EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2021年6月30日

【事業年度】

第30期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

【会社名】

株式会社SIG

【英訳名】

SIG Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  石川 純生

【本店の所在の場所】

東京都千代田区九段北四丁目2番1号

【電話番号】

03-5213-4580

【事務連絡者氏名】

専務取締役  八田 英伸

【最寄りの連絡場所】

東京都千代田区九段北四丁目2番1号

【電話番号】

03-5213-4580

【事務連絡者氏名】

専務取締役  八田 英伸

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E34031 43860 株式会社SIG SIG Co., Ltd. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2020-04-01 2021-03-31 FY 2021-03-31 2019-04-01 2020-03-31 2020-03-31 1 false false false E34031-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row5Member E34031-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row4Member E34031-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row3Member E34031-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row2Member E34031-000 2021-06-30 jpcrp_cor:Row1Member E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E34031-000 2016-04-01 2017-03-31 E34031-000 2021-06-30 E34031-000 2021-03-31 E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 E34031-000 2020-03-31 E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 E34031-000 2019-03-31 E34031-000 2018-04-01 2019-03-31 E34031-000 2018-03-31 E34031-000 2017-04-01 2018-03-31 E34031-000 2017-03-31 E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E34031-000 2021-06-30 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E34031-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E34031-000 2021-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E34031-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E34031-000:IshikawaSumioMember E34031-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E34031-000:HattaHidenobuMember E34031-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E34031-000:HirabayashiNaotoMember E34031-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E34031-000:NakayamaHideshiMember E34031-000 2021-06-30 jpcrp030000-asr_E34031-000:AokiYoshihikoiMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E34031-000 2020-04-01 2021-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第26期

第27期

第28期

第29期

第30期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

3,547,966

経常利益

(千円)

216,515

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

136,165

包括利益

(千円)

136,165

純資産額

(千円)

509,122

総資産額

(千円)

1,625,613

1株当たり純資産額

(円)

106.72

1株当たり当期純利益

(円)

28.54

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

31.3

自己資本利益率

(%)

30.8

株価収益率

(倍)

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

236,360

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

615

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

143,602

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

854,957

従業員数

(人)

300

(注)1.当社は、第25期より連結財務諸表を作成しておりましたが、2017年10月1日に連結子会社であったアディ株式会社を吸収合併したため、第27期より連結財務諸表を作成しておりません。このため、第27期以降の連結経営指標等については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.第26期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であったため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。

4.第26期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため記載しておりません。

5.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。

6.当社は2016年7月8日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行い、2018年3月1日付で普通株式1株につき40株の株式分割を行っております。また、2019年1月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っておりますが、第26期の期首に当該分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第26期

第27期

第28期

第29期

第30期

決算年月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

2021年3月

売上高

(千円)

3,547,966

3,804,145

4,226,577

4,476,290

4,397,124

経常利益

(千円)

210,249

300,202

348,015

377,177

321,998

当期純利益

(千円)

132,101

179,045

254,939

266,560

239,613

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

293,500

309,100

492,724

500,171

505,137

発行済株式総数

(株)

39,800

1,644,000

5,623,260

5,775,660

5,880,540

純資産額

(千円)

521,975

732,220

1,354,408

1,365,320

1,547,313

総資産額

(千円)

1,631,819

1,754,255

2,190,810

2,615,981

2,596,949

1株当たり純資産額

(円)

109.41

148.62

241.08

244.32

271.79

1株当たり配当額

(円)

17.00

17.00

12.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

(11.00)

(6.00)

1株当たり当期純利益

(円)

27.69

37.16

46.96

47.25

42.44

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

43.73

45.39

41.45

自己資本比率

(%)

32.0

41.7

61.8

52.2

59.6

自己資本利益率

(%)

29.0

28.6

24.4

19.6

16.5

株価収益率

(倍)

16.85

9.29

19.34

配当性向

(%)

36.2

36.0

28.3

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

277,009

124,287

317,438

6,675

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

21,686

20,401

47,013

678,943

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

159,762

144,215

87,609

197,131

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

950,890

1,198,992

1,557,027

674,276

従業員数

(人)

272

335

358

384

411

株主総利回り

(%)

59.8

109.6

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

()

()

()

(90.5)

(128.6)

最高株価

(円)

886

(4,965)

807

1,629

最低株価

(円)

600

(1,767)

353

401

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第26期の持分法を適用した場合の投資利益については、連結財務諸表を作成しているため記載しておりません。また、第27期から第29期までは持分法を適用すべき関連会社がないため、記載しておりません。また、第30期は関連会社を有しておりますが、持分法を適用した場合の投資損益がないため記載しておりません。

3.社は2016年7月8日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行い、2018年3月1日付で普通株式1株につき40株の株式分割を行っております。また、2019年1月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っておりますが、第26期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。

4.第26期及び第27期の1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。また、第28期の1株当たり配当額には、上場記念配当5円を含んでおります。また、第29期の1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第二部への市場変更記念配当5円を含んでおります。

5.第26期及び第27期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であったため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。

6.当社は、2018年6月21日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場したため、第28期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、新規上場日から第28期事業年度末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。

7.第26期及び第27期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため記載しておりません。

8.第26期の営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現金及び現金同等物の期末残高については、連結財務諸表を作成しているため記載しておりません。

9.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。

10.第27期において、従業員数が63名増加しております。これは主として連結子会社の吸収合併及び事業拡大に備えた人員採用によるものであります。

11.株主総利回り、比較指標、最高株価及び最低株価については、2018年6月21日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場したため、それ以前は非上場でありますので記載しておりません。

12.株主総利回りについては、2018年6月21日付をもって東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場したため、第28期事業年度末日の株価を基準に算定しております。

13.最高株価及び最低株価は、2019年6月5日より東京証券取引所市場第二部におけるものであり、それ以前は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものです。

14.第28期の株価については、株式分割前の最高株価及び最低株価を( )内に記載しております。

 

2【沿革】

年月

概要

1991年12月

東京都品川区東五反田に資本金5,000万円で「株式会社エスアイインフォジェニック」設立

住友金属工業株式会社(現日本製鉄株式会社)グループ2社50%と他の出資者50%の同比率出資

1992年9月

九州事業所開設

1996年4月

関西事業所開設

1997年8月

本社を東京都文京区本郷に移転

2000年3月

関係会社「アディ株式会社」設立

2000年9月

住友金属工業株式会社グループより独立、独立系システムインテグレーター会社として出発

2001年3月

資本金を7,550万円に増資

2005年12月

株式会社ビジネスブレインと合併、資本金を2億8,500万円に増資

2006年6月

総合研究所(金沢・福井)開設

2006年9月

資本金を2億9,350万円に増資

2006年10月

プライバシーマーク認定取得

2006年11月

一般労働者派遣事業許可取得

2008年1月

名古屋オフィス開設

2011年1月

米国SecuGen社と日本での独占的販売権の契約締結

2011年7月

甲府事業所開設

2013年8月

仙台オフィス開設

2014年4月

完全子会社「株式会社RMA」設立

2016年2月

商号を「株式会社エスアイインフォジェニック」から「株式会社SIG」に変更

東京都千代田区九段北に本社移転

2016年3月

完全子会社「株式会社RMA」より事業譲受け

2016年3月

完全子会社「株式会社RMA」解散(2016年12月清算)

2017年1月

横浜分室開設

2017年10月

アディ株式会社を吸収合併

2017年12月

株式会社テプコシステムズに対する第三者割当増資、資本金を3億910万円に増資

2018年6月

東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場

2019年6月

東京証券取引所市場第二部に市場変更

2019年10月

クラウドビジネスセンター(横浜)開設

2020年10月

株式会社アクロホールディングスを関連会社化

 

3【事業の内容】

当社は独立系IT企業として、様々な分野及び業種における情報システムや産業制御システムのシステム開発事業等に取り組んでおります。また、それらを支えるITインフラソリューション及びセキュリティサービスにも積極的に取り組んでおります。

なお、当社はシステム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、事業分野別に記載しております。

 

(1)システム開発事業

当社は、官公庁・地方自治体等の公共事業や金融・サービス業向けの各種情報システム、プラント向けの制御・監視システム、製造装置向けの組込みシステム開発等、様々な分野においてシステム開発を展開しております。

情報システムの導入において最適なシステムとなるよう、顧客の業務の内容や目的に応じた企画の提案、ハードウエア、ソフトウエアの選定、システムの開発や構築、運用まで、総合的なサービスを提供しております。

その中でも特に以下の分野において、長年にわたる豊富な開発実績とノウハウを所有しております。

① 共済、国保、国民年金及び人事給与等の公共事業向けシステムの開発

政令指定都市向け人事給与システム(職員の基本情報をもとに採用・退職・異動・各種手当などの情報を一元管理し、様々な給与形態に応じた給与計算を行うシステム)を始めとした、共済・年金システム及び国民健康保険に関するシステムを開発しております。

② 電子部品実装装置、半導体製造装置等の産業用ロボット組込みシステムの開発

半導体部品を電子基板に装着する設備の生産ライン制御システム及び最適生産データ構築・生成や生産計画・管理等の生産プロセスに必要なソフトウエアの専用システムの設計・開発・保守を行っております。

また、ウエーハ(注1)に成膜を行う半導体製造装置のシステム開発支援も行っております。

③ 携帯電話や自動車等の輸送車両へ移動体通信技術を利用し各種情報提供を行うテレマティクスサービスの開発

通信(テレコミュニケーション)と情報処理(インフォマテックス)を組み合わせた、大手自動車メーカー向けの次世代情報提供サービスにおいて、車載器とデータセンター間の通信システムや、契約者向けWebサービスのシステムを開発しております。

④ 文教向けの証明書自動発行機システムの開発

大学における証明書の申込み、発行から各種決済までの機能を有した証明書自動発行機システムの開発を通じて、大学事務システムの効率化を支援しております。また、キャンパスのデジタル化への取組みに対し、マイナンバーカードに対応する証明書自動発行機を開発いたしました。

 社会インフラ化するエネルギー分野に関するシステム開発の支援

大手SIerが提供するCIS(顧客情報管理システム)の開発支援に長年携わり、2016年4月の電力自由化では、送配電事業者が提供する受付業務に関する託送システム(注2)の開発支援~保守、運用にも携わっております。

その他、公示受付・管理システム、グループ企業が利用する共通基盤の開発支援や、近年では、発電事業者向けのHMI(注3)のPoC(注4)構築を行っております。

⑥ 不動産のドキュメント管理に関するシステム開発の支援

不動産業での契約書、重要事項説明書など紙での契約関連書類の効率化を図るドキュメント管理の開発を行っています。

 

情報システムの分野においては、スマートフォンやタブレット端末等の、従来のコンピュータの枠にとらわれない可搬性のある情報機器であるスマートデバイス向けのアプリケーション開発を長年にわたり数多く手がけ、企業の基幹システムと連動したシステム構築等のサービスを展開しており、近年ではお客様のDX化への取組みに向けて注力しております。

 インターネットサービス事業者向け開発支援

インターネットサービス事業者が提供する法人、個人向けの各種サービスに伴うシステム開発~保守、運用を担当しております。

近年、仮想移動体通信事業における5G対応の次世代ブランド向けサービスの開発支援や、テレワーク需要増に伴うクラウドサービスのセキュリティ強化対策に関連するアプリケーションの開発も行っております。

⑧ IT企業が金融分野においてサービスを展開するFinTech(注5)に関するシステム開発の支援

生命保険販売支援システムの開発支援を行っており、コロナ禍においては、非対面での保険販売を目的としたシステム開発支援を行っております。

 

(2)インフラ・セキュリティサービス事業

① ITインフラソリューション

当社は、情報を管理する各種サーバやストレージ等の機器構成に留まらず、ネットワーク、データベース、バックアップ等の設計・構築から導入支援、運用管理まで、ITインフラソリューションでは長年の実績とノウハウに基づく信頼性・拡張性を重視したサービスを提供しております。また、当社はクラウドサービスに必要な最新技術や専門技術の認定や両技術に精通した有資格者を揃え、設計から構築、導入支援、運用管理まで数多くの導入実績があります。

② セキュリティサービス

セキュリティサービスでは、米国SecuGen社の製品を始め、セキュリティホール探索や実際に侵入や攻撃を試みるペネトレーションテスト等に用いる脆弱性対策ツール等、セキュリティ商材の販売と、その設計・構築・保守・運用までの一元的なサービスを提供しております。

 

当社は、これらの事業を単一セグメントとして機能的に管理・運用し、様々な事業分野において顧客の求める情報システムの開発に対し、企画・提案から開発・運用支援までワンストップで対応できる体制と人材を揃え、サービスを提供しております。

 

(注)1.ウエーハ

半導体材料を薄く円盤状に加工した薄い板のことで、半導体基板の材料として用いられております。

2.託送システム

電力会社が有する送配電網を、発電事業者や他の電力小売り事業者が利用することを託送と称しております。この託送料金の計算や、新電力会社の発電量が需要量を下回った際に、一般電気事業者が新電力会社に変わって電力を供給することに対し、新電力会社が一般電気事業者に支払うインバランス料金の計算など、内包する機能が多岐にわたるシステムの事を意味しております。

3.HMI

Human Machine Interface(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の略。人間と機械が情報をやり取りするための手段や、そのための装置やソフトウエアなどの総称を意味しております。

4.PoC

Proof of concept(概念実証)の略。新しいプロジェクトが本当に実現可能かどうか、効果や効用、技術的な観点から検証する行程を意味しております。

5.FinTech(フィンテック)

Finance(ファイナンス)とTechnology(テクノロジー)の造語。日本では金融ITや金融テクノロジーとも称され、金融企業ではなくIT企業が金融分野においてサービスを展開することを意味しております。

 

[事業系統図]

0101010_001.png

(注)SIer

SIerとはシステム構築する会社のことであり、システムインテグレーター(SI:System Integrator)として、個別のシステムを集めて1つにまとめ上げ、それぞれの機能が正しく働くように完成させるシステムインテグレーションを行う企業を表しております。

 

4【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合又は

被所有割合

(%)

関係内容

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

株式会社アクロホールディングス(注2)

東京都中央区

286,500

システム開発

33.4

役員の兼任 1名

(注)1.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

2.2020年10月に株式取得したことにより、当事業年度より持分法適用関連会社に含めております。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

2021年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

411

36.5

7.3

5,162

(注)1.当社は、システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

2.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、事業分野別の従業員数を示すと次のとおりであります。

事業分野の名称

従業員数(人)

システム開発事業

273

インフラ・セキュリティサービス事業

97

全社(共通)

41

合計

411

(注)全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。

 

(2)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

記載事項の中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針

当社は経営の基本方針として、以下の事項を「経営理念」として掲げております。

① ITイノベーションにより社会の高度化に貢献する

「ユビキタス社会」の実現は日々進んでいます。一例を挙げれば今や欲しい物はネットを通して何時でも何処でも探し出し、瞬時に購入することが可能となりました。ITは社会をより便利な方向へ、より安全な方向へと変えながら皆さんを幸せにしていきます。SIGはそんなITイノベーションの先頭に立ちます。

 

② 自己革新と研鑽により社会のニーズにこたえる

ITの技術を真に社会に役立つものにするには安全で迅速で確実なシステムを構築する必要がありますし、これら高いレベルの要求を実現するために自己変革と先端技術の研鑽を実施しています。

 

③ 幅広く人材を受け入れプロフェッショナルとして育成する

SIGは幅広く人材を受け入れプロフェッショナルとして育成していくシステムが機能しています。幅広い人材の育成は企業の使命であり、特に大切とするテーマです。私たちは育成・指導・話し合いを行うことでビジネスを常に前進させています。

 

④ 会社の発展と業績の拡大によって社員の幸福を目指す

会社は社員みんなの夢を実現しつつ、事業を通して社会に貢献することが目標であり、その実現に向けて社員一人一人の力を集結させることが大切ですし、この力の集結により、会社は業績が上がり発展し、また会社の発展と共に社員も成長することができ、より良い生活を実現させることができると確信しています。

「Going All Together to SUCCESS」を合言葉に、挑戦していきます。

 

(2)経営戦略及び対処すべき課題等

近年、当社が属する情報サービス産業は、企業の人手不足を背景に合理化・省力化への投資などを中心に設備投資が堅調に推移して参りました。コロナ禍において企業のDX化は一層加速し、クラウド、AI・IoTといった分野での需要は拡大し続けております。また、私たちの生活を支える社会インフラの技術革新では、携帯電話やデータ通信の分野において、同時多接続や通信速度の向上が図られた第5世代移動通信規格である5Gの運用が開始されており、ITを活用した様々なサービス・仕組みを提供する業界の発展には、常に最新の情報を取り入れ、課題を改善していく必要があります。

このような中、当社は長年培ってきた様々な分野・業種における情報システム及び産業(制御)システムの開発、並びにそれらを支えるITインフラソリューション及びセキュリティサービス事業において、既存の重要顧客との関係性を維持・発展すべく、新たな価値の想像に向け、次のテーマを成長戦略として取り組んでおります。

 

① 成長戦略

イ AI・IoT事業推進

当社は1995年より、電子部品実装装置の開発と、この電子部品実装装置とのインタフェースをもつ、上位システム(生産管理・制御システム)の開発に携わり、生産工程の削減・生産性向上に努めて参りました。生産ラインでは、自動化・少人化のニーズが拡大しており、長年培ったノウハウ、ナレッジを生かし、AI・IoTの技術を活用したスマートファクトリーの実現に向け取り組んでおります。顧客ニーズの変化・多様化により、企業が求めるビジネススピードが加速するなか、今後も技術革新に向けた開発を推進させていきます。

 

ロ クラウド・セキュリティ事業推進

今後、映像配信、自動運転、Fintech等の様々な分野でのデジタル革命により、多様化するITインフラを支える技術としてのクラウドコンピューティングの浸透が更に進むものと予測されております。IT技術の浸透により人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させることを意味するDXの進行にも、このクラウドコンピューティングは不可欠であると定義されています。

当社は、2013年より米国アマゾン社が提供するクラウドコンピューティングサービスである「Amazon Web Services」(以下、「AWS」という。)によるシステム構築を開始し、AWSの様々な機能を活用してより効率的な利用環境の提案から設計・構築・運用までのサービスを提供しております。

クラウドビジネスセンターでは、大手企業を中心としたクラウドの導入や情報分析等の需要拡大に対応したクラウドソリューションの事業規模を拡大すると共に、当社が取り組む脆弱性診断サービスのメニューに、AWS環境セキュリティ診断サービスを加えた新たなサービスも開始しております。

「クラウドファースト」から「クラウドネイティブ」へと時代の変化が予測されるなか、クラウド・セキュリティ事業を次なる成長事業の柱として、今後もITインフラ基盤の更なる進歩(技術革新)に取り組んで参ります。

 

新たに、次世代の独自ソリューション開発を検討するプロジェクトの立ち上げを目的に、AI・IoTの技術を活かしたソリューションの開発、提供を行う「スマートデバイスソリューションセンター」と、クラウド及びセキュリティ事業に関するソリューションの開発、提供を行う「CSソリューションセンター」を立ち上げました。各ソリューションセンターでは、技術者が所属する部門の枠にとらわれず、技術力を結集して新たな付加価値を打ち出すプロジェクトを推進いたします。

既存事業が有するノウハウ・技術と、新しいIT技術を融合させる人材の活用により、次世代ソリューションの開発と、新規分野での事業化に努めてまいります。

 

② 対処すべき課題

イ 人材の確保と育成

当社が事業を展開する情報サービス産業は「人材がすべて」と考えており、人材の強化は重点課題として取り組んでおります。

人材育成においては教育専門の組織を配置し、スキルレベルに対応した幅広い教育制度を実施しており、資格取得に対しても資格制度をさらに充実させて会社を挙げて全面的にサポートしております。

一方、情報サービス産業においては人材不足が深刻化しており、企業の持続的成長を達成するためには積極的な人材確保の推進が不可欠であります。

首都圏や大都市圏では人材確保が難航・激化しておりますが、当社では全国に配置した拠点によるIターン、Uターンでのキャリア採用と地元の優秀な学生の新卒採用に重点を置いて取り組んでおります。なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、海外人材の獲得などのグローバル採用については、中断を余儀なくされております。

 

ロ コーポレート・ガバナンス体制及び内部管理体制の強化

当社は、継続的な企業価値の向上を実現させるためには、コーポレート・ガバナンスの強化は重要な課題の一つであると認識しております。

そのため、コーポレートガバナンス・コードを制定し、コンプライアンス遵守を重視した企業経営を推進し、業務運営の効率化及びリスク管理の徹底等、内部管理体制の強化に取り組んでおります。

当社は、2021年6月29日開催の取締役会決議により、内部監査室を新設しております。

 

ハ 先端技術への取り組み

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、「業務の効率化・生産性の向上」の領域においてはリモートワークなど企業のDX化が急加速する一方、「ビジネスモデルの変革進化」の領域の成長はスキルや人材不足を理由に微増に留まっております。

当社は内閣府が提唱するSociety5.0や第4次産業革命のコア技術でもあるAI・IoT、産業ロボット及びビッグデータといった最先端のIT技術の応用と、それらをつなぐために重要なネットワークセキュリティに力を入れております。また、人の身体とインターネットをつなぐIoB(Internet Of Bodies)というIoTの次のトレンドが出てきており、ウェアラブルデバイス(身体などに装着する情報端末や装置)などを通じてデータを収集・可視化し、人の行動やふるまいに影響を与えて変更することを目的とする技術が進んでおります。

当社は資本提携しているベンチャー企業やIT企業とも協業するなど、次なるIT技術に対して取り組んでおります。

 

ニ 営業力の強化

当社は、「ITで企業の進化に貢献する」ことをミッションとして2030年に向けた長期ビジョンを発表し、AI、IoT、クラウド及びセキュリティ事業の推進を今後の成長戦略として位置づけ、「Run The Business」(企業の現状維持へのシステム投資)及び「Value Up」(企業の事業成長へのシステム投資)の両輪での顧客サービスの充実を目標としております。当社が達成状況を判断するための客観的な指標として、人員の増減数及び稼働率を重視しております。

「Run The Business」においては、既存案件の継続に留まらず、営業部門と技術部門が一体となって新たな案件受注に向けて取り組むことにより、営業活動の深掘りと活性化を図っております。また、「Value Up」においては、2020年4月に新規事業推進部にビジネスアライアンスグループを新設し、メーカー、ベンダー及び販社などと協業し、ソリューションの開拓や事業化を推進しております。

 

(3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社は達成状況を判断するための客観的な指標として、人員の増減数及び稼働率を重視しております。当社が属するIT業界では人員の増加が売上の増加(売上成長)に直接結びつき、又人員の稼働率を上げることで営業利益率を一定水準以上に維持することができます。

当事業年度末における人員は27名増となりましたが、稼働率には待機要員の発生など多少コロナウイルスの影響がありました。また、当社では8%以上の営業利益率を目指しておりますが、外部との連携をより効果的に推進するために事業戦略室、新規事業推進部の2部門を新設し、販管費が増加した影響で、営業利益率は7.4%となりました。

目標達成のために積極的な採用をおこなうとともに、M&Aを含めた他社との協業や、パートナー企業の新たな開拓、既存のパートナー企業との関係性を深めるなど、引き続き体制の強化を図ります。

 

0102010_001.png

 

2【事業等のリスク】

本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

当社は、これらのリスク発生の可能性を認識したうえで、その発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針であり、「コンプライアンス・リスク委員会」において審議しておりますが、当社株式に関する投資判断は本項及び本項以外の記載内容も合わせて慎重に検討した上で行われる必要があるものと考えております。

なお、記載事項の中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)重要な影響を及ぼすリスク

① 経済・市場環境によるIT投資姿勢の影響について

当社が事業を展開する情報サービス産業においては、経済情勢の低迷や景気の悪化等により、取引先のIT投資への姿勢に影響を受ける傾向があります。

当社は、市場の動向や経済情勢を先んじて的確に把握し、その対応策を早期に講じるよう常に努めておりますが、経済情勢の悪化や景気の低迷等による顧客のIT投資の減少により、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

② 自然災害等について

当社が事業を展開する事業領域においては、自然災害、電力・通信・交通その他の社会インフラの障害、大規模な事故等の発生により、事業の停止や延期等の影響を受けます。

当社では、このような障害や事故が万が一発生した場合に備え、データセンター活用によるバックアップ体制の拡充や、在宅や他の事業拠点での業務を可能とするためのテレワーク環境の整備をはじめとする、事業への影響を回避又は軽減させるためのBCP対策を推進しておりますが、当社が事業展開する地域において、社会インフラの障害や大規模な事故等が発生した場合には、当社又は当社の取引先の事業活動に悪影響をもたらし、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 感染症等の蔓延について

当社が事業を展開する事業領域においては、技術者による専門的な技術の提供が主要な業務であるため、新型コロナウイルス感染蔓延のほか、伝染性疾患、インフルエンザ等の季節性感染症等の蔓延により、事業活動の停止や制限等の影響を受けます。

当社では、従業者の健康は直接業績に影響するものと考え、日頃より健康管理の重要性を従業者に指導し、健康診断の定期受診や予防接種の受診を奨励しておりますが、当社が事業展開する地域において、感染症の流行及び拡大が発生した場合、並びにこれに伴う政府及び行政による緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置が発出された場合には、当社又は当社の取引先の事業活動に悪影響をもたらし、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

なお、世界的に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症については、当社は感染拡大を防止するため、従業者の時差出勤やテレワークの実施、従業者とその家族を含めた衛生管理の徹底等を実施しております。

当事業年度において、新型コロナウイルス感染症に係る当社の業績への影響は軽微でありますが、今後更なる感染拡大や蔓延の長期化が発生した場合は、顧客のIT投資等の中止や延期等により、当社又は当社の取引先の事業活動に多大な影響をもたらし、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

当社は、必ずしもリスク要因に該当しないと考えられる事項についても、投資家の投資判断上、有用であると考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以下に記載しております。

 

(2)投資判断上有用なリスク

① 競合他社による影響について(市場環境)

当社が事業を展開する情報サービス産業においては、大規模から小規模まで多数の事業者が存在しており、市場において当該事業者との競合が生じております。

当社は市場の動向を的確に把握し、技術力やサービス向上に努めておりますが、IT投資の減少や新規参入増加、価格競争等が激化した場合や、当社の技術力やサービスが競合他社に比べて相対的に低下した場合には、受注や運用保守契約の減少により、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

② 技術革新による影響について(市場環境)

当社が事業を展開する情報サービス産業においては、新たな技術やサービスが次々と生み出され、その変化は著しく速い業界であります。

当社は常に当該技術革新の動向や将来を見据え、常に当該技術への対応を講じておりますが、その想定を超える革新的な技術や著しい市場環境の変化等が生じた場合には、当該変化に対応することができず、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

③ 人材の確保、育成について(事業)

当社の事業展開における成長と利益は、人材に大きく依存しております。情報システムの開発には専門性のある知識を集約しての業務であると同時に生産性を維持するため労働力を集約する必要があり、一定水準以上のスキルを有する技術者の確保が最重要と認識しております。

そのため新卒採用では理工系や情報工学系を中心に定期採用し、中途採用では業務知識やプロジェクト管理能力を有するリーダー候補を通年採用し、認定資格制度により情報システムの開発に必要な専門性のある資格取得を奨励しておりますが、今後計画どおりに必要な人材が確保できない場合や必要な資格を有せない場合には、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

④ 協力会社の確保について(事業)

当社の事業展開においては、開発業務の効率化、顧客要件への迅速な対応、専門性の高い業務知識や技術のノウハウ活用等を目的とし、協力会社への外部委託を活用しております。

ビジネスパートナーとして優秀な協力会社と良好な連携体制を構築しており、今後も協力会社の確保と良好な連携体制構築を積極的に推進する方針ではありますが、協力会社からの人材が十分に確保できない場合には、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑤ 不採算プロジェクトの発生について(事業)

当社に持ち帰り開発する一括請負型の開発案件においては、当初微々たる問題でもプロジェクトが進むにつれて後々大きな問題に発展することがあります。

当社では受注前に顧客要件を十分に分析し、見積決裁書による社内手続きの上で受注しております。受注後は開発工程ごとに進捗管理を行い、常に問題点の抽出と対策を施しておりますが、予測できない要因による開発工程の遅延や品質問題の発生、納品後のシステム運用における不具合等の対応が必要となった場合には、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑥ 商品及びサービスの欠陥や瑕疵について(事業)

当社が提供する商品及びサービスに欠陥や瑕疵が生じる可能性については、開発工程において常に問題点の抽出と対策を施しておりますが、全てを排除することは出来ません。

当社の商品及びサービスには、顧客の基幹業務など高い信頼性が求められる場合があり、これらの商品又はサービスの欠陥が原因で生じた損失に対する責任や契約不適合責任を追及される可能性があります。また、製造物賠償責任につながる商品の不具合に対してはPL保険に加入しておりますが、多額のコスト負担や当社の商品やサービスの評価に重大な影響を与えて売上が低下し、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑦ 特定顧客への依存について(事業)

当社は独立系IT企業であるため、特定の顧客や業種に対する継続的な依存関係はありませんが、顧客企業のシステム開発投資の時期に応じて、一時的に特定の取引先への売上高が大きくなることがあります。

当社は取引先数の拡大により、特定の取引先への依存度を低下させていく方針でありますが、経済情勢の低迷や景気の悪化等により顧客のIT投資が減少し、プロジェクトの縮小や中断による取引量が減少した場合には、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑧ 個人情報の取扱いについて(事業)

当社は自ら個人情報を収集する業務を行っておりませんが、当社の管理業務、並びに当社が事業を展開する顧客先における一部業務においては、個人情報を取り扱う場合があります。

当社は、当社の管理業務、並びに顧客の業務に対する安全性と信頼性に重点を置くため、個人情報マネジメントシステムを構築し、プライバシーマークの認定を受け、部門ごとに個人情報保護部門管理者を設置し、個人情報の安全な管理と運用に十分配慮しておりますが、個人情報が外部に漏えいするような事態となった場合には、当社の信頼失墜による売上の減少及び損害賠償等により、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

⑨ 情報システムのトラブルについて(事業)

当社は、事業の特性上多数のコンピュータ機器を利用しておりますが、社内のコンピュータシステムに対しては冗長化とバックアップ体制を確立し、稼働環境とバックアップ環境を地理的に分離して設置することによるセキュリティ対策を講じております。また、コンピュータシステムへの外部攻撃に関しては、ファイアウォールやセキュリティソフトの配備、及び定期的な点検報告を義務付けて実施すると共に、日本シーサート協議会にも加盟し、コンピュータセキュリティに関するインシデント関連情報、脆弱性情報、攻撃予兆情報の収集に努めてセキュリティ対策に反映しております。

当社は、十分に検討した上でセキュリティ対策を講じていく方針ではありますが、新たな脅威、電力供給、通信事業者に起因する通信障害、悪意ある者による不法行為等、現段階では予測不可能な事由によるシステムトラブルが生じた場合、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑩ 長時間労働の発生について(事業)

当社の事業では日常的に想定外の事象が発生し得る可能性を秘め、特に一括請負型の開発案件においては、品質確保や完成責任を負担することから、開発工程や品質、納期を厳守するために長時間労働が発生することがあります。

当社では適切な労務管理に努め、長時間労働の発生を未然に防ぐべく事業部門と管理部門双方により監視しておりますが、やむを得ない要因により長時間労働が発生した場合には、役職員の健康問題や労務問題に発展し、開発案件での労働力及び生産性の低下等により、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑪ 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律について(法的規制)

当社は、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」(以下、「労働者派遣法」という。)に基づき、一般労働者派遣事業について本社、関西事業所、九州事業所、甲府事業所、仙台オフィス、金沢オフィス及び名古屋オフィスにて許可を受けております。

当社は、法令を遵守し事業を運用しておりますが、法令違反に該当事項が発生した場合、又は法的な規制が変更等になった場合には、事業の許可取り消し又は事業の廃止等、当社の事業活動や業績に影響を与える可能性があります。また、許認可の有効期限の満了後に許可が更新されない場合においても労働者派遣事業ができないこととなり、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑫ 下請代金支払遅延等防止法について(法的規制)

当社は、「下請代金支払遅延等防止法」でいう下請会社となる協力会社に対して開発業務を依頼しております。

当社は、支払代金の遅延等を未然に防止する体制を構築し、関係省庁への報告を行っておりますが、法令違反に該当する事態が発生した場合、又は法律等の改正等が行われた場合には、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑬ 知的財産権について(その他)

当社では、「知的財産管理規程」に基づき、第三者が所有する著作権及び特許権を侵害しないよう十分な啓蒙活動と注意を払い事業展開しております。

当社の認識外で第三者が所有する著作権及び特許権を侵害してしまった場合、当社への損害賠償請求、信用の低下、風評等により、当社の事業活動や業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

⑭ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について(その他)

当社では、当社の役職員に対してインセンティブを目的とし、新株予約権を付与しております。当事業年度末時点において、これらの新株予約権による潜在株式数が99,000株であり、発行済株式総数の1.68%相当しております。

これらの新株予約権が行使された場合には、当社株式が発行され、既存の株主が有する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

① 財政状態及び経営成績の状況

イ 財政状態

(単位:千円)

 

前事業年度

2020年3月31日

当事業年度

2021年3月31日

増減額

資産合計

2,615,981

2,596,949

△19,032

負債合計

1,250,660

1,049,635

△201,024

純資産合計

1,365,320

1,547,313

181,992

自己資本比率(%)

52.2

59.6

当事業年度末の資産合計は、前事業年度末に比べ19,032千円減少し、2,596,949千円となりました。負債合計は201,024千円減少し、1,049,635千円となりました。また、純資産合計は181,992千円増加し、1,547,313千円となりました。

 

ロ 経営成績

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

増減額

増減率

(%)

売上高

4,476,290

4,397,124

△79,165

△1.8

営業利益

380,765

325,186

△55,578

△14.6

経常利益

377,177

321,998

△55,178

△14.6

当期純利益

266,560

239,613

△26,947

△10.1

1株当たり当期純利益(円)

47.25

42.44

△4.81

△10.2

当事業年度における国内経済の状況は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、世界各国の経済活動が制限されるなか、サービス業などインバウンド需要の低迷が長期化する反面、輸出は中国の産業高度化に伴う設備投資の拡大を背景に、電子部品・デバイスの需要が回復基調にあります。

国内の経済活動は、段階的に再開の動きはあるものの、2度にわたり緊急事態宣言が発令されるなど外出自粛や営業自粛の要請等により個人消費は軟調に推移しており、企業は設備投資に慎重な姿勢を示すなど景気の先行きには不透明な状況が続いております。

このような状況のなか、当社が属する情報サービス産業においては、企業による新型コロナウイルス感染拡大抑止策となるテレワーク制度の導入が引き続き進んでおり、リモートアクセス環境の構築及びコミュニケーションツールの導入などに伴う、ネットワーク、インフラ・セキュリティの増強やシステムのクラウドシフトが進み、電子契約等のオンラインツールの需要も増加しています。一方、新型コロナウイルス感染症の拡大や蔓延の長期化による景気への先行き不安から、企業の開発プロジェクトの凍結や見送りなど、業務委託やシステムエンジニアリングサービスへの影響も少なくない状況となっております。

このような環境下、当社のシステム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業は、主力とする事業領域において概ね堅調な推移を見せましたが、案件の一時中断による待機要員の発生や、間接部門の体制強化に伴う人件費の増加により、当事業年度の経営成績において、売上高は4,397,124千円(前年同期比1.8%減)となり、営業利益は325,186千円(同14.6%減)となりました。経常利益は321,998千円(同14.6%減)、当期純利益は239,613千円(同10.1%減)となりました。

 

② キャッシュ・フローの状況

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

増減額

営業活動によるキャッシュ・フロー

317,438

△6,675

△324,114

投資活動によるキャッシュ・フロー

△47,013

△678,943

△631,930

財務活動によるキャッシュ・フロー

87,609

△197,131

△284,740

現金及び現金同等物 期末残高

1,557,027

674,276

△882,750

当事業年度のキャッシュ・フローについては、営業活動による支出6,675千円、投資活動による支出678,943千円、財務活動による支出197,131千円となりました。このため、当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の期末残高は674,276千円となり、前年同期に比べ882,750千円の減少となりました。

 

当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果使用した資金は6,675千円(前年同期は317,438千円の収入)となりました。これは主に税引前当期純利益が321,998千円、減価償却費が24,961千円、売上債権の増加額184,424千円、仕入債務の減少額88,521千円、法人税等の支払額104,241千円等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果使用した資金は678,943千円(前年同期は47,013千円の支出)となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出12,867千円、敷金の差入による支出8,380千円、関係会社株式の取得による支出656,286千円等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動の結果使用した資金は197,131千円(前年同期は87,609千円の収入)となりました。これは主に株式の発行による収入9,933千円があった一方、長期借入金の返済による支出125,292千円、配当金の支払額67,508千円等によるものであります。

 

③ 生産、受注及び販売の実績

イ 生産実績

当社は生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。

 

ロ 受注実績

当事業年度の受注実績は、次のとおりであります。

事業分野の名称

当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

システム開発

3,388,685

96.9

289,228

116.8

インフラ・セキュリティサービス

1,060,558

121.5

13,377

111.7

合計

4,449,244

101.8

302,605

116.6

(注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

2.当社は、システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、事業分野別に記載しております。

 

ハ 販売実績

当事業年度の販売実績は、次のとおりであります。

事業分野の名称

当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

販売高(千円)

前年同期比(%)

システム開発

3,344,710

94.4

インフラ・セキュリティサービス

1,052,414

112.8

合計

4,397,124

98.2

(注)1.当社は、システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、事業分野別に記載しております。

2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

株式会社日立製作所

766,787

17.1

702,345

16.0

パナソニックスマートファクトリーソリューションズ株式会社

431,218

9.6

415,704

9.5

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

なお、記載事項の中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

 

② 当事業年度の経営成績等の状況に関する分析・検討内容

イ 財政状態の分析

資産の部

当事業年度末における流動資産は1,669,764千円となり、前事業年度末に比べ695,536千円減少いたしました。これは主に売掛金が191,792千円増加した一方、現金及び預金が882,750千円減少したことによるものであります。また、固定資産は927,184千円となり、前事業年度末に比べ676,504千円増加いたしました。これは主に、株式会社アクロホールディングスと資本業務提携契約を締結し、同社株式を取得した結果、関係会社株式656,286千円が増加したことによるものであります。

この結果、総資産は2,596,949千円となり、前事業年度末に比べ19,032千円減少いたしました。

(負債の部)

当事業年度末における流動負債は738,312千円となり、前事業年度末に比べ109,972千円減少いたしました。これは主に買掛金が88,521千円、1年内返済予定の長期借入金が18,382千円減少したことによるものであります。また、固定負債は311,323千円となり、前事業年度末に比べ91,052千円減少いたしました。これは主に退職給付引当金が10,654千円増加した一方、長期借入金が106,910千円減少したことによるものであります。

この結果、負債合計は1,049,635千円となり、前事業年度末に比べ201,024千円減少いたしました。

(純資産の部)

当事業年度末における純資産合計は1,547,313千円となり、前事業年度末に比べ181,992千円増加いたしました。これは主に資本金及び資本剰余金がそれぞれ4,966千円、利益剰余金が172,104千円増加したことによるものであります。

この結果、自己資本比率は59.6%(前事業年度末は52.2%)となりました。

 

ロ 経営成績の分析

(売上高)

当事業年度の売上高は、前事業年度に比べ79,165千円減少し、4,397,124千円(前年同期比1.8%減)となっております。これは主に、インフラ・セキュリティサービス事業の売上高が119,444千円増加したものの、システム開発事業の売上高が198,610千円減少したことによるものであります。

(売上原価、売上総利益)

当事業年度の売上原価は、前事業年度に比べ46,153千円減少し、3,353,368千円(前年同期比1.4%減)となっております。これは主に、賃金が68,030千円、賞与及び賞与引当金繰入額が33,021千円増加した一方で、外注費が109,086千円、通勤費が12,337千円、旅費交通費が10,892千円減少したことによるものであります。

この結果、当事業年度の売上総利益は、1,043,756千円(前年同期比3.1%減)となっております。

(販売費及び一般管理費、営業利益)

当事業年度の販売費及び一般管理費は、前事業年度に比べ22,565千円増加し、718,569千円(前年同期比3.2%増)となっております。これは主に、給料及び手当が38,760千円、賞与及び賞与引当金繰入額が8,605千円増加した一方で、旅費交通費が16,021千円、業務委託料が9,298千円減少したことによるものであります。

この結果、当事業年度の営業利益は、325,186千円(前年同期比14.6%減)となっております。

(営業外損益、経常利益)

当事業年度の営業外収益は、前事業年度に比べ4,633千円減少し、4,195千円(前年同期比52.5%減)となっております。これは主に、助成金収入が6,306千円減少したことによるものであります。

当事業年度の営業外費用は、前事業年度に比べ5,033千円減少し、7,383千円(前年同期比40.5%減)となっております。これは主に、支払利息1,937千円、支払手数料3,970千円が増加した一方で、上場関連費用11,000千円(当事業年度該当なし)の減少によるものであります。

この結果、当事業年度の経常利益は、321,998千円(前年同期比14.6%減)となっております。

(特別損益、当期純利益)

当事業年度の特別損失の計上はありません。(前事業年度は投資有価証券評価損として8,144千円計上しております。)

この結果、当事業年度の税引前当期純利益は、321,998千円(前年同期比12.7%減)となっております。

また、当期純利益は、239,613千円(前年同期比10.1%減)となっております。

 

ハ キャッシュ・フローの状況の分析

キャッシュ・フローの状況の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記載しております。

 

ニ 資本の財源及び資金の流動性に係る情報

当社の運転資金需要のうち主なものは、労務費及び外注費のほか、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。

当社は、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

運転資金は自己資金及び金融機関からの借入を基本としております。

当事業年度末における有利子負債の残高は337,608千円となっております。また、当事業年度末における現金及び現金同等物の残高は674,276千円となっております。

 

4【経営上の重要な契約等】

(1)株式会社アクロホールディングスとの資本業務提携及び第三者割当増資の引受及び株式取得(持分法適用関連会社化)

当社は、2020年10月16日開催の取締役会において、株式会社アクロホールディングス(以下「アクロHD」といいます。)との間における資本業務提携契約を締結し、アクロHDが実施する第三者割当による自己株式の処分を引き受けること(以下「本第三者割当」といいます。)、並びにアクロHD既存株主よりアクロHD株式を取得し(本第三者割当と併せ、以下「本株式取得」といいます。)アクロHDを持分法適用関連会社とすることを決議いたしました。

 

① 業務提携及び株式取得の理由

当社は、1991年の設立以降、一貫してITによる「イノベータ」を目指し事業活動を展開してまいりました。ITによる社会変革を「イノベータ」として実現するために、多数の同業他社と連携のうえ当社に不足しているリソースを拡充することで、幅広い事業領域におけるITによる社会変革、顧客満足度の高い事業の確立を目指し様々な取り組みを加速させております。

一方、アクロHDは、2000年の創業以降業績を拡大させ、ここ数年はM&A戦略を掲げ事業の一層の拡大を図っており、ユニークな経営方針として「フラットかつ機動性に富んだグループ経営」を掲げ、その実践に取り組んでおります。

当社は、2019年12月17日にアクロHDと締結した「海外高度人材の活用」を目的とした業務提携契約以降、より広範な協業可能性の検討を実施した結果、多分野に亘る両社の協業により、大きな相乗効果を上げることが期待できるとの結論に達し、この度の資本業務提携及び株式取得契約の締結に至りました。

 

② 資本業務提携の内容

イ 業務提携の内容

両社は以下に関する相互の業務提携について検討し、かつ実行するものとしておりますが、その具体的な内容については、協議・検討を進めております。

・案件・製品情報、人材情報共有による営業力の強化

・採用活動や人材教育の効率的・効果的な方法の確立

・海外高度人材の採用の継続化、事業化

・相互連携による新たな事業、サービスの開発・展開

・M&A関係の情報共有、協力

・国内新規拠点展開の共同での推進

・海外展開の強化

 

ロ 資本提携の内容

業務提携の効果をより確実にするため、本第三者割当を実施いたしました。

本第三者割当の概要は、以下のとおりであります。

引受株式数     処分自己株式 普通株式 2,738株

払込価額      1株につき35,000円

払込価額の総額   95,830千円

払込日       2020年10月28日

 

ハ 本業務提携の相手先の概要

名称         株式会社アクロホールディングス

所在地        東京都中央区日本橋本町四丁目8番15号

代表者の役職・氏名  代表取締役CEO 小野 賀津雄

主な事業内容     ITソリューションの提供、プロダクトの提供、経営支援

資本金        286,500千円

設立年月日      2000年3月21日

 

ニ 資本業務提携開始及び株式取得の時期

2020年10月28日

 

ホ 取得した株式の数、取得価額及び取得後の持分比率

本株式取得の結果、当社はアクロHDの議決権33.4%を取得し、同社は持分法適用関連会社となりました。

取得した株式の数   17,034株(議決権の数:17,034個)

取得価額       656,286千円(アドバイザリー費用等を含む)

取得後の持分比率   33.4%

 

(2)会社分割による持株会社体制への移行に伴う吸収分割契約の締結

当社は2021年5月20日開催の取締役会において当社が完全子会社として新たに設立した株式会社SIG分割準備会社に対して当社のシステム開発事業及びインフラ・セキュリティサービス事業(ただし、本社管理部門、事業戦略室及び新規事業推進部に関する業務を除く)を承継させる吸収分割を行うため、分割準備会社との間で吸収分割契約を締結することを決議し、同日分割準備会社との間で吸収分割契約を締結いたしました。

詳細は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 (重要な後発事象)」に記載のとおりであります。

 

5【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

当事業年度において重要な設備の投資、除却及び売却等はありません。

 

2【主要な設備の状況】

当社における主要な設備は、次のとおりであります。

なお、当社はシステム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

2021年3月31日現在

 

事業所名

(所在地)

設備の内容

帳簿価額

従業員数

(人)

建物附属

設備

(千円)

工具、器具

及び備品

(千円)

リース資産

 

(千円)

ソフト

ウエア

(千円)

合計

 

(千円)

本社

(東京都千代田区)

事務所設備

13,011

10,364

10,608

5,130

39,115

216

 

 

業務管理

システム

11,267

11,267

金沢オフィス

(石川県金沢市)

事務所設備

4,446

2,843

2,448

41

9,780

18

福井オフィス

(福井県福井市)

事務所設備

1,544

2,758

126

41

4,471

17

仙台オフィス

(宮城県仙台市青葉区)

事務所設備

237

285

735

41

1,300

28

クラウドビジネスセンター

(神奈川県横浜市神奈川区)

事務所設備

5,873

1,782

348

50

8,054

29

関西事業所

(大阪府大阪市西区)

事務所設備

100

386

771

41

1,300

34

九州事業所

(福岡県福岡市博多区)

事務所設備

57

1,116

938

215

2,328

43

甲府事業所

(山梨県甲府市)

事務所設備

3,490

2,238

453

41

6,223

13

名古屋オフィス

(愛知県名古屋市中区

事務所設備

263

902

41

1,207

13

(注)1.本社・事業所・オフィス等の建物は賃借しており、年間賃借料は118,066千円であります。

2.現在休止中の主要な設備はありません。

3.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。

4.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

19,500,000

19,500,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2021年3月31日)

提出日現在発行数(株)

(2021年6月30日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

5,880,540

5,881,380

東京証券取引所

市場第二部

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

単元株式数は100株であります。

5,880,540

5,881,380

(注)「提出日現在発行数」欄には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

第1回新株予約権

決議年月日

2016年7月19日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役  4

当社従業員  19

新株予約権の数(個)※

108(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 12,960(注)1、5、6

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

84(注)2、5、6

新株予約権の行使期間※

自 2018年7月20日 至 2026年6月29日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格   84

資本組入額  42(注)5、6

新株予約権の行使の条件※

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項※

譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要するものとする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※

(注)4

※ 当事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略しております。

(注)1.当社が、株式分割(当社普通株式の無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により上記目的たる株式の数を調整するものとします。かかる調整は当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとします。

調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率

2.当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとします。

調整後行使価額=調整前行使価額×―――――――――――

分割・併合の比率

3.新株予約権の行使の条件

新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役又は従業員の地位にあることを要する。ただし、当社又は当社子会社の取締役を任期満了により退任した場合、定年退職した場合等正当な理由があり、当社取締役会において認められた場合はこの限りではない。

②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認めない。

③その他の条件は当社第1回新株予約権申込書兼割当契約書に定めるところによる。

4.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとします。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとします。

①交付する再編対象会社の新株予約権の数

残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。

②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類

再編対象会社の普通株式とする。

③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数

組織再編行為の条件等を勘案の上、決定する。

④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の行使時の払込金額」に定める行使価額を調整して得られる再編後の払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数を乗じて得られる額とする。

⑤新株予約権を行使できる期間

新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとする。

⑥新株予約権の行使の条件

上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。

⑦新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定する。

⑧譲渡による新株予約権の取得の制限

譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会(再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の承認を要するものとする。

⑨新株予約権の取得事由及び条件

当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割計画、又は当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。また、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場合(ただし、取締役会において正当な理由があると認められた場合を除く)、又は当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得する。

5.2018年1月19日開催の取締役会決議により、2018年3月1日付で普通株式1株につき40株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

6.2018年11月12日開催の取締役会決議により、2019年1月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

 

第2回新株予約権

決議年月日

2017年7月14日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役     2

当社従業員     95

新株予約権の数(個)※

717 [707](注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 86,040 [84,840](注)1、5、6

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

107(注)2、5、6

新株予約権の行使期間※

自 2019年7月15日 至 2027年6月28日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格   107

資本組入額  54(注)5、6

新株予約権の行使の条件※

(注)3

新株予約権の譲渡に関する事項※

譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要するものとする。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※

(注)4

※ 当事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在(2021年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。

(注)1.当社が、株式分割(当社普通株式の無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により上記目的たる株式の数を調整するものとします。かかる調整は当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について行われ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとします。

調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率

2.当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとします。

調整後行使価額=調整前行使価額×―――――――――――

分割・併合の比率

3.新株予約権の行使の条件

新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役又は従業員の地位にあることを要する。

②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認めない。

③その他の条件は当社第2回新株予約権申込書兼割当契約書に定めるところによる。

4.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとします。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとします。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとします。

①交付する再編対象会社の新株予約権の数

残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。

②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類

再編対象会社の普通株式とする。

③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数

組織再編行為の条件等を勘案の上、決定する。

④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の行使時の払込金額」に定める行使価額を調整して得られる再編後の払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数を乗じて得られる額とする。

⑤新株予約権を行使できる期間

新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとする。

 

⑥新株予約権の行使の条件

上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。

⑦新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定する。

⑧譲渡による新株予約権の取得の制限

譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会(再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の承認を要するものとする。

⑨新株予約権の取得事由及び条件

当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割計画、又は当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。また、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場合(ただし、取締役会において正当な理由があると認められた場合を除く)、又は当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得する。

5.2018年1月19日開催の取締役会決議により、2018年3月1日付で普通株式1株につき40株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

6.2018年11月12日開催の取締役会決議により、2019年1月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

 

②【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

 

(千円)

資本金残高

 

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2017年12月15日

(注)1

1,300

41,100

15,600

309,100

15,600

170,053

2018年3月1日

(注)2

1,602,900

1,644,000

309,100

170,053

2018年6月20日

(注)3

150,000

1,794,000

138,000

447,100

138,000

308,053

2018年7月17日

(注)4

44,700

1,838,700

41,124

488,224

41,124

349,177

2018年11月30日

(注)5

200

1,838,900

25

488,249

25

349,202

2019年1月1日

(注)6

3,677,800

5,516,700

488,249

349,202

2019年1月31日

(注)5

106,560

5,623,260

4,475

492,724

4,475

353,678

2019年7月31日

(注)5

2,880

5,626,140

154

492,878

154

353,832

2019年8月31日

(注)5

143,640

5,769,780

6,983

499,862

6,983

360,816

2020年1月31日

(注)5

5,880

5,775,660

309

500,171

309

361,125

2020年8月31日

(注)5

73,440

5,849,100

3,588

503,759

3,588

364,713

2020年9月30日

(注)5

1,440

5,850,540

77

503,836

77

364,790

2021年1月31日

(注)5

30,000

5,880,540

1,301

505,137

1,301

366,091

(注)1.有償第三者割当   1,300株

発行価格     24,000円

資本組入額    12,000円

割当先      株式会社テプコシステムズ

2.1株を40株に株式分割したものであります。

3.有償一般募集   150,000株

発行価格      2,000円

資本組入額      920円

4.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)

発行価格      2,000円

資本組入額      920円

割当先       岡三証券株式会社

5.新株予約権の行使による増加であります。

6.1株を3株に株式分割したものであります。

7.2021年4月1日から2021年5月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が840株、資本金及び資本準備金がそれぞれ44千円増加しております。

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

2

24

13

16

5

2,380

2,440

所有株式数

(単元)

652

1,486

24,911

1,669

14

30,030

58,762

4,340

所有株式数の割合(%)

1.1

2.5

42.4

2.8

0.0

51.1

100

(注)自己株式187,410株については、1,874単元を「個人その他」に、10株を「単元未満株式の状況」に含めて記載しております。

 

(6)【大株主の状況】

 

 

2021年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社IGカンパニー

東京都港区港南2-5-3

1,962,000

34.46

石川 純生

東京都新宿区

615,600

10.81

八田 英伸

東京都台東区

282,840

4.96

株式会社ぬ利彦

東京都中央区京橋2-9-2

216,000

3.79

迫田 敏子

東京都新宿区

174,240

3.06

株式会社テプコシステムズ

東京都江東区永代2-37-28

156,000

2.74

藤岡 昭行

大阪府堺市北区

121,200

2.12

株式会社オフィスエムエスイー

茨城県水戸市城南2-1-20

120,000

2.10

井上 享

埼玉県所沢市

111,520

1.95

MSCO CUSTOMER SECURITIES

(常任代理人 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社)

1585 BROADWAY NEW YORK, NEW YORK 10036,U.S.A.

(東京都千代田区大手町1-9-7)

74,169

1.30

3,833,569

67.33

(注)当社は、自己株式を187,410株保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

(自己保有株式)

普通株式

187,400

完全議決権株式(その他)

普通株式

5,688,800

56,888

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

単元株式数は100株であります。

単元未満株式

普通株式

4,340

発行済株式総数

 

5,880,540

総株主の議決権

 

56,888

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2021年3月31日現在

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数の

合計

(株)

発行済株式総数に

対する所有株式数

の割合

(%)

株式会社SIG

東京都千代田区九段北

四丁目2番1号

187,400

187,400

3.18

187,400

187,400

3.18

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】

会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

30

44,790

当期間における取得自己株式

 

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数

(株)

処分価額の総額

(円)

株式数

(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転を行った

取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

187,410

187,410

 

3【配当政策】

当社は、株主への利益還元を経営の重要課題の一つと位置付け、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保資金を確保しつつ、安定した配当を継続して実施することを基本方針としております。この方針のもと、当事業年度の配当につきましては、1株当たり12円の配当(うち中間配当6円)を実施することを決定いたしました。この結果、当事業年度の配当性向は28.3%となります。

また、当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めており、配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。

内部留保の使途につきましては、今後の事業発展のための資金に充当する所存であります。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当については、次のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額

(円)

2020年11月12日

取締役会決議

33,978

6

2021年6月29日

定時株主総会決議

34,158

6

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社のコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関する基本的な考え方は、企業価値の最大化を図るために、全てのステークホルダーに対する経営の透明性と健全性の確保及び説明責任の明確化、並びに経営環境の変化に迅速に対応できる意思決定と事業遂行を実現することに努めることとしております。

また、コンプライアンス(法令遵守)につきましては、経営陣のみならず従業員全員が認識し、実践することが重要であると考えております。

なお,当社は2021年6月29日開催の定時株主総会における決議により、監査等委員会設置会社に移行いたしました。取締役会における重要議案の審議の一層の充実及び監督機能の更なる強化を通じて、企業価値の最大化に取り組んでまいります。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ 企業統治の体制の概要

当社は、監査等委員会設置会社であり、当社の経営上の意思決定、執行及び監督に関する機関は、次のとおりであります。

0104010_001.png

 

(イ)取締役会

当社の取締役会は、代表取締役社長 石川 純生が議長を務め、「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (2)役員の状況 ① 役員一覧」に記載している取締役(監査等委員である取締役を除く)2名及び監査等委員である取締役3名(うち社外取締役3名)の5名で構成されております。

経営方針等の経営に関する重要事項並びに法令で定められた事項を決定すると共に、業務執行状況の監督を行っております。取締役会は、原則として月1回定期的に開催すると共に、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営意思決定の迅速化を図っております。

 

(ロ)監査等委員会

当社の監査等委員会は、監査等委員である取締役 平林 尚人氏が委員長を務め、「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (2)役員の状況 ① 役員一覧」に記載している監査等委員である取締役3名(うち社外取締役3名)で構成されています。

監査等委員会は原則として月1回開催し、監査状況の確認及び協議を行うほか、内部統制部門や会計監査人とも連携し、定期的に情報交換や随時監査についての報告を求めております。また、監査等委員会は、取締役会、幹部会ほか重要な会議に出席し、取締役の職務執行についての監督するとともに、意見聴取や資料の閲覧等を通じて業務監査、会計監査を実施しております。

 

(ハ)指名・報酬委員会

当社の「指名・報酬委員会」は任意の委員会であり、監査等委員である取締役 平林 尚人氏が委員長を務め、代表取締役社長 石川 純生及び監査等委員である取締役 中山 英志氏の3名(うち社外取締役2名)で構成されています。

「指名・報酬委員会」は取締役会の諮問により開催し、取締役並びに執行役員に対する指名及び報酬に対する「公平性」と「透明性」を確保しております。

 

(二)幹部会

当社の幹部会は、執行役員経営企画室長が議事進行を務め、取締役(監査等委員である取締役を除く)、監査等委員である取締役、内部監査室長、執行役員及び部長・事業部長で構成されています。

幹部会は、原則として月1回開催し、取締役会への付議事項及び経営上重要な事項等を事前審議しております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

イ 内部統制システムの整備の状況

当社は、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、並びに会社の業務の適正性を確保するため、取締役会において「内部統制システムの整備・運用に関する基本方針」を決議しております。

内部統制システムの整備・運用に関する基本方針」の概要は、次のとおりであります。

 

(イ)取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款への適合を確保するための体制

当社は、全役職員が法令、定款及び社会規範を遵守し、その重要性について定期的に情報発信することにより、周知徹底を図っております。

当社は、「コンプライアンス・リスク委員会」、稟議制度、内部監査及び顧問弁護士からの助言等によりコンプライアンス体制を構築し、コンプライアンスの遵守状況や事業上のリスクの把握に努め、コンプライアンスの実効性を確保しております。

万が一不正行為が発生した場合、その原因究明、再発防止策の策定及び情報開示に係る審議を「コンプライアンス・リスク委員会」を通じて行い、その結果を踏まえて人事・総務部にて再発防止活動を推進いたします。

「内部通報制度規程」に基づき内部通報体制として通報窓口を設け、法令及びその他コンプライアンスの違反及びその恐れのある事実の早期発見に努めております。

 

(ロ)取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

「情報システム管理規程」に基づき、情報セキュリティに係る責任体制を明確化し、情報セキュリティの維持及び向上のための施策を継続的に実施する情報セキュリティ管理体制を確立しております。

「個人情報管理規程」に基づき「個人情報保護マネジメントシステム」を構築・運用し、プライバシーマークの認定を取得・維持し、個人情報を厳重に管理しております。

法令及び「文書管理規程」に基づき、文書及び電子データにより、取締役の職務執行に係る情報を記録し、保存しております。

 

(ハ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社は、「リスク管理規程」に基づき、潜在的なリスクの早期発見及び事故・不祥事等に対する迅速かつ適切な対応を講じます。

経営上重大となるリスクへの対応方針、リスク管理の観点から重大と判断される事項については、「コンプライアンス・リスク委員会」において十分な審議を行い、その結果を取締役会に報告するものといたします。

 

(ニ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

取締役会は、原則として毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、事業運営に関する機動的な意思決定を行っております。

長期ビジョン並びに3か年事業計画等により、中期的な基本戦略及び経営指標を明確化すると共に、年度ごとの利益計画に基づき、目標達成のための具体的な諸施策を実行しております。当社は、「組織規程」、「業務分掌規程」及び「職務権限規程」に基づき、担当職務、業務分掌、指揮命令関係等を明確化し、取締役の効率的な職務執行を図り、その職務執行状況を適宜取締役会に報告しております。

 

(ホ)監査等委員会の職務を補助すべき使用人及び当該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く)からの独立性に関する事項

監査等委員会が必要とした場合、監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くものといたします。

監査等委員会の職務を補助する使用人の任命・異動等の人事に関する事項については、監査等委員会の同意を得た上で行い、指揮命令等について当該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く)からの独立性を確保するものといたします。

 

(へ)取締役及び使用人が監査等委員会に報告するための体制、その他監査等委員会への報告に関する体制

取締役(監査等委員である取締役を除く)及び使用人は、監査等委員会の求めに応じて、随時の職務の執行状況やその他に関する報告を行うものといたします。

監査等委員は、重要会議への出席又は不定期の会議等において、経営の状態、事業遂行の状況、財務の状況、内部監査の実施状況、リスク管理及びコンプライアンスの状況等の報告を受けることができるものといたします。

 

(ト)監査等委員会への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

「内部通報制度規程」において、通報者が通報したことに関していかなる不利益も与えてはならないと明確に定義しております。

 

(チ)監査等委員の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

監査等委員は、会計監査人及び弁護士への相談に係る費用を含め、職務の執行に必要な費用を会社に請求することができ、会社は当該請求に基づき支払うものといたします。

 

(リ)その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査等委員は、重要な意思決定及び業務の執行状況を監督するために、取締役会に出席すると共に、稟議書やその他重要な決裁書類等を閲覧し、必要に応じて報告を求めております。

また、監査等委員会は、会計監査人及び内部監査部門等と監査上の重要課題等について定期的に情報交換を行い、相互の連携を深めて内部統制状況を監視いたします。

 

(ヌ)財務報告の信頼性を確保するための体制

金融商品取引法やその他の法令に基づき、内部統制の有効性の評価、維持、改善等を行うものといたします。

当社の各部門は、自らの業務の遂行にあたり、職務分離による牽制や日常的なモニタリング等を実施し、財務報告の適正性の確保に努めております。

 

(ル)反社会的勢力への対応

当社は、「反社会的勢力排除規程」及び「反社会的勢力排除検証審査手順」に基づき、反社会的勢力の排除に向けた体制の整備を強化しております。

反社会的勢力からの不当要求に備え、各事業拠点に不当要求防止責任者を配置すると共に、平素から顧問弁護士や外部機関等との密接な連携を構築しております。

 

ロ リスク管理体制の整備の状況

当社は、「コンプライアンス規程」、「リスク管理規程」及び「内部通報制度規程」を制定し、重大事案発生の未然防止を図ると共に、重大事案が発生した場合における当社の損害及び不利益を最小限にするための体制、対応を定めております。また、顧問弁護士等の専門家と適宜連携を行うことにより、リスクに対して迅速な対応ができる体制を整えております。

 

④ 取締役及び監査役であった者の責任免除

当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役(取締役であった者を含む)の責任免除について、任務を怠ったことによる損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。

これは、取締役が職務遂行にあたり、その能力を十分に発揮し、期待される役割を果たしうる環境整備を目的とするものであります。

また当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、2021年6月29日開催の第30期定時株主総会において決議された定款一部変更の効力が生ずる前の任務を怠ったことによる会社法第423条第1項の監査役(監査役であった者を含む)の損害賠償責任につき、善意でかつ重大な過失がないときは、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めております。

 

⑤ 取締役及び監査役であった者との責任限定契約

当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役を除く)及び監査役であった者との間に、任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結できる旨を定款に定め、当該契約に基づく責任の限度額は法令が規定する額としております。

なお、当社は当該定款の規定に基づき、社外取締役3名、並びに社外取締役であった者2名、社外監査役であった者3名と責任限定契約を締結しております。

 

⑥ 取締役の定数

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定めております。

 

⑦ 取締役選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票によらないものとする旨定款に定めております。

 

⑧ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

⑨ 剰余金の配当等の決定機関

当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への利益還元を機動的に可能とするためであります。

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 5名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役社長

石川 純生

1938年7月18日

1962年4月 住友金属工業株式会社(現日本製鉄株式会社)入社

1991年6月 同社常務取締役

1991年12月 株式会社エスアイインフォジェニック(現株式会社SIG)設立 取締役

1993年4月 当社代表取締役社長(現任)

2000年3月 アディ株式会社代表取締役

2014年4月 株式会社RMA代表取締役

2016年3月 株式会社IGカンパニー代表取締役(現任)

(注)4

615,600

専務取締役

(管理部門担当)

八田 英伸

1960年10月9日

1993年3月 株式会社ビュー代表取締役社長

1996年5月 株式会社ビジネスブレイン代表取締役副社長

2001年10月 同社代表取締役社長

2005年12月 当社専務取締役

2016年6月 当社専務取締役管理部門担当(現任)

2021年3月 株式会社アクロホールディングス取締役(現任)

(注)4

282,840

取締役

(監査等委員)

※2

平林 尚人

1981年12月11日

2008年10月 弁護士登録(東京弁護士会)

2008年11月 あかつき総合法律事務所入所(現職)

2018年7月 株式会社レジャラーズ監査役(現任)

2021年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)

(注)5

-

取締役

(監査等委員)

※2

中山 英志

1981年9月7日

2005年12月 あずさ監査法人(現有限責任 あずさ監査法人)入所

2009年7月 公認会計士開業登録

2020年3月 中山英志公認会計士事務所代表

2021年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)

(注)5

-

取締役

(監査等委員)

※2

青木 喜彦

1976年2月3日

2005年9月 KPMG税理士法人入社

2006年12月 税理士登録

2018年2月 あいわ税理士法人入社(現職)

2021年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)

(注)5

-

898,440

(注)1.当社は2021年6月29日開催の第30期定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行いたしました。

2.取締役 平林 尚人、中山 英志及び青木 喜彦は、社外取締役であります。

3.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。執行役員は次の6名で構成されております。

営業部長      石川 泰久

経営企画室長    上條 一行

西日本事業部長   廣重 朋昭

事業戦略室長    有城 剛

ICT事業部長     江幡 延男

新規事業推進部長  大内 幸史

4.2021年6月29日開催の第30期定時株主総会終結の時から、1年以内に終了する事業年度のうち最終の定時株主総会の終結の時までであります。

5.2021年6月29日開催の第30期定時株主総会終結の時から、2年以内に終了する事業年度のうち最終の定時株主総会の終結の時までであります。

 

② 社外役員の状況

当社の社外取締役は3名であります。

当社において、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針について特段の定めはありませんが、その選任に際しましては、経歴や当社との関係を踏まえると共に、一般株主との利益相反が生じることのないよう株式会社東京証券取引所の独立性に関する判断基準等を参考にしております。

社外取締役 平林 尚人氏は、過去に社外役員となること以外の方法で会社の経営に関与した経験はありませんが、弁護士としての職歴を通じて、豊富な経験と高い見識・専門性を有しております。法律の専門家として、経営から独立した立場で取締役会の意思決定機能や監督機能の実効性強化が期待できることから、当社の監査等委員である社外取締役として適任であると判断しております。同氏は、当社が法律顧問契約を締結している「あかつき総合法律事務所」に所属しており、当社は同事務所に対し、弁護士報酬の支払いをしておりますが、その額は2020年3月期で100万円程度であり、当社及び同事務所のいずれにとっても同氏の独立性に影響を与えるものではありません。なお、同氏は当社の法律顧問業務を担当したことはありません。

社外取締役 中山 英志氏は、過去に直接会社の経営に関与した経験はありませんが、公認会計士としての豊富な経験と専門知識を有しており、財務及び会計に関する的確な提言と、独立した立場から取締役の職務の執行を監査・監督していただくことにより、当社取締役会の機能強化が期待されるため、当社の監査等委員である社外取締役候補者として適任であると判断しております。同氏が代表を務める「中山英志公認会計士事務所」と当社との間で、2020年11月24日から2021年6月10日まで業務委託契約を締結しておりましたが、現在は同事務所と当社との間に特別の利害関係が存在しないため、当社の社外取締役としての職務遂行に影響を与えるものではありません。

社外取締役 青木 喜彦氏は、過去に直接会社の経営に関与した経験はありませんが、税理士としての豊富な経験と専門知識を有しており、税務に関する的確な提言と、独立した立場から取締役の職務の執行を監査・監督していただくことにより、当社取締役会の機能強化が期待されるため、当社の監査等委員である社外取締役として適任であると判断しております。同氏は、当社が税務顧問契約を締結している「あいわ税理士法人」に所属しており、当社は同事務所に対し、税務顧問報酬の支払いをしておりますが、その額は2020年3月期で60万円程度であり、当社及び同事務所のいずれにとっても同氏の独立性に影響を与えるものではありません。なお、同氏は当社の担当をしたことはありません。

社外取締役と当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。

 

③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役による監督又は監査と内部監査担当及び会計監査人は、監査の相互補完及び効率性の観点から必要な情報を交換するため定期的な協議を行い、相互連携を図ることにより監査の実効性を高めております。

 

(3)【監査の状況】

当社は法令及び内部監査規程を遵守し、適正かつ効率的な業務運営に努めております。

① 監査役会監査及び監査等委員会監査の状況

イ 監査役会の組織・人員

監査等委員会設置会社移行前の当事業年度の監査役会は、当社の経営陣から独立した中立の存在である3名の社外監査役(常勤監査役1名、非常勤監査役2名)から構成されております。

社外監査役 森嶋 正氏は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

監査役は、監査の方針及び分担等に従い、取締役会その他の重要な会議に出席するほか、取締役等から営業の報告を聞き、重要な決議書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所の業務及び財務の状況を調査しております。

また、内部監査担当及び会計監査人とは、監査の相互補完及び効率性の観点から必要な情報を交換するため定期的な協議を行い、相互連携を図ることにより監査の実効性を高めております。

 

ロ 監査役会の開催頻度・出席状況及び重点監査項目報告事項

当事業年度において当社は監査役会を定時に1回開催しており、臨時監査役会を含めた個々の監査役の出席状況については、次のとおりであります。

氏名

開催回数

出席回数

望月 眞澄

12回

12

森嶋  正

12

12

松沢 哲也

12

12

 

監査役会において、基本となる重点監査項目を次のとおり定め、監査役監査を行っております。

(イ)取締役の業務執行に関する監査

不正な行為又は法令・定款に違反する重大な事実の有無。

資産管理、資産活用及び減損評価。

 

(ロ)内部統制システムの整備・運用状況の監査

当社の各部門及び主要事業所の内部統制の整備・運用。

 

(ハ)危機管理・リスクマネジメント・コンプライアンスリスクの監査

危機管理と経営リスク管理マネジメント体制の整備・運用。

環境、安全、防災、品質及び取引等に関する個別法令・基準の遵守。

 

(二)財務報告及び情報開示についての監査

適時・適切に行われることの監視。

 

(ホ)情報保存管理体制の監視

 

 監査活動の概要

監査役監査は、監査役会で決定した次の監査方法及び監査分担に従い、それぞれの監査役が行っております。

(イ)監査方法

取締役会への出席のほか、幹部会及びコンプライアンス・リスク委員会等の重要な会議に陪席し、経営意思決定プロセスや内部統制環境の整備・運用状況の調査を行う。

本社及び各拠点から業務活動を聴取するとともに、定期的に内部監査担当から内部統制機能及びコンプライアンスの状況を聴取を行う。

・会計監査人と定期的な報告会・意見交換会を開催するほか、適宜情報交換を行い、監査活動における連携を深める一方、会計監査人の独立性が確保されているか、また、適正な監査を実施しているかを監視し検証する。

・取締役会議事録、幹部会議事録、その他重要な会議の議事録、及び重要な決裁書類、情報公開資料等の閲覧する。

・代表取締役及び社外取締役との定期的な会合を持ち、業務監査を通じて発見した問題点の改善要請等について積極的な意見交換を図る。

 

(ロ)監査の分担

a 監査役全員

・取締役会に出席のうえ、決議事項を監査し、必要あるときは意見陳述義務を果たす。

・会計監査人からの監査計画や監査結果の説明を聴取する。

・事業報告及びその附属明細書、計算書類及びその附属明細書を検討する。

・代表取締役との定期意見交換及び社外取締役との定例会議に出席し、代表取締役及び社外取締役との意見交換と信頼関係の維持・深化に努める。

b 常勤監査役

・取締役会以外の重要な会議への出席、各部門からの報告の聴取、重要な決裁資料等の閲覧、主要な拠点の業務及び財産の状況調査等を行う。

・これらの情報を監査役会で共有する。

c 社外監査役

・部門聴取、各拠点への往査に適宜参加し、重要資料も適宜閲覧する。

「高い専門性と豊富な経験」と「外からの目」に基づき、業務執行を監視し、取締役会において忌憚ない質問、意見具申を行う。また、監査役の監査業務についても同様の視点から監査役会の臨むとともに、会計を含む法的・制度的側面を主として担当する。

 

二 監査等委員会の組織・人員

当社は2021年6月29日開催の第30期定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行いたしました。監査等委員会は本書提出日現在、監査等委員である取締役3名(うち社外取締役3名)で構成されています。

監査等委員会は原則として月1回開催し、監査状況の確認及び協議を行うほか、内部統制部門や会計監査人とも連携し、定期的に情報交換や随時監査についての報告を求めております。また、監査等委員会は、取締役会、幹部会ほか重要な会議に出席し、取締役の職務執行について監視するとともに、意見聴取や資料の閲覧等を通じて業務監査、会計監査を実施しております。

 

② 内部監査の状況

当社は独立した内部監査室は設置しておりませんが、経営企画部内部統制グループに所属する内部監査担当者1名が、代表取締役直轄の内部監査担当として独立して監査業務を実施しております。また、内部監査担当者が属する経営企画部については、代表取締役社長が任命した内部監査担当者が監査業務を委嘱することにより監査の独立性を確保しております。

なお、2021年6月29日開催の取締役会において、内部監査室の新設、経営企画部内部統制グループを廃止して内部監査室へ業務及び内部監査担当者1名の異動を決議し、当社は同日付をもって内部監査室へ業務を移管し、監査の独立性を高めております。

 

③ 会計監査の状況

当社の監査業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成については、次のとおりであります。

 

イ 監査法人の名称

有限責任 あずさ監査法人

 

ロ 継続監査期間

6年間

 

 業務を執行した公認会計士の氏名

指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士  越智 一成

指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士  戸塚 俊一郎

 

ニ 監査業務に係る補助者の構成

公認会計士  4名

その他    4名

 

ホ 監査法人の選定方針と理由

選定当時、当社は将来の株式公開を目指すため、株式公開の実績がある大手の監査法人を中心に検討した結果、株式公開の実績があり、より当社が事業展開する業界に対する知見があるものと考えられたことから、有限責任 あずさ監査法人を選定いたしました。

監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項に定める解任事由に該当すると認められる場合は、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任します。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、解任後最初に召集される株主総会において、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。また、会計監査人の解任または不再任の可否については、会計監査人の適格性、独立性及び職務の遂行状況等を総合的に勘案し、検討を行います。その結果、解任または不再任が妥当と判断した場合、監査等委員会は、会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づき当該議案を株主総会に提案いたします。

 

ヘ 監査役及び監査役会による監査法人の評価

当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。

この評価については、監査法人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、監査法人からその職務の執行状況について四半期ごとに報告を受け、必要に応じて説明を求めております。また、監査法人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(2005年10月28日企業会計審議会)等に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めております。

 

④ 監査報酬の内容等

イ 監査公認会計士等に対する報酬の内容

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく

報酬(千円)

非監査業務に基づく

報酬(千円)

監査証明業務に基づく

報酬(千円)

非監査業務に基づく

報酬(千円)

21,000

29,776

 

ロ 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(イを除く)

該当事項はありません。

 

ハ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

該当事項はありません。

 

ニ 監査報酬の決定方針

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針については、監査証明業務に係る人員、監査日数等を勘案のうえで決定しております。

なお、監査公認会計士等の独立性を担保する観点から、監査報酬の額の決定に際しては監査役会の同意を得ております。

 

ホ 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

監査役会は、監査法人の監査計画、会計監査業務進行状況及び概算見積り等が、当社の事業の規模や内容に対して適切であるか必要な検証を行い、監査法人の報酬等について同意の判断をしております。

 

(4)【役員の報酬等】

① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社は、2021年6月29日開催の第30期定時株主総会の決議により、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しており、本有価証券報告書提出日現在における役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容に係る事項は次のとおりであります。

役員の報酬額は、2021年6月29日開催の第30期定時株主総会において、取締役(監査等委員である取締役を除く)は年額400百万円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない)、監査等委員である取締役は年額100百万円以内と決議されております。なお、定款で定める監査等委員を除く取締役の員数は10名以内、監査等委員である取締役の員数は5名以内であり、本有価証券報告書提出日現在の監査等委員を除く取締役は2名、監査等委員である取締役は3名であります。

当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)の個人別の報酬額については、取締役会決議に基づき、代表取締役社長の石川純生がその具体的内容について委任を受けるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額としております。取締役会は、当該権限が代表取締役社長によって適切に行使されるよう、役員報酬は取締役会決議により一任受けた代表取締役社長が、職務責任や業績等より勘案して、上記の限度額の範囲内で決定しております。

当社は、取締役の報酬に関して「公平性」・「透明性」が高く、業績に対する報酬として妥当な水準とするため、代表取締役社長並びに独立社外取締役から構成される「指名・報酬委員会」を設置しており、取締役会からの諮問並びに取締役会への答申を経て、取締役会決議により具体的な金額を決定してまいります。

「指名・報酬委員会」は独立社外取締役が過半数を占めることとし、独立社外取締役より議長を選定しております。

また、2021年6月29日開催の第30期定時株主総会において、当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)に対する譲渡制限付株式報酬総額は年額80百万円以内、普通株式の総数を年50,000株以内(ただし、社外取締役に対しては、譲渡制限付株式の付与のための報酬は支給しないものとし、かつ使用人兼取締役における使用人分にかかる給与を含まない)と決議しております。

なお、譲渡制限付株式報酬制度につきましては、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与えるともに、株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、上記の年額400百万円以内の報酬枠とは別枠で導入しております。

 

② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の

総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる

役員の員数

(人)

固定報酬

業績連動報酬

退職慰労金

左記のうち、非金銭報酬等

取締役

(社外取締役を除く)

80,400

80,400

4

監査役

(社外監査役を除く)

社外役員

14,040

14,040

5

 

 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

該当事項はありません。

 

(5)【株式の保有状況】

① 投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、関係会社株式を除く投資株式のうち、専ら株式の時価の変動又は配当金の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株式とし、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)として区分しております。

 

② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

イ 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式については、個別の銘柄ごとに、当社の資本コストを踏まえ、投資に伴う利回りその他の便益、回収見込み、事業戦略上の重要性等を総合的に勘案しながら、縮減の可能性を含め、保有の適否を判断し、取締役会で検証しております。検証の結果、保有の合理性が認められない場合は、市場に与える影響等を考慮しながら売却を行っております。

 

ロ 銘柄数及び貸借対照表計上額

 

銘柄数

(銘柄)

貸借対照表計上額の

合計額(千円)

非上場株式

2

1,605

非上場株式以外の株式

 

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

該当事項はありません。

 

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

該当事項はありません。

 

ハ 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

該当事項はありません。

 

③ 保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

 

第5【経理の状況】

1.財務諸表の作成方法について

当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて作成しております。

 

2.監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による監査を受けております。

 

3.連結財務諸表について

当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません

 

4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、財務諸表を適正に作成できる体制を整備するため、監査法人や開示資料制作支援会社が主催するセミナー等への参加、財務・会計の専門書の購読及び勉強会を行っております

 

1【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2020年3月31日)

当事業年度

(2021年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

1,597,027

714,276

受取手形

935

売掛金

709,098

900,891

電子記録債権

24,747

18,315

商品

2,779

4,109

仕掛品

277

2,070

前払費用

28,703

27,102

その他

1,852

3,152

貸倒引当金

121

152

流動資産合計

2,365,300

1,669,764

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物附属設備

39,521

45,751

工具、器具及び備品

56,517

68,691

リース資産

11,181

21,825

減価償却累計額

54,715

68,131

有形固定資産合計

52,504

68,136

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

27,465

16,913

その他

2,238

2,238

無形固定資産合計

29,704

19,152

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,605

1,605

関係会社株式

656,286

繰延税金資産

69,566

80,354

敷金

93,041

97,992

その他

14,258

13,658

貸倒引当金

10,000

10,000

投資その他の資産合計

168,471

839,895

固定資産合計

250,680

927,184

資産合計

2,615,981

2,596,949

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(2020年3月31日)

当事業年度

(2021年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

278,609

190,087

1年内返済予定の長期借入金

125,292

106,910

リース債務

3,046

6,079

未払金

38,778

36,324

未払費用

109,402

117,548

未払法人税等

69,597

57,675

前受金

24,872

24,028

預り金

11,340

11,976

賞与引当金

109,506

124,676

その他

77,839

63,005

流動負債合計

848,284

738,312

固定負債

 

 

長期借入金

319,710

212,800

リース債務

6,616

11,819

退職給付引当金

76,049

86,703

固定負債合計

402,375

311,323

負債合計

1,250,660

1,049,635

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

500,171

505,137

資本剰余金

 

 

資本準備金

361,125

366,091

資本剰余金合計

361,125

366,091

利益剰余金

 

 

その他利益剰余金

 

 

繰越利益剰余金

615,689

787,793

利益剰余金合計

615,689

787,793

自己株式

111,665

111,710

株主資本合計

1,365,320

1,547,313

純資産合計

1,365,320

1,547,313

負債純資産合計

2,615,981

2,596,949

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

 当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

売上高

4,476,290

4,397,124

売上原価

3,399,521

3,353,368

売上総利益

1,076,769

1,043,756

販売費及び一般管理費

 

 

役員報酬

93,600

94,440

給料及び手当

232,628

271,388

賞与及び賞与引当金繰入額

42,317

50,923

退職給付費用

4,034

4,307

減価償却費

14,038

14,904

貸倒引当金繰入額

593

30

その他

309,978

282,575

販売費及び一般管理費合計

696,003

718,569

営業利益

380,765

325,186

営業外収益

 

 

受取利息

15

16

受取配当金

1,703

助成金収入

8,745

2,439

その他

67

35

営業外収益合計

8,828

4,195

営業外費用

 

 

支払利息

747

2,685

支払手数料

223

4,194

上場関連費用

11,000

その他

445

503

営業外費用合計

12,416

7,383

経常利益

377,177

321,998

特別損失

 

 

投資有価証券評価損

8,144

特別損失合計

8,144

税引前当期純利益

369,032

321,998

法人税、住民税及び事業税

104,499

93,172

法人税等調整額

2,027

10,787

法人税等合計

102,472

82,385

当期純利益

266,560

239,613

 

【売上原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 2019年4月1日

至 2020年3月31日)

当事業年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

89,079

2.6

62,018

1.8

Ⅱ 労務費

 

1,852,075

54.6

1,958,731

58.5

Ⅲ 経費

 

194,072

5.7

179,273

5.4

Ⅳ 外注費

 

1,258,372

37.1

1,149,285

34.3

当期総費用

 

3,393,599

100.0

3,349,309

100.0

期首仕掛品棚卸高

 

1,101

 

277

 

期首商品棚卸高

 

3,433

 

2,779

 

商品仕入高

 

4,443

 

7,180

 

合計

 

3,402,578

 

3,359,547

 

期末仕掛品棚卸高

 

277

 

2,070

 

期末商品棚卸高

 

2,901

 

4,399

 

商品評価損

 

121

 

290

 

売上原価

 

3,399,521

 

3,353,368

 

原価計算の方法

原価計算の方法は、実際原価による個別原価計算によっております。

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

純資産合計

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本

合計

 

資本準備金

資本剰余金合計

その他

利益剰余金

利益剰余金

合計

 

繰越利益

剰余金

当期首残高

492,724

353,678

353,678

508,043

508,043

38

1,354,408

1,354,408

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

新株の発行

7,446

7,446

7,446

 

 

 

14,893

14,893

剰余金の配当

 

 

 

158,915

158,915

 

158,915

158,915

自己株式の取得

 

 

 

 

 

111,627

111,627

111,627

当期純利益

 

 

 

266,560

266,560

 

266,560

266,560

当期変動額合計

7,446

7,446

7,446

107,645

107,645

111,627

10,911

10,911

当期末残高

500,171

361,125

361,125

615,689

615,689

111,665

1,365,320

1,365,320

 

当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

純資産合計

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本

合計

 

資本準備金

資本剰余金合計

その他

利益剰余金

利益剰余金

合計

 

繰越利益

剰余金

当期首残高

500,171

361,125

361,125

615,689

615,689

111,665

1,365,320

1,365,320

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

新株の発行

4,966

4,966

4,966

 

 

 

9,933

9,933

剰余金の配当

 

 

 

67,508

67,508

 

67,508

67,508

自己株式の取得

 

 

 

 

 

44

44

44

当期純利益

 

 

 

239,613

239,613

 

239,613

239,613

当期変動額合計

4,966

4,966

4,966

172,104

172,104

44

181,992

181,992

当期末残高

505,137

366,091

366,091

787,793

787,793

111,710

1,547,313

1,547,313

 

④【キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

 前事業年度

(自 2019年4月1日

 至 2020年3月31日)

 当事業年度

(自 2020年4月1日

 至 2021年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税引前当期純利益

369,032

321,998

減価償却費

23,090

24,961

上場関連費用

11,000

投資有価証券評価損益(△は益)

8,144

貸倒引当金の増減額(△は減少)

627

30

賞与引当金の増減額(△は減少)

1,125

15,170

退職給付引当金の増減額(△は減少)

8,175

10,654

受取利息及び受取配当金

15

1,720

支払利息

747

2,685

助成金収入

8,745

2,439

支払手数料

223

4,194

売上債権の増減額(△は増加)

46,538

184,424

たな卸資産の増減額(△は増加)

1,394

3,082

仕入債務の増減額(△は減少)

27,830

88,521

その他

4,205

1,718

小計

396,791

97,788

利息及び配当金の受取額

15

16

利息の支払額

747

2,677

助成金の受取額

8,745

2,439

法人税等の支払額

87,365

104,241

営業活動によるキャッシュ・フロー

317,438

6,675

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の預入による支出

40,000

40,000

定期預金の払戻による収入

40,000

40,000

有形固定資産の取得による支出

24,460

12,867

無形固定資産の取得による支出