EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

四半期報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年10月15日

【四半期会計期間】

第22期第2四半期(自 2021年6月1日 至 2021年8月31日)

【会社名】

ユナイテッド&コレクティブ株式会社

【英訳名】

UNITED&COLLECTIVE CO. LTD.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 坂井 英也

【本店の所在の場所】

東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル23F

【電話番号】

03-6277-8088

【事務連絡者氏名】

管理本部長 畑中 俊哉

【最寄りの連絡場所】

東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル23F

【電話番号】

03-6277-8088

【事務連絡者氏名】

管理本部長 畑中 俊哉

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

 

E32965 35570 ユナイテッド&コレクティブ株式会社 UNITED&COLLECTIVE CO. LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第四号の三様式 Japan GAAP false cte 2021-03-01 2021-08-31 Q2 2022-02-28 2020-03-01 2020-08-31 2021-02-28 1 false false false E32965-000 2021-10-15 E32965-000 2020-03-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2020-03-01 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2021-03-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2021-02-28 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2020-06-01 2020-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2021-06-01 2021-08-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32965-000 2021-10-15 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E32965-000 2021-10-15 jpcrp_cor:ClassAPreferredSharesMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E32965-000 2021-08-31 E32965-000 2021-08-31 jpcrp040300-q2r_E32965-000:ClassAPreferredSharesSharesLessThanOneUnitMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E32965-000 2021-08-31 jpcrp_cor:Row1Member E32965-000 2021-03-01 2021-08-31 E32965-000 2020-02-29 jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY xbrli:shares iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

 

回次

第21期
第2四半期
累計期間

第22期
第2四半期
累計期間

第21期

会計期間

自  2020年3月1日
至  2020年8月31日

自  2021年3月1日
至  2021年8月31日

自  2020年3月1日
至  2021年2月28日

売上高

(千円)

1,631,646

994,048

3,351,977

経常損失(△)

(千円)

838,347

83,124

1,297,542

四半期(当期)純損失(△)

(千円)

1,070,756

176,976

1,624,258

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

10,000

260,000

13,706

発行済株式総数

(株)

3,011,300

3,311,300

3,017,500

純資産額

(千円)

571,858

653,761

33,737

総資産額

(千円)

6,595,759

6,117,332

5,615,938

1株当たり四半期(当期)純損失(△)

(円)

355.60

54.82

539.33

潜在株式調整後1株当たり
四半期(当期)純利益

(円)

1株当たり配当額

(円)

自己資本比率

(%)

8.6

10.5

0.4

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

687,297

903,398

1,200,326

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

17,670

95,530

25,850

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

2,266,219

951,643

2,023,054

現金及び現金同等物の
四半期末(期末)残高

(千円)

3,034,516

2,222,856

2,270,142

 

 

回次

第21期
第2四半期
会計期間

第22期
第2四半期
会計期間

会計期間

自 2020年6月1日
至 2020年8月31日

自 2021年6月1日
至 2021年8月31日

1株当たり四半期純損失(△)

(円)

211.51

9.49

 

(注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していないため、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。

4.第21期、第21期第2四半期累計期間及び第22期第2四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失であるため、記載しておりません。

 

 

2 【事業の内容】

当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。

 

第2 【事業の状況】

1 【事業等のリスク】

当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について、以下の追加すべき事項が生じております。

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの感染症が流行・拡大し、緊急事態宣言の発出、外出自粛要請などの社会活動及び経済活動に著しい変化が生じた場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(継続企業の前提に関する重要事象等)

当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況が続いております。ワクチン接種が進むことによる経済活動の回復が期待されるものの、先行きは依然不透明な状況であります。
 外食産業におきましては、政府や自治体からの緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により営業時間短縮やアルコール類の提供休止などを断続的に余儀なくされる形となっており、それによる協力金等の支援制度があるものの、申請後の支給も遅延するなど、依然として極めて厳しい経営環境が続いております。
 これにより当社は、第1四半期会計期間において、当事業年度における売上高の減少、重要な営業損失、経常損失及び四半期純損失並びにマイナスの営業キャッシュ・フローの発生が予想され、将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要なリスクを生じさせるような状況が存在しておりました。
 当第2四半期会計期間においても、当事業年度における売上高の減少、重要な営業損失、経常損失及び四半期純損失並びにマイナスの営業キャッシュ・フローが予想されるものの、収益面では、the 3rd Burgerの事業改革による積極的な出店を中心に、全ブランドにおいてデリバリー・テイクアウト・EC等の販売チャネル拡充による売上向上を図り、コスト面では、家賃交渉・業務改革による人件費削減・委託業務の内製化の推進等を引き続き継続し、固定費の削減を行っております。
 財務面では、2021年8月27日の臨時株主総会において発行を決議したA種優先株式を2021年8月31日付で発行したことにより500,000千円、2021年8月18日の定時取締役会において決議した新規借入を2021年8月31日付で実行したことにより500,000千円の資金をそれぞれ調達したことで、資本金及び資本準備金が増加したことや当面の資金を確保していることなど等により、債務超過及び重要な資金繰りの懸念はありません。
 以上の状況から、将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要なリスクを生じさせるような状況は現時点で存在しないものと判断し、継続企業の前提に関する重要事象等の記載を解消しております。

 

2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。

 

(1) 経営成績の状況

当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況が続いております。ワクチン接種が進むことによる経済活動の回復が期待されるものの、先行きは依然不透明な状況であります。
 外食産業におきましては、政府や自治体からの緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により営業時間短縮やアルコール類の提供休止などを断続的に余儀なくされる形となっており、それによる協力金等の支援制度があるものの、申請後の支給も遅延するなど、依然として極めて厳しい経営環境が続いております。

このような環境の下、当社におきましては、「the 3rd Burger」をアフターコロナにおける当社の成長ドライバーとして位置づけ、新価格の導入やセルフレジの設置、店舗オペレーションの効率化を行い、商品力及び収益力を向上させ多店舗展開に向けた取り組みを実施してまいりました。また、当社はMissionである”本当に美味しい料理”の実現に向け「PPM戦略(Preparation Process Management)」を推し進めており、本戦略の肝となる自社加工拠点「PPMセンター」の立ち上げを計画しております。PPMセンターにおいてもまずはthe 3rd Burgerに注力し、バンズ・パティのバリュー向上を図ります。また、前年度から注力をしている販売チャネルの拡大については、テイクアウト・デリバリー及びECサイトによる販売拡大に継続して取り組んでおります。店舗におきましては、従業員の健康状態のチェック、手洗い・アルコール消毒の徹底、マスク着用の推奨、パーテーションの設置など、お客様がご安心してお食事を楽しめるよう、衛生管理の徹底に努めてまいります。

以上の結果、当第2四半期累計期間は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為の外出の自粛や休業、営業時間短縮等が大きく影響し、売上高は994,048千円(前年同期比39.1%減)となり、売上総利益は720,181千円(前年同期比40.1%減)、営業損益は961,933千円の損失(前年同期は営業損失825,287千円)、経常損益は83,124千円の損失(同経常損失838,347千円)、四半期純損益は176,976千円の損失(同四半期純損失1,070,756千円)となりました。

なお、当社は単一の報告セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

 

 

(2)財政状態の分析

当第2四半期会計期間末の総資産は6,117,332千円となり、前事業年度末と比較して501,393千円の増加となりました。これは主に未収入金が430,859千円、その他の流動資産が90,558千円増加したこと等によるものであります。

当第2四半期会計期間末の負債は5,463,571千円となり、前事業年度と比較して118,630千円の減少となりました。これは主に長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)が157,784千円増加した一方、その他の流動負債が188,861千円、未払法人税等が56,345千円、未払金が44,136千円減少したこと等によるものであります。

当第2四半期会計期間末の純資産は653,761千円となり、前事業年度末と比較して620,024千円の増加となりました。これは主に新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ147,662千円増加、A種優先株の発行による第三者割当増資により資本金及び資本剰余金がそれぞれ250,000千円増加(その後減資により資本金151,368千円を資本剰余金に振替)した一方、利益剰余金が四半期純損失の計上により176,976千円減少したこと等によるものであります。

 

(3)キャッシュ・フローの状況

当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)の残高は、前事業年度末と比較して47,285千円減少し、2,222,856千円となりました。

当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは前第2四半期累計期間の687,297千円の支出に対し903,398千円の支出となりました。これは、助成金の受取額590,801千円を計上した一方、助成金収入990,608千円、未払消費税等の減少197,264千円、未払金の減少116,588千円、税引前四半期純損失167,045千円を計上したこと等によるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは前第2四半期累計期間の17,670千円の支出に対し95,530千円の支出となりました。これは、有形固定資産の取得による支出70,713千円があったこと等によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

当第2四半期累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは前第2四半期累計期間の2,266,219千円の収入に対し951,643千円の収入となりました。これは、長期借入金の返済による支出342,216千円を計上した一方、長期借入れによる収入500,000千円、株式の発行による収入500,000千円、新株予約権の行使による株式の発行による収入293,859千円を計上したことによるものであります。

 

(4)事業上及び財務上の対処すべき課題

当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。

 

(5)研究開発活動

該当事項はありません。

 

 

3 【経営上の重要な契約等】

当社は、2021年7月26日開催の取締役会において、DBJ飲食・宿泊支援ファンド投資事業有限責任組合との間で株式投資契約書及び総株引受契約書を締結し、DBJ飲食・宿泊支援ファンド投資事業有限責任組合を引受先として第三者割当の方法により、A種優先株式を発行することを決議し、同日付で、当社及び本優先株式割当先との間で投資契約を締結しております。

 

1.A種優先株式の発行の概要

(1)払込期日

2021年8月31日

(2)発行新株式数

A種優先株式500株

(3)発行価額

1株につき1,000,000円

(4)調達資金の額

500,000,000円

(5)発行価額のうち資本へ組入れる額

250,000,000円

(6)優先配当金

年率4.0%により計算されます。

優先配当金の額に達しないときはその不足額は翌事業年度以降に累積しますが、優先配当金の合計額を超えて剰余金の配当を行いません。

(7)募集又は割当方法

第三者割当の方法によりDBJ飲食・宿泊支援ファンド投資事業有限責任組合へ500株全てを割り当てます。

(8)その他

本A種優先株式は、普通株式への転換権を有しておりません。

 

 

2.調達する資金の使途

    安定的な事業運営を継続するための事業資金確保を目的としております。

 

 

第3 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

12,045,200

A種優先株式

500

計(注)

12,045,200

 

(注)当社の発行可能種類株式総数は、それぞれ普通株式12,045,200株、A種優先株式500株であり、合計では12,045,700株となりますが、発行可能株式総数は12,045,200株とする旨、定款に規定しております。

② 【発行済株式】

 

種類

第2四半期会計期間
末現在発行数(株)
(2021年8月31日)

提出日現在発行数(株)
(2021年10月15日)

上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名

内容

普通株式

3,311,300

3,311,300

 東京証券取引所
(マザーズ)

 単元株式数
 100株

A種優先株式

500

500

 単元株式数
 1株(注)

3,311,800

3,311,800

 

(注)株式の内容

A種優先株式の内容は以下のとおりです。

1.A種優先株式に対する剰余金の配当

 (1)期末配当の基準日

当社は、各事業年度末日の最終の株主名簿に記載又は記録されたA種優先株式を有する株主(以下「A種優先株主」という。)又はA種優先株式の登録株式質権者(以下「A種優先登録株式質権者」という。)に対して、金銭による剰余金の配当(期末配当)をすることができる。

 (2)期中配当

当社は、期末配当のほか、基準日を定めて当該基準日の最終の株主名簿に記載又は記録されたA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対し金銭による剰余金の配当(期中配当)をすることができる。

 (3)優先配当金

当社は、ある事業年度中に属する日を基準日として剰余金の配当を行うときは、当該基準日の最終の株主名簿に記載又は記録されたA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して、当該基準日の最終の株主名簿に記載又は記録された普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)及びA種優先株式を有する株主(以下「A種優先株主」という。)又はA種優先株式の登録株式質権者(以下「A種優先登録株式質権者」という。)に先立ち、A種優先株式1株につき、下記1.(4)に定める額の配当金(以下「優先配当金」という。)を金銭にて支払う。ただし、当該剰余金の配当の基準日の属する事業年度中の日であって当該剰余金の配当の基準日以前である日を基準日としてA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対し剰余金を配当したとき(以下、当該配当金を「期中優先配当金」という。)は、その額を控除した金額とする。また、当該剰余金の配当の基準日から当該剰余金の配当が行われる日までの間に、当社がA種優先株式を取得した場合、当該A種優先株式につき当該基準日に係る剰余金の配当を行うことを要しない。

 (4)優先配当金の額

優先配当金の額は、A種優先株式1株につき、以下の算式に基づき計算される額とする。ただし、除算は最後に行い、円単位未満小数第3位まで計算し、その小数第3位を四捨五入する。

A種優先株式1株当たりの優先配当金の額は、A種優先株式の1株当たりの払込金額及び前事業年度に係る期末配当後の未払A種優先配当金(下記1.(5)において定義される。)(もしあれば)の合計額に年率4.0%を乗じて算出した金額について、当該剰余金の配当の基準日の属する事業年度の初日(ただし、当該剰余金の配当の基準日が払込期日と同一の事業年度に属する場合は、払込期日)(同日を含む。)から当該剰余金の配当の基準日(同日を含む。)までの期間の実日数につき、1年を365日として日割計算により算出される金額とする。

 (5)累積条項

ある事業年度に属する日を基準日としてA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して行われた1株当たりの剰余金の配当の総額が、当該事業年度の末日を基準日として計算した場合の優先配当金の額に達しないときは、その不足額(以下「未払A種優先配当金」という。)は翌事業年度以降に累積する。

 (6)非参加条項

当社は、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して、上記1.(4)に定める優先配当金の合計額を超えて剰余金の配当を行わない。

2.残余財産の分配

 (1)残余財産の分配

当社は、残余財産を分配するときは、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して、普通株主又は普通登録株式質権者及びA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に先立って、A種優先株式1株当たり、下記2.(2)に定める金額を支払う。

 (2)残余財産分配額

① 基本残余財産分配額

A種優先株式1株当たりの残余財産分配額は、下記4.(2)①に定める基本償還価額算式(ただし、基本償還価額算式における「償還請求日」は「残余財産分配日」(残余財産の分配が行われる日をいう。以下同じ。)と読み替えて適用する。)によって計算される基本償還価額相当額(以下「基本残余財産分配額」という。)とする。

② 控除価額

上記2.(2)①にかかわらず、残余財産分配日までの間に支払われた優先配当金(残余財産分配日までの間に支払われた期中優先配当金を含み、以下「解散前支払済優先配当金」という。)が存する場合には、A種優先株式1株当たりの残余財産分配額は、下記4.(2)②に定める控除価額算式(ただし、控除価額算式における「償還請求日」「償還請求前支払済優先配当金」は、それぞれ「残余財産分配日」「解散前支払済優先配当金」と読み替えて適用する。)に従って計算される控除価額相当額を、上記2.(2)①に定める基本残余財産分配額から控除した額とする。なお、解散前支払済優先配当金が複数回にわたって支払われた場合には、解散前支払済優先配当金のそれぞれにつき控除価額相当額を計算し、その合計額を上記2.(2)①に定める基本残余財産分配額から控除する。

 (3)非参加条項

A種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対しては、上記のほか残余財産の分配を行わない。

3.議決権

A種優先株主は、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会において、議決権を有しない。

4.金銭を対価とする取得請求権(償還請求権)

 (1)償還請求権の内容

A種優先株主は、いつでも、当社に対して金銭を対価としてA種優先株式の全部又は一部を取得することを請求(以下「償還請求」という。)することができる。この場合、当社は、A種優先株式1株を取得するのと引換えに、当該償還請求の日(以下「償還請求日」という。)における会社法第461条第2項所定の分配可能額を限度として、法令上可能な範囲で、当該効力が生じる日に、当該A種優先株主に対して、下記4.(2)に定める金額(ただし、除算は最後に行い、円単位未満小数第3位まで計算し、その小数第3位を四捨五入する。以下「償還価額」という。)の金銭を交付する。なお、償還請求日における分配可能額を超えて償還請求が行われた場合、取得すべきA種優先株式は、抽選又は償還請求が行われたA種優先株式の数に応じた比例按分その他の方法により当社の取締役会において決定する。

 (2)償還価額

  ① 基本償還価額

A種優先株式1株当たりの償還価額は、以下の算式によって計算される額(以下「基本償還価額」という。)とする。

  (基本償還価額算式)

  基本償還価額=1,000,000円×(1+0.04)m+n/365

払込期日(同日を含む。)から償還請求日(同日を含む。)までの期間に属する日の日数を「m年とn日」とする。

  ② 控除価額

上記4.(2)①にかかわらず、償還請求日までの間に支払われた優先配当金(償還請求日までの間に支払われた期中優先配当金を含み、以下「償還請求前支払済優先配当金」という。)が存する場合には、A種優先株式1株当たりの償還価額は、次の算式に従って計算される価額を上記4.(2)①に定める基本償還価額から控除した額とする。なお、償還請求前支払済優先配当金が複数回にわたって支払われた場合には、償還請求前支払済優先配当金のそれぞれにつき控除価額を計算し、その合計額を上記4.(2)①に定める基本償還価額から控除する。

  (控除価額算式)

  控除価額=償還請求前支払済優先配当金×(1+0.04)x+y/365

償還請求前支払済優先配当金の支払日(同日を含む。)から償還請求日(同日を含む。)までの期間に属する日の日数を「x年とy日」とする。

 (3)償還請求受付場所

  東京都港区赤坂一丁目12番32号アーク森ビル23階

  ユナイテッド&コレクティブ株式会社

(4)償還請求の効力発生

  償還請求の効力は、償還請求書が償還請求受付場所に到着した時に発生する。

5.金銭を対価とする取得条項(強制償還)

(1)強制償還の内容

当社は、いつでも、当会社の取締役会決議に基づき別に定める日(以下「強制償還日」という。)の到来をもって、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者の意思にかかわらず、当社がA種優先株式の全部又は一部を取得するのと引換えに、当該日における分配可能額を限度として、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して、下記5.(2)に定める金額(以下「強制償還価額」という。)の金銭を交付することができる(以下、この規定によるA種優先株式の取得を「強制償還」という。)。なお、A種優先株式の一部を取得するときは、取得するA種優先株式は、抽選、比例按分その他の方法により当社の取締役会において決定する。

 (2)強制償還価額

  ① 基本強制償還価額

A種優先株式1株当たりの強制償還価額は、上記4.(2)①に定める基本償還価額算式(ただし、基本償還価額算式における「償還請求日」は「強制償還日」と読み替えて適用する。)によって計算される基本償還価額相当額(以下「基本強制償還価額」という。)とする。

  ② 控除価額

上記5.(2)①にかかわらず、強制償還日までの間に支払われた優先配当金(強制償還日までの間に支払われた期中優先配当金を含み、以下「強制償還前支払済優先配当金」という。)が存する場合には、A種優先株式1株当たりの強制償還価額は、上記4.(2)②に定める控除価額算式(ただし、控除価額算式における「償還請求日」「償還請求前支払済優先配当金」は、それぞれ「強制償還日」「強制償還前支払済優先配当金」と読み替えて適用する。)に従って計算される控除価額相当額を、上記5.(2)①に定める基本強制償還価額から控除した額とする。なお、強制償還前支払済優先配当金が複数回にわたって支払われた場合には、強制償還前支払済優先配当金のそれぞれにつき控除価額相当額を計算し、その合計額を上記5.(2)①に定める基本強制償還価額から控除する。

6.株式の併合又は分割

法令に別段の定めがある場合を除き、A種優先株式について株式の併合又は分割は行わない。A種優先株主には、募集株式又は募集新株予約権の割当を受ける権利を与えず、株式又は新株予約権の無償割当を行わない。

7.種類株主総会の決議

定款において、会社法第322条第2項に関する定めはしておりません。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

 2021年8月31日

  (注)1.

 A種優先株式

 500

 普通株式

3,311,300

 A種優先株式

500

250,000

411,368

250,000

951,277

 2021年8月31日

  (注)2.

△151,368

260,000

951,277

 

(注)1.A種優先株式 第三者割当

     発行価格   1株につき1,000,000円

     資本組入額  1株につき1,000,000円

     割当先    DBJ飲食・宿泊支援ファンド投資事業有限責任組合

2.会社法第447条第1項の規定に基づき資本金を減少し、その他資本剰余金へ振替えたものであります。

 

 

(5) 【大株主の状況】

①普通株式

 

 

2021年8月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

坂井 英也

東京都港区

1,040,000

31.4

パトリック&カンパニー株式会社

東京都港区南青山7丁目12-5-301

820,000

24.8

サントリー酒類株式会社

東京都港区台場2丁目3-3

200,000

6.0

アサヒビール株式会社

東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号

102,700

3.1

矢野 秀樹

千葉県船橋市

40,000

1.2

宝酒造株式会社

京都府京都市伏見区竹中町609

34,200

1.0

中瀬 一人

東京都渋谷区

28,000

0.8

バークレイズ証券株式会社

東京都港区六本木6丁目10番1号

6,540

0.2

渡邉 烈任

神奈川県藤沢市

6,100

0.2

江藤 博文

福岡県うきは市

5,400

0.2

2,282,940

68.9

 

(注) 上記のほか当社所有の自己株式180株があります。

 

②A種優先株式

 

 

2021年8月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

DBJ飲食・宿泊支援投資ファンド投資事業有限責任組合

東京都千代田区大手町一丁目9番6号

500

100.0

 

 

 

(6) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

 

 

 

2021年8月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

A種優先株式

500

(注)1

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

 (自己保有株式)

 普通株式

100

完全議決権株式(その他)

 普通株式

33,096

単元株式数は100株であります。

3,309,600

単元未満株式

 普通株式

1,600

発行済株式総数

3,311,300

総株主の議決権

33,096

 

(注)1.A種優先株式の内容につきましては、「1 株式の状況 (1)株式の総数等 ②発行済株式」の(注)株式の内容をご参照願います。

   2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が80株含まれております。

 

② 【自己株式等】

2021年8月31日現在

 

所有者の氏名

又は名称

 

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数

の合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

(自己保有株式)

ユナイテッド&コレクティブ株式会社

東京都港区赤坂一丁目12番32号アーク森ビル23F

100

-

100

0.0

100

-

100

0.0

 

 

 

2 【役員の状況】

前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。

 

 

第4 【経理の状況】

 

1  四半期財務諸表の作成方法について

当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第63号)に基づいて作成しております。

 

2  監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2021年6月1日から2021年8月31日まで)及び第2四半期累計期間(2021年3月1日から2021年8月31日まで)に係る四半期財務諸表について、監査法人ハイビスカスによる四半期レビューを受けております。
 なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
 第21期事業年度 有限責任 あずさ監査法人
 第22期第2四半期会計期間及び第2四半期累計期間 監査法人ハイビスカス

 

3  四半期連結財務諸表について

当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。

 

1 【四半期財務諸表】

(1) 【四半期貸借対照表】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2021年2月28日)

当第2四半期会計期間

(2021年8月31日)

資産の部

 

 

 

流動資産

 

 

 

 

現金及び預金

2,270,142

2,222,856

 

 

売掛金

61,876

56,747

 

 

商品及び製品

26,818

24,880

 

 

原材料及び貯蔵品

504

490

 

 

未収入金

258,516

689,376

 

 

その他

133,366

223,924

 

 

流動資産合計

2,751,225

3,218,275

 

固定資産

 

 

 

 

有形固定資産

 

 

 

 

 

建物

2,867,820

2,924,554

 

 

 

 

減価償却累計額

1,129,048

1,214,737

 

 

 

 

建物(純額)

1,738,771

1,709,817

 

 

 

その他

408,049

453,031

 

 

 

 

減価償却累計額

265,201

288,272

 

 

 

 

その他(純額)

142,847

164,758

 

 

 

有形固定資産合計

1,881,618

1,874,575

 

 

無形固定資産

9,936

10,570

 

 

投資その他の資産

 

 

 

 

 

敷金及び保証金

892,396

923,903

 

 

 

その他

80,760

90,006

 

 

 

投資その他の資産合計

973,157

1,013,910

 

 

固定資産合計

2,864,713

2,899,056

 

資産合計

5,615,938

6,117,332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(2021年2月28日)

当第2四半期会計期間

(2021年8月31日)

負債の部

 

 

 

流動負債

 

 

 

 

買掛金

99,463

57,294

 

 

1年内返済予定の長期借入金

671,088

657,744

 

 

未払金

434,004

389,867

 

 

未払法人税等

56,345

 

 

賞与引当金

32,804

 

 

株主優待引当金

11,192

5,887

 

 

資産除去債務

15,500

 

 

その他

320,100

131,239

 

 

流動負債合計

1,592,194

1,290,336

 

固定負債

 

 

 

 

長期借入金

3,770,727

3,941,855

 

 

資産除去債務

35,918

38,693

 

 

その他

183,361

192,685

 

 

固定負債合計

3,990,007

4,173,235

 

負債合計

5,582,201

5,463,571

純資産の部

 

 

 

株主資本

 

 

 

 

資本金

13,706

260,000

 

 

資本剰余金

1,143,524

1,692,555

 

 

利益剰余金

1,132,992

1,309,968

 

 

自己株式

432

432

 

 

株主資本合計

23,806

642,155

 

新株予約権

9,930

11,605

 

純資産合計

33,737

653,761

負債純資産合計

5,615,938

6,117,332

 

(2) 【四半期損益計算書】

【第2四半期累計期間】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年8月31日)

当第2四半期累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年8月31日)

売上高

1,631,646

994,048

売上原価

428,922

273,867

売上総利益

1,202,724

720,181

販売費及び一般管理費

※1 2,028,012

※1 1,682,114

営業損失(△)

825,287

961,933

営業外収益

 

 

 

受取利息

10

12

 

受取配当金

1

0

 

保険金収入

74

 

助成金収入

※2 905,079

 

その他

586

4,716

 

営業外収益合計

673

909,808

営業外費用

 

 

 

支払利息

12,645

16,555

 

解約違約金

6,720

 

その他

1,087

7,723

 

営業外費用合計

13,732

30,999

経常損失(△)

838,347

83,124

特別利益

 

 

 

営業補償金収入

64,800

 

助成金収入

※2 74,891

※2 85,529

 

特別利益合計

74,891

150,329

特別損失

 

 

 

減損損失

101,963

48,826

 

臨時休業等による損失

※3 148,238

※3 184,068

 

その他

1,354

 

特別損失合計

250,201

234,250

税引前四半期純損失(△)

1,013,657

167,045

法人税、住民税及び事業税

12,483

9,483

法人税等調整額

44,615

447

法人税等合計

57,099

9,930

四半期純損失(△)

1,070,756

176,976

 

(3) 【四半期キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2020年3月1日

 至 2020年8月31日)

当第2四半期累計期間

(自 2021年3月1日

 至 2021年8月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

税引前四半期純損失(△)

1,013,657

167,045

 

減価償却費

140,835

130,428

 

減損損失

101,963

48,826

 

賞与引当金の増減額(△は減少)

1,320

32,804

 

株主優待引当金の増減額(△は減少)

5,318

5,304

 

受取利息及び受取配当金

12

13

 

支払利息

12,645

16,555

 

営業補償金収入

64,800

 

助成金収入

74,891

990,608

 

売上債権の増減額(△は増加)

139,582

5,128

 

たな卸資産の増減額(△は増加)

11,599

1,953

 

前払費用の増減額(△は増加)

16,820

19,475

 

仕入債務の増減額(△は減少)

185,312

42,169

 

未払消費税等の増減額(△は減少)

2,663

197,264

 

未払金の増減額(△は減少)

131,719

116,588

 

未払費用の増減額(△は減少)

68,290

4,228

 

長期前受金の増減額(△は減少)

10,652

9,324

 

その他

83,730

43,003

 

小計

709,945

1,405,480

 

利息及び配当金の受取額

12

13

 

利息の支払額

14,499

14,697

 

法人税等の支払額

138,835

 

補償金の受取額

64,800

 

助成金の受取額

37,135

590,801

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

687,297

903,398

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

有形固定資産の取得による支出

2,125

70,713

 

敷金及び保証金の差入による支出

4,300

41,656

 

敷金及び保証金の回収による収入

2,000

27,224

 

その他

13,245

10,385

 

投資活動によるキャッシュ・フロー

17,670

95,530

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

長期借入れによる収入

2,640,000

500,000

 

長期借入金の返済による支出

373,781

342,216

 

株式の発行による収入

500,000

 

新株予約権の行使による株式の発行による収入

293,859

 

財務活動によるキャッシュ・フロー

2,266,219

951,643

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

1,561,250

47,285

現金及び現金同等物の期首残高

1,473,266

2,270,142

現金及び現金同等物の四半期末残高

 3,034,516

 2,222,856

 

【注記事項】
(追加情報)

(新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う会計上の見積りについて)

当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況が続いております。ワクチン接種が進むことによる経済活動の回復が期待されるものの、先行きは依然不透明な状況であります。
 外食産業におきましては、政府や自治体からの緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により営業時間短縮やアルコール類の提供休止などを断続的に余儀なくされる形となっており、それによる協力金等の支援制度があるものの、申請後の支給も遅延するなど、依然として極めて厳しい経営環境が続いております。

このため、四半期財務諸表の作成に当たっては、2022年2月にかけて徐々に回復する仮定で計画を策定し、繰延税金資産の回収可能性や固定資産の減損を検討しております。

ただし、現時点で出店・退店計画への影響等、全ての影響を計画に織り込むことは困難であり、終息時期等によって仮定した計画が変動した場合には、繰延税金資産の回収可能性や固定資産の減損についての判断に影響を及ぼし、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(資本金及び資本準備金の額の減少について)

当社は、2021年7月26日付の臨時取締役会において、資本金及び資本準備金の額を、第三者割当増資と同時に、本第三者割当増資により増加する資本金の額及び資本準備金の額と同額分減少することについて決議いたしました。

決議事項のうち、2021年8月31日を当初の効力発生日としていた資本金及び資本準備金の額の減少について、2021年8月30日付開催の臨時取締役会の決議により2021年11月19日に効力が発生する見込みです。

 

1.資本金及び資本準備金の額の減少の目的

当社の業容及び損益の現状を踏まえ、今後の資本政策の機動性及び柔軟性を図ることが目的であります。

2.要領

 (1)資本金の額の減少

   ①減少する資本金の額

    資本金260,000,000円のうち250,000,000円を減少させ10,000,000円といたします。

   ②方法

会社法第447条第1項及び第3項の規定に基づき、発行済株式総数の変更は行わず、資本金の額を減少させ、減少額250,000,000円をその他資本剰余金に振替えることといたします。

 (2)資本準備金の額の減少

   ①減少する資本準備金の額

    資本準備金951,277,658円のうち250,000,000円を減少させ701,277,658円といたします。

   ②方法

会社法第448条第1項及び第3項の規定に基づき、資本準備金の額を減少させ、減少額250,000,000円をその他資本剰余金に振替えることといたします。

3.日程

 (1)取締役会決議日          2021年7月26日

 (2)効力発生日変更の取締役会決議日  2021年8月30日

 (3)債権者異議申述公告日       2021年10月18日

 (4)債権者異議申述最終期日      2021年11月18日

 (5)効力発生日            2021年11月19日

 

 

(四半期損益計算書関係)

  ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

 

 

前第2四半期累計期間

(自 2020年3月1日

至 2020年8月31日)

 

当第2四半期累計期間

(自 2021年3月1日

至 2021年8月31日)

 

給料及び手当

593,010

千円

440,739

千円

賞与引当金繰入額

29,889

32,804

地代家賃

619,954

511,417

 

 

 ※2  助成金収入

前第2四半期累計期間(自  2020年3月1日  至  2020年8月31日)

新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金等であります。

 

当第2四半期累計期間(自  2021年3月1日  至  2021年8月31日)

 営業外収益に計上されている助成金収入は、新型コロナウイルス感染症にかかる営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金であり、特別利益に計上されている助成金収入は雇用調整助成金等であります。

 

 ※3  臨時休業等による損失

前第2四半期累計期間(自  2020年3月1日  至  2020年8月31日)

新型コロナウイルス感染症に対する政府、自治体からの各種要請等を踏まえ、店舗の臨時休業・営業時間の短縮を実施しました。店舗の臨時休業期間等に発生した固定費(人件費・地代家賃・減価償却費)を臨時休業等による損失として、特別損失に148,238千円計上しております。

 

当第2四半期累計期間(自  2021年3月1日  至  2021年8月31日)

新型コロナウイルス感染症に対する政府、自治体からの各種要請等を踏まえ、店舗の臨時休業・営業時間の短縮を実施しました。店舗の臨時休業期間等に発生した固定費(人件費・地代家賃・減価償却費)を臨時休業等による損失として、特別損失に184,068千円計上しております。

 

 

(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。

 

 

前第2四半期累計期間

(自  2020年3月1日

至  2020年8月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2021年3月1日

至  2021年8月31日)

現金及び預金

3,034,516千円

2,222,856千円

現金及び現金同等物

3,034,516千円

2,222,856千円

 

 

(株主資本等関係)

前第2四半期累計期間(自  2020年3月1日  至  2020年8月31日)

株主資本の著しい変動

当社は、2020年5月29日開催の第20期定時株主総会において、適切な税制への適用を通じて財務内容の健全性の向上を目指しつつ、今後の資本政策の柔軟性を図ることを目的とした「資本金の額の減少の件」を決議し、2020年6月23日付でその効力が発生しております。

この結果、当第2四半期会計期間末において資本金が10,000千円、資本剰余金が1,139,817千円となっております。

 

当第2四半期累計期間(自  2021年3月1日  至  2021年8月31日)

株主資本の著しい変動

当社は、2021年8月27日開催の臨時株主総会の決議に基づき、A種優先株式500株を発行し、2021年8月31日付で第三者割当増資の払込みを受け、資本金及び資本準備金がそれぞれ250,000千円増加いたしました。また、同日付で資本金151,368千円を減少しその他資本剰余金へ振り替えております。

この結果、当第2四半期会計期間末において資本金が260,000千円、資本剰余金が1,692,555千円となっております。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 当社の報告セグメントは、飲食事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。

 

(1株当たり情報)

1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目

前第2四半期累計期間

(自  2020年3月1日

至  2020年8月31日)

当第2四半期累計期間

(自  2021年3月1日

至  2021年8月31日)

1株当たり四半期純損失(△)

△355円 60銭

△54円 82銭

(算定上の基礎)

 

 

  四半期純損失(△)(千円)

△1,070,756

△176,976

  普通株主に帰属しない金額(千円)

  普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)

△1,070,756

△176,976

  普通株式の期中平均株式数(千株)

3,011

3,228

 希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1

 株当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜

 在株式で前事業年度末から重要な変動があった

 ものの概要

 

(注)前第2四半期累計期間及び当第2四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。

 

2 【その他】

該当事項はありません。

 

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

 

該当事項はありません。

独立監査人の四半期レビュー報告書

2021年10月15日

ユナイテッド&コレクティブ株式会社

取締役会 御中

監査法人 ハイビスカス

東京事務所

指定社員

業務執行社員

公認会計士

阿 部 海 輔 ㊞

指定社員

業務執行社員

公認会計士

 福 田 健 太 郎 ㊞

 

監査人の結論 

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているユナイテッド&コレクティブ株式会社の2021年3月1日から2022年2月28日までの第22期事業年度の第2四半期会計期間(2021年6月1日から2021年8月31日まで)及び第2四半期累計期間(2021年3月1日から2021年8月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。  

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、ユナイテッド&コレクティブ株式会社の2021年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。 

 

監査人の結論の根拠 

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。 

 

その他の事項 

会社の2021年2月28日をもって終了した前事業年度の第2四半期会計期間及び第2四半期累計期間に係る四半期財務諸表並びに前事業年度の財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期財務諸表に対して2020年10月15日付けで無限定の結論を表明しており、また、当該財務諸表に対して2021年5月28日付けで無限定適正意見を表明している。 

 

四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任 

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。 

四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。 

監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。 

 

四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任 

監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期財務諸表に対する結論を表明することにある。 

監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。 

・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。 

・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。 

・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。 

監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項について報告を行う。 

監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。 

 

利害関係 

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。 

 

以  上

 

 

(注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。

 

E32965-000 2021-10-15