EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

臨時報告書

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年10月21日

【会社名】

株式会社ほぼ日

【英訳名】

Hobonichi Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 糸井 重里

【本店の所在の場所】

東京都千代田区神田錦町三丁目18番地 ほぼ日神田ビル

【電話番号】

03(5422)3804

【事務連絡者氏名】

取締役管理部長 鈴木 基男

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区神田錦町三丁目18番地 ほぼ日神田ビル

【電話番号】

03(5422)3804

【事務連絡者氏名】

取締役管理部長 鈴木 基男

 

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所
(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E32991 35600 株式会社ほぼ日 Hobonichi Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第五号の三様式 1 false false false E32991-000 2021-10-21 xbrli:pure

1【提出理由】

 当社は2021年10月21日開催の監査役会において、会計監査人の異動を行うことを決議し、同日開催の取締役会において、同年11月21日に開催予定の第43期定時株主総会において「会計監査人選任の件」を付議することを決議しましたので、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明を行う監査公認会計士等の異動に関し、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものです。

 

2【報告内容】

(1)当該異動に係る監査公認会計士等の名称

① 選任する監査公認会計士等の名称

太陽有限責任監査法人

 

② 退任する監査公認会計士等の名称

東陽監査法人

 

(2)当該異動の年月日

2021年11月21日(第43期定時株主総会開催予定日)

 

(3)退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

2006年11月15日

 

(4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

該当事項はありません。

 

(5)当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

当社の会計監査人である東陽監査法人は2021年11月21日開催予定の第43期定時株主総会終結の時をもって任期満了になり退任となります。監査役会は現監査法人の監査継続年数が長期にわたっていること、また、同監査法人から監査報酬の増額についての説明があったことから、今後の当社の事業展開を加味した上で、監査業務と監査費用の適正性・合理性を複数の監査法人で比較検討を行い、太陽有限責任監査法人を会計監査人の候補者としました。当該監査法人は、新たな視点での監査が期待できることに加えて、会計監査人に必要とされる品質管理体制、独立性、専門性等を総合的に勘案した結果、当社の会計監査人として適任と判断いたしました。

 

(6)上記(5)の理由及び経緯に対する意見

① 退任する監査公認会計士等の意見

特段の意見はない旨の回答を得ています。

 

② 監査役会の意見

妥当であると判断しています。

 

以 上