EDINET閲覧(提出)サイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)をもとに上場企業サーチ作成

本ページはEDINETに提出された開示情報を上場企業サーチが加工/編集したものであり、記載された情報の正確性および完全性について上場企業サーチは一切の保証を行いません。本ページの情報を利用する際は自己の責任で判断頂き、意思決定に際しては適宜EDINETや提出会社が公開するオリジナルを参照する様にしてください。本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

【表紙】

 

【提出書類】

有価証券届出書(令和3年7月13日付け訂正届出書の添付インラインXBRL)

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

令和3年6月17日

【会社名】

株式会社ランドネット

【英訳名】

LANDNET Inc.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  榮 章博

【本店の所在の場所】

東京都豊島区南池袋一丁目16番15号

【電話番号】

03-3986-3981(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経営企画室長  仲内 好広

【最寄りの連絡場所】

東京都豊島区南池袋一丁目16番15号

【電話番号】

03-3986-3981(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役経営企画室長  仲内 好広

【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】

株式

【届出の対象とした募集(売出)金額】

募集金額

ブックビルディング方式による募集

888,352,000円

 

売出金額

(引受人の買取引受による売出し)

ブックビルディング方式による売出し

279,590,000円

 

(オーバーアロットメントによる売出し)

ブックビルディング方式による売出し

204,905,000円

 

 

【縦覧に供する場所】

該当事項はありません。

 

 

E35614 株式会社ランドネット LANDNET Inc. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第二号の四様式 Japan GAAP true cte cte 2019-08-01 2020-07-31 FY 2020-07-31 2018-08-01 2019-07-31 2019-07-31 2020-08-01 2021-04-30 3 true S100LJXQ true false E35614-000 2021-07-13 E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 E35614-000 2019-07-31 E35614-000 2020-07-31 E35614-000 2015-08-01 2016-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2016-08-01 2017-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2017-08-01 2018-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2016-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2017-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E35614-000 2021-05-31 E35614-000 2021-05-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2021-05-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2021-05-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2021-05-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E35614-000 2020-08-01 2021-04-30 E35614-000 2021-07-13 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E35614-000 2021-05-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp_cor:Row1Member E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:AkihiroSakaeMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:YoshiyukiUraMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:NaokiShiojiriMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:YoshihiroNakauchiMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:KazuyukiFujikawaMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:TomohiroTakagiMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:HisayukiYanagiMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:JiroKohnoMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp020400-srs_E35614-000:ShigeruKamedaMember E35614-000 2021-07-13 jpcrp_cor:Row2Member E35614-000 2021-07-13 jpcrp_cor:Row3Member E35614-000 2021-07-13 jpcrp_cor:Row4Member E35614-000 2021-07-13 jpcrp_cor:Row5Member E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E35614-000 2021-04-30 E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E35614-000 2018-07-31 E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:ForeignCurrencyTranslationAdjustmentMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E35614-000 2020-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2019-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2019-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2020-07-31 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2020-07-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E35614-000 2019-07-31 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E35614-000 2019-07-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E35614-000 2020-07-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E35614-000 2020-08-01 2021-04-30 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateBuyingAndSellingReportableSegmentMember E35614-000 2020-08-01 2021-04-30 jpcrp020400-srs_E35614-000:RealEstateLeasingAndManagementReportableSegmentMember E35614-000 2020-08-01 2021-04-30 jpcrp_cor:TotalOfReportableSegmentsAndOthersMember E35614-000 2020-08-01 2021-04-30 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2019-08-01 2020-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2018-08-01 2019-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E35614-000 2020-07-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【証券情報】

 

第1 【募集要項】

 

1 【新規発行株式】

 

種類

発行数(株)

内容

普通株式

284,000

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

なお、単元株式数は100株であります。

 

(注) 1.令和3年6月17日開催の取締役会決議によっております。

2.「第1 募集要項」に記載の募集(以下「本募集」という。)及び本募集と同時に行われる後記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)に伴い、その需要状況等を勘案した結果、SMBC日興証券株式会社が当社株主である榮章博(以下「貸株人」という。)より借り入れる当社普通株式53,500株の売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」という。)を行います。オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。

これに関連して、当社は、令和3年6月17日開催の取締役会において、本募集及び引受人の買取引受による売出しとは別に、SMBC日興証券株式会社を割当先とする第三者割当による当社普通株式53,500株の新規発行(以下「本第三者割当増資」という。)を決議しております。その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 第三者割当増資について」をご参照ください。

3.当社は、当社と元引受契約を締結した後記「4 株式の引受け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)に対し、上記発行数のうち、27,000株を、当社の従業員の福利厚生を目的に、ランドネット従業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請しております。引受人に対し要請した当社の指定する販売先(親引け先)の状況等につきましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 5 当社指定販売先への売付け(親引け)について」をご参照ください。

なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含みます。)であります。

4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご参照ください。

5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。

名称:株式会社証券保管振替機構

住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号

 

 

2 【募集の方法】

令和3年7月13日に決定された引受価額(3,523.60円)にて、引受人は、買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(3,830円)で募集を行います。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いません。

なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決定された価格で行います。

 

区分

発行数(株)

発行価額の総額(円)

資本組入額の総額(円)

入札方式のうち入札による募集

入札方式のうち入札によらない募集

ブックビルディング方式

284,000

888,352,000

500,351,200

計(総発行株式)

284,000

888,352,000

500,351,200

 

(注) 1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。

2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定されております。

3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であります。

4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であります。なお、会社法上の増加する資本準備金の額は500,351,200円と決定いたしました。

 

 

3 【募集の条件】

(1)【入札方式】

① 【入札による募集】

該当事項はありません。

 

② 【入札によらない募集】

該当事項はありません。

 

(2)【ブックビルディング方式】

 

発行

価格

(円)

引受

価額

(円)

払込

金額

(円)

資本

組入額

(円)

申込株

数単位

(株)

申込期間

申込

証拠金

(円)

払込期日

3,830

3,523.60

3,128

1,761.80

100

自 令和3年7月14日(水)

至 令和3年7月19日(月)

1株に

つき

3,830

令和3年7月20日(火)

 

(注) 1.発行価格等の決定に当たりましては、3,680円以上3,830円以下の仮条件に基づいて、ブックビルディングを実施いたしました。

その結果、

①申告された総需要株式数が、公開株式数を十分に上回る状況であったこと。

②申告された総需要件数が多数にわたっていたこと。

③申告された需要の価格毎の分布状況は、仮条件の上限価格に集中していたこと。

以上が特徴でありました。

従いまして、公開株式数以上の需要が見込まれる価格であり、現在の株式市場の状況及び上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に勘案し、3,830円と決定いたしました。

なお、引受価額は3,523.60円と決定いたしました。

2.払込金額は、会社法上の払込金額であります。また、前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額(3,128円)及び令和3年7月13日に決定された発行価格(3,830円)、引受価額(3,523.60円)とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となります。

3.資本組入額は、前記「2 募集の方法」に記載の資本組入額の総額を、前記「2 募集の方法」に記載の発行数で除した金額であります。

4.申込証拠金には、利息をつけません。なお、申込証拠金のうち引受価額相当額(1株につき3,523.60円)は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。

5.株式受渡期日は、令和3年7月21日(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。

6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。

7.販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。

引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販売を行う方針であります。配分に係る基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認ください。

 

 

① 【申込取扱場所】

後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。

 

② 【払込取扱場所】

 

店名

所在地

株式会社三井住友銀行 池袋支店

東京都豊島区西池袋一丁目21番7号

 

(注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。

 

4 【株式の引受け】

 

引受人の氏名又は名称

住所

引受株式数

(株)

引受けの条件

SMBC日興証券株式会社

東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

248,700

1.買取引受けによります。

2.引受人は新株式払込金として、払込期日までに払込取扱場所へ引受価額と同額(1株につき3,523.60円)を払込むことといたします。

3.引受手数料は支払われません。ただし、発行価格と引受価額との差額(1株につき306.40円)の総額は引受人の手取金となります。

株式会社SBI証券

東京都港区六本木一丁目6番1号

7,100

野村證券株式会社

東京都中央区日本橋一丁目13番1号

7,100

楽天証券株式会社

東京都港区南青山二丁目6番21号

7,100

水戸証券株式会社

東京都中央区日本橋二丁目3番10

3,500

マネックス証券株式会社

東京都港区赤坂一丁目1232

3,500

松井証券株式会社

東京都千代田区麹町一丁目4番地

3,500

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

東京都千代田区大手町一丁目9番2号

3,500

284,000

 

(注) 1.上記引受人と令和3年7月13日に元引受契約を締結いたしました。

2.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株について、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引業者に販売を委託いたします。

 

 

5 【新規発行による手取金の使途】

(1)【新規発行による手取金の額】

 

払込金額の総額(円)

発行諸費用の概算額(円)

差引手取概算額(円)

1,000,702,400

15,000,000

985,702,400

 

(注) 引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。

 

(2)【手取金の使途】

上記の差引手取概算額985,702千円に本第三者割当増資の手取概算額上限187,852千円を合わせた、手取概算額合計上限1,173,554千円については、以下の通り充当する予定であります。

 

① 販売用不動産の取得

当社は投資用中古マンションを中心とした仕入活動を行っており、販売用不動産の取得費用として549,554千円(令和3年7月期:160,000千円、令和4年7月期:389,554千円)を充当する予定であります。

 

② 賃貸用不動産の取得

賃貸収入の獲得を目的とした収益不動産の取得資金として399,000千円(令和3年7月期:22,000千円、令和4年7月期:377,000千円)を充当する予定であります。

 

③ システム開発投資

業務効率化を目的とした社内基幹システムであるRCP(リアルエステート・クラウド・プラットフォーム)等へのシステム開発投資として126,000千円(令和3年7月期:2,000千円、令和4年7月期:124,000千円)を充当する予定であります。

 

④ 人件費及び人材採用関連費

不動産売買、仲介に係る営業部門の人材、専門性を有した管理部門の人材の増強のための人件費及び人材採用関連費として84,000千円(令和4年7月期:84,000千円)を充当する予定であります。

 

⑤ 支店及び本店造作設備工事資金

取扱不動産の更なる拡充及び、国内におけるサービス基盤強化の為の支店及び本店造作設備工事資金に関わる設備投資資金として15,000千円(令和3年7月期:1,000千円、令和4年7月期:14,000千円)を充当する予定であります。

 

また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

 

(注) 設備計画の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項をご参照ください。

 

第2 【売出要項】

 

1 【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

令和3年7月13日に決定された引受価額(3,523.60円)にて、当社と元引受契約を締結した後記「2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)(2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格3,830円)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。

 

種類

売出数(株)

売出価額の総額

(円)

売出しに係る株式の所有者の

住所及び氏名又は名称

入札方式のうち入札による売出し

入札方式のうち入札によらない売出し

普通株式

ブックビルディング方式

73,000

279,590,000

榮 章博

東京都練馬区

73,000株

計(総売出株式)

73,000

279,590,000

 

(注) 1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されております。

2.本募集における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。

3.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案した結果、オーバーアロットメントによる売出しを行います。

オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。

4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご参照ください。

5.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一であります。

 

 

2 【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】

(1)【入札方式】

① 【入札による売出し】

該当事項はありません。

 

② 【入札によらない売出し】

該当事項はありません。

 

(2)【ブックビルディング方式】

 

売出価格

(円)

引受価額

(円)

申込期間

申込株

数単位

(株)

申込

証拠金

(円)

申込受付場所

引受人の住所及び氏名

又は名称

元引受契

約の内容

3,830

3,523.60

自 令和3年

7月14日(水)

至 令和3年

7月19日(月)

100

1株に

つき

3,830

引受人の本店及び全国各支店

東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

SMBC日興証券株式会社

(注)3

 

(注) 1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1と同様であります。

2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一の理由により決定いたしました。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。

3.元引受契約の内容

金融商品取引業者の引受株数 SMBC日興証券株式会社 73,000株

引受人が全株買取引受けを行います。

なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額(1株につき306.40円)の総額は引受人の手取金となります。

4.上記引受人と令和3年7月13日に元引受契約を締結いたしました。

5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。

6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。

7.上記引受人の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。

 

 

3 【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】

 

種類

売出数(株)

売出価額の総額

(円)

売出しに係る株式の所有者の

住所及び氏名又は名称

入札方式のうち入札による売出し

入札方式のうち入札によらない売出し

普通株式

ブックビルディング方式

53,500

204,905,000

東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

SMBC日興証券株式会社

計(総売出株式)

53,500

204,905,000

 

(注) 1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案した結果行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであります。

オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。

2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定されております。

3.本募集における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたします。

4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一であります。

 

4 【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

(1)【入札方式】

① 【入札による売出し】

該当事項はありません。

 

② 【入札によらない売出し】

該当事項はありません。

 

(2)【ブックビルディング方式】

 

売出価格

(円)

申込期間

申込株数単位

(株)

申込証拠金

(円)

申込受付場所

引受人の住所及び

氏名又は名称

元引受契約の内容

3,830

自 令和3年

7月14日(水)

至 令和3年

7月19日(月)

100

1株につき

3,830

SMBC日興証券株式会社の本店及び全国各支店

 

(注) 1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそれぞれ同一の理由により、令和3年7月13日に決定いたしました。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。

2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。

3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。

4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。

 

【募集又は売出しに関する特別記載事項】

 

1 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について

当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式について、SMBC日興証券株式会社を主幹事会社として東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定しております。

 

2 オーバーアロットメントによる売出し等について

本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案した結果、本募集及び引受人の買取引受による売出しの主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式(以下「借入株式」という。)53,500株の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行います。

これに関連して、当社はSMBC日興証券株式会社に対して、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限として、本第三者割当増資の割当を受ける権利(以下「グリーンシューオプション」という。)を、令和3年7月27日を行使期限として付与します。

SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から令和3年7月27日までの間(以下「シンジケートカバー取引期間」という。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲内で東京証券取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該シンジケートカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間内においても、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、又はオーバーアロットメントによる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。

SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引により買付けた株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使し本第三者割当増資の割当に応じる予定であります。したがって、本第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合があります。

SMBC日興証券株式会社が本第三者割当増資に応じる場合には、SMBC日興証券株式会社はオーバーアロットメントによる売出しによる手取金をもとに払込みを行います。

 

 

3 第三者割当増資について

上記「2 オーバーアロットメントによる売出し等について」に記載のSMBC日興証券株式会社を割当先とする本第三者割当増資について、当社が令和3年6月17日及び令和3年7月5日開催の取締役会において決議し、令和3年7月13日に決定した内容は、以下のとおりであります。

 

(1)

募集株式の数

当社普通株式 53,500株

(2)

募集株式の払込金額

1株につき3,128円

(3)

増加する資本金及び資本準備金に関する事項

増加する資本金の額は、割当価格に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとします。また、増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額とします。(注)

(4)

払込期日

令和3年7月30日(金)

 

(注) 割当価格は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」に記載の本募集における引受価額と同一とし、令和3年7月13日に決定いたしました。

 

4 ロックアップについて

本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、売出人である榮章博並びに当社株主である株式会社ブレインネット、浦好之、塩尻直樹、柳久之、矢嶌卓、萬代茂明、小礒純、中嶌大輔、逆瀬川幸生、石川裕介、髙橋寛文、竹村徹、仲内好広、福島具好、藤平聖香、津田優子、井上大介、井上元彰、和久篤史、篠塚猛、許光、川上真澄、川崎恵子、石坂健、吉田佳祐、櫻井彰人、田中宏一、松井惇、内藤有貴、藤井裕之、山崎晃、茂筑哲夫、根本将竹、島野翔太、川又健史、山本晃平、梅田和典、大橋裕介、藤田大樹、升川陽介、藤代啓太、平島賢太郎、眞地辰宗、張大偉、平間亮及び髙橋祐平は、SMBC日興証券株式会社(以下「主幹事会社」という。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しにかかる元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の令和4年1月16日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しております。

また、当社は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本第三者割当増資に係る新株式発行並びに株式分割による新株式発行等及びストック・オプションに係る新株予約権の発行を除く。)を行わないことに合意しております。

なお、上記の場合において、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部もしくは全部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。

また、親引け先は、主幹事会社に対して、当該親引けにより取得した当社普通株式について、払込期日から株式受渡期日(当日を含む)後180日目の令和4年1月16日までの期間中は、継続して所有する旨の書面を差し入れております。

 

 

5 当社指定販売先への売付け(親引け)について

当社が引受人に対し、売付けることを要請している指定販売先(親引け先)の状況等については以下のとおりであります。

(1)親引け先の状況等

 

a.親引け先の概要

東京都豊島区南池袋一丁目16番15号

ランドネット従業員持株会(理事長  福島 具好)

b.当社と親引け先との関係

当社の従業員持株会であります。

c.親引け先の選定理由

当社従業員の福利厚生のためであります。

d.親引けしようとする株式の数

当社普通株式 27,000株

e.株券等の保有方針

長期保有の見込みであります。

f.払込みに要する資金等の状況

払込みに要する資金として、従業員持株会における積立資金の存在を確認しております。

g.親引け先の実態

当社の従業員で構成する従業員持株会であります。

 

 

(2)株券等の譲渡制限

親引け先のロックアップについては、前記「4 ロックアップについて」をご参照ください。

 

(3)販売条件に関する事項

販売価格は、令和3年7月13日に決定された「第1 募集要項」における新規発行株式の発行価格(3,830円)と同一であります。

 

 

(4)親引け後の大株主の状況

 

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

株式(自己株式

を除く。)の

総数に対する

所有株式数の

割合(%)

本募集及び

引受人の買取

引受による

売出し後の

所有株式数(株)

本募集及び

引受人の買取

引受による

売出し後の

株式(自己株式

を除く。)の

総数に対する

所有株式数の

割合(%)

株式会社ブレインネット

東京都豊島区池袋三丁目34番7号

572,000

48.48

572,000

39.07

榮 章博

東京都練馬区

572,000

48.48

499,000

34.09

ランドネット従業員持株会

東京都豊島区南池袋一丁目16番15号

27,000

1.84

浦 好之

東京都練馬区

1,400

(1,400)

0.12

(0.12)

1,400

(1,400)

0.10

(0.10)

塩尻 直樹

東京都世田谷区

1,350

(1,350)

0.11

(0.11)

1,350

(1,350)

0.09

(0.09)

柳 久之

東京都三鷹市

1,300

(1,300)

0.11

(0.11)

1,300

(1,300)

0.09

(0.09)

矢嶌 卓

埼玉県さいたま市南区

1,150

(1,150)

0.10

(0.10)

1,150

(1,150)

0.08

(0.08)

萬代 茂明

東京都東大和市

1,150

(1,150)

0.10

(0.10)

1,150

(1,150)

0.08

(0.08)

小礒 純

東京都練馬区

1,150

(1,150)

0.10

(0.10)

1,150

(1,150)

0.08

(0.08)

中嶌 大輔

東京都国分寺市

1,100

(1,100)

0.09

(0.09)

1,100

(1,100)

0.08

(0.08)

逆瀬川 幸生

東京都豊島区

1,100

(1,100)

0.09

(0.09)

1,100

(1,100)

0.08

(0.08)

石川 裕介

大阪府大阪市中央区

1,100

(1,100)

0.09

(0.09)

1,100

(1,100)

0.08

(0.08)

髙橋 寛文

神奈川県川崎市幸区

1,100

(1,100)

0.09

(0.09)

1,100

(1,100)

0.08

(0.08)

竹村 徹

千葉県我孫子市

1,100

(1,100)

0.09

(0.09)

1,100

(1,100)

0.08

(0.08)

1,157,000

(13,000)

98.06

(1.10)

1,111,000

(13,000)

75.89

(0.89)

 

(注) 1.所有株式数及び株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、令和3年6月17日現在のものです。

2.本募集及び引受人の買取引受による売出し後の所有株式数並びに本募集及び引受人の買取引受による売出し後の株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、令和3年6月17日現在の所有株式数及び株式(自己株式を除く。)の総数に、本募集、引受人の買取引受による売出し及び親引けを勘案した株式数及び割合になります。

3.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しています。

4.( )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数です。

 

(5)株式併合等の予定の有無及び内容

該当事項はありません。

 

(6)その他参考になる事項

該当事項はありません。

 

第3 【その他の記載事項】

 

新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

 

(1) 表紙及び裏表紙に当社の社章


を記載いたします。

 

 

(2) 表紙の次に「01経営理念」~「06業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

第二部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第20期

第21期

決算年月

令和元年7月

令和2年7月

売上高

(千円)

30,152,771

35,773,981

経常利益

(千円)

1,073,572

831,131

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

773,219

594,617

包括利益

(千円)

773,885

593,968

純資産額

(千円)

2,937,706

3,454,454

総資産額

(千円)

8,190,676

8,398,358

1株当たり純資産額

(円)

2,567.93

3,019.63

1株当たり当期純利益金額

(円)

675.89

519.77

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

35.9

41.1

自己資本利益率

(%)

29.8

18.6

株価収益率

(倍)

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

279,010

638,924

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

427,860

357,070

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

894,466

484,202

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,862,518

1,660,466

従業員数

(名)

308

337

〔外、平均臨時雇用人員〕

55

68

 

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。

3 株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。

4 従業員数は就業人員であり、平均臨時雇用人員は年間の平均雇用数を〔 〕に外数で記載しております。

5 前連結会計年度(第20期)及び当連結会計年度(第21期)の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。 

 

(2)提出会社の経営指標等

 

回次

第17期

第18期

第19期

第20期

第21期

決算年月

平成28年7月

平成29年7月

平成30年7月

令和元年7月

令和2年7月

売上高

(千円)

11,217,119

17,071,460

22,344,647

30,116,530

35,732,630

経常利益

(千円)

564,065

958,320

809,398

1,048,673

803,957

当期純利益

(千円)

375,956

605,458

562,914

755,658

574,797

資本金

(千円)

100,000

100,000

100,000

100,000

100,000

発行済株式総数

(株)

1,144,000

1,144,000

1,144,000

1,144,000

1,144,000

純資産額

(千円)

1,126,385

1,731,844

2,200,951

2,871,953

3,369,531

総資産額

(千円)

3,115,934

4,494,256

5,736,958

8,107,903

8,357,426

1株当たり純資産額

(円)

984.60

1,513.85

1,923.91

2,510.45

2,945.39

1株当たり配当額

(円)

82.00

74.00

67.50

52.00

(1株当たり中間配当額)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり
当期純利益金額

(円)

328.63

529.25

492.06

660.54

502.45

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

36.1

38.5

38.4

35.4

40.3

自己資本利益率

(%)

40.1

42.4

28.6

29.8

18.4

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

15.5

15.0

10.2

10.3

従業員数

(名)

177

231

283

305

335

〔外、平均臨時
雇用人員〕

26

29

45

55

68

 

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。

3 株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。

4 従業員数は就業人員であり、平均臨時雇用人員は年間の平均雇用数を〔 〕に外数で記載しております。

5 主要な経営指標等の推移のうち、第17期から第19期については、会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による監査証明を受けておりません。

6 前事業年度(第20期)及び当事業年度(第21期)の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。

 

 

2 【沿革】

当社は、平成11年9月に、現代表取締役社長の榮章博により、東京都豊島区東池袋に、不動産の売買、賃貸管理及びその仲介を主要事業とする株式会社ランド・ネット(現株式会社ランドネット)として設立されました。首都圏の投資用中古ワンルームマンションの売買及び仲介を中心に事業を拡大し、現在では、関東一円、関西圏及び全国主要都市の物件まで取扱エリアを拡大しております。

また、近年は中古マンションのリフォーム・リノベーションも手掛け、中古不動産の再生にも力を入れております。さらに、外国籍の従業員を積極的に雇用し、台湾、香港の投資家向けに国内不動産の販売も行っております。

当社設立以後の企業集団に係る変遷は、次のとおりであります。

 

年月

概要

平成11年9月

東京都豊島区東池袋三丁目において、不動産の販売、仲介及び賃貸管理等を目的として株式会社ランド・ネット(資本金1,000万円)を設立

平成11年9月

東京都知事から宅地建物取引業免許を取得(免許番号:(1)第77906号)

平成13年8月

本社を東京都豊島区西池袋五丁目に移転

平成16年7月

不動産賃貸管理業を開始

平成17年7月

本社を東京都豊島区西池袋三丁目に移転

平成17年9月

商号を株式会社ランドネットに変更

平成20年11月

中古不動産の再生を目的としてリフォーム・リノベーション事業を開始

平成20年12月

仕入先拡大を目的として競売・公売の入札に参加

平成21年10月

販路拡大を目的として不動産投資セミナーを開始

平成22年6月

台湾・香港を中心とした海外向けに不動産売買事業を開始

平成24年3月

国土交通省に賃貸住宅管理業者の登録(現登録番号: (2)第1499号)

平成24年12月

不動産売買事業を目的として株式会社ランドインベストを東京都豊島区東池袋に設立

平成25年1月

本社を東京都豊島区南池袋一丁目に移転

平成25年4月

賃貸建物所有者に対する家賃保証業を目的として株式会社ランドインシュア(現連結子会社)を東京都練馬区に設立

平成25年7月

台湾における不動産売買事業強化を目的として、現地法人(朗透地産有限公司)(現連結子会社)を設立

平成25年7月

香港における不動産売買事業強化を目的として、現地法人(日商朗透房屋股份有限公司)(現連結子会社)を設立

平成26年3月

国土交通省にマンションの管理の適正化の推進に関する法律に基づくマンション管理業者の登録(登録番号:(1)第034068号)

平成26年3月

東京都知事から一般建設業許可を取得(現許可番号:般-25 第141274号)

平成26年6月

宅地建物取引業の国土交通大臣への免許換え(現免許番号:(1)第8622号)

平成27年3月

バングラデシュにおける不動産賃貸管理事業を目的として、現地法人(Landnet Japan Limited)を設立

平成27年7月

株式会社ランドインベストを株式会社ランドネットに吸収合併

平成27年10月

台湾現地法人の朗透地産有限公司の商号を日昇房屋有限公司に変更

平成28年2月

神奈川県横浜市に横浜支店を開設

平成29年8月

バングラデシュ現地法人(Landnet Japan Limited)を清算

平成29年12月

不動産売買事業強化を目的として、販売部を設立

平成30年2月

大阪府大阪市に大阪支店を開設

平成31年4月

東京都知事から不動産特定共同事業許可を取得(許可番号:東京都知事 第117号)

令和元年5月

本社を東京都豊島区南池袋一丁目(別住所)に移転

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社(株式会社ランドインシュア、日昇房屋有限公司、日商朗透房屋股份有限公司)の計4社で構成されており、東京都豊島区の当社本店、横浜支店、大阪支店を主たる拠点として中古不動産の買取販売、買取り後のリフォーム・リノベーション、仲介及び賃貸不動産の管理を主たる事業としております。

当社グループの事業における各社の位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。

なお、次のセグメントは、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

(1)事業概要

セグメント

区分

担当会社

概要

不動産売買事業

買取販売

 

買取リフォ

ーム販売

当社

日商朗透房屋股份有限公司

日昇房屋有限公司

 

 中古不動産を当社グループで買い取り、不動産業者や投資家等に販売しています。買取りを行う対象の不動産は、「ワンルームタイプ」及び「ファミリータイプ」の2つに区分し管理しております。「ワンルームタイプ」とは、一般に単身世帯が利用する区分所有マンションで、各住戸の専有面積が30㎡未満のものと定義しており、個人もしくは法人の顧客が投資を目的として購入する不動産を想定しております。一方、「ファミリータイプ」とは、複数人が居住する区分所有マンションで、専有面積が30㎡以上のものと定義しており、主に実需層のお客様が居住を目的として購入する不動産を想定しております。
 

 当社グループが対象の不動産を買い取り、当社データベースから、市場における不動産の最適な価格を割り出し、販売に取り組むほか、不動産の修繕工事、リノベーションによる部屋の再生、内装工事、ユニットバス・システムキッチンなどの設備類の刷新、間取りの変更を積極的に不動産購入者に提案しております。
 

 当社グループで買い取った不動産は、必要に応じてリノベーションを行い、不動産購入者である国内外の個人、法人及び、不動産業者に対し、販売を行っております。
 

 当社グループが取り扱う対象不動産は、主に不動産仲介会社を介さず、不動産所有者から直接買い取る方法によっております。なお、仕入に際しては、原則「買取」の形態をとっておりますが、不動産所有者のニーズや交渉条件などにより「仲介」の形態をとる場合もあります。
 

 また、販売に関しては、不動産仲介会社に対し、仲介(媒介または代理)もしくは買取りを依頼する形態と、当社の販売部門が、セミナーや雑誌、ソーシャルメディア等を通じて集客したお客様に対して、直接販売する形態とがあります。

 また、当社グループで取り扱う中古不動産は、築浅と築古の2つの区分にも分けて管理しております。

 築浅は竣工後20年以内の不動産、築古は同20年超の不動産と定義しており、当社グループで買い取り、実需層のお客様や個人投資家、不動産業者等に向けて販売活動を行っております。

 さらに台湾及び香港の現地法人においては「日本の不動産投資に関するセミナー」を定期的に開催し、当該セミナーを通じて、海外投資家に対する国内不動産の販売も手掛けております。

仲介

当社

 お客様のニーズや交渉条件などにより、当社を仲介会社とした、不動産の売買も行っております。

不動産賃貸管理事業

賃貸管理

当社

 不動産売買事業にて取引のあったお客様を中心に賃貸管理業務を受託しております。

家賃保証

株式会社ランドインシュア

 当社が賃貸管理業務を受託した賃貸用不動産において家賃保証を行っております。

 

 

(2)事業系統図

当社グループは、主に以下の系統図の流れにより企業活動を推進しております。

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

主要な事業
の内容

議決権の所有
(又は被所有)
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ランドインシュア

東京都豊島区

3百万円

不動産賃貸管理事業

100.0

 当社の賃貸管理物件に対する家賃保証を行っております。
役員の兼任 1名

日昇房屋有限公司

台北市中山区

1.5百万元

不動産売買事業

100.0

 当社の台湾居住の顧客に対する業務を代行しております。
役員の兼任 1名

日商朗透房屋股份有限公司

QUEENSWAY   HONG KONG

1万HK$

不動産売買事業

100.0

 当社の香港居住の顧客に対する業務を代行しております。
役員の兼任 1名

 

(注)1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

令和3年5月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

不動産売買事業

217

(3)

不動産賃貸管理事業

35

(6)

全社(共通)

129

(58)

合計

381

(67)

 

(注)1 従業員数は就業人員数であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の最近1年間の平均人数であります。

3 臨時従業員はパート及びアルバイト社員であります。

4 全社(共通)は、管理部、人事部、総務部、情報システム部、データ戦略部、経理部、経営企画室、マーケティング戦略部、内部監査室及び海外子会社の従業員数であります。

 

(2)提出会社の状況

令和3年5月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

379

31.0

3.5

6,194

(67)

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

不動産売買事業

217

(3)

不動産賃貸管理事業

35

(6)

全社(共通)

127

(58)

合計

379

(67)

 

(注)1 従業員数は就業人員数であります。

2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の最近1年間の平均人数であります。

3 臨時従業員はパート及びアルバイト社員であります。

4 平均年間給与には、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

5 全社(共通)は、管理部、人事部、総務部、情報システム部、データ戦略部、経理部、経営企画室、マーケティング戦略部及び内部監査室の従業員数であります。

 

(3)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありません。

 

第2 【事業の状況】

 

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。

 

(1)経の基本方針

当社グループは、「最新のテクノロジーを活用して不動産流通業を革新する世界No.1企業」という企業目標のもと、不動産の資産運用コンサルティングを行う総合不動産商社であります。不動産の売買・賃貸・リフォームに関し、「購入と売却」「再生と運用」という視点から様々なアイデアをご提案し、お客様のライフプランを豊かに実現することを企業理念として企業活動を行っております。

 

(2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

当社グループは、現時点では経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標及びその数値目標を定めておりませんが、企業価値を図る指標として、売上総利益及び経常利益の前年比較による成長性を重視しております。今後、業界動向及び当社グループにおける業績の推移等を勘案し、早期に経営指標及び数値目標を決定する予定であります。

 

(3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

当社グループは、「お客様のライフプランを実現する不動産運用顧問を目指す」を企業理念とした令和3年7月期を初年度とする3カ年の「中期経営計画」を策定し、これを実現するために、特に以下を重要事項として考え、経営を推進して行く予定であります。経営の基本方針、中期経営計画の達成のため当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題は以下の通りであります。

 

(特に優先度の高い対処すべき事業上及び財務上の課題)

①社内システムの整備・再構築

当社グループでは、創業当初から蓄積された約752万件の不動産データ(令和3年4月末現在)を保有しておりますが、そのデータは各事業部が管理するサーバに保管されている状態にあります。今後の当社グループを飛躍的に成長させるためには、当社グループが保管している情報資産を最大限活用することが不可欠であると考えております。そのための施策として、各事業部のシステム統合及びデータ連携を行うための新システムをRCP(Real estate Cloud Platform:リアルエステート・クラウド・プラットフォーム)という名称に定め、現在構築に取り組んでおります。

RCPの第1次開発では、情報資産の有効活用による経営戦略及びマーケティング戦略策定を迅速に行う事ができると同時に、情報資産をクラウド上で複数所有することにより、事業継続計画(BCP)の強化が可能になります。さらに第2次開発では、AI(人工知能)導入、ビッグデータ利用を計画しており、当社グループが保有する膨大な情報資産を融合させ活用することで、一層の収益力の向上を目指してまいります。

RCP開発を進めていくことは、競争優位性の確保に大いに資するものと考えております。

 

②優秀な人材の確保

当社グループでは、企業理念である「お客様のライフプランを実現する不動産運用顧問」となる人材の獲得及び育成のため、並びに様々な経営課題を克服し事業を拡大していくために、優秀な人材を確保し育成していくことが重要な課題であると認識しております。そのために、当社グループでは新卒の定期的な採用や経験者の中途採用を積極的に実施しております。また従業員に対しては継続的に営業スキルの向上やコンプライアンス、情報セキュリティ対策等の研修を実施し、人材の育成と強化に取り組んでおります。社員一人一人の資質向上を図るとともに、今後も採用を継続し、優秀な人材の確保と育成に取り組んでいく方針であります。

 

 

③実需層、一般投資家への販売

現在は、不動産業者への販売が中心になっており、実需層や一般投資家への販売は十分とは言えません。当社グループでは多様な販売先を開拓することを対処すべき課題と捉えており、平成29年12月には、主に実需層や一般投資家向けに販売を行う組織として販売部を新たに発足致しました。販売部では定期的に不動産投資セミナーを開催しております。また、不動産特定共同事業(注)への参画や、各種ソーシャルメディア、雑誌等を通じて、実需層、一般投資家への販売活動や不動産投資の魅力を伝える活動を積極的に行っており、今後も一層強化してまいります。

(注)平成29年12月に施行された不動産特定共同事業法(平成29年改正不特法)に基づくエクイティ型のクラウドファンディング事業。中古区分マンションを小口化し、共有持分として複数の会員から出資を募り、その賃貸運用収益及び売却益を配当として会員に分配することを想定しております。

 

④仕入強化について

当社グループの主力事業である不動産売買事業は、首都圏1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)及び関西圏2府1県(大阪府、京都府、兵庫県)を中心に展開しておりますが、買取販売については、一般的には競合が多く優良な不動産の仕入競争は熾烈な状況にあると言えます。
 しかし、当社グループでは約752万件の不動産データ(令和3年4月末現在)を有しており、当該データベースに登録された不動産所有者に直接働きかけることで当該不動産所有者との直接取引が実現しており、競合他社との優位性を獲得しております。その強化のために「不動産登記情報」「不動産情報」「取引情報」「顧客ニーズ情報」といった情報を絶えず収集していくと共に、既存の情報は定期的に更新し、量・質の両面でデータベースをより強化してまいります。

 

(その他優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題)

⑤3大都市圏中心の支店展開

人口の減少と少子高齢化が進行する中、今後3大都市圏や地方中核都市を中心とした生活圏や経済圏が一層構築されていることが予想されております。当社グループでは、池袋本社を軸に東京都全域、埼玉、千葉方面への営業活動を行っております。また、平成28年2月に横浜支店を開設し神奈川方面での営業展開が可能になりました。さらに平成30年2月には大阪支店を開設し、関西圏でも積極的に営業活動に取り組んでおります。

当社グループでは売買と建築と賃貸の三位一体での拠点展開を考えており、多店舗展開(小規模多数の拠点による展開)ではなく支店展開(大規模の限定された拠点による展開)を考えております。経済動向や人口動態を注視しながら将来的には、他の地方中核都市(名古屋市、福岡市、札幌市、仙台市)への支店展開も検討してまいります。また、首都圏での営業活動のより一層の強化のために、城東地区(注)での支店展開を検討してまいります。

(注)「城東地区」は東京都の台東区、江戸川区、葛飾区、江東区及び墨田区を指しております。

 

⑥幅広い商品の取り扱い

現在、当社グループではワンルームタイプ(当社グループでは登記簿面積30㎡未満のマンションをワンルームタイプと定義しております)の区分所有マンションを中心に事業を展開しておりますが、さらなる収益拡大のため、ファミリータイプ(当社グループでは登記簿面積30㎡以上のマンションをファミリータイプと定義しております)の区分所有マンションや1棟アパート、1棟賃貸マンション、戸建て、駐車場等、幅広い不動産を積極的に取り扱ってまいります。

 

⑦投資回収期間の短縮

仕入決済(売主から買主である当社への所有権移転)から売上決済(売主である当社から買主への所有権移転)までの投資回収期間の短縮を図るため、たな卸資産回転率の向上に努めております。また、同時に在庫滞留期間の長期化による商品評価損の計上等の在庫リスクの低減を図ってまいります。

 

 

⑧台湾・香港市場及び海外市場での営業活動

当社グループは、平成25年7月に台湾及び香港市場へ進出致しましたが、現在においては、台湾及び香港市場への他社参入が相次ぎ、競争が激化しております。また、香港の政治情勢により、投資家心理の冷え込みも懸念されます。しかしながら、中国本土の投資家の資金が新しい投資先を求め、日本の不動産へ向けられている現状もあります。

当社グループは、引き続き、台湾及び香港をアジアの重要拠点と位置付け、日本の不動産の営業活動を行ってまいります。また、経済成長著しいアジア圏の投資意欲に応えるべく、シンガポールなどのアジア主要都市での不動産投資セミナーの開催も検討してまいります。

 

⑨コーポレート・ガバナンスの強化

当社グループの継続的な事業の発展及び信頼性の向上のためには、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組むことが重要であると認識しております。

当社グループでは、監査役と内部監査室及び会計監査人との連携の強化、定期的な内部監査の実施、経営陣や従業員に対する研修の実施等を通じて、内部管理体制の一層の強化に取り組んでいく方針であります。

 

⑩リスク管理体制の強化

当社グループでは、主要なリスクとして、戦略リスク、災害リスク、オペレーショナルリスク、財務リスク、情報リスクの5つを認識し、これらのリスクを事前に回避すること及び万一リスクが顕在化した場合に被害の最小化を図ることが必要であると考えております。そのため、リスクマネジメント活動を推進するとともに、リスク管理体制を強化するために、リスクごとに想定される動機、原因及び背景を踏まえて、具体的なリスクの洗い出しを実施してまいります。近年対応が急務となっている情報リスクへの対応としては、体系的な情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)導入を目的としたISO/IEC27001を平成30年5月に認証取得しており、情報リスクの低減に全社一丸となって取り組んでおります。

また、必要に応じた社内教育を継続して実施するとともに、内部監査計画に基づく定期監査を実施し、リスク管理体制の継続的な強化を進めております。

 

⑪資金調達力の強化

借入金により不動産の買取資金を調達している当社グループは、市況の変化に左右されず、安定的な資金調達を行うために、経営基盤の充実と適切な情報発信を行う必要があります。そのために、常に様々な角度から当社グループの置かれている状況を分析した上で、適切な経営基盤の醸成を図り、その上で定期的に金融機関への業況説明を行い、金融機関との相互理解を深めて取引形態の強化を図っております。その結果として、大手3行(株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行)を含む各金融機関から当座貸越約定に基づき総額32億円の資金調達枠の確保をしております。今後につきましても、さらなる業務拡大のため、資金調達力強化を進めてまいります。

 

 

2 【事業等のリスク】

本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を十分に認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針ではありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で行われる必要があると考えております。

なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において入手可能な情報に基づき、合理的であると当社グループが判断したものであり、将来において発生の可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。

 

(1)経済情勢、金利動向の変動について

当社グループの属する不動産業界は、景気動向、経済情勢、金利動向、地価の動向等の影響を受けやすい特性があり、これらの影響から購入者の需要動向が悪化した場合、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。当社グループといたしましては、市場動向の観測や不動産市況の悪化時の影響度合いを定期的に調査分析し、必要に応じて販売用不動産の種類、金額等を考慮しながら、当該リスクの発生・影響を最小限にとどめるよう対応に努めております。

 

(2)有利子負債への依存について

当社グループは、不動産売買事業における中古不動産の買取資金を主に金融機関からの借入金によって調達しております。当社グループは、特定の金融機関に依存することなく、個別案件ごとに販売計画の妥当性を分析した上で借入金の調達を行っておりますが、金融機関の融資姿勢や金融情勢の変動によって金利上昇や借入金の調達が困難になることがあり、その結果、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。なお、第21期連結会計年度末の有利子負債依存度は30.9%になります。

 

(3)販売用不動産の評価損について

当社グループが保有する販売用不動産については、「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号令和元年7月4日改正分)を適用しております。期末に保有している販売用不動産の取得原価と正味売却価額を比較し、正味売却価額が取得原価を下回っている場合には販売用不動産の評価損を計上することとしております。

当社グループについては、不動産市況動向を常に確認し事業活動を行っており、動向に合わせた仕入を適切に行うよう努めておりますが、今後、経済情勢や不動産市況の悪化による不動産価格の急激な変動等により、事業計画の遂行に重大な問題が生じ、販売価格の引き下げ等が発生する恐れがあります。また、販売用不動産の滞留期間が長期化した場合等は、期末における正味売却価額が取得原価を下回り、評価損を計上することも予測され、その結果、当社グループの経営成績や財政状況に影響を与える可能性があります。

 

(4)投資用マンションの販売について

当社グループが販売する不動産は、資産運用を目的として購入されるものがありますが、一般的に不動産による資産運用(不動産投資)には、入居率の悪化や家賃相場の下落による賃料収入の低下、金利上昇による借入金返済負担の増加等、収支の悪化につながる様々な投資リスクが内在しております。当社グループはこれらの投資リスクについて十分な説明を行い、投資目的の顧客に理解していただいた上で売買契約を締結するよう営業社員及びこれをサポートする社員に教育を徹底しております。また、入居者募集や集金代行などの賃貸管理から修繕等の建物管理に至るまで一貫したサービスを提供することで、顧客の長期的かつ安定的な不動産投資を全面的にサポートし、空室の発生や資産価値下落等のリスク低減に努めております。しかしながら、営業社員の説明不足等が原因で投資リスクに対する理解が不十分なまま不動産購入に至ったことにより、顧客からの訴訟等が発生した場合、当社グループの信頼が損なわれることにつながり、その結果、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

また、社会情勢や経済情勢の変化により、入居率の悪化や家賃相場の大幅な下落、金融機関の融資姿勢の変化や急激な金利上昇等が発生した場合、顧客の不動産投資に支障をきたす可能性があります。特に金利上昇は、金融機関の融資を利用する顧客に対し、借入金返済負担の増加による収支の悪化をもたらすことから、顧客の購買意欲に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

(5)固定資産の減損について

当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」等に従い、決算期ごとに固定資産の減損の兆候の把握を行っております。当社グループについては、不動産市況動向を常に確認し事業活動を行っており、動向に合わせ、固定資産の取得を適切に行うよう努めておりますが、今後の地価動向や景気動向等によっては、固定資産の減損損失を計上することも予測され、その結果、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(6)競合リスクについて

不動産業界は、事業を行うための許認可取得など新規参入に係る手続きが煩雑ではありますが、大手ハウスメーカーから個人事業主に至るまで大小様々な競合他社が多数存在しております。当社グループでは膨大な量の不動産所有者情報、不動産情報を活用した不動産所有者からの直接仕入を企業活動の主軸としており、他社と比較して価格優位性があり、今後も差別化を強化する方針であります。しかしながら、今後、同様のビジネスモデルを有する他社の参入などにより十分な差別化ができなくなり、競争が激化した場合には価格競争や取り扱い件数の減少等により、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。 

 

(7)特定人物への依存について

当社グループでは、役員及び幹部社員への情報共有や権限の移譲を進め、創業者である代表取締役社長榮章博に過度に依存しないような経営体制の整備を推進しておりますが、同氏は、当社設立以来、当社グループの経営方針、経営戦略、資金調達等、事業活動を展開していくにあたり重要な役割を担ってまいりました。特に当社グループの主力事業である不動産売買事業における売買方針の決定においては、同氏の資質に依存している部分があります。同氏が職務を遂行できなくなるような不測の事態が生じた場合は、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。 

 

(8)契約不適合責任について

売買対象不動産について、種類、品質または数量に関して契約の内容に適合しないものがある場合、民法と宅地建物取引業法の規定により売主が買主に対して契約不適合責任を負うことになります。当社グループにおいては、販売用不動産の契約前に担当部署と管理部門において、リスクを可能な限り契約書に明記し、リスクの低減に努めておりますが、万が一当社グループの販売した不動産に当該不適合が確認された場合には、当社グループは、売主として契約不適合責任を負うことがあります。その結果、買主より契約解除や損害賠償請求を受け、また、履行の追完のための費用が生じる事により、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(9)自然的・人為的災害について

当社グループが取り扱う中古不動産は、首都圏や関西圏が中心となっておりますが、これら地域において、地震・火災・水害等の自然的災害、大規模な事故やテロ等の人為的災害が発生した場合、当社グループの所有する中古不動産が滅失、毀損又は劣化し、販売価格や賃貸収入が著しく減少する可能性があります。また、これら以外の地域で自然的・人為的火災が発生した場合においても、消費マインドの冷え込みから当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(10)人材の確保・育成について

当社グループは、様々な経営課題を克服し事業を拡大していくために、優秀な人材を継続的に確保・育成していくことが重要な課題であると認識しております。従って、今後も優秀な人材の中途採用、優秀な学生の新卒採用及び教育・研修制度の充実を図り、当社グループの経営理念を理解した社員の育成を行っていく方針であります。しかしながら、当社グループの求める人材の確保・育成が想定どおりに進まない場合は、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

 

(11)法的規制について

当社グループの属する不動産業界は、「宅地建物取引業法」、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」、「建築基準法」、「都市計画法」、「国土利用計画法」、「建物の区分所有等に関する法律」、「不当景品類及び不当表示防止法」、「不動産の表示に関する公正競争規約」等の法的規制を受けております。当社グループではこれらの法的規制を遵守するように努めておりますが、法令違反が発生した場合や、今後これらの法的規制の改廃や新たな法的規制が設けられる場合には、当社グループの事業活動が制約を受け、その結果、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

また、当社グループが事業活動を行うに際し、以下に記載の許認可を得ており、現在、許認可が取消となる事由は発生しておりません。しかしながら、将来何らかの理由により、法令違反等の事象が発生し、監督官庁より業務停止や免許の取り消し等の処分を受けた場合には、当社グループの事業活動に支障をきたすとともに当社グループの経営成績や財政状態に重大な影響を与える可能性があります。

(許認可等の内容)

許認可等の名称

許認可(登録)番号

有効期限

許認可等の取消又は更新拒否の事由

宅地建物取引業者免許(許可)

国土交通大臣(2)第8622号

令和元年6月12日から

令和6年6月11日まで

宅地建物取引業法第5条及び第66条

建設業者免許(許可)

東京都知事許可(般-30)第150058号

平成31年3月25日から

令和6年3月24日まで

建設業法第3条

マンション管理業者(登録)

国土交通大臣(2)第034068号

平成31年3月25日から

令和6年3月24日まで

マンションの管理の適正化の推進に関する法律第44条及び第47条

賃貸住宅管理業者(登録)

国土交通大臣(2)第1499号

平成29年3月22日から

令和4年3月21日まで

賃貸住宅管理業務の適正化を図るための国土交通省告示(賃貸住宅管理業者登録規定(国土交通省告示第998号))

二級建築士事務所(登録)

東京都知事登録

第15779号

平成30年9月1日から

令和5年8月31日まで

建築士法第23条第7項(廃業届出)

不動産特定共同事業(許可)

東京都知事許可

東京都知事 第117号

有効期限はありません

不動産特定共同事業法第36条

産業廃棄物収集運搬業(許可)

東京都知事許可

許可番号第13-00-219874号

令和3年3月12日から

令和8年3月11日まで

産業廃棄物処理法第7条の4

神奈川県知事

許可番号01400219874号

令和3年3月18日から

令和8年3月17日まで

埼玉県知事

許可番号01100219874号

令和3年3月30日から

令和8年3月29日まで

千葉県知事

許可番号第01200219874号

令和3年3月23日から

令和8年3月22日まで

古物商(許可)

東京都公安委員会

許可番号 第305512116337号

有効期限はありません

古物営業法第6条

 

 

 

(12)情報漏洩のリスクについて

当社グループが行っている不動産売買事業、不動産賃貸管理事業において、事業上の重要情報、顧客・取引先等の機密情報や個人情報等を保有しております。当社グループでは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を認証取得するとともに、これらの情報の外部への不正な流出、漏洩を防止するために、社内研修を通じて社員への啓蒙活動を継続的に実施するなどの施策を講じております。さらにデータベースへのアクセス環境、セキュリティシステムの継続的な改善等により、情報管理体制を強化するとともに情報管理の徹底を図っております。しかしながら、サイバー攻撃、不正アクセス、コンピューターウィルスの侵入等により、当社グループが保有する機密情報や個人情報等が外部へ流出、漏洩した場合等には、損害賠償請求等が発生するリスクや、信用が失墜するリスクがあり、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(13)システムトラブルについて

当社グループの事業は、コンピュータシステムを結ぶ通信ネットワークに依存しており、自然災害や事故、外部システムを含むシステムの何らかのトラブル等により、その通信ネットワークが切断された場合には、当社グループの事業活動に重大な影響を与える可能性があります。また、不動産流通機構(レインズ)等、当社が不動産売買事業において使用する外部システムがシステムメンテナンスや何らかのトラブル等により使用できなくなった場合には、不動産売買事業における仕入及び販売活動が滞る可能性があります。

当社グループではセキュリティ対策やシステムの安定性の確保に取り組むとともに、定期的にデータのバックアップを実施しており、システムトラブルによるデータの喪失を極力少なくする運用を行っております。また、不動産流通機構(レインズ)等の外部システムについては予め休止期間等を把握し、事業活動への影響を最小限にするよう努めておりますが、何らかの理由により予期せぬシステムトラブルが発生した場合、または外部システムの休止期間等が長期化した場合には、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(14)資金使途に関するリスクについて

当社グループの公募増資による資金調達は、販売用不動産及び賃貸用不動産を機動的に取得するための資金、新システムの開発費用及び優秀な人材の確保を目的とした採用費用等に充当する予定であります。しかしながら、外部環境等の影響により、目論見どおりに事業計画が進展せず、調達資金が上記の予定どおりに使用されない可能性があります。また、予定どおりに使用された場合でも、想定どおりの効果を上げることができず、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

 

(15)借入金の財務制限条項について

当社グループは、安定的に資金運用を行うため、金融機関から資金調達を行っておりますが、一部の金融機関との取引について、借入契約に財務制限条項が付されたものがあります。万が一、これらの条件に抵触した場合には、借入金利の上昇や期限の利益の喪失等、当社の経営成績及び資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。

現状の当社経営成績や財政状態は、かかる財務制限条項の要求水準との間に相当の安全マージンを確保していること、当社は財務制限条項の遵守状況を適切に管理し、財務制限条項を安定的に充足するべく業務運営を行っていることから、現状かかる財務制限条項抵触リスクは僅少であると認識しております。

 

(16)新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

当社は、役員及び従業員に対するインセンティブを目的として、新株予約権を付与しております。これらの新株予約権が権利行使された場合、当社株式が新たに発行され、既存の株主が有する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。

本書提出日現在における当社の発行済株式総数は1,144,000株であり、これらの新株予約権が行使された場合は、新たに35,900株の新株式が発行され、当社の1株当たりの株式価値は希薄化する可能性があります。

 

(17)訴訟の可能性について

当社グループは、事業運営にあたって法令遵守の徹底及び顧客とのトラブル回避に努めており、現時点において経営成績及び財政状態に影響を及ぼす訴訟が提起されている事実はありませんが、当社グループが販売した物件における契約の不適合等を原因とするクレーム等、賃貸管理する物件における管理状況や入退去時の状況に対する顧客からのクレーム等が訴訟に発展する可能性があります。これらの内容及び結果によっては、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

(18)大株主について

当社の代表取締役社長である榮章博は、当社の大株主であり、自身の資産管理会社である株式会社ブレインネットの所有株式数を含めると、本書提出日現在で発行済株式のすべてを所有しております。本売出しによって所有株式の一部を売却する予定ではありますが、引続き大株主となる見込みです。同氏は、当社設立以来、当社の代表取締役社長として経営方針、経営戦略、資金調達等、事業活動の推進にあたり重要な役割を担っていることから、代表取締役社長として重要な役割を担うことは当社の事業運営上望ましいと考えております。また、同氏は、安定株主として引続き一定の議決権を保有し、その議決権行使にあたっては、株主共同の利益を追求すると共に、少数株主の利益にも配慮する方針を有しております。

当社と致しましても、同氏は安定株主であると認識しておりますが、何らかの事情により、大株主である同氏の株式が減少した場合には、当社株式の市場価格及び議決権行使の状況等に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループの経営成績や財政状況に影響を与える可能性があります。

 

(19)新型コロナウイルス感染拡大による影響について

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大により、営業活動の自粛や移動制限が行われるなど、国内経済に甚大な影響を及ぼす事態が発生しております。

当社グループは、新型コロナウイルス感染症に対して、衛生管理の徹底や時差出勤、在宅勤務の推進等による柔軟な働き方を進めております。また、非対面でのセミナー開催やITを活用した重要事項説明書(IT重説)による説明を実施する等、お客様に安心して頂ける取り組みを推進しており、当社グループへの影響は限定的であると考えております。

しかしながら、今後、新型コロナウイルス感染症の流行が一層拡大し長期化した場合、個人消費の動向に影響を及ぼし、不動産売買事業においては仕入及び販売活動が滞る可能性があります。また、不動産賃貸管理事業においては、賃料の滞納や留学生の賃貸需要の低下などの可能性があり、その結果、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

 

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 

①経営成績の状況

第21期連結会計年度(自 令和元年8月1日 至 令和2年7月31日)

当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益、雇用環境の改善傾向が続いておりましたが、令和2年3月以降、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、経済活動が停滞しました。一部持ち直しの動きもあるものの、米中間の貿易摩擦の影響等も重なり、経済の完全な回復には時間を要すると言えます。

当社が所属する不動産業界、中古マンション業界においても、公益財団法人東日本不動産流通機構によると、令和2年4月度の首都圏中古マンションの成約件数は1,629件(前年同月比52.6%減)となり、過去に例を見ない大幅な減少となりました。同年7月度には、成約件数は3,156件(前年同月比2.4%減)となり、持ち直しの動きは見られるものの、新型コロナウイルス感染症の今後の感染状況を考慮すると、先行きは依然不透明であると言えます。

このような市場環境の中、当社グループとしては、引き続き取扱不動産のエリア、販路、種類の拡大、買取りを強化するとともに、ウェブによる商談及びセミナー開催、並びにIT重説社会実験への参画等、非対面接客を積極的に取り入れ、加えて在宅勤務を積極的に活用するなど、新常態に向けて様々な対応を行ってまいりました。 

 

その結果、当連結会計年度の業績は、売上高は35,773百万円(前連結会計年度比18.6%増)、営業利益は874百万円(同22.0%減)、経常利益は831百万円(同22.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は594百万円(同23.1%減)となりました。

 

セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

(不動産売買事業)

当セグメントにおきましては、買取販売及び買取リフォーム販売の件数は2,771件、仲介取扱件数は1,017件となりました。これら取引件数の構成比率を取扱不動産の種別でみると、ワンルームタイプ67%、ファミリータイプ33%となりました。また同様に築年数別でみると、築古69%、築浅31%となりました。売上高の構成比率を販売先の属性別でみると、不動産業者向け53%、個人向け42%、法人向け5%となりました。

その結果、セグメント売上高は35,240百万円(前連結会計年度比18.8%増)、セグメント利益は2,333百万円(同7.9%減)となりました。

 

(不動産賃貸管理事業)

当セグメントにおきましては、管理戸数が前連結会計年度末から712戸純増し、管理総戸数は4,840戸となりました。

その結果、セグメント売上高は533百万円(前連結会計年度比11.8%増)、セグメント利益は89百万円(同14.2%増)となりました。

 

 

第22期第3四半期連結累計期間(自 令和2年8月1日 至 令和3年4月30日)

当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が継続したことにより、社会経済活動が大幅に停滞し、令和2年5月の緊急事態宣言の解除以降は、一部持ち直しの動きも見受けられましたが、令和3年1月に再度緊急事態宣言が発令され、同年4月には東京都、大阪府等の区域に三度目となる緊急事態宣言が発令されることとなり、世界的な感染の終息には相当な時間を要する可能性があります。さらに米中間の政治・経済両面での対立構造が激化し投資家心理の不安定さも増していると言えます。

当社グループが所属する不動産業界においては、公益財団法人東日本不動産流通機構によると、令和2年2月から7月までは新型コロナウイルス感染症の影響もあり前年対比で月間成約件数はマイナスが続いておりましたが、同2年8月以降はプラスに転じる等、不動産取引については持ち直しの動きが見られ、令和3年4月度の首都圏中古マンションの成約件数は3,428件(前年同月比110.4%増)となっております。一方で、新型コロナウイルス感染症の終息時期は見通しが十分に立っておらず、先行きは依然不透明であり楽観視はできないと言えます。

このような市場環境の中、当社グループは、引き続き取扱不動産のエリア、販路、種類の拡大、買取りを強化するとともに、ウェブによる商談及びセミナー開催、IT重説の活用等、非対面接客を積極的に取り入れ、加えて在宅勤務を積極的に推進するなど、新常態に向けて様々な取り組みを継続的に行ってまいりました。

 

その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は30,692百万円、営業利益は951百万円、経常利益は902百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は592百万円となりました。

セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

   (不動産売買事業)

当セグメントにおきましては、買取販売及び買取リフォーム販売の件数は2,606件、仲介取扱件数は842件となりました。

その結果、セグメント売上高は30,216百万円、セグメント利益は2,127百万円となりました。

 

   (不動産賃貸管理事業) 

当セグメントにおきましては、管理戸数が前連結会計年度末から508件純増し、管理総戸数は5,348戸となりました。

その結果、セグメント売上高は476百万円、セグメント利益は106百万円となりました。

 

②財政状態の状況

第21期連結会計年度(自 令和元年8月1日 至 令和2年7月31日)

当連結会計年度末における財政状態は、総資産8,398百万円(前連結会計年度末比2.5%増)、負債4,943百万円(同5.9%減)、純資産3,454百万円(同17.6%増)となりました。

(流動資産)

当連結会計年度末における流動資産は6,817百万円となり、前連結会計年度末と同水準になりました。主な要因は、販売用不動産の販売に伴う短期借入金の返済による現金及び預金の減少142百万円、新型コロナウイルス感染症の影響で販売用不動産の買取が延期されたことによる販売用不動産の減少126百万円及び前渡金の増加130百万円、戸建て新築の取扱いを試験的に行い、建築中の物件があったことによる未成工事支出金の増加86百万円によるものであります。

(固定資産)

当連結会計年度末における固定資産は1,580百万円となり、前連結会計年度末に比べ208百万円の増加となりました。主な要因は、長期保有目的の賃貸用不動産取得による建物の増加73百万円及び土地の増加152百万円、基幹システム開発に伴うソフトウエアの増加90百万円、本社移転に伴う差し入れ保証金の返還による敷金及び保証金の減少81百万円によるものであります。

(流動負債)

当連結会計年度末における流動負債は3,553百万円となり、前連結会計年度末に比べ169百万円の減少となりました。主な要因は、販売用不動産の買取延期に伴う短期借入金の減少340百万円、未払法人税等の減少142百万円、新型コロナウイルス感染症の影響で販売用不動産の販売が延期されたことによる前受金の増加102百万円によるものであります。

 

(固定負債)

当連結会計年度末における固定負債は1,390百万円となり、前連結会計年度末に比べ139百万円の減少となりました。主な要因は、借入金の返済による長期借入金の減少109百万円及び本社移転に伴う預り保証金の返還による長期預り保証金の減少46百万円によるものであります。

(純資産)

当連結会計年度末における純資産は3,454百万円となり、前連結会計年度末に比べ516百万円の増加となりました。主な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上594百万円及び剰余金の配当77百万円に伴う利益剰余金の増加517百万円によるものであります。

 

第22期第3四半期連結累計期間(自 令和2年8月1日 至 令和3年4月30日)

当第3四半期連結会計期間末における財政状態は、総資産9,667百万円(前連結会計年度末比15.1%増)、負債5,678百万円(同14.9%増)、純資産3,988百万円(同15.5%増)となりました。

(流動資産)

当第3四半期連結会計期間末における流動資産は7,825百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,007百万円の増加となりました。主な要因は、買取を強化したことによる販売用不動産の増加795百万円、長期借入金の増加に伴う現金及び預金の増加234百万円、前連結会計年度末において建築中であった新築戸建物件が完成したことによる未成工事支出金の減少31百万円によるものであります。

(固定資産)

当第3四半期連結会計期間末における固定資産は1,842百万円となり、前連結会計年度末に比べ261百万円の増加となりました。主な要因は、新システム構築によるソフトウエア(ソフトウエア仮勘定を含む)の増加72百万円、賃貸用不動産の取得による土地の増加107百万円及び建物の増加39百万円、未払事業税の増加に伴う繰延税金資産の増加42百万円によるものであります。

(流動負債)

当第3四半期連結会計期間末における流動負債は3,649百万円となり、前連結会計年度末に比べ96百万円の増加となりました。主な要因は、未払法人税等の増加128百万円、従業員数の増加に伴う賞与引当金の増加37百万円、販売用不動産の買取強化に伴う短期借入金の増加34百万円、従業員業績給の支払に伴う未払金の減少101百万円、売買代金の支払に伴う買掛金の減少52百万円によるものであります。

(固定負債)

当第3四半期連結会計期間末における固定負債は2,029百万円となり、前連結会計年度末に比べ638百万円の増加となりました。主な要因は、賃貸用不動産の取得に伴う長期借入金の増加680百万円、返還による社債の減少50百万円によるものであります。

(純資産)

当第3四半期連結会計期間末における純資産は3,988百万円となり、前連結会計年度末に比べ534百万円増加しております。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上592百万円及び配当金の支払59百万円に伴う利益剰余金の増加532百万円によるものであります。

 

 ③キャッシュ・フローの状況

第21期連結会計年度(自 令和元年8月1日 至 令和2年7月31日)

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ202百万円減少し、1,660百万円となりました。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動により獲得した資金は638百万円(前連結会計年度比359百万円増)となりました。資金獲得の主な要因は税引前当期純利益862百万円(同231百万円減)、減価償却費96百万円(同19百万円増)等であり、資金使用の主な要因は、法人税等の支払額403百万円(同236百万円増)等であります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー) 

投資活動により使用した資金は357百万円(前連結会計年度比70百万円減)となりました。資金獲得の主な要因は、有形固定資産の売却による収入132百万円(同88百万円増)等であり、資金使用の主な要因は、有形固定資産の取得による支出344百万円(同153百万円増)及び無形固定資産の取得による支出111百万円(同47百万円増)等であります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動により使用した資金は484百万円(前連結会計年度は894百万円の獲得)となりました。資金獲得の主な要因は、長期借入れによる収入500百万円(前連結会計年度比188百万円減)等であり、資金使用の主な要因は、長期借入金の返済による支出575百万円(同397百万円増)及び短期借入金の純減少額340百万円(前連結会計年度は535百万円の獲得)等であります。

 

 ④生産、受注及び販売の実績

 

a.生産実績

 当社グループは生産活動を行っていないため、該当事項はありません。

 

b.受注実績

 当社グループは受注生産形態を行っていないため、該当事項はありません。

 

c.販売実績

 第21期連結会計年度及び第22期第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

第21期連結会計年度

(自 令和元年8月1日

至 令和2年7月31日)

第22期第3四半期連結累計期間

(自 令和2年8月1日

至 令和3年4月30日)

金額(百万円)

前年同期比(%)

金額(百万円)

不動産売買事業

35,240

+18.8

30,216

不動産賃貸管理事業

533

+11.8

476

合計

35,773

+18.6

30,692

 

(注)1 セグメント間取引については相殺消去しております。

2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討事項

経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、本文の将来や想定に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであります。

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討事項

a.財政状態の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの当連結会計年度の財政状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要 ② 財政状態の状況に記載されているとおりであります。

b.経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループの経営成績に重要な影響を与える大きな要因としては、経済動向、金利の動向等があります。

経済動向については、新規住宅着工件数の減少が続いている一方で、中古マンション市場は引き続き成長が予測されており、当社グループとしては、引き続き取扱不動産のエリア、販路、種類の拡大、買取りを強化するとともに、ウェブによる商談及びセミナーの開催、並びにIT重説の活用等、非対面接客を積極的に取り入れ、一層の成長を目指しております。

金利の動向については、米中関係の悪化による不確実性の高まりにより、先行き不透明な状況が続いていると認識しております。当社では、主に固定金利で資金調達をしており、金利変動による影響を軽減しております。一方、投資用不動産ローンを利用する投資家においては、金利動向が投資家心理に影響を及ぼす可能性がありますが、当社では事前に将来の金利動向リスクを複数のシミュレーションを用いて説明しながら、安心して購入頂けるよう努めております。

 

なお、経営成績については、以下の通りであります。

第21期連結会計年度(自 令和元年8月1日 至 令和2年7月31日)

(売上高)

当連結会計年度における売上高は、不動産売買事業における取扱件数が増加したことと、不動産賃貸管理事業における賃貸管理戸数の増加等により、前連結会計年度に比べ5,621百万円増加し、35,773百万円(前連結会計年度比18.6%増)となりました。

 

(売上原価、売上総利益)

当連結会計年度における売上原価は、前連結会計年度に比べ5,310百万円増加し、30,930百万円(前連結会計年度比20.7%増)となりました。これは、主に不動産売買事業における取扱件数が増加したことによります。この結果、当連結会計年度の売上総利益は、前連結会計年度に比べ310百万円増加し、4,843百万円(同6.9%増)となりました。

 

(販売費及び一般管理費、営業利益)

当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ556百万円増加し、3,968百万円(前連結会計年度比16.3%増)となりました。これは、主に不動産の仕入を目的とした広告宣伝費650百万円(同16.2%増)や、従業員増に伴う給料手当及び賞与の1,614百万円(同13.2%増)によるものであります。この結果、当連結会計年度の営業利益は874百万円(同22.0%減)となりました。

 

(営業外収益、営業外費用、経常利益)

当連結会計年度における営業外収益は、前連結会計年度に比べ12百万円増加し、50百万円(前連結会計年度比33.5%増)となりました。これは、主に不動産売買契約の解約に伴う違約金収入45百万円(同45.6%増)によるものであります。また、営業外費用は、前連結会計年度に比べ8百万円増加し、94百万円(同10.2%増)となりました。これは、主に不動産売買契約の解約に伴う違約金(同108.7%増)によるものであります。この結果、当連結会計年度の経常利益は831百万円(同22.6%減)となりました。

 

(特別損益、法人税等、親会社株主に帰属する当期純利益)

当連結会計年度における特別利益は、前連結会計年度に比べ11百万円増加し、31百万円(前連結会計年度比55.8%増)となりました。これは、固定資産売却益31百万円(同55.8%増)によるものであります。また、法人税等は、前連結会計年度に比べ52百万円減少し、268百万円(同16.4%減)となりました。これは、税金等調整前当期純利益が前連結会計年度に比べ減少したことによります。この結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は594百万円(同23.1%減)となりました。

 

第22期第3四半期連結累計期間(自 令和2年8月1日 至 令和3年4月30日)

(売上高)

当第3四半期連結累計期間における売上高は30,692百万円となりました。これは不動産売買事業における取扱件数の増加、不動産賃貸管理事業における賃貸管理戸数の増加等によります。

 

(売上原価、売上総利益)

当第3四半期連結累計期間における売上原価は26,420百万円となりました。これは不動産売買事業における取扱件数の増加、不動産賃貸管理事業における賃貸管理戸数の増加等によります。この結果、売上総利益は4,272百万円となりました。

 

(販売費及び一般管理費、営業利益)

当第3四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は3,320百万円となりました。これは主に、人件費や不動産の仕入を主とした広告宣伝費により増加しております。この結果、営業利益は951百万円となりました。

 

 

(営業外収益、営業外費用、経常利益)

当第3四半期連結累計期間における営業外収益は41百万円となりました。これは主に不動産売買契約の解約に伴う違約金収入により増加しております。また、営業外費用は91百万円となりました。これは主に、不動産売買契約の解約に伴う違約金、販売用不動産取得に利用した融資の実行手数料及び支払利息により増加しております。この結果、経常利益は902百万円となりました。

 

(特別損益、法人税等、親会社株主に帰属する四半期純利益)

当第3四半期連結累計期間における法人税等合計は310百万円となり、この結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は592百万円となりました。

 

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

a.キャッシュ・フローの状況に関する認識及び分析・検討内容

当社グループのキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1) 経営成績等の状況の概要 ③ キャッシュ・フローの状況」に記載されているとおりであります。

 

b.資本の財源及び資金の流動性

(資本需要)

当社グループの事業活動における運転資金需要のうち主なものは、不動産の仕入資金、従業員の賞与や法人税等の支払いのための短期資金であります。

今後は、引き続き不動産の仕入を強化していくほか、必要な設備投資を継続していく予定であります。今後の資金需要も見据えて、最新の市場環境や需給動向を勘案し、適切に資産の圧縮及び投資案件の選別を行っていく予定であります。

 

(財務政策)

当社グループの運転資金、設備投資については原則として営業キャッシュ・フローで獲得した資金を投入し、必要に応じて金融機関からの借入による資金調達も行っております。

運転資金に関しては、手許資金を勘案の上、不足が生じる場合は短期借入金による調達で賄っております。設備投資については、手許資金、長期借入金による調達を基本としておりますが、設備資金の不足が生じる期間が短期間の場合には、短期借入金による調達で賄っております。

事業計画に基づく資金需要、金利動向等の資金調達環境、社債発行費用等の資金調達コスト、既存借入金の償還時期等を勘案し、調達規模、調達手段を適宜判断して実施していくこととしております。

 

 

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。

連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおりであります。

損益及び資産の状況に影響を与える見積りは、過去の実績やその時点での情報に基づき合理的に判断しておりますが、見積りそのものに不確実性があるため、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下の通りであります。

a.たな卸資産の評価

当社グループは、たな卸資産について、正味売却価額が帳簿価額を下回る場合、たな卸資産の簿価切下げに伴う評価損を計上しております。正味売却価額の見積りについては、当連結会計年度末現在における販売見込額を算定しております。経済情勢や不動産市況の悪化等により、正味売却価額が見込以上に下落した場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において評価損の追加計上が必要となる可能性があります。将来、正味売却可能価額がさらに低下した場合又は滞留資産が増加した場合、追加の評価減が必要となる可能性があります。

 

b.繰延税金資産の回収可能性

当社グループは繰延税金資産の回収可能性を評価するに際して、将来の課税所得を合理的に見積って判断しております。しかし、繰延税金資産の回収可能性は将来の見積りに依存するため、その見積額が減少した場合は翌連結会計年度以降の連結財務諸表において重要な影響を与える可能性があります。

 

c.固定資産の減損

固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる営業損益の継続的なマイナス、又は継続的なマイナスの見込みが発生した場合、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。事業計画や市場環境の変化により、見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による当社グループの事業への影響については、現在のところ軽微であります。しかしながら、今後の影響につきましては、引き続き注視していく必要があるものと考えております。

 

④経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標

客観的な指標については「第2  事業の状況  1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等(2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等」に記載のとおり、現時点では経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標及びその数値目標を定めておりませんが、企業価値を図る指標として、売上総利益及び経常利益の前年比較による成長性を重視しております。当連結会計年度における売上総利益は、4,843百万円(前連結会計年度比6.9%増)となり、経常利益は831百万円(同22.6%減)となっております。売上総利益については前連結会計年度比で増加となったものの、仕入及び販売強化のための広告宣伝費の増加並びに優秀な人材を確保したことによる給与手当及び賞与の増加が主とした要因となり、経常利益の前連結会計年度比は減少しております。当社グループとしては積極的な人員確保等について維持しつつも、引き続きこれらの指標について、改善、増加されるよう取り組んでまいります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

該当事項はありません。

 

5 【研究開発活動】

該当事項はありません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

第21期連結会計年度(自 令和元年8月1日 至 令和2年7月31日)

当連結会計年度の設備投資は、総額487百万円で、その主なものは賃貸用不動産の取得によるものであります。

 

第22期第3四半期連結累計期間(自 令和2年8月1日 至 令和3年4月30日)

当第3四半期連結累計期間の設備投資は、総額292百万円で、その主なものは賃貸用不動産の取得によるものであります。

 

 

2 【主要な設備の状況】

当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。なお、金額には消費税等は含まれておりません。

(1)提出会社

令和2年7月31日現在

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数
(名)

建物

工具、
器具及び
備品

土地
(面積㎡)

リース
資産

ソフト
ウエア

合計

本社

(東京都豊島区)

本社機能

74,583

40,149

  (-)

13,588

124,760

253,082

272

(67)

横浜支店

(神奈川県横浜市西区)

不動産

売買事業

支店機能

3,971

829

(-)

830

5,630

32

(1)

大阪支店

(大阪府大阪市北区)

不動産

売買事業

支店機能

11,984

3,419

(-)

15,404

31

賃貸物件

(東京23区)

不動産

賃貸管理事業

賃貸用
不動産

135,972

425,558

(848.00)

561,531

賃貸物件

(その他)

不動産賃貸管理事業

賃貸用
不動産 

55,626

76,932

(508.93)

 

132,558

 

(注)1 現在休止中の主要な設備はありません。

2 従業員数の( )は、臨時従業員数を外書きしております。

3 上記の他、主要な賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。

事業所名
(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

年間賃借料
(千円)

本社

(東京都豊島区)

本社オフィス

259,132

横浜支店

(神奈川県横浜市)

不動産売買事業

事務所

27,007

大阪支店

(大阪府大阪市)

不動産売買事業

事務所

19,073

 

 

(2)国内子会社

該当事項はありません。

 

(3)在外子会社

該当事項はありません。

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】(令和3年5月31日現在)

(1)重要な設備の新設等

重要な設備の新設等は次のとおりであります。

会社名

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の

内容

投資予定金額

資金調達方法

着手及び完了

予定年月

完了後の増加能力

総額

(千円)

既支払額

(千円)

着手

完了

提出会社

本社

(東京都豊島区)

ソフトウエア等

698,823

293,823

自己資金

増資資金

平成30年2月

令和5年8月

(注)2

 

(注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。

 

(2)重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

4,576,000

4,576,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

発行数(株)

上場金融商品取引所名又は
登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

1,144,000

非上場

完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株であります。

1,144,000

 

 

 

 

(2)【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

 

決議年月日

平成27年2月23日

付与対象者の区分及び人数(名)

当社取締役 3 (注)4

当社従業員 9 (注)4

新株予約権の数(個) ※

2,900 (注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※

普通株式 5,800 (注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1,860 (注)2

新株予約権の行使期間 ※

平成29年2月24日~令和7年2月23日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※

発行価格 1,860  

資本組入額 930 

新株予約権の行使の条件 ※

新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても当社又は当社の関係会社の取締役もしくは従業員の地位にあることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職等その他正当な理由のある場合はこの限りではない。その他の条件は、当社と新株予約権の割当を受けたものとの間で締結した「新株予約権付与契約」で定めるところによる。

新株予約権の譲渡に関する事項 ※

新株予約権の譲渡、質入その他の処分は認めない。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※

(注)3

 

※ 最近事業年度の末日(令和2年7月31日)における内容を記載しております。なお、本書提出日の前月末(令和3年5月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。

(注)1 新株予約権1個につき目的となる株式数は、2株であります。

ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。

調整後付与株式数

調整前付与株式数