EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

北海道財務局長

【提出日】

2021年8月11日

【事業年度】

第5期(自  2020年5月16日  至  2021年5月15日)

【会社名】

サツドラホールディングス株式会社

【英訳名】

SATUDORA HOLDINGS CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長兼CEO   富山  浩樹

【本店の所在の場所】

札幌市東区北八条東四丁目1番20号
(2020年9月28日から本店所在地 札幌市北区太平三条一丁目2番18号が上記のように移転しております。)

【電話番号】

(011)788-5166(代表)

【事務連絡者氏名】

経営管理グループグループリーダー    加賀谷 大輔

【最寄りの連絡場所】

札幌市東区北八条東四丁目1番20号

【電話番号】

(011)788-5166(代表)

【事務連絡者氏名】

経営管理グループグループリーダー    加賀谷 大輔

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

証券会員制法人札幌証券取引所

(札幌市中央区南一条西五丁目14番地の1)

 

 

E32381 35440 サツドラホールディングス株式会社 SATUDORA HOLDINGS CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cte cte 2020-05-16 2021-05-15 FY 2021-05-15 2019-05-16 2020-05-15 2020-05-15 1 false false false E32381-000 2021-08-11 E32381-000 2016-08-16 2017-05-15 E32381-000 2017-05-16 2018-05-15 E32381-000 2018-05-16 2019-05-15 E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 E32381-000 2017-05-15 E32381-000 2018-05-15 E32381-000 2019-05-15 E32381-000 2020-05-15 E32381-000 2021-05-15 E32381-000 2016-08-16 2017-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2017-05-16 2018-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2018-05-16 2019-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2017-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2018-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:RetailBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:ITSolutionBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row1Member E32381-000 2021-08-11 jpcrp_cor:Row1Member E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:TomiyamaMutsuhiroMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:TomiyamaMitsueMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:TomiyamaHirokiMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:YoshidaToshiyaMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:YamatoyaSatoruMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:TakadaHiroshiMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:EndoYoshiharuMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:SekineJunMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:YamamotoAkihikoMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:KawakamiKazuoMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp030000-asr_E32381-000:NakamuraMakiMember E32381-000 2021-08-11 jpcrp_cor:Row2Member E32381-000 2021-08-11 jpcrp_cor:Row3Member E32381-000 2021-08-11 jpcrp_cor:Row4Member E32381-000 2021-08-11 jpcrp_cor:Row5Member E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:DirectorsExcludingAuditAndSupervisoryCommitteeMembersAndOutsideDirectorsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:DirectorsAppointedAsAuditAndSupervisoryCommitteeMembersExcludingOutsideDirectorsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row1Member E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row2Member E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row2Member E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row3Member E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row3Member E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row4Member E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row4Member E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row5Member E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row5Member E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row6Member E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row6Member E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:Row7Member E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:Row7Member E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:NonControllingInterestsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:RetailBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:RetailBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:ITSolutionBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:ITSolutionBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:RetailBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp030000-asr_E32381-000:ITSolutionBusinessReportableSegmentMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E32381-000 2020-05-15 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32381-000 2021-05-15 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jpcrp_cor:UnallocatedAmountsAndEliminationMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2019-05-16 2020-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2020-05-16 2021-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32381-000 2021-05-15 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第1期

第2期

第3期

第4期

第5期

決算年月

2017年5月

2018年5月

2019年5月

2020年5月

2021年5月

売上高

(百万円)

87,844

78,482

84,649

89,304

83,240

経常利益

(百万円)

1,333

774

448

885

607

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

708

149

29

115

574

包括利益

(百万円)

726

143

201

93

544

純資産額

(百万円)

8,398

8,391

8,463

8,251

8,672

総資産額

(百万円)

30,331

33,008

35,867

36,642

38,299

1株当たり純資産額

(円)

1,821.54

1,819.02

1,799.97

1,787.69

1,876.77

1株当たり
当期純利益金額

(円)

154.26

32.58

6.40

25.19

125.10

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益金額

(円)

125.08

自己資本比率

(%)

27.6

25.3

23.1

22.4

22.5

自己資本利益率

(%)

8.8

1.8

0.4

1.4

6.8

株価収益率

(倍)

13.7

70.3

292.3

80.6

17.4

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,322

1,493

911

1,651

3,372

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,463

2,468

2,065

2,163

1,201

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

545

883

1,381

204

3,394

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

1,693

1,594

1,834

1,518

2,659

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

784

1,012

1,144

1,089

1,055

(1,530)

(1,611)

(1,657)

(1,623)

(1,562)

 

(注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2. 第1期及び第2期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第3期及び第4期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第1期連結会計年度の連結財務諸表は、単独株式移転により完全子会社となった株式会社サッポロドラッグストアーの連結財務諸表を引き継いで作成しております。

  これに伴い、当社グループの連結財務諸表における当社及び連結子会社の会計期間は以下の通りとなります。

会社名

会計期間

月数

サツドラホールディングス株式会社

2016年8月16日~2017年5月15日

9ヶ月

株式会社サッポロドラッグストアー

2016年2月16日~2017年5月15日

15ヶ月

Creare株式会社

2016年2月16日~2017年5月15日

15ヶ月

株式会社リージョナルマーケティング

2016年2月1日~2017年4月30日

15ヶ月

 

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第1期

第2期

第3期

第4期

第5期

決算年月

2017年5月

2018年5月

2019年5月

2020年5月

2021年5月

営業収益

(百万円)

732

388

756

822

778

経常利益

(百万円)

530

38

183

257

170

当期純利益

(百万円)

518

22

160

130

152

資本金

(百万円)

1,000

1,000

1,000

1,000

1,000

発行済株式総数

(株)

4,742,000

4,742,000

4,742,000

4,742,000

4,742,000

純資産額

(百万円)

8,935

8,791

8,513

8,517

8,543

総資産額

(百万円)

8,993

8,855

8,634

8,639

8,662

1株当たり純資産額

(円)

1,884.24

1,853.87

1,852.82

1,853.21

1,858.47

1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)

(円)

35.00

28.00

28.00

28.00

28.00

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり
当期純利益金額

(円)

109.33

4.65

33.87

28.39

33.26

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益金額

(円)

33.25

自己資本比率

(%)

99.3

99.3

98.6

98.6

98.6

自己資本利益率

(%)

6.0

0.2

1.9

1.5

1.8

株価収益率

(倍)

19.4

492.9

55.2

71.5

65.5

配当性向

(%)

32.0

602.2

82.7

98.6

84.2

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

株主総利回り

(%)

107

117

98

107

116

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

(124)

(145)

(127)

(123)

(162)

最高株価

(円)

2,279

2,558

2,422

2,179

2,354

最低株価

(円)

1,818

1,862

1,556

1,413

1,852

 

(注) 1. 営業収益には、消費税等は含まれておりません。

2. 第1期及び第2期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第3期及び第4期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第1期は、2016年8月16日から2017年5月15日までの9ヶ月間となっております。

4.第1期の1株当たり配当額35円には、持株会社設立記念配当8円を含んでおります。

5.当社は純粋持株会社であるため、従業員数の記載を省略しております。

6.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

7.当社は、2016年8月16日に設立され上場したため、第1期の最高株価及び最低株価は設立後から2017年5月15日までの期間におけるものであります。

 

2 【沿革】

年月

事項

2016年8月

株式会社サッポロドラッグストアーが単独株式移転により当社を設立し、東京証券取引所市場第一部に株式を上場(株式会社サッポロドラッグストアーは2016年8月に上場廃止)

2017年6月

子会社 エーアイ・トウキョウ・ラボ(東京都千代田区)を取得

 

子会社 GRIT WORKS株式会社(札幌市北区)を設立

2017年8月

子会社 台湾札幌薬粧有限公司(台北市)を設立

2017年9月

子会社 VISIT MARKETING株式会社(札幌市中央区)を設立

 

エーアイ・トウキョウ・ラボ株式会社からAI TOKYO LAB株式会社へ商号変更

2018年12月

子会社 株式会社シーラクンス(札幌市北区)を取得

2019年2月

AI TOKYO LAB株式会社からAWL株式会社へ商号変更

2019年9月

当社の保有する株式の一部を譲渡し、AWL株式会社を当社の連結子会社から除外

 

AWL株式会社とAIカメラソリューションサービスの共同開発等の連携を目的として、業務提携契約を締結

2020年5月

株式会社リージョナルマーケティングを存続会社とし、VISIT MARKETING株式会社を吸収合併

2020年11月

 子会社 RxR Innovation Initiative株式会社(札幌市東区)を設立

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、及び連結子会社7社、並びに関連会社3社の計11社により構成されております。当社グループは、主にドラッグストアと調剤薬局の運営を行うリテール事業を中心に、ITソリューション事業にてPOSアプリケーションの開発や販売等を行っております。

当社グループの事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次の通りであります。また、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

 当社は有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

区分

内容

リテール事業

・ドラッグストアの運営

・調剤薬局の運営、及び健康サービスの提供

ITソリューション事業

・POSアプリケーションの開発、及び販売等

その他事業

・マーケティング、インバウンド関連の支援サービスの提供等

・プログラミングスクールの運営等

・インターネットを利用した各種情報提供サービス等

 

 

事業系統図は次のとおりであります。


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有
(又は被所有)
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社サッポロドラッグストアー
(注)2、3

札幌市

東区

100百万円

ドラッグストア及び保険調剤薬局等による医薬品、化粧品、日用品、食品等の販売業務

100.0

経営指導、資金の貸付
役員の兼任あり

(連結子会社)

 

 

 

 

 

Creare株式会社

札幌市

東区

10百万円
 

物品の輸出入、製造、卸売、販売業務

100.0

(100.0)

役員の兼任あり

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社リージョナルマーケティング 
(注)2

札幌市

東区

141百万円

ポイントカード事業、決済サービス事業におけるマーケティング業務

インバウンド関連企業への各種仲介及びインバウンドマーケティング業務

80.0

役員の兼任あり

(連結子会社)

 

 

 

 

 

GRIT WORKS株式会社

札幌市
東区

10百万円

POSシステム等の開発、販売、リース業務

66.0

資金の貸付

役員の兼任あり

(連結子会社)

 

 

 

 

 

台湾札幌薬粧有限公司

台湾

20百万
新台湾ドル

卸売業務

100.0

(100.0)

役員の兼任あり

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社シーラクンス

札幌市
東区

25百万円

学習塾及び語学学校の経営、教育に関するソフトウェアの開発、製作、販売

100.0

役員の兼任あり

(連結子会社)

 

 

 

 

 

RxR Innovation Initiative株式会社

(注)4

 

札幌市
東区

10百万円

企業コミュニティ向けのインターネットを利用した各種提供サービス、イベント及びセミナーの企画、制作、運営等

75.0

役員の兼任あり

 

(注)1 「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の(内書)は間接所有であります。

2 特定子会社であります。

3 株式会社サッポロドラッグストアーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等 ①売上高        82,663 百万円

②経常利益         580

③当期純利益          484

④純資産額        8,237

⑤総資産額       36,506

4 RxR Innovation Initiative株式会社は、2020年11月24日に新たに設立し、連結の範囲に含めております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

 

2021年5月15日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

リテール事業

981

(1,552)

ITソリューション事業

2

-)

その他

24

(4

全社(共通)

48

(6)

合計

1,055

(1,562)

 

(注) 従業員数は就業人員数であり、パート社員及びアルバイト(1日8時間換算)は年間の平均人員数を(  )外数で記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

当社は純粋持株会社であるため、記載を省略しております。

 

(3) 労働組合の状況

当社の完全子会社である株式会社サッポロドラッグストアーの労働組合の状況は以下のとおりです。

1.名称          UAゼンセン同盟サッポロドラッグストアーユニオン

2.上部団体名    UAゼンセン同盟

3.結成年月日    2006年12月18日

4.組合員数      2,672人(2021年5月15日現在)

5.労使関係      労使関係はきわめて良好に推移しております。

 

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(2021年5月15日)現在において当社グループが判断したものであります。

(1)会社の経営の基本方針

当社グループは、「健康で明るい社会の実現に貢献する」をミッション(当社グループの社会的な存在意義)と位置付け、ビジョン(ミッションを達成するために、いま当社グループが為すべきこと)として「ドラッグストアビジネスから地域コネクティッドビジネスへ」を、バリュー(これからも大切にしていきたい価値観)として「地域とつながる場がある」「地域をつなげるコミュニティがある」「未来へつなぐ課題解決力がある」をそれぞれ設定し、地域のお客様に寄り添ったサービスを展開しております。

 

(2)目標とする経営指標

当社グループでは、2022年5月期を初年度として策定しました中期経営計画において数値目標を掲げており、最終年度となる2026年5月期の数値目標として「連結売上高1,200億円、連結営業利益36億円、連結営業利益率3.0%」を目指しております。

 

(3)経営環境

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業収益、景況感の悪化、個人消費の減退や、入国制限措置などによるインバウンド需要消失など厳しい状況で推移いたしました。2020年5月に政府による緊急事態宣言が解除されて以降、個人消費や企業の経済活動に一部持ち直しの動きが見られたものの、その後の感染再拡大により緊急事態宣言が複数回発出されるなど、依然として先行き不透明な状況が続いております。

当社グループが主に事業を行うドラッグストア業界においては、新型コロナウイルス感染症の予防を目的とする新しい生活様式の浸透により、マスクや消毒液などの衛生関連用品の需要が高く推移したことや、巣ごもり消費の拡大による食料品、日用品の需要増加など、販売動向が大きく変化いたしました。また、非接触志向の高まりなどにより、キャッシュレス決済の利用が増加するなど、消費者のデジタルシフトが進みました。一方で、リモートワークの普及といったライフスタイルの変化に伴う化粧品需要の減少のほか、インバウンド需要の消失、業界の垣根を越えた競争の激化やM&Aによる業界再編の動きが見られるなど、経営環境が大きく変化しております。

 

(4)中長期的な会社の経営戦略及び優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

 2022年5月期から2026年5月期までの中期経営計画を策定し、そのテーマに「地域の生活総合グループへの進化」を掲げ、以下の4つの基本戦略を積極的に推進してまいります。

 

<中期経営計画>

①店舗の生活総合化戦略

・収益基盤の強化

本格的ESLPを中心にローコストオペレーションを追求し、収益構造を改善することにより、店舗の生活総合化に向けた収益基盤を構築していきます。

・商品カテゴリーの拡大

生鮮品を含む食品の取り扱い強化をはじめ、ラインロビングを進めることによって、小商圏でも成り立つ収益モデルを確立し、出店余地を拡大していきます。

・生活サービスの実装

北海道内でドミナント化した店舗を舞台に、地域住民の生活を支えるサービスを実装することにより、地域の価値向上とグループの成長をリンクさせていきます。

②地域プラットフォーム戦略

・EZOCA経済圏の拡大

共通ポイントカード「EZOCA」の加盟店やサービスを拡大し、カードの利便性を高めることにより、会員数・トランザクションを拡大しデータを蓄積していきます。

・ビッグデータの活用

EZOCA経済圏拡大により蓄積した顧客情報や決済情報に関するビッグデータ・サツドラウォークのヘルスケアデータを活用し、新たな価値を創造していきます。

・地域通貨構想の実現

北海道内約200店舗のリアル店舗と196万人超のEZOCA会員をベースに北海道内全域で日常消費に使える地域通貨を社会実装し、地域経済を活性化していきます。

③コラボレーション戦略

・自治体連携の拡大と深化

自治体/スポーツチーム/学校との連携を強化し、多角化で獲得した多様なリソースを掛け合わせ、地域の社会課題をビジネスで解く成功モデルを創出していきます。

・企業パートナーシップの強化

企業/経済コミュニティを活用しながら、課題ドリブンの発想で地域課題に取り組み、単なるアウトソーシングでない形で企業パートナーシップを強化していきます。

・オープンイノベーションの推進

リアル店舗があり、地域住民との高頻度なタッチポイントを持つ強みを活かし、ベンチャー企業を含む社外パートナーと協業し、イノベーションを促進していきます。

④組織戦略

・多様性のある組織づくり

コラボレーション戦略を最大限に機能させ、多様な人材が活躍できるよう制度と風土づくりに取り組み、社内外の知見を積極的に取り入れる組織を構築していきます。

・ガバナンスの強化

地域の生活総合グループを目指す上で、幅広いステークホルダーへの説明責任を果たし、企業価値向上に向けコーポレート・ガバナンス体制の充実化を図っていきます。

・生産性の向上

グループの生産性向上を目指し、テクノロジーを積極的に取り入れ、デジタルトランスフォーメーションを推進することで絶えず業務プロセスを効率化していきます。

 

2 【事業等のリスク】

当社グループの経営成績、財政状態及び投資者等の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、これらは、当社グループの事象等に関するリスクをすべて網羅するものではないことにご留意ください。

また、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(2021年5月15日)現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)新型コロナウイルス感染症の影響について 

新型コロナウイルス感染症拡大による影響により個人消費、及び企業活動への影響の長期化が懸念され、先行きは依然として不透明な状況にあります。当社グループにおいても、事業展開をしている地域や当社店舗、並びにテナントとして入居する大型商業施設において感染者が発生し店舗運営に支障をきたした場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。

また調剤薬局においては、感染拡大防止のための外来受診抑制等による処方日数の長期化により、処方箋単価は増加する一方、処方箋枚数は減少することから調剤報酬へも影響する可能性があります。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積りへの反映については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載しております。

 

(2)法的規制等について

①「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下、「医薬品医療機器等法」という。)」等による規制について

当社グループは「医薬品医療機器等法」で定義する医薬品等を販売するにあたり、その内容により、都道府県等の許可・登録・指定・免許及び届出を必要としており、医薬品販売業許可、薬局開設許可及び保険薬局指定等の許可を受けて営業しております。

2009年6月の改正薬事法施行に伴い、一般用医薬品がリスクの程度に応じて3つのグループに分類され、このうちリスクの程度が低い2つのグループについては、登録販売者の資格を有する者でも販売が可能となりました。さらに、2014年6月施行の改正薬事法による一般用医薬品のインターネット販売の解禁や、2021年8月施行の改正医薬品医療機器等法による一般用医薬品の販売時間規制の撤廃など、医薬品における異業種からの参入障壁が低くなっております。今後、このような販売自由化が進展した場合、その動向によっては、当社グループの収益に影響を与える可能性があります。

さらに、食品の一部、たばこ、酒類等の販売についても、食品衛生法等それぞれ関係法令に基づき、所轄官公庁の許可・免許・登録等を必要としており、法令等の改正により当社グループの収益に影響を与える可能性があります。

②出店に関する規制等について

当社グループは、ドラッグストア(及び調剤薬局)の多店舗展開を行っておりますが、売場面積が1,000㎡超となる新規出店及び既存店増床を行う場合、「大規模小売店舗立地法」の規定に基づき、当該店舗の周辺地域における生活環境保持のために、都道府県又は政令指定都市が主体となって一定の審査が行われます。

したがいまして、物件の確保や上記審査の進捗状況等によりましては、新規出店又は増床計画の変更・遅延により、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。

 

(3)医療制度の改革について

近年、各種の医療制度の改革が実施されており、今後も各種の医療制度改革の実施が予想されます。その動向によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)消費税等の負担増による個人消費について

当社グループは、医薬品や食料品を中心とした生活必需品の小売販売を主要事業としており、消費税率の引上げなどが実施され、個人消費が落ち込んだ場合、当社グループの業績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)調剤報酬及び薬価基準の改定について

当社グループの調剤売上は、薬剤に係る収入と調剤技術に係る収入から成り立っております。

薬剤に係る収入は、健康保険法に定められた「薬価基準」という公定価格によっております。また、調剤技術に係る収入も、健康保険法に定められた調剤報酬の点数によっております。

2021年度から毎年実施される薬価基準改定や2年に1回改定される調剤報酬の点数等の変更内容によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)調剤薬の欠陥・調剤過誤等について

当社グループの調剤薬局におきましては、薬剤師の調剤に対する技術の向上、医薬品に対する知識の充実に積極的に取り組んでおります。また、調剤過誤を防止すべく交差鑑査体制及び服薬指導時における薬品名・用量確認など細心の注意を払って調剤業務を行っております。なお、万一に備え、調剤薬局全店舗において「薬局賠償責任保険」に加入しております。

しかしながら、調剤薬の欠陥・調剤過誤などにより訴訟を受けることになった場合、当社グループの社会的信用を損なうなどの理由により業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)資格者の確保について

ドラッグストア及び調剤薬局等医薬品を取り扱う店舗の運営には「薬剤師」「登録販売者」等の資格者の配置が義務付けられております。

したがいまして、これらの資格者の確保が充分にできない場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)大規模災害による影響について

当社グループは、北海道全域に拠点をもっておりますが、道央地区に出店が集中しております。したがいまして、この地域において大規模災害が発生した場合には、店舗の運営に支障をきたし、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9)商品の安全性について

近年消費者の安全・安心に対する要求が一層高まっております。お客様の信頼を高めるため品質管理、商品管理体制を引き続き強化してまいりますが、今後、品質問題等により商品の生産、流通に支障が生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(10)PB(プライベートブランド)商品について

当社グループでは、PB商品の開発・販売を行っております。商品開発にあたっては、品質の管理チェック、外装・パッケージ等の表示・表現の適正さについて、各種関連法規・安全性・責任問題等、多角的な視点から適正化を行っております。
 しかしながら、当社グループのPB商品に起因する事件・事故等が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(11)個人情報保護について

当社グループは、ポイントカードシステムの運用に伴う顧客情報、調剤業務に伴う患者情報を保有しており、これらの情報の中には顧客又は患者個人のプライバシーに関わるものが含まれております。また、社会保障・税番号制度(マイナンバー)について、従業員等に関する特定個人情報を入手しております。

これらの情報の取り扱いについては、社内管理体制を整備し万全を期しておりますが、コンピュータシステムのトラブルによる情報流出や犯罪行為などによる情報の漏洩があった場合、顧客個人への損害賠償の発生や、当社グループの社会的信用を損なうなどの理由により、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(12)システム障害について

当社グループは、店舗の売上管理、商品の発注業務、従業員の勤怠管理及び給与計算、会計処理及び支払業務などを通信ネットワークやコンピュータシステムを使用しオペレーションを実施しております。運営上の安全性・効率性・拡張性等を考慮し、信頼性の高い通信業者や外部のデータ・センターに業務を委託するなどの対応を行っておりますが、想定外の自然災害や事故等により設備が甚大な損害を被った場合や、コンピューターウィルスの不正侵入又は担当者の過誤によるシステム障害が発生した場合には、店舗運営や管理業務に支障をきたす等により、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

また、連結子会社である株式会社リージョナルマーケティングでは、共通ポイントサービス・各種電子決済サービスを提供しており、システムの運営管理を信頼のおける外部の専門業者へ委託して万全の体制を整えておりますが、システム障害や不正アクセスが発生した場合には、サービス利用者の経済的損失、当社グループの信用低下等により、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

 

(13)有利子負債及び金利動向の影響について

当社グループは、出店に際しては設備投資資金の大部分を借入金によって調達しており、主な借入金の調達先は地方銀行、都市銀行などの大手金融機関であり、取引関係は安定しております。

総資産に対する期末有利子負債の比率は31.3%(2021年5月期)となっており、今後の金利動向によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(14)天候による影響について

当社グループのドラッグストア店舗は、天候状況により消費者の購買行動の影響を受けやすい商品が多く、冷夏・暖冬等の天候不順は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(15)固定資産の減損処理について

店舗等で収益性が低下した場合、固定資産の減損会計の適用により対象となる資産又は資産グループに対して、固定資産の減損処理が必要となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(16)インバウンド需要について

反日感情の高まり、国際経済の低迷、感染症の流行等の海外情勢の変化や日本国内での大規模な自然災害等の発生は、訪日観光外国人の減少などインバウンド需要の減退に繋がることが予想され、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度(2020年5月16日~2021年5月15日)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業収益、景況感の悪化、個人消費の減退や、入国制限措置などによるインバウンド需要消失など厳しい状況で推移いたしました。2020年5月に政府による緊急事態宣言が解除されて以降、個人消費や企業の経済活動に一部持ち直しの動きが見られたものの、その後の感染再拡大により緊急事態宣言が複数回発出されるなど、依然として先行き不透明な状況が続いております。

 当社グループが主に事業を行うドラッグストア業界においては、新型コロナウイルス感染症の予防を目的とする新しい生活様式の浸透により、マスクや消毒液などの衛生関連用品の需要が高く推移したことや、巣ごもり消費の拡大による食料品、日用品の需要増加など、販売動向が大きく変化いたしました。また、非接触志向の高まりなどにより、キャッシュレス決済の利用が増加するなど、消費者のデジタルシフトが進みました。一方で、リモートワークの普及といったライフスタイルの変化に伴う化粧品需要の減少のほか、インバウンド需要の消失、業界の垣根を越えた競争の激化やM&Aによる業界再編の動きが見られるなど、経営環境が大きく変化しております。

 このような状況のもと、当社グループは、地域社会のインフラとして、地域における商品供給の役割を果たすべく、感染予防策や衛生管理の徹底に取り組みながら店舗の営業を継続いたしました。また、不採算店舗の整理、販促の見直しや、非接触志向が高まるなかキャッシュレス決済の加盟店拡大に取り組むなど、外部環境の変化に機動的に対応いたしました。

 2020年9月には、社内外の多様な人材の交流を促進し、北海道の地域課題を解決する場所として活用することを目指した店舗併設の新社屋に本社を移転いたしました。本社1階の店舗では、AIカメラソリューションなどを活用し、店舗におけるデジタルトランスフォーメーションの取り組みを進めております。

 また、当社は2019年12月に生活協同組合コープさっぽろと包括業務提携契約を締結し、相互に協力して北海道経済の活性化及び地域住民の利便性向上に向け取り組んでまいりました。その取り組みの一環として、2020年12月に合弁会社を設立し、両社の商品仕入集約による規模のメリットを発揮することで、流通コストの低減を目指しております。このほか、自治体及び教育機関との間で各種協定を締結し、相互に連携、協力することにより、地域の活性化に向けた取り組みも進めております。

 上記に加えて、経営資源の効率的活用、財務体質の強化の観点から、2020年9月に新社屋に係る固定資産の譲渡を行ったほか、資金調達の安定化と金融費用の圧縮を行い、中長期的な経営基盤強化を図ることを目的に、金融機関との間でシンジケートローン契約を締結いたしました。また、取締役会の監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、2020年8月に監査等委員会設置会社に移行いたしました。これにより、業務執行と監督を分離するとともに、経営の意思決定を迅速化し、更なる企業価値の向上を図っております。

 以上の結果、売上高は832億40百万円(前年同期比 6.8%減)、営業利益は6億40百万円(前年同期比 22.0%減)、経常利益は6億7百万円(前年同期比 31.4%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は5億74百万円(前年同期比 396.5%増)となりました。

 

セグメントの業績などの概要は、次のとおりであります。

<リテール事業>

 主に北海道内でのドミナント化を目指したドラッグストアフォーマット店舗のチェーン展開と、訪日外国人が多く訪れる観光地などでのインバウンドフォーマット店舗の運営を行っております。戦略面では、エブリデー・セイム・ロープライス(ESLP)を中心とする低価格戦略を推進することで、お客様から支持される店舗づくりや、作業平準化による業務効率の改善を目指しております。また、エリア本部制による意思決定の質・スピードの向上にも、引き続き取り組んでおります。このほか、フィットネス事業や管理栄養士による特定保健指導といった生活サービスの提供にも取り組んでおります。

 当連結会計年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、引き続き、衛生関連用品や食料品、日用品などの需要が高く推移するなか、ワンストップショッピングのニーズの高まりなどから客数は減少した一方、買上点数増加に伴って客単価が上昇した結果、ドラッグストアフォーマットの売上高は前年同期を上回りました。一方で、訪日外客数が前年を大きく下回った結果、インバウンドフォーマットの売上高は僅かなものとなりました。調剤薬局につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により医療機関への受診を控える動きが広がったことから、多くの店舗で処方箋枚数の減少が見られたものの、長期処方への移行による処方箋単価上昇などの結果、売上高は前年同期を上回りました。

 店舗の出退店の状況につきましては、インバウンドフォーマットを中心に不採算店舗の閉店を進めた結果、下表の通りとなりました。

 

 

(出店状況)

 

店舗区分

フォーマット区分

2020年5月度末

増加

減少

2021年5月度末

ドラッグストア

店舗

ドラッグストアフォーマット

172店舗

1店舗

2店舗

171店舗

インバウンドフォーマット

25店舗

2店舗

10店舗

17店舗

調剤薬局店舗

門前薬局

10店舗

10店舗

その他の店舗

北海道くらし百貨店

3店舗

1店舗

2店舗

2店舗

合計

210店舗

4店舗

14店舗

200店舗

 

 以上の結果、リテール事業の売上高は827億61百万円(前年同期比 6.9%減)、セグメント利益は5億90百万円 (前年同期比 22.7%減)となりました。

 

<ITソリューション事業>

 当社グループ向けに開発した技術をもとに、ユーザー目線での課題解決を目指したPOSアプリケーションなどの販売を行っております。なお、当セグメントの業績には、前期までAWL株式会社、及び当該会社の100%子会社であるAWL VIETNAM CO., LTD.の業績数値が含まれておりました。当該会社の株式の一部は、2019年9月30日付にて譲渡し、前期の第2四半期連結会計期間より当社連結から除外しております。

 以上の結果、ITソリューション事業の売上高は1億6百万円(前年同期比 13.9%減)、セグメント利益は19百万円(前年同期はセグメント損失55百万円)となりました。

 

<その他事業>

 北海道共通ポイントカード「EZOCA」を活用した地域マーケティング事業や決済サービス事業、小中学生向けのプログラミングスクールの運営などを行っております。当社グループの強みとなる北海道共通ポイントカード「EZOCA」の会員数は、2021年4月末現在、196万人を超えております。決済サービス事業においては、インバウンド需要の消失を受け、海外向けキャッシュレス決済は低調に推移したものの、非接触型決済への需要が高まったことで国内キャッシュレス決済は拡大いたしました。

 その他事業の売上高は7億43百万円(前年同期比 14.3%増)、セグメント損失は22百万円(前年同期はセグメント損失30百万円)となりました。

 

 

(仕入及び販売の状況)

(1) 商品仕入実績

当連結会計年度の商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年5月16日

  至 2021年5月15日

金額(百万円)

前期比(%)

リテール事業

63,964

94.1

ITソリューション事業

その他

合計

63,964

94.1

 

(注) 1.セグメント間取引については相殺消去しております。

   2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 販売実績

当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2020年5月16日

  至 2021年5月15日

金額(百万円)

前期比(%)

リテール事業

82,726

93.0

ITソリューション事業

98

95.5

その他

416

150.2

合計

83,240

93.2

 

(注) 1.セグメント間取引については相殺消去しております。

   2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

   3.リテール事業における分類別売上高は次のとおりであります。

分類

売上高 (百万円)

前年同期比 (%)

商品

ヘルスケア

 

13,195

85.6

ビューティケア

 

14,284

82.5

ホームケア

 

17,084

99.5

フード

 

31,872

97.4

調剤

 

3,468

106.2

その他

 

2,258

87.0

小計

 

82,163

92.8

不動産賃貸料等

 

562

131.0

合計

 

82,726

93.0

 

   (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準拠して作成しております。この連結財務諸表作成に際し、経営者は決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間における収入・費用の報告数値に影響を与える様々な要因・仮定に対し、過去の実績等を勘案し合理的に判断して見積りを行っております。実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があり、個々の「重要な会計方針及び見積り」については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。

イ.繰延税金資産の回収可能性

繰延税金資産の計上にあたっては、回収可能性を考慮して、繰延税金資産総額から評価性引当額を減額しております。繰延税金資産の回収可能性については、当社グループの業績の推移などから将来の課税所得を合理的に見積り判断しておりますが、今後、課税所得の予測に影響を与える変化が生じた場合には、繰延税金資産の回収可能性が変動する可能性があります。

 

ロ.固定資産の減損処理

当社グループは、重要な店舗資産を有しており、店舗の収益性が低下するなど、固定資産の回収可能価額が帳簿価額を下回った場合に減損処理を行っております。減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

イ.財政状態

  (資産)

当連結会計年度末における流動資産は182億67百万円となり、前連結会計年度末に比べ38億27百万円増加いたしました。これは主に商品が12億36百万円増加したことに加え、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったことにより売掛金が8億45百万円増加したことによるものであります。固定資産は200億30百万円となり、前連結会計年度末に比べ21億62百万円減少いたしました。これは主に有形固定資産が売却などにより24億25百万円減少したことによるものであります。

この結果、総資産は382億99百万円となり、前連結会計年度末に比べ16億56百万円増加いたしました。

  (負債)

当連結会計年度末における流動負債は166億17百万円となり、前連結会計年度末に比べ6億92百万円減少いたしました。これは主に当連結会計年度末日が金融機関の休日であったことにより短期借入金が24億円減少、買掛金が35億75百万円増加したことに加え、既存借入金のリファイナンスなどにより1年内返済予定の長期借入金が27億15百万円減少したことによるものであります。固定負債は130億9百万円となり、前連結会計年度末に比べ19億28百万円増加いたしました。これは主に既存借入金のリファイナンスなどにより長期借入金が18億95百万円増加したことによるものであります。

この結果、負債合計は296億27百万円となり、前連結会計年度末に比べ12億36百万円増加いたしました。

  (純資産)

当連結会計年度末における純資産合計は86億72百万円となり、前連結会計年度末に比べ4億20百万円増加いたしました。これは主に、利益剰余金が剰余金の配当により1億28百万円減少したものの、親会社株主に帰属する当期純利益により5億74百万円増加したことによるものであります。

この結果、自己資本比率は22.5%(前連結会計年度末は22.4%)となりました。

  

ロ.経営成績

経営成績の分析につきましては、「(1) 経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。

 

ハ.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。

 

ニ.資本の財源及び資金の流動性

a.キャッシュ・フロー

当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、26億59百万円となりました。
 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 (営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果得られた資金は33億72百万円(前年同期は16億51百万円の獲得)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益9億74百万円、減価償却費11億64百万円、金融機関休日による仕入債務の増加額35億75百万円などの増加要因と、たな卸資産の増加13億38百万円の減少要因によるものであります。

 (投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果得られた資金は12億1百万円(前年同期は21億63百万円の支出)となりました。これは主に、有形固定資産の売却による収入39億10百万円、敷金及び保証金の回収による収入2億61百万円などの増加要因と、有形固定資産の取得による支出21億13百万円、敷金及び保証金の差入による支出6億39百万円などの減少要因によるものであります。

 (財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動により支出した資金は33億94百万円(前年同期は2億4百万円の獲得)となりました。これは主に、既存借入金のリファイナンスなどにより長期借入れによる収入118億円及び長期借入金の返済による支出126億19百万円、金融機関休日による短期借入金の減少額24億円などによるものであります。

 

b.資金需要

当社グループの運転資金需要のうち主なものは、店舗で販売するための商品の仕入、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。また、投資を目的とした資金需要は、主に自社店舗の建設費用及び店舗賃貸借契約に基づく差入保証金、敷金などであります。

 

c.資金の流動性

運転資金につきましては、自己資金を基本としており、設備投資資金につきましては、銀行借入によっております。

 

4 【経営上の重要な契約等】

ボランタリーチェーン加盟契約

契約先

契約締結会社

契約内容

契約期間

株式会社ニッド

株式会社サッポロ
ドラッグストアー

ニッドプライベートブランド商品等の仕入
専用発注機(NIDEOS)の使用 など

1999年11月1日より1年間(以降1年毎の自動更新)

日本流通産業
株式会社

株式会社サッポロ
ドラッグストアー

共同仕入商品及びニチリウプライベート

ブランド商品の仕入 など

2010年6月21日より2年間(以降2年毎の自動更新)

 

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】 

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度における設備投資の総額は2,145百万円で、その主なものは、リテール事業における新規4店舗の出店及び新本社社屋建設などによるものであります。
 なお、当連結会計年度において、連結子会社である株式会社サッポロドラッグストアーの店舗及び本社を売却したことなどに伴い、固定資産売却益を740百万円計上しております。

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。

(1) 提出会社

主要な設備はありません。

 

(2) 国内子会社

2021年5月15日現在

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(百万円)

従業員数

(人)

建物及び
構築物

工具、器具及び備品

土地
(面積㎡)

リース

資産

その他

合計

㈱サッポロドラッグストアー 

北円山店
(札幌市中央区)
ほか札幌市62店舗

リテール事業

販売設備

2,634

278

2,503

(28,390.67)

[35,418.87]

217

4

5,637

301

(559)

岩見沢店
(北海道岩見沢市)
ほか札幌市以外の道央38店舗

リテール事業

販売設備

599

113

403

(16,555.11)

[8,101.70]

85

1,202

115

(311)

留萌店
(北海道留萌市)
ほか道北12店舗

リテール事業

販売設備

223

33

0

(360.01)

[17,794.10]

257

53

(91)

帯広東店
(北海道帯広市)
ほか道東34店舗

リテール事業

販売設備

1,163

125

261

(5,476.03)

[29,794.14]

62

1,612

115

(261)

函館日の出店
(北海道函館市)
ほか道南34店舗

リテール事業

販売設備

1,407

110

659

(8,687.88)

[20,263.33]

35

2,213

126

(274)

福岡シーホーク店
(福岡市中央区)

リテール事業

販売設備

0

(-)

[-]

0

1

(3)

沖縄あしびなー店
(沖縄県豊見城市)
ほか沖縄県内3店舗

リテール事業

販売設備

143

26

(-)

[-]

169

4

(25)

サツドラ調剤薬局曙店
(札幌市手稲区)
ほか9店舗

リテール事業

販売設備

29

17

17

(452.58)

[145.60]

64

51

(4)

賃貸用不動産
(札幌市内ほか)

リテール事業

賃貸設備

355

1

167

(6,280.82)

[157.49]

524

(-)

本部
(札幌市東区)

リテール事業

会社統括施設

196

147

(-)

[5,765.24]

252

596

209

(23)

 

(注) 1. 帳簿価額のうち「その他」は、ソフトウェア等であります。

なお、上記金額には、消費税等は含まれておりません。

2. 従業員数は就業人員数であり、パート社員及びアルバイト(1日8時間換算)は年間の平均人員数を(  )外数で記載しております。

3.建物及び土地の一部を賃借しております。年間賃借料は 33億67百万円であります。
なお、賃借している土地の面積は[ ]で外書きしております。

4.上記の他、連結会社以外から賃借している設備は、下記のとおりであります。

 

内容

主なリース期間(年)

年間リース料(百万円)

店舗備品等

409

 

5.その他の国内子会社は、重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

(3) 在外子会社

主要な設備はありません。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

2021年5月15日現在における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。

(1) 重要な設備の新設

 

会社名

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の
内容

投資予定金額

資金調達
方法

着手及び完了予定年月

増加予定
売場面積
(㎡)

総額
(百万円)

既支払額
(百万円)

着手

完了

㈱サッポロドラッグストアー

サツドラ

北見若葉店

(北海道北見市)

リテール事業

店舗

49

自己資金及び借入金

2021年

3月

2021年

8月

1,256

サツドラ

岩見沢6条店

(北海道岩見沢市)

リテール事業

店舗

265

98

自己資金及び借入金

2021年

3月

2021年

8月

1,151

サツドラ

釧路曙店

(北海道釧路市)

リテール事業

店舗

35

自己資金及び借入金

2021年

4月

2021年

8月

1,256

サツドラ

手稲曙5条店

(札幌市手稲区)

リテール事業

店舗

392

2

自己資金及び借入金

2021年

4月

2021年

8月

1,464

サツドラ

北26条店

(札幌市北区)

リテール事業

店舗

261

自己資金及び借入金

2021年

7月

2021年

12月

1,464

サツドラ

紋別本町店

(北海道紋別市)

リテール事業

店舗

287

4

自己資金及び借入金

2021年

7月

2021年

12月

1.256

その他

2店舗

リテール事業

店舗

119

自己資金及び借入金

2021年

5月

2021年

12月

1,950

 

(注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2) 重要な設備の改修

該当事項はありません。

 

(3) 重要な設備の除却等

該当事項はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

18,968,000

18,968,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2021年5月15日)

提出日現在
発行数(株)
(2021年8月11日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

4,742,000

4,742,000

東京証券取引所
(市場第一部)
札幌証券取引所

単元株式数は100株であります。

4,742,000

4,742,000

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 

 

決議年月日

2019年4月2日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社の取締役 6
当社子会社の取締役及び従業員 13

新株予約権の数(個) ※

200 (注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※

普通株式 20,000 (注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1,976 (注)2

新株予約権の行使期間 ※

2021年4月11日~2024年4月10日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※

発行価格  2,219
資本組入額 1,110

(注)3

新株予約権の行使の条件 ※

(注)4

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

(注)5

 

 ※ 当事業年度の末日(2021年5月15日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(2021年7月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。

(注) 1.新株予約権1個当たりの目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、100株とする。

         なお、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果、1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。

調整後株式数

調整前株式数

×

分割・併合の比率

 

     また、上記のほか、株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的な範囲で必要と認められる株式数の調整を行うものとする。

   2.新株予約権1個当たりの行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる株式1株当たりの払込金額(以下「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。行使価額は新株予約権割当日の終値(取引が成立しない場合はそれに先立つ直近日の終値)とする。ただし、本新株予約権割当日の後、下記の各事由が生じた場合は、払込価額をそれぞれ調整するものとする。なお、調整の結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。

          ① 当社が普通株式の分割または併合を行う場合          

調整後行使価額

調整前行使価額

×

分割・併合の比率

 

 ② 当社が時価を下回る価額で新株式を発行または自己株式を処分する場合

 

 

 

 

既発行株式数

新株発行株式数×1株当たり払込金額

調整後行使価額

調整前行使価額

×

時価

既発行株式数  +  新株発行株式数

 

       なお、上記の算式中の「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社の保有する自己株式の数を控除した数とし、自己株式の処分を行う場合、「新規発行株式数」を「処分する自己株式の数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。さらに、行使価額調整式中の募集株式発行前の時価は、調整後行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)とする。

        ③ 当社が資本の減少、合併または会社分割を行う場合等、行使価額の調整を必要とするやむを得ない事由が生じた場合資本減少、合併または会社分割の条件等を勘案の上、合理的な範囲で行使価額を調整するものとする。

   3.① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。

    ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金は、上記の資本金等増加限度額より上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。

4.① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要するものとする。ただし、任期満了による退任、定年退職、転籍その他当社取締役会が正当な理由があると認めた場合にはこの限りではない。

    ② 新株予約権者が権利行使期間前から休職しておらず、かつ新株予約権者が権利行使期間中に死亡した場合は、相続開始後1年内に限り、その相続人が当社所定の手続きに従い、当該新株予約権者が付与された権利の範囲内で新株予約権を行使できるものとする。ただし、相続人が死亡して再び相続が生じた場合の相続人には権利行使を認めない。

    ③ その他の権利行使条件については、当社と新株予約権者の割当を受ける者との間で締結する契約に定める。

     5.当社が、合併(当社が消滅会社となる合併に限る。)、吸収分割もしくは新設分割、株式交換または株式移転(以下を総称して「組織再編行為」という。)をする場合であって、かつ、当該組織再編行為にかかる契約または計画において、会社法第 236 条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれに交付する旨を定めた場合に限り、組織再編行為の効力発生日(新設型再編においては設立登記申請日。以下、同じ。)の直前において残存する本新株予約権の新株予約権者に対し、当該本新株予約権の消滅と引き換えに、再編対象会社の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。

     ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数

      残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。

     ② 新株予約権の目的である株式の種類及び数または算定方法

            組織再編行為の効力発生日の前日における本件新株予約権の目的である株式の数に当該組織再編行為に係る組織再編比率を乗じた数に必要な調整を行った数とし、上記(注)1.に準じて調整する。

     ③ 新株予約権の行使に際して出資される金額または算定方法

            組織再編行為の効力発生日の前日における本件新株予約権の出資金額に、必要な調整を行った額とし、上記(注)2.に準じて調整する。

     ④ 新株予約権を行使することができる期間

            本新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、本新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。

         ⑤ 新株予約権の行使の条件

            上記(注)4.に準じて決定する。

     ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

            上記(注)3.に準じて決定するものとする。

     ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限

            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会(再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の承認を要するものとする。

         ⑧ 再編対象会社による新株予約権の取得事由

            下記(注)6.に準じて決定する。

   6.新株予約権の取得事由

     ① 当社が吸収合併消滅会社もしくは新設合併消滅会社となる吸収合併契約もしくは新設合併契約、当社が株式交換完全子会社となる株式交換契約もしくは当社が株式移転完全子会社となる株式移転計画、または当社が吸収分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割会社となる新設分割計画について株主総会の承認(株主総会の承認を要しない場合は取締役会の承認)がなされ、かつ、当社が取締役会決議により本新株予約権の取得を必要と認めて一定の日を定め、当該日が到来したときは、当該日に当社は本新株予約権の全部を無償にて取得することができる。

     ② 本新株予約権の割当てを受けた者が上記(注)4.の条件に該当しなくなった場合,当社は新株予約権者に割り当てられた本新株予約権の全部を無償にて取得することができる。

  

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2016年8月16日(注)

4,742,000

4,742,000

1,000

1,000

250

250

 

(注)発行済株式総数並びに資本金及び資本準備金の増加は、2016年8月16日に単独株式移転により当社が設立されたことによるものであります。

 

(5) 【所有者別状況】

2021年5月15日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

19

15

53

20

9

7,815

7,931

所有株式数
(単元)

7,116

87

15,662

3,608

23

20,909

47,405

1,500

所有株式数
の割合(%)

15.01

0.18

33.04

7.61

0.05

44.11

100.00

 

(注)1.自己株式147,474株は、「個人その他」に1,474単元、「単元未満株式の状況」に74株含まれております。

 

 

(6) 【大株主の状況】

2021年5月15日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を除
く。)の総数に
対する所有株式
数の割合(%)

株式会社トミーコーポレーション

札幌市北区太平三条四丁目1番1号

1,352,700

29.44

ビービーエイチ フイデリテイ
ピユーリタン フイデリテイ
シリーズ イントリンシツク
オポチユニテイズ フアンド
(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

245 SUMMER STREET BOSTON MA 02210 U.S.A(東京都千代田区丸の内2丁目7-1)

320,000

6.96

株式会社北海道銀行

札幌市中央区大通西4丁目1番地

189,600

4.12

株式会社北洋銀行

札幌市中央区大通西3丁目7

180,000

3.91

富山 睦浩

札幌市北区

117,000

2.54

富山  浩樹

札幌市北区

117,000

2.54

SDS従業員持株会

札幌市東区北八条東4丁目1番20号

92,100

2.00

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

81,300

1.76

株式会社PALTAC

大阪市中央区本町橋2-46

60,000

1.30

株式会社日本カストディ銀行(信託口5)

東京都中央区晴海1丁目8-12

43,300

0.94

2,553,000

55.56

 

(注)上記のほか当社所有の自己株式 147,474株があります。

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2021年5月15日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

147,400

完全議決権株式(その他)

普通株式

45,931

権利内容に何等限定のない当社における標準となる株式

4,593,100

単元未満株式

普通株式   

1,500

発行済株式総数

4,742,000

総株主の議決権

45,931

 

 

 

② 【自己株式等】

2021年5月15日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する所有株式
割合(%)

(自己保有株式)

サツドラホールディングス株式会社

札幌市東区北八条東4丁目1-20号

147,400

147,400

3.11

147,400

147,400

3.11

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 普通株式

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

株式数(株)

処分価額の総額
(百万円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、
会社分割に係る移転を行った
取得自己株式

その他(  -  )

 

 

 

 

 

保有自己株式数

147,474

147,474

 

(注)  当期間における保有自己株式数には、2021年7月16日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆さまの負託に応え、将来にわたり安定的な配当を実施することを、経営の重要政策と考えております。

当社は、期末配当として年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

この剰余金の配当の決定機関は、株主総会であります。

当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、期末配当として1株当たり28円の配当を実施することを決定いたしました。この結果、当事業年度の配当性向は84.2%となりました。

内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、新規事業への投資など将来の企業価値を高めるための投資に活用する方針であります。

当社は、株主の皆さまへの機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年11月15日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

2021年8月11日

定時株主総会決議

128

28

 

 

 

4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】

①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは社会に信頼される企業であり続けるため、株主の権利を尊重し経営の公平性・透明性を確保するとともに、取締役会を中心とした自己規律のもと、株主に対する受託者責任・説明責任を十分に機能させてまいります。同時に、経営ビジョンを具体化するため、コーポレート・ガバナンスを経営上の重要課題と位置づけ、的確かつ迅速な意思決定・業務執行体制ならびに適正な監督・監視体制の構築を図るとともに、多様な視点・長期的な視点に基づいたコーポレート・ガバナンス体制を構築することを基本姿勢としております。

 

②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
a. 企業統治の体制の概要

当社は、監査等委員会設置会社の形態を選択するとともに、取締役会による経営監督と執行機能の役割分担を明確にし、迅速・果断な意思決定を行う体制をとっております。
 取締役会は監査等委員でない取締役7名と監査等委員である取締役4名(うち社外取締役4名)、監査等委員会は監査等委員である取締役4名(うち社外取締役4名)で構成されており、経営の意思決定における客観性を高めるとともに監査等委員会による経営者に対する監督機能の強化を図っております。
 なお、各機関の活動状況は以下のとおりであります。
 (取締役会)
 当社の取締役会は、取締役11名(監査等委員である取締役4名を含む)で構成されており、構成比は社内取締役6名及び社外取締役5名と、1/3以上を社外取締役で占めております。代表取締役社長を議長とし、経営の根幹となる経営方針・経営計画を決定するとともに、業務執行の管理・監督と重要案件の審議・決定ならびにグループ会社の監督を通じて、コーポレート・ガバナンスの確立を図っております。
 (グループ経営会議)
 当社のグループ経営会議は、富山 浩樹代表取締役社長兼CEOが議長を務め、富山 睦浩取締役会長、富山 光惠取締役副会長、吉田 俊哉取締役副社長兼COO、大和谷 悟常務取締役、高田 裕常務取締役及び永田 史朗内部監査室長、グループ各社代表取締役で構成されており、また、選定監査等委員である川上 和夫取締役及び監査等委員会事務局も出席しております。職務執行の効率化を図るため、グループ経営会議を定期的に開催し、経営戦略の創出、業務執行上の意思決定ならびに審議を行っております。
 (監査等委員会)
 当社の監査等委員会は、監査等委員4名で構成されており、全員が社外取締役であります。うち、遠藤 良治取締役を監査等委員会委員長、川上 和夫取締役を選定監査等委員とした上で、監査等委員会事務局を設置し、取締役からの情報収集及び重要な社内会議における情報共有ならびに内部監査部門と監査等委員会との連携を図る体制としております。監査等委員会は年間計画に基づき開催され、監査方針の決定、監査内容のレビュー、会計監査人の報告に基づく審査等を行っております。監査等委員は、取締役会の出席や内部統制システムを利用した取締役の業務執行の監査・監督の実施、内部監査部門報告や関係者への聴取などを実施しております。

(指名・報酬委員会)
 当社の指名・報酬委員会は、富山 浩樹代表取締役社長兼CEO、遠藤 良治取締役、関根 純取締役で構成し社外取締役が過半数を占めております。関根 純取締役が委員長を務めており、代表取締役・取締役の指名及び報酬等に関する手続きの透明性及び客観性を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図るため、取締役会の諮問を受け審議及び助言を行います。

(内部監査室)
 当社は、内部監査部門として内部監査室を設置し、各部門及びグループ子会社の業務に関する内部監査の実施及び内部統制体制のモニタリングを実施し、事業活動の適切性・効率性を確保しております。

(統制委員会)
 当社は、コンプライアンスとリスク管理は表裏一体の活動が必要と考え、当社グループのコンプライアンスとリスク管理の推進を図るため、常設機関として統制委員会を設置しております。

 

なお、コーポレート・ガバナンス体制の模式図は以下のとおりであります。

 


b.当該体制を採用する理由
 当社グループの数及び規模等を総合的に勘案し、経営の最優先課題の1つであるガバナンス体制の向上は、現状の諸施策を継続的に取り組むことが最適であると考えております。
当社では、独立性が確保されている社外取締役5名を選任し、当該役員のこれまで培われた広範な見識や知見を当社の経営に取り入れることにより、適切な判断が実行できる体制になっていると考えております。
 当社は、監査等委員会設置会社を採用しており、監査等委員会(監査等委員である取締役4名のうち独立社外取締役4名)が、取締役の職務執行の監査・監督を行っております。

 

③  企業統治に関するその他の事項

a. 内部統制システムの整備の状況

 当社は、会社法第399条の13第1項第1号ロ及びハの規定並びに会社法施行規則第110条の4の規定に基づき、「内部統制システム構築の基本方針」について、以下のとおり定めております。

 当社取締役会は、「内部統制システム構築の基本方針」について、以下の通り決議し、体制を整備しております。

1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制    

(1)当社グループは、グループ倫理行動規範を制定し、当社グループのすべての取締役及び従業員が遵守すべき法令、定款及び社内規程のみならず社会的規範を遵守し職務を遂行するという行動原則を明示するとともに取締役及び従業員への周知徹底をはかり、取締役及び従業員は、その行動原則に基づき、職務を遂行します。

(2)当社は、倫理、法令、定款及び社内規程の遵守に関する活動を統括する組織として、統制委員会を設置するとともに、総務・法務グループ総務・法務チームを配置して、当社グループの倫理・法令遵守の推進にあたるものとします。

(3)当社グループは、グループ内部通報規程を制定し、当社グループの取締役及び従業員により、倫理、法令、定款及び社内規程の違反行為が行われた場合又は行われる恐れが生じた場合には、社内及び社外に設置した通報窓口に相談・通報することとし、当社は、グループ内部通報規程に関する運用の適正化及び公益通報者保護法に則り、通報、相談者の保護に努めるものとします。

(4)取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行は、取締役会による相互監督及び監査等委員会による監査により、その適法性を確保します。取締役会は、原則として月1回開催し、取締役等から職務の執行の状況につき報告を求めるほか、適時、内部統制システムの整備及び運用状況について検討を加えるものとします。

2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

 当社は、取締役会、その他重要な意思決定に関わる情報は、法令、定款及び社内規程に則り記録・保存管理され、取締役及び監査等委員が閲覧可能な体制を維持します。

3.当社及び当社グループ会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(1)リスクの管理を統括する組織として、統制委員会を設置するとともに、当社グループのリスク管理の推進を図るため経営管理グループ経営企画チームを配置しております。

(2)経営管理グループ経営企画チームは、予測されるリスクをそのリスク要因に応じ、発生頻度、影響の強弱等により分析及び評価したうえ、主要なリスクを抽出し、リスクマップの作成及びその管理の体制及び方法等について規程を整備し、関係する取締役及び従業員はこれを遵守するものとします。

(3)当社グループは、お客さまからの要望等を経営に生かすよう努めるものとし、これを放置することなく適切な措置を講じるものとします。

(4)内部監査室は、当社グループのリスク管理の状況について監査を実施し、その結果を取締役会に定期的にあるいは必要に応じて報告するものとします。

(5)当社グループは、グループ危機管理規程を制定し、不測の事態が発生した場合には代表取締役社長を本部長とする対策本部を設置して迅速な対応を行い、損害の拡大を防止し損害を最小限にとどめるものとします。

4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制 

(1)重要な業務執行の決定を行うための諮問機関として、代表取締役社長を議長とするグループ経営会議を定期的に開催し、迅速かつ慎重な審議により取締役会への答申を行うものとします。

(2)当社は、取締役会で各取締役の職務分担を決定し、職務分掌規程及び職務権限規程を制定し、業務執行取締役の権限及び責任等を明確にし、業務執行の適正化を図るものとします。

5.当社及び当社グループ会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制 

(1)当社は、持株会社としてグループ各社の業務運営を管理監督するとともに、グループ全体の効率的な経営資源の配分を行い、グループ各社の業務の適正を確保するための体制整備を行います。

(2)当社の内部監査室は定期的、又は必要に応じて内部監査を行い、監査の結果を当社の代表取締役社長、監査等委員会及び関係部署に報告する体制の整備を行います。

(3)当社は、当社グループ会社に対し法令遵守、損失の危険の管理等の主要な内部統制項目につき、必要に応じ、内部統制システムの整備に関する助言・指導を行うものとします。

(4)内部監査室は、当社グループ会社管理の状況及び業務活動について内部監査を実施し、当社グループ会社の監査役と連携し、内部統制システムの整備を図るものとします。

6.監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

当社は、監査等委員会の職務を補助する従業員として適切な人材を配置しております。

7.監査等委員会の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

(1)監査等委員会の職務を補助すべき従業員は、当該職務を行うにあたっては、監査等委員及び監査等委員会の指揮・命令のみに服し、取締役その他の従業員の指揮・命令は受けないものとします。

(2)当該従業員に対する人事考課、異動、懲戒処分等の人事権の行使については、事前に監査等委員及び監査等委員会の同意を得た上で決定することとし、取締役からの独立性を確保するものとします。

8.取締役及び使用人が監査等委員会に報告するための体制

(1) 取締役及び従業員は、以下のような項目を定期的に監査等委員会に報告することとし、監査等委員は取締役会、グループ経営会議その他重要な会議に出席して報告を受けるものとします。

・取締役会決議事項・報告事項

・月次・四半期・半期・通期の業績、業績見通し及び経営状況

・会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項

・会社の経営又は業績及び業績見通しに重大な影響を及ぼす恐れのある事項

・その他重要な稟議・決裁事項

(2) 取締役及び従業員は、法令等の違反行為等、当社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実については、発見次第、直ちに当社の監査等委員会に対して報告を行うものとします。

9.監査等委員会に報告した者が当該報告したことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

 監査等委員会へ報告を行った当社グループの役員及び従業員に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの役員及び従業員に周知徹底するものとします。

10.その他監査等委員会の監査が実効的に行なわれることを確保するための体制

(1)監査等委員会は代表取締役との間で定期的に会合を持ち、会社が対処すべき課題、監査上の重要課題等について意見を交換し、相互の意思疎通を図るものとします。

(2)監査等委員会は、定期的に会計監査人と緊密な連携を保ち、積極的に意見及び情報交換をするものとします。

(3)監査等委員会は、内部監査室から内部監査の報告を受けるほか、内部監査室と会合を持ち、情報の交換を行うなど緊密な連携を図るものとします。

11.監査等委員の職務の執行について生じる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務の執行について生じる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

 当社は、監査等委員がその職務の執行について生じる費用の前払い又は償還等を請求したときは、当該監査等委員の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理するものとします。

12.財務報告の適正性を確保するための体制

(1)当社グループでは、信頼性のある財務報告を重視し、財務報告の適正性を確保するために経理規程、経理規程細則等の規程を整備し、取締役及び従業員はこれを遵守するものとします。

(2)当社グループでは、財務報告の適正性を確保するために、統制委員会を設置し、財務報告に係る内部統制の推進にあたるものとします。

(3)当社グループでは、財務報告の適正性を確保するために、金融商品取引法等に従い、財務報告に係る内部統制システムを構築し、その整備・運用状況の有効性を定期的・継続的に評価、必要な是正を行うこととします。

13.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

(1)当社グループは、公共の信頼を維持し、適切かつ健全な業務の遂行を確保するために、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して毅然とした姿勢で臨むことをグループ倫理行動規範に定め、不当・不正な要求を断固拒絶するとともに、反社会的勢力との関係を遮断することに努めております。

(2)当社グループは、反社会的勢力排除に向けた体制として、グループ反社会的勢力対応規程を定め不当要求防止責任者を配置するとともに総務・法務グループ総務・法務チームが各部署と連携を図り、情報の収集・交換を行っております。また、反社会的勢力による不当要求等がなされた場合には、従業員の安全を最優先に確保するとともに、担当者や担当部門に任せることなく組織的な対応を行うこととします。また、不当要求が当社の不祥事を理由とする場合であっても、反社会的勢力に対する資金提供や事実を隠蔽するための取引は行わず、民事と刑事両面からの法的対応を行うこととします。

(3)当社グループは、反社会的勢力による不当要求等の不測の事態に対処するため、反社会的勢力対応マニュアルを整備し、不当要求防止責任者講習や社内研修等において知識習得、社内周知を図るとともに、警察・暴力追放センター・顧問弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築しております。

b. リスク管理体制の整備

日常の業務遂行において発生するリスクについては、該当部署が専門部署と連携しながらリスク管理を行っております。なお、弁護士と顧問契約を締結しており、重要な法律問題に関しては適宜アドバイスを受けております。

  c. 子会社の業務の適正を確保するための体制整備

・当社は、持株会社としてグループ各社の業務運営を管理監督するとともに、グループ全体の効率的な経営資源の配分を行い、グループ各社の業務の適正を確保するための体制整備を行います。

・当社の内部監査室は定期的、又は必要に応じて内部監査を行い、監査の結果を当社の代表取締役社長、監査等委員会及び関係部署に報告する体制の整備を行います。