EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

臨時報告書

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2022年3月28日

【会社名】

AI CROSS株式会社

【英訳名】

AI CROSS Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 原田 典子(戸籍上の氏名 岡部 典子)

【本店の所在の場所】

東京都港区西新橋三丁目16番11号

【電話番号】

050-1745-3021

【事務連絡者氏名】

取締役 菅野 智也

【最寄りの連絡場所】

東京都港区西新橋三丁目16番11号

【電話番号】

050-1745-3021

【事務連絡者氏名】

取締役 菅野 智也

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E35117 44760 AI CROSS株式会社 AI CROSS Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第五号の三様式 1 false false false E35117-000 2022-03-28 xbrli:pure

1【提出理由】

 2022年3月25日開催の当社第7期定時株主総会において、決議事項が決議されましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

 

2【報告内容】

(1)当該株主総会が開催された年月日

2022年3月25日

 

(2)当該決議事項の内容

第1号議案 定款の一部変更の件

(1)事業目的の変更

変更案第2条は、当社事業の現状に即し、事業目的を変更するものであります。

(2)株主総会資料の電子提供制度の導入

「会社法の一部を改正する法律」(令和元年法律第70号)附則第1条ただし書きに規定する改正規定が2022年9月1日に施行されますので、株主総会資料の電子提供制度導入に備えるものであります。

 

第2号議案 取締役(監査等委員である取締役を除く。)3名選任の件

原田典子、菅野智也及び櫻井稚子の3氏を取締役(監査等委員である取締役を除く。)に選任するものであります。

 

第3号議案 監査等委員である取締役2名選任の件

鈴木さなえ、松永暁太の両氏を監査等委員に選任するものであります。

 

第4号議案 取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)に対する株式報酬(業績連動型株式報酬)の付与のための報酬決定の件

金銭報酬債権及び金銭年額1億円以内、発行または処分される普通株式の総数年200,000株以内とするものであります。

 

 

(3)当該決議事項に対する賛成、反対及び棄権の意思の表示に係る議決権の数、当該決議事項が可決されるための要件並びに当該決議の結果

決議事項

賛成(個)

反対(個)

棄権(個)

可決要件

決議の結果及び賛成割合(%)

第1号議案

19,228

103

(注)1

可決 98.94

第2号議案

 

 

 

(注)2

 

原田 典子

19,138

193

可決 98.48

菅野 智也

19,093

238

可決 98.25

櫻井 稚子

19,124

207

可決 98.40

第3号議案

 

 

 

(注)2

 

鈴木 さなえ

19,159

172

可決 98.58

松永 暁太

19,137

194

可決 98.47

第4号議案

16,564

2,767

(注)3

可決 85.23

(注)1.議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主の出席及び出席した当該株主の議決権の3分の2以上の賛成による。

2.議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主の出席及び出席した当該株主の議決権の過半数の賛成による。

3.出席した議決権を行使することができる株主の議決権の過半数の賛成による。

4.賛成率は、小数点第3位以下を四捨五入して表示しております。

 

(4)議決権の数に株主総会に出席した株主の議決権の数の一部を加算しなかった理由

 本株主総会前日までの事前行使分及び当日出席の一部の株主から各議案の賛否に関して確認できた議決権の集計により各決議事項が可決されるための要件を満たし、会社法に則って決議が成立したため、本株主総会当日出席の株主のうち、賛成、反対及び棄権の確認ができていない一部の議決権の数は加算しておりません。

 

以 上