.06

(-)

49,802

2,866

2,571

150

7

(6)

福岡県

1

営業所

(-)

1

(-)

 

 

会社名

セグメント

区分

所在地

事業

所数

設備の

内容

土地面積

(㎡)

帳簿価額

(千円)

従業

員数

(人)

土地

建物

及び

構築物

機械装置

及び

運搬具

什器備品

リース

資産

その他

新潟県

賃貸

物件

4,313.00

(4,313.00)

(-)

東京都

賃貸

物件

183.04

(-)

9,104

1,176

(-)

神  奈

川  県

賃貸

物件

3,727.28

(3,727.28)

0

(-)

静岡県

賃貸

物件

9,022.52

(5,059.11)

262,925

12,185

165

(-)

愛知県

賃貸

物件

1,065.81

(1,065.81)

0

(-)

三重県

賃貸

物件

3,702.47

(3,702.47)

900

(-)

滋賀県

賃貸

物件

(-)

(-)

兵庫県

賃貸

物件

1,171.16

(-)

2,634,966

427,990

5,372

(-)

徳島県

賃貸

物件

22,323.94

(19,684.60)

561,716

10,650

162

(-)

香川県

賃貸

物件

19,953.17

(18,978.17)

40,909

164,159

87

(-)

その他

徳島県

1

本社

2,667.34

(-)

499,059

137,029

712

29,484

4,207

41,692

24

(6)

兵庫県

1

営業所

(-)

7,993

506

11

(-)

兵庫県

1

蒸溜所

1,160.73

(-)

41,371

249,545

315,921

2,814

8,571

6,391

4

(-)

兵庫県

福利厚生設  備

1,165.40

(1,160.73)

139

28,661

0

99

(-)

(注)1.帳簿価額には、建設仮勘定は含まれておりません。

2.土地面積のうち( )内の数値は賃借面積を内数で表示しており、ビル等のテナントとなっている店舗・事務所は省いて表示しております。

3.従業員数の( )内の数値はアルバイト、パート数を外書で表示しております。

4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

5.上記の金額には、資産除去債務に対応する除去費用の資産計上額は含まれておりません。

6.その他には、ソフトウエアが含まれております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

当社グループの設備投資については、投資効率等を総合的に勘案して計画しております。なお、令和3年8月31日現在の重要な設備の新設等の計画は、次のとおりであります。

(1)重要な設備の新設

 

セグメント

の名称

事業所名

(所在地)

設備の内容

投資予定金額

(千円)

資金調達

方法

着手及び完了予定年月

増床予定

面積

(㎡)

総額

既支払額

着手

完了

小売

芦屋WHISKY

(兵庫県芦屋市)

店舗

3,100

自己資金

令和3年8月

令和3年10月

77.49

その他

賃貸ビル

(神戸市灘区)

不動産賃貸

874,493

自己資金

及び借入金

令和3年9月

令和3年10月

2,674.06

合計

877,593

 

 

 

2,751.55

(注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.着手及び完成予定年月の「着手」には、建設又は改装工事等の始期又は契約締結日、「完了」には、営業開始日又は引渡日を記載しております。

 

(2)重要な改修

該当事項はありません。

 

(3)重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数

(株)

普通株式

100,000,000

100,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数(株)

(令和3年8月31日)

提出日現在発行数(株)

(令和3年11月26日)

上場金融商品取引所

名又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

30,325,252

30,325,252

東京証券取引所 JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数100株

30,325,252

30,325,252

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

平成28年11月30日

(注)1

32,258,453

50,000

6,451

6,451

令和3年7月30日

(注)2

△1,933,201

30,325,252

50,000

6,451

(注)1.資本準備金の増加は、資本剰余金を財源とする配当額の10分の1の額を積み立てたものであります。

2.令和3年7月30日付にて実施した自己株式の消却による減少であります。

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

令和3年8月31日現在

区分

株式の状況

(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の

状況

(株)

政府及び地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

4

19

37

12

8

5,423

5,503

所有株式数

(単元)

7,879

3,648

225,632

1,003

85

64,967

303,214

3,852

所有株式数

の割合

(%)

2.6

1.2

74.4

0.4

0.0

21.4

100.0

 

 

(6)【大株主の状況】

 

 

令和3年8月31日現在

氏名又は名称

住  所

所有株式数(千株)

発行済株式(自己株式を除く)の総数に対する所有株式数の割合(%)

TKマネジメント

神戸市中央区栄町通一丁目1番24号

21,630

71.3

株式会社四国銀行

高知県高知市南はりまや町一丁目1番1号

419

1.4

株式会社阿波銀行

徳島県徳島市西船場町二丁目24番地の1

323

1.1

セーラー広告株式会社

香川県高松市扇町二丁目7番20号

300

1.0

中島 春樹

神奈川県藤沢市

264

0.9

杉山 卓

大阪府河内長野市

249

0.8

株式会社タカハタ

徳島県徳島市中吉野町四丁目10番地

244

0.8

美津濃株式会社

大阪市中央区北浜四丁目1番23号

241

0.8

黒岩 康

静岡県三島市

214

0.7

窪田 知貴

東京都清瀬市

151

0.5

24,037

79.3

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

令和3年8月31日現在

区分

株 式 数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

 

完全議決権株式(その他)

普通株式

30,321,400

303,214

単元未満株式

普通株式

3,852

発行済株式総数

 

30,325,252

総株主の議決権

 

303,214

 

②【自己株式等】

該当事項はありません。

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

   該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数

(株)

処分価額の総額

(円)

株式数

(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得

自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

1,933,201

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

(-)

保有自己株式数

(注)当事業年度における「消却の処分を行った取得自己株式」の内訳は、令和3年7月30日付にて実施した自己株式の消却1,933,201株であります。

 

3【配当政策】

当社グループは、株主の皆様に対する利益還元策を重要課題の一つとして認識しており、1株当たりの年間配当金額を2円とした安定配当を基本とし、各期における業績等を勘案したうえで配当金額を検討してまいります。また、剰余金の配当の決定機関は取締役会であります。

当該利益還元の方針に基づき、当連結会計年度の期末配当につきましては、業績動向、財政状況及び今後の事業投資を総合的に勘案し、1株当たり3円00銭(普通配当2円00銭、特別配当1円00銭)の配当を決定しております。

内部留保資金につきましては、今後の持続的成長を図るための事業投資の必要性や、財務体質の強化を図る必要性を勘案し、活用してまいります。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議

株式の種類

配当の原資

配当の総額

1株当たり

配当額

基準日

効力発生日

令和3年10月15日

普通株式

利益剰余金

90百万円

3

令和3年8月31日

令和3年11月10日

取締役会

(注)当社は、会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって剰余金の配当等を行う旨の定款の定めをしており、中間配当、期末配当に加えて、基準日を定めて配当をすることができることとしております。

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、生活文化の質的向上を応援し200%の満足をお届けするというミッションのもと、質の高いコーポレート・ガバナンス体制を確立することで、当社グループ役職員がベクトルをあわせて活動し、顧客満足(CS)・社員満足(ES)を満たしていくことで会社満足(PS)を高め、これら3つの満足によってステークホルダーの皆様に貢献できる企業活動を目指しております。

そのために当社は、監査等委員会設置会社として、監査権や意見陳述権を有する監査等委員である取締役が取締役会において議決権を保有する体制を整え、取締役会による業務執行の監督機能を強化するとともに、重要な業務執行の決定を代表取締役社長に委任することで業務執行の迅速化を図る等、実効的なコーポレート・ガバナンスを確立することにより、適正な事業活動を持続的に営み、株主をはじめ顧客、取引先、従業員、地域社会等の全てのステークホルダーに対する責務を果たし、その信認を得ることが重要であると考えており、令和元年11月28日開催の定時株主総会の決議により、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行いたしました。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

(a) 企業統治の体制の概要

当社は、取締役会による経営に対する監督機能の向上を図りながら、経営の公正性及び透明性の確保を推進しており、経営における「監督機能」と「業務執行機能」をより明確に分離し、取締役会による監督機能を強化するとともに業務執行にかかる意思決定の迅速化を図るため令和元年11月28日開催の定時株主総会の決議により監査等委員会設置会社へ移行いたしました。

 

(各機関及び部署における運営、機能及び活動状況)

 

<取締役会>

当社の取締役会は、代表取締役社長を議長として、経営の基本方針、経営戦略等の重要な業務執行を審議・決定し、また個々の取締役の職務の執行の監督を行います。なお、当社は、定款において、重要な業務執行の決定の全部又は一部を取締役に委任することができる旨を定めております。

取締役会は、代表取締役社長久岡卓司氏を議長とし、新藤達也氏、川内真之氏、近藤寿彦氏、大西雅也氏及び堀本昌義氏の6名で構成され、うち大西雅也氏及び堀本昌義氏は独立性の高い社外取締役であります。

 

<監査等委員会>

当社の監査等委員会は、常勤監査等委員を議長として、取締役会における議決権の行使及び株主総会における取締役(監査等委員である取締役を除く。)の人事、報酬に関する意見陳述権の行使等を通じて、取締役会の意思決定過程及び取締役の業務執行状況の監査・監督を行います。

監査等委員会は、常勤監査等委員である取締役近藤寿彦氏を議長とし、大西雅也氏及び堀本昌義氏の3名で構成され、うち大西雅也氏及び堀本昌義氏は独立性の高い社外取締役であります。

 

<内部監査室>

当社の内部監査室は、代表取締役社長の直轄の部門として設置されており、人員は従業員1名であります。内部監査室は、法令及び規程に沿った業務活動が正しく行われているか等の監査を実施しております。また、全部門への業務監査を実施しており、必要に応じて業務委託先の監査を実施しております。

内部監査室は、監査等委員会と随時必要な情報を交換することで相互の連携を高めます。また、会計監査人と定期的な情報交換により、会計監査の状況を把握するとともに、会計監査の結果の報告を受けております。

 

<会計監査人>

当社は、会計監査人としてPwC京都監査法人を選任し、金融商品取引法及び会社法に基づく会計監査を受けております。

会計監査人とは通常の会計監査はもとより、ディスクロージャーの適時性と正確性を確保する観点から、個別案件ごとに適法性や会計基準の準拠に関して事前に確認を行い、適時アドバイスを受けております。

なお、当社とPwC京都監査法人との間には、特別の利害関係はありません。

 

<コンプライアンス委員会>

当社のコンプライアンス委員会は、コンプライアンス規程の定めに従い都度設置し、コンプライアンスの取り組みに関する、企画立案、付議、策定、実施、指導及び助言等を行います。

コンプライアンス委員会は、代表取締役社長久岡卓司氏、経営管理部長新藤達也氏、経営推進室長川内真之氏、取締役監査等委員近藤寿彦氏、取締役監査等委員大西雅也氏、取締役監査等委員堀本昌義氏、アクサス監査役数胴和也氏の7名で構成されます。また、コンプライアンス委員会の委員長は、代表取締役社長久岡卓司氏が任命いたします。

 

(会社の経営組織その他コーポレート・ガバナンス体制の概要)

 

0104010_001.jpg

(b) 当該体制を採用する理由

当社は、目まぐるしく変化する経営環境に迅速且つ柔軟に対応できる経営体制を確立し、経営の健全性及び透明性を高めるために、コーポレート・ガバナンスの充実・強化は最重要課題の一つと考えております。

具体的には、取締役会等の議論・決議に社外の視点から助言や意見を取り入れることで、意思決定の透明性、妥当性及び適正性を確保するとともに、独立社外取締役2名を選任し経営全般に対する監督機能を強化することで、健全性を高めております。また、監査等委員会、内部監査室及び会計監査人の三様監査が適切に連携し、全社の業務並びに会計を網羅的に監査することで、適切なコーポレート・ガバナンス体制が構築できるものと考えております。

以上の理由により、当社は本体制を採用しております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

(a) 責任限定契約の内容

当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額とします。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行について、善意で且つ重大な過失がないときに限られます。

 

(b) 取締役の定数

当社の取締役は、取締役(監査等委員であるものを除く)10名以内、監査等委員である取締役5名以内とする旨を定款に定めております。

 

(c) 取締役の選任及び解任の決議要件

当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任の決議は累積投票によらない旨を定款で定めております。

取締役の解任決議については、会社法第341条に基づき、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって実施しております。

 

(d) 内部統制システムの整備の状況

「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制の整備」についての決定内容の概要は以下のとおりであります。

(取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制)

イ.当社グループの社員等が遵守すべきものとして、「就業規則」、「有期労働者就業規則」、「個人番号及び特定個人情報取扱規程」、「内部統制規程」、「内部者取引防止規程」、「行動規範に係る小冊子」を整備し、担当役員は当社グループの社員等に周知徹底しております。

ロ.コンプライアンス規程を整備し、適宜委員会を開催できる環境を整えております。法令遵守に関する課題を把握し、対策を検討するとともに、対策の有効性を検証しております。

ハ.内部監査室は、各部門に対して、「内部監査規程」に基づき、法令及び社内規程の遵守状況、業務の効率性及び有効性等の監査を実施し、その結果を代表取締役社長に報告しております。

ニ.「内部通報規程」を制定し、法令違反等を未然又は早期に発見し、対応する体制を整備しております。

ホ.企業防衛連絡協議会へ入会し、警察の協力を得て企業に対するあらゆる暴力を効果的に予防するものとしております。また反社会的勢力に対しては常に注意を払うとともに、その不当要求に対しては組織的に対応をとって、このような団体・個人とは一切の関係を持たないものとしております。

 

(損失の危険の管理に関する規程その他の体制)

当社は、会社に重大な影響を及ぼす事態の発生防止に努める為、以下のとおり対策を実施する体制を整備しております。万一、不測の事態が発生した場合は、「リスク管理規程」に基づき、代表取締役社長を緊急対策本部長とする対策本部を設置し、緊急対策をとる体制としております。

イ.「リスク管理規程」を整備し、リスクマネジメントに関して必要な事項を定め、各部門の業務に係るリスク管理状況を把握し、対策を講じることができる体制としております。

ロ.リスク管理に関する規程として、「リスク管理規程」、「コンプライアンス規程」、「反社会的勢力対策規程」、「内部通報規程」を整備しております。

ハ.内部監査室は全部門に原則年1回以上の監査を実施しております。

 

(取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制)

当社は、取締役の職務権限を明確にするため「取締役会規程」、「職務権限規程」、「決裁権限一覧表」、「関係会社管理規程」及び「予算管理規程」等の整備を行い、業務の効率性を確保したうえで定期的に取締役会を開催し、迅速な意思決定と効率的な業務執行をしております。

 

(取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制)

取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理は、「文書管理規程」に従い適切に行い、取締役が求めた際には、いつでも当該文書を閲覧できるものとしております。

 

(当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制)

当社は、「関係会社管理規程」を整備しており、子会社の内部統制の有効性並びに妥当性を確保し、子会社より営業成績及び重要事項等、定期的に報告を受けており、子会社に重要なリスクが生じた場合は、速やかに報告を受ける体制を整備しております。また、経営管理部は事業予算を作成し、その進捗状況を当社の取締役会にて確認するものとしております。

内部監査室及び監査等委員会は、子会社の業務活動について、監査及び調査を実施しております。

 

(監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項と当該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く)からの独立性に関する事項及び監査等委員会の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項)

監査等委員会は「監査委員会監査等基準」を制定し、監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項と当該使用人の取締役からの独立性に関する事項を定めており、補助使用人の業務執行者からの独立性を確保するために補助使用人の権限、補助使用人の属する組織、人事異動、人事評価、懲戒処分等に対する監査等委員会の同意権を検討することとしております。

 

(当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)及び使用人並びにその子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査等委員会に報告をするための体制)

当社グループの社員等及びこれらの者から報告を受けた者は、監査等委員会に対して、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見した時は、当該事実に関する事項を規程に従い速やかに報告することとしております。また、監査等委員会が業務に関する事項や内部監査室が実施した監査結果に関して報告を求めた場合、遅滞なく報告し、報告を受けた監査等委員はその内容を監査等委員会において速やかに報告を行う体制を整備しております。会社は、監査等委員会への報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを行うことを禁止しております。

 

(監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制)

当社は、以下の項目について監査等委員会の監査が実効的に行われる環境を整備しております。

イ.監査等委員が、会社の重要情報についてアクセスできる環境。

ロ.常勤監査等委員は、代表取締役社長と定期的に面談を実施する。また常勤監査等委員は、会計監査人と定期的に意見及び情報の交換を行うとともに、必要に応じて会計監査人に報告を求める。

ハ.当社グループの社員等は、監査等委員会監査の重要性を十分に理解し、監査等委員会監査の環境を整備するよう努める。

ニ.監査等委員の職務執行について生じる費用又は債務は、監査等委員より請求のあった後、速やかに処理する。

 

(e) 反社会的勢力排除に向けた体制

(反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方)

当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える以下の反社会的勢力に対して、毅然とした態度を貫き、関係の遮断及び排除に努めることを基本方針としております。

イ.暴力団及びその構成員、準構成員。

ロ.暴力団関係企業及びその役員、従業員。

ハ.企業から株主配当以外の不当な利益等を要求する団体及びその構成員、準構成員並びに個人。

ニ.社会運動を標榜して不当な利益等を要求する団体及びその構成員、準構成員並びに個人。

ホ.公安調査庁公式資料による、公共の安全に影響を及ぼす恐れのある組織・団体・勢力。

 

(反社会的勢力への対応の整備状況)

当社は、反社会的勢力対策規程を整備し、反社会的勢力への基本姿勢について定めております。対応統括は常勤監査等委員とし、緊急時における警察への通報、弁護士等への相談を機動的に行えるように専門機関と緊密に連携し、対応できる体制を構築しております。また、反社会的勢力に関する情報の収集・管理は、対応統括に情報を集約し、一元的に管理する体制としております。

 

(f) リスク管理体制の整備の状況

当社は、経営に重大な影響を及ぼすおそれのある損失のリスクをトータル且つ適切に認識・評価する為、「リスク管理規程」、「コンプライアンス規程」、「反社会的勢力対策規程」、「内部通報規程」を整備しており、コンプライアンス委員会を設置できるものとしております。コンプライアンス委員会は当社取締役及び監査等委員、並びに子会社監査役で構成し、取締役会の直属機関として設置できるよう整備しております。

 

(g) 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

当社の子会社の業務の適正を確保するための体制は、「(d) 内部統制システムの整備の状況 (当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制)」に定める方針に基づき、体制を整備しております。

 

(h) 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

(i) 株主総会決議事項を取締役会決議で決定することができる事項

イ.剰余金の配当等の決定機関

 当社は、会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定めることができる旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。

 

ロ.自己の株式の取得

 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。

 

ハ.取締役の責任免除

 当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性6名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

取締役

社長

(代表取締役)

久岡 卓司

昭和48年1月25日

平成18年4月 アクサス設立代表取締役社長(現任)

平成20年6月 ACサポート代表取締役社長

平成25年4月 TKマネジメント

       代表取締役社長(現任)

平成25年7月 ACリアルエステイト代表取締役社長

平成28年3月 当社設立代表取締役社長(現任)

(注)2

21,630,100

(注)4

取締役

経営管理統括

新藤 達也

昭和45年5月10日

平成5年4月 株式会社四国銀行入行

平成28年8月 当社入社、経営推進室長

平成28年11月 当社取締役経営推進室長

平成29年9月 当社取締役経営管理部長(現任)

(注)2

16,365

(注)5

取締役

経営推進統括

川内 真之

昭和51年9月3日

平成18年8月 アクサス入社

平成29年9月 同社商品企画部長

平成30年4月 同社取締役商品企画部ディレクター

令和元年9月 同社取締役商品企画本部長(現任)

令和3年11月 当社入社、取締役経営推進室長

(現任)

(注)2

18,916

(注)5

取締役

(監査等委員)

近藤 寿彦

昭和49年6月29日

平成20年2月 アクサス入社

平成28年3月 当社入社

平成28年11月 当社内部監査室長

平成29年9月 当社経営推進室長

平成29年11月 当社取締役経営推進室長

令和3年11月 当社取締役(監査等委員)(現任)

(注)3

7,849

(注)5

取締役

(監査等委員)

大西 雅也

昭和49年5月14日

平成9年10月 監査法人トーマツ

       (現有限責任監査法人トーマツ)入所

平成18年8月 大西雅也公認会計士・税理士事務所開所所長(現任)

平成23年6月 サンキン株式会社社外監査役(現任)

平成26年11月 ACリアルエステイト社外監査役

平成28年3月 当社設立社外取締役

平成30年6月 ステラファーマ株式会社社外取締役(現任)

令和元年11月 当社社外取締役(監査等委員)

       (現任)

(注)

1,3

取締役

(監査等委員)

堀本 昌義

昭和37年10月30日

昭和61年9月 株式会社スリーズン入社

平成2年6月 株式会社日本広告入社

平成3年10月 有限会社マットプランニング入社

平成22年1月 株式会社オフィス・リゴレット

       代表取締役(現任)

平成23年11月 ACリアルエステイト社外監査役

平成28年3月 当社社外監査役

令和元年11月 当社社外取締役(監査等委員)

       (現任)

(注)

1,3

21,673,231

(注)1.大西雅也氏及び堀本昌義氏は、社外取締役であります。

2.取締役(監査等委員である取締役を除く)の任期は、令和3年8月期に係る定時株主総会終結の時から令和4年8月期に係る定時株主総会終結の時であります。

3.監査等委員である取締役の任期は、令和3年8月期に係る定時株主総会の終結の時から令和5年8月期に係る定時株主総会終結の時であります。

4.取締役社長久岡卓司氏の所有株式数は、同氏の資産管理会社であるTKマネジメントが所有する株式数を記載しております。

5.所有株式数は、持株会における持分を含めた実質的所有数であります。

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は2名であります。

社外取締役である大西雅也氏は、公認会計士・税理士としての豊富な経験と幅広い見地から、取締役会の意思決定の妥当性及び適正性を確保するための発言を行っております。

社外取締役である堀本昌義氏は、様々な事業会社で培われた豊富な経験、企業経営者としての経営に対する幅広い見識を有しております。

なお、上記社外取締役と当社とは重要な人的関係、資本的関係、取引関係並びに、就任・歴任の会社との利害関係はありません。

また当社は、社外取締役の選任にあたり、独立性に関する基準又は方針を設けておりませんが、選任にあたっては、株式会社東京証券取引所の独立役員に関する独立性に関する判断基準を参考にしており、社外取締役2名は、株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員として届出されています。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

 当社の内部監査室は代表取締役社長の直轄の部門として設置されており、人員は1名であります。内部監査室は、法令・規程に沿った業務活動が正しく行われているか等の監査を実施しております。また、全部門へ業務監査を実施しており、必要に応じて業務委託先の監査を実施しております。

 社外取締役である監査等委員は、監査等委員会を通じ、常勤監査等委員より往査の結果及び内部監査室が実施した内部監査の結果等の報告を受けております。また会計監査人とは、年間監査計画、重点監査項目等の説明会、四半期ごとの監査報告会、期末監査報告会等で連携を図っております。

 また、常勤監査等委員は内部監査室と随時必要な情報交換をすることで相互の連携を高め、会計監査人と定期的な情報交換により会計監査の状況を把握するとともに、会計監査の結果の報告を受けております。

 

(3)【監査の状況】

① 監査等委員会監査の状況

監査等委員会は内部監査室と随時必要な情報交換をすることで相互の連携を高め、会計監査人と定期的な情報交換により会計監査の状況を把握するとともに、会計監査の結果の報告を受けております。

また、社外監査等委員は、監査等委員会を通じ、常勤監査等委員より、常勤監査等委員からの往査や実査の結果及び内部監査室が実施した内部監査の結果等の報告を受けます。また会計監査人とは、年間監査計画、重点監査項目等の説明会、四半期ごとの監査報告会、期末監査報告会等で連携を図っております。

なお、社外監査等委員である大西雅也氏は、公認会計士・税理士として監査法人及び会計事務所での職務で培った豊富な経験並びに上場会社の関係諸法令に関する専門知識と高い見識を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

当社は監査等委員会を15回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次のとおりであります。

 

氏名

開催回数

出席回数

福井章二

15回

15回

大西雅也

15回

15回

堀本昌義

15回

15回

監査等委員会における主な検討事項として、監査等委員会が定めた監査方針・監査計画に基づき、監査の進捗について協議するほか、必要に応じて会計監査人と監査実施上の問題点等についても情報交換を行い、相互連携を図っております。

また、常勤監査等委員の活動として、重要な会議への出席、重要な決裁文書等の閲覧、内部監査部門と情報共有等を行い、取締役会の意思決定の過程及び取締役の業務執行状況について監査・監督しております。

 

② 内部監査の状況

 当社の内部監査室は代表取締役社長の直轄の部門として設置されており、人員は1名であります。内部監査室は、法令・規程に沿った業務活動が正しく行われているか等の監査を実施しております。また、全部門へ業務監査を実施しており、必要に応じて業務委託先の監査を実施しております。

 

③ 会計監査の状況

(a) 監査法人の名称

 PwC京都監査法人

 

(b) 継続監査期間

 6年間

 

(c) 業務を執行した公認会計士

業務を執行した公認会計士については、以下のとおりであります。

業務を執行した公認会計士の氏名

指定社員 業務執行社員 高井 晶治(PwC京都監査法人)

指定社員 業務執行社員 浦上 卓也(PwC京都監査法人)

 

(d) 監査業務に係る補助者の構成

監査業務に係る補助者の構成については、以下のとおりであります。

会計監査業務に係る

補助者の構成

公認会計士3名、その他11名

 

(e) 監査法人の選任方針と理由

当社は、監査法人の選任にあたり、監査の過程における指導力及び当社グループ実態の理解等を総合的に勘案し決定しております。

PwC京都監査法人の選任理由として、同監査法人は、当社の連結子会社であるアクサス及び連結子会社であったACリアルエステイトの会計監査人を歴任し、両社はその指摘に沿って経理処理、内部統制体制等について改善活動を行ってまいりました。当社の設立にあたり、その過程における指導力や当社の連結子会社の実態を熟知していること等を総合的に勘案し、PwC京都監査法人を会計監査人に選任するに至りました。

また監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当するときは、その事実関係を調査のうえ、会計監査人の解任の是非について審議を行います。監査等委員全員の同意により解任したときは、その旨及び理由を解任後最初に招集される株主総会に報告いたします。

監査等委員会は、会計監査人が適格性、独立性を害する事由の発生により、適切な監査の遂行が困難であると認められる場合には、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定します。取締役会は、監査等委員会が会計監査人の解任又は不再任を株主総会の目的にするよう請求したときは、これを株主総会の目的とします。これらの場合は、取締役会と監査等委員会との間でその理由等について意思疎通を図るとともに、株主総会参考書類にその理由を記載します。

 

(f) 監査等委員会による監査法人の評価

当社の監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、会計監査人との定期的な意見交換や確認事項の聴取、監査実施状況の報告等を通じて、監査等委員会の定める評価基準に基づき評価をしております。

 

④ 監査報酬の内容等

(a) 監査公認会計士等に対する報酬

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に

基づく報酬

(千円)

非監査業務に

基づく報酬

(千円)

監査証明業務に

基づく報酬

(千円)

非監査業務に

基づく報酬

(千円)

提出会社

20,000

20,475

連結子会社

20,000

20,475

 

(b) 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬((a)を除く)

該当事項はありません。

 

(c) その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

(d) 監査報酬の決定方針

当社グループの監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査等委員会において、監査計画にて予定される監査業務の日数、監査業務に係る人員数、当社監査に係る業務量等を総合的に勘案し、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であるかどうかについて検証を行い、監査等委員会の同意を得て会計監査人の報酬等の額について決定いたします。

 

(e) 監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査等委員会が会社法第399条第1項の同意をした理由は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りの算出根拠等を確認した結果、適正な金額であると判断したためであります。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、報酬の額については、株主総会で定められた限度額の範囲内で、監査等委員でない取締役については取締役会の決議により、監査等委員である取締役については、取締役会の意見を尊重し、監査等委員会で協議しております。

監査等委員でない取締役(定款上の員数は10名以内、本書提出日現在は3名)の報酬等は、令和元年11月28日開催の第4期定時株主総会において年額200百万円以内、監査等委員である取締役(定款上の員数は5名以内、本書提出日現在は3名)の報酬等は、同株主総会において、年額30百万円以内と決議をいただいております。

また、当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動は、取締役会において、役員の報酬等の総額及び配分等の適正性を検討並びに協議のうえ、決議しております。

 

② 役員区分ごとの報酬額の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額

(百万円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

業績連動報酬

役員退職

慰労引当金

繰入額

左記のうち、非金銭報酬等

取締役(監査等委員及び社外取締役を除く)

103

89

14

3

監査等委員(社外取締役を除く)

4

4

0

1

社外役員

4

4

2

(注)1.当社の取締役の報酬については、監査等委員でない取締役の報酬は固定報酬であり、各取締役の役位や役割・責務、駐在地等に応じて取締役会が決定し、毎月現金にて支給しております。

2.監査等委員である取締役の報酬は、業務執行を行う他の取締役から独立した立場にあることを考慮して固定報酬のみで構成され、毎月現金にて支給しております。

3.社外役員の報酬は、業務執行を行う他の取締役から独立した立場にあることを考慮して固定報酬のみで構成され、毎月現金にて支給しております。

 

(5)【株式の保有状況】

 当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会社)であるアクサスの株式の保有状況については以下のとおりです。

 

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社グループは、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、取引関係の維持強化及び財務活動の円滑化等によって当社の企業価値向上に資する政策目的として保有するものを純投資目的以外の目的である投資株式として区分し、それ以外の目的で保有するものを純投資目的である投資株式として区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

(a) 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社グループは、規程により政策保有目的である株式の取得及び処分については、取締役会にて、保有の合理性を検証し決議を行います。また、保有するすべての上場株式について、個別銘柄ごとの有価証券評価差額金の状況及び取引状況等を取締役会へ報告しております。

検証内容としては、収益性のほか、良好な取引関係構築による、企業価値向上の観点から保有の合理性及び保有の適否を検証しております。

 

(b) 銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

7

108,294

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の増加に係る取得

価額の合計額(千円)

株式数の増加の理由

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

 

銘柄数

(銘柄)

株式数の減少に係る売却

価額の合計額(千円)

非上場株式

非上場株式以外の株式

 

(c) 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄

当事業年度

前事業年度

保有目的、定量的な保有効果

及び株式数が増加した理由(注)

当社の株式の

保有の有無

株式数(株)

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

貸借対照表計上額

(千円)

株式会社阿波銀行

21,600

21,600

良好な取引関係構築を目的に保有。銀行取引を含めた協力関係により企業価値の向上に寄与。

47,282

51,624

株式会社四国銀行

3,400

3,400

良好な取引関係構築を目的に保有。銀行取引を含めた協力関係により企業価値の向上に寄与。

2,482

2,618

セーラー広告株式会社

60,000

60,000

営業推進上の良好な取引関係構築を目的に保有。販売促進活動等の営業取引において寄与。

16,800

17,640

大正製薬ホールディングス株式会社

1,500

1,500

営業推進上の良好な取引関係構築を目的に保有。商品仕入等の営業取引において寄与。

9,630

9,780

トモニホールディングス株式会社

12,000

12,000

同社の子会社である㈱徳島銀行及び㈱香川銀行との良好な取引関係構築を目的に保有。銀行取引を含めた協力関係により企業価値の向上に寄与。

3,876

4,068

美津濃株式会社

9,200

9,200

営業推進上の良好な取引関係構築を目的に保有。商品仕入等の営業取引において寄与。

24,058

17,489

株式会社みずほフィナンシャルグループ

2,700

27,000

同社の子会社である㈱みずほ銀行及びみずほ証券㈱等との良好な取引関係構築を目的に保有。銀行取引を含めた協力関係により企業価値の向上に寄与。

4,166

3,882

(注)1.特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性について記載しております。

2.株式会社みずほフィナンシャルグループの株式数については、令和2年10月1日付で普通株式10株を1株に併合する株式併合が実施されたため、併合後の株式数で記載しております。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。

また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(令和2年9月1日から令和3年8月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(令和2年9月1日から令和3年8月31日まで)の財務諸表について、PwC京都監査法人により監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みとして、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、同機構より提供される情報等の入手及びその他の外部専門機関から提供される情報等の入手を図ることで、会計基準等の内容を適切に理解するとともに、会計基準等の変更について適切に対応することができる体制の整備に努めております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(令和2年8月31日)

当連結会計年度

(令和3年8月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

3,268,358

4,058,171

売掛金

478,791

369,912

たな卸資産

※2 4,125,700

※2 4,545,607

預け金

30,827

30,358

未収還付法人税等

8,168

45,945

その他

249,169

197,742

貸倒引当金

189

1,447

流動資産合計

8,160,826

9,246,289

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

4,711,309

4,930,858

減価償却累計額

2,754,504

2,867,687

建物及び構築物(純額)

※1 1,956,805

※1 2,063,170

機械装置及び運搬具

27,574

342,373

減価償却累計額

25,879

25,739

機械装置及び運搬具(純額)

1,695

※1 316,633

什器備品

1,069,983

1,063,626

減価償却累計額

874,508

897,201

什器備品(純額)

195,475

166,424

リース資産

6,149

12,779

土地

※1 5,590,963

※1 5,429,154

建設仮勘定

88,393

6,062

有形固定資産合計

7,839,481

7,994,225

無形固定資産

 

 

借地権

30,296

58,348

ソフトウエア

59,041

48,234

電話加入権

7,821

7,821

無形固定資産合計

97,159

114,405

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※1 107,101

※1 108,294

繰延税金資産

370,466

338,756

敷金及び保証金

531,180

528,227

破産更生債権等

12,128

4,686

その他

121,006

179,686

貸倒引当金

12,128

4,686

投資その他の資産合計

1,129,754

1,154,965

固定資産合計

9,066,395

9,263,595

繰延資産

 

 

社債発行費

14,955

11,214

繰延資産合計

14,955

11,214

資産合計

17,242,177

18,521,099

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(令和2年8月31日)

当連結会計年度

(令和3年8月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

586,130

535,221

短期借入金

※1,※3,※4 10,380,000

※1,※3,※4 10,790,000

1年内返済予定の長期借入金

※1 288,636

※1 263,300

リース債務

3,034

4,136

未払法人税等

21,883

23,068

賞与引当金

29,147

29,620

ポイント引当金

16,112

13,305

構造改革関連費用引当金

450

資産除去債務

11,892

未払金

223,123

301,892

その他

135,888

54,088

流動負債合計

11,696,298

12,014,632

固定負債

 

 

長期借入金

※1 2,578,183

※1 3,365,945

社債

※1 500,000

※1 500,000

リース債務

4,751

10,203

役員退職慰労引当金

64,800

79,200

資産除去債務

183,456

183,103

受入保証金

278,542

294,769

その他

60,298

51,790

固定負債合計

3,670,032

4,485,011

負債合計

15,366,330

16,499,644

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

50,000

50,000

資本剰余金

 

 

資本準備金

6,451

6,451

その他資本剰余金

1,776,695

1,680,035

資本剰余金合計

1,783,147

1,686,487

利益剰余金

 

 

利益準備金

6,048

6,048

その他利益剰余金

135,968

280,790

利益剰余金合計

142,016

286,839

自己株式

96,660

株主資本合計

1,878,504

2,023,326

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

2,657

1,871

その他の包括利益累計額合計

2,657

1,871

純資産合計

1,875,846

2,021,455

負債純資産合計

17,242,177

18,521,099

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 令和元年9月1日

 至 令和2年8月31日)

 当連結会計年度

(自 令和2年9月1日

 至 令和3年8月31日)

売上高

12,488,896

11,807,430

売上原価

※3 9,112,899

※3 8,595,371

売上総利益

3,375,997

3,212,058

販売費及び一般管理費

※1 2,954,955

※1 2,840,023

営業利益

421,042

372,034

営業外収益

 

 

受取利息

480

426

受取配当金

2,297

2,115

受取負担金

10,050

資産除去債務戻入益

1,171

10,503

その他

7,987

14,593

営業外収益合計

21,986

27,638

営業外費用

 

 

支払利息

89,923

89,448

為替差損

12,247

8,919

その他

19,416

28,176

営業外費用合計

121,586

126,544

経常利益

321,442

273,128

特別利益

 

 

固定資産売却益

6,225

受取和解金

18,000

構造改革関連費用引当金戻入額

11,782

特別利益合計

29,782

6,225

特別損失

 

 

構造改革関連費用